5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★自律神経免疫療法2★★

1 :シナモン:2005/12/24(土) 21:30:05 ID:wsjXOzaN
★★自律神経免疫療法2★★

また立てますた。( ^∀^ )

関連スレ
すべての病気、症状が治る爪もみ☆2
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1094742194/l50

2 :病弱名無しさん:2005/12/24(土) 21:34:04 ID:W3b2A2zH
2

3 :シナモン:2005/12/24(土) 21:35:15 ID:wsjXOzaN


4 :シナモン:2005/12/24(土) 21:43:56 ID:wsjXOzaN
4様

5 :病弱名無しさん:2005/12/24(土) 23:13:04 ID:UHm1Ewyt
早老

6 :病弱名無しさん:2005/12/24(土) 23:38:54 ID:QMnpPcGg
前スレ

★★自律神経免疫療法★★
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1099479168/


7 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2005/12/24(土) 23:50:09 ID:QMnpPcGg
>シナモン

スレ立てありがとう。2chはせっかく書き込んで消えてしまうからなぁ。ちと辛いね。
前スレで全然分からないというレス来てたけど、マリリンは学問板からきたから
健康板だからと言って手加減の仕方を知らない。こんなマリリンでも心理学板では
論理性がないとか言われてた。

板によってずいぶん違うモノだわと思った。これからもマリリンのキャラのままで
ヨロシクネ。



8 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2005/12/24(土) 23:54:46 ID:QMnpPcGg
前スレコピペ

807 名前:病弱名無しさん 投稿日:2005/12/22(木) 18:31:46 ID://vpw5sD
去年の9月と今年の10月に近所の内科医院で白血球の分画をしました。
報告書を見たら、LYMPHOの基準値が(30〜45%)から(18〜50%)に変っていました。
皆さんの報告書では、どうですか。
ちなみに、検査機関は潟宴|テックというところです。

829 名前:807 投稿日:2005/12/24(土) 11:51:57 ID:2N/AuKJD
>>807は、福田・安保理論に逆行する動きを紹介したのに誰もレスしないのは不思議だ。
血液検査の基準値はどこで誰が決めているものなのか。

9 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2005/12/24(土) 23:56:45 ID:QMnpPcGg
>>8 前スレ>>807
>LYMPHOの基準値が(30〜45%)から(18〜50%)に変っていました。
>皆さんの報告書では、どうですか。ちなみに、検査機関は潟宴|テックというところです。

18〜50%が正常範囲ではほとんどの人が異常なしとなってしまうと、どこかで安保先生が
書いていました。

最近、色々な検査機関のリンパ球の正常値を見せてもらう機会あるのですが検査機関
によってバラバラですね。ちなみにうちが使っている検査センターは21〜45%でした
一番厳しく見積もっている所は27〜45%のもありました。

30〜45%では異常ありがやまのように出てしまい、今の西洋医学の異常の範疇では
考えがたく異常の理由を患者に説明できないので、お客様である医療機関から文句を
言われたので、潟宴|テックは昔の基準にもどさざるを得なかったのでしょう。

私は、本当は異常がある人は異常があるとして、受け入れさせた方が良いと思うのですが
自律神経のバランスが狂ったための未病の状態の人が存在することを西洋医学は認める
ことができません。

ましてやリンパ球と顆粒球の割合が交感神経と副交感神経のバランスを現しているなんて
事は認められるはずもありません。そのため30〜45%が正常範囲なんてありえなかったのでしょう。


10 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2005/12/24(土) 23:57:51 ID:QMnpPcGg
私が白血球の検査値で思ったことは%で考えるより顆粒球数やリンパ球数の絶対数で
考えた方が分かりやすいのではないかと言うことです。

顆粒球数は変動が激しいけど、リンパ球数は比較的安定しているような気がする。
だから、同じリンパ球数でも顆粒球数の変動に伴って%はもの凄く変わる。それに一喜一憂
するよりは、リンパ球の絶対数がまず安定的に確保されているかどうか見るべきだと思う。

それから今度は顆粒球の絶対数が多すぎたり少なすぎたりしないか考えた方が
マリリンとしては分かりやすいと思う。%は交感神経体質か副交感神経体質か見るのに
分かりやすいと思うけど、免疫の抑制状態を見るのには不向きだと思う。

11 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2005/12/25(日) 00:04:42 ID:pquaNh7V
前スレ>>829

>血液検査の基準値はどこで誰が決めているものなのか。

血液検査値だけではなく、肥満とか血圧とかコレステロール値とか血糖値も
何をもってここからは異常だと決めているんだろうね。私も不思議だ。

医者が自分たちの都合で決めているんじゃないかと疑ってしまう。

病気がイヤなら太りなさい―肥満はヤセより長生き
高田 明和 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4576052039/qid%3D1135436587/503-8387160-1983168

12 :カイ:2005/12/25(日) 00:09:26 ID:NTH+ReJt
シナモンさん、皆さんはじめまして。前スレから拝見してます。
親友が12月上旬にガンの告知を受け、手術をし、
年明けから抗がん剤治療スタートです。
マリリンさんの書き込みは大変参考になります。
免疫力の状態を把握するのに白血球数や顆粒球・リンパ球の割合を
確認することが大切ということで、入院中に血液検査をするとき
「白血球の百分比も教えてください」とお願いすれば良いのでしょうか?
私は医学には全くの素人(無知)ですので、
的外れな質問でしたらごめんなさいm(__)m

13 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2005/12/25(日) 00:26:57 ID:pquaNh7V
>>12
>「白血球の百分比も教えてください」とお願いすれば良いのでしょうか?

それで良いと思います。

リンパ球数を知っておく事は私たちにはとても参考になりました。
ある程度のリンパ球数がある間は患者さんも元気ですし、再発の心配もしなくて良い。

安保先生は1800ulのリンパ球数を2年間維持できれば、癌は自然体宿をはじめると
書いていました。この基準、自分たちでやってみて思うのですが健康だと思われている
リンパ球数が低い人でも達成するのは大変です。

ましてや癌の患者さんがこの基準を達成使用としたら相当の努力が必要です。ついつい
以前の悪習慣が出て、働き過ぎたり夜更かしをしたりして免疫抑制状態になってしまう。
その間隙を縫って癌が再発してくるんです。

うちは悪性のスキルス胃ガンでしかもstageWbでしたので、なおさらそのように感じるのかも
知れませんが、それでも1年以上たってまだ元気にしています。これからが大変でしょうが
カイさんも色々な情報を集めて対処していって下さい。

14 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2005/12/25(日) 00:31:24 ID:pquaNh7V
訂正

自然体宿 ×
自然退縮 ○

達成使用 ×
達成しよう ○  眠いので変換ミスが..............orz お休み。

15 :病弱名無しさん:2005/12/25(日) 01:42:19 ID:Li8YIs7E
>>ベンキョウ中さん
おお。レスありがとうございます。

・(体を冷やさない)
・栄養バランスをとる
・適度な運動をする
これらは自分の意思で完全にコントロールできますね。

・(体を冷やさない)
・ストレスを貯めない
・十分な睡眠をとる
これらは簡単にはコントロールできませんね。やはり問題はこちらでしょうか。

病は気からという言葉があり、これは
@心を良化、A身体を良化、の順ですが、
健全な身体に健全な精神が宿るという、
@身体を健全、A心を健全、の順番を意味する言葉があったり、
色々複雑ですよね。

自分は今までずーーっと上のほうの考えでしたが、最近下の方もあるかなぁと思うようになりました。
勉強さんはどういう風に考えてるか、よろしければ教えてください。
上か、下か、それともそんなのどうでもよいか。

長文スマヌ

16 :病弱名無しさん:2005/12/25(日) 08:53:38 ID:hxT0xIji
全スレより抜粋。
759 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2005/12/15(木) 00:36:03 ID:07dablWQ
私の知り合いの癌患者だって、手術も抗癌剤治療も受けた、だけど、サプリメントも毎日
飲んで、湯治にも行って漢方も使っている。それで医者が言った余命より、づっと長く
生きている。医者はサプリメントのことも漢方の事も湯治の事も興味を示さない。
この医者、患者の延命は手術と抗癌剤が効いたからだと思っているのだろうか?
私の知り合いの癌患者さんのデータもこの病院の生存率のデータに加わることに
なるんだろうけど、私たちが最初告知された時のように、貴方のようなstageで癌が
発見された人は抗癌剤が大変良く効いて、一年生きられるのは8%程度ですと
抗癌剤の効き目の宣伝に使われているんだろうか?
後の患者さんのために告知の場に乗り込んで、そうではないと説明してやりたいわ
__________________________________________________

↑これこそ「一発事例の細やかな症例報告」じゃないですか?これだけで科学的な議論になるとは思えません。


17 :病弱名無しさん:2005/12/25(日) 08:59:30 ID:xL1NuDCN
あと、

>それで医者が言った余命より、づっと長く生きている。

はっきり言って、そのような方は星の数ほどいらっしゃいます。
インターネットで検索すれば分かるように、「医師からは余命○年と宣告されましたが、■年も生きてくれました」(○<■)の
ような体験談は山ほど見つけることが出来ますが「医師からは余命○年と宣告されたにも関わらず、■年で死んでしまいました」(○>■)
の様なものはなかなか見つけることが出来ません。
それは何故か?
医師が「余命はどのくらいか?」と問われば、科学的に理想なのは、あくまで『 平 均 』を念頭に答えることです。

しかし、この『 平 均 』の恐ろしいのは、ごく単純化して言えば、平均『 以 上 』で死ぬ人が半分いる反面、
平均『 以 下 』で死んでしまう人が”半 分 も ”居るところです。

これは医師にとっては非常に危険です。学のある人は良いんですが、世の中には統計の”と”の字も、正規分布の”せ”の字も知らない人が掃いて捨てるほどいるからです。
この様な人たちが『医師の見立てよりも早く死んだじゃないか!』と騒ぎ出したら(騒ぐまでされなくても早く死なれたら)医師の面目が立ちません。
面目が立たない所か『あいつは藪だ』などと的外れなことを吹聴する輩が出かねません。

かくして、医師は余命を問われれば、最悪の事態を想定して余命を宣告せざるを得ません。
これが宣告余命より長く生きる人が続出してしまう理由なんです。

余命を問われて、うっかり平均余命や患者を安心させる為に希望的観測を述べようものなら正に、


         大   変   な   こ   と   に   な   り   ま   す   よ
           

です。 

18 :17は16の続き:2005/12/25(日) 09:02:11 ID:xL1NuDCN
書き忘れました。

19 :病弱名無しさん:2005/12/25(日) 09:23:41 ID:xL1NuDCN
便乗して質問しつもんです。
ご存知だと思いますが、現代西洋医学の最先端薬の一つといえる
ハーセプチン(Herceptin) 一般名トラスツズマブ(Trastuzumab)という乳癌治療薬があります。
この作用機序はErbB2受容体に対する抗体ということで、まさしく「免疫療法」と呼べるものと思われますが
これについての意見をお聞かせください。


20 :医師により糖尿病に:2005/12/25(日) 09:37:55 ID:QlInK3w2
>>7
なるほどここでも論理性はないなぁ。第一、科学が神秘を探るもの
なら、君のような判りにくい話しにはならんだろう。神の秘密ほど
単純明快なものはないのだからね。
>>11
そういう疑問や否定精神は大事だね。固定観念からは何も生まれな
いしね。血圧については僕もそう強く思う。人によって正常値が違
うのに、それなのに例えば下げたりすれば血行障害や免疫不全が起
きるだろうね、当然。

>>16
「私の知り合い」と「私たちが」。科学以前の整合性がないしな。

21 :医師により糖尿病に:2005/12/25(日) 09:47:34 ID:QlInK3w2
>>17
そうかな。僕はそう考えないなぁ。医師は症例をある程度見てきて
いるというよりも、医学的には山ほども症例と余命とのデーターが
あるのだからね。あくまでもデーターなのだよ。

22 :病弱名無しさん:2005/12/25(日) 09:53:26 ID:QlInK3w2
僕のはこうだ。体温をあげれば病気は治る。

23 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2005/12/25(日) 10:30:25 ID:aS5IYpST
>>22  >医師により糖尿病に
貴方は、交感神経興奮体質で末梢血管が縮んで血流が悪くなっているから低体温
なんだわ。ゴチャゴチャ言っていないで、白血球の検査して確認した上
交感神経を抑制して副交感神経を刺激して全身の血流を改善することを考えた方が良いよ。

低体温って何度ぐらいでそう言っているの?

ところで貴方のHNって、”医師により糖尿病にさせられた”という意味なの?

24 :病弱名無しさん:2005/12/25(日) 11:04:48 ID:QlInK3w2
>>23
違うと思うよ。しかし、君の考えでは具体的にどうやれと?

今検温、35.3度。いつもこんなもん。糖尿病にされて以来、36度
を超えたことがない。

スレ違いだしね。




25 :病弱名無しさん:2005/12/25(日) 11:14:58 ID:QlInK3w2
全ての癌は体温をあげればすぐに完治する、と僕は思うなぁ。
癌細胞はおそらく42度位の体温で数時間で消滅する。高熱こそ
福音なのに、人間は馬鹿だから解熱させる。神の贈り物を潰し
ているんだね。


26 :病弱名無しさん:2005/12/25(日) 11:21:19 ID:QlInK3w2
常時室温23度に設定、防寒肌着、カシミヤの腹巻、靴下二枚、熱
い紅茶を飲みながらでね。

27 :病弱名無しさん:2005/12/25(日) 11:42:34 ID:QlInK3w2
腹痛で来院、意識不明、気が付いたら開腹されており、魚の骨かも
しれないとのこと。しかも秘密裡に悪くもない胆嚢を切除、秘密裡
に正常血糖値なのに二週間もインスリン注射、誤指針の血圧自動計
を悪用して二十四時間、二週間も降圧剤を連続投与。

退院時から足が異常に冷たく、ただごとではないと思いながらも医
者不審でそのままにしていたところ、一年もしないうちに合併症付
きの立派な糖尿病になっていた。回復一年前に別な病院で糖尿病の
検査を受けて異常なしなのだが、合併症は糖尿病が五年も十年も経
過しなければ起きないらしく、そこにさる解せない治療と私の糖尿
病との因果関係を、素人ながら邪推するのです。

28 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2005/12/25(日) 11:47:56 ID:aS5IYpST
>>17
>一発事例の細やかな症例報告」じゃないですか?これだけで科学的な議論

私は医者じゃないんだからね。一般の患者や家族にとって、自分や自分の周りに
におこった出来事がすべてだわよ。それこそ、百の理論より一つの体験だわ。

それで、医者のやっていることがおかしいと感じる人が大勢でてきているんだったら
それを一般人の戯言、科学的ではないと無視していたらけないでしょ。

>>17
これ読んでると、余命宣告は患者のためではなく医者が自分を守るために
するモノだとしか聞こえないけどね。

ちょっと前に私たちは抗癌剤を使わなかったら数週間と言われた。だけど抗癌剤を使わずに
三ヶ月生きている。あの数週間は何だったんだろうと考えると、抗癌剤の副作用で
なくなった時の言い訳を医者はあらかじめ用意しての事ではないかと思えて仕方がないんだ。

>>19
ハーセプチンについては今時間がないんで、時間のある時に。

29 :病弱名無しさん:2005/12/25(日) 12:04:09 ID:QlInK3w2
>>28
前スレでは獣医だったよね。この数日でおやめになられ
たのですか?つもりだったんですよねw

マリリンさんのレスから、中・高校生にしてはこりかた
まった考えをするんだなぁ、と僕は思っていました。

30 :病弱名無しさん:2005/12/25(日) 13:48:55 ID:QlInK3w2
ハーセプチンを図書館で調べ終わらないと、マリリンさん出て
これないのでは?

又、新スレッド立てていたりしてw

彼の欠点は嘘の整合性がないことだなw




31 :カイ:2005/12/25(日) 21:44:07 ID:4bbVylHg
マリリンさん、レスありがとうございましたm(__)m
まずは次の血液検査で白血球の百分比を聞くようにと友人に伝えます。
自分の免疫力がどの程度なのかを知るのは大切ですね。
それを教えてくださったマリリンさんに感謝しています。

32 :シナモン:2005/12/26(月) 20:10:59 ID:abCn1wfc
マリリンさんいつも乙です!

ベータエンドルフィンについては少しですが知っています。ジョギングを
始めたのは禁煙する為だったのです。もう4年近く走り、そして禁煙して
います。確かに30分くらい走ると爽快な気分になります。ランナーズハイ
というものです。でも体調が悪いですと走れません。体の声が聞けますね。(笑)


マリリンさんが笑う事による心身に対する効能を意識される事はとても
良い事だと思います。僕も今までコメディーとか見ませんでした。でも
笑うというのは良いですね。走る事もそうですけど気分が高揚しますね。

音楽については母は食事の後片付けの際にものすごい音量で音楽を聴い
ています。筋肉を使うと痛むのですが、音楽を聴くと痛みが和らぐみた
いです。

そしてこれからもよろしくです。僕も貴方には感謝しています。

カイさん、こんばんわ。爪もみや経済的に許せば、水素結合水、
善玉くんがお勧めです。そしてどんな事よりもご友人が希望を
持ち続けることだと思います。希望というのはどんなサプリよ
りも力がありますからね。ご友人が元気になられる事を願ってい
ます。白血球の百分比がお分かりになり、もし読み方が分らな
ければ、検査値をうpされれば僕でも調べますから。


33 :病弱名無しさん:2005/12/26(月) 20:51:34 ID:Khjg+QNv
>>32
シナモンさん、マリリンさんがいつも言っていますが、白血球
の百分比って何?
何がわかるの?
何のために検査を受けるの?
何科でどうやって受けたらいいの?


34 :病弱名無しさん:2005/12/26(月) 20:54:20 ID:Khjg+QNv
マリリンさんの方が詳しいのでしょうね。わかりやかく
教えてください。お願いします。

35 :シナモン:2005/12/26(月) 20:54:28 ID:Ix7E3a9q
膠原病に効いているのですから癌にも必ず効くはずです。
上にレスした事はマリリンさんから教えて貰った事です。
ナイキの宣伝文句のJust do it!は重要だと思います。

36 :病弱名無しさん:2005/12/26(月) 21:13:18 ID:AqZq222R
かなり酷い緊張症です(赤面+多汗+動悸)。

いくら副交感神経を活発にしようとしても、
仕事などで、強い能動的動作を強いられる時間が長いため
症状が改善しません。

仕事柄残業が必須であり、平日はリラックスできる時間が少なく、
仕事を辞めようかと考えるほどに深刻になってきました。

現状薬等は一切使っていません。(精神的にリラックスしようと色々試しているところです。)
今後できることなら薬を使わず直していきたいと思っているのですが、
それは可能なことなのでしょうか?

過去の事例から見てどうするのがベストなのか(薬の使用も含めて)
できれば教えてくれませんか?

37 :シナモン:2005/12/26(月) 21:35:08 ID:Ix7E3a9q
>>33さん、

Q.何が分るの?
A.交感神経優位(緊張状態)か副交感神経優位(リラックス状態)かが血液検査により分ります。

Q.何のために検査するの?
A.病気にならない為です。そして病気の人は病気を克服するための1つの指針になります。
顆粒球とリンパ球というのが白血球の中にあります。その比率を調べるのですね。
顆粒球が多いという事は交感神経優位な状態で、リンパ球が多いというのは
副交感神経優位の状態です。緊張したり、心身共に無理がずっと続くと顆粒球が
増えます。そしてそれが活性酸素を生成し、細胞を傷つけるのです。そして色々な
病気になるみたいです。ですから抗酸化作用のある水素についてのレスがある
のです。他には体をとにかく温めたり、玄米菜食、爪もみや笑うことで副交感神経優位に
なるよう努めるとかですね。

これは前スレの567のマリリンさんのレスです。

>2.腸管の細菌叢を改善するは
>腸管でかなりの数のリンパ球が産生されます。特に種々のヘルパーT細胞のバランスは
>腸管の健康状態が鍵を握るようです。腸の細菌叢を良好に保つことはリンパ球の活性化を
>維持するためには大切なことと考えます。この場合最終的には玄米や根菜類、野菜などの
>食物繊維をとることで自分自身の善玉菌を育てなければいけないのは言うまでもありません。

>しかしながら、病気の人には短期間で腸内細菌のバランスを整えろと言っても無理がある
>のでサプリメントで補ってやるのも良いのではないかと考えています。

Q.何科でどうやって受けたらいいの?
A.最寄の内科で出来るみたいです。僕は恐くてまだした事がありません。

活性酸素除去とリンパ球を増やす努力がとても重要なのです。
マリリンさんから教えてもらった事がほとんどですがこんな感じです。

38 :シナモン:2005/12/26(月) 22:07:54 ID:Ix7E3a9q
>>36さん、
大変ですね。仕事を辞めればあっさりと解決するかもしれませんが、そう簡単にも
決めれないですよね。1度もした事がない僕がいうのもなんですが、白血球の百分比
を検査された事はあるのでしょうか。ないのであればされてみてはどうでしょう
僕は思いつく限り心身ともに良いことをしていますです。例えば、

規則的な生活をする。よく寝る
時に激しい運動をし、ストレスを除去する
半々身浴を30分くらいする
水素結合水を朝起き抜けに一本飲む。僕は夜布団に入れて暖めて朝飲みます
基本的に玄米菜食でたくさん食べない
ミネラルが多い水をたくさん飲む
体温よりも低い物を極力取らない
音楽を毎日聴く
努めて悩まない。良いイメージを保つ
夜はアロマセラピーでラベンダーを嗅ぐ
コメディーを見て笑う
体をとにかく温める
ハリボーイで爪もみをする
人と話す
趣味に没頭する

日々のストレスと戦っています。僕の場合ですが、これらで解決出来ないのであれば
物理的な環境の見直しをすると思います

39 :シナモン:2005/12/26(月) 22:42:38 ID:Ix7E3a9q
>>33さん、
補足です。
マリリンさんのレスからです。>>10です。母がかかっている病院の医師も何回目
かの検査からですが、リンパ球数を計算してくれるようになりました。リンパ球
はとても重要みたいです。

40 :シナモン:2005/12/26(月) 22:48:27 ID:Ix7E3a9q
抗核抗体の検査は今後やめとこうと思っていますが、白血球の分画は検査
したいと思います。ですが、未だに行っていません。

41 :勉強中:2005/12/27(火) 16:51:31 ID:TS/YkoHH
>>15さん
私自身は、至って健康なものですから特に気を使ったり、注意したりはしていません。
強いて言えば、メシマコブのサプリメントを毎日飲んでいるくらいです。
ただ自律神経免疫療法を含めそれらの免疫療法を勉強するようになったのは、父を胃癌で亡くし、姉と従兄弟が現在ガンと闘っているからです。
それで私の考え方は、15さんの言う心の良化が第一だと思います。ストレスを貯めない生き方・考え方を心掛ける事だと思います。
15さんの言うように一番大事な事なのですが、一番実践する事が難しい事だとも思います。しかしストレスが溜まる事によって胃潰瘍や十二指腸潰瘍を引き起こす
ことは皆さんもよくご存知だと思います。後はご自身が出来る事から始められてはいかがでしょうか。
私は、姉や従兄弟には病院や医師はあまり治療に重視しない免疫力の大切を理解してもらいながら、自身で実践出来る事やサプリメント療法などをやってもらっています。


42 :勉強中:2005/12/27(火) 17:30:53 ID:TS/YkoHH
結構皆さん低体温の方が多いみたいですね。厚着、室温、半身浴、熱い飲み物などで体温上昇させるほど血流を良くする事は難しい人もいると思います。
ラドン浴やラジウム岩盤浴などを試して見てはいかがでしょうか。入ってから2〜3日は効果が持続しますよ。クリニックで取り入れている所もありますよ。
施設や場所によって違いますが、大体1回3,500〜5,000円位です。
>医師により糖尿病にさん
書き込みを読んでいると、ずいぶんイライラとしたストレスが溜まっている様ですが、まずそのストレスの除去から始められてはいかがでしょう。
自律神経免疫療法の基本の一つに、ストレスの多い生活パターンを見直す、がありますが是非実践を。

43 :医者により糖尿病:2005/12/27(火) 18:10:50 ID:kMemOil/
>>42
知らず知らず病気がそうさせているのでしょう。大人げない
ことというよりも、マリリンさんには失礼しました。売り言
葉に買い言葉は僕の大きな欠点なのです。これからもマリリ
ンさんや皆さんにとは楽しくやっていこうと思っています。




44 :医師により糖尿病:2005/12/27(火) 18:26:37 ID:kMemOil/
マリリンさん、不思議なことが起きました。まぁ、聞いてね。

どんなに身体を温めても体温が36度以上、僕はこの一年間高
くならないだと書きましたよね。

昨夜、娘にプレゼントされた桐灰の「足の冷えない不思議な
くつ下」を使ったところ、あれだけ冷たく痛い足がなんと温
かいばかりかほとんど痛みもひびれもないのです。
そればかりではありません。不思議なことに体温が36.6度な
んです。僕にとつては、名前の通り、ホントに不思議なくつ
下です。とにかく驚きました。これできっと免疫良くなりま
すよね?


45 :病弱名無しさん:2005/12/27(火) 18:28:22 ID:kMemOil/
もつべきものは娘です、ホント。

46 :病弱名無しさん:2005/12/27(火) 22:07:29 ID:rnNkL8Eq
つーかただ熱あるだけじゃねえ?風邪なんじゃない?

47 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2005/12/27(火) 23:32:09 ID:KlM1Lho5
ふー。年末で忙しい。ちょっとお休みしている間に一杯レスがついてる。

>>19
>ハーセプチン(Herceptin) 一般名トラスツズマブ(Trastuzumab)という乳癌治療薬が
>あります。この作用機序はErbB2受容体に対する抗体ということで、まさしく「免疫療法」と
>呼べるものと思われますがこれについての意見をお聞かせください。

気になっていたのでこれのお返事を書き込みます。

私は人間の医者ではないのでこの薬は使ったことがありません。イレッサやグリペック
と同じ種類の分子標的薬だと言うことは知っています。

データで見る抗がん剤のやめ方 始め方
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4385362068/qid=1135691627/sr=8-13/ref=sr_8_xs_ap_i13_xgl15/249-2187249-4797113

この本でハーセプチンの効果とか生存率とか副作用の勉強はしました。
そんなに効き目を期待できる薬ではないようです。

余談ですが同じ分子標的薬のイレッサについては間質性肺炎や急性肺障害の副作用があるという
事ですが、私の周りで、肺ガンの末期で従来の抗癌剤の効果がなく亡くなるのを待つだけ
という患者さんが二人、相次いでイレッサを使って、凄く元気になられたのを経験しました。
良い薬なんだろうなと思いました。結局一年ぐらい元気で過ごされた後、亡くなられたんです
けど、イレッサの副作用が大問題になった時、良い薬のようだからなくしてしまわないで欲
しいと思いました。

副作用の間質肺炎と急性肺障害が押さえられれば、多くの患者さんに恩恵があるのでは
ないかと思っています。この場合炎症を抑えるという意味で活性酸素の除去(水素結合水)を
併用して使えばもっと助かる人が増えるのではないかと考えます。

48 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2005/12/27(火) 23:33:00 ID:KlM1Lho5
NKT療法や癌ワクチン、DCワクチンなどの免疫療法もそうですが、人為的に免疫システム
をいかに操作しようが、癌細胞を抗原抗体反応で叩こうが、進行癌の治療を考える限り
多分、一つの治療法のみで完全な治癒というのは期待できないのではないかと思います。

やはりこの場合でも>>38でも書かれているように、生体側が自分の壊れた免疫システムを
総合的に修復しなくては、ちょっとの延命があるだけで、それ以上は期待できないと思う。

それでも今までの三大療法のように癌細胞だけに目を奪われ、生体の免疫システムを
破壊してしまわないだけ、ましな治療法だと私は考えます。

49 :病弱名無しさん:2005/12/28(水) 13:16:43 ID:gHoG96DR
マリリン、お帰り。
どこのスレのマリリンも、結局は水素結合水だもんねw


50 :勉強中:2005/12/28(水) 15:20:22 ID:edLS/n3r
信頼できるサプリメントだからこそ推奨するのでしょう。違うスレでは異なった事を言う方がおかしいでしょう。
試す試さないは読んだ人が自己責任で決めれば良い事です。
マリリンさん、でも水素結合水少し調べてみました。株式会社H4Oのホームページで商品を推奨している医師の中で何回かお会いした方が
居りましたので少しお話を聞いてみました。
商品については試してもいないので詳しくは解からない。ただ水素を体内に取り込む事は活性酸素に対して有効ではないかというレベルのコメントであり、アトピーやガンなどにも有効であるとは言っていない。
とこの様な事でした。どこのサプリメント会社もそうなのですが、大学教授・開業医・研究員などを担ぎ出すのですが、鵜呑みにするのはあまり良くありません。誇張した信頼性を持たせたり、魅力的なイメージを与えたりします。
やはり同業者で複数社の言うことを聞いて見ると割と真実が見えてきます。
H4Oは良いものであるとは、私も思いますが識者を担ぎ出す手法はあまり感心しませんね。

51 :病弱名無しさん:2005/12/28(水) 17:21:54 ID:gHoG96DR
>>50
前の方にあるように、問い合わせのメールに返信もしない会社が
どうして信頼できるのでしょう。

ほかのスレで明言しているように、H40は封を切った瞬間ですらシ
ュツと水素が出ないんでしょwほとんど原価無料のものがどうして
ああも高価なのでしょうね。値が効くのでしょう。

かりにH40が言うようにむ高濃度だとすれば、かえって身体に悪影
響という研究すらあるではないですか。

しかしそんなことはどうでもいいのです。もう何度もH40の宣伝を
したのですから、この先は水素結合水とかH40は遠慮なさってくだ
さい。どうしても水素水を推奨したいなら、「水素水」とだけお願
いします。
私もペットボトルに入れた水道水に、マグネシゥムを入れて見まし
た。数時間ではキャップを開いても炭酸水のようにシュッと音は出
ないのですが、一昼夜放置後は明白にシュッと水素が出る音がしま
した。明らかに水素水であることがわかります。音が出ないのであ
れば日田天領水などと同じですよね。水素は抜け出ているのではな
いですか。
マグネシゥムなんてほとんど只みたいなものです。空きペットボト
ル一本で誰でも手軽に活性水素水が作れるし、製品化された商品も
たくさんあるようですし、その効能を賛美する人もいっぱいいるよ
うですよ。


52 :シナモン:2005/12/28(水) 19:16:21 ID:4IDsykZm
マリリンさんも僕も業者ではないですよ。(笑)
僕に関しても、百の理論より一つの体験なんですね。ですからナイキの
Just do itと書いたのです。僕は自分の経験をとても大切だと考えます。
38にレスした事も1度に全部始めた事ではありません。少しずつ時間を
かけて増やしていきました。水素水以外はお金なんてほとんどかかって
いません。

53 :病弱名無しさん:2005/12/28(水) 19:52:50 ID:gHoG96DR
>>52
ご自身の体験なんて偽薬でもそうなる。動物実験そして綿密な臨床
試験のないものは、オカルト話と同じなんですよ。
科学を踏まえて水素水の健康効果が実証されたとしますよ。水素の
残存が証明できないのはダメなのです。その点、マグネシゥムのは
万人に現実ですからね。
高価な水素水に大量のミネラル水、凄いお金かかるよね、相対的だ
けど。それにそんなに健康法実行してたら何が良いのか悪いのかも
判らんんでは?水素の抜け出たただの水道水をありがたがって飲む
のはあなたの自由です。一生飲んでればいつかわかるでしょう。

54 :病弱名無しさん:2005/12/28(水) 20:17:43 ID:lLw8/DHI
マリリンさん、はじめまして。
獣医さんだということでお伺いしたいのですが
獣医療のなかで、現在の日本でもっとも問題とすべき免疫疾患は何だとお考えでしょうか。
(ガンは別の話として)
また、臨床では具体的にどのような治療行っていらっしますか?
(スレ違いで申し訳ございませんが、もしかまわなければご意見を伺わせてください)

55 :シナモン:2005/12/28(水) 20:34:18 ID:vyIgKljf
>>53さん、
プラシボーでも良いのです。時間をお金で買っているだけです。
マリリンさんも言っていたけど水素水が自分で作れればそれに越し
た事はないですからね。水素水は高いけど、ミネラル水は高くない
ですよ。体の声を聞く事もとても大切だと思います。それは意識的
に自己管理をしてるからです。プラシボーというのも重要なのです。

56 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2005/12/28(水) 20:53:55 ID:PFPdIG8B
>>50 >勉強中

H4Oに関しては、医者ではなく多分獣医の方で先に広まった製品です。医者よりも
獣医の方が顧客も多いと思います。

獣医の学会では、ちゃんととした臨床データも出てますし、自分も多くの患畜に使って
良い感触を得ています。
私の場合はこれ以外に動物用の水素含有水も使っています。両方とも自動車の燃料の
ために開発された製品で、H4Oが経営的に豊だったためか人間用のサプリも発売したよう
です。見た目両製品ともただの水で泡が出て水素が抜けるなんて事はないです。

抗癌サプリメントは前にも申しましたように

1.活性酸素を除去(抗酸化作用)する事で顆粒球の数を減らし組織破壊を抑制し
  結果的に交感神経の抑制に働くモノ

2.腸内細菌層を整えるモノ、

3.リンパ球を直接活性化するモノ

私はこの三つのカテゴリーに分けて考えています。
数種類のサプリを飲むなら、カテゴリーの違うモノを組み合わせるべきだと考えています。

H4Oは1ですし、勉強中さんが飲んでいるメシマコブは多分3のカテゴリーに属すると
思います。

57 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2005/12/28(水) 20:55:06 ID:PFPdIG8B
免疫システムをリンパ球だけではなく顆粒球やマクロファージまで含めて考える時、顆粒球の数を
減らす薬品は西洋医学では今のところないようです。あってもたいした効果があるモノでは
ないでしょう。だから驚いたことに西洋医学的治療では顆粒球吸着療法(白血球除去療法)
という機械を使う大がかりな治療を実施しているのようです。

http://www.hyo-med.ac.jp/department/gstr/jyokyo.htm

一回の治療が15万円ぐらいするようで、しかも一回だけと言うわけにはいかないようです。
保険が適用されますので、一ヶ月に治療費としては10万円ぐらいで済むんでしょうが、
高濃度の水素が顆粒球数を下げれるら効果があることを知っているマリリンにしてみたら、
何を人間の医者はあほらしいことをやっているんだと呆れてしまいます。

今後、膠原病や癌、糖尿やアトピー等の免疫の病気の治療を考える時、多すぎると
組織破壊をおこす顆粒球数を減らす方法は絶対必要です。
おっしゃるように別にH4Oである必要はないけど、水素の活性酸素除去能力を利用した
製品は免疫療法の重要なアイテムになり得ると私は自分で使ってみてそう思います。

大がかりな機械もいらないし、値段も安いし、工業製品などで製品にバラツキがなく
大量に供給できます。摂取するのに患者さんに苦痛を強いませんしね。

サプリですから水と水素でできているにしては高価ですが、これは厚労省が薬品ではなく
サプリとして認可したため価格に歯止めをかけることができないので仕方のないことかと
思います。

私たち獣医向けには点滴で使う製品が動物薬として農水に申請されているようです。飲んで
摂取するより静脈点滴で入れた方が、少量で体の隅々まで行き渡り、効果もより
強く出ると言うことでした。私たち獣医が人間の医者より早く使います。今から楽しみです。

58 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2005/12/28(水) 21:11:22 ID:PFPdIG8B
>>54
>獣医療のなかで、現在の日本でもっとも問題とすべき免疫疾患は何だとお考えでしょうか

これは色々あります。アトピー、膠原病、ぜんそく、過敏性腸炎、ブドウ膜炎、免疫が
関与した病気は沢山あります。

アトピーや膠原病、過敏性大腸炎は最近増えてきた病気だと思います。理由は
分かりません。血統書付きのペットが増えたためかも知れませんし、生活環境が
変化したためかも知れません。とにかく重症な免疫疾患は増えていると思います。

>臨床では具体的にどのような治療行っていらっしますか?

対処療法は色々やっていますが、ステロイドは一般的によく治療で使われる薬です。
H4Oや水素含有水を使うようになってステロイドの量が減らるようになりました。
それは、私には大きな驚きでした。

最近獣医の方でも免疫疾患にシクロスポリンやインターフェロンーγなどの製品も
出てきていますが、私は免疫系を下手にさわるのが怖くて、まだ使っていません。

59 :病弱名無しさん:2005/12/28(水) 21:22:19 ID:gHoG96DR
>>46>>57
えげつないなぁ、君は。本物の獣医ではないなぁ。


60 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2005/12/28(水) 21:24:13 ID:PFPdIG8B
>>59
>>46はマリリンの書き込みではありませんよ。

61 :病弱名無しさん:2005/12/28(水) 21:40:18 ID:gHoG96DR
>>60

>>56>>57>>58の間違いですよw本物の獣医ごっこさん。


62 :54:2005/12/28(水) 21:43:00 ID:lLw8/DHI
>>58 ご回答ありがとうございます。
過敏性腸炎、とありますが、リンパ球プラズマ細胞性かと思うのですがいかがでしょう。

>獣医の学会では、ちゃんととした臨床データも出てますし、
ジャーナル名をお教えくださると助かります。
(あるいは学会発表のみということかもしれませんが)
>動物薬として農水に申請されているようです
メーカーはどこでしょうか。
引き続きスレ違いのようですが、「動物実験」として皆様も関心はおありかと。

63 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2005/12/28(水) 22:09:10 ID:PFPdIG8B
>>62
>過敏性腸炎、とありますが、リンパ球プラズマ細胞性かと思うのですがいかがでしょう

獣医の場合は大学病院でないと確定診断はできない。だから難治性でステロイドに
反応する腸炎を過敏性腸炎として治療する。
確かに腸のリンパ管が拡張して、リンパ球を含むリンパ液が腸に逆流するために
おこる難治性の下痢もあるし、悪性リンパ肉腫による下痢もある。

大学病院では試験的に開腹手術をして腸の組織を全層取って病理的に確認するので
診断がつくが一般の動物病院でそんなことをしたら、飼い主が怒って逃げてしまう。

>ジャーナル名をお教えくださると助かります。
獣医の場合はあんまりジャーナルは出ていないです。学会の時に講演要旨を買います。
後は専門書。私が聞いたのは動物臨床医学会年次大会です。

>メーカーはどこでしょうか。

http://www.h4o.co.jp/corporate/

この前の学会では新たなデータを楽しみにしていたのですが、農水の許可前と言うことで
公表されなかった。会社に直接聞いて見れば教えてくれると思う。

64 :54:2005/12/28(水) 22:15:44 ID:lLw8/DHI
>>63 いろいろとお教えいただき感謝いたします。ありがとうございました。

65 :病弱名無しさん:2005/12/29(木) 11:48:46 ID:cy1ow8jJ
自演乙かれ

66 :勉強中:2005/12/29(木) 13:12:44 ID:yS+F6TYU
>マリリンさん
私も自身が体感した事がサプリメント選びの判断材料の重要な要素だと思います。ですからマリリンさんも治療にも使われているのだとおもいます。価格もそんなに高額でもありませんしね。
ただメーカーの広告や商品の信頼性に臨床試験・臨床データも理解しないままお墨付きを与えるような医学者、薬学者が問題であり、それを利用するメーカーも問題だと言うことです。
せっかく良いものでも販売方法やアピールの仕方を間違えると信頼性は半減しますからね。

>1.活性酸素を除去(抗酸化作用)する事で顆粒球の数を減らし組織破壊を抑制し結果的に交感神経の抑制に働くモノ
とありますが、私の認識は少し違います。交感神経が過剰優位になると顆粒球が増えすぎ1〜2日の短命の顆粒球は大量の活性酸素を放出しながら死に、まわりの細胞を破壊する。この活性酸素を抑制・除去するモノ。となります。

>3.リンパ球を直接活性化するモノ
腸管や消化管を直接刺激しリンパ球の増加をはかるモノ、となります。

大きな違いはありませんが、微妙に違うような気がします。

標準医療、代替医療含め、ガン・アトピーなど治療法は、まだまだ開発途中であるとおもいます。
来年も代替医療の情報を収集し、どのような有効性があるのか免疫療法を取り入れている医師などの力も借りながら検証していきたいと思います。

30日からソウルに行ってきます。来年は10日から書き込みに参加します。



67 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2005/12/29(木) 19:09:17 ID:B9RQnNvU
>>66
>ただメーカーの広告や商品の信頼性に臨床試験・臨床データも理解しないままお墨付きを
>与えるような医学者、薬学者が問題であり、それを利用するメーカーも問題だと言うことです
>せっかく良いものでも販売方法やアピールの仕方を間違えると信頼性は半減しますからね

この辺りは、マリリンも馬鹿ではないから分かっているつもりだよ。自分で使ってみて
良くなかったら勧めたりしない。学会で発表する獣医はあんまり食わせ物の人は
いないよ。テレビでスポットタイプの蚤駆除剤○○の宣伝に出てくる獣医師は怒れてしまう
けどね。

あの製品全然、蚤が落ちない、恥ずかしいから獣医がお墨付き与えたような宣伝しないでよ
と思う。勉強中さんが言っていることは、きっとそれの医者、薬剤師ばんだね。

68 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2005/12/29(木) 19:11:56 ID:B9RQnNvU
>私の認識は少し違います。交感神経が過剰優位になると顆粒球が増えすぎ1〜2日の
>短命の顆粒球は大量の活性酸素を放出しながら死に、まわりの細胞を破壊する。この
>活性酸素を抑制・除去するモノ。となります。

多分、同じ事を言っているんだと思うんだけど、私の説明が足りなかったかも知れない。
生体の組織が多すぎる顆粒球の活性酸素で破壊されると、その破壊された組織の残留物を
片づけようとして、生体は益々顆粒球の増産体制に入る。そのため自律神経は交感神経
優位にならざるを得なくなる。

活性酸素を除去すると組織破壊が治まって来るから、生体も顆粒球の
増産体制をゆるめる、そのため交感神経過緊張が抑制されるのではないかと私は
思っている。


69 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2005/12/29(木) 19:20:58 ID:B9RQnNvU
>腸管や消化管を直接刺激しリンパ球の増加をはかるモノ、となります。

これは意味が違うような気がする。腸管や消化管を直接刺激するんだったら、食物繊維の
摂取でも副交感神経を刺激しても良いわけですし、やっぱり抗ガンサプリとしてあげられる
モノは、腸管のバイエル板でリンパ球そのものを活性化するように刺激しているように
思えて仕方がありません。

私がどうして、そう思うかというと、ラクトフェリンの研究発表があった時、マウスの胸管を
縛ってリンパ液が血液に混じらないようにして血液検査すると血液中にはラクトフェリンは
出現しないと言うのがあった。

つまり、ラクトフェリンは腸のバイエル板からリンパ管のみに吸収されるらしい。その上、
バイエル板でラクトフェリンにリンパ球が盛んに接触している電子顕微鏡写真を見せて
もらった。

こんな画像を見せられると、抗ガンサプリと言われるモノは、腸のバイエル板でリンパ球を
直接、活性化するよう刺激しているように思えて仕方がない。これは単なるマリリンの仮説
ですけどね。そうじゃなきゃ、これだけ多くある食品のなからアガリクスやメシマコブが
選ばれたりしないと思う。腸管刺激するだけならサツマイモや大根でもいいわけですから。

以上、上記の仮説は
白血球の自律神経支配の法則が認められない人には理解できないことです。

>30日からソウルに行ってきます。来年は10日から書き込みに参加します。

いってらっしゃい。良いな外国に行ける人。羨ましい。
マリリンだって、今度のお正月は旅行行ってくるわ。国内だけどね。

70 :病弱名無しさん:2005/12/29(木) 23:13:14 ID:arVewcu0
自演、ごくろうさん。

71 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2005/12/30(金) 15:14:18 ID:O74xw8OR
ラクトフェリンについて補足しておくと、卵や牛乳に含まれている。蛋白質の一種、
熱に弱く、加熱すると効果がなくなる。また、胃酸にも弱く経口で投与した場合
その90%が胃で分解されてしまうとのことでした。そのため腸溶剤で摂取させる事を
研究しているようです。

また、ラクトフェリンが血中に吸収され脳に到達すると鎮痛効果を現し、その強さは
モルヒネに匹敵するとのこと(マウスの実験による)

近い将来、腸溶剤が開発されると、なかなか良いサプリになるかも知れません。

72 :72:2005/12/30(金) 15:19:49 ID:8+iNxgWU
1年程前から接客中に急に冷や汗をかきそのあとに滝のように汗をかく(特に顔)ように
なり困っています。これって病名なんですか?

73 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2005/12/30(金) 15:21:27 ID:O74xw8OR
市販されている牛乳は加熱殺菌されているので牛乳からラクトフェリンを取るのは
期待できないようです。生卵にはちょっとは含まれているかも知れないけど、胃で
分解されてしまうし、効果が出るには量が少ないかも知れない。

それでも私は、卵をなるべく生か半熟で食べるようにしている。(*’▽’)


74 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2005/12/30(金) 15:31:53 ID:QKLt7SCr
>>72
このスレは自律神経免疫療法のスレだから、白血球数と血液像の検査をして
それから何処がどう悪いか考えるように推奨している。






75 :72:2005/12/30(金) 15:35:50 ID:8+iNxgWU
>>74
返事ありがとうございます。僕みたいな人がいくレス教えてください。お願いします。

76 :病弱名無しさん:2005/12/30(金) 21:21:43 ID:lzbxtl1y
>>75
貴方も白血球の検査しておいで、その結果を書き込んでみたら、
返事が来ると思うよ。

77 :病弱名無しさん:2005/12/30(金) 21:23:19 ID:lzbxtl1y
☆自律神経失調症☆Part17
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1130587608/


78 :病弱名無しさん:2005/12/30(金) 21:45:10 ID:U7iEQngX
>>74
そして結論は例の水を飲めとw


79 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2005/12/30(金) 23:30:33 ID:lzbxtl1y
>>78
お金のかかることだから、マリリンは誰にでも水素結合水を飲めって言わないよ。
水素結合水は見た目ただの水だから、酷い症状で困ってない人が
飲んでも効いてるのか効いていないのか分からないし。

それに免疫療法自体は一つの方法だけでうまく機能するモノではなく、総合的に
生体の持つ自然治癒力を高めるように色々な方法を無理なく組み合わせるのが
ベストだと思うからね。

だから、そんなに酷い症状で困ってない人は、乾布摩擦や呼吸法、瞑想、入浴、睡眠、
運動、栄養のバランスの改善、爪もみ等お金のかからない方法で気長に
体質の改善を図っていけば良いと思っている。

だけど、糖尿病性の血管の障害だったり、膠原病からくるあちこちの炎症だったり、重度の
火傷などの場合など、待ったなしで症状を回復させたいでしょ。その場合、活性酸素を除去
することで顆粒球を減らし、活性酸素による組織破壊を抑制する高濃度の水素は免疫療法
には大切なアイテムだと思う。副作用がほとんどのなく、炎症を速やかに抑制する作用が
強いからだ。

確かに他のサプリメントでも抗酸化作用の強いと言われているモノはあるけど、効果の面で
いまいちだったり、値段がベラボーに高かったり、天然物だったりすると量が少ないため
入手するのが難しかったりする。

色々考えあわせると水素結合水が今のところ一番使いやすいと私は思う。もし活性酸素を除去
する方法で他に良い方法があったら誰か教えてくれない?

80 :シナモン:2005/12/31(土) 22:13:33 ID:XueQBzwh
みなさん今年も乙ですた!今年も良い一年ですた。来年も良い年にしたいです
月並みな言葉ですが、健康が一番です。来年もコツコツ頑張りたいと思います
母ですが、お陰様でステロイドが5mgまで減量出来そうです。僕は医学知識が
皆無だったので最初は理解出来ない事柄が多かったのですが、みんなの丁寧な
説明で理解出来る事も多くなりますた。マリリンさん、特に貴方には感謝して
います。ここを見てる方も最初は分らなくても爪もみとか簡単な事から少しず
つ出来る事を増やしていくのが良いと思います!それと焦らない方がいいです
時間をかける方が何事も上手くいくと思います。個人的な意見ですみません

よいお年を!

81 : 【豚】 【762円】 :2006/01/01(日) 07:57:39 ID:Pw3Jadin
みなさん、明けましておめでとうございますた。今年もよろしくです!

82 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/02(月) 00:35:12 ID:8UpEBs4U
みんさん、あけましておめでとうございます。

私は心理学板と健康板で安保先生の白血球の自律神経支配の法則をテーマにした
自然治癒力を上げる治療法(代替療法)について書き込んできて本スレで4スレ目に
なりました。

最初漠然としていた(西洋医学に対する)代替療法についての考えが、ずいぶんまとまって
きて、代替療法と西洋医学の効果と限界がおぼろげながら分かってきたような気がします。
私も皆さんと話していく中で成長できたと思っています。ありがとうございました。

今後、私自身の健康のためにも代替療法や免疫療法に対する知識と考えをより深めて
いきたいと考えています。

>シナモン

自律神経免疫療法スレ立ててほぼ一年で、最初の望み通り、お母様の
ステロイド半分に減量できて良かったね。
5mgに減量できるとステロイドの副作用がずいぶん楽になったでしょ?良かったね。
努力したかいがあったね。マリリンも嬉しい。

83 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/02(月) 00:37:56 ID:8UpEBs4U
私、明日から旅行に出かけます。書き込みは5日以後になると思います。


84 :病弱名無しさん:2006/01/03(火) 16:41:06 ID:Ci3rJXc5
暫く見ないうちに電波とシナのチャットスレになったのか

まさに掲示板の私物化

85 :病弱名無しさん:2006/01/03(火) 17:01:26 ID:A9S3e03a
このスレ参考になります!!
これからも続けていきましょう!!

86 :病弱名無しさん:2006/01/03(火) 17:05:34 ID:9KBnh18z
さあ、どこのクリニックでしょう?

http://www.mainichi-msn.co.jp/science/news/p20050713k0000m040108000c.html


87 :病弱名無しさん:2006/01/03(火) 20:11:54 ID:9KBnh18z
http://toen-net.com/cti/doc2.html

88 :病弱名無しさん:2006/01/04(水) 22:50:35 ID:JSxC3h8c
>>マリリンさん
君は活性酸素のことを何にも知らないのだね。もっと勉強して
レスしてくださいね。生命に関わりますので。

89 :名無しさん@まいぺ〜す:2006/01/05(木) 12:44:53 ID:+44aQvVg
ttp://blog.arerupi-21.com/archives/14644892.html
刺絡治療の治療部位と爪揉みの治療部位ってちがくない?
ttp://www.d9.dion.ne.jp/~shohei-c/s-4.html
胃は刺絡だと中指。爪揉みだと人差し指。

90 :病弱名無しさん:2006/01/05(木) 19:50:50 ID:NHDuzDIx
>>79
マリリンさんの求めで、このスレでどなたかが無料の水素水の作り
方を教えておられたが、それでもマリリンさんはH40なる水素水を
延々と宣伝しておられる。
一体、君の常識や頭はどうなっているの?
君のとんでもないレスを真に受ける人がもしかしたらいるかも知れ
ない。その場合、君のレスは罪になるかもしれないな。

91 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/05(木) 20:35:36 ID:nSy3xDii
ただいま。いない間に重たい内容のレスが続いている。お答えするの大変だわ

>>90
>無料の水素水の作り方を教えておられたが、

水素の効果が出るほどの高濃度の水素水を作ろうと思うとなかなか難しいですよ。
作り方が分かる人は是非教えて下さい。あまり高濃度だと爆発しますから気をつけて
作って下さいね。

>>89
臨床技術に関しては個々の先生によっても考え方が違うのは仕方がないように
思う。しいて言えば、安保先生達のはそんなに難しく考えなくても薬指以外、みんな
もめば良いわけだから、素人向けには簡単で実行しやすいのが利点だと思う。

>>88
>君は活性酸素のことを何にも知らないのだね。もっと勉強して
>レスしてくださいね。生命に関わりますので。

こんな批判の仕方しないで、貴方が活性酸素について知っているならちゃんと
教えて下さい。

水素結合水について活性酸素から説明したのは、メーカーが水素には活性酸素
除去作用があると強調しているから、その面から説明したのであって、マリリンとしては
それ以外にも過酸化脂質の還元作用や傷ついたDNAの修復作用もあるのではないかと
考えているけどそれについてはマリリンの仮説に過ぎないので省略した。

また、いつか機会があったらこれについては触れることにします。

92 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/05(木) 20:58:02 ID:nSy3xDii
>>86
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/news/p20050713k0000m040108000c.html
がん免疫療法:「医師の説明不十分」と遺族が提訴
 
>完治すると説明されてがんの免疫療法などを受けた川崎市の女性(当時67歳)が
>亡くなったのは医師の説明が不十分で適切な治療を選択できなかったからだなどとして、
>女性の遺族3人が新潟市の医療法人と理事長を相手取り、946万円の損害賠償を求める
>訴えを12日、東京地裁に起こした。

>訴えによると、首都圏の大学病院で大腸がんの抗がん剤治療を受けていた末期がんの
>女性と家族は、医療法人の理事長の医師から「抗がん剤治療をやめて免疫療法を
>受ければ、6カ月後には70%の人が完治し、6カ月で治らなくても他の方法で治療を
>継続すればいずれ完治する」という内容の説明を受けた。この言葉を信用して
>03年2月から、理事長が経営する東京都内のクリニックで、リンパ球療法や
>がんワクチン注射などの治療を開始し、6カ月間で360万円を支払ったが、女性は体の
>痛みを訴え食事もとれずに衰弱し9カ月後に死亡した。

>原告らは「免疫療法などの代替療法は医療水準が確立していない。療法を用いる場合は、
>治癒率に関する医学的根拠を具体的に説明すべきだ。特に末期がん患者には残された
>時間はわずかであり悔いなく過ごすことが重要で、医師は高度な説明義務が課せられる」
>とし、説明義務違反だと主張している。

>これに対して理事長は「説明は治療前に3回もしており、十分納得しているはずだ。
>亡くなったのは最後に抗がん剤治療を再開したのが原因ではないか」などと反論している。


93 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/05(木) 20:59:40 ID:nSy3xDii
この辺りが免疫療法の難しいところだと思う。標準治療をしている限り、stageWの大腸癌の
人が9ヶ月後に亡くなっても、訴えられることはないし、訴えられても負けることはない。

治療の価格も保険が適用されない限り、制限できないからね。医者が保険診療で縛られ、
訴訟されることに怯えている限り、免疫療法が西洋医学の中で認知されることは
ないのかも知れないと絶望的になる。

それでも、各種の免疫療法があちこちの大学でかなり良い結果を出し臨床応用間近に
なってきているようなので、いつかは、厚労省も免疫療法を認知せねばならぬ日が来る
のではないかと思う。

それまでは、自分の免疫力を下げぬよう、大きな病気をせぬよう自衛するしか過剰医療で
被害を受けることより逃れる道は私たち患者にはないように思う。

病気になる前にリンパ球数の低い人はリンパ球数をあげときましょう。それが一番だと
マリリンは思います。

94 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/05(木) 21:08:49 ID:nSy3xDii
>>87
http://toen-net.com/cti/doc2.html

サイトを見せてもらったけど、この程度の免疫療法に大金を払って、遠隔地から
受診しに行こうとはマリリンは思わないね。

癌の治療は、人それぞれの人生哲学みたいな所があるから、
どう考え、何にお金を払って、どのような治療を受けるかは患者さん本人が
自分で決定するしかないと思う。

その結果、悪い方に転がっても、医者だけの責任ではないような気がする。

95 :シナモン:2006/01/05(木) 21:28:52 ID:9L+MPkIe
マリリンさん、お帰りなさい。高濃度の水素水は爆発しますというレス
で思わず笑みがでました。今年は僕も旅行に行きたいです。

ステロイドの副作用ですが、この時期になると筋肉がとても痛むみたいです。
でも、今年はあまり痛いという言葉を聞きません。それは言わないだけとい
うけど、痛みは我慢出来ません。やはり痛いですからね。血流が少し良くな
っているのかな?ステロイドは諸刃の刃ですからね。減らしてもらえるなら
減らしていく方がいいです。 今からも母自身の為にも頑張ってもらわないと
なりません。母の人生は母自身が切り開いて行かなければなりません。
コントロール感覚を僕はとても大切だと思っています。

シナとか呼んでる方がいるけど、思わず笑ってしまいますた

96 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/05(木) 21:52:50 ID:nSy3xDii
旅行楽しかったです。今年はハードな旅行は止めて、ゆっくり休みを取れるようにしました。

昨年の一月はリンパ球数が1300しかなかったけど、今年はいくつになっているか
もうすぐ検査します。検査結果を知るのは、ちょっと怖いけど体の調子が良いのできっと
上がっていると信じています。

体の声を聞くのは、貴方の言うとおり大切な事だと思います。ただし過信は禁物です。
疲労困憊しているのに気がつかない人も中にはいますからね。

>ステロイドは諸刃の刃ですからね。減らしてもらえるなら減らしていく方がいいです。

お年寄りの場合は骨粗鬆症が心配ですものね。シナモンが前スレで5mgまでステロイドが
減らせると言っていたのはなぜ?

人間が一日に自然に分泌する副腎皮質ホルモンは5mgぐらで、ステロイドをこれ以上
減らそうとすると副腎が正常に機能していることが前提になることを考慮してそう言ったのかな?
それなら凄い、専門的な判断だと思う。

97 :シナモン:2006/01/05(木) 21:55:25 ID:9L+MPkIe
前スレからのコピペです。

お薬を飲まれている方は決して自己判断で断薬や減薬をしないでください。お願いです。
それは 命 に か か わ る と て も 危 険 な 事 です。お願いです。
西洋医学と並行しつつ食事療法(玄米菜食など)、温熱療法、音楽療法、運動療法、爪もみ療法
笑い療法、医師の管理の下での刺絡療法についての情報交換お願いいたします。
決して自己判断で無茶はされないでください。お願いします。

98 :カイ:2006/01/05(木) 22:09:27 ID:NND5kZVq
遅ればせながら、シナモンさん、皆さんあけましておめでとうございます。
>>32
シナモンさん、温かいレスをくださりありがとうございました。
教えてくださった爪もみや水に関して、自分なりにがんばって調べました。
今月号の健康雑誌の付録で爪もみの特集が付いていたので、
早速購入し友達に渡しました。百分比も、先生に教えてもらうように
伝えたので次回の血液検査の結果で数値が分かると思います。

数値の読み方ですが、顆粒球とリンパ球の割合を見るときに、
顆粒球は好中球・好酸球・好塩基球を足したもので良いのでしょうか?
参考基準範囲は、リンパ球:2200個〜2800個
顆粒球:3600個〜4000個 で、だいたいあっていますか?
ド素人でスイマセンm(__)m 基準範囲が検査機関によって違うので
どれを参考にして良いのか、混乱してしまいます・・・。

このスレのおかげで、もっと勉強しようという気持になれましたので、
スレを立ててくださったシナモンさんにも感謝しています。
マリリンさんや勉強中さんの書き込みはとても参考になります。
>>32で勉強中さんがおっしゃっていたように、
「試す試さないは読んだ人が自己責任で決めれば良い事」と私も思います。

99 :シナモン:2006/01/05(木) 22:11:40 ID:9L+MPkIe
マリリンさん、ステロイドの事ですが、”炎症”を何かの物質により
抑える事が出来るならひょっとして5mgまで減らせるのかもと考えて
いました。健康な人が分泌する副腎皮質ホルモンの分量が5mgくらいで
すよね。でも廃用性萎縮の事を考えて5mgからの減量はウルトラCが
必要だなと思っています。慎重にやらないとショック状態にもなりかね
ません。母は骨粗鬆症は大丈夫です。コントレックスというミネラル水
(硬水ですが)を飲んでいます。運動もしています。

100 :シナモン:2006/01/05(木) 22:19:13 ID:9L+MPkIe
僕は>>86のレスについて何もレスが出来ませんでした。僕が言える事は>>97
の事だけです。

101 :シナモン:2006/01/05(木) 22:38:15 ID:9L+MPkIe
カイさん、あけましておめでとうございます!色々勉強されているのですね!
今ひどい風邪を引いてまして、風邪薬が効いてきますた。数値のレスについ
ては明日します。ごめんなさい。

102 :ゆか:2006/01/05(木) 23:40:01 ID:UyyHB3B/
自律神経失調症みたいなんです…舌が白くて…(>_<)治す方法はありますか?ストレスってどうやったら治るのかも教えていただけるとありがたいですm(_ _)m

103 :病弱名無しさん:2006/01/06(金) 03:12:52 ID:LQkZl2kx
何この馴れ合いスレ。
安保信者ってこんな連中しかいないの?

104 :病弱名無しさん:2006/01/06(金) 12:28:51 ID:g2KqGQ04
>マリリンさん
はじめまして。
スキルス胃がんで闘病中のお友達ですが、その後の様子はいかがですか?
お元気でいらっしゃいますか?
どなたか自律神経免疫療法を実践されているお医者様にはかかっているのでしょうか?
定期検査はどうされています?
差し支えない範囲で教えてくださいな。



105 :89:2006/01/06(金) 16:18:04 ID:CBdrkfVQ
治療部位は皆さんはどちらを参考にしているのでしょうか?足も
あるんですよね?

106 :病弱名無しさん:2006/01/06(金) 21:44:53 ID:VVKKCR0v
マリリンは自演や嘘がお好きなようですが、君には自己嫌悪というも
のがないのかな。法に触れない程度にお好きなように。

107 :病弱名無しさん:2006/01/06(金) 22:31:51 ID:g6+Ba71t
このスレが茶番に見えるなら来なければいい
少なくとも私の中では要チェックスレですわ

108 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/06(金) 22:44:02 ID:nbvVoMR2
>>106
ハー、マリリンは自演なんかしてないよ。

>>104
>スキルス胃がんで闘病中のお友達ですが、その後の様子はいかがですか?
>お元気でいらっしゃいますか?

まだ、元気にはしていますが、再発はしています。

>どなたか自律神経免疫療法を実践されているお医者様にはかかっているのでしょうか

うちは水素結合水と乳酸菌製剤と漢方と体を温めることを中心に療養しましたので、自律神経
免疫療法は取り立ててやっていません。一応勧めたのですが、本人が気が進まなかった
ようです。食事療法も余命半年と言われた人に、食べたくないものを食べさせるのが可哀相で
好きなモノを食べさせました。

>定期検査はどうされています?

普通に一般の西洋医学の病院でやってもらっています。振り返って考えてみると、この病院で
何が良かったかと言うと、私たちの希望を医者が良く聞いてくれた事だと思う。余命数週間だ
なんだかんだと脅されたけれど、抗癌剤や検査入院を断っても、最終的には受け入れて
くれた。大学病院で行われている免疫療法の臨床試験が受けたいと申し出ると、心よく紹介状を
書いてくれた。この臨床試験が受けられるかどうかは分からないけど、私たちにとっては
この主治医の態度は本当に救いでした。

109 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/06(金) 22:49:12 ID:nbvVoMR2
>>98 >カイ

私はこれからの癌治療は大きく変わっていくと考えています。貴方のお友達がどのような状態に
あるかは分かりませんが、進行癌で余命宣告されてしまっても、いくつかの大学では、かなり
将来性のある免疫療法の臨床試験も始まっています。被験者も募集していますので、よく
情報を集めて最後まで諦めないでとお友達に教えてあげて下さい。

白血球の検査値についてはシンモンが風邪が治ったら教えてくれると思うので待っていて下さい。

>>102 >ゆか
このスレでは白血球の検査値を調べてこないとアドバイスのしようがありませんよ。

>ストレスってどうやったら治るのかも教えていただけるとありがたいです。

ストレスの治し方は、疲労を回復させる方法と同じだよ。

110 :病弱名無しさん:2006/01/07(土) 12:39:18 ID:h4nWvQ2p
薬指が交感神経刺激だよね?副交感神経刺激は他の4本指どこでもいいの?
それともドコの指だか決まってるのでしょうか?

