5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■■公文教室ってどうよ3■■■

1 :名無しの心子知らず:2006/11/24(金) 00:45:58 ID:V7gHBwre
出来れば一般公文生の親御さん主流で。
マンセーや業者の波に流されず日常の些細な悩みなど交換しましょう。
子供自慢OBさんもいいですがガセネタ流しは厳禁でお願いします。

前スレ
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/baby/1158049976/

2 :名無しの心子知らず:2006/11/24(金) 00:54:39 ID:V7gHBwre
惑わされてはいけないガセネタ まとめ

1.公文生の目標とされる3学年先取り学習達成者は、国語・算数で4,5%程度である。

2.公文生の第一の目標とされている半年分先取り学習達成者は、5割弱である。

遅くとも小3までに高1レベルまで進めたら無問題。
つまり幼児から始めれば、普通の知能の子なら到達できるので
無問題です。
 
↑の意見に対し、

3.小3末でも高校教材が始まるJ到達者は全国でも数200人 英300 国50人ののべ550人。
 ちなみに幼長学習者はのべ九万五千人です。

世界の公文は一部の優秀児を出してはいますが、内情はごくごく普通のレベルです。
決して全員が一部の優秀児のようにはなれませんし、なれていません。
しかし継続は力なり。
苦手教科克服に頑張る子、自頭が普通でも優秀者目指す子、
いろいろな子あっての公文式。

みなさんで優秀自慢だけでなく効果的な勉強方法など情報交換しましょうね!

3 :名無しの心子知らず:2006/11/24(金) 00:55:53 ID:IIEJ3VKd
公文、高いよー。

4 :名無しの心子知らず:2006/11/24(金) 02:11:31 ID:T/kInw9e
1さん乙です\(^O^)/
テンプレ入れてくださったんですね〜。
これが新公文スレ誕生になるといいなぁ。

>>3
高いとは生徒のレベルが?
それなら1さんのテンプレ通り普通の子がほとんどです。
それともお月謝が?
三教科フルだと18900円/月 ですので高いかも。

5 :名無しの心子知らず:2006/11/24(金) 12:09:50 ID:accQyose
塾はどこでも高いよー
他の塾はしかも入学金が月謝と同じぐらいかかるし
教材費も別にとられるみたいだね。
まだ低学年だからいいんだ〜

6 :名無しの心子知らず:2006/11/24(金) 17:37:41 ID:fk5gUrS4
>>2の1〜3って全部ガセなの?
ホントの情報は?

7 :名無しの心子知らず:2006/11/24(金) 18:11:31 ID:qk4beT/Y
>遅くとも小3までに高1レベルまで進めたら無問題。
>つまり幼児から始めれば、普通の知能の子なら到達できるので
>無問題です。

これがガセで、実際は

>小3末でも高校教材が始まるJ到達者は全国でも数200人 英300 国50人ののべ550人。
>ちなみに幼長学習者はのべ九万五千人です。

これってことでしょ。




8 :名無しの心子知らず:2006/11/24(金) 19:21:01 ID:rNEWt912
うちの近所では公文は年長児が小学校入学準備のために鉛筆をもって
机にむかう習慣をつけるために
通わせてそのまま続けても小3年までというパターンばかり。

9 :名無しの心子知らず:2006/11/24(金) 19:24:56 ID:OC3snpWj
年長〜小学校中学年までの週に2日、放課後安全に預かってくれる所ってかんじだな。
それより大きくなると、塾に行く子が多い。

10 :名無しの心子知らず:2006/11/24(金) 19:45:24 ID:KPRPGixz
>8
学年相当でも学校の計算ドリルよりは難しいことやってるんよ。

足し算を筆算でやるとき、繰り上がりのメモを書かないでやるんよ。
割り算は割る数が一桁なら、下に引き算のメモ書かないんよ。

厳密にはA=小1、B=小2、C=小3じゃないのさー。

11 :名無しの心子知らず:2006/11/24(金) 20:13:37 ID:vIPclm2u
今、無料体験いかせてますが
びっくりしたのが、
生徒の多さ。
先生2人に群がる生徒。
体験中の父兄への説明のなさ。

近くに、公文とスタッド学習塾があるけど
どっちに通わすか悩み中です。
どっちも同じようなものかな?
通う本人次第?

12 :名無しの心子知らず:2006/11/24(金) 21:28:26 ID:O8kPZ9gm

少しずつですが追いつき、抜かしていきました。

学年に関係なくどんどん先に進めるということには、私はかなり興味がありました。
興味がありつつも、始めさせたのは3年生からでした。算数・数学の1教科だけです。
もうはっきりとは覚えていませんが、たまに教室からもらってくる冊子に全国の高進
度学習者が載っていて、小学生でも高校・大学レベルの学習をしている子が少なから
ずいるのを見て、すごいなぁと思ったものです。できることなら、息子にもどんどん
先の学年の学習をさせたいと思いました。どんどん先に進んでいれば、自分の学年で
習う学校の授業なんて余裕でこなせると思ったからです。息子は、早くから入会して
いる子たちを少しずつですが追いつき、抜かしていきました。退会する頃にはその教
室内で息子より高進度だったのは息子より高学年の子で1人か2人だったと思います。
私はそれでもそのスローペースに辟易していました。公文式の学習方法をご存じの方
はよく分かると思いますが、同じことを何度も繰り返し、同じ教材を何度も解くのです。
その回数はそれぞれの子どもの能力に応じて多い少ないがあります。所要時間と正解
率も影響するのでしょう。しかし、くどすぎます!教室の先生にもよるのかもしれま
せんが。「あまり先に進ませると問題も難しくなり、先生が困るからじゃないの?」
なんて思ったこともありました。公文式を学習している子どもは、忍耐力が養われま
す。と言うより、根気と忍耐が備わっている子どもしか続きませんね。中学になれば
部活で帰宅時間が遅くなり、通えなくなることが分かっていましたので、小学生のう
ちになるべく先の内容に進ませたかったのですが、結局は「中3」レベルあたりで終
わったのではないでしょうか。おけいこごと以外で、通ったものと言えば、上記の2
つだけです。学校の授業の進度に合わせたいわゆる学習塾、あるいは予備校の夏期・
冬期講習などには後にも先にも行っていません。

ttp://www7.plala.or.jp/mlunch/sodatekata2.html#sinraikankei

13 :名無しの心子知らず:2006/11/25(土) 10:53:07 ID:u8ttfaZK
>>11
わかるわそれー
無料体験中は特にそうみたいだよ。
あえて込んでる時間に慣れない子つれて
説明とか求めるとよけい混乱するから
体験とか質問には込んでる時間はずしていくのがよさそうだよ。

14 :名無しの心子知らず:2006/11/25(土) 11:02:06 ID:u8ttfaZK
>>12は地頭が抜群にいい子を小三という遅さで
公文に初めてつれていくって判断ミスしてると思う。
こんな育ちかたした子は幼児で公文はじめたら超高進度に行けて
ちょうどよかったのにね。退屈だったろうとお察しするわ。

15 :11:2006/11/25(土) 13:46:09 ID:irJnh8u3
>>13
そーですね。ありがとうございます。
楽しく机に向う練習にっと思っているので
公文は不向きかも…
体験終了後、本人に選ばせてみます。


16 :名無しの心子知らず:2006/11/25(土) 13:51:46 ID:En33Xe5n
>15
多分その辺は教室にもよると思いますよ。
個人のお宅でやってるような小規模から、テナント借りてる大規模まで色々だし。
うちは前者で、多い時は結構生徒さんたくさんきてるようですが、
込む時間をちょっと避けるとほぼマンツーマンで出来るらしくてスムーズみたいです。
(低学年なので私が送迎してるから融通きくのもある。遅くなっても平気だから)

17 :名無しの心子知らず:2006/11/26(日) 00:50:27 ID:W6gQ3b+h
年に二回、無料体験の二週間ずつだけ必ず来る子もいるんだって。
子供がかわいそう。それだけではためにならないし。

18 :名無しの心子知らず:2006/11/27(月) 09:56:56 ID:S/FI17DS
このままいくとその上位4、5%とやらの表彰式とやらに出れるかもしれん
どーしよそうなったら母さん涙でおまえを見れないよ

19 :名無しの心子知らず:2006/11/27(月) 19:36:51 ID:3D1oOIx7
その言い回し
貰った!

20 :名無しの心子知らず:2006/11/27(月) 20:12:26 ID:35mqCP1z

現役東大生教師による合格体験記

所属:東京大学 理科I類1年
学歴:    中学=私立武蔵 高校=私立武蔵 大学=東京大学  
中学合格校: 私立武蔵 私立城北 私立西武文理
中学受験時塾:ena
大学受験合格:東京大学 慶應大学理工学部、医学部 
大学受験時塾:ena・駿台・Z会

私が中学受験の準備の為に塾に通い始めたのは小学4年生の9月頃でした。最初は算数
のみでした。家の近くの桐朋中に行けたらいいなぁと母も私も思っていました。地元の
塾だったので友達もいて和気藹々とした雰囲気だったので通うことは特に苦にはならず、
楽しい思い出が多いです。学力の方はというと算数は、公文式で中学の範囲までおわっ
ていたのですぐに得意科目になりました。理科と社会は5年生のはじめから塾に通った
のですがとても苦手でした。特に社会は覚えることが多く大嫌いでした。国語は最初か
ら得意だったので塾に通い始めたのはかなり遅かったです。塾には良いとは思えないよ
うな先生も中にはいましたが、いいライバルもいて、順調に成績は伸びていきました。
5年生の時、志望校になりそうな学校(具体的には武蔵、桐朋、駒東、麻布、筑駒)の
文化祭を見に行きまた。武蔵の自由な雰囲気、生徒が中心になって文化祭を盛り上げて
いる雰囲気が強く印象に残りました。成績も伸びてきていて武蔵の合格圏に届きそうだ
ったので武蔵を志望校として強く意識するようになりました。
 このこともあって自信をもって本番を迎える事が出来ました。結局、受験結果は西武
文理○武蔵○城北○筑駒×でした。(○が合格、×が不合格)記念受験で受けた筑駒に
は落ちましたが、第一志望の武蔵に合格することができたので満足のいく結果でした。

ttp://blog.mag2.com/m/log/0000211400/107792128.html?js

21 :名無しの心子知らず:2006/11/28(火) 14:18:06 ID:v9A3IREs
今、小学生なんですが、どこの教材まで進めば
やめても大丈夫でしょうか?
キリがないんだよね・・・

22 :名無しの心子知らず:2006/11/28(火) 15:22:03 ID:ExK2h4vb
>>21
Iアイ愛 かな
中学過程終えとけば楽よ

23 :名無しの心子知らず:2006/11/28(火) 16:31:38 ID:ZawjY4ib
国語の古典教材はどう?小学生でやる意味あるかな?

24 :名無しの心子知らず:2006/11/28(火) 22:41:03 ID:k9Mpm0Wh
無理してなければいいかもね。
古典のマンガで読んだ気になるより
はるかに教養になるのでは。

25 :名無しの心子知らず:2006/11/29(水) 10:58:27 ID:t4tr0xqh
知り合いのそのまた知り合いの子が園児で漢文やってた。
1枚1時間とか掛けてやってたそう。
漢文やってるのもすごいけど1時間掛けるのがもっとすごいと思った。
普通園児で集中力続かないよね。

26 :名無しの心子知らず:2006/11/29(水) 11:05:29 ID:t4tr0xqh
私も質問よろしい?
小1で国・算やってるんだけど同じ進度からのスタートだったのね。
で、国語はA1と2に分かれてるでしょう。
算数は分かれてない。
ってことは同じ単元で200枚と400枚で倍の量違うわけですよね。
そうなると自然と進度が国語遅れていきますよね。
みなさんもそうですか?

27 :名無しの心子知らず:2006/11/29(水) 12:40:05 ID:mqE//9ZI
>>24
マンガで古典作品の概略ザックリを掴むのは有効と思われ。

>>25
園児で漢文は、すごいですねぇ。本好きに育てば筋金入りの
教養を身につけそうですね。

>ってことは同じ単元で200枚と400枚で倍の量違うわけですよね。
>そうなると自然と進度が国語遅れていきますよね。
>みなさんもそうですか?

繰り返しの回数や毎日こなす枚数にもよるから、
一概にそうとは言えないと思う。概ね国語の方が
繰り返しが少ないのでは。

28 :名無しの心子知らず:2006/11/29(水) 15:48:05 ID:U9h/HuoX
国語は答えを覚えちゃうからな、同レベルで違う文章がいる。

算数は前やったときの答えを暗記しておくのは無理なので200枚を使いまわす。

29 :名無しの心子知らず:2006/11/29(水) 16:58:05 ID:Di+7g31w
>>27 歴史マンガは改訂繰り返してるだけにうまくできてるけど
古典マンガはつまらないし情報量が少なすぎて概略もつかめない。
やさしい現代訳探して与えた方が頭に残るよ。

30 :名無しの心子知らず:2006/11/29(水) 17:14:59 ID:027beQa9
>>24
無理ではないと思うが、本人の意欲が無い。
Iが終わったら辞めたいと言ってます。
古典こそ繰り返しやると力が付くかなと思ったのだけど。

31 :名無しの心子知らず:2006/11/29(水) 19:25:09 ID:wzBr/A8X
>>29
おぬしやるな

32 :名無しの心子知らず:2006/11/30(木) 15:31:56 ID:Cm8GErY8
古典や漢文は軽く触れるくらいなら市販教材でもあるし
公文で延々とプリントさせる必要ないと思う。
高学年ならまだしも小さい子は。
中学生なってからで十分だよ。
古典も漢文も試験に出てくるのものは決まってるから
現代語訳も覚えてしまえばいいだけだし。先取りする必要性を感じない。


33 :名無しの心子知らず:2006/11/30(木) 16:46:44 ID:RpS6Dp4B
>古典も漢文も試験に出てくるのものは決まってるから
>現代語訳も覚えてしまえばいいだけだし。

まぁ人それぞれでしょう。試験をすり抜けることだけが目的ならば
訳本を覚えたほうがスマートなのかもね。でも日本人にとっての古典漢文は
思想を学ぶ上で、起点となるところだから教養として無駄にはならないとでしょ。
確かに全ての子供にそれを強いるのは無理ね。でも公文で進度が高くて
そのチャンスに恵まれているのなら、力がある証拠だから是非挑戦してみて
欲しいと思うわ。あなたは選ばれているのよって。まあ古典を子供にもわかり
やすくと考えられてきる気はする。

公文の意図としては、日本人の思考の礎を築いた東洋の思想家達の原典に
少しでも触れてほしいということじゃないかな。←教材内容を見た勝手な印象ね。
グローバル化する社会で日本人として生きる気概を養ってほしいと。
それは英語を学ぶのと同じように大切だと思う。

34 :名無しの心子知らず:2006/11/30(木) 17:02:40 ID:KDKpOZ9F
だから市販教材でも古文漢文くらい読めるでしょ。
毎日毎日プリントしないでもいいのではと言ってるだけ。
読んだりすることはいいことだと思うし日本語の美しい文章も知ってて損は無いと思う。
でも何も小学生でしないでもいいんじゃないかと思っているだけ。
公文はやるとなるとアル程度時間とられるでしょ。
国語は先取りする意味は判らないし、それよりも自分の思いを
上手くまとめられるようになったほうがいいと思うのよね。


35 :名無しの心子知らず:2006/11/30(木) 17:43:38 ID:RpS6Dp4B
>だから市販教材でも古文漢文くらい読めるでしょ。
>毎日毎日プリントしないでもいいのではと言ってるだけ。

仰ることは良くわかりますよ。子供に古文漢文は変かもね。
でも子供の頃に毎日毎日プリントで古文漢文をやるなんて
他にそんな教材ないから逆に魅力的に感じてます。
どんどん歴史に残る名文にふれていけば、論理的読解力もつくし
文章力もそれなりにつく教材内容だと思います。公文をやって
きた子供なら難しい教材だともおもわないし、小学生だからこそ
そんな時間がとれそうな…。

36 :SR*Mama:2006/12/01(金) 10:10:53 ID:pC09C40v
今、娘は小学3年生。
公文を1年半やり、算数E教材、国語DT教材が終わりました。

中学受験を考え、2月から大手進学塾入塾を検討。
そこで公文に今年いっぱいでやめることを伝えましたら、
「算数国語共にH教材くらいまではたどり着いていないと正直、受験では通用しない。
あと1年間は公文でより一層頑張り、なんとかHまで終わらせてから進学塾へ通うべき。」
と言われました。

その公文の先生は、かなりのやり手。
いままでたくさんの生徒をみてきて、ただの塾経営のスタンスだけから
そう言っているようには思えなくて…。
いままで培ってきた確信もあってそういうようにお話をしてくれていると
思うのですが悩みます。

日能研、四谷、サピ、早稲アカ…。
公文でHまで終えて、5年生から大手塾に入るのってアリでしょうか?
それとも…???

37 :名無しの心子知らず:2006/12/01(金) 11:00:52 ID:jzABmjQn
>「算数国語共にH教材くらいまではたどり着いていないと正直、受験では通用しない。
>あと1年間は公文でより一層頑張り、なんとかHまで終わらせてから進学塾へ通うべき。」

賛成。日能研、四谷、サピ、早稲アカでも、結局公文最上位の連中が
上位を占める。中学受験の表層だけ追うと伸び悩む。
特に国語力が足りないと思われるので、徹底した基礎力を付ける事に
専念されたほうが良いと思う。

38 :名無しの心子知らず:2006/12/01(金) 11:50:52 ID:X10GVSzI
うーんまぁ1年延期してギリギリだね。
進学塾は最低でも5年からは入った方がいいよ。
受験慣れできる問題数こなさないといけないので。
先生にHいくように見通しグラフ作ってもらってみては?

