5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【外傷】高次脳機能障害 その3【血管障害】

1 :ななし:2006/06/21(水) 20:43:00 ID:CePhxSOQ
その2がDat落ちしていたので立てました。
交通事故などの外傷で脳にダメージを受ける、またはBrain attackや
その他の原因で脳が低酸素状態になり、結局脳にダメージを受けるこ
とで、生命存続のために必要な脳の低次機能は働いていても、表現す
る、記憶する、その他高レベルの領域に障害を残すことがあります。

お約束、テンプレは2以降でよろしこ。

2 :漂泊の2ゲッター:2006/06/21(水) 20:47:34 ID:CbH284Lg
俺としては疾風のごとく立った瞬間に2ゲットすることも容易い。
だがしかし、俺も大人だ。
貴様らにも「もしかしたら、俺でも2ゲットできちゃうかも〜?!」って期待を
させないと可哀相だしな。2ゲッターは1日にしてならず。
厳しいナローバンド時代は、そりゃ苦労も多かったさ。
>>4あたりに( ´,_ゝ`)プッ とも笑われたこともある。悔しかったなぁ
だがそれを乗り越え、心の傷を背負ってみんなが尊敬する「2ゲット」のレスができるわけだ。

しかし、俺はそんな素人には「2」は譲れない。なんせ俺の2ゲッター暦は13日になる。
ここまでの長文を書いても余裕でみんなの憧れ「2」はゲットできる。

2ゲット!

3 :ななし:2006/06/21(水) 20:49:47 ID:CePhxSOQ
・漏れは該当するのか?>PET、FMRIで調べろ!
・どうすりゃいいんだ>今までどおりやってればいい!
・死にたくなった>同じ気持ちのやつはたくさんいる!がんがれ!
・稼げない、暮らせない>障害者年金、生活保護の相談をしろ!
・同じ病の香具師はいるの?>当事者のブログがいくつかある。ググれ!

漏れだって生きていくのがつらいよ。でもね、がんがる。

4 :ななし:2006/06/21(水) 20:50:51 ID:CePhxSOQ
>>2
尊敬する。ぱちぱち。

5 :病弱名無しさん:2006/06/26(月) 16:25:22 ID:onWUQ6r7
交通事故で6年たってから高次脳機能障害だといわれた。
いままで「何かおかしかった」のは幻じゃないんだとわかって、少し安心した
そんなおれは単車で時速250キロ(筑波サーキット)での事故。エスケープゾ
ーンを使い切ってタイヤバリアに激突・・・・脳挫傷でした。

6 :病弱名無しさん:2006/06/27(火) 17:43:51 ID:+eW9IKkf
今、テレ朝で放送しているよ。

7 :病弱名無しさん:2006/07/01(土) 21:47:43 ID:sSUKSh8f
>>5
「気のせい」なんかじゃないという確証が手に入って「お目出度う」
しかし、難題を背負い続ける運命と判明した分だけ「御愁傷様」

それだけ年数が経っていても、あきらめるな。
正しい方針でリハビリをやれば、確実に少しは改善するよ。

超早期からの徹底的リハビリによる改善例と比べてしまうと、
「少し」と言ってしまうしかないんだけど、
それは非常に貴重で意味のある「少し」だよ。

8 :病弱名無しさん:2006/07/02(日) 13:09:50 ID:jNn6mUU2
>>5
ただね、実効のあるリハビリを真面目にやってくれる病院は
恐ろしいほど少ないのが日本の実情。

見当違いのリハビリを延々とやられると、全然効果が出ないから
「これだけやっても、まるで駄目なのか」と絶望してしまう。

したがって、まともで熱意のあるリハビリ施設を見付けるとことが
非常に重要。それなしには、話は始まりさえしない。
しかし、日本にはごく僅かしかない。

特に、>>5さんの場合には時間が経過しているから、
今回のリハビリ期間短縮騒動のあおりを確実に受けるだろうとの
覚悟は必要だよ。個々のお医者さんやセラピストの熱意が凄くても、
予算の締めつけは組織としての病院の行動を変えざるを得ないからね。
真面目にやっている病院では、保険点数分程度では効果が出ないから、
これまでも持ち出しの赤字が凄くて苦労していたはずなんだ。

それでも、探せば、熱意に燃えたお医者さんやセラピストに出会えるはず。
探すのは、大変だろうけど。
まかり間違っても引っ掛からないように気を付けなければいけないのは、
本心では「リハビリなんか見掛けを改善するだけ」と確信している医師。
つまり、そうした実績しか残していないし、チャレンジの経験も無いってこと。
その本心を最初から明示してくれれば、近寄らなければいいわけだけど、
表では、それとは正反対の錦の御旗を掲げて患者を集めているんだから非常に始末が悪い。

日本で「高次脳機能障害」の治療効果が非常に悪いのは、こうした性悪の医療関係者の
せいもある。単に事例数を沢山扱えるポジションに居たために威張っているという医師には
こうしたクズが混じっているから、その実力に対して注意すること。
クズを見分けるためには、本質的な質問をしてみてそれに対する答え方の姿勢と
回答内容とを別ソースを使って検証すること。もう一つは、「過去」を調べること。
騙されると、取り返しはつかない。後悔先に立たずそのものになっちまう。 

9 :病弱名無しさん:2006/07/02(日) 14:52:46 ID:8LuxDXHm
>>8
まったくそのとおり。
しかもそのクズは、意外と新規開業の病院の方に多い。
なぜなら、高齢化で増える患者を当て込んで病床を増やしたようなところがあるからだ。
しかも急激に大きくしようとするから、医師や療法士はとりあえず数合わせで採用してしまう。
余所で問題を起こしたり、資格は取れていても患者への対応が不適切でのけ者にされていたようなのが就職先として選んでしまう。
脳機能障害は、入院時は一刻を争うから、そういった病院にかかってしまうことはどうしようもない。
しかりリハビリになってきたら、考え直すことも必要だ。

リハビリを続けて良いかどうか、考え直すうえでのポイントをいくつか紹介しよう。

○ 定期検診の際に、患者がきちんと薬を飲んでいるか聞かない → 病気の再発防止に無関心。
○ 療法士から現在やっているリハビリについての説明が無い → おざなりなことや、自分のやりたいことだけをやる療法士が居る。特に言語聴覚士に多い。
○ ワーカーが近所の施設の紹介ばかりする → 患者が再発した場合、自分の病院にかかっていたからと言われたくないという責任逃れ。





10 :病弱名無しさん:2006/07/02(日) 19:10:06 ID:jNn6mUU2
【日本の失語症治療の原点である伊豆韮山温泉病院が経営難から閉鎖へ】

新聞報道:
「伊豆韮山温泉病院/経営難で休止」
http://mytown.asahi.com/shizuoka/news.php?k_id=23000000606160002
「伊豆韮山温泉病院:経営難で業務停止へ 診療報酬の引き下げ影響」
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/shizuoka/news/20060620ddlk22040327000c.html

日本高次脳機能障害学会(旧日本失語症学会)の沿革:
http://www.higherbrain.gr.jp/01_gaiyou/01.html


11 :病弱名無しさん:2006/07/04(火) 03:18:24 ID:yE+USlRC
言語聴覚士のクズの見分け方は簡単です。
基本的に患者を馬鹿にしているため、こういった行動を平気で取るようになります。

 ○ 患者に対してタメ口で接する
 ○ 教材は本のコピーか手書きのものしかない
 ○ 名札を付けていない。付けていても腰の位置など患者が見えない位置に着ける
 

12 :病弱名無しさん:2006/07/05(水) 00:54:00 ID:vEcgiGtx
失語症治療に対する病院自体の姿勢を品定めするという観点からは、

◎患者数に対して必要な数の言語聴覚士をちゃんと配置しているか?
◎システムとして、患者に対して「自分でやる宿題」を出す方式になっているか?
◎患者が「宿題」を自習する時に、周りに気兼ねなく自習できる環境が提供可能か?
◎病棟の患者さん達の雰囲気が、「回復のために頑張ろう」って意欲に溢れているか、
 それとも、寝ている患者ばっかりか?
 (これは、観察するべきポイントさえ解っていれば、病棟を歩くだけで結論が出る)