111 :病弱名無しさん:2006/01/07(土) 17:28:58 ID:KqkmOUdw
>>108 時制の用い方が滅茶苦茶な文章だな。余程文章力が低いか、実際に過去の
事実なのだろう。

112 :病弱名無しさん:2006/01/08(日) 12:40:01 ID:u9Tx888O
過去の文章からしてただアホなだけだろ

マリシナはこのスレだとカリスマだから
下手に突っ込むと信者に攻撃されるよ

113 :病弱名無しさん:2006/01/08(日) 13:33:51 ID:K+QizDme
まあまあ、爪でも揉んで落ち着こうや。

114 :病弱名無しさん:2006/01/08(日) 15:32:33 ID:a6jsVWQw
>>111-112
信者とかじゃないけど批判するだけのもまえらとは比較にならん

115 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/08(日) 21:20:31 ID:FAVu7jR8
>>106
>マリリンは自演や嘘がお好きなようですが、君には自己嫌悪というも
>のがないのかな。法に触れない程度にお好きなように。

>>112
>過去の文章からしてただアホなだけだろ

このようにマリリンやシナモンが思われるのは、スキルス胃ガンstageWbの人が
1年以上たって生存していたり、シンモンのお母様のように9年もステロイドが減らせなかった
患者さんが快方に向かっているのが信じられないからでしょ?

>>111
>実際に過去の事実なのだろう。

>111さんがおっしゃるようにマリリンやシナモンは本当の事をこのスレでは書き込んでいる。

今までの医学の常識から考えたら、やっぱり信じられないのはマリリンは獣医だから
分かるよ。だけど、白血球の自律神経支配の法則や腸管免疫の理論、体温免疫力
β−エンドルフィン等を活用した免疫の活性化を色々な方法を通して試みると本当に
不思議な事がおこって来るんだ。

116 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/08(日) 21:29:10 ID:FAVu7jR8
どうしてこういう事がおこるかと言うとね。免疫システムが分かってきたのは最近の事なんだ。
だから今までの西洋医学的治療では免疫のついての考え方が欠如している。

免疫システムの病気を治療すると言う観点から今までの西洋医学的治療を見ると、かえって
患者さんに対して害になることをしていたり、そんな回り道しなくてももっと簡単に治療できるの
にという事柄が一杯でできたわけね

それでも免疫システムについて色々分かってきたわけだから、いずれは医学の中に取り込ま
なければいけない日が来るんだろうけど、今までの西洋医学的治療で莫大な利益や権力を
得てきた人たちもいるわけで、おいそれと方向転換ができない。そういう状態に今の医療はあるんだと
思う。どうすれば良いかは普通の人には分からないよ。

だけど幸いな事に、免疫システムを良好な状態に保ったり、ちょっとだけ故障してしまった
場合の治仕方は、別に手術や薬がいるモノじゃないし厚労省に認可してもらわなければ
いけない性質のモノでもない。医学が方向転換できなくて方向性を見失っている間でも
患者は身を守る方法はあるから、病気になる前に簡単にできる方法から試してみようよと
シナモンもマリリンも主張しているわけよ。

117 :病弱名無しさん:2006/01/08(日) 21:43:26 ID:FAVu7jR8
あげ

118 :病弱名無しさん:2006/01/09(月) 21:44:16 ID:zC2/5elY
自然治癒力って偉大なのですね

119 :勉強中:2006/01/10(火) 12:16:33 ID:Bh+OfsTM
遅ればせながらオメデトウゴザイマス。今年もよろしく。
ソウルに家族旅行を兼ねながらサプリメントの買付もしてきました。
日本と同じで向こうも大雪でパニクっていました。
正月休みの後半に買付けたサプリメントを従兄弟の所へ届けに寄った時、嬉しい報告がありました。
肝臓に転移していたガンが小さくなっていると言うのです。顔もふっくらとし、手術前より7キロ太ったそうです。従兄弟の治療法方は大体以下のようなものです。
平成17年4月上旬に外科手術、5月中旬より7月末くらいまで抗癌剤治療(1クールで止める)、以降はサプリメントと温熱療法
しかやらず12月の検査で肝臓に転移していたガンが縮小していたと言うのです。本人は嬉しそうであり、また少し自慢そうに今までの
闘病生活を延々と3時間も聞かされました。話を聞いていると送った安保先生の本は、ほとんど読んでいなかったみたいです。
ですから自律神経免疫療法も全然理解していませんでした。マイペースと開き直りがポジティブな思考に持っていったのかな、と思います。
最初はガンと告知された時はすごいショックだったそうです。しかし毎日毎日ガンだガンだと言われていると恐怖心が薄れて来るんだそうです。
ご飯も食べれるし、体も動く、どこが痛い訳ではない、普段の生活とどこも変わったことがない。これでガンだガンだと言われても怖く無くなった。と言うのです。
ただ抗癌剤治療の時、抗癌剤を打った日と翌日は体がだるくてどうしようも無かったそうです。
従兄弟は自律神経免疫療法を意識しないまま、自律神経免疫療法の基本であるガンの恐怖から逃れる、体力・免疫の消耗する治療を受けない、を実践していた事になります。
あとは、サプリメントが従兄弟に合っていたのかなと思います。サプリメントだけは毎日欠かさず飲んでいるようです。あとは温熱療法といっても朝と夜ぬるめの風呂に1時間ほど入るだけです。

皆さんはこの自然退縮をどう考えますか。ちなみにリンパ節の乖離も行っています。


120 :病弱名無しさん:2006/01/10(火) 21:37:51 ID:bh5LsIV8
リンパ節の乖離って何?

121 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/11(水) 13:33:21 ID:RL8iAGVM
お帰りなさい>勉強中

従兄弟の患者さん、お元気なようで何よりです。

>皆さんはこの自然退縮をどう考えますか。

安保先生は白血球数1800以上を二年間続ければ癌の自然退縮もあり得ると
説明していますが、自分で低いリンパ球数をあげようと努力してみると分かるのですが、
なかなか一筋縄では行かないです。

上がったり下がったりする。下がった時に癌が再発してくるんだと思う。ひとたび
癌の再発を許すと癌細胞自体から免疫抑制物質が分泌され出すようで、なかなか
良好な状態にリンパ球数をもどすことが難しくなります。

だから進行性の癌の場合は、細胞免疫療法や癌ワクチンなどの人工的に免疫を
操作する治療法の発展が必要ではないかと私は考えています。全身に再発して
自分の免疫の力より癌の力が強くなってしまった場合、抗癌剤しか頼るモノがない
現在の医療の現状では、何ともいたしかたないです。

こうした患者さんにとって余命を宣告するしかない医者は単なるおじさんでしか
なくなってしまう。

勉強中さんの従兄弟も今現在、元気なうちに再発した時の事を考えて、色々な大学が
免疫療法の被験者を募集しておりますから、準備しておかれると良いと思います。

うちは再発してから、申し込みましたので、治験を受けるまでに時間がかかり過ぎ、まに
合わないのではないかと心配しております。

122 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/11(水) 13:42:29 ID:RL8iAGVM
ex.大阪大学、免疫療法の被験者募集のサイト
http://sahswww.med.osaka-u.ac.jp/~hmtonc/vaccine/index.htm

この大阪大学の癌ワクチンは開発が始まってから5年ぐらいの月日がたっているらしいです。
副作用も注射した所の痛みだけ、通院で治療でき、余命1〜2ヶ月の人が二年以上元気で
職場復帰を果たしたり、首から飛び出るほどの食道癌の人も快方に向かったと
健康雑誌には書いてありました。

これが本当だとしてら、何で、まだ生きているのに、もう助かりませんと言われる患者さんが
一杯いるのに、たいした副作用もないのに使ってもらえないのかと悲しくてたまりません。

厚労省はほっといたら死ぬしかない患者さんの命を差し置いて何が守りたいのかと
考えてしまいます。彼らには緊急避難的な対処の仕方はないのでしょうか?

123 :病弱名無しさん:2006/01/11(水) 19:31:03 ID:SiseMfpK
で、「リンパ節の乖離」って何なんですか?


124 :勉強中:2006/01/11(水) 21:27:24 ID:H/t0JjEc
リンパ節の乖離と言う言葉が適切でなかったようですので、リンパ節郭清でご理解いただけますでしょか。
皆さんが分かりやすく言うと単語で誤解があるかも知れませんが、切除すると言う事だと理解していただければ良いかと思います。
なぜリンパ節が大切かと言うとリンパ節はリンパ球の待機している所です。普段はリンパ節でヘルパーT細胞・2型ヘルパーT細胞が指令を出さないとリンパ節で待機しています。
しかしヘルパーT細胞・2型ヘルパーT細胞がリンパ球に異細胞の伝達(ガンなどの)をすると10回ほどの細胞分裂を起こし大リンパ球となって異物と戦います。
その倉庫(リンパ節)をガンが転移していなくても今の西洋医学は切除するのが普通となっています。転移していれば切除は勿論しなければなりませんが、
転移していなくても他の臓器への転移を予防するといった事から切除(郭清)がほとんどの病院で行われています。国立ガンセンター中央病院も今だにリンパ節郭清を続けています。
これが正しいのか、間違っているのかは医学界では賛否両論という所でしょうか。少なくとも色々な免疫療法を行う人には基地を無くすように思えるのですが。




125 :病弱名無しさん:2006/01/11(水) 22:00:39 ID:SiseMfpK
>124
>リンパ節郭清でご理解いただけますでしょか。
こちらのほうがはるかに一般的で、医療関係者、患者であればほとんどが理解できるというのに、
なんでまた「乖離」なんて、訳わからん言葉を使ったのか。




126 :病弱名無しさん:2006/01/12(木) 15:13:36 ID:HdFHEDNF
もういいじゃないか。

127 :212:2006/01/12(木) 16:44:00 ID:EOWJD0HN
>>124
ではリンパ節への転移が最初に起こるケースが多いのは何故なのでしょう?

128 :病弱名無しさん:2006/01/12(木) 21:22:07 ID:HdFHEDNF
液体だからではないだろか?

129 :病弱名無しさん:2006/01/12(木) 21:57:02 ID:lpgJHC0m
【NHKスペシャル】日本のがん医療を問う
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1136627847/

130 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/13(金) 08:03:32 ID:4mMNMWkc
>>129
NHKの癌特集は、抗癌剤万世で免疫療法の可能性を切り捨てるので好きではなく
この番組も私は見なかった。

このスレを読む限り、標準治療しか為す術のない西洋医学信仰の強い医者の狼狽が
見て取れる。無力な現在の癌治療を指摘されるのが辛いのだろう。
癌は免疫の病気だ。そこを無視して、癌細胞ばかりに目を奪われていても、決して
治癒なんてありえない。

>304 名前:ドキュソルビシン 投稿日:2006/01/08(日) 19:20:48 ID:+fbkfIfN0
>いや、いつまで待っても抗がん剤で治せるようにはなかなかならんですよ。

こういう事が分かっているのに、何故、免疫療法を嫌う医者がいるのか、患者の
立場のマリリンには理解ができない。

131 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/13(金) 08:16:15 ID:4mMNMWkc
>268 名前:ドキュソルビシン 投稿日:2006/01/08(日) 11:09:10 ID:/iEBTi0p0
>だらだらと感想を付け加えておくかなぁ

>● 格差について

>進歩がある分野においては、必然的に格差は存在する。
>全く格差がない状態が長く続くようであれば、それはその分野において全く治療法の進歩
>がないということなり。だから問題は今ある格差をどうするか、ということではないなり。

>優れた方法が速やかに全国へ浸透していくためのシステム作りが一番大事。
>これさえできてしまえば、今ある格差は自然と解消するし、今後生まれるであろう進歩にも
>対処できる。

>今後出てくる方法、それは何もアメリカや国立がんセンターから出てくるとは限らない。
>どこから生まれるにしろ救い上げ、早めに適切に評価し、なるだけ早く全国で受けられる
>ようにするためにはどのようにすればいいか。そっから発想しないといけないのでは。
>(勿論、従来のシステムでも自然と全国に伝わるんですけどね。時間がかかる)

132 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/13(金) 08:18:18 ID:4mMNMWkc
免疫療法も含めて、格差を解消し良い治療法が、より安く患者さんが受けられるように
して欲しい。今の厚労省や医学関係者の多くの人たちの中に免疫療法に対する
考えが抜け落ちてしまっているのが何とも悲しい。抗癌剤の情報公開より、免疫療法に
ついての情報を患者さんに広めた方が患者にとっては有益だと私は思う。

知識のない患者さんでも、うすうすそのことに気がついているから民間療法が繁盛する
わけで、患者にとっては標準治療の情報も、民間療法の情報も有益であれば大差は
ないと言うことに、医者も厚労省もNHKも気がつくべきだと思う。


133 :病弱名無しさん:2006/01/13(金) 11:31:12 ID:x/eeytlu
>今月号の「安心」で爪もみの特集が。
 今まで薬指を除く指の爪をもむことを推奨してたけど、
 実験の結果、5本指のつめをもんだ方が効果が高いことが
 わかったらしい。もう、この爪もみを推奨してる医療機関では
 5本指が基本だそうです。
 なお4本でも効果が感じられればそれでもいいそうです

刺絡療法ではどうなんだろう。

134 :病弱名無しさん:2006/01/13(金) 16:44:38 ID:Ii2cWseP
過緊張による首痛頭痛なんですが効果あるでしょうか?

135 :勉強中:2006/01/16(月) 11:27:33 ID:Bejx8bBd
>マリリンさん
前に言われていました大学の治験者の件を従兄弟に話しましたが、あまり乗り気になっていないようでした。
現在の療法で腫瘍が縮小して良好な事や他に転移したらしょうがないという開き直りもあるようです。それと医師という者をあまり信用しなくなったようです。


136 :勉強中:2006/01/16(月) 11:50:44 ID:Bejx8bBd
従兄弟も現在の西洋医療への不信や疑問を漠然としながらも持っているは、西洋医療の優れている部分と免疫療法の良い部分を理解していないからだと思います。
これからも受ける治療、受けたい治療に関しては信頼できる医師を探す、その治療法の知識を得るなどの努力が必要だと思います。あまり受身になったり自分で治そうと言う心構えが無いと決して満足のいく治療結果にはならないと思います。
インフォームド・コンセント、セカンド・ピニオン、サード・ピニオンなどをフルに役立ててもらいたいと思います。
又、医師も検査データだけを重要視し患部だけの決まりきった治療ではなく、心理的な面や食事・体操・入浴と色々な面から患者にアドバイスをして欲しいものです。


137 :勉強中:2006/01/16(月) 18:29:50 ID:Bejx8bBd
セカンド・ピニオン、サード・ピニオンは間違えました。正確には
セカンド・オピニオン、サード・オピニオンです。オが抜けていました。ゴメンナサイ。

138 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/16(月) 22:22:08 ID:p8OJ+vHq
>>135  >勉強中
>現在の療法で腫瘍が縮小して良好な事や他に転移したらしょうがないという開き直りもある
>ようです。 

うちもそうでした。最初の入院から戻って元気になった時は、もうこれで治ってしまうので
はないかと錯覚したほどです。

でも、悪性の進行癌はそんな甘い病気ではない。結局再発して、癌の力が患者の免疫力より
強くなると、今の医学では進行を止める方法がない。

その意味では、免疫を人工的に操作する特異的免疫療法は、私は進行癌の治療の
切り札になるんではないかと思うんですよ。

今まで民間の病院でやられてきた活性化リンパ球療法は非特異的免疫療法の一種で
自然治癒力を上げる事を目的としたものだった。そのため、癌の力が強くなってくると
効果がなかった。

その点、あちこちの大学病院で研究されている癌抗原にターゲットを絞った特異的免疫療法
は癌の力がかなり強くなっても威力を発揮するようです。
ただし臨床試験なので、誰でも受けれるわけではなく、しかも受けるまでに時間がかかる。

医者に再発は免れないと言われたなら元気なうちに準備しておかれた方が良い。
それでも患者さん本人が気が進まないなら仕方がないですね

特異的免疫療法は自分が進行癌になってしまった時は、真っ先に受けることを考えたい
治療法だと思っています。
どのくらい後に特異的免疫療法は標準治療の一つとして認可されるんでしょうか。抗癌剤のよう
な酷い副作用があるわけではないし、そんなにお金がかかる治療法でもないようなので
早く認めて欲しいです。

抗癌剤を使わなくなるか、使っても回数が減ると言うのが認可のネックになっているのでしょうかね。
お金の流れが変わるから。

139 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/16(月) 22:42:54 ID:p8OJ+vHq
認可されないのなら、自分の免疫力を上げ、癌なんかにならぬように自衛するしか
ないですね。

私の今月の白血球数の結果が出ました。
白血球数が7400 リンパ球の割合が23.8%、 リンパ球数が1761でした。

昨年の一月が
白血球数が5200 リンパ球の割合が25.2%、 リンパ球数が1310でした。

相変わらず、交感神経興奮体質は変わっていませんが、昨年に比べると
リンパ球数が血液1リットルについて4臆5100万も上がりました。

ちなみに12月は
白血球数が7500 リンパ球の割合が22.8%、 リンパ球数が1710でした。

これだけリンパ球数が上がって変わったことは

 1.夜熟睡できるようになった。
 2.すぐ疲れていたのがなくなった。
 3.風邪をひかなくなった。ひいてもすぐ治るようになった。
 4.水虫が治ってきた。

以上、良いことばかりです。これからも自然治癒力を上げるように勤め、癌からも病気からも
病院からも無縁でいるように努力していきたいです。(^▽^笑)

140 :勉強中:2006/01/17(火) 18:27:45 ID:VRb5S5wH
確かにリンパ球数が上がって来る(免疫力が上がってくる)と色んな体質改善が感じられるようです。
まず食欲が増し食べたい物が美味しく食べられる。これも副交感神経優位の状態でしょう。食事もしっかり出来ると体力もついてきます。
安保先生も自律神経免疫療法が出来るか出来ないかは、普通の食事が出来るか出来ないかにかかっているとおしゃってます。
他にも風邪をひかなくなった、すぐ疲れていたのが1日活動するだけの体力がついてきた、姉など仕事が終わってから好きな夜のバトミントンのクラブ活動まで始めました。
従兄弟もお酒が弱くなったと言いながら毎日の晩酌をしているようです。二人ともガンという病気に不安を抱えながらも充実した毎日送っているようです。田舎暮らしのほうがゆったりしているぶん免疫力を高めやすいのでしょうか。
個人個人、免疫のあげ方も違い自分に合った免疫療法を取り入れる事が大事ではと思います。

141 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/17(火) 21:50:40 ID:0j9hLy3z
>>140
>個人個人、免疫のあげ方も違い自分に合った免疫療法を取り入れる事が大事ではと
>思います。

自分に合わない方法では返って疲れてしまいリンパ球数が下がってしまいますからね。
ちなみに、私がリンパ球数をあげるために実行したことは

 1.夜12時までには寝るようにして、睡眠時間も7時間以上は確保した。
 
 2.食べることが好きなので、食事は菜食とかではなく、四群からバランス良く
   取るように心がけだ。

 3.摂取カロリーは一日多くても2000カロリーぐらいまでにした。
 
 4.仕事を減らすわけにはいかないので、疲労をためないように週末にやっていた
   長距離のウォーキングをやめ、一日3qぐらいを軽く流す散歩程度にした。

 5.入浴に十分時間をかけ体を温めるようにした。

 6.サプリメントは抗酸化力の強いモノと腸内環境を整えるモノ、二種類を毎日飲んだ。

この程度を去年の5月から現在まで続けて、リンパ球数の安定的な上昇を見ることができた。
考えて見ると、リンパ球数をあげるのは楽しいですよ。イヤなことはリンパ球数が下がるからと、
やらない理由付けができるから。

これをもう少し続けたら、後半年ぐらいで2000ぐらいまで、リンパ球数上がって来ないかな。
って言うか、来て欲しいな。

142 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/17(火) 22:14:42 ID:0j9hLy3z
>>139  自己レス補足。

私がリンパ球数をあげる事を試みる中で、どうも納得できなかったのが、安保先生達の

>健康な人であれば、白血球は血液1マイクロリットル当たり5000〜8000個あります。
>理想的な白血球の比率は、顆粒球54〜60%、リンパ球35〜41%です。

この部分です。私の場合昨年一月のリンパ球の割合は25.2%、今年が23.8%で
下がってしまっている。だけどリンパ球数で言えば去年が1310で今年は1761と上がっている。

そして、身体の調子はリンパ球数が上がった今年の方が断然良い。これを安保先生
達はどのように解釈されるのだろうと思いました。



143 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/17(火) 22:16:11 ID:0j9hLy3z
また、私の場合、今年は去年と比べて体全体で15臆ぐらいリンパ球が増えたわけです。

活性化リンパ球療法では、50臆個ぐらいのリンパ球を人工的に増やして点滴するらしいのですが
2週間ほどしか効果が持たず、リンパ球の培養を繰り返して体に入れてやる必要があるわけです。
一回の治療に20万〜30万円かかると言うことですから、自分の体の中で自分のリンパ球を
増やして病気の治癒を試みると言うのは安上がりの治療法だと思います。

皆さんも、一度は白血球の検査をしてリンパ球数を調べ自分の免疫力を確認されると
良いでしょう。そしてリンパ球数の低い人は、是非自然治癒力を上げる方法として
リンパ球数をあげるよう努力する事をおすすめします。きっと色々な体の不都合が
治って来ますよ。

144 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/18(水) 09:56:08 ID:SDMycmx6
>>141の続き

もう一つ大切な事があったのを忘れていました。

 7.体を冷やさないように気をつけた。お腹を冷やさないように腹巻き愛好家に
   なりました。夜は毛布の下にタオルケットを一枚増やしたし、靴下は厚めに
   しました。

これ以外にも基本的にリンパ球をあげるのは、シナモンも言うように楽しいこと
心地よいことをやれば良く、音楽を聴いたり、友達と楽しく会話したり、絵画鑑賞に
出かけたり楽しいことばかりを選んでやります。

イヤなことはリンパ球を下げる可能性があるのでなるべく避けます。
免疫療法って楽で良いなと思いました。


145 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/18(水) 10:17:28 ID:SDMycmx6
免疫療法は経済的にも肉体的にも、自分にあった方法で無理なく実行できることを
いくつか組み合わせれば良いのですが、基本的にいくつかのルールはあります。

例えば
  1.最初にストレス(疲労)を取り除いておくこと....(これが一番大切だと私は思う。)
  2.栄養状態の改善を試みる
  3.交感神経を抑制し副交感神経を刺激するような事をする。
  4.適度な運動をする。
  5.低体温にならないよう体を温める。
  6.消化管の環境を整え、リンパ球が活性化されるように勤める。
  7.活性酸素を除去するように勤める。
  8.心地よいことをやって、精神が安定するように勤める。
  9.夜の睡眠を十分取る。昼夜の逆転はいけません。
  10.適度な日光浴をする。

以上がマリリンが考える免疫療法の基本的なルールです。
このルールに沿って色々試みる限り、よほどの病人でない限り、リンパ球は上がって
来ると思います。 

146 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/18(水) 10:22:37 ID:SDMycmx6
>シナモン

づっと聞いてみたかったんだけど菜食がどういう事か分からないので教えてくれない?

免疫の活性化には必須アミノ酸は必要不可欠だと思うんだけど、菜食を実行している人は
必須アミノ酸や必須脂肪酸はどのように取っているの?



147 :病弱名無しさん:2006/01/18(水) 22:08:08 ID:hSd57+bo
日曜から風邪で寝こんでます。熱は37度ちょっと。
せきと喉の痛みと寒気。日曜、月曜と一杯寝て
火曜の朝起きていつものようにおかゆ食べて薬飲んだら
それ以降全然寝つけないんです。。。

自律神経がいかれてるっぽくて、ウトウトしたと思ったら
少しの物音でびくっと冷や汗かいて目がさめる
四六時中心臓の音がバクバク聞こえる
神経過敏になってる感じがします。

今まで自律神経がやたれた自覚はないのですが
風邪で自律神経がやられる事ってありますか?
明日から仕事。。。風邪の方はゆっくり眠れれば治りそうなのに
昨日の朝から一睡もできず、まいってます。


148 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/18(水) 22:51:00 ID:/MSHxWmh
>>147
>昨日の朝から一睡もできず、まいってます。

眠れないの辛いよね。過去に、私も寝ているんだけど寝てる感覚がない(熟睡感がない)
症状で、ずいぶん長い間苦しんだことがある。

こういう急性の症状で苦しい時は西洋薬を頓服で使うとずいぶん楽になるよ。
私は精神安定剤のクロチアゼパム5mg(商品名リーゼ)を使う。

何処の診療所でも風邪薬をもらうついでに、眠れないからリーゼが欲しいと
薬品名を指定して言えば少量なら処方してくれると思う。

それを大事に取っておいて、眠れない時、寝る前に5mg一錠だけ飲むようにしている。
他のマイナートランキライザーに比べて、依存性や副作用が少ないので重宝する。

全然、眠れになかった時に、この薬を飲んで頭の中で眠りの神経が動き始めたのが
分かった事があった。へんな例え話だけど本当にこれで眠りに落ちた。

あんまり苦しい時は、西洋薬も役立つよ。我慢するよりずっと楽だ。

149 :病弱名無しさん:2006/01/18(水) 23:07:17 ID:hSd57+bo
マリリンさん、早速のレス感謝です。
眠れないので風邪の症状も一向に良くならず、
眠れないおかげでひどい貧血のような感じで…

明日は大事を取って会社お休みして、
朝一で病院でリーゼをもらってきます。ほんとに感謝です。

150 :勉強中:2006/01/20(金) 17:35:42 ID:+0C4ARA8
日々の生活を整え体に良い事をする。決して難しい事では無いのが自律神経免疫療法ですが、臨床的な成果やデータがまだこれからという療法です。一部の臨床医による自律神経免疫療法の学会発表の準備は出来ているようですが。
しかし、なかなかリンパ球と顆粒球の比率を健常者並にする事は難しいようです。今回、従兄弟の話を聞いていてしっかりと自律神経免疫療法を実践しているようではありません。
血液検査さえもしていないので、白血球やリンパ球の変化が見て取れないのですが、昨年の五月に会った時に比べて顔もふっくらとし、はっきり健康になったのが分かりました。
そして検査で肝臓の腫瘍の縮小と言う結果を考えるとサプリメントが効いたとしか考えられないのです。自分の体質に合ったサプリメントであればリンパ球やNK細胞・ヘルパーT細胞の活性化により腫瘍の自然退縮まで自然治癒力を高める事が可能だと言うことです。
勿論、ガンの種類、ステージも関係してくるとは思いますが。


151 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/20(金) 23:57:52 ID:PxbLba5d
>>150
>そして検査で肝臓の腫瘍の縮小と言う結果を考えるとサプリメントが効いたとしか考えら
>れないのです。自分の体質に合ったサプリメントであればリンパ球やNK細胞・ヘルパーT細胞の
>活性化により腫瘍の自然退縮まで自然治癒力を高める事が可能だと言うことです。

抗癌剤万世の医者と話していると、絶対にサプリメントが効いたなんて言うことは認めないです。
でも私も、サプリメントや漢方、鍼灸などの代替療法は使いようによって抗癌剤以上に効果が
あると思っています。

自分のリンパ球数をあげようとして9ヶ月間、顆粒球とリンパ球の数値を追って
私が思うことは、顆粒球やリンパ球数のバランスは最終的には改善もされてくるし、
リンパ球数も上がっては来るけれど、その上がり方は直線的ではなく、上がったり
下がったりを繰り返しながら改善してくると言うことです。

もちろん季節や採血時間による変動もあるし、新たに加わるストレスや疲労のせいよる変動も
あるかもしれませんが、私はそれだけではないような気がします。

152 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/21(土) 00:03:34 ID:PxbLba5d
サプリメントなどで活性化されたリンパ球は疲労する時があると言っていた人がいました。
それによるとリンパ球が一度疲労すると新たなリンパ球が育ってくるまで、免疫の活性化は
停滞するとの事でした。

私もそういう現象があると思う。その停滞した時に、癌の種類が超悪性だと癌細胞が勢いを
盛り返してくるんでしょう。そして癌細胞自体が免疫を抑制仕始めるので悪性の癌の場合、
自然治癒力を利用した免疫療法では効果がないと言われるのだと思う。

つまり、癌が再発してきた時に人工的に癌の力を抑制する方法さえ見つければ、どんな悪性の
進行癌でも、共存あるいは治癒がサプリメントを始めとした免疫療法で可能になるので
はないかと私は考えています。

そういう時にこそ、生体の癌と闘う力を温存した、抗癌剤や手術、放射線療法、細胞免疫療法や
癌ワクチン、DCワクチンを利用した西洋医学的対処療法が必要となるのではないかと思います。

それなのにどうして、現在の医学は頑なまでに生体の自然治癒力をを無視するのでしょうかね。
サプリメント?あんなモノは効かないと言う医者は、何を根拠にそのように言うのでしょう。

分からないことだらけです。

153 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/21(土) 09:17:13 ID:3Oh0K2EX
免疫力アップで心と体の病気を治す。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4072438898/qid%3D1137802054/250-7965435-1977062

この本の中で水嶋先生は
酷い免疫抑制の状態にある患者さんは良質なサプリメントか鍼灸か漢方、どれか
あるいは複数を組み合わせて使わないと免疫抑制状態が改善されて来ないと書いている。

マリリンもそう思う。

シナモンのお母様や勉強中さんの従兄弟、マリリン自身みたいに重度に免疫が
抑制された人は、お金はかかるけどサプリメントや指先針を使ったこが良かったんだと思う。


154 :病弱名無しさん:2006/01/21(土) 20:23:41 ID:x0X6O2DT
長谷川裕崇の『ガン、糖尿病と活性水素』『活性水素イオン水療法』実証実験日誌
ttp://blog.livedoor.jp/hasehero/

155 :病弱名無しさん:2006/01/21(土) 21:47:23 ID:J+I7td6t
>>マリリンさん
>>139-145の一連のレス凄くためになります。
ほんとうに感謝尊敬します。

156 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/21(土) 22:32:10 ID:i6IhQQNh
>>155

褒めて下さってありがとう。こんなに褒めてもらったら恥ずかしいです。(*/∇\*) キャ

私は体調が悪いと思っている人たちに免疫力を上げることによって体調が良くなることを
知って欲しいのです。2chではせっかくレスを書き込んでも消えてしまうので、そのうちに
心理学板と健康板で書き込んだレスをブログにでもまとめて色々な人に読んでもらい、
健康に役立ててもらえればと思っています。

かけ声ばかりでなかなか実行できないんですけどね。そのうちやるから待っていて下さい。



157 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/21(土) 22:41:16 ID:i6IhQQNh
>>154
リンク先、目を通しました。

この御水に限らず、アガリクス等のサプリメントを勧める本やサイトの間違えは
そのサプリメントだけで、病気が良くなったような錯覚を読み手にあたえる事です。

免疫をあげるためには、>>145で書いたように、色々な角度から健康に良いとされることを
組合わせることで、はじめて効果がでるものであると私は考えています。

決して1種類のサプリメントを取っただけで、満足のいく効果が現れるわけではないと
言うことを、このサイト先の人は知っておかれるべきだと思います。




158 :病弱名無しさん:2006/01/22(日) 22:06:08 ID:P+3jQk45
シナモンさん元気ですか?

159 :病弱名無しさん:2006/01/22(日) 22:18:22 ID:1flRNOaO
まとめサイトほすぃー

160 :病弱名無しさん:2006/01/23(月) 11:05:20 ID:0RnTZjzk
爪もみ行っている診療所では薬指も揉んでいるそうですね。
刺絡ではどうなんだろ?皆さん避けてますか?

161 :勉強中:2006/01/23(月) 16:54:07 ID:UH3NtE2X
>決して1種類のサプリメントを取っただけで、満足のいく効果が現れるわけではないと
>言うことを、このサイト先の人は知っておかれるべきだと思います。

このあまりにもサプリメントを否定的に考える事はいかがなものでしょうか。サプリメント単独で高い効果を出しているものも沢山あります。
自律神経免疫療法の理論を基本としながら、サプリメントや他の療法を取り入れることがベストなのでしょうが、サプリメントや漢方薬の1種類だけで治療されている方も沢山いると思います。そうした方達からは異論も出るのではないでしょうか。
又そのような方達は間違っていますよ。と言っているようなものです。一つの療法、一つのサプリメントでもやられる方の満足のいった効果があればよいのです。
そして現在の治療法に不安があったり、信頼できない、満足行かない方は自律神経免疫療法の理論をしっかり踏まえた上で実践すれば良いのです。
自身の免疫力をあげるには、実践してからも半年、一年・二年と長い期間がかかる事は覚悟しなければなりません。
またゆっくり免疫力をあげる治療法のため、この治療法では間に合わない、また自身に免疫力を活性化する力が残っていない方が自律神経免疫療法をいくら信じて実践しても満足のいく結果は得られないでしょう。
急いで免疫力を上げなければならない方には向いていない治療法とも言えます。
単独でも十分な効果があるとおもわれるサプリメントだけでも、
天仙液、AHCC、プロポリス、サメの軟骨、鹿角霊芝、核酸、冬虫夏草、メシマコブ、紫イペなどがあります。ただし、あまりに高額な物から手頃な価格で購入できる物までいろいろとありますが、品質の見極めが難しいと言った問題があります。




162 :勉強中:2006/01/23(月) 18:13:45 ID:UH3NtE2X
サプリメント販売会社でも、真面目にやっている所も少なくはありません。あるサプリメント製造・販売メーカーで聞いたことですが、
医者には本当に困ったと嘆いていた話があります。サプリメント療法を行っているクリニック向けに患者さんが続けやすいように定価を下げパッケージを変え商品を作ったところ、医者に喜んでもらえると思ったら医者の方からこんなに価格が安いと患者が商品を信用しないとか、
定価を下げるとクリニックで抜くマージンが減るから困る、他社のものなら1箱で2万円は儲かるのにお宅のものだと6千円しか儲からない。だから取り扱いを変える。と言われたそうです。
この様な医者はごく一部なのですが、病院やクリニックの看板を出して患者を集め医療行為を行っているのです。この様な医師にはくれぐれもご注意を。
この様な医師の見分け方として、高額なサプリメントを色々と組み合わせて奨める医師は要注意です。サプリメント1ヶ月分を20〜30万円も調合するなんて論外です。高くても1ヶ月5〜6万円といったところではないかと思います。
ではどのような医師が良いのかというと、サプリメントの指導はするが自分のクリニック・病院では販売しない医師です。
また良いと思われるメーカーの商品であれば、必ず商品について問い合わせる事です。たくさん買えばいかにお得かと言う説明をするメーカーはまずやめておいた方が良いでしょう。
まず原材料について徹底的に聞くことです。原産国、収穫の時期、日本のルートなど自分の知りたいこと、疑問に思っていることなどで結構です。しっかりとしたメーカーはほとんどちゃんと答えてくれます。



163 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/23(月) 22:36:05 ID:BH5NJW/5
>>162
>このあまりにもサプリメントを否定的に考える事はいかがなものでしょうか。サプリメント
>単独で高い効果を出しているものも沢山あります。

>自律神経免疫療法の理論を基本としながら、サプリメントや他の療法を取り入れることが
>ベストなのでしょうが、サプリメントや漢方薬の1種類だけで治療されている方も
>沢山いると思います。そうした方達からは異論も出るのではないでしょうか。

私の言っていることを誤解なさっているようなので、
少し説明しておきます。お金のかかる治療は一種類のサプリメントや漢方単独でも効果が
あるのならそれで良いでしょう。

だけど、疲労やストレスはそのまま、体を温める努力もせず、軽い運動もせず
食べるものはカップラーメンやお菓子とジュース、昼夜の逆転でお日様にあたることもせず
睡眠時間は少しだけ、人間関係は希薄で喧嘩ばかり、こんな状態では、どんな良質な
サプリメントを摂取しても免疫力は上がってこないと思うよと言うことが言いたかった。

サプリメントのお勧め本は、その辺りの説明は省いてあるモノが多いでしょ。まるで、
魔法のように、健康になるための努力なしに効果があるような事を言う。

こういう、説明の仕方はマリリンは納得できません。

164 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/23(月) 23:23:38 ID:BH5NJW/5
サプリメントや漢方、鍼灸等、お金のかかる免疫療法は健康になるための努力をしても、
免疫力を上げることが難しい重度の免疫抑制状態にある人には必須のアイテムと
言えるのでしょう。>>153参照。

>>161
>急いで免疫力を上げなければならない方には向いていない治療法とも言えます。

多分、この部分で勉強中とマリリンは同じような事を言っているのだと思う。
違うのは、マリリンはどんな良質なサプリメントや漢方を使っても、健康になるための
努力はしなくても良いと言うことではないと思っている所だと思う。

>天仙液、AHCC、プロポリス、サメの軟骨、鹿角霊芝、核酸、冬虫夏草、メシマコブ、
>紫イペなどがあります。

この中で、獣医であるマリリンはサメの軟骨や紫イペ等の自然破壊系のサプリメントは
他に同じような効果のあるサプリメントがないわけではないので使って欲しくないと
個人的に思っています。

165 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/24(火) 09:27:49 ID:Yzw+z34Q
>>164 自己レス補足

>健康になるための努力

体に良いことを、自分に無理なくできる範囲で色々組み合わせて、総合的に
免疫力を上げていく。これが自然治癒力を上げるための肝だと私は思う。

>>161
>実践してからも半年、一年・二年と長い期間がかかる事は覚悟しなければなりません。

それは上記のような事は覚悟しなければならないでしょう。
それでも、根本的な体質改善を考えないと、本当の意味で持続的に免疫力を
上げることはできないような気がする。

サプリメントや漢方、鍼灸だけで免疫力を上げることを期待するのなら、対処療法的な
西洋医学と考え方が変わらないのではないですか?そういう考え方は私は好きではないし
自然治癒力を上げることで治癒に導く免疫療法を考える時には無理があるように思う。

166 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/24(火) 10:10:16 ID:Yzw+z34Q
話は変わるけど、以前に私は抗ガンサプリと言われるモノには下記の3種類の
カテゴリーがあると説明したことがある。最近4番目があるんではないかと
考えるようになった。

   1.活性酸素を除去するモノ
   2.腸内環境を整えるモノ
   3.リンパ球そのものを刺激し活性化させるモノ

4番目は
   4.免疫システムが働く時に必須であるサイトカンや酵素の材料になったり、その機能を
     増強したり抑制する必須アミノ酸や必須脂肪酸を補うモノ

こういうカテゴリーがないと核酸やペプチドプリマなどのサプリメントで
抗ガン効果があったと言う人がいることの説明がつかない。
サプリメントを使うと時には、一種類しか使わないのならどのカテゴリーでも自分に
あうモノを選べば良いと思うが、複数使う時は違うカテゴリーから一種類ずつ選ぶ方が良いと思う。

また、勉強中も言うように、サプリメントの業界は詐欺的商法が横行する世界。
情報を集めて品質の良いサプリメントを入手するように気をつけることも重要です。
自己責任が問われる世界です。

167 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/24(火) 13:46:48 ID:9tdefpHf
>>166 自己レス補足
  >1.活性酸素を除去するモノ

これはマリリンの仮説なんだけど、一般的に抗酸化作用と言った場合、活性酸素
が除去される作用に等しいと考えられているけれど。
私は、それ以外にこのカテゴリーに属するサプリメントには活性酸素以外の物質を
還元する力があるモノも含まれているのではないかと考えている。

過酸化脂質等の酸素以外の物質で酸化されてしまったモノまで還元する力のある
サプリメントも活性酸素を除去するため、ひとまとめにされて、このカテゴリーに分類
されているのではないだろうか。

このため、水素結合水などの還元作用が強いサプリメントが他の抗酸化作用を
有するサプリメントより効果が強く、効き目が早く出るのではないかと思う。


168 :勉強中:2006/01/24(火) 13:51:50 ID:PPZ6p74w
私もどんな治療法を受ける、取り組むにしても自律神経免疫療法(理論)は基本となると思っています。ただし免疫力の理論であり著効ある治療法では無いため、過大な期待する人達から疑問や否定的な意見が出るのだと思います。
自律神経免疫療法と表現するから誤解が生じるのであって、自律神経免疫理論(安保理論)、自律神経の白血球支配の法則とかで表現した方が良いのでは。
療法的な表現で初めて刺絡療法とか温熱療法・サプリメント療法と表現すれば良いのでは。理論に合わせて実践し、お金に余裕の無い人は日々の生活を整えながら、余裕のある人はサプリメントや鍼灸を取り入れるなどすればよいのでは。
自律神経免疫療法(理論)は、病気を治す以前に病気を予防するという考えで行けばこれより良いものは無いのではないでしょうか。

169 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/24(火) 14:04:34 ID:9tdefpHf
>>168
そうですね。自律神経免疫療法が刺絡療法と共に発展してきたので治療法との
名前が付いたような気がします。

大切なのは、私も自律神経免疫療法の根底に流れる理論の部分だと思います。
この理論は色々な応用が考えられ、先が楽しみな理論であると思います。

刺絡療法だけにとどめておくのはもったいないです。

170 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/24(火) 14:19:03 ID:9tdefpHf
>私もどんな治療法を受ける、取り組むにしても自律神経免疫療法(理論)は基本となると
>思っています。ただし免疫力の理論であり著効ある治療法では無いため、過大な期待
>する人達から疑問や否定的な意見が出るのだと思います。

批判や疑問が出るのは過大な期待をする人たちばかりではないですよ。
まったく免疫の働きを無視して治療法を組み立て、患者さんの免疫システムを破壊
しつくす治療をしたあげく、代替療法はただの気休め、サプリメントはうどん粉の類、
免疫療法なんか効くはずがないと言ってはばからない医者も普通にいますから。


171 :勉強中:2006/01/24(火) 17:17:55 ID:PPZ6p74w
>170
西洋医療に傾倒し、西洋医療の知識しか持たず、免疫療法はエビデンスも効果も確立されていないのにガン患者から高いお金をまきあげていると批判しているような医師たちの事は論外です。
自律神経免疫療法に取り組んでみたものの、思ったより体の改善が見られないなどと短期間で判断してしまう人や自律神経免疫療法や刺絡療法をやれば西洋医療に見放された人でも必ず治ると
信じている人達と言う意味なのですが。かいつまんだ部分だけの言葉や理論で自律神経免疫療法を実践されている人も多いと思います。そのような方たちはよく理解していない為、解釈を間違えこの療法は効かないと言い出すのでは。
どのような方でも正しく理解して実践すれば、QOLの向上、他の療法との相乗効果、単独でも腫瘍の自然退縮まで期待出来るでしょう。
一般の西洋医療だけしか行わないガン専門医は、免疫療法をガンビジネスと批判するならば、その学説を少しでも検討しているのか。学説を検討することや反論する知識も経験も無いから頭ごなしに批判するだけに終わってしまう。
勿論、自分の患者に相談されても同じ事を言う。そのくせ新薬の抗癌剤は薦める。これが本当に患者や患者の家族の為になると思っているのか。この様な医師ばかり集めてよいのか日本中の国立ガンセンター病院よ、と言いたい。



172 :病弱名無しさん:2006/01/25(水) 14:44:52 ID:ykNlgmMN
>>171
馬鹿。

173 :勉強中:2006/01/25(水) 18:31:01 ID:IqALhK9q
今週の週刊朝日の先進医療のタイトルの中で名医の最新治療と言うのがありました。
サブタイトルで(放射線との併用で抗癌剤がよく効く)
胆管がんの患者さんの治療を例にとって説明しています。大事な部分だけピックアップしてみると(以下原文)
1週間に5日間2グレイ(グレイは放射線吸収線量の単位)ずつ体外照射を4週間続けた。副作用としては胃炎、食欲低下が見られた。同じ4週間のうちに、8グレイずつの胆管腔内照射も3回実地。胆管腔内照射による副作用はなかった。
さらに併行して、抗癌剤のランダと5−FUも投与された。ランダは朝1回7.5ミリグラムを注射で、5−FUは250ミリグラムの24時間点滴で週5日続けた。
(中略)
腫瘍マーカーの値が入院前の4分の1に低下したため、40日目に退院
(中略)
がんが胆管の同じ部位に再発し、退院後19カ月目にがん性腹膜炎で亡くなった。このような進行がんでは余命半年とされるのが一般的で、B子さんの場合は治療結果がはっきり認められた例だという。

このような治療が週刊朝日で取り上げるような先進医療なのだろうか。完治しないまま退院し再発して死亡となっています。実際は腫瘍は小さくなっていたかも知れませんが、完治している訳ではなく再発という表現は適切ではないでしょう。
副作用も少ししか無かったように書いてありますが、これだけ放射線と抗癌剤治療を行えば、食欲不振・吐き気・だるさなど相当なものが有ったはずです。体力も免疫力も低下の一途だったでしょう。
余命は勝手に決められ、苦しんで治療を受け、1年程寿命が延びたと評価する。そしてこれだけ治療成績が良くなったと、これが名医の最新治療と言えるのでしょうか。

また馬鹿と批判を受けますかね。

174 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/26(木) 00:21:49 ID:7nFW1vxZ
ははは

>また馬鹿と批判を受けますかね。

ここは2ch。まともな反論ができないから悪意の短レスを書き込んでいるのでしょう。
相手にしないがいいですよ。

マリリンにしても勉強中にしても、癌家系の人間は、抗癌剤などの標準療法の
悲惨な惨状を知っていますモノね。>>171のような事も言いたくもなりますわ。

癌の免疫療法がかなり、良い成績を上げだしているようですし、名古屋大学のヘルペス
ウイルスによる治療法もかなり期待が持てるみたいです。

進行癌に対する治療法なんてないのも一緒なんだから、副作用がほとんどなくて、
期待が持てそうな治療法なら希望者に受けさせてくれれば良いのにね。

治療法の原理が納得できて副作用がないんだから良いじゃないのね。
ほっとけば死ぬしかない患者さんを差し置いて、これ以上何のエビデンスがいるんだろう。

抗癌剤のエビデンスだって、自分たちに都合の良いように操作したデータとか、後から
塗り替えられたデータなんて一杯あるじゃない。それでも認可されてる。免疫療法は
どうして癌患者さんに使わせてもらえないんだろうね。

175 :病弱名無しさん:2006/01/26(木) 09:20:03 ID:bkgDU6AL
>174
>抗癌剤のエビデンスだって、自分たちに都合の良いように操作したデータとか、後から
塗り替えられたデータなんて一杯あるじゃない。それでも認可されてる。

同じように、いやそれ以上に、かなり恣意的にデータを捏造していた免疫療法の医師だっている。
患者・遺族から訴えられて、負けたぞ。去年、けっこうデカくとりあげられたが。
あっ、そのくらい知ってたか、ごめんごめん。


176 :勉強中:2006/01/26(木) 11:21:54 ID:qRWffBin
この一連の書き込みの部分だけだと、西洋医療を否定しているように受け止められると思いますが、決っしてそうではありません。従来の三大療法で完治するのであれば、それに越したことはありません。
しかし三大療法で治らない患者が多く居ると言うことです。では座して死を待つのか。それともそれ以外の治療法を探すのかという選択肢が出てきます。
そこから第四の治療法といわれる免疫療法にいくのか、それ以外の補完代替療法にいくのか。ただどの療法もエビデンスやデータが無い割に高い著効率・有効率を謳っています。だから一般の患者さん達は迷ってしまいます。
また免疫療法を含めた補完代替療法は、百人百様の結果が出ます。これが問題なのですが、この部分を現在では自己責任で判断してやるしか無いのが現実だと思います。だから色んな情報が欲しい、治療を経験した人の意見が聞きたいと言う事ではないでしょうか。
三大療法の抗癌剤でも有効率は10%から高くても30%です。低い有効率でありながら、高い副作用というリスクがあります。この抗癌剤などの治療法の変わりを免疫療法に求めて何がおかしいのか。

西洋療法でも補完代替療法でも、まずは自分である程度の知識は持つという事、医師や病院はちゃんと調べて選ぶと言う事、最低限この二つはやらなければいけません。医師任せの人達が免疫療法の医師にだまされたり、西洋医療の医師たちの治療に後から不満もつのです。

ただ西洋医療も三大療法だけに留まっている訳ではありません。遺伝子治療・粒子線治療・分子標的薬・ワクチン療法など臨床は進んでいます。ただし保険適用外なので高額な治療費がかかる事は言うまでもありませんが。



177 :勉強中:2006/01/26(木) 12:05:20 ID:qRWffBin
西洋医療の事を書き込むと思い出してくるのが、父の病院での死に方でした。
胃癌を再発し二度目の入院、抗癌剤治療だけ続け、最後は肺炎で死亡しました。治る見込もないのに抗癌剤の副作用に苦しみながら治療を続ける。続ける事が本人の為なのかどうかも分からず、医者の言う通り治療を続ける。

亡くなる二日前から意識は混沌としていました。危篤状態という事で、家族や兄弟は集まっていました。私が東京に二日程戻ってきたいのですが大丈夫でしょうかと医者に尋ねたところ、うーんと考え、みんなお父さんの顔は見ましたね。と言い、ちょっと診て見ましょうと答えました。

病室に看護婦さんと医師が眼球検査と呼吸を見て出て行きました。その時看護婦さんは点滴の調節をしました。3秒で一滴づつ落ちていたのが10秒で一滴になりました。最後の診察から40分程で亡くなりました。その時は医師からの特に説明は無く、それが普通という感じでした。

今から考えれば父の寿命は医師が決めていたのです。亡くなった父に母が、よくがんばったねと顔をなでていたのを覚えています。
このような経験をされた方は多いはずです。苦しい治療を続け死の時間まで医師によって決められてしまう。
このような事が嫌だから勉強するのです。


178 :病弱名無しさん:2006/01/26(木) 20:49:39 ID:Jy7s1HUJ
知識がないと医者にいわれるがままですもんね。

極度の延命治療ってのは現代医療がもたらしたテーゼだねぇ

179 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/26(木) 21:32:41 ID:0eXCvoEh
>>177
>父の寿命は医師が決めていたのです。

医者の言うなりになって三大療法だけ受けて、余命半年と言われたら、それで死んで
当たり前、誰にも文句言えないんだわ。半年で死ぬのがイヤと思うなら生きる努力を
しなければね。>免疫療法


180 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/26(木) 21:34:33 ID:0eXCvoEh
>>175
>>175
>同じように、いやそれ以上に、かなり恣意的にデータを捏造していた免疫療法の医師
>だっている。患者・遺族から訴えられて、負けたぞ。去年、けっこうデカくとりあげられたが。
>あっ、そのくらい知ってたか、ごめんごめん。

詳細は知らないけど、近畿大学の先生だった人が、乳ガンの人の手術を勧めず
免疫療法を勧めて、その後患者さんが亡くなり、家族に訴えられたと言う症例の
事でしょ?

この患者さん、最初の発症した時より8年も生存してから亡くなっている。私には免疫療法が
まったく効果がなかったとは思えない。最初の時に手術し抗癌剤治療を受けたから
と言って、再発がなかったかどうかも分からないし、抗癌剤の副作用でもっと早く死んで
いたかも知れない。標準的治療を受けて告げられた余命程度生存すれば、8年以内に
死んでも医者が裁判で負ける事は無いと言う事が分かるだけじゃないの?

と言うモノのこの先生、非獲得免疫療法のみで治療していたみたいだから、悪性の
癌の場合、延命はあっても完治はないと言うことが説明がしてあったんだろうかね。

説明がなかったとしたら、それは間違いだね。

181 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/26(木) 21:51:30 ID:0eXCvoEh
>>176
>西洋医療も三大療法だけに留まっている訳ではありません。遺伝子治療・粒子線治療・
>分子標的薬・ワクチン療法など臨床は進んでいます。

このうち、分子標的薬・ワクチン療法の二つは、抗原抗体反応を利用した治療法なので
免疫療法に分類されているようです。

活性化リンパ球免疫療法でも、ただ単純にリンパ球の数を増やして体にもどしてやる、
非獲得免疫療法の範疇の治療法は、別に病院じゃなくても、サプリメントや生活改善等で
代用可能だと思うけど

特定の癌の抗原を利用して人工的に免疫システムに手を加える獲得免疫療法は
医療の中じゃなきゃ実施できない免疫療法だ。

悪性度の高い進行性の癌の場合、獲得免疫療法を取り入れなければ、大幅な延命効果
はありえない。また今現在、獲得免疫療法がないわけではなく、あちこちの大学病院で
臨床試験として実施されているようだ。今までの標準治療では考えられないような成果も
出ているように聞く。

そういう治療法が、どうして患者さんの元に届いて来ないんだろう。患者は何にも悪いことを
していないし保険料だってちゃんと払っているじゃない。

182 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/26(木) 22:07:09 ID:0eXCvoEh
抗癌剤や手術、放射線で癌細胞を叩こうが、ウイルスや遺伝子治療・粒子線で
癌細胞を叩こうが、癌抗原を使って獲得免疫療法で癌細胞を叩こうが、

最終的には患者さん自身が自分の自然治癒力を高める事で、癌細胞との戦いに
決着をつけねば完治などと言うことはありえないことを医療関係者は再認識
すべきだと私は思う。

人間の自然治癒力を軽視するのは西洋医学の奢りだ。

183 :病弱名無しさん:2006/01/27(金) 09:18:32 ID:JTo28enp
>179
>医者の言うなりになって三大療法だけ受けて、余命半年と言われたら、それで死んで
当たり前、誰にも文句言えないんだわ。

この発言で成りすましだってことがはっきりわかったよ。
獣医だなんて、生命に携わる人間だったら、こんな発言はしない。
まあ、ここでほえる分には迷惑かかるヤツはいないだろうから、思う存分遊んでな!



184 :病弱名無しさん:2006/01/27(金) 16:15:06 ID:34DUHh+Z
寒気、吐き気、頭痛、倦怠感、冷や汗(脂汗? 息が苦しいのが続きます。 受験や家族とのストレスがたまり…

185 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/28(土) 00:14:28 ID:/mDTiBno
>>184
このスレでの相談は、白血球の検査値を書き込んでくれないと
何とも答えられないよ。

186 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/28(土) 00:16:00 ID:/mDTiBno
>>183
獣医は余命三ヶ月なんて言わないよ。

187 :病弱名無しさん:2006/01/28(土) 19:55:39 ID:4vYGMZdA
マリリンさん、教えてください。
病院で「血液像を。」と頼んだら、白血球3000でした。
で、リンパ球も知りたかったんですが、検査結果の紙をみるとMCVとかMCHとかの項目はあるんですが、
リンパ球の項目はないんです・・・。
MCVって、赤血球についての値ですよね??
リンパ球について知りたい場合、どう医師に伝えればいいんでしょうか?

188 :シナ:2006/01/28(土) 20:49:22 ID:Y6yja//I
カイさんへ
お返事が遅れ申し訳ありません。m(__)m

>顆粒球は好中球・好酸球・好塩基球を足したもので良いのでしょうか?
その通りです。顆粒球は上記の比率を足したものです。
そしてリンパ球数が大切みたいです。リンパ球の算出方法は、

「白血球数×リンパ球の比率」です。

下のレスは去年の7月と9月の母の数値です。

「7月」
>白血球数→9300

>「顆粒球」
>好中球
>St→6%(基準値2〜7)
>Seg→75%(基準値40〜63)

>好酸球→1%(基準値0〜5)

>好塩基球→0%(基準値0〜1)

>「リンパ球」→14%(基準値22〜46)

>マクロファージ→4%(基準値3〜11)

189 :シナ:2006/01/28(土) 20:58:02 ID:Y6yja//I
「7月」
顆粒球は、
好中球(81%)+好酸球(1%)+好塩基球(0%)=82%です!

リンパ球は14%です!

そしてマクロファージ4%です!

リンパ球数は、白血球数(9300)×14%=1302です!

190 :シナモン:2006/01/28(土) 21:00:37 ID:Y6yja//I
「9月」
>「顆粒球」

>好中球
>St→6%(基準値2〜7)
>Seg→72%(変化あり)(基準値40〜63)

>好酸球→1%(基準値0〜5)

>好塩基球→1%(変化あり)(基準値0〜1)

>「リンパ球」→16%(変化あり)(基準値22〜46)

>マクロファージ→4%(基準値3〜11)

191 :シナモン:2006/01/28(土) 21:01:38 ID:Y6yja//I
「9月」
好中球(78)%)+好酸球(1%)+好塩基球(1%)=80%です!

リンパ球数は、16%です!

マクロファージ4%です。

リンパ球数は、白血球数6900×リンパ球数比率(16%)=1104です!

2ケ月間に顆粒球が2%減少し、リンパ球が2%と増加しています。でも、リンパ球数は198個減少しています。
マリリンさんのレスによれば、

>リンパ球数も下がっていますが、これは、顆粒球が下がるのに釣られてリンパ球数
>も下がったためでしょう。リンパ球は顆粒球の改善より少し遅れて改善してきますので
>きっと、次の検査の時にはリンパ球数は上がって来ると思います。

最近、寒くて通院をさぼっているので数値の推移が分りません。全然良くないです。もう少し暖かくなれば
通院を再開すると思います!

192 :シナモン:2006/01/28(土) 21:12:04 ID:Y6yja//I
>133さん

刺絡療法では、薬指だけを針で刺激していますた。僕はハリボーイで最近は毎日薬指も爪もみしています。

193 :シナモン:2006/01/28(土) 22:41:25 ID:Y6yja//I
マリリンさん、お元気そうでなりよりです。僕は元旦過ぎから風邪でダウンし、それ以来
仕事なんかでバタバタしていますた。しかし、今年の風邪は長かったです。。マリリンさんも
風邪には気をつけてくださいね。>>139の白血球の推移ありがとう。いやな事をしないと
いうのは良いですね。(笑)僕も可能な限りしません。(笑)それと体は温めています。
寝るときは完全保温武装の状態です。

僕は菜食を心掛けています。必須アミノ酸の事はあまり考えていません。時々鶏肉は食べます。
冬は温野菜をたくさん食べます。それと発芽玄米です。バランスは良くないかも。菜食が良い
と思うのは、あまり戦闘的にならないところです。これは多分、副交感神経優位の状態だと
思います。覇気が無くなるのが良くないですが。(笑)

僕が筋トレをしているのは以前レスしましたが、テストステロンの量を増やすためです。
女性が膠原病になりやすいのは性ホルモンが影響しています。それならテストステロン
を増やせばいいかも(笑)と短絡的に考えたからです。ヘンテコなレスですが、>>166
のレスを読みながら思った事であります。(笑)必須アミノ酸や必須脂肪酸も真面目に
考えてみようと思います。m(__)m

>>175さん
免疫療法の基本的な「ルール」は>>145でマリリンさんがレスされています。
これらは改善に時間が掛かりますし、じっくりと観察、日々の生活革命?、
観察が必要です。骨の折れる事柄です。ですから、魔法の杖を振りかざして
パッと健康になると言うものではないと思います。だけと、継続する事で
体調は良くなると思います。

>>158さん
心配して頂いてありがとう。僕は元気です。少し疲れが溜まっていたのだと思います。
158さんも風邪には気をつけてくださいね!

194 :シナモン:2006/01/28(土) 22:55:08 ID:Y6yja//I
保温は、快を伴います。僕がしている事は、体温よりも冷たいものを極力
摂らないことです。と言っても完璧には出来ませんが。保温は痛みみたい
なものを緩和すると思います。温泉にもよく行きます。暖かいからです。(笑)

195 :シナモン:2006/01/28(土) 22:57:54 ID:Y6yja//I
連投スマソ

ですが、白血球の分画はまだ調べていません。何となく行きそびれています。。
ですから説得力はありません。


196 :病弱名無しさん:2006/01/28(土) 23:53:47 ID:zFQmipGU
>158です。シナモンさんレスありがとうございました。風邪大変でしたね。お元気になられて良かったです。いつもの皆に対するシナモンさんのほのぼのレスがなかなか見れなかったので心配してました。

197 :病弱名無しさん:2006/01/28(土) 23:55:19 ID:zFQmipGU
続きです。私も体を温めたり我流の陰陽などの玄米菜食にしたり体の免疫力を上げるように努めてます。このスレとっても勉強になります。いつも読んでます。ありがとうございます。

198 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/28(土) 23:56:42 ID:FYTZ0Zlh
>シナモン

お久しぶり、普通の人は白血球の検査はそんなにたびたびしなくても、貴方が言うように
体が調子が良ければ良いと思うよ。

私の場合は、白血球の検査値がどのように変化するか確認しておきたかったんだ。
そうでないと、人に話す時に説得力がないでしょ。そのために一ヶ月に1〜2回の割合で
データ取っている。

それによると最初、顆粒球が減って、それにともなってリンパ球も減り、その次の時は
顆粒球はそのままでリンパ球がちょっと上がった。三ヶ月目ぐらいで、リンパ球が
2000を超えたけど、その時だけでまた、1500〜1600の間をうろちょろしていた。

それでも、リンパ球数が低い時は顆粒球数も低くなるのでリンパ球の割合だけは
上がってきた。免疫力を上げようと努力をはじめて8ヶ月目に1700を突破した。
9ヶ月めも1761だったので、安定的にリンパ球数が上がってきたかなと思う>>139
顆粒球数も多くなったのでリンパ球の割合は悪くなってしまった。

それでも季節と採血時間を同じにした昨年の数値よりはリンパ球数が相当上がったし
体調も良くなっているので努力したかいがあったと思う。私が思うには今後、また顆粒球数が
減り、それにともないリンパ球数が減り、次は顆粒球数が横ばいでリンパ球数がちょっと
上がってを繰り返しながら、ちょっとずつリンパ球数もその割合も改善していくように思う。

後、10月に二泊三日で温泉旅行に行った直後にリンパ球数を計った時は一時的に
2000近くあったのには驚いた。お風呂と休息は一時的でもリンパ球をあげるのには
効果があるもんだと思った。

199 :病弱名無しさん:2006/01/28(土) 23:56:58 ID:zFQmipGU
連投すいません。最後です。免疫力を上げることは全ての健康に繋がると思うのでこれからも体大切にしましょうね。お母さまもお大事になさってあげてくださいね。


200 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/29(日) 00:14:36 ID:0g8Z9rSB
爪もみ療法
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4837660878/qid=1138460468/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/250-3466111-2688247

この本の中で福田先生が、顆粒球は好中球+単球の事だと定義していたので
マリリンはぶったまげてしまった。

マリリンは獣医なので一応、基礎医学は勉強している。
>顆粒球は好中球+単球の事だと
こんな事を言われては、素人さんはそれで良いかも知れないけど、組織学や血液学
等の基礎医学を勉強してきた人には、納得させるのが難しいなと思った。

もちろん単球は5%前後しかないし、好酸球と好塩基球をあわせれば2%ぐらいに
なるから、数値的には臨床上たいして問題になるほどの増減はないけど、学問的には
単球の数値を計るか、好酸球と好塩基球の数値を計るかでは、たいそう違うので、
勝手に顆粒球の定義を変えるのは納得できないです。

201 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/29(日) 00:25:18 ID:0g8Z9rSB
>>197
途中で割って入ってゴメンね。

シナモンと一緒で貴方も玄米菜食をなさっているようですが、免疫システムが
ちゃんと働くためには、必須アミノ酸や必須脂肪酸はなくてはならないモノです。

肉、魚、乳製品、豆類等に含まれているようです。菜食でもかまいませんが
不足することがないように心がけて下さい。

免疫をあげるため、これらの栄養素を高率で摂取するために核酸やペプチドプリマの
ようなサプリを高額なお金を出して飲む人もいるくらいです。不足する事がないように
気をつけて下さい。


202 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/29(日) 00:30:27 ID:0g8Z9rSB
元気の神経
http://physi1-05.med.toho-u.ac.jp/genki/new-top.html

シナモン、心理学板でβーエンドルヒィンと同じような働きをする脳から出る快感物質
セロトニンの事を教えてもらって来ました。

ジョギングの効用について触れています。長いですから刷りだしてでも読んでみて
下さい。なかなかおもしろかったです。

203 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/29(日) 00:40:13 ID:0g8Z9rSB
>>187
>病院で「血液像を。」と頼んだら、白血球3000でした。
>で、リンパ球も知りたかったんですが、検査結果の紙をみるとMCVとかMCHとかの項目
>はあるんですが、リンパ球の項目はないんです・・・。
>MCVって、赤血球についての値ですよね??
>リンパ球について知りたい場合、どう医師に伝えればいいんでしょうか?

