5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

頭脳の】脳力開発4【果てへ】

1 :病弱名無しさん:2006/07/29(土) 00:24:40 ID:HMC26IsG
過去スレ
【IQの果て】脳力開発【目指せ秀才】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1104546986/
【Smart Brain】脳力開発2【学問の奨め】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1111063478/
【どこまで】脳力開発3【行けるか】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1141376133/

【脳幹鍛錬】ウィンウェンガー頭は3週間で良くなる
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1116423309/
記憶力・集中力がない
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1114342775/
★★★★★最強の集中力養成法・3★★★★★
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1081247114/
イメージストリーミング
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1126605277/

関連スレ
超能力開発スレッド3
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1148041925/

関連サイト
脳を鍛える頭が良くなる方法脳力開発.net
http://www.nouryokukaihatsu.net/
速読渇望板
http://jbbs.livedoor.jp/sports/12743/
仙道・気の実践板
http://jbbs.livedoor.jp/sports/5611/

606 :病弱名無しさん:2006/11/26(日) 16:41:34 ID:0H6XzDVc
NLPや自己催眠はどうなん?

607 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/26(日) 16:48:32 ID:P4VgOup9
そういう心理技法を学ぶことは気づきの訓練にとって2つの意義があります

1つめは、心や行動に関する気づきが深まる足がかりになることです

2つめは、気づきの修行を継続する助けになることです

1つめを得られた気づきを2つめに応用するなんて微笑ましい(?)こともあります

このことからも分かるように、
気づきが深まるにつれて気づきが気づきの深まりを助けることが多々あります

608 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/26(日) 17:36:29 ID:P4VgOup9
ある意味、気づきの本を読み続けることが催眠効果を生み、
努力感のない修行の絶え間ない継続を可能にします
(基本方針2、3)

609 :病弱名無しさん:2006/11/26(日) 17:46:18 ID:pKVhZOaI
100マス計算、音読、写経、塗り絵
と脳トレとされるものが、多くあるけど、
これは、効果の無いものなのかい?
もしくは、気付きの本を読むことに比べて、
効率が悪いものなの?

610 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/26(日) 17:55:24 ID:P4VgOup9
効果はありますよ
効果のない方法なんてないはずです
効果を他人に聞くのは、効果に鈍感だからです
ぼくは脳トレーニングの方法は何でも良いと思ってます
でも方法だけでは役立たずだから、あらゆる方法は無力だとも言えます
だから、極端にいえば方法について考えるのは止めて、
しかるべき本を読んで気づきを深めながらしたいことすれば良いんですよ
脳に良いことはどんどんやれば良いじゃないですか
だけど、気づきがないと何をどうやれば良いか分からないじゃないですか
いろんな方法に取り組んでは失敗する人は、方法が悪いんじゃなくて
気づきがないだけです
驚くべきことに多くの人はうまくいかなかった方法を効果がないと言って
切り捨てます
何らかのプラス効果やマイナス効果はあったはずです
だけど、鈍感なんですね
気づきがないと暗い洞窟をランプ無しで進むようなものです
何をしたら良いか分かるわけがありません

611 :病弱名無しさん:2006/11/26(日) 18:01:54 ID:pKVhZOaI
>>611
では、このスレは終了やね。
それが結論なら。
俺は、方法論もあっていいと思うよ。
正しい、正しくないは、別にしてね。

612 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/26(日) 18:09:30 ID:P4VgOup9
気づきを深めるというのはただの方法じゃないです
方法を超えてます
あらゆる方法の基本ですから
気づきを深めるのは効果があるの?
じゃなくて、気づきを深めることは絶対に必要なんです
脳トレの世界ではこれをやれば誰でも天才という決定版がありません
気づきがない人が多いからです
気づきがなくてはやる気も出るわけがないんです
何も見えてないんですから
だから、いくら良い方法でも気づきがなくては意味がないです
脳トレの世界ではその傾向が極めて強いです
だから、方法うんぬん以前の問題として、気づきが必要なんですよ
繰り返しますが、気づきを深めれば効果があるかを具体的には言えません
ちょうどやる気高めたら仕事がどうなる?と同じで、
あまりに効果が広すぎで具体的に言うことができません
具体的にどんな効果があるかは、気づきの度合いとどの方法を採用するかで決まります
気づきの度合いだけでも、採用する方法だけでも、具体的な効果は決まりません
気づきと方法はセットです
セットで具体的な効果が決まります

613 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/26(日) 18:23:54 ID:P4VgOup9
>>611
方法論が要らないとは言ってませんよ
方法のことは考えない、というのは、効率的に進める便法であり、
文字通り方法のこと考えないわけではありません
方法のことを忘れて、気づきを深め、そこから見いだされた方法をやっていけば良いということです
それに、方法論が有効なことはぼくもすでに認めています
いろんな方法を知り自分で取捨選択することを勧めてますから
だけど、そんなことはやる気のある人なら当然やることであり、取り立てて
「方法論が有効かいなか」なんて議論するまでもないでしょう
他人の意見などにも洗脳されながら特定の方法論をやろうと思うようになる
というキッカケ効果もこのスレにはあります
当然ですよね
ぼくはそんな当然の機能を阻害しようとはしてませんよ
本気でやるなら気づきを深めてやったほうが良いと言ってるだけです

614 :病弱名無しさん:2006/11/26(日) 18:29:29 ID:pKVhZOaI
方法論は言葉が悪かったかな。
例えば、
100マス計算は、どうすれば、速くなりますか?
という質問があったとして、
速い人が、アドバイスしたとする。
そのアドバイスによって、質問者の
100マス計算の速度が上がったとき。

質問者は、そのアドバイスによって、
気付きを深めたということになるんだろうけど。
君の話は、なんだが風呂敷が大きすぎて、
焦点がぼやけるんだ。
気付きに付いてただ語るんでなくて、
なんか実例、運用例が欲しいんだよ。

615 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/26(日) 18:50:52 ID:P4VgOup9
なるほどわかりました
応用例をなるべく出しますが、ぼく自身経験あさいです笑

他人のアドバイスによる気づきを気づきとは言いません

気づきとは
客観的事実の発見ではなく
「主観的体験の自覚」です

つまり、気づきを深めるとは注意力や観察力や集中力を鍛えることを意味してます

616 :病弱名無しさん:2006/11/26(日) 19:03:41 ID:pKVhZOaI
>>他人のアドバイスによる気づきを気づきとは言いません

アドバイスされた時点で気付いたことは、
気付きとは言えないかもしれないが、
そのアドバイスを頭に入れた上で、実行したときに、
気付いた気付きは、立派な「気付き」と言えるんじゃないか?

