5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

巣鴨●誰も知らない●置き去り

1 :名無しの心子知らず:04/07/31 03:12 ID:aNdIEYcx
◆巣鴨子供置き去り事件

1988年に起こった事件である。
ことの起こりはここから15年前、ある男女が同棲したところから始まった。
女は男が役所に婚姻届を出したと思い込んでおり、自分たちは夫婦だと認識していたが、実はそうではなかったのである。
子供が生まれ、出生届の提出をまた男に頼むが、このときも彼は「出した」と口では言ったものの、
役所には足も踏み入れていなかった。
ある時期までは男がきちんと給料をもらってきていたので生活に破綻はなかったが、
彼がほかに女を作り、会社の金を使い込んだうえ蒸発してしまってからはすべてが一変することとなる。

>>2


2 :名無しの心子知らず:04/07/31 03:14 ID:aNdIEYcx
ほぼ同時期、長男は小学校へあがる年であった。
が、いつまでたっても就学通知がこない。おかしいな、と思いつつ母親が手をこまねいているうちに入学時期は過ぎてしまった。
ようやく母親が重い腰をあげて役場へいってみると、そこでやっと事実があきらかになり、彼女は愕然とする。
自分はまだ未婚なばかりか、家にいる子供は戸籍のない「幽霊児」なのであった。
本来なら彼女はここで福祉事務所なり児童相談所なり、どこかの窓口を訪れるべきであったろう。
しかし彼女の念頭にそんなことは思い浮かばなかったし、アドバイスしてくれる人もなかった。
彼女は以後、すべてを嘘で固めて生きていくことになる。
事件発覚後、彼女が周囲についていた嘘もいっしょに暴かれたが、それは悲しいと言ってもいいものばかりである。
いわく、
「わたしは慶応大学を出て、いまは三越の外商部に勤務しています」。
「亡くなった夫は外交官でした」。
「息子は立教中学に通っています」等々……。
そして、マンションへ入居の際には「これ、うちの職場で扱っているものですけど」と言って、三越の品物を隣近所に配り歩いたりもしていたという。
その後も彼女は何人かの男性と知り合い、妊娠しては自宅出産するということを繰り返した。出生届は一度も出していない。
結果的に彼女が産んだ子供は5人。
そのうち次男は病死したが、なにしろ戸籍がないので埋葬届も得られないし、第一「生まれてもいない」とされているものをどうやって「死んだ」と届ければいいのか。
――結局このときも、彼女はすべてが明らかになるのを怖れて、隠匿に精を出すことになる。
彼女は次男の死体をビニールでくるみ、消臭剤を入れて押入れに入れた。
長男はそんな母親をみて育ち、下の子たちの面倒をみながら大きくなっていく。
母親は長男を「とてもしっかりした子」と思い、下の子の世話を全面的に任せ、自分はデパートの売り子をして給与をもらい、
子供たちを食べさせていた。

>>3


3 :名無しの心子知らず:04/07/31 03:17 ID:aNdIEYcx
しかしまた生活を一変させる出来事が起こる。
1988年1月、母親に新しい男ができた。それだけなら過去何度も起きていたことだが今回は大きく違った点があった。
彼女はその男と同棲するため、子供たちをマンションに置き去りにしたまま、出ていってしまうのである。
彼女は家を出る際、長男に
「妹たちのことをお願いね。おかあさん、たまに様子みにくるから。お金は書留で送るわ」と言っている。
当時、長男は14歳。妹3人はまだ7歳、3歳、2歳であった。
母親が毎月仕送りしていた額は7〜8万だったという。
あとはたまに電話をしたり、駅のマクドナルドなどに長男を呼び出して「家の様子はどう?」と訊く程度で、
いつも子供たちの住むマンションには寄ることなく、彼女は男と住む家へ帰っていた。
こうして子供たちだけの閉鎖された環境ができあがっていった。
学校にも通わず、存在を秘匿された人間だとはいえ、長男は妹たちのために買い物にも行かなくてはならないし、家に閉じこもっているわけにもいかない。
あたりをふらふらしているうち、彼にふたりの友達ができることとなる。
ひとりはAといって、家庭が複雑なこともあり学校にもほとんど通っておらず、のちにはこの家に居候同然のかたちで住みついていた。
もうひとりのBは家庭もあり、学校にも通っていたが攻撃性が高く、学校帰りにはほとんどこの家に寄り付いていたという。
いかに長男が歳のわりにしっかりしていたとはいえ、しょせんは14歳である。
幼い妹たちに食べさせるものは菓子かカップラーメンか、冷凍食品。家の中は汚れてくるし、下の妹ふたりはまだオムツをあてているが、
マメに換えてやっていたのは最初のうちだけで、金が乏しくなってくれば新品も買えない。
2ヶ月もたつと、1日1回換えればいい方、という有様になっていた。
妹たちは発育盛りにちゃんとしたものを食べていないから、栄養不良で動作は緩慢だし、
臭いし、しょっちゅうむずかる。
長男はたしかに妹たち思いの子ではあったのだが、そういった毎日がつづくうち、だんだん
「面倒くさい」「うとましい」という思いが先に立って、家に居ついた友達ふたりを優先させることが多くなってきていた。
そんな中、事件は起こった。

4 :名無しの心子知らず:04/07/31 03:23 ID:aNdIEYcx
4月21日。
Bが買い置きしておいたカップラーメンがなくなっており、空腹になった妹のうち誰かが食べたのだろうということになった。
Bが問いつめると、どうやら三女が食べたらしい。
怒ったBはまだ2歳の三女を殴って折檻した。この折檻には、長男とAも加わったようだ。
ひとしきりそれが収まると、今度は三女がお漏らししたらしいことがわかった。
Bがまた折檻すると言い出し、今度は長男とAは「勝手にやれば」と言って、隣の部屋でTVを見ることにした。
Bは押し入れの上の段から三女を何度も落とし、何度もやっているうちに面白くなって、頭から落としたり、
わざと落ちてくるところに足を出して腹を蹴りあげたりしはじめた。三女はボールのように蹴りまくられ、ぎゃあぎゃあ泣きわめく。
その声が面白くてまた蹴る、の繰り返しで、行為はだんだんエスカレートしていった。
ふっと長男が気づくと、隣室が静かになっている。覗いてみると三女がぐったりしてBの足元に倒れていた。
「大変だ――これ、死んじゃうかも」
救急車、それともお母さんに電話、といろいろ考えるけれど、救急車を呼べばすべてが発覚してしまうし、お母さんに電話しても怒られるだろうし、
結局どうすればいいかもわからないまま、見よう見真似の人工呼吸を施したり、布団をかけて体をあたためるなどした。
それを後目にBは「7時だし、家に帰らなきゃ」と言ってさっさと退散してしまった。
翌朝、長男が目ざめてみると三女はもう冷たくなっていた。
死んだあとの処置はといえば、母親が次男が死んだときにやっていたことを真似るしかない。
ビニール袋に死体を入れ、消臭剤を入れて押し入れにしまいこんだ。
しかし消臭剤の量が足りなかったのか、たちまち臭くなり、ここに置いてはおけない、ということになった。
26日、長男とAは三女の死体をボストンバッグに詰め、電車で秩父市の公園に行った
(このときもBは責任のがれをして、ついてこなかった)。秩父を選んだのは昔Aが遠足に来たことがあるからと、
長男が「妹に山を見せてやりたいから」という理由だった。ふたりは駐車場脇の雑木林に死体を捨て、上を木の葉や枝で覆った。

>>5

5 :名無しの心子知らず:04/07/31 03:23 ID:aNdIEYcx
7月に入って、「どうもあそこは子供たちだけで暮らしてるようだ」と大家が警察に通報。
警察から福祉事務所に連絡がいき、相談員が訪問すると、子供が3人遺棄されているのが発見された。
とくに長女と次女は栄養失調で衰弱がひどく、ただちに保護された。
なおAとBはこのとき、この家にはいなかった。
警察の家宅捜査の結果、次男の死体が押入れから発見される。事件はまたたく間にマスコミにも広がり、
TVや新聞での報道がされる一方、母親への「どこにいるのか」という呼びかけが起こった。
報道をみた母親は「これはひょっとして、私のこと?」と思い、警察に出頭。子供たちに引き合わされ、
そこで初めて「三女がいない。子供がひとり足りない」ということがわかった。
まず母親が保護者遺棄、致傷で起訴。
次女は全治1ヵ月半という重度の栄養失調だったため、さらに致傷罪が追加され、懲役3年執行猶予4年の判決がおりた。
長男は三女に対する傷害致死、死体遺棄で起訴。
しかし事情聴取するうち、A・B(とくにB)の関与が大きいことがわかり、長男には同情する余地が大きいとして
、A・Bふたりは救護院送致(のちにBのみ保護観察で済んだ。この差は裁判官の認識の差とみられる)、
長男は養護施設に送られ、そこから学校に通うことになった。
長女・次女も保護センターから養護施設に送られるものの、この2人はのちに母親に引き取られている。
長男がどうなったかは、資料不足のため、筆者にはわからない。

6 :名無しの心子知らず:04/07/31 05:19 ID:aNdIEYcx
age


7 :名無しの心子知らず:04/07/31 12:09 ID:DsyjDxJ2
みんなもっとこの事件を知るべきだ。
映画だけ見て泣いたとか言わないでほしいね。

8 :名無しの心子知らず:04/07/31 12:44 ID:O1jy3XYo
こういう話だったのか
近所に住んでた姉弟のことを思い出したよ。
お母さんが出てっちゃって、父子家庭だったんだけど
ある朝私が登校するのに誘いに行ったらお母さんが戻ってた。
その後皆で新築の家にお引越し
ところが、今度は両親が子供達を置いたまま出てっちゃったらしい。
しばらく誰も気付かず、子供達は学校の給食だけで暮らしてた
電気も水道も止められ、風呂にも入らず・・・
不振に思った教師が子供に尋ね、事が発覚
子供達は養護施設行き
引っ越す時、皆で新しい家で暮らすんだって
あんなに嬉しそうに話してたのに。
あの子達、今はどうしているんだろう?