儲け主義のダメ病院は、口先だけ上手いくせに手間の掛かることは手抜き放題なので
さっぱり実際の効果が上がっていない。
それを見分けるポイントは明々白々だから、どうしようもない最悪のダメ病院は
淘汰されて行かないのはオカシイはずなんだけど、そういうダメ病院の提灯記事を
載せるマスコミも存在するのが困ったもの。何も解らずに記事にしている記者は
記事を書くためには内容を相手に頼りっきりになる、というのが問題の根源。
「解らないなら書くな」としか言いようがない。
そういうトンデモ病院に、今日も患者が溢れている。ほんとうに、マスコミは罪作り。

13 :病弱名無しさん:2006/07/05(水) 19:25:59 ID:2ucYeLb6
>>12
うーん納得。
ぜひこの板の失語症のスレにも立ち寄ってみてくださいな。
できたばかりでまだ過疎なので。


14 :病弱名無しさん:2006/07/06(木) 10:13:13 ID:7JjXgIUn
作業療法臨床上がりの医者に失語症の患者を診せている病院は大丈夫ですか?専門外だと思うのですが。


15 :病弱名無しさん:2006/07/06(木) 22:29:13 ID:6+xpYNz4
2006年全国大会inおかやま開催計画公開予定
http://www010.upp.so-net.ne.jp/tbi-momo/6kaizenkokutaikaikeikakuan.htm
開催時期 2006年11月3日〜4日
開催場所 倉敷市

16 :病弱名無しさん:2006/07/11(火) 01:23:41 ID:TN9GFZoe
みなさん、お仕事してますか?私は職に就けてませんが、
なんとか就きたいと思ってます。

17 :1:2006/07/12(水) 21:43:58 ID:txjWipx3
私は休職中です。とりあえず会社に籍は残っているだけ。リハビリが大変ですよね。

18 :病弱名無しさん:2006/07/13(木) 00:34:13 ID:cRTaZ5ei
みなさんのリハビリメニューは具体的にどんなことされてますか?
私は階段の最上階から前のめりで落下して後頭部を数回強打し脳挫傷と診断されています。
長文読むのがつらい上、頭に何も入らないくせに
会話になると知っている言葉を人に浴びせてしまったり
変な所に固執して譲らないというやっかいな人間になりました。

19 :病弱名無しさん:2006/07/14(金) 03:48:49 ID:P6ngPWuf
私は・・ひたすら何かを考える。脳をレッドゾーン寸前まで使って何かを
調査する。・・と仕事に戻るための実戦的リハビリをしています。

20 :病弱名無しさん:2006/07/14(金) 06:35:19 ID:XEje7vye
"脳をレッドゾーンまで使う"という作業は、
具体的にはどういった作業なのでしょうか?
とても実践的で脳機能の回復には効果が強そうですね。
私の場合、簡単なテストをしたり単純作業を淡々とやらされるだけで
本当に意味があるのか疑問です。
それから、みなさん投薬は何を受けていますか?

21 :19:2006/07/15(土) 20:47:21 ID:8GX+qkG8
仕事がシンクタンクなので頭を休める暇がないんですよ。毎日帰宅後にぐったりしてます
朝のブドウ糖補給は欠かせません。

22 :病弱名無しさん:2006/07/19(水) 05:49:20 ID:0ZHghNx7
前スレは?

23 :19:2006/07/19(水) 15:49:54 ID:LNfN0I/9
前スレはDat落ちしてしまいました。URLも忘れた・・・・落ちたスレを見られる方
補完してください。

24 :病弱名無しさん:2006/07/20(木) 20:27:37 ID:HRsvEgGc
前スレ 【交通事故】高次脳機能障害【脳卒中】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1067698281/
【交通事故・脳外傷】高次脳機能障害【脳血管障害】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1121861953/

これでいいのかな

25 :病弱名無しさん:2006/07/23(日) 00:43:19 ID:tnkeqfPJ
脳を鍛える頭が良くなる方法脳力開発.net
http://www.nouryokukaihatsu.net/

脳のあるレベルの発達はそれより上のレベルの脳の発達に影響を与える。
つまり延髄の未発達は橋脳、中脳、大脳の発達を妨げ、橋脳の未発達は中脳、大脳の、
中脳の未発達は大脳の発達を妨げる。
ウィン・ウェンガーのトレーニングは延髄、橋脳、中脳、大脳それぞれに対して知覚、
運動による刺激を与えて鍛錬し、より上位の脳の発達の阻害原因を取り除き知力を
高めるというもの。
脳幹の機能を活性化し鍛えるため、脳の土台作りとなり、知能を全般的に向上させる
脳力トレーニングなので速読、写真記憶、右脳開発、記憶力アップ等他の
潜在能力開発法も格段に身に付きやすくなる。

26 :病弱名無しさん:2006/07/28(金) 23:52:14 ID:tfjWfVPs
(奈良)県内でリハビリ困難-唯一の医療機関が移転【高次脳機能障害】  (2006.7.21 奈良新聞)
http://www.nara-np.co.jp/n_all/060721/all060721a.shtml



27 :病弱名無しさん:2006/07/30(日) 15:23:03 ID:lLscOwEL
「高次脳機能センター、患者集中」(中国新聞 '06/7/3)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200607030079.html

▽東広島に開所2ヵ月、専門医不足

 高次脳機能障害者を総合的に支援する中四国初の拠点
「広島県高次脳機能センター」が、東広島市西条町田口の
県立身体障害者リハビリテーションセンター内に開所して
2カ月がたった。
 専門治療を受けるのが難しかった障害者には待望の施設だが、
患者集中による専門医不足の課題も浮き彫りになり、人材育成が急がれている。
                      (治徳貴子)
-- 以下略 --

28 :病弱名無しさん:2006/07/31(月) 18:25:07 ID:MCOez0pV
東海地方のみなさーん、中京テレビで脳外傷を放送してるよ。

29 :病弱名無しさん:2006/08/02(水) 02:10:59 ID:WOwmUpeY
血流良くするサアミオンって薬、投薬されてる方いますか?

前スレで脳器質性精神障害と高次脳について質問した者です。
最近スペクト検査したら問題ないと言われました…薬の作用かは、分からないと言われて嬉しさ半分戸惑うばかりです。

スレ違いでしたら申し訳ありません。

30 :病弱名無しさん:2006/08/03(木) 03:29:52 ID:HQDCxG7i
>>29
いったい何を聞きたいのか、皆目不明ですよ〜
質問事項を具体的に書かないことには、誰にも答えることは出来ないし、
曖昧な質問に付き合うのは危なっかしいから、
真剣な人間は近寄りたいとは思わない。

ただ、確実に言えることは、
・SPECTで明確に異常が判るほどの血流量低下というのは非常に不幸な状態。
・また、SPECTで判るのは、ある程度広範囲な血流低下のみ。空間的分解能が足りない。
・いずれにしても読影医の能力が非常に重要。これって、一種の才能。
 これが無い人にかかると、典型的特徴パターン以外は見落とされるから丸で無意味。
 脳梗塞の早期の確定診断程度の目的ならば、それで十分過ぎるんだろうけれど。



31 :29:2006/08/04(金) 01:00:12 ID:Nd8S3jxq
>>30レスありがとう
分かりにくい質問申し訳ありません。

治らない障害と言われてたものが検査結果で異常なしと言われ
薬(サアミオン)の効果かどうかは、分からない。と言われたので
サアミオンを飲まれてる方で同じ状態になった方は、いないか知りたかったのですが…
この質問も分かりにくかったらすみません。

32 :病弱名無しさん:2006/08/05(土) 00:25:25 ID:vShP+JAj

こんなのありますた。

「高次脳機能障害支援モデル事業」
tp://www.kanariha-hp.kanagawa-rehab.or.jp/dispdtinfo.asp?prm=&M_ID=16&C_ID=3

33 :病弱名無しさん:2006/08/05(土) 19:18:16 ID:QaS6S7A0
サアミオンは一時飲んでいましたが、目に見える効果はありませんでした。
ドクターも「毒にも薬にもならない」と言っていましたし・・・

34 :病弱名無しさん:2006/08/06(日) 13:14:46 ID:A/15YllQ
MRIにしてもPETにしてもCTにしても、 読影がきちんとできる医者はそうそう
多くないそうです。くも膜下出血とか脳挫傷とか、そういう大きいものならた
いていの医師でもわかりますが、高次脳機能障害ですと読み取れない医師のほ
うが多いと思います。
私も、脳神経外科を4つ廻って、やっと発見できました。ほかは「んー、なん
ともないね」で済まされてしまいましたので。

35 :病弱名無しさん:2006/08/07(月) 00:45:28 ID:RbsEpWaf
人って色んな悩みがあるんだな…。俺は遺伝的な問題で体に障害があって悩んでる。
悩みは違うけど、お互い頑張って生きようぜ。
何か文章おかしくて気持ちが伝わるか心配だけど、頑張っていこうって気持ちが伝わってくれると嬉しいよ。

36 :29:2006/08/08(火) 23:23:01 ID:AYDhuvEe
>33
毒にも薬にもならないですか…私も最初に老人の方が主に飲む薬だから体には優しいと言われました。
やはりサアミオンの効果では、ないようですね。


最初にスペクトで血流低下を見つけてくれた医師と今の医師が違うので
もしかしたら今の医師が読み取れなかった可能性もあるのかもしれません…
何が正しくて間違っているのか混乱しますが障害に飲み込まれないよう頑張りたいと思います。

37 :病弱名無しさん:2006/08/09(水) 22:37:07 ID:vAntpcHd
>>36
根拠は?