これは、アドバイスによる気付きと看做せそうだが、どうだろう。

617 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/26(日) 21:48:33 ID:P4VgOup9
その場合でも、客観的事実の発見(例:こうすれば速く
100マス計算できるという発見)は気づきとは言いません

気づきとは主観的体験の自覚です
例えば、これこれのやり方で計算をやったという場合、
その時の手指の感覚の自覚が気づきです
あるいは、どういうふうに眼球を動かしたかの自覚も気づきです
もしくは、そのときに雑念が浮かんだかという自覚も気づきです

スコアが何点だったかは気づきではありません
ディスプレイに〜点と表示されてるのを見たという自覚
こそが気づきです

「自覚」がキーワードです
その自覚を徹底させることは「自己実況中継」になります

例えば、野球を見てるときに
「投げた打ったホームラン」
といった気づきを逐一細かく体験したままに実況中継することが
要求されることになります

お分かりいただけました?

618 :病弱名無しさん:2006/11/26(日) 22:35:37 ID:pKVhZOaI
そうなれば、客観的事実の発見は、
能力UPの有効な方法の一つって事だよね?

619 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/26(日) 22:40:44 ID:P4VgOup9
意味がよくわかりません
気づきは主観的体験の自覚です
主観的体験の自覚が能力アップにつながるという話の流れです

620 :病弱名無しさん:2006/11/26(日) 22:46:02 ID:nwNIszmA
確かに主観の気づきは大事だな。
な〜たそ自身がどれだけの脳力の持ち主かはわからないが
速読マスター(推定10,000字/分)の瞑想家氏という方も
主観の自由を最大限に活用しようといっていた。



621 :病弱名無しさん:2006/11/26(日) 22:46:08 ID:quyhhQVG
客観的事実の存在→存在の発見・認識→
客観的事実が確かに存在したと主観的に自覚
ということではなかろうか

622 :病弱名無しさん:2006/11/26(日) 22:46:58 ID:pKVhZOaI
だが、>>617の文章じゃ。
アドバイス、指導では、
能力はアップせずに、
一人で、「気付き」の鍛錬する方が、能力UPになるような
印象をうけるぞ。

623 :病弱名無しさん:2006/11/26(日) 22:52:34 ID:quyhhQVG
客観的事実がある程度は主観的体験の自覚をサポートするんじゃまいか?

例えば内観でも、どこに注意を集中する、
どういう変化に注目するといったことの適切な指導を受けると、
内観成功率は可能性が上がるし、効果も大きい。

目標としては「主観的な自覚」を掲げていても、
客観事実を必ずしも対立概念として捉えて切り捨ててはならないかと。

624 :病弱名無しさん:2006/11/26(日) 22:59:00 ID:6/IGlcUf
それ同意。
アドバイスにしても、教えられた内容を自分の中で理解できれば
その理解が主体的体験になりそうだしね。

625 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/26(日) 23:01:12 ID:P4VgOup9
他人の意見や客観的事実は有用だと思いますよ

ぼくは、気づきの瞑想においては主観的体験の自覚を鍛える、と言っただけです

626 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/26(日) 23:13:00 ID:P4VgOup9
>>624
気づきの定義によれば、他人のアドバイスを聞いて自分で理解したことは気づきではありません
なぜなら、気づきは理解ではないからです
体験を解釈したり批評したり理解したりすることは気づきではありません
体験をありのままに自覚することだけが気づきです
実況中継という言葉どおりですよ
実況中継する人が
実況中継中にたとえ
「あの打者がああ打ったのはこのためか」
と理解してもそのことを口にしてはいけません
それと同じです

627 :病弱名無しさん:2006/11/26(日) 23:31:28 ID:pKVhZOaI
>>625
あぁ、君が否定しているのは、
>>616の文のことか。

どうにも、君とやりとりしていると、頭が混乱して、
今自分が、何を考えていたのか分からなくなるよ。

628 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/26(日) 23:36:55 ID:P4VgOup9
そうです

わかりにくくてごめんなさい笑

629 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/27(月) 12:38:12 ID:LGRTUe+9
>>620
全くそのとおりですね
客観的事実と思われてるものの大半は、言葉でわかった気になってるだけです
こう言うと反論したくなるかもしれませんが、それが実情なんです
とにかく、言葉による説明を過信してて、名前と名づけられたモノの区別がついてないんです
「主観を活用せよ」とは、裏返せば
「言葉でラベルを貼ってわかった気になり、支配しようとするな」
ということです

「言葉があるから人間は分離が可能だと思いこむことができる。
だけど、それは言葉の上での区別にすぎず、リアリティの側で分離してるわけではない」
「一度言葉を使い始めると世界が分離した物事の複合体に見えてくる」
(ケン・ウィルバーの本からの要約)

ぼくの主張は単純です
あるがままに体験を自覚しようということです
じつにシンプルな主張です
だけど、圧倒的大多数の人間は言葉というこれまたシンプルな仕組みに縛られてます
その悪しきシンプルな仕組みから解き放たれるには、
われわれの思考ひとつひとつを再検討しないといけないんです
これはすごく地道な作業なのがわかりますか?
これがぼくが長々と語り続けてる理由です
言葉に縛られてる人に「雑念をやめよ」と一言いったって何の効力もないじゃないですか?
言葉の呪縛の糸を地道に一本一本解きほぐしていく必要があるんです

630 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/27(月) 12:57:11 ID:LGRTUe+9
ぼくの主張は、主観の気づきを深めれば幸せになるということです
えっ気づきを深めれば脳も開発されるんでしょ?と言いたくなるかもしれません
確かに結果としては開発されます
しかし、記憶力をガツガツ鍛えたりしようとはしなくなるでしょうね
なぜなら、気づきが深まるとそうした不自然な努力をしなくなるからです
それじゃ困ると思うかもしれません
しかし、幸せだからそれで満足してしまうんです
現状の満足は努力の敵だと思うかもしれません
しかし、満足するからこそ、気まぐれで努力することだって出来るようになります
例えば、その気になって記憶力を鍛えて天才になることも
その気になれば出来るし、実際にお坊さんの中には驚異的に
仏典を記憶してる人が多いです
その気にならなかったらどうするんだ、と思うかもしれません
しかし、気づきを深めていくだけでも脳力は全面的にあがります
ただ、何かの天才になるにはその分野での脳トレ方法が必要になるというだけの話です