9 :名無しの心子知らず:04/07/31 19:24 ID:aNdIEYcx
age

10 :名無しの心子知らず:04/07/31 20:57 ID:aNdIEYcx
アゲます。

11 :名無しの心子知らず:04/07/31 21:10 ID:DbxkXUKx
うちの旦那も生まれてすぐ母親が出て行き父子家庭だった。
母親は違う男と子供2人作って何年かしてまた戻ってきた。
小さいうちは虐待されて、今でもおでこに傷がある。
父親は癌で死んで、それから7人もの男と付き合って、
58歳の今やっと1人の男におさまった。

スレ主の事件と話は違うけど、子供を置いてくことを平気で出来るって神経疑う。

12 :名無しの心子知らず:04/07/31 22:09 ID:eQKF2Dtt
>>8
新築の家ということは家買ったのか?
それなのに出て行くとは。なんか信じられんな。

13 :名無しの心子知らず:04/07/31 22:18 ID:dVM6pE9H
>のちにBのみ保護観察で済んだ。この差は裁判官の認識の差とみられる

ここに最大の憤りとやるせなさを感じるのだが・・・

14 :名無しの心子知らず:04/07/31 22:28 ID:IuLNrtAe
私も・・・・13に同意

15 ::04/07/31 22:56 ID:aNdIEYcx
>>13
同じ意見の方がいて良かったです。
下のコがもうすぐ2歳なので感情移入してしまうのか
どうしてもBが許せなくって。(母親もですが)
Bが大人になって自分のしたことに何も感じずに現在を生きているとしたら。。
と思うと恐怖です。

16 :名無しの心子知らず:04/07/31 23:08 ID:0w38DLth
え?これ何?映画って・・・、映画になってたの?
すまん、全く知らないのだが。ニュースになってた?
(浦島で申し訳ない)

ちなみに>>1>>3が両方1988年になってるけど、>>3は間違い?だよね?

17 :名無しの心子知らず:04/07/31 23:13 ID:w+CfcEJ8
>>16
ニュースは知ってるが映画化されたのを知らなかったのかと思いきや
ニュースも知らなかった。何を言いたいのか全く不明です。

18 :名無しの心子知らず:04/07/31 23:16 ID:0w38DLth
>>17
すまんね、ニュースも知らないんだよ。
でも映画になったということは随分前のニュースだよね?
そのニュースについてのソースとかはどっかにある?
あと映画のタイトルは?

19 :名無しの心子知らず:04/07/31 23:21 ID:0w38DLth
あーーー!!!わかった!!!
今検索してみてわかった、カンヌで賞とった男の子のやつか。これね。
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040526-00000059-kyodo-ent
こういう題名だとは知らなかった、スレ汚しスマソ。

20 :名無しの心子知らず:04/07/31 23:22 ID:jKtUcsKo
誰も知らない

でしょ??
オスカーか何か取ったと話題になってたやつ?

21 :名無しの心子知らず:04/07/31 23:22 ID:HaogbEXO
ゆうがお母さん役で主役の可愛い男の子が
カンヌで賞取ったやつ?

22 :名無しの心子知らず:04/07/31 23:24 ID:fAnBONmH
てか、>>1の文章ってあそこからもってきたやつでしょ。
まるまるコピペじゃなくて、引用元も出しておけばいいのに。

23 :名無しの心子知らず:04/07/31 23:24 ID:B7zYda3W
>>18
映画のタイトルは「誰もしらない。」
私もこれが本当にあった出来事とは知らなかったが・・・

映画では主演した男の子(柳楽優弥)がカンヌで賞とってすごい話題になって
たけど、TV見なかった?

24 :名無しの心子知らず:04/07/31 23:28 ID:0w38DLth
18です、みなさん時間差レスありがと。
私もあの映画の内容が実話に基づいてるというのは初耳。
それと>>22も書いてるけど、この>>1-5のソースがわからん。
なので一体なんのことやら??だった。

「誰も知らない」というスレタイも、「誰も知らない真実はこうだ」って
意味だと思ったんだよー・・・もうちっとわかりやすく書いて欲しかったっす。

25 :名無しの心子知らず:04/07/31 23:36 ID:2mvjK8rt
これまったくの事実?
じゃあ子供は予防接種も受けていなければ風邪で病院にもかかったことないわけだよね。


26 :名無しの心子知らず:04/07/31 23:37 ID:w+CfcEJ8
ていうか分からないならレスするなよw

27 :名無しの心子知らず:04/07/31 23:45 ID:t3v4KQqs
私は「誰もしらない」を見る前に、題材となった事件を知っておくべきかなと思い
調べて、愕然としました。
母親を非難するのは簡単だけど、母親も男達から「捨てられてる」んだよね。
もちろん母親となったからには「女」を優先させちゃいけないんだけど、
この母親にはそれができなかった。可哀想と言えば、可哀想。
A,B少年も、家に父母はいたかもしれないが、精神的には「捨てられた状況」
だったのだと思う。
子供がどうなっても親はそこから逃げてはいけない、と心底思った。

外から「事件」として捉えた視点ではなく、中で生活していた子供達の視点で
撮ったというこの映画を、見たいと思った。


28 :名無しの心子知らず:04/07/31 23:58 ID:N0hlzfgj
実話だったとは・・・・_| ̄|○

同じぐらいの子供(14歳、7歳、4歳)がいるもんですから、
チト、考えさせられてしまいます・・・・。

実話の子供たち、今は幸せであってホスィ・・・

29 :名無しの心子知らず:04/07/31 23:58 ID:Ce5pRgn1
基本的に、実際の事件を題材にした映画や演劇って嫌いなので見ない。
結局それでみんなお金もうけしてるんだよね。

30 :名無しの心子知らず:04/08/01 00:05 ID:aIoTGWbs
万人向けの映画ではないと思うので、興味のある方にだけ。
映画公式サイトありますよ・・・。

31 ::04/08/01 00:19 ID:/W1VG/XR
説明不足で申し訳ありません。
映画『誰も知らない』の題材となった巣鴨の置き去り事件というのが
気になって検索したら>>1-5の内容が出てきました。

正直、調べなければ良かった。。と思いましたが同じ年頃の子供を持つ
みなさんにも知って欲しくてスレ立てしてしまいました。

コピペ元
ttp://www8.ocn.ne.jp/~moonston/family.htm


32 :名無しの心子知らず:04/08/01 00:23 ID:Jm125+i2
>>27
母親のこと、可哀想っていうか…
池沼ボーダーなのかなと思った。
男がいる・いないとか、自分の中の女を優先とかいう以前に
そもそも社会に適応出来てないなって。

33 :名無しの心子知らず:04/08/01 00:41 ID:ok529+nU
>>16
>ちなみに>>1>>3が両方1988年になってるけど、>>3は間違い?だよね?

別に間違いではない。ちょと分かりにくいかもしれないが、
子供置き去り発生が1988年1月、で事の起こりが1988年からさかのぼること
15年前(つまり1973年)の男女が同棲しはじめた時、てことでしょ。

34 :名無しの心子知らず:04/08/01 06:59 ID:AQqeHaF+
>>27
みんな「捨てられてる」、それは確かだと思う。
が、母親は大人なんだから、選択能力がある。
変な男に掴まって可哀想、というのもあるが、
それは所詮自分が選んだ男じゃないか。自分にも責任あるんだよ。

でも子供は、親を選べないよ。勝手に生まれさせられて勝手に捨てられる・・・
同じ捨てるんでもせめて施設とかに捨てろ、って思う。
戸籍がないとか後回しだよ。施設が見てくれれば、死にはしないでしょう?

なんか映画化っていうと美化されちゃうもんだねぇ・・・
あの男の子、かなり有望俳優っぽいし映画観てみたかったけど、
この事実関係を知ったら観たくなくなりますた

35 :名無しの心子知らず:04/08/01 13:38 ID:j/R6yOnk
CMで見たけど、この映画見てみたい。
あのカンヌの男の子のやつだって知らなかったよー。

36 :名無しの心子知らず:04/08/01 13:50 ID:dddg24Vg
こういう実話の映画って、当事者たちに許可もらったり話聞いたりしないのかな。
長男、今30くらい?どう思ってるんだろう。

37 :名無しの心子知らず:04/08/01 20:39 ID:2aekCiYJ
もっと盛り上がってもよさそうなのに、タイトル通り誰も知らないんだな。この話。
漏れも最近テレビで見て初めて実話だと知ったのだが。
(そして詳しい内容はこのスレで知った。)
この事件を教訓に防止策はつくられたのかな?


