5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ハレ晴レユカイに救われた僕たち

1 :癒されたい名無しさん:2006/05/19(金) 22:57:50 ID:w48eDkbF
amazonのレビューからコピペ↓

自分はちょっと荒れた(?)性格のせいか彼女や友達ができずに悩んでいました。
でもそんな外見とは裏腹に自分はアニメやゲームなどが大好きな俗に言う「オタク」でした。
学校では皆に悟られない程度に携帯でアニソンなどを聴く毎日でした。

そんなある日、携帯を落とした拍子にイヤホンのコードがはずれ、授業中のクラス内に「ハレ晴レユカイ」が大音量で流れてしまいました。
そのときはとても恥ずかしく、皆の顔も見ないまま携帯とカバンを持ち学校を逃げ出しました。

次の日、学校で何人かの人に話しかけられました。
その人たちはクラスのグループでも中心の人たちでした。
その人たちから出た言葉に私は驚きました。
「昨日の曲もう一回聴かせてくれない?」
私は驚きつつもその人たちに聞かせてあげました。
すると周りから人がが集まり私は一日のうちにクラスの中になじむことができました。
しかも女子からメルアドを聞かれるなど今までの生活からはとても考え付かないことでした。

こんな生活を送れるようになったのもハレ晴レユカイのお陰です。
本当に有難うございました!



2 :癒されたい名無しさん:2006/05/19(金) 23:23:54 ID:7yrLRauC
 「ください………………ここに………ここに先生の……あなたのおチ○チン、あたしの……お、おま○こに、入れてください!
 お願いっ! ずぶううって、つっこんで! あたしのおま○こ、あなたのそれで、ぐちょぐちょにかき回して! 奥まで入れて、気持ちよくしてぇ!」
 叫びながらハルヒは指で秘裂を広げてみせました。よほど興奮していたのか、白濁した蜜がとろっとこぼれてきます。
 男はこちらも興奮した目つきでハルヒにのしかかってゆきました。
 先端が唾液と先走りに濡れたペニスに手を添え、しとどに濡れそぼった秘裂にあてがいます。
 ちゅっと軽いキスをした様な音がしたかと思うと、男は一気に腰を突き出しました。
「あーーーーーーーーーーーっ!!」
 貫かれた途端に、ハルヒはものすごい悲鳴をあげて、男の体の下で汗まみれの体を激しくのたうたせていました。
「いいっ! いいっ、ああ、すごい、す、すごいいっ! 気持ちいいっ! ああっ!」
 男がハルヒの右脚をかかえ、体を横向きにさせると、ピストン運動をはじめました。角度が変わってまったく別の快感がハルヒを襲います。
「ひっ! ああ、ふぅあ、ふ、ふかいっっ! ひあああ!」
 ハルヒが顔を覆いました。すすり泣いているているようです。
 男はかまわず腰を振り続け、一度奥深く腰をたたきつけると、腰をくねらせながら、かかえ上げた右足を両腕で抱きかかえました。
 すすり泣くハルヒへ、満足気な視線を送りながら、足に舌を這わしてゆきます。
 男が突如くねらせていた腰を前へ前へと送り込み始めました。ハルヒの最奥部をかさの増した肉棒がつつきます。
「あ、だ、だめ、これ、あ、ふ、ふかっ、ふかすぎ…………あんっ、あたし、だめ、
 これ、す、すき、ああっ、あんっ、あっ、くああっ、お、おかしく、おかしくなっちゃ………!」
 きつく目をつむるハルヒの目の前に、スパークが飛び交いました。
 今日初めてのオーガズムを迎えたハルヒは、そのままあごをのけ反らせ、全身をぶるぶる震わせます。
 ハルヒの媚肉がすべての細襞をまとわりつかせてきました。男の精を搾り取ろうとするかのようです。

3 :癒されたい名無し三鳥:2006/05/20(土) 00:35:12 ID:E8KaQ/si
3取りー!!!

4 :癒されたい名無しさん:2006/05/20(土) 22:41:21 ID:a0n6PeQu
【空前のブーム】涼宮ハルヒの乱立
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/asaloon/1147530337/


4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)