631 :病弱名無しさん:2006/11/27(月) 13:27:51 ID:/xZTefDr
脳トレしてると、いつの間にかそれが目的になるのが困るね。
あくまで目的は自己実現なのにorz

632 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/27(月) 13:48:37 ID:LGRTUe+9
そうですね
脳トレしてるとそれ自体が目的になってしまうことがあります
この「それ自体が目的になる」は、実は良い傾向です

「幸せは自分個人より重要な何ものかへの個人の献身のはてに生じた
予期せぬ副産物として生じる」(フランクル)

問題は、バランスの喪失です
没頭はバランスを壊します
これがまさに問題であり、これがなければ没頭は有益です
そこでバランスのとれた没頭が必要だとわかります

ぼくはあなたに
完全に今に生きることだけが完全なバランスを実現しうる道である
という言葉をわかって欲しいのです
つまり、気づきしかないんです
気づきがベスト、
というよりそもそも、
気づきしかない、ということです

633 :病弱名無しさん:2006/11/27(月) 14:46:52 ID:OyKiziSh
難しい話が続いてるようなのでちょっと休憩
興味本位で聞きたいんだけどな〜たそって100マス計算何秒くらい?


634 :病弱名無しさん:2006/11/27(月) 16:33:31 ID:E/H7LX1l
>633
そういうのは、どうせ事実は分からないものだし、な〜たそって人が何か答えても荒れるだけではないだろか?
>632
このスレの最後の方しかみていないが、ようするにありのままのビジョンや体感が大切ってことか。
体をもっと使えって事だな

635 :病弱名無しさん:2006/11/27(月) 16:57:20 ID:F9xzysPD
気づきが大切ねぇ
ニ〜トが社会的にかなり迷惑だということに気がづいてよ
気づいて共に働こうよ
昼夜逆転で
フィギア→オカルト崇拝→2ちゃんねる→フィギア→オカルト崇拝→2ちゃんねる
な生活なんて見てらんないよ

636 :病弱名無しさん:2006/11/27(月) 17:26:12 ID:nUMSTiSu
ハァ?

637 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/27(月) 17:38:49 ID:LGRTUe+9
>>634
そうです
非常にシンプルです

大好きな人を抱きしめるように全ての体験を抱きしめたいと思いませんか
全てが喜びになります
努力感はありません
自由になります

なぜ言葉がダメか
言葉は体験を切り取ってくるんですよ
そしてその断片が現実なんだと惑わされてしまう
ラーメン食べるとしますよね
ラーメンはラーメン屋で食べるから美味しいんです
ラーメンをお持ち帰りしても美味しくないです
つまりそういうことです
断片は貧相なんです
でも、その断片も時として喜びを与えてくれます
でもでも、全体のほうがもっと喜ばしいんです
全体が見えるようになること、そして
大好きなことと没頭し一体になってるときのように
体験全体と一体になる喜びです

言葉を捨てよということではありません
言葉は荒波だとすると
言葉のない心は深海であり常に静かだということです
いつでも深海にアクセスできるようになることを勧めているのです

638 :病弱名無しさん:2006/11/27(月) 17:44:35 ID:vGyQOXHo
もっと 即物的なの たのむ

639 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/27(月) 17:54:55 ID:LGRTUe+9
即物的な応用は十分に可能ですよ
何も難しくありません
あとは信じてもらえることを祈るだけです

コミュニケーション力も認識力も運動能力も記憶力も発想力もイメージ力も上がります
あなたがぼくの話を即物的じゃないと思ったとき、実はそう見えたに過ぎず
実際はこの上なく即物的でもありますよ
表からみるか裏からみるか、ですよ

気づきが特殊な方法だというのも気のせいです
あなたはすでに気づきの必要性を感じてますが、
実は、それの話をしてるのです

640 :病弱名無しさん:2006/11/27(月) 17:57:28 ID:YpD3qhKl
な〜たそは共感できる部分が多いんだが、
抽象的すぎていまひとつ実践しにくい。
具体的なこと「だけ」に焦点を当てて
考えを羅列してもらった方が助かる。

641 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/27(月) 18:08:07 ID:LGRTUe+9
なぜ気づきが特殊な方法に見えるかというと、
「ヴィパッサナー瞑想」
「な〜たそ」
といった言葉と結びついてるからです

しかし気づきはごくありふれた当たり前のことですよ
あれもそれもこれも気づきです

なぜ気づきが強力かを復習しましょう
それは気づけば気づくほど
・深く認識できる
・没頭できる
からです
これって、集中、注意、興味の効果ですよね
実は、気づきを鍛えるとは集中や注意や興味を鍛えることなのです

気づきを即物的に応用するとは、単に集中を鍛えながら脳トレすることなのです
気づきなんて要らないと思ってたら実は必要だったという話です笑

気づけば気づくほど、没頭できるので
気づいたら脳トレしてたなんてこともありました
すごく面白いんですよ

642 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/27(月) 18:25:08 ID:LGRTUe+9
>>640
そうですね
具体例をだして理解をしてもらいたいです
経験あさいからうまくそこを説明できないんですよ
我慢してもらえますか?笑

実は、具体例はすでにあなたも知ってます
ぼくの話に興味もってくれてありがたいですが
実は、その興味深い現象はあなたにとっておなじみです

例えば、脳トレーニングで一体感のあるとき最高のパフォーマンスができた経験ありませんか?
何も神秘的な体験ではなくて、要は単に
夢中になるほどうまくいく
という単純にして普遍的な原理です
それを気づきという馴染みのない用語で語ってるだけです
これは金太郎飴ですよ
何をどこからどう切ろうが、気づきは出てきます
つまり、無条件に誰にでもオススメできることなんです
だって、誰でも何をやるときでも夢中になりたいんですから

643 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/27(月) 18:33:36 ID:LGRTUe+9
別にイジワルしてるわけじゃなくて、例えば
ぼくは気づきの本を何度も読んで頭のなかで反復しながら
気づく訓練をしましたが
なんと1週間で外界とのつながりを得ました
という逸話をしてもかまわないですよ
あまりにくだらないと思われそうだししなかっただけのことで
そういう希望が多いならそういう話も織り交ぜます
くだらなくないですか?

644 :病弱名無しさん:2006/11/27(月) 18:51:20 ID:OyKiziSh
>>637
100マス計算やったことないのか?