だいたいにして、サミオンと言うのはどんな効果を持った薬なのですか?
それを、どんな症状を改善する狙いで>>36さんに投与されたのですか?
サアミオンを使って改善を目指すてターゲットとされた>>36さんの症状は、
そもそもが他の人と比較が可能なほどに共通していますか?ここでは特に>>33さんとの間で。

「高次脳機能障害」ってのは、元々は様々な症候群を総称するための名前に過ぎないわけです。
個別の症状は、非常にバラエティに富んでいる。したがって、比較は簡単ではない。

この名前をあたかも単一疾患のごとくに使う流儀というのは、
行政と損保の都合ででっち上げられた虚像そのものなんですけど。
(だから、本気で改善を目指すならば、どんな類型なのかの識別が非常に重要)
(機能低下で済んでいるのか局所的にせよ完全に逝っちゃっているのかの識別も)
そのことを認識せずに、効いたも効かないもないんですけど。
万能特攻薬(aha)の魔法の弾丸なんてあるわけがありませんよ。

なんでまた「高次脳」って、神話と伝説とガセネタの宝庫なんですかね。
しかも、そのネタモトが「高次脳で行政に顔の利く有名医師」だったりするし。

一つ気が付いたことは、まともな医師は、高次脳機能障害という曖昧な言葉の使用を
極力避け具体的な言葉を使うということです。当事者・家族も確かな情報を一つ一つ
積み上げて、伝説と神話の排除を心掛けないと、何時までたっても前進はないのかも。



38 :29:2006/08/10(木) 00:27:48 ID:4xMMIF1P
>37
サアミオンは脳循環改善薬です。脳卒中後の意欲低下を改善してくれるらしいです。
私も血流低下からくる意欲低下を改善するために投薬されました。
飲み始めて1年半くらいしてスペクト検査で血流に問題無しと言われて
「薬の効果かどうかは、分からない」と医師に言われ未だにサアミオン飲んでます。

自分語りになって申し訳ありませんが私は高次脳機能障害では、なく脳器質性精神障害です。
前スレでこの2つは、まったく同じではない、けど似ているとレスをいただいてここをよく覗くようになりました。
症状は注意力、記憶力、集中力、理解力が普通の人より悪いと言われてます。

高次脳についてもネットで軽く調べる程度ですが様々な症状があることも知りました。
具体的な症状も医師から言われてますが…ここで自分の症状を話すのはスレ違いだと思い
かといって他に聞ける掲示板も見つからずサアミオンという薬についてだけ質問しました。

33さんのレスでは、医師が毒にも薬にもならないと言われてたようなので
サアミオンの効果では、ないと一応結果付けました。

まとまりのない分かりづらい文章でしたら申し訳ありません。

39 :病弱名無しさん:2006/08/17(木) 08:42:03 ID:XFDOW44i
捕手

40 :病弱名無しさん:2006/08/22(火) 22:15:07 ID:Ous4cGjn
catch!

41 :病弱名無しさん:2006/08/27(日) 02:04:06 ID:9SEJnxdZ
release (w

42 :1:2006/08/27(日) 11:48:13 ID:8soVkxEt
私は400ccの単車で220キロで車と衝突。見事に高次脳機能障害になりました。

43 :ヒロイ:2006/08/30(水) 02:06:49 ID:uurNCfDn

もし興味ありましたら読んでみてください。

「不定愁訴で苦しんだ20年」
http://www.geocities.jp/abedra820/index.html

44 :病弱名無しさん:2006/09/05(火) 22:16:45 ID:11zky4UR
リハビリの日数規制は明日は我が身。
高次脳機能障害に対しては、当面は猶予されているとはいえ、
少し伸ばしてもらえるだけのことで、その内に同じ運命が待っている。
決して、他人事なんかじゃありませんよ。

高次脳機能障害に関してだって、既にグループ・リハビリは不許可とされたために、
続行不能になっている。まだやっているところは、診療報酬請求無しの犠牲的精神。
非常に有意義だと誰もが認めているにもかかわらず、許容されなくなるという現実。


『リハビリ医療 国は44万人の叫びを聴け』
 多田富雄(東京大学名誉教授)

この4月から施行されたリハビリの日数制限で、寝たきりになる恐れのある患者は、
「リハビリ難民」と呼ばれる。政府の診療報酬改定で、障害を持った患者のリハビリ
医療を、発症から起算して最高180日に制限したためだ。それ以上の給付は、
例外的患者を除いて打ち切るという、残酷なものだ。個々の患者の病態を無視した
乱暴な改定である。
 私は4月8日の本欄に、「リハビリ中止は死の宣告」という投書を寄せ、
この非人間的な暴挙を告発した。これは国民的共感を呼び、リハビリ打ち切り反対の
署名運動に発展した。呼びかけから40日余の短期間に、44万4022人の署名が
集まり、6月30日に患者の皆さんと厚生労働省の担当者に手渡した。
 締め切り後にも署名は増え続け、最終的には48万人を超えた。運動がこれほど
までの高まりを見せたのは、福祉が切り捨てられる格差社会において、医療難民が
出る不安が増大することを、庶民が敏感に感じ取ったからに違いない。市民運動の
力を、これほどまで感じたことはない。庶民は黙っていないのだ。
 厚労省は、何も問題が起っていないから切り捨てを断行してもいいと思っている
ようだが、現場では泣く泣くリハビリをあきらめたり、いつ打ち切られるか不安に
おののいたりしている患者も多い。

45 :病弱名無しさん:2006/09/05(火) 22:20:14 ID:11zky4UR
 医療機関も悩み続けている。早々と打ち切りを宣告したところや、明日はどうなるか
わからないところなど、混乱が続いている。
 介護保険に移行しろといっても、受け皿がないのは目に見えている。
署名提出時にも、除外規定では救われない患者が、涙ながらの訴えが続出した。
特定の疾患は除外されるから問題がないというのはまやかしだ。

 切り捨ての効果は、すぐには表れない。真綿で首を絞めるように、じわじわと
生活機能を奪っていく。事故が起ってからでは、それを訴えることもできなくなるのだ。
寝たきりになり、死を待つほかないからである。現在、被害実態を調査しているが、
それがまとまった時では、もう手遅れになる。
 日本はいつからこんな冷たい国になってしまったのか。厚労省は謙虚に反省し、
生きるために必須な医療を制限するような制度を撤回すべきだ、と再び訴えたい。
44万人余の声は圧殺できるものではない。
もう一度言うが、これはもともとセーフティネットから落ちこぼれた患者の生存権の問題である。
自民党の総裁選レースにまぎれて、難民の苦しみを忘れ去ってはならない。

  ◇   ◇
 34年生まれ。免疫学者。01年5月、出張先の金沢で脳梗塞に倒れる。
右半身まひ、言語障害、嚥下障害などと闘いながら、文筆活動を続ける。
 (朝日新聞“私の視点 ウィークエンド”、206年9月2日)

46 :病弱名無しさん:2006/09/08(金) 12:52:43 ID:oI/NvaTz
言葉教える仕事してるのに
その領域をやられてしまってる自分。
さっき仕事場から電話がきて
以前やった仕事で、ちょっと調べたら分かるようなミスを
しでかしていることが判明。ああ、馬鹿がばれちまった。
クビかな。

47 :病弱名無しさん:2006/09/09(土) 00:13:22 ID:OUEOIe64
俺は中学時代体育で剣道をやっている時に頭を竹刀で数発おもいっきり強く叩かれ二、三日
頭痛が続き、その時はそのまま放っておいたがその後記憶力なんかが悪くなり
ロクに勉強できなくなりそのままドロップアウトすることになった
今思えばあの時点で医者なり行っていれば少しはマシになっていたかと思うと少し後悔
合掌

48 :病弱名無しさん:2006/09/14(木) 20:25:31 ID:SpNBpJu2
>>47
今日、とくダネでやってた「脳精髄液減少症」というのに
状況や症状がよく似てる気がする。
そんなに一般的ではないけど、治療法があるみたいだったよ。

49 :病弱名無しさん:2006/09/14(木) 20:27:09 ID:+FuisJJ/
脳精髄液?