貴方の場合は白血球数が少ないですから
この中に含まれているリンパ球数は医者としても知っておかなければいけないと
思うんですけど、こういう病院多いんです。困ったモノです。

「リンパ球数が知りたいです」と言えば血液像を検査しないわけにはいかないですから
割合も必然的に出てきます。こういう医者の場合、リンパ球の数値等など重要視して
いませんから、口頭だと相当低くても問題ないと言われる可能性があります。

医者にいいのがれさせないように検査値のコピーをもらっていらっしゃい。

204 :病弱名無しさん:2006/01/29(日) 09:15:31 ID:ci0CQ50Q
>197です。マリリンさん教えてくださってありがとうございます。知らなかったのでありがたいです。本当によく勉強されているのですね。いつもレスを読んでいますがとても勉強になります。また教えてください。

205 :病弱名無しさん:2006/01/29(日) 11:44:44 ID:GdQ3jqvx
刺絡で血があまり出てこないところは良いところ?

206 :病弱名無しさん:2006/01/29(日) 13:22:09 ID:uG+BnU4H
>>202
うわー、凄く面白いコラムでした。
自分の体験とも合致する箇所いくつかがありました。

特に、
>>注意行動に際して一時的に活動を停止する特徴があります。
↑これとか、
>>おそらく、何かに意識を集中する行為が、セロトニン神経の活動を一時的に止めてしまう可能性がある
↑これとかは自分もうすうす感じていました(セロトニンなんて言葉は知りませんでしたがw)

強い意識を向けることが平常心を乱すというのが真ならば悲しいですね。
でもバランスの問題かなあ

207 :病弱名無しさん:2006/01/30(月) 20:50:55 ID:a8qR+IWg
>>202
呼吸のリズムが大事ってのは目から鱗だわ
心地よい歩調・・・大切なことだ

208 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/30(月) 20:55:56 ID:C4u8SSUi
>>193 >シナモン

>僕が筋トレをしているのは以前レスしましたが、テストステロンの量を増やすためです。
>女性が膠原病になりやすいのは性ホルモンが影響しています。それならテストステロン
>を増やせばいいかも(笑)と短絡的に考えたからです。

女性というか獣医の場合は雌ですが、雌にどうして膠原病が多いか分かっていません。
犬でも雌の方が断然多いです。発情ごとに病気がでる犬は避妊手術をして卵巣を
取ってしまうと快方に向かうモノが多いです。ですから女性ホルモンが関係しているのは
確かなようです。

だけど雄の場合、去勢して睾丸を取ってしまっても、病気の発生頻度が増えることは
ないので、膠原病にテストステロンが予防効果があると言うことはないようです。

それよりもテストステロンも筋肉も蛋白質や脂肪をちゃんと摂取しないとできてこないです。
筋肉隆々のボディーは筋トレだけではできてこないと思いますよ。血管もコレステロールや
蛋白質が不足すると脆くなってしまい脳出血をおこしやすくなります。

菜食でもかまいませんが必要な栄養素だけは不足することがないように気をつけて下さい。

209 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/30(月) 21:21:13 ID:C4u8SSUi
心理学板のコピペ

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/life/li522001.htm
http://allabout.co.jp/health/familymedicine/closeup/CU20031225BP/

勝手に基準値ころころ変えよって、
薬売りたいのは分かるけど、病人でもない人を病人にしないといてくれる。>医療関係者

210 :病弱名無しさん:2006/01/30(月) 21:31:47 ID:Jltm/Ggi
おじさんは猫好きである。子供の頃から、いつもそばに猫がいた。
今でも散歩中など、道ばたで猫に出会うと、つい声をかけてしまう。
そのとき、猫が食べられるものを持っていれば分けてやる。
カメラを持っていれば、レンズを向ける。

写真専門の"Xylocopal's Photolog"というブログもあるが、
最初は一般的な写真ブログだったのが、今では半ば猫ブログと化している。
今まで、いろいろな猫たちと付き合ってきたが、中でも、忘れられないのは、
結婚後、所帯を持ってから、我が家にやって来た3匹の猫たちのことである

Xylocopal's Weblog
ttp://xylocopal.exblog.jp/d2005-02-13
2005年 02月 13日
黒猫物語 -18年間ともに過ごした猫- Part.1

マリリンにプレゼント。

211 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/01/30(月) 21:44:38 ID:C4u8SSUi
>>210
ありがとう。マリリンは毎日こんな子達相手に仕事しているわよ。でも、私にとっては医者の
仕事より楽しい。

マリリンは生まれ変わっても、また獣医になりたいよ。


212 :病弱名無しさん:2006/01/31(火) 20:45:31 ID:HxGO5CSR
>>210とマリリンは知り合いなの?

213 :病弱名無しさん:2006/01/31(火) 21:09:11 ID:Si6fxsRY
このスレ自分的にはマジ神スレなんだけどあんま人イナス
でも一杯人来たら荒れるから今のままでいいね(σ・∀・)σマリリン

214 :シナ:2006/02/05(日) 09:10:52 ID:aItrlTlC
テスト

215 :シナ:2006/02/05(日) 09:14:56 ID:aItrlTlC
196さん

レスをありがとうございます。196さんも玄米菜食されているのですね。お互いに免疫力向上頑張りましょう!

216 :シナモン:2006/02/05(日) 10:10:26 ID:LgHABjJl
マリリンさん
いつも乙です!マリリンさんが言われてたように休息(特に寝ること)は疲れを取りますね。202読みますた
貼り付けていただいてありがとう。知らないことがたくさんありますた

ジョギングは煙草を止めるために始めました。煙草を吸いたいと思うときは呼吸が浅くなってると思い、深く
深呼吸をする癖をつけますた。ジョギングは良いのですね!

>沢庵和尚のいう「心を一所に止めるな」という教えは、剣術の場では注意を何かに集中すべきではない、
>と置き換えることができます。それは、平常心を演出するセロトニン神経の働きにとって、一つのことに
>注意を集中することは、心身のスムーズな働きを抑制する効果になる、という生理的データに対応する
>ものと考えられます。
禅的でいいですね!色々な事に注意を払うというのは偏りを矯正します。ヘッセの本にブッタが川を見て、
川の水は絶えず流れ、だけど常にそこに存在し、常にあり、終始同一であり、そして瞬間瞬間に新たであ
ると知るところがあります。流動的な生き方は良い事だと思いますた。安保先生の本でその重要性を
再確認しました

以前、膠原病のスレをROMっていたら女性の方で筋トレをされている方がいて、その方が筋トレで体調に
良い変化があったというレスがありました。でも、テストステロンは関係ないのですね。思いつきで
良いかもと思いやっていました。(笑)

僕は温野菜が好きでよく食べます。心理学板でマリリンさんもサツマイモが良いと(腸管を刺激するもの)
言われていましたね。大豆製品も大好きでよく食べます。お肉も時々食べるようにします。アドバイスありがとう!

217 :シナモン:2006/02/05(日) 10:15:52 ID:LgHABjJl
199さん

親切なレスをありがとう。母の数値はずっと安定しています。今の生活を
続ければ不安定になる事はないと思います。

最近寒いので風邪には気を付けてください!

218 :病弱名無しさん:2006/02/05(日) 13:46:38 ID:4KIAqYsj
落ちそうな悪寒。(汗)


あげ

219 :病弱名無しさん:2006/02/05(日) 13:49:57 ID:cT5n5rPf
授業で音読さされるのが緊張してしてたまらない!!
なぜって痰つまってたりするし、読んでると声かすれてくる。
緊張して手震えるし…
何かいいアドバイスないか?

220 :シナモン:2006/02/05(日) 19:40:45 ID:xtEHxR99
肝心な事を書き忘れました。母の数値ですが、(白血球の分画ではないです)
抗核抗体は標準値(半年前は確か640倍)、シェーグレンの数値もマイナスだそうです。
いつも思うのですが、母に欠如しているのは正確性です。何故、数値のコピーもらって
こないのか理解できません。抗核抗体の”正常値”は40倍以下です。80倍は健常者の
方にも時々出るみたいですけど。シェーグレンの数値がマイナスというのも分り
ません。お医者様も標準値の値と比較して説明するべきだと思います。本当は病気
の方もしっかりと知識を付けて自分の体を守るべきだと思います。自分の体なの
です。月並みだけど一に健康です。二にも健康なのです。

221 :シナモン:2006/02/05(日) 19:48:17 ID:xtEHxR99
それと広島のどこかの大学で動物実験により癌を退縮させる事に成功したみたいです
その方法とは水素水を使っての事でした。近く学会で発表があるみたいです。
マリリンさんから教えてもらって知っていいたのでそれほどの驚きもありませんでした。
でも特異的、非特異的免疫療法にしろどうして患者側にはそれらの有益な情報が伝わら
ないのでしょうか。ネット以外にないのでしょうか。

222 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/02/06(月) 08:49:33 ID:k90h0tkt
>>220
>母の数値ですが、(白血球の分画ではないです)抗核抗体は標準値(半年前は確か640倍)
>シェーグレンの数値もマイナスだそうです。

本当に良かったね。完全寛解間近だね。

症状は確かに良くなった。だけど、副作用が比較的少ないので一杯やりすぎて何が効いた
のか分からないと言うのが免疫療法の特徴だからね。シナモンとお母様が長い間
真面目に免疫療法に取り組んだ結果が良い方に転がったんだね。

サプリメントはお金がかかるので、健康に自信が持てるようになったら、維持量まで
少しずつ減らしていくと良いと思う。なるべくお金がかからない方が良いですから。

>>216
>肉も時々食べるようにします

菜食の人でも、肉だけじゃなく魚も乳製品も卵もちょっとは食べた方が良いかも知れない。

病気がイヤなら太りなさい。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4576052039/qid%3D1139183005/503-1725343-8376755

こんな本もあるぐらいですから、肥満を必要以上に気にする事もないようですしね。

223 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/02/06(月) 09:07:27 ID:k90h0tkt
>>221
>広島のどこかの大学で動物実験により癌を退縮させる事に成功したみたいです

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20060129i302.htm

これの事かな?私も自分で使ってみて水素は確かに効果があると思うけど
なんせサプリメントの業界は詐欺的商法が横行する世界。ちょっとサイトを
閲覧しただけでも水素も含んでないのに大量に含んでいるように書いてある商品が一杯
ある。騙されないようにして下さい。

>特異的、非特異的免疫療法にしろどうして患者側にはそれらの有益な情報が伝わら
>ないのでしょうか。ネット以外にないのでしょうか。

これについては私も色々言いたいことがあるけど、今は考えがまとまらないと言うか
話したくないので、また、話す気になったら書き込むね。

224 :病弱名無しさん:2006/02/06(月) 22:25:51 ID:HKwlM73k
マリリンにあげる。

猫大好き。

http://www.geocities.jp/kaiware7635/031.JPG
http://www.geocities.jp/kaiware7635/020.JPG
http://www.geocities.jp/kaiware7635/082.JPG
http://www.geocities.jp/kaiware7635/130.JPG
http://www.geocities.jp/kaiware7635/142.JPG

ぬこ様のお言葉

ttp://dolby.dyndns.org/upfoo2/mov/1138965472077.wmv

225 :病弱名無しさん:2006/02/07(火) 17:43:52 ID:yQacsbpE
保全

226 :病弱名無しさん:2006/02/08(水) 19:46:15 ID:c3UR4faB
保守♪

227 :病弱名無しさん:2006/02/08(水) 20:04:51 ID:jSBtuNBR
去年冬あたりから突然、瞼と唇の周りだけお化粧すると真っ赤で痒くなりその後ガサガサになります。今も痒くてたまりません。もしや花粉症かと思ったりしますが、アレルギーは免疫力と関係ありますよね?

228 :病弱名無しさん:2006/02/11(土) 13:06:54 ID:hSSIQon6
関係あるんじゃない?
私下半身が軽度のアトピーだったんだけど、水素結合水飲みはじめてから直ってきたよ

229 :病弱名無しさん:2006/02/11(土) 16:34:28 ID:bPNKSZhh
>>223
県立広島大学の水素水の記事
http://www.ecowa.jp/ir_nr/2006_0129.html


230 :病弱名無しさん:2006/02/11(土) 19:54:28 ID:MdZftWeN
水素結合水ってどこに売っているのでしょうか?

231 :病弱名無しさん:2006/02/11(土) 21:43:12 ID:uIn9yGtr
yahooとかで「水素結合水」でググれ

232 :病弱名無しさん:2006/02/11(土) 22:32:37 ID:MdZftWeN
>231すいません

233 :病弱名無しさん:2006/02/12(日) 11:53:04 ID:fd/Apv9b
水素結合水って値段が高いんですねーっ!ビクーリ。買えない…。

234 :シナ:2006/02/12(日) 13:16:44 ID:gq2Zb8eP
マリリンさんこんにちは!お返事が遅れました。

>>222
ありがとう!完全寛解に近づきつつあります。マリリンさんの言われるように何が効いてるのか
今ひとつ分りません。^^;でも数値はとても良くなっています!

いつも何となくお肉を食べるのを減らしています。でも食生活もバランスですね。最近はバランスよく
食べています!でも僕は上の読○の記事を読んだ時にそれならもう知っているよ(笑)、と思いました。
もちろんマリリンさんのレスからです。とても進んでいると思いますた。

ありがとう!

>>227さん
あると思いますよ。前に災難(苦笑)に遭い、体調を少し崩した時に花粉症になりますた。
アレルギー体質でなかったのですけどね。僕が考えるにその時期は極端に免疫力
が落ちていたかもなぁーと思ったりしています。

抗核抗体が高くなったのもその影響かもしれませんです。ですが最近体調が良いので治ってる
かもしれません。

頑張って体に良い事を続けているので血流が良くなっています。そのおかげでしもやけが今年は出来ません!(笑)
しもやけはかゆくて最悪です。良かったです!僕がしているのは>>38です。>>145でマリリンさんが免疫療法の基本的
なルールをレスされています。水素水以外はお金はかかりませんです。興味があるのでしたら出来る事から始められ
てみてはいかがでしょう。

235 :シナモン:2006/02/12(日) 13:25:44 ID:gq2Zb8eP
>>230さん
水素水は高いです^^;

>>145のマリリンさんのレスでマリリンさんが基本的なルールとレスされてるのはこれらは免疫療法の
基本だからです。ですから興味があるのでしたら、>>38>>145のレスを参考に出来る事から少しづつ
始めてみてはどうでしょう。体調は良くなると思いますよ!

ではジョギングに行ってきます!

236 :病弱名無しさん:2006/02/13(月) 20:33:19 ID:+JAvNP+p
シナモンさんって女性?

237 :シナモン:2006/02/13(月) 21:19:48 ID:i+9PNGiA
>>236さん
僕は男ですよ。(笑)

大切な事を書き忘れました。母が強皮症予備軍だというのは以前書きました
強皮症で浮腫期と言って指がソーセージの様に腫れるのですね。今はほんの
少しなのですが、腫れが引いています!意志あるところに道はあるみたいです!


238 :病弱名無しさん:2006/02/13(月) 22:24:55 ID:e/u8wbtT
【健康食品】健康食品にがん促進作用 キリン子会社のキリンウェルフーズに販売停止要請[060213]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1139835535/

239 :病弱名無しさん:2006/02/13(月) 23:50:11 ID:psfLPvkx
俺も免疫療法頑張ってます。
はじめまして。

ここ、本当に勉強になります。
免疫療法本格的に初めてまだ半年弱ですが、この前の血液検査で白血球3000弱でした・・・。

まだまだこれからですが、リンパ球も2%と相当少なくて正直滅入りました・・・。

ここを読んでいて、俺、甘いなって思いました。
焦らずにちゃんとしっかりと免疫向上に努めないとダメだなと、教えられました。
ありがとうございます。


240 :病弱名無しさん:2006/02/14(火) 00:00:36 ID:74uqkZ/e
>227=>230です。
シナモンさん丁寧にレスありがとうございました。感謝です。私もアレルギー体質ではありませんでしたが、やはり免疫力が落ちているのでしょうね。体も冷えているのだと思います。コーヒーや小麦(パンとか)甘い食べ物、果物も体を冷やしてしまいますよね。

241 :病弱名無しさん:2006/02/14(火) 00:01:29 ID:74uqkZ/e
全て好きなのでこれもいけないんだろうなと思います。ジョギングいいですね!教えて頂いた>38、>145再度読みました。ありがとうございます。体質改善に努めて少しでも善くしたいです。お母様が快方に向かわれているようで良かったですね。


242 :病弱名無しさん:2006/02/14(火) 00:02:25 ID:74uqkZ/e
大事にしてあげてくださいね。人事ながら私も嬉しいです。

243 :病弱名無しさん:2006/02/14(火) 09:50:03 ID:aEdipCkz
【病態生化学-薬理】アガリクス由来の健康食品の発がん促進作用を確認-キリン系列が4品目回収
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1139848170/

244 :エムズ:2006/02/14(火) 15:08:39 ID:2vmfdREc
はじめましてエムズと申します。
風の噂で安保理論を知りました。癌や難病を治療できる可能性があるということで、安保理論の詳細を学びたいと思っております。
安保博士の論文はたくさんあるようなのですが、安保理論を理解するには具体的にどの論文を読むのが近道でしょうか?(英語でもかまいません、がんばりますw)
またはじめに読む著書はどれを読むのが一番でしょうか。
教えて君です。お願いします。


245 :病弱名無しさん:2006/02/14(火) 21:03:48 ID:3jV57cd1
age

246 :病弱名無しさん:2006/02/14(火) 23:17:59 ID:KvLXGRNF
 ◆ 何一つ治せない西洋医学 ◆
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1129862533/

247 :勉強中:2006/02/15(水) 10:05:57 ID:hjjDTql6
安保先生の発表した論文等は一般にはあまり出ません。学会員や同じ研究者同士でないとなかなか目にする事は出来ません。


248 :エムズ:2006/02/15(水) 11:01:45 ID:buw16HP+
>>247
レスありがとうございます。
PUBMED等の論文検索で引っかかりさえすれば、その後は何とかなるのですが。
大学付属の図書館の電子ジャーナル等で入手しようと思っています。


249 :病弱名無しさん:2006/02/15(水) 11:09:58 ID:vyCqqpMs
安保徹 論文 で検索したの?

250 :エムズ:2006/02/15(水) 13:13:02 ID:buw16HP+
>>249
虱潰しに読むよりみんなのオススメを聞いたほうが手っ取り早いかなと思って。
学会論文に限らず、著書でも雑誌でも安保理論を支持する客観的な研究成果が乗っているものなら何でも良かったんです。

とりあえず免疫革命でも読んでみます。

251 :病弱名無しさん:2006/02/15(水) 18:13:54 ID:sis83X1F
エムズさん、マリリンさんが詳しいですよ。

252 :病弱名無しさん:2006/02/15(水) 18:18:46 ID:sis83X1F
途中で送信してしまった…。見たらレスしてくれるんじゃないかな。

253 :シナモン:2006/02/15(水) 20:00:07 ID:DsLy+Nj7
>>239さん
以前レスされた方ですね。じっくりやって行きましょう。母も僕も毎日コツコツ努力しています。
諦めたら負けです。一緒に頑張りましょうね!

>>240さん
体を冷やす物は飲んだり食べない方が本当は良いですね。でもどんな事も完璧には無理です。
制限してしまうと逆にストレスになりますから。時々なら良いのではないでしょうか。

母の事を心配していただいてありがとう。241さんも一緒に焦らず頑張りましょうね!

>勉強中さん
おひさです!

>エムズさん
最初にマリリンさんのレスを読まれる事をお勧めします。過去スレが読めれば、
白血球の自律神経支配と補完代替医療というスレがお勧めです。

ageてくださってる方ありがとうございます。m(__)m

254 :シナモン:2006/02/15(水) 20:25:36 ID:DsLy+Nj7
このスレの原点であるレスです。このレスは僕にとってとても意義深いです。引用しますね。

866 :839 :04/08/23 06:00 ID:1tpzfV7b
>あとこう言ってました。
>母の選択した方法を例えるなら、水槽の中の熱帯魚が病気になったとき、原因が熱帯魚にあると考えずに、
>水とえさと温度をかえて、体を元にもどそうとしたようなものだと。あと人間だから心もね、と。
>だから、膠原病という名前を忘れるようにしたと。
>わかるようなわかんないような・・・
>体を薬でコントロールしている人が、薬をやめて免疫を高めたりすることは
>体にとって大変なことになるので、簡単に人に勧めてはいけないと言われました。
>それに、たまたま膠原病と名付けられただけで一人ひとりが全員ちがうのだから、同じ方法をとればいいというもので
>もないと。

>でも私のしていること(母がさせてくれたこと)は体にいいことですので、
>西洋医学と併用するならやってもいいと思います。
>前に書いたようにいろいろやりましたが、ベースは血流をよくすることでとにかく、体を暖めました。頭寒足熱で。
>毎日2回腰湯でゆっくりおふろに入っていました。
>食事も体温より低いものを口に入れないとか徹底されました。白砂糖系の甘いものは一切なし。
>玄米菜食をベースにしてます。
>断食したときもありましたっけ。水にはこだわってました。
>規則正しい生活と食事時間も決めてます。
>腸のために毎日はやりのカスピ海ヨーグルトや、ヤクルトとか飲んでます。
>スギナ茶だのびわ茶だの、ママブレンドティーも飲んでます。
>特別なものと言えばと酵素を飲んでます。
>よくある免疫を高めるというようなものは何も飲んでません。

>母に、私はこれで治ったとか、病気の人に軽く言うのは無責任だと言われたので、これ以上こちらにカキコしません。
>ごめんなさい。なんだかすみませんでした。


255 :勉強中:2006/02/16(木) 11:33:42 ID:sutn2O3B
安保理論の基本は自律神経の白血球支配の法則です。
安保先生の著書を読まれるならまず「がん免疫力」が良いのではないでしょうか。
Q&A形式でわかりやすく書いてあります。次に「免疫革命」「免疫革命実践編」あたりが良いのではないでしょうか。
免疫の大切さや免疫のシステムなど詳しく説明しています。
もっと読まれるなら「未来免疫学」「病気は自分で治す」など読まれると知識に幅が出てくると思います。
頑張って読んで見てください。読んだ後、感想を聞かせてくださいね。

256 :勉強中:2006/02/16(木) 12:22:36 ID:sutn2O3B
しばらく取材や原稿起こしで書き込みできませんでした。
またアガリクスの問題がでましたね。キリンウェルフーズという大企業までもが原材料の品質検査や臨床データも取らずに
販売していたとは大きな問題ですね。これでまたキノコ系のサプリメントの信頼性が大きく揺らいだと思います。
最低でも経口投与の毒性試験は行わないといけませんね。ただ効果が無いと言うのなら理解出来るのですが、
ガンの発生を促進するというのが解からないですね。何の成分が原因なのかも公表して欲しいものですね。
これからまだ他のメーカーでも出てくるかも知れませんね。

大手メーカーのサプリメントの開発はほとんど自社開発ではありません。開発メーカーに外注したり、持ち込まれたデータや成分表を
元に商品化します。そうした商品開発の時点で厳しいチェックや管理体制が無いために起きた問題ですね。勿論サプリメントブームに便乗して儲けてやろうという企業の倫理観の無さが見えますね。
決して安いものでは無い、と言うより相当高額な物です。命の次に大事なお金を出すのですから、まがい物ではなく効果が十分期待出来る物を製造・販売して欲しいものです。
本当にサプリメント選びは難しいですね。


257 :勉強中:2006/02/16(木) 17:33:00 ID:sutn2O3B
今回、少し参考になる刺絡療法を行う医師とお話する機会がありました。
元々は放射線科の医師だったのですが、開業に伴い漢方薬などの東洋医学も取り入れ始めたということです。
それから自律神経免疫療法を始めて2年が経つそうですが、治療には結構厳しい口調で患者さんと接して入るようです。
安保先生の本のタイトルではないですが、患者さんに最初「病気は自分で治すという気持ちでいてください。治してもらうという考え方では治りませんよ。」
と必ず言うそうです。まして自律神経免疫療法は強制されてやるのでは、効果は半減します。肥満の解消、夜はタップリと寝る、早寝早起き、体温を上げる、風呂に入る、ストレス解消、爪もみ療法、深呼吸等色々ありますが、
自分から楽しくやらないといけません。一番重要なのは心の持ちようだということです。
しかし自律神経免疫療法は同じような病気でも、人によって全く治療効果が変わって来るそうです。
ちょっとでも良くなるとすごく喜んで感謝する人と少し良くなっても他の悪い所ばかりを挙げて文句ばかり言う人では、
効果がかなり違うようです。心のもち方が治療結果を左右するようです。
劇的に効果がある人もたまにはいるそうですが、治療結果はやはり1年2年続けて判断するしかないようです。

258 :エムズ:2006/02/16(木) 19:39:19 ID:FOCV2lXa
勉強中さん、丁寧なご回答ありがとうございました。少しずつ読み解いて行きたいと思います。感想も書きますので。
アガリクス茸についてですが、虚偽にしろ本気にしろ(アガリクス本はまったくの嘘だったわけですが)治療成果の誇大広告は多くの人達の命を踏みにじる行為だと思います。
特に癌や難病治療の分野では、患者は藁をも掴む気持ちなのですから。実にけしからんです。


259 :病弱名無しさん:2006/02/16(木) 19:49:01 ID:EelEsDiy
癌について「必ず治る」「ほとんど治った」など、こんなことが書いてある本はたいてい嘘。
まともな医者や科学者なら普通こういうことは言わない。

260 :239:2006/02/16(木) 19:51:00 ID:fvo1M+pZ
シナモンさん、俺、ここ初めてですw

本当に勉強になりますね。

>>257

治療結果は1年2年続けて判断ですか。
まだまだ、俺も青二才ですね。

諦めずに頑張ります。
楽しく楽しく・・・。


261 :勉強中:2006/02/17(金) 12:51:14 ID:H5CKv92L
安保先生の著書の中にこのような言葉があります。
「がんばらない、あきらめない」
つまり無理してもダメですし、あきらめて楽をしてもダメということですね。
ほどよい自律神経のリズムの中で揺れている時が一番健康を維持できるのです。
自律神経免疫療法を実践する方はぜひ肝に銘じてほしい言葉です。

262 :病弱名無しさん:2006/02/17(金) 18:07:36 ID:G2MM1wfR
私の町の水道水が美味しくなくて、普段あまり水を飲みません。そのせ
いか最近体調がすぐれません。美味しくて、身体に良い水をご存知ない
ですか?

263 :病弱名無しさん:2006/02/17(金) 19:37:46 ID:/dT9AV+J
前スレでお世話になりました。アトピーもちです。血液検査行ってきました

2ヶ月前
白血球 4400
NEUT 67.3
BAS 0.2
EOS 5.0
LY 23.6
Mon 3.9
今日
白血球 4300
NEUT 49.4
BAS 0.5
EOS 4.5
LY 36.9
MON 8.7
少しは改善されたのでしょうか?MONが少し高いと言われましたが、これも
刺絡療法の影響を受けてるのでしょうか?

264 :病弱名無しさん:2006/02/20(月) 20:50:47 ID:+BJr1yTG
オイオイ落ちないよな

265 :シナモン:2006/02/21(火) 14:36:14 ID:sl7KhNDA
捕手

>>263さんへ

2ヶ月前、、、

好中球→NEUT(67.3)

好塩基球→BAS(0.2)

好酸球 →EOS(5.0)

リンパ球→LY(23.6)

単球(マクロファージ)→Mon(3.9)

○顆粒球
好中球(67.3%)+好酸球(5%)+好塩基球(0.2%)=72.5%!

○リンパ球
23.6%です!

○マクロファージ
3.9%です!

○リンパ球数
白血球数4,400×リンパ球数比率(23.6%)=1038.4です!

266 :シナモン:2006/02/21(火) 14:36:48 ID:sl7KhNDA
少し前、、、
○顆粒球
好中球(49.4%)+好酸球(4.5%)+好塩基球(0.5%)=54.4%です!

○リンパ球
36.9%です!

○マクロファージ
8.7%です!

○リンパ球数
白血球数4,300×リンパ球数比率(36.9%)=1586.7です!

すごく良いと思います!顆粒球54〜60%、リンパ球35〜41という比率はとてもとても良い状態みたいですよ。
リンパ球数もぐんと増えていますね。痩せ型の人なら1500個くらいでも大丈夫みたいです。
マクロファージは約5%前後みたいですが問題ないのではないでしょうか。詳しい方がいましたら教えて
ください。m(__)m263さん、頑張りましたね!

しかし誰も居ないOTL

267 :病弱名無しさん :2006/02/21(火) 14:37:37 ID:sl7KhNDA
捕手

268 :シナ:2006/02/21(火) 18:12:03 ID:8WxtCWTA
温泉から帰ってきますた。僕としては、「体温免疫力」がお勧めです♪
難しくないからです。(笑)

「腸」免疫力で癌と闘えというのも良いみたいです。マリリンさんが
レスされていますた。

「免疫革命 実践編」 →「免疫革命」の順番が良いと思います!

269 :シナ:2006/02/21(火) 18:50:27 ID:WhQRauVQ
膠原病の方の痛みが和らぎますように。この時期はとにかく体を温めてくださいね。

僕の>>38とマリリンさんの>>145を参考に出来る事から時間をかけて、諦めず
に継続してください。必ず何かの変化はありますから。

270 :263:2006/02/22(水) 17:03:26 ID:HMC2gMNw
ありがとうございます。マクロファージもリンパ球と比例して
上がっちゃいましたが、刺絡療法の影響でしょうか???

271 :263:2006/02/22(水) 17:19:37 ID:HMC2gMNw
顆粒球54〜60%は好中球+好酸球+好塩基球の合計の54.4%で
リンパ球35〜41%はそのままリンパ球だけの36.9%で合っています?

272 :シナモン:2006/02/22(水) 20:39:49 ID:+SKFonjr
>>271さん
こんばんわ!271ですがその通りです!

270は考えてみたけどさっぱり分りません!顆粒球(特に好中球)が減少したからでは
ないかと思ったのですが。リンパ球もマクロファージの指示がないとよっこらせと動
かないのでしたよね。ですから、顆粒球が減少し、リンパ球が増加したからでしょうか。。

詳しい方おせーてください。お願いします。m(__)m271さん、ごめんなさい!

でも数値が良くなって良かったですね!

273 :シナモン:2006/02/22(水) 21:15:43 ID:+SKFonjr
マク(ryと顆粒球というのは細菌などの異物を丸のみし退治するみたいです
顆粒球とリンパ球もマクが進化した形みたいです。顆粒球はマクよりも丸のみ
、撃退する力があります。その異物処理の後に大量の活性酸素を発生させる
みたいです!

マクロファージと自然淘汰について書かれている文章を読みますた。僕は自然淘汰
という言葉が好きじゃないです。257の勉強中さんのレスを読んで心のもち方
が治療結果を左右するが大切だと思いますた。それは自然淘汰を乗り越えるものだ
と思います。

274 :シナモン:2006/02/22(水) 21:38:07 ID:+SKFonjr
今度こそ血液像を調べてみようと思います!モノグサなのと小心者ですが、
次回は頑張りたいと思います。レスにも説得力がないから。(笑)

275 :エムズ:2006/02/23(木) 01:16:58 ID:gxU9V1Bp
シナモンさん、勉強中さん、おすすめ著書ありがとうございます。
とりあえずフライングして読んでいた「免疫革命」を読み終わりました。
とても面白かったです。特に第五章の「病気と体調の謎が解ける免疫学」が面白かったですね。
白血球分化を、生物の進化の過程から読み解といてるところとかが。視点がズレてますか?w
マクロファージってのは進化の過程でもかなり原始的な細胞なんですね〜。なるほど、調べてみると人間の筋肉もマクロファージの運動能をさらに発達させたものだとか。
マクロファージさまさまです。おっと、脱線してしまった。

多くの病気が自律神経のバランスの乱れで起こるというのは斬新で面白かったです。
思い当たる部分が多くあるので、ストレスが病気の発生率を上げるという点はなるほどなと納得しました。
すでにできてしまった癌(肉眼的に見える程度の大きさ)を自律神経免疫療法のみで完治させるというのはちょっと信じがたいですが、そういう治療法が確立したら良いなと思います。

読んでて気になったこと(気に入らなかったこと)は、「〜は〜すれば治る」と言い切ってしまっている所ですね。
あくまでこの本の内容は安保博士とその仲間たちが言ってることであって、自律神経免疫治療が効果があるのか効果がないのか現時点では誰にもわからないわけです。
自分の研究成果に自信を持つことは悪いことじゃないとは思いますが、証明されていないことは「かもしれない」「可能性がある」程度の表現にしてほしかったです。

276 :病弱名無しさん:2006/02/23(木) 10:12:50 ID:5vZ+g8il
>>275

>あくまでこの本の内容は安保博士とその仲間たちが言ってることであって、
>自律神経免疫治療が効果があるのか効果がないのか現時点では誰にも
>わからないわけです。

自律神経免疫療法の考え方を実行して良い結果が出ている患者さんもいる。
そういう人たちにとっては安保理論は真実だ。効果があるのかどうか分からないわけではないよ。

分からないと君が思うのは、君自信が病気を患っているわけではないからだ。

277 :263:2006/02/23(木) 11:16:19 ID:/uYHJMD7
ありがとうございます。リンパ球数ってどれぐらいが適当なのですか?
2000ぐらいでしょうか?

278 :勉強中:2006/02/23(木) 11:28:52 ID:Q3LnHcqL
>275
自律神経免疫療法を読んでの感想は偏ってもいないし一般的だと思います。
ただこの療法だけで治癒できるということに異論を唱えるのは、一般の方々と同じように医療関係者も同じです。
賛否両論なのです。あとは自身の知識の中でこの治療法を取捨選択し判断するしかないのです。
それとどんな怪しげな治療法でも、「〜は〜すれば治る」と言い切っています。そういう表現をしなければ説得力にかけてしまうからです。
「かもしれない」「可能性がある」程度の表現では誰も信用してくれません。

279 :エムズ:2006/02/23(木) 14:09:12 ID:gxU9V1Bp
>>275
確かに「誰もわからない」と言うのはちょっと言い過ぎでした。自律神経免疫療法を支持し、効果を実感している人たちに失礼だったと思います。
すいませんでした。

>>278
>あとは自身の知識の中でこの治療法を取捨選択し判断するしかないのです。

まったく同感です。情報の海の中で、何かを選ばなければならないのですよね。あまりに選択枝が多すぎてもう、何が良くて何が悪いのかサッパリわかりません。

>それとどんな怪しげな治療法でも、「〜は〜すれば治る」と言い切っています。そういう表現をしなければ説得力にかけてしまうからです。
「かもしれない」「可能性がある」程度の表現では誰も信用してくれません。

ここもまったく同感です。つまり、かつての田中真紀子や小泉純一郎、細木数子のようにズバリ言いきってしまったほうがみんながついてくるのです。
しかしこれはとても危険なことだと思います。コレを許してしまうとアガリクス本の二の轍を踏むことになります。

この本だけ見てるとあたかもここに書いてあることが当然のように思えてしまって怖かったのです。
本の内容の多くは、「交感神経優位状態で顆粒球が増える」と「胃潰瘍が顆粒球増多の影響を受けている」の二点の事実から類推されている、言わば「安保予想」です。
安保博士の言うように人間の免疫系はカオス(複雑系)ですから、顆粒球減少が癌の治癒につながるかなんてことは実際ためしてみなければ(臨床試験を行わなければ)わからないのです。
しかし安保博士は臨床試験をやってない。そして本には「癌は治る」と書く。それがとても引っかかりました。

権威ある研究者なのですから、文章構成ではなく客観的な治療成果で勝負してよ…って言うのが全体を読んだ結論です。

長文でごめん

280 :病弱名無しさん:2006/02/23(木) 14:21:17 ID:Z3V193+p
ちょっと参考までに。
以下は安保徹教授の「免疫革命」について批判的に語っている。

「一つの仮説だけを信奉することは危険」
http://medwave2.nikkeibp.co.jp/wcs/med/leaf?CID=onair/medwave/colm04/297379

---------------------
 免疫とがんとの関係について、がん免疫にかかわるとされるNK細胞活性を低値、中等度、高値に分け、
がんの発生率を11年にわたって調べた日本のデータがある(3)。NK細胞活性が低い人では確かにがん
の発生率が高かったが、その活性が中等度と高値の人たちの間では差がなかった。つまりNK細胞活性
が高いほどいいというわけではなさそうだ。ましてやNK細胞活性の低い人たちがストレスに満ちた生活
をしていたのかどうかはわからない。
---------------------

281 :病弱名無しさん:2006/02/23(木) 19:03:21 ID:b/B8jEs3
>>278
>それとどんな怪しげな治療法でも、「〜は〜すれば治る」と言い切っています。そういう表現をしなければ説得力にかけてしまうからです。
「かもしれない」「可能性がある」程度の表現では誰も信用してくれません。

ついに本音を吐いたね!
ここが宗教、それもオウムと同じように社会に対して害悪をもたらす宗教教義と同じと見なされるゆえん。
おそらくアンタたちは病人を救っているつもりだろうが、そんなことはない!
極めて独善的。地下鉄サリン事件で亡くなった被害者が「ポアされた」と解釈しているオウム信者たちと同じだよ!





282 :病弱名無しさん:2006/02/23(木) 19:36:57 ID:Z3V193+p
ただ免疫というか治癒力は希望がないと生まれない。
信じて実行するだけでも全然違う。
免疫というのは白血球や抗体だけでなく体が瑞々しいとか、血管が若いとか、そういうのも防御システムとして
あると思う。のどが湿っているだけで細菌やウイルスが侵入しづらい。

283 :エムズ:2006/02/23(木) 21:38:13 ID:gxU9V1Bp
>>280
リンク先の文章読みました。自分の考えを整理することができました。
ありがとうございます。

284 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/02/24(金) 00:19:26 ID:y9P/q6qS
>>283
ふーん。貴方はリンク先納得できるのですか?私は納得できません。

例えば
>NK細胞活性が低い人では確かにがんの発生率が高かったが、その活性が中等度と
>高値の人たちの間では差がなかった。つまりNK細胞活性が高いほどいいというわけ
>ではなさそうだ。ましてやNK細胞活性の低い人たちがストレスに満ちた生活
>をしていたのかどうかはわからない。

この部分、免疫システムをNK細胞だけで語るのは無理があります。また、NK細胞は
癌細胞にいち早く攻撃を仕掛けるリンパ球であるため、癌の発生時はNK細胞の活性は
高まる事があると言っていた免疫の専門家もいた。

免疫力と癌との関係をNK細胞だけで語るのは無理があります。

285 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/02/24(金) 00:20:53 ID:y9P/q6qS
>「がんにならないためにはストレスを減らして免疫力を高めるべきだ」という意見は
>もっともらしく聞こえるし、私たちの実生活からも受け入れられやすい。しかし、
>これではすでにがんになった人たちは救われない。がんになっただけでショックなのに、
>がんになったのは自業自得だというのではあまりに酷である。がんの患者さんに対して、
>がんの原因がその人にあると責めるべきではない

生体にかかるストレスが何故、本人に責任のあるモノばかりと考えるのですか?
暑さ寒さ、地場、汚染物質、生きていくための労働など本人の努力とは関係ないストレス
も多いでしょう。自分が病気になった原因のストレスの正体を知ることは治癒を導き出すた
めには大切な事だと思いませんか?

>「免疫信仰は危ない」

この本、私も読みました。読んでもなお、西洋医学の自然治癒力を軽視した
対処療法一辺倒の治療方法は納得できませんね。

286 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/02/24(金) 00:44:08 ID:y9P/q6qS
>>270
>マクロファージもリンパ球と比例して上がっちゃいましたが、刺絡療法の影響でしょうか

刺絡療法の影響かどうかは分かりませんが、マクロファージというのは抗原提示細胞で
T細胞に司令を出す細胞だ。マクロファージを体外で活性化させて再注入する治療法では
1臆個ぐらいに増やしたマクロファージを使わないと効果がないらしい。

マクロファージの数、割合共に増えたことは貴方の体に取って、良い影響を及ぼすと
思うよ。

>>277
>リンパ球数ってどれぐらいが適当なのですか?2000ぐらいでしょうか?

安保先生達はそのくらい欲しいと言っているけれど、低いリンパ球数の人が安定的に
2000以上に上げようと思ったら、なかなか大変だ。年単位で努力しなければいけないように思うよ。

今より少しでも上げていければ良としなきゃね。ちなみに私は1600を超えた時より
体調が良くなったと感じるられるようになった。この体感には個人差があるのだろうね。

>>284でレスしたように、リンパ球数だけあっても、活性化がされていないようでは免疫力が高い
とは言えないしね、ただし、私はリンパ球数の増減とリンパ球の活性化は相関する場合の
方が多いと思うけどね。


287 :エムズ:2006/02/24(金) 00:56:07 ID:BuBwF0mU
はじめましてマリリンさん。ご指摘の部分私も同感ですよ。
免疫系はカオス(複雑系)ですから、NK細胞活性と癌発生率を見比べることにどれほど意味があるのかわかりません。
言ってみれば「風が吹けば桶屋が儲かる」レベルですね。風がNK細胞活性で、桶屋が癌発生率。

西洋医学は自然治癒力を軽視していると言うよりは、自然治癒力を科学的に検討できるレベルに至っていないと言ったほうがいいと思います。
かといって漢方や中医のほうは自然治癒力に頼りすぎな気がしますがw
ま、一長一短ですよね。

288 :エムズ:2006/02/24(金) 01:51:38 ID:BuBwF0mU
私はこれで消えます。シナモンさん、勉強中さん本当にありがとうございました。

こらっマリリンさん、単球数の増減が体に与える影響なんてわかるわけないでしょ!
第一、抗原提示細胞が増えるのであれば、抗原に対する反応性が高まる(かもしれないw)からアレルギー、自己免疫病などが増悪する(かもしれませんw)と言うストーリーも十分に考えられます。
みんなマリリンさんの言うことを信頼し参考にしているのですから安保理論に基づいた発言をしようよ。

289 :病弱名無しさん:2006/02/24(金) 18:58:03 ID:cvXRgE/D
>>こらっマリリンさん、単球数の増減が体に与える影響なんてわかるわけないでしょ!
リンパ球数のこと?
体の調子が以前より良くなって、それに伴いリンパ球数が増えてるんだからそう思ってもいいじゃんねえの?
それにマリさんは断言してるんじゃなくて、そう感じられるってわざわざ書いてるジャン

>>第一、抗原提示細胞が増えるのであれば、抗原に対する反応性が高まる(かもしれないw)からアレルギー、
>>自己免疫病などが増悪する(かもしれませんw)と言うストーリーも十分に考えられます。
これはリンパ球か増えても、体の反応率が変わってしまうから以前より悪化するってこと?
なんか根拠はあるんですか?

>>みんなマリリンさんの言うことを信頼し参考にしているのですから安保理論に基づいた発言をしようよ。
安保理論のことは知らないけど、理論だけでレスされるより、
実際自分自身で実践してその中でわかってきたことを、
安保理論と結びつけて書いているであろうマリさんのレスは信頼できます。
よってエムズ氏逝ってよし

290 :シナ:2006/02/24(金) 20:24:21 ID:h9VXDPU6
エムズさん、もう少し時間をかけてください。結論を出すには早杉です。>>254の日付を見てください。
僕は2004年からですよ。(笑)焦っては駄目ですよ。

僕が254をレスしたのは前スレの6さんとの約束の為もあるのです。僕としてはお薬を飲まれている
方は服用を続け、同時に免疫療法を続ける。お薬を服用中のお薬は止めては危険です。残念だけれど、
魔法の笛はないのです。

消える必要は無いのです。ここは2chですよw

291 :シナモン:2006/02/24(金) 20:31:39 ID:h9VXDPU6
>>281
僕の38とマリリンさんの145のレスはいわば集約なのです。丁寧に読まれれば分ると思いますが、
決して宗教的ではないですよ。

292 :シナモン:2006/02/24(金) 20:41:00 ID:h9VXDPU6
280の投稿は僕も読みました。病気を治すのは医者じゃないと僕は思う。理屈じゃないんです。
本人が治癒の努力を続ける以外に何かあるのですか?

293 :シナモン:2006/02/24(金) 20:51:17 ID:h9VXDPU6
僕は282さんのレスの通りだと思います。希望というのは大切です。
病気というのは生きる力を奪うのです。分りますか?それでも何と
か生きなくてはならないでしょう。だから少しでも健康に良いことは
やった方がいいと思います。時間はかかると思うけれど。母は以前
よりは元気ですよ。これは真実なんです。以前もレスしたけれど、
254のレスを母に伝えてから努力に努力を重ねているのです。

294 :シナモン:2006/02/24(金) 20:55:44 ID:h9VXDPU6
誤解をしないでほしいのだけれどエムズさんを批判をしてるわけではありませよ。


295 :病弱名無しさん:2006/02/24(金) 20:57:30 ID:EghCNlZ4
>292に同意。大部分の西洋医学マンセーの人には分かりにくいんだろうな。体調を崩してから免疫力が大事なことが分かりシナさん達が言ってること取り入れてる。分からない人はほんとに残念だと思う。


296 :病弱名無しさん:2006/02/24(金) 21:15:48 ID:+7qRlv99
質問なんですが歯周病ではなく唾液が粘っこいのは免疫低下が原因ですか?

297 :シナモン:2006/02/24(金) 21:45:59 ID:h9VXDPU6
僕はエムズさんの、、、

>第一、抗原提示細胞が増えるのであれば、抗原に対する反応性が高まる
>(かもしれないw)からアレルギー、自己免疫病などが増悪する
>(かもしれませんw)と言うストーリーも十分に考えられます。
というのも考えました。それと同時に、マリリンさんの、、、

>マクロファージというのは抗原提示細胞で
>T細胞に司令を出す細胞だ。
というのも考えました。それでも必死に考えて好中球が減少した代わりに、
マクが増加したのかと思いレスしますた。マクは確か活性酸素を発生させ
ないから。

298 :シナモン:2006/02/24(金) 21:48:37 ID:h9VXDPU6
僕は263さんが体調が良くなった知りたいです。数値がすごく良くなってるから。

299 :シナモン:2006/02/24(金) 21:52:31 ID:h9VXDPU6
297はわけわかめなので無視してください。

300 :シナモン:2006/02/24(金) 21:54:36 ID:h9VXDPU6
>>289さん
最後の一文はどうかと思います^^;

301 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/02/24(金) 22:05:00 ID:rfhr2Hd5
>>290
シナモン、お久しぶりです。

>僕としてはお薬を飲まれている方は服用を続け、同時に免疫療法を続ける。
>お薬を服用中のお薬は止めては危険です。残念だけれど、魔法の笛はないのです。

この部分なんですが、私は必要のない薬は止めるた方が良いと考えています。
急に止めてしまうと長い間、その薬に体が適合してきているわけだから、危険なので
少しずつ体調を見ながら、止めれる薬は中止した方が良いと考えています。

理由は、西洋薬は効果も強いが副作用も大きいからです。安保先生達が言っているように
西洋薬は交感神経を興奮させて副交感神経を抑制するように働くモノも多い。免疫療法とは
相反する効果が出てくる事になってしまうことあると思うからです。

私は我慢できない急性の症状を取るのは西洋薬は適していると思うけど、慢性疾患の症状
を緩和させるためにダラダラと使い続けることは良いことではないと思っています。

どうしても使わなければいけない場合は必要最小限に止め、健康になるために
免疫療法を併用して、薬を徐々に減量して行く方向に持っていった方が良いと思っています。

そんなことは多分シナモンは分かっていると思うけどね。

私の周りでも重度の糖尿病の患者さんが毎日11種類もの薬を処方されて飲んでいる
と言っていたけど、その薬群をそのまま飲み続けて、免疫療法の効果がストレートに
出てくるモノなのか疑問です。

もちろん、私は西洋薬を勝手に止めると危険な薬もあると言うことは承知しています。

302 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/02/24(金) 22:22:52 ID:rfhr2Hd5
>>288
>単球数の増減が体に与える影響なんてわかるわけないでしょ! 第一、抗原提示細胞が
>増えるのであれば、抗原に対する反応性が高まる(かもしれないw)からアレルギー、自己
>免疫病などが増悪する(かもしれませんw)と言うストーリーも十分に考えられます。

おっしゃるようにマクロファージの増減についての考えは私の仮説です。西洋医学の立場では
リンパ球の数値以上に単球の微量な数の変化など問題にされていないことは知っています。

私がマクロファージの数が正常範囲ないで増えることは良いことだと考えたのは
自分の血液検査値を追っての事です。昨年の一月、体調が良くなかった時は単球の数は
260しかありませんでした。

免疫療法をはじめて3ヶ月目にリンパ球数が2219と上がる同時に569まで上がって
来ました。それ以後上がったり下がったりしていますが、どんなに
状態が悪くても300を下回ることはないです。

今年の一月は444もありました。そして体の調子も良いです。こういう経験を通して
単球数も300を下回るのは私にとって良い状態とは言えなかったのではないかと
考えたのです。

303 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/02/24(金) 22:28:20 ID:rfhr2Hd5
>アレルギー、自己免疫病などが増悪する(かもしれませんw)と言うストーリーも十分に
>考えられます。

治療者から患者さんの単球数を考える時はそのようなストーリーがあるかも
知れませんが、患者が自分の体調が好転していることを体感したうえで、単球数が
上がってきた場合は上記のようなストーリーは考慮しなくても良いと思います。



304 :シナモン:2006/02/24(金) 22:36:14 ID:h9VXDPU6
マリリンさん、こんばんわ。お久しぶりですね!お元気そうですね。

マリリンさんの言われるように必要のないお薬は止めた方がいいですね。
少しずつ止めていくのが良いと思います。

>私は我慢できない急性の症状を取るのは西洋薬は適していると思うけど、慢性疾患の症状
>を緩和させるためにダラダラと使い続けることは良いことではないと思っています。
>どうしても使わなければいけない場合は必要最小限に止め、健康になるために
>免疫療法を併用して、薬を徐々に減量して行く方向に持っていった方が良いと思っています。
まったくその通りだと思います!

母は二度ステロイドを削り、勝手に減量すると言いました。僕はもちろん止めました。とても危険なことです。
僕が止めなければ多分やっていたかもしれません。

305 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/02/24(金) 22:45:29 ID:rfhr2Hd5
>>287
>西洋医学は自然治癒力を軽視していると言うよりは、自然治癒力を科学的に検討
>できるレベルに至っていないと言ったほうがいいと思います。
>かといって漢方や中医のほうは自然治癒力に頼りすぎな気がしますがw ま、一長一短ですよね。

一長一短というのは同意です。だから統合医療の方向に早く進んで欲しいと思うわけです。
だけど、”自然治癒力を科学的に検討できるレベルに至っていない”と言う言い訳をいつまで
続けるつもりですか?基礎医学から見れば免疫システムはかなりのレベルまで解明されて
いるでしょ。

”検討できるレベルに至っていない”などと言う言い訳で、統合医療的な考え方を拒んでいると
助かる患者さんも助からないんです。

医者はそれでも”レベルには至っていない”と考えれば良心の呵責にさいなまれる事は回避
できるかも知れないが、患者の立場の人間には一つしかない命だったり、かけがえのない
身内だったのするんだわ。

私は医療関係者の”自然治癒力を科学的に検討できるレベルに至っていない”などと
いう言い訳は絶対に許すことはできない。犯罪行為だと思う。

306 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/02/24(金) 22:56:36 ID:rfhr2Hd5
>>304 >シナモン

そうですね。ステロイドや麻薬、降圧剤などは減量や休薬するのが難しい薬だと
思う。使いはじめる時に本当に必要かどうか、よく考えて使いはじめたいです。

307 :シナモン:2006/02/24(金) 23:03:01 ID:h9VXDPU6
僕や295さんのように免疫療法を知ることが出来たというのはとても幸せな事だと思います。


308 :シナモン:2006/02/24(金) 23:17:50 ID:h9VXDPU6
マリリンさん、

そうなのです。母は以前、降圧剤と血管拡張剤と骨粗しょう症のお薬を処方されますた。
今では全て止めています。今はステロイドと胃薬だけです。

僕は週末に小旅行に行きます。何年振りだろう。早くもう少し暖かくなればいいのに。(笑)



309 :シナモン:2006/02/24(金) 23:24:24 ID:h9VXDPU6
ありがとうね。

310 :263:2006/02/25(土) 11:00:04 ID:GEKgCr/p
>>309
刺絡と家でステッパー踏んでただけです。

311 :勉強中:2006/02/25(土) 16:32:55 ID:O3V064ye
ちょっと参考になるような原稿がありましたので書き込みます。

312 :勉強中:2006/02/25(土) 16:56:02 ID:O3V064ye
まだ薬の力がそれほど強くなく、対症療法を続けても治癒反応も適度に温存されていた時代は良かったのですが、
医学と薬学が飛躍的に進歩した事で非常に強い薬が開発できるようになりました。それは、症状を徹底的に押さえ込む薬です。
その最たるものが消炎鎮痛剤、ステロイド剤、免疫抑制剤です。これらの薬を使うと、効き目の強い薬ですからすぐに治癒反応が止まります。
すると不快な症状が表面的に、一時的にとれますから患者さんも治ったように錯覚します。しかし、このような強い対症療法を続けると、
身体を修復する反応が止まってしまう危険性があるのです。さまざまな強い薬が次々と開発され、それらを使った対症療法行為が盛んに行われると同時に、
病気が治りにくくなっているという皮肉な状況が生まれています。対症療法薬では真の治癒はもたらされていない紛れも無い証です。
確かに対症療法が非常に有効な場合もあります。例えば、急性の疾患で、薬が短期間だけ使われる場合は、
薬と疾患との短期のせめぎあいで、症状と薬のバランスがうまく働いて、良い形で治ってしまうことが期待できます。
実際にいまの医療が困難に直面しているのは、急性疾患ではなく慢性疾患なのです。
また、薬を飲み続ける患者さんの方も処方される薬が対症療法とは知らずに、根治のために処方されていると誤解されていたり、
薬には副作用や害があり、病気をむしろ悪化させる危険性もある事を知りません。
つらい症状だからこそ薬を飲み続けるのでしょうが、つらい症状だからこそ生き方の無理を見直すきっかけにはならないでしょうか。
対症療法で症状を軽くして無理な生き方を続けることが大病へと続く道なのです。


313 :病弱名無しさん:2006/02/26(日) 00:32:20 ID:FdyaU1m9
>>312
ここでマリリンさんの>>305のレスに続く感じですかね

314 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/02/26(日) 08:22:40 ID:t4lOqmJG
>>312 >勉強中
お久しぶりです。私もこの文章、安保先生の書かれた本で読みました。どの本に書いて
あったか忘れ忘れちゃったんですけどね。(笑

これを読んでから自分の体に起こる不快な症状についての考え方が変わったのを覚えています。
それまでは、発熱や痛みなどは体が病んでいるから薬を飲んで治さなきゃと考えて
いたのです。今は体が治癒するための反応だから治るまで静かに待ちましょと思えるように
なりました。そう考えられるようになると不快な症状にも痛みにも耐えられるようになるのが
人間という生き物の不思議です。

>>308 >シナモン
>僕は週末に小旅行に行きます。何年振りだろう。早くもう少し暖かくなればいいのに

旅行は良いですね。私も大好きです。シナモンの所はお母様が病気だったわけだから
長い間、家族の楽しいイベントもお預けだったんだろうね。旅行にはお母様も連れて行って
一杯親孝行してあげて、布団もひいてもらえるし食事も作ってもらえるなんて主婦に取っては
最高の気分だと思うわ。

315 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/02/26(日) 08:46:25 ID:t4lOqmJG
>>288 >エムズ
>みんなマリリンさんの言うことを信頼し参考にしているのですから安保理論に
>基づいた発言をしようよ。

これは誤解なさっているようなので、反論しておきます。私は安保先生を盲信している
わけではないので、納得できない所は同意はしないし批判もしますよ。マリリンとしては
リンパ球と顆粒球が副交感神経と交感神経の興奮の程度に連動してその数を増減させると
いう理論は正しいと思っているだけです。後、低体温が免疫を抑制すると言う理論も正しいと
思っています。

それについて医療関係者から納得できる反論らしい反論を聞いたこともないし、
自分で白血球の検査値を追ってみても疑義を持つような事は何も出てこなかった。

それで、自分なりにこれら理論に基づいて、免疫療法の理論を組み立てたわけです。
したがって、スレタイと私のレスの内容は微妙にずれているのは事実です。

この際、良いじゃないですか、自律神経免疫療法のスレで免疫療法の話に話題が
移っても、親戚みたいな治療法ですからね。細かいことを言わないように。

316 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/02/26(日) 09:09:41 ID:t4lOqmJG
線維筋痛症
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1101023890/

このスレの人たち可哀相だね。西洋医学的治療法では対処できないようで本当に
辛そうだ。

『実例 免疫革命の名医たち 「自律神経免疫療法」実践の記録』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062722879/qid=1140912307/sr=8-4/ref=sr_8_xs_ap_i4_xgl14/250-3253656-2673848

この本に線維筋痛症は自律神経免疫療法で好転すると書いてあった。線維筋痛症スレの
人たちも早く免疫療法を取り入れれば良いのにと思った。

マリリンでは力不足で教えてあげられない残念です。

317 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/02/26(日) 10:14:49 ID:t4lOqmJG
>>221
>特異的、非特異的免疫療法にしろどうして患者側にはそれらの有益な情報が伝わら
>ないのでしょうか。ネット以外にないのでしょうか。

これはね。患者の囲い込みを計るために、従来の西洋医学的治療を推し進めたいと
考える厚労省や製薬会社や上層部の医者が必死になって隠して来たことでしょう。
情報は医学界の中だけで共有されるモノで、患者に教えるモノではなかった。

だから、一般の患者さんや発端の医療関係者には情報が伝わらなかった。テレビや
大新聞を押さえ込み、従来の西洋医学的判断基準や治療法を宣伝させれば富も権力も
手中にできたわけだから。これまでは、安保先生や近藤先生などの主張は異端の徒として
無視しておけば自分たちの地位や権力が脅かされる事は無かった。

ところがネットが普及して情報を患者さんに伝えだした。ネットは今のところ自分たちの
都合の悪いことを書かれても情報操作はできない。情報を操作するため悪意の情報を
流すしかない。
現在のように、あちこちで、ポップコーンがはじけるようにネットで情報が飛び交っては、
押さえ込みようがないんだろう。

>わしも以前は「こういうのは冷笑しながらほっとけ」と思っていたが考えを変えた。
>こんなのがおかしなことを吹聴すると治療をしたり摂生しようとする人が減る。
>そしてこういう連中は病人に浄水器や石や壺を売りつけるんだ。根絶やしにすべきだと思う。

慌てて火消しに躍起になっているようだ。だけど、自然治癒力を高めることで病気が治ること
や、西洋医学が自然治癒力を高めることとは逆行する治療を施す場合が多々あると言う
真実はネットが普及しだしては隠しとおせないさ。

権力を手中に収める、次の手段を彼らは考えてくるんだろう。こういうのサプリメント
業界の詐欺的商売と何処が違うんだろう。アガリクスの方が副作用が少ないだけ被害が
小さいような気がするよ。

318 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/02/26(日) 10:23:13 ID:t4lOqmJG
>>317 自己レス訂正

発端の医療関係者 ×
末端の医療関係者 ○ 



319 :病弱名無しさん:2006/02/26(日) 15:56:28 ID:x6IKcoMX
リンパ球を活性化させるにはどうすればいいのですか?
運動するとかですか?

320 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/02/26(日) 22:49:19 ID:K08leNLT
>>319
>>38>>145を参照して下さい。これでリンパ球数は上がってきますので自然治癒力を
上げることができます。

後、薬は必要最低限だけにした方が良い。交感神経の興奮作用の強い西洋薬を
飲みながら、リンパ球数を上げようと思っても徒労に終わるかも知れません。

リンパ球の直接の活性化なら
キノコ系のサプリメント、ラクトフェリン、丸山ワクチン、漢方薬、etcだけど







321 :病弱名無しさん:2006/02/27(月) 08:42:46 ID:LIN09jsc
上げ

322 :病弱名無しさん:2006/02/27(月) 11:19:41 ID:YhjdUf8t
まとめサイトが欲しいです

323 :病弱名無しさん:2006/02/27(月) 18:11:50 ID:QJ0JTv8a
>>320
ステロイド内服量を急に減らして副腎不全でアボーン。

マリリンが言ってる理論の真偽はともかく、ちょっと無責任すぎないか?
「薬は必要最低限」という言葉の中に、伝えなきゃいけないことがいっぱい詰まってる。
何の疾患にかかっているのか?使っている薬は何なのか?
マリリンにはそれがとても重要なことだってことわかってるだろ。

他人に新しい治療法を薦めている以上、書籍or論文を発表する、それができないのならせめて、わかりやすいまとめサイトを作るくらいの責任は当然にあるだろうage

なーんて、私なりの激励ですので。みなさんお大事になさってください。

324 :シナモン:2006/02/27(月) 18:41:36 ID:Nd03R/LA
旅行から帰ってきますた。疲れますた。ジジババの方が元気です。(笑)
マリリンさんお返事少し遅れます。ごめんなさい。

325 :病弱名無しさん:2006/02/27(月) 19:12:39 ID:1U6sjcaU
>>323
この場合責任の所在はむしろスレ読者にあるのだよ
シナモンさんを見習いましょうよ

326 :病弱名無しさん:2006/02/28(火) 06:08:49 ID:LoYFvY4Z
まとめサイトはともかく、治療を人にすすめるってことはそれなりの責任があることでしょう。
マリリンさんの存在が体験者の域を超えて、治療者になってるこの現状はまずいだろと思う。

327 :病弱名無しさん:2006/02/28(火) 08:39:13 ID:SJ96do0c
まったくまずくない。
情報の取捨選択は個人の自由だし、2chの情報は玉石混交であることは誰もが知っていること。
老婆心なことを言って、言論封鎖をするのは良くないな。
マリリンさんの無料講座に感謝しています。

328 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/02/28(火) 09:57:19 ID:Q15bZE2e
>>326
>治療を人にすすめるってことはそれなりの責任があることでしょう。マリリンさんの存在が
>体験者の域を超えて、治療者になってるこの現状はまずいだろと思う。


西洋薬を必要最低限まで減らすべきだと言った途端にこの反応か。
必要のない西洋薬の止め方については>>301>>306を参照しておいて下さい。

そうかこの程度で
>体験者の域を超えて、治療者になってるこの現状はまずい
このように言われるんだ。

患者の中には医学的知識がある程度ある人もいるだろう。そういう人たちが自分たちが
受けた治療についてモノを言うのは良くなくて、医者の言うとおり西洋医学的治療法を
賛美するなら、何処で何を話してもそれは許されるわけ。

そんなの>327が言うように、言論封鎖だね。
そんなに私の話が危険なら、削除依頼の対象になるだろう。やってみたら。

329 :病弱名無しさん:2006/02/28(火) 20:05:26 ID:Vm9NTs4R
>327に同意。前スレからずっとロムってます。本当に情報は個人の元の取捨選択であり自由であり、マリリンさんはこうしないといけないとは言ってない。自身が学ばれたことを情報の一つとして提供してくれているだけのこと。素人がこれだけ勉強するのは大変です。

330 :病弱名無しさん:2006/02/28(火) 20:06:54 ID:Vm9NTs4R
それをマリリンさんが噛み砕いて善意で載せてくれてる。私は東洋医学を学んでいますが、マリリンさんやシナモンさんのおっしゃっていることはとても勉強になります。これからも教えてくださいね

331 :病弱名無しさん:2006/02/28(火) 20:08:59 ID:Vm9NTs4R
それをマリリンさんが噛み砕いて善意で載せてくれてる。私は東洋医学を学んでいますが、マリリンさんやシナモンさんのおっしゃっていることはとても勉強になります。これからも教えてくださいね

332 :病弱名無しさん:2006/02/28(火) 20:10:20 ID:Vm9NTs4R
同じレスを連投すまそ

333 :病弱名無しさん:2006/03/02(木) 15:20:48 ID:JWA/4cEp
⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡ホス

334 :シナモン:2006/03/02(木) 18:49:19 ID:bP6xyt/L
てすと

335 :シナモン:2006/03/02(木) 19:01:25 ID:bP6xyt/L
嵐のお陰であく禁ですた。(笑)しかし嵐も意味ないような、、、
最後は、通報しますたで終わるのだから。(笑)

336 :シナモン:2006/03/02(木) 19:03:11 ID:bP6xyt/L
333さん
干すありがとうです!

