5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【奈良】分べん中意識不明…出産…死亡

1 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 08:58:52 ID:tqm6OTCQ
奈良県大淀町立大淀病院で今年8月、
分べん中に意識不明に陥った妊婦に対し、
受け入れを打診された18病院が拒否し、
妊婦は6時間後にようやく約60キロ離れた
国立循環器病センター(大阪府吹田市)に
収容されたことが分かった。
脳内出血と帝王切開の手術をほぼ同時に受け男児を出産したが、
妊婦は約1週間後に死亡

2 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 09:00:15 ID:tqm6OTCQ
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061017k0000m040150000c.html

3 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 09:00:39 ID:LirHydE7
2ゲト。

4 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 09:04:17 ID:lc2+g3Yd
>>3
残念orz

5 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 09:05:14 ID:/fScHsKX
>>2
「お母さんが分かるのか、仏壇の前だと不思議に泣き止むんです」。
父晋輔さん(左)に抱かれる長男の奏太ちゃん=青木絵美写す

(´;ω;`)ウッ…

6 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 09:20:10 ID:iv83OaLS
>>2
妊娠中毒症の妊婦が分べん中にけいれんを起こす
「子癇(しかん)発作」と判断し

このお母さんは妊娠高血圧症候群と予め診断されていたのかな?
それとも、分娩の段階でそれに気が付いたってこと?

7 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 09:45:29 ID:5hed510p
出産は今も昔も命がけですなぁ〜

8 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 09:56:40 ID:ARp0szQa
【政治】代理出産の法整備「政府も検討進める」 - 官房長官
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1161025700/26

26 名前:名無しさん@七周年[] 投稿日:2006/10/17(火) 09:47:38 ID:nomqkdzh0

>まったく女をなんだと思っているんだか・・・
代理出産は普通の肉体労働と特にかわるところはないぞ。



9 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 09:57:41 ID:iGfa7/Wk
>>5
私もその写真が駄目だ・゚・(ノД`)・゚・
下の息子が同じ月齢だから、余計に駄目だ。
思わず我が子を抱きしめちゃったよ。

10 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 09:59:12 ID:tqm6OTCQ
>>6
紙面はもう少し情報量が多いけど、
脳内出血が分娩中であっただろうとのことで
妊娠高血圧症候群だったかどうかの記述はない。

出産は命の危険が伴うものという認識はあるけど
でも、今のご時世でも救えない命だったのかどうか?
そこが知りたいよ。

奈良の周産期医療のお粗末さは話にならんです。
(周産期医療だけじゃなくて精神もなんだけど。)
県内のNICUがいっぱいで恒常的に大阪に搬送されてて、
兵庫県まで搬送とか日常茶飯事。ヘリで搬送も少なくない。
個人の産婦人科では、出産が重なって分娩台も陣痛室も
空いてないからって廊下の処置台で出産なんてことも多いと聞く。



11 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 10:04:23 ID:XVhszCiR
>廊下の処置台で出産
えー!衛生状態とか大丈夫?たとえ大丈夫だとしても廊下でだなんて
それだけで精神的に参ってしまいそう…
どの地域でも安心してお産できるようにならないと少子化対策なんて
お題目だけ唱えても意味ないね

12 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 10:26:16 ID:cDnx2f/Y
んでもさあ、産婆さん呼んで自宅出産つう手もあるんだし、昔は畠仕事の最中に自分で生んだっていうし、、、

13 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 10:30:59 ID:wjCae8st
昔は昔。そんな出産の方法をとってたから、今に比べれば新生児の
死亡率も母親の死亡率もかなり高かったんだよ。
あなたはそうやって産めばいいんじゃない?私は嫌だけどね。

14 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 10:33:14 ID:XVhszCiR
>12
出産方法の選択の問題ではなくて、この場合、意識不明になってから
受け入れてくれる病院が無くて手遅れになったことが問題だと思うよ
それによく昔は〜という人いるけど、昔はお産で死んじゃうお母さんや
赤ちゃんが大勢いたわけで、それが現在ベストとは思えないけどなぁ

15 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 10:34:22 ID:QaIG8nBE
医療に金をかけないのは国是だからね

土建こそ自民党の票につながるからね

病院を作る金は医療の金じゃないんだけどね

主婦の皆さんはいまさら医師の給料をもっと上げようとか思う?

思わないでしょ

そういうことがこういうことに繋がるのにね

16 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 10:38:11 ID:07mr1Uek
>>12
昔はそうだったろうけど、それだけに今と比べて
格段に死亡例も多かったろうね。
母も子も。

17 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 10:41:14 ID:dCmiHkq/
元産科勤務のナースですが、もう現場は疲労困憊、
私も激務で体がぼろぼろになって、退職しました。
しかしドクターの勤務のほうがもっと過酷。
このお母さんかわいそうだとは思うけど、
脳出血がおきた時点で、健康体に戻れることは少ないと
思うから、遺族もあきらめるしかないと思う。
そもそも出産は命がけ。死亡率が下がったからといってゼロには
ならない。
ここで訴訟なんて起こしたら、ますます産科医のなり手がすくなくなるよ。

18 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 10:41:59 ID:lc2+g3Yd
>>12
だからそれじゃ長時間にわたって死ぬほど苦しむ事になるし危険の確率は高くなるでしょ。 動物と同じだよ。

19 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 10:49:18 ID:9OmeovAw
泣けてきた。
赤さんのこと抱っこしたかったろうな…

20 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 10:52:05 ID:6rl5O7Gd
幸い子供だけでも助かったのは、お母さんも本望だろうけど…
でも産まれてきた我が子をどれだけ見たかったか、
こんな小さい子を残して死ぬなんてどれほど無念かを考えたら
たまらんよ

>>17人手不足だというのもよく聞くし、
産婦人科は訴訟が一番多いとも聞いてる
でも激務で過酷だから、病院たらいまわしにされるもんなの?
健康体に戻れることはないから、何時間も放置されるもんなの?

21 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 10:53:19 ID:LVOm+oQ5
私の通ってる都市部の産婦人科だと、
分娩中に脳内出血を起こした人がいたが、
すぐに近くの大学病院に運ばれて母子共に無事だと聞いた。
(無事なだけで、後遺症はあると思うけど)

都市部だと助かる命でも、田舎だと難しいだろうね。

22 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 11:01:08 ID:lc2+g3Yd
妊婦が脳内出血し意識不明に陥った時点でもう助かる見込みはなく、問題になるから、うちでは死亡させたくなく受入れ不可にするんでしょうね。
奇跡が起こらない限り助からないと思っても、全力を尽くすのが医者ではないでしょうか…。

問題は始めの入院した産院ですね。内科医に報告をうけた時点で何故ちゃんと判断しなかったんでしょうか。
早めに分かっていて、緊急帝王切開していれば助かっていたでしょう…。

23 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 11:04:22 ID:YjeDKRGM
>>17
脳出血だって初期の段階で発見、処置できれば健康に戻る事だって不可能じゃないし、
少なくとも死ぬことはなかったはず、と思う心理は当然じゃないのかな
それにこの産科医は内科医にCTの必要を指摘されたのにそれを退け、搬送先が見つからなかったとはいえ
結果的に手遅れになるまで放置したわけだし
搬送を打診された側にしても、CTの結果カクカクの状態で緊急を要すると伝えられていたらもっと迅速な対応が
できたかもしれない
「発見・予測はまったく不可能でした」てこともないだけに遺族としては諦めきれないと思うよ

産科医不足は確かに深刻な問題ではあるけれど、だからといって現場の混乱と激務を免罪符に
見立ての甘さと対応の杜撰さを棚上げするのはいかがなもんかな
それとこれとを同一に論じるのはやや乱暴に過ぎると思うよ

24 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 11:34:47 ID:QaIG8nBE
結果論から勝ち誇ったような言い草をしないように
気狂いのような裁判結果も多いけどね

現場では一番ありえること、やらなければならないことからやっていく
産科のことは知らないけど
わずかな可能性を全部つぶしていくことなんかありえない

たとえ話だが
福島県で産科医が逮捕されたとき、
十分な輸血を準備すれば云々という馬鹿なことを言う輩がいたけど
いちいち何百リッターも血を準備したら日本中の血が不足する。
十分な、とか完全な、とか非現実的な与太話に対応するには
非現実的なお金がいるわけだけど、誰が払うの?

25 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 11:45:39 ID:6rl5O7Gd
その件と今回の件はまったく関係なくないか?

裁判になれば過失があったかどうかはハッキリするんだろうけど
何時間も放置の上、60キロも離れた病院に運ばれて亡くなるなんて
やっぱりどこかおかしいと思うけどね
現場じゃなくて医療全体の問題なのかもしれないけど

少なくとも遺族の諦めきれない気持ちは想像できる

26 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 11:46:09 ID:HyzQR2nX
624 名前:卵の名無しさん :2006/10/17(火) 07:44:16 ID:xFneB/JS0
受け入れたところがタイーホとはならないでしょ

妊婦が死んだのでなくて
脳出血患者が死んだだけですから、無問題

625 名前:↑ :2006/10/17(火) 08:09:36 ID:scHZnZ9F0
受けていたら、母体は間違いなく死亡かベジ、よくて寝たきり。
さらには児もなんらかのトラブルリスクがあったから
これを、しかも深夜帯に引き受けるお人よしはいないでしょう。
福島事件の教訓は見事に現場で結実しています。
一般板も覗いたが、やはり医者死ねの発言も散見され、まだまだ現状は厳しいみたい。


15 :卵の名無しさん :2006/10/17(火) 10:40:32 ID:y20ga2BZ0
しかも
この場合胎児はともかく母体については既に絶望的なオペであることが約束されてるのだから
家族のやりきれない怒りの拳の下ろしどころになりかねない
最悪、片岡、富士山クオリティー判事にJBM違反認定される恐れもある

27 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 11:59:50 ID:g9fUZwjn
今更ながら>>2の画像に涙がにじんだ。

切なすぎる。

28 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 12:01:03 ID:JCGaGgUH
今回のケースは、確かにCTくらいは撮って欲しかったよね。
何時間も受け入れ先探すのに電話する時間があるのなら
当番のレントゲン技師呼んでCT撮るくらいの余裕はあったはず。
画像つけてから搬送されたほうが搬送先も治療も早かろう・・
まあ、診断はついて何らかの処置はできたかもしれないが
それでも助かったか?といわれれば疑問だけどね。

受け入れ先がなかなか決まらなかったのはわかる気がする。
真夜中に満床の状態で重篤な状態の患者を受け入れるなんて
無責任な対応をしたら、その患者さんもだけど他の患者にも
影響がでますしね。
万が一死亡したら、その受け入れた病院が訴えられるリスクも
あるしね。
満床状態で十分な対応ができないくせになぜ受け入れたのかとも
言われそうだね。


29 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 12:48:30 ID:dCmiHkq/
>>20
どこの産科も深夜帯に病床は満床で、スタッフは今いる患者できりきり舞でしょう。
十分休みがとれて、スタッフも各病院余裕があれば、手のあいている
人が引き受けましょうという話になると思う。

私は産科病棟で15年働いたけど、働きはじめたころと退職するころには
患者の質が明らかに違う。自分の生活を犠牲にして一生懸命頑張っても
感謝の声がきかれない。どんなにつらくて、ハードな仕事でも、
患者からの感謝の心があれば頑張れる。それが最近なくなってきたから
馬鹿らしくて中堅医師が燃え尽きてドロップアウトしていくんです。
救急してて命が助かっただけではダメ、後遺症がのころうもんなら
医療ミスかと患者に胸倉をつかまれる。
そんなこんなで救急の現場から医師がいなくなってこの有様なのでは。



30 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 12:55:06 ID:QBNzVIvx
こういう予測できないことが起こるから代理出産って
認めたくない。
誰か向井さんのBBSに貼り付けてあげて。

31 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 12:57:27 ID:PdCifGOE
>>20 
忙しいを免罪符にしているわけではなく
実際にオペ室の数も、スタッフの数も限りがあるんだから
今そこをぎりぎりで使っていたら、物理的に無理でしょう
寝かせる場所も、手当てする人員もいないのに受け入れられるわけないでしょう
忙しいって言ってなんとかなる場合とならない場合がある
キャパは無制限ではありません。

32 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 13:13:59 ID:PIOk1zQU
何が起きても医療ミスがあっても、一切文句を言わず
訴訟禁止という法律ができて、国民全員でそれに賛同すれば
また受けてもらえるようになるかも、まあまず無理だが。
もうこれからは救急はどこも受け入れず、救急車の中で
のたれ死にという方向へ転がり落ちてゆく。


33 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 13:15:37 ID:w1DbCWnw
第三次救急として指定病院搬送出来なかったのかしらん。
通常急患じゃ受け入れてくれないと思う。

34 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 13:34:04 ID:QCqw0TxK
人様のをコピペスマソ。

14 名前:名無しの心子知らず :2006/10/17(火) 13:27:03 ID:pwJonJOG
またYahooの結果がマスゴミに流されたらえらいことになりそうだ
馬鹿馬鹿しいけど、でも侮らないでみんなも投票しる!

投票
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/quiz/quizvotes.php?poll_id=115&qp=1&typeFlag=1
アンケート結果
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/quiz/quizresults.php?poll_id=115&wv=1&typeFlag=1

できればコメント欄にも意思表明した方が良いです。
ここ工作員達がクッキーや履歴を削除しては何度も賛成に入れてて
円グラフは作為の産物だからコメント欄の方が意味があると思う。


35 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 13:39:51 ID:QaIG8nBE
>25
例え話だと言っているわけだが

大淀の現場は知らないが
技師は宅直という病院は山ほどある
技師の当直代を値切らないとやってけない病院というわけだ
そういうお金はだれが払うのか?

すべて金を考えずに観念論でがたがたほざくやつが多過ぎる
現実にどうするのか?
”それは国が考えて、市が考えて・・・”(私はお金は出しません)
自分の問題だと思わないから医療がどうなっても金さえかからなければいい。

もう公的医療はおしまい
公教育が崩壊したのと同じ経路だろう

>28
CTとってから転送するのに6時間かかったってことじゃないの?今回は。
待ち時間の間にCTじゃなくて、CTとったら脳内出血で転送が必要になった、てことだろ


36 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 13:55:23 ID:pPjipT+O
小児科、産科の閉鎖問題は、育児版が原因。

37 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 13:56:30 ID:gE4OHIkD
育児版 など、存在しないわけだが。

38 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 14:02:10 ID:pPjipT+O


医者は、責任とって全員視ね。



www


39 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 14:13:42 ID:EjF15BjQ
詳しくは書けないが、知り合いの奥さんが
出産時の事故で亡くなった。赤ちゃんも死亡。
明らかに医療ミスだった。
訴えることも検討したのだが「何をやっても○(妻)と
赤ん坊は帰って来ないよ」と。
こういうことって公にされないけどけっこうあるんだと思った。


40 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 14:39:35 ID:347wFHCS
30代前半で脳内出血というのが驚きだった。
高齢者の病気だとおもっていたから。

意識不明レベルの脳内出血っていったん起きたらもう通常の生活には戻れないと
思っているから、個人的には訴訟はやめてほしいんだけど、遺族にしてみたら
そういう形でしか心の整理をつけられないんだろうな。



41 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 14:53:03 ID:MqwvzhDe
ちゃんと順当に搬送>治療されて、きちんと説明受ければ、
気持ちとしては納得できなくとも(受け入れがたくとも)理解は出来たかもしれないけど…
たらいまわしの挙句の死亡じゃ、やりきれないよなぁ…
こういうことがどんどん増えていくのかな…
より一層自分のことだけでで完結していく人が増えそうだ
少子化はとまらないか

42 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 15:25:11 ID:n1RbH2/G
大淀・・・地元だort
どこの総合病院もそうだけど、待ち時間長いし、あんまり好きじゃないから
内科や整形なんかは近くの個人病院にいってました。
お産も他で・・・私がお産した産婦人科も婦人科メインになったし、産婦人科って
言われてるように激務で数も減少しているようですね。
お産ではないけど、知人が稽留流産の処置を大淀病院で受けました。
すごく痛かったとか言ってたけど、麻酔してるんでしょ?と聞いてて怖くなった。
今回の件はどういう状況で脳内出血になったのかはわからないけど、対応なんかは
先生によって結果が変わってくると思う。
大淀病院の小児科によく行くお母さんに聞いたけど、いい先生の曜日には患者も
多いって言ってたし。

43 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 15:43:55 ID:pPjipT+O
39みたいなのがいる限り、みこみなしだね。。。

日本の医者よ、ここを読んでたら、全員視ねよww

日本の分娩には、1例の死亡も許されない!!!覚えとけ!!

44 :22の馬鹿について:2006/10/17(火) 15:51:42 ID:X2BOiA70
>>22
>妊婦が脳内出血し意識不明に陥った時点でもう助かる見込みはなく、問題になるから、うちでは死亡させたくなく受入れ不可にするんでしょうね。
推論の根拠を述べなさい。
>奇跡が起こらない限り助からないと思っても、全力を尽くすのが医者ではないでしょうか…。
そのとおりだけど。今回かかわった医者も「自分の能力の範囲で」全力を尽くしたんだろ。
>問題は始めの入院した産院ですね。内科医に報告をうけた時点で何故ちゃんと判断しなかったんでしょうか。
早めに分かっていて、緊急帝王切開していれば助かっていたでしょう…。
頭蓋内出血で意識不明になった妊婦が助かる確率を述べよ。

45 :22の馬鹿について:2006/10/17(火) 15:53:40 ID:X2BOiA70
>>39
明らかに医療ミスだった。明らかに医療ミスだった。明らかに医療ミスだった。

素人が根拠もなくこんなこと書くんじゃねぇ!

46 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 16:03:36 ID:K7Yyfujc
>>40
>>6さんも書いてるけど、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)であったならば
その危険性は高くはなりますね。
ただ予めその診断があったかどうかは下記ソースでも不明なんだが。

ttp://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20061017ddm041040161000c.html

私よりずっと健康的な生活を送っていた友達が33歳で脳梗塞のため亡くなって
いるので、こういう病気の発症年齢は若さとは関係ないんだな…と思う。
脳梗塞の場合は血栓ができやすい体質も関係しているようだけど。

47 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 16:06:58 ID:MtPl+gpu
運が悪かったんだろうな
漏れも大学附属病院にいた頃,脳出血を経験した
早朝だったけど,すぐに脳外の当直医に連絡して,CTとって,
そのまま開頭手術となったケースがあったよ
命は助かったけど,半身麻痺のまま.

あーあ,出産は怖いね

48 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 16:17:35 ID:v6h/hY46
>>42
 今から20年前、ウチの親父は産婦人科勤務医だった。当時もすっげえ激務で、休日夜間の呼び出しはしょっちゅう。
 たまの休み、『この日は一家でピクニック』って日。母ちゃん弁当作って、さあ出かけるぞ...ってとこで、呼び出し電話。当然、休みの計画は一瞬でオジャン。行楽日和の日曜日、自宅の居間でTV見ながら食べる手作り弁当は、子供心に悲しい味だった。
 でも、当時は、無事赤ちゃんが生まれただけで、親父は神様みたいに尊敬されてた。たまに不幸なことがあっても、それでも遺族は礼を言ってくれたらしい。だから、それでも仕事してたんだね。
 産婦人科の先生は、今も、あの頃と同じ激務なんだと思う。
 違うのは、そこまで努力しても、誰も敬意を払ってくれないこと。結果が悪けりゃ、即訴訟ってこと。

 まともな人間だったら、いくら給料はずむって言われたって、産婦人科医なんかやらないと思うよ。
 それより、たまの休み、ポケベルも携帯電話もないとこで、家族と一緒に過ごす時間のほうが、100倍価値があると考えると思う。

49 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 16:20:49 ID:MJy1s9mm
18ヶ所の断った病院Good Job。産科医をいじめるとこうなるんだ。他人の子より
自分の子のほうがかわいいからね。拘置所で年越しなんてシャレにならない。

50 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 16:24:37 ID:dnRx/DCM
これからは全国で同様のことが起こるで。
一晩中救急車で走り回ることになるで。
これも国民が選択したのだからしかたあるめえ。

51 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 16:25:22 ID:pG/OeyFt
18件も断られたそうだが、産婦人科が、助産師不足で,お産をやめて、
2時三次病院におーばーふろーして、
本来受けるべき今回のような妊婦さんをうけられなくしているとしたら、
利権問題で,看護士の内診禁止は,罪が重いと思う。

300件お産にたちあった看護士には、内診許可師とか、、
開業不可の院内助産師資格を与えたら良いっと思います。

52 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 16:33:07 ID:qWUB5pvT
どんどん訴えればいいと思う。
産科医が黙っちゃいねーと思うが。
いや、黙って逃げていくか!www

53 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 16:41:02 ID:sigCPHfU
逃げるより産科医を辞める

54 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 16:43:49 ID:SK+8DReK
逃げさせて頂きました。
専門用語では「逃散」といいます。

55 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 16:51:32 ID:acZVy25W
32歳ってそんなに年でもないのにね
妊娠中に検査も経過も全く問題がなく行ってたのにアボンしたのか?
それとも妊娠中にリスクありと認められ分娩でやっぱりってパターンなのか?
どっちなんだろう
前者なら、人の命ってわかんないものだねって思うけど
後者なら、妊娠中に高次機能病院に紹介しとけばちっとはマシというか
結果回避できたんじゃない?
それともこういう疾患って妊娠中には全くひっからないほどやっかいなものなの?

56 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 16:55:42 ID:lc2+g3Yd
>>44
> 死亡させたくなく受入れ不可にするんでしょうね。
推論の根拠を述べなさい。

もし、受入れ可能にしてそれで亡くなったら(助かる見込みなかったとしても)妊婦が死亡したってだけでマスコミが騒ぎ立てる今の時代。
実際そーいった事で受入れ不可にする病院、たくさんあります。
> 全力を尽くすのが医者ではないでしょうか…。
そのとおりだけど。今回かかわった医者も「自分の能力の範囲で」全力を尽くしたんだろ。

そうだろうか?上記回答の通り、受入れ不可などせず、可能にして、やるだけでもやれとゆー事。> 早めに分かっていて、緊急帝王切開していれば助かっていたでしょう…。
頭蓋内出血で意識不明になった妊婦が助かる確率を述べよ。

それ以前の問題ですよ。重度の妊娠高血圧症候群だとゆー事は、事前に分かっていたはず。
今回この産院は、妊娠中毒症が母子共に危険な状態になる事、今回の様に脳内出血する場合もあると予測も出来たはずなのに、判断を誤って、予定日を過ぎ普通分娩までもっていった。
妊娠中毒症は検診で把握してるもの。この妊婦に関しては予定日を過ぎたら手術をするべきだった。

57 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 16:58:07 ID:acZVy25W
脳内出血って妊娠期間中の血圧が100/60程度だった人が
産気づいたらいきなり240/160みたいに脳内出血起こすような
高血圧にはねあがるもんなの?
初産陣痛で入院したら30分おきに血圧とか心音とか助産師さんが見に来てたけど
脳内出血起こすような血圧の上昇って、いきなりはじまるのか?

白目剥くとか泡拭くとかか?教えてエロイ人
交通事故よりびっくりだな



58 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 17:02:50 ID:ykxzxxvF

妊娠中の旦那の言葉は自殺に繋がるから注意

59 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 17:16:51 ID:sigCPHfU
話は変わるが参考までに。医学生時代に講義で出た話。

重量挙げの最中に血圧がどうなるかという貴重なデータが
過去に二人の検者で測定されたことがある。
(測定方法を推定するに、動脈圧の直接測定)
一人は最高血圧(上の血圧のことね)が350もう一人が450だった。

力が入ったときはそこまで血圧があがるもんだということと、
一時的ならそこまでの血圧に耐えれるもんだということ(ただし
トレーニングを受けた人に限るの"かも"しれないという注釈付)
をしっかり覚えておくように、と講師にいわれ、おかげさまで未だ覚えている。

60 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 17:22:00 ID:acZVy25W
で?


61 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 17:44:28 ID:6rl5O7Gd
現場の人間は「産婦人科は激務なんだ」「事情もしらないくせに」
周りの人間は「とんでもない病院だ」「医療ミスなんじゃないの?」

いつもこういう流れになる
原因は国の医療体制の問題だってのはわかってるはずなのに
医者と患者&遺族がお互いやりあってたって
何も解決しないような気がしてきた

62 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 17:52:11 ID:xHePJk2u
>出産予定日を過ぎた妊娠41週の8月7日午前、大淀病院に入院。
>産科担当医は入院後に陣痛促進剤を投与。
>容体急変の後、妊娠中毒症の妊婦が分べん中にけいれんを起こす
>「子癇(しかん)発作」と判断し、けいれんを和らげる薬を投与した。

苦しかっただろうね。涙が出て来る。よく頑張ったよ。

63 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 18:02:41 ID:PdCifGOE
>>61
全くそのとおり。

64 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 18:07:05 ID:Bx4MnT1g
>>17
>ここで訴訟なんて起こしたら、ますます産科医のなり手がすくなくなるよ。

私も看護師だけど、それはどうかな?
検査や治療したところで助からないという医療者が多いが、
遺族としては、脳外科を標榜し脳外科医がいるならば、
手術が出来ないとしても脳外科医に連絡し
搬送まで患者管理が出来なかったのか。
患者の状態からして、搬送先は限られるから
国循の搬送まで、なぜ18件も探し回わったのか。
裁判で突っ込まれると思うよ。


65 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 18:26:45 ID:mlEqEX8G
産婦人科医を訴えてもトカゲの尻尾きりになるだけで
意味ないよ。
内科医のアドバイスをちゃんと聞かなかった点に関しては
産婦人科医に問題あると思うが。


66 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 19:07:53 ID:zY4HwapJ
また貴重なマン

67 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 19:27:13 ID:ORYjSFeK
友達は亡くなられた妊婦さんと同じ状態になったけど
原因は夫婦の血液型の不適合だったよ。

7ヶ月位のときに1度倒れて入院して細かい検査はできなかったけど
正常分娩できそうもないという話で出産も諦めたほうが良さそうだった。
でも、なかなか妊娠しなくてようやくできた子供なので
脳神経外科もあって受け入れてくれる県立病院で出産。

分娩中に脳出血起こして、退院間際にもまた同じ状態になって子供だけ退院した。
その後、リハの病院で一年ぐらい過ごしてから復帰したよ。
今でも癲癇発作に怯える日々らしいけど、それなりに幸せにくらしてる。

前もって判っていれば亡くなられた妊婦さんも無事だったかもしれないけど
突然なら助かるのは難しいよ。

68 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 20:55:59 ID:nAcgO42h
夫婦の血液型が不適合…そんなことがあるんだ。
あと二ヵ月ちょいで予定日なんだけど激しくこわいよ。
お母さんやるせなかっただろうな、CTとって迅速に対応してたら
亡くならなかったかもしれないと思うとやるせない。

69 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 22:06:00 ID:2zFrTPaa
読んだだけで涙が出た。18ヶ所に断られたって、、言葉でないよ。

70 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 22:25:58 ID:tqm6OTCQ
激務の周産期医療を支えてる人には頭が下がります。
あなた方を責めたいわけでは、少なくとも私はない。
むしろその過酷な現場が、過酷なままでもいいのか?
と、問うてるわけです。

今回の件も転送先で脳内出血が判明してるわけだから
医大や奈良病院のベッドが空いてたら、
そこで早い時間に脳出血が発見できたかもしれなくて
もしかしたら母体も後遺症はあっても助かったかもしれないのでは?
と、思うから現場の医療従事者の落ち度というよりも
県内の周産期医療の体制不十分が原因かなと。

周産期の高度医療の拠点病院が、恒常的に一杯なのは
どの都道府県も一緒なんでしょうか?
そしてそういう後から具合の悪くなった運の悪い妊婦は
医療費のコスト縮減のため運の悪さを甘受すべきことなんだろうか?

71 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 22:32:38 ID:tGN81Cs8
辛すぎる・・・あの赤サンは、自分を産んだからママは死んだんだとか
思ったりしないのかな。
せっかく生まれてきたのに、自分の子供の顔も見れずに亡くなられて
本当に無念だと思う。


72 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 22:38:32 ID:31a37fgR
これから産むのに、こわいよ・・

73 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 22:42:38 ID:lc2+g3Yd
くれぐれも急激な体重増加して妊娠高血圧症候群にはならない様に注意しましょう。

74 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 22:47:22 ID:6YDEev6U
>>70
>もしかしたら母体も後遺症はあっても助かったかもしれないのでは?

後遺症なんて残ろうものなら
どれほど医療サイドが誠心誠意対応して長時間かけて説明しようが
頭に血の上った患者と家族は即訴訟、
下手すりゃ警察に陳情して逮捕されちまうわけですよ
おまけにマスコミは鬼の首でも取ったかのように
重箱の隅をつついて『医者がミスしたからこうなった』と印象操作しまくった情報を垂れ流す。

体勢が不十分なのももちろん問題だが
今の風潮も大問題。

75 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 22:54:46 ID:k9HrlSc9
CTを撮らないのは、下手毛に動かすと、出血が悪化するから。
CTで一度移動、救急車に載せるとき二度目の移動、転送先でCT撮るから三度目の移動。
と、2回ですむのが3回になれば、出血悪化のリスクが1.5倍に増える。

それと、CTは深夜にすぐに取れない。放射線技師に電話かけて起こして、来てもらって
機械をウォームアップして・・・。となったら2時間はかかってしまう。

それだけのリスクとタイムロスを考えたら、設備の整った病院に電話かけて受け入れて
もらえるところを探すのがずっと良いでしょう。

産科医が神経内科疾患で内科医の言うことを無視る事は普通ない。
CTをとっても確認できるだけで、このクラスの病院では処置ができない。
だから何とか搬送先を探そうとしたのでしょう。
むしろ深夜に当直三回が2人くらいしかいない中で、他の救急患者見ながら
病院探してくれたんだと思うよ。

76 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 22:56:03 ID:k9HrlSc9
三回→産科医

77 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 23:23:11 ID:1I0yL7pq
ニュースの持って行き方に問題があるように思う。
この人、大淀病院から大阪の病院へ直で運ばれたんだよね。
でもニュースのタイトルは19の病院を「たらい回し」って言ってる。
最初、救急車で受け入れ先を探してさまよったのかと思ったもの。

78 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 23:26:37 ID:NDAGxxU5
御本人はお気の毒だし、ご遺族は本当に残念だったでしょう。
たしかにCTを撮れば、と思うのも無理はないと思います。
おそらく助からなかったでしょうが、納得できた、と思うのでしょうね。
(実際はCT撮っていても別の理由で納得できないのが人の性だと思いますが)

CTや脳出血の対応はおいといて、18件の拒否についてですが、まず本当に夜間
受け入れ態勢がしっかりしている病院は少ないという現実があります。
ほとんどの病院が夜間当直です。これは夜は寝ていることが義務の体制です。
夜間、他院からの患者を引き受けることを業務とする医師はいません。
(多くの病院で善意の夜間診療が行われているにすぎません)
この体制を作っていない病院が悪いのかもしれませんが、労働基準法に則った
勤務で医師を配置することが経済的にも人的にも不可能な現状を誰が
作っているのかを考えて下さい。
政府は医療費は削減する意向だし、厚生労働省は医師が足りていると言ってます

もう一つは、最近の医療訴訟を見ていると、夜間少ない人手でやっている
救急に昼間と同じような専門性や正確な診断を当然とみる雰囲気や、
非常識な訴訟・判決があります。
「分娩中の妊婦」と「意識障害」の両者を専門性や正確な診断ができないと
いけない、と思うと、うちじゃなく他に適切な施設に行ってもらった方が
いいと思うのは当然です。

また、川崎市の裁判ですが、処置中のため一度救急車を断った後、
手が空いたので12分後に引き受けたら、患者が亡くなったということで、
裁判を起こされたこんな変な裁判もあります。
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20061013k0000e040073000c.html

改めてご冥福をお祈りします。

79 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 23:27:21 ID:3+9QzOw+
 後遺症ってそんなに残るんだろうか。
 うちは父が脳腫瘍で数ヶ月入院生活を送っていたけど、その間にいろんな患者さんを見てました。確かに後遺症はあるだろうけど、軽くて日常生活を送る分には問題ない人も居た。
 
 今回の場合、妊婦さんの状況が気になります。前もって予兆は無かったのかな?

80 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 23:31:24 ID:RZtNCjzV
さっきニュースで涙で訴える旦那さんと、何も知らないあどけない赤ちゃんを見ていたら泣けてきた…。

81 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 23:42:07 ID:tqm6OTCQ
ニュースはメディアリテラシーをもってみた。
確かに報道する側は、視聴者に怒りを換気させるために
>>71さんが指摘するようなつくりにしたんだろうな。

でもご主人は「もっといい救急搬送システムを立ち上げて」
と言っていたわけで、少なくとも今回のインタビューでは
担当医師やスタッフを責めてるじゃなくて
周産期医療の体制拡充を求めてるように感じた。

自分は微力ながら、知事にメールでも出して嘆願するよ。
高血圧症候群で入院して出産したから、人ごと思えないし
産科医の過酷な勤務状況は長く見てたもの。

82 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 23:43:42 ID:GwM/lbNJ
福島の妊婦死亡事故の教訓は全く無く幾度も幾度も繰り返される…
担当医師は妊婦が意識不明になったのを知りながら仮眠しに行ったそうです。
「産科医師不足だから忙しくて睡眠不足なんです。医者も人間ですから」…ですか?

検察はまた動かざるを得ないでしょうね。

83 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 23:47:04 ID:+0PLWQtQ
>>75
でも内科医のCT撮れというのを断ったのは、
脳には異常がないと産科医が判断したからとテレビで言ってたけど。
しかも、容態がおかしくなってから他の病院に連絡を取り始める
まで1時間くらいあったんだけど、この産科医は寝てたとか、、。



84 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 23:47:21 ID:GwM/lbNJ
>>81

あなたの想像とは裏腹に、別の番組ではご主人が>>80の件で担当医師に対する怒りを露にしてらっしゃいました。
一番組では判断できません。

85 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 23:50:10 ID:bLFfkjvG
>>78
で、アナタは「夜には産むな」と言いたいの?

86 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 23:52:26 ID:py8iUUzu
みんな、帝王切開で産めばいいのに。
明日の3時が空いているので、そこで産みましょう。1時間ぐらいですね。

ってコントロールすれば、こんな悲劇も減るなー。

87 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 23:55:12 ID:k9HrlSc9
>>82
>>83

寝るのは当然だよ。それで睡眠不足で判断低下したりしたら大変でしょ。
搬送するまでできることはなく、搬送時に処置、説明をするのが医師の仕事。

自分が入院しているときに、「昨日の急患で起きていなくてもいい場面で
患者の感情的な問題で起きて顔を見せてなくてはならず、寝られなかったため
代わりに入院中のあなたの手術・処置時の集中力が低下します」
なんてなったらどうする?自分だってちゃんと見て欲しいでしょ。
その患者さんには悪いけど、医者が寝てても問題は変わらないなら
しっかり寝て、自分を診て欲しいでしょ。

病院には他の患者がいることも忘れちゃ駄目だよ。
その感情論を通したため、被害を自分が受けたら嫌でしょ


88 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 23:55:45 ID:RZtNCjzV
赤ちゃん、泣いていてもお母さんの遺影の前に連れてくると泣き止むって言ってたな…

89 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 23:57:04 ID:V5P/Fqgv
不眠不休が産科に求められる資質の一つなら、産科が減る理由も判るな
実際に出産立ち会ったけど、産科の医者って大変だと感じた
確かに誤診の可能性はあるが、仮眠まで否定されたら可哀想に思う

しかし、旦那は奥さんが出産前に「失神した」との医者の一言で引き下がったのか?
悔いが残る分、感情が激しくなるだろうね

改めて御冥福を祈ります

90 :名無しの心子知らず:2006/10/17(火) 23:59:11 ID:txpQ7qBv
分娩中に脳内出血ってかなりレアなケースだよね?もともと血圧高いとか何か兆候なかったのかな?

91 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 00:00:46 ID:161xCa8D
>>86
僻地では、既に薬による出産時間の調整は行われてますよ
そこまで産科は減っているのですよ

92 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 00:10:55 ID:Nw/oDZVI
85みたいな低脳反射にがっかりだな

どうしたらいいのかお前なりに考えてみろよ

何か決まった答えがあるとでも思ってるのかよ

お前みたいなのは病院に来るなよカス

93 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 00:11:14 ID:OuOCNgVV
奈良県民ではないが、いつかこんな事が起こる様な気がしてた。

奈良県では少子化対策に、お見合いを企画したり、教育都市を
掲げたりしている。

その反面では
産婦人科の廃止、分娩件数制限をとる施設が当たり前になってる現状。
産科を廃業して不妊治療専門が増えたが双胎、品胎の妊娠、分娩の
受け入れ先がなかなか見つからない・・・。

行政は少子化対策云々で派手なパフォーマンスをするより
土台をしっかり作っていかないといけないのでは・・・。

国や行政の責任は病院以上に大きいような気がする。


94 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 00:13:09 ID:Jk4KCoUo
83だけど、寝るなとは一言もいってないけど、
患者さんが意識不明になってどうしよう、というときに
寝にいくのはおかしいでしょう。
搬送するまで、じゃなく搬送の連絡を取り始めるまで
1時間仮眠だよ?



95 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 00:17:32 ID:fozApj73
夜間の患者さん見るのは当直医の仕事なんだよ。
本来担当医は夜間業務はなかったが、担当患者が悪化したため顔見せに呼ばれたと思われる。
つまり、悪化した夜間の患者を診るのは当直医がやっていたわけで、
担当医は次の日の外来・手術・入院患者処置のために休んでいたと思われる。

96 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 00:20:36 ID:WtU1zz65
>>85
昼間の医師だって、当直明けでもうろうとした頭で外来・検査・手術と業務をこなしてます。
夜間まで手が回る状況になってないのはこの国の政策の結果です。
夜には夜なりのリスクがあるということは、この国・この地域で医療を受ける以上
受け入れるべき(受け入れざるを得ない)事実だと思います。


97 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 00:20:43 ID:6WYigGE5
>思われる
>思われる

「思われる」では話になりません。

98 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 00:25:46 ID:TMyxX17R
>産科担当医は急変から約1時間45分後、同県内で危険度の高い母子の治療や
>搬送先を照会する拠点の同県立医科大学付属病院(橿原市)に受け入れを打診したが、
>同病院は「母体治療のベッドが満床」と断った。

>その後、同病院産科当直医が午前2時半ごろ、もう一つの拠点施設である
>県立奈良病院(奈良市)に受け入れを要請。
>しかし奈良病院も新生児の集中治療病床の満床を理由に、応じなかった。

>医大病院は、当直医4人のうち2人が通常勤務をしながら
>大阪府を中心に電話で搬送先を探したがなかなか決まらず、午前4時半ごろになって
>19カ所目の国立循環器病センターに決まったという。
>高崎さんは約1時間かけて救急車で運ばれ、同センターに午前6時ごろ到着。
>同センターで脳内出血と診断され、緊急手術と帝王切開を実施、男児を出産した。
>高崎さんは同月16日に死亡した。


99 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 00:32:34 ID:Nw/oDZVI
現場にいなけりゃ思われるしか書けないだろ。

どうにかするべきだと思うか、どうしようもないと思うかだけど

間違ったシステムは個人の努力ではどうにもならない



100 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 00:34:33 ID:lfnBp4BW
本人、赤ちゃんもそうだけど旦那さんカワイソス…。
>>2の写真みたら泣けてきた…。

101 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 00:51:18 ID:NggOJWiT
>>92低能はオマエだろーw
どこ行っても嫌われてるくせに プ

102 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 00:58:42 ID:dt5xLgui
素人でよくわからないんですが、記事には

>入院後に陣痛促進剤を投与。容体急変の後、

とあります。これって
陣痛促進剤が原因ということなのですか?

103 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 01:08:21 ID:xS3No1w+


104 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 01:25:09 ID:Nw/oDZVI
陣痛促進剤は原因ではない

科学的にはな

裁判的には原因扱いされるかもな



105 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 01:42:49 ID:Nw/oDZVI
物事を科学的にみるってことは世の中の場合(形而下の場合)
統計的処理をするということ
具体的には

陣痛促進剤を使う人10000人
使わない人10000人(人数は適当だが)

その結果を比較して陣痛促進剤の薬効を調べる。

どんな薬にもアレルギーはある。
そういうレアケースをもって原因扱いするのは日本の下級裁判官ぐらいだよ

106 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 01:54:21 ID:epISCsOU
いいわけばっかりの産婦人科と、かばってる人って、自分や自分のの嫁さんが同じ目にあっても
忙しいから仕方ないとか、運がわるかったとか言うのかな、、悪魔みたいな人もいることがショック、、

107 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 06:39:17 ID:Us3ZbGLx
>106

 漏れは医者だが、医療リソースには限りがある。 夜中に受けられないものは
受けられない。満床なら昼間でも受けられないこともある。
 タイミングが悪ければ、そういうことが起こるのは理解している。実際に起こった
場合には、やり場のない怒りがこみ上げてくるだろうが、うちでは幸いそういう
ことはなかった。鬼のように怖い(らしい)担当医と神様に感謝している。

 診療報酬の切り下げで、どこも満床にしなくては、経営が成り立たない。公立の
病院でも経営がうるさく言われるようになってきた。要は、国策。 もっと金を
ジャブジャブつぎ込めば、助かる人(そして障害が残る人)も少しは増えるだろう
けど、そんな金はないし、そうするのがいいとも思わない。

 医者が医者を訴えることは少ないでしょ? それは、「医療の限界」ということを
知っているから。 いつ、どういう病気になって、どの医者にかかるのか。そして
その病気が治るかどうかについて、結局一番大きいのは「運」です。それを理解
できない、もしくは受け入れられない傲慢な人が増えたんだと思うな。

108 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 06:40:25 ID:guMMT8Ke
奈良県立〇大にかかってます。ちょっと前に急に意識失ってCTやら能の専門医に回されたり精密検査されましたけど、もし今回みたいになんかあったら私も大阪に回されたりするのだろうか…。検査の結果は異常なしで大丈夫でしたけど…コワス

109 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 06:50:54 ID:Z4hF4Rh/
ただし、産科医だって人間なんだよねぇ。
やっぱり2人とか3人でお産を受け入れるのは無理だよねぇ。

お産に受け入れはせめて産科医が7人はいなければ無理だね。
日本でどれだけの病院がお産の受け入れができるのか?


110 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 07:10:08 ID:gpL+x2Bn
大変なとき、仮眠室で寝てたってのは、まずいだろ・・

111 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 07:31:00 ID:nuyzU7oM
この旦那さんが担当医師を訴えなかったのは、さすがに最近の医療崩壊を知っているからか。
これ訴えたら今後はもう、ハイリスクの妊婦は自宅出産で、の流れになってしまうからな。

112 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 08:09:30 ID:hmGf+8nG
今、日テレでやってるね。

113 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 08:22:54 ID:jBXqcmqq
愛しい我が子を抱く事もなく、小さい暖かみを知る事もなく亡くなってしまった奥さんの事を考えると涙が出てくる。


114 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 08:45:59 ID:bhEIwaXm
でも赤ちゃんだけでも無事でよかった。奥さん悔しいだろうけど、赤ちゃんも一緒に亡くならなくてよかった。
赤ちゃん、パパにたっぷり愛情もらって強く生きて行ってね。
ママ、パパと赤ちゃんが幸せに暮らせていけるよう見守ってあげてね。

115 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 08:48:43 ID:/yoJwqW6
>>113
お母さんは命が助かっても我が子を抱ける状態に回復するのは・・・
我が子と理解することすら難しい状態ではないか?

116 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 08:57:34 ID:uHIsBs7c
周産期にはある程度の死亡率があたりまえ。
騒ぐほどのことでもないと思うが。
搬送できても助かるかどうかはわからんよ。

搬送先の確保に苦労したのは地域の救急医療体制の落ち度。
地元の公立病院、医師会、県の衛生部などに責任がある。
これを機会にきちんと体制を作り上げるべき。

117 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 08:59:29 ID:U2Ys2pqd
平城京1300年とか無駄なイベントするくらいなら
総合周産期母子医療センターを作ってほしいよ

118 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 09:15:22 ID:fAyAIP3C
この件に限らず複数の病気が疑われる場合は
たらい回しになってしまう現実は何とかならぬものか

その上、子を胎内に宿したまま6時間放置って…
子供は無事だったから良かったものの…しかしたまらないよね

119 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 09:17:33 ID:ElJH0afz
>>88
冷たい言い方だけど、だったらずっと遺影のある部屋に寝かせていれば、
泣くことはないんじゃないか?と言いたくなる。
遺族が感情的になるのは当たり前だし、私たちがそれに心を寄せるのも自然なことだけど、
マスコミが感情面の報道だけを垂れ流すのはちょっとモニョる。


120 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 09:23:36 ID:Cn3AO9t5
>>117
奈良県のHPにも県政への意見を書くコーナーがあるだろうから、ここに書いて
ないでそっちで意見を述べるんだ!
たとえ意見は通らなくても、関心が高まっている今なら全く無視されることも
ないだろう。奈良県民ガンガレ!!!

121 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 09:26:06 ID:FSJgh/ia
>119

>冷たい言い方だけど、だったらずっと遺影のある部屋に寝かせていれば、
>泣くことはないんじゃないか?と言いたくなる。

マスコミではなく遺族に対してにしか見えないこの感想と

>遺族が感情的になるのは当たり前だし、私たちがそれに心を寄せるのも自然なことだけど、

一般的な正論であるこの文章が全然つながらないのは私だけか。

>マスコミが感情面の報道だけを垂れ流すのはちょっとモニョる。

これが言いたいんならもうちょっと他に言いようがあるだろう。

122 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 09:31:51 ID:U2Ys2pqd
>>120
言われる前に書いてきたよ。
名前や住所欄が必須入力で
@とかsageでごまかそうかなとも考えたが
今回は卑怯者の陰口にしたくなかったから
実名実住所でちゃんと書いた。

次の選挙では医療に一番手厚そうな候補に投票するよ

123 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 09:31:58 ID:vEyaeCm1
遺族の人が病院の対応が悪いと言っていることにちょっと違和感。

父が脳内出血で倒れ、6ヶ月間寝たきりになった後亡くなったんだけど・・
脳出血って3分間血流が止まったらその部分の脳細胞は壊死するらしいから
いくらCTを撮って早く他の病院に搬送してももう手遅れだったんじゃないの?
命は助かったかもしれないけど寝たきりとかだったら家族の苦労は
今の比じゃないよ。
リハビリでよくなる人もいるけどそれは微量の出血だとか。
小渕元首相みたいに迅速で最高レベルの治療を受けられる人でも
出血が多ければ意識不明のまま亡くなるんだよね・・・

今回のケースが別の対応をしていれば救命できたのかどうかは
裁判で明らかにされるんだろうけど。

124 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 09:32:17 ID:31sv5iJe
>>119-121
半分同意。
遺族の感情、どんなに悲しいか辛いかということを
報道する意義は大きいと思うけど
とってつけたようなお涙ちょうだいエピソードはイラネ。

125 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 09:32:25 ID:2EmGq9M1
>121
つるっ禿げに同意

126 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 09:40:05 ID:U2Ys2pqd
http://www.pref.nara.jp/kensei/f_input.htm

他の奈良県民さんもよろしく↑
どうせ医大や奈良病院の既存設備を
総合周産期センターの要件に適合するように
アップグレードするだけだろうけど、、、

127 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 09:41:26 ID:31sv5iJe
>>123
たとえ手遅れだったとしても、助かった方が大変なことになったとしても
それなりに手を尽くしてほしいと、やっぱり思うなあ。
誠実に対応してくれてるなあということが伝われば
救命できなくても「仕方なかったんだ」と思うんじゃないかなあ。
家族が急変したまま放置されて6時間って、想像できないくらい長いと思うよ。

128 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 09:43:20 ID:ElJH0afz
>>121
>>冷たい言い方だけど、だったらずっと遺影のある部屋に寝かせていれば、
>>泣くことはないんじゃないか?と言いたくなる。
>
>マスコミではなく遺族に対してにしか見えないこの感想と

ああ、書き方悪くてごめん。
マスコミには、こういうちょっと冷たい冷静な目を持っていてほしいということ。
それを私のように口に出さない冷静さと共に。
マスコミが感情的な報道しかしないと、本当にこれから考えるべきことが見えなくなる。
日本人は熱しやすいけど冷めやすいから、盛り上がるけど持続しないでしょ。
考えるべき時には、もう他の話題に移っているもの、いつも。



129 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 09:45:15 ID:ElJH0afz
>本当にこれから考えるべきことが見えなくなる。
見えにくくなる、考えにくくなるというべきか。
遺族がそれを望んでいると言っているからね。

130 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 09:46:37 ID:8O2KDX3X
>>123
違和感は感じないよ。
後遺症も残らずに生きていただろう…なんて思ってないのでは?
「命は助かったかもしれない」って言ってたから。

家族としては、愛する人が寝たきりであろうと何だろうと、とにかく生きてほしい
と願うのが普通なのでは?
勿論それは綺麗事でもあり、実際そうなったら苦労して後悔もするかもしれない。
でも、今の旦那さんの心情では「後遺症が残って一生寝たきりなら死んでよかった」
とは思わないんじゃないかな?