39 :名無しの心子知らず:2006/12/01(金) 12:37:31 ID:96CrMhAy
出来れば4年生いっぱいまで公文でI教材(中学課程修了)まで終えて
5年生から大手塾に行く方が良い。
塾の中学受験対策の勉強より、先に基礎学力つけておく方が
後々の塾での勉強もすんなり行くと思う。

40 :名無しの心子知らず:2006/12/01(金) 13:06:42 ID:AwprCsLM
あと1年でI終了はハードすぎないか?
やってみなければ分からないが。


41 :名無しの心子知らず:2006/12/01(金) 13:38:00 ID:96CrMhAy
どの程度の中学を受験するのかわからないけど、
いわゆる東大合格者数上位に名前のある中高一貫難関校だったら
そのぐらい出来る子でないと無理じゃないかな。
F、Gの四則混合をしっかりやっておけば、
HやIって案外スムーズに進められると思う。ま、その子にもよるけど。
あくまでも目標だから、4年生いっぱいまでやれるだけ頑張ってみると良いと思う。
まだ1年3ヶ月もあるし。

42 :40:2006/12/01(金) 13:51:44 ID:AwprCsLM
>F、Gの四則混合をしっかりやっておけば、
>HやIって案外スムーズに進められると思う。

それもそうね、了解。

43 :名無しの心子知らず:2006/12/01(金) 21:38:10 ID:73nPpPRT
公文は教室(先生)によって随分違うよね。
ただやらせて答え合わせして・・・って教室もあったし、
時間の早い幼稚園児対象にパズルを使って日本の地理を教えてくれる所もある。
今通ってる所は定期的に三者面談をしてくれる、とても熱心な先生なので有難い。
先生の熱意によって様々だな〜と転勤族の感想です。

44 :名無しの心子知らず:2006/12/01(金) 21:39:36 ID:jzABmjQn
過激なレスが続きますね。中学受験の現実って厳しいね。
小学4年末で求められる基礎力が、国・算共にI程度というこ
とは受験レベルの国語長文を取りあえずは読めて、四則演算
のスピードはもちろん方程式も道具になっている状態という
レベル(これが基礎力w)。実際Iレベルを達成して小5から
中学受験体制に移る小学生は少ないのでしょうが、中高一貫
難関校に合格できる子もごく少数。

45 :SR*Mama:2006/12/02(土) 00:03:52 ID:pC09C40v
皆さん、本当に乙です。

受験動機が、「近隣の公立が遠いため(私学の方が通いやすい)」で
まだどこを受験するかも曖昧な感じなのですが、
最近の中学受験は厳しいのが現実。

>先生にHいくように見通しグラフ作ってもらってみては?
次の月曜、公文の先生に面談の時間を作ってもらえたので、早速、相談してみます。

これから1年、公文でしっかりと地盤を固めて、
受験にのぞんでいこうと思います。

こちらで相談できて、とても良かったです。


46 :名無しの心子知らず:2006/12/04(月) 09:16:59 ID:Tu4rkuaB
ところで、先生にお歳暮はどうしてますか?
私はナンか先生がキライなのでお歳暮はやめておこうかなと思っています。
でも、指導の仕方にかなりの温度差が生まれてしまうだろうな〜と…


47 :名無しの心子知らず:2006/12/04(月) 10:16:19 ID:/8y2qGzq
うちは毎年GW明けぐらいに個人懇談があるので、
その時にお渡しして、お中元お歳暮代わりにしています。
でも、お中元お歳暮しない方も多いみたいですよ。されてる方もいるようですが。
指導の仕方に温度差が生まれてしまうような指導者なら
その程度の人だということではないでしょうか。
私も公文ではありませんが習い事の講師をしていますが、
お中元お歳暮のあるなしではまったく区別しません。
頑張っている子にはこちらも頑張って指導するし、
それなりの子には負担にならない程度に軽い課題にしますし。
(他の習い事に力を入れている可能性を考えてそうしています)


48 :名無しの心子知らず:2006/12/04(月) 18:06:11 ID:XZoQ1Z+F
したことないよ。お歳暮とか。
特にお世話になっててしたいならしたらいいんじゃないの?
私はする気ないけど。

49 :名無しの心子知らず:2006/12/05(火) 09:41:34 ID:Z0F+omvm
辞める時には、ご挨拶に何か持っていくだろうけど、お歳暮はやんない

50 :名無しの心子知らず:2006/12/06(水) 08:03:48 ID:j8KA49mb
子どもが初めて進度基準認定証を貰ってきたんだけど
貰ってきた途端県内順位が12位とかでした。
どんぐりのせい並べ状態なのかな。たまたまほんの気持ち抜け出たんでしょうね。
大して進んでいる気が全くしなかったのでびっくりしました。
まああまり勉強が盛んな県ではないからかもしれません。

51 :名無しの心子知らず:2006/12/06(水) 08:16:41 ID:Xih4oJm5
>>50 分母は?
何人中何位かでより褒めてあげられるのでは?

ところで、皆さん通われている教室にも暖房費、ありますか?
この教室、冷房費は無かったのよね。
今年は灯油が高いからかしら?

52 :名無しの心子知らず:2006/12/06(水) 13:48:43 ID:DlUL6rUl
たいして教室も暖かくもないのに年に1回暖房費2000円取られてる・・・
灯油に一体いくらかかるんだ?

53 :名無しの心子知らず:2006/12/06(水) 13:52:37 ID:j8KA49mb
分母は少ないです。
ここらへんはあまり教育熱心な土地柄ではないようです。
一応賞状もらったということで誉めてはいますよ。
何より本人がプリントをし続けたということは頑張っていることだと思うので。
ただ少し単純に驚いたんですよ。うちの子でそんなものなんだって。
本当に進度は半年先なだけですし、ごく普通です。

うちはクーラー代も取られたし、暖房費も取られました。
まあ仕方ないかなと思っています。

54 :名無しの心子知らず:2006/12/06(水) 13:58:01 ID:wNjl/Zne
公文行って英検を受験させたことがあるお母様にお聞きしたいのですが、
英検準備は自分で独自に教材を準備してやるものなんですか、
それとも、先生の方からそろそろどうですか、など声がかかって勉強スケジュールとか
問題集も準備してもらえるものなんでしょうか。
子どもがようやくGに入り、G1をマスターすれば5級に合格できると聞いているのですが、
先生から具体的な英検の話は何もないので困っています。

55 :名無しの心子知らず:2006/12/06(水) 14:38:08 ID:URBjytUt
いま二月の英検申し込み受付中。
二月にはもっと実力アップしてるでしょうし
先生に頼んだら申し込んでくれます。
でも公文会場より一般申し込みの方が近い会場のことがあるので
気をつけてください。
内容は市販の対策本一冊は必ずやった方が確実です。
実際よりむずかしめにできてるけど
本番が楽です。

56 :名無しの心子知らず:2006/12/06(水) 14:41:05 ID:URBjytUt
ただしそのころにはGTUは確実に終わった方がいいかも…

57 :名無しの心子知らず:2006/12/06(水) 16:07:06 ID:X59KVoiA
うちは受けたいと事前に言ってたため英検のたびに声をかけてもらっています。
でも公文前より英語はずっとしてて下地があったので、
全く無い場合でも大丈夫と思いますが、事前に問題集した方が絶対いいですよ。

58 :名無しの心子知らず:2006/12/06(水) 18:15:42 ID:Q2fqfRK5
5年生からは四谷大塚のテキストを使用して学習しました。


2年生の時に公文式に通い始めました。その後、小学4年のときに
中学受験に向けて塾に通うようになりました。当初は親に言われる
まま塾の編入試験を受け、一番低いクラスからのスタートとなりま
した。入塾テストが難しかったのを覚えています。ちなみにその塾
は当時1学年80人くらいの個人塾でした。最初はわからないことだ
らけで、親の助けも借りながら頑張っていました。この時の親の
助けは非常に役に立ちました。ほめられたりしていくうちにやる
気が上がっていきました。単純ですね(笑)順調に成績を上げて
いき、クラスも一番上までたどり着くのにあまり時間はかかりま
せんでした・・・といっても4年生の冬でしたが。 5年生からは四
谷大塚のテキストを使用して学習しました。

東京大学教養学部理科1類入学
ttp://www.tomonokai.net/t/40/index.htm

59 :54:2006/12/06(水) 20:51:01 ID:wNjl/Zne
>>55-57
レスありがとうございます。
先生まかせではなく家庭で問題集を用意した方がいいみたいですね。
まだG1に入ったばかりなので2月の試験はちょっと厳しいです。
あわてて受けさせて落ちてショボ〜ンとなるよりは余裕を見てG2まで終わってから
受けさせた方が安全かもしれませんね。

60 :名無しの心子知らず:2006/12/06(水) 21:03:12 ID:FwupP7ON
公文のみでは知らない単語も沢山出るから、満点取るつもりだったら
1冊みっちりやったらよいですよ。
こちらは、事前に五級のみ模擬テスト(前年度のテストだったと思います)を事務局で
行ってくれました。

61 :名無しの心子知らず:2006/12/06(水) 21:45:26 ID:M9FwDCEL
>>59
公文前に英語をかなりしてたのであるならば進度無視で、問題集といてみて
合格点なら受ければいいし、公文する前の英語の経験が乏しければ
G2まで終わってからが無難かもね。
なんにしても問題集といて六割取れればokだから自宅で力を確認してが一番です。

62 :54=59:2006/12/06(水) 23:38:32 ID:wNjl/Zne
>>60-61
公文の前はお遊びの英語教室程度なので・・・・
満点を狙おうなんてだいそれた気持ちはありませんが、知らない単語が多いと
親子ともストレスがたまりそう。
うちで問題集解いてみるだけだとしてもボロボロだと意気消沈しそうなので
やはりうちみたいなのはG2終わってから取り組むのが無難だと悟りました。
どうもありがとうございました。

63 :名無しの心子知らず:2006/12/07(木) 10:39:02 ID:+GBq2Hup
県内順位20番台だけど分母が500だから褒めてあげていい?

64 :名無しの心子知らず:2006/12/07(木) 12:00:56 ID:FmC/rMaJ
>>63
子供は褒めてあげていいが、あなたは心を入替えたほうがいい。
どんなときでも褒めてあげなさい。

65 :名無しの心子知らず:2006/12/07(木) 13:36:24 ID:+GBq2Hup
>>64
は?
どんな時にも褒めるなんてありませんよ。
悪いことをしたら叱ります。

66 :名無しの心子知らず:2006/12/07(木) 13:57:42 ID:FmC/rMaJ
条件付愛情

67 :名無しの心子知らず:2006/12/07(木) 13:58:57 ID:+GBq2Hup
>>66
あなたは悪いことしても教えないの?

68 :名無しの心子知らず:2006/12/07(木) 13:59:45 ID:FmC/rMaJ
県内順位20番台だけど分母が500だから褒めてあげていい?
よね。

69 :名無しの心子知らず:2006/12/07(木) 14:04:12 ID:FmC/rMaJ
親すら指示待ちだわ。

70 :名無しの心子知らず:2006/12/07(木) 14:06:04 ID:+GBq2Hup
あの〜何が言いたいのかサッパリ
分母がどうって話が出てたから聞いただけですが何か?
であなたは悪いことをしても叱らないの?

71 :名無しの心子知らず:2006/12/07(木) 14:08:15 ID:FmC/rMaJ
親の条件付愛情⇒指示待ちの子が育つ
あなたは褒めて良いのかを問うたはず、
悪いことをしても云々はスリカエ

72 :名無しの心子知らず:2006/12/07(木) 14:10:47 ID:1012q533
>63
それだけ取れてれば立派。
ちなみに何年生?

煽りは分母も分子も関係ない(知らない)
御方なのでスルーしなされ。

73 :名無しの心子知らず:2006/12/07(木) 14:11:33 ID:FmC/rMaJ
>63
褒められたいだけなのか

74 :名無しの心子知らず:2006/12/07(木) 14:12:22 ID:+GBq2Hup
>>71
そんな大げさに受け取られても困ります
日頃から褒めてますよ毎日欠かさず頑張ってますから

75 :名無しの心子知らず:2006/12/07(木) 14:16:21 ID:+GBq2Hup
>>72
煽りなのかな;
ありがとうまだ通いだして1年未満なので成績表のシステムがよくわからなくて
年長です
来年就学したらまた楽しみです

76 :名無しの心子知らず:2006/12/07(木) 14:25:50 ID:1012q533
>75
年長さんなんだ。
これから分母がもっと増えてくるから
それでも分子が変わらないようにがんばってね。
毎日こつこつ励んでるようだからきっと大丈夫。

進度基準認定証は年に4回。
細やかなデータが同時配布の冊子でも分かるから便利だよ。

77 :名無しの心子知らず:2006/12/07(木) 14:33:43 ID:+GBq2Hup
>>76
ありがとう
小さい白い本ですよね読んでみます
あと体験談みたいな本も
前回は読まずにしまってしまった;
年に4回もあるんですね
次も貰えるように励ましてみます!

78 :名無しの心子知らず:2006/12/07(木) 16:59:57 ID:QpO/n3RG
一年で全国順位が
1900→990→661→498と地道に上がってきました。
次はどれくらいになるかな。


79 :名無しの心子知らず:2006/12/07(木) 17:24:11 ID:zcEPGZv2
自分が小学生から高校までずっと公文に通っていて、とてもよかったので
子どもにも習わせたいのですが、ここは向き不向きがはっきり分かれますよね。
うちのには向いているかどうか。

80 :名無しの心子知らず:2006/12/08(金) 15:23:55 ID:LReNbhCR

小学校五年生のとき日能研に通い始めました。


小学校五年生のとき日能研に通い始めました。それまでは
公文に行ったり四谷大塚のテキストを取り寄せてはいましたが、
特に中学受験を意識してあまり勉強はしていませんでした。
最初に入塾テストを受けて入ったクラスが上から二つ目のクラス
でした。週四回授業プラステストで、最初は教材の多さに驚きま
したがそのうち慣れて、着々と勉強していったところ偏差値がだ
んだんのびていき、全教科常に60以上をとれるようになりました。
六年生になって一番上のクラスに上がることができました。それが
うれしかったので、そのままのペースで勉強し続けることができま
した。その結果偏差値65をキープしていき、女子学院と慶応湘南
藤沢に合格しました。

東京大学教養学部理科1類
ttp://www.tomonokai.net/t/60/index.htm

81 :名無しの心子知らず:2006/12/08(金) 16:59:05 ID:pxFfwABI
順位とか全然分からない、そんなの先生教えてくれないんですが…。

ちなみに年中でAです(算数・国語)
圏外なのか・・・?

82 :名無しの心子知らず:2006/12/08(金) 17:01:04 ID:bHAP18HE
公文3年生くらいまでしてたけど、天才って言われるほど計算がはやかったなあ
やめてからは普通だったなー

83 :名無しの心子知らず:2006/12/08(金) 18:45:06 ID:XnB3aOY9
ところで、使用済みプリントはどうなさってますか?
ファイルしようと思ってダイソーと文房具店を見て回りましたが
ぴったりなのがありません。算数プリントは穴が4つです。
上手に保存、ファイルなさっているかたはいらっしゃいませんか?

84 :名無しの心子知らず:2006/12/08(金) 19:26:38 ID:E4FU0yrF
>>81
それなら認定証もらってるはず。
そこに順位も載ってるよ。

>>83
公文のプリント用ファイル買ってるよ。
教室で買えば会員価格で180円くらいだったはず。

85 :名無しの心子知らず:2006/12/08(金) 20:00:53 ID:IOItt+xX
入会して半年しないと順位はわからないよ。

86 :名無しの心子知らず:2006/12/08(金) 20:18:01 ID:ZF7ytEPr
>>82
わかるw
私はずっと続けてたんだけど、中1のときにあだ名が
歩く計算機
になったのにショックを受けて、人前ではあまり速くやらないようにした。

87 :名無しの心子知らず:2006/12/08(金) 21:33:34 ID:HV5RWIn0
ひやぁ〜!終わったプリントって保管しておくものだったの?
・・・・何の為に?

88 :名無しの心子知らず:2006/12/09(土) 07:42:53 ID:jdZtOr3X
>>84

ありがとう♪知らなかった…

89 :名無しの心子知らず:2006/12/09(土) 07:52:02 ID:4Pv53T5m
うちの先生は買えないと言ってた。
多分纏めてある程度の量を先生が購入しないといけないんじゃないかな?
だからうちの教室はあまり希望者がいないためか良く判らないけど
買えないと言われた。
だから押し入れで山積み。2人分だから凄い山になってる。

90 :名無しの心子知らず:2006/12/09(土) 08:04:50 ID:ZslnlnRX
うちの子供は、プリントを靴を買った時の箱に、国語算数別にしまってますよ!

91 :名無しの心子知らず:2006/12/09(土) 08:38:06 ID:4Pv53T5m
箱にしまうとしたら既に10個分くらいになってるよorz
一月だけでも凄いことにならない?
一人は三教科してるから本当に毎回2cm分くらい持って帰ってくるし。

92 :名無しの心子知らず:2006/12/09(土) 09:58:27 ID:RV0eVph7
>>89 その先生ヒドーw
要望が多いから生徒価格もつけました…ってのが三年前くらいだよ

バインダーじゃなくて
綴じひもタイプもあるよ

くもんのたから箱でも気軽に買えるようにしてくれたら楽なのに

そんな私は百均の綴じ紐ですがなにか。

93 :名無しの心子知らず:2006/12/09(土) 10:47:54 ID:e28GPLzH
2人X3教科X5年以上
はじめてから3年分のプリントの山の前で写真取った後捨てました。
その時、捨てるのも大変だったので、こまめに捨ててます。
高校教材に入ってからは1セット分数学・英語は保存してるます。

94 :名無しの心子知らず:2006/12/09(土) 10:52:48 ID:ZlyEyPdS
私も公文斡旋品使ってるけど復習しても1部ずつしか保管してない
きれいなの選んで取っておく
多いときは3回同じプリントするから全部取っておくとすごい量に

95 :名無しの心子知らず:2006/12/09(土) 11:49:35 ID:PNDc+3Q9
>>79
融通利かせてお子さんの方に合わせていけば、
「合う」確率はグンと高まるとオモ。

96 :名無しの心子知らず:2006/12/09(土) 14:12:40 ID:Fd15eaGX
プリントってとっておくものだったのか!

97 :名無しの心子知らず:2006/12/09(土) 14:19:20 ID:yuZlzrDS
私の場合は中学高校英語の教職免許を持ってるし家庭教師も6年ほど
したことがあるので、データーベースに打ち直しして保存する予定です。
だって、家庭教師でも教師になっても使えるでしょう。
小2の息子一人だし、趣味でいずれは個別指導の塾でも経営するか
学校でバイトでもするかって感じですから。
ヒモでもいいかもしれませんね。
とにかく300人以上生徒を持ってるやり手おばあさんに聞いてみます。
なければ瞬足のくつの箱にヒモでくくって保存かな。
エクセルかワードに保存して二人目に使っている人っていないのかしら?


98 :名無しの心子知らず:2006/12/09(土) 16:41:48 ID:51eClkXH
私が子供の頃、公文に通ってた友達は計算は速いけど、応用問題が
全然解けない(特に証明問題みたいなの)印象だった。
今の公文はどんな感じですか?
高学年になれば、計算問題の配点なんてたかが知れてるし、やはり
地頭が良くなければバカみたいに計算やらしといても無駄でしょうか?

99 :名無しの心子知らず:2006/12/09(土) 17:45:38 ID:TUMkY+Pw
>>98
公文の効果なのか、元々数学が得意なのかはわからないけど、
うちの子は計算も速いけど応用も得意ですよ。

100 :名無しの心子知らず:2006/12/09(土) 22:03:23 ID:Fd15eaGX
公文は小3までで引退がいいですよ。ホントにできる子はそうです。

101 :名無しの心子知らず:2006/12/10(日) 02:36:05 ID:eWa1YTKo
今公文教室でバイトしていますが、公文の子は計算は早いけど文章題や図形、証明は苦手って子多いよね。
中学のころは計算配点多くないから厳しいかもしれないけど、高校になったらかなり公文の力を発揮すると思いますよ

102 :名無しの心子知らず:2006/12/10(日) 07:52:18 ID:CrBb1Oaq
>>98
認識、現状を把握していないというか…
さっさと公文を終えて大手の塾などに行って中学受験の子が多いですが

公文だけでなんて思ってませんよ。

103 :名無しの心子知らず:2006/12/10(日) 10:15:23 ID:c/Btw1gD
大学受験考えると公文は最高よね。
ただその前に中学・高校受験があるからやっぱ塾併用かな。
お金掛かるねT_T

104 :名無しの心子知らず:2006/12/10(日) 10:46:07 ID:VjLmEu+E
公文だけでもお金かかるのにねorz
まあ公文は基礎をしっかり身につけるところよね。
応用は各家庭で教材かってしてもいいし、塾にいってもいいし。
基礎あっての応用だから公文はこのあり方でいいと思うけど。

105 :名無しの心子知らず:2006/12/10(日) 12:27:32 ID:zPSjLJ/s
うちは公文で高校教材まで学習してその後乙会。
これで大学受験まで行けるかどうかは今のところ不明だけど。

106 :名無しの心子知らず:2006/12/10(日) 16:40:47 ID:0QpawHe4
いけるでしょう。

今は全入の大学もたくさんあるのよね。

107 :名無しの心子知らず:2006/12/10(日) 17:07:11 ID:c/Btw1gD
>>105
いつ頃高校教材終了しましたか?
理想的なコースですね〜。

子は小学生で中学教材終了したら塾にと思ってるんだけど本当は高校教材まで終了したほうがいいのかなぁ。
でもな〜地頭抜群ってわけでもないしなぁ汗

108 :名無しの心子知らず:2006/12/10(日) 17:08:35 ID:c/Btw1gD
>>104
うん私も公文の在り方は今のままで大満足。
基本あっての応用禿同っす!