38 :名無しの心子知らず:04/08/01 22:14 ID:dddg24Vg
今思ったんだけど、こういう映画は子持ちママはまず見られないよね。
私も、レンタルビデオにならないと見ないだろうな。

39 :名無しの心子知らず:04/08/01 22:41 ID:2aekCiYJ
カンヌで賞取らなけりゃマイナーなままなんだろうね…。
それにこういう映画ってそこらの映画館じゃやらないし。
大きい街にある小規模映画館とかでやるんじゃないかな。
テレビでやるなら深夜。
大きなスポンサーつけば別だろうけど。

40 :名無しの心子知らず:04/08/02 00:56 ID:IEfqUYAR
映画板へのリンク
http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1085252542/

41 :27:04/08/02 03:41 ID:oDBG9TgM
子育てママですが、この映画見たいと思いました。
普段からあんまり、映画やドラマに自分をリンクさせて見ないからかもしれませんが。

42 :名無しの心子知らず:04/08/02 13:25 ID:J0vtrI5R
試写会見てきましたけど、実際の事件からはかなり脚色してありますんで。

あくまで、「事実を元にしたフィクション」。

送られてくるお金や、友人二人の描写、兄弟構成など大きく違います。
88年の事件は、戸籍問題が発覚した当時(80年代前半)は今よりシングルマザーが社会的に認知されていなかったことも原因で、時間軸を現在に置き換えている映画版ではニュアンスが微妙に違う気もする。

事件とは別物に考える方がベター。
ただし、私もこの映画の存在を知ってから事件を知った世代なので(なんせ、死んだ三女と同じぐらいの年だもんな)掘り起こすきっかけにはなってるはず。


43 :名無しの心子知らず:04/08/02 13:41 ID:sKjxVXhG
長男は生きていれば31歳か。
普通の仕事をもち、幸せな家庭を築いていてくれていたらいいんだけど。
なんか、こんなこと書いていて泣けてきちゃった。

44 :名無しの心子知らず:04/08/02 15:45 ID:YGAAOTbE
>43
ほんとそうだよね。子は「親」を選べないんだからさ。

45 :名無しの心子知らず:04/08/02 20:54 ID:+w83nRZw
スカパーのシネマアイで是枝監督インタビューと映画紹介してたけど
前半の無邪気な頃と後半(裸のシーン)の荒んでいった頃で
別人なほど見た目が成長してるのね。
インタビュアーがはなで馬鹿笑い連発しててうざかった。


46 :名無しの心子知らず:04/08/03 16:25 ID:Yd1RqeCa
知らないつながりで、姑と旦那の死亡届を出さずに、年金を騙し取ってた人が
最近つかまったよね。
あとから聞くと3〜4年前にその団地で悪臭騒ぎがあったとか。


47 :名無しの心子知らず:04/08/04 23:30 ID:aljsTq8v
age

48 :名無しの心子知らず:04/08/04 23:35 ID:s8tumH27
>>46
死亡届出さないもんだから10ン歳で市で最高齢になっちゃって、
表彰しますって市から言われて辞退してたって間抜け?

49 :名無しの心子知らず:04/08/05 23:29 ID:nlbBsKo1
age

50 :名無しの心子知らず:04/08/06 18:08 ID:Qvdkr9gt
悪臭で言えば家の近所でも騒ぎがあったんだけど、
その時期、でかいハエが大量に発生してたんだって。

51 :名無しの心子知らず:04/08/08 01:28 ID:o8RTPcAJ
スレタイ見て、どうしようもないトメでも婆ちゃんの原宿に置き去りにしたのかと思ったよ。。

52 :名無しの心子知らず:04/08/08 01:42 ID:+c+vHzv8
本当にこんなことがあったなんて、
何故近所の人達は子供達だけになった時点で
保護してあげなかったのかなぁ?
一人くらい、おかしいって気づいて
手助けしたくなった人いなかったの??
一番下の子は二歳でそんな・・そんな亡くなり方して・・・
自分に今二歳の子供がいるからなんか信じられない
何もできないのにオムツもまともに替えてもらえないで・・



53 :名無しの心子知らず:04/08/08 02:21 ID:IredkkzU
お母さんは仕事に行ってます、とか言われると納得しちゃったんだろうか…。
うち今、7、4、2才の三姉妹です。
この事件、全く知らなかった…<31才。
Bは、まっとうに生きているとは思いがたい…。
興味本位なだけの映画ではない事を祈りたいです。
映画に出演した子役の子達、トラウマにならないと良いんだけど…。
支離滅裂スマソ、メチャクチャ動揺してます。

54 :名無しの心子知らず:04/08/08 02:27 ID:JZEiKb5X
>1->5を読むと、映画宣伝とのギャップが…

YOUがお母さん役でここ数日宣伝のために色んな番組に出ているけど
「憎めないお母さんなんですよねー」とか言われてるし。
実話を元にした物語であって、映画は映画なんだろうけど…
(あと、演じているのがYOUだからそう見れるのかも知れないけど)

映画のほうは見られないのでどんなラストなのかは知らないけど
子供を置いて男と出てく母親を「憎めない」ってどんなコメントだ。

55 :名無しの心子知らず:04/08/08 02:59 ID:IredkkzU
知り合いに

「旦那も前から嫌いだったし、子供も最初から可愛く思えないし、旦那が帰ってきてから、全部めんどう見てもらってた(昼間は保育園)」
って離婚した人がいた。
まだ小さい子二人。
旦那が実家で育てるらしいが、なんて女だ!と思ったけど、
この事件みたいにならなかっただけ、マシだったんだね…。
まだ動揺中デス。


56 :名無しの心子知らず:04/08/08 03:04 ID:IredkkzU
>>54 「憎めない」

は、ないよね…。

「重〜い内容です」
くらいは言って欲しいが、YOUだと説得力に欠ける…悪い意味でハマり役だったりして。
「あんまり 子供の事とか、ちゃんとしてない」
ぽい事言うよね。ブラック?自虐的?な冗談なら良いんだけどさ。

57 :名無しの心子知らず:04/08/08 04:18 ID:MJQUoJKM
こわくって、もうこの映画絶対見られない。
2歳・3歳の子をおいて、どうして愛人宅に行くことができるの?
4歳と1歳の子がいるけど、数十分だって置き去りにできないよ。

この事件の2歳の三女、最後の日はどういう気持ちで過ごしたんだろうね。
ひもじい・こわい・痛い・辛い、そういう感情しかなかったんじゃ…
そう思うと切なすぎる。ずーっと、ママ帰って来るの待ってたんだろうな…
ニュー速なんかの虐待スレをたまに覗くと
「子供産むの免許制にしろ」
とか、極論が出てることもあるけど、そう思ってしまう気持ちも理解できるよ。

58 :名無しの心子知らず:04/08/08 05:04 ID:zQM2j6IJ
漏れは83年生まれの21歳だから、長女と次女の間ぐらいな世代だけど、
80年代後半という時代のある意味の虚無感と、東京という都会の虚無感。バブリーだったんでしょ?
今は看護大生なんてやってるけど、小児看護学的見地から見たら、すっごく虚しいし、
やぱ自分の子供時代を思い出しても悲しくなるよ。
中学生に弟妹の世話押し付けないで欲しいし、誰かも言ってたけど、やぱこの母ちゃん社会にあまり適応してないかも。
いろんな意味でこの映画と事件について知りたくなった。

59 :名無しの心子知らず:04/08/08 10:24 ID:0qyOStyl
実話を映画化、と聞いて実際はどうだったんだろうと思って
ぐぐったら1さんと同じところに行きついた。
映画はあえて暗い面からじゃなく作ったらしいけど、実際は
悲惨なんだよね。
でも婚姻届も出生届も出さす自宅で出産して、部屋から出ないように暮らしていけば
生きてくことはできるんだな、とヘンなところで感心もしてしまった。
映画はYOUの母親とか子供達もリアルな気がして、見たくなくなったよ。


60 :名無しの心子知らず:04/08/08 10:53 ID:2GZUncnC
母親は池沼だな。
家を出てすぐに警察に一本電話入れるだけでも全然違うのに…

61 :名無しの心子知らず:04/08/08 15:37 ID:IredkkzU
足りない人かな、とも感じたけど、
三越で仕事してるとか嘘つきまくってたんでしょ…ポワーンとした人ってよりは、やっぱり身勝手な悪人のイメージ…。

2歳の女の子、カップ麺はきっと、お湯なしで食べたんだよね、ポリポリと。

置いて行った母親と、「泣き叫ぶ声が面白かった」少年B、この二人は今何してるんだろ…。

62 :名無しの心子知らず:04/08/09 02:33 ID:fe4izgIT
母親が2人の子供また引き取ったみたいだけど、
国は、何で引き取らせたのか?!
怒り通り越して呆れるよ・・・その後ちゃんと
施設に引き取られていますように・・・
もうその子たちも大人なだよね。



63 :名無しの心子知らず:04/08/09 04:02 ID:QWzeAAg8
なんかすごい衝撃的な事件だったんだね・・・
主演の柳楽くんがカンヌで最年少で主演男優賞とってすごいなぁ
ってくらいにしか考えてなくって、CMも良さそうだったから見ようかなって思ってたけど
事件のこと知るとちょっと考える・・・。
三女は普通に生きていれば私と同じ歳なんだなって思うと余計に辛い・・・。
友達に今2歳になる女の子がいるけどあんな何もできない子供に虐待するなんて・・・
Bはどういう神経してるのか分からない。
どんな大人になってるんだろうか・・・。
自分のしたことの罪の重さわかんないのか!?
こういう風に世間で話題になってるけど、Bはどんな思いで見てるのかね・・・。
そして長男・・・。今どうしているんだろう・・・。
かわいそうだよね・・・。

64 :名無しの心子知らず:04/08/09 06:10 ID:0E4Z2OYQ
すっごいなぁこれ、映画のことだったのか
こんな事件、いったいどうゆう映画になってるんだろう、、、
そしてその当事者たちはこの映画を見てどう思うのかな。。。

はーひどい事件っていっぱいあるなー、、、

65 :名無しの心子知らず:04/08/09 22:16 ID:AXK1P5JT
こないだテレビで監督のインタビュー見たけど、
「子供達」の目線で見た作りになってるらしいョ
映画は。
「親」と言う束縛のない子供達だけの閉ざされた
世界を描いてるんだって。
だから、事件はあくまで「モチーフ」であって、映
画とは異なるらしいョ。

66 :名無しの心子知らず:04/08/10 02:13 ID:CJzrCGE4
詭弁だね
コンクリートの監督も同じような言い訳してた>モチーフ

とりあえず俺は見る気おきないから見ないことにするよ
でも、見に行った人がいて、本当に面白かったら報告聞きたい

67 :名無しの心子知らず:04/08/10 15:23 ID:Yg9Jkqnb
コンクリート事件も映画になってたの??!