337 :シナモン:2006/03/02(木) 20:17:11 ID:Yl86KvgG
捕手

338 :シナモン:2006/03/02(木) 20:57:10 ID:Yl86KvgG
僕はマリリンさんのラジカルさがとても好きです。僕にはないところですね(笑)
それとマリリンさんは自分の頭で考えてるし、自分の言葉でレスされてるところかな。

旅行はとても楽しかったです。久しぶりだったので少し疲れましたけど。
温泉にゆっくり浸かりましたよ。(笑)ツアーのジジババは僕の10倍くらいは元気ですた!

339 :シナモン:2006/03/02(木) 21:00:55 ID:Yl86KvgG
263さん、体調が良くなってると実感されている思います。これからも一緒に頑張りましょう!

340 :シナモン:2006/03/02(木) 21:18:42 ID:Yl86KvgG
マリリンさん317を読みますた。僕は無知なので317のレスにびっくりしましたよ。
既得権益ですね。。僕は一介の平リーマンなので既得権益なんてまるきり
関係ないけれど。

僕たちも知識をつけて自分たちの健康は守らなくてはなりません。母は膠原病の
本をしばらく読みませんでした。ですから、日常的に気を付けなければならない
事柄も知りませんでした。だけど今は自分は自分で守る重要性を理解してると
思います。(多分)

341 :シナモン:2006/03/02(木) 21:31:33 ID:Yl86KvgG
でもこれだけは言わせてください。

ステロイドを飲まれている方は自己判断で減量すると危険です。本当に危険
なのです。ショック状態になりかねません。今の治療に免疫療法を取り入れ
るスタンスが安全確実だと僕は思います。焦らないでください。焦るとろく
な事がありません。免疫療法を取り入れれば、必ず体調は良くなります。
経験的に僕は知っています。

342 :シナモン:2006/03/02(木) 21:34:35 ID:Yl86KvgG
329さん、前スレから読んでくれてありがとう。一緒に頑張りましょうね。
僕も日々頑張っています。(笑)

343 :シナモン:2006/03/02(木) 21:38:41 ID:Yl86KvgG
僕はまるきりのゼロの状態からマリリンさんのレスや本を読んで色々考えたり
で少しずつ勉強したのですね。だから興味を持ち、時間をかけて勉強し、出来
る事から取り入れていければ良いのではないかと思います。時間をかけて自分
に向き合うのはとても良いことですから。

344 :シナモン:2006/03/02(木) 21:47:33 ID:Yl86KvgG
316のスレを読んでみます。

345 :シナモン:2006/03/02(木) 21:50:59 ID:Yl86KvgG
そうだ、腸管免疫の本を今度読んでみようと思っています。

では寝ます!

346 :シナモン:2006/03/02(木) 21:57:26 ID:Yl86KvgG
マリリンさん母の事をいつも気遣ってくれてありがとうね。お陰さまで元気です。

347 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/03/02(木) 21:59:33 ID:v7/h627v
ラジカルさんは何処のスレに行くと会えるの?そんなに素敵な人なら会ってみたいな。

348 :病弱名無しさん:2006/03/02(木) 22:00:13 ID:8AAhSY9I
シナモンさんってめっちゃマリリンさんに感謝してるんだねぇ
それが伝わってくるよ

349 :病弱名無しさん:2006/03/02(木) 22:10:59 ID:VgZxxWuE
ラジカルさんて誰でつか?

350 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/03/02(木) 22:18:04 ID:v7/h627v
>>341
>ステロイドを飲まれている方は自己判断で減量すると危険です。本当に危険
>なのです。ショック状態になりかねません。今の治療に免疫療法を取り入れ
>るスタンスが安全確実だと僕は思います。

基本的には私もそれが一番良いと思う。シナモンの所のお母様の主治医は
ステロイドを減らすのに協力してくれる医者だったから良かったんだよ。

医者によっては、必要もない薬を長期に患者に飲むように指示する
人はいるからね。初期の大腸癌で完全に手術で患部は取れたと説明したくせに
飲み薬の抗癌剤を2年も飲まされている人がいる。なんでも三年飲んでもらわなければ
困ると言われたそうだ。そんなことして新たな癌が出て来ないんだろうか?

膠原病が治癒してきて顆粒球数が下がってくると、今処方している薬が飲めなくなるからと
水素結合水の方を止めるように言う馬鹿医者もいる。今、飲んでる薬が減量できる
なら、それは患者にとって良いことだと考えられない。こんな医者にあたると患者は大変な
事になる。

自分の考えに凝り固まった、モノを知らぬ医者ほど患者に害を及ぼす存在となる。
こういう医者にあたった場合、患者はどうやって身を守れば良いんだろうね。

351 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/03/02(木) 23:04:29 ID:v7/h627v
>>338
>ツアーのジジババは僕の10倍くらいは元気ですた!

元気になって、子供のように旅行を楽しんでいるシナモンのご家族の様子が
伝わってくるよ。良かったね。

>>344>>316
『実例 免疫革命の名医たち 「自律神経免疫療法」実践の記録』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062722879/qid=1140912307/sr=8-4/ref=sr_8_xs_ap_i4_xgl14/250-3253656-2673848

この本、免疫療法の実践的な事が書いてあって面白かったよ。数時間で読めてしまうから
お勧めです。

「腸」免疫力でガンと闘え!―ガン克服のカギは腸(腸管免疫)が握っていた!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4809684156/qid=1141307433/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-5802305-3059536

こちらの本はどちらかというと免疫療法の理論部分の説明になるのかなぁ。
ただね。腸管の善玉菌は人によって微妙に違うらしく、サプリメントで補っても
自分自身の腸内細菌を育成しない限り、他人の善玉菌が長期に居着くことはできないようです。

他人の腸内善玉菌(サプリ)で代用するには飲み続ける事が必要なわけで、体調が良く
なるまでのつなぎにした方が良いと言うことを忘れないでね。

352 :病弱名無しさん:2006/03/03(金) 09:24:52 ID:gJs5HGlu
シナモンさん僕にもラジカルさんを紹介してください(・∀・)ニヤニヤ

353 :病弱名無しさん:2006/03/03(金) 09:38:54 ID:E/cvrxzg
>352
何言ってんの?>338をちゃんと読め。ラジカルさんなんているかよ!

354 :病弱名無しさん:2006/03/03(金) 09:46:32 ID:UIUEuz9b
>>352は壮大な勘違いをしている悪寒

355 :病弱名無しさん:2006/03/03(金) 12:44:53 ID:WJhop7qv
ラジカルさんて誰?気になるなぁ。

356 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/03/03(金) 13:56:07 ID:AkkvepzQ
(゜゜;)ゴメンネ・・

マリリンが間違えた。シナモンが折角、マリリンを褒めてくれたのに。
あわてん坊のマリリンがちょっと読み間違えをしてしまったのです。本当にごめんなさい。

357 :病弱名無しさん:2006/03/03(金) 14:00:53 ID:g3REEz5v
ちょっと萌えました

358 :病弱名無しさん:2006/03/04(土) 14:31:06 ID:PYIWg1Qw
>>354
そもそもここは壮大な釣りスレ。

359 :病弱名無しさん:2006/03/04(土) 19:03:33 ID:dVQmoCui
>>358

360 :病弱名無しさん:2006/03/04(土) 19:08:59 ID:RyY2/ByA
そう思うならこなければ?>>358-359

361 :病弱名無しさん:2006/03/05(日) 10:08:34 ID:D9PFjGEL
それでラジカルさんはフリーになったのでつか?気になるなぁ。。。

362 :病弱名無しさん:2006/03/05(日) 22:56:58 ID:lOyHJAMA
心拍数を保つことも免疫療法に関係あるきがするんですがどうでしょう?

363 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/03/06(月) 08:49:51 ID:8A6VK3GH
>>362
詳しく説明して欲しい。

364 :シナモン:2006/03/06(月) 21:09:31 ID:bKWcgYzC
351の書籍注文しますた。レスが少し遅れます。ごめんなさい。m(__)m
今、免疫学問答を読んでいますが、少しずつしか進まないです。(笑)

365 :シナモン:2006/03/06(月) 21:20:43 ID:bKWcgYzC
store.yahoo.co.jp/dietcom/k-0182.html

爪もみスレにありますた。(笑)ハリボーイのバチンが苦手な人はいるみたいですね
マリリンさんはハリボーイに慣れたのかな?

366 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/03/07(火) 15:55:50 ID:CKjDCNvc
>>364 >シナモン
免疫学は特殊な専門用語があるから、基礎知識がないと読むのが難しいかも知れないね。

サイトカインとかインターロイキン、インターフェロンγ辺りが難しいのかな?

サイトカインはリンパ球や抗原提示細胞などが他の細胞を動かす時にだす物質
のことだよ。だからインターロイキン、インターフェロンγもサイトカインの一種です。
インターロイキンはサイトカインの中で分子構造や役割などが分かったものに
IL1、とかIL12とかの名前を付けたもの。今は20個ぐらいあるはずだ。

このうち癌の縮小に関係あると注目されているのが、IL12とIL2、インターフェロンγ
だが、これのサイトカインを人工的に生成して、癌患者さんに注射しても、酷い副作用が
有り使い物にならないと言うことだ。ちなみにネズミでは素晴らしい効果があったらしい。

ほとんど遺伝的に同じ実験用のマウスとそれぞれの人が色々な遺伝子を持った人間の違いだね。
だ。、人間の場合は自然治癒力を高めることで、自分の免疫細胞にこれらの物質を
分泌させるのが一番安上がりでいい治療のわけです。

367 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/03/07(火) 16:06:11 ID:CKjDCNvc
>>365
爪もみ器、見てきた。笑っちゃった。
マリリンはハリボーイは最初で懲りてしまって今は使っていません。その代わり
朝晩、布団の中で指でもんでいます。指先だけではなく、アーメンのような格好で
指を組んで指の間ももんでいます。これなかなか気持ちが良いです。体の調子の
悪い人はこんな事でも痛いと言います。面白いですから試して見て下さい。




368 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/03/07(火) 16:14:19 ID:CKjDCNvc
後、お知らせですが、やっとマリリンは自分のブログを作りました。心理学板と
健康板で書いた健康に関するレスをまとめて行こうと思っています。もし良かったら
遊びに来て下さい。

マリリンが過去に書いたレスに加筆してまとめたモノですから、ずっとマリリンのレスを
読んで下さった人には代わり映えしないかも知れません。復習だと思って付き合って
下さい。宜しくお願いします。

マリリンの知恵袋
http://vetmaririn.blog56.fc2.com/

この前の日曜日に公開したのですが、カウンターがすでに100を超えています。
これって、100人の人が見て下さっているのか、カウンターが壊れているのか
どちらでしょうね?

とにかく、いろんな人に自然治癒力を上げることを知ってもらって健康を取り戻して
ほしいと願ってプログをたてました。

369 :病弱名無しさん:2006/03/07(火) 20:27:01 ID:yJ18Tsic
>>マリリンさん
早速お気に登録しました
のんびり更新していってください
カウンターは壊れてないと思いますよ

370 :病弱名無しさん:2006/03/07(火) 20:56:23 ID:lIdLxsbf
マリリンさん、私も登録しました。復習しますね!

371 :病弱名無しさん:2006/03/07(火) 21:07:49 ID:O4r8FYBq
ああそうだ
もし可能だったらいつかホームページも作っていただけると感激です

372 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/03/07(火) 22:30:52 ID:PbgVtJlS
ありがとう>all

ブログは一人チャット状態だけど、なるべく多くの人に自然治癒力を上げることで
病気が治ることを知ってもらえるように頑張るね。今の日本の医療のやり方では
病気になる前に予防して病院等に近づかぬようにする事が、一番確実な自分を
守る方法かも知れない。皆さんも自分の体を大切にして下さい。

ブログを作ったってマリリンは、これからも2chには来るから懲りずに遊んでやってね。

373 :病弱名無しさん:2006/03/08(水) 01:43:34 ID:KRogANE9
>372私もそう思います。これからは予防医学ですよね。

374 :病弱名無しさん:2006/03/08(水) 01:48:38 ID:efrTNDf5
最近、自律神経免疫療法の本読んだけど、一つ疑問に思ったことがある。
基本的に薬指以外の指の爪の端を揉んだり突いたりすれば
副交感神経が優位になって健康になるっつーことだけど、
アレルギーや喘息もちは副交感優位でリンパ球が多いためになるなら
薬指揉んで交感神経優位にした方がいいんじゃないの?
その辺り、詳しくキボンヌ

375 :病弱名無しさん:2006/03/08(水) 02:18:42 ID:efrTNDf5
あと、自律神経免疫療法やってるクリニックでは
顆粒球とリンパ球の比率を測定してくれるのか?

376 :勉強中:2006/03/08(水) 10:23:45 ID:KRNvI18m
自律神経免疫療法行っているクリニックや刺絡療法を行っている医院などは個々に検査・治療法は違います。
それは自律神経免疫療法や刺絡療法にはマニュアルがないからです。ですからそれぞれの医師の治療法の考えで決まります。
血液像のチェックの有・無や他の治療法との併用の有・無など違いはあります。整体師などが行っている自律神経免疫療法はあまり血液像を見ないことが多いですね。
私は色々な医師たちとの話の経験から思うに、ただ単に顆粒球やリンパ球の比率だけでなく
マクロファージ→樹状細胞→ヘルパーT細胞→キラーT細胞の免疫システムを理解し、このルートが反応することが大切と考える医師が良いと思います。

377 :勉強中:2006/03/08(水) 10:29:27 ID:KRNvI18m
マリリンさんブログをついに作りましたね。中身の濃いものにしてくださいね。


378 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/03/09(木) 15:04:45 ID:mAdZqhnC
>>377 >勉強中
ありがとう。
私は2chから出た事がなかったので、分からないことだらけです。

焦らないように少しずつ更新するように頑張ってみます。2chで相当書き込んで来たので
書く内容には不自由しないですから。(笑

379 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/03/09(木) 15:20:53 ID:mAdZqhnC
>>374
>薬指以外の指の爪の端を揉んだり突いたりすれば
>副交感神経が優位になって健康になるっつーことだけど、
>アレルギーや喘息もちは副交感優位でリンパ球が多いためになるなら
>薬指揉んで交感神経優位にした方がいいんじゃないの?

もむ指については、先生ごとに色々言われるので基本的に自分に合う方法を
選べば良いと思っています。ちなみに私は全部の指をもんでいます。

>アレルギーや喘息もちは副交感優位でリンパ球が多いためになるなら

これは血液検査をしないと、アトピーでも喘息でも、交感神経が優位なのか副交感神経が
優位なのか分からないです。

案外、調べてみると交感神経興奮体質でアトピーだと言う人も多いです。

>薬指揉んで交感神経優位にした方がいいんじゃないの?

自律神経免疫療法の治療の目的が自律神経のバランスの改善だからね。絶対薬指を
もめば交感神経が優位になると分かっているわけではないでしょ。

爪もみは自律神経を刺激すると思えばいい。自律神経を刺激すると交感神経優位な人は
副交感神経が興奮し出すし、副交感神経が優位な人は交感神経が興奮し出す。そういう
便利な治療法なのよ。そう考えると西洋医学的治療法には馴染まないと言うのは分かる
ような気がする。

生体の生理機能は複雑だなと思わない?機械のようなわけにはいかないのよ。

380 :病弱名無しさん:2006/03/09(木) 16:21:10 ID:sa+td2zF
複雑だけど・・・凄いと思う

381 :病弱名無しさん:2006/03/10(金) 10:32:12 ID:aMiw6jrZ
>>379
その、交感神経優位か副交感神経優位か調べる血液検査は
どこでやってくれるの?

382 :病弱名無しさん:2006/03/10(金) 11:35:56 ID:NXSn1K7S
>>381
前のレス嫁

383 :病弱名無しさん:2006/03/10(金) 12:22:51 ID:NZY+dJDR
>>8


384 :病弱名無しさん:2006/03/10(金) 14:27:37 ID:3hwfpncl
交感神経優位か副交感神経優位か調べるには
医者に何て言えばやってくれるの?

385 :病弱名無しさん:2006/03/10(金) 14:39:04 ID:ssKljqMh
大体自分でわかるだろw
一ついえるのは顔が痩せ型の場合交換神経優位の人が多いと思う

386 :病弱名無しさん:2006/03/10(金) 14:57:57 ID:Sc2IvK97
>>384
安保先生の『免役革命』を嫁。医者に血液像調べてって家

387 :病弱名無しさん:2006/03/12(日) 16:40:43 ID:7x012iXt
医者ってそういう事頼むと必ず「はぁ?」みたいな受け答えするじゃん
だから嫌なんだよな

388 :病弱名無しさん:2006/03/12(日) 16:47:35 ID:EASCx0Ne
>>387
当たり前。
交感神経優位とか副交感神経優位なんてわからない。
リンパ球で副交感神経が優位かどうか判断するのは安保教授の仮説だ。
普通の医者は仮説で治療はしない。
逆に仮説を信用する医者の方がおかしいだろ。


389 :シナ:2006/03/12(日) 18:07:28 ID:nXD54CVR
かめスマソ

>>348
感謝しています。本当に。

390 :シナモン:2006/03/12(日) 18:22:01 ID:nXD54CVR
マリリンさん、こんばんわ。ブログ見ました。とても多くの方が見ているのですね。
僕もブックマークしますた。(笑)

マリリンさん僕が不勉強なのも絶対にあるけど、366のレスも難しいですよ。(笑)
少しずつ本を読もうと思います。

少しずつ暖かくなっています。お体には気を付けてくださいね。

391 :シナモン:2006/03/12(日) 18:34:54 ID:nXD54CVR
のんびり更新されてくださいね。

392 :シナモン:2006/03/12(日) 19:12:06 ID:b8jtknyj
>>387
その反応は仕方ないですね。

393 :病弱名無しさん:2006/03/12(日) 20:30:51 ID:fcpL+LBG
>392に同意

394 :病弱名無しさん:2006/03/13(月) 07:45:46 ID:IGPfyPNd
>>328
前スレの初めの頃、スレがDAT落ちになりそうなくらい過疎だった頃は謙虚だったのに、
いまでは随分と偉そうな物言いになってるのね……


395 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/03/13(月) 08:24:20 ID:6WuWSnmF
>>394
それは貴方が心理学板で鍛え上げられたマリリンというコテの実態を知らなかっただけ。

心理学板に行って、ロボとドナとXYZとPPPを相手にしてみてごらん。這っても黒豆のコテ
連中だから。そりゃー鍛え上げられるわよ。リアルでもマリリン、論争しても負けないように
なった気がする。顔に攻撃性が出てるかも知れない。ふーん、女なのにどうしよう。

でも、心理学板のコテは、とっても男っぽくて、子供っぽくて、愛すべきコテ連中だよ。
一度遊びに行ってごらん。これらのコテ連中を釣り出したらたいしたものだから。

396 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/03/13(月) 08:35:53 ID:6WuWSnmF
>>390
シナモン、ブログ見てくれてありがとう。沢山の人に免疫療法を知ってもらって
元気を取り戻してもらいたくて立てた。

>366のレスも難しいですよ。

そうなんだ。マリリンのブログでは、なるべく簡単に一般の人が読んでも理解できるように
しようと思っているけどなかなか、分かりやすく話すと言うことは難しいね。

免疫で分からないことがあったら書き込んでみて、分かる限り答えるから。

>>391
>のんびり更新されてくださいね。

ここ一週間ぐらい、ブログにかかり切りになってる。なるべく早めに形だけでも作りたくてね。
でも、長く続かせるためには少しペースダウンした方が良いのは分かってるよ。
始めるとなかなか止められない性格してるもので、マリリンにとっては
そのペースダウンが難しいわ。

こんなんではリンパ球数がいつまでたっても上がらないね。(^▽^) ハッハッハ

397 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/03/13(月) 08:44:54 ID:6WuWSnmF
>>387
>医者ってそういう事頼むと必ず「はぁ?」みたいな受け答えするじゃん
>だから嫌なんだよな

これね、医者に舐められているね。医者って、こちらが獣医だと分かっていると
「はぁ?」みたいな反応はまずしないよ。仕方ないなとお腹の中では思っているかも
知れないけど、黙ってやってくれる。

マリリンも検査値だけ出してくれれは、それ以上のコメントは医者には
求めないからかも知れないけどね。 相手見て「はぁ?」とか言っているんだよ。



398 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/03/13(月) 08:57:57 ID:6WuWSnmF
>>388
>交感神経優位とか副交感神経優位なんてわからない。
>リンパ球で副交感神経が優位かどうか判断するのは安保教授の仮説だ。
>普通の医者は仮説で治療はしない。
>逆に仮説を信用する医者の方がおかしいだろ。

安保先生達だって、基礎実験や臨床上のデータを集めた上で
交感神経は顆粒球を支配し、副交感神経はリンパ球を支配すると言う仮説を
出してきている。仮説を信用するかしないかではなく、きちっとした根拠を示して
白血球の自律神経支配の法則に反証を出すべきだと思う。

そうした、反証もなしに信用するのはおかしいと言われてもね。

マリリンは自分の白血球のデータををおった結果でも、否定するものは何も無かった。
強いて言えば、免疫療法をやっていると顆粒球数もリンパ球数も一時的に両方とも
上がったり、下がったりすることがあるから、割合をみるより、絶対数で評価した方が
便利なような気がする程度。

それでも、安保理論を否定するようなことは無かった。だから、私は信用している。
そういう患者がいてもおかしい事では無い。どうして医者がそういう患者を否定する?

399 :勉強中:2006/03/13(月) 17:36:40 ID:rVjYX8d3
西洋医療の壁にぶつかり、免疫療法・代替療法に取り組んだ医師は、医学界ではあまりに少数であり、
またいろいろな免疫療法・代替療法の臨床データがあまりに少ないためエビデンスがないと批判される。
そしてエビデンスがないということで、西洋医学につぶされてしまう。そして
このように免疫療法・代替療法を認めない医師を普通の医者と思っている人がきっとたくさんいるだろうが、
これも現実です。だが、これから免疫療法・サプリメント療法・リンパ球を利用したいろいろな免疫療法の
臨床データが出てくるでしょう。それまでは賛否両論は仕方が無いでしょう。

400 :勉強中:2006/03/13(月) 17:47:54 ID:rVjYX8d3
免疫療法・代替療法をある程度理解している人と理解していない人では、治癒効果も全然変わってくるらしいです。
また、理解していない人は後々トラブルになることが多いので医師の方もすすめなかったり、お断りするらしいですね。
医師もまた人間なんです。


401 :病弱名無しさん:2006/03/14(火) 14:43:33 ID:TWBnnWR8
鍛え上げられたって... 言い負かされてもしばらく経ったらそ知らぬ顔で戻ってくるだけじゃん

402 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/03/14(火) 21:15:00 ID:sxuoiHCW
ららと一緒にしないでよ。

医者板は新興宗教みたいなもの。奴ら教えられた事を疑うことを知らない。
健康板は、相手を思いやる優しい人が多い。

心理学板は疑ってばっかで、自己主張強すぎ。心理学板でダメダメマリリンでも
健康板や医者板では、案外通用するんだわよ。

403 :病弱名無しさん:2006/03/14(火) 21:17:59 ID:S37eMN+j
まあ、抗癌剤やステロイドを止めて免疫療法をするというのは危ないかもしれないけど、
補助的な感じなら自己免疫療法は全く害がないな。

404 :病弱名無しさん:2006/03/14(火) 22:45:20 ID:TWBnnWR8
まりりんって面の皮が厚いだけだよな

405 :病弱名無しさん:2006/03/15(水) 10:54:54 ID:zL16StZi
マリリンの考えは参考になる
自分はそっちの知識まったくないから有識者の意見は貴重だ〜
もちろん狂信的にマリリンを信じるわけじゃないからご心配なく


406 :病弱名無しさん:2006/03/16(木) 09:09:58 ID:AkCWHkPH
まりりんブログみてますと言いつつ保守

407 :病弱名無しさん:2006/03/16(木) 21:44:34 ID:/JCvMIZ/
書き込みを見ててまりりんは頭イイと思う

408 :病弱名無しさん:2006/03/17(金) 13:06:38 ID:r67F3rLM
マリリンサイトにて1000ゲット!

409 :病弱名無しさん:2006/03/17(金) 20:58:10 ID:S19FEsMZ
ここですか?
http://okusuriyasan.com/cowaosmaririn.html

410 :病弱名無しさん:2006/03/18(土) 14:51:04 ID:3Oh7cWTC

膠原病の人のサイト。
http://yuyuyu.moe-nifty.com/saladoll/

411 :病弱名無しさん:2006/03/18(土) 16:50:15 ID:kQyYaLXj
マリリンサイトってどこよ?

412 :病弱名無しさん:2006/03/18(土) 17:04:14 ID:dpKR87/X
オオアリクイの爪もみって効くの?

413 :病弱名無しさん:2006/03/18(土) 20:05:19 ID:0VEEignr
>>411

マリリンの知恵袋
http://vetmaririn.blog56.fc2.com/



414 :病弱名無しさん:2006/03/19(日) 01:57:38 ID:4F8ilgp4
マリリンがどうした?

415 :シナ:2006/03/19(日) 19:12:09 ID:Whf9nxYM
こんばんわ。ぜんだまくんのお陰で酷い便秘が解消してきたそうです!
しかし時間がかかった。今はえらく気に入ってるみたいです。(笑)
時間がかかるものだなぁーと思いますた。母は元気です。もちろん僕も!
腸管免疫の本を母は読みますた。、良い本だとの事ですた。僕は今から読みます。
マリリンさんありがとうね。時間はかかっても少しずつ何かしから解決
してるので僕は嬉しいです。継続は力ですね。皆もガンガリましょう!


416 :シナモン:2006/03/19(日) 19:17:40 ID:Whf9nxYM
僕は近いうちに血液像を調べてみます。

417 :シナモン:2006/03/19(日) 19:22:49 ID:Whf9nxYM
時間を味方に付ける←(僕はこの言葉が好きです)て毎日ガンガルのは良いと
思います。

418 :病弱名無しさん:2006/03/19(日) 19:47:09 ID:JPLPatlx
いい言葉ですね
私もがんがりますよ〜

419 :シナモン:2006/03/19(日) 20:29:11 ID:Whf9nxYM
>>418
ありがとう。418さんも一緒にガンガリましょうね!

420 :シナモン:2006/03/19(日) 20:49:32 ID:Whf9nxYM
腸というのは大切なんだと勉強しますた。単細胞生物から多細胞生物への進化
によりチューブ(腸)が出来たのですね。少しずつ賢くなっています。(笑)


421 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/03/19(日) 22:29:10 ID:u43TTYQj
そうだね。私も一つずつ賢くなってきた。アガリクスや爪もみ、御水が効いたと単体で
神がかった効果を信じるのではなく、免疫療法を取り入れる時は、組み立てた理論に
沿って、経済的にも肉体的にも無理なく、自分に合う治療法を複数選んでコツコツと
実行するのが秘訣だと思う。

医者でくれる薬より、慢性の病気にはずっと効果がある場合が多い。



422 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/03/19(日) 22:30:42 ID:u43TTYQj
>>403
>抗癌剤やステロイドを止めて免疫療法をするというのは危ないかもしれないけど、
>補助的な感じなら自己免疫療法は全く害がないな。

この考え方には、私は納得できない。癌や膠原病、アトピーなどの免疫の病気の場合は
補助的に使われるのは抗癌剤やステロイドの方だ。

そういう考え方が理解できないモノで、免疫療法で患者さんの体の状態が良くなって
いるにも関わらず、医者が西洋薬を処方しすぎてしまい。いらない副作用で苦しめたり、
免疫療法の効果を台無しにしてしまったりする。

誤解のないように書いておくが、マリリンが言っているのは免疫療法であって、
自律神経免疫療法の事だけを言っているのではないからね。もともと私自体が
自律神経免疫療法の事が良く分かってなくて、自律神経免疫療法のスレで免疫療法の
話を始めたので混乱させる事になった。

423 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/03/19(日) 22:36:46 ID:u43TTYQj
>シナモン


>>410のサイト先の人可哀相だ。まだ若いようだ。免疫療法の事を教えてあげたいけど
獣医のマリリンには力が足りなくて教えてあげられない。

こんな人、日本には一杯いるんだろうね。医者もエビデンスだ科学的根拠だと
免疫療法をいつまで認めない気だろう?

患者を助けることができるのは、本当は医者しかいないのにね。


424 :勉強中:2006/03/20(月) 15:39:16 ID:LkeRvP8o
まあ割と大きな病院で免疫療法を行っている医師と話す機会があり、「なぜもっと免疫療法を行っている事をアピールしないのですか」
と質問したところ「私が免疫療法を行う事には病院側として目をつむってもらっているが、アピールなんてとんでもない。
まして私が病院名を出して免疫療法に関する記事なんて書くわけにはいきません。」という答でした。
このように免疫療法を何とか取り入れたいが回りの体制が許してくれないという悔しい気持ちの医師は沢山居るでしょう。
このような医師は、自分で開業しない限り無理みたいですね。
まだまだ、患者の方が賢くならなければ納得した治療は受けられないようですね。

425 :病弱名無しさん:2006/03/20(月) 18:39:54 ID:aGc7Qt5K
勉強中さんがどんな仕事してるか少し興味ある>>ライター?

426 :シナモン:2006/03/20(月) 19:21:55 ID:HRUPPaMk
マリリンさん、世の中にはたくさん辛い人がいます。410のリンク先の方も
辛そうです。

親切な方が膠原病のスレにここのリンクを付けてくれてますた。
僕は思うのですが、懐疑的なのは知的な事ですし、そうするべきでしょう。
だけど、お聞きします。プレだけで治るのですか?希望を取り戻せるので
しょうか?プレドニンを飲まれてる方はプレを飲まれつつ

免疫療法と並行されてはどうでしょう?

母は血圧、血管拡張剤そして骨粗鬆症のお薬を飲んでいますた。今は飲んで
ません。飲まなくても良くなったからです。病院に行くと白色のナイロン
袋が増えるだけです。対処療法には限界があると思います。便秘のお薬だっ
てもう飲まなくてもよいのです。(笑)プレドニンだって医師が減らして
くれたんですよ。

ストレスを減らしたり、意識的に休息を取ったり、軽い運動をしたり、
きちんとした食事を摂る事の方が上のお薬を飲まれるよりは、ながーい目で
見れば良いと思います。

でも、プレは自己判断で減量はしないでくださいね。危険ですから。

427 :シナモン:2006/03/20(月) 20:09:38 ID:HRUPPaMk
何度もレスしたけど、以前、親切な方が心理学板へのリンクを付けてくれま
した。そこでマリリンさんに質問したのですね。彼女もブログでレスされて
るけれど、情報は力だと思います。本当にそれは事実です。

腸は原始的な臓器だと昨日知りました。季節の変わり目に、色々病気に
なったりするのも自律神経が不安定になるからだという事も。とても
不思議な感じがしますた。リズムが大切なんだと。どちらに偏るのも
良くないんだと。

しかし、もっと腸を大切にしなくてはならないと思いますた。(笑)

428 :病弱名無しさん:2006/03/20(月) 20:30:19 ID:cXQbgmry
何度も言われてることだろうけど「笑う」って大事なことだろうと思った
自律神経が凄く安定するのを実感した

大事なのは、自分の笑いのツボをちゃんと自覚して
いっつも笑っていられるようにすることだってようやく気が付いた。
自分は笑いのツボが他人とちょっと違うようで、
今までは他人のツボで無理矢理笑おうとしていたがそうじゃなかったんだなぁ

429 :シナ:2006/03/21(火) 21:25:22 ID:2QaaSTqn
>>428さん
笑うのは良いですね。僕は(多くの人もそうだと思いますが)
殺伐した気持ちになります。でも笑ったり、楽しい事がある
とまあいいかそのうち状況は変わってくるだろうと考えます。
喜びとか希望とかそういうデジタルじゃない感情は人間が生
きていくうえでとても大切だなと思ったりします。

430 :シナモン:2006/03/21(火) 21:43:53 ID:2QaaSTqn
多くの病気はストレスにより起因するのですね。暖かくなったので自然観察
を開始します。

431 :シナモン:2006/03/21(火) 21:55:29 ID:2QaaSTqn
捕手

時々決まりをやぶる事もありますけど、>>38は続けています。

432 :病弱名無しさん:2006/03/24(金) 00:51:46 ID:MghddU4N
>430 確かにストレスはほとんどの病気の要因なのでしょうね。シナモンさん、自然観察って散歩しながら季節を楽しむことですか?いいですね。

433 :シナモン:2006/03/24(金) 20:37:23 ID:rjJOcjlD
>>432さん
ストレスが全てだと思います。不公平だと思いますけどね。だからこそ楽しい
事だけを考えて生きて行く事は大切だと思います。 人間の価値は行動範囲では
無く、与えられた環境でどう一生懸命に生きていくだと僕は思います。

四季を楽しむのは大好きです。( ^∀^ )

少しずつだけど、勉強を続けています。少しずつが良いです。

お酒を飲まれている方は節酒される事をお勧めします。僕は本を読んでから、
少し節酒しています。(苦笑)肝臓というのは、NK(ナチュラル キラー)細胞
や胸腺外分子T細胞を生み出すみたいですから。腸もだけど、肝臓を労わった
方が良いみたいです。少し運動をするだけでも違うみたいですよ。

434 :シナモン:2006/03/24(金) 20:39:08 ID:rjJOcjlD
マリリンさんのブログね。
http://vetmaririn.blog56.fc2.com/


435 :シナモン:2006/03/24(金) 20:54:50 ID:rjJOcjlD
>シナモンさん、自然観察って散歩しながら季節を楽しむことですか?
歩いたり走ったりするのが好きなんです。その時は色々観察してる訳
ではないんですけど、自然は良いな〜と思う事が多々あります。意識的に
もそういう副交感神経優位?の時間を過ごすのも良いと思います。


436 :シナモン:2006/03/24(金) 21:20:51 ID:rjJOcjlD
マリリンさん、もしも可能でしたら胸腺外分子T細胞について分り易く説明して頂けませんか?



437 :シナモン:2006/03/24(金) 21:25:43 ID:rjJOcjlD
いつかお暇な時でもお願いします。

438 :シナモン:2006/03/24(金) 21:51:11 ID:rjJOcjlD
433の補足ですけど、いつも「ニコニコ副交感」を実行するのは大切だと思います。(笑)
いつもは難しいですけどね。

439 :病弱名無しさん:2006/03/26(日) 14:02:34 ID:FtOqUhxE
シナモンさんのレスは読んでてほのぼのするのに、いつも前向きで力をもらいます。おそらく笑っている1分も怒っている1分も同じ1分だからというような考えからきているのでしょうが、全くその通りだと思います。私もいつもポジティブでありたいです。

440 :病弱名無しさん:2006/03/26(日) 17:32:56 ID:SG9Pf60k
http://vetmaririn.blog56.fc2.com/blog-entry-16.html#more

↑一言言っておきますが、医者板見ても分かるように絶対新は純粋な一患者じゃありませんよ。

441 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/03/26(日) 22:29:43 ID:5w0Xu+6x
>>440
あははは。そんなこと分かってるよ。ちょっと臍が曲がってるんだわよ。

長い間、心理学板でモノを考える力を鍛えられた私にとって、医者板の人たちの
右へ習えの姿勢の方が違和感を感じる。

どんなに医者が、健康食品の悪徳業者は目の飛び出るようなお金を取り上げると力説されても、
健康保険から医者がお金を取り上げている以上、経費的な面では悪徳業者も医者も私には変わら
ないと思えて仕方がない。

国民健康保険は高いからマリリンは病気もしないのに毎月何万円も保険料
払わされているよ。


それに、健康食品は患者に選ぶ自由があるし受ける受けない自由もある。
副作用も医薬ほどない。

現代医学には標準治療と称される押しつけられた治療法があるだけだ。

健康保険を患者は払わされているんだから、標準治療か免疫療法かぐらい選ばせて
くれても良いじゃない。患者に選ぶ権利がないなんておかしいよ。

442 :病弱名無しさん:2006/03/26(日) 23:07:07 ID:wsb6rVRS
>>441 私は2年位前に心理板ではじめてマリリンのレスを見ました。そのころから、
理屈の荒さも感情に突き動かされるところあんまり変わっていないと思います。
それはそうと、患者の選ぶ権利についてどこに働きかけるべきか考えてください。

443 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/03/27(月) 17:10:18 ID:l2GkOcMx
>>442
心理学板でのマリリンの論理性をどうのこうのと言うのは、ちょっとマリリンが可哀相
じゃないの?

貴方達は、日常の会話でたいした事はないと思っているかも知れないけど
メンヘルが混じらない、正統派の心理学板の人の話は私には読みこなすのも
難しく、驚くばっかりで話に入ることもできなかった。マジな話、やっぱり心理学の
専門家の話だなと思う。

そんな心理学の専門家がマリリンの事を

>理屈の荒さも感情に突き動かされるところあんまり変わっていないと思います。

こんな事言うのは酷いと思います。マリリンはマリリンなりにちょっとは変わったわよ。
多分、医学の論理の間違いを心理学板に行かなければ私は気がついていなかった。

医学は心理学の論理を受け入れるのは今のままでは難しい。今後、医療心理士制度が
できたら、どのように折り合いをつけるんだろうね。

444 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/03/27(月) 17:11:41 ID:l2GkOcMx
>患者の選ぶ権利についてどこに働きかけるべきか考えてください。

これは患者さんの対する宣伝活動しかないような気がする。安保先生達や近藤先生が
一般人向けの本で啓蒙活動をするのは、閉鎖された医学業界の中ではどんなに、発表し
ても自分たちの都合の悪いことは無視され続ける事が分かっているからじゃないのかなぁ。

患者には医者を選ぶ権利も、治療法を選ぶ権利もまだ残されているからね。


445 :シナモン:2006/03/27(月) 19:03:34 ID:VHv4/+xF
439さんがそう感じてくださってくれる事をとても嬉しく思います。僕はいつもいつも前向きではないですけど、楽しく
生きています。そして、そうすべきだと僕は考えています。このスレにものんびり付き合ってください。m(__)m

心理学板の人達がロゴセラピーについて知っているのでしょうか?そして彼らの言葉は経験に支えられて
いるのでしょうか。誠実で経験に支えられない言葉は夏の朝露の様な物だと思います。

446 :病弱名無しさん:2006/03/29(水) 08:47:54 ID:lmE7TCYE
マリリンさんのブログでは免疫力を上げるのに効果的な方法なども紹介されるのでしょうか???

447 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/03/29(水) 23:06:47 ID:D5D2zfY7
>>446
2chでは、折角書き込んだ内容がすぐ消えてしまいます。それでは、ごく少数の人にしか
免疫療法を知ってもらえません。そのため、ブログにまとめることにしました。

私は疲れてしまって、一日に少ししか書き込みができません。
したがって、なるべく書き込む日を多くするようにしています。

今はマリリンが考える免疫療法の理論部分の説明が続いていますので
面白くないかも知れませんが、理論部分を説明せずして、アガリクスが良いの、水素水が
良いのと言っても、説得力がありません。

>免疫力を上げるのに効果的な方法なども紹介されるのでしょうか。

当然紹介していくつもりですが、ずっと後になるでしょう。早めに知りたいのなら、2chの
過去ログを読んで下さい。

448 :446:2006/03/30(木) 00:05:33 ID:/g+5Nt1W
>>447
お返事ありがとうございました。
爪もみの他に、今から始められる事はないかと思い、先走りました。スミマセンッ。

449 :病弱名無しさん:2006/03/30(木) 00:50:44 ID:+6gxzb/b
>448 シナモンさんがいつも紹介されてますよ。

450 :病弱名無しさん:2006/03/30(木) 16:57:16 ID:mB5t4zBM
はじめまして。私は自他も認める健康オタクです。そのわりに(?)病気持ちでして、
病気としては、生活習慣病ばかりで、高脂血症(T-Chol 240、TG 220)、高尿酸血症(7.5)、
脂肪肝、腎結石があると言われています。

今回、私もいろいろ計ってきたの発表します。
WBC 8000/ul、Baso 1.1%、Eosin 7.1%、Neutro 56.8%、Ly 29.9%、Mono 5.1%
でリンパ球が2320/ulでした。
>>142から、阿保先生の理想としているリンパ球数は1700から3280個ということですよね。
個数からいうとリンパ球はいい感じなんですよね。
でもきっと、数だけじゃなくて比率も意味があると考えているんでしょうね。
比率からいうとまだまだ交感神経優位の状態あって改善の余地ありです。

451 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/03/30(木) 20:31:41 ID:fKMmbcvp
>>450
何となくEosin(好酸球)が高くないかい?

アトピーか何か出てる?Th1とTh2の比率の方が問題あるかもね。


>阿保先生の理想としているリンパ球数は1700から3280個

安保先生の理想としているリンパ球数は2000〜2800個ぐらいだと思ったけど

452 :病弱名無しさん:2006/03/30(木) 20:41:55 ID:mB5t4zBM
>>451
アレルギー性鼻炎です。夏はひざの裏がアトピーの様な皮膚になるときがありますが、
夏が終わると直るので放ってます。逆に、リンパ球を増やしてEosinが減ると、アレルギー性
鼻炎が改善しますでしょうか。

>>450に書いたリンパ球数は、>>142をみて、5000X0.35〜8000X0.41としたものです。
安保先生の理想としているリンパ球数は2000〜2800個だとすると、リンパ球
35〜41%というのは、比率のほうに意味があるんですね。

453 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/03/30(木) 21:21:41 ID:fKMmbcvp
>>452
そうなんだ、私も安保先生達のリンパ球の比率は正常白血球を4000〜8000と考えると
矛盾すると思っていた。1400〜3280が正常値となってもおかしくない。

これじゃいくら何でも行き過ぎだ。だから、私はリンパ球の絶対数で考えた方が
すっきり納得できる。

安保先生たちも、素人の患者さんが血液検査値を理解しやすいように、35〜41%の
数値を出したんだと思う。だけど、この比率は上限近くや下限近くの白血球数の人に
当てはめるのには無理があると思う。

>リンパ球を増やしてEosinが減ると、アレルギー性鼻炎が改善しますでしょうか。

好酸球を増やしたり減らしたりするやり方が良く分からない。アトピーがあるからEosinが
増えてるのかも知れないから。特に貴方の場合はリンパ球数は十分にあるしね。

Th1とTh2の比率の改善に意味があるような気がするんだけどね。ゴメンこれ以上分からない。
Th1とTh2についての説明は丁度マリリンのブログで説明しているからら遊びに来て下さい。

マリリンの知恵袋
http://vetmaririn.blog56.fc2.com/

454 :シナモン:2006/03/32(土) 19:06:16 ID:qHljXXXS
捕手

455 :シナモン:2006/03/32(土) 19:50:40 ID:X8+ZaNPi
僕はこのスレを膠原病の人だけに立てました。でも代替療法というのを理解
するのは難しいかもしれませんね。僕は抗核抗体は少し高いけれど、筋肉が痛
むとか、体がだるいとかはありません。だから母に対しても思いやりに欠ける
事は多々あります。

膠原病の人がこのスレを「自分」から見つけられればといつも思っています。

456 :シナモン:2006/03/32(土) 20:08:52 ID:X8+ZaNPi
出来る事から始めたら良いと思います。結果はすぐには出ませんけど。
諦めないで。

457 :シナモン:2006/03/32(土) 20:17:10 ID:X8+ZaNPi
免疫学問答という本をもう少しで読み終わります。
僕は多くの人がそうであるように金曜日に深酒をしていましたが、最近少し我慢しています。(笑)
深酒は顆粒球を増やすみたいですね。でもそれほど神経質になってはいませんけど。(笑)

458 :病弱名無しさん:2006/04/02(日) 23:02:43 ID:mDfGVg97
久しぶりにこのスレのぞきました。
今精神的にかなり凹んでいて辛い毎日を送っています。
シナモンさんのレスを読んで癒されました
マリリンさんのブログをいつも拝見させてもらっていますm(__)m

459 :シナ:2006/04/03(月) 19:58:07 ID:JbqS9wMY
>>458さん
上手く言えませんが、言葉の出すと楽になる事があるみたいです。
ですから言葉に出してみるといいかも。レスして見るとかも良いと
思います。

マリリンさんはブログでガシガシと頑張られていますね。立派な人です。

今の時期は自律神経のリズムが移り変わる時期だから体調が少し悪く
なる事はあると本に書いてありました。ですから上手くリズムに乗る
まで静かにやり過ごしてくださいませ。絶対に大丈夫だと思えば必ず
その通りになるみたいですよ。

免疫学問答という本を読み終わりました。また報告しますです。
次はまた腸管免疫の本を読みます。


460 :シナモン:2006/04/03(月) 20:20:02 ID:JbqS9wMY
○言葉に出すと
×言葉の出すと

461 :病弱名無しさん:2006/04/03(月) 22:12:16 ID:NULwizaU
はじめまして。膠原病で検索している内に
本スレからこちらの存在を知りました。
以後よろしくお願いします。

所で>>410さんのサイトはどうしてでてきたのですか?
マリリンサンに関係のある方なのですか?

462 :シナモン:2006/04/04(火) 20:10:08 ID:VnPwa0Pp
450さん、数値の発表をありがとうございました!僕も健康オタクです。

僕の数値の報告はもう少しお待ちください。m(__)m忙しくて。。

>>461さん
はじめまして。スレと立てた者です。このスレは今過疎化が急速に
進んでいますが、のんびり付き合ってくださいませ。過去スレと
マリリンさんという人がブログを作られていますので、そちらも
見られると参考になると思います。

410のサイトはブログランキングにありますた。僕が貼り付けたの
ではないですけど。猫がとても可愛くて良いですね。

463 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/04(火) 21:20:12 ID:BeBJ5wLR
ただいま。>458さん、シナモン ブログ見て下さってありがとう。

一生懸命、書いているつもりでも本を書くようには、なかなか進んで
行きません。


>>455
>僕はこのスレを膠原病の人だけに立てました。

とシナモンも言うように、私も私のブログを見て、健康に不安のある人が健康を取り戻せたら
良いなと思っています。

>>461
>410のサイトはシナモンのお母様とよく似た症状の人のサイトです。彼女はまだ免疫療法を
知らないようです。自然免疫を上げる免疫療法は西洋医学とは全然違った観点から治療法を
組み立てます。副作用がほとんどなく穏やかに病気を治癒に導きます。

ステロイドだけに頼らずに、免疫療法も取り入れられれば、症状が好転すると思うのです。
何とかこのスレでもマリリンのブログでもきてくれれば良いのですが教えてあげる術が
ありません。残念です。

自分で免疫療法を取り入れてやってみると、効果が案外出てくるので驚きます。と同時に
西洋医学の奢りとか限界を私は身にしみて知ることになりました。

464 :名無しさん@まいぺ〜す:2006/04/06(木) 10:36:18 ID:mSfcY8CS
>>461

465 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/06(木) 22:07:44 ID:4d9c7HnV
>>464

マリリンには関係ない人だよ。免疫療法を知らなくてステロイドの副作用に苦しんでいるようだから
このスレを教えてあげようと思ったけど、メルアドを書き込まないと連絡が取れないようなので
教えてあげられなかった。


466 :病弱名無しさん:2006/04/07(金) 06:10:54 ID:nlYc29dO
>>465
本人に黙ってアドレス張ったり
自分のメアドを教えないで連絡とるというのは
実はちょっと礼儀を欠いています
2chでしかネットを知らないとそうなってしまうもの
なのかもしれませんが
2ch流だとしても直リンは洗練されてない方の部類です

467 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/07(金) 08:08:58 ID:uSAoi2un
>>466
>自分のメアドを教えないで連絡とるというのは
>実はちょっと礼儀を欠いています

そうかも知れないが人には人の、それぞれの事情がある。私に自分の身元が分かるような
モノをネット上で曝せと言うなら、私はネットでは遊べなくなる。


2ちゃんねるで長く遊んでいると、ネット上では頭のおかしい人や気味の悪い人は
一杯いる。身元が分かるようなものを曝したんじゃ、現実の世界でどんな被害を受けるか
怯えて暮らすことになる。そんなのはイヤだ。

自分として、ネット上でも、なるべく相手を傷つけないように、嘘をつかないように、
粘着しないように等、自分としてのルールは決めているが、身元が割れるような危険は
犯したくない。だから私は2chからでていかなかった。

それでもブログの制作に踏み切ったのは、代替療法や免疫療法を色々な人に知らせることの
重要性に気がついたからだ。2chでは書き込んだレスがすぐ消えてしまう。

>直リンは洗練されてない方の部類です

と言われても、身元が特定される可能性のあるモノを曝す気は私にはない。今回の場合は
悪意や、悪用する目的で、かのサイトを話題にしたわけではないし、このブログの管理人も
ブログランキングに参加している以上、2ch上で曝されることもあり得るとことは覚悟して
いるでしょう。


468 :病弱名無しさん:2006/04/07(金) 08:49:39 ID:zxN+R0PG
ずいぶん身勝手な言い草ですね。

469 :病弱名無しさん:2006/04/07(金) 09:55:51 ID:8dTgvqpa
>>466
直リンは洗練されてない?そんなのはただの寝言に過ぎない罠
サイトを公開している以上、リンクされても文句は言えない
嫌なら非公開と称してパスワードでも掛ければいいだけのこと

ネット人口が爆発的に増えた90年代中後半に散々議論されてきたけど
いまだに視野の狭い人がいるのね
もっとネットの歴史について学んだ方がいいよ

>>410のリンクはHP(トップページ)だし、ネチケット的にも何ら問題はない

2chでhを抜くようになったのは、リファラー(参照元URL)をわからなくするため
昔は直接リンク先へ飛んでたけど、今は1クッション入れてるから殆ど意味はない
当時の慣習が残ってるだけ


470 :病弱名無しさん:2006/04/08(土) 09:52:56 ID:8ZBzqz8J
>>469
> サイトを公開している以上、リンクされても文句は言えない
確かに文句は言えないでしょう
しかし文句が言えないようなことにすることが目的ではないでしょう?
たとえばもしこれがお互いに面識がある社会人同士だったら
悪意が無く(むしろ善意から)掲示板にアドレス書き込むときには本人の了解を取りますよ

> 2chでhを抜くようになったのは、リファラー(参照元URL)をわからなくするため
もちろん知ってます
現実に専ブラが普及しているのでh抜きしても意味がありません
しかしマリリンはそういったこと抜きでなんにも知りませんし
社会人らしい気の使い方も頭の使い方もしません
(もちろんネラーらしい気の使い方や頭の使い方はまったくしません)
>>467を読むと何を問題にしていて何について語るべきかも分かっていないようです
そのことについて>>469はどう考えますか
どうして>>469はこういう人を他の件ならともかくこの件に関して弁護しようと思うのですか

471 :病弱名無しさん:2006/04/08(土) 10:29:56 ID:8ZBzqz8J
訂正します。アドレスという言葉が間違ってました。ごめんなさい。
>>466>>470とでアドレスと書いてあるところはリンクに訂正してください。
ですが、自分の主張自体は間違いではないと考えます。

472 :病弱名無しさん:2006/04/08(土) 10:44:47 ID:8ZBzqz8J
この件に関して、もう少し建設的な意見も述べようと思います。
マリリンはブログのTrackBackというものを知ってますか?
マリリンのブログも>>410のブログも覗いてないので、TrackBackが出来るのどうか
分かりませんが、なんらかのアクションを起こすならそういう方法もあるということを
指摘しておきます。2chでリンクを晒すこと自体が目的でないのなら、TrackBackを
上手く使ったり、捨てアド取ったりするほうが、ずっといい方法だと思います。

473 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/08(土) 16:04:01 ID:mXkj/U/6
>しかしマリリンはそういったこと抜きでなんにも知りませんし
>社会人らしい気の使い方も頭の使い方もしません
>(もちろんネラーらしい気の使い方や頭の使い方はまったくしません)

ホー。よく知っているね。そんなことは知らなかったわ。
マリリンはネットは2chが始めてなんだよ。しかも心理学板以外何処にも行かなかった。
おそらくシナモンが誘ってくれなきゃ健康板に来ることもなかった。

だから、私のネット上のお作法は2chの心理学板で躾られたモノがすべてだ。
心理学板は学問板だから、議論する時に関連サイトや書籍をバカバカ貼り付けて来る。

読んでおかないと、話に参加できないような状態だった。ホントだよ英語のサイトなんか
貼り付けて来るから、読むのに一苦労した。学生の時の課題を与えられてレポート書いてる
気分だったわ。

>たとえばもしこれがお互いに面識がある社会人同士だったら
>悪意が無く(むしろ善意から)掲示板にアドレス書き込むときには本人の了解を取りますよ

だから、こんな事言われても良く分からない。心理学板ではリンクするのに相手の了解なんかは
とってなかったよ。リンクするサイトの数が膨大過ぎるからだろうけどね。


健康板には健康板のやり方があるんだろうけど、ちょっと様子見させてもらうわね。

474 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/08(土) 16:11:26 ID:mXkj/U/6
>>472
>マリリンのブログも>>410のブログも覗いてないので、TrackBackが出来るのどうか
>分かりませんが、なんらかのアクションを起こすならそういう方法もあるということを
>指摘しておきます。2chでリンクを晒すこと自体が目的でないのなら、TrackBackを
>上手く使ったり、捨てアド取ったりするほうが、ずっといい方法だと思います。


これはそうだと思うけど、TrackBackとか捨てアドとかで、話す勇気が私にはまだない。
ブログを作るだけが精一杯だ。

何かTrackBackとか捨てアドとかで話をするのが面倒臭いいんだ。自分の仕事の
合間にのんびりと書き込んでいきたい。

マリリンは2ch育ちだから、話題を2chに持ち帰っただけ。そういうのはダメですかね。

475 :病弱名無しさん:2006/04/08(土) 18:06:55 ID:8ZBzqz8J
心理板に張ってあるリンクって、商品販売や知識啓蒙のホームページがメインでは?
心理カウンセラーにかかっているクライアントのホームページを皆が頻繁にリンクしていましたか?

健康板のやり方というより... この人に連絡取りたいなら、連絡取ればいいと思う。
リンクを晒す必然性がよく分からない。だから、2chという匿名の無責任な場所に
リンクを晒すリスクのほうが大きく見える。

476 :シナ:2006/04/08(土) 20:00:12 ID:UqnMxRwv
マリリンさん、

410のリンク先の女性も自然免疫←(最近覚えた言葉です)を知る機会が
あればいいのにと僕も思います。強皮症、皮膚筋炎、シェーグレン、母と同
じ病気です。410の女性がレスされているように普通である事は幸せな事です。
そして彼女はきっと行動範囲は広くないでしょうし、彼女の掲示板が万が一
心無い人により荒らされた場合、あまり気持ちは良く思わないでしょうね。

とても個人的な掲示板はやはりhttpのhを抜くのがマリリンさんにとっても無難だし
リスクは少ないと思います。

気分を害されないでください。m(__)m

今、腸の本を読んでいます。とても良い本ですね。

477 :シナモン:2006/04/08(土) 20:14:07 ID:UqnMxRwv
しかし、猫がかわいいですね。

478 :シナモン:2006/04/08(土) 22:29:38 ID:UqnMxRwv
唐突ですが、単細胞生物から進化したわけですよね。口腔から黄門まで
長い管によるものから。。常に外敵に備えて。だから腸には免疫組織
が集中しているんですね。マリリンさんのブログにて胸腺外分化T細胞が
胸腺を経由せずに、抗原、抗体を作るというのが理解出来ました。
T細胞はTH1、TH2と二つあり、マクロ君の形態(還元型、酸化型)
、カイトサインによりTH1か2になるわけですよね。

交感神経優位(免疫不全予備軍?)な状態だとTH2状態(イクナイ状態)
に偏るのですよね。ですから、交感神経優位により発生する活性酸素
除去用に還元作用の高いサプリを使い、TH1優位にバランスを取る。
腸のサプリは同様の作用があるのですね。


479 :シナモン:2006/04/08(土) 23:07:57 ID:UqnMxRwv
今膠原病の本を読んでいますが、

T細胞は自己の成分と反応しないように胸腺により教育を受けているのですよね。
抗体を作れというT細胞と、作るなというT細胞があるみたいです。(この変が本にはしっかり
書かれていません)それと女性では移植(妊娠)時に細胞性免疫(TH1)が低下すると
は書かれています。後は加齢により免疫力の低下が引き金になると書いてあります。
高カロリーで大量の脂肪食を食べると免疫の異常の状態が増加するみたいです。
これは腸管と関係あるのでしょうか?腸には良くないですよね。きっと。
やはりTH1(細胞性免疫)優位の状態の方がイイ!となるのですが。

とても難しいですね。

480 :シナモン:2006/04/08(土) 23:32:48 ID:UqnMxRwv
TH1とTH2のバランスにあるのでしょうね。僕は抗核抗体を調べてないので
何とも言えませんが、母の数値はCPKも下がりましたし、その他も落ち着い
ています。母はマリリンさんの>>145の生活を続けています。
つまりTH1優位になる生活です。誤解を恐れずに言うなら、免疫力を高める
のではなく免疫の偏りを自然治癒力により、中庸を取っているのだと
思います。その結果、今の様に数値が安定しているのだと思います。
母は今もステロイドを服用していますけど。

481 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/09(日) 22:14:53 ID:hcs+uBBt
>>476
>彼女の掲示板が万が一心無い人により荒らされた場合、あまり気持ちは良く思わない
>でしょうね。

私はそう思わない。このサイトはTrackBackも受け付けてないしコメントの書き込みも
メアドを書かないと書き込めないようになっている。誰がどうやって荒らすの?

また、ブログランキングに上位にランキングされても、公開を止めていないわけで、
荒らされるどうのこうのと気遣う必要はないと思うよ。


hを抜くか抜かないかは知らなかったけど、直リンって、そんなに危ないモノなの?
ちょっと勉強してみるわ。


482 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/09(日) 22:26:35 ID:hcs+uBBt
>>480
>つまりTH1優位になる生活です。誤解を恐れずに言うなら、免疫力を高める
のではなく免疫の偏りを自然治癒力により、中庸を取っているのだと思います。

抗核抗体は安保先生によると免疫力が低下した時に現れるとの事です。
免疫力が低下した状態とは、Th1とTh2のバランスが狂った場合もあるかもしれませんが
普通はリンパ球数が減少した時ではないかと思います。

事実、シナモンのお母様のリンパ球数は最初1100〜1300ぐらいしかなかったと思います。
体調が良くなった今、どのくらいリンパ球数があるか調べるとこの問題の解答は、よりはっきり
分かると思います。

483 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/09(日) 23:00:32 ID:hcs+uBBt
>>478
>交感神経優位(免疫不全予備軍?)な状態だとTH2状態(イクナイ状態)
>に偏るのですよね。ですから、交感神経優位により発生する活性酸素
>除去用に還元作用の高いサプリを使い、TH1優位にバランスを取る。
>腸のサプリは同様の作用があるのですね

交感神経優位の場合、顆粒球の割合が増えて活性酸素が過剰に分泌され組織破壊が
進むのであって、
Th1とTh2のバランスの乱れはリンパ球数の低下した場合か、酸化型マクロファージが
増えた場合におこると思う。

体が酸性側に傾いているってことかな?←これはマリリンの仮説。

白血球数の低下に伴うリンパ球数の低下もあるし、Th1とTh2とバランスの乱れも、交感神経の
過興奮以外にも原因があるような気がする。

484 :病弱名無しさん:2006/04/09(日) 23:46:24 ID:4nciCT3K
>>481
> 荒らされるどうのこうのと気遣う必要はないと思うよ。
それは先方が決めることで、あなたが決めることではないと思う。

> hを抜くか抜かないかは知らなかったけど、直リンって、そんなに危ないモノなの?
2chからの直リンは、危ないものというより、相手に警戒心を与えかねないものと考えられている。
もっとも、最近は法律も整備されつつあり、以前ほど警戒されないだろうけど。

まあ、いいや。ネットも2chも一般化すれば社会人的な常識に則って
行動すべきだと思うんだけど、どうにもマリリンに厨な雰囲気を感じながら、私は退場します。
マリリンってたぶん年齢若いよね。10代ということはないにしても、20-30代?

485 :病弱名無しさん:2006/04/10(月) 15:03:39 ID:8zH6zlFn
>>484
自分の歳を言いましょう。
いくつからみて「若いよね」と言っているのか興味がある。

486 :病弱名無しさん:2006/04/10(月) 16:19:44 ID:7kc95ZeW
外傷やケガをしたら交感神経が緊張するんですかね?
ムチウチやら骨折やらしてから体調がより悪くなったんですが。
骨格の歪みで自律神経が圧迫されて自律神経が乱れるといった説はこのスレの方々はどう思いになられますか?


487 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/10(月) 23:39:06 ID:LXsh6mzW
病院、医者板からのコピペです。考え方の違いが大きすぎるよ。

>内視鏡で手術可能なものは、ごっそり取られることは少ないですよ。
>胃がんの早期、大腸ポリープ、前立腺手術はね、特にそう。
>癌でも難しいのが、肺がんと頭頸部がんかな。これはごっそりとられることもある。
>王様は膵臓だが、これは手術にもっていけない症例が多すぎるから何もいえない。
>女性だったら子宮卵巣がんでは結構とるときもあるか。
>肝臓癌は脂肪肝(NASH)からなる例が最近言われているから気をつけて。
>抗がん剤は一般的にしんどいやつのほうが少ないよ。血液だけはしんどいのがあるが。

>まあ、こんなもん。西洋医学も万能とはいえないからね。
>ステロイドを飲まなくて早死にするか、ステロイド飲んで副作用が出るかでないか、
>考えながら治療するかですよね。
>ステロイドは特効薬とは思えないけどね、それをつかうしか今はできない病気もある。
>そこは、考えよう。30歳で死ぬのが間違いだと思うから膠原病に関しては医者は
>ステロイド進めてくると思うしね。

>SLEは、そんな感じですね。リウマチは最近風向きが変わってきているけど。
>それがいらない病気だったら、それはそれでいいんだけど。
>別にステロイドやめて、病院行かなくてもそれは大人の選択なんだから
>医者にとってはどうでもいいことだけどね。



488 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/10(月) 23:39:16 ID:LXsh6mzW
>生活習慣病で間違いなく差が出ているのは、高血圧・糖尿病。
>糖尿病の合併症はぽっくり死ぬのがほとんどないからね。だから、介入する。
>食事運動が一番大事。

>血圧は、降圧薬のおかげで、脳出血は大幅に減ったよ。死因でも順位を下げている
>のが証拠。

>リンパ球数で病気になるかどうかわかればこれほど楽なものはないね。
>実際には風邪引いただけでリンパ球下がるから、そうなるとどうなんだろう。
>風邪引く=癌発病なのか。
>リンパ球を見つけた人がノーベル賞とっていないところを見ると、そこまで大切な
>検査項目でないことがわかる。


489 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/10(月) 23:41:07 ID:LXsh6mzW
>>486
白血球の検査してみたら、交感神経が興奮しているかどうかは分かるよ。



490 :シナ:2006/04/11(火) 19:07:18 ID:tYWtAN9x
>>484さん、
マリリンさんは不必要に人を傷つける人ではありません。優しい人ですよ。


491 :シナモン:2006/04/15(土) 21:04:00 ID:WvP7LtR8
揚物

マリリンさん、こんばんわ。

そうですね。貴方が言われているようにリンパ球の実数で考える方がいいです。
本当に。本を読んでいると理論が理解出来なくて、ワケワカメになります。(笑)
僕には難しいのですよ。(笑)

僕は貴方の仮説を信頼しています。

母もそろそろ白血球を調べた方がいいです。もちろん僕も。どこかネットで調べる
ところがあれば良いのですけど。僕はともかく母は調べるべきです。

487、488は石のレスでしょうかね。それなら勉強不足ですね。本を読むべきです。
僕はまだ腸の本を読み終わっていませんが!