109 :名無しの心子知らず:2006/12/11(月) 08:22:35 ID:j88LdkR/
>>103

母親がヘアカラー、カットなどの美容室代をケチれば全然大丈夫だと
思ってます。私は化粧水は手作りが基本です。

110 :名無しの心子知らず:2006/12/11(月) 08:59:31 ID:oLqDCSY5
カット 自前…すごいな。

111 :名無しの心子知らず:2006/12/11(月) 09:28:21 ID:+eh4pp0Q
私はカット自前ではないけど、2年に一度ぐらいしか美容院に行かない。
ヘアカラーもしていないのでケチりようがないw

112 :名無しの心子知らず:2006/12/11(月) 10:34:14 ID:8o6OQAXk
>>98
応用問題には対応してないけれど、オール公立で高校まで行ける地域に
住んでるから、中受や高受の難問奇問を解く時間の方がもったいないわ。
はやく大学入試に直結した勉強させたい。

地頭よかったら、プリントも極短時間で終わってしまうから、
退屈とか苦痛とか感じるほどでもない。
面倒くさいと思うのは成績が中くらいの子が多いんじゃないかな?
プリントこなすのに標準時間かかっちゃうような子は面倒くさいと思う。
頭の体操は、学校の習熟度別授業でやる発展問題で十分だわ。
塾と違って、とき方は極力教えないで子供に考えさせてくれるので、
頭ひねって取り組んでますよ。


113 :名無しの心子知らず:2006/12/11(月) 15:25:06 ID:piyIJQX4
>>98
お子様にやらせるかどうか悩んでいらっしゃる?

>高学年になれば、計算問題の配点なんてたかが知れてるし、やはり
>地頭が良くなければバカみたいに計算やらしといても無駄でしょうか?

無駄じゃないです。計算力は誰にとっても必要です。
計算の配点が低くなるのは小学5・6年生だけで、高校になったら計算ばっかり。

お子様は小学校低学年くらいでしょうか?
応用問題が苦手なら公文+それらのケア、得意なら公文のみ をお勧めします。

同級生サンたちは公文のせいで応用問題が出来なくなった、やってなければ
出きたはず、では決してないと思いますよ。

114 :名無しの心子知らず:2006/12/11(月) 22:22:32 ID:oLqDCSY5
>>112
上の子が医学部受験で右往左往している実感とは違う気がします。
理系数学に関してですが二次試験問題は、
中学受験の時、様々な発想をすりこまれていて
長男は楽に解けたりするようです。
私自身は文系でそのあたりわからないけど
極端な話、開成や灘が東大の理Vなどによく入るというのも
小学生時代にそういう算数的な解き方を学んだことも
大きいのではと思います。
長男は公文も中学受験と両輪で高校基礎課程合格まで
続けてとても良かったと思います。
もし公立トップ高コースを選ぶにしても
余裕のある小学生のうちに公文プラス参考書や数学雑誌の
様々な問題にとりくむのは無駄にはならないと思います。

115 :名無しさん@お腹いっぱい :2006/12/11(月) 22:27:03 ID:ItPKKGbu
塾だと、黙ってポケーと座っていても、時間がたったら帰宅。
公文は、本人が問題を解き終わるまで帰れないW
親として、一番 元が取れる習い事だわ

116 :112:2006/12/11(月) 22:35:54 ID:+/NOut5G
>>114
私も基本的にはあなたと考えはかわらないと思います。
置かれた環境には、公立しかない。しかも、理数コースや国際科、情報科でも
入試問題は普通科と同じなので、上位校へ行く子は、高校の受験のための勉強は不要。
私も毎年高校入試問題に目を通しますが、満点とれない人がいることが不思議な
感じの問題ばかりです。
よって、東大、京大など難関校へ行く子ほど、小学校時代に
学校の宿題以外なにもしてないという子が多いというアンケート結果が出てるようです。
そのかわり、中学時代には公文など利用して高校の数学などは終了してるという
子が多い。
ですから、うちも公文は最終教材まで続けるつもりでいます。
頭の体操的問題は小学校のうちは学校でしてくれますが、
中学以降は、学校は頼りにならないので、公文と平行して
通信教育はするかもしれません。


117 :名無しさん@お腹いっぱい :2006/12/11(月) 22:37:40 ID:ItPKKGbu
私が通っていた公文の先生いわく
「小1から小5の間に、とにかく学年超えの教材めざしてザクザク解く
小6からの1年間は、進学塾に行って応用問題を解く←受験問題には一種のテクニックがある

中1&2年は公文に戻り、教材ザクザク
中3の年間は進学塾…以下、高1&2&3年も同じ
その塾では、小6&中3&高3だけ少なかった(進学狙いではない子は来てたけど)

118 :112:2006/12/11(月) 22:40:26 ID:+/NOut5G
>>115
それも同感。
自分が小学生の時は、塾へ行ってる子は、いったい何をしてるんだろうと
思うことがあった。
長い時間の割りには、成果が上がってないように見えましたね。
公文はたった5分ですごい成果。
あまりお稽古事してる感覚なしに、おさえるべきところはおさえてますよね。

ただ、プリント1枚にすごく時間がかかる子は苦悶してるってww

119 :名無しさん@お腹いっぱい :2006/12/11(月) 22:43:20 ID:ItPKKGbu
私自身は、その先生の「ずっと公文ばかりだと飽きない?たまには外の
世界(有名進学塾)に行って、で、また戻ってらっしゃい〜」のフランクさが
好きで、小6&中3は他所の塾に行った。

数学…高1で辞めた(文系コース選択したので)
英語…ちんたらやっていたらせいで高2で最終教材終了
国語…高3の5月に最終教材終了

120 :名無しの心子知らず:2006/12/11(月) 23:24:31 ID:oLqDCSY5
>>116
子供の受験でびっくりしたのは公立校の斜陽化で
自分は関西出身なんですが大阪で一番の北野高校が
私たちの時代(古くてすみません)八十人ぐらい東大に入れてたのに
いまや東大四人(浪人二人ふくむ)なんだそうです。

家では宿題しかしなかったってすごい美談に聞こえるけど
できる子の親って口をそろえて我が子を
大したことはしなかったっていうけど
ほんとかなと思うことがあります。

121 :名無しの心子知らず:2006/12/11(月) 23:51:23 ID:HwSOWtKR
何だか物凄い名案を戴いた気持ちです。
心の奥底にあった霧がパッと晴れました。
その案頂戴します!!
私自身は進学塾歴が長くそのお陰で第一志望の国立に入ったクチです。
公文の素晴らしさ、進学塾の素晴らしさ、双方から長所を学んでもらえたらと思っています。
今日このスレ読んでよかった。
ありがとうございます。

122 :名無しの心子知らず:2006/12/12(火) 00:01:59 ID:ItPKKGbu
あと、先生いわく
たいていの子は「プリント」と言う形に一度は飽きる。
小1〜高3まで、同じ大きさのプリント…変化が乏しく「この光景は以前にも…デ・ジャ・ブ」

G教材に入ったら、プリントが突如 B5サイズになるとか
J教材だけ、プリントが六角形で、  L教材は三角形のプリントで、
最終教材はなんと丸いプリントとか…そのくらいしないと、この形状に流石に飽きる…。

たまの1年公文を離れ、目先変えたら(刺激を与えると)、やる気が戻るよ。との事

123 :名無しの心子知らず:2006/12/12(火) 00:30:25 ID:dpAzyMRm
うちの子達は枚数するわりに進まないためか新しい教材もらえるとそれだけで
喜んでいます
実は進度上位だとかメダルより喜ぶ
それもアルファベットが変わることじゃなくて10枚進んだだけでw
目新しいものが好きらしい
五枚ずつでサクサク進む子と対極にあって、同じところを何度も何度もして
ちょっとずつ進んでいます。


124 :名無しの心子知らず:2006/12/12(火) 00:45:57 ID:5s1+fSyj
>>121です。
>>117さんへのお礼でしたがレス番を忘れるとは(恥
本当に目から鱗の案をありがとうございました。
迷いがなくなりました。
その方法目指してみます。
>>123
目新しいプリントは喜びますよね。
その『新しいプリント嬉しい!』って感情すてきですね。
楽しまれてプリントしてるんだろうな〜と思いました。

今週掛算に入って初めての文章題がでました。
ひたすら計算の公文式では貴重な文章題、子供は狂喜乱舞してました。
飽きさせない勉強も特に幼児の場合必要ですよね。
たまにチラホラ出る文章題はなかなか気分転換にいいんじゃないかと感じました。
年中です。

125 :名無しの心子知らず:2006/12/12(火) 01:20:03 ID:6UGXp0aR
あのさ〜大学受験の数学はいまも昔もチャート式とか1:1とか
スタンダード演習だけど、確かに計算は大事だよ。
でも後生大事に公文を続けていなくても、数学の演習を自宅でするときに
計算は速く正確にを心がけてやれば十分だよ。
ほとんどの問題に計算は出てくるでしょ。

ただ高校まで計算オンリーをやったほうがやらないほうがいいレベルの
人はやった方がいいのかもね。費用対効果が納得できていれば。

126 :名無しの心子知らず:2006/12/12(火) 08:46:33 ID:2PF/wB2w
>計算オンリーをやったほうがやらないほうがいいレベルの人
どっち?w
たぶん、やった方がやらないよりは良いレベルの人って意味だろうけど。
特に公文に限定せず、毎日コツコツとドリルで計算演習を重ねて
計算力をつけられるならそれでも良いと思う。
レベル順番に系統立てて上手くドリルを利用出来れば良いけど、
なかなかそういう風に探して与えてと出来ない人には公文は便利。
特に数多くの演習を重ねなくても計算の速い子はそれほど必要ないかもしれない。

高校数学を学習すれば計算力の重要性がわかると思う。
計算に手間取っていては、解法を考えるどころではないし、
模試などでは問題数も多く、解法がわかっても計算で時間がかかると
全部の問題を解くまでに時間切れになるから。
確かに、数学にひらめきは重要だけど、ひらめいても肝心の計算がお粗末では本末転倒。
1対1やスタ演、プラチカ、やさ理などの問題集も計算するのが面倒と感じるようでは
とてもじゃないけど演習を続ける気にならないだろうし。

もちろん、計算力をつけるには公文が最適、というのではなく、
計算力をつけるための学習の1つの選択肢だとは思う。
でも、いくら公文を学習しているとはいえ、計算力がつかない子もいる。

127 :名無しの心子知らず:2006/12/12(火) 09:14:56 ID:5s1+fSyj
おっしゃることとてもよく分かります。
計算に時間が掛かっていては入試問題全問は無理ですよね。
ただ私自身計算に時間が足りなかったという記憶がありません。
進学塾しか経験がありませんでした。
基礎→応用を解いていく過程でのひらめきの速さが勝負だと思っていました。
応用を解いて初めて基礎の本当の意味が分かるといったケースも多々ありました。
受験のパターンを読むのも大切ですね。
今はまだ子供が年中なので公文様様ですがこれが受験期になった時どうかというと
やっぱり>>117さんの方法がベストオブベストの気がします。
今年の流行語大賞にしたいくらい。
もちろん受験の前に最終教材終わらせて卒公文が一番なのでしょうが。

128 :名無しの心子知らず:2006/12/12(火) 09:27:02 ID:2PF/wB2w
>>127
おそらく127さんは
>数多くの演習を重ねなくても計算の速い子
だったのでしょうね。
私自身も、進学塾どころか塾や通信などもまったく経験無しでしたが
計算で時間が足りなかった記憶もないですし、
応用問題も、逆に解くのが楽しかったぐらいです。
(もっとも学校の授業や試験程度なのでたいしたことないレベルだからでしょうけど)

お子さんに中受をお考えでしたら、1、2年生ぐらいのうちに中学課程修了、
4、5年生ぐらいまでで出来れば高校基礎過程修了検定合格ぐらいまで進み
5年か6年で中受用の塾、というパターンが良いと思います。
うちは中受した子はいないのですが、知人の子が幼稚園卒園時点で幼児方程式、
その後4年生まで公文で高校課程の途中まで学習、
5年生から中受用塾に通い、東大進学率上位の中高一貫難関校に合格しました。
今も通っていますが大学はどこを受験するのか、
他所の子ながら純粋に楽しみです(よく出来たお子さんなので)
最終教材まで行かなくても、高校基礎過程修了検定合格レベルまで進めば
中受だけでなく、合格して難関校に通い出してからも有利ではないかなと思います。


129 :名無しの心子知らず:2006/12/12(火) 10:03:37 ID:5s1+fSyj
>>128
応用が好きとは私もそうでした気が合いますね^^
応用を解いていると『ここであの基礎がこんなに役立っていてこんな意味だったんだ』
と初めて基礎に感謝した記憶があります。
中学受験を考えていますが、うちの場合賢いと呼ばれる天才タイプではないので>>128さんが薦めて下さったようにいくかは分かりませんが出来れば理想的なコースですね。
先週までCの掛算の筆算にふぅふぅ言っていましたので幼児方程式など夢のまた夢。
無理でも>>117さん方式があると思えたらとても気が楽になりました。
ここ勉強になって感謝です。

130 :名無しの心子知らず:2006/12/12(火) 14:43:15 ID:1AqbM+CQ
話題のレベルが高止まってますな。
極真公文道。押忍!w

131 :名無しの心子知らず:2006/12/12(火) 20:20:07 ID:4BlT7VDs
とても良い流れですね
お母さん方も優秀なのがよく分かります
気になった所ですが>>114
私も私立文系なので理解していないのですが
理系二次試験は計算重視でないという事でしょうか
センター試験では公文が大いに役立つのは知っていますが二次はどうなのでしょう
公文が敢えて飛ばしている計算以外の数学も重視されるのですか?
だとしたらやはり塾もしくは他テキストも必要になってきますね
ご存知でしたら教えてください

132 :名無しの心子知らず:2006/12/12(火) 20:54:57 ID:2PF/wB2w
>>131
114さんではないですが、理系二次は計算重視もなにも、
そういうレベルではないです。
しかしながら、計算力がないとそもそも二次試験用の演習を
数多く重ねることも困難ですし(時間がかかると必然的に問題数も減りますよね)
公文の高校教材は一応数3C範囲までありますが、
それだけで大学受験用の数学ははっきり言って無理だと思います。
塾に通わなかったとしても、乙会や自学で問題集など必須だと思いますよ。
(国公立理系ならプラチカややさ理、志望大学過去問はデフォかと)
ただ、小中学生の時代から難問に触れる必要があるかどうかは
その子によるとしか言えないとは思います。

133 :名無しの心子知らず:2006/12/12(火) 21:10:44 ID:4BlT7VDs
なるほど
大変解りやすくありがとうございます
高校では公文にプラスαは必須という事ですね
小中では高校程でないにせよ難問に触れさせておかないと
いきなり高校でプラスαでは余程優秀でないかぎり難しそうではありますね
小中で公文にプラスする推薦教材があるといいですね

134 :名無しの心子知らず:2006/12/12(火) 21:40:10 ID:nK8Ug2vb
114じゃないけど二年前の阪大理系の赤本が手元にある。
医学部はめちゃむずいので割愛
1)複素数の偏角と絶対値に関する不等式の証明問題、
小問@は代入で証明できるけど
Aは狽ニかargが出てくる奴で証明に15行くらいかる。
2)素数による数列と公約数、倍数の証明問題、
@Aとも15行から20行ぐらいは証明に必要
3)N個の放物線に囲まれる部分の面積の極限
グラフを描いて微積分をつかう
4)漸化式による数列
@必要条件から十分性を調べる、帰納的に
A三次方程式をつかうB各項のとりうる値の範囲
5)@グラフに直線と二個の円を図示、直線に接する円の半径比を求める
A三角関数の合成による二次関数の計算
大問各20点。
少なくとも国立大理系なら証明問題は必出幾何的なセンスは必須としか言いようがない。

135 :134:2006/12/12(火) 21:43:46 ID:nK8Ug2vb
その前年は大問5問中4問が証明問題。
残り一問は分数関数のグラフ図示だったよ。

136 :名無しの心子知らず:2006/12/12(火) 21:49:36 ID:nK8Ug2vb
たびたびすみません、もちろん
論理的な思考力と図形的数学センスのうえで圧倒的な計算力が問われます。

137 :名無しの心子知らず:2006/12/12(火) 22:08:21 ID:nK8Ug2vb
なお連投すまそm(__)m
数学的才能がある子はつっかえる事もあまりなく公文の数学が進むし
無い子はHやMMなどで進度がぐっと落ちるような・・・
それは努力の多寡でなく始めた年齢でもなく
適性の問題かも。
だから前者が文系科目が苦手な代わり後者は得意なわけです。

138 :名無しの心子知らず:2006/12/12(火) 22:23:19 ID:4BlT7VDs
ありがとうございます
・・・・・・・・・・・・
ガーーーーーン
難関もいいとこですね
頭がクラクラしてきます
計算力はあって当たり前の世界ですね
理系に進むには全部の教科必須という事ですね
さてこれはどう対策を練ろうか
高学年が近づいてきましたが今のところ公文のみなんですよ
今夜は眠れないかもw

139 :134:2006/12/12(火) 22:27:25 ID:nK8Ug2vb
250点満点で大問五問の配点は50点ずつに訂正。
連投 スレ汚し 穴があったら入りたいorz

140 :名無しの心子知らず:2006/12/12(火) 22:37:11 ID:2PF/wB2w
>>137
たぶん理数頭というか、数学的センスがあれば、
特に小学生の頃に難問に触れてなくても大丈夫なのだと思う。
うちの子もたぶん数学向きの頭で、
解法がわからない問題も、知識を搾り出して別解で解いたりする。
化学なども、一度聞いただけですべて頭に入るとかで得意。
うちの子も塾などは通わず、小学生の頃は公文のみ、
中学の頃なんて部活で忙しかったのを言い訳に何もせずorz
でも、数学はとにかく得意で高校生になってますます絶好調です。
公文のおかげもあるかもしれないけど、元々数学に向いてる子なのだと思う。
しかし、じっくりコツコツ勉強するのが好きではないので、
しっかり暗記しなければならないような文系科目は苦手。

141 :名無しの心子知らず:2006/12/12(火) 22:46:32 ID:vc2tmeKR
皆さん熱心なのですね私も気合入れないとw

2年生の長男は算数が好きなので算数をしたかったのですが
先生が「国語力をつけることが先」ということで入学前から国語をしています。
2教科すればいいのでしょうが、経済的・子供のやる気的にも難しいのですw

新1年生になる長女は4歳から算数をしていましたが、2ケタの繰り上がり足し算
のあたりでイヤになり、半泣きになりながらやっていたので、最近国語に変更しました。
入園前の予備学習と言う感じです。

あー私って生ぬるいですね・・・このスレよんで気を引き締めます。

142 :名無しの心子知らず:2006/12/12(火) 23:20:00 ID:nK8Ug2vb
>>140
別解 それわかります。
上の子の高校のテストの場合の数の問題を見て
下の子は公式知らないから公文で鍛えた集中力発揮、
手作業で1000個近く数え上げた。
公文の「解法」でも時々別解載せてくれます。
量は足りないけど…でも低学年のなかには最終教材に到達した子がいるぐらい
公文は分かりやすく易しく作られているので
そこが良いとこであり物足りないとこでもあるんですね。

143 :名無しの心子知らず:2006/12/12(火) 23:44:03 ID:nK8Ug2vb
当方は子供二人通して公文歴十五年以上になるけど
ID:2PF/wB2wさんの意見>>126>>128>>132>>140あたりは
本当に実状にあってると思います。
ただ国私立の物足りない地方は確かにあり、その場合は
家で雑誌や参考書などをこなすしかないかなと思います。

144 :名無しの心子知らず:2006/12/12(火) 23:55:00 ID:7HBgpJeJ
今さらですが、デイトリとvoloの違い(リクライニングの有無以外)を
教えて下さい。
voloの方が人気っぽいのはなぜでしょう?