68 :名無しの心子知らず:04/08/10 15:50 ID:+1rTCMyx
ゆずの可愛い方が出演してたんだっけ。

69 :名無しの心子知らず:04/08/10 16:16 ID:WxKpRMN6
長男出産する時、保険証使わなかったのかな?
婚姻届を出してないって気づかないのは仕方ないにしても、
長男が小学校に入るまで出生届すら出してないのに気がつかないなんて・・・
予防接種とか、何ヶ月検診とかな〜んの知識もなかったのかな?
保育園も幼稚園も考えなかったのかな。

>ほぼ同時期、長男は小学校へあがる年であった。
が、いつまでたっても就学通知がこない。おかしいな、と思いつつ母親が手をこまねいているうちに入学時期は過ぎてしまった。
ようやく母親が重い腰をあげて役場へいってみると、そこでやっと事実があきらかになり、彼女は愕然とする。
自分はまだ未婚なばかりか、家にいる子供は戸籍のない「幽霊児」なのであった。
本来なら彼女はここで福祉事務所なり児童相談所なり、どこかの窓口を訪れるべきであったろう。
しかし彼女の念頭にそんなことは思い浮かばなかったし、アドバイスしてくれる人もなかった。
彼女は以後、すべてを嘘で固めて生きていくことになる。

ていうか、役所へ行ったならその時何とかしろって。

70 :名無しの心子知らず:04/08/10 16:24 ID:Sh7hg+7q
>>68

そーなんだ。何の役で出てたの?

71 :名無しの心子知らず:04/08/10 16:59 ID:xogf5qk8
>>68
それはAV。

72 :名無しの心子知らず:04/08/10 18:14 ID:JmInp2nf
プレミア日本版に是枝監督のインタビューが載ってて
−事件が解明されていく中で一連の事実を知ってどのような
 衝撃を受けましたか?

マスコミ報道は今も昔も変わらないと思うけど
「鬼の母親」など嫌悪感を伴うところで止まっていた。
そこで終わってしまうことに対して不満や批判が自分のなかにあったんだけど、
長女が保護された先で「お兄ちゃんは悪くない、優しかった」と長男をかばう発言をし
それが新聞の小さな見出しで載った。
これを見てすごくショックを受けたんです。


73 :名無しの心子知らず:04/08/10 18:14 ID:+e08Srje
見てきました。
見てないけど、コンクリートの映画の評を見る限り「誰も知らない」とは
明らかにとは質が異なる。
私は結構淡々と見ていて泣かなかったけど、あとからじんわりと切なさが
こみあげてきた。
少なくとも、狙っているようなお涙頂戴感動ものといえる映画ではない。
育児をしてるような人は泣くかもしれないけど、本当にいい映画だった。
たぶん母親に怒りを覚える人もいるだろう。
でもこの映画はそれだけじゃない。

映画を見た後に、パンフレットを買って事件の顛末や監督の事件に対する
見解やこの映画のスタンスを読んだけど、納得できるものだったよ。
詭弁とは思わなかった。

74 :名無しの心子知らず:04/08/10 18:25 ID:+e08Srje
73の「見てないけど」はコンクリートの映画の方のことです。

72のことはパンフレットにもコメントで載ってました。
以下パンフレットの記事一部ネタバレ(映画のネタバレではない)
の可能性ありなので見たくない人は見ないで。




この事件での長男は、72にあるように、妹からは「お兄ちゃんは優し
かった」と言われていること。死んだ妹を埋めた場所にも何度も足を
運んでいたとのこと。事件後に会った母親の前では、こんなことに
なった自分の至らなさに責任を感じて涙をこぼしていたとこと。
当時の監督は、記事を見て、この長男を抱きしめてあげたくなった
ということです。

「母親が悪い」だけでは断ぜられないような何かを感じて、その部分を
膨らませた映画を作りたかったんだと思います。
私は、映画も、そういう監督の思いがあふれているように感じました。


75 :名無しの心子知らず:04/08/10 22:32 ID:8Rm43ySr
何かの事件で、子供が置き去りにされてて
姉(兄)が下の子のオシメを不器用にはかせてて
鍋にはジャガイモを煮た物が残ってて、二人は餓死した遺体で発見・・ってあったよね。
あれ2CHで知った時はマジで泣いた。

76 :名無しの心子知らず:04/08/10 22:46 ID:34Mhb8II
映画のパンフにある事件の説明と微妙に違う。>>1

77 :名無しの心子知らず:04/08/11 00:03 ID:fQH+WjHG
あらすじを読んだだけで胸が締め付けられました。
泣きそうとかそういう感情ではなく
本当に胸が痛いです。
実際にかわいそうな目にあった子どもたちには申し訳ないけど
私には見れません、この映画。息が苦しい。

78 :名無しの心子知らず:04/08/11 00:15 ID:H6uDmgcZ
>>75タソの話で泣いた・・・

79 :名無しの心子知らず:04/08/11 00:26 ID:PvuY95/u
>>75
家庭板で見た

親は蒸発したのか、病死で家の中に死んだままだってのか忘れたけど
結局子供は餓死
上の子は確か小学校へも行ってない年齢で
部屋には鍵がかかっていた。
子供の身長では届かない位置に鍵はついていたんだそうだ。
警察が部屋に入ったときに、煮て食べようとしたのか
ガス台には水の入った鍋の中にジャガイモが入ってたって
今みたいに、スイッチタイプのじゃないだろうから
ガスをつけることもできなかったのか
それとも、ガス台に乗せとけば煮えると思っていたのか…

80 :名無しの心子知らず:04/08/11 00:32 ID:3mcWoYEp
今日観てきたよ。
「面白い映画」ではないけど、「良い映画」ではあるね。
とにかくあれだけ自然な空間を撮れたのが凄い。
本当に、日本のどっかにああいう家族がいて、隠しカメラか何かで撮影してるかのような。
子供たちの、ほとんど素としか思えない表情や言葉もいい。
無意味な動き、些細なことで喧嘩とか。
それでいて構成は破綻してないもんなあ。
泣きはしなかったけど、悪口を言う気にはなれない映画でした。

関係無いけど、今日の初回、井筒と蛭子が観に来てた。
あとでテレビで感想を言うのだろうけど、何て言うのか期待。

81 :77:04/08/11 00:34 ID:fQH+WjHG
>>75
。・゚・(ノД`)・゚・。
あー、こういう話暫く頭から離れないんだよぅ
可哀想だーーー!!!
天国ではおなかいっぱい食べてくれ…

82 :名無しの心子知らず:04/08/11 01:03 ID:ogUYJwaI
私もあらすじ読んで、辛くなって、見に行くのをためらっていた。

駄目な人には駄目かもしれないけど。
もし人に「見に行って大丈夫かな?」と尋ねられたら、ぜひ見る
ことをおすすめすると思う。個人的にはいい映画だった。

意を決して見に行って、よかった。ほんとに

83 :名無しの心子知らず:04/08/11 01:08 ID:/effPAc/
>>81って消防?

84 :名無しの心子知らず:04/08/11 01:39 ID:Yg+SPdsn
>>75>>79
ううう…
似たような年齢の兄妹がいるから、もし私が突然死したら、と考えてしまう。
オムツの話とか、たまらないよ…

>>83
なぜ?

85 :名無しの心子知らず:04/08/11 02:14 ID:/krtuSad
今、フジで特集してるね。

86 :名無しの心子知らず:04/08/11 02:31 ID:TWyx6/t7
車の中に子供を放置してパチンコしてて
灼熱地獄の中で子供が亡くなって、
しぬとは思わなかったって親とかは、
たまたまその時ってことじゃなくて、
普段から子供を家の中に放置して
自分中心で生活することができる「感覚」の人間なんだよね。

全身火傷や火事で亡くなった子供の中には、
普段虐待されていて、しにそうになって親は捕まりたくないから
全身の傷やアザを証拠隠滅するために火傷や火事を仕組んだ
って事が本当はあるにきまってる。シャワーで火傷なんてありえないし。

スレ違いすみません、何が言いたいのか自分でもわからないんだけど
この映画の母親は今生きていて野放状態なら、
虐待で子供しなせた親達と一緒に捕まえて無期懲役にしてほしい。

87 :名無しの心子知らず:04/08/11 03:14 ID:UecyaOay
今の日本は少子化少子化と騒いでいるけど、本当に子供が欲しくて欲しくて
何度も何度も不妊治療しても子供が授からない人が居て、
逆に、望まれた子ではないという理由から幼くして命を奪われてしまった子供達。。。

何かこういう事件を知れば知るほどやりきれない思いでいっぱいになる。
何でこんなにも簡単に人の命が奪えるんだろうか?
子供の命を奪う前に、子供の心の底からの叫びが聞こえないのだろうか?

