5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

うつ病・神経症・統合失調症などは脳の栄養不足だった

1 :病弱名無しさん:2006/07/02(日) 22:28:51 ID:3DV8KDzj
日本の30年先をいくアメリカでは常識

2 :病弱名無しさん:2006/07/02(日) 23:10:44 ID:lUEUc7+8

2げっと

3 :病弱名無しさん:2006/07/02(日) 23:44:49 ID:mnmBgBkd
>>1
重複だ 削除依頼出してこいや

うつ病は精神病でなかった。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1148139113/

4 :病弱名無しさん:2006/07/03(月) 01:06:41 ID:263sjvCp
脳の栄養不足

5 :病弱名無しさん:2006/07/03(月) 06:53:09 ID:263sjvCp
ただの、脳の栄養不足だよね。

6 :病弱名無しさん:2006/07/04(火) 23:01:29 ID:sJM9bWch
>>5
もし詳しくご存知なら、その治療法について教えて下さい。

7 :病弱名無しさん:2006/07/04(火) 23:28:26 ID:tkqbAd7F

『東京メディカルケアセンター』 について
こちらの病院は実際に、
私が診療を受けたわけでは無いので
細かいお話ができませんが、
ナチュラルクリニック代々木のような
治療を施してくれる病院を検索した中で、
『好い!』と思える病院と思っています。
院長のブログ がリンクされており、
低血糖症の説明が詳しく掲載されており、
うつ病と糖の関係を知るきっかけになりました。
うつ病についての見解が
非常に的を得ていると思いました。(素人の私が言うのもなんですが・・)
※ なお、この治療はほぼ健康保険が使えません。

8 :病弱名無しさん:2006/07/10(月) 16:21:00 ID:S55HBv6q
早く>>7みたいな病院もっと増えてほしいですよね

9 :病弱名無しさん:2006/07/10(月) 20:21:33 ID:Q6+oYtpU
>>8
これを参考まで。

診たて違いの心の病  溝口徹(著)
 薬漬けになる前に読むのが吉。心の病(うつ・統合失調症・パニック障害・アトピー
・リウマチなど)に栄養療法が注目されています。心の病の多くが、実は栄養欠損だっ
た。多くの病気の治療に対して薬を使わずに食事の指導と栄養素がもつ作用によって
のみ治療を行う「栄養療法」について、実際の症例とともにくわしく解説されている。

10 :病弱名無しさん:2006/07/11(火) 17:21:30 ID:lj0YFSJI
>>9
ちゃんと出版社名も書けよな
第三文明社=創価系出版社、だろ

11 :病弱名無しさん:2006/07/11(火) 20:27:22 ID:gzwqIP0I
>>10
出版社は意味がない。
溝口氏は他の2冊は文芸社から出してるし。
どちらかというと普通の出版社より廉価だし。

12 :病弱名無しさん:2006/07/11(火) 21:10:09 ID:L20SNXFN
保守 age

13 :病弱名無しさん:2006/07/12(水) 15:48:39 ID:UHZfB0Yo
うつ克服法研究会々長 高畠靖雄
ttp://www.utsukaisyo.com/

14 :病弱名無しさん:2006/07/14(金) 13:08:41 ID:UfHgW8Fx
うつ歴数年でしたが、
薬物療法と合わせて栄養治療で治した者です。
糖りすぎることで起こる低血糖と
睡眠リズムの乱れも鬱の原因となるようです。
http://ameblo.jp/s0-what/


15 :病弱名無しさん:2006/07/15(土) 01:48:29 ID:BRJhbW1X
 うつ病はよく「心の風邪」いいますが、本当は「心の肺炎」で、適切な治療を受け
なければ確実に死ぬ。今やうつ病は軽症まで含めると六人に一人ぐらいが発症すると
言われている国民病。偏見をなくす意味で心の風邪というのでしょうが、軽症でもず
るずる治療を先送りすれば、死ぬこともある怖い病気なんです。医師として日々患者
さんたちに接していると風邪などと悠長にいえないものがあります。

16 :病弱名無しさん :2006/07/15(土) 01:55:49 ID:YQ6atoaX
>>15 本当ですか?私はSNRI&抗不安薬&睡眠剤を3年ほど服用してますが
大丈夫でしょうか? 仕事は順調にしております。

17 :病弱名無しさん:2006/07/15(土) 12:14:05 ID:BRJhbW1X
>>16
SNRIは脳の神経線維を破壊していきます。作用順序はヒロポン(覚醒剤)と
いっしょです。また、常習性があります。
抗不安剤はボケ・物忘れを招きます。作用はお酒に似ていて常用している
とヨイヨイになるところが似てます。常習性および眠けを引き起こします。
睡眠導入剤は抗不安剤と同じ仲間です。常習性および眠けを引き起こします。
いまがよければいいというのであればいいのですが、将来に不安を感じる
のであれば服用を中止したいところです。

18 :病弱名無しさん :2006/07/15(土) 22:21:39 ID:YQ6atoaX
>>16
回答ありがとうございます。服用を急に中止しても
大丈夫ですか?主治医の先生はそろそろ徐々に減らしていく
と話されていました。

19 :病弱名無しさん:2006/07/15(土) 22:40:31 ID:tLxVclRr
ttp://school5.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1151842706/l50
>そういやメンヘル板にID:Q3ir9/jk=>>1が初めて現れた頃、「アメリカではすでに栄養療法に
>切り替わっている」というアナウンスから始めたな。まずはこのウソを現実のものにしてから
>出直せ。

>>16
嘘つきを信用できますか?

20 :病弱名無しさん:2006/07/15(土) 22:47:26 ID:0eNnwl3y
躁鬱と自律神経失調でパキシルやらなんやら2年くらい飲んでた。
薬は症状の緩和であって根本的な治療にならないことに嫌気がさして
ある日から薬を一切断った。
始めは吐き気めまい倦怠等ひどかったけど
数ヶ月たった今、けろりと治ってしまった。
ただ、>>17さんの言うとおりボケ・物忘れだけが残った。
学生だから急に常用薬を断つっていう無謀なことができたけど
社会人だったらやってなかった。
長文自己中スレすまそ

21 :病弱名無しさん:2006/07/15(土) 23:40:34 ID:BRJhbW1X
>>19 まるち
227 :名無しさん@おだいじに :2006/07/15(土) 21:55:27 ID:???
そういやメンヘル板にID:Q3ir9/jk=>>1が初めて現れた頃、「アメリカではすでに栄養療法に
切り替わっている」というアナウンスから始めたな。まずはこのウソを現実のものにしてから
出直せ。

22 :病弱名無しさん:2006/07/15(土) 23:47:49 ID:tLxVclRr
>>21
ttp://school5.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1151842706/l50
>228 :名無しさん@おだいじに :2006/07/15(土) 23:33:35 ID:???
> まるち
> 19 :病弱名無しさん :2006/07/15(土) 22:40:31 ID:tLxVclRr
> ttp://school5.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1151842706/l50
> >そういやメンヘル板にID:Q3ir9/jk=>>1が初めて現れた頃、「アメリカではすでに栄養療法に
> >切り替わっている」というアナウンスから始めたな。まずはこのウソを現実のものにしてから
> >出直せ。
>
>229 :名無しさん@おだいじに :2006/07/15(土) 23:38:10 ID:???
> それは引用というんだよ

マルチというお前がマルチしてるじゃねえか。
くだらないことする前にまともな反論したらどうなんだ

23 :病弱名無しさん:2006/07/15(土) 23:51:07 ID:BRJhbW1X
>>22
お前に治ってもらう必要はないので説得はしないつもり。
知りたきゃ自分で調べろ。
以上

24 :病弱名無しさん:2006/07/16(日) 00:11:34 ID:qsVU7uPX
>>23
科学的な説明は出来ない、
排他的な物言いしか出来ない、
「私は治った!」的なでっちあげしか出来ない、
挙句の果てには議論の放棄か。まるでどこかの新興宗教だな。

少なくともお前らの腐りきった人間性は説得力あるわ。
逆の意味で。  クソが

25 :病弱名無しさん :2006/07/16(日) 00:51:09 ID:ek6dE1cy
>>16です。
何がなにやら判らなくなりました。
自分の主治医を信用してうつと付き合っていきます。
>>20さん
良かったですね。

26 :病弱名無しさん:2006/07/16(日) 01:47:52 ID:tgTwwSsY
ストレスが強いほどたくさんの栄養素がなくなってしまう。栄養素がなくなって
しまうと歳が若い人は臓器が強い人は体が悲鳴上げることが精神症状として現れる。臓器が弱い人
お年寄りなどは先に臓器が悪くなってしまうのは人間の臓器は本来はとても丈夫に
できているが加齢とおもに臓器も歳をとっていき弱くなるため栄養素が欠乏したら
精神症状より先に臓器が悪くなる。人間の臓器は1回悪くなると元には戻らない。
糖尿病などの患者に病院で栄養指導をしているのはこれ以上悪くならないための
予防。精神科医、製薬会社、政府がつるんで毒薬を販売しこの毒薬のせいで人を
破壊している事実に、勇士ある医療従事者が立ち上がってくれた。騙されている
みんなに気づいてもらえるように心の病には栄養療法という形でね。このおかげで
廃人から脱出できた人=治った人が続出している。精神科医はこの毒薬を
金だけのために飲まないと治らないと患者に言い続けこの毒薬を出し続ける。
患者がこの毒薬を飲んだ副作用を言っても薬のせいではないと言い切り、自分達
が不利になるので説明は全くしない。患者はこの毒薬で思考や運動機能が
麻痺している状態なので、どうしていいのかわからずにズルズルといってしまう。


27 :病弱名無しさん:2006/07/16(日) 01:49:05 ID:tgTwwSsY
医者がまさかウソを言うわけないからとウソを信じてしまう。精神科医が処方し
ている薬は>>17さんの言うとおりとんでもない薬達。この薬達せいで栄養失調が
加速し患者は年々体が衰弱していき、精神科医はヤバイと思って患者を突き放す
のを繰り返しているだけである。製薬会社も薬を飲まないと治らないという意味
のキャッチフレーズをメディアで宣伝したり、精神科医と組んでメディアで宣伝
している。こんな宣伝されたら誰もが信じてしまう。このウソがバレタのは現実
のものになっているが、栄養療法で治ることが現実のものになっている。
薬が承認されてしまう仮定なんて簡単だから。薬はそのばをしのぐだけの効果しか
なく、体が本来持っている自然治癒力が働くので結果として治るけど、
抗うつ薬、抗不安薬、抗精神薬、睡眠薬は全く別物で必要がないし毒になる薬。
良く眠れないのも栄養素の欠乏からなので、+生活リズムをととのえていけば本
来人間の体は夜眠って日中は起きるようになっているので、眠れるようになる。
強いストレスが栄養素を消してしまうのが最大の原因だが、消された栄養素を
補充しないと悪化する一方なので、強いストレスがかからないように気をつけ
ながら、体に必要な栄養素を摂りながら、栄養素が吸収されやすいように(胃
と腸が健康であることが重要)、夜間の十分な睡眠と日中の適度な運動(
外を15分歩く)で完全に治る。





28 :病弱名無しさん:2006/07/16(日) 11:52:25 ID:qsVU7uPX
>>26
goo 辞書 「毒薬」
毒性が強い医薬品。劇薬より作用の著しいもので、
厚生大臣により指定される。毒剤。
精神治療薬って厚生大臣に指定された毒薬なんですか?

29 :病弱名無しさん:2006/07/16(日) 13:42:49 ID:bUbaYl3U
>>28
お前頭悪いな。
向精神薬を皮肉って毒薬ってんだよ。

30 :病弱名無しさん:2006/07/16(日) 13:58:53 ID:qsVU7uPX
>>29
じゃあイコール関係はないんですね。
>>26,27
は皮肉を駆使したつもりの粗悪な"感想文"で
科学的な根拠のないデタラメなんですね。

31 :病弱名無しさん:2006/07/16(日) 15:41:08 ID:bUbaYl3U
>>30
そう思えばー。

32 :病弱名無しさん:2006/07/16(日) 16:26:34 ID:qsVU7uPX
>>31
また議論の放棄か。
ここは「身体・健康」について真面目に語り合う場だぞ?
語り合うだけの脳みそもない低能で愚劣なクズは消えろよ

はいはいそうですかー。みたいなレスはいらんぞ。消 え ろ

33 :病弱名無しさん:2006/07/16(日) 19:59:36 ID:bUbaYl3U
>>16
とことん製薬会社と精神科医に骨までしゃぶられちゃってください。
残ったのは廃人と化した抜け殻だけになるから。

34 :病弱名無しさん:2006/07/16(日) 20:24:07 ID:qsVU7uPX
>>33
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
>廃人、癈人(はいじん)とは、病気や障害など様々な事情で普通の人間生活を
>営めない者とされる。主に蔑称であるため、使用に注意すべき語である。
言葉遣いでお前の品性が知れるな。恥を知れ

35 :病弱名無しさん:2006/07/16(日) 21:16:14 ID:mgQbFGXA
>真面目に語り合う場だぞ?

それは半分当たって半分間違い。
本来2ちゃんねるは本音を吐き出すための掲示板。
真面目にとかいうのは板で生まれた最低限の意思の統一。
この板の性質上、真剣に悩む人達が多かったからそう決まっただけ。

粗悪な感想文は見たところ粗悪には感じられないし、
何を以ってあなたの口からデタラメという言葉が出たのか。
大体辞書を引いてまで国語の使い方を指摘する所が私としては気になった。

スレ違いだがそれを言うなら「議論」と「語り合う」は似て非なるもの。
議論がお望みなら、もっと真面目な所に行った方が
あなたにとっても我々にとっても有意義だと、少なくとも私は思う。


この文章を読んで、次の問いに答えよ。

(一) この文章を添削せよ。
(二) この文章から筆者は>>32に対してどんな感情を持っているか
   文章中の単語を抜き出して二十字以内で答えよ。

36 :病弱名無しさん:2006/07/16(日) 21:25:43 ID:qsVU7uPX
>>35
専ブラ使ってるのか日本語が読めないのかどっちだ?

●この掲示板は人間の「身体・健康」について真面目に語り合う場です。

て板の頭から書いてるぞ
えらそうなことぬかす前に目の検査でも受けろ

37 ::病弱名無しさん :2006/07/16(日) 21:50:21 ID:ek6dE1cy
>>33さん
製薬会社の事は知りませんが、
精神科医は全て信用できないのですか?
脱げ柄になるにはどのような薬をどれくらい、何年
服用すればなるのですか?

38 :病弱名無しさん:2006/07/16(日) 22:22:09 ID:4KH0QeMQ
調子に乗ってアゲたのに、かえってバカを晒してしまった。後悔アンド猛反省。
もっとしおらしくいこうと思った18の夏。

>>35不正解。
「まず約束事の欄を見ていない」が正解。
それに対してごめんなさい。
でも謝るじゃなんか悔しいから、せめてあなたに手傷を負わせて逝きたい。

>脳みそもない低能で愚劣なクズは消えろよ
>少なくともお前らの腐りきった人間性は・・・
>言葉遣いでお前の品性が知れるな。恥を知れ

人の振り見て我が振り直せということわざ。もうほんとそっくりそのまま。
恥をさらした私同様、発言には責任があることを。
その言葉遣いはさすがに直した方がいいんじゃないかなーと、私は思います。
揚げ足ばかりとってしまってホントもうすいません。

39 :病弱名無しさん:2006/07/16(日) 22:32:14 ID:CFtlE1sV
からだが重いんですけど鬱病ですか?

40 :病弱名無しさん:2006/07/16(日) 22:59:14 ID:qsVU7uPX
>>38
レス番号16、37、39 の方々のように自分の身を本気で案じている
人たちの弱みに付け込むような"栄養教"の輩には
最悪の侮蔑でも満足できない。俺はね。

忠告はありがとう。

41 :病弱名無しさん:2006/07/17(月) 00:02:01 ID:8WNbpZgb
>>37
SSRI、SNRIは脳の神経線維を破壊していきます。薬理作用はヒロポン(覚醒剤)と
いっしょです。また、常習性があります。
抗不安剤はボケ・物忘れを招きます。作用はお酒に似ていて常用している
とヨイヨイになるところが似てます。常習性および眠けを引き起こします。
睡眠導入剤は抗不安剤と同じ仲間です。常習性および眠けを引き起こします。
いまがよければいいというのであればいいのですが、将来に不安を感じる
のであれば服用を中止したいところです。
精神科医は製薬会社の片棒を担いでいるから、深入りしないほうがいいですよ。
SSRI、SNRIによる脳の破壊は飲んでいるうちから進行します。(一部引用)

>>39
それだけだとわかりません。

42 :病弱名無しさん:2006/07/17(月) 00:50:41 ID:nYwa0fAC
「常習性」と「医学」でgoogle検索すると便秘の話ばっかりだね。
>>41にお似合いなクソミソな結果だよ。
いい加減聞きかじりのインチキ医学講座はやめたら?
ろくに日本語も出来ないのに。

43 :病弱名無しさん:2006/07/17(月) 21:27:28 ID:jhASJmva
>>42
お前の脳どうなってんだwwwww

44 :病弱名無しさん:2006/07/18(火) 00:28:42 ID:ei5BAY6c
>>43
>42はイッちゃってますw

45 :病弱名無しさん:2006/07/18(火) 00:43:51 ID:UGeLJ40T
ヨイヨイって何語?医学用語か何か?
それとも創価学会の用語?
イッちゃってるひとは難しいねえ。

46 :病弱名無しさん:2006/07/18(火) 11:54:43 ID:3iCbnbya
>>45
もイッちゃってますw

47 :病弱名無しさん:2006/07/18(火) 14:50:11 ID:zakdq2RE
統合失調症、社会不安障害は「架空の病気」か?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153185826/


48 :病弱名無しさん:2006/07/19(水) 01:30:12 ID:WF/9K+LF
しかし宗教の力というのは違うね。
こうまで人の心を変えてしまう。

ヒロポンと同じ薬理作用で脳神経がやられる訳ないだろ。
SSRI、SNRI飲んだ事も無いんだろうな。それどころか三環系とかも。
常習性がある? そりゃ抗うつ剤ってのは飲み続けてナンボの薬だから、連続して飲むが。
飲みたくてこんなもん飲んでる奴がいるかっての。
飲んだら治るor状況が良くなるから飲んでるだけであって。

抗不安剤とか睡眠薬のベンゾジアゼピン系で「ヨイヨイ」になる?w
酒と同じ? ばっかじゃないの?
あとね、
「睡眠導入剤は抗不安剤と同じ仲間です。常習性および眠けを引き起こします。」
眠気を引き起こさないのが睡眠薬かっての。

49 :病弱名無しさん:2006/07/19(水) 01:33:07 ID:WF/9K+LF
ちなみに、決して抗うつ剤、SSRI、SNRIはハッピードラッグなんかじゃないぞ。
ハッピーな気分になるもんか。「普通が演じられるようになる」だけだ。
もっと言っちゃうと最初は副作用ばっかり出て、こんなものが本当に効くのかと疑う位だ。

でも抜いたらばっちり精神科に掛かる前のうつの状態に舞い戻るところからすると、
ホントに効いてるぞコレ。

50 :病弱名無しさん:2006/07/19(水) 06:03:17 ID:vOJnFrqp
49にほぼ同意

51 :病弱名無しさん:2006/07/19(水) 06:35:10 ID:OiRt3RY2
全然スレ違いなんだけどさ、鬱歴1年で下痢が1週間ほど続いて
自然気胸になって過呼吸なりやすくて口内炎が治らなくて
なんだか風邪もひきやすくなった
安楽死がほしくなってくるのは鬱のせいなのかな

52 :病弱名無しさん:2006/07/19(水) 07:05:41 ID:Dip6OKpB
私も下痢によくなるし、風邪もひきやすい
最近薬飲んでないからか、かなり体がだるい。

53 :病弱名無しさん:2006/07/19(水) 15:32:49 ID:8GysJoS2
>>48>>49
廃人→死亡。ご愁傷様。スレタイも読めない薬でラリッてる香具師はここに
来ないでね。

54 ::病弱名無しさん :2006/07/19(水) 22:28:01 ID:8AoBSjWz
>>53
何故そんなに坑うつ薬、坑不安薬、睡眠薬等を
批判されるんですか?薬のおかげでうつが治った人
コントロールしている人もいるのではないですか?
私はその一人です。

55 :病弱名無しさん:2006/07/19(水) 22:59:22 ID:rj1c5ixR
>>54
鎮痛剤といっしょ。飲んでる間だけ頭がぼーっとしてるだけ。
早く気付け!

56 :病弱名無しさん:2006/07/19(水) 23:27:32 ID:cwuUNGw7
>26,27
統合失調症の患者の文章臭い。
適切な接続詞及び句読点を使えてないところとか、
一切論拠示さない所とか。

更に、恐らく26自身が精神科受診経験者。
書いてるの体験談だろW

結論。26はまだ比較的軽症のデムパ。被害妄想抱くのも分かるけど、
ちゃんとお医者様の言うことお聞き。

57 :病弱名無しさん:2006/07/20(木) 00:11:16 ID:JdlCQCyN
>>56
栄養失調で氏んでください

58 :病弱名無しさん:2006/07/20(木) 01:59:01 ID:DeY2W+7f
飢餓状態の人間がうつではない理由が説明出来ない。
よってたわごと確定晒しage

59 :病弱名無しさん:2006/07/20(木) 12:02:47 ID:7Y4Bso6V
まだ脳科学が追いついてないだけだろ。

60 :病弱名無しさん:2006/07/20(木) 19:44:32 ID:+GLGmXhP
難民キャンプは精神病患者だらけだな。この理論じゃ。

でも逆に精神病患者は先進国(といわれてる国)に多いという統計的事実は
どう説明してくれるんだろうか。

61 ::病弱名無しさん :2006/07/20(木) 20:31:48 ID:IReaSi62
>>55
頭はぼーとしていませんよ。
仕事も順調にこなしていますし。
薬の量も減って来ています。
何をあなたは知っているのですか?
あなた自身うつを克服されたのですか?
>>60さんに対する回答を期待しています。

62 :病弱名無しさん:2006/07/20(木) 20:37:06 ID:7Y4Bso6V
>>60
精神病患者は先進国に多いという統計的事実!?
「統計的事実」ってどこにあるの?

63 :病弱名無しさん:2006/07/20(木) 21:14:28 ID:+GLGmXhP
ttp://www.yasuienv.net/WHOwhrHLE.htm
ドゾ。北米とアフリカでも比べて見て下さいな。
日本はちょっと例外かも。

ttp://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/conf/97WHO/z0001902.html
このソースは諸刃の剣だが、発生頻度はほぼ同じだと言ってる。
まぁ、栄養失調状態の発展途上国と、栄養がある先進国での差が出来るべきである、
例の理論を覆すには十分かな。



64 :病弱名無しさん:2006/07/20(木) 21:21:23 ID:NYmEPt9B
http://hp22.0zero.jp/511/WAIWAI/

65 ::病弱名無しさん :2006/07/20(木) 21:46:33 ID:IReaSi62
http://wrs.search.yahoo.co.jp
脳卒中後のうつ発生率も高いですよ。

66 :病弱名無しさん:2006/07/20(木) 23:20:34 ID:7Y4Bso6V
>>63
「世界、北米、EU、日本+、アフリカのDALY(Disability Adjusted
Loss of Life Years)」は統計として意味がないんじゃないか?
日本とアフリカで比べても日本と世界で比べても逆の結果が出てる。
「精神障害者および知的障害者のリハビリテーション」とか読むのって専門家?
全部はちょっと読んでらんないよ。

67 :病弱名無しさん:2006/07/21(金) 00:07:29 ID:2vlmNOvh
>>66
一つ目のはアレだ。日本がノイズなんじゃないか?

「精神障害者および知的障害者のリハビリテーション」
 はWHOの。

 めんどかったら、「途上国」って検索かければすぐわかる。

68 :病弱名無しさん:2006/07/21(金) 02:13:54 ID:CDGoXfqG
私がスケベで分裂病と診断されるのも、脳の栄養不足でしょうか?

69 :病弱名無しさん:2006/07/21(金) 22:03:28 ID:2vlmNOvh
すぐ解って、返答に困ってるんだろうか。

70 :病弱名無しさん:2006/07/22(土) 19:04:24 ID:6GO6iiGj
発生頻度はほぼ同じだは妥当ですよね。発展途上国は食べ物がなくて飢餓からくる
栄養失調で先進国は食べ物がありすぎてもストレスが多い、偏食や生活リズムの
乱れからくる栄養失調ですから。

71 :病弱名無しさん:2006/07/23(日) 00:08:08 ID:nQF7R8Br
そういうのをあとだしじゃんけんって言うんですよ。

途上国の方が鬱病率が高かった場合→ほら、みんな栄養失調だから……
先進国の方が鬱病率が高かった場合→偏食や生活リズムの乱れが原因なんだよ。
同じくらいだった場合→二つの要因がMIXされてるのがよくわかるね。

病気云々についてはまったくの素人だから、鬱の原因が栄養失調なのか脳の風邪なのかについては全然わからないけど、
少なくとも>63下のWHOの報告を
「このことから、精神疾患の発生原因は、途上国では飢餓による栄養失調によっており、
 逆に先進国では偏食などの生活リズムの乱れによる栄養失調によっていることが読み取れる」
なんて解釈をすれば卒論発表レベルでも苦虫を噛み潰した顔をされることくらいはわかる。

72 :病弱名無しさん:2006/07/23(日) 02:14:41 ID:IVTYi1PM



73 :病弱名無しさん:2006/07/23(日) 15:34:10 ID:hIeNx5I9
鬱の原因=ストレスで栄養失調になる

74 :病弱名無しさん:2006/07/23(日) 22:04:54 ID:DvLYrROz

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153185826/

278 :卵の名無しさん :2006/07/23(日) 19:36:42 ID:Sw8kc5Ea0
なお、イタリアでは1978年精神病院が廃止され、新規入院が停止されている。精神病が本当に従来説のような形で存在するならば、
そうはならない。 精神病の実際の患者数は実はかなり少なく、内科や脳外科で対応できる範囲だろう。 そしてだからこそ、
イタリアでは精神病院自体を廃止した。 また、アメリカでも1955年当時、精神病院入院患者数は55万人いたが、
司法判断を経て73年には入院患者は25万、90年に入ると10万をきるまで減少したという。
更にイギリスでも1995年までに精神病院を全廃することが検討され、入院患者総数は激減している。
現在、この流れが国際的に定着し、世界各国で閉鎖病棟や措置入院を減少させる傾向に進んでいるという。
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2002/01/s0128-7o.html

この国際的な流れに日本の精神医学界はあからさまに逆行しており、儲けと地下行政を優先して
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2002/01/s0128-7o.html
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2002/01/s0128-7b.html
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2002/01/s0128-7e.html
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2002/01/s0128-7.html
本来は患者ではない健常者を無理に「偽患者」に仕立て上げるケースを医師ぐるみで乱発したため、
健康保険支払いを通した医療費が嵩みすぎ、健康保険破綻が現実のものになりつつあるため、
精神医療よりむしろ生活保護の方が安価であるという声さえ出始めている。
あまりにも肥大化した精神医療費に遂に国庫が耐えられなくなったのであろう。 わが国において
今まで100年以上も悪質な地下行政の歪に被害者として偶然触れた国民を片っ端からレッテル化
していた歪が遂に経済面で出てきたという事だろう。

http://www.yakuji.co.jp/entry757.html
【日医】予測より大きい減少率‐緊急レセ調査の結果公表
診療科別の入院外総点数では、最も影響の大きかったのは精神科で7.89%の減


75 :病弱名無しさん:2006/07/24(月) 01:46:51 ID:blVfNycL
やべぇ、>74のリンク先面白い。

76 :病弱名無しさん:2006/07/24(月) 07:00:59 ID:sI+6YVY+
民主党論文「統合失調症は監視社会を隠蔽するためにある」の主著者は、
東京医科歯科大学医学科出身の内科医で参議院議員の方と見られる。
論議内容の骨格は、筆者と綺麗に一致。

以下の論点を民主党には認めていただいた可能性が出ている。
また安部幹事長の個人事務所HPに掲載されていた情報である以上
自民党も今後、方針を転換し、偽患者への医療費をカットし、歳出削減に進めていく可能性
がある事が否定できない。

もはや精神医学界は学問的・倫理的に崩壊しつつあるものと見られる。

統合失調症、社会不安障害は「架空の病気」か?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153185826/


77 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

78 :病弱名無しさん:2006/07/24(月) 19:02:16 ID:yPG1kfj2
栄養とったら鬱なおるとか考えが甘い、

79 :病弱名無しさん:2006/07/24(月) 22:58:42 ID:nSsFIMq1
新しい考え方を受け入れられない人のことを一般に老害という。

80 :病弱名無しさん:2006/07/25(火) 00:05:15 ID:5hTYU/xw
そうだな、薬を飲んでちゃんと静養すればいいっていう
新しい考え方を受け入れられないのは老害だな。
根性で良いもん食ってりゃ治るって古い考え方は捨てよう。
良いもん食おうという元気も無いんだから。

81 :病弱名無しさん:2006/07/25(火) 00:07:52 ID:GDthF1vR
7月22日の朝日新聞にも記載してあるとおり、薬は効果ない。
患者から訴訟されるのが盛んになる前に販売中止を望むところだな

>>74
d。知ってたけどマンドクセーから貼らなかった。感謝するよ。

>>78
精神工作員乙。甘くない。やらないと治る方向にすら向かない。新聞も見てないのか



82 :病弱名無しさん:2006/07/25(火) 01:44:07 ID:unEHwy7t
>>81
新聞が総て正しいと思ったら大間違いだ。
創価工作員乙。
治す方向に向けるための薬だろw
うつで半寝たきりになった奴にステーキ無理矢理ごちそうして吐かせとけw

83 :病弱名無しさん:2006/07/25(火) 07:06:53 ID:X0/7l9iD
抗うつ薬、説明に「矛盾」 医師団体が質問状

 世界最大手の製薬会社、米ファイザーの日本法人が7月に国内販売を始めた抗うつ薬の説明
文書について、精神科医の団体が「矛盾した記載がある」と公開質問状を送り、臨床試験デー
タの開示を求める異例の事態が起きている。同種の薬には、使い方を誤ると自殺の危険性が高
まるとの指摘があり、医療現場では「患者からの訴訟リスクもある。このままでは処方できな
い」との声があがっている。
 公開質問状を出したのは、精神科の開業医でつくる「日本精神神経科診療所協会」(日精診、
会員約1400人)。SSRIと呼ばれるタイプの抗うつ薬「ジェイゾロフト」についてたず
ねた。同薬は年間売上高が世界で3700億円に達し、日本ではうつ病・うつ状態とパニック
障害の治療薬として厚生労働省が4月に承認した。
 問題の文書は、ファイザーが国内販売開始を控え事前説明用に配布した冊子。うつ病・うつ
状態とパニック障害に関する国内臨床試験の結果について、「優れた効果を示した」とする記
述と「いずれの効果も保証するには不十分」との記述が同時に掲載され、薬剤の効果について
説明が矛盾する形となっている。
 国内臨床試験では当初、ほかの薬と効果を比べる一部の試験で有意なデータを得られなかっ
た。このため、途中から別方式の試験を採用。投与で効果が出た被験者を途中で2グループに
分け、投与を続けた例と、薬の成分の入っていない試験用の偽薬に切り替えた例とを比べて有
意なデータが得られたとし、承認申請した。
 日精診は「このままではリスクを効果が上回ると患者に説明できなくなり、処方するのは困
難になる」としている。
 質問状に対し、ファイザーの日本法人は7月5日に文書で回答。効果の保証は不十分とした
記載について、専門家からの指摘で記載を指導されたといい、「修正を検討する」としている。
2006年07月22日 ttp://www.asahi.com/life/update/0722/004.html

84 :病弱名無しさん:2006/07/25(火) 15:03:30 ID:GDthF1vR
>>82
製薬会社工作員乙w昼夜逆転生活してても治りませんよw


85 :病弱名無しさん:2006/07/25(火) 15:40:55 ID:XVpSnX15
脳の栄養不足って何だよw
そもそもの原因がわかってないじゃないか!

86 :病弱名無しさん:2006/07/25(火) 16:59:27 ID:Kbmf6s4D
食事療法。まずはそれからだと思う。

補えない場合に限り、薬の服用。

87 :病弱名無しさん:2006/07/25(火) 19:24:57 ID:oPdccwWz
大学で脳内物質について勉強しています。
気分障害は薬物によって治療できることがわかってまして、
気分は脳内物質によって決定されると考えられています。

アミノ酸から合成されているセロトニンは、
脳内で代謝されて5HIAAという物質になるんですが
キレる人、拒食症の人はこの5HIAAが少ないんです。
※セロトニンは不安を抑制するとTVで話題ですよね

「5HIAAが少ない」のは必ずしもセロトニンが少ないから
という訳じゃありません。セロトニンから5HIAAを作る
酵素が活性化してないからなんです。
だからセロトニンの多く含まれる食事を摂ってもそれだけでは不十分
であると思います。

88 :病弱名無しさん:2006/07/25(火) 20:06:54 ID:X0/7l9iD
>>87
生物学科の学生さんですか?

89 :病弱名無しさん:2006/07/25(火) 20:18:31 ID:unEHwy7t
それほど食事療法を推すなら、
食事療法ででこの栄養素を取れ! っていう風に
栄養素を羅列して欲しいよね。
調理するのが面倒だからサプリで取るから。
例えば鉄分xx mgとか。
一日量でいいからさ。

とりあえず、所謂「食事療法」のまぁ典型的なレシピ希望。

90 :病弱名無しさん:2006/07/25(火) 21:04:58 ID:IG6AVKd8
精神的ストレスが1番大きい気がする

患者本人より家族が大変

91 :病弱名無しさん:2006/07/25(火) 23:21:49 ID:oppJe6ZV
秋田大学医学部の清水徹男とは
http://nscrc.crc.akita-u.ac.jp/researchers/people/02-058.html

934 :地下行政組織:2006/07/25(火) 22:56:40 ID:2njAgW+s0

行政地下組織より、●●を精神病院で抹殺せよとの指令が下された。
方法は、まずは前頭葉及び頭頂葉運動野を睡眠中にイソゾールで麻酔し電気焼却、
マーゲンゾンデより、30日間ジプレキサ200mgを濃厚高カロリー液剤(1万カロリー)混入のうえ、
対糖能を麻痺させる。高血糖状態になった所でインスリン30単位によるインスリンショック療法。
低血糖発作により、合法的に抹殺される。


92 :病弱名無しさん:2006/07/25(火) 23:41:48 ID:IJ4gv/Eb
栄養は大事だよ。
原因不明の吐き気が4.5年続いて死ぬような思いしたけど、その原因は貧血だとわかった。
鉄サプリで改善。
精神疾患も、ビタミン、ミネラル、栄養万遍なく取って、後は医師に相談しながら薬を飲めばいいよ。
栄養を馬鹿にする人は、栄養不足で起こる病気は半端なく多いということも頭に入れておいて。



93 :病弱名無しさん:2006/07/26(水) 00:59:28 ID:4zAvo9pW
そのとおりですな。

94 :病弱名無しさん:2006/07/26(水) 18:27:46 ID:pomyJd4f


桜井充(内科医、参議院議員)、石橋輝勝(八街市会議員)、須藤ひろし、 民主党千葉県総支部連合会
「統合失調症は監視社会を隠蔽するためにある」
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153890326/57-104

*上の論文内の一連の執拗な脅し(暗殺、監視等)は、論議の真実性を高めている

95 :病弱名無しさん:2006/07/26(水) 23:26:26 ID:ugP2Ff5q
結論的に何をどれだけ摂ればいいのか教えてほしい

イライラ・そわそわ・マイナス思考で苦しんでいます

もう薬飲みたくない

96 :89:2006/07/26(水) 23:33:55 ID:oBhvqdrz
>>95も同じ事言ってるじゃないか
早くレシピ希望。メニュー希望。

97 :病弱名無しさん:2006/07/27(木) 00:06:23 ID:+SjkoxjO
>>87
質問です。セロトニンは食べ物以外に何から作られますか?

>>92
いくら栄養に気をつけて摂っても薬は栄養の吸収を下げるので回復に時間が
かかります。

98 :病弱名無しさん:2006/07/27(木) 00:25:23 ID:OpTbAl4n
栄養はバランスが大事なんだよ。
とりあえず一日に最低必要な栄養摂取量があるから、それを満たしてるかどうか自分で研究してみるといいよ。
五訂日本食品標準成分表は参考になるよ。
後は、ビタミンミネラルのとり方とか色々本も出てるから図書館あたりで借りて読んでみるのもお勧め。
栄養と、栄養素の働きを細かく分析して、不足症状とか、過剰症状とか、それによって引き起こされる病気や症状を医学的に研究した本も普通にあるよ。


99 :89:2006/07/27(木) 00:32:36 ID:7l/l8N8S
で、お勧めの献立は?
ソレを言えないならバランスもへったくれもないよ。
何も解ってないけど、受け売りでいってます、って感じがする。
特に、自分で研究しろって所とかが。何故? 研究して知ってるから偉そうに言うんじゃないの?