145 :名無しの心子知らず:2006/12/13(水) 01:19:45 ID:0wAA0aps
ん...でもさぁ
地頭の話になっちゃうとそれまでなんだよね
それなら公文やってもやらなくても結局その子等はいいとこいけたんだろうし
1にあるような普通の子でも目指せる方法なんかないものかしらね
庶民レベルの話も聞きたいわ

146 :名無しの心子知らず:2006/12/13(水) 08:35:35 ID:fOBdx6MF
>>145
地頭というよりは、向き不向きがあるのだと思います。
子供の同級生たちを見ても、英国はそんなに勉強しなくても常に模試でも優秀なのに
数学になると相当勉強してもあまり点数取れない子もいます。
そういう子って、解法がわかっても、少しひねった応用問題になると、
どの公式とどの手順を使って解いて行くのか、そのチョイスがひらめかないようです。
逆に数学が得意な子は、正攻法を知らなくても裏技的に別解で無理矢理解ける。
しかし理数は得意でひらめきが冴えていても、
現代文などでは何をどう解答すれば良いのかまったくひらめかなかったり。

中学ぐらいまでなら、コツコツ勉強すれば成績は上がると思いますが、
高校から大学入試レベルになると、かなり本人の適性が関係してくると思います。
そういう意味でも、公文などで毎日コツコツ学習する習慣をつけるのは良いことだと思います。
いくら適性があっても、基礎がなければ発展のしようもないですし。

147 :名無しの心子知らず:2006/12/13(水) 08:50:52 ID:z5YaoFBq
進路が国立文系だったら、公文では数学どの教材まで進めば無難でしょうか?
小4女で算数・国語H教材で、中受はしません。親から見て理数系では無さそう。

148 :名無しの心子知らず:2006/12/13(水) 09:55:04 ID:iFGW9ilW
>>147
行ける所まで頑張ったらいいと思う。今から文理を考えるのは早過ぎw
国立文系ならなおさら数学力は邪魔にならないというか、むしろ無いと…。
小4で算数Hなら充分今後伸びていく可能性有。文系に見えた子が理系専門職
を目指すこともよくあること。

>>145
私も地頭議論嫌い。公文式の能力開発的な部分に淡い期待を抱いているw

149 :名無しの心子知らず:2006/12/13(水) 11:59:23 ID:v5VkWFsP
公文は地頭をよくするって感じの宣伝していないかしら。
計算プリントや音読のとき
脳のこの部分が活性化するとか。
読み聞かせや読書 国語プリントによって獲得できる理解力が
すべての教科の発展の基になるみたいな。
学力向上に必要な集中力をつけるとか。
歌千読み聞かせ一万賢い子だっけ?
全部もちろん正論なんだけど。

150 :名無しの心子知らず:2006/12/13(水) 12:22:19 ID:v5VkWFsP
ところで文系といえども国立大の経済 教育 法学部なら二次試験でも
数UBまで必須科目です。
文学部なら数学は選択科目だから苦手なら数TAのセンター対策だけで大丈夫。
それでも二次で文学部なのに数UBまで必須科目のとこもあります。
大学入試制度や科目は毎年のように変わるので
国立志望なら文系でもやはり数UB
公文のM教材終了の知識であとは学校などで勉強した方がいいと思う。

151 :名無しの心子知らず:2006/12/13(水) 12:27:00 ID:v5VkWFsP
M教材は旧課程も入っているから Mの四分の一ぐらいまでが
今の数UBみたいです。

152 :名無しの心子知らず:2006/12/13(水) 12:30:38 ID:v5VkWFsP
↑151です。
四分の三ぐらいまでが今の数UBみたい に訂正です。

153 :名無しの心子知らず:2006/12/13(水) 13:52:04 ID:iFGW9ilW
>>150
小学4年で進路が国立文系ってのはさ、東京大学とか京都大学の
可能性を包含しての話だからね。w
小学生や中学生の言う志望大学ってのは、緩やかな(その可能性を捨て
ない)カタチで、ほぼ全員東大志望なんだから。
それを踏まえれば数学を捨てることはその時点で考えられないでしょう。

154 :名無しの心子知らず:2006/12/13(水) 15:50:03 ID:z5YaoFBq
147ですが、皆様コメントありがと。
中学まででM終われば良さそうですね。
1年にアルファベット1個クリアできれば・・・
まだ4年で可能性は無限かもしれないけど、自分の子がそこまで伸びるとは期待できない〜

155 :名無しの心子知らず:2006/12/13(水) 16:10:52 ID:iFGW9ilW
>>154
自分の子がそこまで伸びるとは期待できない〜

小学4年で親が限界を設定する必要も感じないが
子供としては余計なお世話だと…

156 :名無しの心子知らず:2006/12/13(水) 17:53:53 ID:OCewJcvv
>余計なお世話だと…

うまい!! 


157 :名無しの心子知らず:2006/12/13(水) 18:13:53 ID:v5VkWFsP
数学が得意だったお母さんは
それを難しいものとして限界設定しないかも。
逆もありかも。
苦手意識は以心伝心伝わるから気をつけた方がいいね。

158 :名無しの心子知らず:2006/12/13(水) 19:04:38 ID:iFGW9ilW
期待しすぎも鬱陶しいけどね
親は子の底力を信じて黙って見守る。
子にはご先祖様のありがたい血が流れてるんだからw


159 :名無しの心子知らず:2006/12/13(水) 20:38:45 ID:z5YaoFBq
そう。数学だけでなく勉強全般苦手でした。
158さんイイコト言うね。私だけの子どもじゃないのよね。


160 :名無しの心子知らず:2006/12/13(水) 22:18:07 ID:Sc/A/hTJ
公文教室から新聞みたいなのをいただいてきたのですが、
そこに乗ってるお子さんってみんな凄く進んでるんですね!
びっくりしました。

161 :名無しの心子知らず:2006/12/14(木) 09:25:18 ID:nbbbDt20
凄く進んでる子しか載せませんからね普通w

162 :名無しの心子知らず:2006/12/14(木) 09:40:42 ID:nNBFLQn5
昔からいるけど
七田とかのゼロ歳児教育で下地こしらえて
幼児公文の有名教室に移ってくる教育ママの子が多い。
パパが公文局員ってのも多いでーす。

163 :名無しの心子知らず:2006/12/14(木) 10:59:37 ID:1137pXLk
>読み聞かせ一万賢い子だっけ?
あれはちょっと引くよね。
別に悪いことじゃないし、そういうのが向いた個性の子ならいいけれど、
旅行の日も、体調が悪い日も同じペースでやってた可能性高そうだし、
こっちは、短時間でさらっと勉強がさらえることが目的で公文に行ってるんだから、
口にはしないけれどmonyoるよ。


164 :名無しの心子知らず:2006/12/14(木) 14:35:22 ID:bSxLt3vQ
>旅行の日も、体調が悪い日も同じペースでやってた可能性高そうだし

って、どんな推定だよ
またその薄気味悪い推定をモトにmonyoるとは
こっちのほうが…

165 :名無しの心子知らず:2006/12/14(木) 14:53:15 ID:ucatFBj+
>164
だって、あのお母さんのテンションちょっと異常だと思ったよ。
どういう感じで1万回達成したかは書かれてなかったけれど、
同居のおじいちゃんもおばあちゃんも協力してくれたって書いてたし、
目の釣りあがったお受験ママとおなじオーラを感じたよ。


166 :名無しの心子知らず:2006/12/14(木) 15:02:06 ID:fswBy7uI
>163
「うたニ百、読み聞かせ一万賢い子」だよ。 プリント1万枚じゃないよ
本を読んでもらうのに向かない乳幼児ってどんな子?
反応示さないように見えても歌いつづける、読み聞かせ続けるのは大切だと
言いたいんだよ。

確かにあの標語が盛んに言われたときは、行き過ぎた状況もあったけれど
当時は自治体や保健所のブックスタート事業もなく、赤ん坊に絵本をみせる
ことは今ほど一般的でなかった。声を大きくしていう必要があったのだと思う。

「生まれた時点ですべての能力は決まっている」と言われる方がmonyoるわ。

167 :名無しの心子知らず:2006/12/14(木) 15:19:28 ID:bSxLt3vQ
>165
>あのお母さんの
って、Capableの?

>どういう感じで1万回達成したかは書かれてなかったけれど

書いてないならわかんないんじゃなーい?
Capableの話は、かなり時間をかけて1万回達成したって話だから
異常どころか良い話なんじゃないの。

人を外見で悪く言うのはよしなさい。w

168 :名無しの心子知らず:2006/12/14(木) 15:46:12 ID:bSxLt3vQ
お受験ママ批判を受けそうだけど、石原千秋 早稲田大学教授の
「秘伝 中学入試国語読解法」でも読んで見たら?ご自身の息子さん
が中学受験の国語の長文を読めるようになっても教授自身が息子さんに
「読み聞かせ」を続けていた姿に感動したわ。(当時成城大学助教授)

169 :名無しの心子知らず:2006/12/14(木) 16:02:06 ID:nNBFLQn5
>>168だいぶ前にそれ読んだわ。
自分は(内容ほとんど忘れたけど)
小学校に対するかなり否定的なエピソードで
著者の人間性と対人性に?マークをつけた覚えがある。
ついでにありえないぐらい解説が下手だった。
成城大ってこんなレベルで教えができちゃうんだ…
と感想持ったの思い出しました。

170 :169:2006/12/14(木) 16:09:41 ID:nNBFLQn5
ついでにいえば今は早稲田の教授かも(まあ教育学部だけど)

171 :名無しの心子知らず:2006/12/14(木) 16:15:08 ID:bSxLt3vQ
>169
私もずいぶん前に読んだ。

>成城大ってこんなレベルで教えができちゃうんだ…

いまは早稲田だけどね
ってか、あなたの著書も読んでみたいわw

172 :165:2006/12/14(木) 16:20:42 ID:1Vx2QfFT
まあ、わからないことであれこれ言うのは、もうやめておくわ。
うちも読み聞かせはしてるけれど、どちらかというと、
子供のペースを大事にして、回数や読む時間の長さにとらわれないように
してやってる。
小2の息子が戦いに興味を持ったので、村上水軍物語を1週間かけて読んでやった。
それに関連して、昔の船や戦う道具の図鑑を図書館で借りたり。
ただ、そういうやり方じゃ、どう考えても1万回にならないなと思った。
百人一首は毎週1回やってる。(競技カルタ)
子供が欲するから読み聞かせるのであって、1万回達成するために読むのは
うちには向かないなあと思ったのですよ。

173 :名無しの心子知らず:2006/12/14(木) 16:24:10 ID:bSxLt3vQ
>165
>1万回達成
もっと薄い薄い絵本を前提に考えられていると思われ。
あまり頁数のある本だと確かに無理よねw

174 :名無しの心子知らず:2006/12/14(木) 16:50:38 ID:pkyqJlBl
>>165
1万回っていうけど、赤ちゃんの頃から1日5冊でも読んでたら
1年で1800冊、5〜6年で1万になるわけで。
それを12年かけてやったケイパブルの人つかまえてああだこうだいう
方がモニョルわ。167のいうとおりほほえましいいい話だよ。
0歳の頃「子供のペースを大事にして、回数や読む時間の長さにとらわれ
ないように」薄い本よんであげて、1冊に数えて何が悪いのか。
165の方がなんか必死でひくわ。

175 :名無しの心子知らず:2006/12/14(木) 16:52:39 ID:bSxLt3vQ
>174
まあまあw

176 :名無しの心子知らず:2006/12/14(木) 17:07:41 ID:hXSLz90p
そうだそうだ。
南美希子なんか、小学校に入るか入らないかっていう時点で、
子どもの蔵書2万冊ぐらいあって、全部読んだと徹子の部屋で自慢してたよ。

177 :名無しの心子知らず:2006/12/14(木) 18:03:42 ID:fswBy7uI
それはすげーなー

公文の1万回は同じ本を2回読んだら2回だよね。

つか、ホントに数えきった人がいるんだね。
一万は単にたくさんを強調した語だとオモテタ

178 :名無しの心子知らず:2006/12/14(木) 18:16:43 ID:fswBy7uI
>>174
中には「本はお話が理解できるようになってから」=ベビー絵本は早すぎる
「字が読めるようになったら自分で読むべき」と考える親もいるからね。
そんな人に読んであげて欲しくて「1万回」と叫んでるんだと思う。

また、分かっていても読み聞かせが好きでない親や、すぐに効果を求める親もいる訳で。
その場合、目に見える「1万回」を目標にするのも良いんでないの?


公文式の場合、幼児英才教育専門塾とちがって、授業についていけなくなった
駆け込みの小中学生も同時にみてる。宣伝のようにうまくいくケースばかりでは
なく、学年相当に追いつくのも大変だったり、答えを覚えるようにして進むしかない
場合もある。そんなとき「もう少し早くから関わることが出来たら」と残念に思うそう
それで、幼児の「能力開発」に必死になってしまう面がある気がする。

179 :名無しの心子知らず:2006/12/14(木) 20:52:35 ID:nNBFLQn5
>>178
それができるのは時間とエネルギーがかけられる専業主婦が中心だよね。
一万という数字は決して優秀児を育てる臨界点とは思えないけど
そのスローガンが親たちには無言の重圧になっていないかしら。
うちの子の時間帯に保育園から直行で来る幼児がいて
二人併せて終わって帰れるのはいつも七時。
これで食事して家で読み聞かせやプリントさせてたら
親に甘える時間は残るかなとふと心配してしまった。
子供に学力だけは獲得してほしいという親の願いは私も共感できるけど・・・

180 :名無しの心子知らず:2006/12/14(木) 21:02:06 ID:5cUxwIFh
働く主婦は経済力で、専業主婦は時間をかけられるエネルギーで
自分のできる最大限のことを子供にしてやりたいと望むのは
当然のことですね〜。
わたしは地方公務員をやめてもったいないと言われたけど
ゆとり教育の真っ只中の子どもふたり育ててみると
自分で時間かけていっぱい顔をみて育てたことに後悔はない。
そうしなかったら後悔しきりだったと思う。

181 :名無しの心子知らず:2006/12/14(木) 21:33:22 ID:nNBFLQn5
まあ自分の半生を後悔して自己否定する人って
仕事の有無に関係なくあんまりいないけどね。
大概それぞれの事情の中でベターな道を選んで来たわけだから。

182 :名無しの心子知らず:2006/12/15(金) 08:31:22 ID:ETF55T9J
仕事やめたんだからその元を取るくらい子供の教育をしっかりしなきゃって
てんぱっちゃったら、子供はいい迷惑じゃない?
180さんは、その点
>顔をみて育てたことに後悔はない。
って書いてるから、まあ安心なほうだけど。

>>176
2万冊ってね、少なく見積もっても3千万円だからね。
(出版関係から無料で進呈されるものもあると言ってたけれど、
割合は不明)
徹子の部屋、私も見てたけれど、個性的でいいお子さんみたいだから
ほっとしたが、公立の学校向きじゃないね。
出すぎた杭は打たれないですね。

183 :名無しの心子知らず:2006/12/15(金) 13:29:47 ID:Pvy2UN/C
>>180

その気持ち、よくわかる。私はもう少し早くそういう気持ちになりたかったな。


184 :178:2006/12/15(金) 14:42:38 ID:DLk0+6Xe
>179
重圧と感じる人もいるでしょう。一万回が臨界点でないことも認める。
一部の局員さん指導者さん保護者さんに行き過ぎを感じることが私もある。
でも行き過ぎた状態が一部にあるからといって、
読み聞かせの推奨自体をやめるべきとも思えない。

>親に甘える時間は残るかなとふと心配してしまった。
布団の中や親の膝で親の肉声で語られるお話を聞くのは、幼児にとって甘える時間
じゃないのかな? 賢い子にしようとたくらんで読んだら勉強になってしまう?

185 :名無しの心子知らず:2006/12/15(金) 14:52:34 ID:IRfyyU5E
>布団の中や親の膝で親の肉声で語られるお話を聞くのは、
>幼児にとって甘える時間じゃないのかな?

そだよね。

ただ179さんが言ってるのは、親の体力的・精神的・時間的余裕のこと
ではないかな。もっともっとしてあげたくても、出来る所まで継続可能
な所までが現実。でもそれでいいと思う。無理は所詮無理だからね。

186 :名無しの心子知らず:2006/12/15(金) 15:29:55 ID:dlE1+b/s
専業主婦で子供にもっと時間を掛けてあげたいとも思うけどこの不況では無理。
子供2人×3教科+他通信+スイミング。
これだけで月6万越え。
中学受験予定なのでそっちも貯えて。
高学年になれば進学塾の月謝も加算。
読み聞かせは就寝前と決めているけど専業さんほど読んではあげられない。
幸い何も言わなくてもさっさとやる事済ませる子なのでなんとかなってる。
日曜日は反動かベッタリだけどね。
各家庭の事情もあるし子供の個性もあるし割いた時間だけでは何とも言えない事もあると思う。

187 :名無しの心子知らず:2006/12/15(金) 18:21:20 ID:/wV72jPe
>>182
南美希子はお受験合格当時、専用スレまで立って、思いっきり叩かれてましたよ。
もともとかなりヘンな人らしく、蔵書2万冊エピソードもその一端という位置づけだった。

が、今回のCapableの人は全然まともですね。さっき子が持ち帰りしたのを読みました。

>旅行の日も、体調が悪い日も同じペースでやってた可能性高そうだし、

「できない時があってもやめてしまわなければいいと思って、
無理をしない気持ちを大切にしました」

って書いてあるのに。批判は構わないけど、よく読んでからにしてほしい…
しかしハリーポッター読み聞かせは私ならパスだな。

188 :名無しの心子知らず:2006/12/15(金) 18:32:25 ID:HBJ2wFw1
そろそろ進度一覧表をもらえる時期ですね。
楽しみ〜

189 :名無しの心子知らず:2006/12/15(金) 19:44:21 ID:IRfyyU5E
読み聞かせは親も楽しめる本がいいよね。
意欲が湧くw

190 :名無しの心子知らず:2006/12/15(金) 22:45:40 ID:XlK/rosc
>>185
公文無い日でさえ保育園児ママは
一人二人の子供にご飯作って八時頃食べさせて
片づけ掃除にプリント三十分させて
(これを触れ合いとは言わないでしょう)
風呂入れて翌朝七時起きとしたら十時過ぎには寝かせたい。
床に入れて五六冊も読むと子供は寝てる。
あれー保育園の出来事とか他愛ない話とか
いつ子供の目を見て話に耳を傾けてやるの?
明日も支度で忙しい。

191 :名無しの心子知らず:2006/12/15(金) 22:51:05 ID:wHEsaxUy
>>190
保育園の送り迎え、お風呂、食事中にお話してますよ。
親子の触れ合いは量より質よムキー
・・・ってのが保育園ママの常套レスw
ママ時計見ないでって子は思ってるのにね・・・

192 :名無しの心子知らず:2006/12/15(金) 23:49:17 ID:RGyYFGkC
>>190
あなたがそれを出来る限りの最善と思うのなら、それが一番。
何か違うと感じるのなら、優先順位を変えてみる。
ご自分の心に正直にね。頑張って。

193 :名無しの心子知らず:2006/12/16(土) 00:26:56 ID:ZhGmJuqz
>>191
そういう物言い止めたら?
実母は私を未満児から保育園に入れて働いてたけど習いごともさせてくれたし旅行にも連れていってくれた
当時淋しかったこともあったけど今は感謝してる
働きママも子供はあなた達のがんばってる姿ちゃんと見てるんだって自信持ってほしい
私も再来年からは職場復帰予定

194 :名無しの心子知らず:2006/12/16(土) 00:43:45 ID:eFf0dpWp
>>191みたいに、働くママを揶揄しながら
実は自分は三食昼寝付き
子供には親の欲求と理想形を押しつける母親が
無反省だったりするのよね
親思いの子は 苦労してる親の背中をみている子なんだよ。

195 :名無しの心子知らず:2006/12/16(土) 00:46:45 ID:cy3bZ/D8
はい、みなさんこの話題は荒れるからここでおしまい。

196 :名無しの心子知らず:2006/12/16(土) 01:39:54 ID:dGvWj+oD
言葉が遅い♂3才
子のために絵本一万回は私にはできない…ので、知り合いに良いと言われて公文のひらがなカードを毎日読んだ
一日一回
そしたら二ヵ月でカードの名詞をほぼ覚えた
すげーとおもた
で、別のカードを一日一回
言葉が増えた
今年はじめはパパままにゃんにゃんぐらいしか言えなかったのが
今三語文OK
語り掛けって大事なのね


197 :名無しの心子知らず:2006/12/16(土) 01:55:28 ID:eFf0dpWp
七歳(だったかな?)のヘレンケラーが水をwaterと知ったことから
ものにはすべて名前があることを知り
それが学問、知識の第一歩だったと講演で述べた
とか言う一文を思い出したわ。

198 :名無しの心子知らず:2006/12/16(土) 13:46:29 ID:5EoC7H8V
>>196
語り掛けたのしいね。
一万回はできなくても、
絵本の読み聞かせで、
言葉の世界がもっと広がるよ。

199 :名無しの心子知らず:2006/12/17(日) 22:54:59 ID:rKGiBBv+
語り掛け過多にも気いつけよう。
一、二歳 言葉が出始めたら目を見て耳を傾けよう。
みてるとインプット命で子供に口はさませない親もいるよ。
意味分からん発語にも答えてあげれば
言葉は早く出るし前向きの明るい性格になる。
とある先生が言ってました。その通りでしたよ。

200 :名無しの心子知らず:2006/12/17(日) 23:25:28 ID:JbTlTg8t
公文の英語はどうですか?