50 :病弱名無しさん:2006/09/14(木) 21:43:23 ID:SpNBpJu2
ごめん、脳脊髄液減少症だ。
なんであんな字になってんだろう。orz

51 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 02:25:24 ID:pcBmeo+d
最近頓に、やる気がおきなかったり記憶力や集中力の低下を自覚してきて
色々調べているうちに自分は高次脳機能障害じゃないかと思うようになりました。
というのも、高校の時、自転車通学してて原チャリのったオバサンと衝突して
脳挫傷を負ったんですよね。
それから20年近く経とうとしてるけど、今更ながらひょっとして…なんて思いました。
高次脳機能障害かどうかを診てくれる病院の診療科って何科になるのでしょうか?
また、神奈川県か東京で高次脳機能障害に詳しい病院などありましたらご教示下さい。
よろしくお願いいたします。

52 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 11:46:27 ID:8vUGXexr
age

53 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 13:54:31 ID:8DoTC6CZ
ぐぐれば いぱーい出るよ

ちょっとお勧めは・・・
いちか○高次脳機能障害クリニック
小○先生に診てもらえー

54 :病弱名無しさん:2006/09/16(土) 14:18:48 ID:fBai8sRq
>>53
ちょっと遠いなぁ…この脳みそじゃ道に迷ってしまう可能性高いから
都下か神奈川の横浜辺りでないすかね?
七沢にある有名な病院は場所がよく分からんし
バス乗り継がなきゃ行けないみたいだから行く気がしない

55 :病弱名無しさん:2006/09/16(土) 22:24:05 ID:EZItEEky
治りたいなら
タクシーでどうぞ

56 :病弱名無しさん:2006/09/16(土) 22:25:55 ID:F+K0bs5k
>>54
バス乗り継がなくて良いと思うが。。。

57 :病弱名無しさん:2006/09/16(土) 22:58:42 ID:7DKGdWPK
普通、この病気で受診するのは脳神経外科?

58 :病弱名無しさん:2006/09/16(土) 23:47:54 ID:EZItEEky
神経内科でもよい

59 :病弱名無しさん:2006/09/17(日) 00:17:25 ID:8ZVu7oZb
外傷性の場合は外科の方がよいのかな?

60 :病弱名無しさん:2006/09/17(日) 11:36:45 ID:enMuLWEN
外傷性自体には脳外

61 :病弱名無しさん:2006/09/18(月) 15:54:58 ID:gtsAaJm7
フリーズする脳

62 :病弱名無しさん:2006/09/18(月) 23:30:18 ID:MVQ1iFzS
脳外科は急性期しか診てくれないかなぁ
リハビリテーション科なんかがいいと思う

63 :病弱名無しさん:2006/09/19(火) 02:02:51 ID:64YlO+Du
高次脳機能科ってないの科?

64 :病弱名無しさん:2006/09/19(火) 13:49:37 ID:52WcmrI5
まだまだそこまで別科してないね
高次脳機能障害科


65 :病弱名無しさん:2006/09/19(火) 13:57:10 ID:52WcmrI5
あったあった
・東北大医付属病院
  ttp://www.hosp.tohoku.ac.jp/department/rehb.html

・あの道免先生も高次脳機能障害専門らしい
  兵庫医科大学


66 :病弱名無しさん:2006/09/20(水) 00:11:50 ID:OY9oPyL2
大都会東京にはないのかえ…

67 :病弱名無しさん:2006/09/20(水) 02:15:16 ID:/CejrPXi
>>66
探せば、いくつか在るよ。

困るのは、何も知らない時点では非常に探し方が難しいことだな。
それが判ってきた頃には、さんざん試行錯誤で疲労困憊というのがこれまでの通例。

かわいい後輩のために、誰か病院ランキングを作れ!

68 :病弱名無しさん:2006/09/20(水) 11:13:47 ID:Y0+MqdFK
つttp://www.nhk.or.jp/hot/2006/0920/index.html

69 :病弱名無しさん:2006/09/20(水) 11:16:05 ID:Y0+MqdFK
ゴバーク

70 :病弱名無しさん:2006/09/25(月) 23:20:26 ID:0kNOzmOq
>>66
見つかったか〜〜?

71 :病弱名無しさん:2006/09/26(火) 09:08:07 ID:naS7MoRW
>>70
有名な医者に診てもらった。MRIもやった。異常なし。
もう来なくて良いと言われますたw

72 :病弱名無しさん:2006/09/28(木) 04:58:25 ID:O0Yc4mKP
 

73 :病弱名無しさん:2006/10/07(土) 02:46:35 ID:MnW/i820
pop!

74 :病弱名無しさん:2006/10/11(水) 01:29:12 ID:HtJxJunR
hop!

75 :病弱名無しさん:2006/10/12(木) 01:50:26 ID:cNkQryK+
高次脳機能障害で障害者年金が認められている人って
どれくらい居るものなのですか?

なんか、えらく低い等級しか付かないらしくて、
苦労して申請したのに実質的には空振りに近いという話を
聞いたら不安になってしまいました。

みんな、貯金を使い果たした後は一体全体どうやって暮らして行くの?
これから先、いつまでたっても苦労の連続しかないと分かってきたら
なんかもうロクデモナイ人生を送る運命が待っているだけだなんて、
もういいかげん嫌になってしまった。

76 :病弱名無しさん:2006/10/12(木) 03:43:56 ID:Xi+j0Gpd
『脳損傷への積極的アプローチ』から

中には、自然にすごく良くなる人もいます。そうした人は資質と家庭での生い立ちによって、
脳損傷に対して、努力して乗り越えるべき課題と見做して自然に対処するからです。
こうしたタイプの性格の人はリハビリにも同じような気持ちで対処し、時間とともに
報酬を得るのです。

http://www.gulf.or.jp/〜yuter/factsheets/a_positive_approach_to_brain_injury.pdf
(大脳リハビリテーションネットのクインーズランド脳損傷協会 fact sheetからの引用)

77 :病弱名無しさん:2006/10/12(木) 17:23:49 ID:6P/bvWKx
>>75
樹海観光しか残っていないと思っているけど、独りじゃ寂しくて踏ん切りがつかない。


78 :病弱名無しさん:2006/10/13(金) 06:13:59 ID:4rcUmBcJ
"Coffee Jump-starts Short-term Memory"

For the first time, researchers have demonstrated that caffeine modulates
short-term working memory. The study was presented today at the annual
meeting of the Radiological Society of North America (RSNA).