100 :病弱名無しさん:2006/07/27(木) 01:36:41 ID:OpTbAl4n
見ず知らずの人間が言ったレシピ、そのまま実行する人はあまりいないははず。
少なくとも、人間って、信用あるところから引き出した情報がないと納得しないし、実行もしないよ。






101 :ライゾンリー(キチガイ):2006/07/27(木) 03:16:18 ID:c9ZBUPxp
ねーねー、栄養失調がどうたらとか言ってるけど
実際は食事もむちゃくちゃで、睡眠もあぼーんしてる、無気力、高血圧、高脂血症で脳の血管が詰まってるじゃぽねーぜと、
飢餓状態で気力ビンビンの方々をそう簡単に比較してはいけないのであります。
肉と皮があるかぎり己のボデーから脳のエネルギーは作られるであります。
たんぱく質だって、食べない分、体が小さくなったり、吸収率UPしたりして、いろいろ頑張って補うであります。
脳に栄養がいかないというのは、代謝のバランスとか、血管も関係するであります。
無気力日本人愚民、北朝鮮飢餓民萌え

102 :ライゾンリー(キチガイ):2006/07/27(木) 03:40:39 ID:c9ZBUPxp
>>99 :89:2006/07/27(木) 00:32:36 ID:7l/l8N8S
>で、お勧めの献立は?
>ソレを言えないならバランスもへったくれもないよ。
>何も解ってないけど、受け売りでいってます、って感じがする。
>特に、自分で研究しろって所とかが。何故? 研究して知ってるから偉そうに言うんじゃないの?


不憫だから戻ってきた、真面目に一言だけ・・・
キチガイですか〜?とかw

何かを尋ねたいなら、自分の一日分の食生活を細かく記録するなりして、意見を求めるのが妥当じゃないですか?
まあ図書館行って栄養っぽい本読んでみれば、分りやすいのいっぱいありますよ。
まあ、深く考えないでも、オヤツを食べないようにして、3食和食で、動物性たんぱく質と糖分を控えて野菜と海藻を食べるとか。
もーそれだけで完璧ですよ・・・ 野菜は無農薬有機栽培キボン


103 :ライゾンリー(キチガイ):2006/07/27(木) 03:58:51 ID:c9ZBUPxp
ああ、思わず食事について書いたけど・・・
食事改善しても、一週間や二週間で治るわけ無いじゃん。
薬を数回やったくらいで脳の仕組みが変わるわけないじゃん。
どーせ、逝っちゃってて我慢も集中もできないんでしょうし
変化に弱すぎるんだよ・・・
苦しんだまま、まったり死ぬくらいなら、田舎でも外国でも行くよろし。
俺のように冷水風呂に平気で飛び込むカッコイイ勇気リンリンのキチガイになれれば
改善なんて、目前だと思います。

104 :病弱名無しさん:2006/07/27(木) 09:56:24 ID:7/X2CFgp
脳の栄養不足とかいうけど、それは乱れた食事をしてるってわけじゃない
脳に栄養がいってないだけ。
代謝を高めることが重要なんじゃね?

105 :病弱名無しさん:2006/07/27(木) 10:16:05 ID:CCl9FAVV
うつなんてただの甘え

106 :ライゾンリー(キチガイ):2006/07/27(木) 15:49:04 ID:c9ZBUPxp
平日は農学部んとこで、野菜を販売していると聞いて、帰りに建物の周りを一周したけど売ってなかった件
>>105 甘えは流石にひどいっしょ。

脳の真ん中あたりに、セロトニン神経ってのが沢山あって、
一つの神経が数万とかの脳細胞に繋がってるっぽいんだけど(意味不
セロトニンの量が減ってくるとその辺がコントロールできなくなるんで、統合的な部分でダメっぽい人間になるわけで
うつ病の人とかは、血中濃度?が普通の人の半分どころか、100分の1とか、よく分らん事になってるので、まあ、甘えですが(何
(キチガイ的うつ病解釈)

足踏みとか、複式呼吸とか、意識して15分くらい一定のパターン運動して、30分くらい立つと、セロトニン濃度がいい感じに上がるっぽいんで。
毎日適当に鍛えてたら3ヶ月くらいで結構いい神経になるから僕と一緒にお風呂に入ろうとか(意味不
まあそんな事を書いてる人もいますよね。「乳酸」はセロトニンを減らすから(抗鬱剤の逆)激しい運動にならないようにパターン運動を繰り返す。
パターン運動を繰り返す理由は・・・ セロトニン神経は1秒に2回ほど、活動してるって事で、あとは自分で妄想してください(何
セロトニンの原料はトリプトファンで、バナナ、大豆製品とか。。まあよく知らないけどその他もろもろに多く含まれてるような。
あとビタミンB?みたいな・・・

それよりさあ、テレビって何を食べたら健康になるとか、よく言ってるけど。
小学生で成人病だったりするのが多いのは、それ以前の問題だよな、正直に菓子を食うな、冷凍食品を食うな、レトルトを食うなと言え馬鹿者
なんだと、馬鹿者という奴が馬鹿者だ ああ、、、調子にのりましたすいません

ぼくがばかでした。


107 :ライゾンリー(キチガイ):2006/07/27(木) 16:06:26 ID:c9ZBUPxp
30分くらい立つと×
30分くらい経つと
糞レスだし放置しようと思ったけど、この誤字はやっぱ、不気味なんで訂正
あと、スレッドの低脳ランキングはアトピーの掲示板の方が凄いキチガイですから。
あれは感動した。あんなの大半の人は普通に治りそうだしな、アレこそ甘えだな うへあは

108 :病弱名無しさん:2006/07/27(木) 18:37:12 ID:7/X2CFgp
簡単に甘えとか言うな

109 :病弱名無しさん:2006/07/27(木) 20:49:21 ID:6LjTyQdN
>>105が近い将来に鬱病になりますように

110 :病弱名無しさん:2006/07/27(木) 21:51:37 ID:5FQnwK5n
>>109
禿同

111 :病弱名無しさん:2006/07/27(木) 22:01:03 ID:+SjkoxjO
栄養不足になると色々な不快な症状がでます。

112 ::病弱名無しさん :2006/07/27(木) 22:56:50 ID:OT6BVK0c
>>111
うつになると、色々な不快な症状がでます。





113 :病弱名無しさん:2006/07/28(金) 16:49:39 ID:HZM2qbAK
栄養不足とかいうけど脳に栄養がいってないだけだろ
栄養採ってないわけじゃない

114 :病弱名無しさん:2006/07/29(土) 10:59:13 ID:g4Sq2DwO
【精神医療の多くは実は医療ではなく工作である容疑について】

根拠1: 桜井充(内科医、参議院議員)、石橋輝勝(八街市会議員)、須藤ひろし(前国会議員)、 民主党千葉県総支部連合会
「統合失調症は監視社会を隠蔽するためにある」
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153890326/57-104

根拠2: 『統合失調症・SAD患者数と盗聴・盗撮機器販売台数との奇妙な一致』
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153890326/256-258

根拠3: 『統合失調症、社会不安障害、(境界性)パーソナル障害、
アスペルガー症候群等の大半は「架空の疾病」である可能性が高い』
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153890326/2-16

根拠4: 『統合失調症薬とされるジプレキサの糖尿病誘発効果を悪用した組織的薬殺の兆候が
統計データから確認できる事実』
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153890326/19-23

根拠5: 柿谷正期(立正大学教授)『統合失調症の予後の良さは、服薬無し>継続服薬>途中で服薬中止の順。
疑い例で服薬すると統合失調症になるケースも多い』
http://www.choicetheory.net/kcc/alternativeapproach.html

根拠6: 『イタリアでは精神病院が廃止され、新規入院が停止されている。
精神病が従来説のような形で本当に存在するならば、そうはならない。』
http://jicr.roukyou.gr.jp/hakken/2003/128/128-saitou.pdf


115 :病弱名無しさん:2006/07/29(土) 11:37:43 ID:VDUQz1G9
>>112
なぜ、うつになるかというと栄養不足になるからです

116 :病弱名無しさん:2006/07/29(土) 13:02:11 ID:Spi76tw1
>>114
ここは荒らさずご自分の大学でやってください。

【木直田】秋田県立大学3【断末魔】
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/student/1153580594/l50

117 :病弱名無しさん:2006/07/29(土) 15:01:28 ID:tTMGL/O2
>>115
栄養不足の人はみんなメンヘルか?
違うだろ!

118 :病弱名無しさん:2006/07/29(土) 16:14:41 ID:ux+Zi2vW
桜井充って民主党(宮城県、参議院)の議員じゃねーの。


119 :病弱名無しさん:2006/07/29(土) 16:21:17 ID:ux+Zi2vW
先進国で、うつ病が多いのは、先進国ほど偽善者が多く、
社会全体の愛情が少ない面があるからだと思うよ。



120 :病弱名無しさん:2006/07/29(土) 23:17:14 ID:VDUQz1G9
>>117
栄養素の役割を調べてみなよ。本もたくさんあるよ。少しは勉強しなよ。

>>119
要するにストレスでしょ

121 :病弱名無しさん:2006/07/30(日) 04:22:28 ID:WMMNrgC9
煙草吸って鬱になった
というか、煙草で栄養がきちんと摂取できていなかったからか?! とこのスレ見て思った。
実際そうなのかな‥?
いまは禁煙しているけど、数年の喫煙期間で妨げられていた栄養吸収、そんなに簡単に取り戻せないかな。。

122 :病弱名無しさん:2006/07/30(日) 12:18:52 ID:xBjcasl8
栄養不足のせいでメンヘルにはならない
メンヘルのせいで栄養不足になってるだけ

123 :病弱名無しさん:2006/07/30(日) 19:52:17 ID:d6mF/2rq
>>122

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1148139113/602-602

124 :病弱名無しさん:2006/07/30(日) 23:28:21 ID:X9W4bi3b
1.精神科って意味あんの?
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1125399839/

2.精神科の薬は毒だよ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1148130027

3.【藪医者】医療不信総合スレッド【精神科版】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1152169286

4・心理学・精神医学は全て嘘である
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1121071258

5.【統合失調症】は服薬で遷延化する。 Part4
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1153141839/

6.精神医学と社会学
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1146401937/

7.::臨床精神医学を語ろう!::
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1008412831/

8.統合失調症、SAD、人格障害は「架空の病気」か?
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153890326/



125 :病弱名無しさん:2006/07/30(日) 23:28:54 ID:X9W4bi3b
【精神医療の多くは実は医療ではなく工作である容疑について】

根拠1: 桜井充(内科医、参議院議員)、石橋輝勝(八街市会議員)、須藤ひろし(前国会議員)、 民主党千葉県総支部連合会
「統合失調症は監視社会を隠蔽するためにある」
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153890326/57-104

根拠2: 『統合失調症・SAD患者数と盗聴器販売台数との奇妙な一致】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153890326/256-258

根拠3: 『統合失調症、社会不安障害、(境界性)パーソナル障害、
アスペルガー症候群等の大半は「架空の疾病」である可能性が高い』
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153890326/2-16

根拠4: 『統合失調症の治療薬とされる薬剤の糖尿病誘発効果を悪用した組織的薬殺の兆候が
統計データから確認できる事実』
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153890326/19-23

根拠5: 『統合失調症の予後の良さは、服薬無し>継続服薬>途中で服薬中止の順。
疑い例で服薬すると統合失調症になるケースも多い』
http://www.choicetheory.net/kcc/alternativeapproach.html

根拠6: 『イタリアでは精神病院が廃止され、新規入院が停止されている。
精神病が従来説のような形態で本当に存在するならば、そうはならない。』
http://jicr.roukyou.gr.jp/hakken/2003/128/128-saitou.pdf



126 :病弱名無しさん:2006/08/01(火) 00:13:16 ID:sUa/TnPr
うつ病・神経症・統合失調症などの症状が出る人の話聞くと、ストレスにさらさ
れる期間が長いのが共通点です。そして栄養値がわかる血液検査すると数値が低す
ぎる栄養素が最低2つはあります。コレステロール値が以上に低いかったり、
亜鉛が低かったり、ビタミンBが低かったり。その人の生活状況でどの栄養素が
低いか違います。うつ病と診断されていた人で特に女性は鉄欠乏でフェリチ
ン値が一桁の人ばかりです。内科で一般的にやっている血液検査は臓器しか
わからないので、異常ありませんと言われがちです。ここが大きな落とし穴です。
でも、栄養値が低い状態が続きますと、必ず臓器が悪くなります。栄養素は体に
殆どない状態にならないと身体に現れないので気づきません。
特に強いストレスを常に受けていると栄養が減ってしまいます。

>>121
たばこはビタミンCが大量に減るといわれています。たばこは栄養を消すといわれて
いますよね。栄養が吸収できるようにやっていけばよいと思います。栄養素の状態が
わかる採血をするとどの栄養素が足りないかわかります。検査データーのコピーをもらうと
よいです。


127 :病弱名無しさん:2006/08/01(火) 22:41:33 ID:NonYB1hR
>>126
「栄養値がわかる血液検査」とかしてもらうには、どこで申し込むというか、
どういう手続をとればいいのでしょうか?




128 :病弱名無しさん:2006/08/01(火) 23:22:46 ID:sUa/TnPr
中堅規模病院やクリニックでしたらやってくれる病院があります。
病院に電話でやっているかどうか聞いてみてください。一般に行われている
血液検査より多く採血します。

129 :病弱名無しさん:2006/08/02(水) 09:16:07 ID:mvl7d2Og
>>127
心の病のための栄養治療をご希望でしたら特定の医療機関でないとできません。
東京メディカルケアセンター、新宿溝口クリニックとか・・・

130 :病弱名無しさん:2006/08/02(水) 10:44:10 ID:jXz7wG/Y
精神医療の崩壊は事実のようだ。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153890326/

『統合失調症、社会不安障害、(境界性)パーソナル障害、アスペルガー症候群、ADHD等は
思想統制等のための一種の行政ツールに過ぎず、「本当は存在しない架空の病気」である傾向が強いという説が最近強まっている。』

薬理学的根拠:
  1)不安・不眠等の同様の症状に対しドーパミンD2受容体への作用ベクトルが180度逆の薬剤が両方、使われている事。
  2)欝やADHDで使われる向精神薬(リタリン等)は覚せい剤様の薬剤であり、その中毒症状と統合失調症の症状が類似している事。
  3)統合失調症治療薬の中には糖尿病誘発効果が知られているものがあるが、地域によっては糖尿病死亡率が自然発生では考えにくい傾向を示している事。

社会科学的根拠:
  1)秋葉原等で販売されている盗聴・盗撮機器の累積販売台数は国内だけで数百万個に及んでいるだけでなく、
     従来、幻覚、妄想として処理されていた事象を
     再現可能である事を示唆する新機密技術関連資料が最近、増加している事。
  2)同じく、従来、幻覚、幻想として処理されていた
     集団ハラスメント関連資料(創価学会と何らかの接点がある団体、同和系団体、共産系団体など)が最近、増加している事。
  3)精神医学界による頑なな社会科学論議の拒否
    (特に薬理学矛盾および通信傍受インフラ問題には、なかなか答えようとしない事)
  4)イタリアでは精神病院が既に廃止されている事。英国も全廃を検討している事。
    (当該精神疾患が本当に従来道理で存在するなら、他国でのこのような状況は考えれない)
  5)一卵性双生児にて遺伝性がない事が証明されているにも関わらず、遺伝子研究が行われているのは矛盾している事。
    また遺伝子研究の捏造例(理研)も新聞報告されている事。    


131 :病弱名無しさん:2006/08/03(木) 03:45:36 ID:RlHmbLrO
>129
東京メディカルケアセンターの工作員乙。

132 :病弱名無しさん:2006/08/03(木) 13:08:17 ID:QJq0cM45
社会保険病院でやった採血に、Na,Cl,K,Ca,Mg,Fe,フェリチン,Zn,B1,B12は
結果でたけど、>>129の病院ではこれ以外の栄養値を調べることできるので
しょうか?

133 :病弱名無しさん:2006/08/03(木) 17:27:16 ID:ke1oh7A5
>>132
普通の医療機関では血液検査の結果を心の病に結びつける読み方ができません。

134 :病弱名無しさん:2006/08/04(金) 14:21:44 ID:fossSQOm
1日3食を目標に食べてる。「食事面倒だからイイや」…なんてやってると

大変なことになった。

135 :病弱名無しさん:2006/08/04(金) 15:54:36 ID:VMwIrUnS
こんにちは。
ビタミンB1欠乏症とサイアミン欠乏症になり苦しんでます。
ウツ症状の方は今は大分良いんですが、私の場合内臓のかわりに足の末端神経がおかしくなって全治1年の診断を受けました。
医者から処方されたのはビタミン剤のみです。
3食バランスよく食べるしかないと・・・。
半心半疑だったんですが、このスレ見付けて何かホッとしました。
長文スイマセン。


136 :病弱名無しさん:2006/08/04(金) 16:35:01 ID:ry1aGTpM
>>119先進国は歯の治療をするから精神病になる、西洋医学の穴です。
口の中の気の流れを虫歯を塞ぐ事で無理矢理変えるからおかしくなるんです。

137 :病弱名無しさん:2006/08/04(金) 20:02:24 ID:3jGFL6Ln
現代型栄養失調が流行っていると雑誌でよく見るけど、怖いね



138 :病弱名無しさん:2006/08/05(土) 17:51:34 ID:wvWsxZ/U
>>134
詳しく。

>>135
気づいて本当にヨカタ。よい医師に当たってヨカタ。ちなみに何科の医師ですか?

139 :病弱名無しさん:2006/08/05(土) 22:49:29 ID:AJLKC/4V
このスレはネタ臭いが、西洋医学は万全ではないことには同意できる。
もし今の治療に疑問を持つ人がいたら東洋医学の本を読むことをお勧めする。
東洋医学では心の病は胃を治すことから始める、
また食とは生命をもらうことであり、現代の化学生成された食品は食とは言えない。

140 :135:2006/08/06(日) 17:25:08 ID:DEe9eTRH
>>138
溝口先生。

141 :病弱名無しさん:2006/08/06(日) 21:46:17 ID:wbLTXHKA
>>140
ありがとうございます。やはりそうですか。溝口先生は本当の医師ですね。

精神科医のところに通っている人達は騙されて人生台無しにしてしまうというのに
他の医師はこの現状を放置している自体医師として失格ですね。

142 :病弱名無しさん:2006/08/06(日) 22:12:59 ID:w2Hfj413
てすと

143 :病弱名無しさん:2006/08/06(日) 23:04:07 ID:x8wqCg4V
test

144 :スゴク悩んでます:2006/08/07(月) 22:03:07 ID:mdKaRsyE
自分は病気恐怖症みたいなんです。昔から体に何か異変があるとすぐ悪い病気に結び付けてしまいます。本当自分でも辛いです。子供を産んでからますますひどくなりました。。少しでもよくなる良い方法ってあるでしょうか?

145 :病弱名無しさん:2006/08/07(月) 23:19:04 ID:TEeiiIaF
定期健診を欠かさず受ける、とかどうでしょう。

146 :病弱名無しさん:2006/08/08(火) 17:53:04 ID:mXn7fTIu
東京メディカルケアセンター・新宿溝口クリニック
ナチュラルクリニック代々木、笹塚クリニック
どうなのかなあ?感想をお願いします、行った事ある人。



147 :病弱名無しさん:2006/08/08(火) 18:19:50 ID:JyFfxWlv
俺も144と同じ病気心配性。この時期に蒸し蒸しして体力も激減、なにか悪い病気かと心配してしまうんだが毎年夏なると同じ心配してる

148 :病弱名無しさん:2006/08/08(火) 20:44:43 ID:V13IMM+J
>>146
私はクリニックハイジーアに行ってるよ。

149 :病弱名無しさん:2006/08/10(木) 00:04:26 ID:6rDNbZyS
>>146
私は溝口クリニック。
一生懸命考えてくれるけど、今の制度では保険が効かない。

150 :病弱名無しさん:2006/08/11(金) 00:19:22 ID:fzL0KGlP
効果のほどは?

151 :病弱名無しさん:2006/08/11(金) 00:42:33 ID:xM9ANJ7J
>>149
どうして保険適用できますって書いてあるのに、保険で診察を受けないの?

152 :病弱名無しさん:2006/08/11(金) 18:06:49 ID:mqE8PNol
すまん、最近、自分がうつ病なんじゃないかって思うんだ
というのも症状が当てはまるんだよ
意味も無く突然不安に襲われたり、一番の楽しみだった事が急に理由も無くつまらなくなったり。
今日、ついに胸が圧迫されるような、胃のあたりが嫌な感じになる症状が出始めた
でも、心療とかって行きたくないんだよな

やっぱ無理してでも行った方がいいのか
ちなみに、ネットでのうつ病診断をいくつかやってみたが
軽症うつ病ってのが一番多い結果だった

153 :病弱名無しさん:2006/08/11(金) 19:47:45 ID:fzL0KGlP
早めに行ったほうがいいです
放置しているあいだにどんどん進んでしまうからね
たいしたことなければ、すぐおさらばできるから、気楽に

154 :病弱名無しさん:2006/08/11(金) 21:55:29 ID:u0vAaZd4
>>151
質が落ちるから

155 :病弱名無しさん:2006/08/11(金) 22:00:00 ID:g10d/iVt
鬱は悲しみの抑圧から起こる。自然な感情を抑えると魂の自由さがなくなり、
身体の制約に縛られる。悲しい対象に向けて涙してみれば、治るかもよ。

156 :病弱名無しさん:2006/08/11(金) 22:10:51 ID:+2xyAL9U
>>152
精神科神経科心療内科に行くのは、ヤメレ。廃人になりたくないだろ。

157 :病弱名無しさん:2006/08/11(金) 22:21:15 ID:xM9ANJ7J
>>154
どんな風に違うんですか?

158 :病弱名無しさん:2006/08/11(金) 22:33:36 ID:5Y5nyX6X
私は坑うつ薬でコントロールしてますよ。
精神科に通ってますが、これって、廃人への
一歩でしょうか?
食事はちゃんと取っていますが。

159 :病弱名無しさん:2006/08/11(金) 22:38:50 ID:u0vAaZd4
>>157
ESポリタミン顆粒(アミノ酸)はおならがものすごく出て、
周囲から顰蹙を買いました。

160 :病弱名無しさん:2006/08/11(金) 22:59:45 ID:u0vAaZd4
>>157
あと、ビタメジンはビタミンB群が三種類(B1,B6,B12)しか含まれていないので
不足分は食品から補うしかないです。

保険が効く栄養剤は、寝たきりでも生命を維持できれば良いという程度で
日常生活を送れるところまで考慮されていないように思います。

161 :病弱名無しさん:2006/08/11(金) 23:21:15 ID:+2xyAL9U
処方薬のビタミン剤はB1、B6、B12、葉酸、BCのみですよね。

>>158
>>124>>130


162 :病弱名無しさん:2006/08/11(金) 23:39:01 ID:xM9ANJ7J
>>161
ビタミンA
ビタミンB2
ビタミンB3
ビタミンB5
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンH
ビタミンK
ビタミンQ

163 :病弱名無しさん:2006/08/11(金) 23:43:47 ID:dmHFaKvF
>>157
廃人になる可能性があるのは,精神分裂病と老人性痴呆です.

>>156
精神分裂病は,きちんと治療を受けないと廃人になる可能性があります.
脳の栄養不足なんていう説明はナンセンスです.

164 :病弱名無しさん:2006/08/11(金) 23:52:23 ID:u0vAaZd4
>>163
http://orthomolecule.jugem.jp/?eid=267

165 :病弱名無しさん:2006/08/12(土) 00:45:17 ID:Rq6ntYHv
>>162
それ国が許可している薬じゃなくて、サプリメントのことだろ?w

>>163
脳の栄養不足であるソースはそこらじゅうにありますが、何か?

166 :病弱名無しさん:2006/08/12(土) 01:20:23 ID:KgYbSU1d
162
処方薬です。

167 :病弱名無しさん:2006/08/12(土) 02:32:41 ID:X7Pq3/+X
>158
抗うつ薬が廃人街道まっしぐらなのかは素人だしなんともいえないけど、
脳に作用する薬だから素人考えでも気持ち悪いとは思う。
ただ、このスレはなぜか東京メディカルケアセンターの工作員にのっとられているので、
このスレで聞くのは間違いですね。じゃあどこで聞くのかっていう問題はありますが。

168 :病弱名無しさん:2006/08/12(土) 08:08:43 ID:KgYbSU1d
>>167 どこでもいいのだが、

クリニックハイジーア
東京メディカルケアセンター
新宿溝口クリニック
ナチュラルクリニック代々木
笹塚クリニックほか

169 :病弱名無しさん:2006/08/12(土) 11:04:01 ID:X7Pq3/+X
それ全部一緒の系統じゃん。
違法じゃないけど、ただの栄養剤が高すぎ。
診療費ともかく、薬代があきらかに無駄に高いくせに製薬会社を非難するのは、金目当てと思わせるに十分だよ。
結局自分のところの薬買わせたいだけなんだなって。

170 :病弱名無しさん:2006/08/12(土) 11:55:57 ID:plxQ2Rm1
>>169
ちゃんと作ると、どこも高価になる。
http://www.lifecarekk.com/list_1.html

なぜ高価なのか書かれていた絶版本
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4835524659/ref=pd_ecc_rvi_3/250-7386178-0925822?ie=UTF8

171 :病弱名無しさん:2006/08/12(土) 12:21:17 ID:nC9wODuY
>>167さん
返事ありがとうございます。
他のスレに行きます。

172 :病弱名無しさん:2006/08/12(土) 14:35:10 ID:Rq6ntYHv
>>167>>169
サプリメント(栄養補助食品)。直りたいなら、採血して自分の栄養値をみてみな。
血液検査からの結果から栄養状態を理解できる医師は栄養治療をやる医師しか
わからないのだよ。あとは、自分で調べてやるかだ。
文句は厚労省に言え、サプリメントや栄養指導も保険適用にしてくれと。

173 :病弱名無しさん:2006/08/12(土) 18:56:25 ID:bRLKx/F0
海上保安庁の以下の資料は、統合失調症に関する考え方を一部、一変させるだけの数字を含んでいる事がわかる。
覚せい剤利用者は精神科医自身も含め予想以上に多いのであろう。

覚せい剤乱用者の数が180万人に及んでいるならば、そのうち何割かは
ドーパミンニューロンが損傷され統合失調症やパーキンソンと類似した症状を示しているであろう事
が容易に推測できる。

という事は国内で数十万人レベルの国民が、統合失調症やパーキンソンに酷似した症状を示している
事になる。この数は現在、統合失調症として考えられている患者数の半分程度には及んでいるであろう。
また実は覚せい剤であるリタリンを精神科は使う以上、患者だけでなく、精神科医自体も覚せい剤中毒になっている割合は少なくないだろう。

統合失調症の正体は、「電子機器類を用いた集団嫌がらせ犯罪被害」と「覚せい剤様物質中毒」が2本柱(恐らく99%)で、
後者が占める割合も予想以上に高く、半々くらいにはなっているのかもしれない。

=============
平成12年版 海上保安白書
http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/books/h12haku/1bu2.htm

『12年4月に公表された統計数理研究所の調査結果(覚せい剤乱用者総数把握のための調査研究(2))
によると、我が国における覚せい剤乱用者数は185万人と推定されている。

また、国立精神・神経センター精神保健研究所薬物依存研究部による調査結果(薬物使用についての全国住民調査)によれば、
11年の覚せい剤生涯経験率(これまでに、1回でも乱用を経験したことがある者の率)は、
国民の0.4%、43万±21万人と推計されている。

このように、乱用者数の推計値は調査機関によってばらつきがあるが、
少なくとも数十万人から百万人規模で乱用者が存在すると推定されている。』

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1154483229/

174 :病弱名無しさん:2006/08/13(日) 00:23:28 ID:ASiGEER+
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1155163180/

400 :卵の名無しさん :2006/08/12(土) 23:04:29 ID:vmJ/g8HE0
以上、まとめますと、統合失調症の99%程度は以下のように分類できると考えているのですが,いかがでしょうか。

T.電子機器類を多用した集団ハラスメント犯罪の被害者陣の組織隠蔽(このケースは健常者であり被害は現実。妄想ではない):
(創価学会に関連した朝鮮系団体、同和系団体、共産系団体、製薬会社、治安機関の思想取締り暴走など)
(盗聴マニアと呼ばれる犯罪者の数は全国に200〜400万人とされている。盗聴器は年間70万個販売されている)

U.覚せい剤・麻薬による中毒(ドーパミンニューロン損傷)
@自ら覚せい剤、麻薬を乱用している230万人の国民の中で発生した中毒(ドーパミンニューロン損傷)
ttp://www.syaanken.or.jp/02_goannai/05_yakubutsu/yakubutsu.htm
http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/books/h12haku/1bu2.htm
A組織犯罪者陣によって健常者に対して投与された不必要な覚せい剤・麻薬による中毒(ドーパミンニューロン損傷)
B精神科医師によって欝、ADHD、統合失調症に対し投与された
  不必要なリタリン等の覚せい剤様物質によって発生した中毒(ドーパミンニューロン損傷)

なお前出しましたようにゲノム変異が原因のケースも数万人に一人はいても不自然ではありませんが
その場合、幼少時から発症しているはずです。成人後に発症するケースは上の2点と推察しています。


175 :病弱名無しさん:2006/08/13(日) 21:04:57 ID:RIuvA7UW
脳の栄養不足で逝ってしまうまえに、栄養を補給しましょう。

…いっぺん逝ってしまうと後遺症残るぞ。

176 :病弱名無しさん:2006/08/14(月) 17:12:47 ID:jYJp0VVO
162 処方薬名

ビタミンA チョコラA
ビタミンB2 ハイボン
ビタミンB3 ニコチン酸
ビタミンB5 パントシン
ビタミンD ボンアルファ
ビタミンE ユベラN
ビタミンH ビオチン
ビタミンK ケーワン
ビタミンQ ユビキノン

177 :病弱名無しさん:2006/08/14(月) 19:03:26 ID:8KhqgDJY
>>175
だね。

>>176
ありがとう。ミネラルはあるのですか?

178 :病弱名無しさん:2006/08/14(月) 20:17:37 ID:jYJp0VVO
>>177
ミネラルもありますよ。

179 :病弱名無しさん:2006/08/15(火) 10:01:08 ID:snAuX/EM
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1154483229/l50
覚せい剤を乱用すれば、覚せい剤の原理上、だんだんと覚せい剤が効きにくくなる。
したがって覚せい剤を手に入れるために売春でも何でも行うようになるケースもあるが、
そうやって手に入れた覚せい剤でも効果がなくなっていき、むしろ禁断症状の方がひどくなる。

そうなってしまえば、覚せい剤には頼れなくなる。医者の世話になろうとする。
その結果として精神科や心療内科の門を叩く。しかし覚せい剤を使ってましたとは言えない。
言えば医師から警察に密告されたり医師に強請られたりする可能性があるから。

よって症状だけ医師に話す。症状だけ医師が聞けば、当然、統合失調症等の病名がカルテの上ではつく。
中毒の進行状況に合わせて、社会不安障害 → 欝、ADHD → 統合失調症 → パーキンソンといった病名が
カルテ上はつく。そして医師が投薬するのは、欝やADHDの場合、リタリンなどの覚せい剤様物質、
統合失調症にはドパミン受容体遮断剤である事が多い。こういった場合、ドパミン調節能が覚せい剤によって損傷
された患者にとっては、むしろ毒物となり廃人化を進める事になる。

しかし患者は医師を信じて薬を健気に飲む。そして飲めば飲むほど廃人化が進む。
オランザビンにいたっては副作用の糖尿病で死亡する人も出る。しかし医師は同じような投薬を続ける。
そして医師自体が身近にあるリタリン等で覚せい剤中毒に苦しんでいる。

またその上に秋葉原などから年間70万個、今までの累積販売台数、数百万個という盗聴器が販売されている
のも妄想では説明がつかない事実。その数に見合う被害が出ていないほうがおかしい。

これが現状だろう。儲かるのは製薬会社。得をするのは排除手段に使える行政。
この利権が覚せい剤中毒者や盗聴犯罪被害者を食い物にしているのだろう。覚せい剤乱用者は全国に230万人。
政府自身の発表データだ。間違いなくこのうちの何割かが中毒となり、その症状は統合失調症に酷似している。
また政府や自治体自体が飲食店や小売店を通して様々な向精神剤等を投与しているという犯罪容疑も一部で報告されている。
現在、得られている知見は全てこの一連の考え方に矛盾しない。恐らく間違いないだろう。恐ろしい時代になった。

180 :病弱名無しさん:2006/08/15(火) 17:46:36 ID:3QU90h8e
統合失調症はやはり大半は「架空の病気」である。

半分はドラッグ中毒(ドーパミンニューロン損傷)。
半分は集団盗聴犯罪被害者。

このうち後者は健常者。

いずれにせよGC/MSなどの微量機器分析で
尿や毛髪を調べれば
どちらか簡単にわかる

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1154483229/l50



181 :病弱名無しさん:2006/08/17(木) 07:42:36 ID:mnXOMu9+
278 名前:優しい名無しさん :2006/08/17(木) 03:23:58 ID:ko/LbFul
>>277

では精神病院で狂っている人は何なの?

279 名前:優しい名無しさん :2006/08/17(木) 07:25:00 ID:Ak8uCJIS
>>278

恐らく半分程度以上は、覚醒剤・麻薬中毒者(ドパミンニューロン損傷)ではないですか?
覚醒剤等乱用者が全国に230万人いるならば、中毒者は100万人はいるでしょう。
覚醒剤中毒の症状と人数は共に、統合失調症とされている症状や人数と一致しています。

そして残りの半分は思想統制された健常者群でしょう。
これは民主党の桜井議員が強く主張されている点でもあります。
こちらは完全な健常者であるにも関わらず、何らかの思想抹殺のために
事実上の座敷牢に入れられた形ではないでしょうか?そしてその一部は巧妙に殺されている。

民主国家では考えられない事が、日本で起こっているのが実態と考えます。

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1153141839/

182 :病弱名無しさん:2006/08/17(木) 08:09:07 ID:pD13Y7Yi
鬱と思われるので病院行こうと考えてるのですが、お医者さんには自分から鬱だと先に伝えるものなんですかね?
あと鬱を改善された方に聞きたいのですが、治ったあとって自分でもはっきりと分かるくらい世界観など変わるものですか?

183 :病弱名無しさん:2006/08/17(木) 19:45:53 ID:5zw8JOJc
あ、それ。私も聞きたいです。 >世界観

184 :病弱名無しさん:2006/08/17(木) 21:13:02 ID:ypmM0Y1F
>>182
>>183
自分は約4年間鬱でしたが、世界観も性格も変わったと思います。
鬱になる前自分がどんな性格だったかよく思い出せないですが、
人に優しくなったと思いますし、色んな事に対して凄く考えるようになりました。
何よりも鬱が治ると大抵の事は楽に乗り越えられるようになりましたよ
嫌な事があると「鬱の時より大した事ない」と思うし・・・
あと私だけかもしれませんが、休みの日に外にでないと耐えられないくらい
活動的になりました。






185 :病弱名無しさん:2006/08/17(木) 21:31:31 ID:FEUNzd5m
私は一度欝が治って、6年目くらいに再燃したものです。今は落ち着いて予防程度に服薬してるくらいですが、くすぶってるかんじで再燃した後は何事も受け身になってしまいました‥。

186 :病弱名無しさん:2006/08/18(金) 06:45:53 ID:M+CJYApV
昨日うつ病と診断され今日から薬を飲むんですけどなぜか飲むのが恐いんです。どうかわるのですか?