旦那さんが病院の対応が悪いと責めるのもわかるし、もし自分の家族が同じ目に
あったらやはり冷静に「仕方ない」「運がわるかった」とは思えない。

ただ冷静に見るべき世論は、そうであってはいけないと思うけど。
このような不幸が起こらない様に、病院だけではなく行政に求めるべきだと。
素人だけど、病院にも医師にも限界があると思うから。

131 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 09:50:43 ID:fozApj73
>>75
>>82

を読めばわかるけど、助からない患者にやたら時間と人手をかけると、
他の助かりうる患者の医療クオリティが下がり、今入院してるほかの患者、
これから来る軽症の患者が助からなくなってしまう。
医療資源は無限じゃないから、より効率よく使わなくてはいけない。
つまり、助かる確率が低い患者は切り捨てられちゃうんだよ。
これは国策で、医療費を小泉が削減したでしょ?
国からはそういう風に、有効活用して無駄なことはするなといわれてるんだよ。
「トリアージ」でググるとわかると思うけど、国は医療経済学的に非効率的な
感情論の医療は否定してる。それをやると税金・医療費の無駄遣いで国立・効率医療は怒られてしまうのです。

132 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 09:52:46 ID:fozApj73
>>82>>87でした。スマソ

133 :120:2006/10/18(水) 09:52:48 ID:Cn3AO9t5
>>122
そうでしたか、乙です。
少子化対策として、うちの県にも総合周産期医療センターが今春設置されたの
ですが、改めて全都道府県に早急に整備されることを望みます。
行政は観光客を呼ぶためのイベントや箱物を作る方に目が行きがちなんだよ
なぁ…観光客が県にお金を落としてくれれば財政も潤うという考えもあるから
だろうけどね。ただ、本当に必要なイベントや箱物なのか見極めることは
怠らないでほしいですよね。

134 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 10:00:34 ID:ElJH0afz
>>131
救急医療と一緒ですね。
今は過渡期だから、頭がそれに切り替わるまで混乱しそうだ。
助からない人で病院のベッドが埋まっていて、
それで助かる命の人の受け入れが拒否されているのを見た私でも、
身内の話になったら冷静に受け入れられるかな。

>>133
周産期医療センターもできれば安心というわけではない。
医療技術の向上で助かる命がものすごく増えたから、
センターができればできるほど、ベッドがいくらあっても足りない状態になると思う。


135 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 10:02:31 ID:ElJH0afz
>>133
周産期医療がどのくらいのお金を必要とするかも調べた方がいいかも。


136 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 10:05:22 ID:6uak6MVM
かわいそうだとは思うけどテレビなんかの一方的な責め方にイライラする。
みのもんたの「嘔吐繰り返すなんて素人が見てもおかしい」
っていうけど陣痛中は痛みでゲーゲー吐くし
過呼吸や酸欠で頭痛がすることもあるだろうし。
産科医だからこそ「よくあること、けいれんは子癇」って思ったのも無理からぬことだし。
医療ジャーナリストがそういう方向でコメントしてても聴く耳持たず。
内科医の助言があったから「念のため」でCTとった方が良かったかも知れないけど
それも結果論の範疇じゃないのかな。全ケースそうやってたらタマランだろうし。
診断が間違えていたから仕方ないけど「異常なし」と判断してば
昼も夜もない産科医が仮眠とってるのは当然だろうし。
それともマスコミは自分の家族の分娩を何日も寝てない医師に診て欲しいのだろうか。
周産期医療の充実が少子化対策に必ずしもなるとも思えない。
もっと別なことじゃないかと。
もちろん医療体制の改善は急務だけど、それで子供が増えるとは思えないよ。

137 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 10:12:19 ID:fozApj73
そもそも小泉の医療費削減でやたらCT撮ると国に怒られるのも、困った障壁
になってると思う。検査バンバンして、医者を多く雇って良い医療をすると言ったことは
医療費削減の名の下に否定されてしまっている。より経済的に、より効率的に。

痛みを伴う改革なんだよね。だからこのくらいの痛みは
政府を支持した国民の責任でもある。


138 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 10:15:49 ID:UE1Ybic6
私も妊婦だけど、今回のことは仕方ないと思うな・・・
「完璧に出産を終えないと責められる」のでは、医者はたまらないよ。

139 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 10:23:21 ID:P/cR0uTZ
これは危機的状況と判断できなかった大淀病院の医師、スタッフが駄目じゃないのかな。
手を尽くした感がしない。おそらく意識不明になってから夫にまともな説明をしていないだろう。

140 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 10:26:21 ID:fozApj73
>>131
を読んでから言ってください。」つーか1-100くらい読みなよ

141 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 10:27:38 ID:6uak6MVM
医師板ではCTとるための移動で死ぬ可能性もあるから
どう考えても移動させるなら搬送の一回だけ、って意見もあったよ。

142 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 10:36:33 ID:mW07ickR
気の毒だが 昔は30すぎたら高齢扱い しかも初産。自己管理含め 責任は分散していると思う
旦那さんも若くて納得できないだろうが、テレビで見ると激情方の男性。心情を吐露した分切り替えが早いタイプ。
立ち直りも早い。とみた

143 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 10:43:26 ID:nuyzU7oM
>>130

「○○なら命は助かったかもしれない」なんて台詞を言う人間は、寝たきりだが命は助かったからと言って
助けて頂いてありがとう、なんて事は言わない。
その場合ほとんどの人は、「○○なら後遺症が残らなかったかもしれない」と言います。
最初にその台詞が出る人は、そういう性格なのです。
助けて頂いてありがとう、と言える人間のできた人は、行政への批判は別にして、今回の件でも病院に
対しては「転送先の病院を懸命に探して頂いて感謝しています」と言うでしょう。

最初の対応でその民度も窺い知る事ができます。気をつけましょう。

144 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 10:46:02 ID:NggOJWiT
子癇と判断した時点で帝王切開にしなかったのが怖い。妊娠中毒症だったんでしょ?41週まで放っておいたのも疑問。私も専門家じゃないけどさ。

145 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 10:47:31 ID:fozApj73
子癇が収まってから帝王切開ですよ。普通。

146 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 10:50:31 ID:6uak6MVM
かわいそうだし医師を責められはしないけど
搬送先探すので何時間もかかってたら
遺族としては悔いが残るっていう気持ちも理解できる。
感情論と現実の問題とはまた別だからなぁ。
でも裁判とかで同情的に遺族側に有利なのは
今後の医療の萎縮を助長するからやめて欲しい。

147 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 10:53:35 ID:QeHW7Dss
>>144
私もそう思う。
入院する以前の問題だと思う。
過度の妊娠中毒症なら、37週の正期産に入った時点で、帝王切開するのが普通では?この妊娠さんも脳内出血なんて起こらなかった。

148 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 10:54:49 ID:NggOJWiT
>>145
あーそうかー。けいれん中に切れないもんね。

149 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 11:01:23 ID:Yz0LXX1J
>>135
じゃあいくらくらいかかるのか具体的に教えれ

150 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 11:04:50 ID:QeHW7Dss
私の友人も、高齢初産婦で妊娠中毒症と診断され、37週に予定帝王切開を行いました。
私も病院で聞いたが、高齢初産婦とゆーだけで、リスクが大きいので予定帝王切開を行うそうです。

151 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 11:07:49 ID:ZP8hhqwJ
奈良県の医療って遅れているんだね。
東北みたいに中国人の医師を中国から呼ぶのだろうか?

152 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 11:07:54 ID:fozApj73
妊娠中毒症にならなくても子癇になることもあるし、
痙攣が起きたとたん、いきなり高血圧になることもある。

153 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 11:09:24 ID:MCmaI1l+
中毒症だったというソースは、どこにも見当たらないんだよなぁ。
可能性としてはあるかなとは思うけど。
通常の帝王切開でも、大量出血では輸血、それでも血が止まらない場合は
母体優先で子宮全摘出と言われた。
安全なお産は理想だけども、0にすることは難しいのが現実かなぁ。

ここのところの産科医療訴訟で成り手がいないし、
それがどれだけレアケースだったとしても医療ミスになってしまうなら、
産科医療自体が縮小されていくだろうね。

154 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 11:10:23 ID:ZP8hhqwJ
痙攣が起きた時点で脳に異常があるみたい。
こういう場合は直ぐに処置してもらわないと
後遺症が残ってしまう。

155 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 11:13:00 ID:QeHW7Dss
>>152
だからそれ以前の問題で、妊娠中毒症でなくても高齢初産婦なら予定日まで待たず、正期産に入ったら予定帝王切開するのが最良の判断。

156 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 11:15:12 ID:XOcsLMKN
日本はベッド数が多すぎるといわれているのに
なぜ満床ばかりなのかわかってる?
そもそもの保険点数が安くって満床にしておかないと病院が立ち行かない上に
フリーアクセスといって誰でもどこにでも受診していい制度の性で
必要な高度医療機関のベッドが必ずしもそうじゃない患者で埋められるからだよ
そしてベッド数の運用は厚生労働省が厳格に設定していて
違反した運営をすると保険診療の指定を取り消されることもあれば
診療費の大幅査定(金を払ってくれない)なんてこともあるんだよ

テレビのコメンテーターがベッド数を増やせとか言ってますが
あいつらは無知蒙昧の基地外です

157 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 11:17:17 ID:GejFcd9p
高齢初産婦て何歳から?今回の患者は32歳だろ?ハイリスクって35歳から。

158 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 11:18:24 ID:fozApj73
でもいくら帝王切開進めても下から生みたいって人が多いのも事実。
医者はインフォームドコンセントで、下から生むのを要求されたら
断れない。それが応召義務、患者期待件の遵守。

それに田舎だと、医者も患者も下から生むことに拘りがち。
おなか痛めないなんて最近の子は、おばあちゃんの時は・・・、となってしまったり

159 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 11:18:33 ID:MCmaI1l+
厳密に、高齢出産は35歳以上となる。
一概に年齢だけで判断はできないと思うよ。
体質や体格、骨格、骨盤の大きさ、子宮口の開き具合、
普段の体調や持病の有無・・・そういったことを総合的に見て判断されるんだろうなと。

帝王切開も手術だから、なんのリスクもない状態では医師も勧めないんじゃ?

160 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 11:22:21 ID:8O2KDX3X
>>143
脳内出血なのに子癇と診断され、6時間も嘔吐や痙攣・頭痛に苦しむ妻に寄り添い
子供を残して、子供の顔を見ることもなく妻は死。
目の前にはまだ幼い我が子。
そんな状況で「転送先の病院を懸命に探して頂いて感謝しています」なんて
言える人っているのかな?
誤診が全くなかったのならその台詞は言えると思うけど。

もしも誤診がやむを得ない場合でも、誤診されたら「もしも…」とは思わないかな?
この場合、誰一人として疑わなかったわけでなく、少なくとも疑いを持った医師が
いたわけだし。

だから医者が全面的に悪い、とは思わないけど、遺族の感情としてはとても理解できる。

161 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 11:25:25 ID:QeHW7Dss
>>157
今は30過ぎたら高齢出産と言われる。さらに、初産婦ならリスクが大きすぎる。
それだけで危険だ。
私ももし30過ぎて初産婦なら普通分娩なんてしない選択をする。

162 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 11:27:00 ID:31sv5iJe
うん。第三者として冷静な目で見るのと
遺族に冷静さを求めるのは、また別だよね。

163 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 11:29:15 ID:XOcsLMKN
>>160
そうだな
そしてその感情が社会基盤をガラガラと壊し続けるわけだ
理解するということはそこまで認めてはじめて言える言葉だな

164 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 11:29:52 ID:QeHW7Dss
>>158
そりゃ普通分娩で下から産むに越した事ないけど、私は死にそうになるよりマシだと思う。

165 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 11:55:28 ID:vEyaeCm1
>>161
高齢初産で5〜6回イキんだだけで出産終了した高齢超安産タイプには
恐ろしい意見だ・・・

166 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 11:59:21 ID:6uak6MVM
帝王切開でも肺塞栓とか麻酔事故とか母胎脂肪のケースはレアだけど
毎年結構死んでるんだよ。

必要以上に下から生むことにこだわる人も確かにいるが。

それにもし受け入れ拒否しなくても産科への搬送依頼だったんだから
産科に運び込む→いろいろ調べてるうちに脳内出血発見→脳外手術で受け入れ可能な病院を探す・・・
となってたんだろうからね・・・。
こんなレアなケースだったら搬送拒否した病院は逆にほっとしてるかもしれないよ。
受け入れてたらどう責められてるかわからない、って。

167 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 11:59:47 ID:mmrZA/Ka
なるべく自然の形で産みたいと思うのが普通だしね…

168 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 12:01:17 ID:OLO/vMHF
>>167
自然な形で産んだ方がはるかに危険って知ってからはそんなこと思いもしなかったけどな

169 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 12:04:25 ID:U2Ys2pqd
医師板も読んできた。
高齢初産で妊娠高血圧症候群というリスクを抱えていた自分を
診てくれたドクターやスタッフに改めて強い感謝の気持ちを持ったよ。

170 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 12:06:29 ID:mmrZA/Ka
>>168
うん、そうだね。
母体と子供の安全が最優先だよね。


171 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 12:06:59 ID:MCmaI1l+
帝王切開は1回目はよくても、
2回目以降のリスクが経膣以上に大きくなる。
腹開けたら、赤ちゃんの髪の毛が透けて見えて、
子宮破裂の一歩手前だったとか、よく聞く話。

子宮破裂でも起こそうものなら、母子ともに命に関わるし、
そういう後々のリスクも含めて、
経膣でやってみましょうねという部分もあると思うけど。
リスクがあって母胎優先で帝王切開しても死ぬことはあるから、
お産自体、命がけなんだよね・・・。

172 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 12:08:43 ID:nuyzU7oM
>>166
いや、かもじゃなくて訴訟リスクを考えれば拒否するのはむしろ当たり前。
簡単に言うと、転送はババ抜きです。最後に受け入れた病院が結果が悪いとまず訴訟起こされて
バカを見る。で、ババ引いたとこは何千万ですから、そこから順繰りに撤退していって、最後に誰も
参加する人がいなくなると。訴訟社会の悲しい結末です。

173 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 12:24:40 ID:XOcsLMKN
>>167
じゃぁ自然な形で死ねよ

174 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 12:25:09 ID:QeHW7Dss
>>171
その方がレアケースだよ。
今回だって37週で予定帝王切開を選択していたら、この妊婦さんはまず脳内出血を起こしてはいなかったし、今頃生きていたかもしれない…

まぁやっぱり出産はどれも命がけですけどね…。

175 :一奈良県民:2006/10/18(水) 12:27:51 ID:Ld5KbbZ1
奈良県立医大病院のある橿原市は人口12万5千人の都市であるにもかかわらず公営の病院が一つもない

奈良県立医大病院は重症・難病患者を扱う特定機能病院であるが、上の事情で地域の基幹病院としての
役割も担っており、別名「橿原市民病院」と言う人もいる

だから産婦人科では異常分娩や帝王切開の他に正常分娩も扱っており、現に去年は160件の正常分娩例があった

正常分娩の入院期間をざっと一週間と考えると160人×7日=1140人日もの間ベッドが埋まる計算になる
1140÷365=約3.1であるので、毎日約3床が正常分娩の患者で埋まる計算になる

おまけに全国的な傾向として産科をとりやめる病院が相次ぐ中、どうしても比較的軽症である患者も
引き受けざるを得なくなっており、全分娩数そのものも平成16年の392件であったが、平成17年は497件に
急増しており奈良医大の産科はパンク状態である

もちろん医大は特定機能病院であるので今回の症例に迅速に対応できる体制は整っていると思われるが、
ただその後受け容れるベッドがなかったのが不幸であった。ご遺族は「廊下でも」と言っておられるが場合によっては
母子ともに集中治療が必要と予想されたため、そんなことをしたら母子とも命を落とす可能性もある

今回の患者さんももし医大に入院し分娩していれば、受け容れベッドの問題はなく生存する確率はわずかかも
知れないが上がっていたかも知れない

このような事件が起こると少しでもリスクのある妊婦さんは「やはり設備の整った病院で」となり医大への
入院希望はますます増えると考えられる

大学病院は教育機関であり、その意味では正常分娩の症例も必要であるが、橿原市にたとえ小規模でも
公営病院があって患者の振り分けがある程度できていればこんなことにはならなかったかもしれない

ソース:http://www.naramed-u.ac.jp/gaiyou/daigakugaiyou18.pdfの54ページ


176 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 12:29:22 ID:XOcsLMKN
>>174
いえることは
コイツの旦那がはらませなかったら
患者は出産で死ぬことはなかっちゅうこったよ

177 :内科医:2006/10/18(水) 12:34:12 ID:0u8mdbXF
>643 名前: 卵の名無しさん Mail: 投稿日: 2006/10/17(火) 22:34:22 ID: U1BD/XMT0
>なんだあのニュースは・・・
>医師の診断ミスで死んだかのような報道だった
>
>古館、舐めてんのか?
>分娩中の意識混濁・嘔吐だぞ
>どう考えても子癇を疑うだろうが!
>
>脳出血だと言い出す産科医がいたらそりゃヤブがブラックジャック以上だよ

【福島】不当逮捕された産婦人科医師を救え23
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1158248738/

注:普通、内科医は子癇を見たことがありません。

178 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 12:35:07 ID:vEyaeCm1
>>172
いくら転送先で亡くなっても転送先の治療に過失がなければ責任は
問われないでしょ? バカみないんじゃないの?
裁判沙汰になること自体が面倒で転送を断るっていうのはわかるけど。

179 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 12:37:52 ID:fAKBSx+S
>>176
はあ?

180 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 12:39:18 ID:XOcsLMKN
796 名前: 卵の名無しさん 投稿日: 2006/10/18(水) 12:32:51 ID:QGj9LXfm0
>>746 >>774 を合体させてみた

子癇だった場合(可能性0.2%)
CT撮る→動かすだけで死ぬかも
CT撮らない→多分なんとかなる
脳出血だった場合(可能性0.002%以下)
CT撮る→死亡もしくは寝たきり(確定)
CT撮らない→死亡もしくは寝たきり(確定)

最終診断は脳出血だったんだから、ということを忘れてこの両者を見比べてくれ
CTを取らないことがミスか?
そのときの判断としてはリーズナブルだったと思うぞ。

181 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 12:44:46 ID:161xCa8D
今回の件で、マスコミに出産のなんたるかが判らんのが(みのや古館等々)偉そうに語ってる事の方が、いっそ先行不安な気ガス
冷静に出産時の死亡リスクを解説するマスコミって無いのかね
感情論だけが先走っている様なのはマジ勘弁

182 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 12:47:56 ID:nyC7PSVV
>178

要請された立場になれば、こんな夜中に産科医2人と脳外科医2人と麻酔医、小児科医師
およびオペ室看護師3、4人の確保と、腹部と頭部のオペを行う準備、周産期医療が短時間のうちに要求される
こんな条件で引き受けられる施設など、日本にそうないと思うが 。

そこで死んだらなにかしらの医療ミス!!!と騒ぐんでないかい?
電話掛けまくった大淀のDr.には可哀想だがね

183 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 12:48:18 ID:06sHPGqX
>>155
ずいぶん乱暴な判断だなww。

184 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 12:49:48 ID:lli3/fza
ID:XOcsLMKNは荒らし。スルーしましょう。

185 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 12:50:12 ID:N+zPmRR9
>181
出産=病気でない=自費診療みたいな流れだから
簡単に思えるけど、本当は命がけなのにね。
設備が整っているであろう愛育だって
鉗子で赤子死亡させちゃうんだもの・・・
お産に絶対はないよね。

先週あたりの文春に
助産師が産科業界で幅効かせているみたいだって記事に
なってたけど読んだ方いますか?

186 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 12:51:55 ID:INJdxC2v
でも今の世論を見てると、近い将来これがスタンダードになりそうな気がする>>183

187 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 12:58:14 ID:QeHW7Dss
>>183
どこが乱暴な判断?
高齢初産婦とゆーだけで危険リスクが大きいから、37週を過ぎた正期産に入ったらいつ産まれてもいいのだから予定帝王切開をすすめる産科医は実際に増えてますけど。

188 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 12:59:42 ID:0qwmBVdS
おじいちゃんの
「この子(孫)が泣くたびに、あ〜実香ちゃんは、もういないんだな」
と思うと言っていたのを見て涙がでた。

189 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 13:03:34 ID:6uak6MVM
何事もなければ自然分娩が一番負担もリスクも少ないんだよ。
ただ出産の事故は「不測の事態」であり、一定数起きてしまう。
そのレアケースのために全部切ってしまうってのとの
ちょうど中間をどこでとるかっていうのは難しいと思う。
子供だって37週過ぎれば確かに普通に生きて行かれる週数ではあるけど
「チャージ完了」してから外に出すのがベストでもあるからね。
もちろん死んでは何にもならないわけだけど。
じゃぁ「飛行機が落ちたら助かる見込みがないから飛行機には乗らない」
「車に乗ると事故に遭うから乗らない」ってくらいに用心しすぎる事になるわけにもいかないんじゃないかと。

大体、帝王切開で対応してたとしてその術中や術後に脳内出血起こしてたらどうなる?

190 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 13:09:00 ID:mmrZA/Ka
今日も、ワイドショーでこの事件取り上げるだろうね。

191 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 13:14:59 ID:y1btSa1Y
病院での処置が出来るようになったから
妊産婦と新生児のリスクが劇的に減ったんだよ。
大自然の野生のシカですら分娩中に死ぬのはめずらしいことじゃない。
ウシだってウマだって、人間が手助けしないと相当つらい。
ヒトに至ってはすでに自然分娩できるかできないかの瀬戸際にいる。


192 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 13:17:35 ID:y1btSa1Y
ワイドショーって、ホント医者とか公務員がきらいだよね。
努力して苦労してその職業に就いただけなのに
高給取りでずるい、平等にすべきだとか思っているんだろうか。
共産国にでも行けばいいのに。


193 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 13:18:24 ID:QeHW7Dss
>>189
> 何事もなければ自然分娩が一番負担もリスクも少ないんだよ。

そりゃそうに決まってます。
高齢初産婦の事を言ってるの。自然分娩は負担が大きいです。
それだけで危険の確率が普通の人より高くなるから、予定帝王切開をすすめる産院が増えてるんですよ。

194 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 13:18:35 ID:XOcsLMKN
厠戸の王子
便の姫

世の中いっぱいになってくれるのをキボン

195 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 13:36:55 ID:06sHPGqX
高齢初産婦は一律帝王切開なんてことになったら、
ますます出生率が低下しそうだ。

196 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 13:40:35 ID:oiDkEaCL
日本で産科医不足とは良く聞くが他国の状況はどうなんだろう?
特に訴訟社会と呼ばれるアメリカ

197 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 13:40:57 ID:N+zPmRR9
>195
いや、20代の出来婚が増加するかもw
そして安産母ちゃんの大家族が減るw

198 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 13:42:33 ID:vEyaeCm1
>>196
帝王切開率が高いと聞いたことがある。
わかる気はする。

199 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 13:43:43 ID:XsPxzajY
夫はインタビューで、
「誠意ある対応をしてくれれば、結果が悪くても
「ありがとうございました」と言えた」
と言ってたよ。やっぱりあの対応はまずいだろ。


200 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 13:44:44 ID:6uak6MVM
32歳は一般的にはまだ高齢出産じゃないだろう。
32歳以上を全部帝王切開になんて現実的じゃないし
それだと予定日前後の不慮の事故より帝王切開による事故や死亡の方が多くなる可能性もあるでしょ。

アメリカではどうなんだろうね?
ERで妊娠中毒症を膀胱炎と誤診し帰すも途中で陣痛が始まりそのまま分娩開始、子癇発作
子供を押し戻して帝王切開、動脈からの出血で母胎死亡ってあった気がする。

201 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 13:45:02 ID:trknh6+2
135ですが、
>>149
>行政は観光客を呼ぶためのイベントや箱物を作る方に目が行きがちなんだよ
>なぁ…観光客が県にお金を落としてくれれば財政も潤うという考えもあるから
>だろうけどね。ただ、本当に必要なイベントや箱物なのか見極めることは
>怠らないでほしいですよね。

こういうことを書ける人なら自分で調べるべき。
PCという便利な箱を、2ちゃんでグダグダ書くためだけに使ったらもったいないよ。



202 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 13:51:15 ID:XOcsLMKN
>>196
産科のない州があるのはあまりに有名な話

203 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 13:54:27 ID:XOcsLMKN
>>199
誠意ある対応を個別にして一人赴任の産科医に師ねと

ああそうですか

204 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 13:56:50 ID:6u+gcBg/
亡くなった女性が32歳で女性の夫が24歳・・・。
どうも2人の年齢が気になってしまう私は、人間としてどうでしょうか?

205 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 13:58:50 ID:Hcxc+AdE
年齢で一律帝王切開なんて、
帝王切開による、母体のダメージは考えないのか?
まさか、普通のお産と同じなんて考えてないよね。

206 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 13:59:36 ID:pYYujXb3
CT撮らなくても神経学的所見をみれば脳出血を疑うことができる。(眼球の位置、片麻痺の有無など)
子癇とは違うよ。

207 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 14:07:02 ID:nuyzU7oM
>>199
そりゃ事後だから何とでも言えるんであって、実際結果が悪かったらこのタイプの人は誠意があろうが
なかろうが間違いなく文句を言う。
文句を言わない人は誠意に関係なく、もともとマスコミにギャンギャン泣き喚いたりしない。

208 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 14:07:22 ID:Hcxc+AdE
>204
気になってしまうのはしかたがない。
人間としてどうかは
それを人前で口に出すかどうかじゃないか?

209 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 14:09:12 ID:TelTELMf
そうたタソかわええ(*´∀`*)

ひよこくらぶの杏様似www

210 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 14:11:07 ID:31sv5iJe
>>204
「よくできた姉さん女房だという評判で」@ザワイ
わざわざこんなコメント流すあたり、みんなひそかに気になっていたらしい。

211 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 14:13:07 ID:mmrZA/Ka
こんなに小さいのにママが居ないなんて。

212 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 14:15:22 ID:vEyaeCm1
弱冠24才で赤ん坊一人残された青年の絶望感は分かる気がする。
新しい彼女を作ろうにも事情が事情だし。
どこかに責任を求めたくなるのも無理ないね。

213 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 14:20:13 ID:Bm4OEgko
亡くなった奥さんが無念
明日は我が身だ
人事に思えない
せめて我が子におっぱいあげたかっただろうな...


214 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 14:20:21 ID:QeHW7Dss
年齢で一律帝王切開なんて、どこでどう話が変わったんだろ…
年齢と初産かによって、すすめる産院が実際に増えてると言ってるの。

>>205
> 帝王切開による、母体のダメージは考えないのか?
まさか、普通のお産と同じなんて考えてないよね。

誰も普通のお産と同じなんて考えてませんよ。
帝王切開による母体へのダメージも知ってます。
高齢の、しかも初産(初産がどれだけ大きなダメージになるか分かりますよね?)の人にとっては、普通分娩よりも帝王切開の方が「命にかかわる危険性」は少ない。

それから、帝王切開はレアケースだが合併症が起こり輸血を必要とする場合もあるが、多くが問題なく退院できる。

215 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 14:21:16 ID:vY644odj
脳出血になるくらいだから血圧が元々、高かったんじゃないの?
血圧管理して帝王切開で出せば、出産中のリスクは回避出来たかも。

216 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 14:26:04 ID:nyC7PSVV
この状況で、赤ちゃんの命が助かっている事実について
どれだけ現場の医師やスタッフが頑張ったかは報道されない。

この事例は、分娩中に子癇発作かと判断してしまうような脳内出血の症例で
母体も赤ちゃんも助からない可能性の中で、奇跡的に赤ちゃんの命を救えた事例。

かわいそうだけど、夜中であった事、分娩中に不幸にも脳内出血をしてしまったこと。
医療の整った地域で無かった事、
断った18の病院に 夜中に産科医2人と脳外科医2人と麻酔医、小児科医師
およびオペ室看護師3、4人の確保と、腹部と頭部のオペを行う準備、周産期医療
が行える設備を数時間以内でそろえる事ができなかった事
どんなに手を尽くしても、死なせてしまったら産科医が逮捕されると言う事例があった事
使命感に燃えて引き受けて死なせでもしたら、引き受けた方が医療ミス!などと訴えられかねない現在の医療訴訟の現実がある事
政府が言う痛みを伴う改革のためにベット数の厳守が必要になった事
日本の医療の現実の犠牲者ってことでしょ

原因、誘因はひとつではない


217 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 14:26:17 ID:C1hxQfeY
この婦人、予定日1週間過ぎだったために
1時間おきに促進剤投与って言ってたけど
私も上の子妊娠中にたまたま貼られてたリンクで
促進剤の危険性を訴えてるサイトを読んでガクブルした記憶があって、
たらい回しウンヌンよりまずその脳内出血の原因ってのははっきりしてるんだろうか。
それともあまりに分娩が困難な状況になると誰にでもありえる事なんだろうか…。

218 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 14:39:59 ID:mmrZA/Ka
この事件、原因を徹底的に調査して視聴者にも報告して欲しい。

219 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 15:50:34 ID:INJdxC2v
警察が捜査はじめたらしい。
もう奈良の産婦人科は終わりだな。

220 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 15:50:39 ID:0A+7CrdD
記事の写真が泣ける・・・
赤ちゃんめっちゃ可愛い。
この子を見ることなく抱くことなく死んでしまったお母さんがかわいそう。
。・゚・(ノД`)・゚・。

221 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 16:08:02 ID:4sRp5Kgq
で、緊急時なのになんで医者は寝てたの?
朝から誘発剤使って促進してる異常分娩患者管理していたら進行状況に応じて様子観察くらい来るよね
それとも異常分娩でも結果良ければお産なんてみんな正常〜っていうタイプなのか
朝から入院してるんだから経時経過だって把握してるはずだけど(飛び込み分娩でもない)
分娩なんて夜間のほうが多いから寝当直でも一晩一回15万もらってるんでしょ?
分娩経過の予測とかできないほど眠かったから一人ぐらい死んでもいいって思ったのか
それとも一晩15万円ではまだお金が足りなくて起きる気にもならなかったのか
損害賠償保険入ってるから弁護士が何とかしてくれる、保険で保障も賄えると道徳を捨てた?
未必の故意?
不作為行為?



222 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 16:14:11 ID:vEyaeCm1
>>221
前レスぐらい読んできなよ。答えが書いてある。

誘発剤使ってるだけだったら真夜中に医師は見にこないよ。
看護婦が時々覗いてモニターチェックするぐらいじゃないのか。
文章痛すぎ。アホウ学部生崩れが。

223 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 16:17:43 ID:4sRp5Kgq
救急病院に救急車で患者が運び込まれてみたら、救急要請していたにも関わらず
救命センターの医者がぐーすか眠ってた。なんて聞いたことないけど

手術中に医者が眠くて居眠りしている間に患者の容態が悪くなった
なんて聞いたことないけど

仕事に集中力を欠いたら手を下ろす時なんじゃない?
責任取れない=慢心

眠りから覚めてみれば時既に遅し
後手に終わり結果も悪かったって言われても、死んだほうは泣き寝入りする理由にはならない

224 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 16:23:36 ID:4sRp5Kgq
>>222
すみません。世の中をよく知りませんでした
今まで診断は医者の仕事だったよね。データの異常や病状の診断は看護師がするようになったんだな
看護師=医者なんだ。看護師も水準が上がったんだな
異常分娩も正常の範疇なんだ。異常分娩と正常分娩の管理指針も変ったんだね
そりゃ、時代の流れを知らなかったよスマンスマン

225 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 16:24:00 ID:vEyaeCm1
>>223
ここの全レスと医師板ぐらい読んでから言ってる?

もはや釣りとしか思えない・・・

226 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 16:24:07 ID:U6rU3Ap/
自分が産んだ病院(というか産院?)は、陣痛誘発剤使わずに、診療日の午後休み中に
出産するように誘導する、というところだったんだけど、今思うとあの先生は神だなあ。
何かあっても、平日昼間の方が安心なわけだし。

この先、産院はあれぐらいやらないと経営していけなくなるのかも。

227 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 16:29:24 ID:JEnX4ENN
医師側が医学部定員削減してきたくせに
いまさら、つらい科は人集まらないってかw
死ねばいいのに

228 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 16:40:49 ID:fozApj73
医学部の定員減らしてたのは法学部出の官僚と政治家だと思う

229 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 16:52:17 ID:JEnX4ENN
昭和60年度以降の医学部入学定員総数は8,400名にものぼったのであるが、
平成16年度における入学者数は

  国立大医学部3,675名、
  公立医学部655名、
  私立大医学部2,759名
  総計7,089名

と言う事であるから、じつに約1,300名(約15%)減を達成した事になる。
20年間に15の医学部がなくなったことにも等しい。

平成元年度
 ・日医が「医師養成に関する見解」一大学入学定員10%削減を提言
http://www.hyogo.med.or.jp/info/hist.htm

どこの学部も増えてるのに医学部だけ15%減とかわろすw


230 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 17:05:40 ID:NggOJWiT
産気づかなくて促進剤使ったんでしょ?医者が陣痛具合操ってたのに夜中に急変して「運がなかったね」じゃあ、これから産む身としては不安だな。
私が通っている病院のパンフには促進剤は「医師が様子を診ながら慎重に投与します」と書いてあるから、真っ最中に先生が寝ちゃうと思わなかった訳で。
普通分娩もう無理となった時「促進剤使うくらいならいっそ切ってくれ!」って言ったら怒られるかなあ?

231 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 17:27:28 ID:dt5xLgui
>>222 私も促進剤使われたけどちょくちょく見に来てくれたけどなぁ。お医者さん。
良いお医者さんだったのかな?
まぁ、あとから看護婦さんに「今日はお産が少なかったんですよ。」と言われたけど・・・

ココみると「お産は命がけ・危険はつき物」な意見が多いけど
(自分も出産経験したり、周りの経産婦の話聞いたりで、出産の怖さはわかったけど)
独身の友人たちは「今は40歳過ぎても余裕で出産できる。」と思ってますよ。
まさか死んじゃうことがあるなんて!夢にも思ってないですよ。

だから、この旦那さんもまさか出産で奥さん亡くすなんて・・・と納得できないんじゃないのかな?

232 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 17:57:12 ID:ZGjrITDu
>>221
この病院って、当直15万だったの??

233 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 18:08:11 ID:161xCa8D
>>232
ネタだろ、ソースも無いし
負け組のヒガミと見るべきかと

しかし、釣りだろ

234 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 18:16:07 ID:ZGjrITDu
>>233
ありがとう。そうよね、15万なんて。
うちの旦那のとこは1回1万8千円で、絶対眠れない。
転院転科を勧めるとこだったよ。

235 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 18:48:44 ID:6WYigGE5
妊婦が意識不明になった後に「寝に行った」・・・これは心象が悪いです。
日本の医者にはもう期待できない。

236 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 19:54:13 ID:gBd5MKQB
>>227
未だにこんな都市伝説信じてる奴がいるのかw
医学教育には莫大な税金が…とか信じてるんだろうな。
死ねばいいのに。

237 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 20:04:34 ID:FWsd8Med
389 名前:名無しさん@七周年 投稿日:2006/10/18(水) 19:20:20 ID:tkt5zHIv0
発生率0.002%以下の脳内出血だったら、手術出来ないのなら搬送してしかるべきだが、
発生率0.2%の子癇だったらCTや搬送は即死亡につながる。

まあ、非常に限られた当直スタッフしかいない中での、
当初の子癇という産科医の判断は、まあ妥当だったと思うよ。
産科医なら、普通 誰でも子癇と疑うケースだからね。

その後の患者の様子を見て、どうも子癇と違うと判断した時点で、
大きい病院なら、脳内出血なら、患者の搬送は命取りになるから
院内で脳外科医に引継ぎ、そこではじめてCT撮影。
そして、脳の緊急手術になるんだろうけど。

問題は、子癇だったら、たとえCT撮影でも患者を動かすと命取りになるという点だな。
患者の容態が安定してる状態でないと子癇だった場合、
CT撮影に回すと、それがが逆に命取りになる場合があるからね。

院内で脳内出血の手術が出来ない病院なら、どのみち脳内出血なら助からないから、
患者を動かさないで、子癇に、賭けるしかないだろうよ。


238 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 20:28:46 ID:1YKDFdc0
>>221
寝当直でも一晩一回15万もらってるんでしょ?
寝当直でも一晩一回15万もらってるんでしょ?
寝当直でも一晩一回15万もらってるんでしょ?
寝当直でも一晩一回15万もらってるんでしょ?
寝当直でも一晩一回15万もらってるんでしょ?

うち(自治体基幹病院)は寝ない当直で8000円ですが何か?

239 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 20:34:39 ID:kwn3Yahz
方々の掲示板に溢れる産婦人科医たちの醜い身内擁護。
これが世間の怒りを買い、当局も産婦人科医をターゲットにする。
この流れを作っているのは、あなた方産婦人科医なんですよ。
育児掲示板から消えなさい。

240 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 20:35:57 ID:LU1kl8DI
でもさ〜、みんな搬送の遅れが死因かと
当初から思っているみたいだけど、
搬送先の処置は適切だったのかな〜。
脳神経外科の手術ミスって可能性は
100%ないっていいきれるの?

受け入れてくれた病院は親切だったから
ミスはなかったのかな〜?

241 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 20:36:09 ID:1YKDFdc0
>>239
おいおい、おばちゃん、現実を直視しなさいよ。

242 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 20:39:20 ID:kwn3Yahz
現実を直視した方がいいのは、あなた方産婦人科医の方です。
いくら医師不足をアピールしたところで当局は不誠実な医師の味方はしません。
目を覚ましなさい。

243 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 20:41:31 ID:1YKDFdc0
>>242
はいはい、更年期、更年期。

244 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 20:43:37 ID:LU1kl8DI
>>242
不誠実な医師の見分け方を教えてください。
いい医師ってのがいまいちよくわかりません。

245 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 20:44:15 ID:j5YoFvvu
私は総合周産期母子医療の施設が整っている病院で出産したけど、
破水後なかなか良い陣痛が来なくて4日間促進剤を打った。
でも投与される時間帯は午前〜夕方くらいまでで、
産気づかなかった場合は1日1回は先生が見に来てくれたけど、
基本的にはずっと遠隔NSTで監視されていたので
真夜中に先生が陣痛室まで見に来るようなことはなかった。
それが普通だと思ってたよ。
でもまあ、私の場合はNSTでも異常なし、体調も良好で毎日の血液検査も問題なし、という状態だったからかな。
意識不明になってから放置されたら切れるかも・・・。

246 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 20:48:08 ID:LU1kl8DI
>>245
血管がですか?なにもそこまでしなくても‥。

247 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 20:49:23 ID:fozApj73
この病院って産科の医者って一人しかいないんだよね。
この後の業務どうするのかなあ。ここで分娩予約した人たちはどうなるんだろう。
生み終わった身としては人事だが、心配。
後数年生むのが遅かったらどうなったんだろう。人事にできるのは幸せだと思ってしまった。

248 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 20:50:37 ID:sQ6C07EM
生まれたのが男児では犬死だねw

249 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 20:52:21 ID:vEyaeCm1
>>245
でもさ、>>245によると意識不明になっても打てる手はなかったんじゃないの?
せいぜい転送先探し→医師本人でなくてもいい→体力温存のため仮眠
というのは合理的判断だと思うけどね。

250 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 20:53:59 ID:TFXF+2S0
238
8000円って少ないがマイナー科なのか?耳鼻科とか眼科、皮膚科当直?
分娩手当て別途1件5万つくところはあったが当直8000円は知らない
看護師でも16時間勤務14000円が平均
(公務員は除く 年末の人事院勧告で帳尻合わせてもらえるでしょ)
中核医療施設、基幹病院の産科寝当直で12万だった
個人産科病院の寝当直でも8−10万が相場ですよ


251 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 20:54:11 ID:kwn3Yahz
>>244
今回の一件を以ってして、ここでもうすでに繰り返し述べられている医師の不手際を以ってしても、
それでも分らなかったら、
あなたにはいくら説明しても無駄でしょうね。
そしてその態度が世間の怒りを買い、当局も動かざるをえなくなる。
自分たちに返って来るのが分らないのだから本当に馬鹿だなあと思います。

252 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 20:57:28 ID:1YKDFdc0
>>250
今回の病院は町立、おいらの病院は県立。
民間病院を持ち出してどうすんのよ。

ちなみに科別で当直料は変わらない。公務員だからね。
人事院勧告は毎年マイナスだって知らないの?

250は医者ではないね。

253 :249:2006/10/18(水) 20:57:30 ID:vEyaeCm1
アンカーミス
>>245でなく>>237だった

254 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 20:59:20 ID:LU1kl8DI
>>251
あの〜、医師ではないのですが‥。
ひょっとして思い込みが激しいタイプですか。
だから、いつもだんなさんが怒って
口をきいてくれないんですよ!
もっと、冷静にね。

255 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 21:03:48 ID:2J9PThUK
なくなった方は
典型的な中毒症だったのかしら
ずいぶんむくんでいたんだったら
やっぱり、奈良を出た方がよかったんでしょうね
でも、この時代、どこで産むかを研究しないと
ならないでしょ
32歳といってもいろいろでしょうけど
研究しない人多いんでしょうか?

256 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 21:04:30 ID:kwn3Yahz
>>254
医者かどうかは関係ありません。
>>251で述べたとおり、今回の一件をいいも悪いも見分けがつかないようだったらやはり馬鹿だなあと言わざるをえません。


257 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 21:05:57 ID:LU1kl8DI
>>256
では、今回の件であなたが悪いとする根拠はなんですか?

258 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 21:08:47 ID:kwn3Yahz
>>257
もうすでに繰り返しここで述べられている事。
その中の何が根拠なのか分らないようなあなたにいくら「ここです」と説明しても無駄。
ほんとに馬鹿だなあと思います。

259 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 21:09:24 ID:4jfDY2Xu
今まで二人を出産したけど
やっぱり出産って命がけなんだな・・・って改めて感じた。

代理出産・・・怖くなった。

260 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 21:10:18 ID:1YKDFdc0
マスコミに煽動されて医者、とくに産科医を叩いている愚民の皆様。
その報いはきっとあなた方に降りかかってきます。

産科医療の崩壊にご尽力いただきまして、本当にありがとうございました。

261 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 21:11:44 ID:LU1kl8DI
>>258
そんな調子だからだんなが口をきいて
くれないんじゃないの(笑)。
さみしいね〜。

262 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 21:14:11 ID:kwn3Yahz
責任転嫁に懸命ですけど、そこが世間の怒りを買い、当局も動かざるをえなくなる。
この流れを作っているのは産婦人科医たち本人です。


263 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 21:14:27 ID:TFXF+2S0

院長もかばっていないところを見ると、何だか中の人池沼っぽい
どうやって傷のなめあいしてるのかシラねけど自浄能力のない団体を
社会にはびこらせてることが害。損害保険料高騰させるだけで迷惑
人身被害を拡大し信用を貶めさらにトラブルメーカーは増殖輪廻されるっと


264 :某掲示板よりコピペ1/3:2006/10/18(水) 21:18:28 ID:INJdxC2v
近県の者ですが、詳細な情報を入手しました。

患者さんは予定日超過で入院し、入院当日からPGE2の内服で分娩誘発されていて、
当日の午後に服薬を終了、自然に経過観察していたところ、
準夜帯から自然陣発したとのことです。
ところが、午前0時頃に突然意識消失のような症状が出現したため、
産科当直医が院内の内科当直医に診察を依頼し、内科医の診察を受けました。
内科医が対光反射や一部の神経学的所見を診たところ、
意識レベルが低い(痛み刺激には反応あり)ものの他の異常所見が無く、
また陣痛発作時には産婦が声を上げて痛がるなどしたため、
産科医と内科医で「陣痛発作に伴う失神だろう」と判断したとのことです。
この際に「内科医がCT検査を行うことを主張したが産科医が拒んだ」などと
報道されていますが、両者の間でそんな押し問答のようなやりとりはなかったようです。
その時点では血圧は正常で、子宮口も4cm程度開大していたため
分娩経過を診ることになり、産科医は当直室に戻ったとのことです。


265 :某掲示板よりコピペ2/3:2006/10/18(水) 21:19:09 ID:INJdxC2v
しかし、その約1時間半後に痙攣発作が生じ、
この時点では血圧が180前後まで上昇していたため、
産科医が子癇発作と判断し、マグネゾールを静注して奈良医大病院に搬送を依頼ました。
ところが、奈良医大の産科病棟が陣痛待機室のベッドまで入院患者が溢れるほど
満床であったため受け入れることができず、また、容易に搬送先が見つかりませんで した。
大淀病院の産科医の先生はいつでも搬送できるよう、
今か今かと「受け入れ先が見つかった」との連絡を待ちわびていたらしく、
CT検査ももちろん考えたようですが、
( 今、患者を動かして再発作を起こしたら母児ともに危険かもしれない)
(CT検査に行っている間に搬送先が見つかったと連絡が来るかもしれない)
など考えて躊躇されたようです。
苛立つ家族に囲まれ、産科医自身も大阪の高次医療機関に数件電話するなどしたようですが、全て断られたとの事でした。
最終的に搬送先が見つかったのは、搬送を申し入れ てから二時間余り過ぎた後でした。

266 :某掲示板よりコピペ3/3:2006/10/18(水) 21:20:01 ID:INJdxC2v
聞けば聞くほど悲しい内容です。
報道では、かなり産科医を悪辣に糾弾しておりますが、
このような経過では同情を禁じ得ません。
一番の問題は、受け入れるベッドの絶対数が
奈良県では不足していることにあるように思います。
刑事事件へと進展しそうな気配ですが、このような例が刑事訴追されることを、
我々は容認してはいけないと思います。


以上、コピペ終わり。これが本当ならマスコミ最悪だな…。

267 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 21:21:29 ID:LU1kl8DI
>>kwn3Yahz
コメントある?