"We were able to show that caffeine modulates a higher brain function
through its effects on distinct areas of the brain," said the paper's lead author,
Florian Koppelsta¨tter, M.D., Ph.D., radiology fellow at Medical University Innsbruck
in Austria.

http://www.rsna.org/rsna/media/pr2005/Coffee.cfm

79 :病弱名無しさん:2006/10/13(金) 18:50:32 ID:nnYd2I0z
日本語でおk

80 :病弱名無しさん:2006/10/13(金) 21:57:06 ID:4rcUmBcJ
あ〜、2ちゃんのお約束だと、
「英語読める嫁さえ持てぬ秋の夕暮れ」 …という返歌になるはずなんだけど(笑う)。

それはさておき、
ワーキングメモリや注意機能に対するカフェインの効果を実証するために、
脳内で賦活される場所をfMRIで見てみたって話。
あくまでも健常者を被験者にしての結果なんだけど、
その賦活している部位ってのを見ると高次脳機能障害の場合の関係部位と大当たり。
してみると、注意障害の要因に対する大きな示唆になる。【論文から言える射程はここまで】

ここから先はあくまでも予測に過ぎないのだけれど、
この論文の写真を見るとワーキングメモリや注意機能ってのは
神経回路網の大きなループとして実現されていることを思わせるから
そのループの途中の小さな損傷や機能低下でさえもが非常に広範な症状を引き起こしそうだ。

つまり、注意障害や睡眠障害が基盤になって色々な症状が出ているカテゴリーの
人達は(これって結構多いんじゃないかと思う---周囲の観察結果であって数値データは無いけど)
適切な治療方法が開発されれば意外と救われるかも知れない。【この部分は、あくまでも願望】

高次脳機能障害者をモルモットにして比較対照する研究をやると非常に意味があるはず。
カフェインだけではなくモダフィニール等での網羅的に実験をやると価値が高い。
これは、ワーキングメモリや注意機能の解明を大きく前進させるから、健常者にとっても利益は大きい。

まじめに治療方法を研究開発してくれたら、オレ様が生きている内に間に合うかもな。
(でも、治療目的の研究費でさえ全く無関係で無意味なとこに投入されている日本では絶望的だな)

割れそうに痛い頭で書いているから、内容の正確さは期待しないこと。
頭痛が治まったら、もっと精確な内容紹介を書くよ。
(急ぐヤツは、優しくて稼ぎのある膝枕にできる英語読める嫁を俺様に世話しろ。
ああ。しんど。網限界)

81 :病弱名無しさん:2006/10/16(月) 19:12:18 ID:krvdjogd
稼ぎもなくて英語も読めないけど
膝枕ができるやさしい嫁になれる俺様がきましたよ



ていうか
情報ありがとう

82 :病弱名無しさん:2006/10/18(水) 03:37:16 ID:cb2FDXZJ
8年くらい前、超多忙で超過労状態の時の久しぶりの休日。
朝から会社の人から電話が来て、ふらふらになりながら
電話に出て話してた時に気を失って倒れた。

頼まれごとの電話だったんだけど、キツイから断ったら
もの凄い勢いで頼まれ、その声が強烈すぎて倒れてしまった。
「もうイヤだー!!」って思いと同時に頭の中心より若干右側の一部が
何かが弾けたように激痛が走って気絶してしまった。
その場にいた母に頬を叩かれ、数秒で起きましたが・・・・
これは脳卒中なんですか?誰か分かる方いませんか?
その時は、自分がそうなったとは思わなかったんで、
普通に過労で倒れたってことで内科に行ってしまって、
「たぶん体力が限界で副交感神経が頑張ってしまったんでしょう。休めば良くなるでしょう」
と言われて終わったけど、今になって気になって仕方ありません。
最近この言葉を知ったので、もしかすると・・・と思いました。
普通に生活も出来ていて、仕事や新しいことを覚えることにも支障はないのですが、
でも、その分、頭を使うととにかく疲れました。
あと、何か今までの人生で蓄積された大切な人間性の何かが
自分の中から無くなってしまった感覚があるんです。
今までは、たぶん自律神経失調症だと思ってたんですが・・・。
あと、ちなみに体のどこかが麻痺するだとかしびれがあるという症状はありません。
今ではさほど疲れにも慣れてきて、ほとんど回復したと思ってるんですが、
自分の中から何か無くなってしまった感覚と右側の一部の脳が機能してないんじゃないかって
感覚が抜けきらないんです。
これは高次脳機能障害のひとつでしょうか?
それとも・・・ただの自律神経失調症だったんでしょうか?



83 :82:2006/10/18(水) 03:41:53 ID:cb2FDXZJ
書き忘れです!!
あと、この時以来、偏頭痛持ちになってしまいました。
特に痛むのはやはり右側です。



84 :病弱名無しさん:2006/10/18(水) 06:54:28 ID:NYvUIzD+
MRIとったらどうかな


そっちに問題なければ
心がゆっくりすごせるようにする

85 :82:2006/10/18(水) 18:04:18 ID:cb2FDXZJ
MRIってどこの病院も金額的には一緒なんですかね?
このスレにある病院なんかを参考に探してみます。

86 :84:2006/10/18(水) 18:11:37 ID:NYvUIzD+
なんもないといいね
武運を祈る

87 :病弱名無しさん:2006/10/18(水) 18:47:01 ID:vS80bUNj
先月母が脳卒中で倒れて、奇跡的に意識を取り戻し、
奇跡的に運動機能に後遺症を残さなかったものの、
かなり重度の高次脳機能障害を負ってしまいました。
何も判らず急性期病院から紹介された「回復期リハ」の病院に入院したんだけど、
周りは動くことができないお年寄りばっか。
回復期〜って身体能力に関することがメインなんだ…目測誤った。。。

「高次の治療はここではできません」何て女子高生みたいな女医さんに昨日宣言され、
高次脳機能障害に力を入れている国立と県立の施設を当たっている最中です。

そう…専門的に扱っている施設、しかも入院できるとことなると、
猛烈皆無…東奔西走、母にとって良い施設が見つかり入所できることを祈るばかり。

でも一番辛いのは、元気で行動的だった母…一瞬で「狂人」扱い。
母が自分の病気を理解して、治そうと頑張ってくれればなあ…。

スレぶった切りすみません。。。


88 :病弱名無しさん:2006/10/18(水) 19:18:34 ID:cMLrTQ+t
つ東北大医学部付属病院

89 :病弱名無しさん:2006/10/18(水) 19:19:36 ID:cMLrTQ+t
つ兵庫医科大学

90 :病弱名無しさん:2006/10/18(水) 21:39:51 ID:vS80bUNj
>>88 >>89
ありがとう!
でも私は関東在住なんです。
今のところ埼玉県立リハ、国立リハ、所沢リハを当たっている最中です。



91 :病弱名無しさん:2006/10/19(木) 00:18:32 ID:gxyNX9ER
>>87
お住まいの場所が分からないけれど、ここはどうです?
tp://www.kanariha-hp.kanagawa-rehab.or.jp/

92 :87:2006/10/19(木) 00:38:32 ID:UMqido1g
>>91
情報提供本当にありがとうございます。
住まいは東京都下なので上記の施設を当たってる最中です。
もしもここがダメならご紹介いただいた施設も検討します!!

本人は知能が低下したわけではないので、
自分がおかしなことになっている事が理解できている分、
相当病気に対する苦悩があるみたいで…心中察するに余りありますね…。
母の回復の芽を摘まないように、
そして私が理解してあげることで、母の精神衛生に役立てば…と思っています。
何もできないけど、せめて…という気持ち。

このスレを見て皆さんの苦悩も知り、
母の苦悩も理解できてきた…感じがします。

93 :病弱名無しさん:2006/10/19(木) 04:20:43 ID:xVCloEdS
良い娘だ

94 :87:2006/10/19(木) 20:27:33 ID:kwf2I8IX
皆様、ありがとうございます。
今日当たってもらった上記の施設からSWを経て連絡がありまして、
国立リハが受け入れ対象として可能な症例であるとのことでした。
一度家族が神経内科を受診し、
その場で先生が入院可否を決定するとのことでした。

埼玉県立リハは外傷性の高次脳機能障害の患者さんが対象とのことで、
脳出血で59歳の母は対象外のことでした。
と、なると、神奈川と千葉も望み薄かなあ…。

今いる病院ではCT画像から「脳の萎縮」が認められるため、
認知症が高次脳機能障害に合併しているので、
リハビリをしても予後不良である…と説明受けたんですが、
パートで20人をまとめ、物忘れもあったけど、
生活に支障があったわけでもない…。
職場も60歳定年の職場だったのですが、
60歳以降も職員でいる方向で話が進んでいたそうです。

母は自分がおかしなことになっていることが理解できている。
CT所見で他覚症状が全くないのに、
元々「認知症」だった…って決め付けないで!
な〜んてど素人判断ですが、
後悔したくないので、できることはできるだけやります。

医者は患者を選べませんが、患者は医者を選べます。
フットワーク軽く、頑張ります。

長文済みませんでした。


95 :病弱名無しさん:2006/10/19(木) 21:12:13 ID:Wnq0W9MA
>>90,87
>今のところ埼玉県立リハ、国立リハ、所沢リハを当たっている最中です。