ブログ、マターリ頑張ってください!ありがとうね。

492 :シナモン:2006/04/15(土) 21:07:31 ID:WvP7LtR8
しかし、僕は検査に行くと言いながら、行ってません。本当にごめんなさい。
もう少し待ってください。



493 :シナモン:2006/04/15(土) 21:08:25 ID:WvP7LtR8
捕手

494 :シナモン:2006/04/15(土) 21:14:43 ID:WvP7LtR8
最近はミネラルをたくさん摂っています。食物から。それと腸のサプリを
飲んでいます。僕には善玉くんは高杉。(笑)

495 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/15(土) 21:27:47 ID:0+5L8NP2
>>492 >シナモン

調子が良ければ検査なんかしなくていいよ。私が検査するのは人に説明する時に説得力が
ないのと、自分の仮説を確かめる事と、安保先生たちが言っていることが本当かどうか確かめる
ためだよ。

自分で調べて見て、納得できることも納得できないこともあったよ。それはおいおいブログに
掲載していくね。

シナモンのお母様の場合、調子が良い時にリンパ球数を調べれば、免疫が抑制された時に
抗核抗体など自己抗体が出現すると言うのが本当かどうか確かめられる。

また、免疫が抑制された状態が膠原病の病因だという安保先生の理論も納得できるでしょ。
同じような患者さんに、より強く説明できるから、是非、お母様に調子が良い時にリンパ球数を
計ってもらって下さい。

後、私もビックリしたんだけど風邪をひいた時は、リンパ球は変な動きをするよ。風邪をひいた
当日に計った時は8% 800個しかなかった。

よく、風邪をひいたのをきっかけに膠原病になるといいうでしょ。免疫が抑制されるから何だね。

お母様、風邪をひかないように気を付けてあげて下さい。

496 :病弱名無しさん:2006/04/15(土) 21:30:35 ID:+Rp+Blbs
以前から後頭部に殴られたような痛みを感じますが他スレで自律神経と言われました。
何科の病院にいけばいいですか?

497 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/15(土) 21:34:34 ID:0+5L8NP2
自律神経のバランスが悪い人は、肩こりや頭痛がする人がいると言うけど、
他の病気かも知れないから、病院で検査だけはしてもらった方が良いよ。

その上で、何処も何ともないと言うことだったら白血球の検査値を貼り付けて下さい。
そうじゃなきゃ、アドバイスのしようがないです。

498 :病弱名無しさん:2006/04/15(土) 21:41:23 ID:d7YHLQQc
アドバイスて・・・
まるで医者気取りですね。

499 :497:2006/04/15(土) 22:16:16 ID:+Rp+Blbs
白血球は以前血液検査をした所1万個位あって異常基準値に近かったけど何か問題ありますか?

500 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/15(土) 22:24:09 ID:0+5L8NP2
>>499
普通白血球数が一万超えていると、相当顆粒球が増えていると考えられる。
活性酸素の影響で、組織破壊(炎症)が貴方の体のどこかでおこっていてもおかしくない。

白血球数が一万超えると言うことは、交感神経興奮状態が強い人かも知れない。

とにかく詳しい検査しておいで。

501 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/16(日) 09:45:00 ID:j9TCt3TW
>>494 >シナモン

>僕には善玉くんは高杉

自然免疫療法(非獲得免疫療法)にはお金のかかるモノとかからないモノがある
善玉くんや水素結合水みたいな高価なサプリは、病気になった人が
これぐらいのお金なら健康を取り戻すためには仕方がないと納得して使うモノだと思うよ。

実際、元気な人が飲んでも副作用がないから、何が効いてるのかさっぱり分からない。
お金がもったいないだけだよ。

シナモンみたいに、まだ元気な人はお金のかからない方法だけで良いんじゃないの?

502 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/16(日) 09:52:30 ID:j9TCt3TW
抗核抗体等の自己抗体の話だけどね。安保先生の本を読み返したら、新しい免疫系が
抑制された時に出ると書いてあった。

具体的には、ストレスや加齢、妊娠などの影響で新しい免疫系の司令塔、胸腺が急激に
しぼんでしまい、リンパ球数が減った時に出現するんだって。

だから、ステロイドを大量に使い続けると永遠にリンパ球数が減り続けたままになるので
完治することができなくなると言うことらしいよ。

503 :シナモン:2006/04/16(日) 12:56:00 ID:ds0uu9YO
マリリンさん、こんにちは。

お陰様で母も僕も調子が良いです。レスをするの忘れていましたけど、母は白内障の手術をしました。
手術後は、水素水を1日2本飲んでたみたいです。(笑)

それと体温がずっと36度2分くらいだそうです。嬉しそうです。それまでは36度以下ですた。
そろそろリンパ球数を調べる時期だと思います。

>また、免疫が抑制された状態が膠原病の病因だという安保先生の理論も納得できるでしょ。
>同じような患者さんに、より強く説明できるから、是非、お母様に調子が良い時にリンパ球数を
>計ってもらって下さい。
貴方の言われている通りです。母に言ってみます。

僕は今お金餅になりつつある状態です。←今貧乏という意味。
ですから、腸の一番安いサプリを買いますた。そして最近は発酵食品ばかり食べています。

抗核抗体についてはやはり気になりますね。正直なところ。これも年に1度くらいは検査
した方が良いのだけど。胸腺というのは加齢に伴い萎縮するのでしたよね。上手にストレスを
解消して、今の生活スタイルを維持して行きたいと思っています。本を読みますと、理解出来ない
事が多々あるとレスしましたけど、今後は白血球数で体の状態を考える事にします。

いつもありがとうね!

504 :シナモン:2006/04/16(日) 13:00:02 ID:ds0uu9YO
503訂正。

○リンパ球数
×白血球数

505 :シナモン:2006/04/16(日) 17:32:41 ID:hOZFjjbg
502ですが、新しい免疫系とは、胸腺を経由するT細胞の事ですね。
でも、僕達がここでしている事の多くは古い免疫系(胸腺外分化T細胞)
をガンガレ!!としてる事ですよね。

506 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/16(日) 21:09:41 ID:gu206BQI
>>505
>僕達がここでしている事の多くは古い免疫系(胸腺外分化T細胞)
>をガンガレ!!としてる事ですよね。

腸に関係してリンパ球を強化する免疫療法は古い免疫系を刺激しているんだと思う。

だけど、交感神経を抑制して副交感神経を刺激したり、血流の確保を試みる免疫療法は、
新しい免疫系も古い免疫系も活性化しているように思うよ。

507 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/16(日) 21:18:28 ID:gu206BQI
>>503
>胸腺というのは加齢に伴い萎縮するのでしたよね。上手にストレスを
>解消して、今の生活スタイルを維持して行きたいと思っています。

胸腺に関しては、私も本当に心配なの。私は生まれた時から交感神経興奮状態で
今まで生きてきたような気がするんだ。

一応、反省してのんびり生きようとしているけど、私の胸腺って発育不全をおこして
いるのではないかと心配です。

今からでも、ちゃんと心がければ、ちょっとは正常に動き出すものなのだろうか?

その意味じゃ、シナモンのお母様の年齢でもリンパ球数を上げられると言うことが
分かれば、努力すればかなり年を重ねても胸腺が動き出すと言うことだから、
ちょっと安心できる。是非、お母様の結果教えて下さい。


508 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/16(日) 21:52:17 ID:gu206BQI

何一つ治せない西洋医学 2
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1145056361/

このスレ、面白いから遊びに来て下さい。


509 :病弱名無しさん:2006/04/17(月) 17:01:23 ID:91/06j35
みなさん突然すいません、トレハロースを御存知ですか。

私は13年間全身性エリテマトーデス(最近橋本病もプラス)ということで
ステロイド飲んで暮らしてきましたけど最近これが誤診で
感染症が悪化して全身に回っただけだったのではないかと思うようになりました。
自分のこれまでのことをいろいろ考えるとそれで腑に落ちることが多いので。

↓これよそからもらってきたのですが、
◆慢性疲労症候群が記憶系と内分泌系に及ぼす段階的な影響

・記憶系
社会的ストレス→免疫異常→ウィルス感染の再活性化
→サイトカイン(TGF−β、IFNなど)の上昇→2−5AS経路の活性化
 →RNasaL活性の上昇
  →セロトニン系・ドーパミン系などの脳・神経細胞の機能異常

・内分泌系
TGF−βの異常産出→神経ホルモン(DHEAS)の低下
 →脳局所のアシルカルシニチン代謝異常
  →グルタミン酸・GABA(γーアミノ酸)などの主要アミノ酸伝達物質の低下継続
   →慢性の疲労感

私は感染症をきっかけにこの連鎖に入り込み、ステロイドなどの沈着も加わって
全身症状へ拡大してしまったまま出られなかったのだと思っています。

今感染症対策をオリーブ葉などのハーブでしながら、
体の症状を改善する方法を探していたところ。
トレハロースは上の脳疲労の悪循環をぶち切って
脳全体の機能を上げてくれていると思います。


510 :病弱名無しさん:2006/04/17(月) 17:02:17 ID:91/06j35
これがトレハロース
http://www.treha.jp/index.html

トレハロースでご飯を炊くとおいしく
すごくよく眠れます。




511 :病弱名無しさん:2006/04/18(火) 18:08:04 ID:4KlU2LYZ
助けてあげて 1

6歳になる犬がある病院の検査で骨肉腫の疑いがあると診断されました。
足を切断しても3ヶ月生きれるかどうかわからないと言われました。
まだ、6歳というのにあまりにもむごすぎます。骨肉腫と似ていて間違える
病気とか他に別の治療法があれば至急教えてください。本当にお願いします。未だにまだ信じられません。どうか先生のアドバイスを聞かせてください。よろしくお願いします。



512 :病弱名無しさん:2006/04/18(火) 18:09:54 ID:4KlU2LYZ
助けてあげて 2

13歳になる犬です。先日乳がんになり、乳がん箇所のみ摘出しました。
その時病理検査にだし、リンパに転移していて、もう全身にながれている
可能性あり。というものでした。それから、4ヶ月、そのできた側に上下
でき、病院で、手術するか、この先、痛み止めの治療をしていくか、選んで
ください。といわれました。どうするのがいいか、わかりません。私としては、
痛み止めの治療は、このこには、たいへんストレスがかかることなので、
また、痛みはとりきれないということなので、できれば摘出手術のほうが
いいかなと思いますが、全部の乳腺をとってしまうべきか、片側のみがいいのか、
わかりません。ちなみに、寿命はあと3ねんぐらいと言われています。


513 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/20(木) 08:37:40 ID:uzVQOUKt
こんな餌ではマリリン釣られないわ。 ( ̄ー ̄)ゞ フフフ

514 :病弱名無しさん:2006/04/20(木) 14:06:30 ID:64NRCXQm
>513 釣りだったの?

515 :病弱名無しさん:2006/04/20(木) 20:57:27 ID:suIixqYf
マリリンさん、一応獣医さんでしょう。
なにか言ってあげなよ。
冷たいな。

516 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/21(金) 15:09:45 ID:FkxF5M0A
>>511

仕方がないなぁ。釣られてやるか。

犬の骨肉腫は人間の骨肉腫よりも悪性度合いが強い。発見された時には肺転移
が起こっている事がほとんど。

足が腫れてから動物病院に連れてこられので、レントゲン所見で骨の変な造成が
見られ比較的簡単に診断がつく腫瘍。

西洋医学的に治療すると、断脚して抗癌剤となる。これで何十頭か治療したデータを見せて
もらった事があるが、なにもしないより、治療した方が数ヶ月延命する。

獣医医療の場合は、断脚して抗癌剤を使うと100万円ぐらい治療費にかかる。そのように
説明するとたいていの飼い主は諦める。どうしても治療したい人は専門の病院に行ってもらう。

西洋医学的治療を諦めた人は、免疫療法で延命を計り、見ていられないほど苦しみ出したら
安楽死を選ぶ人もいる。

骨肉腫は大型犬に発症し易い病気なので、小型犬の多い日本ではそんなに多い病気ではない。

517 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/21(金) 15:26:59 ID:FkxF5M0A
>>512

良く分からない話だね。余命が三年もあって、リンパに転移していて、
もう全身にながれている ってどうして分かるんだろう?乳ガンも肺に転移し易い腫瘍なので
肺に転移していたら、手術の対象ではない。

全身に回っているなら、乳腺を半分取っても全部取っても予後は変わらない。
私なら飼い主が見るのが辛いなら、外から見える腫瘍の部分だけ部分的に取る簡単な
手術で終わらせる。

犬の場合でも、癌の大きくなるスピードって個体差がもの凄くあるんだ。検査センターに
病理組織検査に出して、超悪性ですと返ってきた症例でもちっとも大きくならなくて
何年も元気に生きる子もいるよ。

手術して取っても一ヶ月で元の大きさになる子もいるし。この場合はたいていこのまま
死ぬ。

ペットの犬や猫の癌は、人間と違ってストレスにより発症と言うことはあんまりない。
原因は加齢、遺伝、ウイルス感染、ホルモン異常がほとんどだと思う。



518 :勉強中:2006/04/21(金) 16:08:05 ID:jQrFdi8P
お久しぶり、マリリンさん
2チャンネル、プログと頑張っていますね。
私もちょっとお聞きしたいのですが、私のところの猫は、電話線、パソロンコード、テレビコードとコードというコードをみんな噛み切ってしまいます。
みんなは電流が流れているのだから感電するだろう。と誰も信じてくれません。本当に困っています。
このクセを治す方法は無いでしょうか。二匹とも兄弟でメスで年齢は17歳です。

本筋の免疫療法関係の情報は後日また書き込みます。
今回は、緑黄野菜など野菜の色んなパワーを中心に取材をしています。

519 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/21(金) 17:39:03 ID:Z8rRfHTA
>>518 >勉強中

本当にお久しぶりです。勉強中さんは出版と言う仕事を通して、みんなに免疫療法のことを
教えてあげられるけど、私はネットしかないから。どうしても力が入ってしまいます。

また、取材して色々教えて下さい。

17歳の猫ちゃんでコードをまだ噛みきる?凄い長生きの健康さん猫ちゃんですね。

私はビタアップルという、植物性の油でできていて苦みが
とっても強い、こういう子用に作られた製品を、コードに塗っておくように指導しています。

ペットショップに売っていると思います。

本当に噛み切ると、猫といえども感電しますので気を付けてあげて下さい。

520 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/21(金) 17:46:40 ID:Z8rRfHTA
>>517

自己レス補足。

犬の場合、乳房にできる腫瘤は実は悪性のモノはそんなに多くなく、転移をおこさなかったり
大きく成長しなかったりするモノも多いです。多分これが近藤先生が言う”癌もどき”なのでしょう。

そういう腫瘤は良性腫瘍であって乳ガンではないです。

避妊(卵巣が除去)してある雌は、乳房や子宮のトラブルは少ないです。ホルモン依存性の
腫瘍なんでしょうね。


521 :病弱名無しさん:2006/04/22(土) 09:11:42 ID:8fEEewnc
なるほど! さすがに獣医さんですね。
ペット向けの免疫治療クリニックって儲かりそうなビジネスモデルですね。

安楽死付き!
安楽死には筋弛緩剤を使うのでしょうか?

人間の乳がんは更年期などに多そうですが、犬猫にも更年期はあるのでしょうね。

522 :病弱名無しさん:2006/04/23(日) 10:27:57 ID:w1fH38+l
こんにちは 参加させてください。
スレの大まかなところは読ませていただきました。

ホルモンの話になってますが ここでは甲状腺のことは話題にならないですか?
と言うのは ここで低体温が良くないと言うことで体を冷やさない工夫を
していますね?
甲状腺は体温を支配してるホルモンです。
軽い程度の機能低下でも体温は下がり 体のさまざまな機能が低下します。

詳しくは医者も知らないホルモンバランススレ または内分泌スレにあります。
今統合失調症と診断された人が 甲状腺のサプリメントを服用して改善しつつあります。

ホルモンの大まかなしくみはもう解明されています。
ただ それが医学の傍系に置かれて知られていなかっただけなのです。

523 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/24(月) 07:17:52 ID:+RUvGr/5
私も読んで見たいので、スレのアドレス貼り付けて下さい。

524 :病弱名無しさん:2006/04/24(月) 08:53:03 ID:CFpIAD3z
内分泌スレ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1123005532/l50

525 :病弱名無しさん:2006/04/24(月) 08:57:46 ID:CFpIAD3z
医者も知らないホルモンバランススレ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1142104669/l50

今 甲状腺機能低下とドーパミン(統合失調症で問題になる)の関係
について調べてるけど 機能低下状態ではドーパミンは高いレベルになるそうだ。
そうなると 内分泌スレ終わり頃に紹介した統合失調症の男性の例と
符合する。

526 :コピペ:2006/04/24(月) 09:00:37 ID:CFpIAD3z
609 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/04/08(土) 15:03:49 ID:pS0S7UHH
自律神経失調症と診断され甲状腺機能の検査も異常なしとされた
男性が甲状腺剤を服用して今改善しつつある。
この人にはもう何年も「機能低下があるんじゃないか」という話をしてるが
万策尽きてもう他に方法がない、といったところだったのでしょうか。

服用2週間で「昼寝が出来る体力がでてきた」らしい。それまでは疲れても高ぶったまま
寝ることが出来なくて辛かったそうです。昼寝するのも体力って要るんですね・・・
はじめて知ったよ・・

甲状腺の検査結果に異常なしと出たことが何年も無駄にした要因です。
「自分に甲状腺の異常はない。ではどこが悪いのか?」で模索し続けてたようです。

このところ身の回りで「甲状腺の検査は異常なし」けれど症状はあるという人が
3人くらい甲状腺剤を試そうとしてる。いずれも自律神経が良くないと言われてる
人たち。考えてみれば機能低下症状とかぶんるんだよね。

私も検査しても異常なんかでようがない軽度だが 甲状腺剤服用しても亢進せずに
改善する症状がある。甲状腺が正常なら亢進するはずだけど。
これは ホンのわずかな低下でも体に異常を起こし得るってことだろう。

527 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/24(月) 21:53:48 ID:CBmXnBXr
全部は無理なので、ざっと目を通した。

ホルモンと神経と免疫はお互いに依存しあいながら、体のバランスを整えていると
言われています。

私は、このうち自律神経や脳を刺激し、薬を使わずにバランスを改善し、ホルモンの
バランスの改善も免疫力増強も達成するのが、体には一番安全で優しい治療法だと
思っている。

と言うモノの、生まれつき成長ホルモンが足りなくて小人の人や、色々なホルモンの
分泌が足りない人、多すぎる人もいると思うので、それについてのホルモン剤の使用は
反対しない。 

また、ホルモン異常で苦しくてしょうがない人がある程度症状が取れるまでの
つなぎでホルモン剤を使うのも反対しない。

だけど、最終的には、ホルモン剤を使わないで体の健康を取り戻すよう努力した方が
よりベストだと考えている。

ホルモンスレの人、白血球の検査をして自律神経のバランスや免疫力を確かめていない
ようだけどこちらの検査もしてみた方が良いと思う。

それで、自律神経のバランスは問題なくリンパ球数も低下していなければ、ホルモン補充療法
だけで問題はないが、自律神経や免疫力に問題があるようなら、免疫療法も取り入れて、
自律神経のバランスの改善も同時にしていくべきだと思う。

528 :病弱名無しさん:2006/04/24(月) 22:43:03 ID:CFpIAD3z
外部からホルモンを補充するというと あなたのような反応は最もなことだと思う。
しかしそのことは置いておいて ホルモンがどういう仕組みであるかには興味ないかしら?

ステロイドはほとんどの難病の症状を抑えるのに使われてるけど 一時的にせよ
肌が魔法のようにきれいになったりするのが不思議だとは思わないですか?
私はそこから出発して ホルモン関係を勉強し 自分で試し 体の変化を
追ってきました。ホルモンの影響は無視できないほど巨大なんですよ。
健康管理を真剣に考えたい人には無視できない要素です。

端的にいってしまえば私はステロイドや他の「副作用ある不自然な薬」を使いたくない
一心でホルモンを勉強をしてます。

私と私の家族はおかげでむしろ「不自然な副作用ある薬」を使わないですんでます。
腰痛 肩こり  寝違え 低血糖 夏負け 肌のあれ 疲れやすい体質 
筋力の低下 軽い対人恐怖 頻繁な足の故障・・・
これらに対処する薬はいうに及ばず 健康グッズやシップやスキンケアの類が
不要になってるのです。  

529 :病弱名無しさん:2006/04/24(月) 23:02:59 ID:CFpIAD3z
脊髄で血液は作られているんだけど バーンズ博士(アメリカの甲状腺医)の
研究だと 甲状腺機能低下状態では(つまり低体温では)正常な血液が造られないそうだ。
血液が不完全だけじゃなく 細胞が完全に働かないのでいろんなところがちょっとずつ
調子悪い。

風邪が流行っていてもかかる人と かからない人が厳然と存在してます。
免疫力が弱いという表現もできるけど そういう人は抗生物質が発明され
ない大昔には早死にしていった人たちなんです。それが甲状腺機能が低下
人たちだと。特徴は低体温。これがバーンズ博士の主張です。

甲状腺機能低下は潜在してる軽度も含めて 人口の実に4割はいると言われてます。
それに自分が含まれていないとは思えなかったんです。症状に当てはまることが
多々あったし。




530 :病弱名無しさん:2006/04/24(月) 23:29:06 ID:CFpIAD3z
ホルモン摂取に抵抗あるかどうかは 別にして甲状腺が体温に関わってる
ホルモンだと言うのは 医学的な事実ですよ。

531 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/25(火) 08:05:22 ID:ht+1vvhA
>>528
ホルモンについては、多分私は知っていると思う。

>端的にいってしまえば私はステロイドや他の「副作用ある不自然な薬」を使いたくない

これは、自律神経スレの人もおなじ気持ちだよ。

知っていると思うけど、薬として使われるステロイド等の合成されたホルモンは体に
蓄積されて害を及ぼす。また、本来ホルモンを分泌している組織がホルモンを分泌しなくなる
可能性もある。だからホルモン療法は慎重にならざるおえない。

ホルモンを分泌させる指令を出すのが神経なので、神経に働きかけて生体本来の
ホルモンを分泌させるようにした方が、ホルモン療法より危険が少ない。


532 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/25(火) 08:15:20 ID:ht+1vvhA
動物の場合、甲状腺のホルモンはステロイドよりずっと扱いやすいのも事実だ。

甲状腺機能低下症が疑われる症例には、診断的治療で甲状腺のホルモンを使ってみて
良くなれば、やっぱり甲状腺機能低症だったんだねと診断するし、一ヶ月ほど飲まして
症状が変わらなければ、すぱっと止めても、そんなに問題は起こらない。

また、甲状腺のホルモンを使っている間に症状が改善されて、休止できるホルモンでも
ある。

人間の場合は違うかも知れないけどね。

同じホルモンでも下垂体の甲状腺刺激ホルモンはこういう分けにはいかない。誤って
使って、下垂体を萎縮させてしまっては命に関わる。


533 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/25(火) 08:22:38 ID:ht+1vvhA
したがって、同じホルモン療法でも甲状腺のホルモン限定なら、貴方の言っていることは、
なんとなく納得できる。

だけど、甲状腺が萎縮しちゃって、永久にホルモンが不足している場合は別として
そうでなければホルモンの使用は症状が酷い時で他に方法がない時だけにしたい。

後は自然免疫療法でホルモンや神経のバランスを整えるようにしたいです。




534 :病弱名無しさん:2006/04/25(火) 08:33:55 ID:Uv2DHoys
マリリンさんここでホルモン談義してもいいのかな?
すんごく長くなるよ。
私は医療関係者と6年ぐらい マリリンさんと同じ疑問に答えてきました。

甲状腺は調べてもらうとわかるけど 性ホルモンにも影響を与えます。
副腎皮質ホルモンにも。この影響は双方向のもので性ホルモンに何らかの
異変があれば甲状腺ホルモンもそれに連動します。
だから甲状腺ホルモン限定で考えることは出来ません。

ステロイドが長期的にみてマイナスなのは それが甲状腺機能がさらに
低下し原疾患がさらに悪化させるからです。
アトピー板で5年ほど常駐して ステロイドを脱しようと苦しんでる人を
観察してると生理に異常を起こし どうやっても冷え性が治らない人が
たくさんいました。これは性ホルモンと甲状腺が連動している証拠です。

535 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/25(火) 08:35:19 ID:ht+1vvhA
>>529
>脊髄で血液は作られているんだけど 

これは骨髄の間違いだと思うよ。


>>530
>甲状腺が体温に関わってる
>ホルモンだと言うのは 医学的な事実ですよ。

甲状腺のホルモンは代謝に関わるホルモンだから不足すれば低体温になる。

だけど低体温の人が体温を上げる方法は甲状腺のホルモンを補充する以外にも
方法があるわけです。事実、私も低体温でしたがリンパ球数が上がってくると
体温も上がって来ました。

体の不調を改善するやり方は、人それぞれの考え方で選べば良いと思う。


医者が西洋医学以外の方法を忌み嫌うのが分かりません。

536 :病弱名無しさん:2006/04/25(火) 08:40:33 ID:Uv2DHoys
>これは骨髄の間違いだと思うよ。

そうですね。間違いでした。

>だけど低体温の人が体温を上げる方法は甲状腺のホルモンを補充する以外にも
>方法があるわけです。
その方法をさんざん試したにも関わらず 症状を悪化させ 結局は自ら嫌悪する
副作用ある薬に世話にならざる得なかった人たちが 最後の手段として
たどり着くのが自然なホルモンですよ。

>体の不調を改善するやり方は、人それぞれの考え方で選べば良いと思う。

これで思考停止していいんですか?ホルモンの働きを知らないでは
体を把握するのはひどく難しいし、結局はステロイドを使う治療法に
流されていきますよ。








537 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/25(火) 08:46:12 ID:ht+1vvhA
>>534

そうだね。ホルモンにしても神経にしても免疫にしても複雑に絡みあって、
相互に影響しあっているから、一カ所をさわれば他が動いてきておかしいことに
なる。

私は西洋医学が基礎にあるから、急性の症状で苦しくてしょうがない時だけは
西洋薬使ってもホルモン使っても許されるのではないかと思っている。

ずっと、使い続けるのは、本当に必要な時だけにしたい。

本当に必要な時って、どんなときだろうね。分からないね。

538 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/25(火) 08:48:59 ID:ht+1vvhA
>>536
ちょっと、忙しくなったんで、また後でね。

539 :病弱名無しさん:2006/04/25(火) 09:08:12 ID:Uv2DHoys
私もこれを書いたら出かけます。

>私は西洋医学が基礎にあるから、急性の症状で苦しくてしょうがない時だけは
>西洋薬使ってもホルモン使っても許されるのではないかと思っている。

「許される」誰に?何の為に許しが必要ですか?w

「苦しくてしょうがない時に使えば」・・・その苦しさが毎日だったら?
一時も苦しくない時がなかったら?
こういう時の病人の心理は「あとはどうなろうとかまわないからとにかく
この苦しさから逃れたい」・・・これがステロイド地獄の始まりなんです。
いかにステロイドに医学知識がある人だって 一般人と同じような反応すると思いますよ。

>ずっと、使い続けるのは、本当に必要な時だけにしたい。
これはかなり甘い考えだと言わざる得ません。
私は 簡単にステロイド地獄にはまっていく自分を想定してます。
目の前で 全身肌がさかむけして真っ赤になってる人に「ステロイドは使うな」とは
とてもいえなかった自分がいるからです。



540 :病弱名無しさん:2006/04/25(火) 09:20:06 ID:Uv2DHoys
ステロイドを使わない方法が見出せない限り ステロイド批判は
現実を無視した空論にすぎません。

しかしステロイドの代替を見つけましたよ。
同じホルモンではありますが 副作用がありません。
この話がまた長くなりますけどね。
アマゾンで「医者も知らないホルモンバランス」または「医者も知らない
甲状腺異常症候群」レビューを見てきてください。



541 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/26(水) 09:15:51 ID:GfdOwDjo
>>539
>「許される」誰に?何の為に許しが必要ですか?

自分が納得し、ホルモン療法を受けるかどうか決定するために必要です。

>これがステロイド地獄の始まりなんです。

犬にも膠原病やアトピーはあります。ステロイドは安いので私もステを処方しています。
劇症肝炎や酷いアトピーなどは、早く症状をとってあげたいのでステロイド療法も
必要です。ただし、犬猫は人間ほどステロイドに対して副作用を出しません。

獣医医療では多くの飼い主は症状が良くなると、ステロイドを勝手に止めてしまうので
副作用が問題にならないと言うこともあるのかもしれない。

貴方が言うように甲状腺のホルモンを併用しないと、治療が上手く行かない症例もあります。
この場合も症状が良くなると勝手に飼い主は止めてしまいますけどね。

急性の時はステロイドを使ってしのいで、その後、私は漢方や水素水を使います。
それで良くなっても、やっぱり飼い主は止めてしまいます。

それで、また悪化させて最初からやり直し、それでも治っている時が数ヶ月〜一年ぐらい
ありますので、あまり、薬やサプリメントを厳しく続けるようには言いません。

542 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/26(水) 09:27:44 ID:GfdOwDjo
>>534
>甲状腺は調べてもらうとわかるけど 性ホルモンにも影響を与えます。
>副腎皮質ホルモンにも。この影響は双方向のもので性ホルモンに何らかの
>異変があれば甲状腺ホルモンもそれに連動します。
>だから甲状腺ホルモン限定で考えることは出来ません。

ホルモンが他のホルモンと相互依存していたとしても、私は比較的長期に使うのは
ステロイドと甲状腺のホルモンだけです。他のホルモンは副作用が怖くて使えません。

副作用を心配しながら長期にホルモンを処方するなら
避妊や去勢をしてしまった方が良いです。これ動物の場合限定ですけどね。

後、単発で下垂体の性腺刺激ホルモンを使うことはあります。

ホルモン療法を考える時、甲状腺のホルモンは比較的副作用を心配せずに
使えます。やはり甲状腺のホルモン限定にしたいです。

それでも、まったく副作用がないわけではありませんので、使うなら医者に相談
した方が良いと思います。

ところで、甲状腺のホルモンは医者を通さずに手に入るのですか?

543 :病弱名無しさん:2006/04/26(水) 17:38:41 ID:Qmk9YtAt
マリリンさん。すいませんけど人間の話にしてください。
話が出来ない犬猫には応用は出来ませんよ。

>他のホルモンは副作用が怖くて使えません。
ここですね。問題は。
マリリンさんも獣医とはいえ ホルモン剤の副作用は聞き及んでいるでしょう。
どうして副作用が起るんだと思います?人間の体内で生成されてるホルモンと
今まで医療で使われてきたホルモンは分子構造が違います。
この分子構造が違うということが内分泌の研究を阻む元凶であるだけでなく
酷い副作用を生んでいるんです。

ホルモンの生化学反応は正確に分子構造に依存していて 人工的に造られ、
ある特定の効果を期待して強化した人工のホルモン剤は 本来のホルモンとは違った
働きをします。ホルモン剤はたいていは強化されて作られていますから副作用も
強力なんです。

さらにこの人体のものとは違うホルモン剤を使った結果を持って 内分泌における
医学知識を構築しています。これがいつまでも内分泌が謎になってる理由です。

自然なホルモンというのは 人体で分泌されるホルモンの分子構造と同じ
もので、人工のホルモン剤と違って代謝が速やかで、肝臓に負担を与える
こともありません。さらにいいことは内分泌の働きがはっきりわかります。

人工ホルモンを使っていては 本来のホルモンとは違った働きをするので
いつまでたっても内分泌の全容がつかめなくなるのです。



544 :病弱名無しさん:2006/04/26(水) 17:51:33 ID:Qmk9YtAt
>それでも、まったく副作用がないわけではありませんので、使うなら医者に相談
>した方が良いと思います。

私は医者にかかっても検査にあらわれようもないほどの軽度なんです。
しかし症状はあり、対人恐怖や 陰部の湿疹、肝臓 肌の黄色みが取れる
などの改善をしています。自覚できる改善はそんなものですが
恐らく内臓全部がレベルアップしてるに違いないです。

他の人も 医者にかかってはいたが甲状腺の異常なしと診断され、しかし症状は
酷い、という人たちなんですよ。しかもそれで改善しつつあるんです。
私たちは「医者はホルモンのことについて まったく知識はない」という認識なんです。
まさに「なに一つ治せない西洋医学」です。

>ところで、甲状腺のホルモンは医者を通さずに手に入るのですか?
人工的に手を加えないものは 薬としてではなくサプリメントとして
市場に出ています。本体は豚の甲状腺を乾燥させたものですから。
漢方薬みたいな感じでしょうか。

病院で出す甲状腺ホルモンはT4しかないので T3が低下してる人には効果はなさ
そうです。しかし医者はかたくなにこのT4しか入ってない甲状腺剤しか
出さないという現状です。

ホルモン剤と一口にいっても 作り方にも問題があるんですよ。




545 :病弱名無しさん:2006/04/27(木) 08:00:11 ID:xMRGU5SB
私が「自然なホルモン」と呼んでいるものは 人工ホルモンとは
違って力価がまるで違います。つまり効力としては格段に弱いものです。

それは人体のホルモン分泌に極力似せるように造られています。
人体のホルモンには副作用と言うのもはありませんね?
投与の仕方も 必要最少量を模索します。それでも体は正常に戻れる(=治癒)
のです。毒物に匹敵するまで効果を強化しなくても、です。

副作用がない、というと医療関係者は「副作用のない薬はない!」といいます。
これは西洋医学に徹底的に洗脳されることです。
自然物にはないものでないと薬として特許が取れません。ですから 正しくは
「(人体に存在しない分子構造の物質=薬)に副作用のない薬はない」なんです。

副作用と言うのは望ましくない作用を指しますが、自然なホルモンは投与するときに
そのホルモンの働き全部を期待するのですから全部「主作用」で副作用はないんです。

546 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/27(木) 14:46:55 ID:KaIGqrQw
私もホルモンに関しては、西洋医学の知識しかないんで、ちょっと間の抜けた事を
言うかも知れない。後、犬以外、甲状腺のホルモンは処方したことはないので
ここでの、私の話は対象は犬だと思って下さい。

私はLevothyroxineの錠剤と乾燥甲状腺の粉末を使います。

>病院で出す甲状腺ホルモンはT4しかないので T3が低下してる人には効果はなさ
>そうです。しかし医者はかたくなにこのT4しか入ってない甲状腺剤しか出さないという
>現状です。

これは、病院で処方されるのはT3の方ですわ。T3とT4の関係はT3はT4の前駆物質。
T3の間は効果を現さない。代謝されてT4に変わって始めて効果が現れる。

乾燥甲状腺の粉末の場合は、自然のモノなので最初から少量のT4を含んでいる、
ただし主成分はT3。

どちらを処方するにしても、私の場合はT3を投与する目的で処方している。
理由は代謝されないと効果を現さないんで、体が必要量だけT3からT4へ変換して
くれるだろうと考えての事。

つまり、直接効果を現さないんで、副作用の危険性がそれだけ少ない。

547 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/27(木) 14:59:24 ID:KaIGqrQw
Levothyroxineの錠剤と乾燥甲状腺の粉末をどのように使い分けているかというと。

一つはLevothyroxineの錠剤の錠剤は2.5kgで一錠を処方するため。25kgの犬には
一日に10錠も処方することになる。飼い主さんの経済的負担も大変だし、精神的にも
毎日、10錠もの薬を飲ますのでは、副作用が出ないかと心配になる人も出てくる。

その点、乾燥甲状腺の粉末の方は25kgで0.5gでよく飼い主の精神的、経済的負担が
軽減されるため。

私は初回は少量から始て効果が出る所で維持量を決めるので、こんなに処方する
ことはあんまりいないんだけどね。

自分としてはT3を処方していると事で甲状腺のホルモンは他のホルモンに比べて
副作用をあまり心配することなく使えるのではないかと思っている。

548 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/27(木) 15:07:28 ID:KaIGqrQw
症状の酷い子は大型犬でも小型犬でも乾燥甲状腺の粉末を使う。

理由は天然の甲状腺の粉末は少量のT4が入っているから。

症状の酷い子は自分でT3からT4に変換することができなかったり、
変換するまでの時間を待てなかったりする。

甲状腺のホルモンが足りなくて、倒れ込んでる犬が甲状腺の粉末を飲ませると
30分ぐらいで立ち上がって歩くからね。それは見事だよ。

こういう犬にLevothyroxineの錠剤を使ったんじゃ、効果を待っている間に死んでしまう。



549 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/27(木) 15:22:35 ID:KaIGqrQw
犬でもステロイドの治療中に甲状腺機能低下症を発症する子も多いんで
ステロイドに弱い人間で、しかも大量に長期にステロイドを使用したのでは
甲状腺のホルモンが低下する症状を出す人もいるんだろうね。

そこのところは人間の医者ではないので分からない。

甲状腺の粉末がサプリで医者を通さず買えると言うことなので、どうも疑いがあると
思う人は使ってみても良いかも知れない。

ただし、ホルモンと神経と免疫は連動しているので、神経や免疫も改善するよう努力は
して欲しい。
ずっと飲み続けるんじゃなくて、健康になったら飲むのを休止することを考えられると良いでしょう。
甲状腺のホルモンは自然のモノであろうが合成であろうがT3を使っている限り、休止が
比較的簡単にできるホルモンだと思うから。

病院で使う甲状腺関係の薬で怖いのは、下垂体の甲状腺刺激ホルモンじゃないですか
これは、使い方を誤ると命に関わります。

慌てて書いたんで、タイポミスが一杯あります。なおしようがないので適当に
読んで下さい。

550 :病弱名無しさん:2006/04/27(木) 18:34:56 ID:mu3wgykz
>これは、病院で処方されるのはT3の方ですわ。T3とT4の関係はT3はT4の前駆物質。
>T3の間は効果を現さない。代謝されてT4に変わって始めて効果が現れる。

これは逆です。調べてみてください。
それから犬猫の話ではなく人間の話にしてくださいませんか?
ホルモン低下はマリリンさんにも無関係ではないですよ。

軽度での甲状腺機能低下でも精神への影響はあります。
どんな形で現れるかは個人差ですが 広場恐怖や対人恐怖 他人からの
批判に弱いなどもあります。このような症状があると 常にストレスが
かかっているようなもので、最後には人と対することが嫌いになります。
私がまさにそうでした。

つまりこのスレ的には 交換神経優位状態が続くというわけですね。
人の言動に敏感になってますから 山篭りでもしないとリラックス状態には
ならないわけです。

>ずっと飲み続けるんじゃなくて、健康になったら飲むのを休止することを考えられると良いでしょう。

6年間ずーっと服用してて 年々体調が向上しているのを感じてます。
私は先天的な機能低下ですので。一時的な機能低下なら体調が戻った時点で
必要なくなりますけど、そうでない場合は症状が戻ります。





551 :病弱名無しさん:2006/04/27(木) 19:27:17 ID:aBkZBm1L
>人間の体内で生成されてるホルモンと
>今まで医療で使われてきたホルモンは分子構造が違います。
>この分子構造が違うということが内分泌の研究を阻む元凶であるだけでなく
>酷い副作用を生んでいるんです。

マリリンさんはこの点についての意見はないのですか?
結構重要な点ですけど。
これまで議論した医療関係者は 人工ホルモンと体内ホルモンの区別が
ついていませんでした。




552 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/27(木) 21:05:30 ID:3QprHpWE
>>550
>これは逆です。調べてみてください。

ゴメン。調べてきた。貴方の言うとおり逆だった。

>ヨード(わかめ、昆布に多く含まれる元素のひとつ)を材料とし甲状腺ホルモンをつくる臓器です。
>下垂体(脳の一部)より甲状腺刺激ホルモン(TSH)が分泌され、その刺激によって、ろ胞内の
>サイログロブリンより甲状腺ホルモン(T4、T3)が分泌されます。普通甲状腺からT4の形で分泌
>され、肝臓などの末梢組織でT4の40%がT3へ変換され(脱ヨード)、調節されています
>(甲状腺機能低下症の補充療法はより生理的にするためT4:チラージンSが用いられます)。

私、反対に覚えていたんだ。でもね。私の使っているのはチラージンSだからT4を使っているわけで
>>546>>547で書いた事は、T3とT4を反対にしてもらえば成り立つと思う。

他にも血液中にもT4の方が多い、T3の方は生理活性は強いと書いてある。
代謝されてT3になるんだから別にT4だけのチラージンS錠でも問題ないと思うけど。

精神の病気はあんまり犬にはおこらないし、何年も飲ませることもあんまりないんで
合成ホルモンだからと言ってステロイドのように体にたまって副作用を出すわけでは
ないので、甲状腺のホルモンについては天然、合成考えたことなかった。

ちなみに、病院用の天然の甲状腺乾燥粉末を私は買って使っているので、医者も使っていると
思うけど。違うのかな。

後ね。私は人間については、あんまりよく知らない。人間と犬との共通部分しか話せない。

553 :病弱名無しさん:2006/04/27(木) 22:04:30 ID:vYE5Mp9Z
>精神の病気はあんまり犬にはおこらないし、何年も飲ませることもあんまりないんで
>合成ホルモンだからと言ってステロイドのように体にたまって副作用を出すわけでは
>ないので、甲状腺のホルモンについては天然、合成考えたことなかった。

犬は喋れませんから。だから参考にはならないんです。
甲状腺ホルモンで合成の弊害というのは 単に「効かない」と言うだけのようです。
他のホルモンの場合「合成」が問題になってきます。
代表的なのは「プロゲステロン」です。

>ちなみに、病院用の天然の甲状腺乾燥粉末を私は買って使っているので、医者も使っていると
>思うけど。違うのかな。
人間の方は 天然の甲状腺末は患者が粘り強く催促しないと出ないようです。

>代謝されてT3になるんだから別にT4だけのチラージンS錠でも問題ないと思うけど。

ところがそのT3に変換する機能に故障がある人は チラージンSでは低下症の
改善はしないんです。






554 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/27(木) 22:53:53 ID:3QprHpWE
>>553
>甲状腺ホルモンで合成の弊害というのは 単に「効かない」と言うだけのようです。

別に合成でも効いてるよ。だけど大型犬と重症の子には私も乾燥粉末の方を使っているけどね。


>合成の弊害というのは 単に「効かない」と言うだけのようです

でしょ。私が甲状腺のホルモン限定でと言ったのが分かるでしょ。
プロゲステロンについては産業動物や動物園では使うけど、ペットは後々の弊害の方が
怖いので避妊してしまう。だから、私は使わない。

>ところがそのT3に変換する機能に故障がある人は チラージンSでは低下症の
>改善はしないんです

そりゃーそうでしょう。医者は何で乾燥粉末の方出してくれないんだろうね。不思議だね。

ところで、甲状腺のサプリは何処で売っているの?個人輸入?処方箋なしで買えるモノなら
代替療法のうちに入るね。

555 :病弱名無しさん:2006/04/28(金) 06:24:03 ID:BT/DjGQG
>合成の弊害というのは 単に「効かない」と言うだけのようです

「効かない」というのも2次的な弊害はありますよ。
そのまま低下の症状が悪化しても 甲状腺異常なしとされて
放置されるか なにか発症しても別の病気とされます。
または悪化したものは精神的なもので片付けられるからです。

>プロゲステロンについては産業動物や動物園では使うけど、ペットは後々の弊害の方が
>怖いので避妊してしまう。だから、私は使わない。
その怖いはずの「プロゲステロン」を医者も知らないホルモンバランススレでは
盛んに使ってます。もちろん分子構造が人体と同じものですけどね。

10日たらずで 浮腫みが取れて弱い肌の改善と痰が出る 不眠気味な症状が改善してますね。
私の体験も書いてありますから参考にどうぞ。更年期を前にして体の不調を訴える
女性は たいていエストロゲン優性(=プロゲステロン不足)です。
それに甲状腺機能低下も混ざることがありますが。

>そりゃーそうでしょう。医者は何で乾燥粉末の方出してくれないんだろうね。不思議だね。
製薬会社の洗脳が成功してるんでしょう。乾燥粉末にはT3が入ってるから
副作用が心配だ というのや成分にばらつきがあるからという理由らしいですけど。
それを出してくれるまで一年くらい交渉してた低下患者さんいましたよ。
とにかく最初から出ることはないですね。






556 :病弱名無しさん:2006/04/28(金) 06:30:41 ID:BT/DjGQG
>ところで、甲状腺のサプリは何処で売っているの?個人輸入?処方箋なしで買えるモノなら
>代替療法のうちに入るね。

私はネットに入手方法は公開しません。何故ならホイホイ使う人を防ぐためです。
「医者も知らない甲状腺異常症候群」に入手方法が出ていますから団体名を
ネットで検索して住所を確認してください。古い住所ですから。
そこに飲んではいけない人や(最近心臓発作があった人)のみ方なんかが
書かれています。「医者も知らない自然なホルモン」には臨床例がたくさん
出てますから それも参考に。難病とされた病気の例がたくさんでてます。



557 :病弱名無しさん:2006/04/28(金) 07:37:56 ID:BT/DjGQG
バーンズ博士の研究のキモは 病院での検査に漏れて甲状腺異常なしとされた
またはそんなことには気がつきようもない

「軽 度 の 甲 状 腺 機 能 低 下 患 者」なんです。

わずかなホルモンの低下が長期間に及ぶとどういう症状を起こすかを
観察してます。低下の程度×時間=症状 なわけです。

わずかな低下であれば症状として自覚するまで年月がかかりますが 程度に
よっては子供の時から症状があります。いわゆる「体が弱い 弱い体質」と
いわれてる人たちですね。肌の荒れや乾き 手の平が黄色い 眠る時間が
長い 動作が緩慢とかいろんな特徴があります。甲状腺は全身に関わりますから
どこが故障してもおかしくない。

バーンズ博士の本の概要は 疲労と貧血 どんな年齢でも起る神経的なトラブル
抵抗力が低下する要素 皮膚の深刻な症状の改善(蜂巣炎 丹毒 ニキビ 冬季掻痒症
湿疹 乾癬 他) 生理不妊出産のトラブルに対処 高血圧に対処する 心臓発作に
対処する 関節炎に対処する 糖尿病の諸症状に対処 慢性気管支炎肺がん肺気腫に対処
など多岐にわたります。

これらが甲状腺に関係してるとは誰も夢にも考えないでしょう。
みなそれらは別々に発症してる別の病気だと考えて 個々に対処してるわけです。
でも根本原因をそのままにしてるから繰返す。つまり慢性病となるわけです。


558 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/28(金) 08:16:25 ID:sG8syGpy
いろいろ教えてくれてありがとう。勉強してみるわ。

今のところ、私としては神経と免疫とホルモンは相互に依存し影響しあっていると
考えているので、自律神経のバランスを改善し、自然免疫力を高める方法で
健康を取り戻すようアプローチしていきたいと思っている。

女性ホルモンのバランス異常にしても精神的疲労やストレスで止まっていた生理が
穏やかな生活を取り戻せば、また始まるでしょ。そうやって、ホルモンバランスを私の
場合は治していきたいと考えている。

>>555
>「効かない」というのも2次的な弊害はありますよ。
>そのまま低下の症状が悪化しても 甲状腺異常なしとされて
>放置されるか なにか発症しても別の病気とされます。
>または悪化したものは精神的なもので片付けられるからです。

これは本当にありそうで怖いよね。医者って検査値しか見ていない。患者の顔色
見ないんだよ。その点獣医はできる検査が限られているし、動物はしゃべらないんで患畜の
状態を観察しないわけに行かない。エビデンスも医学より全然そろわないのでデータに
日常の診察を頼る分けにはいかない。自分の勘を頼りにする時も多い。

別スレで医者と話していると、獣医の方が進んでいるなと思う時あるよ。

559 :病弱名無しさん:2006/04/28(金) 08:49:06 ID:BT/DjGQG
>今のところ、私としては神経と免疫とホルモンは相互に依存し影響しあっていると
>考えているので、自律神経のバランスを改善し、自然免疫力を高める方法で
>健康を取り戻すようアプローチしていきたいと思っている。

私ととしては情報を渡すだけですから 誰がどんな判断をしてもかまいません。
この情報を生かすも殺すもその人次第です。

ホルモン低下はどんな人でも老齢になれば起きてきます。
この情報を「自分には関係ない 」と無視すれば 自分の肉親のホルモン問題に
直面した時にはステロイドに帰結する治療になるでしょう。

実際私は主人の(60才です)繰返す足の故障に甲状腺剤で対処して
失職の危機を免れてます。友人知人にしても同様で 母親の重症の乾癬
を甲状腺剤で対処して軽症に。一家崩壊の危機を免れてます。



560 :病弱名無しさん:2006/04/28(金) 08:52:03 ID:BT/DjGQG
では。
あとの質問等はホルモン関連スレでお願いします。
いつも常駐してますから。

561 :病弱名無しさん:2006/04/28(金) 09:14:06 ID:BT/DjGQG
>女性ホルモンのバランス異常にしても精神的疲労やストレスで止まっていた生理が
>穏やかな生活を取り戻せば、また始まるでしょ。そうやって、ホルモンバランスを私の
>場合は治していきたいと考えている。

最初に紹介した統合失調症の人も「ホルモンなんて不自然なことはしたくない」と
いっていろんな模索をしてました。私も本人がその気にならないなら無駄だと
思って見守ってましたが、万策尽きて 医者にさじを投げられ 安定剤が手離せな
いほどになってはじめて機能低下の可能性を検討してくれました。結果良くなってるわけです。

どん底になるまでは話が身に迫らないみたいですね。



562 :病弱名無しさん:2006/04/28(金) 09:17:46 ID:BT/DjGQG
しかしホルモン関係の場合 どん底になると思考能力に
問題が起きてきますから 症状の説明が出来なくなって大変なんですよ。

さらに甲状腺剤を手に入れる作業自体が難しいらしく 自分が必要と
感じていても手に入れるまでグズグズしてますからね。

563 :病弱名無しさん:2006/04/28(金) 13:06:37 ID:nr6bH6TC
犬の話されてもなw

564 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/28(金) 20:32:36 ID:isfa+LQA
>>559>>560>>561>>562

今は、ホルモン療法までしなくても、私の場合は自然免疫療法で十分間に合っています。
だけど、貴方が知識として教えて下さって事は頭の片隅にあるわけで、それこそ
何か必要な時に思い出す事になるのでしょう。

自然免疫療法等の代替療法は、病人本人が納得して受けないと効果も現れませんし、
自分から進んで自分にあう治療法を選択しないと、誰も手をさしのべてくれませんからね。

その点が、西洋医学との違いでしょうかね。
西洋医学は病院に行っただけで、患者は治療法を選ぶ暇も権利もなく、ほとんど何の
説明もないまま、マニュアル化された治療法を受けさせられることになる。

それが、自分にあった治療法なのか、返って被害を受けているのかも分からないままね。

565 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/04/30(日) 22:32:17 ID:gEfUzGNx
>>563
>犬の話されてもなw

と貴方は言うけれど、犬の甲状腺機能低下症には

・無関心や不活発
・寒がる
・耳や四肢が冷たく末梢の循環が悪く低体温
・体重の増加
・疲れやすい
・食食の減退
・不妊と性欲の減退
・脱毛 皮膚の肥厚 色素沈着
・関節炎

等の症状があります。治療もチラージンSや甲状腺の乾燥粉末を使います。
まったく、犬の甲状腺低下症と人間のそれとが関係ないとは言えないでしょ?

検査値もT3、T4はなかなか安定的に検査ができない。私は人間の検査センターを使って
いるためかと思っていたけど、ホルモンスレから来た人の話を聞くと、人間でも異常が
なくても甲状腺機能低下症を疑った方がよい症例もあるとのこと。

犬と人間の病態がまったく違うモノだとは思わない方が良いと思うよ。

566 :病弱名無しさん:2006/05/01(月) 20:46:28 ID:N3RPZuSq
これは自律神経免疫治療法なのだろうか…

http://www.ie-igaku.net/pages/user/m/article?article_id=16257255&stq=d464cd94455564f2652450f521fc07aa

567 :シナモン:2006/05/04(木) 19:12:46 ID:34+g9+4w
マリリンさん、こんばんわ。旅行中ですね!楽しんでくださいね!
僕は仕事です。やれやれです。(笑)

それと母には刺絡療法の再開と血液検査が重要だと説得しています。
刺絡療法は良いです。僕は改めてそう思いますた!

それと出来る限りのんびりされるようにしてください。血圧のためにも。
ゆっくりでいいのです。ゆっくりやりましょう。生き急ぐのは良くあり
ませんから。良い休日を!
        
きのことりさん、
ホルモンバランスの本をアマゾンで買いますた。少しずつ読んでみます。
情報をありがとうね。

568 :シナモン:2006/05/04(木) 19:18:10 ID:34+g9+4w
>>509-510さん
他スレにもレスがありました。コピペなのでしょうか?

569 :シナモン:2006/05/04(木) 19:22:51 ID:34+g9+4w
再度レスします。マリリンさん、無理は駄目ですよ。

570 :509:2006/05/04(木) 20:00:29 ID:0MRauWZc
>>568
自分で書いた文章ですけど何か?

571 :シナモン:2006/05/04(木) 20:41:02 ID:FDa6rtF0
>>509さん、
それは大変失礼しました。僕は不精なのであまりレスしていませんが、ここの
>>1であります。僕は膠原病については少しですが知っています。慢性疲労症候群に
ついても知っています。抗核抗体が高いのもひょっとしてと疑った事もあります。
ストレスは脳にダメージを与えていますよね。

僕は膠原病の原因を考える時、遺伝的な素因があり、ストレスにより、
極度の交感神経が続き、性ホルモンの異常が起き、自己抗体が出来る
のかなと考えています。だから僕はホルモンの本を買いますた。

脳に ついてはもっと勉強しなくてはなりません。笑い療法というのも脳に
アプローチをかけていることだから。僕は思うのですけど、 副交感神経に
働き掛ける事は全て心地良い事なのです。 おしっこしたり(下品で失礼です)
、温泉に入りハァーとしたり、 食事に時間をかけたり、コメディーを見て
ゲラゲラ笑ったり。 トレハロースはボーナスが出たら買って試してみます。
情報Thxです!失礼でごめんね。

572 :509:2006/05/04(木) 22:20:00 ID:0MRauWZc
>>571
私は発病以来、筋肉痛を瞑想による脳内麻薬などで軽減させて来たのですが、
長年のステロイド剤の使用による脳ストレスの蓄積は並大抵のものではありません。
笑い療法、温泉、コメディー、おしっこ、ゆっくり食事、どれも悪くはないけれども
それでも副交感神経が簡単には反応しないのが我々の体。

この悪の疲労循環を割って入ることが出来るのがトレハロースです。

>トレハロースはボーナスが出たら買って試してみます。

冗談?いや、値段を見ていないのですね。プラスチックの容器に650g入りで1260円です。
もっと少量のも業務用もあります。

サンプルもあります。
http://www.biotechs.co.jp/main/product/toreha.html

573 :シナモン:2006/05/05(金) 19:44:52 ID:QyJIBxE1
>>572
レスをありがとうね。貴方の言われる通り、副交感神経はそんなに簡単には
反応しないのです。母を見ているから分かります。それでも元気な方だと思います。
膠原病のスレを読んでいてそう感じます。トレハロースの値段を見たときは確か
箱入りで6,000は超えていますた。でもそれは業務用ですた。家庭用ではありません
でした。僕が見落としていますた。ごめんなさい。でも家は正直貧乏です。休日にせっせ
と働くのですよ。(苦笑) マリリンさんとはちびっと違います(笑)

でも貴方が良くなられた事を僕は嬉しく思いますし、情報を感謝します。
僕は常に中立的な考えをします。それは僕の小さな自慢なのです。

574 :シナモン:2006/05/05(金) 19:52:56 ID:QyJIBxE1
とにかく試してみます。ありがとう。

575 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/05/06(土) 07:30:40 ID:HBKxqbhW
ただいま。昨日、夜遅く返ってきた。疲れました。

今回の旅行は車がなかったので、ゲって言うぐらい歩いたわ。でも楽しかった。
心配していた今日の血圧は158/98mmHg、だんだん下がっている。 嬉しいです。

降圧剤を止めるのが、こんなに大変な事だとは思わなかった。私は水素結合水が
がなかったら、薬を止めることは不可能だったと思う。

だから509さんがおっしゃるように

>それでも副交感神経が簡単には反応しないのが我々の体。

これは、本当にそうだと思う。重症に免疫抑制された患者は漢方かサプリ、鍼灸のどれか
あるいは複数を使わないと免疫力の回復は望めないと免疫療法を使う水嶋丈雄先生は
言っているけど、これは正しいね。

鍼灸やサプリ、漢方以外にも気功や波動療法等も入るんだと思うけど、とにかくお金のかかる
モノを使わない限り、重症の免疫抑制患者さんは治らないとよ。

576 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/05/06(土) 08:00:42 ID:HBKxqbhW
サプリメントの場合、活性酸素を除去するか、リンパ球を直接刺激するか、腸管の環境を
整えるか、サイトカインや酵素、組織の部品の材料になり、これらの活性化を誘導するか
のいずれかで効果を現していると私は考えている。

トレハロースが509さんに効果があったと言うことは、多分、上記のどれかで効果が
あるんだと思う。自分にあったサプリが安価で見つかったのですから、本当に良かったと
思う。

サプリに関しては、トレハロースや水素結合水以外にも良いモノは一杯あるんだと
思う。だけどこれだけ種類があると選ぶのも迷うし、悪徳業者に騙されないように
するのも大変な事です。

だから、私は自分なりに免疫療法の理論みたいなモノを組み立てて、そこから
違う作用機序のモノで自分にあったを数種類を選び取り入れています。

もちろん、かかる費用は安い方が良いに決まっていまから、トレハロースが貴方にそんなに
あったのなら、きっと良いサプリなのでしょう、実際に使った人の経験談は貴重な
サプリ選びの参考になります。教えて下さってありがとう。


こうやって効果があったと言う人の体験談を何人も知るとステロイドを一生飲ませる
西洋医学の治療法はどんなに、説明されても納得なんかできないですね。医者は
いい加減に目を覚ますべきです。

577 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/05/06(土) 08:10:56 ID:HBKxqbhW
>>576 自己レス補足

>サプリメントの場合、活性酸素を除去するか、リンパ球を直接刺激するか、腸管の環境を
>整えるか、サイトカインや酵素、組織の部品の材料になり、これらの活性化を誘導するか
>のいずれかで効果を現していると私は考えている。

これ以外に還元作用があった。
トレハロースは水素結合すると説明しているから、この還元作用があるのかもしれないね。


免疫療法で大切なことは、スムーズな血流の流れを確保することだと私は考えている。

578 :509:2006/05/06(土) 09:54:47 ID:qaQfsldw
>とにかくお金のかかる モノを使わない限り、重症の免疫抑制患者さんは治らないとよ。

ここ10年くらいで時代が変わってずいぶん安上がりになったし、
何よりインターネットの普及で有益な情報がいくらでも手に入るので
いい時代になったなぁと思います。
ネットの恩恵を受けられない年寄りにはみのさんが頑張って啓蒙しているし。

みのさんと言えば、アルツハイマー患者の9割からクラミジアが検出されたらしいです。
一方「橋本病の7割はボケる」と60代の橋本病の叔母が医者に言われたらしいのですが
私の前の主治医の膠原病医は橋本病の検査をせす患者がボケたら「SLE脳症です」と
言う気だったらようですが、膠原病も橋本病もウィルス説はありますし、
ウィルスが体内で暗躍していながら免疫抑制って、ほとんど拷問されているみたいでしょ。

というわけで私はハーブで勝手に細菌、ウィルス対策をやってしまいました。

579 :509:2006/05/07(日) 11:13:52 ID:lxJvjyfg
うちの地方だけなのか全国的にそうなのかわかりませんが
病院ってあきれるくらい感染症に無頓着、っていうか
感染症を診断するのは実際難しいらしくて、
知り合いの精神科のお医者さんでご自身がアトピーがひどい人がいて
でも皮膚科で免疫の検査をしても何も出ないので、
自分で感染症の検査を思いつく限り出してみたんだけど
やっぱり何も出なかったそうで、それでも感染症の雰囲気はあるので
思い切って自分で抗生剤使っちゃおうかどうしようか
迷っていらっしゃったのでハーブを勧めておきました。
それとアミノ酸とトレハロース。この先生の結果も楽しみ。

私は去年の11月ぐらいから頭の中心で頭痛がしたり目が霞んだりするようになって
歳を越えてからは目が覚めた時に布団の中で体が冷え切っているという状態で
それでもSLEの免疫のマーカーは異常がないし
頭痛は瞑想で消せる範囲のうちは何が起きているか考えませんでした。

2月に入って冷えの頻度が増えたり頭痛も自力で治せなくなって
いつもと違う病院に行ったら甲状腺の異常を指摘されて
SLEは落ち着いているといっても実は危機的状況だと気がついて
それからデトックスをしたりアミノ酸を摂ったりして体力の回復を計りました。
その上でハーブを数種類集中的に摂りました。
感染症対策をやってみると甲状腺機能低下症の症状はすべて消えています。
感染症が悪化すると体の中でザワザワするのですがそれもかなり少なくなりました。


「プロフィーラ」という液体プロポリスのサンプルがもらえます。
http://www.biotechs.co.jp/main/product/prophylla.html

580 :509:2006/05/07(日) 11:22:48 ID:lxJvjyfg
そういえば頭痛のときに脳外科で検査を受けましたよ。
「緊張性の頭痛です」ということで特に問題なしでした。

581 :509:2006/05/07(日) 12:24:22 ID:lxJvjyfg
あとですね、トレハロースはお風呂に入れるのもいいです。

ネットで「お風呂にいれると肌にいい」という声を拾ったとき
「べたべたしそう」と思ってすぐにはやってみなかったのですが、
考えてみるとくたびれた生野菜をトレハ水につけると
パリパリシャキシャキのサラダバーの野菜みたいになるのです。
同じ理屈でくたびれた人間も「あら??」という変化をします。
子供の頃の風呂上りの肌を覚えています?烏の行水であの肌になります。
ためしに洗面器で手だけつけてもあっという間に指紋が浮き出ます。

それがどうしたと思うかもしれませんが、
どうやらずいぶん体が乾いていたんだなぁと気付きました。
細胞に水が蓄えられると全部が動き出すみたいです。
昨日は左足から古い捻挫の名残りが出てきました。
痛みを感じなくなっていた神経が復活してきたんだと思います。


582 :509:2006/05/07(日) 12:30:26 ID:lxJvjyfg
すいません、また書き忘れ。
その捻挫は夫に治してもらいました。夫は手技治療家なのです。



583 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/07(日) 13:26:49 ID:EUPn23yp
>感染症対策をやってみると甲状腺機能低下症の症状はすべて消えています。
>感染症が悪化すると体の中でザワザワするのですがそれもかなり少なくなりました。

微生物もホルモンに影響を与える一要素ではあるね。
一番一般的なのはイースト菌症候群で これらが内分泌に影響を与えるものらしい。
509さんが感染症対策で甲状腺機能低下症が消えたのならそれが要因だったってことでしょう。

人によってはいろんな要因がいろんな割合で混じっているらしいけど 治ってみないと
それがわからないんですよ。生来の機能低下が感染症を呼び込みさらに悪化させる
場合もあるし。

私も内分泌スレですべての要因に触れたいんだけども 全部ぶちまけても
読んでる人には思考能力の体力がないから混乱させるだけ。その人に一番必要と思わ
れる情報だけを提出するようにしてる。

感染症要因なら湿気のあるところで具合が悪くなるという特徴があるらしい。
その辺のことは手に入りにくいかもしれないけど「オーレユーロペンの奇跡」という
本に詳しい。この本は感染症対策にオリーブリーフのエキスを推奨してます。
私も風邪対策に使ってます。結構長く患ってた副鼻腔炎が治ってます。
それからなぜか口の周りのかさかさが消えました。

菌や微生物は体に型や種類によって さまざまな影響を与えるから実態をつかむことは
不可能らしいんですよ。でもオリーブエキスはほとんどの悪玉微生物を死滅させる成分を
もっているそうです。これの効果もホルモンに劣らず目を疑いますよ。
「OLE ゲットウェル」で検索してみてください。
 



584 :509:2006/05/07(日) 14:15:29 ID:lxJvjyfg
>>583
私がアトピーで困っている精神科の先生に勧めたのは
ゲットウエルのユーロペンなんですよ。

ユーロペンは4年くらい前から時々買っていたのです。
今までは1日に1錠とか多くても3錠とか、せこい使い方をしていたので
劇的効果を感じたことはなかったんですけど
今回は「思いっきりやるぞ〜」と気合が入っていたので
最初の2日間くらいは3錠程度だったんですが、あとで6錠まで増やしました。

かなり感染症は進んでいたらしく、
死滅した菌やらウイルスやらが細胞から吸収されて全身を回って排泄されるまで
1週間以上「毒が回っている」感じでグダグダでしたが
6錠飲んでもグダグダしない日が来て「終了」だとわかりました。
それで1瓶空になりました。

それから2週間くらい経つんですけど、昨日かおとといから
甲状腺のう胞(3.5cmあると言われた)の周囲を中心から首のリンパ節が
腫れている感じで、子供の頃にアデノイドを焼く手術もしているので
私の病気の一番元になっているのがたぶんここだと思うんですが
まだ感染症の名残りがあるか?と心配になって
買ってあった林原の液体プロポリスを使ってみることにしました。
喉の違和感は突然減って、痰がちょっと出ています。
それから猛烈に暑い!部屋の中は23℃なんですが。
昔熱を出したときにバファリン飲んで汗をかいて
「ふ〜」となってるような反応をしています。
肩、背中が緩んでいます。猫背が治るかも。
ユーロペンと違う効き方だと思いました。

585 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/07(日) 14:36:49 ID:EUPn23yp
長いこと体の具合の悪い人は いろんなサプリメント その他諸々の
健康グッズを試してるもので その使い始めには熱く語ってくれるんですけど
2,3ヶ月もつづかないんです。
次々なにかしら試す期間が短いほど「体が辛いんだな」と
それで気を紛らわしてるんだろうなと思ってます。

ですからその人が2.3ヶ月後も同じもので話が出来ていたら 初めて耳を
傾けますけど たいていは聞き流しますね。

健康対策になにを使うかは無数の選択肢がありますけども 全部を試すのは
不可能なので条件を絞っています。この条件を揃えないものは検討の前に
却下にしています。情報選択は捨てるのが肝心ですから。

理論的な裏づけを持ってて 現象と一致するもの
原料が身近にあって 高価でないもの
特別な技術を必要としたり 名医の存在がなくても出来るもの。

つまり貧乏人でも使えるものです。もし高価な薬 治療費の高い名医でなくては
病気が治らないと言うなら おとなしく死のうと思ってますw

586 :509:2006/05/07(日) 15:07:29 ID:lxJvjyfg
ははは。我が家は無制限に試していますよ。
この前泥棒が入ったんですが、戸棚もカバンの中も
小物入れもぜーんぶサプリメントと健康グッズだらけで
大事そうに見えたのか全部ひっくり返してありましたが
金目のものは何も出ず。。。
あ、商品券と水晶のネックレスだけ無くなりました。

マリリンさんの水素結合水も実は飲んでいましたとも!
私はすっかり忘れていましたが夫が昔買いました。
冷蔵庫のペットボトルにスティックが入っていましたよ。
おまけにペットボトルはダイドーの「ミウ」の空瓶ですよ。

遠回りに見えることが近道だということってあるんですよ。
全部自分の頭で考えて進むと結局、人間のできる程度のことで終わります。
何気なしにランダムに動いているように見えても
大きなものに導かれて動いていると最終的には大きな結果を出します。

私は膠原病を治すということがライフワークだし
夫はそれを助けることがライフワーク。
そのためには病院で危ない目に合わされることも
高い健康食品を買い続けるのもありなんです。
そういう物が無駄になるとは全然思っていないのでご安心を。


587 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/07(日) 15:36:06 ID:EUPn23yp
>そのためには病院で危ない目に合わされることも
>高い健康食品を買い続けるのもありなんです。
>そういう物が無駄になるとは全然思っていないのでご安心を。

いや。無駄ですよ。使えるお金に限りがある人にはね。
病人にはいろいろ試す体力も節約する必要がありますし。

病気の要因には
遺伝的要素(甲状腺機能低下含む)
感染症由来
生活習慣由来(ストレス 食生活など)
環境要因由来(有害物質摂取 過酷な環境下)

等がありますが それにそった考察がまず必要かと。
自分にはどの原因が一番疑いが強いかで 使うものを絞り込んでいけます。





588 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/07(日) 16:17:10 ID:EUPn23yp
>私は膠原病を治すということがライフワークだし

まず あなたはそれを完治させないとなにを紹介しても説得力はないですよ。
いつも話が「これで治るかもしれない」で終わってませんか?