268 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 21:21:58 ID:TFXF+2S0
252
あんさん、当直のバイトにも出ない身でっか?
よろしおすなあ
せいぜいおきばりやす

お得意のダブスタっての?
錫でこしらえた鍍金はがれていはりますけどメンテしたほうがよろしいで

269 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 21:22:12 ID:dGXI0dgl
>>237子癇だったらCTや搬送は即死亡の根拠を述べよ。
今回のケースは子癇と判断してもしょうがないとは思う。
呼吸管理のもとCTは撮れる。
産科救急で意識レベルVで運ばれたとき送管、アンビュー持ちでCT室や
MRI室にはいるけど?子癇ならまだ助かる。頭で即手術は結構救急であったが、
妊婦の脳内出血や脳梗塞の場合、小さいもの以外母親は植物か死亡がほとんどだった。
脳外科もタームに近くなると、腹臥医にできないから先に帝王切開してくれ
いうからクリッピングの手術開始は自体遅れるしね。もうダメージ始まってる。
結果は悲惨で変わりがないが。

270 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 21:24:51 ID:kwn3Yahz
妊婦が意識を失ってから1時間45分、
戻って来た担当医にご主人が問いました。
答えは「寝てました」。
産婦人科医は今、信用を失っています。

271 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 21:29:18 ID:INJdxC2v
失うも何も、最初から信用してないって正直に言えば?>270

272 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 21:31:42 ID:TFXF+2S0
「陣痛発作に伴う失神だろう」と判断したとのことです
「陣痛発作に伴う失神だろう」と判断したとのことです
「陣痛発作に伴う失神だろう」と判断したとのことです

なんや、判断ミスでっか
それは不幸ですな。その後の経過が予測つかんはずですわ
やっぱ看護師はんに診断してもろうたほうがよろしおますな
科学のかの字くらい経験積んでから当直したらどないや

273 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 21:35:48 ID:1YKDFdc0
>>268
言うまでもなく公務員はアルバイトできません。
それでなくても普通の当直が週に2-3回ありますので。
でも8000円ですが。

274 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 21:45:49 ID:dAsXV5D3
>>269
ていうか子癇そのものじゃねえの?子癇という診断そのものは正解では?

A classic report of autopsies performed shortly after death of eclamptic women
found that the brains of more than 50 percent of the women who died within
two days of seizures displayed cerebral hemorrhages and softening [13].
Petechial cortical hemorrhages were most common, especially involving the occipital lobe.
Diffuse cerebral edema and gross hemorrhage were noted less frequently.
Cerebral venous thrombosis was common in woman with postpartum eclampsia.

275 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 21:48:27 ID:dAsXV5D3
UpToDateよりコピペ。

Central nervous system manifestations of preeclampsia include headache,
blurred vision, scotomata, and, rarely, cortical blindness;
seizures in a preeclamptic woman signify a change in diagnosis to eclampsia.
One in 200 mildly preeclamptic and 2 percent of severely preeclamptic women
will develop eclamptic seizures [10]. Stroke leading to death or disability is
the most serious complication of severe preeclampsia/eclampsia, but is also rare.



276 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 22:22:23 ID:WtU1zz65
 内科医と相談して「脳出血より子癇が疑われる」と判断されたのであれば、
経過観察となるだろうし、経過をみると判断をしたら、仮眠を取ることが
あるのは理解できる。

 (余談)一般の人は当直を勘違いしてるかもしれないけど、夜寝ていることが
前提です。だからこそ、2日間連続で勤務に就くことが許されてる。それに
公立病院の常勤医がやる当直は、15万円なんてとんでもない。10分の1がせいぜい。
「夜勤」ではなく「当直」だから本来支払われるべき時間外労働の割増料金さえ
支払われていません。悪意ある書き込みはやめよう。(余談終わり)

 遺族としては納得できないかもしれませんが、あの状況で仮眠を取ったことが
悪いこととはいいきれないと思います。(そりゃ結果論でみれば悪かったですが)

 それにしても実際の状況はどうだったんでしょう。
 同様な事件のマスコミ報道は、警察の意図的な情報操作にのってしまって、
真実が伝えられていないことが多々あります。
 内科医の意見を否定してまでCT撮らないというのは常識的に考えて変です。
それなりの理由があったと思いますが、それが伝わってこないんですよね。

277 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 22:32:09 ID:1YKDFdc0
勉強するといいね。
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1161148719/

278 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 22:35:44 ID:WtU1zz65
>>264-266
これ読んで納得できた。
確かにこの状況ではCT撮るのは躊躇すると思うな。

それと、今思い出したけど、妊婦って血液すごく止まりにくいよね。
あれはDICのような状態なのかな。
お産は病気じゃないかもしれないけど、そこらの病人よりすごい状態だよね。

279 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 23:00:39 ID:WtU1zz65
それにしても診断がなされたところで、
妊婦が脳出血していた場合、引き受けができた医療機関があったんだろうか。

そう言う意味では、奈良に住んでいたことが不運だったとも言えるかな。
本当に気の毒に思うけど、全てが救命できるわけではない医療現場の現実を見た気がする。

280 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 23:08:51 ID:TFXF+2S0
寝てたら救命以前の問題だけどな
本当に気の毒
無駄死ににすることも無かっただろうに


281 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 23:11:38 ID:+GJSvZQ6
担当医は寝ちゃいかんのかいな。
普通の人間は寝ちゃ駄目とか言われたって無理でしょ。

282 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 23:19:20 ID:TFXF+2S0
仕事中に寝てもいいって会社も無いでしょ

283 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 23:20:41 ID:FWsd8Med
>>273
うちも全科当直で10000いかないね。
勿論、$じゃないぞw

284 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 23:28:19 ID:Bq+TgH61
友人の医者に聞いたら、産婦人科医はどこでも不足気味。
産科と小児科は訴訟に持ち込まれる率が他に比べてかなり高い。
でもって、いつでも出勤態勢を要請されるみないな・・・
ある病院で、他の科の年収が2.5千万円だったのに、
産科だけ5.5千万円だったらしい。で、他の科の医師が怒って、
同じ額にしたら、その産科の医者はよそへ行った。
ということで、慢性的に産科は医者不足。
でもって、事故ったら困るから、緊急は受け入れたがらない。
これが現状なんすよ。

285 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 23:39:42 ID:LBuRssE7
担当医は当直医じゃ無かったの?まぁ当直医でも仮眠しに行って構わないんだけど。
シロウトから見たら、「寝ないで様子見るだろう」って言う状況だけど、ここで
「寝ておかないと」と思うくらい、普段から激務なんだろうね。

開業の産婦人科でお産の取り扱いをやめた所って、巷にたくさんあるんでしょう?
そういうところと、分娩を取り扱ってる総合病院をお見合いさせてサテライトにして
定期検診は開業医ですませ、出産までに総合病院へは数回行くだけにして、
昼間の仕事を減らした分、総合病院の産科医はしっかり休養が取れるようにしたらいい。
それこそ「当直」ではなく「夜勤」にして、夜勤明けの半日でも休養を保証して欲しい。
疲労からのミスや離職なんて事が続いたら、どちらにも不幸。

286 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 23:41:33 ID:FWsd8Med
>>284
それ尾鷲の事だと思うけど、かなり事実とかけ離れているぞw

287 :名無しの心子知らず:2006/10/18(水) 23:51:16 ID:q7yoaZo4
妊娠中にCT撮ったら赤さんまで被爆しちゃうんじゃないかなぁ
それに妊婦を乗せてCT撮るのも大変だろうね
脳内出血した時点でアウトじゃね?

288 :いのげ:2006/10/18(水) 23:54:31 ID:FWGnU5pk
被曝はほとんど気にしなくていいです
頭部CTなら標準許容量の四分の一程度だし
腹部をプロテクタでカバーして
被曝を減らすこともできる
それより子癇があるのだからCT室へ運ぶこと
自体にリスクがあると思われまつ

289 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 00:15:34 ID:3g0myw1O
匿名掲示板で自己弁護、身内擁護すればするほど世間の怒りを買い当局が動き出す。
この構図、いくら言っても理解出来ない無能な人が産婦人科医だと言う事。
「医師不足が招いた悲劇」と理解してもらう為にも、ここから身を引きなさい。

290 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 00:15:53 ID:Z8e3us3t
「周産期救急のコツと落とし穴」を見ると、妊産婦の痙攣は子癇よりも
脳血管障害をまず疑おうとある。子癇発作と決めてかかったのがまずかったね。
3次救急で依頼してたんだろうか。


291 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 00:18:14 ID:VH6GE2IV
死んでしまった人は一番かわいそうだけど、
病院も気の毒に思えるな。

292 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 00:32:17 ID:LtpaCAxQ
当直だの睡眠だのの流れみてたら、自分が出産したのがちょうど明け方で
出てきた婦人科医がモロ寝起き・寝惚け眼の男性でショックだったの思い出した。

293 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 00:42:28 ID:adDtsE7x
かわいそうだとは思うけど、運が悪かっただけで、訴訟とかは筋違いだと思うんだが…

294 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 00:44:02 ID:17COuZZ2
そう言われてみると、朝からのお産が長引いて、5時以降になり
入院時の担当医、当直帯の医師、隣のお産が帝切になったため
オペ室の準備待ちで手があいた医師(外来担当医だった)のチーム、
なんだかんだで10人くらいの産科医に囲まれた出産で(見学者は無し)
チョーウザ!大学病院勘弁、と思ったが、大変恵まれたお産だったのだと思い直した。

295 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 00:47:01 ID:gZxs5KFI
>>289
>>267に答えてみたら?

そう言えば、福島産科医の時の改行基地外と同じ臭いがするね。
人の意見も聞かず、同じ戯れ言を垂れ流す所なんかそっくりだね。

296 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 00:57:33 ID:3g0myw1O
>>267に答えてみたら?

あなたの無能さ、人生経験の薄さが世間の怒りを増幅している原因のようですね。
それを自覚出来ないから>>295のような「答えてみたら?」などと言う頓珍漢な発言になるのでしょう。
私の答えは>>289などでもうすでに言っているけれど、あなたが理解出来ないだけです。
どこまで馬鹿なんでしょうかねえ。

297 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 01:17:58 ID:gZxs5KFI
>>296
何言ってんのやらw

298 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 01:22:47 ID:g/Ci/+ci
>>297
不毛な釣りでしょ
お互いにキャッチ&リリースして楽しんでるだけですよ
本当にありがとうございました

299 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 01:27:39 ID:ga0gaP07
>>297
馬鹿はスルーしましょう。


300 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 01:30:09 ID:3g0myw1O
身内擁護すればするほど、自己弁護すればするほど、世間での自分たちの立場が危うくなる。
産婦人科医たちが陥っている現状です。

301 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 01:31:14 ID:nV3+Z4/3
米倉涼子さんが生放送中に放屁、脱糞の可能性も
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1160977310/

302 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 01:39:44 ID:lRvHDACN
>>301
ノーとん先生が反応した

303 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 02:34:51 ID:9inAU5aU
>>274 古典的(CTもMRIも無い時代)に妊娠不適応発症と考えられる痙攣
を、高血圧症、蛋白尿、浮腫合併でミソもクソも全部子癇と呼んだ。
現在、狭義子癇は高血圧を惹起する物質が原因でおこった脳血管の
スパスムが原因でおこる脳の虚血発作説が有力であり、
除外診断でCTやMRIで器質的な病変が無いものとされるのでは。
(逆に血流が増加の説も討論されるが今回省略)

304 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 02:38:16 ID:9inAU5aU
>>274狭義の子癇治療は精神安定剤、Mg投与で帝王切開、
脳動脈瘤破裂やAVMの脳出血が原因なら、ゴールデンアワーに血種除去や
クリッピングで止血手術。梗塞なら、緊急アンギオ後イチバチかの血栓
溶解療法(梗塞後出血の危険もあるが)等、産科医や他科との対応全く
違うんでないの?原因をはっきりさせずミソクソも同じ広義子癇で論じては産科救急はダメ。誘発剤は無関係。

305 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 02:49:08 ID:9inAU5aU
>>274 ちなみに単なる子癇発生は1000〜2000分娩に1回。梗塞や脳内出血合併
は10000分娩に1回(報告者でことなるが。。。)と記憶してる。やたら血圧を
下げたがる助産婦や年配産科医もいるが原因を見極めないと逆に悪化させるので
臨床的には大注意。現在でも死亡率は高いはず。違うのは、夫の対応。最近は数
年前と全くちがう。


306 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 02:53:01 ID:Lva+TpHy
遺族もマスコミも一般人も「満床」の意味わかってないね。
「ベッドがないだけで、診察はできるはず」なんて言ってたけど、ベッド数に応じて
スタッフの人員が決められてるんだから、受け入れするほうが事故がおきるよ。
自分さえよければ〜と同じ意味だと思う。

307 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 03:57:21 ID:PGxuw8O3
>>221
未必の故意を問うべきなのは、
医療崩壊を招くことを承知の上で医療費を削減しまくった政府に対してでしょうな。

308 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 04:52:14 ID:OUcBa7SB
>>284
>で、他の科の医師が怒って、
>同じ額にしたら
ワロタ

産科医が寝過ぎてたのが悪いとか言う人居るけど
一日5時間も眠れてないと思うぞ
ミスがいくら起きても良いのなら睡眠時間3時間でも何とでもなるんだろうけど。

>>282
徹夜続きで、しかもミスしたら人が死んで訴えられる会社はあるの?

309 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 05:09:45 ID:OUcBa7SB
>>289>>300
因みになんでもかんでも医者が医者を擁護してるんじゃなくて
同業者をボロクソに叩いてる事件は幾らでもあります。

【裁判】抗がん剤過剰投与で死亡、防衛医大医師に有罪判決 「治療を早く終えて帰宅させたかった」…さいたま地裁[10/06]
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1160155921/

これとか。

単に>>289=>>300が医者に対する擁護は全く許せない、という
思想の持ち主であるだけなのでその点に注意。

この奈良の事件はこの事件は医者から見て、制度的な問題が大きく、
産科医の過失の程度は大きくないと思われるから抗議しているだけかと。

310 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 06:25:03 ID:ga0gaP07
>>309
気違いだからそんな理屈は理解出来ませんよ。

311 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 08:59:39 ID:VAMJR2bV
>>308
尾鷲市の場合、一年間で休日が年末の二日だけ、それ以外は
病院から一歩も外に出られない(買い物は事務員が代行)
軟禁生活だったってね。そんなんで年収5,000万(手取りは半分位)
もらってもやってられないっての。

奈良の場合も↓コピペですがこんな環境で働いてた模様。
これで1時間半の仮眠を非難するって事は、この医者に氏ねと言うような物。
なお、昼間勤務した医師が夜間の救急診療をするのは違法だそうです。
どこも守ってなさそうだけど。

101 名前:名無しさん@七周年[] 投稿日:2006/10/19(木) 01:46:08 ID:XL5/laXs0
>>66
一人医長常勤医で主治医
当直(or on call)週5回
応援は週二回のバイト当直だけ
平日はフルタイム外来&オペ
事件当日は連続勤務4日目の深夜
疲れのピークだったらしい
m3のうわさ話だが

312 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 09:31:56 ID:/DWbdR/s
問題の産科医、丸谷千明

313 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 10:12:25 ID:rLC3TaSB
誘発促進剤は人によって効果に差が出る
和○山の事件では陣痛程度を判断せず、医師より支持された量をやみくもに投与していた
15〜20年前は産科も無茶苦茶してたよ。
 ラミナリアをクレゾール消毒のみで乾燥後、10回以上再使用したり器械もヒビテン浸漬だけで滅菌せずソウハとか
 本体にアトニン5を20アンプル混注し、輸液ポンプなしでドロップとか当然のようにしていた
 常時モニター監視せずに過量投与のまま誘発促進、分娩進行状況は内診所見とドプラーでたまに計測だけとかね
 子宮口が2cm開いていたら陣痛の有無を問わずに破膜し、抗生物質投与しながら促進とか
 見切り発車や、闇雲に手を出しすぎた功罪も多かった

医療事故が明るみになりモニター監視下での促進、誘発がようやく当たり前になった
未だにモニター監視せず誘発促進している病院もある
底辺が、身を裂いて頑張っている一線の産科の足を引っ張っていることには何ら変らないんだが

奈良の事件は制度的な問題はおまけ(要因の一つ)に過ぎない
子宮口4cmの内診所見と分娩進行状況、母体と胎児のフィジカルアセスメントを統合的視野で判断した際に
固体リスクを予測し得なかったため対応の遅れが出たこと、管理方針を見誤ったという結果に過ぎない
リスクマネージメント能力が欠けている。施設の規模やマンパワーなど力量に応じた仕事を見極める必要があった




314 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 10:16:23 ID:9stAY4vb
育児板のレベルを落とすようなカキコは勘弁してよ
医師板にまでアフォの出前もカンベンな

昨日今日とネットや新聞TVをヲチした結果
可哀想だけど、ママは脳出血の時点で
運命が決していたんだって分かったよ。
ご冥福を今日もお祈りいたします。

でも、彼女の運命が教えてくれたことは活かさなきゃならない。
我が県の周産期医療が全国的に見ても手薄なこととかね。






315 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 10:29:51 ID:rLC3TaSB
4cmだから分娩が進むというものではないという事ね
もう4cm開いた
まだ4cmしか開いていない
有効陣痛か無効陣痛か
胎児胎盤の機能と母体のリスク状況は進行状況に合わせて刻々と変化するための対応をしておく

促進剤を使用する場合はいろいろな場面を想定してダブルセットアップは今になり当たり前の時代
TOXやハイリスクの妊婦ならセデーションをかけて安静を選択するのも方針の一つ
全てはどのような考え(情報処理能力、診断能力)の下、エビデンスや経験らを合わせて判断を下し、
予後を見通し、準備を整え、管理方法を選択したかを問われるのは当然だと言える
結果責任を問われる立場だからこそ、結果責任回避のような戯言や行動は言うだけ地に落ちるというもの
言い訳や屁理屈が通らない時代だから、生き残りをかけてやるしか道は無いんだよ
司法の場で法曹と渡り合えるディベート能力を 医療現場で働き蟻の如く行動化して結果を示すの積み重ね
医師の世間での立場とはそのようなものだ

316 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 11:00:43 ID:ga0gaP07
くだらない長文は読みたくないね。

317 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 11:09:44 ID:xo4NWi+i
助産師いなかったのかな?
出産なんて、医者がいないのが普通ってくらいだよね。

318 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 11:15:29 ID:PPllTrO8
近々出産予定の妊婦です。

最近の2chとかNHKの特番とかで、
医師(特に産科医)の大変さを知っただけに、
「診察してもらえるだけでもありがたいんだな〜」って思う。
それは不思議と、このニュースを見た今でも変わらない。

319 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 11:50:20 ID:SEsj4VZq
>>314
そうだよね。このお母さんの命が無駄にならないように
行政側も考えてほしい。莫大な予算も必要になってくるし
簡単な事ではないけどね。
医師の待遇とかも見直されるといいな〜と思う。うちの旦
那も当直明けの日は、夕食食べながらとか、入浴中に寝ち
ゃって危ないよ・・・。

320 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 12:14:55 ID:iJq2uF3S
これからは陣痛中に嘔吐や頭痛があったり失神したら
速攻で脳手術できるCTのあるような大病院にこぞって搬送されるのだろうか。
子癇発作おこしたら死んでも良いからとりあえず
エクスキューズのためにCTとられるんだろうか。
ってことになりかねない。

321 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 12:44:51 ID:jJDXOZlX
「ちゃんとした対応をされてれば結果は同じでも「ありがとうございました」と言えた」と旦那さんもテレビで言ってたよ。
病院に行ってるのに「もう死ぬから」とその辺に転がせているのとちゃんとした処置をとられて死ぬのだと大きな違い。

322 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 12:55:56 ID:l/Y8XBM6
>>321
だから、ちゃんした処置を取れる病院が見つからなかったって話だろ。
どこもベッドが満床で人手も足りないのに、無理矢理受け入れてベッドがないからその辺の台に
転がしておけばちゃんとした処置とでも?
無いものねだりするのは、結果が悪かったから文句を言うのと変わらないんだよ。

323 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 12:56:11 ID:wDYNn7nt
「○○さえしてくれれば」って言う奴は何をされてても絶対納得しませんよ

324 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 13:02:55 ID:SEsj4VZq
患者側からの「ちゃんとした対応」って、おそらくは
検査だOPだとバタバタとスタッフが駆け回り、挿管され
呼吸器が付けられ・・・というドラマみたいな状態なんだと
思う。
でも、医療スタッフの「ちゃんとした対応」って、子癇
発作と判断されたからには、点滴して様子見なんだよね。
そして、子癇じゃないと分かった時点での対応は、搬送
先を探す事なんだよ。
病院も判断ミスは認めているようだし、この子も、お父さ
んも、何とか立ち直って元気になってくれると良いなと思
うよ。



325 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 13:22:35 ID:xaT9TUYt
>>324
わかりやすい解説だ。特に前半4行w
同じようなことは何度もカキコされてるのにそれがわからない>>321って
なんてバカなんだろう

326 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 16:03:27 ID:OUcBa7SB
アレだ、とりあえずバタバタ要員を何名か雇うべきだな
演義の上手い劇役者とかだとgood!!

327 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 16:08:25 ID:88AqqhaC
>>324
その妻の状態を、どこまで把握してたかだよね。
産科で一人しか医師がいなくて、っていうのは珍しくないと思うし。
お産が重なることもあるし、いつ始まるかもわからない、
日中は外来もみなくちゃいけない・・・。

今、改正があって、看護師が足りないって病院も多いと聞くし・・・
看護師も足らない、助産師も足りない、医師も足りない。
大丈夫なのかな・・・と心配だよ。


328 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 16:08:54 ID:9rWhTqPW
>>326
ダミーのモニター機器とかも

329 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 16:35:29 ID:+q0nudUJ
私は初産の時、朝方の出産だったけど思いの外早かったみたいで
「先生早く呼んで来て!」となって登場したのはお産で興奮してるのに
一瞬素に戻るくらい頭ボサボサの目が半分くらいしか開いてない先生だった。


今回の件とは関係ないかもしれんが寝れるだけ無理にでも寝てるもんなんだなと思ったよ。

そうでもしないと体力もたないんだよね、きっと。


ちなみに2人目も夜中のお産で登場した先生はやっぱり頭がボサボサの寝起き先生だった。




330 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 16:59:54 ID:gZxs5KFI
>>326
泣き女の様な役者を雇うと良いね。
顧問弁護士、バタバタ女、ピック留の3つ揃えれば完璧かね。

331 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 17:02:13 ID:xVN2Hy8S
なけてくる

332 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 18:04:23 ID:rZp7riZm
ID:kwn3Yahz=早稲田

333 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 18:39:27 ID:AmWL9L1k
>>324
そうだね
今回は亡くなったから、せめて、こうしてくれてたら〜っていうけど
本当にベットも無いのに引き受けて、野戦病院みたいに
廊下で寝かされてたりしたら、それも問題になってたと思う。
ベット(人手)もないのに、引き受けたのは無責任だ!ってことに
なってたろうね。
遺族の心境としては分かるけど、そうじゃない一般人はもうすこし
冷静に考えないと…
このスレ覗いて、一部へんなのはいるけど、だいたいの流れは医者たたきになってないのに
ちょと安心したよ。
医者(病院)VS患者(一般人)で対立しつづけても、何も改善しないからね。

334 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 18:52:14 ID:meKLRKFU
一番の問題は奈良の医療体制そのものとマスゴミの偏った報道。

335 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 19:32:30 ID:TpNnjJIl

>>314
>可哀想だけど、ママは脳出血の時点で
 運命が決していたんだって分かったよ。


この産科医が子癇だと判断ミスをした時点で決ったんだよ!!


336 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 20:41:43 ID:9inAU5aU
>>313、335 あまり現実を知らない。三次救急産科はたとえ分娩中で無くとも、
妊婦意識障害が搬送される。CTが無い診療所や助産院で子癇と判断ミス
でしょうがない。子癇病名でうけて緊急CTで出血と診断し、カイザーと
開頭術をセットしても、2人分命を背負う脳外科はいないから、カイザー優先、
脳外Op Golden timeは過ぎ、全例母はベジタブルか死亡だった。
判断ミスがあろうが無かろうが同じだ。過去の文献も読んで言って欲しい。

337 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 20:42:52 ID:0aS0jzBB
>>329
早朝3時の出産だったんだけど、担当の若先生が目覚めが悪くって、
めったに立ち会わない大先生がボサボサ頭で取り上げてくれました。
「息子のやつぁ、まだまだだ」っていいながら。

338 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 20:56:16 ID:Uabagrk5
今度はライブドアで投票だとか・・はぁ〜
TV討論だかに使用するそうなので、どうか反対意見お願いします。
法改正なんてされてたまるか!
私自身ももちろんだが、娘が代理出産うんたらに巻き込まれたら冗談じゃない!
一部の想像力ない奴のために、一般女性が背負う苦痛、当たり前の世の中にされてたまるか。

http://news.livedoor.com/webapp/stream/detail.html


339 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 21:52:24 ID:eNp7z7+P
やんごとなきご身分の御方の奥方なら満床でも引き受けただろうなw
軽症な国会議員と重篤な一般人ってネタ、ドラマでありがちだけど実際ありそでコワス

340 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 22:36:36 ID:SfoKKw54
>>339
「救命病棟24時」で似たようなのがあったなぁ。
東京に大地震が起こって、クラッシュ症候群の患者を
人工透析が出来る病院に搬送する為に自衛隊のヘリを
国会議員に要請したけど断られた。
しかし、その患者の中に国会議員の妻が居たので結局
ヘリは用意されたってエピソード。

341 :名無しの心子知らず:2006/10/19(木) 23:00:59 ID:JoeAdfIN
>340
関係ないが、それはあなたの脳内ストーリーだよ。
「この非常事態に議員バッチは通用しませんよ」って自衛隊のヘリも
報道のヘリも断られた。で、知り合い企業のヘリをトオルが調達したんだったとおも。


342 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 00:07:42 ID:9gN+0IWC
>>266
マスコミとヒステリー女
こいつらがいるからダメになったのさ

343 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 00:12:16 ID:c+dcRshE
ヤブ医者にヤブ看護婦。
いなくなれ。

344 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 00:49:36 ID:+ATv0XtR
当夜の当直は外科系は整形外科医、内科系は内科医、
産婦人科は奈良医大から派遣の当直医。
患者さんは午前0時に頭痛を訴えて失神、
ただ痛みに対する反応(顔をしかめる)はあった。
産婦人科当直医は念のため内科当直医に対診を依頼、
内科医は「陣痛による失神でしょう、経過を見ましょう」
ということになった。しかしその後強直性の痙攣発作が出現し、
血圧も収縮期が200mmHgになったので、子癇発作と判断、
マグネゾールを投与しながら産婦人科部長に連絡した。
部長は午前1時37分、連絡してから約15分程で病院に到着。
以後二人で治療にあたったが、状態が改善みられないため、
午前1時50分、母体搬送の決断を下し、奈良医大へ電話連絡を始めた。
午前2時、瞳孔散大を認めるも痛覚反応あり。血圧は148/70と安定してきた。
この時点で頭部CTも考慮したが、放射線技師は当直していないし、
CT室が分娩室よりかなり離れたところにあること、
患者の移動の刺激による子癇の重積発作を恐れ、
それよりも早く高次医療機関をさがして搬送するほうがよいと判断、
電話をかけ続けたが、なかなか 搬送先がみつからない。

345 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 00:49:53 ID:+ATv0XtR
午前2時30分、産婦人科部長が家族に状況を説明、
そのあいだにも大淀病院の当直医や奈良医大の当直医は大阪府をふくめて
心当たりの病院に受け入れ依頼の電話をかけつづけた。
家族はここで「ベビーはあきらめるので、なんとか母体をたすけてほしい。
ICUだけがある病院でもいい」と言ったので、
NICUを持たない病院にまで搬送先の候補をひろげ、
電話連絡をとろうとした。家族も消防署の知り合いを通じ、
大阪府下の心当たりの病院に連絡をとって、
受け入れを依頼した。この頃には産科病棟婦長 (助産師)も来院、
手伝いはじめてくれた。
大淀病院看護師OGで患者さんの親戚も来院し、多くの人が集まり始めた。
けれども受け入れてくれる施設が見つからない。
担当医は当直室(仮眠室)から絶望的な気分になりながら電話をかけ続けたし、
大学の当直医は大学の救命救急部門にまで交渉に行ったが子癇は産婦人科の担当で、
我々は対処できないと言うことで受け入れ拒否された。
午前4時30分、呼吸困難となり、内科医が挿管したが、その後自発呼吸ももどり、
サチュレーションは98%と回復した。
その後すぐに国立循環器病センターが受け入れOKと連絡してきたので、
直ちに救急車で搬送した。患者さんは循セン到着後CT検査等で脳内出血と診断され、
直ちに帝王切開術と開頭術をうけたが、生児は得られたも のの脳出血部位が深く、
結局意識が戻らないまま術後8日目の8月16日死亡された。

仮眠する暇などあったと思いますか。
地獄のような深夜の分娩室や当直室の雰囲気がひしひしと感じられますね。
奈良県警さん、誰を逮捕するんですか。
また病院長さん、産婦人科には門外漢なんだから、
誰か産婦人科専門医に相談して記者会見して下さい。
なんだか福島の事件にそっくりの展開になってきました。
新聞報道とはずいぶん違うでしょ。


346 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 00:50:08 ID:5moHYBXe
なんか…妊婦さんも病院もとにかくタイミングも運も悪かったように思う カナシス

347 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 00:50:27 ID:mJww5z+c
福島不当逮捕の検事だっけ、
いちかばちかでやってもらっては困るとか言った奴。
死ねばいいのに。

三割ぐらいの成功率でも、産科にとっては爆弾になった。

348 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 00:57:00 ID:2hBZAHrq
あきらめてもいいといったベビーだけが助かり
ベビーを犠牲にしても助けてほしいと言った母体が死亡した、か。

遺族の胸中にはいろいろなものが渦巻いていそうだなあ。

349 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 01:24:33 ID:7a4AvPB7
2chの他のスレで、
妊婦は妊娠中毒症なのにダンナがご飯を作らせてて、
ダンナはフリーターで、高校卒業してすぐ結婚した。
ダンナ両親とは同居だったってTVで見た。
って人がいたんだけど、これホント?

350 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 01:49:07 ID:7qu0kyna
>>349 高校卒業してすぐはないでしょ。
旦那24歳で新婚らしい。

それとも、×1?



一番問題なのは産婦人科医が減少していること。

お産は病気とは違うけど、危険を伴う物だから、いざとなったら訴訟に発展しやすい。

皆、それを恐れてなかなかなりたがらないんだよ。
それに中絶だって辛い。

国も本当に出生率を上げたいなら、産めよ増やせよの理論ではなく、
産婦人科医や小児科医の待遇をあげて、それらの絶対数を増やすべき。



351 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 03:25:42 ID:VtOFrn/m
>>345
ハイハイ
仮眠する暇もないはずが「寝てました」と答えた担当医GJ

352 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 07:51:20 ID:w+woTtGk
>351
状態が急変せず、変化がないか見るだけだったら当直の看護士に観察任せて
寝るのが当然でしょう。翌日の外来診察だってあるんだし。
最初は脳内出血が疑われてなかったんだから当然の行為、そういうときに眠らずに
フラフラの状態で翌日の診察されたら他の妊婦さんが迷惑。
容態に変化があってからはちゃんと起きてるし産婦人科部長も呼び出している。

だいたいこのケースって、県内に受け入れ施設・受け入れシステムをちゃんと構築
してこなかった行政が責められるべきなのに
なんで医師に矛先が向いてんのか理解不能。
どう考えても行政が策を打っておかなかったのが悪いでしょう。

353 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 08:00:03 ID:+PCwTO9t
>>350
高校卒業したのが18歳だと、勝手に妄想しないで

354 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 08:18:56 ID:ipd5SEjD
>>352
行政の怠慢を非難されたくないから
非難の矛先を隠すために、
産科医個人の過失ということにしたいのかもね。

県警本部のトップは知事?

355 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 08:22:46 ID:ipd5SEjD
× 隠す
○ かわす

356 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 08:38:32 ID:pz5VD+Pp
6ch、朝ズバ見てたら、奈良市の職員が病気を90日毎に変えて
病欠を続け、5年間立った8日間しか出勤してないにもかかわらず、
ほぼ全額給料をもらっていたと言うニュースがあった。

こんな屑に金は出すのに、病院の不備はそっちのけ。
もう一人産婦人科医がいたら、今回の妊婦さんももしかしたら助かったかもね。

357 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 08:45:49 ID:OikKk9Qi
127 名前:名無しさん@6周年[] 投稿日:2006/10/20(金) 05:32:30 ID:TaR78lRG0
産科医師は1度撤退された方が良いかもしれない。

「アメリカの医療費」について
ttp://www.urban.ne.jp/home/haruki3/america.html
○出産費用 14,000ドル 150万円

「今年の10月に次男が誕生した。そのときの出産、入院費用の合計はなんと1万4,000ドル。
ほとんどが保険でカバーされているので問題ないが、日本と違い、社会保険制度が発達していないアメリカでは、個人、会社で保険に入れない人は子供も産めない。また、このとき、費用の請求方法にも驚かされた。
なんと4枚もの請求書が届いたのだ。アメリカでは医療が専門化されているとは聞いていたが、医療費の請求方法もこれほど細分化されている。もう少し患者(客)に分かりやすい方法を取ってほしいものだ。 」

[出産費用請求内訳]
 産婦人科医: 7,000ドル
 麻酔科医 : 2,000ドル
 小児科医 : 2,000ドル
 入院費  : 3,000ドル
 計    : 14,000ドル 

358 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 09:05:46 ID:0UCSYdQ3
>>352
産科の当直の先生が来たから、担当医は後は任せて帰って寝ちゃったんじゃないの?
でも旦那さんから見たら、知らない先生に任せてのうのうと寝ていたように感じられたと。
これはしようがないんじゃないかな?

359 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 10:41:32 ID:+ATv0XtR
>>358
文章読む限り最初からいたのは当直医
1:37に自宅で寝てた担当医が到着
これが仮眠してたとか言われてね?

360 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 10:49:40 ID:0UCSYdQ3
>>359
うん、そういう意味で。
昼間見てたのが担当医、具合が悪くなった時にすぐ来たのが当直医。
1時間以上遅れてきた担当医が理由を問い詰められて「寝てました」だと。

361 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 11:08:32 ID:+ATv0XtR
仮眠じゃなくて普通に寝てただけだよな
かわいそうに

362 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 11:54:20 ID:ipd5SEjD
予想通りで奈良県は医大に総合周産期センターを設置予定だって!
総合周産期センターの要件に満たない母胎胎児集中治療室3床分のみを
増床して「祝!総合周産期センター新規開設」とかやるんだろうな

これでは医大の先生方にさらに負担がかかるだけで
県内で恒常的なNICU不足は解消しないんじゃないの?
人口からいって県内NICU40床は少なくないなんて
行政はいってたけど、それならなんで県外搬送率が高いんだよ!
マスコミもこのあたりを追究したら褒めてやるのに


363 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 12:04:04 ID:+ATv0XtR
これ旦那が訴えようとして弁護士に相談はしたけど
不可能だとわかってからテレビ出だしたんじゃないの?

364 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 15:32:35 ID:MlXAtS39
毎日新聞による医療破壊工作、ただいま爆進中です。

【医療】奈良妊婦死亡:搬送先探し、診断不正確で遅れか 奈良・大淀病院[1020]
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1161325488/

365 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 15:39:22 ID:cGRlFhaT
旦那が担当医が寝ていたのがけしからんというようなことを言ってたが
つまり「担当の患者がいるうちは病院から出るな」とでも言いたかったのかねぇ?
真夜中に家で寝るのも許さない。病院辞めるまで一歩も外に出ないでください、てのと同じ。
とんだDQNだった訳だな。

366 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 16:47:55 ID:7y+dlHBL
■受け入れ拒否した病院

奈良県
 県立医科大学付属病院
 県立奈良病院

■受け入れ拒否したと予想される病院

大阪府
 大阪府母子保健総合医療センター
 高槻病院
 石井記念愛染園附属愛染橋病院
 関西医科大学附属枚方病院

367 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 17:13:08 ID:m77gs3vM
分娩中の入院患者が意識消失しても担当医にすぐコールいかないんだね…。怖いよ。
外部のからの当直医が処理しきれる問題じゃないのに。

368 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 17:30:47 ID:tJG1DrAJ
意識レベルが3桁の時点で、意識レベルの示す状態が何たるかを
わかっとらんから判断誤ったんだろ。産科は救急にはめちゃ弱いからね。
意識レベルまでもが下がっているのに席を外す理由は何だ?
意識レベルがいつ頃、アラートに戻るだろうと判断して席を外したんだ?

科学的根拠もないのに、状況を看過したから問題が発生しただけ
問題解決能力、リスクマネージメントに欠けているものに当直させるなよ
そんな危ない医者引っ張るなら、出産取り扱い辞めるか、分娩数制限しろよ
意識レベルが低かったのは当直医ってこと

>状態が急変せず、変化がないか見るだけだったら当直の看護士に観察任せて
>寝るのが当然でしょう。翌日の外来診察だってあるんだし。
レベルが既に落ちている段階で、急変していますが?
正常経過でもないのに、異常が発生せいても看護師に責任転嫁して逃げてるだけ
看護師もいい迷惑ってもんだ。異常分娩押し付けられて責任も取らされるなんてな
急変してないから、レベルに変化がないから放置しましたなどの小理屈はいらん
お涙頂戴で世間の同情票買うにしても、もっとまともな理屈つけてこいよ

369 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 17:34:27 ID:tJG1DrAJ
内科医がこないと挿管もできないなら産科医辞めれば?
ベビー急変したらちんたら他科医待つのか?
真っ黒で死んでるぜ
母体が呼吸停止起こしたら他科医待つのか?
新幹線で東京ー博多間走ってる間にベジ作れるぞ
Ns,あおいに挿管でも手取り足取り教えてもらえ

370 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 17:48:33 ID:cHphPZKH
旦那の祖母は元・大淀病院の看護師

371 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 17:52:51 ID:0UCSYdQ3
産科の看護師ではなかったところが味噌

372 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 18:51:42 ID:74XE8Xeb
担当医とは別に当直医がいたのか。
じゃあ担当医は寝てても構わなかったんだね。

373 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 19:30:21 ID:B1GjwZoc
旦那のまとめ

嫁と旦那は旦那が高校生のときから付き合い
旦那はフリーター
旦那が高校生のとき、この嫁に一目惚れして、高校卒業と同時に結婚
旦那たちは、旦那の実家で暮していた
旦那は、妊娠中毒症の奥さんに食事の支度をさせていた
 「毎日美味しいご飯を作ってくれて…」
旦那の祖母は元・大淀病院の看護師

テレビ報道より

374 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 19:37:47 ID:njhuV1qr
おやおや、性懲りも無くまだ産婦人科医同士の庇い合いですか?
こんな事してるとね、世の中から

汚い奴等、産婦人科医

な〜んて言われちゃいますよ。
気をつけてね。

375 :逃散医:2006/10/20(金) 19:55:39 ID:AUWh5Je+
>>368 言ってることがよくわからん。
>問題解決能力、リスクマネージメントに欠けているものに当直させるなよ
 これらが満たされている医師ってあなたの基準では医師の何割ぐらい。
 1割もいない医師に毎日当直させるわけだ。
>そんな危ない医者引っ張るなら、出産取り扱い辞めるか、分娩数制限しろよ
 すでにいろんなところでそうしてるよ。
>レベルが既に落ちている段階で、急変していますが?
 急変しているからどうするわけ。立派に大淀病院の人たち対応しているよ。
 あなたならどうするわけ。教えてほしいなあ。
>異常が発生していても看護師に責任転嫁して逃げてるだけ
 責任転嫁ではなく業務分担。医師に属する業務に関して他者に
 責任転嫁なんてやりたくてもやれないよ。
>急変してないから、レベルに変化がないから放置しましたなどの小理屈はいらん
>お涙頂戴で世間の同情票買うにしても、もっとまともな理屈つけてこいよ
 まともな理屈がわからん人間に、何を説明しろというのだろう? 
 医師をいじめるのが気持ちいい人間もそりゃいるだろう。でもそれによって
 もっと困るのは患者なんだよ。俺はそれがわかっていたけど逃散したよ(ごめん)。


376 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 19:59:42 ID:CUnPkMoX
苦しいだけで終わった出産カワイソス

377 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 21:03:49 ID:tJG1DrAJ
底辺の医者が倒産しようが逃げようが誰もこまらね
逆に患者も使えない医者にかかるくらいなら予防医学やみのもんた見たほうがマシさ
自己の健康管理に拍車がかかっていいことづくめだよ

質重視、使えない紙切れ医者は要らない
謝っても、誤ったのはお前さんの進路だろうが。関係もない。社会も困らない
患者が困るんですよって、お前らの存在が悪ってことに気がつけ
医者いじめって、お前何様だ
結果を残せる医者は、同じ免許でも名誉も地位も賞賛も与えられるんだよ
便所掃除から人生やり直して人間性を磨いて来い。ぴっかぴかになるまでな。
お遍路さんでも行って来い。ついでに出家でもしろ。
医療の世界に既得損益持ち出して無能なやつがぶらさがるな


378 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 21:45:22 ID:JRwEMDJM
馬鹿がほざくからスレストしてるじゃん。
昭和ひとケタ時代に産まれた物知らずなくせして態度のでかい
勘違い婆あどもとそっくりなニオイがするよ。<tJG1DrAJ


379 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 22:33:05 ID:UK8kQhrD
今日の山陽新聞朝刊に掲載されていた52歳主婦からの投稿。(抜粋)
テレビ見て脊髄反射で書いたんでしょうねぇ。

私たち素人でも「頭の激痛」イコール「くも膜下出血」かも知れないと
疑う程度の知識はあります。それを見落とし、寝ていた医師など
信じられません。
受け入れ側の病院も、ベッドがいっぱいだからなんて理由には
ならないと思います。十八もの病院が、どのような理由があろうとも
救急患者を拒否したということは、人命軽視で医師の怠慢でしょう。

どのような理由があっても救急患者を断っちゃいけませんか、そうですか。

380 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 22:35:07 ID:UK8kQhrD
あ、医者板に書くつもりが誤爆・・・ごみんなさいorz

381 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 22:59:05 ID:9gN+0IWC
文句ある奴はアメリカで高い金出してください
多分大事にしてもらえるよww
募金なんて甘えたことぬかすなよカス

382 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 23:06:01 ID:fd3pbB0N
あのな、377のような短絡的な考えの人がいることはわからないでもない。
でも今この現状に怯えているのは、使えない医者では対応できない救急患者を
診療している医者なんだよ。底辺の医者かもしれないが、それは底辺で医療を
支えている医者だ。腕が底辺なのではない。

多くの医師は、福島も今回の件も、たとえ民事裁判を起こされることはあっても、
刑事事件になるのはおかしいだろう思っている。
どんなに質を高めようと思っても、病気という下降線を描く患者を相手にしている
以上必ず、助けられない症例や、後から思えばああすればよかった、と思うような
症例に出会う。ましてや今の過重労働の中でいつもコンディションがいい状態
では働けない中、否応なしに患者がやってくる。
そんな中でミスがなくとも結果が悪ければ、逮捕されて家族と離ればなれになる。

俺は産婦人科ではないが来年で今の職場を辞める予定だ。
最近のマスコミの報道や377みたいな態度の患者に心が折れた。
救急(急性期)病院を離れることで、せっかく高度な技術を身につけて患者さんの
役に立てているのに、それができなくなるのは惜しいけど、もうモチベーションを
維持できない。
他の病院からいくつかオファーがあるけど、今はそんな気になれないでいる。

383 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 23:37:40 ID:njhuV1qr
なんだかんだって屁理屈つけてないで辞めたいなら黙って辞めなさい。
「発つ鳥、後を濁さず」て言うでしょ。
マスコミの報道とか掲示板の投稿が気に障って無くなる様なモチベーションじゃあ誰も助けられないでしょうからね。
それこそ産婦人科医がいなくても産んじゃうような妊婦さんにしか付けられないわね、あなたじゃ。
じゃあね。

384 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 23:43:12 ID:FaxK6lyu
亡くなった母親は本当にお気の毒だと思う
今か今かと我が子が生まれてくるのをご夫婦で
楽しみにしてたと思うのに 
突然 あんな事になるなんて 当直医 許せんわ

関係ないけど
生後3ヶ月の子供が夜中にぐったりして大量に吐いたから
救急で都立病院に行ったんだけど
当直医の態度が 最悪だった 喧嘩ごしな話し方

高熱出して私立病院に連れて行ったときは 
とても優しい良い先生だった
都立とか国立の医者は横柄な奴多い気がする

385 :名無しの心子知らず:2006/10/20(金) 23:56:14 ID:+ATv0XtR
>>384
夜中に寝てるのを起こされて機嫌がいい奴がいるわけないだろwwwwwww
医師の善意で見てもらってることを自覚しろよ

386 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 00:15:25 ID:X5FlV8hk
>>383
いいこと言うねぇ

で、あなたを診るモチベーションが保たれた医師はどこにいるのですか?
産科に限らず

387 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 00:44:37 ID:wY5r4RqV
>>384
突然あんな事というのは、脳出血のこと?
病気は病院や医師が起こしたわけじゃないよ。

そりゃ病気はどんなことであれ、患者さんは気の毒でかわいそうなんだよ。
だからといって、今回の件の詳細はまだ明らかではないけど、不幸な転機を
たどったこと全てが医者のせいになるようであれば、
重症の患者さんに大して誰も手出しできなくなるよ。

火事に出動して消火活動した消防士に、結果として全焼してしまったからと言って
逮捕令状や賠償金なんかがきたら、消防士いなくなるだろうね。

388 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 01:28:11 ID:1NQIe2jH
あ〜あ・・・この人たち、どこまで馬鹿なの?
「重症の患者さんに大して誰も手出しできなくなるよ」って、
ここで一番の問題として責められてるのは医師も医療機関もロクな対処をしてくれなかった事、
つまり「手出ししなかった」事なんでしょ。
もし助からなくても迅速に対応してくれれば誰もこんなに怒ったり起訴したりの話は出なかったはずですよ。
あなたがた、もういい加減に同業の庇いあいは止めなさい。
でないと、ますます産婦人科医に対する世間の不信感が高まるだけですよ。

389 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 01:39:01 ID:R7YmVqk1
>>388
>>344-345

390 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 01:47:28 ID:1NQIe2jH
懲りない御馬鹿さんがまた・・・
>>389
>>344-345
と言って来ましたね、世間と対決する為に。
あなたのような人がいるから産婦人科医は世間に憎まれ、自ずと警察もターゲットにしてしまう。
この構図が分りませんか、まだ。
馬鹿だな〜、ほんとに・・・

391 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 01:49:56 ID:QxNkiI9r
>>388
手出ししたらしたで文句言うし。
なら、ハナから関わらないのは当然。
基地外の相手は基地外にしてもらえたらいいのになぁ。

392 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 02:01:39 ID:R7YmVqk1
分かってるからみんな逃散してるんだろ


393 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 02:13:06 ID:sTuuT1FA
ID:tJG1DrAJとかID:njhuV1qrとかID:1NQIe2jHとかはここで文句ばかりいってないで

自分が医者になって無知なDQN患者の理不尽な要求にさえも応えられる完璧な対応を

24時間365日常に実行なさると良い。自分が先ずはやってみろ。

先ずは知識を得ることだ。
無知なまま上から目線で物を言うほど恥ずかしいことはないと自覚できるはずだ。

394 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 02:44:29 ID:1NQIe2jH
>>392
分ってる?
分ってないからこう言う発言になっちゃうんでしょ→>>393
「やれるもんなら自分でやってみろ」「無知なくせに上からの目線で物を言うな」って・・・
自分の方が「上からの目線で物を言ってる」事に気づいてないんだから
そしてそれが世間との対決姿勢を産婦人科医自身が煽っているのに気づいてないんだからどうしようもない。
ど壷にはまってますね、いまのあなた方は。

395 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 02:52:06 ID:BUMiBYNX
高齢初産で感染から救急縫合、その後3ヶ月半入院したのですが、26の新米先生
の担当で怖い判断が多かったのですが。一緒に入院してるママさん達にも診断の不安
を言うと、甘いとか言われたり、周りからせめられることが多々ありましたが、長く
入院してると、助産婦さん達もあまりその先生を信頼していないことがわかってきました
入院してからの担当ですが。
一旦36週で退院するように先生に言われ、助産婦さん達は37週で退院すべきと考え
ていて先生の判断が不安で部屋のママにウテメリンの錠剤をもらいました
助産婦さんが心配するとうり、薬を飲まないとすぐ出血がありました。家に帰っていたのですが
朝病院にいくと数センチ開いてましたが先生は帰ってもいいと言いました。不安を感じましたが
馴染みの助産婦さんが、「そんなこと言ってた?」と言って入院できるようモニターがでるよう
工夫してとってくれ、入院することになりすぐ陣痛がきました。最後の処置はベテランの先生が
来てくれて、良かったと助産婦さんが言っていました。
こういうことって現場で結構あるのかなと思います

396 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 02:56:26 ID:d2cqxU6y
>>373
「 旦那が高校生のとき、この嫁に一目惚れして『学校』卒業と同時に結婚 」
ってTVで言ってたと思うけど?