201 :名無しの心子知らず:2006/12/18(月) 00:49:47 ID:CTYwS/Ju
>>199
「話を聞いてもらえなかった子は人の話を聞かなくなる
 お前らが今うるさいのは聞いてもらってこなかったからだな」

高校のときの先生がおっしゃっていた。
授業が成り立たないほど教室が騒がしかった時に。
暖かいのか冷たいのかよくわからないが、真実なんだとうと感じた。

202 :名無しの心子知らず:2006/12/18(月) 00:56:48 ID:G7V5XGVq
そう言えば場が読めない小学生がいてさ
親を見るとわりに自己中

口数の少ない子は 親は機関銃みたいに苦情言う人だ…

203 :201:2006/12/18(月) 01:02:38 ID:CTYwS/Ju
間違えた  すみません

 × 真実なんだとうと
 ○ 真実なんだろうと

204 :名無しの心子知らず:2006/12/18(月) 01:04:21 ID:K/NWmdl0
公文やってる奴は小学校までは天才的
中学からは並

205 :名無しの心子知らず:2006/12/18(月) 01:17:57 ID:CTYwS/Ju
>>196
わらべ歌も良いのですって。
「歌い継がれてきた宝石のような言葉の豊かさ、
 歌であることの覚えやすさ」
が魅力で、「絵とつければ絵本を歌って見せているのと同じです。」ですって。



206 :名無しの心子知らず:2006/12/18(月) 01:18:02 ID:fJrc4OVh
>>204
小学生で2学年先進んでる子は中学でも優秀
3学年先進んでる子はさらに優秀だよ
でもそこまで到達するのは大変で、親が意識してやらせてない塾まかせの子は
中学で躓くわな
小6で中3までおわらすのは結構大変よ
受験する子は小4くらいまでに公文でここらまでやるみたいだが
受験しない地方じゃ親が進度を意識してるかどうかで子のデキがわかれる
一番痛いのは学年相当かちょいと先でもたついてる場合
嫌になってやめるのはここらへんが結構多い

207 :名無しの心子知らず:2006/12/18(月) 08:21:58 ID:RZRPdRgf
小6でI終われば割と良いの?既に高校教材やってる中1母が「出来が悪くて」と嘆いていたから
諦めてたよ。とりあえず、「お稽古事」として小学校卒業まで続けようと思ってた。

208 :名無しの心子知らず:2006/12/18(月) 08:59:35 ID:T9TyFyVi
>>200
ずっと系統だって文法を学んでいけるのはいいと思うよ。
ただ会話は当たり前だけど出来ません。
リスニングまではあるけどね。

209 :名無しの心子知らず:2006/12/18(月) 09:01:46 ID:uz9CfxXv
すみません質問です。
公文まかせというのは公文の宿題プリントをただやらせてるだけの状態を言うんでしょうか。
そして、親が意識してやらせるというのは、具体的に言うとどういうことを
やらせていらっしゃるのでしょうか。
今、年中の子供が公文に通っているのですが、プリントをやるのが精一杯の状態で
その日のプリントが終われば、あとは楽しく遊ぶのみにさせています。
今はこれで良くても、小学生になれば学校の宿題も出てきて、公文と学校の宿題のほかに
どのようなことを意識してやらせれば3学年先に進めるくらいの力を持つことができるのか
知りたいです。
アドバイスよろしくお願いします。


210 :名無しの心子知らず:2006/12/18(月) 09:25:36 ID:vkH6fWBv
公文の進度と校内の成績、中受以降の進路ってどうなんだろうね。
小5Aちゃんは小2で国算Gやってた。小4から中受向け塾に変更して
今に至るのだけど、塾での成績は中の下で狙うところも特別偏差値が高い
ところじゃない。
小2のB君は国E算F英Dなんだが、今授業でやってる掛け算九九の
応用問題で躓いてるらしい。
年長の娘に、学校に入る前の「何か」を探していろいろ聞いてるんだけど
公文ママたちの話を聞いていると費用対効果が薄いという愚痴が
多いような気がする。


211 :名無しの心子知らず:2006/12/18(月) 09:47:51 ID:NbFjw1ja
>>206
小学校入る前に中3まで終った子がいるけど、別に優秀ではないよ。
1教科だけなので、3教科すべて4年〜6年ぐらいで中学課程を終えてる子なら
優秀なのかもしれないけど。
学習した1教科だけが優秀で、他は凡庸。
元から優秀な子は公文をやらなくても優秀なのだと思う。

>>210
難関校狙うような子は国語や算数のGなどは下手をすれば就学前に学習してるよ。
2年生でその辺なら中堅校が志望校でもおかしくない。
算数Fで掛け算の九九の応用で躓くって、
ちゃんと進度なりに理解しつつ進んでいないとしか思えない。
本来公文のプリントは、きちんと理解しつつ進んでいれば、
特に躓くことなく進めるはずだと思うんだけど。
なんとなく出来たような雰囲気で先に進んでしまったのではないかな。
2回(もしくは3回)繰り返し学習したから次行きましょう、ってな感じで。

費用対効果をどう求めているのかわからないけど、
公文をやろうがやろうまいが、実際にある程度優秀な子は優秀だろうし
そうでもない子はそうでもないんだろうなと思ってる。
でも、優秀な子が公文を学習することによって先取り学習で学ぶことの
楽しさを覚え、より優秀な子に成長することもあるだろうし、
そうでもない子が公文を学習することによって、落ちこぼれずに
きちんと授業について行けるケースだってあると思う。
(やってなければ落ちこぼれてしまっていたのではないか、ってことね)


212 :名無しの心子知らず:2006/12/18(月) 10:12:56 ID:CTYwS/Ju
応用問題での躓きって、どの程度なのか?
説明されれば納得するのか、手も足も出ないのか?

算数F、国語Eの子なんだからと初見で何の助言もなく、
パパっと式が書けることを要求され、そこまでは出来ないために
「つまづいている」と評価されてしまってないのかしら?

213 :名無しの心子知らず:2006/12/18(月) 10:13:25 ID:Slcei/WN
公文やってもやらなくても頭のいい子の話は置いておいて書きます。
ちなみにうちは普通の子です。

何度か話題になっていたけど応用や文章問題、中学受験ね。
これは全くの別枠で考えなくてはいけないし公文に丸投げはとんでもないこと。
これを理解した上で入会するべきだと思うよ。
公文は目指しているものが違うのだから小中の学校成績を持ち出しても仕方ないと。
息子は3学年と4学年先取りだけどこれはこれ。
センター試験の準備としてやっている。
(国立大狙うと本人も決めている。)
学校の成績も◎だけどこれは他の教材からの成果だと思ってます。
(もちろん基礎学力で躓かず応用に割ける時間をたっぷり取れているのは公文のおかげです。)

214 :名無しの心子知らず:2006/12/18(月) 11:53:06 ID:CTYwS/Ju
>>209
楽しく遊んで幸せな気持ちで一日を終えること
多くの実体験をすること

かな。公文で計算をやって他社ワークで応用や思考力をつける問題をやって
というのはまだ早いように思う。楽しく夢中になって出来るものであれば
どんどんやれば良いけれど。

公文では、1、2、3と声に出す数唱、1000までの数をマス目に書く
数書、数字盤あそび、ジグソーパズル、各種カードに絵本にうた を
薦めてる。リズム良くスラスラ短時間に出来るものをたっぷりやるのが
良いと言ってるよ。

215 :名無しの心子知らず:2006/12/18(月) 13:03:35 ID:fJrc4OVh
>>213
その通りだと思います。
>>206で書いたつまずきは、やはり親が公文に丸投げ状態で、教室のオーナー先生の言葉通りに「親が口だすな、できるまで自分で考えさせろ」をそのまま受け取り、そうさせてしまった場合、つまずくのではないかと思います。
公文をやっていても、英検、数検、漢検受かるためには検定のための勉強が必要です
学校のテストで高得点をとるためには、そのための勉強が必要です
そこを親が意識していないと子供はわからなくなります


216 :名無しの心子知らず:2006/12/18(月) 13:29:23 ID:G7V5XGVq
東京や大阪で幼児優秀児表彰(I教材終了)うけた子たちは
かなりの確率で筑駒や開成 灘行ったよ
とくに数学。
国語や英語だけの子はあんまりだったな。

217 :名無しの心子知らず:2006/12/18(月) 14:23:38 ID:T9TyFyVi
英語はIまでなら別に優秀だと感じない。
家庭でそれまでに英語してればなんてことないと思う。
算数でIの子と同列に話すべきものじゃないと思う。

218 :名無しの心子知らず:2006/12/18(月) 23:46:40 ID:RZRPdRgf
213のお子さんは何年生なんですか?


219 :名無しの心子知らず:2006/12/18(月) 23:54:46 ID:3T56OGNC
算数でIリーグを目指すか否か悩み中。

220 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 00:12:17 ID:LY8krU6z
219さん高学年から塾ですか?
5年でI後半です。 I終わって何処まで続けるか考え中。

221 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 07:02:23 ID:/PDuObbt
>>220
219さんではないですが、最低でもI終了後、
中学課程修了検定合格までは続けることをお勧めします。
中受しないのならJの因数分解(高校数学範囲)はやっておいた方が良いかも。
負担にならないのなら、最終教材まで細々と続けるのも良いのでは。


222 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 07:30:47 ID:VzqDB5T3
英語は小中学生まで慣れるという意味で
どの教材まで進んでもいいと思うんですが
文法はかなりアバウトすぎるもので
新出単語もその場のたったひとつの意味しか教えないので
英語ができたような気になってしまう教材だけど
実際はラジオ講座程度の会話力も
高一の模擬テスト程度の長文読解力もつかないかな。
微妙な選択肢の判断が求められるセンター問題の対策にもならない。
高校受験前に最終教材近くまで終わらせ
あらためて厳密で確実な英語力を違う角度から学び直すべきと思う。

223 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 09:59:02 ID:XWkX8VWU
>あらためて厳密で確実な英語力を違う角度から学び直すべきと思う。

本人のレベルにあった学校での英語があるので言わずもがなかと。

224 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 10:18:40 ID:VzqDB5T3
子供のプリントを見てやって疑問をもったのはうろおぼえだけど
たとえばmonthsとmouthsの語尾の発音の違いとか
説明はなく聞いて覚えろと言うことでしょう。
でも発音の明確なルールはわからないと思います。
pianosとpotetoesのちがいのような複数形のルールは
失敗をくりかえしてわかれということでしょうか。
one other another あたりの使い方もいまいだったり、
数詞と複数の形容詞が重なるときの語順も
決まりがあるので最低限教えてほしいと思いました。

225 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 10:27:15 ID:VzqDB5T3
たしかに学校の助けにはなるけど
それだけのために月ン千円数年間以上やるには
効率的ではない勉強法かとおもいます。

226 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 10:34:40 ID:XWkX8VWU
それでは代替案を出してください。w

227 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 10:53:24 ID:VzqDB5T3
正しい読解力には正しい文法知識が欠かせない。
知ってる単語から文意を類推するにも
それをしらなければ相反する二種類の訳文が
できてしまうことも多くあります。

英語はセンター対策にというカキコがありましたが
あれはまさに単語の発音の微妙な違いや、
あいまいな文法解釈をつくような解釈問題ですので
公文でそれを期待するのは無理があると思い
レスしました。

228 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 11:00:31 ID:VzqDB5T3
代替案ですか センターは厚すぎない文法本一冊を覚えきる
単語はセンター頻出本を品詞ごとに丸暗記
とくに熟語は必出
和英自在に覚える
発音記号をおろそかにしないで十分

どれもセンター対策に限らずもプリントに足りない視点です。

229 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 11:05:39 ID:/PDuObbt
>センターは厚すぎない文法本一冊を覚えきる
お勧めがあれば具体的に教えて欲しいです。
フォレストかネクステぐらいしか知りませんので。


230 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 11:09:42 ID:VzqDB5T3
また英検を受ける高進度の小学生が
三級や準二(一次)から壁にぶつかるのは
同じく似た選択肢が確信して選べないからかもしれません。
英語教室の子供向け英検対策クラスはそこを押さえてるそうです
外国の小学校でも文法のクラスが非常に重視されてるそうですが
文章を正しく読むための技術であるからです。

231 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 11:12:41 ID:XWkX8VWU
センターとか、国立二次とかという言葉に過剰に反応される方が
いらっしゃいますが、学習者の年齢だとかその時点で目標としている
こと(レベル)等が明確に定義できてないのに、そういったことを議論
するのは、この場は無理があるとお感じになりませんか。

232 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 11:14:13 ID:VzqDB5T3
>>229さん
嘘が書いてなければどれでもでよいのではないですか?
次のセンターになにが出題されるかは誰も予言できないですし。

233 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 11:17:48 ID:VzqDB5T3
231さん 先にもふれていますがそれでは
くもんは幼児小学生に英検受験を薦めていますが
プリントにはその視点がないとおもいますよ。

234 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 11:19:53 ID:XWkX8VWU
>>233
それでは、公文が多数の幼児小学生の英検合格者を輩出している
という実績に対してはどのようにお考えでしょう。

235 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 11:25:13 ID:VzqDB5T3
五級四級はいいのですよ。
三級準二級以降は家庭で参考書を使ったり
会話教室に行ったりして合格させています。
英語で有名な教室ですが現実ですよ。
まあ英検本でも立ち読みしてプリントとのレベル感を
みてください、

236 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 11:25:57 ID:4iVVKYX1
英検の4級や5級なら、受験対策しなくても受かる子は受かるものですよ。


237 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 11:29:15 ID:XWkX8VWU
>>235
それでは幼稚園児小学生の英検三級準二級以降の合格を
目標とした英語教育と明確に定義して議論されると良いでしょう。
代替案も、英語で有名な教室をおあげになるのが適切かとw

238 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 11:40:18 ID:SRNGrHVs
>>235
数、国はどうですか?
センター試験に役立ちませんか?
貴殿の視点から教えて戴きたいです

239 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 11:58:08 ID:VzqDB5T3
>>237わたしは業者ではありませんので。
明確な定義ですか?
英語学習者は五級から二級その先まで
自然に到達できるものと期待して
日々公文を学習しているのですから
その必然性はないでしょう。

240 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 12:04:29 ID:/PDuObbt
>>231
自分のことかな?@229
うちの場合、まさにセンター対策と言いますか、
センター対策の勉強を始める以前に、英語が苦手すぎて出遅れているので、
大学受験勉強に入る前に、公文で遡って下レベルから学習させようかどうしようかと
検討しているところです。
公文は数学は学習していますが英語はやっていないので、
下レベルからの学習がそのままセンター対策の勉強に直結するのか、
それとも公文ではなく参考書や問題集で自学する方が良いのか
どんな感じなんだろうかと興味あって読んでいたのです。
話をややこしくしてすみません。

241 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 12:13:59 ID:XWkX8VWU
>>239
>英語学習者は五級から二級その先まで
>自然に到達できるものと期待して
>日々公文を学習しているのですから
>その必然性はないでしょう。

学習者が小学生なのか幼稚園生なのかでも、適切な教育法はちがうと
思います。公文の教材は、かなり高レベルのものまで実は国語力が
あまりない幼稚園児でも学習できるものを想定していると考えます。
その点を踏まえますと、239のご意見はご尤もとも受け取れますし、
また巨大な公文式にそれを求めるのは酷だろうとも考えるわけでして…。

2chの板は、自分は当然の前提として書いている前提が、定義されて
いないと、全く読んでる方は何をおっしゃっているのか、判らないし
まったく議論がかみ合わず、ただの徒労になるわけでして…w
その点では、何をお話になっているのかを聞く上でその前提をもう少し
と思った次第です。

242 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 12:29:49 ID:VzqDB5T3
>>238
センター対策が特に必要な人は二次で使わないということでしょうね。
理系は現国古漢文苦手の傾向があるからセンターで差がつけられる
てことは時間がある高一できれば中三ぐらいまでにLまでできたら理想的。
あとは学校の授業と直前対策で十分かと思います。
あまりそこだけに時間かけてもしかたないので。
数学は文系の人なら数AのMまでやって
そのころには数@を忘れているはずだから
難しすぎない問題集をやっていく風になるでしょうか。

243 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 12:40:57 ID:VzqDB5T3
>>240
英語が苦手で時間が切迫してる場合はそれこそ
多すぎない単熟語集 薄い例文集 薄い文法本の丸暗記がいいと思います。
公文ではじめから最終までするには
時間がかかりすぎです。

244 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 13:29:28 ID:VzqDB5T3
>>235
通っているのは英語で有名な公文のお教室です。

のつもりでした。
訂正します。

245 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 14:15:59 ID:SRNGrHVs
>>242
具体的にありがとうございます
忘れないようメモを取りました
実はまだ就学前なのですが訳あって志望校が決まってましてセンター試験必須なんです
地方の国立ですが文系理系どちらに進むかも当然??
分かっているのはセンター必須だということ
しかもセンター結果重視の大学であることです

英語も習っていますが上の方で書かれていましたが幼児には分かりやすく進みやすいんです
まだFに入ったばかりですが毎日楽しんでやってますので今のところ助かってます
本格的な学習期に入ったらまた方法を考えますが、
幼児の英語への取り掛かり的にはいいと思われますか?

246 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 14:34:14 ID:tolZ91zH
まだ就学前ってw
受験の頃にはシステム変わってる可能性大じゃない?