この3つの中で選ぶならば国リハが圧倒的に優れています。ただ、入院までに時間が掛かるかもしれない点が不安です。

と言うのは、お母様が御自分の現在の症状に対する認識があるとなると
そうした「有り得ないはずの症状」に対する苦悩は尋常のものではないからです。
もし>>87さんと同じくらいにお母様も聡明だとすると、たぶん生き地獄に近い心持ちでしょう。

したがって、転院先の良いリハビリ病院を探す努力も大事ですが、それを紹介してもらうためにも、
まず第一に為すべきなのは、
・高次脳機能障害とお母様の症状を良く理解してくれる有能な医師の診察を受けて
 「時間は掛かるけれども、やることをやれば随分と良くなる」とのお墨付きを貰うことで安心して
 希望を持って前に進む意欲をお母様に取り戻してもらうことが、最重要の緊急課題かと思います。

・そうしたお医者さんに出会えば、その病院にはベッドの空きが無くて入院出来ない場合にも
 安心して転院出来る病院を紹介してもらえるものと期待できます。

・このケースで力になってくれそうなお医者さんの最有力候補に心当たりが無いわけではないのですが
 公開の場でそれを書くと色々と圧力が掛かりそうなので、中々と難しいのです。

・こういう一刻も早く希望を取り戻すことが重要なケースでは、のんびり時間を掛ける余裕がないので
 困ってしまうのですが、ヒントだけ示しておきます。

●神奈川リハビリテーション病院の医療連携室に電話(046-249-2506)してみてください。
 聞き方は、事情を説明した後に、「しばらく前まで神奈リハにいた非常に有能なお医者さんで、
    今は都内の出身大学病院の助手のポジションに戻った」

上に書いた電話番号は十分に確認した積もりではいるのですが、こういう番号の転記が当てにならない症状を抱えているので間違っている可能性が有り得ます。したがって、うまく繋がらない場合には電話番号案内で確認してみて下さい。



96 :病弱名無しさん:2006/10/19(木) 21:27:05 ID:Wnq0W9MA
>>94,>>87
既に書いていらっしゃいましたね。
幸運をお祈りします。

97 :病弱名無しさん:2006/10/20(金) 18:48:43 ID:amZNipHO
お互い、先の人生は長いですから
頑張りすぎずに・・・気楽に気長に(*^_^*)

98 :87:2006/10/20(金) 20:08:09 ID:pUxGdICS
>>95
とても貴重な情報をありがとうございました。 検索してみたところ…それらしき先生を発見いたしました。
大学のHPより先生にメールすることも可能のようでしたので、 もしも路頭に迷った時は…お力をお借りするかもしれません。 ありがとうございました。

にしても、こういうリハビリ病院では、始めに家族が面接に行きますが、 このときって、病院側は何を見たくてこうした機会を設けるのでしょうか…。
国リハでも本人がこれない場合は家族受診を行いますが…。 正直…プレッシャーです。

また現在、高次脳機能障害に関しては外傷性の患者さんに施設側の受け入れが多いみたいですが、
2020年には脳卒中患者が288万に上ると予測されている今、 母のように脳卒中で障害を負う方も増えると思うのですが…。
こっちのインフラ整備に関して今後どうなるのか…少し心配です。

それと今日母から貴重な話を聞けました。携帯メールを一緒に読んでいたところ、
「文字は…わかるんだけど、意味がうまく判らないんだよね…」 音読も漢字は読めるのですが、ひらがなを間違えやすいんです。
「へ〜お母さんの世界ではそういう感じに見えるんだね」 なんて話していたのですが…その後、ため息をつく母に言葉を掛けられませんでした。

頭の中がグチャグチャで、自分では何をするにも自信が持てず、 看護婦さんには幼児言葉で話しかけられる…。
私は赤ちゃんのように見える?いつ帰れるの?いつ治る?いつまでこれが続くの?

母はリハビリ担当の方や看護婦さんの前では質問に思うように答えられないのですが、
私と話していると、とてもしっかり答えてくれます。 とても切ないです。脳出血は一瞬でした。
私がしっかりしないと母は一人になってしまいますね。
とにかく良い先生を探し、自信を持ってもらえるように頑張ります。

>>97
母にも伝えておきますね。

またまた長文済みませんでした。


99 :91:2006/10/20(金) 22:26:38 ID:M2XgDaZQ
>>98
通りすがりの者です。
頑張って下さい。


100 :病弱名無しさん:2006/10/21(土) 08:06:00 ID:obIcg/7h
入院の対象になるかというのが目的では?
正直、リハビリの対象になるのとならないのでは、保険点数(?)みたいのに
関係すると思うし、あとは、対応できるかではないですか?

私もリハビリ病院に勤務していた経験がありますが、やはり、事前に面接
してましたよ。
患者さんの状態や情報が事前にあるのと無いのとでは、こちらとしても
違います。
対応の困難(と予想される)患者さんなら、病棟としても対応方法を統一
しようみたいな事や、ベテランのナースが担当したりとか・・・
事前に情報を共有できたら。

あるがままを正直にぶつけて良いと思います。
無責任な発言かも知れませんが、思い入れの強い、意見をいう方の方が
どうなりたい・どうなって欲しいという明確な思いがあったほうが
受け入れる側も気合い入れると思います。
また、その思いに対応してこそプロなのだと思います。

言葉に関しては、やはり家族の方が思いを酌みやすいというのは正直
あります。何を言いたいのかなと思いつつ、どうにか通じ合おうとしますが
難しいです。しかし、子供扱いはダメです。病院に苦情を!
投書でも良いですし・・・
せっかく、新しく生活を構築しようという大切な場です。
私も同じような患者さんを相手に働いている立場で、そういう思いをされて
生活されているのは残念です。
一期一会。大切にされて良い存在です。貴方がそんなに立派に育ったのは
お母様のご尽力。失ったものを数えず、残ったものを生かしましょう!!

長文すみません。
真面目すぎてしまうのは、苦しいですよ。
障害を受け入れつつ、気にしない。気にしない。

101 :病弱名無しさん:2006/10/22(日) 16:12:44 ID:i86f5Ee/
まず正確な診断をすることが必要ではないでしょうか。
文字がわかって、意味がわからないのはたしか・・ブローカー、もしくはウィルニッケ
失語症だったと思います。
診断に基づいたリハビリ方針がありますから、高次脳機能障害をたくさん扱っていると
ころで相談されては。私は神奈川なので神奈川リハに行き、そして有名な先生を紹介し
てもらいました。年金の相談にも乗ってくれます。

102 :87:2006/10/22(日) 20:28:34 ID:Kxt+nBRU
>>99 >>100 >>101
皆様、大変ありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。
周りに同じ悩みを持つ方がいないので、とても心強いです。

そうですね…残念ながら今の病院では診断できる人もないと思います。
先生は20代の女性で一人で病棟の70人近くを抱えてる状況ですし、
若いのはリハビリの先生も一緒で、皆さん20代と思われます。
また他の患者様はみなさん麻痺がある方が多く、
頭のほうはしっかりした方が多いです。
病院が受け入れたい患者さんと母とではミスマッチだったのだと、思っています。

今の病院は自宅に近く、友達も頻繁に来てくれるので、
日に日に顔色もよくなってきている気がします。
急性期の病院から早々の転院を打診されていたため、
ベッドが空いていて、近くだったこの病院を選んでしまって…、
目測を誤った…と自分で自分を責める毎日でしたが、
とにかく今すべき方向がわかったので行動するのみです。

然るべき先生にご診断いただき、
今一番、母に必要な処置等をアドバイスいただければ…と思っています。
入院は無理でも、きっといい情報が入手できると思います。
あとは…母が自分の状況をしっかり把握して、
目的意識を持ってリハビリができるようになれば…と思います。

では、明日に期待して!!