だから年齢から言って大学卒業と同時に結婚だと思ってた。
23歳で結婚なら、高卒でというのはありえないでそ。
それとも定時制高校だったのだろうか。


397 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 03:03:33 ID:sTuuT1FA
>いまのあなた方は

自分に反論する人間が皆産婦人科医だとでも思ってるのかね?
とんでもない短絡思考の持ち主。訂正不能な思い込み。
こんな所で発言する権利さえないんじゃないかと思うよ。

398 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 03:05:26 ID:sTuuT1FA
それと、「世間」て何だろう。
随分と狭い世間に生きてる人のようですねw

399 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 04:20:10 ID:rU61Pwah
自分は医者ではないが1NQIe2jHさんの主張はおかしいと思うよ。
地方では産婦人科医の減少は深刻で産婦人科医に対する世間の不信感など感じる余裕もない。
そもそも数が不足しているので見てもらえたら御の字という状況。難しい医療などできず難産なら生死は運任せ。
そういう島もあるという現状を忘れてほしくない。

400 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 08:11:13 ID:9ZBomkZo
>>393
常に患者を的確に診よう、最善を尽くそうと努力するのが医者の仕事。DQNをうまくさばくのも仕事のうち。
それが患者のためでもあり自分のためでもある。
出来なくなったら辞めるしかない。

401 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 08:12:23 ID:BUMiBYNX
395ですが不信感をスタッフが感じたとしても免許を持つ医者がいないと科を
運営できないからというところがありますね。私がいたとこは大勢の助産婦さんが
いて、助産婦さんがほとんどまわしてる感じですが、数限りなく症例見てきてる
助産婦が頭でっつかちな新米先生に意見が言えないというのは変だなあと感じました
頭でものごと考えるよか現場では長年の勘が大きいことを感じました。また学校も
クラスの人数が多いと先生が生徒を把握できないのと一緒で、見落しがでると思う
夜間診療受けたとき大学病院から来てた先生が、こんなに妊婦の検診間隔開いてて
大丈夫なのかなあと言ってました。リスクのある人は自分の責任で搬送されなくても
安心な病院を事前に調べて選択するしかないと思います。
私も入院してからそのこと知ったんですよね。産科の医者不足も

402 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 08:33:50 ID:KtupHuDv
財源が問題でしょうね。保険ではなく(実費や、民間保険)で、5倍の医療費
が恒常的に支払われれば、病院もマンパワーを増やせるでしょう。経験の
ない医師の話をされていた方がおられますが、どんな名医もはじめはそうで
した。また、今の日本は行政の不備によって、いい医師の治療をお金では
自由に買えません。保険診療は、すべての医師が同程度の能力を有している、
という建前で運営されています。だから、料金は一律なのです。出産は
保険適応ではありませんが、それでも、行政からの補助額を参考に設定され
ています。そこに、何かがあった、誰かがいたことに感謝したらどうで
しょうか。何もなく、誰もいなければ、何もできないのです。

403 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 08:34:47 ID:7PbraxRw
赤ちゃん抱っこできなくて亡くなったって無念だったろうな・・と
胸が痛んだ。
赤ちゃん元気に育ってほしい!!

404 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 08:50:15 ID:B8rhX+Cp
次男を帝王切開で出産後、入院してるときにこのニュースを知りました。
すごくショック。。奈良に住んでいたこともあるし、わが子を抱くこともなく
亡くなってしまったお母さんが本当にかわいそう。

405 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 08:52:42 ID:eVZtMvYj
>>400
良いこと言うね
漏れも5年前に,そのように思い医者を辞めて会社勤めをはじめました.
現在,叔父の会社の経営に携わってますが,
給与,労働,責任等すべての面において,勤務医の方が劣ってます.
すくなくとも,今後,これらの条件を一般企業並みに良くして行かないと
医療は劣化の一途をたどるような気がしますね

406 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 09:15:27 ID:BUMiBYNX
医者よりも稼ぐ一般企業人てあまりいないと思うけど。悪辣金融関係とかを
除いては

407 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 09:22:27 ID:KtupHuDv
>406
そりゃ、一般企業人は少ないと思うよ。でも、一流企業人は軒並み
医師以上の給与だね。

408 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 09:49:51 ID:wLfW/4t4
いや、拘束時間の長さとか労働の過重さから言えば医者ってそう給料高いわけじゃないかと
最近思うようになって来た。
医者だけじゃなくて看護師他医療に携わるスタッフ全般がそうなのかもしれないけど。
以前県立病院の職種別平均給与の比較見てびっくりしたよ。
看護師より事務員の方が高かった。医者だって言うほど高くない。
事務員の平均年齢の方が若干高いせいもあるのかもしれないけど、それにしてもひどいよ。
夜も寝ずにリスク抱えて自分の技術駆使して働いてる人と、誰でも出来るような事務職の給料に
大差なかったら、やりきれないよね…。
時間あたりになおせば、ほんとほとんど差がないような気がしてならない。
スタッフの給料は別枠で保証出来る制度ってないものなのかねー。
そうでなければとてもじゃないけど質を保てなくなると思うよ。

409 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 10:35:38 ID:sTuuT1FA
>>405
ていうか、>>400ってあの人でしょ。
こんな考え方のままここに粘着してるのがそう何人も湧くわけない。
でなければ>>393の、DQNをも満足させるべく 素 人 考 え で の 
「ベストを尽くす」を実践してみせることなど現実に不可能だし
やる意味もないという主旨を取り違えて反論しているに過ぎない読解力の
ない人ということになる。

流れを無視して>>400のレスだけを取り上げるならば言っていることには一理ある
(というか、わざわざ言うまでもないほどの常識)が>>393への反論としてこれを
言うのは間違っていると思う。


410 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 10:42:11 ID:c8SO2i7k
>>409
そうね、もうじき妙な改行を繰り返したり、命を救う為だと言って他人の子宮を
取れ取れって騒ぎ出しますよ。

411 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 10:55:49 ID:ThJScm79
385 :名無しの心子知らず :2006/10/20(金) 23:56:14 ID:+ATv0XtR
>>384
夜中に寝てるのを起こされて機嫌がいい奴がいるわけないだろwwwwwww
医師の善意で見てもらってることを自覚しろよ

「医師は高飛車」だと自分で恥晒していることに気づけ。

もう医者が、ここで医療制度の不満や患者バカにするレスが
目立つから病院医者板でやって欲しい。

412 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 11:17:05 ID:BUMiBYNX
先生や官僚と一緒で医者も堕落してるのかな?昔宗教してて東大に活動しにいくと
弁護士、医者志望の人でも地位と名誉のため、という意見が多かったのを覚えています

413 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 12:00:36 ID:tzOO17X8
医療ミスだ!という報道がされると、被害者はテレビ等であれこれいえるけれど
医者側は「あれはこうだった」と釈明する機会は限られている
記者会見で、ずらっとならんで頭下げるくらい
今度のことでも、マスコミ側のミスリードに対して「それは違う」と言っても
もうすでに一般人には「患者をほっといて寝ていた」とか「内科医からCTをといわれたのに聞かなかった」とかいう
悪い医者のイメージが刷り込まれているから、事実を正しく伝えて欲しいという病院側の希望は
通らない。
せめて、ネット上でも、本当のことを分かって欲しいと思う医者側の気持ちはよくわかる
ここでマスコミの偏向報道を真に受けてる一般人に、いいたいことはたくさんあるだろう


414 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 12:10:51 ID:verDtsce
なんか荒れてきましたね

415 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 12:11:51 ID:sTuuT1FA
>>412
何を言ってるのか意味不明。

416 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 12:26:16 ID:c8SO2i7k
>>415
宗教ってのがキモでしょうね。

417 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 12:34:07 ID:sTuuT1FA
>>416
ていうか、>>395>>401>>412のどれをとっても突っ込みどころ満載。
だから皆敢えてスルーしてんのかな。

418 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 12:36:51 ID:BUMiBYNX
つまり、弁護士、医者になる志望動機です。ちなみに言ってないだけで実家も
自分も信仰もってる人はすごくいっぱいいました。東大生で。あらゆる宗教ですが
創価は100名以上サークルだけでいましたね。文一から弁護士、政界に送りたかった
ようです

419 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 12:38:38 ID:bvKw+V4o
教育の再生はまず医者の教育から立て直すべきです。
方々の掲示板での悪質としか言いようの無い身内擁護・自己弁護の実情は政治家の方々にも伝えて有ります。
かつての産婦人科領域の問題同様、医師の皆さんは自分の意に反した結果になると言う事を覚悟しておいてください。

420 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 12:46:36 ID:BUMiBYNX
頭も大事だけどそれ以上に大事なのは姿勢でしょう。福島先生のように心が立派な人
は医者としても大成できるんだろうね。きっと。大変な責任だけど

421 :375:2006/10/21(土) 13:04:38 ID:5JnyjG0C
<<382
おっしゃることよくわかります。
でもせっかく身に着けた高度な技術、またどこかで活用してください。
一年も休めばやる気はまた沸いてきますよ。それに趣味の時間がたっぷり持てますよ。
辞職後を楽しみに、、、私もそうでした。


422 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 13:08:17 ID:tzOO17X8
福島先生は技術はすごいけど、心が立派かどうかはむにゃむにゃ…

日本の高い水準の医療を支えてきたのは、スーパードクターだの
なんとかのブラックジャックとか言われる一部の人たちじゃなく
日々、自分を犠牲にしてこつこつと診療や研究をつづけてきた
名の無い人たちだと思うけどな。

423 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 13:18:26 ID:c9rQbAlQ
ID:BUMiBYNXがなんだかキモい件について

424 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 13:21:49 ID:BUMiBYNX
病院の先生にはお世話になってるが、情報開示の時代だし、ミスもいつでも許される
ということはちょっと。ニュース見てると明らかに倫理観がどうかと思うものも多いし
自分の身内でも医療ミスと思われるものは何件もある。周りのベテランの看護婦の疑問
に感じる意見を医者は無視することが多いし、周辺の経験者の地位をもっとあげられない
のだろうか?周りの意見を無視し、独善で失敗する例が多いと思う。疲れてて判断できな
いならなおのこと周りが大事なのでは?

425 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 13:33:27 ID:xk8z1fjb
亡くなった患者さんのご主人の祖母は大淀病院で50年勤め上げた看護士さんらしいけど、
こうゆう人って自分の病院、そこの先生を神様みたいにあがめている人がいる。自分、祖母が某大学病院で
長らく勤め上げた元看護婦だからよくわかるけど。
話し変わるが、ここのだんなさんは妊娠中毒症の奥さんに入院の日まで食事のしたくさせていたと非難されてるけど、年下のだんなならそれなりにつくしてあげたいし
、同居なればなおさら。

426 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 13:36:08 ID:tzOO17X8
>ニュース見てると明らかに倫理観がどうかと思うものも多いし
そのニュースが問題
医者や病院が悪いという結論ありきの偏向した報道も多い
ミスがいつでも許されるとは思ってないでしょう

経験豊富な看護師やスタッフの意見をちゃんと尊重する先生もいるよね
私が個人的に知ってる先生たちは、看護師の勘とか意見って大切だって
言ってる。
個人の質の問題もあるとおもう。

427 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 14:00:27 ID:2ZjpnAeX
>>385馬鹿かオマエ
だったら当直医なんて引き受けるんじゃねえ

428 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 14:09:45 ID:c8SO2i7k
まあ何でも良いな。
医療が崩壊しても実際は医療従事者はあまり困る事はない。
日本の医療を一番甘受してるのは誰かって事だよ。


429 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 14:11:37 ID:tzOO17X8
>>427
当直はほんとは、救急の患者みちゃいけないんだよ
入院してる患者の為の当直なんだから。
入院してる患者の為に引き受けている当直なんだから。
深夜に救急で行って、態度が悪くても仕方ない
そりゃ、いいにこしたことないけど、診てくれたんだからいいと思うな

430 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 14:19:44 ID:WFaAqp7k
今はドロップアウトした老医師ですが、昔私が怖いもの知らずの循環器内科医だったころ、
外来に妊娠初期の患者さんがいらっしゃいました。とある生まれつきの心疾患で、乳児期
に手術を受けておられまして、その影響で高血圧、肺高血圧で都会で治療を受けていた
とのこと。ただ、子供を得ることはあきらめなさいといわれていたそうです。当地は田舎で
したが、人々の心根はおおむね優しい美人の産地で有名なところでした

で、そこの出身である患者さんは実家で上げ膳下げ膳で体に負担をかけないから、
毎日でも通院してもいいから、医者に黙って妊娠を試みてやっと授かった命で、
歳ももう30だから最後のチャンスと思っていますから、と懇願されるわけです。
そういわれたら何とかしたい。検査して、なんとなくいけるかなとおもい、手術を受けた
遠方の大学病院を受診させ、教授の、きちんと管理すれば大丈夫とは思いますけど、
と返事をもらい、産婦人科の1人部長の許可を得て分娩を目指すことにしました。


431 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 14:20:16 ID:WFaAqp7k
でも、主治医のやるきだけではだめ。もとより病後ですから非常にストイックな方で
塩分制限、カロリー制限もきちんとできているんだけど血圧は下がらない。ついには
6ヶ月ごろだったか尿蛋白陽性、血圧も正常上限になってきました。でももうひきかえ
せない。きちんと管理すればの言葉が重い。状況は好転しないまま、でもだましだまし。
8ヶ月くらいでて何かあったらいつでも対応できるように産科病棟に入院。

そんなこんなでなんとか満期近く。陣痛が始まったとの連絡で午前2時頃病院へ。降圧剤
入れてるんだけど血圧高い。早く子供出てくれと祈りもむなしく、患者さんが苦しい〜〜と
いったかと思ったら眼球上転、全身痙攣、意識消失、血圧230/。いろんな薬つかったけど
下がらず、意識戻らず。緊急帝切。手術準備に1時間くらい?1人産婦人科部長がんばった。
意識はもどってなかったけど血圧高い以外はバイタルに乱れなし。麻酔と同時にすごい早業
で腹壁切開、子宮切開、あふれる血液をものともせず、胎児をとりあげ、小児科部長に
わたし、また子宮壁を縫い上げていく。やっぱりだいぶてんぱってたんだろうね。
胎盤を取り出すと出血もあったためか、血圧はするすると低下。術場を出るときは降圧剤
中止、リカバリーではぼんやりと意識が戻り、四肢まひなし。ふうと一息つきました。当時
CTなんて考えもしませんでした。とにかく痙攣がおこらないようにと願っていました。


432 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 14:22:22 ID:WFaAqp7k
外来前に見に行くと寝ておられました。ナースに聞くと意識清明、血圧正常。血液生花
問題なし。1日の業務を終えて、また見に行くと、個室へ移動、ベッドサイドにお父さんと
おばあちゃん。本人は子供におっぱいを上げておられました。子供が出てきたときや
朝見に来たときはそうでもなかったのに、この瞬間、なんかとても感動して不覚にも
患者さんに涙を見られてしまいました。

医師になって、感動したことのベスト5に入るかな。医師が医療を続けられるのは、多忙な
業務をがんばれるのは、お金とか、名誉ではないんです。でも、もうこういう医師の裁量が
許されない現在、こんな感動をすることは少なくなっているだろうし、続けるモチベーション
もなくなっていく、結果医師がいなくなっていく、しかたないでしょう。わたしも救急からは
手を引いたし人のことは言えません。。私の医師免許が残っていて、逮捕される事も
なかったのは、本当に運と時代に恵まれての事だったと今ふりかえって思います。


433 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 14:43:01 ID:UU0fleUe
貴重な体験ありがとうございました・・・
医療従事者側の真摯な対応が患者側に「誠意」として通用しない、
医学に万能はないのに100パーセントを求められる時代の厳しさには
私も何か違和感を覚えます。

434 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 14:55:18 ID:sTuuT1FA
>>426
BUMiBYNXは放置でいいんじゃない?
この人のズレた認識を改めさせるのは無理だよ。
指摘すべき点が多すぎて、なんかもう、あーあって感じだ。

>>429
無知は罪だよね。
そういう人に限って人のレスまともに読まないし。言うだけ無駄。

435 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 15:45:27 ID:5JnyjG0C
>>427
>馬鹿かオマエ、だったら当直医なんて引き受けるんじゃねえ
「馬鹿は当直も救急もするな」「医者は馬鹿ばっか」という意見には
どちらも同感である。
 ただ同時に主張されると「医者は夜間医療も救急医療もするな」という
主張に変わってしまうのだが、それが貴殿の意見であるか?


436 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 16:42:36 ID:BUMiBYNX
>>434
どんなことが指摘すべき点なの?もちろんいいお医者さんもたくさんいると思い
ます。普段から信頼できる人を探して人間関係作っておくことが大事でしょうね
いいとこ紹介してくれると思うし。
宗教馬鹿にしてるけど先生もお医者さんも本来聖業といわれてるものです
神と富とに兼ね仕えることはできないという言葉がいろんな問題を象徴してるように
思います

437 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 16:52:56 ID:kupA/Yi/
「過酷な当直」、産科医5人が超勤手当1億円要求 奈良
2006年10月21日
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200610210041.html
 奈良県立奈良病院(奈良市)の産婦人科医5人が04、05年の超過勤務手当
の未払い分として計約1億円の支払いと、医療設備の改善を求める申入書を県に
提出したことがわかった。医師らは「報酬に見合わない過酷な勤務を強いられて
いる」と訴えており、要求が拒否された場合は、提訴も検討する方針。
 県によると、同病院の年間分娩(ぶんべん)数は05年度で572件。産婦人
科関連の救急患者は年間約1300人にのぼる。産婦人科医が当直をした場合、
1回2万円の当直料が支払われるが、当直の時間帯に手術や分娩を担当すること
も多いという。
 申入書によると、当直について労働基準法は「ほとんど労働する必要がない状
態」と規定しており、実態とかけ離れていると指摘。当直料ではなく、超過勤務
手当として支給されるべきで、04、05年の当直日数(131〜158日)か
ら算出すると、計約1億700万円の不足分があるとした。現在9床の新生児集
中治療室(NICU)の増床や、超音波検査のための機材の充実なども要求して
いる。
 医師の一人は「1カ月の超過勤務は100時間超で、医師の体力は限界に近い。
更新期限を過ぎた医療機器も少なくなく、これでは患者の命を救えない」と訴え
る。
 県は、産科医を1人増員するなどの改善策に乗り出すとともに、医療設備の改
善を検討しているが、超過勤務手当の支払いは拒否した。担当者は「財政難のた
め、すべての要求に一度に応えるのは難しい」と説明する。

438 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 17:08:26 ID:GTmVI4rU
夜間医療云々って・・・そもそもお産って、夜や明け方が多いよね。
医学的にそういう統計は取らないのかしら。
昼間活動するほ乳類は、群れが休んでいる夜間にお産する習性らしいし。

439 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 17:11:41 ID:9ZBomkZo
>>409
>>393で偉そうな物言いして不快だからレスしただけだよ。内容は当たり前のことでしょ。
なのにあの人とか言いだして変なの。

440 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 17:22:10 ID:estAoBz1
医療スタッフの待遇改善は必要。私は検査技師(公立病院)だったから
たいした事は無かったけど、夜中に急変なんかがあると、夜勤の看護師
は帰るの昼過ぎなんてざら。おまけに、なぜ仕事を日勤に引き継いで帰
らないのか?と事務から言われるらしい。
旦那は今日、日直だけど、昨日も11時過ぎの帰宅。子供が起きている時
間に帰って来る日は滅多に無い。夜中の呼び出しや、電話報告もあって
大変。旦那の給料を時給になおすといったい幾らよ?と思う。

441 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 17:24:35 ID:ZgcU4G3n
2006年10月21日
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200610210041.html
 奈良県立奈良病院(奈良市)の産婦人科医5人が04、05年の超過勤務手当
の未払い分として計約1億円の支払いと、医療設備の改善を求める申入書を県に
提出したことがわかった。医師らは「報酬に見合わない過酷な勤務を強いられて
いる」と訴えており、要求が拒否された場合は、提訴も検討する方針。
 県によると、同病院の年間分娩(ぶんべん)数は05年度で572件。産婦人
科関連の救急患者は年間約1300人にのぼる。産婦人科医が当直をした場合、
1回2万円の当直料が支払われるが、当直の時間帯に手術や分娩を担当すること
も多いという。
 申入書によると、当直について労働基準法は「ほとんど労働する必要がない状
態」と規定しており、実態とかけ離れていると指摘。当直料ではなく、超過勤務
手当として支給されるべきで、04、05年の当直日数(131〜158日)か
ら算出すると、計約1億700万円の不足分があるとした。現在9床の新生児集
中治療室(NICU)の増床や、超音波検査のための機材の充実なども要求して
いる。
 医師の一人は「1カ月の超過勤務は100時間超で、医師の体力は限界に近い。
更新期限を過ぎた医療機器も少なくなく、これでは患者の命を救えない」と訴え
る。
 県は、産科医を1人増員するなどの改善策に乗り出すとともに、医療設備の改
善を検討しているが、超過勤務手当の支払いは拒否した。担当者は「財政難のた
め、すべての要求に一度に応えるのは難しい」と説明する。

442 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 17:25:42 ID:kupA/Yi/
1床空いていた…「別の妊婦に必要」と転院拒否 奈良
ttp://www.sankei.co.jp/news/061021/sha014.htm
 奈良県大淀町立大淀病院で分娩(ぶんべん)中に意識不明になった高崎実香さん(32)
=奈良県五条市=が、19病院に受け入れを断られた末に大阪府の病院で死亡した問題で、
転院を打診された県立奈良病院(奈良市)が、新生児集中治療管理室(NICU)が1床空いて
いたのに拒否していたことが21日分かった。

 奈良病院は「切迫早産で入院中の妊婦がいて、確保する必要があった。
受け入れていたら、その人を大阪方面に転院させることになった」としている。

 奈良病院によると、9床あるNICUのうち1床は空いていた。この日の当直医は
産婦人科医で、当直に入る前に、別の妊婦にNICUが必要と判断していた。
妊婦は8月4日に切迫早産のおそれがあり入院。高崎さんの転院打診があった
2日後の10日ごろに出産し、NICUで処置したという。

 高崎さんは8月8日未明、大淀病院で頭痛を訴えて意識不明に。後に脳内出血と
分かったが、当時、大淀病院は分娩中のけいれんと判断し、県立医大病院(同県橿原市)に
受け入れを要請。満床だったため医大病院が奈良病院に打診した。


443 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 18:14:13 ID:verDtsce
県産婦人科医会「診断ミスなし」

10/20 読売新聞奈良版

 大淀町立大淀病院で8月、出産の際に意識不明になった高崎実香さん(当時32歳)が
次々に転院を断られ、搬送先の病院で死亡した問題で、県産婦人科医会(平野貞治会長)は
19日、緊急の理事会を開き、大淀病院の措置を検証した。(中略)

 同医会は、平野会長が18日、大淀病院に出向いてカルテの提示を受け、経緯を聞き取り。
理事会で検証した。その結果、子癇発作にも見られる失神とけいれん、高血圧の症状を
「脳出血と判断するのは難しい」とした。
 さらにコンピューター断層撮影法(CT)での検査を実施しなかったことに、理事会は「子癇発作の
場合、妊婦を動かすのは危険で理解できる」とした。

444 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 18:27:55 ID:estAoBz1
奈良の産婦人科で起こった事を、同県の産婦人科医会で検証
しても意味無い。なんと言おうと、医療関係者以外は信用し
ない。それどころか、身内の庇い合いとしか言われない。な
んで、そんな事も分からないのだろう?まぁ、何もしない訳
にはいかないからだろうけど。
このお母さんの死が無駄になる様な事だけはしないで欲しい。

445 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 18:30:55 ID:verDtsce
県産婦人科医会「診断ミスなし」 遺族「許せない」 医師保身に憤り

10/21 読売新聞朝刊

 奈良県大淀町立大淀病院で8月、出産の際に意識不明になりながら19病院に転院を断られ、
脳内出血で亡くなった高崎実香さん(当時32歳)の夫晋輔さん(24)ら遺族が20日、読売新聞の
取材に応じ、大淀病院や、その対応に問題はないとした県産婦人医会(平野貞治会長)に対し、
「家族の思いを踏みにじり、絶対に許せない」と怒りをあらわにした。

(重複のため中略)
 これに対し、晋輔さんは同県三郷町の自宅で、奏太ちゃん(2か月)を抱きながら、「この人たちは
かわいそうな人たちだ。人の命を救うことが仕事なのに、保身や身内を守ることしか考えていない。
自分の親や妻が同じ状況でもそう言えるのか」と語った。

 晋輔さんは、実香さんが意識を失ってから1時間半後、いびきをかき始めたことを思い出した。
「意識不明でいびきをかき始めたなら、普通の人でも頭部の異常を疑う。担当医が相談した内科医も
、この時点でCTを進言したのに、聞き入れなかった。それでも判断ミスではないのか」と声を震わせる。

 大淀病院ではCT検査を行う病棟が離れていた点をとらえ、同医会は「子癇発作の場合、妊婦を
動かすのは危険で理解できる」と容認。これに対し、実香さんの義父憲治さん(52)は「結局、実香は60
キロも離れた場所へ、しかも6時間後に移動することになった。CT検査を家族も懇願したのに、なぜ
できないというのか。考えられない」と語気を強めた。

446 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 18:46:04 ID:verDtsce
ベッドあるのに「満床」 県立奈良病院「別の出産に必要」

読売新聞 10/21朝刊

 奈良県大淀町立大淀病院で8月、出産の際に意識不明になったり高崎実香さん(当時32歳)が
相次いで転院を断られ、搬送先の病院で脳内出血で死亡した問題で、転院を打診された県立
奈良病院(奈良市)が、新生児集中治療管理室(NICU)が空いていたのにかかわらず、受け入れを
拒否していたことがわかった。当時、当直の産婦人科医もおり、病院内部の一部の医師から「救急
搬送される患者の切迫した事態を考えれば、受け入れるべきだったのに」という声も上がっているが、
病院は「NICUが近く必要となる妊婦がおり、判断は適切だった」としている。

 関係者によると高崎さんは8月7日に大淀病院に入院。同8日午前0時ごろ意識不明になり、産科担当医が
同県立医大付属病院(同県橿原市)に受け入れを要請したが満床。付属病院が同2時30分ごろ奈良病院に
転院を打診、当直の産科医は「NICUは満床」と断った。

(以下>>442と内容が重複するので略)

 

447 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 19:13:28 ID:nrZ/G0lu
ものすごく忍耐強くて知性のある医者でも逃げ出すような環境で
他に変われる人材などあるはずがない
現場の人間、医者にしかわからないことがある
ほとんどの救急患者は治療方針を数分で決められることなんてない
数人の医師が議論しあってやっと結論が出る
その病院でできないことだってある 夜中ならなおさらだ
医療とは複雑で奥深く、時間も人材も金もかかる
命を削って医者は仕事をしている 
今の現状ではほとんどの国民はわからんだろうなあ…


448 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 20:02:10 ID:7y2wMN9y
切迫で入院していた身としては、
NICU1床確保してくれてたその病院は感謝だけどなぁ〜
『信用できるいい病院』としてみんなにお薦めだよって話せるくらい。

449 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 20:09:21 ID:o8fRT2M6
>>448
ほんとだよね。(切迫早産の)危ない患者がいるけど、いいです、大丈夫!受け入れ可能!
なんてことになって、切迫早産の患者にもし何かあったらそれこそ(ry だよね。

こんなこと一々ニュースにされて、悪者扱いなんて・・・医者&病院カワイソス

450 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 20:12:36 ID:tzOO17X8
>>448
同意
そのための予約だとおもうんだけど。
受け入れていれば高崎さんは助かったかもしれないけど
その予測されてたほうの妊婦さんが、今度は彷徨っていたかもしれない。
入院してたか、通院してたかしていて、さあお産となって「他所行ってくれ」のほうが
酷い話だとおもう。

451 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 20:18:03 ID:lHRGndgx
ホント、後だしで責めるマスコミはよくない。
結果が最初にわかってるから「○○しなかった!」と責めることができるだけ。
脳出血妊婦受け入れ決めた後に切迫早産患者が出産になって
NICUが足りなくなって結局どちらかの妊婦がたらいまわしになったら
またマスコミはそれを責めるんだろう。
遺族が責めてしまう気持ちは理解できるけど
理性的で中立な判断をすべきマスコミがそれじゃあ産婦人科医がどんどん減るわ。

452 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 20:28:05 ID:ZgIkhiBR
妊婦転院拒否、断った大阪に余裕なし 満床や人手不足(1/2)

 朝日新聞 10/21夕刊

 奈良県大淀町の町立大淀病院で8月、妊婦(当時32)が次々に転院を断られた末に死亡した問題は、
重体妊婦の転院を大阪府内の病院の「善意」にすがってきた奈良側の依頼に、大阪側の受け入れが
限界に迫っていることを浮かび上がらせた。厚生労働省は来年度までに「総合周産期母子医療センター」を
指定するよう通知しているが、近畿では同県だけが整備基準を満たす病院がなく、確立された搬送システムもない。
「このままではまた、同じことが起きる」。医療関係者は危機感を募らせている。

 妊婦の容体が悪化した8月8日午前1時50分ごろ、大淀病院は県内の産婦人科の拠点施設・奈良県立医大
付属病院に受け入れを要請した。だが、県立医大は満床だったため、「代わりの転院先を探す」と回答。大阪
府立母子保健総合医療センター(和泉市)に同2時半ごろ打診したが、ここも満床だったために受け入れられなかった。
 県立医大は同センターに「一緒に探してほしい」と依頼。センターの当直医が照会すると、7病院が拒否し、同4時半
ごろに8カ所目の国立循環器病センター(大阪府吹田市)に受け入れてもらえることが決まった。

 大阪府には、24時間態勢で高度周産期医療に対応できる府内43病院が加盟する「産婦人科診療相互援助
システム」(OGCS)があり、重篤な母体・胎児の緊急搬送ネットワークが構築されている。数カ所の病院に
断られるケースはたまにあるが、奈良のように受け入れ先を探すのに手間取ることはないという。端末をたたけば、
どの病院に空きベッドがあるか、すぐわかるからだ。


453 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 20:28:18 ID:k7iAnDdH
CTさえ撮っていれば助かったかのような報道が多すぎる。
CTって検査で出血を止める効果なんてないのに。

454 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 20:29:47 ID:ZgIkhiBR
妊婦転院拒否、断った大阪に余裕なし 満床や人手不足(1/2)

 朝日新聞 10/21夕刊

 今回受け入れを断った大阪市立総合医療センター(都島区)は、9床ある新生児集中治療室(NICU)が満床で、
臨時にもう1床を入れてやりくりしている状況だった。病院側は「とても対応できる状態ではなかった。どこから
要請があっても、そのうちの3割ぐらいしか受けられない。大阪府内の基幹病院で要請の半分以上を受け入れ
られるところは少ないはず」と漏らす。
 ベルランド総合病院(堺市)は「人が足りず、責任ある対応ができない」と断った。病院幹部は「当日は分娩
(ぶんべん)を待つ3人の妊婦がベッドにおり、うち1人は高リスク分娩。帝王切開が必要な妊婦1人も自宅待機
していた。産婦人科部長を自宅から呼び出して当直医と2人で対応していた状況だった」と説明する。
 大阪市内のある私立病院は、依頼の電話の内容が「子癇(しかん)発作で意識消失がある」ということだった
ため、脳疾患の可能性を疑って対応しきれないと考え、受け入れなかったという。

 母子保健総合医療センターの末原則幸・診療局長兼産科部長は「母体の救急搬送を他府県に依存すれば、
今回のようなケースは今後も出てくるだろう。奈良は独自で対応できるような拠点施設を早く整備すべきだ」と指摘する。

 奈良県では重篤な状態になった妊婦の県外搬送が常態化している。県医務課によると、県外病院への搬送率は
04年で37%(77件)。県立医大病院経営課は「転院先を探すネットワークなど、特別なシステムがあるわけではない」と話す。
 ある民間病院関係者は「県内の公立病院では、出身大学の人的つながりで受け入れを頼んでいるケースが多い。
こうした環境を変えなければ、県外に頼り切りの状態は続く」と指摘する。

 高度医療に対応できる設備を持ちながら、今回、要請されなかった近畿大学奈良病院(同県生駒市)には日頃、
公立病院からの受け入れ依頼はほとんどないという。竹中勇人・業務課長は「(奈良県は)転院依頼のルールが
はっきりしていない。県を中心に早期にきっちりとしたシステムを確立してほしい」と注文する。


455 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 20:35:32 ID:ZgIkhiBR
>>454訂正

(1/2)→(2/2)

まあどうでもいいと言えばそれまでだが

456 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 20:35:36 ID:GTmVI4rU
>>453
CT撮っていれば助かったって発言の出所は、
大淀病院の院長の最初の会見だよね。
それでコトが大きくなったんだよ。

457 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 21:05:39 ID:wY5r4RqV
>>388
釣られるようでなんだけど、「手出ししなかった」という点について。
何もしないことが最良のことがあります。
どちらにしても行動(転送)が同じなら、検査(CT)を後回しすることもあります。
そういう判断が、医師の裁量だと思います。
(脳出血がわかっていたら、更に引き受け手がなかったかもしれませんが、それも結果論)

458 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 21:08:01 ID:wY5r4RqV
>>421
小さな一言で傷つくこともあり、421さんのような小さな一言で頑張れる面がある。
夜も寝られない非人間的な仕事の中で、自分を動かしているのは
患者さんからの嬉しい一言や、子どもたちの笑顔だったりする。

手を尽くしても、結果が悪かったが故に罵声を浴びせられたり、
逮捕されて子どもたちを守れなくなるかもしれないと思うと、心が折れるんです。
地方のあるセンターで科のトップを任される話がありました。光栄な話でしたが断りました。

459 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 21:12:25 ID:jLlYJE7K
亡くなった人、遺された人はお気の毒だと思うケド
マスコミの報道の仕方ってある種いじめに近い物があって何か嫌だ。
○○病院の判断ミスは攻められても仕方がない部分もあるだろうけど、
遺族が自分の無念をカメラの前で泣きながら話したんだから、
マスコミはこれ以上の病院叩きや被害者の涙の放送をダラダラ続けるんじゃなくて、
今後こういった事象をなくす為に、どういったシステム作りが必要なのか。
外国の事例を探して来て紹介するとかにそろそろ路線も変えたらいいのに…って思う。


460 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 21:23:14 ID:bvKw+V4o
「脳出血がわかっていたら、更に引き受け手がなかったかもしれませんが、それも結果論」(>>457
この、恐ろしいこじ付けが産婦人科医を守ると思っているくらい、ここで医療者擁護に必死な人間の人生経験の浅さを暴露しているんでしょう。
>>457の言い分と現実は全く逆なのです。
「受け入れを依頼して来た医療者の説明からして、脳出血が有るとは考えられなかったから受け入れを断った」
つまり、相手の説明からはそれほどの緊急性を要するとは考えられなかったと言う事なのです。
あくまで責任転嫁して自己保身・身内擁護しようとすればするほど世間の反感を買うという事を、あなた方は理解出来ないのでしょう。
医師を辞め、人生経験を積んだ方が良さそうですね。

461 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 22:05:55 ID:2ufQf5I9
>高度医療に対応できる設備を持ちながら、今回、要請されなかった近畿大学奈良病院(同県生駒市)には日頃、
>公立病院からの受け入れ依頼はほとんどないという。竹中勇人・業務課長は「(奈良県は)転院依頼のルールが
>はっきりしていない。県を中心に早期にきっちりとしたシステムを確立してほしい」と注文する。

よく言うよ!
受け入れない方針のくせに


462 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 22:37:06 ID:C24z6c3c
>>460
で?
何処を縦読みすればいいんだ?

463 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 22:48:43 ID:MlkXW+k0
>>462
スルーしとけ

464 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 22:50:51 ID:sTuuT1FA
スルーでいいよ。
ここまでわかりやすいとIDわざわざ変えてる意味もないね。

465 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 22:53:54 ID:k7iAnDdH
>「受け入れを依頼して来た医療者の説明からして、
>脳出血が有るとは考えられなかったから受け入れを断った」

否、ここはポイント。
次回からは、仕官かもしれないが濃出欠かもしれないと連絡することを忘れないようにしないと。
何故脳出血だと受け入れてくれるのかの調査も必要。

466 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 23:09:11 ID:hnxyF7sl
普通に考えて、意識消失の妊婦+脳出血疑いだなんて聞いたら
更に「うちでは対応できません」といって断る病院が増えるだけだと思うけど…>460

467 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 23:17:43 ID:sTuuT1FA
>>454のこれとか。

> 大阪市内のある私立病院は、依頼の電話の内容が「子癇(しかん)発作で意識消失がある」ということだった
>ため、脳疾患の可能性を疑って対応しきれないと考え、受け入れなかったという。

夜中の時間帯にただ脳出血を起こしただけの患者ならまだしも妊婦となると
NICUにも受け入れ可能なベッドがなくてはならない可能性があり余計に難しいでしょう。(>>442

468 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 23:19:39 ID:bvKw+V4o
いいえ、「IDわざわざ変えてる意味もない」(>>464)のはあなたの方。
「ここまでわかりやすい」子供だましの産婦人科医側擁護の弁を並べて、世間の失笑を誘っているのですから。
「スルーしとけ」(>>463)「スルーでいいよ」(>>464)
じゃあ、どうぞ遠慮無くスルーして下さい。

469 :ID:ZgIkhiBR=ID:verDtsce:2006/10/21(土) 23:43:11 ID:ZgIkhiBR
印象的なニュースをいくつか貼ってみた

医学的根拠に基づき合理的に行動した医師と

合理性を超えたもの(例えば「誠実な対応」)を求めた患者の家族

そこに人手不足で多忙を極める産科に輪をかけて人手のない深夜、
システムの不備、地理的条件(大淀町は僻地)が重なった不幸な出来事

立場の違うもの達が分かり合うのはかくも難しい
マスコミには是非その架け橋となってもらいたいのだが…


470 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 23:48:02 ID:Shbeo6tg
さっきTBSで遺された赤ちゃんを見ました。旦那さんは鳴きながらコメントしていた。

赤ちゃん・・・可愛かったよ。お父さんに抱かれて無邪気にニコッと笑っていた。
この子を、見る事も抱いてあげる事もなく亡くなったって・・・
クボジュンも泣いていた。
私も赤ちゃんの笑顔に涙が止まらなかったよ・・・

471 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 23:53:09 ID:eXSlqabU
旦那が24歳。奥さんが32歳。

472 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 23:55:03 ID:kupA/Yi/
アメリカ医療の光と影 第2回
ラスベガスの医療危機
ttp://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n2002dir/n2481dir/n2481_06.htm

473 :名無しの心子知らず:2006/10/21(土) 23:58:22 ID:TLTgP9GD
>>470
非難を承知で書くが、TVで見るこの父親の映像には違和感を感じる。
この父親の悲しみと憤りは痛いほど分かる。
恐らく、オレの理解を1000倍も超えているだろう。

だが、なんだその無様な泣き声は!
すでに2カ月以上経つのに、メイメイ泣き続けやがって。
そんなことで子供を育てられるのか!
悲しみと怒りは分かる。だが、怒りはもっと男らしく、毅然と表せ!
「お涙頂戴」は身苦しいぞ!

それになぜ、子供の顔はTVに晒して、自分の顔は写させないんだ?
「日本全国の皆さん、私はこの世で最も不幸な男、この子も不憫でございます」
みたいな態度は醜悪だぞ!

非難を承知で言うが、TVで流される映像には違和感を禁じ得ない。

474 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 00:01:26 ID:eXSlqabU
私も思った。奥さんと子どもの顔は映して自分は映さないのかって。

475 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 00:12:27 ID:a39ul5M0
ものすごく同意。
同意と同時に不思議。
だって、わかる人には既にバレバレだよね?
なんで今更隠すの?

476 :ID:ZgIkhiBR=ID:verDtsce:2006/10/22(日) 00:21:52 ID:ixUTDLj1
>>473

一連の報道を見ていて思うのだが
確かにこの御夫君、人間的に未熟なところがある

まあ24歳で定職なし、という報道が事実だとすれば
精神的には高校生くらいであっても不思議ではない

ここからは邪推だが

自分を保護してくれる存在として選んだ年上の女性が突然いなくなり
のしかかってきた父親という責任の重さに我を失っているのだろう

母親を亡くした年の離れた兄弟を見る思いだ

477 :ID:ZgIkhiBR=ID:verDtsce:2006/10/22(日) 00:24:20 ID:ixUTDLj1
余談だが

この御夫君、私と同じ町内に今住んでいる

478 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 00:24:52 ID:ZflD4asy
>>473のメイメイに惚れますた

479 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 00:29:56 ID:GL7PxBHT
ZgIkhiBR=verDtsce、あなたは精神科に行って診て貰ってはどうでしょうか?
被害者を非難する所などは、人間的に未熟で高校生以下にような気がします。
邪推ですが
もしかして産婦人科医の方では?

480 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 00:34:03 ID:jFDucePD
前に奥さんがレイプされてと子供さんが
叩きつけられてアパートで殺された事件
あの旦那さんはきちんと顔を出して
自分の意見を涙ながらに訴えるのを見ると
同情できるがこの事件の旦那さんには何故か
同情できないなぁ。
顔が映らないからか。
やっぱり。

481 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 00:37:52 ID:uEtNYxvh
自演うざい…

482 :ZgIkhiBR=verDtsce:2006/10/22(日) 00:43:23 ID:ixUTDLj1
>>479

残念ながら産婦人科医ではないが

確かに私も大人げなかった
思ったことを考えもせず言ってしまうあたり
不愉快にさせたのなら、申し訳なかった

精神科うんぬんの件は、まあ考えておく

483 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 00:52:53 ID:bQZalfaw
すぐに精神科行けって言う人も同じレベルに見える。

484 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 00:54:48 ID:uDbkWM7e
>>480
こういうの見てるとさ、光市のあの旦那さんはほんと偉いって思うよね。
さらに、犯人の少年から侮辱されるようなことが続いてるのに、理性を失わないで。

485 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 01:14:25 ID:mjY3OirF
IDが東京ディズニーランド!

486 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 01:15:13 ID:mjY3OirF
>>476がです。すみません。

487 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 01:20:50 ID:GL7PxBHT
>>481
ほんとにねえ、うざいですねえ、産婦人科医の自演がねえ。

488 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 01:47:53 ID:/i3Wt5HB
>>479の方が精神科に行く必要があるように見えるな・・

489 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 01:57:34 ID:GL7PxBHT
>>488
いいえ、見えません。
どう見ても、精神科に行って見てもらう必要があるのは
被害者を非難し、問題の矛先を変えようと必死な>>476の方です。
そして、それをフォローしている>>488のあなたも。

490 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 02:42:34 ID:Ns/NM0t8
基地外粘着のID:GL7PxBHTはスルー

491 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 03:30:34 ID:uUkyxgn6
それを言うなら、

基地外粘着・身内擁護&自己弁護の悪辣産婦人科医はスルー

ですね。

492 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 03:55:54 ID:Vj3jXE+z
妻がお産で死んだ悲しみのあまりタージマハールを建てた王様もいるし
暗黒面に落ちてしまったジェダイの棋士もいる。

旦那の行く末を見まもろうではないか

493 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 05:29:27 ID:IS0/Hz3I
デカ鼻さんは6歳年上女房だから「耳鳴りがする」とか「頭痛が続いて辛い」
なんてババクサイこと旦那に言えず隠してたと思われ。

494 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 05:41:28 ID:a9mwYOei
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

【医療】周産期母子医療センター:秋田、山形、奈良、宮崎の4県で計画未策定 国の産科整備に遅れ[1022]
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1161462291/

495 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 07:38:06 ID:PVD8sdF1
そろそろ寝ますね。
気違いが消えたら起こしてくださいね。

496 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 08:27:02 ID:bapbuSzg
やっぱり自覚の低い医師が増えたということなのかな?医療板を読むのが怖いような
がっこの先生もそうだけど社会経験もなくいきなり先生とかドクターとか呼ばれて、昔
の人のような苦労も知らないと勘違いする人は確実に出てくるだろうね。がっこの先生
はもう外から人を入れてかないとどうにもならないとこまで来てるが。

497 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 09:34:39 ID:f9D3J6ue
赤さんは旦那さんが育てていくのかな?

498 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 09:54:02 ID:FAYzP5e9
>>493って釣り?
書いてて恥ずかしくないのかね

499 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 09:55:39 ID:PVD8sdF1
>>496
大丈夫?
その貧弱な理解力で…

500 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 10:00:13 ID:Ns/NM0t8
282 :実習生さん :2006/10/22(日) 00:39:49 ID:bzRazI2s
俺は教員じゃないが、当然学校出てすぐ教師になるんだから
その世界以外は知らないだろ。
逆に一般リーマンも教育現場を知らない。マスコミも同じ。
自分のガキのころの感覚で今の教育を語れるわけがない。
お互い様だよ。

286 :実習生さん :2006/10/22(日) 01:25:53 ID:bzRazI2s
>>285
俺の親はかつて教職だったんだが、
時代とともに教師も規制に縛られ、だんだん身動きできない現状があるらしい。
それと生徒の親もちょっと叱っただけで文句を言ってきたり、
善悪の区別をわからせることすら難しくなってるようだ。
親も変わってきてるし、教育制度も激変してる。
そういう変化はおそらく現場の教師しか知らないのではないかと思っただけよ。
ニュースで偉そうに文句言ってるジャーナリストやコメンテーターすら、
俺と同じ知識レベルで言ってるんじゃないかと。
こいつらもどの程度現場を知った上で責任もって公共の電波でしゃべってるのかと。

教師を責めるばかりじゃすまない問題じゃないかとも思うわけよ。
我々一般の大人にも問題があるかもしれないし、制度にもあるのかもしれない。
現状を知らないであれこれは言えないよ。

287 :実習生さん :2006/10/22(日) 02:48:24 ID:sImyIRdh
確かになあ・・・。
学校が閉鎖的な世界とはよく言われるが、そういう世界を作ったのも一般社会に原因はあるかもしれないな。

メディアによる問題提議、批判はいつの時代でも行われているが、その場限りじゃない発展した内容になったのかと言えば疑問。
これは今のテレビ番組をみても分かるが、あれらは視聴率稼ぎの極端な話になってしまって現実性がない。
メッセージ性はあるかもしれないけど・・・投げやり感は拭えない。

批判するだけで何かをやった気になる、これこそ一番の原因かもしれないな。

501 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 10:34:23 ID:PUGWR/36
この夫婦って
ダンナよりヨメのほうが8つも年上なのナ。
新婚さんいらっしゃいに出られるレベルだ。


502 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 10:42:41 ID:gOXUIPwK
専門的な事は難しくてわからないけど、亡くなった奥さんも残された家族もかわいそうで仕方ないよ。
自分がもしこんな事になったら‥と思うとガクブルだよ。

全部、『運』なのかなぁ・・・

503 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 10:46:34 ID:xTjyV0pa
都会ならこうはならなかったろうね。
あらゆる可能性を視野に入れて診察すべきだったと思うけどね。
夜っていうのもまた不運だったんだろう。

504 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 11:16:04 ID:nLcPTQ7L
不運ですむなら警察要らない

505 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 11:22:21 ID:GGQdSeAd
3ヶ月赤餅の母だけど このニュースを聞いて泣いた…

そしてこの病院と受け入れない病院に 怒り!!!