>>221
うちはとりあえずI終了したらやめると思う。
J以降の教材を見たこともないのだけど、数学を学んだ経験からして、
ある程度レベルが上がると、プリントでコツコツといった学び方はあまり効率がよくない気がするの。
参考書でも眺めて考えたり、ちょっと複合問題を解いていたほうが割が合う気がするのよ。

もちろん、続けていたらそれなりの効果はあるんだろうけど。ようは効率性の問題。

247 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 14:36:33 ID:tolZ91zH
×ちょっと複合問題
○ちょっと難しい複合問題

248 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 15:39:54 ID:SRNGrHVs
>>246
そそそそそれもそうですw
でも念のため現在の形式のための勉強したいなーと

249 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 18:13:40 ID:1E3+2nJw
>>235
英語を小さい頃からしてる子は英検の方が公文プリントより簡単だと思う。
英検の方がまだ判るらしい。
日本語的に難しいのかも
英語自体は簡単なんだけれども

250 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 21:29:32 ID:Os/EuXJV
っていうか、なんでみなさん、そんなに英検受けさせたいの?
と、中3で2級、大1で準1をとったけど、英語が特に得意なわけでも
なく、関係のない生活をしてるわたしが言ってみます。


251 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 21:36:24 ID:tolZ91zH
英検とっておくと、受験に有利になる学校もあるしね。

英語に特に思い入れもないのに、中3で2級取るほうが不思議。
大学受験だけ考えれば、そんなに早く仕上げても無駄じゃない?

252 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 21:39:43 ID:SGkaaRMJ
>>250
まあね〜・・・公文やってる子だと幼児方程式ならぬ幼児英検準2、
2級ってのもたまにいるし、低学年であればあるほどとらせたく
なるのかな、親が。
漢検なんて何級だろうとあまりインパクトないけど、英検なら
幼稚園、低学年の間はステイタスとして華があるのかも。

253 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 21:40:39 ID:Os/EuXJV
>>251
英検で有利な学校って最高レベルなところはないよ?

254 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 21:41:59 ID:Os/EuXJV
>>252
やっぱりそうだよね。
それならわかる。
「うちの子ってスゴイ!」と親族内だけでも盛り上がる
ネタとしてはいいってことでしょ?
それならよくわかるんだよ。

255 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 21:51:50 ID:VzqDB5T3
>>250
なぜなら公文の先生は英語学習してる子に
英検を薦めるから、もありますよ。

256 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 22:19:40 ID:tolZ91zH
>>253
最高レベルじゃなくちゃいけないの?

>>254
結局強引にその結論に持っていきたいんでしょ。
(中3で2級を取ったのは、親族内で盛り上がりたいから?)
中にはそういう人もいるけど、そうじゃない人も多いと思う。
英語に対して自信をつけさせるとか、興味を引き出すとか、そんなとこじゃない?
うちは受けてないから知らないけど。

257 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 22:30:26 ID:Os/EuXJV
>>256
中3でとっても別に本人も親も盛り上がらないから実害も実益も
ないですよ。
中3で2級って3級は簡単そうだから上受けたら受かっただけって
ことでしかないでしょ?

英語に対して自信をつけるのに、幼児期からやって小学校のうちに
2級くらいとれればいいけど、取れない場合には、かえって自信喪失しない?
するのが普通の頭の子だと思うけどね?
しないならバカだよ。

最高レベルじゃなくちゃいけない思う。個人的にはね。
だってそんなに目を▽にしてまで母親ががんばってるのに
なんだかな〜って客観視はいっちゃうからね。
主観のみの人はいいんじゃない?性質だから。
ただ最高に引っ張りあげてココまでって提示したいという
「趣味」が理解できないよ。
趣味だから多様なんだろうけどさ。
頭が悪い宣伝をするよりも、それを「しない」方が
エレガントと思うのでね。

258 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 22:43:56 ID:tolZ91zH
>>257
2級と3級のレベル差はかなりのもんでしょ。
だからこそ、準2級なんてものが作られたわけだし。
それに、普通に中学校の予・復習やってて受かるレベルではないはず。
人並み以上に、英語に執着してなくては取れないと思うけど、
あ、もしかして帰国子女?

かえって自信喪失するから、何もやらせないって?
自分の子が徹底的に馬鹿だと思うならそれも一つのやり方かもね。

>だってそんなに目を▽にしてまで母親ががんばってるのに

思い込みが激しいなあ。
学校のレベルに関しても、近くに最高レベルの学校がない場合、通学時間を犠牲にするか、
学校のレベルを低くするか、迷う人だっているんですよ。
勝手に「趣味」だと思うのは結構だけど、
そんな理屈をここで書き散らすより、黙っているほうがエレガントかと。

259 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 23:34:22 ID:7oNBCVtQ
匿名板だから何でも恥ずかしげもなく書けるんだけど、
やっぱりあなたはあなたのカキコ通りの人間性の持ち主なんだよ。

子は公文式で賢くなって、あなたはエレガントな人でないといけないと
私は思うんだけどね。w

260 :名無しの心子知らず:2006/12/19(火) 23:54:05 ID:Os/EuXJV
>>258
わたしは44歳ですごい田舎の中学校で開校以来初、中学生で2級が受かった
生徒だったらしいよ。
教科書は低レベルのニュープリンスだったよ。
もちろん塾なし(まともな塾なんて時代からしても地域的にもないしね)
わたしが思うのは、みなさん普通にお子さんをお勉強させとけば、
中学生で2級って取れますよ。受けないから受からないだけだって。
わたしは初受験が2級だもの。なんの対策もなく、田舎の中学校に
いただけだよ。


261 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 00:12:05 ID:WOxJFqXG
>>260
そりゃすごいわ。
悪いんだけど、よほど運が良かったんだろうなって思う。
英検って確か、択一だよね?
単語数だって学校の勉強だけでは絶対的に足りなくない?

で、貴女の例を一般化されてもねー

262 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 00:31:00 ID:ftjVJ9Ij
中学生が英検二級の話に
あんなに食いついて粘着心隠せない人が
実際にいるとは思わなかったわ。

うちの子の中学は学校単位で英検受けますが
中三の希望者はは準二級と二級のダブル受験だったよ。
二級の一次の合格者は一桁いて、二次もだいたい受かったから
そういう子は珍しくないわけ。

263 :262:2006/12/20(水) 00:38:06 ID:ftjVJ9Ij
あ ごめーん 高一の二級の人数だったよ。
中学の時は二級は一人だった。

264 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 00:39:21 ID:WOxJFqXG
読解力ないねー
「学校の勉強だけ」で2級取ることに対しての話なんですけど?

265 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 01:07:30 ID:ftjVJ9Ij
264が実情知らないのでは?
好きな子は塾に行かずともとれますよ。

266 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 05:44:23 ID:ABLeKU7S
>>1を読んで下さい。
英検話もごく一部の優秀者を基準に話されるならば以後中止して下さい。
雰囲気悪くなりますよ。

267 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 07:13:25 ID:ftjVJ9Ij
一般公文生にふさわしくない話があるのかしら?
むしろこの数日は正しい話で、がせネタを排除しているという意味で
>>1にかなってると思うよ。
しかも英検合格者の多さは公文英語の宣伝に使われているし。

268 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 09:19:39 ID:9oMThGza
「くまの子ウーフ」の読み聞かせを終えたら次は何がお奨めですか?
まさか一休さんじゃないですよね?

269 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 09:25:15 ID:ftjVJ9Ij
今までどうやって本を選んできたの?
うちは推薦図書を核に教室の公文文庫や
図書館で雑多に借りてきたけど。

270 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 09:32:10 ID:ftjVJ9Ij
もしくまの子が気に入ったら同じ作者で
こぶたのブウタってのがありましたよ。
さいきん復刊されたようですが。

271 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 10:03:09 ID:FyZgX6Pg
ブクオフで、よく公文の推薦図書を見かける。
それだけメジャーな本なのか、公文家庭からの放出品なのか、

272 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 10:15:06 ID:MLQPplKN
時代や地域にもよると思うなあ>中学生で英検2級
ゆとり教育が始まる前の都市圏の真面目に勉強してる中学生なら、
学校の授業+市販の英検用問題集+学校の英語の先生と2次の練習
で受かってるレベルだと思うよ。
私は高校1年の時受けて受かったんだけど、
「高校の授業を受けたから受かった!」って感じはしなかった。
どっちかと言うと、「中学の基礎を元に本屋で売ってる問題集2冊
を回したら受かった」って感じだった。
帰国子女がどうのとか言ってる人って、実際2級受けた事あるのかなぁ?
あれの2次って、2級ならよほど意地悪なネイティブに当たらない
限り、けっこう甘めだよ。少なくとも帰国子女レベルの発音や
即答性を求められるレベルでは決してない。問題集にくっついてる
CDを何回も聞いて学校の先生にちょっと相談すればなんとかなるレベルだよ。
ただし、私も公文の採点をしてる関係で最近の教科書見せて
もらったけど薄いね〜。ゆとり教育って本当に罪だと思ったわ。
今の子供達は「学校の授業だけ」じゃ無理かもしれない。
あと、昔でも田舎の方の学校だと授業レベルが低い学校
多かったから「無理」だと思う人いるかも。

273 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 10:34:05 ID:hs/lmV+/
レスをありがとうございます。
こぶたのぶうたを図書館でチェックしてみます。
あと、タイトルを忘れてしまったのですが、黒い絵本でザックザクとか
言う言葉が出てきて泥棒たちがお城で親の無い子供達をたくさん育てていた
絵本のタイトルをご存知の方はいませんか?

自分の読みたいものを選んでました。絵本で文章も長いアラビアンナイト
のシリーズと西遊記などです。読み聞かせが少ないので焦っているところです。
幼稚園で一日3冊くらい読んでもらっていたみたいですが。
はらぺこ青虫とか大きい絵本が好きみたいです。

274 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 10:36:09 ID:sMJ3HtrW
>>269
おっしゃるとおり、とりあえず公文の推薦図書を
核にしておくのがいいと思う。確かにある一定の水準を
満たしている感はある。

公文国語教材との連携ができてる部分は便利だし、いわゆる文部科学省が
意図する国語力(国語道徳知みたいなもの)の養成の意味では、
副教材的な位置にあると思っている。→公文の推薦図書

推薦図書なんかに、とらわれない自由な読書経験もあるべきだけど、
さしあたり上記の国語力の養成は、小学・中学生の時にやってしまう
ことが「効率的」だと思う。

275 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 10:38:41 ID:ftjVJ9Ij
同感。
帰国子女と英検のこと根拠なく
想像で決めつけている人が約一名いましたね。
現地の小学校に行っていた帰国子女で
家庭で日本語で読書など年齢相応にさせていたら
小四か五には二級は、二次は当然ながら
一次もおそらく余裕で、受かります。

276 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 10:45:21 ID:ftjVJ9Ij
>>274
リストを見るたび 絵本を含め、
一生ものの良書を精選していると感心する。
新しいのを見たら前のと一部違っている気がしてたずねたら
リストはときどき更新されるそうです。

277 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 14:07:09 ID:ABLeKU7S
私はこのスレ立てした者です。
公文でもほんの一部の優秀者ばかりの話だけでは参考にならないと感じていたからです。
ガセネタも多くなっていましたしね。

私は昨夜の約一名さんではありませんが帰国子女とまでは思わなくともやはり希少な例と感じました。
中学在学中に2級合格者は存在しなかった田舎者です。
時代にもよるということですが過去に普通に中学生が2級を取れていたというソースはありますか。
私が勉強不足なのかもしれませんがあったらURLか冊子名等教えていただきたいです。
ただあまりこの話題で刺のある雰囲気が続くようでしたらやはり中止しましょう。

278 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 14:12:34 ID:sMJ3HtrW
>>274
「一生ものの良書」

本当にそうですよねぇ。
この価値は大人になって子を持つようにならないと
判らないのかも知れないなぁと思うことがある。

子どもには「説教くさい本」にしか見えないかもと…w

279 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 14:37:26 ID:ftjVJ9Ij
>>277さん
英検のホームページに各級の合格者の
最低年齢と最高年齢が載った表があります。
二級は最低四、五歳で合格していますが、
もちろん想像を絶する早期教育の結果かも
と思ってしまいます。小学生でも大したことかな?
でも大人のような中三?で合格したのを目くじらたてて
自力でやったはずはない、普遍性のない別世界の話に違いないと
それはあまりにも子供の可能性を見下していませんか?

280 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 15:32:15 ID:ABLeKU7S
>>279さん
英検ホームページ見てみますねありがとうございます。

私の学生時代を思い出していました。
本当に田舎の学生でしたが県内では一応上位の県立高校に通っていました。
私自身は中3で3級 高3で2級というノーマルでしたがそれでも成績はまぁまぁいい方でした。
私の学校のレベルが全国的にはそれくらいだといえばそれまでなのですが。

同級生でも高校生で2級を落ちることも普通にありました。

昨夜の方は目くじらを立てているようにも思いませんでしたが双方の流れであまりいい雰囲気にならなかったのかもしれませんね。

おっしゃるとおり子供の可能性は無限です。
子供たちの可能性はすばらしい。
ただ私が一番懸念しているのは公文初心者さん、もしくは数年経験のある方がこのスレを見て、
みんなさほど勉強をしなくても普通に2級は中学生で取れるものなんだと誤解することと、
もう一点 家の子は公文しているのに2級なんて取れないおバカさんなんだと諦めてしまうことです。
英語に限らず上位にいる子たちは必ず努力をしているのだと私は思っています。
努力なしで得られるものは基本的にないのだと信じています。
上位者の情報ばかりでなく多数が占める普通の子たちの努力 それも取りだたされるべきだと思って>>1ー2に書きました。

うまくまとまりませんが上位達成された方はその努力の経験談などあればもっと有意義な情報交換の場になるのではないかと思っています。

281 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 18:03:17 ID:zONLaa2b
>>273さん

「すてきな3にんぐみ」だと思います。


282 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 18:23:28 ID:oOAoNEya
公文教室へ行って公文文庫や推薦図書の紙を貰ってきました。
入会したときに貰っていたのに気が付きませんでした。

情報どうもありがとうございました!

283 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 18:25:12 ID:oOAoNEya
ところで、先生に脅されました〜
「国語が全部の足を引っ張りますよ」とかいろいろ
でも、息子は国語と算数は出来ない。早く終わらせようとささっと
書いたり問題を読まなくなってしまいましたから。
上手く行きませんわw

284 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 19:11:10 ID:sMJ3HtrW
>>283
逆に言うと国語ができると学力全体が引きあがるから、
ある意味「読書力開発」が「能力開発」に繋がるという
ことを公文はよくいいますね。

話が戻ってしまいますが、「うたニ百、読み聞かせ一万
賢い子」は、そういう意味かと思います。

285 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 20:49:23 ID:MLQPplKN
>>280
極端な人だなあ・・。
誰も「普通に取れる」「努力無しに取れる」
なんて思ってないと思うよ。
普通に授業をボーっと受けててそれだけで
受かるわけないじゃない。
もちろん勉強するという努力は2級合格には必要だよ。
ただし、
「帰国子女じゃないと」「よほど運が良くないと」
「学校教育だけじゃ無理」ってほど
大げさなレベルじゃないとみんな言いたいだけだと思うんだけどな。
でもまああなたが真面目に教育を考えている人だって
事はよくわかったよ。

286 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 20:52:00 ID:WOxJFqXG
>>285
あなたこそ2級受けたことあるのかな?
「学校教育だけ」で2級取得した中学生なんてものすごく稀少価値があると思うよ。

287 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 20:59:25 ID:WOxJFqXG
まーでも、水掛け論だよね。インタビューして歩くわけにもいかないし。
「こんなに勉強してないのに○級受かった」自慢になってきた気配も濃いw

288 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 21:10:50 ID:MLQPplKN
>>286
私は>>272。高校1年の時で申し訳ないですが、
2級は合格済みです。受験時の感想は>>272
書いた通り。
「学校教育だけ」をどう定義付けるかにもよるけど、
何故そこまで2級を過大評価してるのかわからない。
あなたの言う「学校教育だけ」、が、
「学校の授業を受けて他は何もしない」って意味なら
もちろん「学校教育だけ」じゃ無理だよ。
そりゃ授業聞いてるだけ、じゃ無理だよ。
問題集買って来てちゃんとやらなきゃ。
でも2級って問題集を何回か回して正答率を高めれば、
ちゃんと受かる内容になってる。
私が言いたいのは、あなたの言うように2級合格には
本人の努力が必要だし合格してる子は決して「普通」
でも多数派でも無いんだけど、
「塾行かなきゃ」「運が良くなきゃ」「帰国子女(ry」
とかって言うほど難易度の高い試験でもありませんよ、
って話です。


289 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 21:22:39 ID:WOxJFqXG
>>288
あのね、>>258

>それに、普通に中学校の予・復習やってて受かるレベルではないはず。
>人並み以上に、英語に執着してなくては取れないと思うけど、

って書いてるのよ。
これを前提に、帰国子女なのかな?って言ってるの。
問題集を何度も回して受かる内容かどうかは知らない。
(私は二次対策のみで受けたから)
でも、問題集回して受かるものなら既に「検定」という領域でないよねえ?

290 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 21:27:21 ID:WOxJFqXG
わかりやすいように、つけ加えておくと、
そもそも疑問の発端が>>250を読んだとき、
自分は中3で2級取るほど英検に執着していたのに
(当時、中学生で2級を受けること自体、極めて例外的)
なんで他人のこととやかく言うのかな?ってあたりにあったから。

それを踏まえてもう一度>>250から読み直してもらえると幸いです。

291 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 21:41:29 ID:MLQPplKN
>>290
読んできた。
私の早とちりが基本的な部分で
あったようで、申し訳ないです。

292 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 21:44:13 ID:sMJ3HtrW
根気強い人たちだw

293 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 21:51:20 ID:WOxJFqXG
>>292
ははは

>>291
いえいえ、他人のくーだらない言い争いなんてまともに読む気しないもんねえ
素直に謝ってもらえて、感謝感激ですわ

294 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 21:53:53 ID:sMJ3HtrW
291さん、エレガントだと思いますw

295 :名無しの心子知らず:2006/12/20(水) 21:58:20 ID:zQP1kFcv
みな、根は良い人らしい

296 :名無しの心子知らず:2006/12/21(木) 00:23:46 ID:nQY+xpxZ
250です。英検2級に食いついてくれてありがとう。
英検に執着しないと中学生で2級を取れないということはない、と
いいたいのでかきました。
執着してるのは幼児や小学生で5級だ、4級だと言ってる人たちじゃないの?
3級受けますか?2級にしますか?で2級を受けた14歳ってこだわってますか?
自分の頭で考えていたじゃないの?