645 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/27(月) 18:54:58 ID:LGRTUe+9
>>629を見てもらえますか?
つまり、あなたはすでにそれを知ってるんです
知ってることをわざわざ具体例で話すのは意味がないと思うんです
それはちょうど溺れてる人に陸に上がったら楽になるよとアドバイスするようなものです
本人は嫌というほど知ってます
つまり、言葉という抽象的世界に溺れてる人を助けるのには
抽象的言葉を使わざるを得ないと思うのです
なぜなら、ぼくが言葉を捨てて夢中になったらうまくいったという具体例をどれだけ
言ったところであなたはそれをすでに知ってるからです
言葉から逃げるには言葉を使うしかないということです

そういう理由でどういった種類の具体例を出せば意味があるのかさえ
見当がつかないのです

これがまだ速読のやり方の話だと具体例を容易に出せますが
気づきの話というのは根本的にレベルが違う気がします

だから、ぼくは延々と抽象的な言葉で語るしかないと思っているし、
気づきの本を勧めたんです

禅をやってる人に具体例を求めても、体験するしか理解する道は無いと言われるのが
お決まりのパターンです
それでいて、禅僧が抽象的な言葉を使った本を出してたりします
それはなぜか分かりますか?
それと同じ理由でぼくは具体例を出さないんです

さらに別の言い方をすると、気づきは方法ではないんです
方法だったら体験談が意味を持ちますがそもそも方法を超えてます

646 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/27(月) 19:01:17 ID:LGRTUe+9
あるいは、こういう言い方が一番わかりやすいかもしれません

・自転車の乗り方ってふつうは言葉で説明できないですよね
・でも重力といった力学的抽象概念を使って説明できなくはないです
・自転車が役に立つことは言葉で説明できます
というか当たり前すぎます

これと同じで気づきに効果があることは当たり前すぎます
だけど、それ以上語るとなると困難を極めます
だけど、抽象的言葉を使えば、説明できなくはないです
でも、それは本当の説明ではなくて分かった気にさせて
気づきの修行をやる気にさせるだけなんです

647 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/27(月) 19:10:30 ID:LGRTUe+9
>>644
無視してたというより前やったスコアを覚えてないから言えなかったんです
昔、数回やりました
今またやってみたら82秒でした
100マス計算は脳トレとしては優れてると言えません
川島教授も認めてます

648 :病弱名無しさん:2006/11/27(月) 19:18:01 ID:OyKiziSh
>>647
それは失礼しました。でも久々で82秒は凄いですね
俺なんか毎日やってるのに90秒も切れませんよw
何年、何十年かかるかしりませんが気づきとやらの本質を理解できるよう努力します


649 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/27(月) 19:24:17 ID:LGRTUe+9
>>640
あと、ぼく自身、気づきの実践をやって効果を感じてますが、
どうやったらうまく実践できるかについては本に書いてある以上のことは言えません
徐々に気づきの世界の言葉に浸かっていくしかない気がします
だから、オススメ本を何か一冊でも読んでみて欲しいんです
あなたが今後、「具体的にどうすれば良いんだ」
という迷いを感じることがあったとき
「気づきの本を読めば良い、繰り返し読めば良い」
と思って欲しいんです
ぼくは言葉につかるのが一番だと思います
納得いかないかもしれませんが、そういうものじゃないですかね
もしアレなら、ヴィパッサナー瞑想スレなどで具体例を訊いてみたら良いですよ

650 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/27(月) 19:30:40 ID:LGRTUe+9
>>648
ぼくが言ってることはシンプルです

夢中になれば全てうまくいく

というシンプルで当たり前な主張です

集中力、注意力、興味を鍛えると全てうまくいく

とも言えます

集中力も注意力も興味も気づきがあるという同一の状態を指してます

そういう理由で

気づきがあれば全てうまくいく

なのです

だから、ぼくが「気づきが大切」と言うとき、「夢中になるとうまくいく」
という当たり前のことを言ってるんだと脳内変換して
いただけるとありがたいです

651 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/27(月) 19:35:53 ID:LGRTUe+9
>>649の言葉につかるに関してですが、
仏教で写経したり
ヨガでマントラ唱えたりするのも
同じ理由なんでしょうね

同じ理由=当たり前のことを忘れないため

だから、ぼくが気づきの本を勧めるとき、
仏教やヨガと同じやり方なんだなと理解してください

652 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/27(月) 19:50:17 ID:LGRTUe+9
気づきを深める方法は無数にありますよ
ゆる体操も毎日呼吸に集中する瞑想することも
街行く人を観察することも、興味もって何でも見ることも
他人に優しくすることも、趣味に打ち込むことも、
掃除や整理整頓をこまめにやることも、音楽に深く聞き入ることも、
何にでも感謝することも、よく味わってご飯食べることも、
そして努力しない生き方をすることさえも(!)、
気づきを深めます

問題は、バランスです
あっちを押したらこっちが出っ張るで
なかなかうまくいかないんです
そのバランス感覚はうまく言葉で説明できないんですよ

ただ、現段階で言えることは
・本を繰り返し読む
・体の感覚に注意しながら体をほぐす
というのは非常に良い方向に働くことが多いということです

653 :病弱名無しさん:2006/11/27(月) 19:53:42 ID:DKgw8h9t
>>650
ファミコンに夢中になっても、
すべて上手くいくの?

思い返してみて、心底夢中になったものって、
ファミコンくらいしか思いつかん。

654 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/27(月) 19:57:30 ID:LGRTUe+9
>>653
何かに夢中になれば、何にでも夢中になりやすくなります
何にでも夢中になれれば全てうまくいきます

そういえば、メルマガで話す予定だった情報整理術について話したほうが良いかもですね
これはぼくが考えた情報整理術で、言葉につかるための強力な方法ですから

655 :病弱名無しさん:2006/11/27(月) 20:06:48 ID:/xZTefDr
イメージストリーミングを知らなかった時に、
2週間ほど鉄棒の逆上がりを出来るイメージをしたことが
あります。それで、実際にやったら一発で出来ました。
その後、立て続けに10回ぐらい成功しましたが、興奮しすぎたの
でしょうか?できなくなってしまいました。
それまでは、逆上がりは一回も出来ませんでした。
小学校のときは、いつも恥ずかしい思いをしたものです。