187 :病弱名無しさん:2006/08/18(金) 09:39:02 ID:8QgmLoTL
>>184じゃぁやっぱり明るくなれるんですね。克服おめでとうございます。なかなか人に理解してもらえないというか、現在17歳なんですが友人に話しても鼻で笑われます。
自分も早く克服して活動的になりたいと思います。

188 :病弱名無しさん:2006/08/19(土) 09:36:20 ID:wMvss/UW
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1155906872/l50

27 :卵の名無しさん :2006/08/19(土) 08:35:52 ID:nOI25pda0
何の論理的反駁も出来ていません。ここでの論議を覆せる根拠を
どなたも提示できていません。

@覚醒剤等の薬物乱用者230万人(政府統計@統計数理研究所)
→100万人以上の中毒者(ロシア政府が発表した中毒者割合から試算)
→統合失調症、鬱、本態性パーキンソン病との症状および患者数の類似性
 (100万人規模の覚醒剤中毒者の動態が把握・報道されていない不可解性)
→100万人規模の中毒患者が、覚醒剤取締法での検挙を恐れて、医師には覚醒剤案件を話せないまま
  統合失調症、鬱、本態性パーキンソンとして治療を受けている可能性が最も高い。(科学的推論)

A中世以前からの思想統制の流れ(異端者狩り、魔女狩り、思想犯、政治犯としての扱いなど)
→その時代の技術にあわせた「健常者の排除手段」
→現在の排除技術としての各種の違法盗聴手段(大規模な通信傍受インフラ)
→秋葉原から年間70万台の盗聴機器の販売実績、200〜400万人といわれる盗聴マニア(盗聴犯罪者陣)の存在を指摘する資料。
→層化、同和、共産系、宗教系団体の集団嫌がらせ犯罪を指摘する膨大な資料
→年間70万台と言われる盗聴器販売実数に相当する盗聴犯罪被害者陣は必ず実在する事実
→全国の統合失調者数と年間盗聴器販売台数との奇妙な一致。

*上の2点が診断基準(DSM)に加わっていない不可解性
*上の2点は血液・尿・毛髪検査(ドーパミン量、覚醒剤等の代謝産物量)で識別可能であるにも関わらず
 診断基準に含まれていない不可解性
*医師や厚生官僚自体でのリタリン汚染(リタリンは医師にとっては合法的覚醒剤)の懸念
*覚醒剤中毒者や健常者には「毒(廃人化剤)」にしかならないドパミンD2受容体遮断剤(オランザビン等)多用の不可解性

以上の理由により、日本の精神医療の学問性はやはり崩壊していると結論付けられる。


189 :病弱名無しさん:2006/08/19(土) 10:44:58 ID:uW5PfeIF
古典的症例さんがいらっしゃいますな

190 :病弱名無しさん:2006/08/19(土) 20:24:56 ID:5hRvrBOl
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1155906872/

45 :副作用疫学・医療事故の確信犯的行政悪用を考える :2006/08/19(土) 14:32:50 ID:FsVTEuYl0
鬱病等の気分障害・・・・・44万人(軽度の薬物中毒に症状類似)
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/01/s0126-5d.html
統合失調症・・・・・・・・73万人(中度の薬物中毒に症状類似)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B1%E5%90%88%E5%A4%B1%E8%AA%BF%E7%97%87
パーキンソン病・・・・・・13万人(重度の薬物中毒に症状類似)
http://www.tmig.or.jp/J_TMIG/kouenkai/koza/67koza_1.html
=====================================
主要3精神病・・・・・・・130万人

一方、厚生労働省管轄の国立精神・神経センター精神保健研究所薬物依存研究部は、
http://www.ncnp-k.go.jp/dyakubutu/drug-top/data/researchJDU2005.pdf の15ページ)
@有機溶剤の乱用者数:  161万±36万人  精神病状態、無動機症候群
A大麻の乱用者数:    146万±35万人   精神病状態、無動機症候群、フラッシュバック
B覚醒剤の乱用者数:   34万±17万人    精神病状態(包囲襲来妄想を特徴)、フラッシュバック
============================
上記を含む薬物のいずれか 265万±47万人   

となっており、統計的に眺めた場合、薬物乱用者の約50%が常習性ゆえの中毒者になっていたとすると
精神疾患の実は大半が薬物中毒だったと考えても辻褄はあう事になります。
(ただそれ以外にも集団盗聴犯罪の被害者推定数も同程度いるので、実際は半々だと推察していますが・・・)

それにも関わらず、現在の診断基準DSMでは尿・血液・毛髪中の薬物検査すら行っていないのは、
どう考えても理に適っておらず、構造的な誤診によって患者に害になる薬剤を治療薬と称して投薬しているのが
現状ではないか?、そして実際、投薬によって症状が悪化しているケースの方が多いとする立正大学論文もある。
という点を重く考えざるを得ないというのが今回の論議の趣旨です。


191 :病弱名無しさん:2006/08/20(日) 14:13:40 ID:sj1QGOvh
うちの姉が統合失調症なのですが、統合失調症は治る病気なのでしょうか?
母が看病で疲れきっていてどちらも可哀想でなりません。
いつになったらこの現状から逃れられるのでしょうか?
心配で夢にまで出てきます。

192 :病弱名無しさん:2006/08/20(日) 18:21:38 ID:pk+J0wgJ
自分が統合失調症と鬱病併発してるうえに母がリユウマチで癌。どうなることか。

193 :病弱名無しさん:2006/08/20(日) 21:14:32 ID:Eap+uAJH
236 :副作用疫学・医療事故の確信犯的行政悪用を考える :2006/08/20(日) 13:51:36 ID:4COcKFKO0
修正:【考えられる作業仮説】

     人類による有史以前からの麻薬乱用の歴史
           ↓  
    麻薬乱用に関する耐性遺伝子、依存遺伝子の変異の
        人類集団への固定
           ↓
      AKT1、SNP3のゲノム変異
           ↓
       覚醒剤依存性に影響 (ドパミンニューロンに作用する「覚醒剤と麻薬の不純物」は同一である事から)
           ↓
      覚醒剤等乱用の頻度増大
           ↓
      @統合失調症と類似した症状
      A鬱と類似した症状
      B覚醒剤による自殺惹起  

+++++++++++++++;;;

1.覚醒剤使用障害との関連では、SNP3との有意な関連を見いだした。
https://www.ncnp-k.go.jp/ikiru-hp/report/kunugi16/kunugi16-1.pdf#search=%22%E8%A6%9A%E9%86%92%E5%89%A4%E3%80%80Chromogranin%20B%22

2.AKT1と統合失調症との関連が見出されたことは、Caucasianにおいて関連を示す先行研究もあり、
注目される。さらに、本研究によって覚醒剤使用障害との関連も見いだされた。
https://www.ncnp-k.go.jp/ikiru-hp/report/kunugi16/kunugi16-1.pdf#search=%22%E8%A6%9A%E9%86%92%E5%89%A4%E3%80%80Chromogranin%20B%22



194 :病弱名無しさん:2006/08/20(日) 21:15:31 ID:Eap+uAJH
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1155906872/
【考えられる作業仮説(その2)】

236の結果として・・・

鬱病等の気分障害・・・・・44万人(軽度の薬物中毒に症状類似)
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/01/s0126-5d.html
統合失調症・・・・・・・・73万人(中度の薬物中毒に症状類似)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B1%E5%90%88%E5%A4%B1%E8%AA%BF%E7%97%87
パーキンソン病・・・・・・13万人(重度の薬物中毒に症状類似)
http://www.tmig.or.jp/J_TMIG/kouenkai/koza/67koza_1.html
=====================================
主要3精神病・・・・・・・130万人

一方、厚生労働省管轄の国立精神・神経センター精神保健研究所薬物依存研究部は、
http://www.ncnp-k.go.jp/dyakubutu/drug-top/data/researchJDU2005.pdf の15ページ)
@有機溶剤の乱用者数:  161万±36万人  精神病状態、無動機症候群
A大麻の乱用者数:    146万±35万人   精神病状態、無動機症候群、フラッシュバック
B覚醒剤の乱用者数:   34万±17万人    精神病状態(包囲襲来妄想を特徴)、フラッシュバック
============================
上記を含む薬物のいずれか 265万±47万人   

となっており、統計的に眺めた場合、薬物乱用者の約50%が常習性ゆえの中毒者になっていたとすると
精神疾患の実は大半が薬物中毒だったと考えても辻褄はあう事になります。
(ただそれ以外にも集団盗聴犯罪の被害者推定数も同程度いるので、実際は半々だと推察していますが・・・)

それにも関わらず、現在の診断基準DSMでは尿・血液・毛髪中の薬物検査すら行っていないのは、
どう考えても理に適っておらず、構造的な誤診によって患者に害になる薬剤を治療薬と称して投薬しているのが
現状ではないか?、そして実際、投薬によって症状が悪化しているケースの方が多いとする立正大学論文もある。
という点を重く考えざるを得ないというのが今回の論議の趣旨です。


195 :病弱名無しさん:2006/08/20(日) 21:17:00 ID:Eap+uAJH
【統合失調症、欝病、パーキンソン病そのものの遺伝因子】
1.幻想、幻覚、妄想、行動異常に関する遺伝型
==================
【統合失調症、鬱病そのものの遺伝因子ではないが、間接的に影響を及ぼす遺伝因子】
2.覚醒剤、大麻、有機溶剤などへの依存性 に関する遺伝型
3.人間が人間の脳や内臓を食べてBSEと同じ原理で脳萎縮を行う遺伝型
4.異端的なものの考え方を行う傾向に関する遺伝型

********************

このうち1は発見されていないので、統合失調症の一卵性双生児の遺伝率は50%に留まっています。
すなわち、当該疾病はやはり「遺伝病ではない」と考える必要があると考えます。

一方、薬物中毒や集団盗聴弾圧などを通して、「見かけ上の類似症状」を引き起こすことによって
間接的に影響を及ぼす因子としては2〜4を考える事ができるが、このうち
薬物中毒の2と、人肉中毒の3の2つに関しては既に分子マーカーが確認できている。

2の薬物中毒に関しては、SNP3とAKT1とが覚醒剤使用障害との関連が見いだされています。
https://www.ncnp-k.go.jp/ikiru-hp/report/kunugi16/kunugi16-1.pdf#search=%22%E8%A6%9A%E9%86%92%E5%89%A4%E3%80%80Chromogranin%20B%22

また3の人肉中毒に関してはヒトのプリオン蛋白遺伝子(PRNP)によく見られる遺伝子多型性は
異型接合性であるため、プリオン病の発症を相対的に阻止するものと考えられ、古来から人喰いを行い
クールー病に耐性がある住民の場合、129種類の優勢なPRNP異型接合体を有する事があり、
本来PRNPの129種類のホモ接合体を排除するような強い淘汰を部族に対して課している例が
報告されています。

・プリオンと人喰いとヒトゲノムPRNP遺伝子、そして人間の認知能力バリエーション&認知能力進化 2004/03 FuturePundit:
・Cannibals Differ In Cognitive Ability To Protect Against Prion Disease? ;Science. 2003 Apr 25;300(5619):640-3


196 :病弱名無しさん:2006/08/20(日) 21:18:17 ID:Eap+uAJH
527 :副作用疫学・医療事故の確信犯的行政悪用を考える :2006/08/13(日) 23:37:46 ID:2btDY5NT0
以上の根拠より、要素還元主義的な因果関係論を集約させたコッホの3原則を踏まえて、
まとめますと、統合失調症の99%程度は以下のように分類できると考えているのですが,いかがでしょうか。

T.電子機器類を多用した集団ハラスメント犯罪の被害者陣の組織隠蔽(このケースは健常者であり被害は現実。妄想ではない):
(創価学会に関連した朝鮮系団体、同和系団体、共産系団体、製薬会社、治安機関の思想取締り暴走など)
(盗聴マニアと呼ばれる犯罪者の数は全国に200〜400万人とされている。盗聴器は年間70万個販売されている)

U.覚せい剤・麻薬による中毒(ドーパミンニューロン損傷)
@自ら覚せい剤、麻薬を乱用している230万人の国民の中で発生した中毒(ドーパミンニューロン損傷)
ttp://www.syaanken.or.jp/02_goannai/05_yakubutsu/yakubutsu.htm
http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/books/h12haku/1bu2.htm
A組織犯罪者陣によって健常者に対して投与された不必要な覚せい剤・麻薬による中毒(ドーパミンニューロン損傷)
B精神科医師によって欝、ADHD、統合失調症に対し投与された
  不必要なリタリン等の覚せい剤様物質によって発生した中毒(ドーパミンニューロン損傷)

なお前出しましたようにゲノム変異が原因のケースも数万人に一人はいても不自然ではありませんが
その場合、幼少時から発症しているはずです。成人後に発症するケースは上の2点と推察しています。


197 :病弱名無しさん:2006/08/20(日) 23:04:07 ID:MlUH3jSA
>>155
同感。

あと薬は毒とか精神科通院は廃人とかって書いてる人はうつ病持ちなのか?
うつ病持ちならある程度は話聞けるがそうでない者なら全く話せる余地がない。
誰もこんな薬飲みたくないしね。
癌の化学療法のほうがまだ毒だと思う。
癌の患者さんもよくないと覚悟した上で自分の為、家族の為に化学療法で闘病してる方もいるだろうに。
栄養療法がいいならどう自分が取り入れていけばいいか教えてほしい。
自分で調べろ、と言われても活力も何もでない時は悔しいが全く動けない。
鬱に関して詳しいのであれば全く体も心も思い通りにならぬのはお分かりかと思うのだが‥‥

198 :病弱名無しさん:2006/08/21(月) 09:02:27 ID:B+aFquSG
>>191
ビタミンB3(ナイアシン)を摂ろう。

199 :病弱名無しさん:2006/08/21(月) 10:18:33 ID:B+aFquSG
198
445 :名無しさん@おだいじに :2006/08/21(月) 09:21:12 ID:???
とりあえず、ビタミンB3(ナイアシン)を3,000mg/日。
3回に分けて経口投与。

200 :病弱名無しさん:2006/08/21(月) 12:54:34 ID:fMloUu7b
私の身内に何年も闘病してた末自殺した人がいる。
世話していた私(25♀)はショックで、心身共に疲れて気付いたら鬱になってた。
今無職で実家にいる状態ですが、気持ちだけでも元気になろうとしても、毎日呼吸が苦しい。
体は痛むし、どうしたらいいか分からない。
抗うつ剤飲んでいたけど、体調自体が悪いんで、これ以上薬飲んでも無意味かと思って、服用を止めた所です。
タバコも吸っていたので、病院で一通り検査して、悪い所がないか調べてから、栄養療法?も取り入れたいなと思ってるんですが、効果はあるんだろうか?
鬱って、結局気持ちを抑圧し続けたりした結果、体が思うように動かなくなるっていう事ですよね。。
運動しても、睡眠沢山取っても、回復しない自分に焦る。


201 :病弱名無しさん:2006/08/21(月) 20:26:56 ID:JWB5SgU0
**************************
公害病(環境病)の一種として「架空の精神病」を考える
**************************
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1155906872/l50

精神病(鬱、統合失調症、パーキンソン病)及び
引きこもり(ニート)の相当割合は
患者の数、症状、(更には統失はDNAマーカー)の共通性から
「100万人を越える麻薬・覚醒剤等中毒」が原因と推察できる。
       ↓
それでは中毒原因となった大量の麻薬・覚醒剤等はどこから来ているのか?
       ↓
考えるヒント:
1.高度盗聴社会であるため当局の目を盗んで大規模に売買するのは無理。
2.と言うことは、大量の薬物提供者は必然的に当局そのものとなる
(北朝鮮報道は拉致にせよ覚醒剤にせよ国内責任を隠すためのカモフラージュと分析できる)
       ↓
合法的に大量の薬物を扱える部門(3本柱)→組織的な裏金作り
(敗戦直後に軍部から流出したヒロポンで膨大な利潤を上げたであろう伝統からか?)
1.厚生労働省管轄の精神科医による覚醒剤横流し(合法覚醒剤リタリン等の暴走)
2.厚生労働省管轄の麻薬取締官による麻薬横流し
   (合法のおとり捜査の暴走;そもそも同じ官庁の1を組織構造的に取り締まれない)
3.警察庁・警視庁による麻薬等横流し(北海道警、神奈川県警は氷山の一角か?)
       ↓
100万人水準の中毒者(および当該、地下システムの察知者)受け皿としての精神病院 → 更に投薬を通しての裏金作り
(こういった場合、当局は薬物中毒者という表現は必然的に使いにくい。「架空の精神病」への組織的すり替え)
(精神病院を通しての膨大な利潤の取得)←健康保険制度の悪用(そのためもあり保険財政パンク)
(違法な人体実験場として精神病院悪用、製薬会社利権)
       ↓
巨額の利潤の一部を、新たな麻薬・覚醒剤製造・買い付け経費に回す


202 :病弱名無しさん:2006/08/21(月) 20:27:36 ID:JWB5SgU0
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1155906872/l50

*厚生労働省は全てわかった上でこのサイクルを回している可能性あり。

*米国DEA(麻薬取締局)でも同様な容疑が出ている事を示す資料がある(ベネズエラのウーゴ・チャベス大統領声明)。
http://la-news.cocolog-nifty.com/lanews/2005/05/15011525_9d1a.html
ベネズエラ大統領は、「ベネズエラの麻薬業者を助け、ベネズエラ由来の麻薬の米国流通を行なっているのは
実はDEAそのものである事」を示唆した声明を出している。それが事実の場合、米国精神医学界の精神病診断基準DSMと
初めから連動させたシステム矛盾と考える必要が出てくる。すなわちDSM成立自体が国家犯罪上の欺瞞に基づいているという概念である。

*リタリン製造元は外資。少なくとも一部は「外資に支配された麻薬流通システム」である可能性も。

以上の理由により、精神病(鬱、統合失調症、パーキンソン病)及び
引きこもり(ニート)の相当割合は、行政テロによる環境病(公害病)であると論理推察できる。



203 :病弱名無しさん:2006/08/21(月) 20:33:31 ID:i5s9pgNO
>>200
焦るな焦るな、鬱は必ず治るさ
またーりいこうぜ、またーーーーりと

204 :病弱名無しさん:2006/08/22(火) 03:38:42 ID:MCx0VyYx
>198-199
>許容上限摂取量を30mgNAとする。
>さらに、摂取エネルギー1,000kcalに対し4.8mgNAを加える。
>
>100mgNAを超えると過剰障害がおこることもある
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%83%B3

水溶性とはいえ、ビタミンの取りすぎ(・A・)イクナイ

205 :病弱名無しさん:2006/08/22(火) 14:15:00 ID:QBo/csum
812 :卵の名無しさん :2006/08/22(火) 10:43:14 ID:bHTl1Otn0
>どの道治らないなら・・・・

ドパミンニュー-ロンには
ある程度の自然治癒力はあるのではないですか?

そうでないと麻薬を止めてしばらくたてば、
症状が若干、回復する事は起こりえません。

その上で自然治癒を更にどう高めるかが
ポイントになってくるかと思いますが、いかがでしょうか。
医師は信用できません。現時点でのDSMに基づく治療薬は
毒にしかならないと思います。

なおドパミンニューロン再生を行うと言う例の抗生物質は
不自然な点があるので現時点では呑まない方がよいと考えます。


206 :病弱名無しさん:2006/08/22(火) 14:24:42 ID:xBniwJZl
脳脊髄液漏れ患者もいるだろうね。

207 :病弱名無しさん:2006/08/22(火) 22:21:33 ID:a3p7U22Y
>>203
いいこと言うね。
自分は200さんじゃないけど、同じ過去を持っている。
当時は、「うつ」の意味も理解できなかったけど、
現在、自分がかかってしまい通院中。
社会に出られずひきこもりだけど、今日もクリニック、行ってきたよ。

208 :病弱名無しさん:2006/08/22(火) 23:05:47 ID:Y6pD+Rbu
薬飲んじゃった人達は大変ですね

209 :病弱名無しさん:2006/08/23(水) 09:14:12 ID:drpKq/FO
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1155906872/

【薬物中毒患者の診断法の3原則提唱】

@尿、毛髪、血液中の覚醒剤、大麻等の代謝産物の分子プロファイリング (RIA、GC/MS、LC/MS等)
A脳ドーパミン量試算のための血中ドーパミン量解析 (RIA、GC/MS,LC/MSなど)
B陽電子断層撮影法(PET)、機能的磁気共鳴画像法(fMRI)での脳診断

==============

を問診と組み合わせる事によって、薬物中毒者であると診断できなかった方に対しては、
次に以下の集団犯罪被害が原因である事を当然、考えないといけなくなります。
この場合、病気ではなく、健常者です。

秋田大の清水教授のような権力に取り付かれた者による健常者の被害者陣が
全国各地に大量におられるのではないでしょうか?

T.電子機器類を多用した集団ハラスメント犯罪の被害者陣の組織隠蔽(このケースは健常者であり被害は現実。妄想ではない):
(創価学会に関連した朝鮮系団体、同和系団体、共産系団体、製薬会社、治安機関の思想取締り暴走など)
(盗聴マニアと呼ばれる犯罪者の数は全国に200〜400万人とされている。盗聴器は年間70万個販売されている)

この場合、「妄想」ではなく健常者なのですから、
医師の現在の対応は犯罪になります。健常者を自分と考え方が違う、あるいは生意気だ、
裏システムを知ってしまった、といった理由で、無理やり拘束して
健常者にとって毒にしかならないオランザビンなどを大量に投与し、
その結果として廃人化してしまう事が日常的に起こっていると分析しています。

またケースによっては飲食店や小売店を通して、これら薬剤を厚生行政が対象者に
強引かつ詐欺で飲ませる犯罪も行われているようであり、ここまで来れば行政犯罪以外の何物でもないと
考えざるを得ません。

210 :病弱名無しさん:2006/08/23(水) 22:49:21 ID:xDBfwGdI
>>206
>脳脊髄液漏れ
たけしの本当は怖い家庭の医学でその病気の存在を見て
神経内科でMRIを撮ってもらって調べました。異常なかた。

211 :病弱名無しさん:2006/08/24(木) 08:19:08 ID:Sy6QhkpB
>脳脊髄液漏れ


秋田県の異常性の本質は、以下に尽きるだろうね。

Balancing selection at the prion protein gene
consistent with prehistoric kurulike epidemics.
Science. 2003 Apr 25;300(5619):640-3


212 :病弱名無しさん:2006/08/26(土) 05:25:03 ID:7Y99wuwX
>203ありがとう
>207時間が解決してくれるよね。ただ、あまりにいろんな物を引きずれば引きずる程、回復に時間もかかる。
私はメンタルより体の方をかなり壊してしまって、体力低下の身。
もしかしたら安定剤より、漢方とか滋養強壮系のが回復の近道かな、と思い、漢方薬(十全大補湯っての)飲み始めた。
結構効いてる感じがしてます
鬱はメンタル系の生薬でなく、漢方薬で治療する手もあると思うよ真面目に
五年以上安定剤飲んで、激しい鬱から抜けれてなかった私が、初めて本当に回復の兆し感じたもので。
安定剤は所詮その場しのぎという事だね。

213 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

214 :病弱名無しさん:2006/08/28(月) 00:21:24 ID:UZmqllbM
精神科医のところへ通っている人の80%は鉄欠乏だったというのを見たぞ
鉄欠乏はうつ病、パニック障害と全く同じ症状だな

215 :病弱名無しさん:2006/08/28(月) 07:56:25 ID:AfghekHg
>>214
そのとおりでしょう。
それってみんなが知ってると思って書かなかった。

216 :病弱名無しさん:2006/08/28(月) 08:24:22 ID:QCyhi/ll
統合失調症の大半は架空である。麻薬等中毒と国民監視社会を隠すためにある。
遺伝、服薬等とはほとんど関係がない。

例えば、秋田県では、全県民の自宅への集団盗聴犯罪を通して
かなりの県民が殺されているようだ。

他人の自宅を盗聴すると言う最も卑劣な風習をもち
互いの自宅を聞きあっている。間違いない。

それを主導しているのが創価学会と見られる。
その結果、その自宅盗聴で殺害対象の県民が毎年、相当数選ばれ
地域で本当に殺して自然死扱いする間引きが日常化している。

これは一種の環境病(公害病)だろう。凄まじいテロを行政自体がおこなってる。
市役所や県庁が平気で殺人を行っている。

そしてそれを隠すための行政ツールとして、架空の統合失調症が悪用されている。
盗聴自体が元々ないとするための方便に使われている。

そのため秋田では集団盗聴犯罪に対する苦情を口に出すとこの行政手法が簡単に使われる。
かなり悪質な状況だ。この環境病問題をたださない限り、今後も秋田県民は殺されていくだろう。
人間が住む社会でなくなっている。恐らく北日本は多かれ少なかれこうなっている。

こういった悪質な社会システムを是正するためにも当該学術論議は必要だ。
そして集団盗聴を行っている輩は知事であろうが市長であろうが逮捕が求められる。
こんな卑怯な社会システムは許されない。


217 :病弱名無しさん:2006/08/28(月) 23:36:12 ID:hqNpQO/j
風邪様の同じ症状を出すウイルス疾患とか数知れずなので、症状の類似だけではなんとも言えないと思うけど

鉄不足なら肉食え肉
生野菜と一緒に食うとさらにベター。ステーキとか焼肉とか。バーベキューなら野菜もうまい

218 :実践家:2006/08/28(月) 23:43:13 ID:xtwfhukn
意識して心を静かに空にして過ごしてみて。多少ムリをしてでも考えるよりも「感じる」事を意識してたら神経症を静められるよ。

219 :病弱名無しさん:2006/08/28(月) 23:52:19 ID:5n34Rhcc
うつ病や自殺者は、ファシズム傾向の社会で増えると思う。
ファシズムは宗教否定のナチズムに代表される。
国家主義と唯物社会主義のダブル・スタンダ−ドは「悪魔の思想」
とも呼ばれる。
それは偽善者を増やし、偽善者は隣人に「癒し」もたらさず、
隣人の魂をトゲで刺し続ける。



220 :病弱名無しさん:2006/08/29(火) 00:11:49 ID:zzmtAcPe
>>214>>215
ほとんどの人が最初に内科に行っていて、そして血液検査して
どこも異常ないですと言われて、神経科、心療内科、精神科の受診を薦める
医者が多いらしい。内科でどこも悪くないと言われた人がほとんどだけど、
見落とされているってことか?

221 :病弱名無しさん:2006/08/29(火) 02:49:56 ID:LA6MXzOP
栄養不足が原因なら凄いことになりそう
ありえない

222 :病弱名無しさん:2006/08/29(火) 03:04:28 ID:Hp49zGhF
俺は鼻通り悪いからそれが原因で鬱なのかなぁと思ってる、

鬱の始まりが睡眠障害だった事を思い出して、何が原因かを考えたら片方の鼻の通りの極端な悪さじゃないかと思えてきたのです。

ちなみに鼻からの呼吸って脳に直接行くらしいので原因としてはありな気がする。

病名は『鼻中湾曲症』です。

223 :病弱名無しさん:2006/08/30(水) 00:14:07 ID:FBlr+iHW
>>221
鉄不足でなる病気=鉄欠乏症(鉄欠乏性貧血)、B1不足でなる病気=脚気
など、必須栄養素が欠乏するとなる病気はたくさんある。体内からなくなる
と氏んでしまうわけだが。
よって、ありえる。

224 :病弱名無しさん:2006/08/30(水) 04:28:49 ID:qGOWNY9P
そういう文脈じゃねえだろ(;´Д`)

225 :病弱名無しさん:2006/08/30(水) 10:27:16 ID:8UFgcgSx
【分子栄養学研究所】&【ケンビファミリー】
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/supplement/1111223212/
1 :ビタミン774mg:05/03/19 18:06:52 ID:ykkVSS0/

姑が、ここのサプリにはまって、押し付けてきます。参考までに
サプリの価格は、ヘム鉄120粒・300mgで8400円、ビタミンE60粒・
800mgで9450円、などです。彼女は、ここのディレクターという職
にも就いて以来、話すことと言えば「サプリと健康」の話題ばか
り。ここが主催している健康の勉強会や血液検査にも連れて行かれ、
本当に辟易してます。ネットで検索しても、あまりヒットしないの
で、ここの実態を知っている方、情報お願いします。

226 :病弱名無しさん:2006/08/31(木) 00:41:27 ID:kGtCXeWO
精神科医のところに行ってる香具師はほとんどが鉄欠乏症だという記事を
見たことある。精神科医のところ行っててしんでる人いる結構いるのは、どれかの
栄養素がなくなったからじゃんーのか。栄養素が欠乏しているかは病院の一般
の検査じゃわからないしな。ミネラルについてはネットで毛髪ミネラル検査
申し込んでみるとわかる。鉄ならフェリチン値を調べてほしいと言えば
どこの病院でも採血してやってくれる。
ビタミン関係は採血しなきゃわかんないけど。保険外の検査だし、
無知な医者多いから、処方薬にビタミン、ミネラル剤があるのに出さない医
者が普通らしい。栄養療法やってる医者の病院でやるしかないんじゃん。

227 :病弱名無しさん:2006/08/31(木) 14:17:23 ID:2/ICadPr
日本に限ったことじゃないと思うけども、西洋医療は(ことに最近は)専門分化が進み過ぎて
病気の限られた部分だけしかみなくて人間の体と心をまとめて丸ごとみるという視点が完全に
欠けているからな。

228 :病弱名無しさん:2006/09/01(金) 08:42:04 ID:3B9HDXcZ
結局どっちを信じればいいんですか?

229 :病弱名無しさん:2006/09/01(金) 09:07:39 ID:O5xvPoDz
>>226
フェリチンは低い方がいいんじゃないの?

230 :病弱名無しさん:2006/09/01(金) 12:46:53 ID:AEMnjBbq
>>228
このスレで精神科医を叩いてる人間の言動はキチガイそのもの

56 :病弱名無しさん :2006/07/19(水) 23:27:32 ID:cwuUNGw7
>26,27
統合失調症の患者の文章臭い。
適切な接続詞及び句読点を使えてないところとか、
一切論拠示さない所とか。

更に、恐らく26自身が精神科受診経験者。
書いてるの体験談だろW

結論。26はまだ比較的軽症のデムパ。被害妄想抱くのも分かるけど、
ちゃんとお医者様の言うことお聞き。

57 :病弱名無しさん :2006/07/20(木) 00:11:16 ID:JdlCQCyN
>>56
栄養失調で氏んでください

「栄養失調で氏んでください」なんて日本語使ってる人間は
地球上でこのバカただ一人。
デタラメをわめき散らすキチガイは死んだほうがいいと思うよ。

231 :病弱名無しさん:2006/09/01(金) 13:19:16 ID:3B9HDXcZ
栄養とって鬱が治るなら
何週間か入院して栄養の点滴ずっと打ってれば治るってこと?
ホントどっちを信じればいいのよ。
薬治療派?生活改善派?
病院通おうと思った時にこんなスレ見ちゃったから行きたくても迷うよ

232 :病弱名無しさん:2006/09/01(金) 13:25:44 ID:uWBNeF9M
>>231
嘘か真実かを見抜けないなら2chくるな。2chの情報鵜呑みにして自爆して被害者面するやつまじうざい
自分で判断しろ

233 :病弱名無しさん:2006/09/01(金) 21:12:02 ID:nyCdUNvG
普通の病院行って「できるだけ薬使わずに済ませたいのですが」って言えばいいと思うよ
栄養治療なんて治験データがほとんどゼロの分野に行ってヒトバシラになるつもりなのならとめないけど

234 :病弱名無しさん:2006/09/01(金) 21:36:19 ID:XQ5/9P4z
栄養的な問題で 病気が発生する例は確かにあるだろう。

けどそれはすべてではなく。

病気が重篤になるうちに 体内でのビタミンの偏りが出ることは十分ある。

で。それは単純にその摂取をすれば 解決するという単純なものではない。

235 :病弱名無しさん:2006/09/01(金) 23:56:06 ID:XYjUgRTD
>>230
>このスレで精神科医を叩いてる人間の言動はキチガイそのもの

精神医療関係者の方ですよね?このスレに来ても叩かれるかスルーされる
だけですよw

>>229
80ng/ml以下は鉄欠乏症(鉄欠乏性貧血)。50ng/ml以下でしんどくて普通に
生活できない。150ng/ml以上は癌細胞が増殖している。貧血も栄養不足で
なるんだけど、どの栄養素が欠乏しても大変だよ。恐ろしいけど、現代型
栄養失調が流行っている。日本の平均寿命は短くなる一方かもしれない。

236 :病弱名無しさん:2006/09/02(土) 03:42:26 ID:nMnY41VC
鉄欠乏なんて何食ってりゃなるんだよ(;´Д`)
成人男性が、先天的理由もしくはビタミンB群不足以外の理由で貧血になるのって相当恥ずかしいと思う

237 :病弱名無しさん:2006/09/02(土) 06:27:25 ID:Oe2JVo4q
血液を造る能力が低下すれば 栄養状態が完璧でもひんけつになるよ

238 :病弱名無しさん:2006/09/02(土) 16:40:26 ID:JEBDqBti
めちゃめちゃハードな運動してる人も貧血になりやすいよね。

239 :病弱名無しさん:2006/09/02(土) 23:46:03 ID:u8usXmeS
日本は鉄不足が深刻なんだと。そーいや、日本人は肉食より粗食だから、
あまり肉食べれる体質じゃないし、腸が長くてオイリーな食べ物は日本人には
向かない。鉄分のある食品は肉を除くとあまりないから、欠乏しやすい。
子供が出来ないのも鉄不足が関係していると出てた。B12と
葉酸が入ってる食品も少ないし。困ったねえ〜。やっぱサプリメントで摂取
は必須かな。日本はサプリメントは最近でしょ、それに店で売ってるのは
含有量が少なすぎるし。厚労省で定めている栄養量は当てにならない、
アメリカのを基準にした方がいいと思う。

造血作用ってやつか。それって病院で調べてもらうことできんの?

そうそう、運動している人は貧血らしい。特に陸上選手はひどいらしい。
運動は適度(30分くらい歩く程度)で良いだと思う。

240 :病弱名無しさん:2006/09/03(日) 00:03:32 ID:Cvg72JqJ
もし栄養不足が原因なら患者の数はもっと増える。

栄養とれば良くなるなんてそんなバカげた話はない。
笑えるから。栄養不足は原因ははったり
騙されるな。

なんの科学的根拠もない


241 :病弱名無しさん:2006/09/03(日) 00:58:37 ID:inr5SseW
>>240
精神医療関係の方ですよね?だったら北米の精神科医に見習って栄養療法
をやったらどうですか?そんなに医者という地位とお金がほしいなら
汚い商売してるより、儲かると思いますよ。患者も治すことができますし。
あなた方のやっている犯罪以上のことは世間に広まってること知らないのですか?
そのうち日本でも訴訟が頻繁になるでしょう。
少しは外国のことを勉強されてはどうですか?日本の精神医療は医療ではありま
ん。日本の医療は栄養がどうこうなどの予防医療は儲からないのでやらないから
患者は増えないことも知らないのですか?成人病も偏食が原因。若い人達は
臓器がまだ丈夫なので、精神面の症状が出ることも知らないのか?
あんたみたいな方はこのスレにきても叩かれるだけですよ。世間知らずですねw
日本の精神科医は留年10年が平均なのでわからないのも当然です。医者という職業
が合わなく、無理して医者にならなかった他の業種を選んだ人は本当に偉いです。


242 :病弱名無しさん:2006/09/03(日) 01:07:48 ID:8kGVd8to
>精神医療関係の方ですよね?
キチガイの一つ覚えだなその妄想。とっとと自殺しろよボケが

あと文章の改行も変だな。自分が統合失調なのも否定しないし
こういうのをバカ正直って言うのかな。
繰り返すが、死ね

243 :病弱名無しさん:2006/09/03(日) 03:41:28 ID:Lj9CX2kB
一理あるような気もする。

単純に過食でなくて、普通に食欲旺盛な人間で
鬱です、神経病んでますってあまり聞かないもんねえ。

具合の悪い人って
異常に食べてるか食べてないか、二極に分かれてない?
1日総ーとかで計ると、もっと見えてくる事もあるかも。

その人に必要なだけの、エネルギーが摂れてないってことは
あるんじゃないか。


244 :病弱名無しさん:2006/09/03(日) 07:36:02 ID:ldBoAarN
食べてる内容が問題。
ここでいってる栄養不足は 量的な問題じゃないだろう。

精製炭水化物ばかりだと 血糖値の上下動に異常が出てきてそれが
精神に異常を起こす。副腎 砂糖でググルと結構でてくるよ。
ペットボトル症候群なんて言葉もあったな。

またそういう食生活っていうのは矯正がむずかしんだよ

245 :病弱名無しさん:2006/09/03(日) 07:38:34 ID:ldBoAarN
こんな書きこみもあることだし↓
結構多い気がする。スナックと甘い飲みもので生きてる人よくいるから

56 :病弱名無しさん :2006/09/03(日) 00:24:34 ID:xhaExmUV
うつ病だと思っていたら低血糖が原因だった方いますか?
というかうつ病患者のほとんどは低血糖とも聞きます。
かくいう私は原因不明の憂鬱感、無気力、だるさで心療内科に行ったところ軽度のうつ病と診断されたが
どうもいろいろ調べてみると低血糖の症状に似ているんだよね。
砂糖抜きの生活3週間目。
以前よりずっとラクになり安定剤飲まない日が増えました。

246 :病弱名無しさん:2006/09/03(日) 14:48:03 ID:2vVJZkAO
低血糖でググるとオレも確かに当てはまること多い。
もともとうつ病というほどのストレスはなかった。
一時、饅頭や大福をドカ食いしてたっけ。
薬は飲みながら食生活改善しているところ。
そのため10年ぶりで親元に戻ってみた。

247 :病弱名無しさん:2006/09/03(日) 15:19:17 ID:0fqTJ597
ナチュラルクリニック代々木、
東京メディカルケアセンター、
に行かれてる方います。

また、栄養療法でうつ治った人は、
どこの病院かかられました?

248 :Shangri-la ◆5m18GD4M5g :2006/09/03(日) 16:03:08 ID:O1A1Dt5H
栄養バランスって本当に大事だよね

249 :病弱名無しさん:2006/09/03(日) 16:55:01 ID:xwbVwrtz
なんか、東京メディカルケアセンターのHP見て思ったんだけどさ、いかに栄養療法が素晴らしいかとかが
ブログに書かれててなるほどなとは思ったけど、それに対して自分の治療法がいかに素晴らしいかとか
洗脳に近いじゃん。うちの母親もこれ関係の本買ってて、ここのクリニックすすめてきたけど、結局
自分とこで自由診療にして大金手にして治験データの少ないサンプル集めようって感じがするんだけど・・・
そもそも国で認められてないからってどうしてただのサプリメントが月額5万円以上になるのかわからない。
あと、分単位のカウンセリングが1万円とかありえない。
少なくとも良心的な医者じゃないなってことは思った。
俺が知ってる今まで会った最良の医者は、辛かったら薬飲んでもいいけど薬に頼ったらいけないよ、
あと、これは自分の専門外の分野だからってお金も取らずに話を聞いてくれる&アドバイスしてくれるっていう
医者だった。少なくとも、高額の治療費とったり自分の主催するセミナーで金とったりとかいうことはしなかった。

250 :病弱名無しさん:2006/09/03(日) 20:33:46 ID:PmTRcko5
本来なら 健全な食生活に戻すだけなら一銭もかからないハズ。
それをなんで他人様の力を借りなきゃいけないのかな。

そんな簡単なことも分からない馬鹿はいくらふんだくられてもなんの
同情の念も起きないが。

251 :病弱名無しさん:2006/09/03(日) 20:44:54 ID:PmTRcko5
そんなご大層なメディカルセンターなぞにお金かけるくらいなら
その金をそのままおかんに渡して 健全な食生活で体を治す方がいい。

ついでに料理も教えてもらえっつの。

252 :病弱名無しさん:2006/09/03(日) 23:08:10 ID:064T1zup
健全な生活を二ヶ月以上、サプリ多量摂取、してもうつが良くならない。
しかも、働けないし、精神科の薬も増えている一方!