仮に治ったとしても 因果関係を明らかにするためには複数のものを試していては
まずいんじゃないですか?説得力がさらに減ですよ。


589 :509:2006/05/07(日) 16:30:40 ID:lxJvjyfg
きのことりさんて病気のことを頭で考えていますね。

>病気が治らないと言うなら おとなしく死のうと思ってます

切腹でもしますかね。実際問題無理ですよ。

590 :509:2006/05/07(日) 16:34:41 ID:lxJvjyfg
>>588
甘い、つか、知らないんですね。
因果関係が単純に見えるようなら難病とは言わないので。

591 :病弱名無しさん:2006/05/07(日) 16:37:16 ID:nTyFgYuk
生涯完治しない病気なんていくらでもあるよ。
膠原病もそのひとつ。

592 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/07(日) 16:38:38 ID:EUPn23yp
体で考えていますよ。
実際に自分に投与して 体が変化したことだけを報告してます。
因果関係を明確にして 資料も提出してます。
決して結果の出てないものの話はしません。
体の弱った人には余分な情報を消化する能力はないんですよ。

>病気が治らないと言うなら おとなしく死のうと思ってます
これはジョークですけどね。
お金がなければ治らないのなら 貧乏人は死ねといわれてるも同然ではないですか。
人にそんなものすすめられません。いたづらに絶望させるだけです。


593 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/07(日) 16:45:37 ID:EUPn23yp
>>591
それは今のあなたの守備範囲でいえる時点での結論です。

膠原病も自然なホルモン治療では治療実績があるようですよ。
自然なホルモンを使った治療は 今の医学では不治とされる難病を扱ってるようです。
実際に目にはしてないので「ようです」としかいえないですけど。

私の友人の重症乾癬も軽症になってますし、ホルモンバランススレでも予測不能な
実績を出してますから事実無根ともいえないですね。


594 :509:2006/05/07(日) 16:45:48 ID:lxJvjyfg
>>592
あなたも誰かの膠原病を完治させなさい。
甲状腺機能低下症程度で知っているフリなんてしないで。


595 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/07(日) 16:48:49 ID:EUPn23yp
>因果関係が単純に見えるようなら難病とは言わないので。

人に説得力を持たせたいなら可能な限り 摂取したものと症状の改善の因果関係を
明確にする必要があるでしょう。
最初からその努力を放棄してどうするんですか。




596 :509:2006/05/07(日) 16:53:47 ID:lxJvjyfg
>>595
13年闘病している私に「最初から」だって(´_`;)

597 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/07(日) 16:54:13 ID:EUPn23yp
>>594
私は医者じゃないので「完治させる」ことは出来ないですねw

ただ自然なホルモン研究を使って「自分は甲状腺機能低下があるみたいだ」と
判断した人が 乾癬なり自律神経失調症なり過食症なりを改善させた様子を
観察してるだけですよ。

別に私が偉いわけでもないでしょ。研究結果を使って健康管理してるだけですから。
その研究が使えるかどうかだけです。

598 :509:2006/05/07(日) 16:57:09 ID:lxJvjyfg
>>597
逃げたの?

599 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/07(日) 16:57:53 ID:EUPn23yp
>>596
ライフワークにするなら、そうですよ。
因果関係を明確に出来ないなら 説得力は出ません。
それは変わらないですよ。

600 :509:2006/05/07(日) 16:58:33 ID:lxJvjyfg
>>597
お気楽でいいね!それが健康の証だね。



601 :509:2006/05/07(日) 17:01:25 ID:lxJvjyfg
もしかしてきのことりさんアスペルガー?
だったらもう突っ込まない。どうなの?


602 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/07(日) 17:04:15 ID:EUPn23yp
>>598
事実ですから。

甲状腺剤摂取で 体のどこが変化したか観察してるといろんな病気に関与してる
というバーンズ博士の研究の信憑性が出てくるんです。
多角的に立証できるほどに信憑性が増します。

今は自律神経失調症とドーパミンと甲状腺機能低下の関連を実証できる研究資料を
探してるところです。

603 :509:2006/05/07(日) 17:10:32 ID:lxJvjyfg
ふーん、やっぱりきのことりさんは感覚的な会話は苦手そうだなぁ。

あなたには「サフラン」がいいかもよ。
トレハロースよりも実績のあるものに限定したいなら
サフランをお茶にしたり蜂蜜にいれたり焼酎に入れて摂取してください。
抗鬱薬として精神科でもらえるものです。

604 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/07(日) 17:14:00 ID:EUPn23yp
こういう資料が今のところ見つかってますけど。

ドーパミンと甲状腺機能低下の関係
http://www.hosp.go.jp/~westnara/kenkyukensa/kensa/KENSA/SRL0831.htm 

抗鬱病薬としての甲状腺ホルモン
http://www.j-tajiri.or.jp/source/translation/d/06.html 

>>601
スレに関係した話をしましょう?


605 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/07(日) 17:18:55 ID:EUPn23yp
>ふーん、やっぱりきのことりさんは感覚的な会話は苦手そうだなぁ。

いや。医学的事実を使って関係性を示唆していかないと説得力がでないわけで。
感覚的に話してると結局「私の話を信用するか しないのか」で宗教の
世界に踏み込んでしまうので。

それが一番危険。



606 :509:2006/05/07(日) 17:21:15 ID:lxJvjyfg
>>604
前からあなたの「動機」が見えなくて不思議だったのです。

本当はホルモン不足の人を助けるのでも
研究熱心なのでも、誰かに評価されたいのでもなく
自分の感情を探しているんでは?

だったらサフラン勧めます。
裏にいる人格が強制的に表に出るので。
その後トレハロースを摂ると深い夢を見始めます。
それが近道だと思う。

607 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/07(日) 17:24:15 ID:EUPn23yp
患者というのは 力強く「私を信じなさい 治してあげます」といってもらいたくて
ウズウズしてますからね。
そういう人につかまったら大変なことになりますよ。
被害額3000円でも訴訟沙汰になりますから リアルでは「感覚的な話」にはご注意を。


608 :509:2006/05/07(日) 17:27:47 ID:lxJvjyfg
>>607
ふーん、よっぽどウズウズしているみたいですね。
でも「ウズウズ」って本当に実感している?
形式で覚えている語彙を使っただけ?

609 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/07(日) 17:31:18 ID:EUPn23yp
>>606
なぜそうなるのかな?w
わけわかんないな。

ホルモンは一般的に知られていない要素だから 健康管理をする人には
知る必要があると思ってるだけです。
それに自然なホルモンの認知が高まれば 人工ホルモン(ステロイドを含む)を
使った過激な治療の突破口が開ける可能性がある。

膠原病もステロイド治療で煮詰まっているはずですよ。



610 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/07(日) 17:36:32 ID:EUPn23yp
>>608
スレに関係ない話は無視しますね。いたづらに長くなるし。
509さん 感情的になってきてるし。

611 :509:2006/05/07(日) 17:39:37 ID:lxJvjyfg
>>609
あなたは理屈だけ言ってるつもりでも
はたから見るとあなたのキャラクターが前面に出てるんですよ。

それがわかっていないのは「キャラ」を感知できない、
つまり脳の構造が最初から自分の感情を感じられない人であるか、
脳に問題はなくても成長期に抑圧があって感情を閉じているか
どっちかでしょうが。

だからサフランを使え〜と言ってるわけよ。使えばわかる。それだけ。

612 :509:2006/05/07(日) 17:49:55 ID:lxJvjyfg
まぁいいや、おかげで多くの謎が解けましたよ。
きのことりさんと2ちゃんねるで会話していたことは
過去にも意外に多かったみたいで。

あなたもまだ頭痛あるでしょう。だから感染症にも詳しかったんだな。

613 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/07(日) 18:02:14 ID:EUPn23yp
>>612
頭痛?ないですねw
感情障害?もないです。
私はもう問題にすべき症状はないんですよ。

いつもそうやってネット診断してるんですか?しかも断定してるじゃないですか。
危険な兆候をもってますね。医者でもないなら自重した方がいいですよ。

>だから感染症にも詳しかったんだな。
普通の風邪だって感染症ですもの。健康管理を考えたら自然に他の菌についても
調べることになっていきます。
ホルモンだってそうです。自分の持ってる病気だけ調べてれば十分ってことは
ないです。どんな病気もかかる可能性は誰だってあるんですから。





614 :509:2006/05/07(日) 18:20:16 ID:lxJvjyfg
>>613
まぁ「感情を探してる」は当たりでしょう。
時々奇妙な、下手な演技みたいな口調の書き込みを
目にすることが多かったけど、
あれはキモチ悪いよ、はっきり言って。

615 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/07(日) 18:21:35 ID:EUPn23yp
出会い頭に「あなたには感情障害がある 抑圧されてる」と高圧的に
でるのは洗脳の初歩的な手法です。

本当の治療家は 例え鬱症状をもった人を目の前にしてもそれをまともに
指摘するようなことはしません。悪化させてしまします。
私はそこに509さんの胡散臭さを感じているんですよ。

体の弱ってる人 精神的に弱ってる人はイチコロにやられますね。

616 :509:2006/05/07(日) 18:23:32 ID:lxJvjyfg
>>615
その書き込みを「きのことり」のハンドルでやってもいいの?
もういいのか。ヤケなのね。

617 :509:2006/05/07(日) 18:26:47 ID:lxJvjyfg
>>616
ところで、何でいっーーーつも私に寄ってくるの?
それにしても今日はまたずいぶんと自爆が大胆。

さてはトレハロース使っているな。

618 :509:2006/05/07(日) 18:28:01 ID:lxJvjyfg
訂正>>617>>615

619 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/07(日) 18:30:06 ID:EUPn23yp
別に?支障はどこにもないですよ。

ステロイドをめぐって医療関係者とやりあった時にも 精神障害者にされましたね。
そう言えば相手がおとなしくなると言う経験でもあるんでしょうかね。
だいたい言う事に詰まると そういう人が多かったですね。

620 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/07(日) 18:36:38 ID:EUPn23yp
>>617
トレハロースがマルチで投下されてる時から胡散臭かったですよ。
だからどこまで理論的なものを持ってるかどうか揺さぶってるんです。
それこそ業者の可能性もあるわけですし。

>ところで、何でいっーーーつも私に寄ってくるの?
コテハンでもないのに そんなにあなたにかぶってますか?w
ホルモン関係に書きこめば 多分毎回議論になるでしょうね。




621 :509:2006/05/07(日) 18:37:20 ID:lxJvjyfg
>>619
感覚の世界に入ってこられない孤独感はあるんでしょ。
先天性じゃないなら頑張って治してみれば?

622 :509:2006/05/07(日) 18:39:22 ID:lxJvjyfg
>>620
マルチはすべて胡散臭いなんて単細胞だねぇ。あー非論理的だこと。

623 :509:2006/05/07(日) 18:44:21 ID:lxJvjyfg
>>620
業者だったら怖いっていうのも何なんでしょ。
形式にはめないと怖い?そのくせ前には出たがるし。
世間に浸透するまであんたは待っていればいいじゃん。
判断力も度胸もないくせに。

624 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/07(日) 18:45:59 ID:EUPn23yp
言うことがパターン化してる人は経験からものを言ってないことが多いです。
だからマルチは怪しいんです。
経験からだと言動は自然と表現は豊かに 細部に及ぶものです。

それに患者経験がある人は 自分の症状を真っ先に詳しく説明します。
トレハロース情報が先に詳しく出ること自体が怪しい。

625 :509:2006/05/07(日) 18:51:46 ID:lxJvjyfg
>>624
自分の思考のパターンを説明できてヨカッタネ。
それを世間がどう扱うかはまた別の問題だけど
少なくとも他人の病気の話題にずらしていながら
本心はそこにあるっていうのは非常に苦しい。
あなたも、読んでいるこっちも。

626 :509:2006/05/07(日) 18:53:07 ID:lxJvjyfg
>>624
でも率直に言わせてもらうと「あんた頭悪い」

627 :509:2006/05/07(日) 18:55:17 ID:lxJvjyfg
>>624
なおかつ「甘え症、ドン」
勘のいい人は一語のキーワードからクグルもの。

628 :病弱名無しさん:2006/05/07(日) 19:48:24 ID:hP5Q2S4l
荒れそうな悪寒

629 :病弱名無しさん:2006/05/07(日) 20:05:38 ID:AkzE4xyf
昔、中国の楚の国に、トレハロースとオーレユーロペンを売る者があり、
このトレハロースはどんな病気でも直すことができ、
また、このオーレユーロペンはどんな病気でも直すことができると自慢していたが、
「お前のトレハロースとお前のオーレユーロペンを食したらどうなるか」と言われ、答えに困り、
家に帰って泣きながら両方食したと言う。
(韓非子)

630 :病弱名無しさん:2006/05/07(日) 20:17:26 ID:Sn34PLN8
膠原病ときのことりのチャット状態で、スレが荒れとりまつ…。

631 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/07(日) 20:20:25 ID:EUPn23yp
>>629
オリーブエキスが治すのは感染症にからんだ症状だけです。
逆にいえばオリーブエキスで良くなった症状があるなら それが微生物の
仕業だったんだとわかります。

私はプロゲステロンクリームで良くなった症状
甲状腺剤で良くなった症状
オリーブエキスで良くなった症状を明記することが出来ます。

このように一人の人間にいろんな要因が混ざり合っているのが現状です。

632 :病弱名無しさん:2006/05/07(日) 20:52:27 ID:yKtimbli
509さん、

それでそれで・・・水素結合水の評価はどうだったのでつか?

633 :509:2006/05/07(日) 21:17:51 ID:lxJvjyfg
>>632
そんなありがたい水だったとは全然知りませんでした。
そういえば冷蔵庫から出すのが面倒で
ここしばらく水道の蛇口の水で薬を飲んでいます。
それで甲状腺機能低下症になっているかも知れないです。
明日から水素結合水で薬を飲みます。
おっとその前に今晩スティックを酢につけないと。

634 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/07(日) 21:24:42 ID:EUPn23yp
509さん
水素結合水の「評価」を 聞かれているんですよ。
それで体の変化があったのかどうかを。

複数のものを同時に試してると聞かれても答えられないでしょう?

>それで甲状腺機能低下症になっているかも知れないです。
これで答えてる気になっちゃいけないですし 聞いてるほうもこれが
答えだと思っちゃいけません。




635 :509:2006/05/07(日) 21:28:02 ID:lxJvjyfg
>>634
案の定あなたは察しが悪いねぇ。632さんには伝わってるからいいの。

636 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/07(日) 21:33:12 ID:EUPn23yp
そうですか。
その程度の情報でいいのなら なにも言うことはないですね。

637 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/07(日) 21:35:16 ID:EUPn23yp
昨日今日 飲んでみただけで しかも「かもしれない」で信憑性がでると言うなら
確かに「感覚的な世界」なんだと思いますわ。

638 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/05/07(日) 22:40:07 ID:046Y/V6z
>509

水素結合水については誤解があるようなので訂正しておきます。水素結合水は商品名を
H4Oと言います。スティクタイプのペットボトルで作るタイプの水ではありません。

2chでH4Oと書かずに水素結合水と私が言うのは、商品名を書いてはサプリメントの
宣伝をしているように聞こえるといけないからです。

私は、この商品をほぼ一年以上使っています。効果は体調が良くなってきましたし、
風邪をひかなくなりました。リンパ球数も上がって来ましたし、体温も上がってきました。

水素結合水とあわせて、乳酸菌のサプリメントや入浴、手や指のマッサージ、腹巻きなどの
保温にも気を付けましたので、水素結合水だけの効果ではないと思います。

きのことりさんがおっしゃるように、ただでさえ免疫療法は胡散臭く見られがちです。
他人に説明する時は、自分自身の体験と集められるだけのデータをそろえた方が
納得してもらいやすいです。

639 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/07(日) 23:35:18 ID:EUPn23yp
>水素結合水とあわせて、乳酸菌のサプリメントや入浴、手や指のマッサージ、腹巻きなどの
>保温にも気を付けましたので、水素結合水だけの効果ではないと思います。

では入浴保温の効果なのかも知れないのですね。
水素結合水の効果を語るのは早計だとは思いませんか。
そんなのでは例え あなたが誤解を避けて商品名を伏せたって パチモンのもの
でもなんでも変わりがないじゃないですか。

いやなことを言うと思いでしょうが 病人はそういう曖昧な部分を
勝手に解釈して無駄なお金を使ってしまうんですよ。
しかも高い方が「効果がある」と思ってしまうんです。



640 :病弱名無しさん:2006/05/07(日) 23:39:12 ID:Sn34PLN8
マリリンは自分の体とかで試した上で、数字も見ながら理論立てて説明してるもんな。マリリンと、きのことりに同意。

641 :509:2006/05/07(日) 23:39:22 ID:lxJvjyfg
いつもホリスティックという視点がないね、きのことりさん。

642 :509:2006/05/07(日) 23:46:40 ID:lxJvjyfg
>>640
いくら数字を示したって見向きもされないことは多いでしょう。
人間はもっと精妙で奥深いものですよ。




643 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/08(月) 00:09:20 ID:rWsHIxKt
精妙で奥深いと言うのには同意ですし 数字が必ずしも体調を反映しないと言うのにも
同意ですけど

複数のモノのを同時に試しながら あれがいいこれがいいと言ってるいい加減さの
いいわけにはならないですね。

644 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/08(月) 09:17:03 ID:UgCSFXzu
入浴保温で 体温を保てば微妙な状態の良好な維持には役に立つのでしょう。

しかしそれでは限界があるのも確かなはずです。
腹巻 寝るときの厚着をしなければ健康状態を維持できないのであれば
まだまだ健康とは言えない状態なのだと思いますよ。

素性も良くわかってないサプリメントに次々目がいくこと自体 潜在意識で
「これでも十分じゃない」という現れだと思ってます。

これまでの経験から 体調がはっきり上向いた人はそういう民間療法には
ぱったり興味を示さなくなりますね。それまでは2週間ごとに新しい物を
探してきて試していた人が、ですよ。

645 :509:2006/05/08(月) 12:40:21 ID:g3wW0fly
>>644
あなたが「潜在意識」を語るとはね。あー驚いた。
何でも消化しきれないうちに訳知り顔で並べるのはそっちの方ですよ。
その愚鈍さで「潜在意識」を語られてもね。

それに、もうホルモン剤を勧めるのはやめなさいな。
一生で体が作るホルモンの総量はスプーン1杯程度と言いますよ。
素性のわからない人に安易に勧められて
プロゲステロンクリームの会社もいい迷惑でしょう。

646 :病弱名無しさん:2006/05/09(火) 14:39:23 ID:2HL8S7aN
H3O+ ならわからないでもない。
H4O って。。。アホか。

647 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/05/09(火) 15:10:38 ID:IKe0We0C
>>643
>複数のモノのを同時に試しながら あれがいいこれがいいと言ってるいい加減さの
>いいわけにはならないですね。

自然免疫療法は複数の治療法を組み合わせて始めて効果が上がると私は考えています。

最初は、入浴や保温、手足のマッサージ、ツボ押し、軽い運動、瞑想、食事療法等
お金のかからない方法を試します。

それでも、高度な免疫抑制があると体調は戻って来ませんから、今度はお金のかかる
サプリメントや漢方、鍼灸、気功、波動療法、ヨガなどで自分にあう治療法を選択して
受ける事になります。

私は体の保温や軽い運動は以前から試していたけれど、それではどうしようもなく
サプリメントとして水素結合水と乳酸菌製剤を飲み始めた分けです。

活性酸素の除去と還元作用、腸内免疫の強化の理論に基づいて選んだサプリです。
特に水素結合水は私たちの業界では、犬猫に使用し集められたデータもあるし、
獣医として患畜に使ってみても良い結果が出ています。

水素結合水にしても乳酸菌製剤にしても値段もそんなに高いと言うほどのモノではなく
偽物を掴まされる心配がないので、お勧めしています。

確かに二種類のサプリを飲むと、一ヶ月に三万円ほどかかるのですが、メーカーの言う
とおりに飲むのは症状が酷い時だけで、それ以外は飲むのを中止したり、隔日にしたり、
量を加減したりしてお金の節約をしています。

私にはこの程度の金銭は健康には代えられなかったです。

648 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/05/09(火) 15:11:48 ID:IKe0We0C
>>646
>H4O って。。。アホか。

これは化学式を現しているのではなく、商品名と会社名ですから。

649 :病弱名無しさん:2006/05/09(火) 16:54:06 ID:2HL8S7aN
>>648

なるほど! 化学式では表記できない魔法の水というわけだ!


650 :病弱名無しさん:2006/05/09(火) 19:02:52 ID:JEGGhQEs
>>649

651 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/09(火) 20:55:17 ID:2FL7jYj1
>>627
結局は対費用効果がどうなのか?というとこでしょうね。

効果というのは長さに例えると 一センチ良くなっても「効果」と言えるでしょう。
風邪をひきにくくなった 良く眠れるというのも「効果」には違いないですから。
数字と実験結果を交えて宣伝がうてます。
ただその一センチの効果の為に そのお金が出せるかと言うのが問題です。

月収40万の人には3万は出せるでしょう。
しかし15万の人には大出費です。
それで健康が保てないとしたら・・・・

私も強力な抗酸化物質で金属が錆びず 腸内細菌を善玉に保ち ガン患者がガンから
生還する力をもつEM-Xと言うのを飲んでたことがあります。それの効果は 脱毛が止
まり肝臓が良くなったのですが 対費用効果が見合わないので止めました。
一ヶ月当たり5千円ぐらいです。効果は感じてはいても脱毛と肝臓が良くなったくらいでは
見合わないと思いました。

652 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/09(火) 21:06:16 ID:2FL7jYj1
対費用効果を突き詰めていったら 私はホルモンが一番安上がりでした。

効果を長さで例えたら ビタミンサプリ摂取は5センチくらいでした。
運動療法はマイナス5センチでした(運動すると具合が悪くなってた これは
ホルモンのアンバランスで筋肉の状態が悪かったためです)
先のEMーXは15センチくらいの効果だったでしょうか。
瞑想は・・・次元が違うけど3センチくらい。でも気持ちいいですよね。あれは。
入浴はマイナス3センチです。(長湯はのぼせて気持ち悪くなる)
食事療法はゼロです。(ホルモンバランスの影響で食欲消化能力自体がない)

それに比べてホルモンの効果は3メートルぐらいの影響がありました。
月5千円くらいの出費ではありますが それを激安と思わせるくらいの変化を
みたのです。

653 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/09(火) 21:18:47 ID:2FL7jYj1
病気を長期間持った人というのは必ずホルモンバランスを崩しています。

健康管理には必ず運動を進められますが 筋肉の状態が悪い人にはつかれるだけのものです。
それを知らないときには「運動が出来ないから健康にはなれないな」と思ってたものです。
食事療法にしても 食自体が細いからその中でバランスと良くしようとするのは
至難の技です。しかも消化もしてないのです。
排泄もホルモンの影響でうまくいってませんでした。便通も尿もホルモン使用後に
より良好な状態になっています。

つまりホルモンバランスの良くない状態で 基本的な健康法でさえ成果はないのです。
一センチの効果を持つものも3ミリぐらいになってしまいます。

654 :病弱名無しさん:2006/05/10(水) 09:34:35 ID:aMGG87XY
>>509
体調悪いの?

655 :勉強中:2006/05/10(水) 11:15:52 ID:fIvukvfC
>652
>運動療法はマイナス5センチでした(運動すると具合が悪くなってた これは
>ホルモンのアンバランスで筋肉の状態が悪かったためです)
>先のEMーXは15センチくらいの効果だったでしょうか。
>瞑想は・・・次元が違うけど3センチくらい。でも気持ちいいですよね。あれは。
>入浴はマイナス3センチです。(長湯はのぼせて気持ち悪くなる)
>食事療法はゼロです。(ホルモンバランスの影響で食欲消化能力自体がない)
このように生活全般から整える事を否定してはどのような免疫療法を取り入れても、どのようなサプリメントを摂取しても
望まれる結果は出ないでしょう。
運動療法などはとても大切なことです。筋肉は使えば発熱が起こり、体温が上がり血行が良くなります。
血行が良くなれば疲労物質を除去してくれます。又そうした代謝を高めることが必要です。
ただし無理をせず体調に合わせた適度な運動にする事です。又運動が無理であれば、軽い体操などを心がければよいのではないでしょうか。
入浴もとても大切です。のぼせて気持ち悪くなる入浴方法では意味がありません。38℃〜39℃位のぬるめのお湯であれば長く入ってものぼせる事はありません。
他にも全身をお湯につかるのが無理であれば、腰までお湯に入って長くつかるようにすれば良いのです。
食事療法も食自体が細いとなかなか難しいですが、食事の内容に偏りがあるのは良くありません。
よく噛んで味わってゆっくりと食べる事を心がけるだけで結構食も太くなっていきます。特に食物繊維の豊富な野菜・海藻・きのこ類などをとる事です。
他にもストレスや睡眠などいろいろな問題がありますが、まず生活の基本から正してはどうでしょう。
それからマリリンさんの言われるような他の免疫療法を取り入れる、サプリメントを試してみる、と進んでみてはどうでしょうか。
ホルモンも良いのでしょうが、ホルモンの一つだけで健康が維持できるとは思いませんが。

656 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/10(水) 17:45:21 ID:gwHoCqCz
>>655
笑)私が基本的な健康法を否定したので めちゃくちゃな生活習慣の持ち主だと
思ったんですか?

私ほどの健康オタクはそういないと自負しておりますがw
食生活は玄米菜食で有機無農薬のもの。海草きのこ こんにゃく芋類は欠かさず。
調味料も吟味。みそは手作り。魚や肉は極力素性のわかったものを。
栄養素を壊さない調理法で。
お菓子はパンは買い置きしないで ほしくなったら自分で焼いてます。
添加物追放中。

仕事は日に5時間。頭を使わない書き仕事でストレスゼロ。
職場には歩きでいき 日に一度の外回りも乗り物使いません。

運動は寝る前のストレッチ。たまに瞑想してます。


657 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/10(水) 17:55:14 ID:gwHoCqCz
男性にはホルモンの影響はピンとこないのでしょうが。

女性にはホルモンのバランスがいかに体に影響をするのか 文字通り
肌で感じてるものです。生理前の女性のおかしな行動のスレいってみてください。
止められない過食欲求とか体の浮腫み(筋肉が弱体化する)とかだるさとか。
これはいくら立派な栄養理論なんかあっても役には立ちません。

栄養療法で長いこと何とかしようとしてたんですもの。

ホルモンの影響の巨大さの前には 栄養療法なんか意味はないですよ。
だからといってないがしろにしろと言うんじゃないですよ。
意味はないというだけです。

658 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/10(水) 18:04:38 ID:gwHoCqCz
運動療法や栄養療法は 洗練され理論化が完成するにつれ それ自体が目的に
なってしまうようなところがありますね。

「健康にならないのは(効果が出ないのは)真面目にやらないからだ!」と。

完璧に実行しないとそう責められがちです。

659 :きのことり ◆JkVcjijANg :2006/05/10(水) 21:56:21 ID:aTUNyzag
このスレ的には冷えが中心話題です。
甲状腺は体温の調整をつかさどってるホルモンです。
そして程度の差こそあれ人口の4割は甲状腺機能低下だと言われています。
そして冷え性な人は 身近にありふれてますね?

まったく正常な甲状腺機能を10だとします。生まれつきなんとなく調子が悪いレベルの人を
7としましょうか。こういう人は深刻な発病はしないものの 風邪をひきやすかったり
腹巻をしないとお腹壊したり すこし対人恐怖があったりします。
こういう人はどんなに健康法をがんばっても7以上にはなれません。

10の人はなにか不摂生して調子が悪くなっても 運動や栄養療法で10に戻るんです。
で、10の人はどんなにがんばっても7にしかならない人を少し馬鹿にしてるんです。
「努力が足りないからそんななんだ」と。

非常に良くある話でね。機能低下患者はあらゆる局面で そういう目に会ってるんで
人に対するのが非常に苦手になってることが多いのです。

660 :病弱名無しさん:2006/05/11(木) 19:32:31 ID:TYCEe8kT
頭が少し痛い
喉から食道の違和感
まれに期外収縮?
心臓の違和感
たまにすごく慌てていてそして心臓の鼓動が気になり冷や汗
自律神経が狂ったのかしりたい。
ローヤルゼリーの他にどのような行動をおこせばいいなどのアドバイスをください。お願いします。

661 :病弱名無しさん:2006/05/11(木) 20:25:08 ID:hnE6pv6V
>660先ず、過去レスを読むことをお勧めします。

662 :シナモン:2006/05/12(金) 20:27:26 ID:PTnSIGdV
みんなは認知的不協和という言葉をご存知でしょうか?マリリンさんは
心理学板出身だから知ってるかも知れませんが。僕は恥ずかしながら
一昨日知りました。僕は何かを判断する時には出来る限り中立的にと
努力します。マリリンさんの言われている通り、冷静に何かを判断する
姿勢は大切だと思います。常に中立的に。

663 :シナモン:2006/05/12(金) 20:44:01 ID:PTnSIGdV
>660さん
661さんが言われている通り>>145を参考にされてください。
集約されていますからね。

僕からは、運動は良いと思います。そして阿保先生も言われている通り、神経質にならないこと
です。自分を信じて少しずつ良い事を初めていくことだと書籍を読んで思いますた。
自分を信じる事です。

664 :シナモン:2006/05/12(金) 20:46:40 ID:PTnSIGdV
安保先生ですたw許してたもう

665 :病弱名無しさん:2006/05/12(金) 21:46:23 ID:hiU/nGk8
シナモンさん、こんばんは。認知的不協和という言葉、初めて耳にしました。どういう意味でしょう?いつも言われている中立的という言葉。私も好きです。私は単純に偏らないという意味で使っていますがシナモンさんはどのような意味で使っていらっしゃいますか?

666 :シナモン:2006/05/12(金) 22:47:11 ID:PTnSIGdV
>665さん
こんばんわ。僕はいつも中立的とレスしていまです。それは意識的にそう働き
かける努力をしているからだと思います。僕は性格的にとても無理をする性格です。
また体力が割とあるので更に無理をします。(苦笑)でも、色々考えてあまり積極的
に生きるべきじゃないと考え直しました。(笑)

積極的には生きるべきじゃない。

膠原病は根治しないというレスを読みますた。でも例外は常にあります。
安全な範囲で、安全な範囲←(ここがとても大切ですし、ここがすっぽり
抜けてるから問題があるのです)、多数派の意見をあえて疑う勇気も必要だ
と思います。そしてとにかく自分を信じて頑張ってみるというのは大切だと思います。

認知的不協和とは環境や自己についてのある認知とこれに関連した他の認知との
間に、不調和、不適合が生じると、不安感や心理的緊張が生じ、不調和を解消
させるように心理的圧力が働くことです。

難しいですね。(笑)僕も十分に理解してません。(汗)

でもここは健康板ですからみな健康になりたいと思っていらっしゃるでしょう。
沢山の意見があるのはとても良い事だと思いますし、100の理論よりも1つの
真実が常に大切だと思いますた。

667 :シナモン:2006/05/12(金) 22:51:06 ID:PTnSIGdV
>私は単純に偏らないという意味で使っていますがシナモンさんはどのような意味で使っていらっしゃいますか?
僕は何事もやり過ぎないよう注意しています。それとあまり神経質にならないようにしています。ほどほどです。
苦情の出ない程度にほどほどにやっています。(笑)

668 :シナモン:2006/05/13(土) 19:30:09 ID:ogRHU3Hx
こんばんわ。昨日レスをするのを忘れてましたけど、僕はずっとここ
5年近くこの時期には花粉症なのですが、今年はありません!

目も鼻も痒くありませんです!これは努力の結果だと信じています。
そして僕は副交感神経優位の状態を維持しています!

そして捕手

669 :病弱名無しさん:2006/05/13(土) 20:35:14 ID:nYVcIBSe
早寝早起き 三度の食事 おおらかに生きる!
昼間は太陽をあびる

かならず治るよ

670 :病弱名無しさん:2006/05/13(土) 20:45:43 ID:6kL9x8QZ
>>669
早寝早起きは健康のもとですが、できる人とできない人がいます。
夜になると目が冴えてくる人はいませんか?
遅寝遅起きも実は健康のもとなのです。
なぜ、遅寝が否定されるかというと、遅寝早起きは病気のもとになるからです。
人を見て法を説け、ということわざがありますが、
遅寝の人にとっては、「早起きは病気のもと」なのです。
遅く寝付くタイプの人も早起きしなければならない、それが病気のもとなのです。

671 :病弱名無しさん:2006/05/13(土) 20:47:18 ID:6kL9x8QZ
こちらにもお越しください。

ティーンの“遅寝遅起き”は生物学的に不可避
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1147438109/l50

672 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/05/13(土) 22:49:09 ID:yji0NVRg
>>668  >シナモン
>5年近くこの時期には花粉症なのですが、今年はありません!

頑張ったかいがあったね。私も少しずつ、健康を取り戻しているようで嬉しいです。
今はブログを作っているので、どうしても夜寝るのが遅くなるのが反省点です。

>みんなは認知的不協和という言葉をご存知でしょうか?

私が解説すると、心理学の人に間違った事を教えるなと、怒られてしまいそうだけど。

心理学板では認知的不協和音といっていたよ。

人にはそれぞれに自分の信念みたいな考えがあるわけでしょ。それとは相容れない
言動や考え、行動をとらなきゃいけなくなった時、その人は混乱をする分けよ。その混乱を
認知的不協和音といっていたと思う。

社会心理学の専門用語みたいだよ。心理学と言うのは他にも、表現するのが難しい
人間の行動や考えをパターン化して専門用語で現していて、なかなか面白かったです。

マリリンは心理学とは面白い学問だと思うけど、心理学板の人たちは、その価値が
分かってないのかも知れないと思っう時もあった。

多分、基礎心理学を使う臨床などの応用系学問が成熟していないせいだと思う。
もったいないことだね。

673 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/05/13(土) 23:25:26 ID:yji0NVRg
認知的不協和と認知的不協和音は違うことをいっているのかな。ごめんなさい
詳しくないので分かりません。

674 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/05/13(土) 23:38:22 ID:mOwFzMem
膠原病スレ行ったことないから分からないけど、一生治らないと思っている人と
ステロイド療法しか治療法がないと思っている人ばっかりと話していたら、
多分私も認知的不協和(音)?を感じると思うよ。

675 :病弱名無しさん:2006/05/14(日) 17:38:33 ID:guOCZQ1s
↓このヒトはアメリカの製薬会社の手先じゃないの?

232 :病弱名無しさん :2006/05/13(土) 22:36:26 ID:/XCJjo6r
>>230
今のところ根治治療法はないです。
対処療法はできます。
一生付き合うことにはなると思うけど
悪化せず寛開期を保って過ごせる人もいます。
悲観しすぎないで悪化させないことを考えてください。
お大事に。

注:プレドニンは絶対に医師の指示した服用の仕方を守るように
  副作用情報に怯えて勝手に減らすと泣きを見る



676 :病弱名無しさん:2006/05/14(日) 17:43:27 ID:guOCZQ1s

戦後米軍は、731部隊が人体実験の結果得たデータと引き替えに、731部隊の戦争犯罪を問わなかった。
そればかりか、幹部たちは高額の退職金までもらい、官公庁、大学、製薬会社、自衛隊などに再就職をした。
非加熱製剤によるHlV感染、開発中の試薬による被害などの事件は、731部隊の犯罪が問われず、
戦後も脈々と生き続けている証である。

http://www1.ocn.ne.jp/~sinryaku/731butaiseturitu.htm

677 :シナモン:2006/05/14(日) 19:40:24 ID:l3VrWEVm
マリリンさんありがとうね。今年は目が痒くなくて助かっています。ホント。
ブログいつも乙です!

認知的不協和音と一緒です!解説ありがとうね。

マリリンさんがレスされていますが、自分の信念や考えと相容れない
言動を受け入れるのは難しいのですね。そして、それを軽視、排除しよ
うという心理的圧力が働くのです。

西洋医学だけでなく多くの自然免疫療法を取り入れ健康になり、
それを維持していくのは良いと思いますた。それらはマリリンさん
が言われている通り、複数の治療法から成り立つのだと感じています。

マリリンさんの姿勢は立派だと感じます。柔軟だしね。

669さん、おおらかに生きるのはいいですねぇ。僕も健康的な生活を
維持していますです!

675さん、それは違いますですよ。多くの膠原病の本にはそう書いてあります。
決して手先ではありません。

だけど自然免疫療法を取り入れて少しでも体に良いことをして見ましょう。
玄米で治れば医者なんて要らないというレスを以前読みますた。
でも僕は今年花粉症になりませんですた。それも1つの真実です。
サウナとか行くと鼻が痛くて大変だったのですから。(笑)

678 :シナモン:2006/05/14(日) 21:50:13 ID:l3VrWEVm
たかが花粉症だと思われないでください。(笑)大変だったのですから。
減感作療法(げんかんさ療法と読むらしぃ)でも3、4年かかりますし、
全ての人が治る訳ではないみたいです。



679 :病弱名無しさん:2006/05/15(月) 00:50:56 ID:+ZJppfJN
>665です。シナモンさんレスありがとうございました。認知的不協和、中立的よく分かりました。私は自分を過信してしまいすぐ無理をしてしまう性格です(笑)私は逆に積極的に生きよう!くらいに思ってきたので目からウロコでした。なるほど〜

680 :病弱名無しさん:2006/05/15(月) 01:01:11 ID:+ZJppfJN
続きです。花粉症の改善、良かったですね。すごいです。花粉症やアレルギーは花粉が直接の原因ではなく、排気ガスや農薬や添加物の大量摂取とかが直接の原因だと読んだことがあります。どれも現代社会では避けては通れない物ばかりですよね。

681 :病弱名無しさん:2006/05/15(月) 01:02:32 ID:+ZJppfJN
改善されたということは体が解毒されているということでしょうね。良かったですね!

682 :シナモン:2006/05/17(水) 19:57:43 ID:ZVbHpEOn
679さんこんばんわんこ。

過信は良くないですよ。人間は日々惰性で生きているだけでも立派な事だと
何かの本に書いてありますた。のんびり行きましょう。

花粉症が治りますた!ありがとうね。うちはとても田舎なので排気ガスは
多分?大丈夫だと思いますが、農薬や添加物の摂取を防ぐ事は難しいかも
知れません。

話は逸れますが、あるスレでここがオカルト板と言われていますが、
恥を知ればいい。薬だけを処方して、科学もくそもないと思いますた。
誤診をされて母は大変な思いをしたんだ。今は血圧も正常値だし、
薬だけ飲んでる時より膠原病の数値も改善してる。

これを科学で論理的に説明出来ますか?多分無理でしょう。良くなった
事は良くなったのです。科学で解明出来ない事が全てオカルトな
らば全てがオカルトだと思う。いったいどれだけの人が地球の表面の
三分の二は海だという事を知ってるのだろうか?科学で証明出来ない
事を科学で証明するのが科学者でしょう。結論はまだ出てないのです。

伝統的な食生活を軽視する人も居るだろうけど、食べる事は生きていく
事なのです。生きて行く気ならここは大事にしなくてはならないと
思います。

683 :シナモン:2006/05/17(水) 20:23:37 ID:ZVbHpEOn
679さんいつもレスをありがとうね。

684 :病弱名無しさん:2006/05/18(木) 12:26:10 ID:ivhU0sXD
今自律か迷いに迷っている。
背中痛くて喉違和感の心臓に違和感がある。
安静にしてる時に感じる場合が多い。

685 :病弱名無しさん:2006/05/18(木) 18:53:14 ID:ivhU0sXD
胸痛いな

686 :病弱名無しさん:2006/05/18(木) 21:54:19 ID:B3eZtGjr
シナモンさん、こんばんわんこにうけました(笑)いつもロムって時々カキコしています。そうですね、過信は良くないな。私ものんびり生きましょう。オカルト板には笑いました。無知とは恐ろしいですね。言いたい人には言わせときましょうね。

687 :病弱名無しさん:2006/05/18(木) 21:55:17 ID:B3eZtGjr
よく効く薬は毒です。私は自然治癒力&免疫力を信じています。お母様が少しずつ善くなられて努力の甲斐がありますね。私も食べることは生きていくことだと思っています。マクロビオティックや幕内さんの粗食のすすめを参考に、粗食を心がけています。

688 :病弱名無しさん:2006/05/18(木) 21:56:37 ID:B3eZtGjr
腸のためにも腹八分ですよね。シナモンさんは早寝していますか?私はなかなかできませぬ…。

689 :病弱名無しさん:2006/05/18(木) 23:15:42 ID:lbHssjRV
>>686
>言いたい人には言わせときましょうね。

言いたい人が一般の人なら問題ないが医者だから困る。

690 :病弱名無しさん:2006/05/19(金) 08:19:01 ID:4cQocxmZ
328 マリリン ◆dRwnnMDWyQ sage New! 2005/08/14(日) 08:01:07 ID:1ok9KNtf
教えて下さってありがとう。

ホメオパシーについては、心理学板の白血球の自律神経スレで始めて知りました。
多分、教えて下さったのは貴方でしょう。そこで教えてもらった本をアマゾンに
注文したのですが来るのは9月の末だと言うことでした。楽しみにしています。

>ペットのためのホメオパシー―ペットオーナーと専門家のための理論と実践
>シュタイナー医学入門

上記でご紹介頂いたスレをさらっと目を通し、ネットでレメディーについて調べました。
そんなにお金がかかったり、副作用が出る治療法ではないようなので、代替療法として
無理なく使える治療法だなと思いました。

ただし、使いこなすのにずいぶん勉強しなければいけないなとも思いました。

後は、体験談を数多く集めて実績を作って行かれると、救われる人も数多く出で
来ると思います。私が使っている波動水はホメオパシーの一種だったんだと理解できました。

691 :リンジー:2006/05/20(土) 13:49:29 ID:eXe/s5wu
みなさん初めまして。今日初めてこのスレ見つけて、一通り目を通させてもらいました。
マリリンさんの↓
  1.最初にストレス(疲労)を取り除いておくこと....(これが一番大切だと私は思う。)
  2.栄養状態の改善を試みる
  3.交感神経を抑制し副交感神経を刺激するような事をする。
  4.適度な運動をする。
  5.低体温にならないよう体を温める。
  6.消化管の環境を整え、リンパ球が活性化されるように勤める。
  7.活性酸素を除去するように勤める。
  8.心地よいことをやって、精神が安定するように勤める。
  9.夜の睡眠を十分取る。昼夜の逆転はいけません。
  10.適度な日光浴をする。
のルールでできることをしようと思いました。
先月から留学して、ストレスで余計酷くなってしまいました。
病院にも行けないし、日本でも病院に行ったことありませんでした。(薬や医者を信じれなかったのかも)

難しいことはわかりませんが、リンパ球を上げればいいんでしょうか?
検査もできない状況で、一人泣いてばかりです、最近。

今までは摂食障害をまず治したい、痩せたいと思ってましたが、
頭痛、冷え、IBS、不眠症などの症状のほうが気になります。
食べてるのに頭痛、貧血になってしまって、摂食を治す場合じゃありません…

不眠はおそらくゼナドリンを取っているからかなと思います。
けど、飲まないと不安で不安で止めたくないんです。だったら悩むなと思われるかもしれませんが…
SJWも飲んでましたが、鬱にも効かないしで止めました。

692 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/05/20(土) 20:38:06 ID:BYViLFRA
>>691
>頭痛、冷え、IBS、不眠症などの症状のほうが気になります。
>食べてるのに頭痛、貧血になってしまって、

これ、相当酷いね。私が人生最悪な状態を経験した時みたいだ。

自律神経免疫療法スレでは、白血球数と血液像でリンパ球数と白血球数を、
できれば、マクロファージの数や好酸球の数も計ってきてください。

その結果を書き込んでくれたら、アドバイスできるかも知れない。

>頭痛、冷え、IBS、がそろっていれば、
交感神経興奮状態の可能性がある睡眠障害にもなるよ。

>貧血

栄養障害は大丈夫なの?


マリリンの知恵袋
http://vetmaririn.blog56.fc2.com/

もし、良かったら遊びに来て、免疫療法について勉強して下さい。

693 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/05/20(土) 21:01:29 ID:BYViLFRA
>>690
m(_ _)m ゴメンナサイ。ホメオパシーはまだ、ちょっとしか勉強していません。

>シュタイナー医学入門

この本目を通したんですが、理解するのが難しいんです。私の免疫療法の理論にどう
組み込んでいいのかわからないのです。

多分波動療法の一種のような気がする。

というのは私がH4O以外に使っている動物用の水素水のメーカーの説明だと、
ある植物の情報を水に写すと、水から水素が湧き出てくるようになると言うのです。

私はこの水を使って色々なペットの病気を治療し、効果が現れるのは確認済みだし、病気の
金魚をこの水で飼育すると病気が治ってしまうのも確認している。

だから「水が情報を記憶する」と言うのはありうると思っている。

この水がホメオパシーを利用しているなと思うのは、錠剤にしたモノをメーカーが
持ってくるんだ。それを飲ませると効果があるそうだ。私は使った事は無いんだけどね。

何にも知らない人がきいたら、なんてオカルト的な事を言っているんだと思われる
ような事だけどね、とにかく効果を私は確認している。

だけど、理論的にどう理解していいのかがわからない。そのため私はホメオパシーや
波動療法には、今のところ、触れることができないでいる。


m(_ _)m ゴメンナサイ。


694 :病弱名無しさん:2006/05/20(土) 21:11:36 ID:MUER8hXC
オカルトもいいとこだな

695 :シナモン:2006/05/21(日) 12:24:38 ID:TSns0qtr
686さん、こんにちわ。いつもレスをありがとうね。

母はお陰さまで元気です。ありがとうね。食べる事は生きていく事だと何かの本に書いてありますた。
強く印象に残っています。

僕は午後10時には寝まして、朝は6時に起きます!とても地味な日々を
送っています。(笑)その辺の小学生よりもずっと健康的だと思っています。

お互いにのんびり生きましょう!

696 :シナモン:2006/05/21(日) 12:25:37 ID:TSns0qtr
691さん「免疫学問答」に書いてあった事レスしますです。

まず、多くの人にとって外国で生活するのは大変なストレスだと思います。

人は自分が置かれた環境で大ストレッサーと出会えば、

警告反応
警告反応は驚きの反応なのです。状況が理解出来ない状態です。
副交感神経優位の状態です。泣き出すのも副交感神経優位の状態
です。

抵抗期
状況を把握し、そのストレスと戦ってる状態です。交感神経優位の状態です。

疲労期
戦いに疲れてやや諦めの境地、交感神経と副交感神経優位のミックスの状態

と、変転するみたいです。

貴方が環境に上手く適応するには、今は大いに泣く事です。
泣ける人(感情を外に出せる人)は強いですし、病気になりにくのです!
泣きましょう!そして言葉に出しましょう!

常に不安を外へ出す事です。そして副交感神経優位の状態を意識的に継続する事です。
コメディーを見て笑うのも良いと思います!適度な運動、早寝早起き、爪もみ、日光浴等。

出来る事から少しずつ始められると良いと思います。そして少しでもひたすら続ける事です。

いつもニコニコ副交感で行きましょう。( ^∀^ )


697 :病弱名無しさん :2006/05/21(日) 12:32:23 ID:TSns0qtr
>>694






捕手。

698 :シナモン:2006/05/21(日) 22:13:32 ID:wrTCa8Jf
腸のサプリですが、

僕はビール酵母を飲んでいます。一番くらい安いやつ。(笑)

これには9種類の必須アミン酸が入っています。ビール酵母は腸にとても良いです。
安いし。気軽に買えます。

699 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/05/22(月) 13:32:00 ID:4LFn3jwx
>シナモン

ビール酵母調べてきました。

>ビール酵母は各種ビタミン、ミネラル、良質なたんぱく質、食物繊維等を含んでいます。
>ビール酵母は「栄養の宝庫」と呼ばれています。

乾燥ビール酵母 5g*40袋 で1000円ぐらいなんですね。

マリリンは栄養素は食べ物からと言う主義なのですが、値段と売り込みのうまさで
負けそうだわ。(笑

後、必須脂肪酸でサイトカインの働きを助けるω-3脂肪酸は不足し易いです。
不足していても普段の生活では困らないので病気になるまで気がつかないようです。


ω-3脂肪酸は魚介類・亜麻仁油・オリーブオイル・魚油に含まれています。
日本人は魚をよく食べるので不足している人は欧米の人よりは少ないと思います。

だから、魚を食べる人は健康で長寿だと言わるのでしょう。

700 :シナモン:2006/05/22(月) 19:06:01 ID:VKoqt8bX
マリリンさん、おひさです。お元気そうですね。

ビール酵母は安くて良いです。微量ですが、必須アミノ酸も含有されています。
栄養補給型サプリであり、かつ腸にも良いです!そして1、000円くらいで買えます。(笑)

僕は今サプリはこれしか飲んでいません。必須脂肪酸の摂取は大切なのですね。
意識して摂りたいと思います。情報をありがとう!

僕は温泉とサウナが好きです。新陳代謝がわりと良いので、すぐ汗が吹き出ます。
適度の運動も内臓の運動にもなると教えてもらい続けています。

ブログすごい情報ですねぇ。

701 :シナモン:2006/05/22(月) 19:35:28 ID:IDOeVHvc
「草津温泉の伝統的入浴法によるβエンドルフィンの一過性上昇」
読みますた。43度くらいはそんなに熱くないですね。(笑)

702 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/05/23(火) 09:48:50 ID:kcH0LgNt
>>700 >シナモン
>ブログすごい情報ですねぇ。

ありがとう。一度健康についての情報をまとめておこうと思って作っています。
健康についての情報は氾濫しすぎてしまって、受け手の方が消化不良をおこし
かえって、どう使っていいのかわかりずらくなっているように感じるからです。

体系的にまとめることができれば、無駄なモノを省いて、自分にあうモノだけを
効率的に取り入れる事ができますから。

>僕は今サプリはこれしか飲んでいません。

私も時々、H4Oを飲むのを忘れるようになってきています。飲まずにすむと言うのは
健康になってきた証拠です。だから、貴方も健康を取り戻したということでしょう。おめでとう。


サプリメントは健康な人にとっては、タダの”水”、タダの”うどん粉”ですから。(^▽^笑)

703 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/05/23(火) 09:57:38 ID:kcH0LgNt
>>699 自己レス訂正。
>ω-3脂肪酸は魚介類・亜麻仁油・オリーブオイル・魚油に含まれています。

オリーブオイルはω-9脂肪酸でした。訂正して下さい。

食品成分表
http://www.amazon.co.jp/gp/product/customer-reviews/483484112X/503-2987773-9405565?s=books

私は、こういう本に時々目を通し、自分の料理する食材にどのような栄養素が
含まれているか調べて楽しんでいます。

704 :病弱名無しさん:2006/05/26(金) 12:20:11 ID:ND2iVcix
今みのもんたのテレビで
「コーヒーの活性水素が活性酸素を還元する」っていうのやってますけど

705 :病弱名無しさん:2006/05/26(金) 12:22:04 ID:ND2iVcix
レギュラーコーヒーもインスタントも先に電子レンジでチンすると
活性水素が増えるそうです。
レギュラーで1分、インスタントで30秒。

706 :病弱名無しさん:2006/05/26(金) 12:33:33 ID:ND2iVcix
コーヒーの癌予防効果を高めるには
ミネラルウォーターか水道水に天然塩を一つまみ。
コーヒーの香りには300種類の抗酸化物質があるので
なるべく高い位置(20cm以上)からお湯を細く注いで香りを立てるとよい。

活性水素は不安定なので入れたてを飲むこと。

707 :注意:2006/05/28(日) 15:26:14 ID:gEmQU/e3
ここから先は、オカ板でどうぞ。

708 :病弱名無しさん:2006/05/29(月) 14:40:30 ID:Xjoy4i3A
作家で爪もみ実践者の米原万里さんが卵巣癌で亡くなりました。56歳。

709 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/05/29(月) 16:22:41 ID:5JQATB6M
てすと

710 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/05/29(月) 16:25:06 ID:5JQATB6M
ゴメン上げてしまった。ちょっとコンピーターの調子が悪くかちゅ〜しゃから書き込めな
かったモノで、ごめんなさい。

711 :シナモン:2006/05/30(火) 06:13:11 ID:qJpgCsxw
>マリリンさん、
ドンマイ

712 :病弱名無しさん:2006/06/03(土) 00:09:56 ID:HnyiWueU
ホシュ

713 :病弱名無しさん:2006/06/06(火) 13:05:34 ID:yuuV4fLE
age

714 :病弱名無しさん:2006/06/06(火) 13:08:09 ID:K+13jNvq
qwq

715 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/06/07(水) 07:40:56 ID:B6iY3asa
>マリリンさんのプログは多くの免疫療法に興味を持つ方が見ているのでまた書き込ませて下さい。

>現在の病院又は医療の現場は怖いですね。怖いから病気になれないですね。
>というような不安感を持たれる方は多いと思います。

>今回はあえて実名で問題を提起します。私どもで国立○○に通院される方に
>少しアンケートをとりました。その中で如実に医療現場の問題に直面した方が
>複数名いらしゃいました。

>まず一人の50代の女性の方は免疫療法と併用しながら治療を続けたいと
>申し出ると免疫療法はやら無い、やりたいならここへは来なくていいですよ。
>他のところへ行ったら、と言われ困っているんですと。その女性は乳がんだそうです。

>又そのような事を言った医師も女医だそうですが、ひどいものです。

>メディアに出てくるガンセンターのイメージは最新の医療機器・最新の医療技術を
>持つスタッフや医師と思われていますが、まず第一に患者の気持ちをホローしなければ
>ならないのに、それどころかそれを踏みにじっています。
>聞いていてこちらの方が腹が立ってきます。

>これを裏付けるような60代の男性の意見があります。
>なぜここの病院は威張り散らす医者が多いんだ。国立○○も公務員・役人だから、
>「税金」病院だから仕方が無いのか、とあきらめに似た意見もありました。

>皆さんはどう思われるのか。ニュースやドキュメントの中の大病院はうわべだけと
>認識していますか。

>日々の臨床の現場は決してまだ患者の立場には立っていないと思うのは
>マリリンさんや少数の方たちだけでしょうか。

716 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/06/07(水) 07:41:24 ID:B6iY3asa
これは勉強中さんがマリリンのブログに書きこんでくれたコメントです。
この問題、患者さんの立場の健康板の人たちはどのように考えますか?

717 :病弱名無しさん:2006/06/07(水) 18:21:34 ID:r8u6TcOK
あまりにもよくある話でいまさら驚かない

718 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/06/07(水) 23:24:16 ID:GfDeHPZe
あははは。そうか。

医者板でも同じコメントを張り付けといたけど、いまだに誰も何も書き込まないから、
彼らは答えられないんだろうね。

719 :病弱名無しさん:2006/06/08(木) 11:07:20 ID:VmBQPjt0
他にもいろいろ症状あるけど、とりあえず1年続いた胃痛が5分で改善、
爪もみ本当だったんですね、ここにきてよかった。

720 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/06/09(金) 22:09:56 ID:iCYJMWfG
=お願い=

シナモン、263さん、その他血液の検査値を書き込んだ皆さんへ

マリリンのプログでチョット検査値を参考にさせて下さい。お願いします。

721 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/06/09(金) 22:12:31 ID:iCYJMWfG
>>719

胃痛が治ったことは、おめでとう。
だけどね。自然免疫療法は魔法の治療法ではないので、本当に治るためには
時間と根気がいります。

コツコツと体を良くしていく努力をしていきましょう。

722 :シナ:2006/06/09(金) 23:43:16 ID:W4HvjcMQ
マリリンさん、僕は構いません。ブログ少しずつ読ませてもらっています。
ありがとう。

忙しくてレスが全然付けれなくてごめんなさい。元気ではあります。

>>704-707
コーシーの情報ありがとうね。保守してくださってる方もありがとう。

723 :シナモン:2006/06/10(土) 12:23:20 ID:JyUv+Mbs
今日、日経を読んでいましたら、腸のサプリが出てて思わず衝動買いしました。(苦笑)
腸は労りましょう。


724 :シナモン:2006/06/10(土) 12:29:24 ID:JyUv+Mbs
腸に良い食品は毎日意識して取っています。発酵食品(納豆、キムチetc)
バランスよくがいいですね。魚やお肉も食べています。

>719さん
良かったですね。胃痛は嫌ですねぇ。僕は胃潰瘍を2度経験しました。
今は胃が痛いとかはまったくありません。多分タバコを止めたからかな。
それと、毎日軽い運動をしてるからだと思います。

725 :シナモン:2006/06/10(土) 12:46:01 ID:JyUv+Mbs
そういえば、僕が以前抗核抗体を調べ高いことがハケーンされた際に、

医師→症状が出たらまた来て下さいな。

僕→沈黙→今後血液検査とかした方がいいですかね?

医師→まあ1年に一度でいいと思ふ。プレを予防的に飲むわけにはいかないからね。

僕→沈黙

こんな感じです。それから病院には行っていません。ですから僕は健康には気を使っています。



726 :シナモン:2006/06/10(土) 18:58:41 ID:0dhIriY8
マリリンさん、

症例の検討は決して面白い物ではありませんですよ。皆必死です。

727 :シナモン:2006/06/10(土) 19:03:01 ID:0dhIriY8
スマソ、貴方のレスの意味は理解してるのだけど、ついレスしてしまいますた。m(__)m

728 :719です:2006/06/10(土) 21:11:20 ID:mlly+Mo0
爪もみ3日目です、胃は以前に比べるとだいぶいいす。
他にもアレっと思う事が、夜中に突然目がさめて汗が吹き出る
ことがなくなりました、突然顔が真っ赤にほてる事も、うれしいです。

唯一なかなか改善されないのが、のどの圧迫感です、
のどの正面を指で押されてる感じです。
特にストレスを感じると圧迫感が強く
このまま息が出来なくなってしまうのではと思うことがあります。

まだ3日目なのでコツコツやってみます。ありがとうございます。




729 :シナモン:2006/06/10(土) 22:27:09 ID:qUv6knlH
>728
お互いにのんびりやりましょうね。

730 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/06/11(日) 01:04:47 ID:YYVZuZep
>>726
>症例の検討は決して面白い物ではありませんですよ。皆必死です。

一応、ブログは訂正しておきましたが、そんなに気に障りますか?

症例を色々検討していくのは、面白いし参考にもなると思うのですよ。私は症例検討会は
好きです。そう思うことに、何か問題があるのでしょうか?

私は純粋に患者の立場ではなくて、治療者の立場からものを考えたりするから、
そう思うのでしょうか?

例え、患者であったとしても、客観的に冷静に、提出されデータや資料を判断し理解する
時に、面白いと思ってはいけないですか?