656 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/27(月) 20:18:54 ID:LGRTUe+9
つまりですね、オカルトな言い方をすると
夢中を宇宙に広げないといけないんですよ笑
宇宙全体に。
ファミコンだけに夢中なのではなく、人生全て、全ての体験に夢中にならないといけません
これは難しいですよね
あれに夢中になったらこれへの興味がなくなるといったふうに
こっちを直したらあっちが壊れるという具合です
そのバランス感覚が非常に難しいです

で、繰り返しますが、これは誰でもやれますよ
例えば、>>653さんは友達との話に夢中になったことありますよね
夢中になるだけでなく心が通じあう感覚を体験したとき、
周りのものも生き生きと見えてきませんでしたか?
それが宇宙全体に夢中ということですよ
つまり、何かに夢中な体験を広げていくことは誰でも経験があるはずなんです

どんな状況でもそういう心でいれるようになるのが目標です
ヨガで苦行をしたり仏教で欲を戒めたりするのは、
そういうつらい状況でも夢中でいられるかどうかを試してるんです

657 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/27(月) 20:27:40 ID:LGRTUe+9
>>655さんも言ってるようにイメージの力は強力ですね
実は、繰り返し読書することもイメージを養いますから、
強い強制力を持ちます
だから繰り返し読書することを勧めてるんです

繰り返し読書すれば
夢中を宇宙に
の状態が頭のなかでよく分かります
カラダの芯までしみるように良く分かります
そうすれば容易に
夢中を宇宙に
の状態になれます
これは願いは現実化するという成功哲学の基本原理ですね

だから、繰り返し読書して欲しいんです
本当に効果あります
皮肉じゃないですが、具体例を知るより効果あります^^;

イメージの力については
『イメージの治癒力』が非常に実践的かつ研究事例豊富で
面白かったです

658 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/27(月) 20:37:06 ID:LGRTUe+9
夢中の話ばかりしましたが、実はこれは分かりやすい面から見てるにすぎません
夢中が正面玄関だとすると注意力は裏口です笑
つまり、ふつうは夢中になるために注意力を鍛えようとは思わないですよね?
だけど、注意力を鍛えることは、長い目で見れば、効率的に夢中を達成できるんです
だから、ヴィパッサナー瞑想では悟りをひらくためにひたすら注意力のロボットになろうとするんです

夢中なときは注意力が働いてるし、注意力を鍛えれば物事に夢中になりやすくなります
だから、正面玄関から入っても裏口から入っても同じことです

659 :病弱名無しさん:2006/11/27(月) 20:58:06 ID:YpD3qhKl
繰り返し読書ってどういうこと?
同じ本を何度も読むの?

660 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/27(月) 21:02:42 ID:LGRTUe+9
>>659
上のほうでぼくが勧めた本を始めとする本を
繰り返し読むという意味です

読み方は自由ですが、大事だと思った部分を中心に
じっくり何度も咀嚼して身に染み込ませると良い
と思います

661 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/27(月) 21:06:04 ID:LGRTUe+9
>>605
のオススメ本のことです

662 :病弱名無しさん:2006/11/27(月) 21:41:52 ID:2Bzv+UrJ
例えば〜・・・マイナス思考におちいってる事に気づいたら、それを改善しようとか
考える必要はあるのか? ありのままを見るってことだからそれはそれで受け入れるのか・・?


663 :病弱名無しさん:2006/11/27(月) 22:33:07 ID:PBi0ze/7
わからん!が
>>605の本を無意識下まで浸透させるぐらい何度も、繰り返し読んでほしいというのはよくわかった!

664 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/27(月) 22:40:13 ID:LGRTUe+9
お答えします
何もする必要はありません
これは無行動のことではありません
やりたいようにやるということです
大切なことは今を最大限に見つめることです
そしてそのことは最大限の愛を意味します

マイナス思考がネガティブに働くのはマイナス思考を断片化したときだけです
断片は常に貧相でありわれわれの精神にとって破壊的です
なぜなら、あらゆる事物は快か不快かどちらかの感情的色彩を帯びることが知られており
したがって、断片化により世界を分断することは快と不快の対立を生むからです

今をあるがままに見つめれば、自然に断片化せずとらえることができます
このとき一体感が得られ、全てが深いレベルでの喜びになります
なぜなら、高度な没頭は無条件に喜ばしいものだからです
全てが1つであり興味深く思えます
(それに近い体験は何度かしました)

究極愛とは最大限の興味・集中・夢中であり、
今をあるがままに観察にすることであり、
断片化せず自分を全てに融和させることです

全ての苦しみは存在しなくなります
夢中なときは体調不良がどうでもよくなるように。
いえ、心配ありません
アンバランスな没頭さえ回避すれば体調不良にならないハズですから

665 :病弱名無しさん:2006/11/27(月) 22:55:00 ID:uL3UEUUD
なるほど。森田療法に通ずるところがあるね
気づきに興味を持ち始めた俺ガイル

666 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/27(月) 22:58:08 ID:LGRTUe+9
補足です
なぜ苦しみが生まれるかを考えたとき、
快や不快はどちらも悪くないです
快と不快の対立が悪いんです
なぜなら、快や不快はそれ自体精神を混乱させるものではないからです
快と不快を対立させ、快を求め不快を避けようと精神があたふたしたときに
苦しみは実感されます
このあたりはケン・ウィルバー『無境界』にも書かれてます

そして、精神のあたふたイコール集中の途切れイコール
幸せの途切れイコール究極愛の途切れだというわけです
このうち集中の途切れは脳波の状態として客観的に測定されうるものですから、
ぼくは机上の空論を言ってるわけではありません

普通の人は不快にさらされると精神があたふたし、脳波が乱れます
しかし、修行を積んだ人は厳しい状況でも脳波を極めて安らいだ
状態に保つことができます
そのとき不快さえも美しく見えるのです

667 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/27(月) 23:10:55 ID:LGRTUe+9
さらに補足です
不快さえも美しく見えたら大変危険だと思うかもしれません
心配ありません
人間はどうしても断片化してとらえる生き物です
だから危険なことは常に良くわかっています

こう考えると良いです

海面近くの荒波:雑念、執着、断片化、煩悩の世界
深海の静けさ:夢中、集中、究極愛、気づきの世界

夢中や集中力や気づきが深まると、
深海にもぐる力を手にします
だけど、心のどこかでは常に必ず、荒波もあります
だから、危険は察知してます

668 :病弱名無しさん:2006/11/28(火) 01:28:24 ID:tgJEncts
◆脳トレ基本方針◆

1、気づきを深め、雑念を消す
2、常に、全動作思考において、脳にマイナスなことを避け、プラスなことをする
3、努力は徹底するほど良いが、努力感は無いほど良い

1でどういうのが雑念なの? 2でプラスであるかマイナスであるかはどういう基準で決めるの? 