ナチュラルクリニック代々木、
東京メディカルケアセンターなどに頼りたくなるよ。

なにか情報を持っている方、よろしくお願いします。


253 :病弱名無しさん:2006/09/03(日) 23:59:28 ID:inr5SseW
精神科神経科心療内科に行ってしまってる人達は、食事だけじゃ追いつかない
ほど栄養状態が悪い。それに、ストレスで大量の栄養素が消費されてしまう。
健康な人でもサプリメントは飲んでる時代。
検査結果で栄養状態がわかることは必要だし、どの栄養素を重点的に摂取したら
よいかわかる。これを教えてくれるところは栄養療法やっている病院しかない。
抗うつ薬、抗不安薬、抗精神薬、睡眠薬は身体を休ませてしまう、脳の働き
をおかしくするので、食事がうまく摂れなくなったり、運動量が下がるので、
夜の眠れなくなったり、栄養状態を悪くする。低血糖症の人は悪化するし、
低血糖症でない人は低血糖になったりする。薬の副作用で異食症になり、過食
などを招く。だから、薬飲んでいて、高脂血症や糖尿病を併発してしまう人が多い。
判断力もすごく低下しているので本人でやることはとても難しい。砂糖は米、
パン、麺に十分に含まれているので、これ以上糖分を取ったら過剰になる。
日本の食材で栄養のことは難しいし、日本は無知で情報が少ないので
専門家のアドバイス必要だと思う。食品表見てて栄養素がこれだけしか摂れない
のかよ、と思う。薬は栄養の吸収を低下するから飲まない方が早く回復するよ。
ただ、栄養はすぐつくものじゃなく、積み重ねでナンボなので時間がかかるけど
やるしかない。食事だけじゃホント足らないしすごく時間かかってしまうので
サプリメントは必要だね。検査しながらやれば過剰になった栄養素は最低限
摂るようにすればいいし、足りない栄養素は過剰に摂る必要あることがわかる
から安心。栄養素の過剰も害があるから。

254 :病弱名無しさん:2006/09/04(月) 00:10:00 ID:kmV0LEMt
キチガイが無知だ何だの言っても説得力ないんだよ
統合失調の直り損ないでそんな低脳丸出しの文体になったんだろ
ボッタクリの宣伝はやめてさっさと死ねマジで

255 :病弱名無しさん:2006/09/04(月) 00:36:30 ID:zCHx15rx
>>254
お前読解力なしw 通報しました。

256 :病弱名無しさん:2006/09/04(月) 00:51:29 ID:d9dYVpbB
他人の読解力を非難する人間は自分の文章の「読みやすさ」に絶対の自信をもってなきゃいけないんだよ。
読ませたいと思うなら、読み手の立場で文章を記述しなければならない。
書く側は読んで「もらう」側であって、読む読まないの選択権は常に読み手側にある。
言い換えれば、書く側のほうが圧倒的に立場が「弱い」

あなたのところのメディカルケアセンターに、ぼったくりのお金をはらってまで来てくれる上玉の金蔓を欲しがる気持ちはわかる。
そのために宣伝に力を入れるのも、商売人としては正しい姿勢だろう。

しかし、自分の宣伝下手を相手の読解力不足に摩り替えて逆切れするさまは、はっきり言って見苦しい。

257 :病弱名無しさん:2006/09/04(月) 07:26:44 ID:DqGqviRB
>>252
健全な食生活 サプリ摂取で3ヶ月なんの変化もなければそれが原因ではないんだよ。
でもそれが健康維持には役立ってるからやめないように。

もちろん甘飲料、コーヒーの多飲はないよね?水も飲んでるね?
歯科金属は考えられないね?

鬱の発症のきっかけがどういう状況だったのかで 原因の見当がつきそうだけどね。

258 :病弱名無しさん:2006/09/04(月) 16:38:37 ID:g+LhHda5
栄養治療の最大の欠点は科学的根拠がない点

それに比べ薬物治療は科学的根拠証明されてる

栄養治療が効くならばとっくの昔にやってる



259 :病弱名無しさん:2006/09/04(月) 19:51:33 ID:nXLPtZeX
異議あり。

栄養不足が原因だった場合 薬物治療は副作用を蒙るだけ損。
まず食生活を正してストレスの軽減を図ってからのち 薬物治療を
検討するのが吉。

薬物治療の科学的根拠が証明されてるといっても 対処療法だからね。
その場しのぎでしかない。

260 :病弱名無しさん:2006/09/04(月) 20:10:33 ID:g+LhHda5
>>259

その場しのぎではない。薬物治療することによって状態がよくなってそとにでられるようになったり自信をつけされるのが薬物治療



261 :病弱名無しさん:2006/09/04(月) 20:28:03 ID:h4QVTxrA
>>260
実際に薬に依存症みたいになっていながら 食生活を改め様ともしない馬鹿を
みてるといの一番に薬物をあてがうのは問題だと思うよ。

ま。そのうち肝臓がいかれて来てからにっちもさっちもいかなくなるんだが。

262 :病弱名無しさん:2006/09/04(月) 22:08:18 ID:OVSqE+cq
質問なんですが、最近毎日死ぬんじゃないかという不安にかられています。
あれをしたら死ぬんじゃないかとか、これをしたら死ぬんじゃないかというような感じで不安でいっぱいです。
あと、最近頭が重いのゎ何かの病気なんじゃないかとか、悪い方向にばっかり考えてしまいます。
これは精神的に病んでるからなんでしょうか?
何が原因かわからないのも不安だし、今も明日死ぬんじゃないかと不安でいっぱいです。
わかるかた居たら教えてください。

263 :病弱名無しさん:2006/09/04(月) 23:53:22 ID:zCHx15rx
栄養療法を否定する香具師がなんでこのスレにいんの?
ハッキリ言って、もう薬は終わりだし、日本の精神医療は崩壊寸前。
これは、一昔アメリカで起こった事。患者側からの告訴が頻繁になることは
間違いない。2ちゃんでも既に話題になっているよ。精神科医なん
かのところ行ってしまったおかげで、この汚い世界を知ってしまった。気付い
ている人はたくさんいる。決して許されない事実。薬が売り出されるまでなんて
簡単で十分に臨床が行われていない。特に抗うつ薬などの精神の薬はいい加減
で、はっきり効果が認められてないまま売り出されてしまった。だから、
最近になって、製薬会社が効果については不明など言い出してることが朝日新聞
に記載されてた。栄養療法はアメリカの精神科医のマイケル・レッサー医師や
カナダのホッファー医師などは精神科病棟で統合失調症とうつ病患者に栄養状態を
調べて欠乏している栄養素を補充したら治ったと証明されているよ。正直、
日本の精神医療に騙されて、棒に振った人生返せって感じ。これからマイケル
医師のクリニックを訪ねるつもり。泣き寝入りはしたくない。

264 :病弱名無しさん:2006/09/05(火) 06:12:51 ID:7GfT93ai
私もです。栄養療法をはじめて目に見えてよくなった。
薬で誤魔化している状態とは全然違う。
精神科に通ったのは2年ほどだし騙し騙し休職もしなかったので
告訴したりは考えていないけど、完治したらクリニックの医師に手紙を書くつもりです。
あなたの診ていた患者がこんなことになりましたよって。
ほんとに苦しい2年間だったからね。

265 :病弱名無しさん:2006/09/05(火) 07:16:40 ID:sj1RfTZo
おーやれやれ。
医者なんて薬の売人さながらな実態だからな。


266 :Shangri-la ◆5m18GD4M5g :2006/09/05(火) 07:44:01 ID:lcnaKxvY
極度の小食だったんだけど、診療内科で安定剤を長年飲まされたら
まったく治らないどころか、過敏症になって
栄養バランスも乱れて腎臓悪くして死に掛けたよ。
心療内科とかどんな悩みがあるかとか
ストレスの原因は何かとか全然聞きもしないで
クスリだけ適当に出してどこもマジ糞だった。

267 :病弱名無しさん:2006/09/05(火) 10:13:00 ID:bIRW8sA4
こないだ、自費だかダンナを血液検査へ連れていってきた。結果まちだが等質はなおると医者が言い切った。薬漬けでダンナはどんどん太っていくし、おかしくなってどうなるだろうとふあんで離婚寸前になっています。 栄養療法が頼みの綱です。

268 :病弱名無しさん:2006/09/05(火) 18:41:40 ID:CGLBpJMc
脳にも栄養が影響するんだったら、ちょっと興味深いな

 子供のころ、コロッケに味の素をフロストシュガーみたいにふりかけて(それにしょうゆをかけて)
 食べるのが大好きだった漏れは、あまり努力した覚えもないけどもの覚えは
 良かったな。その反動か最近はもの忘れに悩んでるがな・・・

 ジャリジャリいうのがまたいい食感だったな〜

269 :病弱名無しさん:2006/09/05(火) 18:51:32 ID:C2lD127r
あにょね。

そういう馬鹿な食習慣が積み重なって長年蓄積すれば 立派な糖尿患者か
他の疾患に苦しむようになるわけさ。
なにを自慢げに。

270 :Re: なにを自慢げに:2006/09/05(火) 19:06:52 ID:CGLBpJMc
すびばせん。

271 :病弱名無しさん:2006/09/05(火) 21:56:14 ID:IGIakB3I
治らないよ

272 :病弱名無しさん:2006/09/06(水) 12:58:15 ID:s5UMy55v
まずはしっかり飯を食べて、水分とって、お日様の下で軽く運動。
そしてしっかり「ぐあぁぁぁ〜っ!」と、伸びをして
風呂にも入って、9時には寝る!

あと部屋をしっかり片付ける。
ごちゃごちゃしてるとイライラするし、鬱々としてくる。
カーテンも開ける!




これで、極限から脱出した俺が来ましたよ!
薬も良いが、生活様態をすっきりさせるのも手かと。
あと、
鉄の話も出ていたけれど、俺の場合は確かに貧血餅だった。
その気のあるヤシは安いやつで良いから、鉄剤も飲め。

頭がくらくらすることもモヤモヤ鬱々することもなくなってウマーだ。
みんなガンガレ。

273 :病弱名無しさん:2006/09/06(水) 13:42:53 ID:3ubeD2mH
『PDQ日本語版』の「癌患者の栄養補充について」で紹介されている食品はv.B12が豊富な食品。
『治療』の中の「悪性中皮腫」にも、「V.B12の筋肉注射により、副作用が緩和され、患者が前向きに治療に臨め、治療成績が向上した」とあります。
このことから、疾患と栄養の関係は確かに否定できないと思います。

274 :病弱名無しさん:2006/09/06(水) 13:56:32 ID:m/BK7vey
借金のストレスでうつなら大金貰えばすぐ治るだろうな。

275 :病弱名無しさん:2006/09/06(水) 18:26:31 ID:Dhn7A28v
栄養不足が原因の患者は有無に等しい。

276 :病弱名無しさん:2006/09/06(水) 19:16:31 ID:twLp7lpW
病気はみんなひどくなってから症状が出るというが、栄養失調も栄養素が
なくなってきたら出るので、回復には時間がかかるらしい。けど、毎日の
積み重ねでやってくしかない。今は大変だけど、栄養ついてから健康になる
から明るい人生が待っているに違いないよ。
>>272
日本は深刻な鉄不足だと出てた。40歳代以下が一番多いと。

277 :病弱名無しさん:2006/09/06(水) 19:52:23 ID:Dhn7A28v
栄養不足が原因の患者は有無に等しい。

278 :病弱名無しさん:2006/09/06(水) 21:09:31 ID:hJGM/o9e
>栄養ついてから健康になる から明るい人生が待っているに違いないよ。

つーかね。
みな病気になる前は体が動いて健康で当たり前だから 無茶しても平気だと
思ってるの。体動いて当たり前だと思ってるの。病気の奴らはおおげさなんだと。

んで動けなくなって大騒ぎするのはそういうやつらね。
体のケアなんてしたことないから 薬にたよってドツボにはまる。

279 :病弱名無しさん:2006/09/07(木) 23:40:04 ID:269+glb4
もともと健康過ぎていたため、自分は健康だと過信していた人が多
いと思う。だから、無理してたの気付かなくていつのまにか栄養失調
になってしまったんじゃないかな。国絡みで精神科に行こうなど
の大宣伝やられたら誰だって信じてしまうよな。日本はホントヒドイ
国だ。政府が主導権握ってこんな犯罪まがりなことしてるんじゃ
日本はダメになっていくだけだな。スレ違いスマソ

280 :病弱名無しさん:2006/09/07(木) 23:53:59 ID:ijOj2lQa
健康過信は自分にも当てはまるなー

30過ぎて周りがあちこちガタが出始めて色々気をつけていたのに
私はストレス知らず、身体は軽く、どんなに疲れていても一晩寝れば翌朝元気一杯。
皆にうらやましがられていた。

まさか、こんなことになろうとは。

281 :病弱名無しさん:2006/09/08(金) 05:16:25 ID:V6Bp9yJB
あげ

282 :病弱名無しさん:2006/09/08(金) 05:47:05 ID:YP37fdJ2
あげ

283 :病弱名無しさん:2006/09/08(金) 12:24:41 ID:eEAgxnwh
ゼリー食品ばっかり摂ってたら、昆虫になってしまうって事だね。
最近多いけどな、ゼリーメインのおっさんw

284 :病弱名無しさん:2006/09/08(金) 13:14:14 ID:72SKnbC3
そうですよね!国あげて精神科にいけって!私も被害者ですよ。今サプリと血液検査結果待ち、効果がでてよくなったら、闘ってやるぞ!

285 :病弱名無しさん:2006/09/08(金) 18:38:06 ID:u8u4qNYc
>>284
「うつはがまんしないでお医者さんへ」

タレント使って国民をだますのはいい加減に汁。
(悪の枢軸:製薬会社&医者&厚労省)

286 :病弱名無しさん:2006/09/09(土) 01:00:16 ID:TDBmyW+2
精神科の医師も、あまり他の病気を疑わないよね
網にかかった魚は逃がさないって感じ

287 :病弱名無しさん:2006/09/09(土) 08:34:21 ID:Iy8RSRnF
最近は「薬の性能がよくなった(副作用が小さい)から」ってんで、
適当に問診して適当に薬だけ出す医者多いね。
会社や家庭でのストレスとか、会社辞めるか一家離散しないと
解決しないような問題なんて、医者じゃ対処しようがないから、
薬だけ与えて放置ってスタンスは仕方ないのかな。

288 :病弱名無しさん:2006/09/09(土) 08:55:15 ID:SknwXzgA
>解決しないような問題なんて、医者じゃ対処しようがないから、
>薬だけ与えて放置ってスタンスは仕方ないのかな。

患者自身が「薬で手っ取り早く治す」の頭だからね。
仕方ないっちゃ仕方ない。自業自得と言うか 自然淘汰というか。

体のケアの仕方なんて一朝一夕に身につくものじゃないからなあ・・・
しかし今は自分の体を機械かなんかと思ってる奴がたくさんいるね。
生活IQが低いっていうか・・・



289 :病弱名無しさん:2006/09/09(土) 10:08:50 ID:k0QWfBTb
17から薬のみ続けてきた34のものです。対人恐怖です。精神医療に頼ってはいけません。あまり長い間飲むので肝臓の値がわるくなり、自分で薬を止めました。止めるとひげが生えてきて、エネルギーがでてきました。人生をかなり棒に振りました。
解決策は他にあると思います。薬は気休めです。

290 :病弱名無しさん:2006/09/09(土) 10:14:37 ID:TDBmyW+2
仕事や人間関係など、原因のはっきりした過度のストレスならともかく、
性格が原因みたいに言われて薬を出されても飲んでいいのか悩むね
性格なんてそうそう変えられないし
それで今まで元気に生きてきたのに

飲みはじめたらエンドレスじゃないか?

291 :病弱名無しさん:2006/09/09(土) 10:19:38 ID:k0QWfBTb
対処法は俗っぽいやり方がいいのかもです。ちょい悪を心がけるとか、(悪いヤツになると生きやすい)いきつけの飲み屋をつくるとか。セックスすると症状は軽くなります。
統合失調症は判断基準があいまいで医者のさじかげんで変わります。いいにくいんですがある医者の方も統合失調症はあるかないかわからないって行ってました。今のアスペルガーっていうのもマーケットを作り出す感じじゃないでしょうか

292 :病弱名無しさん:2006/09/09(土) 10:23:40 ID:k0QWfBTb
正直エンドレスだと思います その間に社会的地位をなくすかそれを組み立てる力を精神医療にとられます
ふだんからひけめにかんじますしいい循環にならないです 旅行に一週間いくほうがいいかと思います

293 :病弱名無しさん:2006/09/09(土) 10:25:36 ID:SknwXzgA
創造的診療って知ってる?
検査値の基準を広げたり 病気の概念を変えたりして病人を作り出すことよ。

製薬会社はそういうことをやってるの。えぐいったらないよ。

医学というゲームの中で 製薬会社は自分でルールを変えて一人勝ちしてるの。
私はもう製薬会社なんかに一銭も落とさないって決めてる。 

294 :病弱名無しさん:2006/09/09(土) 10:37:45 ID:k0QWfBTb
アメリカに旅行に行ったとき、あっちの人は話し掛けてくれます 今だからわかるけれど対人恐怖というより日本のコミュニケーションの機微になれてないというのが本当かもです
病気にしてしまうと治そうと本を読んだり治療を転々としたり時間を無駄にした感が強いです
若い方でそういう症状ある方は社会的ポジションを作るほうに力いれてください。結局それが大事です。。

295 :病弱名無しさん:2006/09/09(土) 15:38:35 ID:s0Eea0ro
【調査】「キレる子」の原因探れ、食事・睡眠など追跡調査へ 文部科学省
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1157781272/

296 :病弱名無しさん:2006/09/09(土) 16:32:39 ID:sRNXsclu
教育、特に初等教育で甘やかしたらろくなことにならないことは、
それこそ三十年前のアメリカの大規模な人体実験で証明されているのに、文科省はいまごろなにやってるんだろうね。

297 :病弱名無しさん:2006/09/09(土) 17:06:58 ID:Nh+pknMI
病気は突然辛い症状がでると言うけど、栄養失調も突然辛い症状がでるんだよね。
製薬会社&医者&厚労省のやつら「うつはがまんしないでお医者さんへ」と
タレント使って国民をだますのはマジいい加減にしてほしい。
医者のできそこないである精神科医は検査項目も分からない人達ですからね。
だから本当は病気があるのに精神科医のところ通ってて病気で亡くなる人多いよ。
私も製薬会社には一銭も落さないことにしている。
やっと文部科学省が動き出したのか。みんな精神科医のところに追い
やってたら、日本はダメになり、税金が払えなくなったら政府が困る
からね。


298 :病弱名無しさん:2006/09/09(土) 23:07:05 ID:GZ9/jP+H
ほんとそう思う。食事ってすごく大事だと思う。今の時代は自然に逆らって生きてるから、おかしくなるのではないかと思う。

299 :病弱名無しさん:2006/09/10(日) 11:44:12 ID:2lrfODvH
>>295の調査が、食事・睡眠と「キレる」に因果関係なしという結論で終わる可能性は少なくない。

300 :病弱名無しさん:2006/09/11(月) 00:06:30 ID:BHfsidBU
「キレる子」の原因探れ、食事・睡眠など追跡調査へ
食事・睡眠が関係してるのは当たり前なのにね。
日本ってwww

301 :病弱名無しさん:2006/09/11(月) 02:01:50 ID:wk+xNJNW
いまの食事って食べやすくなり過ぎてると思いませんか?


ご飯やパンは精製し過ぎていて糖分しか食べない。
(本来は玄米や全粒粉パン)
コーラなど炭酸飲料をがぶ飲みする。
スナック菓子やマックなど、ジャンクフードをたくさん食べる。


栄養面ではこれらの食事はからだにとても負担になってくるのです。

302 :病弱名無しさん:2006/09/11(月) 04:06:25 ID:bKq6JQnl
>>300
スレの中身みてると日本人の認識レベルの低さがよくわかるよ。
親が悪い、教師が悪い、子供あまやかすからだ、図に乗らないようにもっと厳しく接するべき、
なんて意見が当たり前のように言われてる。こういってるやつらがいずれ親になっていく。

抽象的な精神論や責任のなすりつけあいはいい加減にしてほしいよ。
あと社会が悪い、政治が悪い、外国人が悪いみたいな意見も多いね。
それはどうやって改善しろっていうんだろう。権威主義的だ。
自分たちですぐにできることがあるのに。

>>299
飲食産業からの圧力がかかったり・・・

>>301
同意。

303 :病弱名無しさん:2006/09/11(月) 07:25:17 ID:Vs8rQR5M
低血糖症
http://mariyaclinic.jp/c_lbs/c_r1lbs_/lbs_html/c_r1lbs4.html

これ統合失調症とか鬱とかとかぶる。
やっぱり食事の質の問題だな。




304 :病弱名無しさん:2006/09/12(火) 12:41:22 ID:JX/FiO8G
糖の代謝不良、鉄欠乏が圧倒的に多いです。
どちらにしても精神症状が出ます。
性格の問題ではなく。

一度血液の精密検査をしてみよう。
せいぜい1万円とちょっとですよ。
問題がなければそれでいい料金じゃないですか。

305 :病弱名無しさん:2006/09/12(火) 18:39:06 ID:ELvt9rz1
血液の精密検査がどの病院でもやってたら、本当は身体の病気なのに、
こんなに精神科神経科心療内科に患者が送りこまれないわけなんだけど。
それとも患者からしつこく言えばやってもらえるもんなのか?

306 :病弱名無しさん:2006/09/12(火) 20:25:20 ID:O/UqgNtI
>304
血液の精密検査って、普通の病院でやってる?
総合案内で聞けばわかるんかな。

307 :病弱名無しさん:2006/09/12(火) 20:50:37 ID:tJK8qxsG
糖の代謝不良って 一回だけじゃなくて一日のうち何回も
しないと分からないんじゃないの?

検査も一回だけじゃ意味のないもの一杯あるよ。

308 :病弱名無しさん:2006/09/12(火) 20:55:41 ID:n1Ys6qMf
きちんと毎日栄養とってれば病気は治るってことだろ?

そこでなぜ高額な金払ってサプリメント月に10万も払わなきゃならんのだ?
ぼったくりすぎ。

市販のサプリメントでミネラルとビタミンをとるように心がければ十分だろ。

309 :あや:2006/09/12(火) 20:58:15 ID:LR9YLIQz
突然すいません。
何か辛くなったんでここみつけて来ました〜。
また母が病気でちゃいました。症状は鬱病の反対です。
治ったと思ってても何年後かにはまた…発病。
いつも同じパターンです。
本人、母が一番辛いんだろうけど…この病気はまわりの人間も本当にたいへんなんだ。



310 :病弱名無しさん:2006/09/12(火) 21:13:13 ID:tJK8qxsG
>>308
月10万が法外かどうかはさておいて。

食生活が乱れた人間っていうのは 自力修正がとても難しいんだよ。
昼夜逆転してたり 胃があれてたりしてね・・・

胃の状態がよくなければ まずその荒れた胃に入るものだけで修正
していかなけりゃいけない。幼稚園児の弁当箱に30品種揃えるみたいな。
その作業はね。お金に換算できるものじゃない。

311 :病弱名無しさん:2006/09/12(火) 23:12:30 ID:JX/FiO8G
>>308
欠乏症、しかも精神に異常をきたすほどの、は市販のサプリでは到底足りないのですよ。
たとえば、鉄60mgとってください。ナイアシン2800mgとってください。そのほかに・・・。
市販のサプリは日常生活何でもない人が気休めに飲む程度のもの。
私たちは精神疾患まできてるんですよ。

ちなみに私の行ってるクリニックでは
サプリ買えないなければそれなりの対応をしてくれますよ。
データ見ると、自力で、なんて気も失せるけどね。

312 :病弱名無しさん:2006/09/12(火) 23:33:11 ID:zwz0kCGL
>サプリ買えないなければそれなりの対応をしてくれますよ。
栄養療法やってる人ってどうしてそんなに日本語が不自由なのw

313 :病弱名無しさん:2006/09/13(水) 01:02:40 ID:kfTa8RCZ
そもそも、クリニックだかなんだかに金払わないと解決しないとか思い込んでる奴多くないか?
それとも、ここはメディカルケアセンターの工作員が展開してるのか?
日本のサプリが栄養少なかったら本場アメリカのサプリの個人輸入をなぜしない?
本家なら栄養多く含んでるんだろ?
それすらしないで栄養療法マンセーしてるのはマジで工作員にしか見えない。

314 :病弱名無しさん:2006/09/13(水) 04:44:01 ID:I9PQD2EK
エビオス錠
http://www.asahi-fh.com/hc/products/pdt01-01.html

このスレ的にこの栄養価はどうなんでしょうね?

315 :病弱名無しさん:2006/09/13(水) 07:24:38 ID:2+aUW0l5
サプリも高単位ならいいのか?
それにも疑問だな。
ビタミンミネラルは そう多くはいらないもの。

それに 精神疾患までいってる人は胃の調子がよくない人は多い。
普段食べてるものも点検しないといけない。
ビタミンミネラル補給しても 高炭水化物 清涼飲料水がぶ飲みしてたら
意味ないよ。

血糖値の不安定も体調を左右するし。

316 :病弱名無しさん:2006/09/13(水) 08:05:45 ID:FgF94qiE
うん、私も炭水化物を減らし蛋白質多めにと指導されてます
あと空腹時をあまり長くしないように、間食を心がけています
仕事の合間に何食べるか悩むけどね

317 :病弱名無しさん:2006/09/13(水) 08:21:29 ID:2+aUW0l5
>>316
具体的になにを食べてる?

318 :病弱名無しさん:2006/09/13(水) 13:56:43 ID:zOUnityp
私は睡眠サイクルが乱れて寝られないので、デパス2錠就寝前に飲んでるんですが
デパスも有害なんですか?

319 :病弱名無しさん:2006/09/13(水) 17:48:15 ID:FgF94qiE
基本的に薬はどれも有害でしょう
その害とメリット(症状緩和)との利益衡量ではないかな


320 :病弱名無しさん:2006/09/13(水) 17:52:01 ID:lll1Fy7m
>>1
マジでアメリカでは常識なの?

321 :病弱名無しさん:2006/09/13(水) 21:40:26 ID:Hj0x/B6B
デパスは他の抗不安剤に比べれば全然害が少ない。
かといって、無害とは言えない。程度の問題だよな

322 :病弱名無しさん:2006/09/13(水) 21:49:40 ID:JAc2/FIF
>>320
俺も思った。 >>1はマジ?

323 :病弱名無しさん:2006/09/13(水) 23:25:31 ID:qWh3WjmE
最初から低血糖症の人もいるけど、実は貧血で精神科神経科心療内科系
の薬を飲んでて、薬の副作用で過食や拒食などの異常食症になって、生
活サイクルが乱れたりして、低血糖症になってしまう人も多いよ。
貧血の治療は鉄剤とビタミン剤の処方だけだから金にならないから
ほとんどの医者はやらないのか?でも貧血はすぐ治る病気じゃないので
処方薬は長いスパンになるわけだが。なんでこんなに貧血が見逃されて
しまっているのか疑問でしょうがない。貧血の検査項目の基準値は特に
幅があり過ぎるのもおかしい。Hbが1桁になるとかなり重症なのだが、
基準値は12〜になっている、フェリチン値は3.5〜150なんておかしい。
フェリチン3.5以下なんて死ぬ寸前。
それに診断はフェリチン値で判断するのにフェリチンの検査が行われて
いないのが普通なのもおかしい。貧血も低血糖症も治療しないと深刻な
ことになるのに。少子化なのは栄養不足だから子供ができない。
日本の今の食を改善しないとこの国は危ないと思う。
このままだと日本の人口は減る一方。長文スマソ

324 :病弱名無しさん:2006/09/13(水) 23:46:53 ID:36MEy8KT
>>1は医歯薬看板じゃあウソだって言われてる。
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1151842706/227
>そういやメンヘル板にID:Q3ir9/jk=>>1が初めて現れた頃、「アメリカではすでに栄養療法に
>切り替わっている」というアナウンスから始めたな。まずはこのウソを現実のものにしてから
>出直せ。

あと英語の「栄養療法」にあたる「orthomolecular medicine」をwikipedia
で調べるとminority practice、少数派だってでてくる。
しかもかなり問題ある療法で常識とは言いがたい。
http://en.wikipedia.org/wiki/Orthomolecular_medicine

要は商売のためのはったりでしょう。マルチまがいのサプリ営業
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/supplement/1111223212/l50
これに創価が食いついて肥大化し、
>>1のような狂信者を生み出したのが事実かと思う。

間違いがあったらフォローお願いします。信者は死んでね

325 :病弱名無しさん:2006/09/14(木) 08:05:34 ID:+D6auOrY
人を治そうってのに栄養を無視するかまえってのは信じられないな。
単純素朴にいって。

人が食べ物で出来てるんじゃなくて 薬物で出来てるとでもいいたのか?

ここで栄養を軽視してる奴こそこの板に巣食うMR 最大の業者じゃないのか?


326 :病弱名無しさん:2006/09/14(木) 12:13:29 ID:QGug2m7/
藁にもすがる思いで栄養療法も考えたけど、栄養療法してる病院のサプリって
なんでバカみたいに高価なの?
溝なんとか先生のところへ行って
高価なサプリ何年も飲んで全然良くならない人がいますよね。
人間関係で精神的に参って ろくに食べられなくなったり
栄養の吸収率が下がって体壊すってことではないの??
栄養を無視して健康になんてなれるわけないから、食事と運動、
睡眠時間は乱さないようにしてるけど、栄養だけで治るなんて信じられません。
信じたいけど、現に貧血でも低血糖でも精力的な人が身近にいるし。。。。

327 :病弱名無しさん:2006/09/14(木) 15:25:44 ID:ftt5ugOK
食事療法をやってから大分楽になった。特にグルタミンは即効性があって
頭のボーっとした感じが良くなった。
グルタミンは宣伝文句によると脳を正常化する働きがあるようだから期待したい。
ただし、それだけで精神病が完治するとは思わない。
私の場合、それを基礎にして心身の体操もしている。
あと更に、認知療法のように歪んだ思考を変えられれば治癒に近づくのでは
ないかと思う。

328 :病弱名無しさん:2006/09/14(木) 16:05:39 ID:QGug2m7/
>327
精神科のお薬は飲んでいますか?
また、認知療法は専門医にかかられているのでしょうか。

329 :病弱名無しさん:2006/09/14(木) 18:40:58 ID:MLQGMWdb
>>325
禿同!たくさんの巣食うMR 最大の業者は貼りついていますよ。
特に「初めての精神科・心療内科」スレや各地の精神科・心療内科
のスレには多いです。こんなに国民を騙して後で最終的に痛い目に
あい、取り返しつかなくなるのは精神医療関係者なのにね。

330 :病弱名無しさん:2006/09/14(木) 22:12:10 ID:ftt5ugOK
>>324
精神科の薬は一年くらい色々と飲みましたが、徐々に減らして3ヶ月前から
全部止めました。
睡眠薬、抗不安薬、坑欝薬、精神賦活剤、抗精神病薬、全部試しました。
しかし、決定的に効果を実感できるものは無く、私には薬は不要と判断しました。
また、薬には不快な副作用があり、さらに抗精神病薬にいたっては取り返しの
つかない重篤な障害が生じる恐れがあると知りましたので、なお更止めるべきと
思いました。
徐々に減薬したものの慣れるまでには少々苦労し、薬の作用の危険を身をもって
感じました。
しかし、薬を止めただけでは、振り出しに戻っただけで問題は何も解決しません。
そこで、薬以外の療法を2ちゃんを参考に色々試している途上です。
やはり、皆さんが言われているとおり、栄養と運動と睡眠が最も重要であると
私も実践してみて思います。
それは、心というのも身体と全く同じく、食事による栄養と、運動と睡眠を十分に
とらなければ本来の元気な活動をしないからです。
さらに、精神の悩みというのは、実生活でのストレスとトラウマを伴うものだから
それに対する対策として認知療法のようなものが欠かせないと思います。
私は、過去に認知療法のカウンセリングを一年くらいうけましたが、今は独学で
原始仏教の瞑想法などを取り混ぜて行なっています。
まだ回復したわけではないのですが、その方向に可能性を感じています。

331 :病弱名無しさん:2006/09/14(木) 23:00:01 ID:68/l7Jjb
>>326
>栄養を無視して健康になんてなれるわけないから、食事と運動、
>睡眠時間は乱さないようにしてるけど、栄養だけで治るなんて信じられません。

栄養で治らない人がいるのなら それは原因が別にあるだけのことだ。
栄養状態が完璧でも 消化がよくなければ高価なサプリも無駄に排泄されるだけ。
一元的なものの見方してちゃいけないよ。

体には ビタミン ミネラル ホルモン 酵素 これらを障害する何らかの要素
例えば有害物質 ストレス 或いは病原性微生物の影響などもある。
各人個別に原因があるんだから 栄養でよくならない人もいて当然でしょう。
私はホルモンが原因だったよ。

しかし薬物で体が出来てるわけではないのは確かでしょう。


332 :病弱名無しさん:2006/09/14(木) 23:17:10 ID:iDOwk5jo
フェリチンの数値を検査してくれない医者は多いね。
ヘモグロビンだけで判断しやがる。

333 :病弱名無しさん:2006/09/14(木) 23:19:32 ID:68/l7Jjb
食事をよくしてもよくならないから 暴飲暴食でもいい、という理屈ではないでしょう?

私も高価なサプリは必要はないと思うけど お金がかかるほどに効果ががあるように
錯覚する人は確かにいる。でそれを払えそうもない人はすっぱいブドウよろしく
「あんなの効く訳ないよ!」って騒ぐね。私はそんなのどうでもいい。
自力でお金をかけずになおったから。

いかにその人自身の生活や体をよく観察して原因をつきとめる手間をかけるかが
勝負なのよ。お金じゃないよ。

334 :病弱名無しさん:2006/09/14(木) 23:47:09 ID:yjyDgKNV
クリニックのサプリを買わないで同じ摂取量を得ようとしたら
一ヶ月3万円程度はかかった。
しかもジャラジャラ沢山飲むハメに。


335 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 04:36:27 ID:AruTBE8U
マジレスです。
低血糖や貧血持ち、幼少期からお菓子だけで生活していても精力的な人、例えば事業起こしたり
好奇心旺盛で仕事もできて趣味がいっぱいあって生き生きしてる人、子育てに生きがい感じてて
その上大学に通ってる人が身近にいるのですが、このような人たちは たまたま運が良かっただけなのでしょうか。

336 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 06:56:34 ID:nFvsiXOD
>>335
聞いてることとずれてるかもしれないけど。
はたらきざかりな三十代後半ぐらいから突然不調に陥る人もいるし、
時代環境にうまくマッチした遺伝子もってる人がいるのは事実。
優劣ではなく、適してるかどうかってことで。あるいは鈍いか鋭いか。
多様性があるから種として存続していけるし、つまり病気とは人類へのメッセージなの。

337 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 07:26:46 ID:liALXEhY
バイタリティあふれてた人が、ちょっと調子悪いなぁって検査に行ったら尿糖600ですとか言われてびっくりしたとか言う話も聞くし
お菓子の食べすぎは遺伝子関係なくよくないよ。
鬱と違って、糖尿はほんとに取り返しつかなくなるからね。

338 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 07:37:25 ID:hdFYwasf
>>335
そういう奇跡的な人がいるからって 自分の不摂生を正当化したいの?
体にはそんな正当化は通じないよ。

病になるのに ちょっとの負荷でかかる人と もっと多くの負荷がかからないと
発病しない人がいるだけだよ。私の観察だと健康過信で精力的な人ほど
のちに深刻な病気になる。私はそんな人は全然羨ましくない。

私の身近にいた人は 難病指定のクローン病だよ。やっぱりね、と言う感じ。
ストレス凄そうだったもの。やり手だったけど。

339 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 07:59:42 ID:YXOlCYsc
精力的=ストレスだよ。
ましてその人が体のことに注意をかけないタイプなら・・・

ストレスの影響で体がどうなるか ステロイドの副作用欄見ておいでよ。
ストレスは体内でステロイドを生成することだからね。これが猛毒なんよ。

340 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 08:01:15 ID:YXOlCYsc
ストレスが体に及ぼす影響スレいってみてきてもいいよ。

ステロイドの副作用に合致するから。

341 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 08:48:37 ID:0a9fgB/c
薬だけ与えて副作用はろくに説明しない。薬で10キロ以上いきなり太った主人、なんとかならないのか聞いても適当なこと言って、流される 寝れないといったら薬増やす もっと総合的に患者をみれんのか!