早く脳の手術してたら 助かっていたかもしれない
この母さんも子供の誕生を楽しみにしていた。 我が子を抱っこ・授乳できてたのに…

このニュース聞くたび泣いてるよ。


506 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 11:35:47 ID:TxGZnbAH
>>497
旦那の兄嫁と旦那の実母が育てています。

507 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 11:40:38 ID:an32/eKk
旦那の発言がきょうの報道で変っていた。

以前
「妊娠中毒症なのに家事頑張ってくれて・・・」
きょう
「妊娠中毒症でもないのに・・・」

508 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 11:41:08 ID:ZX2JkDcN
>>505
じゃぁ、もし自分が切迫早産で危ない状態で入院している時に、
もっと危ないかもしれない人がいるので転院してくださいといわれたらうなずける?
未熟児を産んでしまったら、もっと危険な状態かもしれない赤ちゃんがいるので
転院してくださいといわれたらうなずける?
転送中に何かあっても、もっと重症のひとのためなんだからとあきらめられる?

一旦受け入れた重症の患者>>>>まだ受け入れていないもっと重症かもしれない患者
はしようがないんじゃないかな。

509 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 11:42:09 ID:PVD8sdF1
>>505
怒り!
〜かもしれない

って言うだけなら猿でも言うかもな。

510 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 11:54:49 ID:uUkyxgn6
もう産婦人科の医者、とくに男の医者はダメ。
無責任な診断や猥褻行為での逮捕。。。
モラルも何も崩壊してるのがスレ見てて分るもの。

511 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 11:57:16 ID:4rUvju3c
>>507
427 名前:名無しさん@6周年[sage] 投稿日:2006/10/22(日) 10:17:13 ID:nrUXni0l0
奥さん亡くしたご亭主、妊娠中毒の傾向全くなかったように言ってたけど
本当に全くなかったのかな。

428 名前:名無しさん@七周年[sage] 投稿日:2006/10/22(日) 10:21:27 ID:ESZEfQ3I0
>>427
はじめ「妊娠中毒症なのに家事頑張ってくれて・・・」って同情を誘おうとしたが
それが殺人級DVであるとネットで指摘されたので証言を変えた。

432 名前:名無しさん@七周年[] 投稿日:2006/10/22(日) 10:38:01 ID:UGdaAf1M0
<<428
うん、話しが変っていたよね
この旦那の言うこと、これからも、コロコロと変りそうな予感

512 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 12:04:46 ID:uJ6FdZX9
>>505
ココ嫁
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=2000571&tid=a43a4la4ga4ha4a4a4na4abfe0ni8a9a4n0enebnc0a9&sid=2000571&mid=7

513 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 12:07:08 ID:v0xozYTc
早くこの話題が忘れられる事を願うお

514 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 12:09:12 ID:0WUDgNPw
>>512
ひどい・・・
その産婦人科医会の自己保身の姿勢は国会で糾弾されるべきです。


515 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 12:10:28 ID:jh/k8HdN
>>507
まじですか?
>>373から引用すると
旦那のまとめ

嫁と旦那は旦那が高校生のときから付き合い
旦那はフリーター
旦那が高校生のとき、この嫁に一目惚れして、高校?卒業と同時に結婚
旦那たちは、旦那の実家で暮していた
旦那は、妊娠中毒症の奥さんに食事の支度をさせていた
 「毎日美味しいご飯を作ってくれて…」
旦那の祖母は元・大淀病院の看護師

後日になって妊娠中毒症といわなくなる。

テレビ報道より

で正しくなるのかな…
手首に巻いている数珠が気になって仕方ない。

516 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 12:20:24 ID:0WUDgNPw
私もここへ来て分りました。

医療崩壊の根本原因は、医者自身のモラル崩壊です。

政府は、いち早く医師の教育再生に取り組んでほしい。

517 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 12:25:35 ID:2OV2oivm
その日が来たか・・・

ttp://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20061018

518 :ZgIkhiBR=verDtsce:2006/10/22(日) 12:32:49 ID:ixUTDLj1
信じる信じないは任せるが職業は工学系の研究職
論文を拾ってみた

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?db=pubmed&cmd=Retrieve&dopt=AbstractPlus&list_uids=16894102&query_hl=1&itool=pubmed_docsum

Neurology. 2006 Aug 8;67(3):424-9.
Intracerebral hemorrhage in pregnancy: frequency, risk factors, and outcome.

Bateman BT, Schumacher HC, Bushnell CD, Pile-Spellman J, Simpson LL, Sacco RL, Berman MF.
College for Physicians & Surgeons, Columbia University, New York, NY 10032, USA.

英語なので要点を書くと
・アメリカの私立病院の1993年から2002年の全入院データベースから脳内出血の患者を抽出
・患者を周産期のグループとそうでないグループに分けて比較

・周産期の脳内出血患者は423例。出産10万に対し6.1の割合で発生
・妊娠中に起こった脳内出血患者の病院内死亡率は20.3%
・子癇発作があると脳内出血が起こる確率はない場合の10.4倍になる

脳内出血の患者を抽出してそこから子癇発作の有無を見ているので因果関係は明らかでない
ことは一応付記しておく(本来なら子癇発作の患者を抽出してからその後の経過を追って行か
なければ因果関係は明らかにならない)

アメリカの論文なので日本とは人種や救急体制などに違いがあるので発生率や死亡率については一概には同じとは言えないが
子癇発作が起こった場合、脳内出血が起こる可能性は一応考慮しなければならないということか
ただ頻度的にはものすごく少ないことは言えそうで、難しい判断になりそうだ


519 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 13:14:26 ID:gM2s4Afk
>>516
もうすぐ君の住む土地も産科医がいなくなるだろうから、モラルのある中国や韓国にでも
出産ツアーしに行けばいいんじゃね? 日本より高いけどねw

520 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 13:37:08 ID:C3Q1eW6W
>>515
手首に巻いている数珠?どういうこと?

521 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 13:57:48 ID:GGQdSeAd
>>505だけど

>>508
私だったらうなずけますね。
「本当に危ない人を優先して下さい」と言うよ。
自分が先に入院してたら 私は譲るわ。

病院のベッド数も空いてないのも理由かもしれないが やっぱり大きな原因は 産婦人科医師不足かね…



522 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 14:03:40 ID:V5TPwDIs
自分の娘が切迫早産で入院してたり、
未熟児産んで入院してたりしてるときに、
他の患者受け入れるから他行けって言われたら絶対イヤだな私は。
未熟児も切迫早産も「本当に危ない人」には変わりないよ。
他人事だから綺麗事かけるだけなんじゃないか?

悪いが、私ならうなずけるなんてこんなとこに書かれても、
自分の身内の生死がかかってるかもしれないって事が想像できないだけとしか思えない。

523 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 14:18:53 ID:nV+SFXt6
私、切迫早産で入院したけど入院中は絶対安静だったよ。
食事も寝ながら、トイレ行くのもダメだからって入院してすぐ管通された。
先生はなんとか臨月までもたせたい、って言ってたけど
結局陣痛が始まって子宮口も開いちゃったから夜中にスピード出産。
子供が思っていたより大きく育っていたから
先生が「良かった、良かった・・・」って何度も安心してた。
切迫早産だって充分危険な状態だと思うな。

524 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 14:34:10 ID:na+2NOxp
>>521

ベットの意味を勘違いしていませんか?
私も一般人ですので、想像ですが、状況から見て、手術後はICUに入れる必要があると
思われます。既にICUに入っている患者さんを追い出すのですか?

525 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 14:38:32 ID:jh/k8HdN
>>520
ごめん。念珠というものらしい。
ttp://www.artmemory.co.jp/udewanenju/6065/
こんな感じの色合いのを手首にはめて赤を抱いているんだもの。

526 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 15:43:42 ID:ZflD4asy
どうしてもこういう偽善者>>521が沸いてくるのは避けられないのかね

527 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 15:44:27 ID:exVyRONt
>435
>「馬鹿は当直も救急もするな」「医者は馬鹿ばっか」という意見には
>どちらも同感である。
> ただ同時に主張されると「医者は夜間医療も救急医療もするな」という
>主張に変わってしまうのだが、それが貴殿の意見であるか?

「経験豊富な助産婦・看護婦さん達が夜間医療や救急医療をすればいい」
って結論じゃないの?


528 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 15:48:25 ID:y/PEGqW8
医者だって人間だよ…。

529 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 15:54:22 ID:OqaFdQf5
夫は気の毒ではあると思うがやはり
・24歳フリーター
・妊娠高血圧症の妻に毎日食事を作らせていた
・リスクを把握せず漫然と41週まで田舎で待っていたのか
ここに引っ掛かり
「じゃあ自分らに全く考えるべき要素はないのか」と
もやもやしてしまう。

530 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 15:58:12 ID:y/PEGqW8
旦那も医者も本人も、誰かのせいにしなきゃやりきれないんだろうけど…
私は子持ちだけど、可哀相な出産事故としか思えないな。
誰かを責めるべき問題ではないと思う。

531 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 16:14:05 ID:Ns/NM0t8
責めるのなら奈良県

532 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 16:18:58 ID:NDqfCpRy
>>521
あなたのご主人が瀕死の重傷でICUに入室していたとして
午前2時にあなたが病院に呼び出され、
「今から重症な妊婦さんが搬送されてきますので
一般病棟に移ってください。
もちろん一般病棟ではそれなりの治療しか出来ませんし
もしかしたら亡くなるかもしれません。
でもあちらの方が重症ですので、譲ってください」
と言われても納得するんだね。

次に病院に入院するときはそういうことは初めに主治医に言ってあげてね。
普通の人はそんなことを言うと怒るし、それが原因で死んじゃったら
間違いなく病院を訴えるから、医療者側は聞くことすらできないから。

533 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 16:40:04 ID:08n1R5A3

言い逃れの連続…

医療崩壊の根本原因は、医師のモラル崩壊

でした。


534 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 16:47:50 ID:WDHD9MNw
ICUの稼動数が足りなくて、
より重篤な患者のために、
まだICUにいなきゃいけない患者を
一般病棟に移すってのを繰り返してて、
人工呼吸器つけたまま一般に出されて急変する人もいて大問題、
ってな記事を夏ごろ見たなあ。
沖縄の話だった。

その話はもちろん患者側が自分から譲ったんじゃないわけですが、
自分から譲るとは何て奇特なお話>521。

535 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 16:55:29 ID:C3Q1eW6W
>>525
thx
それはともかく、どうもこの旦那家族がきな臭く感じるな
妊娠中の嫁をそんなにこき使うことに(いるかどうかわからんが)姑とかは
どう思ってたんだろう

536 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 17:03:58 ID:99ZPIsZf
自分も2人の子持ちだけど、なくなったお母さん、残された遺族は本当に気の毒だし、
もう2度とこんなことがないように病院や国、自治体は反省して、事実を明らかにして欲しい。
でも下の子臨月のとき、だんながリストラ食らった身としては、ここのだんなの24歳フリーターは・・・。
人事じゃないんだわ。古いと思うけど、こんなとき父親は生活を安定させるのが最優先だと思うし、悲しいのは
十分わかるけど、父親ならそれを押し殺して毅然として欲しい。
人のことはほっとけといえばそれまでだし、報道の仕方も悪いけど。だんなの実家に同居も・・・うーん。気兼ねだっただろうなと。


537 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 17:06:45 ID:08n1R5A3

話をそらして責任のがれ、とは…

医療が崩壊した根本原因は、医師のモラル崩壊でした。

中でも、産婦人科医会は酷過ぎる。

あの理屈では自滅の道を歩んで当然です。


538 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 17:07:22 ID:Ns/NM0t8
357 :卵の名無しさん :2006/10/02(月) 21:59:45 ID:P1u8WlKt0
俺は時々思う。人の静脈から点滴をする場合薬物動態と血中濃度
の関係や、何分で終了すれば効果的か又は短い時間で終了すると
腎障害が起こる可能性はとか薬によって思ったり考えたりするはずだが。

茄子が点滴をする行為は、まさに車の運転方法だけを覚えたオバチャン
が道路標識とか道路の最高速度表示とか路肩を走る幼児の自転車などを
気にせずひたすら運転してるのと同じように思える・・・。

何ら疑問の1つも感じずに医療行為を行う茄子っていったいどうだろう
医師と看護師というかけ離れた知的能力差のもの同志で、大切な命が
事故なく守れる保証はないと最近恐く感じるのだが・・・・。


あるスレからのコピペだけど、このレスの中段が実にうまい喩え方してる。
同じ空間で同じ患者に対していても医者と看護婦は見ているものも
背負っている責任もまるで違っている。もちろん中に詰まっている知識も。
ここを読んでいると助産婦や看護婦に非現実的な幻想を抱いているようなレスを
見かけるが、「長年の勘や経験」は上手に賢く使いこなさないと命取りになりかねないもの。
看 護 師 と し て の 「長年の経験」だけに縋って
それを唯一の物差しにして医師の判断に楯突くような看護婦には私は世話になりたくない。
スレチ気味だけど>>527を見てふとそんなことを考えてしまった。

539 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 17:11:35 ID:99ZPIsZf
同居嫁さんにはたたかれそうだけど、どうしても「居候」感がぬぐえない、この状態では。
生活基盤のない成人には世間の見る目も冷ややかなんだな、何かにつけて。亡くなった嫁さんの気苦労も推し量れる。





540 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 17:15:47 ID:08n1R5A3

悪質な責任転嫁…

産婦人科医は日本の医療崩壊の根本原因でした。


541 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 17:40:40 ID:PVD8sdF1
>>538
同意。
経験豊富な看護師ってのは、頭痛にはAという薬、、腹痛ならBという検査という様な経験に基づいた知識を持っているに過ぎない。
そういう点からすればスーパーローテ中の医者よりも頼りがいがある様に一般人には見えるだろうね。
大学病院などでは勘違いしてるプチドクター化したナースも時々いるしね。
実際は状態によってはAもBも禁忌って事もままある訳で、それの判断は看護師では無理。
医師と看護師とでは元々仕事内容が違うんだよね。



542 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 18:01:23 ID:7+Ka0feZ
【人権】これが同和利権の実態【団体】
http://www.youtube.com/watch?v=ndEd1ecmQ0E
みのもんたが奈良市にブチ切れ!ひどすぎる

543 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 19:02:43 ID:LVdg1sHw
スレのカキコを分類すると
1.新情報
2.かわいそう  
3.医者が悪い=まともな論はなく同じ中身の反復、論がないから文章も短い。
  人を貶めて自分より惨めな人間をつくりたいんだろうな。
4.医者は悪くない=3.の反論として主になされている。
5.これからの医療をどうするか。
 
 2.と5.を結び付けてこそ意味のあるカキコだと思うよ。中身のない3.への反論は、そろそろいいんじゃない。
 5.に論点が移るといいなあ。


544 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 19:11:22 ID:uJ0C65fe
“4.医者は悪くない” の悪質さが目に余る。
責任の所在、矛先を変えようとして被害者の中傷に走るなど、世間知らずの医師がやりそうな事満載。
産婦人科医の行く末があんじられる投稿が目に付き過ぎだ。

545 :543:2006/10/22(日) 19:13:02 ID:LVdg1sHw
3.医者が悪い=まともな論はなく、、。
  まともな論は少なく、の間違い。まともな論もあった。

546 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 19:24:06 ID:Ns/NM0t8
>>543
3の主旨での書き込みのほとんどは頭のおかしい一人の粘着によるものなので
それへの反論と言う形でレスをしている人など皆無かと。
医師の責任を問う形のレスの中にレスを返してもいいかなと思えるほどのものが
あまりにも少なく、無知や思い込みによる感情的な書き込みばかり目立つ。

今回の場合問われなければならないのは奈良県の救急医療の体制、奈良県の姿勢そのもの
だと思っているのでそちらに眼を向けてそれこそ5に論点を向けて欲しいと思っていますよ。



547 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 19:32:50 ID:uJ0C65fe
奈良県の医療体制の不備を責めるよりも、
まず第一にモラル崩壊している医師そのものにカツを入れなければ意味が無い。

548 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 19:36:39 ID:Hxti6VvI
妊娠する時点で自己責任


一縷の死も覚悟できぬのなら さっさとと堕胎しろ。

特に30以上の高齢!


549 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 20:11:28 ID:GPuy1xjG
医師個人や断った大阪の病院に批判が偏って、奈良県からどんどん話が逸れていったら意味がないよな
誰も注目しないラッキー、と奈良県の医療体制改善ナシに終わり
結局奈良では今回と同じような事例が今後も起こり続けるのだろう…

550 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 21:12:06 ID:NDqfCpRy
>>548
堕胎も安全とはいえないと思われ

551 :543:2006/10/22(日) 21:40:40 ID:LVdg1sHw
>>548
>特に30以上の高齢!
 私は石だが、20代以降の女性と呼んでいるぞ。女性に高齢などという
言葉を使うやつは、サービス業の基本がわかっとらん。今後、気をつけろ。


552 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 21:54:51 ID:HVUX+mxI
あのさ、今回の件についての報道は警察と遺族からが主であって
、まだ情報が整理されていないと思うんだよね。

とりあえず旦那のステータスはどうでもいいと思うわけよ。誹謗中傷はやめよう。
それと、全ての産科医をバカにしたような書き込みもどうかと思う。

マスコミにはお涙頂戴ではなくて、もう少し冷静な報道をしてほしいんだよな。
それと、今の医療の現状もしっかりと報道して欲しい。

553 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 22:10:20 ID:46kd5Try
>医大病院は、当直医4人のうち2人が通常勤務をしながら大阪府を中心に電話で搬送先を探したがなかなか決まらず

しょーがないですね。
やるだけのことはやりましたもの。
ベッドが満員で、運がお悪いこと。

ということである。

先頃も、「一定の緊張感」なら持って仕事をしてます、と
医療関係者もどきの書き逃げ消し逃げがあったが、
所詮は通り一遍なところまでしかやってくれないのが病院である。
我々が「最善以上」を期待してしまうのが悪いと言わんばかりであるが、
「出来るけれども、するのが大変」ということは、
我々だってやりたくないじゃないか。
医者だって人間なのだ。

医者や病院は「助けてくれない」と考えないといけない。
たまたま、運が良ければ助かるし、運が悪ければ死ぬだけなのだ。

【BBHの栞in excite】http://bbhx.exblog.jp/4358423/

554 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 22:11:36 ID:5cXxuo10
「妊娠中毒症なのに家事」が叩かれているみたいだけど
重症じゃなければ別に普通の生活が送れるよ。
そもそも重症なら即入院だし。
私も妊娠中毒症だったけど普通に飯作ったり
マタニティスイミングにも通っていた。

私の場合は、高血圧を理由に帝王切開をすすめられてそうしたが
結果的にそれで良かったのだとこの事件をみて思った。

555 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 22:20:08 ID:Nb9bqTE6
やっぱりこういう事故があると30歳以上はもう高齢出産なのかな?と
思ってしまうよ。生理は10代にくるのが当然なのに20代を
通り越して、
30すぎになって子供を産むというのか生態学的に無理が
あるのかもしれない。
実際、この女性だって、若かったらこんなことには
ならなかった、とひどいことを言われているわけでしょ。

たらいまわしはかわいそうだったけど、そもそも
普通に産めていれば何の問題もなかったのに。
昔は自宅とかで普通に分娩していたんだよ。
産めない体で無理に産もうとするから、こういうことになるのでは?
ま、デキ婚の駆け込み出産で
産まないわけにはいかなかったのだろうけど。


556 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 23:19:55 ID:99ZPIsZf
だんなや奥さんの諸事情を叩くのはやめよう。昔っていつだよ、戦前?病院出産がメインになって
戦後出産時の妊産婦の新生児の死亡率が急激に下がったのは事実。
ただ産婦人科のマンパワー不足、周産期医療の不備、今回の事件はそれを浮き彫りにした。
国や自治体は深く反省し、病院は事実を明らかにして欲しい。


557 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 23:26:02 ID:nQh+gD1P
なぜ、病気が悪いという当然の話にならない?

558 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 23:41:15 ID:Ns/NM0t8
そもそもこの状態を「たらいまわし」とは言わない。


559 :名無しの心子知らず:2006/10/22(日) 23:53:43 ID:ZX2JkDcN
旦那さんや奥さんの容姿や生活を叩くのには反対。
でも明らかな言動の変化にはちょっと。
本当にお気の毒なんだが、無意識の間違いは許されても捏造発言はイクナイ。

560 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 00:05:00 ID:Olzd8mZb
とにかく今知りたいのは脳内出血の予防法だ

561 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 00:18:29 ID:0jxC3YOi
>>555
昔は自宅で分娩していたから、母子ともにアボーンは
今よりずっと多かったという事実を、見事に無視してますね。


562 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 00:29:16 ID:zA0d5LRj
東京の日赤とか院してたら母子ともに助かったかもね
脳出血もおこさなかったかも
気の毒だ

563 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 00:56:40 ID:K5TjOwlH
>>560
聖路加みたいな病院で産んでみるといいかも
用意された綺麗な個室。
産科医13名  助産婦23名  看護婦7名
夜間当直医 1〜2名
小児科 あり
麻酔医 いる
産科のベッド数 33床
個室 33室
年間分娩件数 986件
外部からの母体搬送 全体の1%
NICU あり  

☆分娩中のリラックス法
マッサージ  オイルマッサージ  入浴  シャワー
足浴  温療法  音楽  ビデオ


564 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 01:04:20 ID:FVlWdFyt
>>560
まずは食事からです。
奈良県の一部地域や三重県の一部地域のように、
高濃度の塩分を含んだ食事を常食している地域の方はとくに注意。

565 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 01:06:41 ID:y6il+NGX
>>554
「妊娠中毒症なのに家事」が叩かれている、というより
「妊娠中毒症なのに医者を非難」してる点にビクーリ、なんじゃ?

どこの病院でも中毒症(今は正確には妊娠高血圧症候群)は厳重注意されるし
生活の上でいろいろな対策を指導されるはず。
誰だってどこだって、妊婦検診のたびに尿も血圧も測定してるんだしね。
「まさかこんなことになるなんて」は、中毒症の恐れを指摘されていたとしたら
言っちゃいけないセリフだよ。

566 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 01:09:35 ID:1MecpirT
確かに助かったかもしれない病院、シチュエーションはあったかもしれない。
(脳出血は起こさなかったかは疑問だけど)
でもその病院を選ぶ権利・機会は患者さんにあった。

都会と田舎は、空気のうまさも違えば、一票の重みも違う。道路の整備も補助金も違う。当然、救急病院や産科医の数も違う。
どこに重点を置いて住むかは、自分で決めればいい。

もちろん、運が悪かった、という一言で終わりにして患者さんの自己責任としてはいけない。
でも不幸な転帰をたどった原因の一部がそこにあるのなら、不可抗力として受け止めなくてはいけない余地がある。
「赤ちゃんがかわいそう」とか、「我が子を抱っこできなかったのは無念だろう」という
感情論で結論が誘導されるのはおかしい。
(マスコミはこの感情論をつかって、世論をミスリードするのが得意)

567 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 01:11:38 ID:1MecpirT
566は >>562 に対してでした。

>>563
で、いくらなの? 聖路加は

568 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 01:14:41 ID:1MecpirT
もっと言えば、
遺族がああいった気持ちになるのはわからないでもない。
誰かのせいにしたくなるし、もしああしていれば、と思うだろうし、
大切な人が亡くなってしまって、冷静には考えられないでしょう。

でも、それを一緒になって騒ぎ立てているマスコミには残念でならない。
周りが冷静に分析しなくてどうするんだ。
(「6時間放置」なんていう意図的な悪意としか考えられないタイトルさえあった)

本来は一緒に病気と闘うはずの医師と患者の間が、情報操作で儲ける奴らのために
引き裂かれている。

569 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 01:26:34 ID:1MecpirT
そういえば退院した患者さんから外来で言われた言葉を思い出した。

「3時間待って3分診療なんて新聞に書かれているけど、本当だね。 (俺的にはorz)
でも、入院してみたら、その理由が分かったよ。
朝早くから夜遅くまで、検査や手術で忙しくてその合間に病棟に顔出して
休みなく働いてるもんね。それに当直で寝てないでしょ。
俺みたいな元気なのは3分で済ませないと仕事おわんないよな。
なんで、そういう背景をマスコミは出さないんだろうね。」と。

胸がじーんとしたんだよな。
(連続のカキコでスマソ。更にスレ違いでスマソ)

570 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 01:30:13 ID:K5TjOwlH
>>567
100マソくらい?サイトにはいろいろ書いてある。

571 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 01:59:25 ID:PClfM/as
>>567
一番安い部屋で、一泊3万(部屋代のみ)
医療行為にかかるお金は別。

572 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 02:30:00 ID:n2fL62C4
>>538
>看 護 師 と し て の 「長年の経験」だけに縋って
>それを唯一の物差しにして医師の判断に楯突くような看護婦には私は世話になりたくない

そういえば、昔々看護師として透析専門病院に勤務していた頃、
検温に行くと患者が「風邪をひいたらしい」と話した。
他に咳もしている。発熱は無い。下肢が浮腫んでいる。呼吸音「何か風邪とは違い変だな」
と感じ、もしかして「心不全ではないか」と疑った。
腎臓内科専門医の主治医に報告して診察してもらうと「風邪だね」と。
念のため、再度「呼吸音がいつもと違うのですが、、、」と言ってみたが
やはり「風邪」だと。他に医師はいない。それ以上言っても動かない。
数時間後患者から「苦しい」とのコール。
レントゲンにて肺全野真っ白。明らかな心不全。
その後、バタバタと処置。家族を呼び出し説明。
そんなこともあった。。。。死ぬも生きるも医師次第。自分が良ければ良いんじゃない?



573 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 02:54:20 ID:17XIpf16
>>572
自慢話乙

574 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 02:59:49 ID:n2fL62C4
>>573
自慢?こんな話、いくらでもありますが。

575 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 04:25:57 ID:MqVyrWrZ
こういうのをナースのプチドクター化といいます。


576 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 04:56:37 ID:nddiED4j
都内でも1日数万円の特別室なら1対1で良いナースがつくよ。
予約して間違いなく特別室に入院希望なら1ヶ月単位の支払いが必要になるけど
幸運にも空きがあれば入院日数だけの支払いでOKだよ。
命と安心には替えられないというのなら最低でも130万円は
分娩費用に追加が必要になるね。

577 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 07:47:17 ID:fG/dbdg2
>>572
日常的にそのようなことが起きているならその医師個人に問題があると思われ。
たまたまそんなことがあったというだけで医師全体を貶めるかのようなレスを
して憚らないならあなたに問題がある。人として。

医師はいついかなる時も自分の責任で判断して診断治療を進めていかなくてはならない。
入院患者だけでなく外来の初診患者の何も情報がない中からの診断も継続して診ている
患者の病状の変化もすべて自分で。

あなたのように責任のない(看護婦としての責任はないとは言わない)立場で横から
口出ししたことがたまたま当たっていたというだけで医師と肩を並べた、いいえ
医師より上にでも出たつもりでいる人って本当にイタイ。

578 :126:2006/10/23(月) 08:31:26 ID:Y76h70kI
>>567聖路加国際病院は一日差額3万円以上。上はたしか20万
だったと思う。全室個室、差額のないベッドが1割だったか
半分だったか。6年前の見学の記憶だが、ほとんど参考になら
なかった。アメリカの金持ちのための病院を日本に持ち込んだ感じ。
http://www.luke.or.jp/nyuin/index.html#nyuinhi


579 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 09:00:02 ID:oowfKJVS
41wだったんだよね?
40wに帝王切開だったら助かったんだろうか?
そんな状態でも普通分娩させられそうだったのだろうか?

580 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 09:07:50 ID:nnFZbBSQ
>>578
聖路加は、子ども1人生んで約100万位ってのが庶民(中の上程度)
レベルのパターンみたい。ママ友でも何人かいる。
同じくNICUのある都立墨東は平日昼間出産だと20万切るとか。

581 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 10:10:44 ID:n2fL62C4
たまたまそんなことがあったというだけで医師全体を貶めるかのようなレスを
>して憚らないならあなたに問題がある。人として。
>538
>>看 護 師 と し て の 「長年の経験」だけに縋って
>>それを唯一の物差しにして医師の判断に楯突くような看護婦には私は世話になりたくない。

進言を「楯突く」と捻くれた考えを持つ、医師も十分問題。

>あなたのように責任のない(看護婦としての責任はないとは言わない)立場で横から
>口出ししたことがたまたま当たっていたというだけで医師と肩を並べた、いいえ
>医師より上にでも出たつもりでいる人って本当にイタイ。

あなたも十分失礼ですが。責任が無いとは。
責任があるから観察し変化や異常を捉え、早期に対処する。
看護婦を馬鹿にしたければ、その程度と思えば良い。自分に跳ね返ってくるから。

弁護士の所には、医療訴訟相談が毎日のように入っている。
「そんなことで」と思うものも多い。トラブルや訴訟を回避する術がありながら、
その認識でいたために要らぬトラブルや訴訟を抱えるのは馬鹿らしいと思うが。



582 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 10:11:46 ID:BfvvD2/r
>呼吸音「何か風邪とは違い変だな」 と感じ

「感じ」ただけで全ケースにレントゲンだの何だのの検査を行えと?
頭痛がいつもと違うような「気がした」ら全員CTですか?
さすがは末端の雇われ茄子。何にも考えてないんだってことがよくわかるw

583 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 10:30:03 ID:/TBRWigU
>>582
そんな事は言ってないのでは?
医者、呼吸音聞けよ!もしもししろよ〜!!
って事じゃない?
今回の事に茄子叩きは要らないと思うよ。

584 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 10:32:37 ID:BfvvD2/r
つか、「楯突く」っていつどこの医者が言ったわけ?
>>538が言ってるだけじゃん。それどういう脳内変換www

>進言を「楯突く」と捻くれた考えを持つ、医師も十分問題。
ぷぷぷ。これだから茄子ってw

585 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 10:39:54 ID:a1ZYk/I9
奈良って最近イメージ悪いよね。
給料騙し取ってた清掃局職員を野放しとか。

586 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 10:52:57 ID:48dkOM9u
ひとり必死な粘着がいるね

587 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 11:07:45 ID:JiQtILiA
茄子なんかになにを期待してるわけ?

588 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 11:11:28 ID:n2fL62C4
>>584
そうやって、人を馬鹿にしていた医師が患者家族からクレームが時々入って、
高齢のベテラン医師が処理して後任引き受けることが度々あった。

今回のは遺族が報道に出て、騒ぎが大きくなってから警察は動いた。

家族が話す医師の説明では「失神しているだけ」や義父の「検査をして欲しい」の
訴えに医師はどうだったのか。ドイツのように職業裁判所でも出来ない日本で、
感情論だけの刑事罰、民事訴訟は減らないと思うが。


589 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 11:32:24 ID:vm2PGcMC
10/22 毎日放送
VOICE闇の正体!特別編 長期休職の公務員に謎の行動▽同和団体元幹部が明かす職員採用
▽5年9カ月余りで8日出勤の白いポルシェは市職員かつ部落解放同盟支部長
youtube版1〜8順番に
ttp://www.youtube.com/watch?v=Q4TsBCSN6aA  
ttp://www.youtube.com/watch?v=Mn20V5S8-MU
ttp://www.youtube.com/watch?v=RGQUHl4pNpA
ttp://www.youtube.com/watch?v=p73aKs2_pU4
ttp://www.youtube.com/watch?v=Hh-At1u7NSM
ttp://www.youtube.com/watch?v=SZ4Ogp46nHk
ttp://www.youtube.com/watch?v=ZoaX6Q3GzR4
ttp://www.youtube.com/watch?v=6nt6LaVm4YA

お持ち帰り
ttp://s-io.net/up/3/_/jump/1161511798025285.DjuxER
pass voice

590 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 11:42:22 ID:AmWXh18r
age


591 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 11:45:39 ID:MqVyrWrZ
>>588
まああなたは中々優秀なナースかも知れませんが、いかに優秀なナースもドクターには成り得ない。
そこを勘違いしてるといつかしっぺ返しがありそうだね。

後半は関係スレでも読んだら?
遺族が騒いだから騒ぎになった事と内容の是非は関係ないしね。
マスコミ報道なんかは遺族サイドの感情論を煽り過ぎてて問題だと思うが。

592 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 12:04:30 ID:n2fL62C4
>>591
>そこを勘違いしてるといつかしっぺ返しがありそうだね。

最初に538の発言、他の医師も認識が同じだったから、レスしたまで。
内容の是非関係ないとしても、遺族が騒いでから警察は動いた。
感情論だけで警察沙汰になるのもどうかと思うが。

593 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 12:14:21 ID:f78EPVbv
このニュースめっきりマスコミで取り上げられなくなったね。
特に女性なら未婚既婚等に関わらず関心の高い内容だと思うんだけど。。
正直いじめ問題よりこっちの方がよっぽど気になる。
マスコミによって糾弾しないのはなんらかの圧力かとさえ思わせる。

594 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 12:45:28 ID:l24XSR5W
>>593
つ「新しいニュースしか追わず、情報の検証や追跡を殆んどしないマスゴミ」


毎度の事ですよ


595 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 12:46:09 ID:iaAjgOza
>>593
いじめのほうがよっぽど気になるね。
いまだに死ぬ人増えてんだからさ。

596 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 13:24:19 ID:Y76h70kI
>>572
 石もどきが茄子たたきをしてごめんなさい。でも本当の
医師がその中にいるの? 石は担がれているみこしと一緒、
担いでくれている人たちをこんな場所でたたくようなまねは
まともな石はしません。ただあなたもこんな場所で一事が万事と
推測されるようなことは書かないほうがベターかと思います。    


597 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 13:52:09 ID:+R2VTTTo
>>592
>最初に538の発言、他の医師も認識が同じだったから、レスしたまで。

>>591にとっては、それこそ知った事じゃないんじゃない?
貴女のレスを読むとちょっと頭でっかちで視野の狭い人に思えるんだけどね。

598 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 14:29:01 ID:K5TjOwlH
ID:n2fL62C4さんの例えはまとはずれのように思う。

今回の事例では、経験を積んだ専門の医師より産科の専門知識もたぶん経験もない茄子の
直感や経験を優先すべきだったというのがマスコミの論調。
今では、素人でも判断できるCTを撮るべき事例で、
CTさえ撮っていれば元気に赤ちゃんを抱いて退院できたかのようになっている。

私は元脳下の茄子だったが、子癇なんて聞いたことも見たこともなく可能性さえ思い浮かばない。
でも、脳幹部出血の患者さんが迅速な対応でほとんど後遺症もなく元気に退院できるのは
奇跡のような出来事だと知っている。
報道はおかしい。

ただ、聖路加みたいな病院で起こったことなら、何人もの医師やスタッフが付き切りになり
別の医師が随時家族が納得するまでじっくりムンテラし、家族の不満感は少なかっただろうなと。
時代の流れに逆行するけれど、お産一回100万以上の予算が組めれば、
仮に不測の事態が起こっても家族や遺族の不満の少ないお産が出来ると思う。

599 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 14:32:18 ID:JiQtILiA
相手にする価値もないような馬鹿茄子。
くだらないプライドのために頭に血がのぼり
自分が誰に対して何をいってるのかさえわからなくなってる。


600 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 15:02:10 ID:n2fL62C4
>>596
残念ですが、います。

>>597
普段、法律の尺度で物を見ているからでしょう。
頭でっかち、視野が狭い。そうですね。人様に向かって吐くのはどうかと。

>>598
前のほうのレスで看護師が医者に「楯突いて意見する」とあったので
それに対して、こんな事例があったと提示したのです。




601 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 15:06:15 ID:+R2VTTTo
やれやれ・・・

602 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 15:23:23 ID:RiRG5enf
警察が捜査ってあったのは、どうなったのかな?

603 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 15:30:36 ID:HJ/mJLDf
>>43 あんたのような人間がいるから、産科医がいなくなるんだよ。
  あんたの子供は産もうと思っても産めないから、よく覚悟しておくんだな。
  自宅で産婆にでも取り上げてもらえ。
  おまえのような糞人間は逝け!!!


43 :名無しの心子知らず :2006/10/17(火) 15:43:55 ID:pPjipT+O

日本の医者よ、ここを読んでたら、全員視ねよww

日本の分娩には、1例の死亡も許されない!!!覚えとけ!!

604 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 15:39:20 ID:FbDHfGft
どさくさにまぎれて何を言ってるのかな。
最後の2行には同意だけどその上3行・・・。

605 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 15:41:42 ID:bGO1RRNK
本当に報道減った。今でも祖母と兄嫁に育てられる何も知らない赤さん・・・。
どうしてなくなった奥さんの親兄弟のコメントはないのだろう。どうでもいいから?
割愛されてるだけ?

606 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 15:53:00 ID:FbDHfGft
>>604>>596
安価ぬけてた

607 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 16:36:40 ID:N9iR+ZK0
>>600
医歯薬看護板であなたみたいなま○こに捕まるような医者には絶対に
ならないでくださいっていわれました。

102 名前:名無しさん@おだいじに :2006/10/23(月) 16:02:13 ID:LWFf9yUV
みんな、ここの↓ID:n2fL62C4みたいな痛い茄子にならないように精進しな。

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/baby/1161043132/l50

608 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 16:41:02 ID:pSSX/FvB
マスコミの報道だと、ちゃんと処置していれば命は助かるように
勘違いしちゃうよね。

この奥さんは妊娠中毒症だったの?
妊娠中毒症だと脳出血することもあるの?
そうだったら、脳出血を予見できたんだから、医師に対応には
不満が残るけど、予見できない脳出血だったらこれはもう
事故みたいなものだよね。気の毒だけど。


609 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 16:53:03 ID:ulRSDM09
>>608
そりゃ生きている人は皆、脳出血を起こす可能性はありますから
妊娠中毒症の人も脳出血を起こすことはあるのではないでしょうか?


教科書レベルでは
妊娠中毒症→脳出血に注意
とは一言も書いてないようですが

610 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 16:56:50 ID:+R2VTTTo
>>607
それなんてスレ?

611 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 17:19:19 ID:N9iR+ZK0
http://school5.2ch.net/test/read.cgi/doctor/1154418985/
第94回だかなんかいだかわかんないけど看護士試験なんとか

612 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 17:29:42 ID:IilPlUWt
確かに生きている人は皆脳内出血を起こす可能性がありますが
若い人が起こす可能性はごく低い。

まず、脳血管奇形や動脈の狭窄などがあり、動脈硬化などにより弾性が低下していれば
そこに高い圧力の血流が流れ込むことにより血管がやぶれ、出血を起こすからです。
血圧が上昇したからといって皆が皆脳出血を起こすわけではありません

613 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 17:50:01 ID:xkUJY0wE
この産婦が死んだのは看護婦のせいです!
みなさん、悪いことは何でも看護婦のせいにして丸く治めましょう!!

看護婦が産科当直医師に、まともな報告をしてなかったに違いありません!
まともな報告をしてれば、産科医師はCTをとったはずです!
何もかも、看護婦の責任あのです!
ところが、現場では看護婦のミスは医師が負わなければいけません!!
もっと看護婦も責任を追求し、まともな報告をしてたのか問うべきです!

カルテ記録をマスコミに売ったのも看護婦ですか?!
看護婦死ねや!!!

614 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 17:50:36 ID:ptu6NPBs
結局、妊娠中毒症なのは本当なんだっけ?
血圧のコントロールはどうなってたの。
高いままで放置されてたら酷いよなあ・・・。

615 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 17:51:28 ID:ptu6NPBs
>>613
アフォか

616 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 17:52:06 ID:xkUJY0wE
血圧のコントロールを指導するのも看護婦です!
きちんと指導されてなかったのに違いまりません!!

617 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 17:54:14 ID:xkUJY0wE
妊娠中毒症から子癇発作を起こしたのです!
子癇発作から脳出血を起こしたのです!!
中毒症の産婦に食事の用意やら、掃除をさせて
安静を守る指導もしてなかった馬鹿看護婦が産婦を死に追いやったのです!!

618 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 17:56:13 ID:FbDHfGft
>>614
自己管理も重要だと思うんだけど。
それもできないくらい自分の事に構っていられないくらいまで
同居家族にこき使われていたんだったら可哀相かも。

>>611
そのスレの>>104ワロタ。あんたもあほねえw

619 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 17:58:05 ID:xkUJY0wE
国循GJ!!です!!!
産婦が死んだのはカワイソウですが、これはきちんと報告をしてなかった看護婦の責任です!
きちんと報告、つまり異常の早期発見をしてれば産科医師はCTをとったはずです!
産婦を殺したのは看護婦です!
産科医師は、看護婦の報告を聞いて当直室に戻ったのです!!

620 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 18:02:23 ID:FbDHfGft
CTさえ撮ってれば助かったなどと思ってる馬鹿は黙ってくれない?

621 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 18:21:46 ID:8TfycpcP
>>620
CT撮れって叫んでたのは看護婦じゃね?

622 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 18:34:46 ID:Hesjetsb
馬鹿医者の下で働く看護婦は大変なんですね

623 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 18:37:09 ID:84uLMxNX
>621
遺族だったよ、旦那さんが「何度もCT取ってくれっていっったのに」と泣いてた。
医者の間では、旦那の祖母(この病院に何十年も務めたもと看護部長らしい)が主張したという情報が有るらしい。
このおばあちゃん、「私はすぐに脳出血だと気付いた!」といってたらしい。
伝聞ばっかりだけど、関連スレ多すぎて追いつけない〜

624 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 18:46:53 ID:FbDHfGft
CTさえ撮ってれば助かったなどと思ってる馬鹿は黙ってくれない?

625 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 18:53:20 ID:l2k0lpc3
↑バカ発見!
君バカ確定!
>1>9>1>9>0>7>2>1
イクイク オナニー
>1>9>1>9>0>7>2>1
イクイク オナニー
>1>9>1>9>0>7>2>1
イクイク オナニー
>1>9>1>9>0>7>2>1
イクイク オナニー

626 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 19:03:12 ID:8TfycpcP
>>624
それって「おおたわ女医」だよね。


627 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 19:17:38 ID:AViPFeCk
おおたわ先生を黙らせちゃ駄目だな。
自分のブログが炎上してるんだから、キッチリ弁明しないと…

628 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 19:33:31 ID:FbDHfGft
すんごいすり替え方。
おおたわの話じゃない。
ここの>>619とかもっと上の方の人達のことですが。

629 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 20:54:47 ID:QhcTKLd9
あげてる人はさげ方を知らないのかね

630 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 21:24:07 ID:viV3WlSE
>>628
おおたわと、助言した婆茄子は同レベルだろうよw

631 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 21:28:21 ID:FbDHfGft
>>629
敢えてageています。
馬鹿晒しageって知らないのかね

632 :名無しの心子知らず:2006/10/23(月) 23:52:07 ID:Olzd8mZb
なんでAGEちゃイクナイの?