669 :病弱名無しさん:2006/11/28(火) 02:21:38 ID:rNDDpS5J
>100マス計算は脳トレとしては優れてると言えません
>川島教授も認めてます

自分ができないからってそれはないだろw
脳トレはなんでもいいのじゃなかったのか?
ファミコンは脳を鍛えるけど、100マス計算は効果がないのか

こいつのいってることは勢いばかりだな
な〜たそさんのいうとおりにやっても、反論したりする文章力がつくだけで
脳が鍛えられるわけがない・・・と思うのですがご意見を是非聞かせてもらえないでしょうか?

670 ::2006/11/28(火) 02:29:00 ID:b/drseIU
>667
あなたが言ってることは俺が長年探し続けてきたものに、とても似ているから聞きたい
>668も言ってることかもしれないけど、
例えば部屋に対して綺麗な部屋と捨てられていくゴミがあるとき、あなたは、ゴミをマイナスだといって捨てますか?
確かに遠巻きにみれば、いやみなくとも、それはゴミです害です。家具、体の敵です。
そう理解して捨てますか?
無意識に捨てますか?
例えば食糧として殺されていく動植物、生きるためです。食卓には味付けされ美味しい味や、匂い、食感になって運ばれてきます。みんなの笑顔だってあり、それは繰り返して
生きるためです。
それ以外を食べれないとして、それは普通にとらえてプラスです。動植物にも感謝しなくてはなりません
ですがその動植物がこれから生きていくだろうはずだった
環境や生活に気付いた時、正確にいえばイメージした時に、
それはプラスなんでしょうか?そういう事を考えることがもう、マイナスなんでしょうか?
それともそれこそ、バランスをとれという事ですか?
こういう側面はあるがこういう側面もあるものだ、だから仕方ない、自分の為だから
になるんでしょうか?
やはりプラスマイナスを決めるのは自分なんでしょうか?
どうでもいい話題かもしれませんが、自分にとってはどうでもよくなれないので聞きました。
どんな成功論や脳トレの効能を聞いても、プラスとマイナスを分けるのが苦手なのです
とはいえ、こんな事を考えても所詮は自分のエゴに過ぎない話だし、自分に感覚がなければ生きていくことはできないわけだから、
自分が一番大切なのは分かるんですが聞いてみました

671 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/28(火) 08:34:20 ID:hDx02vhy
>>668
雑念とは言葉を使うことにより対立意識が生まれることです
例えば、花を見て、自然に綺麗だなと思うのは問題ないですが
摘みたいなと思うのは執着かもしれません
これを仏教では第二の矢を受けるなと言います
欲は今への不満であり、今と未来、現状と対象を対立させます
雑念かどうかハッキリ境界があるわけではないですが、
こうした雑念を減らすほど鏡のような心になります

脳にプラスかどうかは気づきを深めればハッキリわかります
完全なハッキリしたものではないかもしれませんが、
物事を対立、分離、断片化、対象化せずに
統合させ、ありのままに、興味をもって、全てに一体感をもち
体験するようにすると必ず良い方向に向かいます
なぜなら、夢中になれば全てうまくいくからです
つまり、脳に良いかどうかは夢中になれるかどうかです
夢中になれば体験は自ずと複雑に統合化されたものになり
そのことが脳力を引き上げます
さらに、夢中なとき対象への気づきは最大化されますから、
何がプラスかどうかは自ずと見えてきます

672 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/28(火) 08:39:02 ID:hDx02vhy
>>669
出来ないことは認めます
だけど、100マス計算が優れていないのは事実です

方法はなんでもよいについて
>>664でやりたいようにやることを勧めましたが、
本当にやりたいことをやってるとき雑念はなくなり無心になり
自ずと良い方向に進みます
だから、方法を最初からあれこれ悩むのは意味がないということです
また、方法はなんでもよいとは、何をやろうと夢中になれば
それなりのプラス効果はあるということでもあります

673 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/28(火) 08:48:10 ID:hDx02vhy
>>670
ぼくの主張は、プラスもマイナスもないということです
深いレベルにおいては、快も不快も問題にならず全てが一体となり美しいと
述べましたが、これがまさに夢中の状態です

もちろん、あなたのエゴがマイナスだと思うことを排除しプラスだと思うことを獲得
しようとすることもできます
しかし、心が深まるとそうしないこともできるということです
つまり、あなたは自由に選べます

あえて言えば、プラスだとかマイナスだとか考えすぎるのは苦しみを生みます
雑念をせずに無心夢中になることは無条件に喜びを生みます
だから、あなたは自由だけど、前者のほうが良いから
前者をデフォルト状態にすることを勧めてるんです

674 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/28(火) 09:05:14 ID:hDx02vhy
速読における周辺視野
自律訓練法における受動的注意集中
呼吸法における丹田
武術における正中線

これらは全的な夢中を部分的に目指すものだと言えます

例えば、周辺視野がないと視野を断片化して、あれに注意を向けたり
これに注意を向けたりとしてしまいます
対立の発生、精神のあたふた、雑念の発生
をもたらします
そこで、周辺視野を使うと、全てが自覚されており
全的に注意を固定した状態が保たれるので心は安らかです
だけど、無理に視野を広げてもうまくいきません
無理とは、自然と不自然の対立意識が生じていることです
だから、周辺視野を使うには地道に気づきの訓練をやり
気づきを深めて自然に全的な夢中を目指すしかないです
例えば、残像記憶訓練で周辺視野を鍛えるのがこれにあたります

とにかく、究極的な夢中というのは、おなじみの脳開発の世界とも
密接だということです

675 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/28(火) 09:13:04 ID:hDx02vhy
第二の矢を受けるな、について

http://www.geocities.co.jp/Milkyway/4017/ikikata/v4-buddha/ya.html

676 :病弱名無しさん:2006/11/28(火) 10:09:39 ID:LtmbAuJi
>>669のような人を
以前は理解力の無い人、いわゆる馬鹿って奴だと思っていたが
この頃思うのは、こういうのは馬鹿とは言わないなぁと。
単に知識が無いだけだ。
気づき、脳開発、心、自己啓発、勉強法 等々いづれに関しても無知に過ぎる。