342 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 08:52:58 ID:AruTBE8U
>338
私の知っている人の話ですよ。
あなたは不摂生をして体調を崩したのかもしれませんが、
私は不摂生はしないようにしていますよ。
早ね早起き、食事も栄養バランスを勉強した上でなるべく
しっかり摂っています。
幼い頃から腸が敏感なので、栄養不足になっているかもしれないとは思いますが。

みなさんレスありがとうございました。
確かに精力的ってことはすごく頑張ってるってことだから、イコールストレスっていうのは
とても納得がいきます。
さらに、体内でステロイドが生成されるなんて驚きました。

ところで、みなさんは栄養療法を受けてるんですか?
私は軽度のうつ状態が何年間も続いていて、その場しのぎでしかない
精神科の薬を飲むことにうんざりしています。
でも、薬をやめると服薬を始める前の頃のように挙動不振になり、
結局薬に頼っているというのが現状です。
栄養療法やその他の治療を受けて社会生活に支障をきたす程の精神疾患が治った、
軽くなったという方がいたら、お話聞かせてください。
お願いします。

343 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 08:53:15 ID:0a9fgB/c
 我が家を崩壊させる気でいるのか!離婚も考えてるが、主人が元に戻ってほしい切実なのに、いい加減な治療するな!もっと勉強してほしい!レントウすみません。

344 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 09:08:27 ID:AruTBE8U
でも、336や338の言うとおり、鈍感な人がいるわけですよね。
それで一生ハッピーな人もいないわけじゃないだろうと思います。
そういう人が羨ましい。
続けてすみません。

345 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 14:25:55 ID:Uz1HNkLZ
>ところで、みなさんは栄養療法を受けてるんですか?

治療として栄養療法を受けてるわけではないけど勉強して自分に不足しがちな
栄養素はサプリで取ってる。料理法もビタミンミネラルの損失のないもの。
それから新鮮野菜を食べられるように気をつけてる。他にはストレス管理。
神経質にならない程度のもの。

>私は軽度のうつ状態が何年間も続いていて、その場しのぎでしかない
>精神科の薬を飲むことにうんざりしています。
>栄養療法やその他の治療を受けて社会生活に支障をきたす程の精神疾患が治った、
>軽くなったという方がいたら、お話聞かせてください。

どんなきっかけで鬱になったかで対処は違ってくるよ。
女性と男性でも違ってくる。私の原因は甲状腺機能低下。
ホルモンの不調で鬱になる人は多いよ。またストレスが強いと一時的に
甲状腺機能は低下する。その時に弱ってるとそのまま鬱が定着する。

検索で「甲状腺の悩みに答える本」にかかれてる 鬱の部分を読んでごらん。

>あなたは不摂生をして体調を崩したのかもしれませんが、
>私は不摂生はしないようにしていますよ。

私も若い頃から規則正しい生活してますよ。にも関わらずホルモンの不調
にみまわれました。というか生まれた時から弱い個体の部類なんだと思う。




346 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 15:34:02 ID:AruTBE8U
甲状腺機能の低下のことは、先日精神科医が書いた本で初めて知りました。
その医師は、鬱状態に見える患者には、まず甲状腺の検査をし、結果によってはホルモン注射をするって
書いていましたが、これまで精神科、心療内科で甲状腺ホルモンの検査をしようとしてくれた
医師はいませんでした。
そして これまた、生まれつき甲状腺の機能が悪い幼馴染が安定した性格の
持ち主で。。。
ここへカキコしてて気づいたのですが、こういう「調子の良さそうな人」ばかりに
目がいって、羨ましいと思うのは良くありませんね。

ちょっと聞いて欲しいのでお話させてください。
鬱っぽくなった きっかけは、中学生の途中で勉強を投げ出して当時でいう
ヤンキーになり、高校へ進学せず働き始めたことだと思います。
悪いことをしても楽しいと思ったことがなく、何も考えずに勉強しておけば
良かったと後悔ばかりしていました。
鬱が今より遥かに酷かったので、当然仕事はとても辛かったです。
(そして後に高校だけは卒業しました。自信がつくかと思って。)
あと考えられるのは、幼い頃から母が統失で私が9歳の時に母と0歳の弟を置いて父と家をでました。
父は真面目でしたが子どもを褒めることを知らず、
1年の3分の1は海外出張でその間私は一人暮らし状態。
安定した家庭とはいえない環境で育ったことで、思春期に精神が乱れて
しまったのかもしれません。
また、おバカさんなので、母親の病気や両親の離婚が世間的にマイナスに
なることだと知ったのが中学生になってからで、大変ショックを受けました。
他にもすべて医師に話しましたが、精神科の医師は皆、
「きっかけはともかく、今調子悪いならこの薬を飲みましょう」
って感じです。なんとなく。

私は自分の知識や考えだけだと偏ってしまうタイプなので、専門家のもとで
治療をしていきたいと思うのですが、今、どういう専門家の力を借りたらいいのか
分からずに悶々としています。

長文すみません。

347 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 16:02:15 ID:Uz1HNkLZ
>これまで精神科、心療内科で甲状腺ホルモンの検査をしようとしてくれた
>医師はいませんでした。

そうです。いませんよ。
医学は縦割り状態だからね。診断名が違えば 科も違う。
しかし体の現実は 婦人科も甲状腺科も精神科も皮膚科も内科も全部
関係してなくちゃいけないんだよ。それがホルモンというものです。

>そして これまた、生まれつき甲状腺の機能が悪い幼馴染が安定した性格の
>持ち主で。。。

甲状腺機能低下は 喘息に出たり皮膚に出たり 精神に出たり、或いは複数だったり
いろいろなんですよ。私は軽度鬱と皮膚と気管支の弱さに出てました。対人恐怖気味でも
あったかな。今はくよくよしなくなったんでラクになった。
人によって弱いとこが違うの。



>専門家のもとで 治療をしていきたいと思うのですが、今、どういう専門家の力を
>借りたらいいのか 分からずに悶々としています。



348 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 16:12:00 ID:BeJCej93
>精神科の医師は皆、 「きっかけはともかく、今調子悪いならこの薬を飲みましょう」
>って感じです。なんとなく。

>専門家のもとで 治療をしていきたいと思うのですが、今、どういう専門家の力を
>借りたらいいのか 分からずに悶々としています。

あなたがいってる専門家とやらが薬を出すだけしか脳がないわけでしょ?
専門家を頼らず自分で探してみたらいいじゃない。

お母さんが統合失調症ということは 出産かなにかで体を壊したんでしょう。
ホルモン系弱い人は 出産で鬱になる人が多い。また厳しいストレス環境でも
ホルモン系は弱る。
そしてホルモンの弱さはどうしても遺伝するからね。
その線で探って見なさいよ。






349 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 16:30:54 ID:BeJCej93
あと甲状腺機能低下の目安は体温。
低体温の人は 胃腸の働きも弱いよ。
だから栄養も思うように吸収できなくなる。

350 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 17:26:37 ID:AruTBE8U
舌足らずでした。
私のいう専門家とは、精神科医のことではありません。
精神科以外でのアドバイスを求めています。
それとも、348は全ての医師に疑問を抱いてるのでしょうか。

体温は人並みですが、母が自殺してから10年間も下痢でした。
今はよくなっていますが、安定剤などで便秘になる人がいるって聞くと、
私の場合 安定剤で下痢が普通便になったのかもしれないという思いもあります。
まあソケイヘルニアの経験もあるし、腸が弱いことは確かですね。

精神病が遺伝するっていうより、ホルモン関係の遺伝で心が弱くなったりすることもあるんですね。
甲状腺機能の検査というのは、何科に行くのが良いと思いますか?
病院に電話してみたら、「どういう症状なんですか!?」と聞かれ、
心の調子だと言ったら精神科か神経科に回されるだけだと思い返答に
困ってしまいました。

351 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 17:45:05 ID:AruTBE8U
347は、クヨクヨしなくなったのはどうしてだと思いますか?
ご自分で、どういうことをされたのか聞かせて欲しいです。

352 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 17:45:40 ID:BeJCej93
>甲状腺機能の検査というのは、何科に行くのが良いと思いますか?
>病院に電話してみたら、「どういう症状なんですか!?」と聞かれ、
>心の調子だと言ったら精神科か神経科に回されるだけだと思い返答に
>困ってしまいました。

私は甲状腺の検査はしてないの。軽度鬱だから検査値には出ないだろうし。
ただ「医者も知らない甲状腺異常症候群」と言う本を読んで精神症状が
当てはまったので自分で試しみたら 改善したの。
甲状腺スレをちょっとみてもらえば分かるが 正常値で症状のある人がたくさんいる。

さっきもかいたように 今の医学はきっちり縦割りなの。
精神疾患を理由に甲状腺検査をしても「はあ?!」だよ。
検査をしたいなら「親戚に甲状腺疾患を患った人がいる」とでも嘘つけばいいよ。
そうすれば検査だけは出来る。
甲状腺の検査をしても無駄に終わる可能性も覚悟して検査してね。


353 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 17:53:12 ID:BeJCej93
>それとも、348は全ての医師に疑問を抱いてるのでしょうか。

今の医学では ホルモンに関する症状を解決することは出来ないよ。
体をパーツに分けて治そうとするんだもの。
ホルモン関係は 体全体に異常がでる。パーツ医学で何とかしようとすると
たらい回しにされるのが関の山なの。



354 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 18:00:05 ID:AruTBE8U
レスありがとうございます。
正常値でも症状のある人がたくさんいるなら、検査しても意味ないですね。
何科を受診したら良いのかというのも愚問でしたね。

そういえば、今年の梅雨にお化粧ができないほど鬱になってから、
全身痒くて仕方ありません。

私もその本を探してみます。

355 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 18:02:40 ID:BeJCej93
女性なのね。
シリーズで女性ホルモン関係も出てるから そっちも読んでみて。

356 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 18:21:30 ID:AruTBE8U
今アマゾンで注文しました。
一瞬ちょっと高価だと思いましたが、
これが自分に合ったものだったら
安い買い物ですよね。

357 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 18:35:14 ID:BeJCej93
安いよ。私は月一人頭5000円見当で全身の健康に対処できてる。
精神的な安定もそうだけど 陰部の湿疹 食欲不振 便秘気味 乾燥肌
気管支の弱さなんかが改善してる。

面白いのはね。機能低下のレベルが同じぐらいの人と仲良くなることが多いそうです。
うちの旦那も機能低下だった。左利きでね。エネルギーレベルが一緒だから
疲れないで付き合えるんだと思う。

358 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 19:55:16 ID:wI1MjWoB
>>357
でたな ホルモン野郎 糖尿スレや他スレでもいい加減な事ばかり言って叩かれて逃げたと思ったら ここで本のセールスか?

359 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 20:29:07 ID:BeJCej93
MRさんでつか?w

ホルモンは全身に作用してるから ほぼすべてのスレでホルモンの話が
出来ますよ?

もうね。たいていの人は薬漬けのパーツ医学に未来はないってのは分かってるんですよ。

360 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 20:40:30 ID:0a9fgB/c
産後欝も出産によるホルモンバランスの崩れと、育児の疲れときに初産の人に多いというけど納得、私はもともと欝持ちで出産後やばかったけと、今は薬に頼らず、サプリと食事、睡眠でかなり元気なってますよ!育児も楽しくなってきた。

361 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 21:22:25 ID:BeJCej93
うん。お母さんの精神衛生はそのまま子供の精神衛生だからね。
7割ぐらいの力で生活するのが吉よ。

キチキチの生活して 笑えなくなるほど余裕のない生活しちゃいけんよ。

世の中は 人を120%がんばらせようとするからさあ

362 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 21:57:34 ID:0a9fgB/c
キレる子供も食事や栄養不足も関係あると思う。

363 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 23:15:14 ID:dDtbK68J
>>360 サプリと食事のポイントを教えてください
どうやって自分に合うの見つけましたか

364 :病弱名無しさん:2006/09/16(土) 04:11:08 ID:Yv3+yLr9
>>363さん 360です。私は勝手に食事でなおす心の病ちゅう本をよんで、ネットでナイアシン、ビタミンC マルチミビタミンミネラルと飲んでみました。で食事も玄米精米に混ぜる、甘いものを極力控える、魚を食べるとか夜10時までに寝るように気を付けました。

365 :病弱名無しさん:2006/09/16(土) 04:16:19 ID:Yv3+yLr9
妊娠中に断薬したのですが、出産後崩しかけて、一ヵ月くらい薬続けたけど、減薬してやめちゃいました。 ほんとは血液検査をしてたりない栄養補給するほうが確実なのでしょうけど貧乏なので‥。

366 :病弱名無しさん:2006/09/16(土) 05:36:11 ID:4mxVkLVd
356です。
私も妊娠中は薬を飲まないで過ごしました。
禁煙もしたので いつもやる気がなくて涙も止まらなくて大変でした。
その時期は外を歩くのも恐かったです。
悪い人に襲われるんじゃないかって妄想。
友達が遊びに来てくれると何故かキツイことを言ってしまったり。
妊娠前や産後にサプリをあれこれ沢山飲んでみましたが、
選択を間違えていたのか量が足りなかったのか全然効果ありませんでした。
やはり何でも自分に合ったものを見つけられるまで根気が必要なんですね。
症状があまりにも重い時はサプリも効かないっていうか、栄養療法は時間がかかるもの
なのだと感じています。
365は少しずつ薬を減らして、今は飲まずに子育て頑張ってるんだから、自然に症状が軽くなって
きているってことではないでしょうか。
本人にしてみたら今もとても辛いのかもしれないと思いますが、自然治癒力っていうのも
あると信じています。
という私は、薬を止めると手が震えたり どもったりするので
薬に頼ってるんですけどね。
医師にも「薬は気を紛らわすだけなんだ。。」と言われ、
自分に合った根本治療を探しているところです。

367 :病弱名無しさん:2006/09/16(土) 05:46:06 ID:4mxVkLVd
>357
うちのパパも左利きで喘息持ちです。
原因は分からなかったけど失神したとき脳波検査したら
「乱れてるとこいっぱいあるね。」って言われてました。
余談ですが、次の診察日を決めるときに1分くらい予定を考えてたら、
「いつも何かを決めるときに時間がかかるほうですか?」
と鬱の疑いかけられてましたw

夫も機能低下だと思いますか?左利きはどういう関係があるのでしょうか。

368 :病弱名無しさん:2006/09/16(土) 07:01:47 ID:Yv3+yLr9
普通のひとでも妊娠中、涙もろくなったり、イライラしてだんなにあたったりするみたいですよ。私は逆に欝持ちなのに不思議なことに安定しました。なんでかわからないけど、サプリなどできくひともいるだろうけど、効かない人は他の疾患もあるのでは?

369 :病弱名無しさん:2006/09/16(土) 07:07:05 ID:Yv3+yLr9
先程もどなたかかかれてたけれど、甲状腺機能低下でも欝状態になるし、シックハウスやなんかのアレルギー?金属だっけ?でも精神症状が誘発されるらしい。なにの治療薬か忘れたけど薬の副作用でもなる、私もびっくりした。

370 :病弱名無しさん:2006/09/16(土) 07:40:43 ID:VLtvRTk9
>>367
先に紹介した「医者も知らない甲状腺異常症候群」を読んでごらん。
軽度の機能低下と言うのは 大昔には若死にしてしまう部類の人間だったそうだ。
インフルエンザなどが流行ると酷くなるか 死んでしまう人たちなの。

つまり生まれつき病弱な性質の人がそう。そういう人は小さな奇形を持ってる
ことが多いらしく 左利きとか副乳とかがある。私も副乳もってる。そういう研究もあるし、
甲状腺剤で改善した経験のある友人知人を見ても研究のとおりに小さな奇形を
もっていたよ。偶然にしては合致しすぎてて。

>>369のいうとおり 一時的な機能低下の場合は 有害物質や薬 ストレスや手術 出産でもなる。
だから鬱になったきっかけを考えれば対処が見えるわけ。

371 :病弱名無しさん:2006/09/16(土) 07:52:26 ID:3qqGyrsv
患者もパーツ医学で考えてると
「甲状腺機能低下ではなくて他の疾患では?」と考えるようだけど
甲状腺機能低下と言うのは病気というより ひとつの状態でね。

どんな病気にかかっても酷くなると漏れなく低下するよ。
それが戻るか戻らないかの違い。戻らなければ喘息でも皮膚病でも慢性病となってしまう。

372 :病弱名無しさん:2006/09/16(土) 08:03:20 ID:4mxVkLVd
>軽度の機能低下と言うのは 大昔には若死にしてしまう部類の人間だったそうだ。
・・・夫の両親の家系は男子が皆60代以下で亡くなっています。
60代まで生きた義父は長生きした方です。

370のレス読んだだけで ますます興味が湧いてきました。
早く本届かないかな。
栄養療法の本もチョット前に注文してみました。
なんだかんだ言って何も信じられずにいた私が、皆さんの意見を聞いて
何かを試してみようという気になりました。

373 :病弱名無しさん:2006/09/16(土) 10:15:49 ID:ibnqCotB
某クリニックで栄養治療を始めましたが
高濃度サプリを飲んで2日、
体調が悪化してフラフラになってしまいました。
精神症状は消えたけど、これってサプリ飲むのやめたほうがいいんでしょうか。
それとも飲み続けたらよくなるのか。
クリニック三連休で質問ができない‥。
どなたか教えてください。




374 :病弱名無しさん:2006/09/16(土) 11:22:48 ID:Yv3+yLr9
なんか新宿溝口クリニックだっけ?のホームページだつたかな、サプリを飲みはじめると、好転反応?が病状悪化かの見極めが難しいとかなんとか書いてたと思う。

375 :病弱名無しさん:2006/09/16(土) 12:29:33 ID:4mxVkLVd
どうしても体が辛いなら、とりあえず飲むのを止めて
火曜日に相談してから やり直すのがいいと思いますが
また精神症状が悪化してしまったらイヤですよね。。。

376 :病弱名無しさん:2006/09/16(土) 14:07:24 ID:ibnqCotB
>>374-5

ありがとうございます。
好転反応、と信じたいけれど
座っていても意識が遠のくほどなので
恐ろしくなりました。
とりあえず連休明けまで飲むのをやめてみます。


377 :ノラ:2006/09/17(日) 16:55:00 ID:kxhT7Lrq
>>376さん
経過報告をぜひお願いします。

私は地方在住ですが、海外サプリ(総合ビタミン・ミネラル)摂取による症状改善を考えています。
鬱、自律神経失調が主な症状ですが、クリニックでの診断はボダとPTSDです。(易怒性もアリ)

処方薬、何年飲んでもだめだ・・・

378 :病弱名無しさん:2006/09/18(月) 05:51:40 ID:u0SAikwO
主人、等質と診断されてたが、ナイアシンとビタミンC、マルチビタミンミネラルを飲みはじめ、かれこれ一ヵ月、主治医をかえたらあなたほんとにこの病気?といわれ、薬がどっと減りました。よく寝れてるし目がいきいきしてきた。

379 :病弱名無しさん:2006/09/18(月) 14:51:00 ID:EXNqElCT
すごいですね!
どれくらいの量をとりましたか?
どのくらいの期間で効果出始めましたか?
やっぱりナイアシンは効くんだなぁ…

380 :病弱名無しさん:2006/09/18(月) 18:09:51 ID:u0SAikwO
>>378です。1ヵ月くらいじゃないでしょうか。ナイアシン3グラム ビタミンC3グラム ビタミンミネラルです。薬がおおくて体がだるかったのもあったみたいです。この調子で減薬していけたらとおもいます。

381 :病弱名無しさん:2006/09/18(月) 23:52:50 ID:HwfAKJj8
>>380
ありがとうございます。
そうですか。さすがにそれほど即効性はないんですね。
同じくらいの量とっています。
飲み始めてまだ5日(笑)、諦めずに飲み続けてみます。


382 :病弱名無しさん:2006/09/19(火) 11:09:11 ID:bcZz3nPp
ストレスで栄養がなくなっちゃうなら、ストレス感じなくなるように
自分に合った安定剤でも飲んで、ちゃんと食事して寝るのがいいかも。

383 :病弱名無しさん:2006/09/19(火) 18:09:31 ID:28wEfa2U
>>382
薬は必要ありません。栄養がついてくればストレスは感じなくなりますし、
よく眠れるようになります。薬なんか飲んでたら一生治る事が出来ませんよ。

384 :病弱名無しさん:2006/09/19(火) 20:33:16 ID:li8yffuV
>栄養がついてくればストレスは感じなくなりますし、 よく眠れるようになります。

薬では治らないっていうのには賛成だが 栄養がすべての解決策ではないよ。
食事やサプリで解決するのは 乱れた食生活が短期間だった人で発病以前は健康な
生活が送れていた人にかぎるんじゃないかな。

ストレスを栄養でカバーすることは出来ないよ。問題が別だもの。

385 :病弱名無しさん:2006/09/19(火) 21:22:21 ID:GqKuNoaV
>>384
ストレスの耐性は、体の状態に大きく左右されると思うけどなぁ。
健康な状態だとちょっとのことではイライラしない。
セロトニン、ノルアドレナリン、コルチゾールは栄養状況とも関係がある。

386 :病弱名無しさん:2006/09/19(火) 21:38:50 ID:bcZz3nPp
384さんって頭良さそう。
他にもいいこと言ってる人いたよ。


あれはいけない、これはいけない、ああしろ、こうしろ・・・
もともとうつ病だってのに、こんなに神経質になってちゃ本末転倒になるよね
私もいろいろ努力したけど成果が表れる前にストレスで症状が悪化してしまったw
以来、お菓子はなるべく食べない、精製炭水化物は少量、夜は肉か魚、だけを守って
あとはおおらかにやってます 。

387 :病弱名無しさん:2006/09/19(火) 21:54:36 ID:XtvLMVZQ
>>385
>セロトニン、ノルアドレナリン、コルチゾールは栄養状況とも関係がある。

うん。関係があるのは確かなんだけど そういうホルモン系の乱れは
栄養だけでは解決しない部分もあるのよ。

現実的なのは 一通り

>以来、お菓子はなるべく食べない、精製炭水化物は少量、夜は肉か魚、だけを守って
>あとはおおらかにやってます 。
これくらいのことはやって それで変化なければホルモン的なアプローチかその他
アプローチを検討しなきゃいけないってこと。



388 :病弱名無しさん:2006/09/19(火) 22:01:31 ID:XtvLMVZQ
極端な話 24時間働いても栄養状態が完璧ならOKかっていうとそうじゃないでしょ?

人間ストレス下では胃が荒れるわ不眠になるわで 物理的に栄養取ればOK
ってことではなくなる。そこがケースバイケース。

389 :病弱名無しさん:2006/09/19(火) 23:13:34 ID:28wEfa2U
「医者も知らないホルモンバランス」って本を読んでるけど、
ストレスの刺激で副腎のホルモンが乱れるらしい。
甲状腺機能低下板でディスカッションされているよ。ここも誤診が多いらしい。
でも、栄養は気をつけて摂ってないとダメージが大きいらしい。
パーツ治療は結局治らないからダメ。きちんと勉強して自己管理しなきゃだ。

390 :病弱名無しさん:2006/09/20(水) 07:33:04 ID:AsG9MLRb
>きちんと勉強して自己管理しなきゃだ。

同意。
ここで栄養栄養って近視眼的になってしまうのは 溝口センターの栄養療法の
ことがあるからでしょ。薬がだめなら栄養だ!となる前にまず体の構成要素を考えてみて?

ビタミンミネラルホルモン あとは酵素か?微生物っていうのもありかな。
この中で鬱の直接的な原因になってそうなものはどれか?

鬱発症のまえに デタラメな食生活があったのならビタミンミネラル関係だろうと
思う。サプリ補給もいいがなによりも食生活改善だよ。
治療を外注に出すと得てして「患者はなにもしないでおまかせ」になるきらいがありそうだ。
で。自分ではなにもしないんだよな。「金を払った自分はなにもしなくていい」とばかりに。

いくら高価なサプリ治療を受けても その辺が他人任せだと「豚に真珠」になっちゃうな。
程なくまた発病することになろうな。

391 :病弱名無しさん:2006/09/20(水) 07:53:52 ID:QbtgIEjs
そうですよね、サプリのんでますけど、それのみにたよるのではく、今までの生活習慣をみなおし改善しつつサプリも使用していかないと効果はないと思う。

392 :病弱名無しさん:2006/09/20(水) 07:56:17 ID:QbtgIEjs
サプリプラス早寝早起き、朝は玄米と味噌汁、砂糖炭水化物は極力避け、食事は偏らないように手作りをこころがけています。

393 :病弱名無しさん:2006/09/20(水) 07:56:33 ID:AsG9MLRb
ビタミンミネラルっていうのは ホルモンを働かすための部品なのね。
その部品が足りなくなるとホルモンが作れなくなる→で鬱発症。

この過程ならビタミンミネラルは重要だと思う。

>セロトニン、ノルアドレナリン、コルチゾールは栄養状況とも関係がある。

これらのホルモンを引き合いに出すならホルモンの勉強は必要だよ。
実際に鬱はホルモンに関係することが多いからね。産後とか。更年期とか。
生理前症候群とか。思春期とかね。





394 :病弱名無しさん:2006/09/20(水) 08:02:36 ID:AsG9MLRb
>>392
うん。その生活で体がよくなるなら それが一番安上がりで正しい生活だと思う。
子供にもいい手本になるはずだし。つーか社会の手本だな。

しかしそれでも発病する場合もある。その場合にはホルモン的なアプローチを
考えねばならなくなってくる。

395 :病弱名無しさん:2006/09/20(水) 08:34:37 ID:vAnfdbro
みなさんは鬱病ではありませんからご安心を。

396 :病弱名無しさん:2006/09/20(水) 23:27:19 ID:922FhQMV
>>395
MRか精神科医の方でつか?それとも厚生労働省の方?あなた達がどんな
ひどいことをしているのか国民は気付いているんですよ。
あのね、鬱病など心の病は栄養状態が悪いから精神症状に出るんだよ。
日本は血液を造るもとの鉄、亜鉛などのミネラルの摂取が食べ物から
難しいの。貧血大国なんだよ、この国は。でも、貧血の治療をやらない
医者がほとんどだから、みんな精神科神経科心療内科に回されてしまってる。
もともと精神科神経科心療内科はいらない科なんだ。貧血が進んだら心臓病
や癌などの色々な病気になる。予防医療はやらないんだよ。この国は。
だから、サプリメントが常識となってるアメリカのように自分の体は
自分で守る時代が日本にキタということ。

397 :病弱名無しさん:2006/09/20(水) 23:34:59 ID:QtrsgRZV
セルフメディケーションとかいうやつですね!

398 :病弱名無しさん:2006/09/21(木) 00:07:08 ID:BTCbE4cq
私も鉄欠乏と亜鉛欠乏がひどい結果でした
急ピッチで補填してます

399 :病弱名無しさん:2006/09/21(木) 07:59:34 ID:rern49wx
確かに拒食気味なってから鬱の症状酷くなった。卵が先か鶏が先か?謎である。今は体重も増え元気です。

400 :病弱名無しさん:2006/09/21(木) 08:22:17 ID:yHjPgiIY
私も食生活に気をつけて体重増えたら症状軽くなりました。
それで仕事始めたりしたけど続かないです。
元気とはいえなくて、これ以上何をしたらいいのか。

401 :病弱名無しさん:2006/09/21(木) 08:33:39 ID:15G/NKAU
あー・・・いったん体が極限状況になったら すぐにはもとに戻らないよ。
気長にいくしかないよ。

402 :病弱名無しさん:2006/09/21(木) 16:09:14 ID:yHjPgiIY
そだね。
でも今日は栄養狂になってしまいました。

403 :病弱名無しさん:2006/09/22(金) 16:35:32 ID:dr3oR7NL
少しずつ薬を減らし、今日から断薬してます。
毎朝東京メディカルクリニックに行って検査だけでもしてもらおうと
ホムペを覗いてたんだけど、自分探しとかキャリアアップのカウンセリングも
しているところに胡散臭さを感じてしまうので、自己流ですが栄養療法開始です!
ヘム鉄、マルチビタミン・ミネラル、ナイアシン。
ナイアシンはマルチビタミンにも入っていますが単品でもとりあえず。
あと、ギャバが脳の血流を良くしてくれることだけは確かみたいなので
これも摂取。
なんとなく、かなり大目に飲むことにしました。

404 :病弱名無しさん:2006/09/22(金) 19:43:53 ID:dn+1E8sc
うんうん。実際あそこでもかなり大量に摂取させるからね。
ナイアシンなら3グラムとか。
自己流でもうまくいくといいね。

405 :病弱名無しさん:2006/09/23(土) 14:01:56 ID:iIwK5pXY
あげ

406 :病弱名無しさん:2006/09/23(土) 18:17:40 ID:3Ia+wjV8
頭悪いね。
いくら栄養採っても胃腸が悪かったら意味ないんだよ。
それにそんなにサプリやらなんやら採らなくても健康な人は健康だし。
胃腸が悪かったら血も作られない。セロトニンの98%が存在する腸も水分などが
停滞して働きが悪くなる。もちろん、栄養も脳までいかない。
胃腸を強化する事が先決。
ストレスが原因なのも胃腸はストレスに敏感で働きが落ちるからでしょ
あんまり自覚できないからね、普段から胃が悪い人はそういうのに。
脳の血流が良くなるものより、胃腸を強くする漢方薬などを冷やさない事と一緒に試してごらん。
胃腸が治らない限り脳に良いものを一生採らないといけなくなるよ。
いってみれば薬よりはマシだけど、一緒なもの。

407 :病弱名無しさん:2006/09/24(日) 15:03:51 ID:kLaw7ON6
心が弱い人には
心の薬が
効くんだなあ。

408 :病弱名無しさん:2006/09/24(日) 19:10:53 ID:bZjKKoTD
このスレッドまだあったんだwww

409 :病弱名無しさん:2006/09/24(日) 20:25:38 ID:94pgKpRO
>>406
日本語でおk

410 :病弱名無しさん:2006/09/24(日) 21:34:58 ID:iAahEetX
そういや薬屋さんこなくなったね

411 :病弱名無しさん:2006/09/24(日) 22:00:04 ID:efPGbAm7
今日あるあるで 言ってただろ バナナを食えバナナを

412 :病弱名無しさん:2006/09/24(日) 22:36:33 ID:dWEzW2UD
>>411
以前からずっと食ってるよ。いいよバナナは、うん。間違いない。

413 :病弱名無しさん:2006/09/24(日) 23:28:25 ID:02MD+8fb
薬屋乙>>407 巣へカエレ

・脳にもっと栄養を!うつな気分は食事で治る 高田明和 著
・メンタルヘルスと栄養
−心の働きと情動の安定をよくする  P.Holford 著
・精神疾患と栄養−うつ、不安、分裂病にうちかつ  C.Pfeiffer&P.Holford 著
・子供も大人もなぜキレる−現代型栄養失調を治すすべ 大沢 博 著
・食原性低血糖症 大沢 博 著
本書は現代病「低血糖症」、しかも食原性の低血糖症に焦点をあてて、心が
健康で行動が正常であるためには、その基礎として適正な食生活が肝心である
ことを説く。また、食生活の乱れ(炭酸飲料やスナック菓子などによる砂糖の
摂り過ぎ)が、いじめ・不登校・犯罪・痴呆・自殺・不眠・ストレス・疲労などを誘発する危険性についても述べる。
・食原性症候群−食事できまる体と心 大沢 博 著
第1章 子どもたちの最近の状況(子どもたちの心身の異常他)/第2章 
心身の異常と食生活(異常の背後に食生活の問題他)/第3章 心の健康と
カルシウム・ビタミン(カルシウム欠乏のもたらすもの他)/第4章 非行と
食生活(暴力と食生活との関連の探究他)/第5章 低血糖症(低血糖症とは何か他)/第6章 どうしたらよいか(食生活の重大性の自覚他)
・低血糖症−現代病への新しいアプローチ M. Lesser 著



414 :病弱名無しさん:2006/09/24(日) 23:29:13 ID:02MD+8fb
脂肪と成人病−栄養療法が現代人を救う M. Lesser 著

健康食品全書 長坂達夫編 著 

あなたの健康を守る健康食品(栄養・健康補助食品/サプリメント)の安全性と品質を正しく理解して用いるように解説し、飲みあわせ注意(相互作用)にも留意した現代人のための健康食品摂取のバイブル!
記憶力が落ちてきた、集中力がない、イライラする、無気力、うつ状態、
眠りが浅い、といったときには、 細胞に十分な栄養がいきわたっていない
可能性があります。
 また、アルツハイマー病では、脳細胞膜の機能を正常に保つために
重要な役割を果たしているオメガ脂肪酸という 必須栄養素が減少して、
脳細胞が萎縮することが研究の結果わかっています。
 脳には、体のほかの部分に比べて約10倍の血液が供給され、
必要な栄養源や酸素を補給しています。
せっかく、これだけの血液が供給されても、脳と血管の間には特殊な
機能を持つフィルターがあり、これが正常に 機能していないと、脳細胞に
必要な栄養が届かないしくみになっています。
このフィルター機能をコントロールしているのが脳細胞膜にあるオメガ
脂肪酸なのです。
 これほど重要なオメガ脂肪酸がなぜ欠乏するのか、アメリカ、フランス、
イスラエルで行われた痴呆症の研究の なかからその原因が判明しました。



415 :病弱名無しさん:2006/09/25(月) 08:58:57 ID:jgEq07iP
基地外だからここへ来てしまうのか、
ここへ来ておかしくなってしまったのか、
わからなくなってきてしまいました。

416 :病弱名無しさん:2006/09/25(月) 10:57:48 ID:02mH/put
ここで薬屋と言われて 感情的に激してる人間がいると言うのは
図星なんだろうなと解釈されますよ。
ますます 薬屋=売るためには患者を薬漬けにするためにはなんでもする売人という
図式を強化してしまうな。>>415

薬屋 そろそろ戦略を変えないと自分の首がしまるだけだろ。

417 :病弱名無しさん:2006/09/25(月) 11:04:49 ID:02mH/put
健康板うろうろしてると 妙に薬学に詳しい人間が患者をこずき回したり
吉がい扱いして おもちゃにしてるヤシを見かけるけど 反吐が出そうなくらい
嫌悪感がわくね。

そいつの正体が誰であろうが薬学に詳しいのを鼻に引っ掛けてるという一点で
医療関係者だと断定して 今後一切金は落とさない決意を新たにするよ。
滅びろ。

418 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2006/09/25(月) 11:34:58 ID:6tAwu12T
こんにちは。時々覗かせてもらっています。
良いスレですね。皆さん頑張っておられてこっちも元気になります。

私は13年前に膠原病と診断されてステロイドを飲んでいまして
民間療法を山のように併用しながら最近は基礎疾患自体はほとんど解決。
微量のステロイドの離脱を残りの目標としています。
でも長年のステロイド漬けのためにホルモン不足とか脳の栄養不足とか
民間療法マニアな私でも問題は多いです。
今の病院はアンチエイジングの対応ができる病院で
そこでホルモン様物質のサプリメントなどを出してもらっていますが
もし膠原病医のところに居続けていたら今頃どうなっていたかわかりません。
サプリ投与前のホルモン値は100歳以下のレベルでしたので。

そういうことを膠原病のスレで書いていると攻撃してくる人がいて
長年その粘着さんと会話していたら、
最近その方が地元の医学部を出た医師らしいことが判明しました。

この人は現役で診療をしているそうなのですが、
とても怖いことだと思います。
善悪の区別がなくなった自己中心的な医師が現実にいることをお知らせします。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1157117338/

419 :病弱名無しさん:2006/09/25(月) 12:21:01 ID:jgEq07iP
糖質かあ。
糖質ねえ。
うん、糖質だよ。

悲しくなるから
さようなら〜ノシ

420 :病弱名無しさん:2006/09/25(月) 16:40:10 ID:AQrFMEWJ
どうでもいいけど、統失って書くと統失なんだけど、
糖質って書くとなんだか糖尿関係の病気みたいに思えてくるね。それだけ。

421 :病弱名無しさん:2006/09/25(月) 19:36:29 ID:aehhmytX
そういうことだったのか。
俺はてっきり糖分が足りないとかいうことかと思ったよw

422 :病弱名無しさん:2006/09/25(月) 23:37:13 ID:gVrN8Gj8
開業医でサプリメント外来やアンチエイジングをやるところ増えていますね。
あと、髪の毛で50〜100項目わかる検査をやるところもありますよね。
血液検査より安く済むし、項目は血液検査より多いと薦められて
今日近所のクリニックで申し込んでみました。結果が楽しみです。


423 :病弱名無しさん:2006/09/26(火) 12:23:23 ID:wQDBwb6G
毛髪はミネラルね

424 :病弱名無しさん:2006/09/26(火) 16:31:13 ID:4zP6uT24
子宮内膜症なんだけど、ネットで調べたら治療薬の副作用に鬱状態ってあって。
ピルならば妊娠している状態に近づける薬なわけだから、精神安定効果が
期待できるのではと思ったのですが。
どうしよう。

425 :病弱名無しさん:2006/09/26(火) 21:16:31 ID:1OQ6FSGR
>>424
ピルに限らず婦人科系のホルモン剤にはみな鬱の副作用あるんじゃないかな。
で。いざ鬱が出ても「副作用は仕方ない」で片付けられる可能性大。

これ読んでおきなよ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4886398073



426 :病弱名無しさん:2006/09/26(火) 23:13:54 ID:ENK4qg6j
>>423
そうだと思って、ビタミンは出ないのですよね?と聞いたら、
わかると言っていたんですよ。もし、ミネラル・有害物質だけ
だったらクレーム言います。

427 :病弱名無しさん:2006/09/28(木) 00:49:39 ID:ks3hCiCV
頭臭、脂臭、口臭、便臭を併発している原因
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1159179943/