わたしは自分の子ども(高3)も中3の時にいきなり2級をうけさせた
だけですよ。(以降更新なし)
公文は数学だけ小1まで3年間やってました。英語は未経験です。

297 :名無しの心子知らず:2006/12/21(木) 00:27:56 ID:nQY+xpxZ
>>286
わたしは田舎県の公立高校出身ですが、高校に入ったときに
中学時代に2級とった子がわたし以外にふたりいましたよ。
昭和50年代の初めです。帰国子女じゃありません。

298 :名無しの心子知らず:2006/12/21(木) 00:43:19 ID:dW6fYTrG
そかそかそれはよかったねぃ
んで高三の息子は遠い過去に公文生だったんだよね
今は違うのよね?
ここには何しにきたの?
と素朴な疑問を投げ掛けるテスト

299 :名無しの心子知らず:2006/12/21(木) 01:05:41 ID:nH/1jbuo
傍観してましたが笑った。
痛み分けの様相を呈してきましたかね。

300 :名無しの心子知らず:2006/12/21(木) 01:19:16 ID:nH/1jbuo
公文の話に戻るけど
英語教材はあまり良くないと思う。
ほかの二科のような思想がないというか、会話も発音も読解も英作もと
すべてに手を出してるせいか子供の頭にしみこんでないような。
いっそ最終教材までに 単語8,000!熟語3,000!重要構文500丸暗記させます!
ぐらい大見得切ってくれるプリントだったら
二級どころか準一級も受かるぐらい基礎力がつきそう。
数学教材だって余計なものそぎ落として
計算に特化したから成功してるんだから。

301 :名無しの心子知らず:2006/12/21(木) 07:43:45 ID:esypjuD0
>>300
そんなんだったら小学生にさせてないw
中学生からはいいかもれしませんが。

302 :名無しの心子知らず:2006/12/21(木) 08:06:09 ID:nH/1jbuo
観察してると幼児や低学年からずーーっとやってるわりに
GH教材で一年以上足踏みしてる五六年生が多いのよ。
地頭いい子は除いて。
あれじゃ中学の一年で英語やってない組に追いつかれるよ。
聞くと前のを忘れて復習が続いてるとか・・・
で二百枚スパイラルの繰り返し。

303 :名無しの心子知らず:2006/12/21(木) 08:31:45 ID:kxWsGXA9
>最終教材までに 単語8,000!熟語3,000!重要構文500丸暗記させます!
>ぐらい大見得切ってくれるプリントだったら

大学受験英語標準教材の確固たる地位を確保することだろうw

304 :名無しの心子知らず:2006/12/21(木) 08:44:57 ID:Ls2YGSB/
で、297さん、あなたは一流大学へ合格し、年収はおいくらですの?
お金を稼ぐ能力が現在ありますか?


305 :名無しの心子知らず:2006/12/21(木) 08:54:55 ID:AJFadBzb
>>304
297さんではないですが、何故そんなことに興味があるのですか?
297さんは公文の英語を学習して英検2級を取得されたのではないようですし
そもそもここでお訊きになる事柄ではないですよ。
スレ違いというお言葉をご存知ですか?

306 :名無しの心子知らず:2006/12/21(木) 09:07:48 ID:Ls2YGSB/
専業の地雷を踏んだかしら
早く英検2級を取ってもその後に1級に合格していないのであれば
参考にならないと思っただけです。
公文なしで早い時期に2級合格したのよってただの (以下省略)



307 :名無しの心子知らず:2006/12/21(木) 09:29:14 ID:dW6fYTrG
>>305
うんそだねぃスレチ
そもそも297がスレ違いなんだよぅ
ここは公文スレなのに関係ない話振ったのは297だよぅ
公文英語はちびチャンにも好評(^^)/

308 :名無しの心子知らず:2006/12/21(木) 09:47:11 ID:AJFadBzb
>>306
専業の地雷ってw
自分のことを言っているのなら専業ではないですよ。
英検のことは英検スレやお勉強スレでどうぞ、と言いたいだけです。

309 :名無しの心子知らず:2006/12/21(木) 10:05:26 ID:nH/1jbuo
幼児もG教材まではすぐいけるからすごいって思う。
FとかEが難しく改訂されたし、
これからは進みにくくなるかもだけど
だけどGやHTより先に行ける小学生は
うちの教室、少ないわ。
H以上できてる小学生は地頭いい子(国数I以上)
英語教室行ってる子(家では親が公文プリント見てやると言ってた)
ぐらい。
ほかは何年もGとHTやってますって子がン十人。

310 :名無しの心子知らず:2006/12/21(木) 10:06:44 ID:nH/1jbuo
>>309は英語のことです。

311 :名無しの心子知らず:2006/12/21(木) 10:48:46 ID:Ls2YGSB/
I can 〜 ってどの辺りになりますか?
小2で進んでいる子がいます。国語も中学生あたりのものをやっています。
でも、算数はBです。もっと気になるのは、その小2の女の子は著しく
運動能力がダメってことです。おまけに公文教室の指導者は
その小2の女の子をダシにしたりネタにして英語を勧誘しています。




312 :名無しの心子知らず:2006/12/21(木) 11:16:44 ID:nH/1jbuo
HTの最初?学校の中二の進度と同じみたいです。

313 :名無しの心子知らず:2006/12/21(木) 11:23:49 ID:XhMlTGz7
>>311
貧しいカキコはおやめなさいw

314 :名無しの心子知らず:2006/12/21(木) 11:31:44 ID:nH/1jbuo
>>313
いやいや
分かる気がする。
まえ表彰行ったとき 英語国語はつながっているってきいたわ。
日本語みたいに自由に英語の本読めるようになってほしいけど
公文じゃ無理かな。
最終教材でも二級相応でそ。
英語の推薦図書リストないのかしら

315 :314:2006/12/21(木) 11:43:51 ID:nH/1jbuo
ああそうか 313はちょっと悪意を感じ取ったのね・・・

運動の苦手な子が屋内で読書や勉強するのはよくあることだね。
数学は向き不向きもあるから仕方ないけど。

316 :名無しの心子知らず:2006/12/21(木) 15:22:11 ID:2Ns5YdFL
>>314
あるんじゃない?この前貰ってきた新聞ぽいのに載ってたような。
小2でHってそんなに進んでもない気がするのは私だけ?

317 :名無しの心子知らず:2006/12/21(木) 15:36:57 ID:dW6fYTrG
>>311
裏山しいよぅ
国語いよいよつまづいてきた年長男児BU
算数はどんどん進むのにほーんと困ってるヨ
0才から読み聞かせも欠かさずしてるのにー
どうしよ(?_?)どーしたら?(?_?)

318 :名無しの心子知らず:2006/12/21(木) 16:24:35 ID:XhMlTGz7
>>317
BUやC教材に出てくる本を図書館から借りて来て、
読み聞かせしてあげるっていうのはどうでしょう。


319 :名無しの心子知らず:2006/12/21(木) 18:23:51 ID:ELjM90yt
国語はそこまでして先取りする意味が判らない。
いずれ判ることだし年齢相応の発達段階を超えてするのは大変でしょう。
国語なんてどんな難関私立でも普通にしてても解けたけどな。
私、国語は何もしたことなかったけど。
それより、人に上手く伝えられる文章を書けたりすることのほうが大事だと思うよ。
先取りするにしても漢字だけでいいんじゃない?

320 :名無しの心子知らず:2006/12/21(木) 18:29:54 ID:XhMlTGz7
>国語なんてどんな難関私立でも普通にしてても解けたけどな。
>私、国語は何もしたことなかったけど。

特殊なお話を一般化してないですか。全ての人がそうだとは、
とても思えないですが…。ってか、すごく豊富な読書体験がおありでしょ。w

>年齢相応の発達段階を超えてするのは大変でしょう。

確かにそうだと思いますが、しかし公文でその教材まで到達しているの
ですから、興味を持ってもらって楽しく壁を乗り越えられたらいいなと
思います。

321 :名無しの心子知らず:2006/12/21(木) 18:35:10 ID:XhMlTGz7
>それより、人に上手く伝えられる文章を書けたりすることのほうが大事だと思うよ。

確かにおっしゃるとおりです。しかし表現する事はより高度で、
その基礎として豊富な読書体験を持ちながら、表現のスタイルを
身に着けることが先かと考えます。(具体的には真似るということですが…)

322 :名無しの心子知らず:2006/12/21(木) 18:50:32 ID:dW6fYTrG
二人とも蟻が十匹だよ(^^)/
うんうん公文の推薦図書サンタの贈り物にしようと思ってたよー
面倒だからまとめ買いしたいけどあれセット価格とかないかなー調べてみるよー
算数はもうすぐDの終了テストだよー
順調だよーなーんにも疑問にも思わずこういうもんだと思って解いてるよ
地図の読めない女 話を聞かない男
みたいに男脳女脳とかあるのかなー
わたしも国語であんまり苦労したことないからどう教えたらいいのか悩んでたよー
漢字は大好き文法も好き
でも読解が難しくなってきて作品も複雑なの引用するようになってきて
なんだか国語嫌いmodeになってきちゃって焦ってたよ
サンタに頼むしかないねー

323 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 07:42:36 ID:LAYBCF7K
>>320
確かに年間200冊は平均してずっと読んでたかな
でもマンガ大好き、下らないお話し大好きで高尚なものは国語のテストや授業でしか読んでないけど。

324 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 08:18:25 ID:wcgDO2Sj
>>323
「年平均200冊読書で賢い人」だねw

非常に興味深いことを仰っているとおもいます。
いかに読書するということが大切かということですね。そこにおい
ては、むしろジャンルは問うなと…。

「国語の勉強を意識することがなくとも、ジャンルを問わず大量の読書を
通して速読読解力を身につければ、受験国語の対策なんて国語のテストや
学校の授業で充分。勉強を強いて、本を逆に遠ざけてしまう結果になって
は、本末転倒だ」。

これなら、多くの方のご納得を得られるかとおもいます。むしろ読書に
対する興味を自然に持つような読書体験を子供にさせることが、肝要なの
かもしれません。子どもが面白いと思う本がどんどん読める環境と言うこと
でしょうか。

(当然323さんは、子供の頃からそういった習慣を自発的に持ったという
 ことであって、親が作為的にどうのこうのと考えることではないと、
 仰るのでしょうが…[親バカ許せ])

いずれにしても、それほどのボリュームをこなす速読読解力というのは
素晴らしい。まやかしでない学力、真の生きる力、一生の財産だと思います。

325 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 09:25:08 ID:3QKA4cri
自分も幼いときから図書館少女だったし理科系の本もよく読んだけど
数学はぜんぜんダメで私大の文学部w
国語力はすべての教科の基礎って違う気もするわ

326 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 09:32:21 ID:hgGi6RFt
>>325

そうよね、うんうん、そうであって欲しいです。
公文のやり手おばあさんは、既に300人以上もいるくせに
すぐ3科目をやらせようとする…
うちは、12600円で英語と算数やってたまにどちらかを休んで
国語をやるという方針を変えるつもりがありません!
「すべての足を引っ張る」とか不吉なことを言われて頭に来てます!
算数がBで国語と英語が中2程度の女の子は(運動が極端に劣って
いるので)「公文の子があぶない!」に出てる子みたいですし
姿勢が悪いしピアノもバレエも習っていないなんて…
なんてもうちょっとで口から出そうだった…
我慢してストレスが溜まった…


327 :325:2006/12/22(金) 09:47:58 ID:3QKA4cri
次男を兄と同じように読み聞かせから
育てようとしたにも関わらず体動かして遊ぶほうが好きで
小学生の今も国語は学年相当
(ふつう幼児からやってたら学年より進むよね)
算数は得意。自分の子とは考えられないぐらい。
でも国語のが苦手ではかしこくないのかしら。

328 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 09:50:16 ID:qnq4mp8X
>>326
何故そんなに悪口を言わざるを得ない指導者の下にお子さんを通わせているの?
近くにそこしかないから?

他所のお嬢さんのことも気になっているようですが、
余計なお世話だと思いますよ。
運動が極端に劣っているのが何故いけないのですか?
生まれつき運動能力が低いのならその子のせいではないですよね。
(もちろん生んだ親のせいでもない)
姿勢が悪いのはともかく、ピアノやバレエを習っていないことの
どこが悪いのか理解出来ません。
運動が苦手で好きではないから家で本を読むことが好き、
だから国語や英語が優秀、文系向きなので算数は学年並、
それのどこがいけないの?

>>325
私も幼い時から図書館大好き少女でしたが理系も大好きで
数学は得意でした。
大学は芸術系だったので理数が出来てもあまり役に立ちませんでしたが
国語力がすべての教科の基礎ってのは同意だなと感じているので
捉え方は人それぞれなのかな。

329 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 09:51:48 ID:BnKB+PmC
322も326もウザい。ちゃんと日本語書けよ。

330 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 09:58:02 ID:3QKA4cri
>>326
てか早すぎる三教科は国数の足を引っ張るよ!
時間が余計にかかるもん
絶対しわ寄せが国数に行く。
慎太郎じゃないけど日本語をしっかり勉強すれば
英語はいつでも身に付くんだよ。
せめて小五ぐらいにしたら。

331 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 10:02:00 ID:62APctQp
>>326
いつもストレスを言葉に出すから、それが跳ね返ってきて
ストレスがさらに溜まるんだよ。もっと優しい言葉で話してみなよ。
周囲の人びとがみな優しくなるよ。

332 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 10:08:15 ID:hgGi6RFt
>>328

そのおばあさんの親戚や実子が東大、京大、早稲田など
有名大どころばかりで幼児から公文をやっています。
地域を仕切っていて3教室を経営しています。
有名大卒のその後を調べたら札束の力か本人の力かは
わかりませんが、東大の研究室にいるとか。
有名私大の子たちはぷー太朗みたいに企業に就職して
なかったりが多い…
で、ワンマンで信者が多いわけです。

バレエ、ピアノを習っていないから悪いとは言ってません。
価値観の違いだと思います。
「他のを整理しながら行きましょう」なんて言われてカチン!
とキテます。


333 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 10:16:10 ID:qnq4mp8X
>>332
>ピアノもバレエも習っていないなんて…
>なんてもうちょっとで口から出そうだった…
>我慢してストレスが溜まった…

「悪い」という単語は使っていないけど、明らかにそういう方向性の発言ですよね?

指導者の親戚が優秀だからといって、
その指導者が優秀だという証明にはならないし、
いくら指導者として優秀であっても、性格(と指導の方向性)が合わなければ
なによりお子さん自身のために良くないと思うのですが。
お母さんご自身も指導者の方と合わないと思ってらっしゃると
指導者とお話される時にもきっと敵意ありありな雰囲気が出ていて、
相手も余計それ相応の対応をしてしまうのかもしれません。
(本来指導者としては、親御さんがどうであれ平等な対応すべきなのですが
 指導者とはいえ人間ですからね)
カリカリせず、他所のことも余計なお世話と気にかけず、
ゆったりとされた方がよろしいのでは?皺も増えますよ。


334 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 10:23:05 ID:hgGi6RFt
続き

同じ小2のその女の子をダシにして、すぐその子のプリントを
目の前に出すわけですよ。「(ちゃんと)プリントをやっていれば
出来ますよ」とか 出来るように親がしつけるものです、みたいな。
今度をこれを言われたら有名大卒なのに上場企業にも就職しないで
公文教室にいる(20代の)娘さんのことを言ってやろうかな、と
思います。例えば。「そういう簡単なところに戻って難しいところを
避けるような時間稼ぎ(月謝代稼ぎ)をさせていると大学院まで
行きたいと言い出したり企業に就職しないような子になるのかと
心配ですわ」とか
以前、他のお母様たちに「すごいわねえ、B教材から交渉されたん
でしょ?うちなんか、何も言えなくて」「あれだけのことを
言えるってすごいですね。英語が出来る人はいいですね。うちは
言いなりになるしかないんですよ。」
3歳からやってて小で算数はD、国語は5年生くらいのところだった
ような…
子供達にストレスをかけないで簡単なところをさせたり、
枚数を減らすようなやり方は気に入りません!
うちは、5枚〜10枚やって翌月に休んで国語をやったりしてる
わけです。

頭に来て燃えて数学検定の勉強して通信にしてやろうとは
準備までしてます。



335 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 10:28:28 ID:hgGi6RFt
結局ね、指導者任せにしているところは遅いですよ。
進度も速い子は公文を卒業して大手塾に進み成功してます。
それを大手塾を批判したり中受に失敗した子に「もったいなかったわね」
と言って大学受験まで公文教室につなぎとめておこうとしたり

これくらいにしておきます。
レスを下さった方、ありがとうございます。
因みにそのおばあさんの息子、CDも出してますし、300万円以上の
キーボードとドラムセット、豪邸です。


336 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 10:41:58 ID:9ARXsiHe
今、4歳になったばかりの子を通わせて1年になります。

宿題は、どれくらい出されていますか?
現在国語のみやっていて20枚〜30枚(2・3綴り)です。

指導者からは算数も始めましょうと言われていますが、
年少児で算数も必要でしょうか?

337 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 10:42:09 ID:qnq4mp8X
>>334
他の子をダシにするやり方はよくないと思うけど、
もしかしたら、そうさせる何かの発言等が貴方にあったのかもしれませんよ。
先のプリントをくれと言って、仕方なく渡したもののお子さんはスラスラ解けず
きちんと段階を踏んで何度も繰り返し学習した方が結局は早く進める
のだと言いたかったのかもしれない。単なる想像ですけど。
しかし、娘さんのことまでそんなに気になるなんてそっちの方にびっくり。
そんな風に考えてるなら口に出してしまえばいかがですか?
月謝代稼ぎ(とは思わないけど)と娘さんが大学院に進学するのと
まったく関連性ないですよね。こんな考え方がいることにびっくりします。

それに他のお母様たちの言葉、賞賛されたと受け取ってるのでしょうか?
呆れて言ってるように受け取れるのですが。
2年生で算数D、国語5年生ぐらいは特別熱心な人でないなら
ちょうど良い感じの進度だなと私なんかは感じますけど。
子供にストレスをかけないちょうど良い学習って公文の基本だと思いますよ。

うちの子はずっと学年相当半年〜1年先学習で続けていますけど、
時々ポツンとえらく前の教材を渡されることもあります。
でも、そこは子供自身が苦手で何度も繰り返し学習した部分で、
かつ、今から学習する箇所がその前の教材の発展部分だったりするので
よく見てくださって的確に教材を渡してくださるのだなとむしろ感心しています。
私も子供も先生のことは大好きです。
子供は苦手科目だけ学習していますが、
子供自身、公文をやっていなかったらどうなってることやら、と言ってるほど
こういうレベルですが充分満足して通っています。

あと、豪邸だとか指導者がいかにもボロ儲けしているように思われているようですが、
公文の指導者をするような方は元々ある程度裕福なおうちの奥さまが多いようですよ。

338 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 10:44:26 ID:62APctQp
>人に上手く伝えられる文章を書けたりすることのほうが大事

>>319さんの上記は至言だね。人間は人間関係の中で生きていくんだよ。
コミュニケーション能力を包含した国語力は、まさに人間関係にも
活きてるってことだよね。

不適切なレトリックを使って、自分をも不幸にする大人達を見るに
つけ強く思うよ。言葉を制するものは国家を制す。w

国家は制さなくてもね、自らの運命はそれで決まると思う。

339 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 10:44:57 ID:hgGi6RFt
>>327

公文のお母様で「兄弟を同じように育てたつもりなんですけど
全然違ってて お兄ちゃんは国語が好きで字も丁寧に書いて
弟は〜」と聞いたことがあります。おまけに公文で国語が
とても良かった(?)そうですが、大手の塾では読解力がないって
言われてるって言ってました。
やっぱり、子供の素質や意識、学校での出来事なども大きいと
思います。

やっぱり魔法の教材なんてないと思った…

いかがでしょうか?


340 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 10:46:23 ID:qnq4mp8X
>×こんな考え方がいることにびっくりします。
◎こんな考え方の人がいることにびっくりします。

>>336
お子さんが楽しく学習出来るようなら始めても良いかも。
無料体験の時期に試しに算数もやってみて、
国算で行けるようなら続ける感じで良いかも。
今からなら春の無料体験があると思うので、時期的にも年中になるし
ちょうど良いかもしれませんね。

341 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 10:58:16 ID:hgGi6RFt
>>337

とにかく息子や娘をダシ、広告塔にしてのしてきた人のようです。
「公文さえ高校3年生(!!!)まで続けてくれたら国立大は間違いない」
まで言われてました。
娘さんは大学を卒業してぷらぷらしてたそうです。(調べたところによると)



342 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 10:58:23 ID:9ARXsiHe
>340
ありがとうございます。
ここを読んでいると、指導者によって全く違うようだし、
無知な状態で子供を任せると、月謝ばかりとられては・・・と思いました。
春の体験から始めたいと思います。

いろいろ知らず恥ずかしいのですが、
今、国語4A後半です。一覧表を見ても我が子のレベルが遅れているのか
進んでいるのか、わかりません。もっと親が頑張らせなくてはいけないのかな。
その辺りの目安はどこで調べられますか?