103 :病弱名無しさん:2006/10/23(月) 05:19:55 ID:OUX3Vh0K
おまいら
がんばれ

104 :101:2006/10/23(月) 16:33:09 ID:KRVrMQFM
診断がきちんとつけば、リハビリは結構たくさんの病院でやってますよ。
失語症でしたら言語療法士が必要でしょう。
体のリハビリは大体どこでもやってますね。
はやくPETかfMRIで障害部位を特定して、神経内科医か高次脳機能障害の
専門医に診断をしてもらってください!早ければ早いほどいいのでのんび
りしないことです。

ちなみにCTや普通のMRIでは特定できないことが多いので、PETかfMRIで。
東京でしたら、たしか東京女子医大にあったと思います。

105 :87:2006/10/25(水) 00:23:46 ID:PMXvBx1K
>>104
またまた貴重な情報ありがとうございます!
嫌な長雨が続いていますが、皆様お元気でしょうか。
先日病院へ行って参りまして、先生に色々とご説明いただき、
来週早々に入院することになりました。とりあえず…一安心といったところでしょうか。

とにかく「母が入院してリハビリをすれば全てが解決することではない」と、
先生からご説明いただきました。
今、家族がすべきこと…それが判って霧が晴れた気持ちでした。
本人がモチベーションをもってリハビリし、周りもそれを支え、社会復帰への環境を整えること。
それがこの障害にとって重要であると、ご教授いただけました。
あまり気張ってもいけませんが、自分もできる限りの事をしようと元気が出ました。

母が倒れた時は、母の将来と自分の将来を思うと不安でなりませんでしたが、
友人が「○○(私)の長い人生のほんの少しを、お母さんのために使うくらいいいじゃないか」
といってくれたのが、不安をなくす言葉でした。
自分も社会で仕事を頑張って、出世し、それでこそ人間として成長するんだ!
なんて学生時代は思っていましたが、
社会に出て思ったのは、忙しさの中で垣間見る、人間の浅ましい部分でしたでしょうか…。
正直、仕事を頑張ってボロボロになって給料を手にしても、虚しさを募らせる毎日でした。
本当はないほうが良かった母の病気ですが、
人間として大切なものを学ぶチャンスを、母からもらったのだと思って、
勉強するつもりでこれから頑張りたいと思います。

また見知らずの私に情報を下さった皆様に、心から感謝いたします。
ネット上ですが、同じ悩みを分かち合える素晴らしさを、これからも大切にしたいと思います。

長文すみませんでした。

106 :病弱名無しさん:2006/10/28(土) 10:44:16 ID:A5JnyitN
がんばれ!俺の親父もそうだ!

107 :87:2006/10/28(土) 15:31:40 ID:maAfT6TX
こんにちわ。私はなんと風邪をひいてしまい、熱まで出てしまいました。
昨日母に会いに行ったら「無理しなくていいよ」なんていわれてしまいました。
母にはまた環境が変わって一から覚える(母には大変な作業です)苦痛を与えてしまうのが、
なんとも切ないのですが、そろそろ発症2ヶ月目。
2ヶ月前は危篤状態、1ヶ月前は歩行ができた…では1ヵ月後はどうなってるかな?
そう考えて、遠い未来は考えないで、日々最善を尽くしてゆきたいと思います。

>>106
ありがとう!母がこんなになるなんて夢にも思いませんでしたが、
一番辛いのは病気になった本人ですよね。
そこのところが一番重要だと、肝に銘じてできる限りのことを頑張りましょう!


108 :106:2006/10/28(土) 23:09:43 ID:Bs6nqqBC
>>107
あなたはまだお若いらしいけど、頭が下がります。
こっちは、危篤になってからまだ一ヶ月も経っていません。
あの世から生還したまでは、よかったんですけどねw
それから、感じたのが病院自体がこの症状の回復の妨げになっている
面があるような気がします。(詳しくは書きませんけどお分かりでしょう)
でも、まだ動かせる状態ではないし、もう少し体の方が良くなったら
上で書かれている検査も有効かな。
ウチの場合は87氏のお母さんより結構年寄りなんですが、、、。
そっちはまだ若いからかなり良くなるんじゃないでしょうか。
頑張ってください、いや、頑張りすぎずに。

109 :病弱名無しさん:2006/10/29(日) 15:17:40 ID:Jx4I9Xlq
この障害に関しては、病院や医師もまだまだしっかりとした体制が取れる
段階ではありません。なので、患者とその家族が主体となって治療を進める
必要があります。
高次脳機能障害に関しては、本屋の医療コーナーではなく、脳科学のコーナ
ーを探すと情報がたくさんあります。
医者任せにしないで、がんばってください。

こういう私は当事者。いろいろ大変です。

110 :87:2006/10/29(日) 20:26:34 ID:haafELlh
>>106
こんばんわ。106さんのご苦労は筆舌に尽くしがたいものがある事、私も判ります。
命が助かって良かった!の後に、間髪いれずに現実を突きつけられる…私もそんな感じでした。
私も急性期の病院で、障害に伴う異常行動に対する「対処」だったのですが、
母に拘束帯がいつの間にかつけられていて、一見狂人扱いで心が締め付けられました。
やはりそういう疑念があるのであれば、早々に次の病院を見つけるのがいいかと思います。
また個人的な経験ですが、医療相談員の方は中にはあまり当てにならない人もいるので、
お父様のご回復に最善の方法が取れるように、まずはご家族で相談したほうが良いかと思いますよ。
母の場合、急性期から転院した回復期リハの病院は「リハビリ」という点では意味がありませんでしたが、
場所が変わって、雰囲気も明るくなったせいか、見る見る顔色が良くなりましたよ。

>>109
始めまして。貴重なご意見ありがとうございます。
私も母が倒れなければ、決して耳にすることのなかった障害だったかもしれません。
神経心理学的な見方は、たまたま大学時代に勉強する機会があったのですが、
飽くまでそれは健常人からみた障害の表現型についてで、
障害を持った方が、実際にどのように感じているか全く見当がつきませんでした。
最近は障害を負った方の手記などを読み進めています。
109さんや母の脳の世界へ、私が踏み込むことは難しいですが、
理解しようと努力し続けることが、今、私にできる事かも知れません。
母も私もこの障害に対して諦めないことが重要かも…。一緒に頑張りましょう。

本日母が自宅に発症から2ヶ月ぶりに帰宅しました。
「判らない」「覚えていない」の一点張りでしたが、
トイレの場所も一発で覚えて…やっぱ脳のどこかに記憶があるのでしょう。
問題行動など一切なく、家事もしてくれました。

トンチンカンが少しでも治りますように…(>人<)


111 :病弱名無しさん:2006/10/30(月) 23:03:36 ID:i3nd7c2U
ブログとか漁ると、調べたり、試行錯誤している本人が結構いますよ。
それぞれは一つの例にしかなりませんが、心構えをつくれるかもしれませんね。

112 :病弱名無しさん:2006/10/31(火) 20:40:18 ID:m+zjM4zB
言葉おじさん注意!

113 :87:2006/11/04(土) 16:42:38 ID:Ym+RjjPV
皆様お元気でしょうか。
色々手続き等で精一杯です…。
脳血管障害での高次脳機能障害は悪化することが多いみたいですね。
なんか私も暗くなる話をされました。受け入れなきゃな。。。

生命保険の申請も本人がわからないので、とても面倒な続きになってきました。
発病後6ヵ月以降に受ける精神障害者手帳の件もあります。
なかなか大変です。

本人も何がなんだかわからず「騙されているみたい」といっていました。
そうだろうなあ…短期の記憶を全部忘れちゃあそうなって当然。

気張らず、適当に最善を尽くしますね。




114 :病弱名無しさん:2006/11/08(水) 23:54:48 ID:uWXAJSrS
岡山の脳外傷友の会に行ったやつは、どんな様子だったか教えれ!

115 :87:2006/11/10(金) 20:47:39 ID:xUOKfy2y
あげておきますね

116 :病弱名無しさん:2006/11/11(土) 18:10:27 ID:2LfNfY2H
>>114
聞いたらガッカリするかもよ。

117 :106:2006/11/13(月) 20:44:10 ID:o6I39nv/
このスレとお別れです、不整脈と肺炎などが災いして他界しました。まだ六十代でした、誇り高い男だから今の状態が我慢ならなかったのだと思います。みなさんもがんばってください!