無知過ぎると馬鹿に見られがちでかなり損だけど、現状無知でも知識さえ
増えれば知恵が生まれて判断力も認識力も予測力も自然とついてくるもんだ。


677 :病弱名無しさん:2006/11/28(火) 16:19:58 ID:9RUOTRp3
>>676
絶対的な考えなどないと思うけどね。
あなたがそうやってな〜たそさんの考えを
擁護しているのは、それに対する執着ではないですか?
な〜たそさんが言っているように、あるがままに
受け入れるってことが大事であって、知識がないとか
そういうことではないと思うんだけど。

678 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/28(火) 17:01:22 ID:hDx02vhy
最終的にはあるがままを見つめられるようになれば
知識のあるなしは問題ではなくなります

しかしそこに至るには知識がいります

679 :病弱名無しさん:2006/11/28(火) 17:11:35 ID:b/drseIU
>673
やっぱ自分の為だよな最後には。人の為生きたいと思うのも自分の為でもあるから
でもそれは正しいと思う。
無心夢中
あくまで俺は考えすぎなのかな
マイナスとプラスは融合して美しいのはなんとなくわかる。
失敗と呼ばれる事象もそれがあるからこそ、後々の自分が迎える問題に対して選択を増やせるわけだし
なければ増やせないだから、失敗は素晴らしいのかもしれない
そしてそれの危うさもまた確かに分かるよになるもの
夢中になることに心を委ねます

680 :病弱名無しさん:2006/11/28(火) 19:24:22 ID:0y6qPa5T
な〜たそ氏は無神論者ですか?何歳位でそういった観念を持つようになったのですか?

681 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/28(火) 19:32:31 ID:hDx02vhy
>>679
失敗が有益かどうかには言及してません
失敗もふくめ全てをあるがままにみること
全ては今ここしかないこと
を主張しています

>>680
「神」もしょせんは言葉ですから
無神とみなすかはどうでも良いと思います
あえて言えば、全であり一である存在しかないと考えてます
その意味ではぼくもあなたも石ころも地球も神です

1週間前つまり21歳のときにこの考えを持ちました
一発で鬱から脱出しました

682 :病弱名無しさん:2006/11/28(火) 19:43:52 ID:qhcxTlBy
>>681
>1週間前つまり21歳のときにこの考えを持ちました
>一発で鬱から脱出しました

大変申し訳ないことを言うが、
躁に見える。

あと、100マス計算って、
足し算と、掛け算は、1分切れるんだけど、
引き算は1分半かかってしまうorz

683 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/28(火) 19:45:24 ID:hDx02vhy
ぼくが言う没頭のとき苦しみを感じたことがありません
これが皆さんにお勧めする大きな理由です
もちろん脳開発効果もありますが

自分は宇宙です
このことをまず理解してください
これをラマナ・マハリシは次のような方法で理解させます

見ることの出来るものは見る者ではない
だから、五感はわたしではない
感情もわたしではない
思考もイメージもわたしではない
だから、いくら内側を探してもわたしなどいない
わたしとは宇宙なのだ

これを次のようにも理解できます

見る者なくては見られるモノはないし
見られるモノなくては見る者はいない
だから見る者と見られるモノは同一の存在である

これはただの哲学ではなく夢中を得る実践的方法です

684 :病弱名無しさん:2006/11/28(火) 19:52:19 ID:GCjo8rkB
な〜たそってIQどのくらい?どっかのサイトでやってみてよ


685 :病弱名無しさん:2006/11/28(火) 19:55:55 ID:9RUOTRp3
>な〜たそさん

え?ってことは、一週間前までは鬱だったの?

んー、だったら躁である可能性が高いなー・・・
今は何をしてるの?学生?

686 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/28(火) 20:00:32 ID:hDx02vhy
この見る者と見られるモノを一致してとらえることを
哲学者の西田幾多郎は、純粋経験とか主客未分の経験と呼びました

これは次の方法で実体験することもできます
風呂に入ります
湯に浮かびながら目を閉じ、水面近くで揺れます
自分が湯の中で揺れてるのでなく
湯のほうが自分の体の周りで揺れてると感じてください
次に自分が揺れてる感じと湯が揺れてる感じの中間くらいに感じるようにします
すると、自分が湯と一致同体になった感じがします

このように、注意を研ぎ澄ますと注意の対象とつながった感覚が得られます
オカルトでもなんでもなく誰でも簡単に確認できる事実です

問題は、人間は先入観が強いこと、少しでも心が乱れると注意が難しくなること
などの理由で、全的な注意を維持できないことです
しかし、全的な注意を維持できれば、宇宙との一体感が得られます

この宇宙との一体感をさとりだと勘違いする人が多いのですが、
これはさとりではありません
ちょっとした宇宙との一体感なら誰でも少し修行すれば体験できます
これに対し、さとりとはブッダの定義では「苦しみの終わり」であり、
これは宇宙との一体感がいついかなるときも保たれてることを意味します
だから、さとりは恐ろしく難しいです、
だから、ぼくはさとりを勧めてるわけではないのです

687 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/28(火) 20:11:54 ID:hDx02vhy
>>685
大学3年生ですよ
そう状態かどうかはどっちでも良いです
鬱から脱出したことがぼくにとって大きな意味があった
ということを言いたかっただけです

688 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/28(火) 20:24:12 ID:hDx02vhy
繰り返しますが、自分は宇宙だということを念頭に、気づきを入れると対象とつながった感覚が得られます
だから、気づきを鍛えるんです

さて、体験は次の3つに分けられます
・予期してた体験(退屈)
・予期しなかった注意してない体験(不安)
・予期しなかった注意してる体験(喜び)

もし、
気づきが足りないか過去の想起が多い(雑念)
と予期しなかった注意してない体験が増大します

もし、未来への期待・予想・計画・意図(雑念)が多いと、
予期してた体験が増大します

もし、よく気づき、雑念がないなら、予期してなかった注意してる体験が増大します
さらに、主客未分(見る者=見られるモノ)を念頭において
気づきを深めていくと、
いろんなものとの一体感が得られます
これが夢中のコツです

だから、気づきを鍛え、雑念をなくすことが大切です

689 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/28(火) 20:28:19 ID:hDx02vhy
>>683
>>686
>>688

この3つのレスは、夢中になる「具体的方法」を述べたものです




>>684 130くらいです

690 :病弱名無しさん:2006/11/28(火) 20:41:28 ID:9RUOTRp3
な〜たそさんはどういう本を読んでそのような考えに至ったのですか?
面倒をおかけしますが、列挙してくれると有難いです。