428 :病弱名無しさん:2006/09/28(木) 15:31:40 ID:iTS3A91n
スレチだけど何処で聞けばいいか解らないので質問させて下さい

姉は統合なんですが小さい頃から歌手に

429 :病弱名無しさん:2006/09/28(木) 15:35:41 ID:iTS3A91n
ごめんなさい
間違って途中になりました

姉は統合なんですが小さい頃から歌手になりたくて今もレッスン受けてます
今姉は統合失調になり8年です
体調はまだまだ完全ではなく、今だ感情の起伏は激しいです
しかしこのまま夢を諦めるなんて見ていて悲しいのです
やはり統合失調では難しいんでしょうか


430 :病弱名無しさん:2006/09/28(木) 16:02:11 ID:VlRtKW0g
>>429
歌のレッスンも大事かもしれないけど、生活習慣も大事。
自分の健康と体をちゃんとコントロールできるようになるといいね。
心の病気だからってことでクスリに頼らないで、生活習慣を見直しましょう。
喉を使うからタバコはもちろん、アルコール、カフェインも絶つ覚悟でね。
夢の代償としては安いもんでしょ。

431 :病弱名無しさん:2006/09/28(木) 16:27:09 ID:rcCBP1L+
ワラタww

栄養不足だけじゃ何も説明できてねーじゃん。

このスレ、削除依頼出した方がいいんじゃないの。

432 :病弱名無しさん:2006/09/28(木) 16:38:02 ID:VlRtKW0g
>>431
最初のほうであげられてるスレやリンク先で詳しく解説されてるよ。

433 :病弱名無しさん:2006/09/28(木) 16:52:11 ID:rcCBP1L+
>>432
だから、途上国の栄養不足な奴らは鬱病なのかと小一時間

434 :病弱名無しさん:2006/09/28(木) 18:04:34 ID:iTS3A91n
>>430ありがとう
タバコ酒などは全くしないので大丈夫です
しかし薬の副作用が強すぎて(目が上から下に動かないとか)精神が不安定なため、断念せざるをえない状況です

副作用で見た目も全く変わってしまいました
歌声は綺麗なので余計悲しいです

435 :病弱名無しさん:2006/09/28(木) 18:20:22 ID:8wz2YIsG
栄養管理もしっかりしている皇室で・・・○子様
おかしいですね。

436 :病弱名無しさん:2006/09/28(木) 18:48:20 ID:87Do+sJP
栄養管理しっかりしている@あー勘違いな日本w
どなたか北米の大学で栄養学学んだ方いらっしいませんか?
このスレに是非来ていただきたいです。

437 :病弱名無しさん:2006/09/28(木) 21:22:57 ID:87Do+sJP
18:10〜19:00 NHK 首都圏ネット 増えるお年寄りの栄養障害
19:00〜20:54 フジテレビ 恐怖の食卓!病は食から

で、うつ病の原因も食べ物と言ってましたね。

438 :病弱名無しさん:2006/09/29(金) 02:17:26 ID:Bx84iNq5
>>433
食習慣も生活スタイルも職業形態も何もかもちがうから比較は難しいんじゃない?
昔の日本人はどうだったんだ?とかさ。

まぁ、昔の人でも貴族とかはこっち系の病気かかってそうだけども。

>>435
栄養学っていってもいろんなのがあって、西洋のから、漢方、インド、マクロビとか。
で、どれも言うことが違ってたりとかさ。牛乳はいいとか悪いとか。体質もあるし。

アメリカンな健康法がかならずしも日本人にとってもいいとは限らない気がしてきた。
複合的な要因で引き起こされてて、実はもっと複雑だったり。

439 :病弱名無しさん:2006/09/29(金) 08:54:06 ID:6E/pIMdf
>>433
北朝鮮の貧しい子供たちは慢性的な鬱病で、表情もなくなってるよね。

440 :病弱名無しさん:2006/09/29(金) 19:42:14 ID:oTp8d5ov
>>433
国全体が貧しい時にはモノは無いが希望だけがある

今の日本にはなんでもあるが希望だけがないので鬱の人間が増える


鬱が長期化すれば経済的にも追い詰められ、もはや十分な栄養を摂取する事も出来ない

日本でも工業排水や公共事業で環境が汚染される以前の昔なら

カネがなくても近所の川で魚が釣れたかもしれないが今や栄養はカネがなければ入手できない


またカネのある経済的に豊かな人であっても現代日本で消費者向けに流通している魚はすべて養殖なので栄養価も低い。野菜もしかりである。

441 :病弱名無しさん:2006/09/29(金) 21:26:53 ID:8eAa+YKI
典型的あとだしじゃんけん乙
風はふいて桶屋が儲かっても、それは風が吹いたせいではないよ。

442 :病弱名無しさん:2006/09/29(金) 23:03:54 ID:bD/eNDcu
店で売られている食品は加工品ばかりだよね。砂糖が入ったものが大杉。
おもいっきりテレビで今の日本の食品は栄養が少なすぎることやってた。
マツキヨで和サプリメントの宣伝のついでやってて、野菜は昔と比べたら
20%しか栄養がないって。野菜や米作るのに虫を殺すためにどうしても薬を
使わなくてはならない、温室栽培、土が栄養不足なんだって。人間が汚染
してるからだよね。日本の上空はスモッグにすっぽり覆われているし・・・。
このままだと、平均寿命は下がる一方だろうね。お年寄りにも栄養不足が多くて
なんかしらの病気持っている人の方が多い。子供にも成人病が多いのにも驚く。
みのもんたじゃないけど、困ったねぇーだよ。

443 :病弱名無しさん:2006/09/30(土) 07:45:21 ID:SoR7x7TR
ネガティブシンキングだなあ。
有機野菜を作る農家を探してそこにお金を落としてやれば 栄養ある野菜も
手に入るし 土壌も回復するよ。有機野菜が高いっていったって加工品よりは
高くはないよ。もし節約したいならひとんちの土地でも借りて野菜を作れ。

それを自分で料理して 食生活の狂った人に食べさして上げればいいじゃないか
問題が見えてるなら 自分にできることをすればいい。
そうしたら「世の中が悪い」なんて人を腐らすだけのありきたりの意見はいうかわり
にもっと人を元気にすることがいえるよ。

444 :病弱名無しさん:2006/09/30(土) 17:34:20 ID:TwnqKqff
>>439

それは北朝鮮だから 餓死がまずありえない日本と比較されても… 説明になってないよw

445 :病弱名無しさん:2006/09/30(土) 17:35:58 ID:TwnqKqff
>>442

栄養が少なすぎても満足に食べれば栄養は自然とついてくる


446 :病弱名無しさん:2006/10/01(日) 11:33:13 ID:+fBJUdE5
血液検査してきました。結果、貧血、肝機能の低下、蛋白質不足、胃の粘膜萎縮(老化)主人のことですが、90キロ以上巨漢なのに栄養不足でした。必要な栄養と糖分は禁止、運動で改善するとのこと。

447 :病弱名無しさん:2006/10/01(日) 19:43:41 ID:UgsrNKuT
サプリメント大量投与?
効果が出たら教えてください。

448 :病弱名無しさん:2006/10/01(日) 20:24:13 ID:+fBJUdE5
>>446です。サプリ大量投与です。でも1ヵ月まともに投与するとサプリ代が6万超すので、重要なナイアシンと鉄をとることとあとは個人輸入でビタミンCとマルチビタミンミネラル、食事療法で頑張ろうと思います。

449 :病弱名無しさん:2006/10/01(日) 20:25:40 ID:+fBJUdE5
経過報告にまたきます。

450 :病弱名無しさん:2006/10/01(日) 21:17:15 ID:VtFW987E
月6万のサプリってどんなやねん・・・
そこら辺に売ってるネイチャーメイドとかではダメなのか?

451 :病弱名無しさん:2006/10/01(日) 23:43:55 ID:g6fQXi4n
鬱病になって7年が経ちます。今では家族で暮らしていますが朝・昼・晩とご飯をしっかり取ってもよくなりません。
運動は家から出るのが辛いので犬の散歩に人がいない時間に行っています。
いまでも病院に通っていますが、薬はほんの少量です。
子供のときからそういった症状に近いものがあって幼稚園に行くときも腹痛になって何度かさぼった経緯があります。社会人になって仕事が多忙になって一気にそれが出たって気がします。

確かに今から思えば栄養不足だったのかもしれませんが今でも治らないというのはどうなんでしょうか?
田舎暮らしで車にも怖くて乗れず家で寝たりゲームをしたりして過ごしていることが多いです。

これから先この病気は治るのでしょうか?また、先生の指示にしたがってこのままの生活をおくればいいのでしょうか?
しんどさも最近では辛さからくるしんどさに変わったような気がします。

どなたかアドバイスお願いします。長文失礼しました。

452 :病弱名無しさん:2006/10/01(日) 23:50:03 ID:BKTs3ydH
ネイチャーメイドがどうかは知らんが、栄養がないサプリメントは数多く市場に出回ってるらしいぞ

453 :病弱名無しさん:2006/10/02(月) 07:35:27 ID:6hRNZJLT
>>451 専門機関で栄養治療しているのですか。

454 :病弱名無しさん:2006/10/02(月) 07:53:20 ID:2xZwQRBW
なにか新しい方法を試して 3ヶ月たってなにも変化なければ
原因はそこでは無いんだよ。
症状が子供の頃からあるんなら栄養的な問題ではない様に思う。
生まれたときからの虚弱体質は栄養的な問題ではないでしょう。

>子供のときからそういった症状に近いものがあって幼稚園に行く
>ときも腹痛になって何度かさぼった経緯があります。社会人に
>なって仕事が多忙になって一気にそれが出たって気がします。

そんなに体が強くないんじゃない?一般社会人の仕事量では体を壊すんだと
自分の限界を見極めて生活するしかないんじゃないかな。

いったん体を壊すと元に戻すのは大変だよ。


455 :病弱名無しさん:2006/10/02(月) 08:03:33 ID:vQkPBClX
そうだよね。あと食事をきちんと摂っていると書いてあるけど、くわしく血液検査してみると、貧血があったり不足している部分もあるかも知れません。ウチの主人がそうでしたから。

456 :病弱名無しさん:2006/10/02(月) 14:42:15 ID:3Iu2Kin0
ケールの無農薬青汁のんだらいいと思いますよ。


457 :病弱名無しさん:2006/10/02(月) 14:47:13 ID:3Iu2Kin0
神経症等は遺伝的要素もかなり含んでいると思います。
あと、三つ子の魂百まで 三歳までの親の育て方や
環境によっても その三年間で神経症になりやすい
体質も作られると思います。 親が妊娠中に薬を
大量に飲んでいたとかも自律神経に影響しそうだけど。

458 :病弱名無しさん:2006/10/02(月) 23:32:32 ID:WKAFQJQ4
このスレほんとためになりますね。
鉄を増やすのにはどうしたら良いでしょうか?

459 :病弱名無しさん:2006/10/02(月) 23:57:29 ID:AKAfBmM+
ギャバとかどう?
精製された海外物を輸入代行サイトで購入したが最初の一回がかなり効いた。
その日は飲んだ直後爆睡。
ブルーな気分も治まった。

460 :病弱名無しさん:2006/10/04(水) 17:47:50 ID:Gq7IkHPc
高品質の100%ノニジュースは本当に良いと聞きました。
薬をのんでる方はノニジュースと一緒に併用すると良いそうです。

461 :コトコ:2006/10/04(水) 19:40:02 ID:hClXXogO
今日病院にいって脳を輪切りのカメラをとりました。まだ19なのに脳が萎縮していて、そのせいでうつになっていたそうで…このままだと自殺するよと言われた。栄養ではないと思われますよー。原因は考えすぎでストレスだそうです

462 :病弱名無しさん:2006/10/04(水) 19:44:30 ID:+3nfI3fH
>461
栄養が足りないところにストレスが来たので、それに耐えられなかった。
原因は栄養失調。
自己管理ができていなかったのが最大の原因だから、自業自得。

463 :病弱名無しさん:2006/10/04(水) 22:32:52 ID:jF1tHacC
>>451
先生は薬飲んで引きこもっとけって言ってんの?

464 :病弱名無しさん:2006/10/04(水) 23:41:37 ID:czVzAX6v
【サプリメントの正しい摂り方】
100%天然のものでマルチビタミン&ミネラル+不足している栄養素。
プラスαで必要としているもの(抗酸化作用があるなど)を摂ると良い。
注)栄養素は複合して栄養になるので単品で摂っても意味がない。


465 :病弱名無しさん:2006/10/05(木) 10:05:10 ID:4bgQk0mT
栄養とかも関係あるんだぁ?私は遺伝的な物 ストレスとかかなぁって思ってた。自分では野菜など食べ物には気を使ってるんだけど。勿論補えないのはサプリメントもとってるし。

466 :病弱名無しさん:2006/10/05(木) 12:28:17 ID:7SsTFnu4
自信ある人ほど血液検査受けるべき

467 :病弱名無しさん:2006/10/05(木) 22:13:51 ID:fNNVLPmg
ストレスは大量の栄養を消費するといわれているね。
検査結果みてある栄養素が少なすぎだったりする。
全ての栄養素が十分に満たされいる人はマレだと思う。
土、海、川が栄養不足と有害物質が増えているから、食物でどんなに
バランスよく食べても栄養は不十分。薬などの体にない成分は
避けるべきだね。まあ日本の精神医療の実態はもう国民にバレテいる
からみんな承知のことだけど。

468 :病弱名無しさん:2006/10/06(金) 09:03:49 ID:JzCSw3Oz
私も神経症で、疲れてくると鬱状態によくなるけど、
ルボックス1日3錠飲んだら、けっこう早く治るよ。
普段は、1日2錠飲んでる。

469 :病弱名無しさん:2006/10/06(金) 23:52:18 ID:eLDmrry4
>>468
ご愁傷様。ちなみにここは、
うつ病・神経症・統合失調症などは脳の栄養不足だった
1 :病弱名無しさん :2006/07/02(日) 22:28:51 ID:3DV8KDzj
日本の30年先をいくアメリカでは常識
だから。

ここに行って実態を知りなさい。
精神科の薬は毒だよ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1148130027/
うつ病]製薬会社の宣伝活動と昭和大医学部上島国利
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1152894098/
精神科って意味あんの?
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1125399839/
藪医者】医療不信総合スレッド【精神科版】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1152169286/




470 :病弱名無しさん:2006/10/07(土) 16:57:21 ID:s/ccezxI
あげ

471 :病弱名無しさん:2006/10/07(土) 17:10:43 ID:abNOaQ+r
それでサプリメント摂りだしてから絶好調なのか…

472 :病弱名無しさん:2006/10/07(土) 17:11:30 ID:5Q1qWQYL
http://riq-l.myftp.biz/

http://riq.myftp.biz/soc/

http://riq.myftp.biz/readres-soc.cgi?bo=soc&vi=0034
http://riq.myftp.biz/readres-soc.cgi?bo=soc&vi=0003
http://riq.myftp.biz/readres-soc.cgi?bo=soc&vi=0005
http://riq.myftp.biz/readres-soc.cgi?bo=soc&vi=0001
3

473 :病弱名無しさん:2006/10/07(土) 22:51:44 ID:GqK2q2k1
>>471
何を摂ってますか?


474 :病弱名無しさん:2006/10/08(日) 01:33:18 ID:N7jXaT/C
栄養検査とかサプリドッグをやって、
鬱を治す(薬物併用しながら)サプリの処方かアドバイスをする、
クリニックってめちゃ高値!安い所があったら教えて下さい!!
メンクリの薬が無くなってきたよヤバイ

475 :病弱名無しさん:2006/10/08(日) 15:06:06 ID:N7jXaT/C
age!  ∧_∧ 
∧_∧( ´∀`)
( ´∀⊂   ⊃
(  つノ ノ ノ彡 
) )(_)_)  
(__)_)彡

476 :病弱名無しさん:2006/10/08(日) 23:43:48 ID:6W9MxvoP
>>474
代替医療をやってるところならもっと詳しい検査やってくれるよ。
何が足りないかわかる。サプリメントは売ってないので自分
でやるんだけど。それと、薬は無駄で悪影響があるだけだから
早く止めないとね。

他にもあるかもしれないけど、貼っとく。
代替医療実践医療機
http://www.supplerank.com/osusume_hospital/osusume_hospital.html

477 :病弱名無しさん:2006/10/08(日) 23:50:53 ID:6W9MxvoP
↑中には癌などの既存の疾患のためだけの病院が混ざっているから注意して見て。



478 :病弱名無しさん:2006/10/09(月) 22:14:13 ID:T1FFr8t2
八○洲クリニック
検査代が高い、サプリ代が高い、カウンセリング代が高い
私は月に2万円くらいなら続けられたと思う。

お金に余裕がある方はどうぞ…って感じ
精神病にも格差社会。。

479 :病弱名無しさん:2006/10/09(月) 22:24:44 ID:T1FFr8t2
栄養療法で、欝病が治ったとする
しかし一生続く砂糖抜き&酒抜き生活

友人「あそこのケーキ凄く美味しいんだよ!」
自分「でも私、砂糖食べちゃいけないんだ…」
友人「帰りに一杯飲んで行こうよ!」
自分「お酒は飲める事は飲めるんだけど、体と脳に悪いから飲まないように
してるの、ごめん」

こんな生活楽しいか?

480 :病弱名無しさん:2006/10/09(月) 22:33:56 ID:QWoRJRlL
>479
それは糖尿の場合じゃねーのか?

481 :病弱名無しさん:2006/10/09(月) 22:59:49 ID:OihT1Ygg
>>478
治療効果はあったの?
検査結果から自分でサプリ揃えたりした?

482 :病弱名無しさん:2006/10/09(月) 23:00:01 ID:T1FFr8t2
>480
精神疾患=反応性低血糖症 という場合がほとんどです。
溝口Drのブログを見てもわかる通り、基本的に砂糖抜き、酒抜き、カフェ
イン抜き!です。
未精製穀物と肉、魚、野菜、豆、乳製品
食べて良いのはこういう物です。
診察のたびに言われる言葉「甘いもの食べてない?」
砂糖=危険な白い粉 扱いです
 


483 :病弱名無しさん:2006/10/09(月) 23:11:39 ID:T1FFr8t2
>481
治療効果…私の場合、気分障害なので治療受ける前から気分がいい時期と
悪い時期を繰り返していました。
サプリ療法しても同じ感じで「凄く調子がいい、治療して良かった!」
という時期と「欝がひどい…こんな高い金払ってこんなザマかよ!」という
時期を繰り返していました。 
結局、あまり効果なかったみたいですw

今は自分でサプリ揃えてますよ。<アメリカ製
一応、クリニックで出されてた種類、量を目安にしてるけど効果はわかりません。
でもビタミンB群、ナイアシンは良いと思う。
クリニックのナイアシンでホットフラッシュがひどかったので、今はノーフラッシュ
ナイアシン飲んでます。

484 :病弱名無しさん:2006/10/10(火) 01:43:26 ID:qvCz3ns6
>>474です。
代替医療実践病院のHP見ました。
癌を主にしている所と???って所ありますねぇ
サプリ飲んでいても、波はあるんですね。
対処療法では無いから、いずれキチンと治る!
と期待してました。貴重な体験談、有難う御座いました。

485 :病弱名無しさん:2006/10/10(火) 07:38:59 ID:UlCT69c6
>>479
友達は「アイツは甘いもの嫌いな人」で認知してくれるから
誘われることはまずない。実際甘いものを避けてると以前にどんなに
中毒でもいらなくなってくる。甘味は果物で満足できるよ。
つか 私はもう果物でさえ激甘く感じる。

486 :病弱名無しさん:2006/10/10(火) 18:26:57 ID:oUr591r7
本当に果物甘いよね
絶対昔より甘くなってると思うわ〜
国民総砂糖中毒だ

この時期は栗とさつまいもが美味しい

487 :病弱名無しさん:2006/10/10(火) 18:30:39 ID:g82u+LTy
タウリンは外出?
ttp://www.kenko.com/product/seibun/sei_841001_D.html

488 :病弱名無しさん:2006/10/11(水) 02:44:55 ID:DwVgUKCc
節制して鬱が治るなんてすごいですね

489 :病弱名無しさん:2006/10/12(木) 05:00:08 ID:gDPTZPf+

新宿溝口クリニック
ttp://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1160566021/1

490 :病弱名無しさん:2006/10/12(木) 19:12:01 ID:CrnaHKPd
好きな子が脳の病気らしい
手術したとか言ってた
てんかんかな?(´・ω・`)

491 :病弱名無しさん:2006/10/12(木) 19:33:20 ID:bokrS9qc
>>490
ロボトミーだ。

492 :病弱名無しさん:2006/10/12(木) 20:40:59 ID:CrnaHKPd
>491
ガクガク((((゚д゚)))ブルブル

彼女来年近くの大学受験するらしい。希望変えたり落ちたりしたら俺が鬱になりそうだ
もし受かったら精神的にも身体的にも面倒みてやれるような人間になりたいもんです

493 :病弱名無しさん:2006/10/13(金) 02:47:54 ID:tsecDQ2O
>>463
先生は自分のできる範囲の仕事からやってみようという気持ちでできる範囲で挑戦してみたらと言っています。
しかし、心機一転単身で生活するも3ヶ月ともたず元の生活に逆戻り。

現段階で外の社会で生活することは困難です。

494 :病弱名無しさん:2006/10/14(土) 01:40:44 ID:tk+emuo+
最新療法が栄養療法かもね 統計とかないの?
まあ薬はあくまでも誘導にすぎないってことなのかね?
自己視線恐怖で数十年の俺が明日精神科行こうって決心したが、不安になってきた

495 :病弱名無しさん:2006/10/15(日) 01:01:26 ID:eRUtTqNt

関連スレ


精神科の薬は毒だよ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1148130027/
うつ病・神経症・統合失調症などは脳の栄養不足だった
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1151846931/
【うつ統失】ナイアシン療法【寝たきりヒキ】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1151023877/
うつ病には栄養療法
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1151842706/
うつ病に効くサプリ・食事って3
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/supplement/1160545416/
うつ病は精神病でなかった。
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1148139113/



496 :病弱名無しさん:2006/10/15(日) 01:21:38 ID:eRUtTqNt

参考サイト


http://yuzuman.sakura.ne.jp/
http://a-natsuko.com/index2.html
http://server343.dyndns.org/utu/



497 :病弱名無しさん:2006/10/16(月) 00:14:05 ID:sCxjuI7U
鉄欠乏性貧血
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1154392575/

↑このスレの人達はラッキー。
分からない医師が多いため、分かる医師に当たらなかった人達が
精神科神経科心療内科に行くはめになっているのです。うつ病と診断
され、寝たきりになっている人はフェリチン値が一桁です。
日本は予防医療に力を入れてほしいですね。このままだと病院の破綻
は増加する一方ですし、ますます日本がダメになっていきますよね。

498 :病弱名無しさん:2006/10/16(月) 11:11:58 ID:Ex0nPM9z
フードファディズム
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フードファディズム(英語、food faddism)とは、
特定の食品を食べることで、病気が治癒され健康になる、
または、病気になる、など過大な影響があると信じ偏執的な
食生活などをすること。

今よりさらに「健康」になりたいと、半ば強迫観念にとらわれて、
各種の健康関連商品・サービスに走る近年の現象を健康ブームに
もとづいており、この現象は、近年ますます強くなる傾向にある。

対象は、健康食品・ビタミンやアミノ酸などサプリメント・
ミネラルウォータ・ダイエット食品などさまざまである。
天然由来品や植物由来品を重用する傾向が強い。
現代医学および栄養学の知見は「これを摂れば健康になれる」
「これを摂ると健康に悪い」といった単一の「魔法の食品」
の存在には否定的である。
しかしマスメディアや食品業界から提供される情報の中には
フードファディズムに抵触すると思われる不確かな情報や
偏った情報が混在しているのが現状である。

499 :病弱名無しさん:2006/10/16(月) 15:16:52 ID:w80ZQuEZ
>>446です。お久しぶりです。栄養療法をはじめて、2週間、主人は日に日に表情が、戻ってきました。仕事も休まずに続いています。体重はまだなかなか減りませんが、
リスパダールを飲むのをやめて、睡眠薬のみで様子を見ています。医者は、薬どうします?と主人にきいてきたらしのですが、それって、医者が患者を診て処方するんじゃないかと思うのですが、
・・。いい加減だなと思います。

500 :病弱名無しさん:2006/10/16(月) 16:41:41 ID:EmaNaZdM
>497さま

情報ありがとうございます

501 :病弱名無しさん:2006/10/17(火) 04:43:22 ID:5PkLTxRx

関連スレ


【動悸】 鉄欠乏性貧血 その4 【息切れ】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1154392575/



502 :病弱名無しさん:2006/10/17(火) 15:30:36 ID:v4jEYxsc
>>498
そりゃ健康になられたら、病院は商売できないから否定するのは当たり前だ。
「病は食から」。体に入るものは本当に大事だよ。
50歳前の人達に多いうつ病のなどの症状が出ている人達は加齢と共に治ら
ない病気になる。
日本中がこんなになったら、日本は崩壊する。おまいさんみたいな
国民よ病気になれと思ってると自分の首を締めることになるよ。
現在の日本の食べ物は栄養が低いから食事だけでは全然足りない。

503 :病弱名無しさん:2006/10/17(火) 16:55:56 ID:DhAiLlOc
http://www32.ocn.ne.jp/~tmdimpant/tmd01/tmd01.html
http://www.gvbdo.com/
http://www.azegami.com/gakukansetu/chiryou.htm
http://www.gakukansetsu.com/

504 :病弱名無しさん:2006/10/17(火) 17:47:06 ID:JeeQmfaX
仕事の強度のストレスで体の調子が悪くなりその仕事を辞めました。新しい仕事を探さなきゃならないのですが、今はその元気もなく、10日間ほど家に引きこもり、一歩も外に出ていません。というか出る気力もないのです。自殺未遂をしたことも数回ありました。

505 :病弱名無しさん:2006/10/17(火) 20:23:26 ID:C2SkVysa
「食べもの情報」ウソ・ホント:ファディズムへの反攻
http://www.ne.jp/asahi/ecodb/yasui/foodfad.htm
安井至
A君:それにしても、我々がイライラさせられる状況が、
ここでも全く同じ構図で存在しているのが驚きですねえ。
「皆さんの環境は危険がいっぱい」といって脅かすところなど。

B君:ある種の思い込みというものが、
ファディズムの根底にあるものだとしたら、
それを解消しなければならない。
 まず、(1)人工物危険思想がある。
「自然とか天然とかは安全、人工物は危険」だと思っているらしいが、
これは、公害時代の発想をいまだに引きずっているとしか考えられない。
天然物のように中身が分からないものには、
危険性もあるという理解をすべきだ。
勿論人工物には、本当に危険なものが数多くあるが。
 次に(2)エセ科学への回帰傾向がある。
自然科学が余りにも複雑になって理解しにくいと、
そういう状況が出てくる。
いくら自然科学がいばっても、超常現象のように、
解釈できない問題があるでしょう、科学は万能では無いのですよという態度。
これと良く結合するのが、「水」、「食べ物」なのだ。
 そして(3)「普通に提供されている食べ物や水には危険が一杯」
キャンペーンは、ビジネスと結びつくと厄介ものだ。
 最後に(4)適量というものの存在を知らない。
ビタミンというと健康に良いと思っているようだが、
過剰摂取は危険でもある。これをどのように直せるのだろうか。

A君:やはり、金儲けを狙う人の攻勢に対抗するのは困難なのでは。

C先生:そうかもしれないね。

506 :病弱名無しさん:2006/10/17(火) 20:24:45 ID:C2SkVysa
C先生:

 さて、これらの事例から何を結論にしているか、と言えば、
(1)病気を防ぎ、病気を直す食事は無い。
(2)健康雑誌では、話題性があれば事実かどうはは無視される。
(3)「一般に売られている食品には危険がいっぱい」という主張は間違い。
(4)効能主義ではなく、食べ物は食べ物として食べよ。

507 :病弱名無しさん:2006/10/17(火) 23:18:10 ID:9BYM3dCv
俺的考察をたれさせてもらう。

元気になって時間の流れが遅く感じるんだよね=たくさんのことをした印象もある。
元気じゃなかった時、時間の流れがむちゃくちゃ速かった。
ぼーっとしてるうちに夕方になってたり、こんなに時間かけて出来た事はこれだけか!みたいな焦りもあった。
然るにこれは、食生活なりで脳内の伝達が潤沢ではなかったからじゃないかと。
何かが足りなくて、脳内で何かを処理するにも、処理するために必要ないろいろがゆっくりにしか作り出せないんじゃなかと。
以上です。
住人いないから突っ込みも無さそうだが自己満足。

508 :病弱名無しさん:2006/10/17(火) 23:40:06 ID:5WNwsTuw
薬をかなりの量飲んでいるのですが
このまま栄養摂取しても薬に相殺されてしまいますか?

509 :病弱名無しさん:2006/10/18(水) 00:11:45 ID:efO7efsn
あげ

510 :病弱名無しさん:2006/10/18(水) 05:16:31 ID:wDjezmUS
簡単な話、基礎代謝を上げる。つまり運動して汗を流して好きな事をやって仕事なんか多少ずる休みしても問題ないぐらいの気持でやらないと駄目よ

511 :病弱名無しさん:2006/10/18(水) 06:26:06 ID:1axmtB1g
美味しいもの食べたりセックスしないとうつになる

512 :病弱名無しさん:2006/10/18(水) 22:06:39 ID:34/zpZZ4
>>508
薬は栄養吸収を妨害します。マイナスになります。
栄養素は複合して栄養になるからバランス良くです。ある栄養素を過剰に
摂りすぎると副作用が出ます。特に脂溶性のビタミン。脂溶性のビタミンは
本来は体の中で作られますが、加齢やストレス、有害物質などと共に低下
するので、程々に必要です。サプリメントは天然100%のものを摂
りましょう。排気ガスなど有害物質が多いので体から排出する抗酸化も
必須です。肌につける化粧品なども有害物質が含まれていますので、天然
のものがいいです。アトピーなどのアレルギー反応が出る人が多いのは
体が栄養不足で有害物質が蓄積していて有害物質を跳ね除けられないからです。
口から入るものは一番大事です。栄養不足は高濃度の栄養が必要ですが、
食料品からだけでは摂るのは難しいので、食料品に変わって補充するもの
はサプリメントしかありません。脂溶性の外産サプリメントも記載どおり
に飲んでいれば過剰摂取にはなりません。何から作られているか記載して
あるのがほとんどですので、天然か天然でないかわかります。食事は基本
です。食事がなってないとサプリメントの効果は出にくいです。

513 :病弱名無しさん:2006/10/19(木) 21:15:09 ID:Cz4ttnV/
うつになって五年になり通院して薬を飲み始めても五年になります
良くなったり悪くなったりの繰り返しでした
最近はサプリメントを常用してここ2、3日はすごく良い感じです
安いサプリメントですが、それでも効果は実感出来てます
純100%のサプリメントだともっと効果はあるのですか?

514 :病弱名無しさん:2006/10/19(木) 23:00:57 ID:uCI4brc4
>脂溶性のビタミンは本来は体の中で作られますが、
工工エェ(´Д`)ェエ工工
大嘘書くなやw

515 :512:2006/10/19(木) 23:42:07 ID:qFikqc/8
間違えました。訂正します。脂溶性のビタミンは食べ物に含まれていますよね。
COQ10はイワシなど、ビタミンEはナッツなど、ビタミンAはトマトなど
でしたね。ビタミンDはなんでしたっけ?

>>513
天然100%は100%食物からできていますから、そりゃ効果は良いです。

>>510
運動しすぎは良くないですよ。ミネラルは汗で排出されますから。
きちんとスポーツ選手並に栄養管理をする専門家がついていれば
大丈夫ですけど。一般の人はなんでも適度がいいですよね^^


516 :病弱名無しさん:2006/10/20(金) 00:27:19 ID:0okdctQi
>513
安いサプリっていくら位のものですか?
コンビニで売ってるようなものですか?



517 :病弱名無しさん:2006/10/20(金) 02:28:38 ID:V01ix5b1
>>516
安いサプリメントで買ったのはDHCのサプリメントです

やっぱり安い物はダメなんでしょうか?

518 :病弱名無しさん:2006/10/20(金) 02:51:25 ID:mof4YTHg
>515
>ビタミンは食べ物に含まれていますよね。
そんなこと言ったらコラーゲンだって食べ物の中に含まれてるわけだが。

519 :病弱名無しさん:2006/10/20(金) 20:57:53 ID:xuc/WyX3
>>517
日本製はダメ〜

520 :病弱名無しさん:2006/10/21(土) 01:49:45 ID:Ajkoq0co
”天然、自然”は安全?

しばしば、健康食品の宣伝の中で用いられる言葉に
「天然(あるいは自然)のものだから安全です
(あるいは危険性はありません)。」というものがあります。

化学的に合成された医薬品=危険、副作用
自然、天然のもの=安全、安心
という図式を想定しているようです。

これにより、ことさら医薬品の危険性を誇張し、
皆さんの不安感をあおり、自らの商品を購入させようという魂胆です。

よく考えてみて下さい。
自然、天然のものでも、毒性の高いもの、
危険なものはいくらでもあります。
以前、殺人に用いられたトリカブトも毒物ですし、
ふぐ毒も人を死に至らしめます。

逆に、多くの医薬品が副作用もなしに、
病気を改善させていることは周知の事実です。
少し考えてみれば、この図式が明らかに間違っていることが分かります。

要は、合成されたものであれ、自然のものであれ、
個々の物質が安全であるかどうかをそれぞれ見極めればよいことなのです。

つまり、このような誤った前提を問題とすること自体が、
その商品の「インチキ性」を示していると言えます。

健康情報の読み方
http://www.page.sannet.ne.jp/onai/

521 :病弱名無しさん:2006/10/21(土) 02:13:25 ID:gbkEwBnp
>>520
このスレでは何を言っても無駄だと思われる
いや、俺も精神科の薬の弊害はある程度感じているから
薬なしで本当に良くなるならこのスレの情報を信じたいんだけどさ
ざっと読んだところじゃとてもね・・・
で、こんな風に批判的ことを書いたやつは「薬漬けで廃人になってください」とか上のほうで言われてた
いくらなんでも病気で悩んでる人間に言うことじゃないと思うがね・・・


522 :病弱名無しさん:2006/10/21(土) 03:26:38 ID:VPHf7z1k
>520
>512,>515あたり見ると、栄養云々言いながら基本的なことすら理解してないみたいだしね。

523 :病弱名無しさん:2006/10/21(土) 04:03:51 ID:sOtXC7C+
自分だけは達観?自分以外は両面からの考え方をしてないと?
教えて厨以外は読んだら終わりだよ。
わざわざおっしゃるとおりですなんて書き込まないだろ。


524 :病弱名無しさん:2006/10/21(土) 15:40:09 ID:6+wLEsDI
栄養療法のクリニックで精密な血液検査をもとに出された高濃度サプリを
1ヶ月間欠かさす飲み、食事も指導通りにしましたが
全くよくなりませんでした
むしろ後退しているくらいです
3ヶ月同じもの飲むよう言われたのですが
もう高いお金払って買うのは無駄でしょうか
虚しくなってきました

525 :病弱名無しさん:2006/10/21(土) 22:54:17 ID:p9Ei4bol
>>519
じゃあどのサプリメントがいいの?
ネイチャーメードのマルチビタミン?

526 :病弱名無しさん:2006/10/21(土) 23:11:51 ID:dWr9IVKJ
20 :名無しさん@おだいじに :2006/09/09(土) 18:00:01 ID:???
「フェリチン(貯蔵鉄)」
  倉庫に蓄えられた鉄です。必要なときに使われます。
  実は、これが不足していると、精神症状が必ず出ます。
  一般的には男性の場合200以上、女性の場合100〜150が望ましいと思われます。
  70以下になると、何らかの精神症状が出ます。
  とっても大切な指標値ですが、一般的な血液検査では検査しません。
  ですから、見落とされてしますのです。

21 :名無しさん@おだいじに :2006/09/28(木) 21:32:51 ID:???
18:10〜19:00 NHK 首都圏ネット 増えるお年寄りの栄養障害
19:00〜20:54 フジテレビ 恐怖の食卓!病は食から

で、うつ病も食べ物が原因と言ってましたね。


527 :病弱名無しさん:2006/10/22(日) 00:39:18 ID:lxs4JlAM
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%80%E6%B6%B2%E5%AD%A6
# フェリチン

フェリチンは貯蔵鉄と結合している蛋白質。

* 意義

本来血清には存在しない貯蔵鉄だが、
     フェリチンが水溶性の為に貯蔵鉄の量に比例して
     血清フェリチンが測定できる。
     従って、血清フェリチン濃度が貯蔵鉄を測る指標となる。

* 正常値 : 20〜120


http://www.mbcl.co.jp/compendium/main.asp?field=06&m_class=02&s_class=0009
フェリチン/臨床検査の三菱化学ビーシーエル
基準値
M 18.6〜261
F 4.0〜64.2
ng/ml

528 :病弱名無しさん:2006/10/22(日) 03:18:58 ID:4AJ7qVkz
>>524
症状は?
あなたは別の病気だったんじゃないのかな。
その、主体性のなさが心配。

529 :病弱名無しさん:2006/10/22(日) 10:17:16 ID:z1A7HVXB
>>528
憂鬱感、頭重感、イライラ、などです。
2年前に軽度のうつ病と診断され、
抗鬱剤や安定剤で1年ほどで症状は解消しましたが
完全に薬をやめるまでにはいたらずダラダラと飲んでいました。
そこで栄養療法を試してみようと思ったのです。
しかし良くならず、かえって薬が増えてしまいました。

530 :病弱名無しさん:2006/10/22(日) 10:56:36 ID:U1DoIsjV
自分のうつは性格によるものが大きい気がしていて
(例えばいわゆるマイナスな考え方をしやすかったり、
周囲の人に対してどう思われるかなど、気を使い過ぎるというか
世間体を気にしやすいなどが強い気がして)うつになりやすいタイプかと思っていたのですが
栄養不足なのかな???
実家で割とちゃんとした食事だと思っていたので栄養不足は考えた事なかったし。

531 :病弱名無しさん:2006/10/22(日) 11:01:18 ID:/peua1A6
質問してもよろしいでしょうか。

前提として、
抗鬱剤はセロトニン・ノルアドレナリンの供給量を増やすわけなので
脳内物質に注目し、食事やサプリで補おうとすることには
論理的に正しいと思うのですが、
もし、栄養不足でうつ病になるのなら、
第三世界の栄養失調の国々の方々の多くは
鬱病を発症することになりますよね??
また、医療機関の発達も要因ですが、
日本は世界一の長寿国であり、
日本人ほど栄養のバランスが取れた食生活をしている国民は
世界中でも稀な国民かと思います。

ここらへんと論理的に整合が取れません。
この方法論に賛同している方は
どのように考えますか??