118 :病弱名無しさん:2006/11/14(火) 09:52:26 ID:Pfm7C1GE
>>117
とても残念です。
ちゃんとした病院だと、万が一にも肺炎にさせないようにと
予防措置にもとんでもなく熱心なのに・・・
入院中に肺炎で死なせたケースは一例もないという記録を何年も続けている病院だってあるんですよ。

ご家族の無念を思うと涙がこぼれてきます。
何もして差し上げられないけど、せめては御冥福をお祈り申し上げます。

119 :病弱名無しさん:2006/11/14(火) 13:11:13 ID:+KFt81la
ありがとうございます。
かなりちゃんとした、日本でも高名な病院でしたので運命だと思います。
詳しくは書きませんが、肺炎が直接の原因ではありませんし。
誇り高いまま逝った父を今は尊敬しています。

父が死んでから恐らく初めて、お礼とお詫びの気持ちを心から素直に
口に出すことができました。


120 :病弱名無しさん:2006/11/15(水) 00:28:20 ID:/Ni7oldR
私の知り合いが交通事故で意識不明の重体、目が覚めたかと思ったら、記憶障害。そこから立ち直り、今なんとか働けているけど、給料を全部使ったり雨が降ってないのに傘さしたり行動が常識じゃない

121 :病弱名無しさん:2006/11/15(水) 00:32:41 ID:/Ni7oldR
120です。続→事故から四年くらい経ってます。しゃべったり見た目は普通。欲が薄れているようだけど、給料はその日に使う。。。時に暴力もある?    やっぱり高次脳機能障害?

122 :病弱名無しさん:2006/11/15(水) 09:05:55 ID:PJb8A5HV
>>120
間違いありません


123 :病弱名無しさん:2006/11/15(水) 13:21:25 ID:hBREmkfX
T1:交通事故による受傷
 2:社会生活上の制約あり
   ・記憶障害
   ・遂行機能障害
   ・病識欠落
   ・社会的行動障害
U :入院中の検査所見で+
V :除外項目なし
W :急性期状態を脱している

以上により「高次脳機能障害」と診断される。
(国立身体障害者リハビリセンター診断基準)

124 :病弱名無しさん:2006/11/15(水) 14:35:02 ID:/O5J7g+c
高次機能障害については、f―MRIで診断可能だったと思う。精密な検診のためには、f―MRIをもつ病院の方がいいかもしれない。

125 :病弱名無しさん:2006/11/20(月) 13:53:16 ID:i6LxEWdU
スレ題名が大きくなったような?

126 :病弱名無しさん:2006/11/22(水) 20:25:39 ID:c9JD7rfz
私は昔イジメられていて頭を何百回と殴られました
そのせいかわからないんですが、私は今、ぼーっとしてる事が多いんです。
彼氏にも今日「ずっと上の空で一緒にいても楽しくない」と言われてしまいました…。
私はぼーっとしてる時はただ周りの音を聞く事しかできなくて考え事をしてるわけでは無いんです、意識しない間にそうゆう状態になってしまうんです。1日10回は(ほとんどは学校や音がうるさい場所です。)私はそれがすごく無駄な時間に思えて、治したいのですが、

やっぱり昔の殴られたのが原因でしょうか…?

127 :病弱名無しさん:2006/11/23(木) 22:45:01 ID:kRl4BXRg
血管が胸のあたりにすごくあるんですが、かなりめだちます。            
最近こわくなってきて、これは何でしょうか。。
ちなみに女です。

128 :病弱名無しさん:2006/11/25(土) 19:38:38 ID:btpM6VU0
父が高次脳機能障害といわれました。
病気の様態や、対策など参考になることを乗せているサイトなどありませんか?
とにかく情報集めをしないと・・・なんか早いうちじゃないとだめぽみたいですし・・

129 :病弱名無しさん:2006/11/26(日) 21:38:36 ID:J7k4sQpe
F-MRIおいてる病院リストみたいなのありませんか?
PETより発見しやすいのでしょうか?

130 :病弱名無しさん:2006/11/27(月) 16:37:14 ID:BFWXI3Yv
>>128
つ ttp://www.rehab.go.jp/ri/brain/index.shtml

国リハのHPです。

131 :病弱名無しさん:2006/11/28(火) 08:22:49 ID:GbQ14WbN
>>128
サンクスです。参考になりました。
塞栓が血管につまってしまったようで、困り果てています・・

132 :名無し@自宅療養中:2006/11/29(水) 18:07:56 ID:lMlNW4PH
脳出血で倒れたのが五月
身体機能は回復し退院できましたが
半側空間無視があるため社会復帰できず悩んでいます

133 :病弱名無しさん:2006/11/30(木) 01:35:32 ID:mNJlVW3V
半側空間無視があるのにカキコはどのように?

134 :名無し@自宅療養中:2006/11/30(木) 15:36:49 ID:XIvdGrQX
>>133
症状は軽い
パソコン画面上に現れる線の切れ目が見えたらボタンを押すテストで左方だけ反応が遅れたり
新聞などの縦書き文の最終行を時々見落とすことがあったり
横書き文の最初の一文節を時々読み落としたり
七桁程度の看取り算だと最初の一桁二桁を見落として間違えることがある
日常生活であまり不便は感じないけど田舎なので運転できないのは辛い

135 :病弱名無しさん:2006/11/30(木) 17:09:24 ID:nUuww7Cd
免許持つコトはできないんですか?

136 :名無し@自宅療養中:2006/11/30(木) 19:16:50 ID:XIvdGrQX
>>135
免許はすでにあるけど
医者に「危険だから」と止められている

137 :名無し@自宅療養中:2006/12/01(金) 21:41:13 ID:nJTH+VLE
どんな訓練すれば半側空間不認は改善されるんだろう?

138 :病弱名無しさん:2006/12/02(土) 00:52:09 ID:sRuzfNiy
ヒント:レンズ
「失認」

139 :名無し@自宅療養中:2006/12/02(土) 02:16:00 ID:UOQ7nJrd
>>138
それって矯正じゃん
車の運転は無理ぼ・・・・・

140 :病弱名無しさん:2006/12/02(土) 02:45:37 ID:s1FH5bbf
感覚矯正学です

141 :名無し@自宅療養中:2006/12/02(土) 21:31:16 ID:UOQ7nJrd
あと、仕事に就くには数字の見落としを無くすように練習しないとダメだな、、、、

142 :名無し@自宅療養中:2006/12/10(日) 02:59:07 ID:h00ETJ40
病気はイヤだ
なんとか運転できるようになりたい・・・・・

143 :前スレ399:2006/12/12(火) 01:29:51 ID:17pDd85+
脳腫瘍による記憶障害があるIT技術者が派遣されて、
どう対処していいかわからず、前スレでいろいろとご相談
した者です。

新しい仕事を覚えられないので、とうとうユーザーからも
不満の声が出て、やっとうちの部署は契約を切る方向
で動いたのですが、他の部署から「外国からわざわざ
呼んでおいてひどすぎる」と非難の声が上がりました。
しかしその部署も彼の仕事ぶりを直に観察したところ
「何もやっていないな。自分は使いたくない」とのことで、
ようやく派遣元に契約解除を申し入れました。

しかし、派遣元は契約を維持したいと強く粘り、結局、
契約料を大幅ダウンし、記憶力があまりいらない
別の部署の仕事をすることになりました。

144 :前スレ399:2006/12/12(火) 01:52:20 ID:17pDd85+
派遣は本来、うちの一存で切れる契約なのですが、それでさえ
裏ではこれだけの話し合いと葛藤がありました。

今仕事を持っていて、切られるかもしれないと感じている方は、
黙ったままではなく、雇用側に積極的に話し合いを持ちかける
べきだと思います。雇用側も対処法がわからず、悩んでいるので、
案を提示することによって、いい方向に変わる可能性もあります。

あと、普段から仕事に真面目に取り組み、誠意を持って接する
ことがとても大事だと思います。態度の不遜な人間は抵抗なく
切れるが、気持ちのよい人だと「何とか考えよう」となる可能性が
高くなります。

145 :この病気についてmixiで:2006/12/12(火) 01:56:11 ID:4NCf4cxx
無条件ですぐmixi招待状おくりますので・・・
support@masa-mune.com
ここに性別と年齢だけ送ってくださいませ。

146 :病弱名無しさん:2006/12/17(日) 06:54:17 ID:ynDjDT38
はいはい

147 :病弱名無しさん:2006/12/23(土) 12:26:08 ID:EfNPK8Vf
>>141
>仕事に就くには数字の見落としを無くすように練習しないとダメだな、、、、

おおっ、 仲間が居た!
なんか良い練習方法って無いものなのかな?

59 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)