>皆必死です。

これは症例を検討する時には、純粋に血液検査値から病気をどう捉えるかを話している
わけで、患者さんの心の動きを話しているわけではないので、別に考えておいて欲しいです。
そうでなければ、話がぐちゃぐちゃになってしまいます。

こういう考え方は、私が西洋医学を学んできたために身に付いているのかも知れない。
優しくないと思うかも知れないけど。ゴメン。

731 :シナモン:2006/06/11(日) 08:50:23 ID:s86dAMUs
マリリンさん、もはようございます。

僕はデータから何が起こっているのかを常に考えます(汗
また、そういう人の方がそうでない人に比べ、健康を取り戻す可能性は高いと何かの
本に書いてありました。事実だと思いました。

母の数値の推移を見ながら、数値の改善と共に体調が以前と比較して良くなった聞いた時は、
とても嬉しいです。

>こういう考え方は、私が西洋医学を学んできたために身に付いているのかも知れない。

マリリンさんは西洋医学を学ばれたプロです。僕はプロではないので患者側から
個人的なレスを思わず付けてしまいました。

すみませんでした。m(__)m

732 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/06/11(日) 10:59:35 ID:DtffXd/T
>シナモン

貴方の>>726をよんで、患者さんを相手に専門的な話をするのは難しいなぁと
思いました。

例のシェグレーの人のブログをみていても
http://yuyuyu.moe-nifty.com/saladoll/

病気の人が慰めあったり嘆いてばかりでは仕方がないと思います。
情報を集めて、自分の病気を治して行くことが、何よりも今は大切なことだと
私は思います。

厳しいことですが、冷静に客観的に考えて行きましょう。

733 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/06/11(日) 11:16:33 ID:DtffXd/T
>シナモン

ブログの読んでいる人に反感をもたれるのは良いことではないので、
教えてくれてありがとう。

734 :シナモン:2006/06/14(水) 19:27:58 ID:CAULJU/7
>マリリンさん、
こんばんわんこ。

いえ、こちらこそ感情的になってしまってすみません。

723のブログの方の猫は何度見てもかわいいですねー。和みますですw

735 :病弱名無しさん:2006/06/16(金) 20:23:13 ID:eJnRwsUe
>>718それはどうかな?
一方の意見のみを聞いて誰が悪者かを判断することは正当だろうか?
まず結論ありき、の感を拭えません。

あなたがたがやってることについては肯定する気も否定する気もありません。
ただリスクを伴って治療を行う病院に対し、一般的治療に免疫療法を
追加するよう要望して断られた理由は何なのか良く考える必要があると思います。
別にその患者が憎くて断ったわけじゃないでしょう。現行の治療に免疫療法を
加えた時に何が起こるか予測出来ないし責任を持てない、ということでしょう。
何でも引き受ける方が無責任とも思えるわけですが、いかがお考えですか?

736 :病弱名無しさん:2006/06/16(金) 20:28:39 ID:eJnRwsUe
>>317のような喧伝には閉口します。
真に有益なものならば純粋に学問的な媒体を通じて情報発信すれば良い。
国内の利益団体が圧力を加えるというのなら海外の雑誌に論文投稿すれば良いのです。
既存のものを保守するより有益性が上回ると判断されるなら、それは必ず普及します。

なぜそれが行われないのか?国際的陰謀の犠牲だとでもおっしゃるつもりかな?

繰り返しますが、あなた方のやってることを否定する気などありません。
必要以上に現状を否定的に捉える姿勢に疑問を呈しています。

737 :シナモン:2006/06/17(土) 19:38:47 ID:1f/EYItb
からあげ

738 :シナモン:2006/06/17(土) 19:46:20 ID:1f/EYItb
>736さんへ
貴方の言われている事は正論です。だけど、中立的に観察されてください。
違う事実が見えるでしょう。否定は簡単です。頭が良い人ほど否定される
傾向があります。玄米を食したり、体を温めたり、ストレスを減らしたり
するのは良い事です。肯定したり、否定したりの問題ではありません。
非獲得免疫療法で全て解決したりはしません。魔法の杖はありません。
あれば、僕がお金どうにか買います。

739 :シナモン:2006/06/17(土) 19:55:31 ID:1f/EYItb
僕は花粉症が治りますた。花粉症というのはやっかいなのですよ。
でも僕は信じて玄米を食べています。簡単な事ではないのです。
このくそ暑い中、体温より低い物を摂らないのも大変な事です。

全て健康に良い事です。医者が言うように症状が悪化して病院に
行きたくなんかないのです。

お薬を飲まれている方はそのまま続けられて自然免疫療法をされる
というと思います。重篤な副作用はありません。

もしもあれば僕に教えてください!

740 :シナモン:2006/06/17(土) 19:57:17 ID:1f/EYItb
訂正、

自然免疫療法をされると良いと思います。

741 :シナモン:2006/06/17(土) 21:04:49 ID:1f/EYItb
予防が大切なんです。病気になるまで放って置く訳にはいかないでしょう。
予備軍だとしても出鱈目な生活をするよりも健康的な生活をする方が良いです。

虫歯にならない為に歯を丁寧に磨くでしょ。虫歯になるまで放って置いて、
歯医者に行きたくないです。

でも歯も生きているから丁寧に磨けばいいと良いというものじゃないみたいです。
神経質に磨く人もそうじゃない人に比べて虫歯になる人もいるみたい。

そこが不思議なところですけどw

742 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/06/17(土) 23:13:51 ID:GQaDlAfl

パチパチ。拍手、拍手。(^▽^笑)

743 :病弱名無しさん:2006/06/18(日) 00:17:20 ID:rEHqetHf
>738-741
読んでいて分かり易いです。色々なところで予防医学も推進されていますよね。とても大切な事だと思います。同意です。

744 :シナモン:2006/06/20(火) 18:53:51 ID:PMnEv8sc
マリリンさん、ブログキタワァ*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゚゚・*
オメ

>>743
ありがとうね。最近とても暑いですね。のんびり行きましょう!


745 :シナモン:2006/06/20(火) 18:55:41 ID:PMnEv8sc
しかし鳥かわいいですね。綺麗な所です。

746 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/06/25(日) 08:13:33 ID:qD7wwU0U
かわいいでしょ。 おにぎり見せると、ちょうだいちょうだいって寄ってくるんだ。

それで、あげてたら、国立公園の監視員に、生態系が乱れるからあげないで
下さいって叱られちゃった。

何でも、おしどりは、この時期はどこかに渡って、いないはずなんだけど、観光客が
餌をやるから居着いてしまったと言うことだった。

最近、私はちょっと体調を崩して、なかなか遠方のウォーキングに出かけられない。

行きたいけど無理しないようにしている。


シナモンとお母様の体調は、お変わりございませんか?

747 :シナモン:2006/06/25(日) 14:27:12 ID:Excq/hzK
>マリリンさん
母も僕も元気です。ありがとうね。

マリリンさん、体調を崩されているの?

このスレですが、多分落ちそうな悪寒がします。僕は快くやってくれそうな
内科を見つけましたら、検査をしようと考えています。でも病院に行く
機会がありません。(良い事です)

そしてマリリンさんのブログに報告に行こうと思います。

僕は最近ナマケモノです。ナマケモノは良くないです。
マリリンさんはご無理はされないでください!

最近は日照時間が少ないでしょう。ですからよく晴れた日にはここぞと
ばかりに日光浴をします。

早く梅雨明けするといいですね!

748 :シナモン:2006/06/25(日) 14:30:10 ID:Excq/hzK
いつもありがとうございます。

749 :病弱名無しさん:2006/06/25(日) 14:31:24 ID:lcdxB3Lp
ホシュ

750 :シナ:2006/06/25(日) 14:55:43 ID:Excq/hzK
捕手

751 :病弱名無しさん:2006/06/25(日) 19:29:16 ID:lcdxB3Lp
スレ落ちたら嫌だなぁ。私はマターリとしているこのスレが好きです。シナモンさんがマターリとした方なのでしょうね。私は最近ピリピリすることが多いので自己流爪もみ&このスレです。免疫療法はまだあまり認知されてないのでしょうね。スレ落としませんよ〜w


752 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/06/26(月) 12:51:24 ID:TmrSvU5i
>シナモン

シナモンもお母様も、お変わりないようで良かったね。

私はこの間、ちょっと辛かったもので、体調を壊してしまいました。自分の心の問題なので
無理をしないように自然にまかせています。

自然免疫療法に取り組んでいなかったら、私の体は負けていたかも知れないです。

このスレと医者板の”慢性病は西洋医学ではスレ”は、時々目は通していますが、ブログの
更新と書き込まれたコメントの返事が忙しくて、なかなか書き込みができません。

このスレがなくなったら寂しくなるから保守して下さいね。


>僕は最近ナマケモノです。ナマケモノは良くないです。

人間なんだから、怠け者ぐらいが良いですよ。きっと遙か太古の人類はのんびりした生活
をおくっていたと思いませんか。そして、私たちの体は、その生活に適応するようにできている
んですよ。

働き過ぎは体に毒です。


753 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/06/26(月) 12:52:52 ID:TmrSvU5i
>でも病院に行く機会がありません。

良いことです。私のように他の人に説得力を増すために定期的に血液検査をするか、
体に不調のある人でない限り、血液検査なんて不要です。病院なんて近づかない方が
良いです。


ただし、病院に行って、血液検査をすることになったら、白血球の検査もしてもらって
結果のコピーをもらって来て下さい。

私の場合医者の口頭での説明だけでは、絶対納得しないです。

>日光浴をします。

これは、免疫療法には、とても良いことです。いずれ日光浴については詳しくブログで
解説するつもりです。楽しみにしていて下さい。



754 :病弱名無しさん:2006/06/29(木) 17:50:35 ID:74xruTlj
ホシュ

755 :シナ:2006/07/01(土) 22:09:44 ID:48YKFRpt
>751さん
こんばんわ。ありがとうね。最近暑くて、また湿気に負けてやる気がありません。
この季節は北海道です。北海道も湿気はヒドイのですかね。

でも、気圧と自律神経の関係で初夏〜夏はのんびりする方がいいらしいです。
体もダラーとしてますし、なんとなくダラーとしていまです。

免疫療法は安保先生のお陰でとても認知されていると思います。

でも現実的に考えてレスしますと、以前は膠原病のスレに姉妹レスとしてリンクをして頂いてのですね。

その後、自律神経免疫療法に対して、否定的なレスをよく目にしました。

最近はスレを読むことがありませんので、分かりませんが僕はそれは仕方の無いことだと思いました。
現実的に考えれば、現在処方されてるお薬を突然に止めるのは危険ですから。

マリリンさんが言われているようにじっくり考え、計画を立てるべきだと思います。

母も僕もとても運が良かった思います。母の場合は薬を飲みながら薬(ステロイド)が減っていきましたからね。
今の主治医は薬を減らす事に決めました。僕は良い医師だと思いました。

適度な運動もしています。温泉やサウナでも汗をかきます。汗をかくと健康になった気分になります。(笑)

暑いですからマターリ行きましょう!

756 :シナモン:2006/07/01(土) 23:24:42 ID:48YKFRpt
マリリンさん

こんばんわ。

自然に任されてください。

僕は不勉強ですから情報を提供出来ない状態が続いています。一個人ではありますが、客観的である数値の推移も。
ですが、最終的には検査するつもりです。僕には必要です。

最近は膠原病のスレを見ないようにしています。不安になってきますし、それが現実になってしまいそうで。
ですから、抗核抗体の検査さえ必死で避けてるわけです。

早期発見を考慮すると危険かもしれませんが、抗核抗体の検査をするよりも体調を自分で観察する事が実は良いかもと思ったりしています。

不安は毒です。怖いものから逃げます。しっかりと自然免疫療法で病気を寄せ付けない体を作れば大丈夫だと思っています。

マリリンさんのブログを読んでいますが、いつも感心しています。

僕は週末は晴れでも、雨の日でもジョギングしています。鳥の声も聞こえますし、景色もグルグル変わって変化があります。

自分では意識してませんが、ストレスを緩和しようとしてるのだと思います。

マリリンさんはご無理はされないでください。ブログの更新は大変な労力ですからね。

僕たちはどんな事にも適応する力を持っています。いつもありがとう!

757 :シナモン:2006/07/01(土) 23:26:55 ID:48YKFRpt
干す

マリリンさんのブログ
ttp://vetmaririn.blog56.fc2.com/

758 :シナモン:2006/07/01(土) 23:43:39 ID:48YKFRpt
パソコンのモニターの光は意識して見ると眩しいですね。寝る前は見ない方が
良いのかも。

759 :シナ:2006/07/02(日) 20:46:36 ID:ZCMJJUrw
腸管免疫の本を読み終わりますた。良い本です。またレスしようと思います。

760 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/03(月) 08:38:54 ID:rqEGFVtS
>シナモン

>最近は膠原病のスレを見ないようにしています。不安になってきますし、それが現実に
>なってしまいそうで。

これに、お答えしようとして膠原病のスレに目を通しています。全部読むのはなかなか
大変で、毎日少しづつ、読んでいます。
色々なことが分かり、勉強になっています。

一つ、思ったのですが、目の乾きとか抜け毛、関節痛や疲れやすさ等の症状は、
私も以前からありました。
ほっとけば、治るので、自分が膠原病に罹患している等と考えたこともありません
でした。

一昨年やった、人間ドックの検査値を見返すとRFに高値のマークが付いている。
私が元気そうに見えたためか医者は、これについても何も言ってなかったが
私のリンパ球数が少なかったことを考えると、軽い膠原病の予備軍だったのかも
知れないなと思いました。

>目の乾きとか抜け毛、関節痛や疲れやすさ

こんな症状は、誰にでも起こっても不思議ではありません。膠原病スレの人たちは、
なるべく良い医者にかかって、早期に発見しようと言っていますが、
私の場合は、膠原病だと診断される前に、自然免疫療法を知って元気を取り戻せて
良かったと思いました。病名の烙印を押されてからでは、いくら気丈なマリリンでも、
気持ちの上で立ち直りに時間がかかると思えたからです。

そのくらい、医者の言葉は患者を傷つけるし、膠原病自体が治らない、恐ろしい病気と
いう観念が広がりすぎだと思いました。

761 :病弱名無しさん:2006/07/03(月) 19:23:52 ID:R0wSot28
マリリンさんのブログを読ませていただきました。
たしかに、今の西洋医学は患者への負担が大きすぎると思います。
食事療法・運動療法にしても、本人の努力と周囲の理解と協力がなければ、難しいです。
通院だって、医者は「月1回来い」と当然のように言いますが、
勤め人にとっては、今は何を理由にリストラされるかわからないご時世だし、
通院も会社側の理解がなければ厳しいでしょう。

私は膠原病患者です。
昔、勤めていた職場の女の子が、長期間微熱が下がらないということで
内科を受診したところ、「膠原病の可能性があるので検査入院してください」
と言われ、すっかりパニックになって、私のところへ相談に来ました。
「手術しても治らないの?」「日光にあたったらダメなんでしょう?」
「入院期間はどのくらいになるの?」と言われ、
やはり恐ろしい病気というイメージがあるのだなと思いました。
彼女には、薬物治療でコントロール可能な病気であることを話しておきました。
で、結局微熱は下がって、入院せずにすんだのですが。
医師は自分の発言が時には患者を傷つけることがあるということを、
自覚されている先生は少ないですね。
医大で接遇関連の教育もしておくべきだと思います。

762 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/03(月) 21:00:37 ID:8E8Dryp+
>>761

はじめまして、プログ読んで下さってありがとうございます。

私には癌の余命宣告を受けた知り合いがいた。医者の余命宣告はことごとく外れた。
それなのに医者は何度も何度も命の期限を言い直した。いい加減にして欲しかった。

医者は何のために、患者を傷つける発言を不用意にするのでしょうね?

私も高血圧の治療を受けていた時に、体が辛いと告げたら、仕事を休めば良いと簡単に言
われました。休めるような仕事なら苦労しないです。無責任すぎる。

この発言で、医者が信用できなくなり、病院を代えましたわ。


763 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/03(月) 21:03:50 ID:8E8Dryp+
貴方自身が膠原病患者さんと言うことですが、白血球数と血液像の検査はしてい
らっしゃいますか?

私のブログに書き込んだ膠原病専門医が、「最近の膠原病専門医の中には、血液像を
計らずに、膠原病の診療、治療をしようとする医者がいる。彼らは残念なことに血液像の検査の
見方がわかっていない」と言うような内容のコメントを書き込んでくれました。

私も、膠原病患者さんの場合、リンパ球数、顆粒球とリンパ球の割合、単球数、好酸球数
はとても大切な検査だと思います。

代替療法を駆使してリンパ球数を上げることに成功すると、ステロイドの量は
減らせるし、病気自体が快方に向かう可能性があるからです。

是非、貴方自身の健康のために白血球の検査をして、ご自分の免疫力を
測定してみて下さい。




764 :761:2006/07/03(月) 21:31:06 ID:R0wSot28
マリリンさん、レスありがとうございます。
医者は世間知らずが多いというか……私が通っていた耳鼻科、診察の声が丸聞こえで
プライバシーのない病院だったのですが、ある患者さんは病気が原因で失業することを
ひどく心配しているというのに、そのことへの精神的なフォローはなし。
それどころか、治す意思はないのかと怒る始末。
患者の話もロクに聞かない医師だったので、病院を変えました。

白血球数と血液像の検査はしていますが、はたして主治医がそれを見て
判断しているのかは疑問です。
いつも言われることはコレステロール値が高いこと、高血圧気味のこと、
これらは薬の副作用で、もうどうにもできないっていうのに。

マリリンさんのブログを読んで、もっと勉強させていただきますね。


765 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/03(月) 21:55:46 ID:8E8Dryp+
>761

嬉しいです。どうぞ遊びに来て下さい。


766 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/04(火) 13:50:39 ID:GZCIhre+
>761

>白血球数と血液像の検査はしていますが、はたして主治医がそれを見て
>判断しているのかは疑問です。


その検査値、書き込んでみませんか。アドバイスができるかもしれない。

767 :761:2006/07/04(火) 14:34:20 ID:x3waYdLi
マリリンさん、ありがとうございます。
さっそく調べようと思っていたところでした。

白血球数 12.8 H

好中球 82.8 H
リンパ球数 10.2 L
Mono 6.5
好酸球数 0.4
Baso 0.1

Neut(#) 10.6 H
Lympo(#) 1.3
Mono(#) 0.8
Eos(#) 0.1 H
Baso(#) 0.0

単位がよくわからないのですが、こんな具合です。
よろしくお願いします。

768 :761:2006/07/04(火) 18:37:47 ID:x3waYdLi
今のところ、病気の方(SLE)は安定しています。
免疫に関することなんですが、

本に「免疫力強化」を謳った健康食品は要注意です。
膠原病は免疫力が誤った方向に強化される病気なので、
免疫力を高めることは、膠原病の患者さんにとってよい結果になるとは限りません。

とありましたので、免疫に関する健康食品などはとらないことにしています。

769 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/04(火) 23:47:42 ID:oxK+7OHx
最初に言っておきますが、貴方の症状も病歴もわからずに、数値だけ私は見て
アドバイスします。鵜呑みにしないで、おかしいと思う所があったら指摘してください。

白血球数   12800個

顆粒球の割合、82.8%+0.4%+0.1%=83.3%
顆粒球数   12800×0.833=10662個

リンパ球の割合  10.2%    リンパ球数   12800×0.102=1305個

単球の割合  6.5%       単球数     12800×0.065=832個

好酸球の割合  0.4       好酸球数    12800×0.004=51個


だいたい、こんな感じですか?好酸球が、貴方の書いた絶対数と私が計算した数が
あわないです。

まず、顆粒球が多過ぎです。長い間、この状態だと、活性酸素の害(組織破壊)を貴方の
体は相当、受けていると思います。

リンパ球は1500個以下ですので、高度の免疫抑制状態です。ただし、単球が十分数が
ありますし、好酸球の数もそんなに多くないので、少ないリンパ球が頑張って働いています。

安保先生によると、膠原病は免疫が抑制された(リンパ球数が少ない)ため、リンパ球が
異常な動きをして発症すると言っています。

対策は活性酸素の害を減らすため、多すぎる好中球を減らし、免疫システムが正常に
機能するようにリンパ球数を上げることだと思います。

770 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/04(火) 23:52:17 ID:oxK+7OHx
貴方の場合は、これだけ酷いとお金のかからない免疫療法だけでは反応してこないと思うので、
健康に自信を取り戻すまでだけでも、お金のかかる免疫療法を使われた方が良いと思います。

私は獣医ですから、鍼灸のアドバイスはしてあげられないので、サプリメントの話をします。


これだけ、顆粒球が多いと、まず減らすことを考えないといけないでしょう。お勧めは
水素結合水(H4O)です。特定の商品名を上げて勧めているので、気に入らないかも
知れませんが、ストレートに自分が使って良かったと思ったサプリメントを勧めています。

ここで抗酸化・還元作用の強いサプリメントを使って下さいと言ったのでは、紫イペとか
プロポリスとか、ビタミンCとか色々あるので選ばれるのに困るでしょうし、

もし、貴方が粗悪でメチャメチャ価格の高いサプリメントを買ってしまったら、私が貴方に
伝えようと思ったことが伝わりませんので、ここは、特定のサプリメントの商品名を出す
ことを許して下さい。

H4Oをお腹の空いている時に1日一個ずつ三ヶ月ぐらい飲むと、顆粒球が下がってきます。
それと同時にリンパ球数も単球数も下がってしまうかも知れませんが、一時的です。

体は一旦下がった顆粒球を上げるように動くので、また顆粒球が上がって来ます。その時
リンパ球も一緒に上がってくると思います。

771 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/04(火) 23:56:24 ID:oxK+7OHx
H4Oは活性酸素を強力に除去してくれるので、そのうち顆粒球が下がりはじめます。


お金に余裕があったら、リンパ球が産まれる場所の腸内環境を整えるサプリメントも
お勧めです。具体的には善玉くん等がお勧めです。

H4Oにしても善玉くんにしても、効果が高い割には値段が安いと私は思っています。
両方ともネットで買えます。

リンパ球は低体温だと増えてこないし、活動も鈍くなります。40度以上の温度のお風呂に
ゆっくり浸かることは大切なことです。

後、食べる物の栄養のバランスはとても大切です。必須アミノ酸や必須脂肪酸、ミネラル、
ビタミンなどは取り忘れのないようにしてください。

ストレスは病気には一番の大敵ですが、なかなか退治するのは難しいので、疲労を
ためないようにゆっくの休んで下さい。

なかなか、自然免疫療法をちょっとのレスに書き込むのは難しいです。ブログでまとめて
いますので、時間がある時に読んで下さい。

とにかく、少しでも体にとって、良いことをしていきましょう。


772 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/04(火) 23:58:40 ID:oxK+7OHx
>本に「免疫力強化」を謳った健康食品は要注意です。
>膠原病は免疫力が誤った方向に強化される病気なので、
>免疫力を高めることは、膠原病の患者さんにとってよい結果になるとは限りません。

これは、リンパ球の強化の方法さえ間違えなければ心配することはありません。
何もしないで、このままでいるより、色々試して病気から立ち直りましょう。

私もリンパ球を増やそうとした時、好転反応でお腹が痛くて転げ回りましたが、良くなる
過程だと信じて頑張りました。その甲斐があって、一年ちょっとたった現在はリンパ球は
1800個まで増えています。

ステロイドは今、毎日どのぐらい飲んでいるのですか?
調子が良くなってきたら、少しずつ減らしてもらうように医者と交渉すると良いです。

後、お願いですが、このレスを私のブログに貼り付けさせて下さい。色々な人に参考に
してもらいたいのです。

773 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/05(水) 00:11:10 ID:IsHTR9ds
書き忘れていましたが、顆粒球が83.3%、リンパ球数が10.2%は

交感神経が過剰に興奮しています。根菜類などの食物繊維をとって腸管を刺激したり
呼吸法、瞑想、乾布摩擦など副交感神経を刺激することを一杯すると良いです。

H4Oなどの抗酸化・還元作用の強いサプリメントは活性酸素を除去することで
体に起こった炎症を強力に抑制します。これらのサプリの抗炎症作用はステロイドに
匹敵すると私は考えています。



774 :761:2006/07/05(水) 09:11:30 ID:27701Jbr
マリリンさん、ありがとうございました。

病歴8年目、プレドニン10mgと免疫抑制剤を100mg服用しています。
プレドニンはこれが維持量で、これ以上減らすと危ないです。
ブログへの転載はかまいません。

経済的な問題もありますので、自分にできる範囲でやっていこうと思います。
本当にお世話になりました。

775 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/05(水) 09:28:37 ID:3VQClu4x
>>774

免疫抑制剤100mgって、何飲んでるの?エンドキサン?

776 :761:2006/07/05(水) 10:01:10 ID:27701Jbr
免疫抑制剤はネオーラルです。

何度も質問して申し訳ないのですが、
顆粒球が多過ぎなのは、病気と薬のどちらに原因があるのでしょうか。

よろしくお願いします。

777 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/05(水) 10:24:23 ID:3VQClu4x
お金がないのなら仕方がないので、知識としてだけ聞いておいて。

安保先生によると免疫が抑制されて起こって来る病気なのに、現代医学では免疫が
強くなって起こってくる病気だと間違ったため、薬で強力な免疫抑制をかけてしまい
慢性化させていると言うことだ。

犬の話で恐縮なんだけど、わたしも、ステロイドであんまり効き目のない犬には
エンドキサンを併用して使っているけど、水素結合水等の水素水を併用して使うまでは
重症化させてしまう犬が多かった。

動物医療の場合は、全額自費診療なので、患畜が見た目、元気になると、飼い主は
勝手に薬を止めだすんだよ。

飼い主さんのこうした行動が、私は薬の減量に一役かっているとは思っている。

だけど、獣医に何の相談もなく勝手に減量するもので失敗して、取り返しのつかない
結果になる犬も多かった。それで、私は元気になったら薬を止めても良いけど、一遍に
止めるのだけはしてはいけないよ。少しづつにしてねといつも念を押していた。

それが、水素水を併用しだしてから、飼い主が以前より、全然早く薬の減量はじめるし
それで、取り返しのつかない結果になる子がほとんどいなくなった。

と言っても、いないわけではないので、人間の場合は慎重にならざるおえないね。

ゴメン、だから貴方に取っては危険なことを言ったと思われたかもしれないね。薬の減量は
血液検査その他で体の調子が良くなったのを確認してから、はじめるんだからね。


後、貴方の場合、まず増加した顆粒球を何とかして減らすことを考えるといいよ。

778 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/05(水) 10:37:11 ID:3VQClu4x
>>776
>何度も質問して申し訳ないのですが、
>顆粒球が多過ぎなのは、病気と薬のどちらに原因があるのでしょうか。

体に炎症があると、顆粒球が増えるから私にはどちらが原因なのかわからない。

だけど、薬のせいもあると思う。ステロイドや免疫抑制剤は交感神経を興奮させると
安保先生は言ってる。

私も、最近血圧の薬を止めだしてから、どうしても下がらなかった顆粒球数が減ってきた
気がする。まだ、四ヶ月しかたっていないので、絶対、薬のせいで顆粒球が高くなっていた
とは言い切れないけど。

とにかく5000台だった、顆粒球数が4000台まで、ここ数回の検査では下がってきている。


>何度も質問して申し訳ないのですが、

ここは2ch、相手をする人がいる限り、遠慮しなくて良いからどんどん聞いて。

その代わり、時間に余裕がないと答えはだいぶ遅れてになるけどね。

ゴメン、忙しくなったので、またね。


779 :761:2006/07/05(水) 10:43:40 ID:27701Jbr
マリリンさん、重ね重ねありがとうございました。
参考にさせていただきます。
健康食品は、炎症を抑えるというノニジュースを飲んでいたのですが、
マンションのローン返済のためにやめました。

これからもご活躍を期待しています。
頑張ってください。

780 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/05(水) 10:46:55 ID:3VQClu4x
ネオーラルか。高い薬だね。動物医療じゃ、よっぽとお金のある飼い主さんじゃなきゃ
使えない薬だよ。

そりゃー、免疫療法なんかにお金回せないね。とっても納得。

じゃー、また後でね。

781 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/05(水) 13:26:16 ID:9JBeYT7Q
ノニジュースは健康維持には良いと思うけど、自分の治療で使おうとは思わないですね。
多分、抗酸化作用と還元作用が弱すぎるんだと思う。









782 :761:2006/07/05(水) 13:39:47 ID:27701Jbr
特定疾患制度のおかげで、薬代は無料です。
経済的なことまで心配していただいて、ありがとうございます。

>交感神経が過剰に興奮しています。
これは自覚しています。
リラックスすることや、身体の力を抜くことがなかなかできません。
薬のストレスの影響もあると思います。

783 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/05(水) 14:10:08 ID:9JBeYT7Q
>>782

やっぱり、貴方ぐらい顆粒球が高いと、お金のかからない方法で
顆粒球数を下げることは難しいなと思う。

でも、顆粒球を下げて活性酸素の害を減らしてからでないと、今飲んでる薬の減量なんて
危険で、とてもできないしね。

ところで気になったことがあるんだけど、単球数が832個とちょっと多いような気がするんだ。
これって、マクロファージは動けとリンパ球にがんがんに指令を出しているけど、免疫抑制剤の
ネオーラルがリンパ球(T細胞の)働きを抑制しているので、リンパ球が貴方の体を破壊しないで
済んでいると言うことなんだと思う。


つまり、今のままで薬を止めると危険な状態になる。ステロイド10mgは抗炎症の目的で
使っているんだろうか?

このまま薬を使い続けると、免疫システムのアンバランスは固定化されて、このままに
なるけど、それなりに小健康状態は保てると言うことだと思う。


784 :病弱名無しさん:2006/07/05(水) 18:04:01 ID:ZtJIkppm
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1148425238/

785 :病弱名無しさん:2006/07/06(木) 01:06:49 ID:UJUMcSBD
ホシュ

786 :病弱名無しさん:2006/07/08(土) 16:43:19 ID:y1q2AXRU
こんにちは。
自律神経免疫療法のひとつとして井穴の刺激(爪もみ、
というか爪楊枝でちくちく)していますが、これは効きますか?
始めて間もないので実感があまりないためお聞きさせていただきました。
またこの方法は慣れてしまって効かなくなるということはないのでしょうか。
ストレッチみたいに続けることに意義ありといったものでしょうか?

787 :シナ:2006/07/09(日) 20:08:56 ID:BYDkqSUg
>785さん
ホシュありがとう。

788 :シナ:2006/07/09(日) 20:17:35 ID:BYDkqSUg
>786さん
続けられてください。慣れてしまったら効かないというのは無いと思います。
ストレッチの様に続けられてください。生体の活動というのはリズムに添ってい
ますです。リズムに乗り生活しましょう♪

789 :シナモン:2006/07/09(日) 21:06:43 ID:BYDkqSUg
マリリンさん、いつも親切なレスをありがとう。

貴方が言われてますように目の乾き、抜け毛、間接の痛み、疲れやすさは程度の差こそあれ誰にでも起こりうる事です。
僕は医学的な知識はありませんが、病気は早期に発見する方がいいのは知っています。みんなもそう思っているでしょう。
でも検査というのは頻繁にするべきじゃないと思います。免疫革命を読んでそう決めました。四カ条の一つでもそう書かれて
いますし、事実そうかなと思います。それに医者からは症状が出てから来てくださいと言われていますからね。(笑)

最近は何故かやる気があり、免疫革命を再読しています。以前は理解出来なかった事がすっと理解出来ています。
貴方のお陰です。この本は良い本ですね。

膠原病ですが、極度の免疫抑制状態と書かれています。しかしそれだけではないと思います。以前レスしましたけど、
遺伝的な弱さもあると思います。そして弱った時にそれが出るんジゃマイカと思っています。

話は変わりますが、体温免疫力で病気は治るをざっと読みました。甲田先生の事について書かれている箇所があり、
興味深く読みました。マリリンさんは食べる事がスキと書かれていましたね。僕も大好きです。お腹が空くと集中出来ない
事もあります。でも最近は大食は控えています。森の生活というアメリカの書籍があるのですが、著者であるソローが
沢山働くと沢山食べないとならないと書いています。沢山エネルギーを消費するから沢山食べないとならないのでしょう。

今は無理をしないように、そして今までの生き方を見直して、更に良い人生を送りたいです。

少しずつですが、理解出来る事が増えました。継続して勉強します。ありがとう!

790 :シナモン:2006/07/09(日) 22:29:42 ID:BYDkqSUg
>以前レスしましたけど、 遺伝的な弱さもあると思います。
>そして弱った時にそれが出るんジゃマイカと思っています。
補足ですが、母の妹も軽度の強皮症と診断されています。
母の母もレイノーだったからやはりそういう仮説も立てれると思います。
女性に多いのも不思議です。極度の免疫抑制により、古い免疫系が活発に
なり、自己抗体を作ると免疫革命には書かれています。

多くの膠原病の患者さんは免疫力を高めるのを躊躇されています。

アレルギーが極度の副交感神経の状態から起因すると言われてますが、
逆に極度の交感神経状態からも起因するという事実もありますよね。

母の話を聞きますと、便秘が治った、血圧が安定した、疲れにくくなったらしいです。
自律神経が以前に比べ安定しているのだと思います。ただ末端である手足は冷たいです。
ここは血流がひどく悪いです。

僕にしても、冬にしもやけもなりませんでしたし、花粉症も今年はなりませんでした。

分からなくなったのでもう寝ます。(笑)

791 :シナモン:2006/07/09(日) 22:37:32 ID:BYDkqSUg
主観的な体の状態そして血液像を知る事が大切なのでしょうね。

792 :シナモン:2006/07/09(日) 23:09:26 ID:BYDkqSUg
ホス

793 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/09(日) 23:16:54 ID:ahb36Zgy
>>791 >シナモン

>遺伝的な弱さもあると思います。

犬や猫も膠原病を発症するから私も遺伝に関係があると思う。
だけど、人間は犬や猫とは違って、前頭前野の機能が、病気の発症に
大きく作用するから、遺伝だけではなくストレスが病気の発症に動物よりも
関与しているとも思う。

早い話が遺伝なんかに負けてはいられません。

>女性に多いのも不思議です。

これは黄体ホルモンが胸腺を萎縮させるため、免疫が抑制されるためと安保先生の本には
書かれていました。

>末端である手足は冷たいです。ここは血流がひどく悪いです。

何年も患っていた病気ですから、そんなに早くは回復してこないですよ。きっと、このまま
免疫療法を続けていけば、ずっと時間がたってから暖かくなってくると思いますよ。

794 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/09(日) 23:21:47 ID:ahb36Zgy
いつも、ブログを読んで下さっているようでありがとう。

内容は、多分、普通の人には極めて難しいと思う。シナモンは勉強家ですね。
よく、ついてこられると感心します。

そのくらいして情報を集めないと自分の体って守れないですよね。私も頑張ります。

795 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/09(日) 23:24:18 ID:ahb36Zgy
お休み。

796 :病弱名無しさん:2006/07/10(月) 20:41:54 ID:VlChKVrZ
>これは黄体ホルモンが胸腺を萎縮させるため、免疫が抑制されるためと安保先生の本には
>書かれていました。

この部分は事実に反するね。
黄体ホルモンが胸腺を萎縮させたら 妊婦は大変なことになる。
結構いい加減だね。阿保センセ。


797 :病弱名無しさん:2006/07/10(月) 20:48:08 ID:VlChKVrZ
女性に多い病気というのは 女性ホルモンが関係してるとは思いませんか。

医者も知らないホルモンバランススレではこの辺のことについて
リアルタイムで検証してます。

実際にスレの中で劇的な改善してる人がいます。

798 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/10(月) 21:51:12 ID:i3VZ/9qt
>>796
>黄体ホルモンが胸腺を萎縮させたら 妊婦は大変なことになる。

私の理解が間違っていたかも知れない。正確に書くと
安保先生は老化や妊娠後期で胸腺が縮むと書いている。

妊娠は母親のリンパ球の攻撃から、子供を守らない断続しないので
そのような現象が起こるのかと考えました。

妊娠後期で増えるホルモンは黄体ホルモンなので、黄体ホルモンが関係していても
おかしくないのではないですかねぇ。

799 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/10(月) 21:52:48 ID:i3VZ/9qt
>>798
自己レス訂正
妊娠は母親のリンパ球の攻撃から、子供を守らない断続しないので   ×


妊娠は母親のリンパ球の攻撃から、子供を守らないと妊娠が継続しないので   ○

800 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/10(月) 22:00:16 ID:i3VZ/9qt
>最近は何故かやる気があり、免疫革命を再読しています。この本は良い本ですね。

私もそう思います。『免役革命』を読んで、私は目から鱗が落ちました。

801 :病弱名無しさん:2006/07/15(土) 15:42:24 ID:Ee7iLJ0m
ホシュ

802 :なな:2006/07/15(土) 17:04:26 ID:0eCA1a/m
はじめまして!
先日、本屋の医学書コーナーで「無血刺絡の臨床」という本を
見つけて、買ってきました。ちょっと高かった・・・

803 :病弱名無しさん:2006/07/15(土) 23:23:23 ID:u204b/BP
あ、無血刺絡。私も気になってたんです。
私は出血ありの方が実感あって好きなんですが。
刺絡における出血の意味はどういうものなのか気になりますよね。


804 :病弱名無しさん:2006/07/16(日) 10:53:47 ID:ZusbL8ES
悪い血が出ているということかな?

805 :病弱名無しさん:2006/07/17(月) 18:04:32 ID:W9h+Hw/6
シラク自体は好きだけど、シラクやる医師ってものっすごい感じ悪い人が多い。
だから行きたくない〜〜。安保先生は親切だったけど。


806 :病弱名無しさん:2006/07/17(月) 18:12:42 ID:h067MuvC
>>805

シラクって何?

807 :病弱名無しさん:2006/07/17(月) 18:29:51 ID:ot7qAcq4
シラク大統領

808 :病弱名無しさん:2006/07/17(月) 19:11:01 ID:jqewOVIT
>>806
”しらばくれる”の略。

809 :病弱名無しさん:2006/07/20(木) 00:04:38 ID:R1WlhoOH
805さんは安保先生の診察を受けれたのかな。すごいね。

810 :病弱名無しさん:2006/07/21(金) 19:11:45 ID:xxhJmzUm
ホシュ

811 :シナモン:2006/07/22(土) 19:10:47 ID:S4lQJuyj
ホシュありがとう!

免疫革命を読み終わり、今は笑いと治癒力を読んでいます。
免疫革命は難しい本ですが、マリリンさんのお陰でほぼ理解出来ました。
安保理論が全て集約されています。

僕は多くの事を学びました。例えば、ため息は決して悪くないと思います。
交感神経優位の状態から本能により副交感神経に誘っていると考えます。
ただ、度が過ぎれば、調和がくずれます。誤解を恐れずに言うならば、うつ
は自己防衛本能によるものだと考えます。とても極端な形だけど。

でもそれまでに極度の交感神経により免疫が抑制されかつ遺伝子異常があると
するなら、癌や膠原病になる可能性も高くなるかもしれません。

努めて副交感神経優位の状態を維持しましょう!昔の人の方が
交感神経優位だと安保先生は書いていたけど、僕はこの事に関しては
そうは思いませんです。

何気ない事に注意を集中すると無意識にうちに人が調和を保っている事に
驚いています。(笑)

夏がまたやってきます。ダラダラいきましょう。 そして過度の紫外線は気を付けてください。

812 :シナモン:2006/07/22(土) 19:22:33 ID:S4lQJuyj
代替医療を否定されている方もいるけど、もっと柔軟に考えられれば
いいと思います。西洋医学も続けられ、代替医療もする。

波動療法にケチを付けられている方もいるけど、大学病院の偉い医師も
母が帯状疱疹にかかった時に、その症状があまり酷く無いことにびっくり
してたのだから。科学で証明出来ないからと否定するべきじゃない
と僕は思います。

813 :病弱名無しさん:2006/07/23(日) 19:45:40 ID:bniGSl81



814 :病弱名無しさん:2006/07/24(月) 10:07:24 ID:Blga380L
>>805
シラクって本にあるとおり、元々鍼灸の治療法でしょ?
なぜ鍼灸院には行かないの?

815 :病弱名無しさん:2006/07/24(月) 10:51:24 ID:cXSkyYvV
鍼灸院(鍼灸師)は怪しい感じで入りにくいから。
お医者さんなら安心だから。

816 :病弱名無しさん:2006/07/25(火) 09:02:51 ID:+B9LHWp1
>815 専門である鍼灸師の方が安全なのでは?整体師とかと違って資格がきちんとしているのは鍼灸師ではなかったっけ?

817 :病弱名無しさん:2006/07/25(火) 21:06:10 ID:hp+iGWtJ
>>815
感じ悪い人が多くても、それでも医者がいい、っていう意見はまぁわかるけど
由来からしてこの治療法のキモを本当にしってるのは鍼灸師ではないか?と漏れは最近おもってます。。。


818 :シナモン:2006/07/27(木) 21:28:00 ID:ADg8+KeE
( ^∀^ ) 人( ^∀^ ) ホス



819 :病弱名無しさん:2006/07/28(金) 00:36:39 ID:LTOGu2oE
もひとつホス♪

820 :シナモン:2006/07/28(金) 16:29:21 ID:ML9MTn3M
>819さん
ホスありがとうね!


良いニュースです。検査値が出ました。下のマリリンさんのブログの検査値と比較しても
全体的に良くなっていまです。食欲があるそうです。それと医師はステロイドの減量に
ついて思案中らしいです。良い医師です。


前回
ttp://vetmaririn.blog56.fc2.com/blog-entry-89.html


今回
白血球数   8,800個

顆粒球の割合、67.11%+2.3%+0.7%=70.1%
顆粒球数   8,800×0.701=6,168個

リンパ球の割合  20.8%    リンパ球数   8,800×0.208=1830.4個

単球の割合  9.1%       単球数     8,800×0.091=800.8個

好酸球の割合  2.3       好酸球数    8,800×0.023=202.4

CPK 112

まだ交感神経優位ですが、良くなっています!マリリンさん貴方には感謝しています。m(__)m

ありがとう。

821 :シナモン:2006/07/28(金) 17:04:31 ID:ECHa08Qz
でも単球の割合が少し高いですね。

822 :病弱名無しさん:2006/07/28(金) 18:47:06 ID:LTOGu2oE
シナモンさん良かったですね!お母さまとシナモンさんの二人三脚での頑張りの結果ですね。数字で目に見えて改善を確認できるのは本当に嬉しいことです。

823 :病弱名無しさん:2006/07/28(金) 18:48:41 ID:LTOGu2oE
そして食欲が出てきたというのが何よりです。これからもお大事にしてあげてくださいね。

824 :病弱名無しさん:2006/07/28(金) 19:12:50 ID:VxSFY/yX
運動して交感神経を緊張させた反動で副交感神経を緊張させるのと
たんに副交感神経だけを刺激するのとは効果のほどでは違いとかあるんですか?
緊張すると逆に副交感神経が緊張して尿意を催したりしますよね。
この場合はどう解釈すればいいんですか?疲れるとその反動でうつになったりとか。
人によって交感神経が緊張しやすい部位と副交感神経が緊張しやすい部位があるって事ですかね?
もし、そうだとしたらリンパ球とかの割合はあてになりませんよね?

825 :シナモン:2006/07/28(金) 20:47:25 ID:StGaYD8N
>822さん
いつも親切なレスをありがとうね。数値の推移を観察して良くなっていく
というのはとても嬉しい事です。食欲があるというのはとても良いです!
これは元気になっている事ですから。

ありがとう。

826 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/28(金) 23:26:59 ID:V2am/1U8
>シナモン

やっぱり、お母様のリンパ球数上がっていたね。おめでとう。しかも1830もある。
羨ましい限りです。


>>812でシナモンが
>大学病院の偉い医師も母が帯状疱疹にかかった時に、その症状があまり酷く無い
ことにびっくりしてた

と書いていたので心配していたんだ。


ウイルスの持続感染
http://vetmaririn.blog56.fc2.com/blog-entry-129.html#more

でも説明したんだけど、帯状疱疹はかなり長引く病気らしいから、
今、お母様の体の中で免疫システムとウイルスが戦っているのかも知れない。


だから、単球や好酸球がちょっと増えているのかも知れないね。

このまま、何事もなく、免疫システムがウイルスを押さえ込めると良いね。
今が大切な時だから、気を抜かないで体を大切にするようにお母様にお伝え下さい。

827 :シナモン:2006/07/29(土) 08:20:24 ID:5+kaeZSo
>マリリンさん
おはようございます。体調はどうでしょうか?無理はされないでくださいね。

母は今後、定期的に白血球検査をするみたいです。それと帯状疱疹は10年以上前の事です。

単球と好酸球が少し高いでしょう。僕は今後、数値の推移を注意深く観察しますです。
ウイルスの情報もありがとう。

貴方のお陰です。夏は交感神経優位に働きます。お体は大切にしてくださいね。

ありがとう。

828 :シナモン:2006/07/29(土) 08:51:25 ID:5+kaeZSo
○夏は副交感神経優位に働きます
×夏は交感神経優位に働きます

ですのでお忙しくても気持ちだけはのんびりいきましょう。

829 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/29(土) 09:35:07 ID:8U8hjz7G
おはよう。

そう、帯状疱疹は10年以上前のことか。それじゃー関係ないね。

でも、好酸球と単球が増えるのは、何かのウイルスに感染して、体が戦っていると
考えるのが、一番考えられると思う。

ただ、シナモンのお母様の場合、リンパ球は高いままだから、そこが私と違うね。
私の場合、ちょっとした風邪をひいても、リンパ球は酷く下がる。私のリンパ球よ
何処に行ってしまったのと聞きたいぐらい下がるよ。

でも、三日ぐらいで増えてくるけどね。その時は単球は下がってくる。

多分、ここが免疫療法を受ける前とは違うと思う。以前はリンパ球は下がり放しだったし
単球もそんなに敏感には反応してこなかったと思う。←調べてないから何とも言えないのだけど

今より、体調が持続的に悪かったし、寝込むような酷い風邪も一年に何度もひいていたし
一昨年の一月の検査値がリンパ球数も単球数も両方とも低かったので、そう推測した。



マー、人によって色々な体質があるから、シナモンのお母様の場合は、免疫細胞が正常な
割合に戻る調整局面かも知れないしね。
今後、白血球の検査値を追ってみると言うことだから、そのうちどういう事だったか分かるでしょう。


ところで、どうして白血球の検査を定期的にしてくれる事になったの?

830 :シナモン:2006/07/29(土) 09:38:48 ID:5+kaeZSo
>824さん

有酸素運動をすれば脳内ホルモンにより、気分が爽快になり、また免疫にも良いみたいですよ。
午前10時から午後2時を避けて運動すれば(水分はたくさん摂りましょう)体に良いです。
体内でビタミンDも合成出来ますし、交感神経と副交感神経の切り替えもよくなります。運動を
すると体も疲れていますし、日光の強い光を目に受けているので睡眠の質もよくなります。
健康にとても良いのです!


緊張すると尿意を催すのは、排泄する事により体が副交感神経優位にしてるからだと思います。
疲れるとその反動でうつといのは分かりませんが、人間の体は常に調和を保とうとしています。
疲れてたらゆっくり休まれてください。免疫革命にも体の声を聞く感性とかが大切だと書いて
ありました。

マリリンさんの脳内ホルモンについて
ttp://vetmaririn.blog56.fc2.com/blog-category-35.html

831 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/29(土) 09:46:27 ID:8U8hjz7G
>>824
>緊張すると逆に副交感神経が緊張して尿意を催したりしますよね。

尿意をおよぼすのは、交感神経が緊張した時だよ。

832 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/29(土) 09:59:03 ID:8U8hjz7G
>>824
>運動して交感神経を緊張させた反動で副交感神経を緊張させるのと

何を言ってる? 適度な運動すると、全身の血流が良くなるし、代謝も促進させるし、
体温も上がってくる。交感神経も自律神経も刺激されるので、昼と夜の交感神経と
副交感神経の切り替えもうまくいくようになると思う。

交感神経が興奮した反動で副交感神経が興奮するわけではないと思うよ。

交感神経と副交感神経が拮抗的に働いていると言っても、人間の体は機械じゃないんだから
一筋縄では行かないよ。

>疲れるとその反動でうつになったりとか。

これは、運動やりすぎかストレスの受けすぎで、交感神経も副交感神経も抑制された状態。

833 :シナモン:2006/07/29(土) 10:09:58 ID:Q/Ix+Mao
>マリリンさん

ウイルス等に感染すると高くなる見たいですね。今後の検査値の推移を追っていきますです。
夏になると食欲が梨だった見たいですけど。食欲もあり元気そうです。顔色がとても良いです。

医師が今後、検査の結果をくれる見たいです。検査の結果クレクレとお願いはしていない見たいですけど。(笑)

母のリンパ球は僕より高い鴨。

暑いのでのんびりいきましょう。

834 :シナモン:2006/07/29(土) 10:45:51 ID:Q/Ix+Mao
>免疫細胞が正常な 割合に戻る調整局面かも知れないしね。
そうだと嬉しいですね。

835 :シナモン:2006/07/29(土) 17:17:19 ID:a9SCb9PT
日記帳スマソ。

ゲド戦記という映画を見てきますた。若い人が多かったけど、若い人には
この映画の意味は分からないと思ふw

マリリンさんの体調は時間が必ず解決してくれると思います。

836 :病弱名無しさん:2006/07/29(土) 17:35:19 ID:FRAG/M26
ゲド戦記は原作で随分お世話になったんですが、映画化はたとえジブリといえども
原作の雰囲気をぶち壊すに違いないと考えて、見に行く気が起きなかったんです。
しかし、シナモンさんの感想を見ると意外に面白いのかもしれないという気にも
なってきました。

837 :シナモン:2006/07/29(土) 20:46:44 ID:gLgMIK/g
>836さん
僕は原作を読んだ事はないですけど、映画館はガラガラですた。

以前、暇でソフィーの世界を読んだ事がありまして、
ソフィーのおばあさんが病気になってしまって、おばあさんはその時に初めて
人は健康の有難さが分かるという事に気が付くのですね。それがとても印象的でした。

それと同じ印象を受けました。僕はもう一度見てもいいかもと思いますた。

評判はあまり良くな(ry


838 :シナモン:2006/07/29(土) 20:52:58 ID:gLgMIK/g
最後にチラ裏スマソ

アレンの馬(馬と鹿を足して二で割った感じ)は可愛かったですよw

839 :病弱名無しさん:2006/07/30(日) 17:56:00 ID:HvpHMvoy
十九歳で、医学知識もほとんどないものです。
体の不調(吐き気やだるさ)で、MRIに胃カメラ、血液検査に尿検査を
立て続けに受けたのですが、異常なしといわれました。吐き気は比較的軽い
ものなのですが、今も継続的に続いています。つらくてあまり食事もできずに
精神的にも不安定になっています。これは自律神経の問題なのでしょうか?



840 :病弱名無しさん:2006/07/30(日) 19:02:05 ID:Z67TiLTo
夏バテ〜

841 :839:2006/07/30(日) 21:03:50 ID:xmYTuLnV
一ヶ月ぐらい前からなんですけど、夏ばてってありうるんですか?
あと自律神経の不調は、生活を規則正しくしていく事だけで治り得るんでしょうか

842 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/30(日) 22:16:11 ID:Ziua0opy
>>841
自律神経の状態が知りたいんだったら白血球の検査をした?
白血球数と血液像。その結果を書き込んでみて。話はそれからだよ。

843 :839:2006/07/31(月) 10:26:04 ID:SmnEprh4
書きこみありがとうございます。
>>842血液検査の結果では、白血球数の測定値の欄に 51 とかいています。
単位の欄には ×10(の2乗?)ulみたいな事が
書いてあり、血液像は空欄になっています。
一ヶ月ぐらい前の検査です。検査成績報告書には基準範囲内とあるのですが、
低値と基準範囲の境ぎりぎりと言ったかんじです。



844 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/07/31(月) 15:11:15 ID:49wJ9UE4
>>843

医者が何処も悪くないと言っているのだから、白血球数は5100個だと思う。

血液像をやってこないと、自律神経に異常があるかどうかなんて分からないでしょ。

ちゃんと調べてもらっていらっしゃい。


http://vetmaririn.blog56.fc2.com/blog-entry-91.html

845 :839:2006/07/31(月) 19:01:19 ID:guk/xvjn
今日心療内科に行って来ました。
心から来るものだとは言われましたが、抗鬱剤は吐き気がよけいひどくなるので
もらいませんでした。とりあえず点滴を打ちながらしばらく様子を見る事にします。
>>マリリンさん 2度も丁寧なレスありがとうございました。
精神的に不安定なときにホント助かりました。


846 :シナモン:2006/07/31(月) 19:05:29 ID:QPJBp2N/
今日、日経を読んでいましたら、どこかの大学?が腸中のリンパ球の物質?
によりマウスの多発性硬化症が改善したと書いてありますた。記事を切り抜いて
持ち歩いていたら失くしますた。調べてみます。腸内の善玉菌がどうとか糖質
とか書いてありますた。

847 :シナモン:2006/07/31(月) 19:16:36 ID:QPJBp2N/
マリリンさんレスをありがとう。

839さん、暑いですからね。体調も悪くなります。

>>145も参考にされてくださいね。一度にたくさんするより出来る事から
始められるといいと思いますです。

848 :シナモン:2006/07/31(月) 19:22:24 ID:QPJBp2N/
光陰矢のごとしと昔の人はよく言いましたね。スレ1を立てたのが、
一昨年の11月が初旬です。(遠い目

暑いですからみなさん気をつけてください!

849 :シナモン:2006/07/31(月) 19:40:33 ID:/bH3jiYy
846を訂正

研究機関が腸のリンパ球内のある物質が多発性硬化症を良くする事を発見したみたいです。



850 :病弱名無しさん:2006/07/31(月) 20:04:30 ID:4ZFjPT9T
シナモンさん、こんばんは。ゲド戦記、見に行きたくなりました。スレ立って2年近くになるんですね。早いね。(遠い目にうけました(笑)もう少しでスレ3ですね!スレ1からお世話になってます。

851 :病弱名無しさん:2006/07/31(月) 20:09:43 ID:4ZFjPT9T
>839さん 心に関することは数値に現れにくいですね。きっと心が疲れているのでしょう。シナモンさんが言うように、>145を少しずつされるのが良いように思います。無理は禁物です。体が欲していることをしてあげてくださいね。

852 :839:2006/07/31(月) 21:27:57 ID:guk/xvjn
皆さん励ましの言葉、どうもありがとうございます。食事が出来ず、
病院も閉まっていたのでエビオス錠というビタミン剤(?)を買ってきました。
(脳の栄養不足の可能性もあるらしいので)試してみます。
>145を読みました。参考にさせていただきます。
体調を崩してからの生活と比べてみると、比較的この通りに生活できていると
思う(栄養以外)ので、このまま続けていこうと思います。
ところで、副交感神経の刺激って、つめの生え際をもむという
あれでしょうか。三年ほど前から、毎朝父も続けているらしいのですが、、


853 :病弱名無しさん:2006/08/01(火) 17:32:37 ID:qoKtKWi/
マリリンさんへ

H40の購入を考えているのですが、いろいろタイプがあって、
どれがマリリンさんのオススメの商品なのかがわかりません。
できれば、具体的な商品名を教えていただきたいのですが。
よろしくお願いします。

854 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/08/01(火) 21:52:24 ID:3nEt7yjU
>>853


どういう症状に使ってみたいの、ちょっと書いてみて。

H4Oは酸化・還元作用の強いサプリメントだから、活性酸素の害を一杯
受けている人におすすめだよ。


白血球の検査値もあったら書き込んでくれると、アドバイスしやすいよ。

855 :853:2006/08/02(水) 09:11:44 ID:HZV0bDIv
不眠症です。
精神科のほうから、朝、起きられなくなったら困るので、
これ以上薬は出せないと言われました。
交感神経が異常な状態だと思うので、飲んでみたいと思ったのですが。
よろしくお願いします。

WBC  11.7 H

血液像
Neut  84.9 H
Lympo  8.0 L
Mono  6.3
Eososino  0.5
Baso  0.2
Neut(#)  9.9 H
Lympo(#)  0.9 L
Mono(#)  0.7
Eos(#)  0.1
Baso(#)  0.0

856 :シナ:2006/08/02(水) 18:42:54 ID:5FkhZKsZ
日経の記事発見しますた。

細胞名は、リンパ球の一種で「インバリアントVα19T細胞」みたいです。
腸に多いみたいです。炎症が起きている場所に駆けつけるみたいです。
この細胞は腸内細菌が作る糖脂質が必要らしいです。そして、糖脂質
を補う薬を作れば自己免疫疾患の薬になる可能性もあるみたい。

でも、ここで注目なのは、食生活の変化でこの細胞が減ってると書いてます。
つまり、和食から洋食への変化なのかな???

ネイチャー・イミュノロジーに掲載されてるみたいです。記事を探してみます。

857 :シナ:2006/08/02(水) 19:36:04 ID:z3r+gOlJ
マリリンさん、記事を見られたのですね。朝日にも掲載されていたのですね!

日経の回し者ではありませんが、日経は早いです。ただ、ヒトツけちを
付けるなら、スーパーの広告も( ゚д゚)ホスィ…

858 :シナモン:2006/08/02(水) 19:45:06 ID:z3r+gOlJ
>850さん
もうじき二年になります。みなさんのお陰であります。

スレ1からお付き合いいただいてありがとうございます。次回は、自然免疫療法等のスレ名ではじめられれば
良いですね。もしもタイミングがあえば(誰も立てなそうな悪寒します)僕が立てますです。

暑いですから、気をつけてくださいね。

859 :シナモン:2006/08/02(水) 19:51:03 ID:z3r+gOlJ
>839さん

エビオスはアミノ酸がたくさん入っていますです。>>145を続けられているのですか!
立派ですね。これからも気長に続けられてくださいね。副交感神経への刺激
というのは爪もみだけではなくて、他にもたくさんあります。このスレを参考
にされてくださいね。

860 :853:2006/08/02(水) 21:22:33 ID:pA10oLaE
あと、知人から同じ水ならと、
ダ○ポール
ttp://www.hrd-ion.com/index1.html
を勧められていますが、交感神経のほうなどに良い影響があるかはわかりません。
ただ、難病患者さんが使用されてみて、3名ほど白血球の数値が正常になったとのことです。
不眠も病院から処方されている薬が効かなくて、毎晩、酒で寝ているような状態です。

861 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/08/02(水) 21:22:39 ID:T4v5/ANm
>>857

今回のリンパ球の記事は面白かったです。私はブログのネタように色々な新聞の
スクラップを作っています。


>次回は、自然免疫療法等のスレ名ではじめられれば良いですね。

スレ立てよろしくお願いします。その時は前スレと前々スレのリンクを張っておいて下さい。
後、このスレに次スレのリンクも貼って下さい。

そうですね自律神経免疫療法のスレなのに、自然免疫療法の話ばかりになって
しまいました。

親戚みたいな治療法なので、スレタイは自律神経免疫療法より自然免疫療法の方が
お客さんが集まって、きっと良いと思います。


862 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/08/02(水) 21:32:08 ID:T4v5/ANm
>>860  >853

とにかく落ち着いて、夜寝られないの辛いよね。 私もそんな時期があった。

数ヶ月も続いたから、もう死ぬんじゃないかと思った。だけど、そんなに寝ていなかったら
とっくに死んでいるから、きっと寝ていたんだと思う。

熟睡感がなかっただけ。

>>855の白血球の検査値をみせてもらう限り酷い、交感神経興奮状態だけど、
体の調子が悪い時、例えば風邪をひいた当日では、こんな事もあるよ。

この検査は、どういう体調の時にやったの?

後、精神科にかかっていると書いているけど、何の病気でかかっているの?


良かったら教えてくれる。 それからアドバイス書き込んでみるからね。


とにかく、落ち着いて。話はそれからしようね。


863 :小林:2006/08/02(水) 21:37:10 ID:dxQtQk44
【∞<懲罰メンゲン発動>∞】→◎(クリック不要)

これはクリックせずともこの頁を開いてそのマークを見ただけでオートロードされ、
その効果は持続的に発動し続けるように設定してある。
身体中に発疹や痒みが現れるとともに、活力が失われ、頭が重くなってくる。
いくら寝ても身体のだるさが゛抜けず、ネガティブな波動を次から次へと自分の
もとに引き寄せてしまい、すべてのポジティブが奪われるという設定じゃ。

864 :853:2006/08/02(水) 21:56:36 ID:pA10oLaE
マリリンさん、レス、ありがとうございます。

精神科には、躁鬱病と不眠症ということで通っていますが、患者に正式な病名を
教えてくれているのかは、わかりません。

血液検査の結果は、3日ぐらい徹夜状態で、ほとんど睡眠が取れなくて、
病院へ行ったときにしたものです。
体調は不整脈が激しい状態で、微熱も少しありました。

既に精神科のほうからいろいろと薬を処方されているので、
他の精神が落ち着くとかいうサプリは相互作用が怖くて、
水のH40なら副作用などの心配もないだろうと思ったのです。

よろしくお願いします。

865 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/08/02(水) 22:56:44 ID:T4v5/ANm
>>864

上記の白血球の検査値だけから判断すると

顆粒球の割合が
84.9+0.5+0.2=85.2%   

顆粒球数は
11700×0.852=9968個

リンパ球の割合は8%    リンパ球数は 11700×0.08=936個


好酸球の割合は0.5%   好酸球数は  11700×0.005=58個


単球の割合は6.3%     好酸球数は  11700×0.063=737個


これねぇ。自然免疫療法的な見方からすると、こんな状態を長期に続けていると
そのうち大きな病気をする。顆粒球を減らしてリンパ球数を上げなければ、
酷い免疫抑制状態だ。


これじゃー、辛いと思うよ。 多分H4Oは貴方には必要なサプリだと思うけど、

866 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/08/02(水) 22:57:26 ID:T4v5/ANm
その前に昼夜の逆転はしてない?日光浴は自律神経を正常に戻すには大切だよ。

後、日光浴やリズム運動は躁鬱病に効果を現す、セロトニンを分泌するよ。

ちゃんとバランスよく栄養のある物を食べている?

お風呂は湯作り湯船に使っている?

夜食は食べていない?

これだけの質問に答えてみて?

867 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/08/02(水) 22:58:42 ID:T4v5/ANm
>>866
自己レス 訂正

お風呂は湯作り湯船に使っている?   ×

お風呂はゆっくり湯船に使っている?   ○

868 :853:2006/08/02(水) 23:56:10 ID:pA10oLaE
Q その前に昼夜の逆転はしてない?日光浴は自律神経を正常に戻すには大切だよ。
A 仕事もあるので、昼夜逆転しないように、意地でも寝ているので大丈夫だと思います。
  日光浴は光線過敏症があるので、できません。

Q 後、日光浴やリズム運動は躁鬱病に効果を現す、セロトニンを分泌するよ。
A セロトニンは薬として200mgほど処方されていますが、効果がありません。

Q ちゃんとバランスよく栄養のある物を食べている?
A 炭水化物の多い食生活です。つきあいなどで、外食が多くなりがちです。

Q お風呂は湯作り湯船に使っている?
A 冬場は入っていましたが、今は夏場なのでシャワーのみです。
  水道代とガス代を節約しろと、家内からうるさく言われていますので。

Q 夜食は食べていない?
A 夜食は一切食べていません。

だいぶ酔ってきました。
寝付けそうです。
ただ、H40は不眠にも効果があるのかを知りたかっただけです。
小遣いの少ない私にとっては、高額な商品ですから。
おそらく交感神経優位なのが原因で、不眠になっていると思ったのです。
それと、今はしないようにしていますが、仕事で夜遅くまでPC作業しているのも
問題があるのかもしれません。
マリリンさん、今晩はありがとうございました。

869 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/08/03(木) 07:18:45 ID:NZ3uvq0J
>>868

おはよう。

お答えありがとう。じっくり腰を据えて考えよう。

私も、何年か前に全然寝られなくなって、このままでは死ぬんじゃないかと思って
病院に行ったことがある。医者に寝れないと話した時、頭がおかしいんじゃないかと
思われて精神科に行けと言われるんじゃないかと思って怖かった。


結局、内科の医者だったんだけど、生活指導も当時抱えていた精神的ストレスの事も
なにも聞かれないでハルシオンを処方されて終わった。

この時から、睡眠導入剤との長い付き合いが始った。そのうち血圧ががんがんに上がりだして
動けなくなって、降圧剤も飲むことにもなった。


870 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/08/03(木) 07:34:53 ID:NZ3uvq0J
睡眠薬や睡眠導入剤は、だんだん量を増やさないと寝られないし、薬物中毒になって
飲まないと寝られなくなる事を知っておいた方がいい。

止めようと思うと。2日ぐらい寝ないのを覚悟しなければならない。酒も量が増えていくし
中毒になると頭がおかしくなるから、酒を飲んで寝るのも諸刃の剣だ。とてもお勧めできない。

それで困りはてている時に、うちの動物病院にお客さんとして、精神科の先生が来たんだ。
その話をしたら、リーゼなら比較的中毒になりにくいと教えてくれて、リーゼ5mgを処方して
もらった。

この薬は精神安定剤なんだけど、昼間飲むのではなく、夜寝る前か、途中で覚醒して眠れなく
なった時に飲むんだ。1日に3錠ぐらいまでは大丈夫かな。

この薬、効くまでに一時間ぐらいかかるけど、今までの薬とは全然違って、凄い寝れたんで
驚いた。


871 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/08/03(木) 07:49:47 ID:NZ3uvq0J
>セロトニンは薬として200mgほど処方されていますが、効果がありません。

セロトニンの薬は、セロトニンそのものを飲むのではなく、体が分泌したセロトニンを
再吸収できないようにして、量が増えたようにみせる薬だから、もともと分泌される
セロトニンの量が少ないといずれ効果をあらわさなくなると思う。


セロトニンとメラトニンは、1日のリズムを作る脳内ホルモンだから、これが足りないと
それは、平常心も保てないだろうし、夜も寝られなくなると思う。


セロトニンの原料は必須アミノ酸のトリプトファンから作られる。メラトニンはセロトニンから
作られる。だから、タンパク質のちゃんと食べないと作られないよ。

詳しくは
マリリンの知恵袋の脳内ホルモンのところを読んでくれる。
http://vetmaririn.blog56.fc2.com/blog-category-35.html


日光は当たらないと、セロトニン、メラトニンもできてこないよ。免疫力も低下するしね。
光線過敏症は治した方が良いね。

http://www.sankei.co.jp/databox/karada/html/213.html

872 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/08/03(木) 07:59:05 ID:NZ3uvq0J
貴方が言うようにH4Oは高いサプリメントだから、自然免疫療法の中にしっかり組み込んで
使わないと、もったいないことになる。

自然免疫療法に取り組みながら、H4Oを使ってみると良いよ。そして調子が良くなってきたら
酒と薬を減らしていこう。


今日はここまで。

読む物がいっぱいあるから、ゆっくり考えて、お返事ちょうだい。

後、貴方の話、私のブログのネタにしていい?