532 :病弱名無しさん:2006/10/22(日) 11:13:49 ID:hrlPuke5
>>531
栄養だと思ってるものが毒だとしたら?たとえば砂糖、油。それらの量と質が途上国と違う。

と考えてみた。

533 :病弱名無しさん:2006/10/22(日) 12:26:11 ID:kXya6LFs
まぁ今の実年代〜学生年代が老人になるころには平均寿命は大きく下がるだろうとは言われてはいるね。
食文化の変遷、大気汚染等を理由に。

ただ、同じようなことは高度うんたら成長のころも、四大公害水俣病のころも、同じように言われていたわけで
なんだかんだでのらりくらり乗り切りそうなかんじがするので、そんなに気にしなくていいだろうと楽観してる。

>531
日本人は基本的に喰いすぎなんですよ。
そうでないと死亡率一位が癌なんて説明できない。
アメリカで癌が少ないのはむしろ意外で、たぶん遺伝子云々の体質的な問題が絡んでるんだとはおもう。

534 :病弱名無しさん:2006/10/22(日) 12:33:16 ID:4AJ7qVkz
>>524
栄養療法を試みている時は、精神系の薬は飲まないのが基本かと思います。
3ヶ月というのは確かに指標としてあって、栄養療法や漢方など体質を改善していく治療では、3ヶ月続けてみるというのは一つの指標であります。
ただ、鉄欠乏製貧血の場合は、効果が割とすぐに現れる(とはいっても、その後かなりの期間飲み続けなければなりませんが)ので、鉄欠乏製貧血ではなかったかと思われます。
栄養療法と、薬が増えたこととの関連性は考えづらいですが、何か漢方も併用していましたでしょうか?消化器系は、弱っていませんでしょうか?
個人的には、その程度の症状でしたら誰でも持っていることなので、その程度の症状で精神系の薬を飲むのは危険だと思います。
3ヶ月続けて効果がなかったら、何か他の病気も考えられるので、一度徹底的に検査をしてみることをお勧めします。

>>530
人にもよると思います。
いつから、うつ状態になったか、が一つの指標になると思います。
ただし、身体を健康に保っておけば、ストレスに対する耐性も上がります。

>>531
>第三世界の栄養失調の国々の方々の多くは
>鬱病を発症することになりますよね??
はい、実際その通りです。
鬱状態で労働意欲もなく、寝ているだけの人が非常に大勢おり、第三世界から抜け出すことの大きな障害となっています。

535 :524:2006/10/22(日) 13:31:40 ID:/DbmmI1O
ありがとうございます。
消化器の不調はないと思います。
漢方と栄養療法との関係はどんなふうにありますか?
一時期東洋医学科から処方された漢方を飲んでいました。
こちらは動悸やめまいに効果がありました。
それから、その程度の症状とおっしゃいますが
薬を飲まずには社会人として生活できない状態なのです。
毎日寝ていて良いなら薬を飲まずに済むかもしれませんが…。生活が成り立たなくなります。
栄養療法のクリニックでは薬は無理に減らさなくてよいと言われました。


536 :病弱名無しさん:2006/10/22(日) 14:18:26 ID:ZZte+rMw
>>513
このスレの真偽はおいておいて、純100%のサプリメントは効くよ。高いけど。

537 :病弱名無しさん:2006/10/22(日) 15:21:44 ID:j8IVlWOa
>>532
これは俺も思った。
砂糖も脂も中毒性がある。脳内を麻痺させるからな。

538 :病弱名無しさん:2006/10/22(日) 18:24:15 ID:VGMcfrEd
>517
私もクリニックのサプリを飲み始める前にDHCのサプリを何種類か飲んで
ました。あとエビオスも。
DHCサプリ飲んだだけでも調子良くなった実感はありましたよ。
その後クリニックから大量のサプリを出されたのですが(9万円分!)
明らかな症状の改善!とかは実感できませんでした。
今はクリニックに通うの辞めてしまったけど、どうして効果が出なかったの
かはよくわかりません。
高いお金出して効果がないと、落ち込むので今は輸入サプリ飲んだり、体に
良さそうな物食べたりしています。


539 :病弱名無しさん:2006/10/22(日) 22:48:04 ID:KBariDJZ
>>538
ピロリ除菌せずに栄養摂取している人、注意されたし!


リーブ21の毛が生えてくる秘密と
栄養療法でうつを治すのは似てる

540 :538:2006/10/23(月) 22:09:15 ID:VJHCQTo1
ピロリ菌は確かに溝口先生もブログに書いてますよね。
私は胃より腸に問題がありそうです。
栄養療法をやる人は胃腸の検査した方がいいかもしれませんね。

リーブ21も食生活からですものね。浅草キッドの水道橋博士の書いた
「博士の異常な健康」という本が面白かった&為になりました。
博士が薄毛や虚弱体質を克服した体験談が書かれた本です。


541 :病弱名無しさん:2006/10/25(水) 06:43:11 ID:x/mmvcfy
スレの序盤に抗鬱剤には麻薬等と同じく
常習性があると書かれてるのですが、
セロトニン系を操作する抗鬱剤に、何故、常習性があるのですか。
麻薬に常習性があるのは麻薬の物質が脳内のA-10神経を刺激して
快感を司るドーパミンを分泌することにより
麻薬摂取=快感にするからだと学校の授業で習いました。
過去レスに抗鬱剤が常習化する原理書かれていると思うのですが
携帯厨(リア)なんでスレ全部読めません。
誰か原理を教えてください><

542 :病弱名無しさん:2006/10/25(水) 11:45:13 ID:rETxbXC2
>>541
ドーパミンにしろセロトニン、アドレナリン、インシュリン、ニコチン、大体の神経伝達物質やホルモンが
自然にはありえない過剰な濃度で存在してれば、感受性が鈍ったり壊れたりすることはあるんじゃないかな。

セロトニンの調節をクスリに頼っていたのでは、自分の体で調節する力がどんどんなくなり、
抗鬱剤なしではセロトニン不足になり、不安になる。外出もできないぐらい。

543 :病弱名無しさん:2006/10/26(木) 00:08:38 ID:Z/HtN5YS
>>541
君に分かりやすい言葉で説明すると、ダウナー系も常習性があるということだよ。
君が話してるのは、アッパー系。精神科の薬の多くは、ダウナー系。

544 :病弱名無しさん:2006/10/26(木) 10:09:49 ID:hlwDZNa7
鬱病にかかったとき神経伝達速度はどうなるのかわかる方いらっしゃいますか??

545 :病弱名無しさん:2006/10/26(木) 21:14:48 ID:Z/HtN5YS
>>544
実際は、鬱病っていうのは、症状での分類になるから、
いろんな疾患の人が鬱病に分類されていると考えたほうがいい。
よって、検査せんと分からんね。

546 :病弱名無しさん:2006/10/26(木) 22:00:35 ID:T1e6XTuC
>>544
遅くなる、マジちょーゆっくり!

とか答えてほしそうだな。

547 :病弱名無しさん:2006/10/26(木) 23:42:54 ID:XJu+SUp7
特に抗うつ薬、抗不安薬、抗精神(病)薬、睡眠薬は栄養素の吸収を妨げる。
よって長く飲めば飲むほど相当重症な栄養不足になり回復するのに時間かかる。
例えば、貧血だからって鉄ばっか摂っても貧血は治らない。
鉄剤を処方するのはどうかと思う。バランスがとれてこそ吸収される。
栄養素は引っ張りあっちゃうから、どれかが過剰になると他が足りなくなる。
バランスの良い食事+マルチビタミンミネラル(鉄あり)でいいと思う。
吸収を良くするために朝昼食後1時間後に1時間位歩くことも大事。
あと体に悪いものはさけるべき。遅くとも24時までには寝て、朝遅くとも
7時には起きるのも大事。


548 :病弱名無しさん:2006/10/27(金) 05:34:13 ID:FBZRA4QI
な〜にが栄養素の吸収を妨げるだアホ
肝臓への影響だって飲酒なんかよりよっぽど少ないし
サプリメントの多飲の方がよっぽど怖いわ

549 :病弱名無しさん:2006/10/27(金) 05:43:00 ID:sVb9NN40
抗うつ剤でセロトニン機能を回復させるのは有効なのでは
常習すると自分で作り出す機能が衰える?
一応今は食品(納豆や味噌汁)でまかなっています。
薬にも興味があるんですが薬はやめたほうがいいですかね。

550 :病弱名無しさん:2006/10/27(金) 07:58:43 ID:sVb9NN40
関連スレ読みました
美容のために飲んでいたビタミンが鬱にも効くとは嬉しいです
心療内科の薬には頼らず食事療法で治していきます

551 :病弱名無しさん:2006/10/27(金) 13:07:42 ID:AD93+e3q
板チョコ食べると躁っぽくなるね

552 :病弱名無しさん:2006/10/27(金) 13:22:12 ID:rAHkcYaQ
>>544
末梢神経の神経伝達速度はかわらないのでは。変わるのは脱髄を起こすような疾患。

553 :病弱名無しさん:2006/10/29(日) 07:59:23 ID:eMau0lzE
主人に血液検査をしてサプリを取るようにして1ヵ月よくなってきてたのに、ここ一週間眠れないとお薬増えました。

554 :病弱名無しさん:2006/10/29(日) 08:02:44 ID:9pTJm5pQ
>>553
眠れない程度のことで、あんな毒を飲む気が知れないよね。

555 :病弱名無しさん:2006/10/29(日) 14:24:42 ID:eMau0lzE
眠れないごときってひどいです‥。私は主人のために食事もバランスよくして早寝早起きを促し、血液検査をして必要なビタミンをだしてもらい努力した結果よくなってたけれどまた悪化しちゃったんです。眠れなくておかしくなった主人だれがめんどうみるのですか!

556 :病弱名無しさん:2006/10/29(日) 14:27:22 ID:eMau0lzE
精神疾患をもつ家族がどんなに大変か考えもせずに、軽がるこたえないでもらいたい!私はサプリを否定してるものではありません。薬は飲まなくてすむのならそれに越したことはないのですから!

557 :病弱名無しさん:2006/10/29(日) 16:00:51 ID:+y2aGajI
多少の波はあるでしょう。ちゃんと様子を見て薬の増量減量をやってくる先生だといいですね。
欲を言えばサプリも含めて様子を見てくるといいのですがね。

558 :病弱名無しさん:2006/10/29(日) 23:37:21 ID:jkc6hTCM
栄養療法で必須アミノ酸を大量摂取しています
すごく楽になりました

559 :病弱名無しさん:2006/10/30(月) 00:19:54 ID:GyPgziqf
>>548
まず昼夜逆転の生活から直そうよw
酒は毎日コップ1杯程度だったら問題なし。問題はタバコや薬などの
有害物質だ。
サプリメントを含むいわゆる食品はなんでも同じものの過剰は体に悪い。
また、不足しても体に悪い。栄養素は相殺作用があるからどれかが
過剰になるとどれかか不足してしまう。
体は不足している栄養素は特に吸収がいいように出来ている。
バランス良くが大事。薬の成分は元々体にないものだから
毒ってことくらいわかるよね?w
仕事休みだとつい夜更かしてしまう。連休だったから疲れてないけど眠い。

560 :病弱名無しさん:2006/10/30(月) 00:44:59 ID:MRLeeuug
うつに関する統計
世界保健機関(WHO)の調査

* うつ病の発病率は発展途上国よりも先進国に高い

出典:日経サイエンス1998年9月号 
B.ネメロフ(エモリー大学)著「うつ病の神経生物学」
http://homepage2.nifty.com/uoh/rinshou/32utsu.htm

561 :病弱名無しさん:2006/10/30(月) 11:39:31 ID:MRLeeuug
診たて違いの心の病―実は栄養欠損だった! (単行本)
溝口 徹 (著)
出版社: 第三文明社 (2006/06)

統合失調症を治す―栄養療法による驚異的回復! (単行本)
エイブラハム ホッファー (著), A. Hoffer (原著), 大沢 博 (翻訳)
出版社: 第三文明社 (2005/10)

第三文明社
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索

株式会社第三文明社(だいさん ぶんめいしゃ)は創価学会を
母体とする出版社。1960年11月27日創業。1969年7月1日会社設立。
資本金1800万円。従業員数32人。

562 :病弱名無しさん:2006/10/30(月) 11:42:29 ID:MRLeeuug
バイブル商法
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バイブル商法(−しょうほう)とは、健康食品や代替療法に関して、
その効能、理論、体験談等を書いた本(通称「バイブル本」という)
を実質的な広告にして薬事法の規制を抜けようとする商法のこと。

ある特定の健康食品や民間療法行為で完治したという内容の本を出し、
その本の巻末やしおりなどに健康食品の販売会社や医療機関、
民間療法の連絡先が記載されている。
その連絡先はその本の著者や出版社と関係が深いことが多い。
また、その健康食品はその効果は広く認められているとしても
劇的な効能を期待させるのには無理があることが多い。
「○○療法」は、高価な自由診療(保険外診療)であり、
医学的に広く有効性が認められているとはいい難く、
研究・実験段階の医療であるものも多い。根本的な治療法がなかったり、
末期の病気で苦しんでいる人を対象としたものが多い。
またその本の新聞広告なども宣伝を兼ねている。

563 :病弱名無しさん:2006/10/30(月) 11:49:10 ID:MRLeeuug
バイブル本の特徴

独立行政法人の国立健康・栄養研究所は健康食品などの調査を通して、
これらバイブル本等に特徴的な文言をピックアップ[1]している。

この発表に拠れば、以下のような特徴(問題点)が顕著だとされている。

* 「ガンが治った」などの具体的な治療・治癒例に言及している。

健康食品の場合では医薬品では無いため、
  薬効を謳う事自体がそもそも問題であるが、
  症状によっても求められる療法が違う事もあり、
  ある症例を持って(一応の類似性がある)
  他の症状も治るとは必ずしもいえない。

* 「天然」・「食品だから安全」・「全く副作用がない」等として、
    危険性やリスクが全く無いとする。

フグ、毒キノコなどのように天然物には多かれ少なかれ毒も存在する。
  天然ではない人間による栽培物などを「天然」と言い強弁する。
  また、食用可能の農産物でも100%安全はありえない。
  現実に、一部の健康食品による健康被害例も発生している。
  特に「有効成分」を濃縮しているような製品では、
  原料のままなら無視できる程度の副作用が強く出る場合もある。



564 :病弱名無しさん:2006/10/30(月) 11:55:09 ID:MRLeeuug
  * 「新しい科学的進歩」「奇跡的な治療法」「他にない」
   「秘密の成分」「伝統医療」とし、何等かの薬理効果の
   ある成分を含むとする。

   実質的にまだ十分安全性が研究されていない
   未承認医薬品成分を含有し、
   その副作用が出る事例も報告されている。
  * 「驚くべき体験談、医師などの専門家によるお墨付き」とする。

    ある症例を取り上げるが、そもそも万人に普遍的効果の
    ある治療法は存在せず、
    症状に在った治療法が選択されるべきである。
    また臨床的にきちんとした客観的データであるとは認められず、
    他の要因(患者当人が通常の医院にも通っていたりする)
    による治療効果の可能性を無視しているケースも見られる。

565 :病弱名無しさん:2006/10/30(月) 12:00:38 ID:MRLeeuug
天然信仰
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

天然信仰(てんねんしんこう)とは「天然物(自然物)は
合成物(科学物質、人工物)より安全」という思想が
過剰になった状態のこと。
特に、食品や健康、医療、環境に係る分野で問題になることが多い。

人類が長い間、慣習的に利用してきたことがある物質や
技術の安全性を一定のレベルで担保する、という考えは
必ずしも誤りとはいえない。
しかし、このことが近代以降に開発された物質や技術が危険である、
ということを意味しないことは明らかである。

明らかに天然物の範疇に入り、かつ、人類が慣習的に利用してきた
物質の中にもコカやたばこ等、人体や精神に有害なものが多数ある。
また、ヒトは環境適応能力によって、毒性の弱い有害物質に対する
耐性や代謝能力を獲得する可能性もあるので、
甲という民族が長年問題なく利用しているという事実が
乙、丙……という別の民族に対する安全性を担保するものであるとはいえない。

更に、科学技術が発達した今日、ある物質に対し法的規制などを
求めるための安全性や危険性の証明には科学的根拠が求められ、
前記のような理由だけでは不十分である。

以上のような事実があるにも関らず、一部の人達は、
科学的な知識の不足や偏り、政治的な目的に基づく扇動により
正確な判断ができない状態に陥り、自らの主張と相反する
科学的な情報を拒絶する精神状態になってしまう。
このような姿勢が「信仰」と呼ばれてしまう所以ある。

566 :病弱名無しさん:2006/10/30(月) 13:49:03 ID:ZHoSiaeI
>>565 うーんとねぇー、読んだ事も無い本の批判をしてるでしょう。

567 :病弱名無しさん:2006/10/30(月) 16:10:32 ID:wz4EZx4b
なんの解決策もしめせないのになにが科学だ。役立たずが。
ただ否定してるだけじゃねーか。おまえにあの子が救えるのか?そこに愛はあるのかい?

568 :541:2006/10/30(月) 17:23:42 ID:hGC12Ok6
>>542
たしかにそうなのですが、抗鬱剤を飲むとセロトニンが
自然ではありえないほどの量になってしまったり
調節する力がどんどんなくなる〜というのは、
国や医者が決めた処方量でもなのですか。
さすがにそこまでいってしまうと処方がされなくなると思うのですが…
何故調節できなくなってしまうかの仕組みが知りたいです。

>>543
ダウナーアッパーというのはよくわかりません><

569 :病弱名無しさん:2006/10/31(火) 14:56:02 ID:OWlygrH9
必須アミノ酸が足りない。。
必須なのに足りない。


570 :病弱名無しさん:2006/11/01(水) 23:40:32 ID:b+thyu3K
栄養療法で必須アミノ酸を大量摂取してるよ
確実に改善するね
自分は鉄欠乏と思っていたけど、これは違ってた

571 :病弱名無しさん:2006/11/02(木) 10:34:57 ID:8SAbj0a+
サプリのませても治らんよくならん。薬増えちまってまた逆戻りだ‥。わからんもうどうしたらいいかわからん。なんなんだこの病気はこっちがおかしくなるよ私は看病するために嫁にきたのではない!

572 :病弱名無しさん:2006/11/02(木) 18:53:25 ID:jXd3cIBG
ただ栄養摂るだけじゃダメだろう
メンタル的・霊的な問題を解決しないことには治らない

573 :病弱名無しさん:2006/11/02(木) 23:17:22 ID:b65XdIrN
>>571
少し前にレスをしていた、眠れない夫を持つ主婦さんですか?
サプリメントが薬の吸収を阻害することがあるらしいので、
薬を必要とする場合はできるだけサプリメントの飲料は控えましょう。
それと、既出かも知れないので書きませんでしたが、
鬱の方に適度な運動習慣を付けることによって、
薬の処方量が少なくて済むと言われてます。
この時の運動は、ダンベルを使ったものではなく
できるだけ前身の筋肉を広く使い、
持久力が伸びるようなものが良いです。
鬱の方に運動習慣を付けさせることは困難なのですが、
運動は鬱の予防にもなるそうです。

574 :病弱名無しさん:2006/11/03(金) 00:09:25 ID:qqFYVrVa
>霊的な問題を解決しないことには治らない
wwwwwwwwwwwwwwwwwwww

575 :病弱名無しさん:2006/11/03(金) 02:36:34 ID:By9JFatS
572じゃないけど、WHOの健康の定義から取ってきた言葉だろう、多分。

576 :病弱名無しさん:2006/11/03(金) 17:19:57 ID:foPi6VYl
>霊
>WHOの健康の定義

spiritual
生きている意味・生きがいなどの追求や
人間の尊厳の確保や生活の質(Quality Of Life)を考えるための文言
http://www1.mhlw.go.jp/houdou/1103/h0319-1_6.html

577 :病弱名無しさん:2006/11/03(金) 18:48:38 ID:adLY41go
>>1
で、結局どうなのよ?脳の栄養不足解消の為に、我々は何をすればいいのよ?

578 :病弱名無しさん:2006/11/03(金) 23:15:22 ID:46LzUGQV
うつ病は「悲しみ」の心と強く関係してるみたいだね。
悲しみと闘う心は喜びじゃないのか?
どうしたら喜びを持てるか、がわかれば、
ひょっとして、うつ病は治るかもしれない。



579 :病弱名無しさん:2006/11/03(金) 23:38:42 ID:xHFdG/pK
栄養不足だけが原因じゃないだろうよ。

580 :病弱名無しさん:2006/11/04(土) 00:12:46 ID:2hS/76BA
逆に断食をして統合失調症などを快癒させるって方法もある。

581 :病弱名無しさん:2006/11/04(土) 00:23:20 ID:RzY9f14a
食べ過ぎる事でその食物の処理に栄養を動員するので
過食から栄養不足におちいる。
結局食べ過ぎるなということ!糖分、脂肪、は足りてる。

582 :病弱名無しさん:2006/11/04(土) 11:37:17 ID:dFFc2JG5
うつにいい料理本、どれがいいのかしら・・・

583 :病弱名無しさん:2006/11/04(土) 15:38:36 ID:wBORy0/b
>>582
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4054020151/sr=11-1/qid=1162622286/ref=sr_11_1/250-8292954-9013805

584 :病弱名無しさん:2006/11/06(月) 00:26:40 ID:HMJTW2M+
お前らうつやら統合失調症の原因がただの栄養不足だったら
よく懸賞生活のなすびは幻覚見てわめいたり幻聴聞こえて気が狂わなかったな。

585 :病弱名無しさん:2006/11/06(月) 00:55:40 ID:bewfC8g/
はじめまして
毎日 下痢 生きてる感じがしない 毎日がつまらない 動悸が激しく会議中など気を失いそうになる
などの症状はうつ病ですか?

586 :病弱名無しさん:2006/11/06(月) 19:02:33 ID:LZQoKA6s
栄養不足と鬱病は関係ないと思う
それより怖いのは脚気や免疫機能の低下だな
まぁ飽食の日本でそんなこと起こるとは思えんが

587 :病弱名無しさん:2006/11/08(水) 08:45:55 ID:PB1eSZ7d
サプリのませても治らん。よくならん。薬増えた。

588 :病弱名無しさん:2006/11/09(木) 07:01:29 ID:VGs1t+k4
>>587
じゃあそれが原因じゃない。
もしくは消化能力が低下してて吸収できない
もしくはサプリの品質が良くない。

考えられる要因を潰すしかない

589 :病弱名無しさん:2006/11/09(木) 12:25:10 ID:4LGhBBOc
サプリが薬の吸収妨げてんでしょ?
だいたいこんなに食事に恵まれてるのになんでサプリ
使わなきゃいけねーんだよアホか
ビタミンミネラルの摂りすぎも体に良くなのにさ

590 :病弱名無しさん:2006/11/09(木) 21:11:06 ID:hShDfUuQ
基本的に栄養不足ってサプリでは解決できないよ
脳内の栄養不足は血流の悪化からきてることが多いんだよね
当然、栄養分だけでなく酸素も不足してしまう
血流改善こそが最良の対策だよね
脊髄通電は気持ち良いしすごく頭も目もはっきりして効果を実感できる
試してみたら良いと思うよ、、、でも高いけどね
http://www.kenko.com/product/groupwords/gw_114363.html

591 :病弱名無しさん:2006/11/09(木) 21:28:02 ID:QxmwCLFC
瞑想はどうなの?

592 :病弱名無しさん:2006/11/10(金) 05:43:00 ID:2KH6PlFv
>血流改善
ストレッチと運動で解決。

593 :病弱名無しさん:2006/11/12(日) 03:15:30 ID:bKmp9oxm
抗うつ剤の副作用で食欲が出て太ってしまった方で、リローラ飲んで効果を感じたかたいますか?
身内が10キロ位太って悩んでいるので、個人輸入してみようかと思っているのですが。

594 :病弱名無しさん:2006/11/12(日) 23:44:19 ID:eaEPUypr
>>593
リローラって、コルチゾールを減らすだけでは?
(減量に役立つんですか)

595 :病弱名無しさん:2006/11/22(水) 23:34:15 ID:XbriMiS5
今日からザバスのウエイトダウンプロテイン
を飲み始めた。とりあえず味は美味くないが
バランスよく栄養が入ってたから様子見てみる。

596 :病弱名無しさん:2006/11/26(日) 12:41:52 ID:tWF8DQlK
注意!!夏子の栄養学 注意!!
http://a-natsuko.com/index2.html

新しいアミノ酸スコアじゃなくて、プロテインスコアを採用してるが、
それは古い大幅に改正される前の1955年のもの。
「日本の栄養学の落とし穴」という項で、アミノ酸スコアは大豆よりバランスがよければ、
何でもかんでも100点となっています。
というわけのわからないことを言っていますので注意です。
もちろんアミノ酸スコアも体が必要とするアミノ酸の量にもとづいています。

597 :病弱名無しさん:2006/11/27(月) 11:27:56 ID:svLb+Ocw
統失でリスパダール1ミリ飲んでます。
先日、血液検査したらNCV値が高く総蛋白とKが足りないって言われた。
ビタミン12と葉酸、豚肉とバナナ、緑の野菜を取るように言われた。

胃腸が弱ってるなら胃薬処方しようかと言われたが、断った。
サプリは飲まずに、食品で摂取する予定。
血液検査をすれば、栄養が不足してるのがよくわかるよ。

598 :病弱名無しさん:2006/11/27(月) 16:18:23 ID:AMPo2t83
>>586
ワケワカメw。精神科医のところ通ってて脚気になった人いる。脚気は主にB1不足。
うつ病の症状が出ている人は全部の栄養素が少ない。総たんぱく、コレスロール、
鉄なんか異常に少ない人が多い。神経伝達物質などのホルモンは主にコレステロール
から作られる。

>>593
薬を止めて、バランスの良い食事を腹八分目+運動。
そういう薬のせいで過食や拒食になってしまって、低血糖症や糖尿病になる人多い
から気をつけて。

とにかく薬なんて治すものじゃなんだから、自然治癒力を高めるように
食生活に十分気つけてけば治る。あと、ストレスをためないことだよ。
みんな長期ストレスに我慢してきたために、栄養失調になったんだから。
薬長く飲んだ人は薬を体内から出すためにデトックスも効果的かもね。
薬を含む有害物質は体内に蓄積して排出が悪いから。
栄養不足だと粘膜も弱るから胃腸も悪くなるので消化吸収が悪い。
午前中1時間午後1時間外を歩くといいらしい。日光に当たることは需要。
食べた後運動しないと消化されない。今の食べ物は加工品が多いし、日本人
の体には欧米食は合わない。ストレスから回避することも大事。
あと、歯の噛みあわせも関係している。日本の歯医者はハカイシャ
ハイシャだから、歯医者の悪質な治療によって噛みあわせ悪くされて顎関節
症になる人がたくさんいる。顎関節症は軟骨が擦り減ったりするので完治
できない。とかいって、完治はできなくとも治せる歯医者はいない。
噛みあわせが悪いとストレスになるし、よく噛めないので消化不良の原因に
なる。日本の医者は国民を破壊することしかしないから。大元は政府が悪い。

599 :病弱名無しさん:2006/11/27(月) 21:15:59 ID:S4wr42CI
内科開業医のお勉強日記
http://intmed.exblog.jp/2831226

往診の道すがら、ラジオを聞いてると、DetoxというQuackを紹介していた。
Detoxはどうも生薬や自然食と結びついているようであり、
Detox DietやDetox Herbというのは実に不合理な概念で、
汚染された空気や食品添加物からの毒を追い出すため、
健康食品を勧められたりする場合もある。
化学物質過敏症における化学物質の定義と同様毒素の定義は
突き詰めれば曖昧で、かつ、“自然のものだから安全”や
生薬などの安全性の空論・誤解を利用したものと思う。


600 :病弱名無しさん:2006/11/27(月) 21:19:06 ID:S4wr42CI
quack

  たまたま手元にあった「新コンサイス英和辞典」をひらくと、
  「があがあ(あひるの鳴き声」の他に「にせ医者、山師、いかさま師」
  とでています。つまり、医学的に証明されていない、
  薬や治療法をいかにも効果があるかのように言いふらす人達を言います。

quackery
  医学的に証明されていない、いいげんな「いかさま医療」
  のことを言います。
  欧米でも日本と同様、山ほどのいい加減な医療、
  quackeryが存在します。
  ですから、「欧米で広まっている」と宣伝されても、
  全く当てにはなりません。

601 :病弱名無しさん:2006/11/27(月) 23:41:58 ID:NiqmB4fM
薬をやめてサプリで直すのは無理だと思う。
薬を飲みながら、必要な栄養を食品で摂取するのが自然だと思うが・・・

ってか、サプリで直るなら、そもそも病気じゃないと思う。
障害者自立支援法の対象にはならないよね。

602 :病弱名無しさん:2006/11/27(月) 23:47:00 ID:NiqmB4fM
薬は飲まなきゃダメだよ。サプリだけでは無理。
そもそもサプリで直るなら、それは病気ではないと思う。
なので障害者自立支援法の対象にはならないよね。
 
薬を飲みながら、必要な栄養は食品で摂取するのが理想だと思う。

603 :病弱名無しさん:2006/11/29(水) 01:09:36 ID:LyVoZs1M
>>602

じゃあ、これ↓は病気ではないんだ・・・?
http://www.shinjuku-clinic.jp/approach_1.html

604 :病弱名無しさん:2006/11/29(水) 05:31:39 ID:J/olvUYi
違うでしょ。
餓死は病死に分類されない。

605 :病弱名無しさん:2006/11/29(水) 09:57:31 ID:LqaIGVKO
体験談
http://cancer.jpn.org/?page=%C2%CE%B8%B3%C3%CC

効いたという話ばかりを偏って集めると、
どんな物でも効くように聞こえます。
しかし、自然治癒や他の原因での治癒が一定確率である以上、
全く効き目のない物でも効いた体験談を多数集めることは可能です。
また、体験談の内容は人によってまちまちで、必要事項
(病院で受けていた治療等)について言及している物もあれば、
そうでない物もあり、治癒と行動の因果関係がハッキリしません。
また、中立的な第三者によって、実際の使用者であると確認して
収集された体験談でない限り、業者による自作自演の疑いを
晴らすことが出来ません。

よって、体験談の証拠能力は零以下と言えるでしょう。

606 :病弱名無しさん:2006/11/29(水) 17:45:20 ID:kdk4VwiQ
薬で治るなんて自体おかしいことすらに気付いてない。薬の成分調べたことある?
世界一長寿といわれてる日本は病気で薬飲んで寝たきりの人ばかりじゃ
長寿とは言えない。自立支援法に精神が入るなんて患者を精神科に繋ぎ止めて
いたいだけのもの。同じ病院に何年も検査していて癌が発見されない、
歯医者だって悪くなるように治療をしているところが殆どかどで世間では
医者が大問題になっている。
本当に日本に住む日本人は薬信者が多いなあ。日本の医療はマジ大問題。
日本人は世界一騙されやすい人種。医者なんかあてにしてたら治るもの
も治らない。日本の医者は金取ることしか考えてないから。予防医療が行わ
れてないのも日本だけ。厚生労働省が輸入サプリメントを規制してる
し、金目当て以外の健康に関する情報が少なすぎるのもこの国はおかしいこと。
日本製のサプリメントは原材料が無記名になっていること自体加工品だし。
医療で悪質なことが行われていることに関しても政府は野放しにしてるから。
探すの大変だけど、とにかく昔の日本食を食べる事だ。
外国で生活している日本人は工夫してちゃんと日本食を食べている。
欧米食は日本人には病気になるのは当たり前。日本人は外で運動しないのもダメ。
日本の日照もマズイけど、日に当たることも大事。地に座れるような公園が日本
にはあまりないからねえ。日本はこれからもっと大変になっていくと思うよ。

607 :病弱名無しさん:2006/11/29(水) 18:00:28 ID:PyStMd5E
初期の統失は薬で症状を抑えることが可能だよ。
きちんとした日本食を3度食べていても63歳で発症した例がある。


608 :病弱名無しさん:2006/11/29(水) 18:25:24 ID:kdk4VwiQ
>>599-600
激しく同意!日本国内の情報はあてにならないものが多い。
イカサマが多いね。外国にもイカサマ医者は存在していて
日本で加入する保険提携病院なんか要注意。
外国は自分の体は自分で予防するのが当たり前。
日本より外国のサイトを参考すべき。

>>601-602
スレタイと>>1をよく見よう!

609 :病弱名無しさん:2006/11/29(水) 18:46:21 ID:kdk4VwiQ
>>607
もし症状が出てるとしたら、バランスが悪い、又は長期にわたるストレスを抱えた
ため栄養が多量に消費されたからだよ。加齢と共に新陳代謝や免疫力など自然
に衰えるからよほど気をつけないとね。
念を押して言うけど、薬は治すものじゃないからね。
例えば、噛みあわせが悪いと筋肉が均等に使わなくなるから、鼻詰まりや
扁桃腺、耳鳴り、めまい、顎の関節の破壊、冷え、喉や顔、肩などの筋肉にも
異常をきたすようになったりするけど、内科や耳鼻咽頭科、整形外科に行って
も薬で抑えることしかできなくてずっと薬を飲みつづけることになり治らない。
つまり、どこからきているのか悪い根本なところを改善しなければ治らない。

610 :初心者:2006/11/30(木) 02:19:56 ID:r1pxqpL0
はじめまして、スレ違いだったらすみません。
僕が好きになった女の子が軽いウツ病だと聞いてから、今それについて色々と調べているんですが、
彼女の症状もあんまりわからないし、どうしたらいいのかわかりません。
とりあえずこれ読んだらウツについて何となくはわかるよ。
ってオススメの本があったら教えていただけないでしょうか?
絶対に言っちゃいけない言葉があるとかっても聞いてて、それなんかも知りたいんです。
よろしくお願いいたします。

611 :病弱名無しさん:2006/11/30(木) 07:56:46 ID:MXI8/+zr
>絶対に言っちゃいけない言葉があるとかっても聞いてて、

がんばって!

612 :病弱名無しさん:2006/11/30(木) 09:04:59 ID:kXQDGD1M
>>610
別に普通でいいんですよ。
一緒にいたいから、一緒にいる。これが一番!!

613 :初心者:2006/12/01(金) 04:42:02 ID:1ciEqF4o
ご返答ありがとうございます。
がんばって!とは言わない方がいいんですね。わかりました。
片想いなんで、あんまり一緒にはいれないんですけど、電話やメールする時には、何て返したら彼女が楽になるかなぁって考えてやってました。
あんまり考え過ぎずに自然な感じでいってみますね。
あぁ〜、ちょっとだけ楽になれました。
ありがとうございました。

614 :病弱名無しさん:2006/12/02(土) 15:16:20 ID:YqfJU1CR
他人の言葉に一々過剰に反応し泣きそうなったり(今のとこ人前では泣いてませんが)
イライラして八つ当たりみたいになってしまいます統失とかいう病気でしょうか?

615 :病弱名無しさん:2006/12/02(土) 18:30:39 ID:cPzM+F0l
>>614
普通。疲れれば誰でもそうなるよ。

616 :病弱名無しさん:2006/12/02(土) 20:51:14 ID:3LJ+84MK
栄養教信者は真性のアホだな

617 :病弱名無しさん:2006/12/02(土) 20:53:35 ID:YqfJU1CR
>>615
でもそれで人間関係壊しまくってます
いつも死にたいという気持ちが消えなくて
親しい前向きな人の気持ちを引っ張りまくり
感情のコントロールがきかないとこまできてます

生きていたいという人が不思議なくらいです

618 :病弱名無しさん:2006/12/02(土) 20:54:26 ID:YqfJU1CR
普通に人生送れたり、人付き合いできてる人が不思議です

619 :病弱名無しさん:2006/12/03(日) 06:45:42 ID:K783x1OW
まぁ死にたいなんて長い人生の中一回も思わない人間の方が希少種なわけで、
あとあと思うと、なんであんなことで死のうと思ったんだろう、死ななくて良かった、って思う程度のことが大半だから
あんまり根詰めなくていいことではあるわけで。
反面、死んでしまえば後悔なんて決してしないから、死にたいときが死に時ともいえなくもなくて、
まぁ、むつかしいね。
ただ、とりあえず言えることは、未成年は親に迷惑かかるから自殺すんな。
成人したら何やっても自分の責任だけど、未成年の行動には、(法的な罰則がたとえなくても)親の道義的責任が常について回る。

620 :病弱名無しさん:2006/12/03(日) 12:54:13 ID:9MKYmIOP
>>617
バッチならチェリープラム勧めたいなぁ

621 :病弱名無しさん:2006/12/03(日) 13:49:41 ID:f9Vk7t8/
>>620
バッチ、チェリープラムとは何ですか?
それで治るのですか?