633 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 00:08:14 ID:IDWD4rPX
こういうところ増えるんだろうね。

産婦人科の診療方針の変更について(お知らせ)
平素より、当院の運営に際して、患者様並びに地域の皆様より多大なるご理解
とご協力を賜りまして深く感謝申し上げます。
さて、本年4月7日開催の日本産婦人科学会・産婦人科医療提供体制検討委員
会において『ハイリスク妊娠・分娩を取り扱う公立・公的病院は、3名以上の産
婦人科に専任する医師が常に勤務していることを原則とする』との緊急提言がな
されました。それを受けて、当院産科のあり方について検討した結果、通常の分
娩においても、妊婦のリスクを最小限に迎えるためには、常時、複数の産婦人科
医師の体制下での分娩が望ましいとの結論に達しました。
ついては、以下のとおり診療方針の変更をいたします。
平成18年9月末をもって、当院で実施しておりました分娩の取り扱いにつき
まして、中止させていただく事といたします。(妊婦健診等、産前産後の管理は、
従来通り継続して行います。)また、分娩については、系統の上越総合病院をは
じめ患者様の希望の病院・医院への紹介をいたします。
長年にわたり産科(分娩)をご利用いただきましたことについて、職員一同、
心より深く感謝申し上げます。
何卒、地域の皆様のご理解とご協力の程よろしくお願い申し上げます。

634 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 08:45:44 ID:h6tXWFha
>>633
うちの近所の産科2件とも、分娩の扱いをここ2〜3年で取りやめたよ。@23区内

635 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 09:10:58 ID:lHse4VP1
10/5号ビッグコミックオリジナルの「浮浪雲」が女房を亡くした男の話でね。実家に幼い子を任せて毎日泣き暮してるの。
女達は「あんなに悲しんでくれて幸せ」だって羨ましがるんだけど、男達はモニョってる。渋沢先生(町の相談役みたいな人)にも「自分ばっか、いい気になって悲しんでないでね」と言われる始末。
浮浪に「あんた、死んだ女房がかわいそうで泣いてるんじゃないでんしょう。自分がかわいそうで泣いてるんでしょう」って言われて、やっと目が醒めて子供を迎えに行くの。
すぐに今回の旦那を思い出したよ。この人、相当悲劇の主人公な自分に酔っちゃってるな〜と思ってたから。早く目が醒めてくれるといいね。

その男に「羨ましい」って言った浮浪にカメさんが「私、意地でも死にませんからね」と言うと「お願いしますよ、カメさん。あちき、人に羨ましがられるの嫌ですから」ってとこにぐっと来た。

636 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 09:46:44 ID:HtujTE68
奈良では産まない方がいいよ。昔、切迫早産で深夜に救急車を呼んだら、車内で一時間以上の放置プレイの痛み地獄を味わった。
最悪大阪まで覚悟してくれ、と言われたが県立医大で外来の形で収容だった。
今なんか大淀や超過裁判の件で、尚更ひどくなってるんだろうね。


637 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 09:49:51 ID:IDWD4rPX
まちBBSは静かだね。里帰り出産出来ないような場所だと、過疎化も何もあったもんじゃないんだが。

【過疎化を】奈良県大淀町・吉野町・下市町〜Part.2〜【止めろ】
http://kinki.machi.to/bbs/read.pl?BBS=kinki&KEY=1121777882&START=1&END=1

638 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 10:47:14 ID:JmE6zM9D
報道の自由…北朝鮮5年連続最下位、日本は51位
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20061024it03.htm

639 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 10:59:51 ID:JmE6zM9D
http://www.asahi.com/national/update/1023/TKY200610230400.html
小児科医の新人、2県で0人 26都府県で減少

640 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 11:20:27 ID:JmE6zM9D
事の真相
http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20061021

641 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 11:51:02 ID:BdTyTO+T
>>636
奈良県内でどうにもならなくて大阪行くことになるケースが
多いですね。
地方医大が対処できない状態ですからね。

642 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 11:52:19 ID:JmE6zM9D
628 名前:氏名黙秘[sage] 投稿日:2006/10/24(火) 11:50:55 ID:???
プレジデント今週号
弁護士2097万
小中学校教師746万
会計士・税理士740万
地方公務員707万
不動産鑑定士680万
大卒サラリーマン平均672万
社労士552万

643 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 16:26:05 ID:Xj+u5Uax
まあ、この状況で産科・小児科やる方が負け組なのかも知れん。
医師にも守るべき家族がいるだろうからな。

644 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 18:01:45 ID:IBvFAVxv
私が住んでる市(北関東)も総合病院の産科無くなっちゃったよー;
あるのは開業の先生一件だけ、もちろん予約いっぱい。

実は高校の後輩に産婦人科の女医さんがいて、医者になったときは
「先輩がお産するときは手伝いますよ〜!」って笑ってくれてたのに、
このまえ風の便りで「仕事で鬱になって辞めちゃった」と聞いた…。
一年前くらいの飲み会で「患者さんってみんな、こっちがどんなに頑張っても文句ばっかりいうんですよアハハ」
ってどんよりしてて、皆で疲れてるねー、少し休みなよ、って言ったんだけど
「それが全然休めないんですよ〜もういやー!」って泣きだしちゃった。
しばらくしてから連絡付かなくなったんだけど、今にして思えば
あのとき既に限界だったんだよね…。

その話があるから、>>643のような意見が出るのも納得できる。
でも、実際いなくなるととっても困る。
よくママ友で話すと「医者が無愛想」「態度が悪い」「偉そう」って愚痴ばっかりだけど
そういうときは後輩の話を出して「寝てないんだから無愛想にもなるよ」とフォローしてます。
でも、そう説明しても「そこで無愛想になるのはプロじゃない、お母さんはすごい不安なんだから!」
って返されることが多くてなんだか虚しくなってくるよ…。
いつから日本人は思いやりの気持ちを忘れちゃったんだろうか。

645 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 18:05:21 ID:JmE6zM9D
>>644
やっぱ産科だけは行くのを辞めてつくずくよかったと思います。
後輩にもそう進言するようにしておきます。

646 :644:2006/10/24(火) 18:37:02 ID:IBvFAVxv
>>645
やっぱりそうなっちゃいますよね…;;
ログ見てると先生方が安心して産婦人科に行ける体制つくるのは
すごい難しそうですよね;;(裁判とか警察とかマスコミとか)
できたとしても時間すごくかかりそうだし、お金もかかるし
(もう毎年おなじ道路工事繰り返すなら病院に回してほしい!)
先生が増えるまで(そして一人前になるまで)、地方の産婦人科が持つのかどうか。

そう考えると、先生方の言うように、産婦人科は崩壊決定なのか…
いつの間にこんなことになってしまったんだろう…;;

647 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 18:53:26 ID:IDWD4rPX
>>646
後輩女医さん、大変だったんですね。
ttp://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20061021#c1161653778
検証しているBLOGのコメントに妊婦の方のがありますが、お医者様方が頑張られて、
安全に身二つになるのが「当り前」と思われるようになってから、患者からの要求が
高くなっていったのかもしれませんね。

多少身近な不便はあるかもしれないですが、集約されて高次と通常妊婦の産み分け
が出来たら、先生方の負担も少しは軽減されるのかな。


648 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 18:57:24 ID:JmE6zM9D
http://blogs.yahoo.co.jp/yoshimizushrine/41339235.html
・・・・・・・・・・・・もう何もコメントしたくなくなるブログです・・・・・

649 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 18:57:53 ID:IfdDiba1
私が産んだ産婦人科は、リスクのある人は皆転院。盆正月に産気づいたら転院。
帝王切開すらやらない(小児科医と麻酔医がいないから)。
促進剤は使わないけど、臨月の内診やマイリス、人口破膜等で診察時間内の出産に誘導。
お医者は一人だけど、助産師や看護師の他にも、保育士だの何だのがいつも病院を
ウロウロしていて、患者さんとあれこれ話したり、腰痛マッサージとかしてくれたり。
先生との間で疑問があっても、周りの人が間に入ってフォローしているような感じで
豪華な食事とかサービスとかないのに、結構繁盛してるみたい。

患者とうまくコミュニケーションとるとか、信頼関係を築くとかは、医者じゃなくて周りの
スタッフがフォローすれば良いんじゃないのか、と思う。
お医者がそこまでやるのは大変だし、やってらんないでしょ。

650 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 19:59:41 ID:9O5t/CWj
せめてまだ分娩を取り扱うだけの人員がいる病院を、周りの「元産科病院」が
フォローしてローリスク妊婦の健診をそちらでするとかね。
分娩扱ってる医師は、少しでも手を空けて休んで欲しい。

651 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 20:01:36 ID:QKTZix75
>>648
ブログ、ひどいですね…
日本産婦人科医会は、いずれ糾弾されると思います。
世間からも警察からも…

652 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 21:15:25 ID:/mOQTDWm
>>648
自分に批判的な意見は徹底的に削除してますね
しかも恐ろしいほどのスピードでw

論理的で冷静なコメントほど速やかに削除してますね
反論しやすい感情的なコメントは敢えて残して自分が悪いのでなく
議論できない相手が悪い印象を残してますね

これはひどいですねw

こんな方法で炎上したブログが鎮火するなら
これからは皆そうするでしょうね

653 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 21:46:38 ID:QKTZix75
批判的な意見は恐ろしいほどのスピードで徹底的に削除されたのが
よほど悔しかったんでしょうか?ID:/mOQTDWmさん。
でも、自分たち産婦人科医にとって都合の良い意見を溢れさせようとすればするほど、
その作為的な部分を読まれてしまい、より世間の反感を増幅させてしまうと言う悪循環に陥ってしまっているのが
あのブログでの真相でしょうね。
もっと人間的に成長して下さい。


654 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 22:16:16 ID:zdAB59Aa
産院で仲良くなった人なんだけど
自宅で陣痛→動けないくらいの痛みで救急車で搬送
彼女が初めての出産で陣痛を経験した事がないので
医師も看護士も陣痛でオーバーに言っちゃってるよみたいな感じで
誰も処置せずただベッドに寝かせてた
彼女がすごい痛みを訴えても相手にしてもらえなかったらしい
結果、出産と同時に意識不明になり出血多量で死亡
かけつけた彼女の旦那は泣き崩れ、父親は医師を殴ったらしい
もう5年近く経つけど現在も裁判で抗争中。
病院もあの手この手で言い訳して認めないからね…


655 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 22:19:03 ID:ZNqQZgLD
結論。
産科・小児科やる奴は負け組という事ですな。


656 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 22:23:38 ID:ZNqQZgLD
>>654
ちなみに、その産科医は何を認めなきゃいけないのかな?
殴った父親は当然に障害で逮捕されてるんだよね?

657 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 22:33:34 ID:gSUtlMJP
>父親は医師を殴ったらしい

あえて言う。
これは酷いね。次に分娩する人に何の影響も出なかったんだろうか。
私も茄子してる時に、殴られたことがある。
自称「目が見えず歩くのが不自由な人」のコールに答えるのが遅くなって
「思いやりが足りない」と走って追いかけられて手に持った松葉杖で殴られた。
遊んでたわけじゃなくて、急変した患者さんに手を取られていたのに。
頭にきたら、医療従事者には何をしても構わないという考え方は人間としておかしいと思うが。

ただ、家族の態度がどうあれ、なくなった女性のご冥福をお祈りするとともに、
ミスがあったのかなかったのかはっきりするようお祈りします。

658 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 22:34:32 ID:+8JzvNu3
死因がよくわかんないよね。

カンタンなミスがあったなら、
5年もかかるわけないし。

659 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 22:39:27 ID:OxGHiOvB
>>653

俺は医師でも医療関係者でもないと明言したけど(実際そうだし)、
それでもアッタリ削られたよ。まともに議論する気はないみたいだね。

660 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 22:41:55 ID:IfdDiba1
>654
痛みがあったことと、出産後意識不明になって出血多量で死亡したことと関係があるの?
促進剤使ったため陣痛が急に強く来過ぎて、痛みも激しく、結果子宮破裂というのは
良く聞くけれど、無事出産したんだよね?
促進剤使ってたというのなら、放置されたために悪い結果になった、というのも判るんだけど。

普通の出産で、痛みが強すぎたら死ぬかも知れないなんて、正直空恐ろしいよ…

661 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 22:43:14 ID:ZNqQZgLD
>>654
書きすて??

662 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 22:53:52 ID:pqw/vquD
>>654はただの釣りと見た

父親が暴力振るった件で五年争ってるんだと思いたいな

663 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 22:54:15 ID:34GXRINJ
>>654
陣痛の痛みと出産後の出血は関係あったのでしょうか。
私もかなり痛かったのですが、周りからは「安産だった」と言われ、
むくれたものでした。
陣痛が痛くない人はいないと思いました。
(私は失神はしませんでしたが意識は遠のいた気がしました)

もし出産の前に出血して痛かったのなら、654さんの言うようなことも
分からないでもないのですが、大抵の出血多量は出産後のものと聞いています。
そうであれば、医者に不手際があったかもしれないとしても、
出産前の陣痛のひどさと関係づけるのはちょっと苦しい気がします。

ご冥福をお祈りします。

664 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 23:01:50 ID:hK92Q7kK
>>653
??
あのブログを本当に見てる?

>>652では無いけど、素人目に見ても、まともな意見も全削除してるよ
あきらかにおかしいと思うけど?
今まで、炎上したブログはほとんどブログ主が不適切なコメントをして
それに対する適切な対応をしなかったものでしょ

炎上する原因はブログ主にこそあると思うよ

もしや
ID:QKTZix75=宮司なのかなw

665 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 23:07:07 ID:ZNqQZgLD
そりゃ、産科も絶滅しますわな。

666 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 23:10:56 ID:QKTZix75
日本の産婦人科医師は、これほどまでに腐り切っていたのですね。
捜査を進める警察の皆さん。
どうか悪徳産婦人科医を懲らしめ、正義の勝利する事をお祈りしております。

667 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 23:25:06 ID:pqw/vquD
悪徳産婦人科医が絶滅するのは結構だが、「良かれ」と思って頑張ってる産婦人科医を検挙ノルマのある産婦人科医療に無知な警察が、過剰反応してる可能性もあるよね
警察が全て正しいって盲信は如何なものかな

668 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 23:51:29 ID:QKTZix75
ここでも悪徳産婦人科医が自ら恥を晒し回っているようです。
「警察が“全て”正しい」などと、人が言っていない事をさも言ったかのように見せかける
あなたの狡猾な手口は、まさに悪徳産婦人科医の手口そのものです。
見るに堪えません。

669 :名無しの心子知らず:2006/10/24(火) 23:54:32 ID:zdAB59Aa
>>654です
ごめん。カキコした後にちょっと落ちてました
釣りじゃないですよ。
ちなみに鹿児島県ですがこの事はニュースにもなり新聞にも載りました
病院に対して約7000万の賠償を要求して現在も決着がつかないようです
私はその事故の1ヶ月前に出産して退院したので詳しく知りませんが
別のママ友が丁度入院してて父親が医師を殴り倒したのを目撃したようです


670 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 00:01:37 ID:IfdDiba1
で、激しい陣痛と出産後の出血多量の関係はどういうものだったの?

671 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 00:09:18 ID:DVgH/hkW
ちなみに陣痛時に訴えた痛みと出血多量の件は
情報が飛び交ってたのでどうだったかはいまいち不明です
新聞にもおおまかにしか書いてないので…
救急車を呼ぶ時点で何か異常があったのかもしれませんが…
一応医療ミスとして病院を相手取り争ってます。


672 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 00:11:25 ID:Dj7AhLwy
じゃ、

>彼女がすごい痛みを訴えても相手にしてもらえなかったらしい
>結果、出産と同時に意識不明になり出血多量で死亡

なんて言い方しないで欲しいな…
通常の出産で、陣痛がすごい痛くて、あげくに出血多量になって死ぬこともあるのか、って
びびったよ。

673 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 00:22:39 ID:DVgH/hkW
ごめんなさい
妊婦の異常に早く気付いていればこの様な結果にならなかったらしいので…
ようやく異常に気付いて緊急に帝王切開したら手遅れ?なのかミスなのか
出血多量で亡くなったみたいなので。
混乱させちゃってごめんなさい
でも子供の誕生日が母親の命日って可哀想ですよね。


674 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 00:24:37 ID:iIRh84Ix
激しい痛み、出血って常位早期胎盤剥離じゃないの?
育児版にいるのに誰も知らないのかよw
ぐぐればいくらでも出て来るのに。


675 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 00:29:27 ID:Dj7AhLwy
え、緊急帝王切開だったの?
出血は出産時じゃなくて、陣痛中からだったの?
(早期胎盤剥離なら、出産前に出血するよね)
胎盤癒着とかで出血かと思ったんだけど、陣痛中から出血あったんだったら、放置は
酷いような。

つーか654さんのレスが要領を得なさ杉。
このスレの趣旨からしても、「可哀想」みたいな感情論より、実際の状況がきちんとわかる
ように書いて欲しい。

676 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 00:31:28 ID:khGCX5+Q
>>673
母親が亡くなったのは帝王切開手術から8日後だったはずだから
命日と誕生日は別だと思う

677 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 00:38:15 ID:SN3jMTvg
誰か>>668をかまってやれよ…

678 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 00:46:14 ID:DVgH/hkW
>>675
そうですね。ごめんなさい。消えますね
>>676
いえいえ、それは私の知り合いの話で今回の事件の母親の事じゃありません

679 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 00:46:24 ID:iIRh84Ix
>>676
ちゃんと>>654から読み直せ

>>675
胎盤剥離でも胎盤内のみ出血していることもある


680 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 00:58:24 ID:Dj7AhLwy
>678
いや、消えるんじゃなくてちゃんとした説明を書いて欲しい、と…
不安だけ煽って消えるのもどうなのよ。

>679
陣痛時の内診でも判らないような出血をしてたりするんですか?
そうだとしたら、それも恐ろしい話…

681 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 01:25:40 ID:DVgH/hkW
>>680
いや、実際の状況となると病院と亡くなった本人しか知らないと思うし
私は新聞や知人、遺族からちょっと聞いた事しか知らないので。
実際の状況が闇になってるので裁判に決着ついてないわけだし

682 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 01:29:37 ID:unn9z89C
>>648
あのブログにまた行って来ましたが…
主を非難する投稿者の気違いじみた連続投稿には言葉も有りませんでした。
同一文章の投稿が幾つも幾つも連なり、いかに自分の身を守ろうともがいているかが見えるようです。
みなさんもあのおぞましい産婦人科医の本性をご覧になってください。
餓鬼畜生道そのものです…

683 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 06:05:25 ID:fTxOV7ej
>>682
私には神職にふさわしくない吉野の神主の姿しか見えませんが?

684 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 08:41:07 ID:XRyfe/AM
1、医者「当直あけで寝られない。次の日は休ませてよ」→人の命預かってるんだから、死ぬ気で働いてあたりまえです。
2、医者「何でも起訴にして逮捕されるんじゃやってられないよ」→結果が悪かったら過程なんて関係なく責任取るのは当たり前です。
3、医者「何で医療ばっかり予算減らされるんだよ」→経済のほうが大事だからあたりまえです。
4、医者「僻地なんていきたくないよ」→強制的に、安給料でいかせてやります。お前らの人権より弱者の人権のが大事です。
5、医者「患者の言葉遣いが荒いよ」→患者「様」だろw。お前らがこっちに最高の敬語使うのは当たり前。こっちの言葉は気分次第です。
6、医者「国際的に見て医療費がどーのこーの」→そんなの関係ありません。ここは日本です。
7、医者「産科なんて誰もいかなくなるよ」→大丈夫!強制的にいかせてあげますから。入学したときの希望なんて知りません。
8、医者「これるんなら夜の救急じゃなく昼にきてよ」→昼は仕事がありますからw。夜中でも昼と同じレベルであたりまえです。
9、医者「専門外は診れないよ、、」→たった20科くらいしかないんだから全部並の専門レベルでみれて当たり前です。六年も大学いってただろw
10、医者「医療は不確実なんだよ」→医者なら何でもわかって当たり前です。なにより、結果が悪ければあとからなら何でも文句つけて搾り取れますからw
11、医者「外来の患者多すぎるよ」→他の患者がどうだろうが私はしっかり見てもらわないと困ります。3時間待ったんだから30分は診察に時間かけてくださいね。
12、医者「医療ミスで逮捕する必要はないだろ」→遺族は傷ついてるんです。国民も怒ってるんです。エリートの無様な姿は見てるとすっきりしますw
13、医者「何で医者ばっかり社会はたたくんだよ。一生懸命やってるのに、、」→一生懸命でも世界一レベルのテレビにでるような医者より下手
なら文句言われてあたりまえです。死ぬ気で一生勉強しろ。全部が最先端レベルじゃない医者は消えてください。

685 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 09:42:51 ID:HYdHnsx/
そうそう、DQN患者の言い分を余す所なく網羅した見事なレスです。
DQNスレのテンプレにそのまま使えそうですが、どっかのコピペですか?w

686 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 10:22:15 ID:HYdHnsx/
あ、でも改行はちゃんとしようね。

687 :EXCELLENT:2006/10/25(水) 13:09:22 ID:74tfugrR
1、医者「当直あけで寝られない。次の日は休ませてよ」
→人の命預かってるんだから、死ぬ気で働いてあたりまえです。
2、医者「何でも起訴にして逮捕されるんじゃやってられないよ」
→結果が悪かったら過程なんて関係なく責任取るのは当たり前です。
3、医者「何で医療ばっかり予算減らされるんだよ」
→経済のほうが大事だからあたりまえです。
4、医者「僻地なんていきたくないよ」
→強制的に、安給料でいかせてやります。お前らの人権より
弱者の人権のが大事です。
5、医者「患者の言葉遣いが荒いよ」
→患者「様」だろw。お前らがこっちに最高の敬語使うのは当たり前。
こっちの言葉は気分次第です。
6、医者「国際的に見て医療費がどーのこーの」
→そんなの関係ありません。ここは日本です。
7、医者「産科なんて誰もいかなくなるよ」
→大丈夫!強制的にいかせてあげますから。入学したときの
希望なんて知りません。


688 :EXCELLENT:2006/10/25(水) 13:10:22 ID:74tfugrR
8、医者「これるんなら夜の救急じゃなく昼にきてよ」
→昼は仕事がありますからw。夜中でも昼と同じレベルであたりまえです。
9、医者「専門外は診れないよ、、」
→たった20科くらいしかないんだから全部並の専門
レベルでみれて当たり前です。六年も大学いってただろw
10、医者「医療は不確実なんだよ」
→医者なら何でもわかって当たり前です。なにより、結果が
悪ければあとからなら何でも文句つけて搾り取れますからw
11、医者「外来の患者多すぎるよ」
→他の患者がどうだろうが私はしっかり見てもらわないと困ります。
3時間待ったんだから30分は診察に時間かけてくださいね。
12、医者「医療ミスで逮捕する必要はないだろ」
→遺族は傷ついてるんです。国民も怒ってるんです。エリートの
無様な姿は見てるとすっきりしますw
13、医者「何で医者ばっかり社会はたたくんだよ。一生懸命やってるのに、、」
→一生懸命でも世界一レベルのテレビにでるような医者より下手なら
文句言われてあたりまえです。死ぬ気で一生勉強しろ。全部が最先端
レベルじゃない医者は消えてください。


689 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 14:56:44 ID:HoinU/OU
> 10、医者「医療は不確実なんだよ」
> →医者なら何でもわかって当たり前です。なにより、結果が
> 悪ければあとからなら何でも文句つけて搾り取れますからw

だけ浮いている気がする。
他の部分は勘違いしてるのかわざとなのかわからない発言だけど、
これはわかってて言っているようにしか見えない。

690 :sage:2006/10/25(水) 16:42:40 ID:gtrUb+fA
>>684
いろんなスレで見るが、程度の低いテンプレだな。

691 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 16:56:00 ID:WnLaWXcD
>>690
高等なテンプレの実演を是非!w


692 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 18:42:26 ID:SN3jMTvg
>>691

医者「>>690は当院では専門医がいないので診れません」









精神科に行け!!

693 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 18:49:56 ID:HYdHnsx/
うんうん、改行したから読みやすくなったねえw
DQNってこんなことばっかり考えてるよね。
何でも自分の都合が最優先でそのために他人が迷惑しようと
知ったこっちゃないと。
DQNさんとは絶対お友達にはなれないわ。

694 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 18:55:46 ID:BXQA8okr
医者「専門外は診れないよ、、」

少なくとも、これだけは医者の方が確実に間違ってる。
だから、このコピペ、これが入ってるのは明らかに不自然なんだよな。

695 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 19:02:58 ID:HYdHnsx/
マジレスするが、専門外を知ったかして診てしまう医者の方が信用できない。

696 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 19:17:39 ID:bHs9P/h+
僻地や深夜だと専門外でも見ざるおえない

697 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 19:21:10 ID:HYdHnsx/
僻地だからといって>>694
>少なくとも、これだけは医者の方が確実に間違ってる

とはならないと思う。

698 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 19:24:36 ID:BXQA8okr
そういう意味じゃない。

医師には往診義務があるから、少なくとも
「専門外だから診れない」
という発言は許されない。

699 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 19:29:25 ID:HYdHnsx/
>医師には往診義務があるから、少なくとも
>「専門外だから診れない」
>という発言は許されない。

あなたが「許せない」と思っているってこと?
それとも専門外の診療を拒否してはいけないという法律があるの?


700 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 19:33:37 ID:BXQA8okr
あるの、医師法で。

701 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 19:40:11 ID:HYdHnsx/
へえ〜。知らなかったよ。
かと言って全部自分が丸抱えして専門外の診断治療しちゃう人なんていたら困る。
その能力もないのに、って意味で。
普通は専門医に紹介するんだろうけど。

702 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 21:00:42 ID:74tfugrR
往診義務ではなくて、診療義務・応召義務。
医師法19条1項
「診療に従事する医師は,診察治療の求めがあった場合には,
正当な事由がなければ,これを拒んではならない」
 詳しい説明はhttp://homepage3.nifty.com/dontaku/lecture-jms/lec98-2.htm
往診というのは患者のところに医師が出向いて診察すること。

703 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 21:03:01 ID:BXQA8okr
応召と診療合体させちまってた

はでゅかしー。

704 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 22:00:06 ID:JcYySWvn
>>681
たしかに実際の状況は病院や故人など限られた人しか知らないのかもしれませんが
それであれば、どちらかに肩入れした発言はどうかと思います。
不確定なことで不安にさせるおつもりはないでしょう?
こうした事故の報道の中には、医者の過失もあれば、患者さんの側の勘違い思い込みも
あるようですし、もう少しお互いが納得できお話しの方がいいと思います。
(ここでいうお互いというのは、ここに書き込んでいる擁護派と反対派ですが)


705 :名無しの心子知らず:2006/10/25(水) 23:47:32 ID:DT+UbpnI
>>703
あと、応召義務には罰則規定がないからいざとなったらガン無視できるよ

706 :名無しの心子知らず:2006/10/26(木) 08:51:49 ID:PcUJsH8m
【お知らせ】2ちゃんに繋がりにくくなるから・・・【14時〜16時】
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1161814085/

2ちゃんねるからのお知らせです
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1161814155/

707 :名無しの心子知らず:2006/10/26(木) 09:01:11 ID:NJEtaPUW
ここまで全否定されて、1億2千万を敵にまわして、
まだ、産科やっているのか?
患者あっての医師だろ?その患者が藻前らを完全否定している。
このまま静かにしていれば事態は改善するとでも思っているのか?
完全に否定されてんだぞ?藻前らの信じてきた事が。
いくら藻前らが正当性を訴えたって、だれも聞かない。
決して、覆らないぞ!それでもまだ産科やるのか?

藻前らは尊敬する。本当に尊敬している。
だから言う。まだ、産科やるのか?それでいいのか?

708 :名無しの心子知らず:2006/10/26(木) 10:05:04 ID:HrePpcb8
そうだよな。全員自宅で産ませりゃいいんだよ。それなら難産で母子が死ぬのも自己責任。
文句言いまくって産科を絶滅させた先人たちを恨んで死んでいけばいい。

709 :名無しの心子知らず:2006/10/26(木) 10:19:54 ID:Hm5aqVQB
奈良市の同和職員には他科の医師が診断書書いてあげてたんだから
産科医にも診断書書いてあげて、お休みとらせてあげたらいいのに。

710 :名無しの心子知らず:2006/10/26(木) 11:18:22 ID:FUJfCpvY
>>703
応召義務についてだが。

医師が自己の標榜する診療科名以外の診療科に属する疾病について診療を求められた時,
医師が自分の専門外の領域であることなどを理由に診療を拒否した場合,患者がこれを了承すれば,
一応正当の理由と認め得る。

なので専門外を理由に拒否することは可能。
患者がそれでも診てくれと言った場合は診れる範囲で診なければならないけどね。

711 :名無しの心子知らず:2006/10/26(木) 13:01:51 ID:vqIVpPYW
医者が足りない?
ほかの国の状況もしっておきましょう。
育児板にも張っときます。

ttp://reekan-j.hp.infoseek.co.jp/ima.html

712 :E:2006/10/26(木) 13:13:10 ID:JQ/Phbz5
9、医者「専門外は診れないよ、、」
→たった20科くらいしかないんだから全部並の専門
レベルでみれて当たり前です。六年も大学いってただろw


713 :名無しの心子知らず:2006/10/26(木) 13:19:09 ID:NJEtaPUW
>>712
 寿司屋に、
  ゛誰もが納得できるフルコースをいきなりつくれ゛
 って言ってるのと同じだな。
 いくら調理師免許があっても、無理だろ? 


714 :E:2006/10/26(木) 13:22:30 ID:JQ/Phbz5
>9、医者「専門外は診れないよ、、」
9.医者「専門外はわからないよ」に換えればいいんじゃない。
そうすると完璧。>>699の意見は私にはぴんとこない。
 テンプのすばらしさに敬意を表して勝手に変えたりはしないけど。
(684を勝手に改行、687,688に変えたけど)
>>712操作ミス。


715 :名無しの心子知らず:2006/10/26(木) 13:24:31 ID:Hm5aqVQB
563 名前:卵の名無しさん[] 投稿日:2006/10/26(木) 13:11:47 ID:xPv1Xbe60
ネットでのソースが見当たらないので、手打ち

毎日新聞 関西地区の社会欄より

奈良・妊婦死亡問題  読者から反響
緊急搬送体制に不安の声  医療現場の疲弊 指摘も

 奈良県大淀町立大淀病院で意識不明となった妊婦が搬送先の大阪府内の病院で
死亡した問題を毎日新聞が特報してから1週間が過ぎた。25日までに、読者から
手紙やメール、電話などで約50件の反響があった。「母体・胎児の緊急搬送体制を
早急に整えるべきだ」という意見のほか、「問題の背景には疲弊した医療現場の
現状がある」との指摘もあった。【今西拓人】

 妊婦は今年8月、分娩中に意識不明になった。緊急搬送先を探したが、計19病院で
受け入れられず、急変から6時間後、国立循環器病センター(同府吹田市)に搬送。
男児は生まれたが、妊婦は8日後に亡くなった。
 緊急搬送体制の不備への不安の声は多く、奈良県の女性は「(打診され、受け入れなかった)
各病院か、大淀病院か、奈良県のシステムか、どこに問題があるのか、はっきり知りたい」。

 一方、「医療が貧困な県に住むと、助かるはずが助からない事態に遭遇するのでは、と不安になる」
(奈良市の読者)と、医療の地域格差があってはならないとの指摘もあった。

716 :名無しの心子知らず:2006/10/26(木) 13:25:02 ID:Hm5aqVQB
564 名前:卵の名無しさん[] 投稿日:2006/10/26(木) 13:12:19 ID:xPv1Xbe60
>>563続き

■責任の所在について
 妊婦は脳内出血を起こしていたが、大淀病院は分娩中にけいれんを起こす「子癇発作」と判断。
原育史・同病院長は会見で「判断ミスがあった」と認めた。72歳の主婦は「その時の
医師の出会いで寿命が決まるのは、ふびん」とメールに記した。一方、滋賀県の医師は
「問題は、母子救急が満床になり、受け入れ不可能になってしまう状況だ」と訴える。

■問題の背景
 ある読者は「産科医療の問題の根源は、産科医不足にある」と指摘する。大学の研究者は、
今回の問題について「行政による経済的な裏付け、病床数などのハード面と医師や看護師らの
ソフト面が十分でなく、現場が疲弊しきっている中で起きた」とし、医療現場の改善が
急務だと訴える。
 ある産婦人科医は「だれが出産は安全だと決めつけたのか」と疑問を投げかけた。
この医師は「幸せな面ばかり強調しているが、一定の確率で合併症は起こりうる」と主張している。


情報お寄せください
 産科医療や医療全般に関する情報、意見をお寄せください。
 〒530-8251 毎日新聞社会部(住所不要)
(ファックス、メールアドレスは下の記事を参照して下さい)
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/takamurakaoru/news/20061008ddn012070020000c.html

717 :名無しの心子知らず:2006/10/26(木) 14:23:43 ID:byRx03dc
患者側としては、問題追及は今後のためにぜひしてほしいけど
責任追及=犯人探ししてくれって言ってるわけじゃないんだよなあ。



718 :名無しの心子知らず:2006/10/26(木) 14:29:14 ID:oelZElyU
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/eye/kishanome/news/20061026ddm004070125000c.html
「次の実香さん」出さぬように=青木絵美(奈良支局)
 ◇「人と予算」伴った対策を−−医師だけを問責するな
>だが、記事化が必要だと思った一番の理由は、医師個人を問題にするのではなく、
>緊急かつ高度な治療が可能な病院に搬送するシステムが機能しない現状を、行政も
>医師も、そして私たちも直視すべきだと思ったからだ。

方向転換を図ってきてるな。 
最初は医療ミス・たらいまわしの刑事事件スクープ扱いだったくせに

719 :名無しの心子知らず:2006/10/26(木) 18:00:56 ID:rigyxkum
大抵の産院や医院では血圧測定やら食餌制限やらの説明と一緒に、
「お産は命懸け、リスクがある」って伝えると思うんだけどなぁ。聞いて無いのかね。

まあ一方で、ナチュラルだかネイチャーだかな自宅出産をめざす人も居るわけだからなあ。
だいたいが、「医者にかかったせいで死ぬ」わけじゃなくて、
「死にそうだから医者にかかる」わけだし。

720 :名無しの心子知らず:2006/10/26(木) 18:47:25 ID:6PUBQNrX
「医者にかかっても死ぬ」んじゃあ、素人からすると「医者にかかったせいで死ぬ」のと同じように思うんでしょう。

721 :名無しの心子知らず:2006/10/26(木) 19:44:11 ID:xK0jQ09a
死ぬ時は死ぬ。それは当たり前として、医者の予見や医療システムに
不備がさればそれは問題視されて当然でしょ。
遺族だって、身内が死んだから訴えてやる、というんでなく、こういうことが起きた原因を
明らかにしてほしい、二度とこういうことを起こさないでほしい、と願っているんだし。


722 :名無しの心子知らず:2006/10/26(木) 19:57:07 ID:kkPTQ4PY
>>721
システムはいいんだが、医者が予見できたかどうかを素人が
医者より知識があるような顔で問題視するのはどうかと。

723 :名無しの心子知らず:2006/10/26(木) 20:42:36 ID:V1z1H9zt
こういうことが起きた原因を明らかにして欲しい、という割には
医者に原因があるという予断を持っているように思える。

724 :名無しの心子知らず:2006/10/26(木) 20:50:28 ID:IQP5N1VZ
原因を明らかにって言うわりに、請求額がどんどん高額になってるよねw

725 :名無しの心子知らず:2006/10/26(木) 23:45:08 ID:mr+EbWKD
>>718
この記事ひどい。青木絵美の記事はずるくないか?

「医師だけを問責するな」
ってあるけど、お前らの記事が「医師の門責」だったんじゃないのか?
遺族に不満があるのは尤もなことだよ。
その中である程度抑制のある言動をしていた遺族の言葉を
拡大解釈して報道し、それ以降の遺族の尊大な言葉を引き出したのはお前らだろ。

結局お前らの記事で誰も幸せになっていない。
医師と遺族の不要な対立を招いただけで、本来遺族が最も望んでいた
医療整備の話(少なくとも建前はこれを一番に望んでいた)はお前らの記事のためにぼやけたものになったんじゃないのか。

726 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 00:54:20 ID:q2ahqxkK
結局>>698は間違っていたわけだねと、独り言

727 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 04:25:31 ID:BPDKzhRS
>>721
そうかー?あの夫はどう見ても「妻を喪って乳飲み子だけ遺されたボク、カワイソ♪見て見て!」だろう

728 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 06:29:51 ID:xrHA/Gd9
本当に真相究明をと考えるなら請求額は訴訟費用の実費でいいわけで。
何億何千万と請求しておいて「真相究明を」と言われても金目当ての何物とも思えない。
結局、こういう訴訟起こす奴らの言い草は「金を取るための綺麗事」なんだよな。

729 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 08:55:05 ID:c1hwZ8RN
というわけで>>707

730 :[sage]:2006/10/27(金) 10:14:47 ID:dd4f7mXL
ひどい…

731 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 10:25:55 ID:q2ahqxkK
おまえこそこんなところで 産 科 医 に 向 かっ て 
訴えても誰も見てないだろうが。
産科医ひとりひとりに面と向かって言ったらどうだ?

732 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 10:31:36 ID:q2ahqxkK
>>731>>707へだった

733 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 10:33:47 ID:TwQVPyuC
奈良が悪いとオモワレ。
大阪なら助かったわけで。

734 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 12:02:42 ID:hKao2QOd
大阪なら助かる可能性があったかもしれないけど、病状的にはかなりシビア。

病気が悪いんだよ。
毎年50人以上の妊婦が出産で死んでるんだ、この妊婦さんもその一人。

マスコミには客観的事実を出して欲しい。
結果論なんか聞きたくない。
毎日新聞にはメールしたけどなしのつぶて。
何か一般人ができることはないんだろうか・・・・・・

735 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 13:33:42 ID:rKq79rWd
>>734
もしかしたら,命は助かったかもしれないけど,後遺症が残って,
「あのときxxxxxしていれば,後遺症は残らなかったのに」
等と言われて,介護料1.5億円を取られるのがオチでしょう

736 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 13:44:07 ID:Yt/afYab
>>734
今更一般人に出来る事は無い。
もっと早く気付いていたらなんとかなったかも知れんが、もはや手遅れ。
医者叩き、楽しかったでしょう?

737 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 14:36:06 ID:lAoOazHZ
助産師増やして、産科医は急変や手術だけの分娩にすれば、産科医の数は今のままで十分でしょ。
むしろ多いか?
浮いたお金は、搬送時に医療処置ができるようにする。
または急変した患者を適切な場所に送れるようにして、有能な内科医や外科医と空きベッドの確保。

738 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 15:08:10 ID:LwRfZcpD
それやったら、本当に産科医がいなくなると思う。

子供が産まれたら普段はトメに子供を預けて、躾や病気の時だけ母親がかかわるようにすれば、
一人の女性が5〜6人産むようになるでしょ。少子化対策バッチリ。空いた時間は働ける。
ただし子供が重い病気になったり非行に走ったりしたら母親には厳罰ね。
というのと同義だもん。

739 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 15:33:16 ID:lAoOazHZ
全然違うんだが。

例えるなら、軽い熱や咳程度ならは近所の診療所で。
田舎の人も近所の設備の整っていない診療所で。
だけど重い症状が出たら大学病院へ。
そのかわり搬送手段には金をかけ、本当に重篤な患者のために
ベッドや医者の手を空けとけ、ということ。



740 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 15:48:18 ID:Rggi6Ylr
>>698
そのとおり。
その結果、自分では無理と診断すれば、高次の
病院に送る義務もある。

741 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 15:48:47 ID:Yt/afYab
全く無理w
散々他スレでも出てるが、貴女は安全だと思うから助産師で
(でも何かあっても産科医を温存する為だから責任は取りません)、
貴方は風邪だと思うから検査の出来ない村の診療所で
(でも検査したら肺炎だったとしても医療過疎の地域に住んでいるのは自己責任)
などと言われて全ての人が納得できるのかね?


結局、産科医や都会の病院が更に忙しくなるだけだw

742 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 16:03:08 ID:LwRfZcpD
>>739
それは異常がなければ産科医にはかかれないってことなのかな。
分娩中の脳出血だったりしたらとてもありがたい制度。
それよりもっと頻度の高い分娩中や直後の予期せぬ大出血だったりしたら
搬送がスムーズでベッドが空いていても手遅れになりがちだと思うんだけど…

743 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 16:05:17 ID:rFv8wv5n
>>737
産科医が、ものすごくハイリスクな商売になるな。

744 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 16:29:29 ID:lAoOazHZ
>>741
「あなたはリスクが低いので助産師のとこで産めるよ」
「あなたはリスクが低いから近所の診療所で診てもらってね」

こんなの普通のことでしょう。
ついでに言うと、最終的選ぶのは自分。
それでも、助産師の元で産む人が増えることになるだろうから、
大局的に見れば、医療資源ははるかに有効に使えるということ。

というか、これは有識者の間では昔から言われている理屈だよ。


>>742

今のままじゃ、どっちにしても搬送はハイリスクじゃん。
だからこの事件でしょ。
病院で産めば大丈夫、という安全神話がようやく間違ってると気づいただけ。

745 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 16:43:53 ID:Yt/afYab
>>744
どこの有識者だよw

ってツッコミは別にして、現場を判っちゃいないね。

746 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 16:52:16 ID:lAoOazHZ
>>745
WHOとか国内の一流どころの病院とか。
助産師を活用したら安全性とコストの面で良い変化が見られてるんだよ。
現場の声でもあるんだけど。

747 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 16:52:51 ID:Yt/afYab
>>744
まっ、決めるのは自分自身で問題あっても自己責任って事なら1mm位は可能があるかもな。
だいたい浮いた資金って、医療における人件費なんざ微々たるものだな。
僻地の病院から毎年何cmずつ高速道路を作るつもり?


748 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 17:02:29 ID:Yt/afYab
>>746
そりゃ産科医より助産師のがコストは安いよ、当たり前じゃん。
だったらそこで問題があっても賠償は同等に安くなるの?

医療費は医師や病院が使うものじゃないんだよ。
医療を甘受して来た患者が使ってきたんだ。
結局、国・マスコミだけじゃなく国民が意識改革しなけりゃ無理。
金をかける所が間違ってんじゃないの?

もう遅いんだろうがね。

749 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 17:09:37 ID:Yt/afYab
唯一、
>病院で産めば大丈夫、という安全神話がようやく間違ってると気づいただけ。

だけだな、同意出来るのは…
遅すぎるがねw

750 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 17:12:27 ID:LwRfZcpD
>>746
国内の一流どころの病院ってどこ?
どこの大学病院でも助産師のいない病院はないし、
でも異常がなければ助産師だけで分娩して医師は一切かかわらない病院ってないと思ってた。
それで安全性が増した病院があるなら知りたい。

751 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 17:15:39 ID:KHxmTjrg
町立大淀病院問題で大阪府保険医協会は『声明』を発表
http://osaka-hk.org/


752 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 17:32:28 ID:lAoOazHZ
>>748

賠償の費用は、安全性とリンクするものだろうし、医療過誤のあり方については
外国のように医療裁判をもっとやりやすくして、抑止力を期待するしかないんじゃ?
医療過誤に関する賠償は、払わないわけにはいかないんだから、
後は過誤をいかに減らすかという努力の問題。
今、言ってるのは、産科医のあり方だからまた別問題。



>>750

済生会宇都宮病院周産母子医療センター
佐野病院助産科
深谷赤十字病院産婦人科病棟
湘南鎌倉総合病院産婦人科

このへんは、院内助産院を実施して成功をおさめているよ。
助産師がただいればいいというんでなく、助産師の専門性を尊重して
助産師主体で分娩を取り扱った結果、優位に好転したということ。



753 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 17:59:10 ID:Yt/afYab
調べるのに随分時間かかったねw
ちなみに院内助産院は苦肉の策なんだがな。
産科医が10倍もいれば必要ない。
いない状態でどうするか考えて上手くいくかもって話しだ。

顕微鏡でみた意見じゃなく大局的にみたら医療政策と切り離せないだろ?
どうも偉い様の発言が好きな様だが、
最近医療費抑制の為にはなくてはならないと国が推し進めている包括医療も、
先発したアメリカじゃ何年も前から失敗だと言われてるよ。
じゃなんでやんの?
外資の為かね〜w


754 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 18:12:49 ID:lAoOazHZ
>>753
時計を見ながら書き込みを待ってたんかい。キモイな。

「苦肉の策」ってそんな妄想で切り捨てないでください。
医師を10倍にするのとどちらが現実的か、世界の流れが集約化とすみわけに
なっているか考えてみたら?
医師を10倍にするなんて「妄想」を言っている人間じゃ分からないのかな。

それと別に偉い人の意見が好きなわけじゃないよ。
匿名でバッシングしかできない人間よりははるかに有益な意見だとは思うけどw

ちなみにアメリカなんて福祉医療に関しては後進国だよ。
一部の金持ちが一流の医療を受けるといういびつな国を持ち出しても仕方ない。
ヨーロッパ諸国の方が参考になるよ。

755 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 18:24:09 ID:Yt/afYab
ほーっ、ヨーロッパのどこよ?

現実的かどうかが問題じゃないだろ?
結局は医師を増やすしかない。
いかにして増やすかを考えべきだろう。
産科医がゼロになったらどうしようもないじゃん。
助産師に帝王切開をしても良いとするかい?

もう医療従事者の努力とか意識でどうにかなるレベルを越えてるんだよ。

756 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 18:30:25 ID:Yt/afYab
それと匿名のバッシングって?
おまいは名を名乗ってんのかいw
おまいの短絡思考を指摘してるだけなんだがねw

他人の努力を期待するだけじゃなく、医療のために募金でもしたことあるんかい。

757 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 18:32:28 ID:lAoOazHZ
>>755

>ほーっ、ヨーロッパのどこよ?

やれやれ。
態度の悪い人間に教えてやるほどこっちは優しくないので勝手に調べてくださいな。
目の前にネットがあるでしょ?

>現実的かどうかが問題じゃないだろ?

へー。そうなの?
アメリカ並に10兆円くらい医療費にしましょう!
という意見もあり?
というか現実的でなくていいと思って書き込んでるなら、今までのあなたの書き込みは
全部願望と妄想なんですね。
付き合った私も時間の無駄でした^^

まあ、いくら現実的な提案をしても、洗脳された医師にかかれば
まともにコミュニケーションは取れないということなんですね。
ありがとうございました。





758 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 18:37:42 ID:O0BHcAkX
結局はいま、各地でやってるように
母子センターへの集中化をするしかないんでしょ?

評判のいい病院は助産師さんの評判がいいよね。
しっかり助産師さんを集めて(家庭に入っている人も多いと思うので有資格者は多いと思う)
医師はいざって時にでてくる。それでいいと思う。
数が少ないのを増やすことできないんだから、そろそろ分娩の近い我らとしては
なるべく早めに取り組めそうな方法をとってほしい。

759 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 18:38:30 ID:lAoOazHZ
>>756
私は別にバッシングなどしていませんが、なにか?w

>他人の努力を期待するだけじゃなく

はて?努力ってなんだ?
別に医者が一方的に世間に奉仕しているという感覚はもっていないなあ。
ある種の敬意と感謝を常識の範囲では持っているけど。
ただ、それとこれまでの文脈がどうリンクするのか意味不明w

>医療のために募金でもしたことあるんかい。

募金と産科医療の崩壊に関して語ることの関連性はなんでしょうか。

もうなにがなんだか・・・┐(´∀`)┌




760 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 18:39:45 ID:lAoOazHZ
>>758
ようやく、きちんとした意見が読めて嬉しいです。
長々2ちゃんねるに書き込んだ甲斐があったなー。
私も同じ意見です。


761 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 18:40:14 ID:Yt/afYab
まあ、ヨーロッパも医療政策は軒並み失敗しているがね。

逆切れして勝利宣言かいw

たとえ遠回りでも医師を増やすしかない。
受診制限や集約化はそれまでの対策にしかならん。


762 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 18:48:07 ID:uOvapOj9
今回の一件とか色々、助産師会の陰謀説っていうのもあるよね。

763 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 18:56:24 ID:lAoOazHZ
勝利宣言てw
そう見えたならごめんなさいね。
でもこれじゃあ、話にもならんわ。

>まあ、ヨーロッパも医療政策は軒並み失敗しているがね。

これといいアメリカ発言といい、ちょっとは調べてからものを言おうね。
外国の話を適当に出せば煙に巻けるとでも思っているのだろうか。
いつの時代の人間なんだろう。

ちなみにヨーロッパの取り組みはこんな感じ。

http://www.asahi.com/special/obstetrician/TKY200606300414.html

松岡恵・東京医科歯科大学教授らの厚労省研究事業調査によると、母子保健指標の水準が高い
英国、フィンランド、ニュージーランド、ドイツなどでは、正常産は助産師が、
異常産は専門医が扱うという「すみわけ」をしている=表。異常があればすぐ専門医がいる病院へ
搬送するシステムを作るなど安全を確保した上で、助産師教育に力を入れ、
薬の処置や会陰切開ができるように権限を与え、産科医の負担を減らす工夫を続けている。






764 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 19:16:24 ID:Yt/afYab
理解力ないね〜w
産科医がいなければスタッフを集約しても産めないケースがあるだろ?
日本で会陰切開はおろか処方すら出来ない助産師がいつになったら産科医の代わりになるんだ?
集約化が成功するまでに医師法も改正しとくか?

ヨーロッパで産婦人科に限らず医療政策に成功している国は皆無だな。
イギリス位か、これからなんとかなりそうなのは…。受診制限がいつ収まるか知らんが。
アメリカ云々も包括医療って知って言ってんの?
こちらは携帯なのでソースは自分で探せよw

繰り返しになるが受診制限・集約化は付け焼き刃にしかならない。
医師を増やすしかない。

まあ看護師が手術出来る様にするなら別だがなw

765 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 19:36:50 ID:lAoOazHZ
悔しいのは分かるけれど、人格崩壊してますよ。
携帯から相手のレスを時計をにらみながら待って内容のない長文を書き込む
時間と労力があるなら、アメリカの包括的医療とやらを説明してくださいよ^^
人には下品な態度で教えてちゃんのくせに、自分は説明責任を果たさないんだから
しょーもないですね。

というか、ほんとにここまで馬鹿だとどうしようもないのだけれど、
集約化とすみわけはセットなんだよ。
医者のいらない大部分の分娩を助産師にゆだねることによって、
集約化がなしえるわけ。
集約化ができることによって、医師に負担が減るから初めて医者が増えるわけ。
これらにつては散々ガイシュツだけど、WHOや国内の有識者や一流病院
先進国(アメリカじゃないよw)が昔から提言、もしくは実行していることなの。

匿名の石が妄想でわめいているのとはわけが違うんだよ。お分かり?
まあ、分からないから、助産師看護士が手術云々とかおかしなことが
言えるんでしょうね。
石を増やすしかないって、どうやって石を10倍増やすんでしょうか。
具体的かつ現実的にに石を増やす提案をしているのは、こちらですよ。

766 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 19:43:54 ID:Yt/afYab
>具体的かつ現実的にに石を増やす提案をしているのは、こちらですよ。

で、どこがその提案なんだ?

煽り文句はいいからその提案を教えてくれよw

結局金をかけるしかないがな。

767 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 19:44:08 ID:lAoOazHZ
>産科医がいなければスタッフを集約しても産めないケースがあるだろ?

集約化って理解してる?