何かの事件で、母親に虐待を受けていた子供が『お母さんは悪くない』と
必死で庇っていた姿があって、それを見てすごく胸が苦しくなった。

子供は無防備に、何の損得も抜きにして親を信用しているのだから
親も無償の愛で子供を包んであげて欲しい。
自分が望まれない人間だったなんて、思う子供がいたら
それはすごく悲しいことだから。
スレ長くなってごめんなさい。

88 :名無しの心子知らず:04/08/11 03:50 ID:trBzj2S8
>>87
なんで、子供って、しょうもない親でも、好きなんだろうね…
切ないよ。
親に対して無関心になれたら、楽だろうにね

89 :名無しの心子知らず:04/08/11 03:53 ID:J5PuErKm
>>85
いまのフジテレビの兄ちゃん偉いな逃げるかと思ってたら
血のつながってない長男もあんな風にあやして

90 :名無しの心子知らず:04/08/11 06:57 ID:nRFw4s74
>A・B(とくにB)の関与が大きいことがわかり、長男には同情する余地が大きいとして、
>A・Bふたりは救護院送致(のちにBのみ保護観察で済んだ。この差は裁判官の認識の差とみられる)、

殺した方が無罪になるのって、山形のマット事件を思い出す。
あの時も主犯のほうが刑が軽くて(無罪?)、その場にいたこの方が救護院に送致されたような・・・
(年齢で少年院と救護院に分かれたため、裁判官の判決に大きな差があった)

91 :名無しの心子知らず:04/08/11 07:10 ID:GwveHqyb
やっぱりお金なのかなぁ…。

92 :名無しの心子知らず:04/08/11 07:25 ID:Sc3IF+tR
この映画タイトルしか知らなかったけど、あの事件の事だったんだな。
もうこんなに昔になるのか…
当時ニュースや新聞で見て、子供だけで生活してたとか長男が学校にすら行けてなかったとか押し入れから小さい子落として遊んだとか、
いろいろ衝撃的だったんで憶えてる。
保護された子供たちが、「お兄ちゃんはご飯を食べさせてくれたからお母さんより好き」って言ったり、
出されたカレーライスを「おいしい」と喜んでおかわりしたとかって記事が印象に残ってたよ。

93 :名無しの心子知らず:04/08/11 10:56 ID:D7ysYqR5
age

94 :名無しの心子知らず:04/08/11 11:37 ID:XCb9q3v6
>89
でも、結婚式での妻のはしゃぎっぷりに反して、
旦那が、非常につまらない顔をしていたのが気になる。
この先、どうなるか分からないね。

それにしても、人間って懲りない生き物なんだね。
あんな妊娠をして、助けてもらってやっと生活しているのに、
同じ危険性がある事をしてしまうんだから。

「育児能力の無いやつがセックスしたけりゃ避妊しろ」って
誰も言えないのかな?
やっぱ若年者のデキ婚は絶対容認できない。

95 :名無しの心子知らず:04/08/11 15:35 ID:u353X/Ue
うんうん。結果的にちゃんと育てている若年夫婦は偉いなぁ!って思うよ。でもそれと、「誰でも、なんとかなるんだから、産んじゃえ」ってなるのは違うよね…。

若くなくても育てられない人もいるけれど、少なくても、見切り発車の理由が、
「若さで乗り切れるハズ」
が無い分だけは少ないはず。

泣くの臭いの当たり前ってゆうあたりに、リアリティなくて、キティちゃんの延長みたいに思って産んでるのかな…。


96 :名無しの心子知らず:04/08/11 16:38 ID:03eGJ3av
だけど最初に
婚姻届だしたよー出生届出したよー
ってウソ付いて結局逃げた男は今頃
まさに何も知らないで思い出しもせず
新しい妻子と
幸せに暮らしてそうだね...

97 :名無しの心子知らず:04/08/11 17:29 ID:hhI5ig+X
>>96
だね・・・・。

98 :名無しの心子知らず:04/08/11 21:24 ID:of759nLh
>>70
コンクリート事件をAVにしたのに出演してたので、尚の事悪質。

99 :名無しの心子知らず:04/08/12 01:32 ID:EGEOkO8J
>>94
でも結婚式で喜ぶのって基本的にお嫁さんの方で
旦那なんてそんなもんでない?
私は実際の映像を見てないのでどれだけつまらん顔だか判らんけど

うちの旦那もイベント毎に仏頂面晒してくれますが(照れもあるんだろうけど)
愛妻家ですよ

100 :名無しの心子知らず:04/08/12 16:56 ID:Ap8zsvQb
うちの旦那は式で泣いてた。
私が参加した式はだいたいこのパターンが多いなあ。
女は、式の準備が激しかった分なのか、(女が式準備を仕切るケースが多いので)無事終わらせることに集中してるように見える。
私の周り限定話。

101 :名無しの心子知らず:04/08/12 21:49 ID:zr3DgGyg
age

102 :名無しの心子知らず:04/08/14 02:14 ID:hmlunIIF
虎ノ門アゲ

103 :名無しの心子知らず:04/08/14 02:36 ID:hmlunIIF
虎ノ門

ヱビス「もっと母親に対しての怒りを出して欲しかった」
井筒「YOUは(本人が優しい子なので)適役に感じない。木村(タクシー運転手)最高」

他は
「母親役は、若い時の泉ピン子が、肉薄した演技に期待できそう」
「女子高生は余計だった、ドキュメンタリー風にするならば、徹底的にするべきだった。変にメルヘン仕立てなのが良くない」

こんな感じでした。ピン子が肉薄って、何かした人なの?

104 :名無しの心子知らず:04/08/14 03:06 ID:HLSAkjra
自分は小学2年の時に父親が借金を作って離婚。
その後は母子家庭で祖父の援助等もあったが
母親は父親の借金を返しつつ兄弟5人をよく捨てずに育ててくれた。
下町だったからか周りも冷たい目で見たり、同情して特別扱いされたりもなかったので
それも良かったんだと思う。
だから今はまだ一人身だけど絶対に離婚とか子供を捨てたりとかは考えられない。
でも逆に超親バカDQNになる可能性があるかも

105 :名無しの心子知らず:04/08/14 03:15 ID:7EfuX8lu
>>103
さっきTVで見ました。男性二人はボロクソ言ってたね・・。
それで映画見たいかもと思って2chで検索したら実話だったんだ・・切ないな。
蛭子が言ってた「母親に対しての怒り」っていうのはどうかと思った。
子供達は本当に母親の事信じてたからそういう感情は無かったんじゃ?
生きていくので必死でそんな余裕ないとか。映画見てないからわからないけど。


106 :名無しの心子知らず:04/08/14 07:27 ID:zlfEmRso
このスレを見てて思い出した。

小学校の頃、いつも近所の幼なじみ4人組で林の中に秘密基地とか作って遊んでたんだが、
3年か4年の時、知らない男の子が基地に出入りするようになってた。いつも同じ服を着てて、
自転車も持ってなくて、みんなが持ってくるお菓子をガツガツ食べてる子だった。
まぁ子供の頃だし、仲良くなって5人で楽しく遊んでた記憶がある。
基地の改造とかスッゴク上手くて、俺らは『親方』って呼んでた。
でも学校で親方を見かける事はなくて、基地や川でしか会う事はなかった。
ちょうど、俺らの住んでる所が学区の境目で4人組の内、俺を含めて3人はT小、1人はM小だったから、M小へ行ってるもんだと思ってた。
親方の姿がパッタリと消えたのは、5年生に上がる頃だったと思う。基地にも川にも来なかった。
気になって、そのM小に行ってる奴に聞いたら「え?親方、T小じゃないの?」と聞き返された。


てっきり、ざしきわらし だとオモッテタyp。 
『幽霊児』って可能性もあるのね。親方。スマンカッタ。_| ̄|○
トニカク元気デイテクレ。

107 :名無しの心子知らず:04/08/14 08:31 ID:ljijfd4n
事情があって 短期間祖父母に預けられただけかも。

108 :名無しの心子知らず:04/08/14 09:11 ID:43cn9rE7
>>105
監督の視点に対してじゃないでしょうか>母親への怒り発言

個人的には子どものころこの事件があった時、
あまりにも強い衝撃を感じて呆然とした記憶があるので、
なんというか映画のイメージと全然繋がらないなあ。


109 :名無しの心子知らず:04/08/14 17:53 ID:GwtwFujd

映画作品板でのこの映画のスレでは、虎の門の二人の意見は
的はずれなものという人が多数です。
それは実際に映画を見れば(できればパンフも読めば)わか
る人にはわかるはず。

110 :名無しの心子知らず:04/08/15 14:43 ID:z/9xhYxU
自宅で出産を何回も繰り返したって事は
よっぽど妊娠しやすくてお産も軽かったのかな…

111 :名無しの心子知らず:04/08/15 15:19 ID:c2MloIBS
↑えげつな〜い表現だけど、
超ヤリマンだったんでしょ。
面倒だから多分避妊も無し。
責任とれてないくせにね。
お産も軽いんだと思う。