622 :病弱名無しさん:2006/12/03(日) 15:53:14 ID:9MKYmIOP
>>621
スレあるけど、知らないみたいだし、とりあえず先にこっちを
ttp://www.bachflowerassoc.com/
チェリープラムに関しては
ttp://www.bachflowerassoc.com/sub2sub2rem.htm#6.%20チェリープラム

スレ
バッチフラワー 16
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1143794252/


イライラもあるみたいだから、とりあえずレスキューがいいかもしれぬ。

623 :病弱名無しさん:2006/12/03(日) 15:55:50 ID:9MKYmIOP
>いつも死にたいという気持ちが消えなくて
>感情のコントロールがきかない
これがドンピシャだから書いたけど、微妙にスレ違いだし、こういうのが胡散臭く感じる人なら
スルーでよくってよ。

624 :病弱名無しさん:2006/12/04(月) 20:46:57 ID:IYVmwyZL
駅で強迫性神経症と思われる人を見た。
数10歩進むが、何か気になることがあるらしく、元の場所に戻ってから再び歩き出す・・・これを繰り返していた。
これだと、ずっと同じところを行ったり来たりで進まないようだが、微妙に位置がずれていて、少しづつ進んでいるようだった。
いつになったら家に着くのだろう。
数年前にも、同一人物と思われる人が行ったり来たりしているのを目撃している。まだ、治っていないのだろうか。


625 :病弱名無しさん:2006/12/05(火) 18:27:50 ID:JgjF6d7k
>イライラして八つ当たりみたいになってしまいます統失とかいう病気でしょうか?

違う。統失は神懸かり状態で猜疑心や妄想が強くなる。
天井を見上げながら、誰かと話をしたりする。
基本的には病識はなく、本人にとっては、現実に自分の身に起こっていること。



626 :病弱名無しさん:2006/12/05(火) 19:15:29 ID:bQ2K/NMU
神経症の研究はどこまで進んでるのかな

627 :病弱名無しさん:2006/12/07(木) 00:45:38 ID:xo5FL9di
ヨーロッパでは古来より神経系にはハーブ療法が盛んで、
セントジョンズ草(オトギリソウ)やバレリアン(カノコソウ)、
カワカワなどが、不安神経症、うつ病、神経過敏の治療薬

628 :病弱名無しさん:2006/12/07(木) 07:07:08 ID:jTqGmCd0
脳内物質がどうこう言われてるらしいが
その異常な状態になる原因は環境だよな?

ってことは、薬云々より環境をどうするかが大事なのか?
それとも環境変えても脳みその状態は戻らないので薬は必須なのか?


629 :病弱名無しさん:2006/12/07(木) 12:34:20 ID:H+WGfCPF
>それとも環境変えても脳みその状態は戻らないので薬は必須なのか?

少しずつ時間をかけて脳内環境が整えば、薬は減量できると思う。
そして段階を経て薬が不要となるのが理想だな。


630 :病弱名無しさん:2006/12/07(木) 19:43:46 ID:k0W0Hd76
>>628
身体の不調が原因のことが、あまりに多い。

631 :ウン子:2006/12/07(木) 22:22:57 ID:FkRArtxg
僕は頭おかしくないんですよう〜〜


632 :病弱名無しさん:2006/12/10(日) 02:56:17 ID:w5YpaizV
('A`)

633 :病弱名無しさん:2006/12/10(日) 03:29:18 ID:jeMld/WV
統合失調症、薬を飲まないでいると、
尋常で無くなっていきます。

その先に何があるんですか?

634 :病弱名無しさん:2006/12/10(日) 03:43:57 ID:i6GL3umx
http://www.butsuryushu.or.jp/2004/jp/index.html

635 :病弱名無しさん:2006/12/13(水) 21:28:02 ID:HHNH8FxY
抑うつ神経症でデプロメール、リーゼ、レンドルミンをのんでます。

薬を飲んでいるせいか体調よいのですが、これは治ったわけではないですよね。
先日、飲みわすれて就寝したところ、夜間に目がさめ苦しかったのです。

でも、薬飲まなくてもよいくらい体調がよい気がして。
息苦しさもないし。



636 :病弱名無しさん:2006/12/15(金) 01:39:12 ID:nZkb3Ak4
http://www.choicetheory.net/kcc/mailmagazine7.html
栄養派に軍配か?カナダの精神科医ホッファーとオズモンド

637 :病弱名無しさん:2006/12/15(金) 02:00:05 ID:nZkb3Ak4
http://www.getwell.co.jp/melmaga35.htm

638 :病弱名無しさん:2006/12/15(金) 02:20:11 ID:yr87eKlP
>>625
そうそう。
幻聴が聞こえてくる為、それに返事してしまったりする。
テレパシーが一方的に送られてくる感じ。

639 :病弱名無しさん:2006/12/15(金) 04:05:49 ID:nZkb3Ak4
どうやら旧分裂病も1950年代にほぼ治せるところまで
きてたようだ。
製薬関係は殆どウォール街のジイ様が牛耳ってるからなあ。
ライナス・ポーリングとか三石巌先生とかみなおされるべきだよ。

640 :病弱名無しさん:2006/12/15(金) 05:07:39 ID:mmilSvyr
野性動物でもセロトニンが足りないと子育てしない
人間の感情にもセロトニンが関与しているようだが。
どうなの?


子供時代に家庭内暴力(性的)を受けて育った子は
海馬や桃とうかくの発達が違うときいた
そのため日常生活に支障をきたし精神科に通院している人も少なからずいると

これは食事で治るの?
脳の栄養って何?

641 :病弱名無しさん:2006/12/15(金) 10:34:26 ID:nZkb3Ak4
可逆的なのか不可逆的なのか・・
栄養とは微量栄養素、つまりビタミン、ミネラルのことだろうな。

642 :病弱名無しさん:2006/12/15(金) 11:36:09 ID:HsJiWdB+
脳の栄養になるのはブドウ糖だけだよ


643 :病弱名無しさん:2006/12/15(金) 12:23:47 ID:1zL4oF6P
>>642
脳ってブドウ糖だけで出来てるの?
脂質やアミノ酸(タンパク質)で出来ているんだと思ってた。

644 :病弱名無しさん:2006/12/15(金) 13:12:03 ID:uM6wmpMB
そうだね、プロテインだね。

645 :病弱名無しさん:2006/12/15(金) 18:52:08 ID:KGiV/x+2
無謀だな。基本の薬物治療を無理やり覆そうとしてる。
つまり東京都を京都府と勘違いしてるぐらい酷い考え。基礎が立ってるのにその基礎を丸ごと粉砕する感じ。
か な り 無謀

646 :病弱名無しさん:2006/12/15(金) 19:09:32 ID:Zrqkxbyv
自律神経系もかなり関係してると思うけどね。

647 :病弱名無しさん:2006/12/15(金) 21:39:02 ID:dOerNYub
初歩的な事で申し訳ないのですが教えて下さい。
日々一つの事にストレスを感じていて、今日そのストレスを特に強く感じてしまい、その後呼吸が荒くなり手が震えて来ました(お腹も痛いです)これってどうなんでしょう…放置で大丈夫なのかな

648 :病弱名無しさん:2006/12/15(金) 21:51:01 ID:Zrqkxbyv
>>647
だめだよ!よくないよ!発動するまえに病院いってみてもらったほうがいいよ。

649 :病弱名無しさん:2006/12/15(金) 22:09:33 ID:cLvc1VuQ
>>647
病院行くよりも何よりも、ストレスの要因をなくすか、ストレス解消をするか、ストレスを感じないように自分を変えるかするのが、根本。
病院では、身体悪いところがないか見てもらったほうがいい。

650 :病弱名無しさん:2006/12/15(金) 22:33:27 ID:dOerNYub
レスありがとうございます。もし診断がついたら、と思うと怖くて…ストレスの要因をなくすのが難しい環境です、子供絡みの人間関係なので自分さえ我慢すれば…的な思考でなんとか。また症状が出た時は
病院の方も考えてみます。

651 :病弱名無しさん:2006/12/15(金) 22:42:35 ID:nZkb3Ak4
質問なのですがトリプトファンをとるには
やはり5−HTPとかのサプリじゃないと
不足ですか?バナナじゃだめでしょうか。
ビタミン、ミネラルと サプリでは高価すぎて・・


652 :病弱名無しさん:2006/12/15(金) 22:42:48 ID:cLvc1VuQ
>>650
我慢すればっていう考え方は、あんまり良くないと思う。
気にしないか、開き直るか、状況を楽しむか、相手に同情するか。
あとは、半身浴とか、読書とか、音楽とか、何でもストレス解消できることがあれば。

653 :病弱名無しさん:2006/12/15(金) 23:51:09 ID:dOerNYub
>>650です、ありがとう。
我慢すればって良くないですよね、やっぱり…
自分の場合、気が小さいので相手の良い所を見て納得しようとするのが一番多い様です。仕事も発散の場にはなってる様なので
もう少し頑張ってみます。

654 :病弱名無しさん:2006/12/19(火) 22:03:58 ID:b08m+qsy
統合失調症に効果あることもあるらしいな。栄養治療
試してみたい気持ちはあるが高杉だろ!半信半疑なのに。あんなに高いんじゃ試したくても試せない…

655 :病弱名無しさん:2006/12/20(水) 00:19:05 ID:cRenSnQq
質問があるんですけど…
ある人に傷つく言葉を言われて、それを三年間引きずってうつ病になってしまいました…
病気の証明書をみせれば傷つけた本人に治療費とかって払ってもらえるんですかね?

656 :優しい名無しさん:2006/12/20(水) 00:59:28 ID:kfRKZkYF
>>655
それは難しいと思いますよ。
例えば、その人の言葉をあなたが受けてそのようになったのでしょうが、
病気になった理由と病院の治療費は関係は有りませんからね。

その人のせいでなったのはお気の毒です。
しかし、実際の治療費の申請は難しいと思います。
もし、申請をしたいと思うなら裁判を起こすしかないと思います。
しかし、その人が傷つく言葉を言ってその直後あなたが鬱病になられたなら
その人のせいで鬱病になったと病気の証明書を見せて治療費も負担して貰える
こともあるかもしれませんが、
三年たって引きずって鬱病になられたのならやはり難しいように思います。

例えて見ますと、まぁ、俺が誰かに突き飛ばされて怪我をして、それを三年間
引きずっていてそれが元で交通事故を起こしたとしますね。そしたら、その怪我を
させた人に対して、交通事故はあなたが突き飛ばしたのが原因ですから、入院費を
払って下さいとは言えないでしょう。。。

まぁ俺の意見ですが、俺は難しいと思いますよ。

657 :病弱名無しさん:2006/12/20(水) 01:25:16 ID:cRenSnQq
>>656さん回答ありがとうございます。
やはり、そのときにうつ病にならないと治療費は請求出来ませんよね…
三年間引きずって苦労した結果がうつ病で…
傷つけられたのがとっても悔しいです…
お金には困ってないんですけど、やられっぱなしは納得がいかなくて…
他にやってもらうことがうかばなくて、せめて治療費だけでもと思いました…
三年間の間には、他の原因も考えられるのでやはり難しいですよね…

658 :病弱名無しさん:2006/12/20(水) 02:01:54 ID:ThgOFqCo
>>655
あなたは私?
ある人から言葉などにより傷つけられました。
で、三年間自分で自分を励ましながら過ごしましたが限界がきて何もできなくなりました。
診断はうつ症状。今治療中です。
相手については恨みの気持ちなど本当に色々考えましたが
今は、最優先すべきは自分が元の状態に戻ること、
余計なことは考えずまず自分を立て直さなきゃと思っています。


659 :病弱名無しさん:2006/12/20(水) 02:29:05 ID:cRenSnQq
>>658さん
経験が似てますね…
私は中学三年のときに傷つけられました…
私の場合は自分を励ますのではなく、また違う人に傷つけられるのか心配で…
人の機嫌取りとかをしたり…自己犠牲(我慢とか)をして少しずつ自分の性格が変わってしまいました…
今は高3なんですが、病気の症状のため学校に行けなくなってしまい、今の学校ではもう単位が取れなくなってしまいました…
もちろん今年みんなと卒業は無理です…
今は単位制の学校に転校を考えています…

660 :病弱名無しさん:2006/12/20(水) 02:34:13 ID:mieysxJ/
この流れで言うのは気がひけなくもないけど、状況次第
三年間「あのときのこと謝ってください」と言い続けて、それ達成されずに発病したのなら請求はおそらく可能。
三年間「相手側に自分が傷ついた事実を一切告げずに」一人で悩んであげく発病したのであれば、請求してもまず間違いなく却下。

あなたからの視点では「三年前の重大な発言が原因で発病にまで至った」のであっても、
相手からの視点では「ある日郵便受けを見たら裁判所からの出頭命令が届いていて、
よくわからずに出頭してみれば三年前の覚えてもいない発言の責任をなぜか問われている」のかもしれないことをよく考えないといけない。

661 :病弱名無しさん:2006/12/20(水) 02:49:18 ID:cRenSnQq
>>660さん
うつ病になってから、いろいろ考えてみたらそのことだけを引きずっていたことに気がつきました…
なので三年間相手には傷ついたことは言っていません…
昨日その傷つけられた人に『三年前の“うざい”って言われたことを引きずって、うつ病になった』ってことを伝えたら謝られるばかりでした…
多分、本人は言ったことを忘れてると思います…

662 :病弱名無しさん:2006/12/20(水) 03:13:58 ID:cRenSnQq
あと、女性の方に質問なんですけど…
うつ病になってから生理痛がひどくなった人っていますかね?
私はうつ病になる前まではそんなにひどくなかったんですが、うつ病なってから突然ひどくなって本当にひどいときには過呼吸とかになって倒れてしまいました…
今は生理がきたら病院でもらった生理痛の薬とうつ病の薬を飲んでます。

663 :病弱名無しさん:2006/12/20(水) 10:42:11 ID:ThgOFqCo
>>659さん
658です。
そっか…とりあえず休学とかは無理なのかな?
私は18の時に中学の同級生(男)からセクハラを受けたよ。
ちょうど浪人中で大学進学の受験勉強中だったから成績も上がらずに
でもこれでどこの学校も落ちたら精神的にもっと引きずるだろうと思って、
なんとか第二志望に引っかかったよ。
大学での三年間はとりあえず明るく振る舞ってたかな。同じような感じかも。
でも理由が理由だから誰にも言えなくて、根本的には暗くなってたのかもしれない。
でもね、今治療続けて1年くらい経って、まだ休学中だけど大分よくなってきたよ。
うつ状態の時の性格は自分の性格じゃなかったんだってことも分かってきたし
『うつ』を乗り越えた人は進化していくってカウンセリングの先生も言ってたよ。
だからあなたも、きっと本来の自分プラスアルファ以上になれるんじゃないかな。
私もはじめは本当に消極的になってた。
あぁ私はこれだけの人間なんだ、
価値も個性も何もないただの人間の女なんだ、って。
でも今は全然違うよ。
色んな人、そして自分の良い所ばかり見つけるようにしてみたり、
ただ消極的になるんじゃなく、今この状況で自分にしか学べないことって何だろうって考えてみたり。


664 :病弱名無しさん:2006/12/20(水) 15:05:05 ID:cRenSnQq
>>663さん
659

665 :病弱名無しさん:2006/12/20(水) 15:20:33 ID:cRenSnQq
>>663さん
659です。
今の学校ではもう単位が取れないので、今は休学中です。そしてどこの単位制に転校するか決めているところです。
単位もあと少しなので思ったより早く高卒の資格が取れることがわかりました。
治療はまだ4ヶ月くらいです。自分にあった薬がなかなか見つからないようで、薬を変えながらいろんな薬を飲んできました…
薬が合わなかったときは、前の自分と今の自分を比較してしまって…自殺未遂までいきました…
今は合う薬になって自殺とかは考えなくなりました。
治療を続けて行くうちに良くなって病気になったことは自分のためにもなるんですね!!
周りの家族とかもまだ理解しきれてなくて今は少し辛いですけど…
>>663さんのように、病気になったことを自分のプラスに考えるようにしたいと思います!!
勇気が出てきました本当にありがとうございました!!

666 :病弱名無しさん:2006/12/20(水) 16:13:32 ID:ThgOFqCo
そっか(^-^)少しでも力になれたなら本当にうれしいよ。
ほんとはつづきがあったんだけど携帯パソどっちも調子悪くて。

で、その続きなんだけど、
そういうふうに治療中考えられるようになってからは
怖いものなんてなくなっちゃったよ。
あとは体力がついてきてくれるのと、
しばしば気分が頻繁に不安定になるのが治るのを待って
投薬を少しずつ減らしていくんだろうなーって思ってる。

私が言いたいのは、若い頃にうつ、つまり自分自身との闘いを克服すれば
3年や4年なんてちっとも無駄じゃないと思うよ。
私はこのままいくと勉強もふりだし、下手すると2年下の子と授業受けることになるかもだけど
自分は自分、他人は他人だよ。なーんも気にすることないなって思えるようになったよ。
特に大人になれば年令うんぬんより経験だよ。
自分自身とどれだけ真剣に向き合うか、それで人間的に成長できる。
うつになるとそういう機会が必然的にできる。

だからむしろ治ったあとにはもっと素敵な人生が待っているよ。
ゆっくり治そうと考えるまではもちろん時間はかかったけれど
これは病気なんだよ。本来の自分とは違うから治療しないといけない。
ご両親に相談して転校を決めたのかな?
いずれにしても、じっくり治せる環境を作ってね。

って言いたかったんだ。
私も自殺未遂は何回もあったよ。今でもへたするとやばいなってくらい(笑)
でもそれは本来の自分の声と違う。
追い詰められて苦しくて、でも生きたいからこそなんだと思うよ。

本当に今までよく頑張ったね。一緒になおしていこう(^-^)g゛

667 :病弱名無しさん:2006/12/20(水) 16:47:00 ID:cRenSnQq
>>666さん
私がうつ病の症状がでたのは、高3の夏休みの終わりでした…
2学期が始まって学校に行こうとしても行く気がでず行きたくても、そのやる気がないのに負けてしまい2学期から一度も学校に行ってないです…
幻聴も聞こえるようになり、自分でおかしいと思いサイトで調べた結果うつ病でした…
最初は大人がなるものだと思っていたので受け入れられませんでした。
9月になって病状がひどくなったので精神科に行ったら、やっぱりうつ病でした…
今は病気のことを家族に理解してほしい気持ちです…
やっぱりなった本人にしか辛さはわからないので、なかなか理解しきれないですね…
今は3年の1学期まで取った単位を単位制の学校にもっていき、残りの単位を取れば高卒の資格がもらえます。
親と相談して決めました。
うつ病を理解している人たちからは『ゆっくり』『あせらず』と言われるのが多いですね!!
私もその言葉が励みになります!!
『もう死にたいなんて言わないで…』と言われるほうが余計死にたくなりますね…

>>666さんはなんか私の先輩みたいな感じですね!!アドバイスありがとうございます!!
とってもプラス思考になりました!!

>>662にも書いたんですが、うつ病になってから急に生理痛がひどくなったってことはありますか?
よかったら教えて下さい。

668 :病弱名無しさん:2006/12/20(水) 17:10:10 ID:ThgOFqCo
>>667さん
でもプラス思考はまだ頭の中だけだよ、いいね?
私はそれで無理してぶり返した経験あり(笑)
だからあせらずにね。

それと、私はあなたよりひとつ年上の知り合いの子で
あなたと同じような経験をして、
単位制の高校に転校して治療を続けて
ほとんど完治した子を知っているよ。

うつについて客観的に書いてある本がうちにあったから今から調べてみるね。
そういうのがあると親御さんも
『うつは誰でもなるものなんだ』
って理解してくれるんじゃないかな。
ちょいと待っててね。

あっ、私は生理痛てきめんにひどくなったよ。
無排卵月経がなくなって周期が安定したからかなって思ってたけど、
最近それほどでもないからやっぱりうつからきてるのかもしれないね。

669 :病弱名無しさん:2006/12/20(水) 17:23:09 ID:cRenSnQq
>>668さん
わかりましたー。
プラス思考は頭だけで、今は出来ること(やりたいこと)をやって無理しないようにします。
親には、『本買って読んでみれば少しはわかるんじゃない?』って言ったんですけど…まだ買ってないですね…
おすすめの本があったら詳しく教えて下さい!!

生理痛は薬を飲まないと痛くて起きあがることも出来ないですね…
最近は、生理前に生理痛なみの痛さもあって…
うつ病が治れば生理痛も病気前みたいに戻りますかね?


670 :病弱名無しさん:2006/12/20(水) 17:47:08 ID:ThgOFqCo
おー、あったあったよ。
おすすめは講談社『うつからの完全脱出』下園壮太さん著
です。
母はこれを読んで
「今までのうつ関係のどの本よりもあんたの症状がよくわかったよ、目から鱗が落ちた」
って言ってました。
私も今気が向いた時に読んでるけど、自分の症状を客観的に見れるようになれてきたよ。
著者は陸上自衛隊カウンセラーで本人さんもうつ経験があるので
とても理論的に分かりやすく書かれているよ。

671 :病弱名無しさん:2006/12/20(水) 17:53:14 ID:ThgOFqCo
あと、生理前に生理痛。
まさにそれ私。
あとPMSもひどいから毎月死にたくなったり、暴れ回ったりしたら次の日来る(笑)
ほんとに最近そこまではなくなったけど、
生理痛に関してはよくわからないなぁ。
特にあなたはちょうど生理も安定してくる年ごろだし…
でも本来に戻るって考えれば良くなるってことじゃないかな、て思うよ(^-^)
とにかく痛む前に薬!がいちばんだね(^-^;)

672 :病弱名無しさん:2006/12/20(水) 17:59:21 ID:cRenSnQq
>>670さん
親切にありがとうございます!!
買ってみて、家族で回し読みしたいと思います!!
今、私の家族は病気について“しったか”みたいな感じで理解しているようでしていません…
なので、この本をきっかけにもっとちゃんとわかってもらえたら嬉しいです!!
本当にありがとうございました!!

673 :病弱名無しさん:2006/12/20(水) 18:06:24 ID:cRenSnQq
>>671
のPMSってなんですか?
知識がなくてすみません…
最近生理はくる日がズレては安定して、ズレては安定しての繰り返しで心配で…
うつ病も治ったら生理痛も元通りになるって考えればいいですよね!!

674 :病弱名無しさん:2006/12/20(水) 19:05:46 ID:ThgOFqCo
PMS=月経前症候群の略だよ。
生理前になるとホルモンバランスが
エストロゲン優勢からプロゲステロン(黄体ホルモン)優勢になることから、
イライラしたりいつもよりうつっぽくなったりして、
普段とは違った行動をとってしまったりすることだよ。過食とか。
ぐぐってみたらたくさんサイトがあるよ。
もし心当たりがあるなら、生理一週間前から豆乳飲むのを心がけたりすると少しはましになる…気がする。
生理開始から4〜5日は豆乳は飲まないほうがいいかも。

675 :病弱名無しさん:2006/12/20(水) 19:23:12 ID:cRenSnQq
>>674さん
ありがとうございます!!
生理前はイライラしますね…少しのことでムカってきたり…
情報ありがとうございました!!

676 :病弱名無しさん:2006/12/20(水) 19:50:59 ID:ThgOFqCo
いえいえ(^-^)
ご家族の方たちにちゃんと理解してもらえるといいね!

677 :病弱名無しさん:2006/12/20(水) 19:58:43 ID:cRenSnQq
>>676さん
今日お母さんに買ってきてもらうように頼みました!!
最近は自分で読んでから家族にまわそうと思います!!
一緒に治していきましょうね!!
本当にありがとうございました。

678 :病弱名無しさん:2006/12/20(水) 20:00:54 ID:cRenSnQq
>>677
最近→最初
です…すみません。

679 :病弱名無しさん:2006/12/20(水) 20:06:26 ID:ThgOFqCo
おっ!早速だね!!
昼から夜の闇に入っちゃっても、それを体験すれば朝日は何倍も輝いて見えるはずだよ。
一度きりの人生、大切に生きていこうね(´∀`)

680 :病弱名無しさん:2006/12/20(水) 20:12:31 ID:ThgOFqCo
あっ補足。
本には『J君』という患者が出てくるけれど、
はじめはJ君と著者のやりとりの具体例部分より、
著者の書いている部分を読むと分かりやすいかも。

681 :病弱名無しさん:2006/12/20(水) 20:25:27 ID:cRenSnQq
>>680
わかりましたー。
まだお母さんが帰って来ないので、本がきたら見てみます!!
うつ病の本って結構いっぱいあるからどれがいいか分からなかったので…
おすすめの本教えてくれてありがとうございました!!

682 :病弱名無しさん:2006/12/20(水) 22:16:37 ID:ThgOFqCo
はーい(^-^)ノ

683 :病弱名無しさん:2006/12/21(木) 00:16:08 ID:JAr7hCcb
そう言えば私は、生理痛がひどくなったと言うことはないけど
(元々酷いと言えば酷かったので)、生理前に痛くなるようになりました。

ホルモンバランスの乱れや、自律神経失調が関係しているのでしょうか?

私の場合は、便秘が生理痛の酷くなる原因の一つなので、
予兆が出たら便秘薬を飲んで、溜め込まないようにしてます。

684 :病弱名無しさん:2006/12/21(木) 00:54:21 ID:rlGb68VD
>>683さん
私も便秘ですよー。
生理のときは下痢になりますけど…
うつ病になる前は生理前の痛みもなくて、生理が始まってからは最初の1日か2日くらい痛くて市販の薬(イブとかバファリン)など飲めば大丈夫でした。
うつ病になってから、月日がたつにつれて生理前の生理痛が少しずつ悪化するようになりました…
前、生理がきた瞬間に過呼吸になって倒れて産婦人科に行っきました。今はその薬を飲んでます…
もちろん心療内科(精神科)にも通ってますよ。

心配なら一度両方に行ってみたほうがいいです!!

685 :病弱名無しさん:2006/12/21(木) 05:21:45 ID:UELcJrew
>>41のソースを教えてください。


686 :病弱名無しさん:2006/12/21(木) 05:26:06 ID:AP1tOW67
プロザックを個人輸入で買って飲んだら3、4日目から落ちこんで死にたくなった。
あれさえなければ続けたかったのに。
怖い。

今はルボックス、デジレル、ソラナックス、マイスリー。

687 :病弱名無しさん:2006/12/21(木) 11:06:57 ID:19i4OpU2
>>685
「うつを克服する最善の方法」講談社α新書

688 :病弱名無しさん:2006/12/21(木) 12:00:17 ID:JAr7hCcb
>>684さん

すみません、言葉足らずでした。。
私も1年半前からうつ病になり、現在も心療内科に通っています。
ご心配、ありがとうございました。

生理痛は昔の方が酷くて、道ばたで動けなくなることがよくありましたが、
最近は便秘さえ注意していれば、軽く済むことが多くなりました。
痛みが前倒しになったのは、単に年取ったせいかと思っていたのですが・・・(^^;)
うつが原因だったんですね。
周期が不定期な時にも、前もって分かるので便利といえば便利だったりします。

684さんは色々お辛いようですね。。
腰を冷やすのもよくないので、ホッカイロを腰に貼り付けておくといいですよ。
今の時期は特に、冷えには注意してくださいね。


一応スレの主旨っぽい話しもしておきますと、
うつの治療は、抗うつ剤(SNRI)と栄養剤(VB系や生薬)、ビタミンC、E、
大豆プロテイン+ギャバ多めの豆乳を飲んでみてます。

でも一番の特効薬は、無理せず、心配事を極力無くしてよく休み、
何より焦らない事だと思います。


どんな方法であれ、皆さんの病気が治り、本来の自分を取り戻せるといいですね。
「頑張って」は禁句なので・・・「皆さん、頑張らないでください!」

長文失礼いたしました。

689 :病弱名無しさん:2006/12/21(木) 15:34:07 ID:WtC6SO/R
>>668です。
>>688さん
そうですよね(^-^)頑張らないで治すのがいちばんですよね!!
そういうふうに考えられるようになるまでは難しいと思いますけど
ほんとにみんな、まったりがいちばんの良薬ですよ(´∀`)!

690 :病弱名無しさん:2006/12/21(木) 20:27:49 ID:8z0M+H9l
「社会不安障害(一部の患者)」

・一つのこだわりから離れることができない
・対人恐怖などの恐怖、コンプレックスを消滅させようと努力し続ける。
 ※その努力が強迫行為(同じことを永久にやり続ける)という”病気”だという自覚がない。
・グルグル思考(同じことを考え続けるという強迫行為)は頭の中で起こっているため、周りの人には理解ができない。
・何をするにも「治す為」という強い観念(強迫観念)・また、恐怖や不安などの刺激に対して神経が健康な人に比べ
 過剰に反応しすぎることにより、頭がロックされてしまうため、目の前の物事・現実が認識できない。

 共通点は「一つの物事にこだわり、停滞している」こと。

  「薬・療法・カウンセリングは無効」
正常な神経の働きである不安・恐怖の消滅、コンプレックスの消滅、性格の改善、実現できない理想や夢をかなえるために利用してしまうため。

社会不安障害を治す方法である斎藤療法(無為療法)は精神科・医者にほぼ知られていないため、今病院に通っている人がいましたらこのHPを医者に紹介してください。

http://saito-therapy.org/index.htm

691 :病弱名無しさん:2006/12/22(金) 21:25:18 ID:Uo3pR8Rl
うつにも軽いのから重いのまであるんですよね?
どうやったらわかりますか?
さいきん精神科行ってます。
薬を飲めば嫌な気持ちはなくなり楽になります。
診察は初診は話と薬を渡されて終わりました


692 :優しい名無しさん:2006/12/22(金) 21:34:52 ID:UXvE0kXm
>>691さん
お薬はどんなものを服用していますか?
薬にも抗鬱剤、抗不安薬、睡眠薬などいろいろあります。
鬱の程度は↓ここの「抑うつ度チェック」をやってみたらいかがでしょうか?
http://www.ohhori.com/depression/

ちなみに私は…50点以下になったことがありません;;

693 :病弱名無しさん:2006/12/23(土) 20:57:20 ID:AoWpnTvC
昨日は寝てしまいました。
携帯から見てるのでうつ度チェックは出来ませんでした。
服用している薬はトリプタノール錠10と
ソラナックス0.4mg錠を朝昼晩
寝る前にリスパダール液1ml
デパス錠1mg
です。
九日分処方されました


694 :病弱名無しさん:2006/12/23(土) 22:23:23 ID:njQJwifg
http://bom-ba-ye.com/a.cgi?h_yoshida=3

695 :病弱名無しさん:2006/12/24(日) 00:35:06 ID:LUVJi554
最初神経症だったんだけど、途中で鬱病になってしまった。
何時から欝になったのかはっきりしない。
一昨年か昨年かはっきりしないけど症状が変わってきた。
デパスが効かなくなり先生に言ったら逆切れされ薬変えても一緒
デパスでいくと言われた。
その後症状が収まらないので再度行くと別のくれた。
しかしあんまり効かなかった。
そして、遂に食欲不振 無気力脱力感が酷くなりやっと
抗うつ剤を処方してくれた。
最後まで鬱病には診えないだけどなと言いながら
そしたら凄く効いて良くなった。
何故早く抗うつ剤に切り替えないですかと訊いたら大学病院がデパス
を出していたからと小さな声で答えた。
何時から発症したんですかねと訊くと大学病院の紹介状に書いて無かった
と言う。
途中からなったのは間違いないのに責任逃れをする。
やはり判りにくいのかな

696 :病弱名無しさん:2006/12/24(日) 17:19:06 ID:4dTeqf5/
>>695
俺もそうだよ。神経症の激しいストレスで脳内物質が異常をきたして
鬱になるんだろうなあ。
ストレスは栄養素を激しく消耗するというからさ。

697 :病弱名無しさん:2006/12/24(日) 21:50:37 ID:nw3tWgcv
来年就職する大学四年の姉が今日うつ病と診断されました。
学校にも行っていないらしく、卒業出来るか心配です。
姉は立ち眩み、食欲不振があるようです。元々、部屋からあんまり出てこない人だったんですが、最近は特に引きこもりっぱなしで。バイトにも行ってないし。彼氏もいるはずなんですが・・・
うつ病の原因はやっぱり嫌なこと、ストレスですか?
今日、親に聞くまでは、ただ具合が悪いだけなんだと思ってました。
弟として出来ることは何かありませんか?教えて下さい(つд`)

698 :病弱名無しさん:2006/12/24(日) 21:59:35 ID:4dTeqf5/
このスレ読んだら自ずからやる事わかるだろ。
人に頼りすぎ。

699 :病弱名無しさん:2006/12/24(日) 23:26:22 ID:n0GTyaV4
栄養不足・・・食品は「美味しいね!」って思って食べないと身体に吸収されないよ。
薬も必要だけど、薬にばかりたよっていてはダメだよ。

700 :病弱名無しさん:2006/12/24(日) 23:54:01 ID:PxZsghJl
今は薬のお陰で調子も良く食欲もあって美味しく食べられて
ます。
昨年の今頃は最悪だった。

701 :病弱名無しさん:2006/12/25(月) 00:51:45 ID:GZD0zF3g
ひわき悩んだ挙句、治療は止める事にしました
患者仲間の中に11回と16回やった人が居るが、あまり変化が無いとのこと。
10回以上で殆んど変化が無い患者が、他にも結構居るらしいよ。
高額な治療費の割りに
治癒率がかなり低いとなると・・・とんでもないギャンブルです
数ヶ月ひわきに遠い道のり通院しましたが、
最終的には、元の状態に戻ってしまいました。
ひわき もうやめてしまたほうがいいのかと考えます。
私は20回ですが効果はありませんでした。
けいっこう通いましたが、途中から効果を感じられなくなったので。
というか、逆戻りした感じです・・・。
1Aでも2Aでもまったく変わらなかったです!
なんとなく薬と同じで、最初は効いている感じがするだけだと思います。(私の勝手な思いですが)
先生の言葉に期待しすぎてしまってたので、ショックがかなりひどいです。
私みたいな人もいるんじゃないかな?と思いますが・・・。
きっと良くなった人沢山いるのなら、もっともっと治ったと言う嬉しい情報が色んな方から入ってきてもいいと皆さん思
いませんか
合計20回のインプランテーションしましたが、効果が感じられなかったので、金銭的な負担も考え、断念しました。
治らなかったと先生に伝えてないので、勝手に治ったことにされているかもしれないで
いつも、いつも「完治しますよ」と言うひわきの言葉に疲れました




702 :病弱名無しさん:2006/12/25(月) 01:01:06 ID:iZkf6BC8
>なんとなく薬と同じで、最初は効いている感じがするだけだと思います。(私の勝手な思いですが)

プラシーボ効果?
軽度鬱は精神的なものも大きいからなー。

”いわしの頭も信心から”というし、
”信ずれば救われる”なのか、はたまた”信ずればだまされる”なのか・・・


703 :病弱名無しさん:2006/12/25(月) 07:36:25 ID:/j0edJo1
「ひわき」ってなに?
インプランテーションってなに?

704 :病弱名無しさん:2006/12/25(月) 12:35:07 ID:IbNm8Jiw
ただの栄養不足なわけないだろ>>1はバカだなあ

705 :病弱名無しさん:2006/12/25(月) 23:14:53 ID:4oWHeqUh
今月に入ってから母の様子がおかしくて先週から病院で抗うつ剤を飲んでます。
飲み始めて約一週間ですが家事もいつもどおりとはいきませんが
ほとんど出来るようになりました。
治療が早ければ治るのも早いらしいですがこれは薬が効いているだけで
治るのはまだまだ先なんですよね?

706 :優しい名無しさん:2006/12/26(火) 06:09:07 ID:D/eAdKD7
>>705さん
鬱の治療には家族の理解がどうしても必要です。
ご家族のみなさんがお母様を支えてあげれば、
治るのは早いと思いますよ。
鬱の場合「完治」ではなく「寛解」といいます。
これは再発の可能性があるからです。
場合にもよりますが、環境がよければ1〜1年半くらいで
寛解までいけると思います。
症状がよくなっても再発を防ぐために1年くらい
薬の服用を続けると思います。
お母様の場合、家事がある程度できるようなので
治るのも大事ですが、病気と上手く付き合っていくことも
視野に入れてみてはいかがでしょうか?


707 :病弱名無しさん:2006/12/26(火) 06:14:41 ID:D/eAdKD7
あ、名前間違った。。。orz

708 :病弱名無しさん:2006/12/26(火) 19:29:06 ID:tngrkawW
>>706
レスどうも。
一年位かかりますか…
やはり薬がいいのか日に日に良くなっています。
今日なんか今月に入って初めて笑顔を見ました。


709 :病弱名無しさん:2006/12/27(水) 00:33:09 ID:Tfg/E3Cl
>>708

最近の薬は良いのがあるみたいで、薬を飲んでても普通に暮らしてる人大勢いるよ。
たぶん”薬飲んでる”って言わなきゃわかんないぐらい本当に普通だよ。。

272 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)