343 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 11:03:11 ID:62APctQp
>>339
>おまけに公文で国語が とても良かった(?)そうですが、
>大手の塾では読解力がないって言われてるって言ってました。

中学受験塾で求められるのは、公文の学年相当を大幅に超えたものです。
小学5年で受験塾にシフトするとして、目標とよくいわれる国語の教材
レベルは、小4末でI(中学課程修了程度)。w

特に公文で算数・数学が進んでいて、塾の上位クラスにいたりすると
当然のごとくそのレベルの読解力を小5で問われたりします。

そうすると「公文で国語も進んでいたのに…」という状況が生まれる
ことになります。公文国語も相当進んでないと、読解力不足と言われて
しまうようです。

344 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 11:03:52 ID:hgGi6RFt
>>342

4才なら全く焦ったり誰かと比べる必要はありません。
あまり余計な情報を入れない方がいいですよ。


345 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 11:06:56 ID:nO1fcdYG
>341

その先生、親としては一応立派なんじゃない? 仕事(塾講師)しながら、息子や娘を国立大へ
卒業後ぶらぶら…はもう娘さん自身の選択、娘さんの人生で、先生には関係無しでは?

もっと単純に、その先生とあなたがそりが合わない…って事なだけで。
先生の娘さんの価値観(人生ぷらぷら)と、公文とは、無関係なんだし

346 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 11:11:05 ID:qnq4mp8X
>>342
親が頑張ると逆効果の場合もあるようですよ。
楽しくプリント学習出来るように気を配る、
決められたプリントはきちんとこなす
(決まった時間に学習する等、学習習慣をつける)
ぐらいだと思います。
早く進めようとたくさんプリントをやらせるのは
逆にプリント嫌いにするかもしれないので
気をつけた方が良いと思います。
お子さんご自身がたくさんやりたがった時は指導者にご相談されると良いかと。

347 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 11:31:18 ID:iAqwkU9l
みんなの読んでたら国語無理にやらせるのどうかと思ってきた…(?_?)
ここはいったん国語は休会して推薦図書を勉強意識しないで読み聞かせて
プリントみたいに次々に進むんじゃなくて同じ本何度も読んであげて
好きな漢字は市販のドリルでやったほうがいいかも
進度より楽しめる国語学習環境作ってあげたほうがいいのかも
まだ年長なのに焦りすぎたかもT_T
焦ってた理由は算数ばかり進んでもだめ すべての根源は国語なのよっ前に言われたから
同意だけどこのまま息子を国語嫌いにしてしまったら本末転倒だもんね

348 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 12:18:27 ID:hgGi6RFt
>>347

くまの子ウーフがすごく好きです。
これを息子に読ませることが出来ただけでも公文には感謝してるくらいですが

>>345

素敵な考え方だと感じました。
力が抜けてますね…


349 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 12:29:44 ID:3QKA4cri
>>326さんもここでは性格悪いけど
外向きは結構おとなしくて先生にNOが言えず困っているんでは。
だからストレスがたまるのよ。
でも自分はわかるなあ。
先生もある意味親切心かもだけど
やらせたくても生活に余裕がないのに
そのあたり察してくれないで勧誘されるのつらいよ。

350 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 13:00:41 ID:gFBnRQbS
>>349
だから、毒吐くと自分に返ってくるよって
およしなさいw

351 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 13:36:47 ID:BnKB+PmC
わかった!ID:hgGi6RFtはあの有名な苦悶ママだ!!

352 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 13:38:02 ID:9kUkAal/
話の種提供
あらゆる身障者と差別されやすい容姿や身体的特徴
のある人を化け物呼ばわりした大塚某
A立区I興周辺でボロアパート管理をしている
第三者の視線が外れると裏顔をあらわし
弱者に対しては豹変しキチガイやくそたれなどの人に向けてはいけない
言葉を交えた恫喝、罵倒を行う大塚老女
社会的弱者や負組が特に嫌いで死ねばいいと度々発言している
こういう類は親族ともども不幸とは無縁の
社会的信用を得たお金持ちの生活をしている
某危険指定在信者


353 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 14:02:39 ID:+1R/S/uT
皆さん、そろそろ進度表みたいなものを貰われたんですか?
うちはまた4歳だからでしょうか。そういうお話しがありません。
全国何位とか、見てみたいなぁと思って…
そんなに進んでる事も無いですが…

354 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 15:07:53 ID:EN4V5UEz
ケイパブル という小冊子は届きましたか?
届いているならデータ集が教室にあるはずなので見せてもらえますよ。

全体の人数、基準に達したお子さんの割合、そのうち特に進んでいる子どもさんの
人数などじっくりご覧になればきっと安心なさると思います。
小学生になってから入会する人が圧倒的に多く、
また、どの学年でも先取りしている人は極めて少ない事がわかります。

なお、今回発行されたデータ集は9月末進度のもので、
次は12月末進度を元に3月頃発行されます。
集計もゆ〜っくりなんですよw。

355 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 15:37:25 ID:EN4V5UEz
補足
ケイパブルに、ここで数日前騒ぎになった「読み聞かせ一万」の記事が出ていて
一万「冊」と書いてあるのですが、正しくは「回」のはずです。
「同じ本を読んでとせがまれたら何回でも読んでやってください、こどもは毎回
違う味わい方をしています」と読書指導で言われました。
編集時に間違えたのか記事中の先生が「冊」と指導なさっていたのか…
「冊」を目指したら、次々新しい本を聞かせるのが有利になってしまいます。

356 :353:2006/12/22(金) 17:04:49 ID:+1R/S/uT
>354さん、ありがとうございました。
うちは10月から始めたので、だからまだ何もお知らせが
無いのだと思います。>354さんの書き込みを見て分かりました。
3月を楽しみに待とうと思います。


357 :名無しの心子知らず:2006/12/22(金) 17:27:23 ID:14ENe5XS
進度一覧、以前は近所の教室に通ってる子達もがんばってる様子もわかって励みになってました。今はあまり見る事もなくなりました。とりあえ3教科3学年以上やってます。

358 :名無しの心子知らず:2006/12/23(土) 08:50:06 ID:cLPA7vqP
読み聞かせじゃないけど子どもが薄っぺらい絵本中心だけど
一年で1000冊読んでるよ。正確には1000回で繰り返し同じ本も沢山読んでますが。
あと八年くらいこのペースが続けられれば自分で1万回だ。
まあ無理かw

359 :名無しの心子知らず:2006/12/23(土) 11:53:26 ID:mzkhTWUT
>>358
子供が自分から本を開く姿を見るのはうれしいね。

私はよみきかせは回数主義になっちゃいけないと思う。
親の声でも会話のキャッチボールやスキンシップの少ない
回数稼ぎの読み聞かせは極端に言うと
テレビつけっぱなしみたいなものじゃないかと。
大事なのはその本で感じるものを共有することではないかと。

自分も字を指し示しながらとか回数記録つけたりとか
確信犯的に読みきかせしてともかくも本好き勉強好きに育ったけど
もうちっとたわいない会話を楽しんでも良かったかなと
反省するもんだから

360 :ふむふむ:2006/12/23(土) 19:31:06 ID:0ceAnCpx
恐ろしいくらいに、詳しいのは我が子を思う気持ちか・・・。
自分の評価が得たい為か・・・・。
どちらにしても、公文式って素晴らしいってこと。

361 :名無しの心子知らず:2006/12/23(土) 22:10:47 ID:bOayya21
公文に図形や文章題のドリルあるって本当?
あるなら買いたい!
他のサイトで見たんだけど別料金で教室で図形や文章題やってもらってるんだって!
それがもし本当なら進学塾併用しなくていいじゃん!

362 :名無しの心子知らず:2006/12/23(土) 22:43:02 ID:pg/EYSEA
>>361
ttp://www.kumonshuppan.com/jsp/jsp/category/ichiran.jsp
このシリーズのこと?

363 :名無しの心子知らず:2006/12/23(土) 23:58:45 ID:NbIcqjOJ
就学前の子って通うの意味あるのかなあと。
住んでるマンションに公文教室あり興味あるけど、高いな〜
幼稚園(三歳)では、掛け算(歌で覚え、おはじき遊びするだけ)まもなく終了で、
暗記したけど、まだ意味わからんレベルです。
意味わからないレベルではやはり公文も無駄ですかね?

364 :名無しの心子知らず:2006/12/24(日) 02:43:34 ID:oOgs0Izs
>363
費用対効果をどう考えるか、それは、最後は親次第。

今は意味分からなくても、学校で習った時「あ、このことか」とクルッと
苦労なく子供が飲み込めたら、親として元が取れた、と思えるのか
今すぐ飲み込めないと、無駄な気がするのか

365 :名無しの心子知らず:2006/12/24(日) 09:52:09 ID:dcyRQEL7
>>362
ごめんどれなのかよくわからない

ドリルっていっても量は少ないのかな
現物見てみたいわ

366 :名無しの心子知らず:2006/12/24(日) 10:00:32 ID:CDkgJS3T
>>365
大き目の書店ならおいてると思う。
(そんなに大きくない駅前の書店で実際に買ったし)
青い表紙A4版で、中1数学[図形編]とか書いてある。
内容的には本当に基礎的な問題ばかりだから
数学が得意な子なら物足りないと思う。
逆に苦手な子でも楽々出来ると思う。

367 :名無しの心子知らず:2006/12/24(日) 10:05:01 ID:CDkgJS3T
ttp://www.kumonshuppan.com/jsp/servlet/coreServlet?category=category&from_page=category_index.jsp&to_page=list.jsp&category_no=3071&category_level=3
ここからなら見れるかな。

368 :名無しの心子知らず:2006/12/24(日) 10:33:35 ID:yHESFETV
>>364
コメントありがとう

そうも思ったことがあるけど、決め手がないのでやめとくことにするよ。

もう少し月謝何とかならないかね→公文さん


369 :名無しの心子知らず:2006/12/24(日) 11:14:04 ID:UEBQZxNW
ならないだろうなー、それは。

数字に強そうなお子さんだから、
くもん出版や他の様々な市販教材で掛け算より先に進むことが
できるんじゃないかなかな?


370 :名無しの心子知らず:2006/12/24(日) 11:31:41 ID:dcyRQEL7
おーっありがとう
これなんだね
基礎って書いてあるし簡単な問題っぽいね
進学塾代わりは無理そうだけどG教材に入ったら本プリントの補助教材にしてみるよ!

公文も計算以外の発展ドリル作ってくれないかな
今はベネッセ取ってるけど本当は化粧品と同じでラインで揃えたいのよw
公文ブランドで揃えたいところだけど公文方針とずれるから無理そうだね

371 :名無しの心子知らず:2006/12/24(日) 11:39:52 ID:dcyRQEL7
>>368さん
うちも月謝高く感じて体験は未就園児からしたんだけど実際入会したのは年長からだった
それまで家庭で算数遊びしてあげていれば入会が先になってもスムーズに運ぶと思うよ!
うちは他社教材で毎日算数遊びしてましたよー
公文のは数字盤買って遊んでました

372 :名無しの心子知らず:2006/12/24(日) 13:37:21 ID:yHESFETV
>>369 >>371
どうもありがとう

年長さんくらいだと確かに理解できるかもしれませんね。
もう少し大きくなったら考えてみます。
市販のもみてみます。



373 :369:2006/12/25(月) 16:16:23 ID:nd8k3pFY
>372
足すこと、掛けることの意味を理解して欲しいのかな
公文は「理解よりもまずできること」優先なんですよ〜。
出来ないことを理解するのは難しい、理屈は学校で習おう、との立場。

年長さんまで待っても、掛け算の意味は深く教えてもらえず、
割り算スラスラ、分数パパパッと出来るようになる練習をすることになります。

求めていらっしゃるものとは違うかも。

374 :名無しの心子知らず:2006/12/25(月) 16:47:23 ID:Gd1t5MAB
かけ算の意味 公文は九九の導入で当然教わってるよ!
まったくもう またガセ?
Cはいったらすぐ
すべての九九について、足し算を繰り返した答えと同じと
自分で確かめられるような問題の作りになってたよ。
たとえば3+3+3+3+3は3×5の事というように。

375 :372:2006/12/25(月) 19:24:35 ID:FSRn/iDi
掛け算の意味は家でも説明しましたが、まだよく分からないみたいです。
大きくなれば分かるのではと思い、その点はあまり気にしてません。
足し算は分かってきたようですが、数が大きくなると何が起きてるか
説明しても理解に苦しんでいて、幼稚園でも2ケタの計算はできても、
あまり面白くないようですので、数の概念が確立されてないまま
公文にいれても無駄かなあと。ただ、住居と同じビル内にあるので興味津々ではありました。

376 :名無しの心子知らず:2006/12/25(月) 20:45:26 ID:Y5jJXmJP
9歳までは無意味な詰め込みができる貴重な時期だよ。
意味づけは9歳から。論理的思考は13歳からが標準。

9歳までは意味もなく丸暗記できるから母国語を覚えるんだってば!!

377 :名無しの心子知らず:2006/12/25(月) 21:21:03 ID:Gd1t5MAB
論理思考は一才からでも積み木遊びや遊びやなどの体験、
会話と読書でしっかり育つものよ。
いくらなんでも学齢に入ってからじゃ手遅れ・・

378 :名無しの心子知らず:2006/12/25(月) 21:22:41 ID:Gd1t5MAB
>>376
てかあなた どうかしてません??

379 :名無しの心子知らず:2006/12/25(月) 21:27:47 ID:c7kaEF8H
>>378ワロタ
われもそう思うw

380 :名無しの心子知らず:2006/12/25(月) 21:45:44 ID:3Z4g/z12
計算が早い
漢字を沢山知ってる
確かに凄いが

これだけでは役に立たんのだよなぁ


9才までに平面教育で詰め込みをされたお陰で
幼少期に伸ばすべきものが全く伸びてない子を
いっぱい見てきた
何事も程々だよ

381 :名無しの心子知らず:2006/12/25(月) 21:47:04 ID:3Z4g/z12
>>377
つか、遊びや遊びやって
どんな体験?kwsk

382 :名無しの心子知らず:2006/12/25(月) 21:58:07 ID:E2br22ki
>>380
>これだけでは役に立たんのだよなぁ
なんの役に立たないの?kwsk

383 :名無しの心子知らず:2006/12/25(月) 22:12:53 ID:Gd1t5MAB
>>381
たとえば 手を洗う→濡れる といった生活体験にもとづく因果関係
積み木を並べると形ができる→図形的思考
ミニカーを勢いづけて手を離せば走り続ける→初歩の物理的法則
幼児は意識せず日々生活や遊びをとおして
世界を論理づけて学んでいるのよ
それを確かめるためか繰り返しを喜ぶのは本能かしらね

384 :名無しの心子知らず:2006/12/25(月) 23:18:25 ID:Y5jJXmJP
無意味なこと(例えば音声の違いのみという情報)でも大量に
インプットして、大容量の脳の回路を作れるのは9歳までが
(実に実にスゴイのは1歳まで、スゴイのは3歳まで)が定説です。
意味をつけるな、というのじゃなくね。
意味がなくても覚えられるのです。

385 :名無しの心子知らず:2006/12/25(月) 23:32:11 ID:E2br22ki
>>384
興味ないのでやめてください。
スレ違いだと思います。

386 :名無しの心子知らず:2006/12/26(火) 00:19:42 ID:XLaAEl0P
私は賛否両論どっちの意見も頷けるよ
小さければ小さいほど理屈抜きで何でも覚えてしまう・解けてしまうのはよく知ってる
0歳児がドッツカードで四則計算するからね
うちもやってたわ

ただ9歳までそれだけでいいのは疑問
ちょっと遅すぎではと思う
この時期吸収がいいのは分かるけどそれだけでいいとは思わないなぁ
手を洗う→の良例のように他に大切な学びがたくさんあるから

私が今一番気になってるのは実験教室
公文と平行して習わせたいとちょっと考え中

387 :名無しの心子知らず:2006/12/26(火) 06:51:56 ID:OBX/3rvt
>>386
>0歳児がドッツカードで四則計算するからね
うちもやってたわ
kwsk

388 :名無しの心子知らず:2006/12/26(火) 09:15:01 ID:E+X+t/Os
でも英語に関していうと、4才くらいからまた違う意味で伸びる時期だと思うよ。
読んだり書いたりは三才までにはあまり出来ないから。
あの頃のは全く無駄ではないかもしれませんが、嘘のように消えることもある。
何かの拍子に役立つかもしれないけどね。
帰国子女が読み書きできないうちに帰ってくると言葉を忘れる場合があるのと
同じで、それ以降の左脳的取り組みも大事になってくると思う。
幼いうちは、失敗を恐れず話したり出来ることも利点だと思う。
がちがちの頭で喋ろうとすると失敗を恐れて無言になったり口数減ったりするけど
子どもはがんがんいけるので逞しい。

389 :名無しの心子知らず:2006/12/26(火) 13:31:12 ID:OfIIpM0q
>>386
>ドッツカードで四則計算
同じく、kwsk


390 :名無しの心子知らず:2006/12/26(火) 13:46:27 ID:aTrv0AHL
0歳時が四則計算って…。

391 :名無しの心子知らず:2006/12/26(火) 14:39:58 ID:XLaAEl0P
前に家庭保育園の話した者ですよ
ドッツカードっていうのがあって新生児から●使って遊ぶの
始めは●は1って教えて100まで使うんだけど徐々に+−×÷教えてね
家の子が優秀だったわけじゃなくてマニュアル通りに練習すれば誰でも解けるようになるよ
小さければ小さいほど解きやすい
大人がやっても無理
5+17+30−2=?って聞くとハイハイしながらニコニコと正解カード取りにいって子供ってすごい!と感動した懐かしい過去
×÷も難しい感覚が乳児にはなくて普通にニコニコやってた
乳児期のほんのお遊びだよ
そのおかげか(?)公文算数は違和感なく馴染めた気がする

392 :名無しの心子知らず:2006/12/26(火) 14:48:42 ID:XLaAEl0P
乳児期は右脳全開!ただそれだけじゃだめだと思う
勉強というものを身構えてほしくなかったので遊びから移行したかった
それでドッツを使っただけのこと
要は右脳と左脳のバランスだと思うな
どっちも大事

393 :名無しの心子知らず:2006/12/26(火) 17:04:19 ID:OBX/3rvt
>>391
ひえぇ。その話信じるなら驚愕だわ。
そういうもんなの?

394 :名無しの心子知らず:2006/12/26(火) 21:48:34 ID:B8zbD+w0
>>383です。
それから前に七田と公文両方やったと書いたものです。
自分なりの結論ですが 四則演算含めドッツ遊びは
計算になじむと言う意味では公文の導入にいいけど二歳まででいいし
はやく鉛筆に取って代わった方が良いよ。
計算を書くって計算だけでなく指先のコントロール、書き位置決める、
計算の工夫などものすごく頭を使う作業で
むしろドッツは見るとかせいぜい指さすだけだから
近道の回路ができてしまうと頭使わなくなるよ。
両方の長所をとったらいいよ。

395 :名無しの心子知らず:2006/12/26(火) 22:43:42 ID:XLaAEl0P
私も言いたいことはだいたい同じだけど
>近道の回路ができてしまうと頭使わなくなるよ。

これはちょっと失礼じゃない?
頭使ってますから
乳児期も今現在も
きっぱり言わせていただきます

396 :名無しの心子知らず:2006/12/27(水) 06:17:11 ID:LEBy8fRF
当然比較の話ではと ↑ ワロタ

149 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)