768 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 19:49:47 ID:WYmOi9/f

>>767

円距離痛医院

769 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 19:51:52 ID:lAoOazHZ
>>766
あんたの目は節穴以下ですね。
具体的提案が「集約化」と「すみわけ」だって散々書いているだろ。
まずは>763を読んで要点を理解してから書き込んでください。

でYt/afYabの提案は

1 医者を10倍増やせばいい ←増やすどころか減ってきているから問題になっている
2 金をかければいい ←金がないから問題になっている


小学生でも書けるよ。こんな内容w
一体なんのために携帯から時計を睨みながら長文を書き込んでいるのやら・・・
親指痛くならないですか?m9(^Д^)プギャー

770 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 19:53:45 ID:lAoOazHZ
さて、そろそろ落ちますね。
圧倒的に理解力も勉強量も足りない人間相手じゃつまらんです。
さよなら。

ノシ

771 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 19:57:24 ID:WYmOi9/f

>>768

は全くの門外漢です。


772 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 20:07:14 ID:owAa2qpU
あげ厨の負けだなw

773 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 20:07:23 ID:Yt/afYab
おまいよりは理解してるよw

集約は限られた資源である医療を有効に活用しようとするだけで、そこに医師が無から現れる訳じゃない。
産科医一人にスタッフが何人いても集約じゃないだろw
始めに医師有りきだ。
そりゃ至る所にセンターがあり、全て人材に恵まれてりゃ良いだろうが、それが可能かどうかが問題だろうに。
集約すりゃ我も我もと医師が集まるとでも思ってんの?
昨今の流行りは逃散だよ、知ってる?

で、医師を増やす提案っていつ言ってたよw?


774 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 20:21:51 ID:Yt/afYab
んで集約したら医師が増えるんかい?
>>763のソースの様に、産科医がいないからこそ助産師に権限を与えている訳だ。
それが日本で認められてもいないうちからそれで上手く回るかい?
集約化は魔法とでもいうつもりかよw



775 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 20:32:22 ID:5MOnCE+Q
助産師さんは今の法律じゃ会陰切開できないからなあ。

776 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 20:39:50 ID:Yt/afYab
>>775
それすらソースから読み取る事の出来ないlAoOazHZ レベルの理解力が一般人の大多数かと思うとorz
産科選ばなくて助かったよw

777 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 21:09:23 ID:Yt/afYab
ちなみに最近の集約された病院の産科医の動向を貼っておきまつね。

産科医が超勤手当1億円と設備改善を要求
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1161473105/

こんなのヤダヤダ!
〃〃∩ _,,_
 ⊂⌒( `Д´)
  `ヽ_つ_つ
医者が我も我もと集まるに決まってるヤダヤダ
    _,,_
〃〃 (`Д´∩
   ⊂   (
    ヽ∩ つ
こんなじゃないヤダヤダ
〃〃∩ _,,_
 ⊂⌒(つД´)
  `ヽ_ノ⊂ノ

それでも脳天気に集約化のみマンセーしてる馬鹿は出産難民になってもしかたないなw

778 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 21:30:10 ID:uOvapOj9
助産師は、会陰切開したり促進剤などの薬を投薬したりする権限を助産師に与えるべき、って
主張してるんですって?
だけど患者の身にもなってほしい。切開だの促進剤だの、助産師にされたくないですよ。

助産院で産むような人になら良いけれど、病院で産みたい人に対して、助産師が切開や投薬
したりするようになりかねない制度変更はやめて欲しい。空恐ろしい。

779 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 21:33:02 ID:sH2aptCX
産科をする医師が増えなければ、集約化したって所詮は
一時しのぎにしか過ぎない。

 リスクが大きくてなり手がないのなら、国や地方自治体が
ちゃんと予算を出して保護すべきだし、ちゃんと国民に理解を
求めて必要な金を出してもらうべき。

「入れ物(周産期医療センター)は作ってやるから、あとは頑張れ」
ではちょっとアレかな。



780 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 22:27:47 ID:Yt/afYab
>>779
全く正論ですな。

金はないけどどうにかしろ。
医者はいないがどうにかしろ。
等という阿呆な意見にはうんざりしてたところですよ。

781 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 22:58:00 ID:Xn4vDZO8
今、私の家内は出産目前です。
不安の中、皆さんの意見を見てきました。
これからどういう風に医療関係が変わっていくか私にはわかりませんが、私が思うには出産を控えた方々が安心できる医療システムが必要と思います。
皆様方のように物知りではないので、上手にお話できませんが・・・・。
乙。

782 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 23:01:34 ID:UU43MUAD
産科医自体の数が増えないと、根本的な解決には……。
でも、マスコミはどうも、産科医を絶滅させたいようなので。

783 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 23:02:30 ID:ivP7kH3p
日テレに110万円賠償命令 アルカイダ報道めぐり
http://www.asahi.com/national/update/1027/TKY200610270388.html
2006年10月27日22時15分
 国際テロ組織アルカイダと関連があるかのように報道されて名誉を傷つけ
られたとして、埼玉県に住むバングラデシュ国籍のイスラム・モハメッド・ヒム
さん(36)と、経営するカード会社が、日本テレビに1100万円の損害賠償な
どを求めた訴訟で、東京地裁は27日、日本テレビに110万円の支払いを命
じる判決を言い渡した。

やはり金額が少し少なすぎますね。しかし日本の医師も間違った報道に対してはじゃんじゃん訴訟を起すべし。
特に新聞記事はかいた記者がわかることが多いので記者個人を相手に訴訟を起しましょう。
判例を積み重ねてけば日本のマスゴミがいかに低レベルかということが世間にわかります。


784 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 23:03:20 ID:ivP7kH3p
818 名前:卵の名無しさん[sage] 投稿日:2006/10/27(金) 09:36:59 ID:YrbcP6OH0
奈良の事件詳細です
長文&連張りスマソ

妊娠中
(1)最終月経は平成17年10月23日より5日間。近くの開業医で妊娠と診断され、同年12月20日大淀病院産婦人科初診。
(2)初診時子宮の後壁に28*18の筋腫核指摘。既往歴、家族暦には特記すべきことなし。
(3)同年12月31日、感冒症状あることと、悪阻強く、何度も嘔吐するため、本人より病院に電話があり、点滴を希望される。
当直医指示により点滴を行う。この悪阻症状は 2月まで続き、そのため時々点滴を受けた。
(4)妊娠経過中はきっちり指示どおり来院、同病院で行われた母親学級も3回きっちり受講した。妊娠経過は順調で血圧も高くなく、
96-118/50-60 mmHg で経過しPIHの所見もなかった。他の検査、超音波やX-ray film によるpelviometry も行われたが
新しい筋腫核がもうひとつ見つかったぐらいで、ほとんど異常なく経過した。また分娩は夫立会いを希望し、所定の承諾書に署名捺印を行った。
(5)同年7月(妊娠37週)の外来受診時、時々ひどい嘔吐があることを訴える。
(6)妊娠40週頃2回行われたnon-stress testもreactive であった。


785 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 23:03:53 ID:ivP7kH3p
819 名前:卵の名無しさん[sage] 投稿日:2006/10/27(金) 09:38:27 ID:YrbcP6OH0
つづき

入院以後
(1)妊娠41週超で誘発目的にて入院。失神に至るまでは、おおむね今までの書き込みの通りである。
誘発開始(09:40)よりPGE服用終了(14:45)まで産科病棟 師長で助産師である経験31年近い助産師が
ベッドサイドに付き添い刑事的に内診、バイタルチェック、CTGのチェックを行い看護記録に記載あり。
(2)(17:00)準夜勤務の助産師(経験20年)に交代。陣痛は2分おきと患者応答あり。子宮口3cm開大。
(3)(17:20)入院以来最初の嘔吐あり。(胃液様)show(+)
陣痛間歇2分、発作20〜30秒。助産師より呼吸法を指導す。fetal wellbeing 良好。患者「痛い、痛い」と声を出している。
(4)陣痛と悪心、嘔吐あるため夕食摂取せず。かわりにポカリスエットを十分摂取している。(18:00) CTG で異常所見なし。
あいかわらず「痛い、痛い」と訴えあり。
(5)(21:30)胃液様嘔吐あり。ポカリスエットを摂取してはいるが、嘔吐が何回もあるので、ルート確保も兼ねて、
5% glucose 500ml 点滴開始。(21:40) 子宮口4cm開大。児心音良好。
(6)(22:00)胃液様嘔吐あり。(23:00) 発汗多い。「もういや、家に帰りたい」との訴えあり。血性帯下を認める。
児心音良好。

786 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 23:04:24 ID:ivP7kH3p
820 名前:卵の名無しさん[sage] 投稿日:2006/10/27(金) 09:40:35 ID:YrbcP6OH0
つづき

(7)(0:00)こめかみが痛いとの訴えあり。発汗を認める。脱水気味。BP 155/84 HR74/min.。産婦人科医師に報告。
点滴をnormal saline 500ml に変更指示あり。
(8)(0:10)胃液嘔吐あり。産婦人科医師に報告。プリンペラン1A 側管より投与の指示あり。よびかけに応答があり、開眼する。
(9)(0:14)突然の意識消失、応答に返事なし。SPO2 97%,
産婦人科医師に報告、すぐ来室。BP147/73 HR73/min.
産婦人科医師の診察。瞳孔、左右差なし。対光反射もあり偏心も認めない。血圧も安定し呼吸も安定。痛覚刺激に顔をしかめて反応。
念のため内科当直医(経験6年の循環器内科 医)に診察を依頼。
(10)内科医師すぐに来室、患者の概略を説明のうえ、ヒステリー発作の可能性も含めての診察依頼。内科医師は一通りの診察を行い、
「失神発作でしょう」と答えた。この記 載はカルテの医師記載欄および看護日誌にも記載あり。ここで産婦人科医は内科医に
「頭は大丈夫?」と質問した。内科医は肯定も否定もしなかった。(おそらく頷くか何かのジ ェスチャーをしたのではないか。これは推測)
バイタルサインもよいので経過観察ということで意見一致。
(11)産婦人科医はここで陣痛と家族の期待に対する精神的負担による失神かと考えたので、主人に「今までこんな失神のような事なかったか」
と質問すると、「なかった」と 主人答える。尿失禁を認めるも、全身状態安定。産婦人科医が主人に「全身状態が良いのでこのまま様子を見ます」
と伝えた。
(0:25)BP148/69mmHg,sPO2 97% ここで一旦、産婦人科医と内科医が分娩室をでて、当直室に帰る。
(0:30)BP156/71mmHg,顔色は良い。
(0:40)CTG 再装着。児心音良好。バイタルサイン良好。
(1:00)BP152/84mmHg,SPO2 97-98% 呼びかけに対し、眠っているのか、返事がない。
呼吸は平静でイビキも認められない。陣痛発作時は四肢を動かしたり、顔をしかめたりする。
(1:30)CTG 異常所見なし。呼びかけに対し応答なし。よく眠っている様。顔色良好。


787 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 23:04:55 ID:ivP7kH3p
821 名前:卵の名無しさん[sage] 投稿日:2006/10/27(金) 09:46:34 ID:YrbcP6OH0
つづき

(1:37)突然の痙攣発作出現。当直室の産婦人科医を呼ぶ。BP175/89mmHgと上昇、
水銀血圧計でBP200/100mmHg。SPO2 97%、いびきをかき始める。強直性の様な
痙攣を認める。産婦人科医は強直性の様な痙攣と血圧の上昇から子癇発作と診断、
すぐにマグネゾール20ml 1A 側管より静注すると痙攣はおさまった。引き続き
微量注入装置を使用し、マグネゾールを 20ml/hr. のスピードで点滴を始めた。
(1:50)内科当直医を呼び出し、循環器系の管理を依頼するとともに、バイトブロックを
咬ませ、口腔内と鼻孔を吸引した。バルーンカテーテルも挿入した。この時点で、
母 体搬送を決断し、奈良医大付属病院に連絡し、当直医を呼び出して搬送を依頼した。
(2:00)BP148/75,HR76/min.SPO2 97%,R26/min.痙攣発作は認めない。二回目のBP144/71,HR96/min.
瞳孔散大。搬送用紙、紹介状を作成。奈良医大当直医より満床の返事あり。こちらに人手がないため、
奈良医大の方で引き続き奈良医大での再検討もふくめ、他の受け入れ施設を 探してくれるように依頼。
また奈良医大よりのパート医師で、当患者をずっと外来で診察していた医師を電話で呼び出したが連絡がつかない。

788 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 23:05:25 ID:ivP7kH3p
822 名前:卵の名無しさん[sage] 投稿日:2006/10/27(金) 09:48:36 ID:YrbcP6OH0
つづき

(2:15)患者に痛覚反応を認める。ここで内科医と産婦人科医が話し合い、
頭部CTスキャンを検討したが、今の時間ではもし奈良医大が引き受けてくれたなら、
ここから1 5分程度で奈良医大着くだろう、(距離にして15kmで一般道だが
一部四車線区間もあり、奈良にしては比較的整備されている区間)いつ母体搬送受け入れの
返事がくるかもわ からないし、いま移動する事による母体、胎児への悪影響を考えると、
高次病院での検査、診断、処置が最善と判断した。その後内科医は、母体搬送を送り出すまで
全身管理を手 伝ってくれた。
(2:30)産婦人科医師が患者家族への説明を行う。「子癇の疑いがあり、現在薬剤で対処しているが、
これ以上の当院での対応は無理なので、現在奈良医大のネットワークを 通じて受け入れ病院を
探しているので、返事を待って欲しい」マグネゾールを25ml/hr.に増量指示。
産婦人科医師は、とりあえず内科医当直医に患者のベッドサイドについてくれるように頼み、
当直室で電話をかけ、電話を待ちつづけた。
その後(時間不詳)内科医と交代で患者ベッドサイドへ。主人をふくむ家族が患者を触るたびに
血圧上昇を認めるので、触らないように指示。
時間が流れるうち、国立循環器病センターが受け入れ可との連絡あり。
(4:30)呼吸困難状態発生。気管内挿管。
(4:50)救急車へ移送。大阪へ。

コピペ終了

789 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 23:18:07 ID:vnMywYpO
集約化を魔法か何かと勘違いしているのがいるな
現場を知らないんだろうな
恐ろしい勢いで産科医は少なくなってるよ



敵と交戦している最前線で、味方が何人も戦死して行く
無線で応援を要請しているが、どこも不足しているから応援は来ない

死に物狂いで戦い、1人になっても現場を死守するつわものもいた
だが、一度戦線を破られると、すさまじい罵声が飛ぶ
「1人で戦うから破られたんだ、死んでわびろ」と
市民の要請を受け警察がその兵を連行していった

敵の数は全く減らない
それどころか、これまで中立と思っていた勢力(司法)も攻撃してきた
さすがに前線を保てなくなり、前線再構築のため撤退をはじめたわけだ

そうしたら、「今度は市民を置いて、逃げるのか」と罵声が飛ぶ
その声に応え、ある戦場では、傭兵が獅子奮迅の働きをし、1年間不眠不休で前線を守った
それに対する報酬が、「金の亡者」という罵声だった

他の戦場でも、1人の老兵が市民の盾となっていたが
流れ弾で市民の1人が死亡してしまった
それをマスコミは「老兵が殺した」と罵声を浴びせ
前線の遥か後方から警察がやってきて、兵士を逮捕する必要があるか調べる始末


790 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 23:18:48 ID:Yt/afYab
乙かれ。
これがもし事実ならどこが問題なんだ?
それが遺族、マスコミを経て脚色され、今のような世論が形成される訳か…

この遺族と同様に産科医にも守るべき家族がいる訳だ。
やはり逃散しか手はないな…

791 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 23:19:03 ID:vnMywYpO
全国的に前線を保てなくなり、一旦退却し後方で、体勢を立て直して前線を再構築(集約化)する動きが進んだ

しかし、既に兵士の数は少なく、新しい前線もいつまで保てるかも分からない
敵の数は増えるばかり、彼我の戦力差はもう圧倒的だ

ここで退却すると、本陣(大学病院)で防衛するしかない
だが、本陣にも兵士は少ない

しかも新兵は来ない・・・

竹やりを持った女兵が補充で来たが、相手が撃って来ると、あっという間に防空壕に逃げ、出てこない
それどころか、女衛生兵を見つけ、出て行けと叫びだす

まだ訓練中の兵が1ヶ月だけ回ってくるが、銃の持ち方を覚える頃にはいなくなる

長年共に前線をかいくぐってきた同僚が戦死していく中
兵士は頭をかすめる弾を避けながら、ふと思う
『自分はこのまま戦い続けられるだろうか?
 俺が死んだら残してきた家族はどうなる?
 本陣での最終決戦までは頑張れるかもしれない
 しかし、そこまで行くともう逃げ場は無い・・・
 いっそ今逃亡するか?』

考えてほしい
兵力が激減する中、前線を縮小するだけで大丈夫かどうかを
果たしてそれが根本的な解決になるだろうか?

想像してほしい
新兵が来ないということの恐怖を

前線で戦っている者は知っている
知っているからこそ、新兵は来ない、歴戦の勇者すら逃亡していく

792 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 23:20:00 ID:uOvapOj9
788までのコピペって、ソースは?

793 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 23:22:29 ID:O0BHcAkX
>>779
産科医を増やすにはまず勤務状況の改善が必要です。
そのために集約化をすすめているのだと思っていますが。
給料ではなく、ミスにつながらない適正な労働環境の提供なしには
産科医は増えないでしょう。
産科医の激務はここ2年にはじまったものではなくそれ以前よりありました。
個人的には、医師だけではなく助産師の労働環境・給与も含めて周産期環境の充実が必要と考えています
医師を増やす前提とした労働環境の改善を一時しのぎと勘違いされているようなので一応マジレスを。
もちろん箱物のセンターでは意味がないのは当然で、
まさか、そこまで行政もあほではないかと・・・

794 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 23:27:32 ID:DHNmzx0j
促進剤使用してるのに何でお産進行しなかったんだろう。こんなに長時間痛みで苦しんで苦しんでヒステリー失神扱い…ひど過ぎる。

795 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 23:31:44 ID:ivP7kH3p
>>792
おそらくm3.comが大元でしょう。
それが医者板へ転載されていました。
同業者の方がm3を見ているでしょうから特に反論もないのでおそらく信憑性は高いかと。

796 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 23:32:21 ID:qjQZgccc
さて、奈良南部戦線は大淀で維持するのか、橿原まで後退するのか。


797 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 23:34:41 ID:ivP7kH3p
448 名前:卵の名無しさん[sage] 投稿日:2006/10/27(金) 16:20:43 ID:rmYTmAp90
大阪府保険医協会が大淀病院で声明を発表

http://osaka-hk.org/

798 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 23:34:53 ID:LwRfZcpD
朱鷺と同じで、一箇所に集めて環境を整えるだけでは延命にしかならない。
いずれ消滅する。
今後志す医師が増えるような、転科した医師が帰ってきたくなるくらいの
条件の改善が必要だと思う。
重症患者が集中すれば訴訟のリスクも無駄に増える。
今の妊婦さんにメリットがあるくらいで将来の妊婦さんにはかえってデメリットになる。


799 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 23:36:03 ID:vnMywYpO
>>793
集約化といっても産科医一人当たりの分娩数は変わらないわけだ
産科医1人で150よりも5人で750の方が楽だから、集約化の意味は無いわけではない

だが、5人で750のはずが、4人で750になり
3人で750になると、その集約化された病院も崩壊する

最も大切なのは、集約化じゃない!!
とにかく新卒の研修医が産科医を目指したいと思う状況を作ることだ

必要なのは
1.訴訟問題の解決
→無過失保障制度の整備と司法に頼らない医療事故紛争解決手段の整備

2.労働に見合った対価の準備
→給与水準のアップ、そのための財源確保

これは必須
その上で人が増えれば、休みを取るのも可能となってくる
今はなりふり構わず産科医になりたいと思う人を増やす政策を考えるべき

希少動物と同じで一定数を割り込むと増やすことが不可能になる
いわゆる point of no reternだ

実は多くの医師は産科はpoint of no reternを超えたと思っている
次は、小児科、脳外、心外、一般外科、内科だ

内科が滅亡したら、医療そのものが崩壊するよ

800 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 23:36:47 ID:Yt/afYab
>>793
そうでしょうか?
数少ない医療従事者にとっても集約化が待遇改善に繋がるというのは同意ですが、
あくまでば急場しのぎの感じがしますね。
センターが出来ても日本に一つじゃ意味ないわけで…

結局需要と供給のバランスを考えなければ意味のない事で、そういう意味では行政は後手後手の政策しか出来てないのでは?

801 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 23:39:54 ID:uOvapOj9
あのさ。
熱心に議論しているけど、医療制度改革みたいな話は、医者板向きなんじゃないの?
たとえ産婦人科の話であっても。

育児でやるなら、もう少し、妊産婦(とその予備軍)側が話に参加できるようなレベルの
議論じゃないと…

802 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 23:39:58 ID:rFv8wv5n
助産師が促進剤投与って・・・そんなの実現したら嫌だよ。

803 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 23:48:18 ID:Yt/afYab
>>799
同意。

>>801
でもさ、この板にいるであろう適齢期の女性が医師板を見る事なんて限られるだろうから、
逆にこのスレでこういう議論がされる事にも意味があるんじゃないかな?
今まで集約化を魔法の様に考えてた奴もいるぐらいだしな。

804 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 23:50:05 ID:O0BHcAkX
>>799
lAoOazHZさんもいっていたようですけど
集約化によって、分業がすすめられます。
それから実質の当直回数も減らせます。
それだけで労働状況は多少なりともですが明らかに改善しますよ。

1.訴訟問題の解決 と2.労働に見合った対価の準備
もちろんこれらも効果が見込めますけど
個人的には2の給料高いからおいでよで、のこのこ釣れるとは思えないのですが。

もちろん現在、産科にすすむことにした人たちのように志の高い人間はすくないでしょう。
マスコミのバッシングを目にするたびに非常に胸が苦しいです。

805 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 23:52:18 ID:O0BHcAkX
スレ違いではないけど
はなはだ絡みづらい流れになってきていますね
うーん

806 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 23:54:41 ID:uOvapOj9
>803
ここで議論してやってるぜ、みたいなのもなあ…

育児板でやるなら、妊産婦側の視点を入れて議論するべきだと思う。
集約化の話するならば、通う妊産婦の立場についても話すとか。
助産師の話も、「助産師に投薬されるのは不安」みたいな声はスルーして議論すすめてるし。

807 :名無しの心子知らず:2006/10/27(金) 23:58:37 ID:vnMywYpO
>>804
当直回数は減っても当直1回あたりの分娩数は増えるわけだ
当然被弾数も増える

大学病院ですら、当直をまわすのが苦しくなっているところが少なくない
というところまで状況は悪化しているんだよ

集約化は悪くないし、現状ではせざるを得ない
どちらかといえば必要悪

意味分かる?
集約化=アクセスの制限
なんだよ
本当にいいことばかりだと思う?

出産予定の病院まで車で2時間とかが当たり前になるよ
助からない母児が出てくるだろうね
そうなるとさらに訴訟が激化するわけだ


808 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 00:00:45 ID:vnMywYpO
>>804
>個人的には2の給料高いからおいでよで、のこのこ釣れるとは思えないのですが。
これは間違っているよ
給与が高いと評価されていると感じるし、モチベーションが上がる
産科から婦人科へ逃げた人も戻ってくるよ

それからもう一つ重要なことがある
大学病院は給料が著しく低い
ゼロとか、逆に大学に金を払って診療しているドクターもいる
じゃあ、どうやって食っているかというと、外の病院でバイトしているわけだ
その移動の時間とかがかなり無駄だし、精神的に非常に疲れる
それでマンパワーをロスしている部分が少なくない
大学病院だけで食っていけるくらいにすれば
マンパワー不足は結構解消する

大学病院の医師の待遇を学生はしっかり見ているよ

だから楽して金稼いでる科がどんどん人気が出てくるわけだよ
遣り甲斐なんて、働いてみてからしか分からないところもあるからね

809 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 00:03:51 ID:A+/RA4XY
こちらは現在7ヶ月の妊婦です
600床程度の総合病院にかかっています。
産婦人科医は6名
夜間の当直はバイトではないそうです。
病院を選ぶにあたっては総合病院であることと医師数などを参考にしました。
それから個人病院でもいくつか候補がありましたが、
必ず、何かがあった時に連携の取れる病院があるかをチェックしました。
聞いたら親切に教えてくれましたので、皆さんも不安があれば確認しておいたほうがよいかもしれません。
当たり前ですがスタッフが疲弊している病院は要注意です。


810 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 00:05:06 ID:HaRKptQg
妊婦側の視点と、親としての視点
将来子供が産科医になりたいといったら賛成できるような条件の改善点の話が出来るんじゃないかな?

育児板に、子供が将来産科医になって困ってる妊婦さんを救って欲しいと
思ってる親はいないと思うが。

811 :805:2006/10/28(土) 00:08:17 ID:A+/RA4XY
なんでかIDが変わってしまったけど、
805=809です。

812 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 00:08:42 ID:iuDsYTxo
子供が産科医になりたいと現実的希望として言うような年齢になってたら、親が賛成するも
反対するもないでしょ。子供の勝手だ。
無意味な議論だよ。

それよりもまず、産む側として受けられる医療のことに興味があるわけで。
患者側の視点を入れて議論するんじゃなかったら、医者板でやって下さいよ。
正直かなりウザくなってきた。

813 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 00:15:18 ID:A+/RA4XY
妊婦としては
ほとんどなにごともなく妊娠は経過するんですけど、
いざって時を考えて病院を選びましょうという話なら役に立つでしょうか
それから産婦人科医は激務で現在かかっている先生も実は夜中に緊急対応している中で
いろいろ相談にものってくれていると知っていることが必要でしょうか

814 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 00:17:32 ID:HXWtIShI
17:20 最初の嘔吐。以後、陣痛と嘔吐。以後 陣痛と悪心・嘔吐の繰り返し。
この時点で脳内出血 可能性有では。ベテラン助産師さん、呼吸法どころか?って感じも。。?
24:00 意識失うまで 嘔吐があまりに多すぎでは。痛いは頭痛では。後から思うと。


      

815 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 00:19:03 ID:FyNN7cWK
医療が成立するかどうかという話しで、医師側の視点も患者側の視点もないと思うんだけどね。
逆に患者側だから医師側の問題を考えなくて良い訳でないしね。もちろん逆もそうだよ。
結局そういう頭の中の住み分けが問題なんじゃないのかな?

816 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 00:21:19 ID:7vHnjHrn
センターができても、今度はそこに受け入れ可能数を超える患者が殺到して
やっぱり緊急患者の受け入れができず、同じ結果でしょうね。
もう日本の患者様には、あきらめてもらうしかないですね。

817 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 00:29:33 ID:wbdtmHGK
>>812
>それよりもまず、産む側として受けられる医療のことに興味があるわけで。
このままだとやがてまともな産科医療を受けられなくなるということを
当事者が本気で議論しないと何も進まないのだがね
一方の当事者は医者だが、もう一方は妊婦さんや一般の人だ
実状を知ってその上で、自分達にできることを考えるべきだと思うが
聞きたくないから、向こうで議論しろ、か

まあいいや
ところで
集約化は必要だが、集約化が進むと
「妊娠6週以降の方の出産予約はお断りします」
「出産する病院まで車で2時間」
「自宅から病院へ向かう救急車内で母児共に死亡」
「異常分娩で他院へ搬送途中で死亡」
っていう現実がもう目の前にあるんだが
それでも仕方ないって思ってくれるのかなー


818 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 00:30:09 ID:iuDsYTxo
患者側の視点だけで議論しろ、じゃなくて、患者側の視点も入れて議論しろ、と言ってる。

>813
いざって時を考えて、皆大きな病院へ行かなきゃいけない、ということ?
それもどうかなあ。
一人目ならともかく、二人目以降だと、子連れ通院だとか子連れ入院しなければいけない
状況もありうること考えると、必ずしも大きい病院に皆が通えるわけじゃないでしょ。

理想は、順調な場合は快適に通院・入院できる医院に通って、異常があったときに、
速やかに転院させてもらう、もしくは搬送してもらうことができる環境だと思うんだけれど。

819 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 00:30:58 ID:hywFUFAw
大きな病院=安心?安全?
患者側からすれば、頼るところは大きな病院(大学病院など)しかないと思っているのですが、大きな病院で、お産するにしても、医療体制は充実しているのかは患者はなかなかわからないと思います。
専門知識を持っていれば詳しくわかるかもしれませんが、私のような素人には解りかねます。。

820 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 00:32:35 ID:A+/RA4XY
ガイシュツかもしれませんが、
ほとんどの総合病院では労働基準法に問題のある勤務体制だと思われます。
例えば医師が7名いたら週に7日の当直が必要で(土日は日勤もありますが)
少なくとも一人は日勤して、夜の当直して、続けて日勤をしています。
帝王切開などの緊急手術が入れば一人ではできないので、自宅待機の医師が呼び出されます。
その医師も翌日は通常の勤務です。
つまり医師数は多いほうが安心です。
万が一早産になった時、個人病院では対応できない週数なら、
お母さんごと総合病院へ救急車ではこばれます。
そこで出産し、赤ちゃんはNICUに入ります。
今回の事件のように脳出血があれば脳外科医と産婦人科医が協力して対応しなければならなくなります。
頭の出血部位によっては最初から絶望的なこともありますが・・・
妊娠中は妊娠前に健康な人でも何が起こるかわからないです。
そういう例をいくつか目にしてきました。

821 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 00:41:03 ID:A+/RA4XY
>>819
私のしっている大学病院といっても数少ないのですが、
正常分娩もたくさん扱うところもありましたし、
(周囲に産婦人科の個人病院が少なかった)
搬送されてきた異常分娩のほうに力を入れているところもありました。

ほとんど大多数は正常分娩なので個人病院で十分だと思います。
ただし何かあったときにどこの施設に転院になるのかは
知っておいたらいいかもしれません。
転院先の医師数・病床数・分娩数の実績はHPなどからでもある程度は
調べられますから。

822 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 01:28:12 ID:R0H1lG3B

反吐が出るような産婦人科医たちの捏造コピーが世間の反感を増大させている。

そんなスレです。


823 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 02:42:03 ID:FyNN7cWK
>>822
こいつが現れるとスレの流れのみならず、日本の医療自体も終わりだなと感じるな…

824 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 02:44:48 ID:E68v9on/
>>823
どっちかってと、日本の医療のみならず、このスレの流れも終わり、でないか

825 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 03:23:36 ID:SuvFoSHz
>>808
小松秀樹氏の医療崩壊本、読了し終えたけど、開業医と勤務医の治療行為での対価って
同じ事をしても4倍も開業医が高く貰えると知って驚いた。
ベッドがある病院のほうが負担が大きいだろうに、勤務医や看護婦って開業医のそれより
過酷で発給だったら、ドロッポするのも多いんだろうな。

826 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 09:09:49 ID:7eicO4rt
まあ分娩料の値上げが全てを解決する。
高額を払える人は訴訟リスクが低い。病院も潤い、人員を増やせる。低収入DQNは来ない。
とっとと全国の病院で分娩料を最低100万以上に上げるべし。踏み倒せないように全額前払いだ。
それで問題のほとんどは解決。
貧乏人は道端やトイレで産めばよい。貧乏人は生命力が強いから大丈夫だ。死んだらまた作れ。


827 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 09:42:18 ID:Mmww5XqH
>>826

同意はできんが、今のままだと本当にそうなりかねないところがコワイ

828 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 09:55:07 ID:ff5E8QuL
>>825
病院には「入院」「大掛かりな検査・治療」があるからね
現行の診療報酬制度では、病院は外来での診察でなくそっちで稼げ、ってこと

同じことをした場合、例えば病院(ベッド数が20以上)と
入院施設のある診療所(ベッド数が1〜19)での入院料を
調べてみればわかるよ
診療所の方がはるかに安い
条件次第だけど、ほぼ半額かそれ以下

829 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 10:03:45 ID:FyNN7cWK
>>770
圧倒的に理解力も勉強量も足りない人間はlAoOazHZだった訳だ。

産科医療が2極化するのは避けられないね。
金持ちは至れり尽くせり、貧乏人は助産師のみかそれも無しかも。

ただ助産師が会陰切開とか投薬とかする様にはならないだろうね。
既得権利を守る事は一生懸命だが、責任をおう事など決して望まないだろうから。

となると金持ちは安心と安全を買う訳だ。

830 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 13:18:06 ID:4cev4whn
>>784-788 を読んで

 必死に搬送先を探しても引き受け手が見つからず気の毒でした。
もしもっと早くに搬送先が見つかったり、診断がついていれば、ここまでの記事には
ならなかったのかもしれません。
 しかし対応した医師に責任を押しつけるような報道は論点がずれていると思います。

 お産は絶対に安全が保障されたものでないことが改めて思い知らされましたが、
どこかの掲示板ではそんなことは医者から今まで言われたことがない、と、
無知の責任を医療者に求めてました。
 確かにお産の危険性はもう少し一般に普及してもいいとは思いますが、現在の
少子化対策のもと、大きく喧伝されることはなさそうですし、そうした情報は本来
お産をする妊婦さんが自分で集めるものだと思います。

 最近は、助産師をもっと活用せよ、という話があります。
 それは否定しませんが、助産院で、というのではなく、やはり今回の件を思うと、
ある程度の設備が整った施設で多くの産科医(や他科の医師)がいる施設での
出産が望ましいと思うんですが、このあたりどうなんでしょう。

 正常分娩は、出産が無事に終わってはじめて正常であることが分かるものです。
 助産師が増えれば解決するような幻想を抱かせないで欲しいと思います。

831 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 14:00:26 ID:Clw8Ysdy
産婦人科の医療の問題をまじめに語ることは十分育児板の意義に叶ってると思うから
利用者の立場で物事を考えないと板違い…的は発言は理解できないよ。
ニューススレやら韓国スレやらマスコミスレやらはどうなる。
利用する立場であるからこそ産婦人科医の立場に立って物事を考えることが
大事だと思うんだが。

促進剤を助産婦が使うのは怖いが会陰切開やら縫合ぐらいはさせてもいいんじゃ?
と思うけれど。本当はダメだが助産師がやってる病院もある。
医師がいるところを集約して、近くの助産院や個人病院で手に負えない患者を
集約された病院にスムーズに回すシステムが確立されればいいなぁと思う。
NICUのある大学病院とかには別に大学病院じゃなくてもよいような産婦が結構いたりして
非効率的だと思うし。

ただリスクある妊婦が晩婚化・不妊の増加などで以前より増えていそう。
リスクある妊婦がどれだけ増加したか調べてる調査とかないんですかね?

832 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 14:53:59 ID:kQl19jx1
優秀な産科医が沢山増えればいいのに。

833 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 15:40:07 ID:DvNfWtHa
予見能力が優秀なら産科医にはならんだろう。
でもライバルが少ないから穴場ともいえるが。

834 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 15:40:39 ID:DvNfWtHa
予見能力が優秀なら産科医にはならんだろう。
でもライバルが少ないから穴場ともいえるが。

835 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 15:45:50 ID:02CFZ2yZ
ただし、
一日中、産婦人科関連の掲示板に寄生している変態みたいな男性産婦人科医は減らさないといけませんね。
げほげほ。

836 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 16:04:43 ID:ltfAsSEx
まず、「患者が病院で死んだ」ことを報道することの規制。
話はそれからだ。
レベルの低い日本のマスコミは規制が必要。特に医療の分野では。


837 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 18:13:23 ID:rSt1dBdm
>>836
同意。
マスコミの叩き体質をなんとかした方がいい。
病院だの学校だのと、反論できない相手には超強気。
会見で頭を下げさせるのが快感なんじゃないか?


838 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 18:58:47 ID:iuSwxvbK
いいわけばっかしてる関係者が多いようだが昨日細木もこの事件おもいっきり否定
してたね。人命が第一という大前提を完全に忘れてるやつが多いらしい。そんなに
他の仕事が楽だと思うならやってみたらどーですか?何やっても不満ばかりが口を
つく奴らだろーね。こんなとこでうだうだいう関係者にろくな奴はいない。これ間違い
なし

839 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 19:07:32 ID:FyNN7cWK
>>838
で、お前の意見は細木次第かよ。
説得力も糞もないな。
他人の仕事を語る前にまず仕事をしてみたらどうだ?

840 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 21:49:21 ID:b2EO54b6
>>838
で?何処を縦読み??

841 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 22:51:56 ID:nYMCPp6T
>>838

『タレントが言っていたから」とか、そういう視点だけで物事を考えるのは危険でしょ。
これから子供を産むかもしれない私たちは、私たちの立場で色々考えなきゃだめじゃん。
安全・安心なお産を求めるのが私たちの権利だとすれば、
どうすればそれが得られるのか考えるのは義務だと思う。
今の日本では安全・安心なお産を得られにくいけど(私の住んでる某市では産婦人科の病院がないのだ)
それらを得るために私たちに何ができるのか考えるのも義務。
病院や医者や政府がなんとかしてくれるのを指をくわえて待ってるだけじゃダメでしょう。
もちろん文句をいいっ放しでもダメ。
文句をいうからには「ここがいけない、ここをこう改善すれば良くなる」と、最低限自分の考えを出すべき。
私は上司にそう言われ続けてきた。これは仕事だけじゃなく、全てにおいて言えることだと思う。

で、何ができるのか、正直まだはっきりとは分からない。
分かるためには、現場の声を聞くことはとても大切だと思う。
一刀両断に「言い訳ばっかするな」「そんな話聞いても分からないからここでするな」と
思考停止状態で目を逸らし続けるのは行けないと思う。

842 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 23:45:06 ID:4cev4whn
>>841
同意です。
現場を全く知らないタレントがうわべだけのコメントしても解決にはなりません。

843 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 23:56:22 ID:HaRKptQg
奈良の産婦さんがどうだったのかは知らないけれど、
妊娠したら、近い親戚に若い時に脳出血を起こした人がいないか確認し、
もしいたら医師に伝えておくことで少し対処が早まるかも知れないなと思った。

844 :名無しの心子知らず:2006/10/28(土) 23:56:23 ID:1FRgq1Jj

卑劣極まりない産婦人科医たちの自己保身を訴える為のスレですか?ここは。


845 :名無しの心子知らず:2006/10/29(日) 00:19:57 ID:UUM9W8s8
難民板とかに移動してほしいよね

846 :名無しの心子知らず:2006/10/29(日) 01:17:16 ID:h7ezSWf2
>>844
改行し出しましたね…

847 :24:2006/10/29(日) 03:20:06 ID:gSlA5bX2
少し知恵を貸して下さい。
ニュースを見て、驚きました。残された夫が自分の友達だったんです。
高校の同級生でした。専科ごとのクラス編成だったので、3年間同じクラスでした。
英語科の私たちは、2〜3ヵ月クラス全員ロサンゼルスで過ごしました。
ニュースで、彼が新婚旅行でロサンゼルスに行ったと知りました。きっとその思い出があったからでしょう。
とてもいい奴でした。
高校の友達と連絡をとりましたが、本人が亡くなったわけでないし 自分たちは友達なので、気の毒という気持ちが強すぎて どうしたげたらいいのか分かりません。
そっとしとくべきなのかなぁ
 皆で花だけでも送ったら、少しは安らげるかな…

すいません、ご意見下さい。

848 :名無しの心子知らず:2006/10/29(日) 06:09:38 ID:/In0JP2S
>>847
彼が手首に2重に巻いている数珠と、大きめの仏壇が気になります。まずはその辺をkwsk

849 :名無しの心子知らず:2006/10/29(日) 06:53:13 ID:S6cLJ2et
>>847
もし哀悼の気持ちからここにカキコしたなら、思慮のたりない思いやりのない行為だと思います。
なりすましや、知ってる人がニュースになっているので興奮してカキコしたなら、アボガドバナナです。

ご両親や友達と相談して決めるべきこと。
個人的には、例え友達が何かするとしても847さんはかかわらない方がいいと思います。

850 :名無しの心子知らず:2006/10/29(日) 08:49:07 ID:dy0xtV4l
見事に釣り上げましたね>>847

日曜早朝からの釣りは喰いつきがいいですな

851 :名無しの心子知らず:2006/10/29(日) 10:45:48 ID:6jTO5M0k
どうしたげたら など言ってる時点で・・
まずご自分の国語力から(ry

852 :名無しの心子知らず:2006/10/29(日) 12:01:58 ID:c1YrF3A+
>831
何度も繰り返すようだけれど、産婦人科の医療を論じるなら、患者の立場という視点 も 交えて
論じなければ板違いだよ。
ここは育児板、この場合妊娠出産をする側(女性だけでなく、配偶者としてでも)の議論を
する場所だから、医者側視点や、制度改革という話があっても良いけれど、妊産婦側の視点が
全く抜け落ちた議論はダメだよ。
上の方の議論は、妊産婦側という視点が抜け落ちて制度論で突っ走ってたから板違い。
途中で妊産婦側から「助産師に投薬されたくない」とかいうコメントが出ても無視して議論を
してたじゃないですか。
ニューススレやマスコミスレだって、育児に関係なければ板違いなんだから。

妊産婦側も、産婦人科医の立場に立って考えよう、という議論なら良い。
しかし、産婦人科医の立場のみからの議論を垂れ流すなら板違い。

理解できるよね?

853 :名無しの心子知らず:2006/10/29(日) 12:20:34 ID:aiaglDEI
「助産師に投薬されたくない」ってレスにどう答えればよかったの?
レスがつかないと問題があるような話題?
全ての書き込みにレスがつくわけないじゃない。
やたらその書き込みにレスがつかないって書き込んでるけど
自分が書いた書き込みにレスがつかないのがそんなに嫌だったの?
…って思ってしまうよ。

別に議論の流れで一時的にどちらかの側の視点に立った議論が続くこともあるでしょう?
そんなに産婦側の議論をしたいんだったらもっとたくさん産婦側の視点からの
書き込みをすればいいと思う。
私は産婦側ですが、医師側の視点の議論を興味深く静観しています。
とくに書き込みたいことも今はないので書き込んでません。



854 :名無しの心子知らず:2006/10/29(日) 12:31:10 ID:c1YrF3A+
助産師の役割に関しても議論になってて「助産師に投薬されたくない」っていう患者側の意見が
出たら、そういう意見もその時点で考慮して議論が進むべきじゃないの?
それなのに、無視して話が進むのは変だと思う。

医者側が突っ走ってると、産婦側は引いちゃって書き込まないと思うよ。
医者側だけで突っ走るなら板違い。削除対象になるから、そのへん配慮してくれよ、と。

855 :名無しの心子知らず:2006/10/29(日) 14:03:11 ID:6jTO5M0k
>>854
すぐ上のレスも読めない?
特にココ↓

>私は産婦側ですが、医師側の視点の議論を興味深く静観しています。
>とくに書き込みたいことも今はないので書き込んでません。

無視して話が進むのは変だと思うだとか”進むべき”だとか押し付けはやめてね。
あなたこそ自由な議論を邪魔してるし、何よりも「うざい」です。



856 :名無しの心子知らず:2006/10/29(日) 14:05:42 ID:9Ioi20j5
そんなに語れるのだから、まず言い出しっぺの>>854が産婦側の議題を提起するべきだと思うが。
先生怒らないから言ってごらん。
ただ、もうどうあっても妊婦の負担増は避けられないという結論になるのは覚悟してください。
あと、「可哀想だからとにかく何とかしろ」とかいう感情論は議論でも何でもないから無しね。


857 :名無しの心子知らず:2006/10/29(日) 16:02:05 ID:egoGCyoT
ここに出入りしている師は、自分たちだけで都合のいい話を
したいのではなくて、本当に困っている妊産婦の言葉を聞きたいのと、
自分たちの現状も知ってもらいたいという思いがあると思われます。

無視して話していたら問題だけど、立場が違う二者の話なんだから
自分の立場を書くしかないと思うんだけど。


858 :名無しの心子知らず:2006/10/29(日) 16:02:45 ID:egoGCyoT
ここに出入りしている「医師」・・・・でした。 >>857

859 :名無しの心子知らず:2006/10/29(日) 16:06:55 ID:4veQ6CT6
>>857
禿げ同

860 :名無しの心子知らず:2006/10/29(日) 16:40:35 ID:h7ezSWf2
育児板はよくスレ違いお婆が現れるよね。
井戸端会議やママサークルでの食事会じゃないっちゅーにw

861 :名無しの心子知らず :2006/10/29(日) 18:07:34 ID:W1TDG95t
板の流れはおおむね正常なんだけど、理屈ではなく情緒論で事態を論じようとする一部の頭の悪い人が居るから、厄介なんだな。
ただ、見てると、そういう書き込みする人って、知識も思考力もなしに、
安もんマスコミからの受け売り正義感で喚いてることが多いようだね。
で、思うのですが、産科医のみなさん。初診時にいかにも「バカ」な奴は忌避したらどうでしょう?
どうせ、バカは産科医が誠心誠意がんばって無事出産にこぎつけても、何も感謝しないし、
逆に万が一のことがあれば、バカ仲間の入れ知恵で「責任取れ」と大騒ぎするだけ。
・・・・とは言っても、医師には「応召の義務」があるから、無理か・・・・
バカでも人間だから、人並みに医療を提供しないといけない。
・・・お気の毒に。もう、医者辞めて、隠居するしかないですね。

862 :名無しの心子知らず:2006/10/29(日) 20:33:04 ID:t13yDpLg
「助産師の投薬」って実際どういう行為?
医師の指示で促進剤の点滴を挿すのはOKなんだよね。
自分は高位破水で促進剤使用して出産したんだけど、
点滴の速度とか調節していたのはずっと助産師さんでした。@大学病院
内診には担当の医師が来ていたけど。

863 :名無しの心子知らず:2006/10/29(日) 21:56:01 ID:N2ePmTt1
>>862
点滴Dripは那須または助産の仕事。勿論医師の指示のもとに。

864 :名無しの心子知らず:2006/10/29(日) 22:20:13 ID:bGRIABgt
>>862
促進剤の点滴や投与の流量を変えるのにも医師の指示が必要です。
指示があって初めて投薬されています。
助産の仕事に詳しくありませんが、子宮口の開大度とかは助産師が診察してよいはずです。
違っていたらいけないので、助産師さん降臨おねがいします。

865 :862:2006/10/29(日) 23:36:13 ID:t13yDpLg
>863,864
ありがとうございます。
「助産師の投薬」というのは、促進剤の使用・容量を
決定する行為のことですね。

866 :名無しの心子知らず:2006/10/30(月) 08:04:28 ID:o2SCDFr4
言うまでもないことですが
医者のいない開業助産院での点滴や投薬行為は全て違法行為です

867 :名無しの心子知らず:2006/10/30(月) 10:33:00 ID:+xtneFwo
助産師の判断で、促進剤だの切開だのされるのはごめんだな。
たとえ産婦人科医療の再生のため?でも、度を越してる。

868 :名無しの心子知らず:2006/10/30(月) 10:54:13 ID:zldtjCch
散会は本当に悪質ですね。
カルテのコピー?ただの怪文書でしょ。
病院側の情報操作もここまですると世も末だわぁ。
隠蔽や改竄する体質改善を早く治らないかしら?
お気の毒としか言いようが無いよ。
亡くなったお母さんも遺族の方々も無念でしょうね。
せめて赤ちゃんが悪い大人のならないように育てて欲しい。

869 :名無しの心子知らず:2006/10/30(月) 11:41:16 ID:g0u49ofC
>>868
散会と育児に何の関係があるんだ?
感情だけでカキコしてるだけで、意味がないな

870 :名無しの心子知らず:2006/10/30(月) 12:30:18 ID:bmWhndxj
産科病院をなくせ?