112 :名無しの心子知らず:04/08/15 15:26 ID:XbQhge1L
だいたい入籍や出生届を全て男任せにして
何年もたってやっと自分で役所に行くなんて
依存にもほどがある母親だね

113 :名無しの心子知らず:04/08/15 16:04 ID:z/9xhYxU
こないだ何かの番組で、
二十歳の女がナンパされるためにナンパスポットに行き
何かで警察に取り締まり受けてて
車の中見たらチャイルドシートがあって
子供は両親に預けてきたという…
結局は無免許で捕まってたけど…
こんな女がまた避妊もせづに妊娠して
両親まかせにして、またさらに妊娠するんだろうな
この場合、依存できる両親がいるから
子供にとってはこんな頭の中ヤル事ばかり考えてる
ヤリマン母でもまだ救いがあるのかな
ふとこのスレ思い出したよ…

114 :113:04/08/15 16:21 ID:z/9xhYxU
あとすごい子沢山で母親が家出して帰ってこなくて
長女が可愛くてしっかりしてる子で
結局番組で母親と子供達を合わせる事になって
母親はモザイクかかってたけど
すごい若作りしてお水っぽくなって変わり果てたたような感じだった

上の子供達が会えて泣いてるのにあっさりしてる感じだった
子供達のプリクラを財布に貼って忘れてないみたいなこと言ってたけど
なんか違和感あって不自然だった
この人も、つわり軽くて超安産で避妊にだらしなく、
そしてすっごい人の何倍の性欲のヤリマンなんだろうな
また子供産んでそうだし

115 :名無しの心子知らず:04/08/15 21:33 ID:yye/LSUU
>>114
そういう子って避妊もしないのに妊娠しても
ヤベー運悪いくらいにしか思わないのよね。
実際子育てをしてるわけじゃないから
ハラボテ期間が嫌だ、くらいで。
オトコとセックルするだけしか「他人からの愛情」を
感じる(勘違いできる)術がないのかも。



116 :名無しの心子知らず:04/08/15 23:04 ID:sJUpeuMB
去年かおととしくらいに、中国人の子供が誘拐された事件があったよネ?
なにやら親の金銭トラブルの腹いせだかで誘拐されたとか。
確かその誘拐された子供も出生届もない状態の幽霊児だった記憶があるんだけど、
実はそう言う幽霊児って結構居たりするのかな?なんて思った。

117 :名無しの心子知らず:04/08/16 01:27 ID:mbFOsOMy
境界性人格障害女は全員処刑汁。











半分くらいの女がいなくなりそうな罠。

118 :名無しの心子知らず:04/08/16 01:59 ID:0Ikp5d4K
そういえば、この映画の監督がテレビで言ってたんだけど
「最近、子供が家庭で虐待死する事件をよく耳にするので
この映画をきっかけに、よその子供に目がいくようになれば・・」
って言ってたよ。

119 :名無しの心子知らず:04/08/16 02:05 ID:gAnjOeq1
おーい。>>1さーん!
何で1-5のソース出さないの?
ちゅーか、これ個人運営のHPで世界のこーいう事件を扱ってるとこのだよね。
HP管理人本人ならいいけど、他人のふんどしだったら感じ悪いぜ。

120 :名無しの心子知らず:04/08/16 02:19 ID:mx0N0Jel
>>119

>>34

121 :名無しの心子知らず:04/08/16 02:19 ID:mx0N0Jel
間違い

>>119

>>31


122 :名無しの心子知らず:04/08/16 02:35 ID:mbFOsOMy
>>119
まあ、>>1は女だからな。

123 :名無しの心子知らず:04/08/16 02:57 ID:ZP3teY/J
そう言えば子供だけ5人くらいを家に置き去りにして
(まだ一番上に子でも5歳くらいだったから一番下は0歳児だったと思う)
母親が「買い物」に8時間くらい出かけてて
家が火事になって子供全員死んだ事件があったよね
8時間も買い物ってあんた何買ってんの?
ウチも一歳半児がいるけどほんの数十分も留守にはできないよ


124 :名無しの心子知らず:04/08/16 03:10 ID:TZCTfJAT
>>119の意味がわからん

125 :名無しの心子知らず:04/08/16 03:13 ID:mbFOsOMy
バカ女にはわからん鴨な

126 :名無しの心子知らず:04/08/16 03:45 ID:E5p6FWrv
>>123
これのことかな。
http://www.nbn.co.jp/LanDB/jsp/NewsH0200/NewsH0200.jsp?id=9555

1,2,3,4歳の4人の年子だね。こんな子供だけで留守番なんて無理だって。
出火元は、そのへんに放置してたライター。火遊びしちゃったらしい。
玄関に外から鍵かけちゃって、出られないようにしてたんだよね…
普通の母親なら気が狂うような痛ましい事件だけど、
この母親は今なにしてるんだろ。

127 :名無しの心子知らず:04/08/16 03:49 ID:TZCTfJAT
まったくわからん。
じゃ>>125説明してよ

128 :名無しの心子知らず:04/08/16 04:11 ID:z2xMKQ/k
>>123
育児放棄したかったんじゃないかな?
8時間の買い物は異常。

129 :名無しの心子知らず:04/08/16 08:28 ID:f4sxVbYR
てか、4・3・2・1才の子どもがいるという時点ですでにDQ

130 :名無しの心子知らず:04/08/16 09:18 ID:ZP3teY/J
>>126
そうそうその事件です。一歳児ってまだオムツしてるだろうし
四歳の長男がオムツ替えたりご飯食べさせたりしてたのかな?
って凄く疑問に思ってた事件です。母親はしょっちゅう留守だったらしいし
新聞で母親が救急隊員に取り縋って「子供を助けてください!」って
号泣してたというのを読んだけど そんなに大事なら子供たちだけで留守番
なんかさせるなよ!って怒りが込み上げた。
『誰も知らない』のスレなのに全然違う話題でごめんなさい・・・
ただ一歩間違えば『誰も知らない』の実話の子供たちも
不幸な事故で全員亡くなってたかもしれないなって思ったので

131 :名無しの心子知らず:04/08/16 09:30 ID:OSRP41VM
>>103
虎の門を見忘れてたからありがたい。
私は見ないことにした、映画板では好評のようだけど。

>「女子高生は余計だった、ドキュメンタリー風にするならば、徹底的にするべきだった。
>変にメルヘン仕立てなのが良くない」
この意見に同意。賞を撮った後にテレビ番組に出てたけど監督の発言に幻滅した。
「子供達だけの濃密な時間があった事を描写したかった。」みたいな発言。
そんなの母親が捨てられたと気づいた時点で役所にでも相談してれば
比較にならない程、濃密な時間が過ごせただろうが!って思った。
その後、元になった事件をこのスレで詳しく知って猛烈に幻滅。
下の兄弟の年齢を変えたのも、主人公とまだまともに会話させて
話を膨らませるやすくするためとか美しい少年、少女が虐待に耐える姿を
美しく映像にしたかっただけだろうと勘ぐってしまった。
AV女優を使って実際起きた事件の映画化とは別のベクトルの不快さを感じてしまう。

ヱビスさんと映画について初めて意見があったことはうれしい驚きだ!(私は未見だが)
ヱビス伝説のスレを読んですごい人だと認識してたからw。


132 :名無しの心子知らず:04/08/16 09:33 ID:V28TFkoY
>>124
>>125じゃありませんが……。

>>1がコピペしてるのって、>>126にあるとおり、こういう事件のレポート
を扱ってるサイトからのまるまる引用なんですよ。
もうわかってると思うけど。
サイト名どころかURLすら書いてないので引用ではなく著作権侵害ですが。
著作権侵害は犯罪なので、感じ悪いどころの問題じゃないですけどね。
まあ、上のほうでも指摘されて1はソース出してたと思ったけど。

133 :名無しの心子知らず:04/08/16 09:38 ID:V28TFkoY
>>131
そこまで言うなら観るべき。
映画を見た恵比寿と映画を見てない自分の意見があってたからって、
なにがそんなにうれしいのかわからんけど。
モチーフにしただけでノンフィクションじゃないし、それは映画でも最初に
ことわってる。


134 :名無しの心子知らず:04/08/16 10:18 ID:mbFOsOMy
>>131
観てないくせに言ってんのかよ。最低だな。

135 :名無しの心子知らず:04/08/16 10:23 ID:mbFOsOMy
本当にわからないのか。
女ってバカだな…信じられないくらいバカだ…。

136 :名無しの心子知らず:04/08/16 10:25 ID:mbFOsOMy
甘やかされて育って脳味噌腐ってんの?
>>1も女みたいだしさ…どうしようもないな。

137 :名無しの心子知らず:04/08/16 10:53 ID:e6Y8spt0
で、mbFOsOMyはもう寝たの?

138 :名無しの心子知らず:04/08/16 13:04 ID:5YzS4VgQ
>>132
だからURLはこれでしょ?>>31


139 :名無しの心子知らず:04/08/16 15:38 ID:1LOvMemt
やたら噛みついてるやつってお盆にヨメと子にこきつかわれたオヤジ?
巣鴨事件の男はうまいことやり逃げできたのにオレときたら…って(w
女バカバカしか言えないボキャブラリーのないオサーンは明日からの仕事に備えて昼寝でもしなさい(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ

140 :名無しの心子知らず:04/08/16 19:03 ID:1ySDRuZE
>>139 って厨房か?

スルーできないのかよ。恥ずかしいな〜

141 :名無しの心子知らず:04/08/16 19:10 ID:YAx00snO
>>138
ソースなんだけど。

その時、殺しの手が動く―引き寄せた災、必然の9事件 新潮文庫

ここから書き写してない?