691 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/28(火) 20:47:11 ID:hDx02vhy
ちなみに、本山博『超意識への飛躍』によると、
自我の殻に穴をあけ対象との一体感を得るには
プラナヤーマ(ヨガの基本的呼吸法)で
プラーナとクンダリニーシャクティの合一をすることが
絶対不可欠だと書かれてます
これはわかりやすく言うと丹田呼吸法が絶対不可欠ということですね

ぼくは必ずしも絶対不可欠と思う必要ないと思います
ヴィパッサナー瞑想では丹田鍛えたりしないのだし。

丹田呼吸法の不可欠性について詳しい人がいたらアドバイスして欲しいです

692 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/28(火) 20:50:39 ID:hDx02vhy
>>605のオススメ本がとくに重要です

ただ、ぼくは16歳のころから形而上学的思考、神秘主義的思考の傾向があり
空間や時間や自己などについて様々な定義を考案し
思想展開、応用化をもくろんでましたから、
そういう経験で思考力が鍛えられたのだと思います

693 :病弱名無しさん:2006/11/28(火) 20:54:07 ID:5faqhq+u
すみません話割って入ります。質問なんですが、例えば紙に「あ」という文字を100文字連続で書こうとします。
そして書き始めて50文字もしないうちに「あ」というもじがわからなくなったりしっくりこなくなったりしますよね?これはなんでなんですか?


694 :病弱名無しさん:2006/11/28(火) 20:56:55 ID:9RUOTRp3
>>693
それあるw
でも俺の場合は字を凝視するときになるけどね。
>>692
>>605にあるコミュニケーションの名著って何があります?

質問ばかりで本当にすみません。

695 :病弱名無しさん:2006/11/28(火) 20:58:42 ID:GCjo8rkB
>>689
どこのサイト?


696 :病弱名無しさん:2006/11/28(火) 21:00:57 ID:Kf5B9o1N
>>693
ゲシュタルト崩壊って奴じゃない?

697 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/28(火) 21:03:29 ID:hDx02vhy
>>694
ん〜そんなに詳しくないのでパスします

>>695
高校のときに、塾ではかりました
ちゃんとしたテストですよ、そこらのサイトとは違って

698 :病弱名無しさん:2006/11/28(火) 21:05:09 ID:5faqhq+u
ド忘れしたものなどを思い出そうとして思い出そうとしたら、
思い出そうとするほど思い出せないというのも同じ現象なんですかね?
てかスレ違いスミマセン。でもここなら頭いい人いっぱいとおもって(;_;)

699 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/28(火) 21:26:34 ID:hDx02vhy
さて、昔の形而上学的思考メモを引っ張り出したらこんなのがありました

自己には、
視点としての自己
思考としての自己()
身体としての自己
がある

この言葉で言うなら、ぼくは視点としての自己に徹することを勧めています

思考としての自己は時間的制限をもたらします
というのも、思考は常に今を離れようとします
(悩みとは常に過去と未来に関したもので、
過去の行いを嘆き、未来の結果を恐れる(ケン・ウィルバー))
実は、過去や未来が存在してるという感じは思考によって初めてもたらされます
その結果、自分が長大な時間のなかの現在にしか存在しない
ちっぽけな存在だという錯覚をもたらします


身体としての自己は空間的な制限をもたらします


だから、身体としての自己と思考としての自己を消し、
視点としての自己を強めれば、
「完全なる「今ここ」の住人」「全にして一、一にして全なる存在」
になれます

@@@
視点○ ⇒ 主客未分に
身体× ⇒ 空間から自由に
思考× ⇒ 時間から自由に

700 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/28(火) 21:31:53 ID:hDx02vhy
つまり、身体としての自己と思考としての自己を消せば、
時間や空間が消えます

実際に、極度に雑念をなくし思考としての自己を捨てると、時間が止まった感じになるし、
身体としての自己を捨てると、空間がここしかない感じになります
(RPGで主人公が歩いても
画面がスクロールするだけで主人公の位置が変わらないですよね
あれと同じ感覚です
ここしかないというのも、今しかないというのも、あれと同じ感覚です)

その結果、「今ここ」しか存在しなくなります

さらに、視点としての自己を強めると、
その「今ここ」と自己が一体化します
主客未分です

これが
「今ここ」イコール自己イコール宇宙
ということです

701 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/28(火) 21:39:15 ID:hDx02vhy
>>699
>>700

これらは、別に超人になる方法を述べたものではなく、
単に、理想的な夢中をつくるための手がかりを示したものです

702 :病弱名無しさん:2006/11/28(火) 21:43:29 ID:huEtMPTl
ヴィパッサナー瞑想について詳しく書いた本とかある?

703 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/28(火) 21:48:43 ID:hDx02vhy
>>702
入門書としてはスマナサーラさんの適当な本を、
少しやる気になってきたら
『ブッダのヴィパッサナー瞑想法 基本マニュアル』
とかを、もっと進んだ話まで知りたくなったら
『ついに悟りをひらく』
が良いですよ

704 :病弱名無しさん:2006/11/28(火) 22:02:14 ID:+bQ5wQUI
な〜たそは能力開発と潜在意識の関係っつうか、どう思う?

705 :な〜たそ ◆BYrcj9t0cY :2006/11/28(火) 22:17:54 ID:hDx02vhy
まずは気づきです
その次にイメージ力です
その次はもうありません
これだけです

能力開発とは、気づきとイメージです、それだけです

で、気づきで宇宙との合一とか言ったって、基本的には物質法則に縛られてるし時間空間に縛られてます
これはオカルト的に言うと、意識が物質界の今ここにフォーカスされてるからです
つまり、意識を時空から自由に広げられるとはいえ、その中心地点(フォーカス)は、縛られてます

潜在意識とは、他のフォーカスの意識のことかもしれません
現段階では、イメージとはフォーカスの限界を超える手段と捉えてます
いくら気づきを鍛えて悟りを得ても万能にはなれません
ブッダも晩年は背骨の痛みに苦しんだといいます

気づきによりかなり自由を得ますが、万能にはなれません
では、どうやってさらに能力を広げるかとなるとイメージ力による潜在意識の活用ですね多分
ヘミシンクもこれです
ヘミシンクで悟りは開けないみたいですが、
フォーカスの限界を超える力は注目されるべきかもしれません

387 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★