871 :名無しの心子知らず:2006/10/30(月) 12:51:30 ID:lC2WVr0K
>>868
>病院側の情報操作もここまですると世も末だわぁ。
>隠蔽や改竄する体質改善を早く治らないかしら?
隠蔽しなければ主治医の責任を追及して病院は逃げ切ることも
可能です。
隠蔽してばれた場合、病院への社会的ペナルティが倍増いたし
ます上、責任は院長に来ます。
通常の院長はトカゲの尻尾きりを先になさるようです。


872 :名無しの心子知らず:2006/10/30(月) 15:41:56 ID:3efNhuM4
院長のコメントてきと〜だったもんね〜。

873 :名無しの心子知らず:2006/10/30(月) 16:03:47 ID:jwZTfrhs
>>872
真相解明よりも叩かれたくないから一先ず謝っておこうって感じだったな。

874 :名無しの心子知らず:2006/10/30(月) 22:35:40 ID:QNwb1HB6
あのさ、医師(産科に限らず)と、患者さん(妊産婦に限らず)が対立した構図って
お互いに不幸なんだよね。
本来は共に病気(あるいは出産)に立ち向かっていく仲間なんだよ。

それがいつの間にかマスコミ報道で、対立軸としてしか描かれないし
政府の予算削減目的のアナウンスも、病院悪者説で対立させている。
(その割に献金してくれる製薬会社や医療機器メーカーは悪者にされず)

その結果、反目しあって損しているのは医療現場に鉢合わせする患者と医療者。
煽っているマスコミや政府や警察は、むしろ両者の対立で自分たちが潤します。

お互いに言いたいことはあると思うけど、それは議論すべき事であって、憎みあったり
罵りあったりするものではないと思います。
お互いに尊重しあいましょ。

875 :名無しの心子知らず:2006/10/30(月) 22:36:31 ID:QNwb1HB6
余計な一言だったら申し訳ない。

876 :名無しの心子知らず:2006/10/30(月) 23:06:31 ID:6546Tn8/
なんでこんなに産科医を一方的に悪者にするコメントばかりなの?
産婦だからこそ中立的な立場でものを言うべきじゃ?

877 :名無しの心子知らず :2006/10/30(月) 23:38:21 ID:9lZHwXJR
>あのさ、医師(産科に限らず)と、患者さん(妊産婦に限らず)が対立した構図って
お互いに不幸なんだよね。

そういえば、スポーツ新聞のインチキ報道のせいで、
選手と会社やコーチ陣の関係がおかしくなるってのはよくあるね。
マスコミってのは、揉め事を作るのが仕事か?


878 :名無しの心子知らず:2006/10/31(火) 00:09:01 ID:KIsP1KDA
>>877
揉め事作って、売れたら万歳
後は野となれ山となれ
当該事例について、勉強不足を指摘されたら
「ニュースは速報性が命」
「勉強するより、より早く報道する事がマスコミの使命」
と、自分の不勉強を棚にあげるのがマスゴミ

せめて、建設的な案でも提案出来ないのかと思うが、批判か賛美しかしない
あれじゃあ、駄目でしょ

879 :名無しの心子知らず:2006/10/31(火) 04:12:07 ID:GWdRAfWc
個人的な民族私怨をぶつける記者様もいらっしゃるし。w
これは別件だけど質問のし方見たら、公のためだとか、解決策を協力して模索なんか考えてもない。
>>878さんのいう通り。聞いてるだけで、相手したくなくなるわ↓

毎日新聞の在日記者「朴鐘珠」が職員採用の国籍条項で知事にかみつく
ttp://www.youtube.com/watch?v=dBrm5Lnmxdg

880 :名無しの心子知らず:2006/10/31(火) 09:07:35 ID:8Nga/VjD
>>877
そんな今更なことをw
「火の無いところに煙を立てるために進んで火をつけよう」
これがマスゴミの基本姿勢です。記憶にとどめておきましょう。

881 :名無しの心子知らず:2006/10/31(火) 14:06:16 ID:f9dn0Hep
この事件で思ったのは、医師同士の横の関係が全く希薄だってこと。

この産婦人科医は脳外科医がCT撮るというアドヴァイスを無視した。
子癇だから動かしてはいけないの一点張りだった。

医師も自分の担当分野内で一生懸命やった結果だ。
間違ってるのは妊娠出産は産婦人科が全部やるっていう医療者側の思い込み。
確かに妊娠特有の症状はある。だけどたとえば妊娠高血圧症候群だって
いったん脳出血したら開頭手術は脳外科医の仕事。
今回のように妊娠してるからという色眼鏡で見てしまうと
いろんな病気の可能性があるのに見落としてしまう。あるいは必要な
検査も出来ないことになる。

要するに担当する患者のかかりつけ科だけでシャットアウトしないで
いろんな科の医者の意見を聞けるようなシステムが必要なんだろうなと思う。

882 :名無しの心子知らず:2006/10/31(火) 15:14:57 ID:EpY7AikR
>>881
まずは過去レスや他スレを読んでみる事を勧める。
医者同士の横の関係が全く希薄だと心配していらっしゃる様だが、
私はあなたの首の上に乗っている物の中身が、全く希薄だってことの方が心配だ。



883 :名無しの心子知らず:2006/10/31(火) 15:23:28 ID:8NHd5PIJ
10年以上前のNIFTYの時代から、「マスコミがこんなのでは日本の医療はだめになる」
と医者が訴え続けてきたのにね。
そしていまだに医者悪者論しかいえないマスコミと、それを盲信する日本人。
もうだめなんじゃない?


884 :名無しの心子知らず:2006/10/31(火) 16:34:24 ID:8Kr2aLZ1
患者を殺そうと思って働いてる医者なんかいないのにね。
研修時代からどんなシチュエーションになっても患者を救えるように
たゆまぬ努力をしてきてるし、今現在も毎日お医者さんはがんばって
やってくれてると思うけど。
知り合いに産科医いるけど、産科医の逮捕やら医者叩きによって
明らかにモチベーション下がってるぽいよ。
問題はどんな患者も常時受け入れられる体制を作ってない国の責任でしょ。

885 :名無しの心子知らず:2006/10/31(火) 20:57:17 ID:mXDz8I4u
ついに加速を始めました。もう止められないかもしれない。
http://iori3.cocolog-nifty.com/tenkannichijo/2006/10/post_2e78.html

886 :名無しの心子知らず:2006/10/31(火) 20:58:21 ID:sgsBlOhk
>大阪府の男性産婦人科医 ( 三八 ) は昨年十二月、出産した母親の死亡事故をきっかけに、
>産科の診療所を辞め、お産を扱わない診療所を開いた。
>亡くなった母親は後で死亡率の高い羊水塞栓症だったことが分かったが、
>直後には医療ミスを疑われた。遺族から殴られ、警察では六時間も取り調べを受けた。
>「ただでさえ大切な患者さんを失って苦しい思いをしている時に、
>これでもかというほど打ちのめされた」。結局、限られた人数では、出産は扱えないと結論を出した。

殴る遺族って結構いるんだね。
やっぱりおかしい。
お産は100%安全ではありえないことを周知すべき。

887 :名無しの心子知らず:2006/10/31(火) 21:04:53 ID:QvtwAJFc
「予算増やして医者を増やせ」



「集約化と「住み分け」で医者の負担を減らせ。
そうすることで、医者の負担が減るから医者が増える」

どっちが、現実的でまともな意見か分からない馬鹿が多すぎだって。
金はない&医者は負担が大きいから、産科医が減る一方の時代に、前者の意見は
小学生レベルでしょうに。
住み分けによって、現在分娩全体の99%が病院で産んでいることによって
生じる医者の負担を減らせると言っているんだけどなー。

集約化プラス助産師がローリスク分娩を扱うことが一番現実的な方法です。

888 :名無しの心子知らず:2006/10/31(火) 21:25:05 ID:sgsBlOhk
とりあえずはそれで乗り切るしかないのだろうが、
集約化によって、母子と医師の両方にリスクの高い分娩だけを
扱いたい医師がそういるとは思えない。医師はますます減るはず。
殴られたり訴えられたりする率が上がれば、助産師もいなくなってくると思う。

889 :名無しの心子知らず:2006/10/31(火) 21:33:36 ID:QvtwAJFc
リスクの高い分娩を扱うのが医師の仕事・・・というか
医師しかリスクの高い分娩は扱えないし・・・

リスクの低いのも高いのも医師が扱う、か、
リスクの高いものだけを扱うかしか選択がないなら、
ローリスクはやらなくていいと思うよ。

890 :名無しの心子知らず:2006/10/31(火) 21:39:29 ID:Nz3pGCLl
>>887
小学生乙

集約化は必要だが、それで医者が増えると思ったら大間違い
そもそも集約化にはある程度の医師数が必要だ
それすら危ういのが現状
集約化のみでこのドミノ倒しを防げる訳がない

住み分けはもっとひどいぞ
助産師が最初から最後まで責任を取ってくれるならいいが
結局最後は病院に丸投げだぞ
高リスクの妊婦だけが急変するわけじゃない
低リスクでも当然ありうる
しかも助産婦はその辺の管理が甘いのが多い
それなのに「何でこんなになるまで様子見てたんだよ!」
と怒鳴りつけたいのをじっとこらえて、治療しても
結果責任を追及されるのは医師だけというこの不合理
妊婦さんと助産師が分娩のリスクを被ってくれるなら住み分けもいいが
そうでないなら始めっから病院で管理したほうが医師は楽だ



結局、金をかけないと人は集まらない
産科医を育てられるのは産科医だけ
現段階で教育システムの維持すら危うくなってきているのに
集約化と住み分けでどうにかなると思っている馬鹿がまだいるんだもんな

重症だね>日本

891 :名無しの心子知らず:2006/10/31(火) 21:40:23 ID:sgsBlOhk
ローリスクもハイリスクもお断り、つまり産科を止める医師が増えるだろうと。
一方で、少子化対策で分娩を只にとか子供が小さいうちは金銭面で優遇策を打ち出している。
破綻は目に見えてる。

892 :名無しの心子知らず:2006/10/31(火) 23:28:43 ID:N5VWgiJa
>102 名前: 卵の名無しさん Mail: 投稿日: 2006/10/29(日) 22:04:19 ID: HzgVti6W0
>正常分娩は助産師で。
>もっともです。
>
>しかし、始まってみて異常分娩ということがあるということを、田嶋はわかっていない。
>実際、自分の子供が生まれるとき、CPDでC/Sになったわけだが、開けてみると、臍帯が短い!!
>もしNVDになっていたら、たぶん途中で分娩停止になってうちの児はベジだったでしょう。
>
>って、見てきたようなこと書いているが、実際カイザーの助手で入ったもんね。自分のかみさんの手術に。
>そんな中で術者をしてくれたギネの部長の度胸には今も頭が下がる。
>
>つまり、始まってみて異常分娩だったということはあるのだ。
>それは、はなから正常分娩は助産師で、とデンパ飛ばしまくりの田嶋はいい加減テレビで発言するのはやめて欲しい。

産科医絶滅史21巻〜ベッドがない奈良廊下で〜
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/hosp/1162050918/

CPD:児頭骨盤不均衡 C/S、カイザー:帝王切開
NVD:(通常)経腟分娩 ベジ:植物状態 ギネ:産婦人科

893 :名無しの心子知らず:2006/10/31(火) 23:31:29 ID:N5VWgiJa
新小児科医のつぶやき
2006-10-31 望む、東京情報
http://d.hatena.ne.jp/Yosyan/20061031

都内の(小児)救急医療崩壊ネタです
信じる信じないはご自由に

894 :名無しの心子知らず:2006/10/31(火) 23:40:01 ID:SKbTcQl0
しかしマスコミのミスリードは怖いですね。
「報道ミス」という視点で広く見ないと、いつ自分が踊らされて、
いじめの加害者のように振る舞ってしまうか分かりません。

マスコミは特権階級ですね。
(先日のどこかの週刊誌に出ていたマスコミの年収にも驚きましたが)

895 :名無しの心子知らず:2006/11/01(水) 00:08:01 ID:otySaKFD
某誌に掲載されたマスコミ業界平均年収ランキング
1位 フジテレビジョン    平均年収1529万円 平均年齢39・8歳
2位 朝日放送        平均年収1485万円 平均年齢38・4歳
3位 日本テレビ放送網   平均年収1481万円 平均年齢39・4歳
4位 毎日放送        平均年収1454万円  平均年齢39・4歳
5位 新潟総合テレビ    平均年収1447万円  平均年齢45・1歳
6位 東京放送(TBS)    平均年収1429万円  平均年齢42・3歳
7位 テレビ朝日       平均年収1358万円  平均年齢41・3歳
8位 朝日新聞社       平均年収1331万円  平均年齢43・2歳
9位 電通           平均年収1316万円  平均年齢39・6歳
10位 日本経済新聞社   平均年収1262万円  平均年齢40・8歳


896 :名無しの心子知らず:2006/11/01(水) 00:32:37 ID:3wdtXE+N
またやってる…
悪質産婦人科医同士の庇い合い…

897 :名無しの心子知らず:2006/11/01(水) 01:00:05 ID:orY+nrTu
>>896は文盲だな
マスゴミ叩きしてるだけですが何か?
厨房はとっとと寝ろや

898 :名無しの心子知らず:2006/11/01(水) 01:27:55 ID:AbdqghbF
>>896はいつものアレな人なのでまともな日本語は通じません。

899 :名無しの心子知らず:2006/11/01(水) 01:41:42 ID:0Xh4nwnX
>>887
も日本語通じないね。
いつまで恥晒すのかな?

900 :名無しの心子知らず:2006/11/01(水) 02:04:51 ID:rXJ2B7Ph
>>894

「マスコミを監視するマスコミ」がないと本当に日本は崩壊する。
実際、第二次大戦では一度崩壊した。
今の日本はそれを繰り返そうとしているね。

2ちゃんねるは「マスコミを監視するマスコミ」として有望だが、
それでも時にはマスコミのイメージ通りに流れて叩きが行われたりする。つまりマスコミの先鋒と
なっていることもある。


901 :名無しの心子知らず:2006/11/01(水) 08:28:59 ID:VbkYsfm/
平均年収1400万円のテレビ局員達って… - 経済
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/eco/1130840250/

テレビ局社員は高収入 パート2 - テレビサロン
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/tvsaloon/1137823180/

902 :名無しの心子知らず:2006/11/01(水) 09:02:06 ID:+F+bNEWj
>>886
それのソースはどこ?

しかし、本当ならひどい話だ。
殴られた先生こそ告訴すべきだよ。

903 :名無しの心子知らず:2006/11/01(水) 09:30:38 ID:LyNqQ2ab
>>902
m3から配信されてくるメールのニュースで見た気がする。
もとソースは東京新聞か何かじゃなかったかなぁ。

904 :名無しの心子知らず:2006/11/01(水) 09:35:34 ID:aeKdTc1I
奈良は、病院を充実させるよりも部落に貢ぐ方を選んだ、という訳か。

絶対住みたくないな。
それと京都も在日と部落が特権階級で一般の日本人が虐げられてる
イメージがあるね。そのうち京都にも摘発入るんじゃないの?


905 :名無しの心子知らず:2006/11/01(水) 15:26:25 ID:A4Szo93b
http://d.hatena.ne.jp/reservoir/20061022
創作童話「パンダと白熊」

貴女達の知らない世界ですか?

906 :名無しの心子知らず:2006/11/01(水) 18:21:26 ID:3wdtXE+N
いつまでやってるのか。
馬鹿な産婦人科医の助け合い運動。


907 :名無しの心子知らず:2006/11/01(水) 18:53:26 ID:ucAYoPQy
>>903
もとソースは共同通信社
しかし共同通信社のHPにはすでに載ってない

共同通信からの配信を受けた地方紙にも載っていた
しかしなぜかネットでは検索できない

908 :名無しの心子知らず:2006/11/01(水) 19:16:41 ID:KGry/dVl
助産師協会は安全お産を保障する助産
のありかたを大臣に提出したよ。
助産院安全は保証付きなのよ。。
南野 参議院議員 バンザイ
助産師の真の味方!男医者は邪魔!
いなくなれ!みんな助産院に行こう!

909 :名無しの心子知らず:2006/11/01(水) 20:03:20 ID:ucAYoPQy
>>908
はげどう
産科医なんぞいなくなれば
医者のミスで死ぬ患者はいなくなるし
医者のミスで障害児が生まれる可能性も全くなくなるわけだ

すばらしい世界だ

910 :名無しの心子知らず:2006/11/01(水) 21:14:15 ID:0Xh4nwnX
中学生がトイレでも産む位だし、馬鹿達には医療は勿体ないな。

911 :名無しの心子知らず:2006/11/01(水) 21:15:53 ID:q6ZKnqRj
>>910
全くだ。お前は病院行くなよ。

912 :名無しの心子知らず:2006/11/01(水) 21:35:37 ID:0Xh4nwnX
毎日働いてるが愚民には医療は勿体ないが?

913 :名無しの心子知らず :2006/11/01(水) 22:23:40 ID:mRtr/9fo
>いつまでやってるのか。
馬鹿な産婦人科医の助け合い運動。

はいはい、あなたやあなたの家族は、絶対に産科医の世話にならないでください。
邪魔ですから。その分、まともな人の診療に時間が割けます。

914 :名無しの心子知らず:2006/11/02(木) 00:14:58 ID:QN8xVt1f
産科医叩きして何が楽しいのやら
熱意のある先生に診てもらった事も無い出産難民ですか
出産のリスクも知らず、障害の発生リスクも考えず、本能だけで出産したいなら産科医叩けば?
そんで産科に来ないでね

少しは産科医側も楽ができるだろうし、何より普通の妊婦さんが助かる


915 :名無しの心子知らず:2006/11/02(木) 00:53:44 ID:4NQSUl6c
産科医を必要としているのは“普通の妊婦さん”じゃなくて、その逆なんだが。
ポロッとでる言葉の端はしに“楽したいのは産科医の方”だということを表してるね。
産婦人科医会の馬鹿、特に馬鹿男性医師には付ける薬も無い。

916 :名無しの心子知らず :2006/11/02(木) 01:27:43 ID:yUbTuEgm
えらそーに、分かりもしないで産科医を叩いてるやつ←図々しいんだよ。
叩くんなら、頼るなよ。お前らはお前らの世界でなんとかしろっ
こっちも、お前らみたいなDQNが納めるすずめの金なんか、当てにしてないよ。
みんなーー。もう、いっせいに保険医辞めちまわない?

917 :名無しの心子知らず :2006/11/02(木) 01:31:49 ID:yUbTuEgm
すずめの金←すずめの涙の金

揚げ足だわ

しかし、たいして金出さないやつに限って、権利だなんだと、よく喚くもんだわ。
社会的価値のない、しょうもない連中。

918 :名無しの心子知らず:2006/11/02(木) 01:40:31 ID:eH9xWagl
>>915
ガンガレ、超ガンガレ
もっと大きな声でいろんな場所でアピールして
産科医療を支えている男性産科医を根絶してくれ


919 :名無しの心子知らず:2006/11/02(木) 01:51:19 ID:4NQSUl6c
産科医療を支えている男性産科医?
支えている?
男性産科医が?
へええええええええええええええ・・・・・・・・・・・・・・・・・?
逆です。
産婦人科医会の中心、男性医師が諸悪の根源、悪の枢軸です。

920 :名無しの心子知らず :2006/11/02(木) 02:42:03 ID:yUbTuEgm
なんだ、助産婦か・・・

921 :名無しの心子知らず:2006/11/02(木) 07:59:17 ID:h8DxN7fM
男性産科医がいなくなれば、確実に産科医療は壊滅するが?

922 :名無しの心子知らず:2006/11/02(木) 10:20:02 ID:j62Zo47B
>>921
まあいいんじゃない
ID:4NQSUl6cが頑張って男性産科医を根絶して
日本の産科医療を崩壊させてくれれば
今後、出産時のトラブルで訴えられたり逮捕させる産科医はいなくなるから

そういう意味では
>男性医師が諸悪の根源、悪の枢軸です。
これは当たってるかも
必死になって支えている奴がいるから、崩壊に時間がかかり
周りに気づかれない
バッシングに耐えるより、さっさと辞めた方がいい

もちろん一番の被害を被るのは妊婦さんたち

でも、ID:4NQSUl6cみたいに男性産科医に診られる位なら
死んだほうがマシと考える人もいるみたいだから仕方ないね

923 :名無しの心子知らず:2006/11/02(木) 15:09:16 ID:Z4fBql/z
>>915
>産科医を必要としているのは“普通の妊婦さん”じゃなくて、その逆なんだが。
ポロッとでる言葉の端はしに“楽したいのは産科医の方”だということを表してるね。

普通じゃない妊婦さんが産科医を必要としているかも知れんが、
産科医は普通じゃない妊婦を必要としている訳ではない。
苦労をしたい産科医はいない。

日本語判ります??

924 :名無しの心子知らず:2006/11/02(木) 18:08:00 ID:Bv1HV1He
>>916
>みんなーー。もう、いっせいに保険医辞めちまわない?

ひとりで辞めろ。

925 :名無しの心子知らず:2006/11/02(木) 20:14:31 ID:+UA4Idcs
ワロス
ここにいる自称医者って子供っぽいよねw

926 :名無しの心子知らず:2006/11/02(木) 21:03:51 ID:db9enmZb
>887
助産院で「私」のお産
http://mytown.asahi.com/kanagawa/news.php?k_id=15000160605270001
>   緊急時に助産院はまず基幹病院に連絡し、症状に応じて各病院の空き状
> 況をパソコンで確認したうえ、最寄りの受け入れ病院を探すという仕組み。
> 日本助産師会神奈川県支部の調べでは、05年は県内で1827件あった助
> 産院でのお産のうち、母体搬送は134件、新生児の搬送は19件あった。

「ローリスクで安産に自身がある物好き」が助産院で産む現状ですら
(134+19)/1827≒8パーセントの場合で搬送が必要
ましてや「ハイリスクじゃない場合原則助産師」になったら
搬送が必要なるのは何パーセントまで跳ね上がることやら

母子ともに死亡率が数十倍になるんじゃない?

927 :名無しの心子知らず:2006/11/02(木) 21:20:25 ID:iuV9DNlx
あのさ、産科医と妊婦が対立するような話は虚しいからやめようよ。
特に感情的な話はね。
それと男性産科医の何が悪いのかわからないけど、
「男性」「女性」という一括りで語るのは全く説得力ないんだけど。

保険医返上は本当にできるか分からないし、どっちでもいいんだけどさ、
通常の分娩は保険医関係ないんだよね。

関係ない話ついでに、母体保護法指定医師がみんな返上すれば、
人口増加するのかな。
(望まれない子供がわらわらと、、、それに目を付けた闇堕胎市場ができるかな)

928 :名無しの心子知らず:2006/11/02(木) 21:47:42 ID:HNioDOVG
出産てもともとリスクが高いということを知っているのでしょうか
妊婦の死亡率はものすごく低くなったんですよ
妊婦が出産で死んだからといって医療ミスというわけではありません

929 :名無しの心子知らず:2006/11/02(木) 22:03:47 ID:bJPbjt3/
男性産婦人科医師によるワイセツ事件。
7月に2件の逮捕者が出ていますね。
産婦人科は将来、男性医師はやって行けなくなります(男性医師だと若い子は行かなくなるから)

930 :名無しの心子知らず:2006/11/02(木) 22:13:51 ID:xnTMZYY1
>>926
搬送と死亡率は別のものだよ。

931 :名無しの心子知らず:2006/11/02(木) 22:21:50 ID:RZLhshIM
>>929
で?

932 :名無しの心子知らず:2006/11/02(木) 22:24:54 ID:bJPbjt3/
変態扱いされても産婦人科の世界に入って来る男性医師が嫌われながら生き残るかもしれませんね、
小汚い手口を使って。

933 :名無しの心子知らず:2006/11/02(木) 22:32:31 ID:xEUcLTax
かなりのバカが紛れ込んでいるスレですねw


934 :名無しの心子知らず:2006/11/02(木) 22:39:18 ID:bJPbjt3/
育児板まで乗り込んで来て逆に世の中の反感を増幅させている世間知らずの男性産婦人科医よりマシです。

935 :名無しの心子知らず:2006/11/02(木) 22:43:19 ID:xEUcLTax
リアルで接するなら、男性産婦人科医のほうがあなたよりも
数百万倍マシと思うけど?w

936 :名無しの心子知らず:2006/11/02(木) 22:48:18 ID:bJPbjt3/
リアルで接するあなた>>935は男性産婦人科医と同列以下です。
絡んで来るその嫌らしさ。
寒気がする。

937 :名無しの心子知らず:2006/11/02(木) 22:51:20 ID:xEUcLTax
おやおや、風邪ですか?
「誰が」バカだとは言っていないのに、自分から名乗り出たんじゃないかw
いつ「わたし」が「あなた」にリアルで接したの?ww


938 :名無しの心子知らず:2006/11/02(木) 22:51:41 ID:1RxOMk/P
男性産婦人科医に異議はないが、男性助産師と男性看護師のコンボになったら嫌だな。
やはり同性にいて欲しい。

939 :名無しの心子知らず:2006/11/02(木) 22:56:43 ID:bJPbjt3/
汚い手口を使って嫌われながら変態扱いされながら
それでも産婦人科の世界に入って来たがる男性医師。
それそのままの異常なまでの絡み具合ですよね、あなたの態度は。
リアルが容易く想像出来ます。
要するに「きもい」親父産婦人科医のよう。
あぁ、寒気がする。

940 :名無しの心子知らず:2006/11/02(木) 23:10:58 ID:xEUcLTax
うん。
言っている内容は丸馬鹿だが、文章としては成り立っているよ、よしよしw
それより、あなたのほうが「オカシイ」って良く言われない?



941 :名無しの心子知らず :2006/11/03(金) 00:08:46 ID:TV+uAj4i
ここにもバカが一匹
http://fukucat.pussycat.jp/danna/2006/10/18.html

942 :名無しの心子知らず:2006/11/03(金) 00:16:17 ID:w+hpknDl
>ここにもバカが

それは彼方です、ID:TV+uAj4i
途方も無い世間知らずの産婦人科医。

943 :名無しの心子知らず:2006/11/03(金) 00:23:12 ID:CtqazZJ0
センセイ質問!

ID:bJPbjt3/ と ID:w+hpknDl は同一ですか?




944 :名無しの心子知らず :2006/11/03(金) 00:30:06 ID:TV+uAj4i
俺は産科の患者の家族なんたが・・・?
ただ、現実を見る目はわきまえているつもりだから、
理屈抜きで、とにかく医者の責任にしたいがために、
アホなことを感情的にまくし立ててる、そんなバカが不愉快なのさ。

945 :名無しの心子知らず:2006/11/03(金) 00:40:05 ID:An1qxOpQ
あんたの話に騙されるほどのお人よしの馬鹿は今の世の中にはいません。

アホな
まくし立てる
バカが

この挑発的な文句を並べ立てているのは、社会と産科医の対立を煽る為でしょう。
消えなさい、TV+uAj4i

946 :名無しの心子知らず:2006/11/03(金) 01:13:19 ID:CtqazZJ0
あ〜〜、はいはいw

ID:An1qxOpQ の中では、社会=自分(ID:An1qxOpQ)なワケね。
随分と狭い社会だなw


947 :名無しの心子知らず:2006/11/03(金) 01:28:14 ID:An1qxOpQ
こんな世間知らずが産科医を貶めている。しかも張本人はそれに気付いていない。救いようがありません>ID:CtqazZJ0


948 :名無しの心子知らず:2006/11/03(金) 01:32:25 ID:CtqazZJ0
あなたの「世間」も、タカが知れてるようだねw
「張本人」って誰?w

949 :名無しの心子知らず:2006/11/03(金) 01:36:32 ID:An1qxOpQ
うーん、やっぱり噂通り、産科掲示板に変質者が張り付いてるようですね。
しつこいにもほどがある。
これじゃ、ますます産科医の立場は悪くなるばかりでしょう。
お気の毒に。

950 :名無しの心子知らず:2006/11/03(金) 01:40:00 ID:CtqazZJ0
妄想さん、お気の毒にw

さて、暇潰し終了!
良い連休をお過ごし下さいね♪


951 :名無しの心子知らず:2006/11/03(金) 01:43:37 ID:vQkUvzkE
馬鹿産婦人科医の庇い合いスレってここですか?

952 :名無しの心子知らず:2006/11/03(金) 02:46:38 ID:21cM0/8R
暇つぶしだって。キモイよね。
育児板だと優越感にひたれて快感なのかな。

953 :名無しの心子知らず:2006/11/03(金) 03:26:32 ID:ZzrwKCXE
気違いが現れるとレスは増えるが内容はなくなるな。
まあ、産科医やる奴はリアルでこんな気違いを相手にしてるのか、ご愁傷様。
逃散する訳だな。

954 :名無しの心子知らず:2006/11/03(金) 13:11:56 ID:MiKBEhHZ
>>953
一度でも医療機関(診療所の事務バイトレベルで充分)で働いてみるとね、
そりゃあもうこんな感じの変な人に出くわす事しきりで本当に嫌になりますよw

私は妊婦として、医者とタッグを組んで出来るだけ安全に出産が
出来るように目指す事にした。高齢出産だし、絶対安全なんてないだろうから。
良き医療にかかりたければ自分が良き患者にならんとね。
良き患者って言っても大した事じゃないと思う。医師の話を聞き、
処方箋通りに服薬し、疑問があれば素直に聞くと。

目の前の自分を診察している医師の言う事は素通りで、テレビで万人向けに
喋ってる(台本どおりに進行してるだけの)タレントの言う事だけは必死で
盲信するようじゃ良き患者にはなれないと思う。

955 :名無しの心子知らず:2006/11/03(金) 13:31:19 ID:vQkUvzkE
馬鹿産婦人科医の庇い合いスレってここでしょ。
あ〜あ、みえみえだわ
>良き患者に・・・馬鹿丸出し。

956 :名無しの心子知らず :2006/11/03(金) 13:52:42 ID:TV+uAj4i
>>955
人を馬鹿と言えるだけの知性を見せてください。おさるさん。

957 :名無しの心子知らず:2006/11/03(金) 13:57:04 ID:YxxfOwl9
しかし今現在、産科になる医者っているのか?
産婦人科そのものはそれなりだけど、お産専門になる人って・・・


958 :名無しの心子知らず:2006/11/03(金) 14:47:09 ID:HwrqbmpR
つかさぁ〜〜〜
みんな最初はそう思っていたのよ。
母はステル便 赤は良くて脳マ アッポ〜ン
なんか事が起こればさぁ〜〜
知らん顔で担当医者はのらり〜くらり〜と逃げるよ。
気が付いたら院長やら事務長にケツ拭いている沸けでしょ。
かわいそうな当事者は運命と言われてさぁ。
無意味な悶々とした気持ちで一生を送るのよねぇ。


959 :名無しの心子知らず:2006/11/03(金) 15:33:59 ID:ZzrwKCXE
>>957
ワシは他科だが、昨年度産科医になるかもと言ってた学生が一人いた。
今年度はまだ一人も出会ってないな。

小児科医になるって言って奴は2年前に見た事がある。
止めておく様にアドバイスしておいたが…

960 :名無しの心子知らず:2006/11/03(金) 16:00:04 ID:YxxfOwl9
>>959
産婦人科への入局は結構いると思うよ。
でもその後専門を選ぶ段になって、お産をする人がどれだけいるのかということだな
多くは花形である腫瘍やホルモン疾患へいくだろう。
開業するにしてもお産はやらない人が大多数だろうし。

961 :名無しの心子知らず:2006/11/03(金) 17:28:36 ID:ZzrwKCXE
>>960
そうだろうね。

まあ集約化すりゃ産科医が何処からともなく現れるらしいから無問題かねw

962 :名無しの心子知らず:2006/11/03(金) 18:03:06 ID:ZzrwKCXE
小児・産科集約化は限界 県医療対策協開く /高知
http://www.kochinews.co.jp/0611/061102evening03.htm

小児科100人、産婦人科54人←ここ重要w
全部集めてもうまく回りますかね。

963 :名無しの心子知らず:2006/11/04(土) 09:13:06 ID:k8U5XNL5
日本医療終了です。
医者叩き楽しかったでしょ?

964 :名無しの心子知らず:2006/11/04(土) 13:12:51 ID:jlCCPWdY
正確には産科医療オワタ
正常な出産が出来る人は助産院で出産
何らかの問題がある人は事前に集約化された病院にて時間決めて出産
急に容態が変化したら諦める
もうすぐそんな時代になるな
産科叩きし続けて現状を悪化させるのが叩く人の本意なら、在日工作員並に非道な人ですね

965 :名無しの心子知らず:2006/11/04(土) 13:26:57 ID:P8UGKEIf
病んでるね

966 :名無しの心子知らず:2006/11/04(土) 17:17:21 ID:HRnNGa7M
まあ今まで権利DQNをのさばらせてきた社会なのだから、医療崩壊も社会全体で
責任取るしかない。死亡率の上昇という結果で。
今一般人ができるのは「覚悟を決める」こと。それだけ。覚悟がある社会は幸福だ。プッチ神父は本当に
いいことを言ったなぁ。

967 :名無しの心子知らず:2006/11/04(土) 17:29:07 ID:61ioll2x
>>938
助産師は女性しかなれないよ

968 :名無しの心子知らず:2006/11/04(土) 22:01:55 ID:JT1obavp
メイドインヘヴンですか

969 :名無しの心子知らず:2006/11/05(日) 00:45:44 ID:wAU72eaB
正直助産婦が開業しようと、自宅出産がはやろうとどうでも良い。

ただ、最初から産科の病院行って、なんかあったら帝王切開してもらえるような
環境を自分で整えているのに、助産所からなんかあったら飛んでこられて
自分が何かあった場合の未熟児ベッドが埋まるのがむかつく。

こっちが早産になったときはどうしてくれるんだ!助産所選んだんなら最後までそこにいなよ。
わりこんでくるな!

970 :名無しの心子知らず :2006/11/05(日) 01:06:46 ID:uAlTJNOW
そーそー
なーんも考えずに、バカマスコミの口車に乗るのは勝手だけどね。
こういうのを自己責任っていうのかな(笑)
勝手に死んでください。
助産所がいいなんて信じてるアホがいなくても、世の中はたいして困らない。

971 :名無しの心子知らず:2006/11/05(日) 01:24:51 ID:Jr3jccrQ
またですか?産婦人科医の庇い合いはみっともないですねえ。
自分らを高く売ろうとしてあれこれ工作してももうネタばれしてるから無駄骨ですよ。
いいから早く寝てしまいなさい。
しっ、しっ。

972 :名無しの心子知らず:2006/11/05(日) 07:20:13 ID:LDw2BvSa
下手な工作員だよね

973 :名無しの心子知らず:2006/11/05(日) 07:47:58 ID:wWI3e9mM
読者を不快にさせてどうする。もっとまともに啓蒙汁。

974 :名無しの心子知らず:2006/11/05(日) 08:01:49 ID:tnVQvkxg
>>971
この状況でその程度の理解力とは…
なんかあったらまず死ぬなw

975 :名無しの心子知らず:2006/11/05(日) 18:14:47 ID:+7+D3Ua2
産科医の立場、>>964さんあたりが集約形、
妊婦さんの立場、>>969さんあたりが現実的な集約形じゃないのかなあ。
無制限に医療機関が面倒見ろとか、男性産科医はいなくなれとかは
議論にならない。

今の医者には国家から予算を分捕る力はないんだから、医者にできるのは
警鐘を鳴らすことだけ。耳のいい人にはもう充分聞こえたんじゃないかなあ。


976 :名無しの心子知らず :2006/11/05(日) 18:56:10 ID:uAlTJNOW
理屈で考える事をせず(できず?)感情だけで発言してるようなバカは、
以前は見向きもされなかった。
それが、いまは無責任マスコミとか、愚かな世論とかの、核の一部になって、
政治や行政、司法までも動かす力になってる。
ある意味、寒気のするような世の中になってるのかも知れない。
末期的世界かな・・・・・


977 :名無しの心子知らず:2006/11/05(日) 19:10:37 ID:tnVQvkxg
今のうちに医者の知り合いをつくっておいてね。

978 :名無しの心子知らず:2006/11/05(日) 22:49:41 ID:pY+7whv1
多くの人が助産院やら院内助産院で産む時代になったら、死亡率下がるよ。
今のままじゃ、いらん人が病院で産んで機能麻痺。
医者に患者を選ぶ権利などありません。
医療を必要とする人に医療をほどこすだけ。
近所の診療所に風邪を診てもらってたけど、さらに具合の悪くなった患者を
大学病院が「最後までそっちで診てもらえ」とは言わんだろ。
ほとんどの人間が診療所で間に合うんだから。


979 :名無しの心子知らず:2006/11/05(日) 22:51:57 ID:pY+7whv1
医者を増やせと叫んでも残念ながら医者は増えない。
当たり前。
まずは、現状での医者の負担を減らせ。
助産師にローリスク分娩の主導権を渡して、医者は医療に。
医者の数を増やすには、まず仕事の負担を減らせということだよ。

980 :名無しの心子知らず:2006/11/05(日) 23:52:34 ID:Rq18i89I
あと分娩の扱いをやめた病院は健診だけでも担当して。
分娩できる病院(医師)の負担を軽減して。

981 :名無しの心子知らず:2006/11/06(月) 05:41:57 ID:+gnSWSU9
仕事の負担減らしただけで産科医が増えるなんて言ってる奴はおめでたいね。
あくまで必要条件の一つでしかない。

982 :名無しの心子知らず:2006/11/06(月) 07:05:32 ID:wQjI9fWG
あと、家で気軽にバイトするんだったら、やっぱりこういう系?
ttp://rinrin.saiin.net/~chatgirl
色々探してるんだけど、どうだろ。
ヒキでも月100万とか稼いだ人いるらしいし。

983 :名無しの心子知らず:2006/11/06(月) 11:42:53 ID:qDJYnkw8
>まずは、現状での医者の負担を減らせ。
>助産師にローリスク分娩の主導権を渡して、医者は医療に。
>医者の数を増やすには、まず仕事の負担を減らせということだよ。

開業助産師からの搬送なんてそれこそ一番嫌な負担じゃないのか
「医師の人生」に対するリスク高すぎだろうに


984 :名無しの心子知らず:2006/11/06(月) 12:38:54 ID:JvICLvr3
訴訟リスクと過重労働が両輪なのだから、どちらも減らしてようやくやってもいいかという人が出てくる。
片っぽだけだと止まらんよ。

985 :名無しの心子知らず:2006/11/06(月) 12:55:12 ID:yhC48TAt
>>978
>多くの人が助産院やら院内助産院で産む時代になったら、死亡率下がるよ。
直感以上の根拠ありますか。
私は上がると思います。金のない人間はリスクを知らされても助産院にかかり
続けるし、発症してからの対応では後手に回るから。知識の差は予測能力の
差になって現れますから、将来の助産院は訴訟対策をがちがちにやる
でしょうな(ちょっとでも危険なら助産拒否)。 
>近所の診療所に風邪を診てもらってたけど、さらに具合の悪くなった患者を
>大学病院が「最後までそっちで診てもらえ」とは言わんだろ。
  それには中心となる施設の満床率を6-7割で黒字になるように価格設定する
ことと重厚な訴訟対策が必要。
>ほとんどの人間が診療所で間に合うんだから。医者に患者を選ぶ権利など
>ありません。 医療を必要とする人に医療をほどこすだけ。
 「ほとんどの人間が診療所で間に合うんだから、患者は施設を選ぶ必要は
ありません。選びたければ、病気になるか、金を出すかが必要です」、と
いう国の政策にまことに沿ったご意見と承ります。

986 :名無しの心子知らず:2006/11/06(月) 13:12:56 ID:8VvlRGls
>>981
二つのうち一つを減らすこともできないまま、どうやって医者を増やすわけ?
負担が少し減れば、一人当たりの患者に対して、手厚く診てやれる。
その積み重ねが訴訟の軽減に繋がる。
今のように、一つの訴訟が医者の逃亡を招き、それがまた残った医者の負担を増大させる
という悪循環から何も見えてこないのかな。


>.985
「死亡率があがる」という考え方こそ、根拠のない妄想。
助産師を主体にした結果、死亡率、帝王切開率が低くなった先進国の
例を知らないから、そんな妄言が出るのだよ。
国内でも、院内助産院制度にしたら同じような結果が出ていますが、何か?
病院で、無駄な分娩を減らすことによって、重篤な患者が満床によって
たらいまわしにされて死亡、という先進国にあるまじきケースを改善するためには
他に手はありませんよ。
医者の偏狭な縄張り意識が、産科医療の崩壊を招いたことにいい加減気づくべき。
妄想を言っているのはどちらか、ちょっとは勉強しなさいね。



987 :名無しの心子知らず:2006/11/06(月) 13:18:45 ID:qDJYnkw8
>986
その『先進国』とやらは
 日本の病院の産科で産むより周産期死亡率が低いのか?
 日本の病院の産科で産むより妊婦の死亡率が低いのか?
 日本の病院の産科で産むより帝王切開率が低いのか?

一体何処よ?


988 :名無しの心子知らず:2006/11/06(月) 13:21:31 ID:FHjjTTU/
頭の弱い助産師の意見にしか見えません><

大体
>助産院やら院内助産院で
って言ってたのがいつの間にか院内だけになってるしw
おいしいとこどりが出来なくなってきたからって医者にあたるのは
筋違いって奴ですよw

989 :名無しの心子知らず:2006/11/06(月) 13:45:00 ID:8VvlRGls
>>987
はいはい。
日本は寿命も長ければ、妊産婦死亡率も世界一低い素晴らしい国です。
しかしながら、それは国の食生活や延命治療最先端治療などによって左右されるものなので、
日本の周産期医療が優れていることの証明にはならないんですね。
つまり、日本が先進国の良いところを取り入れれば、今よりもさらに良い(数値に表れる種類の)
結果が出ることの否定にはなりえません。

難しかったかな?w
でも、そういうステレオタイプな反論は聞き飽きた。


>>988
それはなぜかといえば国内におけるデータが一切公表されていないからなんですよねー。
よって国外のデータと、大病院が院内助産院制度を取り入れたら、優位の転化が見られた、
という事実を述べることによってしか、助産院が主体になっても、死亡率は下がるだろう
という見識を導き出すしかないわけです。
こと、医療側にとって誇らしいデータ(死亡率は世界一低い、など)はこれでもかとあるのに、
助産院と病院による二つのサンプルを使った簡単な資料がないとは不思議ですね。
またこの場合は、俯瞰的に見た場合、病院で無駄な分娩が行われることによる
ロスの軽減という意味での、安全性の向上ということも忘れてはいけない視点です。


990 :名無しの心子知らず:2006/11/06(月) 13:53:00 ID:JvICLvr3
病院がハイリスクだけ診るようにすると、受ける出産の数が減り、分娩の収入も減るのに訴訟リスクは
そのままか、むしろ上がる。搬送の間に悪化する場合が増えるからね。
つまり、1出産あたりの訴訟リスクが爆騰して常に大赤字の科になる。これだと続ける病院はほとんどない。

結論は、家で産んでください。何があっても自己責任。

991 :名無しの心子知らず:2006/11/06(月) 14:04:20 ID:8VvlRGls
>>990
馬鹿ですか?
搬送の間にリスクが上がるなら、病院がばたばたと潰れていって、
遠くから痴呆の人間が通う現状の方がはるかに危険ですが。
ちなみに、助産師がつきそっている場合の異常が起きた場合の搬送ならば
病院への搬送に必要な時間はおよそ30分。
通常の病院で、異常が起きて手配をする場合も30分。
これ以上、時間を短くすることは、まず無理。
搬送前に病院に連絡をし、事前に手術準備をするならば時間のロスなど
ありませんよ。
しかも、病院の場合のほうが、帝王切開率も高い。
そのことを考えても、いちはやく手術を施すなら、無駄をはぶいた方が効率的だと分かります。
これらはWHOが20年も前から意見していることです。

論破されれば「家で産め」としか言えない馬鹿医者には難しいですか?


992 :名無しの心子知らず:2006/11/06(月) 14:05:17 ID:8VvlRGls
× 遠くから痴呆の人間が通う

○ 遠くから地方の人間が通う

でした。


993 :名無しの心子知らず:2006/11/06(月) 14:08:06 ID:JvICLvr3
はいはい、まず
>助産師を主体にした結果、死亡率、帝王切開率が低くなった先進国の例
を具体的に出そうね。自分の妄想を例にされたらかなわないからね。
自分で言ったことだから出せるでしょ?

994 :名無しの心子知らず:2006/11/06(月) 14:17:36 ID:lhkV4Bmp
大体助産師を主体にした方が死亡率が低くなるなら、産科医がいなくても無問題。
昭和30年代は助産院が主体だったが今より死亡率は高いがねw。



995 :名無しの心子知らず:2006/11/06(月) 14:18:28 ID:8VvlRGls
>>993
出せますよ〜。

http://www.web-reborn.com/books/book/whokankokunimiru.htm

こちらの本に、たっぷり載っています。
2ちゃんでつまらない書き込みにいそしむくらいなら、こういう本を読んだほうが勉強になりますよ。
頑張ってね^^

996 :名無しの心子知らず:2006/11/06(月) 14:20:29 ID:8VvlRGls
>>994
馬鹿ですね。
ローリスクの妊産婦は、ということだよ。
集約化とすみわけ、という意味分かってますか?
ついでに昭和30年代は公衆衛生や栄養面、国民の知識、抗生物質や安全な輸血など
今と全く違う状況下を持ち出して論じる時点で知的レベルが低すぎます。

997 :名無しの心子知らず:2006/11/06(月) 14:24:07 ID:lhkV4Bmp
ほう〜、じゃ助産師の治療可能な範囲が投薬や会陰切開まで出来るような海外と比べて何になんの?
日本の助産院がそれらに対応出来るレベルにあると?

998 :名無しの心子知らず:2006/11/06(月) 14:25:45 ID:qDJYnkw8
リスクが高いか低いかって
>医者の数を増やすには、まず仕事の負担を減らせということだよ。
についてなんだから
この場合「医師にとってリスクが高いか低いか」が重要じゃないのか?
行くところが無い妊婦が死んでも医師のリスクにはならないが
助産院から搬送された妊婦が死んだら万事休す

『予約制による人数制限』+『助産院からの搬送拒否』
で”医師の”負担とリスクを減らすしかないんじゃ

999 :名無しの心子知らず:2006/11/06(月) 14:34:54 ID:zgoEQOD0
まあ、何かあったらすぐ丸投げのお気楽助産院を撲滅してからじゃないとなあw

1000 :名無しの心子知らず:2006/11/06(月) 14:35:08 ID:8VvlRGls
>>997
ああ、それも聞き飽きた。
ローリスク分娩の会陰切開の必要性はそもそも根拠がないし、
切開をしない方が傷の深さが低いというデータはあるのを知らない?知ってるわけないか。
(自分で探してね。ネット上にあるから)

そして助産師の特性は医療資格の有無にあるのではなく、「正常分娩のケア」というところに
あるのであって、国ごとに付随する権限があったとしても、ローリスク分娩における
助産師の優位性というのは証明されています。
そもそも、助産師ほどの数が医療技術を持つことの方が、医療過誤によるリスクを高める
原因になるとは考えないの?
おいおい、助産師にいくつかの医療を認める議論を行っても良いとは思うけれど、
それは瑣末なことで、本来の議論のすりかえに過ぎない。
もう一度、繰り返すと
「助産師の特性は医療資格の有無にあるのではなく、「正常分娩のケア」というところに
ある」
ということね。
正常分娩において、医療の占める割合は0%。
医療の経験を積めない助産師がいざという時に、医療を施すことにリスクはないのか?
それならば、その前に救急隊員による医療技術を認めたほうが効率的だというのが個人的見解。
ちなみに、WHOの代表者自ら、日本の助産師を褒め称え、アメリカによって破壊されたこの助産師精度を
批判しています。

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

376 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)