142 :名無しの心子知らず:04/08/16 22:35 ID:3KapmwRh
>>141
ぐぐったら出てきたこのURLから引用しましたってなってるじゃん。
しつこい人だね。

143 :1972:04/08/17 01:57 ID:9zaYytFN
俺はこの事を強烈に覚えている。長男と同い年だったから
当時、ワイドショー母親へのバッシングが凄くて
長男が、次女を死なせてしまった事を涙ながら後悔しているなんて報道は
知らなかった、この事件の数ヶ前に、ヤングサンデーで連載していた
T.V.Oと言うお御茶付海苔というホラー作家が似たような設定
で、連載していたので、この事件を聞いた時、ゾッとした。(漫画では実際よりもっと、えぐかったが、
カップラーメンが散乱していて、長男の友人が入り浸っていてゲームに夢中、シチュエーションは事件を見ていたかのように
そっくりで、鳥肌が立ったのを覚えています。
ちなみに、長男と俺は同い年で、自分だったらこんな状況になったら
何が出来ただろうと当時考えてみたが、とても、下の子を面倒見切れないと思った。
ワイドショーでこの事件を取り上げていた時、ゲームセンターで知り合いだった
友人のインタビューで、学校に行ってないみたいだけど、それは知っていた?
と言う質問に、学校に言っていないというのは知っていた?
立教中学に通っていると言っていたけど、学生証見せてよと言ったら今日は持っていない
とはぐらかされたし、実際に学校に通っていないのは分かっていたとインタビューに答えていた
ちなみに、俺は、キムタクと同じ年で、キムタクはどう感じたのだろうか





144 :名無しの心子知らず:04/08/17 04:44 ID:MgeMVsy4
>>139
残念俺は嫁も子供もいない21の学生だ。
妄想膨らましてんじゃねーぞカス。

145 :名無しの心子知らず:04/08/17 15:25 ID:+uYwL9Y8
夏厨はカエレ!(・∀・)

146 :名無しの心子知らず:04/08/17 20:00 ID:vBWVRNDu
>>144
えーっとここ育児板なんですけど…
>残念俺は嫁も子供もいない21の学生だ。
ごめん。正直この板でこんなこと力説されても気持ち悪い

147 :名無しの心子知らず:04/08/17 20:47 ID:+mpTAjjl
俺の彼女、バツ1で小学生の子供が3人いるんだけどYOUに話し方や雰囲気が似てるので微妙にはまった。
いつも子供が寝静まってからデートをしているんだが今度から朝帰りをさせないで早めに帰そうと思ったよ・・・

148 :名無しの心子知らず:04/08/17 22:50 ID:MgeMVsy4
>>146
育児板なのか、初めて知ったw
映画板からとばされてきたからなw

149 :名無しの心子知らず:04/08/17 23:42 ID:PWtB13Gw
>>148
行き先ぐらい確認してから書き込んでねw

150 :名無しの心子知らず:04/08/18 00:22 ID:mw8Pn8Gq
>>114 それ見た。あのお母さん、手首に包帯グルグルになってて、精神的に不安定っぽかった。
産んじゃう女もアレだけど、生でやっちゃう男も同罪。夫婦なら、なおさら。
「こいつに、今以上の子育ては無理」みたいに考えつかないんだろうか‥。

151 :名無しの心子知らず:04/08/18 02:31 ID:Ji/wR2m4
>131
蛭子伝説ってコレ?
http://cocoa.2ch.net/tv/kako/977/977234704.html
明らかにすごいというか、その・・すごいんだが、そうじゃないというか・・

こういう人が「母親への怒り」っていう言葉使うんだなぁとか思ったんだが
ここじゃなかったらスレ教えて欲しい

152 :名無しの心子知らず:04/08/19 02:42 ID:oRyAF7/q
女は不妊
男は去勢
法律で強制的にさせれられればいいのに



153 :名無しの心子知らず:04/08/19 15:50 ID:ui7DPz5u
映画見ました。
それから>>1の記事を読ませてもらった。
なるほど映画の方が残酷な部分が無くなっている。
まあ集団殺人と事故のすり替えに納得できない人もいるだろうが
ほぼ忠実に登場人物を描いてたと思う。
この映画を元に育児板で語るべきことは
子供だけの思考能力で行動するとこれだけの悲劇が起きる。
仮に親と一緒に生活していたとしてもそれが防げる保証は無い。
そこで親は何をすべきなのかということだろう。
子供達が可哀想。
何てバカな親だ。
という当たり前の感想の裏には
自分自身に似たような欠点を発見させるヒントがあるように思う。

154 :名無しの心子知らず:04/08/21 06:03 ID:qCA9/e/s
漏れ、二十歳ぐらいの時に車で千葉から鹿児島まで行ったんだが
途中に寄った健康センターで平日昼間っからゲームコーナーで遊んでる子供が3人居たんだよ

俺と友達も2日ぐらい居て、ゲームコーナーで遊んでたから仲良くなったのね

そんで平日昼間だったから「学校は?」って聞いたのよ
そしたらその子達が言うには
「二年ぐらい行ってない」
「一番上の子は11歳で一番下が8歳」
って言っててさ…

何ともいたたまれなかったよ…

「お母さんは?」って聞いたら
「あそこでメダルゲームやってる」ってさ…

置き去りじゃ無いけどさぁ…

あれから五年経つけど…
それらしいニュースも無いし元気にやってるんだろうか…

155 :名無しの心子知らず:04/08/21 22:23 ID:/d/HKnhC
私は17、8くらいん時に置き去りにされたな。
正確には、母親が宗教にはまってそれ関係で「行きたい」つーから、
暴力ふるうヒステリー女なんかいない方がマシと思って内心は
大喜びで「行ってきな」って送り出した。
父親は離婚してっからいなかったしな。

下の兄弟はまだ学生で、私は働いてて、私の給料でしばらく食わせてた。
そのうち見かねた父が(離婚してても家が近かったので)うちにきて一緒に
暮らすようになった。

だが、たびたび母が戻ってきては1、2週間も「寝泊り」していくため、父は
家にこなくなった。
私は仕事が終わって急いでスーパーに駆け込み買い物して、帰って9時に
夕飯作ってた。子供達がお腹へってないか、その事が何時も気になってたよ。
仕事が長引いたりしたらもう気が気じゃなくってね。
月の小遣いも私の給料からあげていた。

短期間ではあったけど(たしか半年ほど)子供達の事だけが何時も心配だった。
弟の遠足の日は弁当作ったりしたな。
運動会の時は、妹が作ってくれた。
十分な事はしてやれなかったけど、兄弟みんな(姉以外)が思い遣って暮らしてた。

今私は鬱病で治療中。両親から仕送りしてもらって生活してる。
若い時に苦労した分のツケが回ってきたんだなと思ってるよ。

156 :名無しの心子知らず:04/08/21 23:45 ID:NximHXiQ
>155 
兄弟達はどうなりました?あんたよくやったよ

157 :名無しの心子知らず:04/08/22 07:30 ID:iDg2MScd
友人が今まさに子供を置き去り(実家に)にしようとしているのですが・・。
旦那とは離婚済み。子を一人で育てるのは無理だからって。
小6♂と小2♀です。
いくらジジババがいても心の傷になるのでしょうか?

158 :名無しの心子知らず:04/08/22 10:22 ID:KiqUHmW0
むしろならないと思える理由を聞きたい

159 :名無しの心子知らず:04/08/22 10:45 ID:iDg2MScd
157です。
本人曰く「私はストレスで子供に当たってしまう。都会(札幌です)は環境も悪いし
子供のためにも田舎のジジババのもとで育つほうがいいの」だそうです。
おまけに子供に「おとうさんもおかあさんもいなくても大丈夫だよね」と聞いたところ了承したとか。
なんとかして止めたいよ。
自分も子供のときに親の都合でつらい思いしたから放っておけない。。


160 :名無しの心子知らず:04/08/22 12:24 ID:rxXwTwNi
一人で子供を育てるのが無理ってんなら、その御友人も
一緒に実家で暮らせないもんかね?
都会に居たいとか、男と居たいとかだったら、
心の傷になってもそんな母親は居なくて良いんじゃない?
親が居れば良いってもんじゃないんだし。

無理に一緒に生活してて、いつか虐待死なんてなったら
それこそ悲惨。
子供は親が愛しむのが一番だけど、それが無理だったら
祖父母や他の誰かが大事にしてくれるのを祈るしかないのでは。
悲しいけどさ。

161 :名無しの心子知らず:04/08/22 12:35 ID:mbGuO6rl
>159 
「おとうさんもおかあさんもいなくても大丈夫だよね」

こういう聞き方は卑怯だろ。
親を束縛しちゃいけない、とか思う優しい子ほど、「うん」としか答えられない。
自分も昔これ聞かれたけど、とってもわがままな子だったので
「絶対ヤダ!」と答えましたw

その親ってのがどうしょもなくて、祖父母がとてもいい人だったら
救われるんだけど・・・

162 :名無しの心子知らず:04/08/22 18:46 ID:iDg2MScd
157です
友人と子供の関係は良好に見えました。
親子仲が良くて羨ましいと感じていたほどです。
仕事も家事もきちっとこなす人なので、疲れが溜まっているのでしょうか。
ちなみに男性とつきあい始めたわけではないようです。
なんとか考え直して欲しい。
私をバンバン頼ってくれてもいいから。