リーゼの話は睡眠と免疫力のところで、もう少し後に書こうと思っていたんだよ。
貴方のおかげで、こんなところで披露することになってしまったわ。(^▽^笑)

873 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/08/03(木) 08:29:24 ID:NZ3uvq0J
>>870
自己レス補足。リーゼは一回に3錠飲んではいけないよ。

一度には 飲んでも10mgまでだよ。後は、目が覚めて眠れない時に、
再度飲むんだからね。

私は、量が増えるのがいやなので1錠(5mg)ずつしか飲まないようにしている。


自然免疫療法を受け初めて、一年ちょっとになるけど、深い眠りには落ちるようには
なっているけど、まだ、安定的ではないし、4時間ぐらいで目が覚めてしまうことも多い。

だから今でも、時々リーゼのお世話になっている。それでも一月に10錠ぐらいあれば
十分。ずいぶん量が減ったよ。




874 :853:2006/08/03(木) 09:14:23 ID:OVx6vZXN
おはようございます。

マリリンさん、レス、ありがとうございました。
私も最初は内科で眠剤をもらっていたのですが、
精神科のほうが細かい調整をやってくれるとのことで、
精神科へ転科しました。

>睡眠薬や睡眠導入剤は、だんだん量を増やさないと寝られないし、薬物中毒になって
>飲まないと寝られなくなる事を知っておいた方がいい。

これはその通りだと思います。
内科の医師は、できるだけ眠剤を減らしていきたい方針のようでしたが、
精神科では一気に増やされて、かえって悪化したような気さえします。

ブログのネタにすることは構いません。
リーゼのことは、次回の通院時に相談したいと思います。

ところで、私が最初にした質問
「H40シリーズの具体的な商品名」
「不眠には効くのか」
に答えていただきたいのですが……

875 :853:2006/08/03(木) 21:33:36 ID:5ojVIee1
すいません、会社側に資料請求したので、解決できそうです。
それでは、マリリンさんのこれからのご活躍を期待しています。
ありがとうございました。

876 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/08/04(金) 00:06:38 ID:Davi9yce
>>875 >853

遅くなって、ゴメンね。まだいる?貴方はせっかちだと私は思うわ。


ブログの更新はしなきゃいけないわ、あっちでもこっちでも、書き込みしなきゃいけないわで
マリリンも忙しいんだ。2chでは私は、たいていは言い争いしてるけどね。


H40は活性酸素を除去することで、顆粒球を減らし交感神経を抑制する効果がある。
あと、還元作用も強いので、すでに酸化されてしまった過酸化脂質も元に戻す作用もあるようだ。


血流も改善するし、睡眠の質も改善すると思う。

私の場合、このサプリメントがなかったら、血圧の薬もリーゼも減量できなかったと
思っているよ。


だけど、いくらそういうサプリメントだと言ったところで、貴方が強いストレスに曝されたまま
栄養バランスは偏り、適度な運動はしない。日光にも当たらない、お風呂はシャワーで
すましていますでは、効果があるかどうか分からないよ。

ちゃんと、体に良いことを一杯する努力をしなきゃね。


877 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/08/04(金) 00:06:54 ID:Davi9yce
自然免疫療法は色々な治療法がある中で、自分にあうものをコツコツと気長に続ける事で
効果が出てくる治療法だから、焦らずゆっくり取り組まなきゃ。


H4Oに関しては、貴方の場合、症状が重そうだから、一番たくさん入っている230mlの製品を
選ぶといいよ。


それと、今飲んでる病院の薬は絶対、急に止めたらいけないよ。禁断症状で酷い目にあうといけ
ないから、症状や血液検査値をみながら、ちょっとずつ減量していくと良いよ。

878 :病弱名無しさん:2006/08/08(火) 09:21:53 ID:7ojvNdPs
H40

879 :病弱名無しさん:2006/08/11(金) 10:07:51 ID:fLwVtCYt
ホシュ

880 :病弱名無しさん:2006/08/12(土) 06:58:21 ID:hd/1Z4dI
『病気辞典』
ここのサイトは各種の病気に関して勉強になりますよ。

http://www.cocokarada.jp/disease/index.html?vos=nkkdrect000000000007



881 :病弱名無しさん:2006/08/12(土) 11:09:11 ID:1BI2226r
>880本当に勉強になりますね

882 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/08/15(火) 19:58:40 ID:rU4x21KZ
>>880
シェーグレン症候群
http://www.cocokarada.jp/disease/detail/K4052007/index.html

胃ガン
http://www.cocokarada.jp/disease/detail/K4060004/index.html

この二つを読んだけど、このスレの主旨とはあわないサイトだね。場違いだよ。

883 :病弱名無しさん:2006/08/16(水) 02:48:55 ID:VTysE54W
マリリン様
皮膚筋炎患者です。高校生です。
発症から5年、薬を一切飲まずに
家族の力もあって徹底した自然療法のみでやってきました。
姉のアトピーのステロイド離脱の苦しみを見てきたので
薬漬けの体にはなりたくなかった。
こちらにあることは大抵はやってきました。
内臓、睡眠、食欲、どれも問題ないのですが
主症状の筋力低下が激しく、関節の拘縮もあり
介助なしでは生活できなくなりました。
できないことが増えていくばかりです。
自分の選択を信じてやってきましたが
この選択は間違っていたのでしょうか?






884 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/08/16(水) 08:33:59 ID:ldj9Zj0V
>>883

白血球の検査値とCRPとかRFとか抗核抗体とかの検査値を
良かったら書き込んでみて。

885 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/08/16(水) 08:37:10 ID:ldj9Zj0V
あと、CPKもね。

886 :病弱名無しさん:2006/08/16(水) 08:54:19 ID:VTysE54W
マリリン様

お返事ありがとうございます。
発症5年前から、現在まで血液検査値にほとんど動きはなく
白血球は正常値、CRPは1.1〜1.2、RFはわかりません、
抗核抗体は80倍、CKは少し上昇している程度です。
最初は若年性関節リウマチの疑い(RA陰性のため)と言われていましたが
筋肉症状、関節拘縮、皮膚症状(ヘリオトロープ、ゴットロン)から
専門医で病名がつきました。肺のレントゲンも今までは異常はありません。
血液検査値に悪化はなく、筋肉症状(伴って関節)だけが
じわじわ悪化し続けています。
歩けなくなりました。
僕はこのまま死ぬのかなと弱気になるときがあります。



887 :病弱名無しさん:2006/08/16(水) 09:04:43 ID:VTysE54W
マリリン様
あと、ここ1年で、異常なくらい痩せてしまいました。
この2ヶ月の悪化がひどいのですが
2ヶ月前から始めたことを考えると、コラーゲンを飲みだしました。
コラーゲン飲んで悪化なんて、関係ないですよね。

888 :病弱名無しさん:2006/08/16(水) 09:24:11 ID:cembbJv6
>>883
こんなところで相談していないで、病院へ行って治療を受けなさい。
ここで相談しても、水を勧められるだけですよ。
あと、病状が良くなれば、ステロイドは減らせます。
離脱はお姉さんのように大変かもしれないけど、
今の状態を放置しておくよりかはマシでしょう。
お大事に。

889 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/08/16(水) 09:52:52 ID:ldj9Zj0V
>>888
心配しなくても、この患者さんには私はH4Oは勧めないよ。

多分、彼はこのスレの人をからかっているだけだからね。

>>886を見る限り、この検査値で、この人の言っているような症状は出てこない。
それに、ずいぶん老けたおっさんくさい高校生だしね。



890 :病弱名無しさん:2006/08/16(水) 10:32:26 ID:VTysE54W
>>>888
今まで頑張ってきたことが無駄になってしまうことが
自分も両親も怖いんだと思います。
それに、早期治療開始こそが大事なようで
5年もたち、ここまで悪化したものが今更改善するのか不安です。
でもこのまま放置する不安が初めて生まれました。
H40も含め、いいといわれるものは全てやっています。
僕にかけてくれたお金は、5年で1000万近いと思います。
うちはたぶん裕福なほうですが、いつも申し訳ないと思ってます。
僕の回復を信じてきたからこそなのに
悪化するばかりで、両親を喜ばせることもできなくて親不幸です。
両親は今度は、転地療法を考えているようです。
これ以上お金をかけさせてはいけない気がします。
方向転換を考えなくてはいけないかもしれません。
お返事ありがとうございました。







マリリン様

どうしてこうなるのですか?

891 :病弱名無しさん:2006/08/16(水) 10:51:56 ID:VTysE54W
マリリン様

僕が投稿した目的はからかうためではありません。
そうとられてしまったのは、僕の書き方が悪かったんだと思います。
夜中に突然思い立って書いてしまったから。
ただ、うそはありません。
検査値と筋肉症状がつりあわないことは、先生達も不思議だそうです。
老けたおっさんくさいという言葉は
きっとあたっているんだろうなと思います。
朝から僕のことで気分を悪くさせ、申し訳ありませんでした。

でももし、これから僕のような相談があったとき
マリリンさんがからかってると感じても
心からの質問である場合もあると知ってください。
これからも、同じ病気で苦しむ人の力になってあげてください。




892 :病弱名無しさん:2006/08/16(水) 12:45:31 ID:cembbJv6
>>890
気持ちはわかりますが、改善するかは病院へ行かないとわかりません。
あと、マリリンさんは獣医であって、人間の医者ではありません。
動物の診察はできますが、人間は無理です。

ちょっとした質問スレッド Part98
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1153740955/
免疫アレルギー膠原病4
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1149761021/

こちらで相談することをお勧めします。
手の空いた先生が答えてくれるかもしれません。

893 :病弱名無しさん:2006/08/16(水) 13:20:04 ID:VTysE54W
>>892
お返事をありがとうございました。
その通りですね。
改善するかしないかを想像しててもしょうがないですね。
ずっと考えてばかりでした。
教えていただいたスレ、覗いてみましたが
やはりやめておきます。
教えていただいたのに、相談できないのは僕の問題です。
本当に申し訳ありません。
老人のような体ですが、心も老人にならないようにしようと思います。
高校生らしい体と心、まだあきらめません。
頑張ってみます。

894 :病弱名無しさん:2006/08/21(月) 00:16:02 ID:tJu937K2
ホシュ

895 :シナモン:2006/08/21(月) 21:14:41 ID:xwHaaAte
>>883
CKが5年前と変化してないのであれば、君や君のご家族がされた
努力は間違っていないと僕は思います。抗核抗体は僕よりも低いです。
主症状が顕著に現れる事もあるでしょうね。諦めず筋肉のリハビリを
続けられてください。出来ない事を数えるより出来る事を数えてください。

諦めては駄目です。

マリリンさん、894さんありがとう。僕は夏バデ気味です。

896 :シナモン:2006/08/21(月) 21:27:11 ID:xwHaaAte
>>895
君の2倍近く生きてる僕の母が諦めてないんだから、君も少しずつリハビリを
されてください。大丈夫だから。

897 :シナモン:2006/08/21(月) 21:28:04 ID:xwHaaAte
>>893さんへでしたw

898 :病弱名無しさん:2006/08/21(月) 23:38:09 ID:3DQ3hn/6
シナモン様
ありがとうございます。
別のスレでもアドバイスをいただきました。
僕は今、ものすごく悩んでいます。
夏休みいっぱい、あと10日考えます。
シナモンさん宛にまた書きます。


899 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2006/08/24(木) 22:46:03 ID:5dNvqs8M
>>898
加圧トレーニングを試してみたら?
足の付け根や腕に圧をかけてポンプにして血流を改善するというもの。
成長ホルモンの分泌を飛躍的に伸ばし、毛細血管の新生も促す。
病院でリハビリに導入されて骨頭壊死ギリギリの人が歩けるようになったり、
寝たきりの人が歩いてトイレに行けるようになったり、
半身麻痺で使っていなかった側の腕に筋肉がついて回復した例もあるそうです。

900 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2006/08/24(木) 22:48:44 ID:5dNvqs8M
婦人公論の今月号で
水道橋博士が加圧トレーニングにはまってるという話題が。

901 :病弱名無しさん:2006/08/27(日) 10:24:41 ID:WZlOxn4T
hosyu

902 :病弱名無しさん:2006/08/30(水) 20:49:22 ID:4p4/HTpY
ホシュ

903 :しな:2006/09/02(土) 09:27:26 ID:yn86AGJc
ほしゅ

>>901-902さん保守ありがとう。

904 :病弱名無しさん:2006/09/04(月) 02:45:53 ID:DlqFYskc
こんにちは。
三歳の子供のことで相談させてください。
先日膝が痛く朝歩けない事が何度もありました。
血液検査を受けたところ、ANA抗体検査で普通は80の値のところ640という異常値が出てしまい、
(検査は二回行ったのですが二回とも640でした)
医師からは「将来膠原病等のリウマチになる可能性が高い」と言われました。
Rf等他の検査では全く標準値内でした。それで、一年に一度程度の血液検査をして欲しいと通達がありました。
また私も妊娠後ひどい脂漏性湿疹になってしまい3年たった今でも治りません。諦めて今は全く薬をつけていません。
以前は弱いステロイドをつけていました。
出産後、子宮頸がんにかかり、レーザー手術を受けました。
これらは全て免疫系の病気ですよね。
子供の事が特に心配で可哀想でなりません。
他スレで質問した所こちらを紹介されたので、覗いてみました。


905 :病弱名無しさん:2006/09/04(月) 02:48:28 ID:DlqFYskc
将来膠原病の発症を食い止めるために何か出来る事はないかと探していたので、勉強になりました。
私の認識では、
・ストレスを溜めない努力をする。
・体を冷やさない。
・十分な睡眠
・栄養のバランス
・よく笑う
・適度な運動
・音楽
・ミネラルを多く含む水を飲む
・爪もみ
・水素含有水
・玄米菜食(少なめに)
を無理なく続ける・・ですが、足りない事がありましたら教えて下さいませんか?


906 :病弱名無しさん:2006/09/04(月) 02:49:42 ID:DlqFYskc
それと、質問があります。
ミネラル水についてですが、どんな物がおすすめですか?
コントレックスが出ていましたが、ボルビックだとミネラル少ないでしょうか?
ビッテルではどうでしょうか?コントレックスは私の知り限り一番ミネラル分が豊富なのですが、他の物をご存知ありませんか?
それから、なぜミネラル水が良いのかを教えて頂けますでしょうか?腸内環境の為でしょうか。
また、現在子供には水代わりにルイボス茶を飲ませています。活性酸素除去の点では良いと思うのですが、飲み物は水の方が良いということでしょうか?
それから、玄米菜食にする理由を教えて頂けませんか?現在海外に住んでいまして、玄米を手に入れるのが難しいのです。
何か代用できればそれにしたいと思っております。
子供が将来本当に発症するのかと不安な毎日です・・。
どんな知識でも構いませんので、教えて頂きたく書き込んでおります。
宜しくお願い致します。


907 :病弱名無しさん:2006/09/04(月) 02:56:20 ID:DlqFYskc
もう一つ質問お願いします。
水素含有水についてですが、これはどちらで手に入りますか?また、自分で作るとしたら、どんな割合で作れば良いでしょうか?
上記のような理由で手に入り難いかと思いますので、出来たら手作りしたいのですが・・。
でも、高濃度だとかえって害だとの書き込みも見ましたので、少し不安です。
高濃度だとなぜ害なのでしょうか?
たくさん質問すみません。

908 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/09/04(月) 08:48:35 ID:VeuFBfPX
>シナモン

この人、西洋医学スレから誘導してしまった。ゴメン

>>904>>907を読む限り、素人にしては詳しすぎると思うところもあるので
医者が化けている可能性もあるから、気をつけて相手をして下さい。

909 :シナモン:2006/09/06(水) 20:54:12 ID:plPkRzI+
>907さん、
もう少し待ってね。僕の知ってる限りのレスをします。

マリリンさん、乙です。お体は大丈夫でしょうか?あまり無理はされないでください。

少し過ごしやすくなりましたね。


910 :904:2006/09/06(水) 21:14:47 ID:fC5vHv/G
>>マリリンさん
医師板の方で笑顔の絵文字の方はあなただったんですか?親切な方がいるなあと思ったのに「気を付けて相手をして」って・・。
やっぱり2ちゃんですね。子供の事で悩み、わらをも掴む思いで情報をあさっている、無知な一母親ですよ。
あなたは医師なんですか?そうしたら、病気の患者や家族の不安な気持ちをもっとお分かりになるべきだと思います。
でも、私ごときがネット等で調べた事柄が「詳し過ぎるから医師かもしれない」と思われるようでしたら、
私のにわか知識もなかなかの物という事ですよね。そう知って嬉しいです。

現在海外に住んでおりますので、日本の情報はなかなか手に入りません。
子供を診察する医師も当然ながら外国人ですし、外国語による診察は詳しいことまでニュアンスが分からなかったりと本当に不便です。
一時帰国も考えましたが、諸事情によりすぐには難しいのです。
それに、今の段階では命の危険も治療の必要もないわけですから、なるべく発症を遅らせる為の情報収集の時だと思ったわけです。
親になった事のある人なら分かると思いますが、子供の事は何を置いても一番に大事なんです。
もしデマかと思っても(失礼)、子供が少しでも良くなるのなら、調べたいと思わない親はいないと思います。
あなたに信じて頂けなくても結構ですが、こういった扱いをするのでしたら、わざわざ誘導しないで下さいますか?

911 :904:2006/09/06(水) 21:25:50 ID:fC5vHv/G
>>909シナモンさん
ありがとうございます。「こちらの板に来れば、シナモンという人が何か教えてくれるかもしれないよ」と言われたので早速書き込みさせて頂きました。
こんなに長々と子供の検査結果等書いて目的は「イタズラ」だなんて、よっぽどの暇人しかしないと思うのですが・・
子供の事で悩んで色々調べたり考え込んだり、夜も寝られなかったり・・何でもいいから情報が欲しくて、毎日焦っています。
そして、子供の健康を左右することですので慎重に考えたいと思っています。
もしもシナモンさんがお忙しいのでしたら、参考になるサイトか何か教えて頂けるだけでもとても助かります。
でも、もし御答え頂けるのでしたら、待たせて頂きます。
どうぞ宜しくお願い致します。

912 :シナモン:2006/09/06(水) 21:35:55 ID:plPkRzI+
>910さん
貴方の言われてる事は僕は分かるよ。このスレも読んで頂けたのでしょうね。

僕も貴方と同じ思いで必死で探したからね。デマはないです。このスレを
信じてください。

マリリンさんは戦ってるのです。頭の固い医者と。。志の高い人です。思いやりのある人ですよ。

焦らず行きましょう。貴方のお子さんと僕は同じ状況にいて、僕はとても元気なのですから。

913 :シナモン:2006/09/06(水) 21:42:57 ID:plPkRzI+
お返事は必ずします。

ご自身のお体も大切にされてくださいね。

914 :病弱名無しさん:2006/09/07(木) 02:06:48 ID:CuQspxDG
シナモンさん、こんばんは。お忙しそうですね。お体に気を付けてくださいね。910さんの気持ちがよく分かります。出来る限りのことをしてあげたいと思うのが親心です。

915 :病弱名無しさん:2006/09/07(木) 02:08:29 ID:CuQspxDG
そして910さんが勉強された事はシナモンさんが書いている通り‘必死’な人間なら知って当たり前程度の内容です。

916 :病弱名無しさん:2006/09/07(木) 02:13:15 ID:CuQspxDG
>910さん
シナモンさんはとても誠実な方です。
信じて相談されると良いと思います。必ず一緒に考えてくださいますよ。そして結果的に910さんにシナモンさんを紹介されたマリリンさんは良い事をされたと思います。大丈夫です。

917 :910/911:2006/09/07(木) 05:35:15 ID:TH7e0a+3
>>シナモンさん
お心遣いありがとうございます。つい感情的になってしまいました。ごめんなさい。
お返事は気長に待たせて頂きますので、シナモンさんも無理しないで下さいね。
宜しくお願いします。。。
>>916さん
優しいレスをどうもありがとうございます。。何だかとても安心しました。
自分の事だったらいいのにと毎日毎日心配で。つい感情的になってしまって。
シナモンさんのお返事を待ちたいと思います。子供の為に、膠原病のエキスパート?になれるくらい勉強したいと思っております。
宜しくお願い致します。。



918 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2006/09/08(金) 00:56:43 ID:Ps+/tntt
>>904
お子さんは赤ちゃん帰りでは。
もう一度赤ちゃんの暮らしをご本人が飽きるまでさせて
それからゆっくり3歳まで戻ってくると良いと思います。

919 :病弱名無しさん:2006/09/10(日) 07:12:08 ID:v9NL5Pb9
ほしゅ

920 :シナモン:2006/09/10(日) 16:48:43 ID:TKKRaEvK
僕は膠原病のエキスパートではありません。僕の母が皮膚筋炎です。
僕もずっと前に抗核抗体を調べたところ、160倍でした。びっくりして、
これは何かしなくては考えました。

以前から健康板にある膠原病のスレを読んでいましたところ、
自律神経免疫療法に出合いました。ある女性が爪もみや食事療法等で
膠原病を克服したという投稿でした。>>254を参照されてください。
僕はこれを読んで (・∀・) イイ!!と考えて、始めました。まず本屋さん
に行き、「免疫革命」を買ってきました。最初は何が書いているのか
さっぱり分かりませんでしたけど。心理学板でマリリンさんに出会い、
健康板に来てもらいました。彼女のレスからいろいろ学びました。
この本はとても良い本です。後に阿保先生が沢山本を出されて、
僕もそれらの何冊かを読んでいますが、「免疫革命」が一番だと思います。

「「腸」免疫力でガンと闘え」という本もとても良い本です。これは心理学板
でマリリンさんが紹介されていた本です。この本は腸管免疫について詳しく
書かれています。

後は「爪もみ療法」という本も良い本です。これらの三冊を日本から
入手される事を強くお勧めします。


921 :シナモン:2006/09/10(日) 16:50:53 ID:TKKRaEvK
今から出来る事は、貴方が905でレスされている事で大丈夫です。これに白血球の
血液検査で十分です。出来る事から少しずつ始められるといいと思います。

ミネラル水ですが、僕の知る限り、ボルヴックは軟水だと思います。一番好きな水ですが。
(笑)コントレックスとレスしたのはカルシウムとマグネシウムの含有量が多いからです。
母は骨粗しょう症でして、阿保先生の本にサプリ以外、お水からも摂取出来ると書いてあ
りました。栄養は食事から摂取するのが一番です。そういう理由から母はコントレックス
を飲んでいます。硬水でとても飲みにくいですね。

ルイスボ茶は僕自身が一時飲んでいました。ただ生来怠け者なので続かなくて。。活性酸素
除去作用があるみたいですね。バランスよく、良質なミネラル水とお茶を与えればよいと
僕は思います。それらの温度もとても大切です。キンキンに冷えた物は体によくありませ
ん。

922 :シナモン:2006/09/10(日) 16:52:59 ID:TKKRaEvK
消化管すべての働きは副交感神経に支配されているそうです。玄米が良いのは腸管の働き
をほどよく刺激するからです。完全栄養食でもあります。人間は雑食性の生物ですから、
マリリンさんが言っているように、適度にお肉も食べた方がいいです。野菜なら海外でも
入手出来ますよね。サツマイモとか。海草もキノコも腸管を刺激します。詳しく調べたわ
けでないので分かりませんが、マクロビオテイックは海外でも知られているので玄米のサ
プリははあるかも知れないです。

ちょっとジョギングしてきます。

続く。

923 :シナモン:2006/09/10(日) 20:00:01 ID:J0xTK32a
水素水は水素結合水で検索されてみてください。YahooでもGoogleでも最初のリンクでヒ
ットします。僕は裕福じゃないけどお金で購入出来るものはお金で購入する主義なので
水素水を作る事は考えた事もありません。作り方は僕には分かりません。ごめんなさい。

貴方とお子さんがやると良いことは。
○苦痛な事はしない。絶対に心配しない。
○体を冷やさないで、保温を保つ。寒冷刺激を極力避ける。冷たい物を極力取らない。浴
 槽に浸かる。
○早寝早起きをする。
○腸に良い食べ物を積極的に取る。海外ならどこでも野菜スープはあると思う。芋を食べ
 る。パンも栄養価の高いものを選ぶ。
○紫外線に気を付けながら、(紫外線対策を絶対する)運動を定期的にする。体を温めます
 し、気分転換になります。
○音楽を聴く。音楽療法の話題がないのですけど、気分が良くなるので良いと思います。
 クラッシクの古典派は良いです。
○ミネラルを多く含む水を飲む。水道水ではなく、良質な硬水は良いです。ミネラルが沢
 山入っています。小さなお子さんには少し飲みにくいかな。
○爪もみ 。爪もみは簡単なのですぐにも始められます。薬指を避けて、ピンセットなら海外でも薬局に行けばあるので朝と夜に揉む。
 http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1149305603/l50←姉妹スレの1のリンク参照してください。
○水素含有水。これはひょっとして海外にもあるのかも知れないですけど。作り方は僕は
 知りませんし、詳しく無い事は書けません。
○玄米菜食(少なめに) 海外でもサプリは必ずあると思うので、頑張って探す。


924 :シナモン:2006/09/10(日) 20:29:26 ID:J0xTK32a
○医者が言う通り、一年に一回は血液検査をする。検査の結果はきちんと保存して推移を把握する。
 その際に白血球の検査もしてもらう。数値は世界共通ですからね。

○神経質にならない。これはとても難しいのですけど、完全にやり過ぎない事です。
 長続きしないですし、極端で制限が多いのは体には良くないと僕は思います。
○910さんがまず上記の事柄を少しずつ始められるのが良いと思います。
 子供は制限を嫌いますが、お子さんはまだ小さいなのでご家族の協力があれば
 それらが当たり前の事と受け入れられると思います。まずはご家族で始められ
 るといいと思います。爪もみ辺りから。
○膠原病で日常生活で気を付けなければならない事を把握する。紫外線、寒冷刺激、ストレス等。

免疫についての勉強はマリリンさんのブログで勉強されてください。
http://vetmaririn.blog56.fc2.com/

レスが遅れてごめんなさい。お子さんは絶対に大丈夫ですよ。焦らないで
気長で構えてください。

914さんいつもレスをありがとう!過ごしやすくなりましたね。

925 :シナモン:2006/09/10(日) 20:35:16 ID:J0xTK32a
忘れていました。膠原病のレスを見る限り、抗核抗体は割りと推移します。
僕も高いですが、とても元気です。心配されない方が良いと思います。

それと、コメディーを見たり、楽しい事をする事は大切です。
いつもニコニコ副交感で行きましょう( ^∀^ )


926 :シナモン:2006/09/10(日) 20:46:02 ID:J0xTK32a
それと僕も数年前から体質が変わり、花粉症にかかりますた。が、今年は症状がありませんでした。
毎年しもやけにもなってたのですが、(栄養状態は足りていますw)
今年の冬はなりませんですた。体質が元に戻ったのだと思います。不思議でしょう。(笑)

927 :シナモン:2006/09/10(日) 21:23:21 ID:J0xTK32a
最後にもう一つレス。「体温免疫力で病気は治る」から、

玄米というのは一膳くらいならいいですけど、毎食玄米は食べない方がいい
らしいです。米は稲の種子です。種子はその種の生命を維持する為に外的から
種を守らないとなりません。その為に毒を含むみたいです。

体温面気力を上げる食事(旬の野菜ですね)

春 菜の花、さら豆、セロリ、たけのこ、アスパラガス、ふき、さやえんどう、春きゃべつ、新たまねぎ

夏 かぼちゃ、トマト、なす、とうがん、きゅうり、ゴーヤ、とうもろこし、枝豆、いんげん、ピーマン、オクラ

秋(これからの季節です) 
  さつまいも、さといも、じゃがいも、ごぼう、しいたけ、しめじ、にんじん、れんこん、たまねぎ

冬 白菜、ほうれんそう、小松菜、ねぎ、かぶ、大根、水菜

お肉も食べましょう!

928 :シナモン:2006/09/10(日) 21:24:50 ID:J0xTK32a
○免疫力
×面気力

から揚げ

929 :シナモン:2006/09/10(日) 22:23:07 ID:J0xTK32a
小林さんレスをありがとうね!血流を良くするのは良い事ですね!

では寝ます。

930 :病弱名無しさん:2006/09/11(月) 01:03:14 ID:fTV8oQSX
>>921
硬水は鉛やヒ素、水銀、カドミウム等の重金属が必然的に多くなります。
カルシウムやマグネシウムは野菜やサプリで摂れます。
水は軟水で成分分析をきちんとしているもの、
安全度なら水道水を沸騰させた物で十分です。

931 :917:2006/09/11(月) 05:54:55 ID:GwJQqxdk
>>シナモンさん
本当に詳しくたくさんの情報を教えて下さり、どうもありがとうございます!
リンク先も早速見てみようと思っています。
私と子供がやるべき事や旬の野菜についても分かり易くまとめて下さって、本当に感謝感謝です。
これだけのレスを書くにはかなり時間がかかると思いますが・・労力も。
見ず知らずの私達の為に、本当にどうもありがとうございます。
シナモンさん自身も体調管理をされているのですね。
お母様だけかと思っていました。
シナモンさんがご自分でやってみて納得されたから皆さんに勧めていらっしゃるのですね。
そういった体験談は本当に本当に貴重なものです。
シナモンさんが沢山のレスを書いて下さったのを見て、感動しました。
仰っておられる事は全て理にかなっていると思います。
リンク先も見て、お勧めの本も読み、よく勉強したいと思っています。
また、生活面での事はすぐにでも守っていきたいと思います。無理しない程度に。
子供の様子を見ながら進めていきたいと思っています。
もうすぐ1000ですが、是非新スレを立てて下さい。
進めて行く中で、又書き込みしに来させて下さいね。
シナモンさんとお母様の体調が良い状態でおられますように・・今よりもっと上向きますように。
お祈りしております。
どうもありがとうございました。


932 :病弱名無しさん:2006/09/11(月) 20:03:53 ID:ODggXQPO
[化学板]活性酸素対策には水素水を飲めばOK?
http://science4.2ch.net/test/read.cgi/bake/1124815889/

933 :病弱名無しさん:2006/09/15(金) 19:56:47 ID:UYs4PG66
ホシュ

934 :シナ:2006/09/16(土) 18:36:49 ID:5yt7Ah/c
>917さん
レスをありがとうね。信じてお子さんと共に継続されてください。前も書きましたが、魔法の杖や笛はないですからね。

935 :シナモン:2006/09/16(土) 19:08:15 ID:dA/H9gV/
>933さん
捕手ありがとうね。

936 :シナモン:2006/09/18(月) 19:19:13 ID:QbgRT+Ig
>930さん
教えてくださりありがとう。

体調が良くありませぬ。ストレスのせいだwみんなもストレスは気をつけましょう!

僕は爪揉んで、コメディーを見て寝ますw

937 :病弱名無しさん:2006/09/19(火) 21:01:36 ID:lQn3+e9z
「自律神経が乱れている状態」とは?
そのへんからしてよく分からないや・・ ┐(;´▽`;)┌

ストレス解消、規則正しい生活、軽い運動、日光浴・・
実際の対処法はそんなとこなんだろうけど
どういうメカニズムで自律神経の状態が変わるのか
そのへんまで分かれば安保理論ももっと説得力出てくるのになあ。
白血球分画も結果であって原因ではないだろうしね・・
「健康な状態」の条件ってやつを知りたいっす。

シナモンさん、おれもボルビック一番好きw
日本人には飲みやすいよね。

938 :病弱名無しさん:2006/09/22(金) 15:28:49 ID:Z2h0cqmG
健診で白血球の中のリンパ球が17%って出た!
この間安保徹氏の本読んだばっかりだったんだけど、
これって低すぎない? orz...


939 :病弱名無しさん:2006/09/22(金) 21:16:27 ID:E4kAuZmk
免疫力が低下してるのって自律神経と関係していますか?
先月から立て続けに虫歯の治療で顔パンパンに腫れあがり
右目が、はやり目にかかり目やにが止まらず
家族に水虫うつされて、しかも化膿して腫れ上がり
外耳炎になって首〜リンパ腺が腫れました…orz
一週間おきぐらいのペースで抗生物質を計三回も飲んでます。
一応、健康診断では異常は見つからず疲れからだろうと言われました。
自分の免疫力のなさが情けないです。

940 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/09/22(金) 22:06:03 ID:cNUm8orx
>>939
>健康診断では異常は見つからず疲れからだろうと言われました。

異常が見つからないのは、白血球数と血液像の検査をしてないからだと思う。
きっと、リンパ球数と顆粒球数を計ったら、凄いことになっているよ。

免疫力を上げることはできるから、今のうちに落ち着いて生活全般を見直してみよう。
そうでないと、そのうちに大病するよ。

941 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/09/22(金) 22:09:56 ID:cNUm8orx
>>938
>リンパ球が17%って出た。これって低すぎない?

私も最近、日を追って何度も白血球の検査をしてみたんだけどね。
リンパ球数って、そうとう変動するもののようだ。

つまり、体調不慮の時は、リンパ球数は一時的に下がっても不思議ではない。
大切なのは、下がりっぱなしではなく、回復する時があるかどうかだと思う。

942 :938:2006/09/22(金) 22:47:58 ID:Z2h0cqmG
>>941
ありがd
そうなんですね。
でも元気な時って病院行かないからよく分からないんですよね…。

943 :939:2006/09/22(金) 23:19:02 ID:E4kAuZmk
>>マリリンさん
レスありがとうございます。
確かに、リンパ球数とかは検査項目の欄にはありませんでした。
いきなり立て続けに症状が出たからずっと疑問に思っていたのですが
やっと原因が分かってスッキリしました。
免疫力を上げる方法を調べると食生活の改善とよく目にしますが
やはりそれが一番確実な方法でしょうか?
あとは適度な運動もして体力つけた方がいいんでしょうか?
質問ばかりですみません。

944 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/09/22(金) 23:24:36 ID:cNUm8orx
マリリンのブログに遊びに来て下さい。

マリリンの知恵袋。
http://vetmaririn.blog56.fc2.com/


疑問な事があったら、ここのスレ主のシナモンに効くと良いよ。彼はたまにしか来ないけどね。


945 :病弱名無しさん:2006/09/24(日) 21:36:43 ID:BgguGKCc
シナモンさん、こんばんは。体調がよくないとのこと、大丈夫ですか?季節の変わり目は体調を崩し易いですよね。

946 :病弱名無しさん:2006/09/25(月) 20:17:26 ID:in+8MnQC
頭臭、脂臭、口臭、便臭を併発している原因
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1159179943/

947 :シナモン:2006/09/26(火) 20:20:25 ID:oRcFJNm0
>945
レスをありがとう。僕はわりと元気です。ジョギングの時に何か落ちていないか
なと下を向きながら走ってるのですが、落ち葉くらいです。

夏は暑かったですね。沢山冷たいものを飲みました。(苦笑)

今からガシガシと健康的な生活をします。945さんものんびり
過ごされてください。

>937さん
少しレスを待ってくださいね。

948 :病弱名無しさん:2006/09/28(木) 16:25:51 ID:dDI3MPzE
マリリンさんは、なんでまたYさんのブログに粘着するわけ?
他にも、検査データを公開したりしている患者さんのサイトはあるでしょう。
別に、メアドを晒さなくても、コメント書き込めるブログだってあるわけだし。
なんだか、マリリン流健康療法の被験者を探しているみたいで、
Yさんによくなってもらいたいとか、そんな優しさを感じない。
Yさんはたぶんマリリンさんのブログの存在はもう知っていると思うけど、
不愉快な思いをされているんじゃないのかな。

949 :シナモン:2006/09/29(金) 19:31:46 ID:HRlCFypn
>948さん、
プログの彼女は膠原病のスレを読んでいるかもと思います。(何となく2ちゃんねらーの様な。。)
そしてこのスレも知ってるかも。

マリリンさん流健康療法の被験者を探しるわけではないと僕は思うな。

マリリンさんは良い人ですし、志が高い人です。僕には分かります。

新聞を読んでると、やれゲノムを解読して、個々にテキゴウする薬をとか書いていますが、
僕は常にシニカルに受け止めています。考え方が何か変。出発点が病気になってからの
話になっていまから。変でしょ。

950 :シナモン:2006/09/29(金) 20:31:43 ID:k1S0nXrn
不愉快かそうじゃないかは分からないと思うな。情報は個人が取捨選択はしなくてはなりません。
そして、ブログを公開してるというのは多くの人の目に触れる可能性はありますから。


951 :シナモン:2006/09/29(金) 20:38:56 ID:k1S0nXrn
だけれど、日光で体調を崩してしまう事もあります。そして経験的にそれを避けます。
僕も過度の日光は避けています。それは仕方ないと思います。体調が悪くなるのを覚悟
で果敢に強い紫外線に当たる人はいないと思います。

仕方ない事はあります。

952 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/09/29(金) 22:03:18 ID:FDuANMrj
あははは。>シナモン。


人にはそれぞれ個体差があるからね。
無理しない程度で太陽の光も浴びて下さい。

紫外線なんて、服なんか通過してしまうわけで、ジョギングしている時に、シナモンも体に
紫外線を一杯浴びていると思うよ。

その程度でも、当たらないよりはずっといいよと言うこと。

953 :病弱名無しさん:2006/09/29(金) 22:28:28 ID:54CbWONq
あはは

954 :シナ:2006/09/30(土) 18:37:07 ID:P/HkrAdg
>マリリンさん
僕は日光に当たっても体調が悪くなりません。僕はジョギングをする際も紫外線
対策をしています。時間帯を考えたり、服の色を考えています。

膠原病の人の中には体調が悪くなる方が居ますです。

955 :シナモン:2006/09/30(土) 18:42:27 ID:P/HkrAdg
だけれど、紫外線は大切だと僕は思います。交感神経、副交感神経はリズム
なんだから、どちらかが極端に偏るべきじゃないと思いますから。

刺激はある程度必要だと思います。



956 :病弱名無しさん:2006/10/01(日) 06:42:00 ID:XdWSUw2H
小難しい事いってるわりには、太陽を浴びましょうって、
自律神経失調症改善策の初歩中の初歩を話してるんだな。
中身が伴ってないというかなんというか・・・・
頑張れよ・・・・・しょーもない

957 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/10/01(日) 09:05:19 ID:nwWnuTTy
>>956

あははは。小難しいですか?

なるべく、わかりやすく話しているつもりなんですけどね。
わかりやすく人に説明しようと思うとなかなか難しいですね。


958 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/10/01(日) 09:08:29 ID:nwWnuTTy
>>954
>膠原病の人の中には体調が悪くなる方が居ますです。

その人達、どんなに努力しても、まったく日の光に当たれないの?

それだと、ちゃんと生きること自体が難しくなるね。太陽の光って、植物でも動物でも
健康に生きていくためには、とても大切なものなのだけどね。

959 :病弱名無しさん:2006/10/01(日) 13:39:50 ID:9NKVH2bJ
>>958
マリリンは膠原病の怖さを知らないから、日光浴しましょうとか、簡単に言えるんだよ。
私の主治医に日光浴のことを相談したら、マリリンは獣医だから
光線過敏症の重症の患者さんを診たことがないので、そんなことが言えるのだろうって。
40度近くの高熱が出るということがわかっているのに、
わざわざ日に当たるバカがどこにいるっていうんだ。

960 :病弱名無しさん:2006/10/01(日) 20:29:57 ID:7wucuA7g
>958マリリンさんが言ってることはよく分かるけど、いつも上から物を言ってると思う。私は膠原病ではないけど、あの書き方はどうかと思います。

961 :病弱名無しさん:2006/10/01(日) 20:34:13 ID:7wucuA7g
そして、世の中にはしたくても出来ない事や人がいるということを踏まえて発信した方が良いと思います。せっかく良いお話をされても、いつも心無い一言で残念なことになっています。

962 :病弱名無しさん:2006/10/01(日) 20:35:47 ID:7wucuA7g
シナモンさんがいつも擁護されているように、私もマリリンさんは志の高い優しい方だと感じているので。

963 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2006/10/02(月) 10:53:05 ID:x2AEhAUI
問題は「紫外線に弱い体質」の方で、
紫外線を浴びろと言った言わないじゃないでしょ。

紫外線なんてオゾン層の破壊で増えるばっかりなんだから
根本的に紫外線に弱い体質をどうにかしないと。
でもって、それは現行の西洋医学で「これ」という決定的な解決策がないんだから
民間レベルで知恵を出し合っていくしかない。

私の行っている「ハートクリニックよこい」のアンチエイジング検査に
「酸化度と抗酸化力測定:からだが”錆びる”度合いと防ぐ力を測定」というのがある。
光線過敏症の人はこの検査をどこかで受けてみて欲しいです。
酸化度、抗酸化力ともに余裕がないところに紫外線の一押しで
活性酸素が細胞を傷つけて炎症になっているのではないかな。

ちなみに、私は酸化度は高めだけど抗酸化力が意外にあったのです。
光線過敏症はないです。

私の勝手な推測だけど、抗酸化力は脳内ホルモンの出の良し悪しと関係あるのではないかな。
弱気なキャラのうちの夫は酸化度は低いのに抗酸化力は激しく不足してました。

睡眠薬などの薬の影響で光線過敏症が出るという話とも繋がると思う。


964 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2006/10/02(月) 10:56:29 ID:x2AEhAUI
↓これもきっと光線過敏症と繋がるはず。

◆慢性疲労症候群が記憶系と内分泌系に及ぼす段階的な影響


・記憶系

社会的ストレス→免疫異常→ウィルス感染の再活性化

→サイトカイン(TGF−β、IFNなど)の上昇→2−5AS経路の活性化

 →RNasaL活性の上昇

  →セロトニン系・ドーパミン系などの脳・神経細胞の機能異常



・内分泌系

TGF−βの異常産出→神経ホルモン(DHEAS)の低下

 →脳局所のアシルカルニチン代謝異常

  →グルタミン酸・GABA(γーアミノ酸)などの主要アミノ酸伝達物質の低下継続

   →慢性の疲労感


以上大阪市立大学などの研究

965 :病弱名無しさん:2006/10/02(月) 10:58:09 ID:dGzoEfWC
「思う・気がする・勝手な推測」はもう結構です

966 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2006/10/02(月) 12:55:57 ID:x2AEhAUI
>>965
嫌ならどうぞご勝手に。自分の信じる道を行けば良いだけですよ。

967 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2006/10/02(月) 13:22:24 ID:x2AEhAUI
あと、皆さんDHEA-S値の検査もしてくださいね。
DHEA-Sが低下していると
コルチゾールの細胞異化作用(細胞を壊す働き)が強調されますから。
慢性疾患患者、特にステロイドを長期服用していると
DHEA-S量が低下している可能性が大きいのです。
DHEA-Sはサプリメントで補えますので。


968 :病弱名無しさん:2006/10/02(月) 21:42:24 ID:seWv0Fh9
>>947
シナモンさん、どーも^^
まったりお待ちしてます。

>>963
「酸化度と抗酸化力」の話興味深いっす。
そういうふうに考えると
コンビニ弁当とかファストフードばっかり食べてても
健康そのものの人がいるっていうのも理解できますね。

969 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/10/02(月) 22:02:54 ID:argU66Cl
>>959
>マリリンは膠原病の怖さを知らないから、日光浴しましょうとか、簡単に言えるんだよ。

確かに、そうかも知れない。だけど、膠原病の人全員が日にあたれないわけではないと
思うんだ。


膠原病は、日に当たることが悪いことだと考えるのと、日に当たるのは本当は
必要なことだけど、体に無理がかかるから、ちょっとだけしか当たれないと考える
のでは、紫外線に対する認識が全然違って来るような気がする。


>光線過敏症の重症の患者さんを診たことがないので、そんなことが言えるのだろうって。
>40度近くの高熱が出るということがわかっているのに、わざわざ日に当たるバカがどこ
>にいるっていうんだ。


症状がメチャクチャ酷い時に、確かに日光浴をするアンポンはいないだろうけど、小林さんも
いっているように、活性酸素を発生させる顆粒球数を減らし、リンパ球数を増やして、膠原病の
症状自体が軽減してきたら、ちょっとぐらい、日にあたれるようになるんじゃないかと思う。


膠原病の症状が楽になったら、日傘さして、帽子かぶって、長袖の服来て、日焼け止めクリーム
つけでも、日光に当たれるようになれば、紫外線を悪者にしているよりずっといいと思う。

970 :病弱名無しさん:2006/10/02(月) 22:10:21 ID:6DP6MCXb
「思う・気がする・勝手な推測」はもう結構です

971 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/10/03(火) 07:58:44 ID:lwGQh7Yd
>>970

どんな治療を受けるかは、その人の人生哲学の問題よ。

私は私の考えを書き込んでるまで。

あんたが
>「思う・気がする・勝手な推測」はもう結構です

こう思うのは勝手だが、あんたの考えは何処にあるのさ、聞いてあげるから
書き込んでごらん。





972 :病弱名無しさん:2006/10/03(火) 16:17:00 ID:hTqxoUA0
マリリンさん、小林奈保さんと仲良くするのは貴方の自由だけど、
彼女の悪い点まで真似したらいけないよ。
マリリンさんは相手のことを気遣ったり、自省できる人だと思っているから。
最近、ブログのほうでも傲慢発言がめだつので、気になるので書いてみました。

973 :マリリン ◆IxLejT1KUU :2006/10/03(火) 22:45:38 ID:aEnEe2WS
>>972

何故、小林奈保さんを差別する?

私も勉強不足なところもあるので、彼女の言っていることがすべて理解できているわけでは
ないが、>>963を読む限り、そんなに間違ったことは言っていないでしょ。

言ってることが理解できないことが、よくあるからと言って、彼女のすべてを拒否すべきで
はないでしょ。まともなことを書き込んでくれた時はちゃんと認めたいね。

小林さんと言う人は、アクの強い人だとは思うけど、自分の考えがちゃんとある人なんだわ。
だから、自分の病気を自分で何とかしようとする姿勢が、私には伝わってくる。

自分の考えも書き込まず、名無し短レスで、茶々入れだけしてくる人よりは、私は
ずっと好きだ。


974 :917:2006/10/04(水) 07:35:48 ID:wYcd0Fl9
以前シナモンさんにいろいろ教えて頂いた者です。
>>シナモンさん、その節はありがとうございました。子供と共に頑張ってます^^

>>マリリンさん
マリリンさんは志の高い方だとは思いますが、少し言い方に気をつけられた方が良いと私も思います。。
まだお若いのかもしれませんが。
それと、言い過ぎたり間違った事を言った時には潔く謝罪する謙虚な心も大切だと思います。
言い放しは良くないと思いますよ。
真実であると思えば何でも口にして良いということではないと私は思います。
患者側から見て、公平に言わせて頂きました。
シナモンさんは、文面から見てもとても謙虚で真摯な方だと思います。
マリリンさんもその点を見習われたら如何でしょうか?
マリリンさんの豊富な知識や能力にその点を付け足す事が出来たら、患者が心から頼れる医師になれるのではないかと思いますが。
失礼があったかもしれませんが、私もマリリンさんの発言で傷付いたひとりとして言わせて頂きました。
私の書き込みで気を悪くされたらすみません。
でも、真実はいつでも甘い言葉であるとは限りませんのでね。
これからも頑張って下さいね。応援しています。

975 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2006/10/04(水) 10:07:39 ID:n9WWv0sv
>>974
自分で気付いていないと思うけどその書込み、
「ダブルバインド」と「モラルハラスメント」てんこ盛り。

>でも、真実はいつでも甘い言葉であるとは限りませんのでね。

そのくせ自分は傷つきやすいって弁明するのはずっこいよ。
「応援します」とか「こうなれば立派な医者になれるのに」
みたいな甘いお砂糖がけの言い回しをすることで
マリリンを傷つけないことにはならないんだよ。

それでも相手はまだ大人だから
あなたの言葉を受け流してしまうことはできるけど
頼れる人間が他にいない子供はひとたまりもない。

本気でお子さんのことが心配だったら
そこを無視しない方がいい。

私の書込みで気を悪くされても結構。
あなたの子供が膠原病になるより
あなたが気を悪くする方がいいと思うので。

976 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2006/10/04(水) 10:21:38 ID:n9WWv0sv
>>974
と言って、今すぐあなたにこれが通じるとも思っていないんだけどさ。
お子さんが成長して反抗期がちゃんと来ればいいなー。
反抗期が来ないから「うちの子はいい子」なんて思う
よそ見した親にはならないでね。

977 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2006/10/04(水) 10:32:21 ID:n9WWv0sv
このあたりを参考にどうぞ

パワハラにおけるダブルバインド(二重拘束)の構造
http://nakaosodansitu.blog21.fc2.com/blog-entry-35.html

978 :病弱名無しさん:2006/10/04(水) 10:40:28 ID:CsYl3/uV
小林さんにはお子さんはいらっしゃいますか?

979 :病弱名無しさん:2006/10/04(水) 13:16:57 ID:6ASama/e
>>977
パワハラもダブルバインドも、この状況下で持ち出すのは不適切。
言葉の意味もわからず使っているとしか思えない。



980 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2006/10/04(水) 16:26:11 ID:n9WWv0sv
>>979
このスレのもっと上の方まで読んでいないですね。
917さんはお子さんの足のことを病院で「精神的な理由」と
言われたこともあったはず。
ご自身はその意味をあまり深く追求されていないみたいでしたけど
974のレスはお子さんのストレスの構造がよくわかるようなものですよ。

外から見ている人間がわかっても意味がないので
ご本人が理解できるように助言したつもりです。
不適切と言うならあなたの言い分をどうぞ。



981 :974:2006/10/04(水) 18:01:22 ID:FnUtQdCi
>>小林さん
私はマリリンさんに対して意見しただけです。それもただ彼女の「言い方」についてだけですよ。
もし彼女が立派な医師になりたいと思っているとしたら、自分では気付いていない患者側の指摘も大事だと思いますよ。
立派な医師を志す人なら、こういった意見にも耳を傾ける筈でしょう。
落ち着いて下さい。貴女には何も言っていません。
他にもそういう理由でマリリンさんに意見していらっしゃる方もいますし、私の書いている事も患者から見れば真実だと思います。
その事で、貴女に私の子供の事を言われるのは筋が違う気がします。
貴女にはまだお子さんがいらっしゃらないのですね。きっと。

「精神的な理由」というのは、子供が朝だけ膝が痛くて立てなかった時に小児科で言われた事です。
ちなみにその診断が下った理由も、その医師はちゃんと説明してくれましたよ。
膝の関節に炎症や腫れが見られないのでリウマチとは言えない事、変形も認められなかった事、その医院では血液検査まではしようとしないのでこれ以上は分からない事、その三点から「精神的な理由かも」と言うしかなかったというのです。
それはその医師が、どうしてこういう痛みが起きているのか分からないからした診断なのですよ。
小林さんは読み飛ばしたのかもしれませんが、子供は、その後行った病院で血液検査をした結果、異常値が出たのです。
そこでは「精神的な理由」とは言われませんでしたよ。 
「精神的な理由で血液検査で異常値が出る事象」があるのならば、是非教えて下さい!
私は子供が膠原病にならないためになら何でもします。もし私の育て方や接し方が悪くてこうなったのなら、今までの事を猛反省しどんな自分にでもなります。
それと・・貴女が仰っている事ですが、私が子供のことで気を悪くする事と子供が膠原病になる事とは全く無関係だと思います。
膠原病になるのを食い止める事が出来るのなら、私はどんな事でもするつもりですけれど・・。
私の態度一つで子供が膠原病になるのを防げるのなら、こんなに幸せな事はないわけです。
正直言うと、そんな簡単な事ではないと思うから悩んでいるわけです。
とにかく、小林さんには別に何も意見したい事があったわけではありません。どこか小林さんに気を悪くさせる文面があったのでしたら申し訳なかったです。


982 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2006/10/04(水) 18:37:01 ID:n9WWv0sv
>>981
>自分では気付いていない患者側の指摘も大事だと思いますよ

たぶん、マリリンはあなたを「患者」だと思っていないと思いますよ。
第一にマリリンは獣医で医師でもないし。

もし医者だったとしても、
「立派な医師になりたかったら言い方に注意しろ」って変ですよ。
どう変なのかはあまり説明しませんけど。

>その後行った病院で血液検査をした結果、異常値が出たのです

知ってます。
あなたも膠原病はストレスで発病したり悪化するのもご存知ですよね。

>私の態度一つで子供が膠原病になるのを防げるのなら、こんなに幸せな事はないわけです。

そんなに急に態度を変えられますか?「態度一つで」と口で言うのは簡単。
あなたは現実と言葉のズレ、というか装飾が大きすぎ。
お子さんはあなたの現実の態度と装飾のついた言葉に現実感覚を失いますよ。

その状態で生きていくのは膠原病にならなかったとしてもとても大変なこと。

自分の無意識の言動に気付くのは容易ではありませんが、
お子さんが大人になってからもう一度昔を振り返って自分探しをするより
今のあなたが考えた方がお子さんが楽です。

983 :病弱名無しさん:2006/10/04(水) 18:45:19 ID:6ASama/e
小林ってヤツは、どう考えてもまともな人間には思えん。
自分が尊敬されたいから、知ったかぶってハンパな知識を披露してるだけ。
そうだろ。
精神的にかなり問題があるタイプに見受けられますが。
こんな人間、相手にしないほうがいいですよ。


984 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2006/10/04(水) 18:57:00 ID:n9WWv0sv
「尊敬」という言葉を使っても
実際に誰かを尊敬をしたこともされたこともないのが>>983ですよ。

言葉だけ独り歩きして使用する人は多いですが
それは本来の意思疎通のためではなく
相手を威嚇する道具になるだけ。

985 :974:2006/10/04(水) 19:29:16 ID:FnUtQdCi
モラハラのリンク見ましたが、私の子供に対する態度とは違うと思いました。。
私は甘やかし過ぎだとはよく言われて来ましたが、子供にああいったストレスは与えていません。
というのも、私は何にしても子供第一なので・・私が他の人に子育てで誇れる事といったら盲目的に掛けている愛情だけです。問題があるとすればそれです。
躾等も大切だと思いますが、まだ3歳と幼いので、子供に出来る限り愛情を注ぐ事を第一に考えています。
マリリンさんに意見したのは、あくまでも先にあちらの発言でどうかと思った事があったのでしたまでです。
獣医さんだったのは知りませんでした。。
私は、立派な医師というのは患者や患者の家族の心のケアも考えている人だと思っています。
小林さんも仰っているように、病気というのは心のストレス・病気への恐れや絶望感によって悪化するものだと思っていますので。
言い方に気をつけた方がいいのではないかというのはアドバイスです。
お若いので、病気の原因解明や症状緩和の鍵を追及する事に神経が行ってしまって、人として思いやる所を忘れてしまってはいないかと思ったからです。
他の方もそう思われての書き込みなのだと思います。
でも獣医さんだったのなら、少し納得です。動物の心のケアまでは考えないでしょうしね。私が言い過ぎましたね。。

986 :974:2006/10/04(水) 19:29:59 ID:FnUtQdCi
膠原病はストレスが原因で発病するというのは色々調べていて知りました。
小林さんの書き込みを読むと、やはり子供の膝の痛みは精神的な理由ではなく、膠原病の症状の一つとしてあらわれていると思われたわけですよね。
膠原病にストレスが悪いのはよく分かっていますが、私は子供にストレスを与えるような事はしていません。
少し厳しくした方がいいのではないかとさえ言われていて。
それに、ストレスの無い子供は膠原病の数値が上がらないかといえばそうでもないようにも思うのですが・・。
膝の痛みは膠原病の症状としてあらわれていて、血液検査の数値がその裏付けとなっているわけですよね。
膠原病の予防の為に、ただただ子供へのストレス軽減をはかるだけでは足りないのではないのでしょうか。。
私は3歳までは愛情を目一杯かけても多すぎる事はないと思って育ててきました。
これ以上ストレスを与えないようにというのは、今まで気を付けて来た正にその事でしかないので・・。
私の文章に装飾が多いと思われたかもしれませんが、これは直接的な表現で書くと思わぬ誤解を生んだり相手を傷付けるかもしれないと思うので注意して書いているからなのです。
普段は抜け作なので・・子供との過ごし方も、楽しく愛情を持ってがモットーです。
生きていくのにストレスはつきものですが、親バカな愛情から、子供が辛いと思う事は味わわせないようにして来ました。。
でも、私も子供が死ぬまでずっと傍で守ってやる事は出来ません。
これからの人生、ストレス無しで生きていくのは難しい世の中ですから、ストレスに強い子に育ってくれるよう、宗旨変えをした方が良いかもしれませんね。
その点では間違っていたなあと思っています。
子供が少しの事ではストレスに感じない強い性格に育ってくれるように、これからは接して行きたいと思っています。

987 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2006/10/04(水) 20:18:12 ID:n9WWv0sv
>>985
>でも獣医さんだったのなら、少し納得です。動物の心のケアまでは考えないでしょうしね。私が言い過ぎましたね。。

マリリンに喧嘩を売ってるように見えてますよ。

988 :小林奈保 ◆LSlpUFZCk6 :2006/10/04(水) 20:40:25 ID:n9WWv0sv
>>986
あなた自身、思考偏重な大人びた子供だったんでしょうね。
あんまり複雑なことを言っても混乱させる一方なので
わかりやすい対応策を書きます。

お子さんに手から手へ技術を伝えてください。
大人になった時に「これはお母さんから教わった」という
具体的な技術があればあるほどお子さんの生きる力になると思います。
学校で習えない生活の様々な知恵を伝えてあげてください。


989 :病弱名無しさん:2006/10/04(水) 20:48:01 ID:xTj6idUc
チャングムの影響まるわかりw
他人のスレ乗っ取りは得意技、といっても、元々このスレの発端は小林奈保だからな。
本来のスレ主の手に戻ったと言うほうが正しいか。

990 :病弱名無しさん:2006/10/04(水) 21:31:29 ID:xTj6idUc
>>974
あまり小林奈保の言うことを気にされないでくださいね。
お子さんが無事に成長されるよう、祈っています。

991 :病弱名無しさん:2006/10/05(木) 01:42:24 ID:6bGGzo6B
小林さんに恨みを持っている方は
こう言う状態を非難しているのでしょうか。
確かに酷い。あんまりですね。


992 :病弱名無しさん:2006/10/05(木) 01:46:14 ID:6bGGzo6B
974さん、お気になさらぬように。
一生懸命過ぎて痛々しい。
不安は分かります。
不安を持つのは仕方ないです。
どうか、体も精神も深呼吸されて下さい。
お子さんと一緒に…

993 :病弱名無しさん:2006/10/05(木) 02:35:22 ID:zc14vwc9
言葉遊びやってるうちにどんどん真理から遠ざかってく・・
あふぉな西洋医の轍を踏まないよーにね。

>>974
>これからの人生、ストレス無しで生きていくのは難しい世の中ですから、ストレスに強い子に育っ>てくれるよう、宗旨変えをした方が良いかもしれませんね。
>その点では間違っていたなあと思っています。

そこに気付いただけでもよかったじゃん!
ストレスには免疫を鍛えるって側面もあるんだよなあ。

994 :病弱名無しさん:2006/10/05(木) 08:12:50 ID:dXc/xXf1
974のいい方には私も違和感あったな。正論ではあるけど本音は
「生意気いってんじゃないよ!」ってことだろうと思う。
これならストレートにいったほうが通じる。
自分を善人に装っていうのがいやらしい。
リアルでもこういう言い方する人がいるけど近づきたくない。

違和感の正体は
パワハラにおけるダブルバインド(二重拘束)の構造
http://nakaosodansitu.blog21.fc2.com/blog-entry-35.html
これなのか・・・腑に落ちたよ。


995 :病弱名無しさん:2006/10/05(木) 08:35:47 ID:dXc/xXf1
昨日ウチにきた人は 親の「反論しようがないけど感情が納得しないような」
モノのいい方に違和感を抱きつづけてきたそうな。
もう30近い人なんだけど未だにトラウマみたいになってるそうだ。

その親の気に入る基準にはいろうと努力はしたが 結局は基準はなくて
「自分の言うことを聞いてりゃいいんだ!」ということにつきたそうだよ。
それを「それでは世間は納得しない」とか何とか最もらしいことを延々さとすんだって。
それがいかにも愛情を持ってるようにみえるけけど実は自分の気に入らないことは
すんなってメッセージだと気がついて付き合う気が失せたらしい。

凄いダメージだったみたいだよ。その人は親が好きで食べていたものはことごとく
口に出来ないらしい。好き嫌いが多い人だなあと思ってたけど 親に嫌悪感抱くあまり
嫌悪の対象を食べ物に肩代わりさせていたんだね。


996 :病弱名無しさん:2006/10/05(木) 09:24:57 ID:6bGGzo6B
いや、小林さんの974さんへの書き込み自体が見事な
パワハラ、ダブルバインドですが。


997 :病弱名無しさん:2006/10/05(木) 09:34:50 ID:dXc/xXf1
2ちゃんの一投稿者がどうパワーハラスメントできるのさw
パワーハラスメントは上下関係が基礎にないと成立しないよ。

974のようないい方する人は結構いるんでね。
子供がいるなら子供が思春期になったときにゆがみは正されますよ。
正しければなにも起こらないはずです。

998 :病弱名無しさん:2006/10/05(木) 09:38:53 ID:DVe1k+bS
ID:dXc/xXf1は小林奈保です。
ご注意!!

999 :病弱名無しさん:2006/10/05(木) 09:46:36 ID:6bGGzo6B
できますよ。本気で読み取れませんか。
この場合、小林さんは2ちゃんのコテであり、
膠原病の体験者であり、病歴も長い。
974さんにとっては上司のようなもの。
病気治癒と言うプロジェクトに対するのが主旨です。
3歳のお子さんに対しての企画=接し方をダブルバインドされてるわけですね。
しかも974さんにとっては、最大の弱点を責められる。
どうしていいかわからなくなる。
結局、曖昧な指示だけで。
ダブルバインドの完全なモデルケースですよ。

1000 :病弱名無しさん:2006/10/05(木) 09:53:36 ID:6bGGzo6B
今回の事で小林さんのやり方がよく解りました。
ダブルバインドがスタンダート、
しかも客観視はできず。
個人的に小林さんに関して危惧していましたが、
必要も無いですね。
私は自身の権力欲のために、相手の最大の弱点を攻撃する論法を利用する方は軽蔑します。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

488 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)