>161
泣けてきますね。。その通りだと思います。
本当に良い子たちなので。



163 :名無しの心子知らず:04/08/22 19:57 ID:9WbU++Jl
155です。

弟は今父と二人で暮らしています。もうすぐ受験。勉強頑張れ。(w
妹はフリーターになった。私が鬱になった時にとても苦労させてしまった
ので、今はちょっと疎遠になってる。
病気とはいえ、妹に心労をかけた事、今でも悔やんでいるけど言い出せない。

姉は一人で好き勝手やってる。昔から自分の事しか興味ない人だった。
母は一人で暮らして働いてる。週末には子供を呼び寄せてるけど、
ほとんど強制&金でつってるって感じだな。あとなんか洗脳っぽい。

それでもやっぱり弟は母の元へ行く。一番愛情を受けられなかったんだから
当たり前だよな。あの子が結婚して幸せな家庭を早くもてるようにと思う。
偽りの愛情なんかで終わらずに、人生の中で本物の愛を知ってくれ。

164 :名無しの心子知らず:04/08/22 22:58 ID:wTyZ3tsA
映画『誰も知らない』を今日、観に行ってきました。
スレの前の方でどなたかが書いていらっしゃったように、文字通り「胸が痛む」作品でした。
誰からも守られずに、それでも命の限り生活しなければならない子ども達の生きざまを、目を逸らせないように「これでもか」と目の前に突きつけられた感じ。

胸が痛むけれど、でも、是非とも多くの大人の方に観てほしいと思います。
実話をネタにして儲けようとか、幼い可愛い子どもたちがこんな酷い目に遭うんですよ〜悲しいでしょう残酷でしょう〜と訴えようなんて意図は全く感じられませんでした。
逆に、当たり前すぎて今まであまり気にかけることのなかった「生きる力と生きる権利を持った確固たる存在としての子ども達」を強く意識させてくれる作品だったと思います。
映画館を出た後、世界中の子ども達の幸せのために私はどれだけの事をできるだろう、と考えたりして…。

あと、地元のお寺に貼ってあった教訓「親はなくとも子は育つが、子がいなくては親は育たない」を思い出したりして…。

165 :名無しの心子知らず:04/08/23 12:56 ID:MJ5Bl4OP
>>155
なんか読んでて、自分のことかと思ったよ。

映画も自分達兄弟の置かれていた立場と
おんなじだと感慨深く観ました。

私は、結婚してジコチュー母親から離れて
ホッとしたとたん、ウツ症状が出て、つらかったけど
今は、回復してる。

155さん、ゆっくり休んで病気治してね。


166 :名無しの心子知らず:04/08/24 22:07 ID:uH4HGCYa
保守age

167 :名無しの心子知らず:04/08/24 22:33 ID:jyHLUCUS
福祉版にも立てました
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/volunteer/1093316796/l50
よかったら来てください


168 :名無しの心子知らず:04/08/24 22:33 ID:Pvt6+h4a
じゃあ、映画では「長男とそのドキュ友達に妹が暴行されてアボーン」のような内容は
全く出てこないのですね?
それなら見に行こうかなー。

169 :名無しの心子知らず:04/08/25 14:15 ID:Kytm7WO7
さっきTBSのニュースで柳楽くんがなんか賞もらってた。
終わりの方、ちょっとしかみられなかったけど。夕方のニュースでもう一回やらんかな〜

170 :名無しの心子知らず:04/08/25 19:45 ID:O9MwkBJV
DQNな家庭環境にもめげず頑張った香具師。ほんとにひどい父母だったらしい。
マスゴミの美談に騙されるなよ。まぁ、グローバリーも詐欺企業だけど。。。

http://www.sanspo.com/athens2004/athletics/news/0822/at2004082207.html
◆家族 父・稔さん(51)、母・春子さん(53)。姉・友代さん(36)、
兄・尚徳さん(31)、本人・野口みずき(26)、弟・正宏さん(24)

171 :名無しの心子知らず:04/08/25 19:47 ID:O9MwkBJV
>>169
柳楽くんはゆとり教育の広告塔になってます。
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1093399838/260

172 :名無しの心子知らず:04/08/25 23:42 ID:fGKGU9D4
>>168
>じゃあ、映画では「長男とそのドキュ友達に妹が暴行されてアボーン」のような内容は
>全く出てこないのですね?
>それなら見に行こうかなー。

その内容で通常上映は不可能だw
ぜひあの異常な生活を体感してくれ
見た人にそういう感覚を残す特異な作品だよ。

173 :名無しの心子知らず:04/08/26 18:24 ID:DBCeh0DU
とりあえず、観てほしい映画です。

byこれえだ

174 :名無しの心子知らず:04/08/26 18:31 ID:e3jVaDkP
この事件を知ったとき、
V・C・アンドリュースの屋根裏部屋の花たちを連想した。
まぁアレは最期には母親まで・・・だから、
現実の方がまだ救いがあるのかもしれないけど。


175 :名無しの心子知らず:04/08/26 18:37 ID:VwK2NG9C
>>174
あれも映画と原作はだいぶ違うのよ。
やっぱり原作のほうがえげつないけど。


176 :名無しの心子知らず:04/08/26 19:15 ID:e3jVaDkP
>>175
うん、映画観てから原作と続編全部みた。
映画はうまくダークホラーだかゴシックロマンだかってかんじに纏まってたと思う。
本では続きがあると聞いて、続編と他のシリーズを幾つか読んだけど、
どの話も全部えげつなかったw
貧乏とレイプと望まない妊娠、未成年の妊娠、近親相姦、身内による執拗なイジメ。
主人公達は皆貧困にあえぐ恵まれない(けれど物凄い才能アリ)美少女で、
運命に翻弄されるんだけど実は本当はお金持ちの実家親戚あり。
で、貧乏で食べるモノすらない生活から抜け出すと、
一転して感謝の念や食べられる喜びなんかがなくなって、
「安いスーパーの服なんて!ブランド物じゃないなんて!」なんて言っちゃうし。
おまへさんちょっとまえまで、ボロしか服持ってなかったじゃないか…みたいな。
週刊誌ネタと昼メロを凝縮してさらに煮詰まらせたような話ばっかだった。
本は全部うっぱらった。何で読み漁っちゃったんだ当時の私(ウトゥ

177 :名無しの心子知らず:04/08/27 17:28 ID:c/S83e06
現実感のないアホが多いな。もっと悲惨な話なんて山ほどあるのに。
平和ぼけした日本でよかったな。ほんとによw

子供作るってのはそうでないと人というか生物が生き残らなかったから。
子供を育てる選択になったのもその方が当時のほ乳類の祖先が
生き残りやすかったから。愛情感じるのもそういった脳内物質が
分泌されるから。

178 :名無しの心子知らず:04/08/27 19:06 ID:Q+fzL333
置き去りにしちゃったお母さんは、14歳の長男が下の子の面倒を見れると
思っちゃったんだろうね。上の子に頼っちゃうんだよね。チィパパどころか、
ほとんど母親をさせていたんだと思う。自分は仕事あって普段からまかせててて、
違和感も少なくなってしまったんだろう。

179 :名無しの心子知らず:04/08/27 20:28 ID:b/xj4wO1
この映画見たいけど近くでやってない…

180 :名無しの心子知らず:04/08/27 22:49 ID:Z3cpjm+7
>>157
似たような状況で、実家に子供を置き去りに出てきてしまった母親です…
もう離れて暮らして8年になります。今、子供は小学6年生…
今からでも引き取るべきでしょうか
月に一度は会っているけど この映画を見て自分の子供に重ねて見てしまい辛かった

181 :名無しの心子知らず:04/08/27 22:51 ID:ZAZcFNef
>180
馬鹿じゃない?

182 :名無しの心子知らず:04/08/28 00:07 ID:RZu72Uya
後で後悔したって遅いよ。
子供の気持ちわからないの?
あんたの都合で置いて行かれ、引き取られるだと??
どうしても一緒に住みたきゃ子供に土下座して謝れ。
一緒に住まわせてくれと頼め。
これからの一生子供のために生きろ。
それが出来なきゃやめたほうがいい。

183 :名無しの心子知らず:04/08/28 00:34 ID:rrLxDEjD
昨日、この映画見てきますた。
超満員だった。

子供達みんなよかったけど、自分は京子とゆきちゃんが・・・

これから外でキュッキュサンダルの音を聞いたら、泣いてしまいそうだよ(;つД`)

184 :名無しの心子知らず:04/08/29 00:39 ID:K/REiplu
>>180
一時的な感傷に酔って道を誤るなよ。
また飽きて捨てられるだろう子供が可哀想だ。

185 :名無しの心子知らず:04/08/29 12:56 ID:PWYF+Xq3
洋画に邦題つける人ってセンスないよね、
とトンチンカンな事を言ってしまい一回休み。

186 :名無しの心子知らず:04/08/29 17:26 ID:K2x0i3tk
>180
釣り?本当ならそんな今さら一緒に暮らしたほうがいいのか?とか思わないで
必死にお子さんのために貯金してください
自分の服も娯楽も食事も質素にして精一杯努力して
それができないなら無理ですやめてください

187 :名無しの心子知らず:04/08/29 22:10 ID:6gXWD2pM
 この映画が実在した事件て巷を賑わせてたけどこのスレ見て
初めてこの事件のことがわかったよ。
この長男が小学校行く年齢なって出生届出されてないの初めて知ったって
ほんとはその前の時に気付いたんじゃないのかな?まわりにウソ言って
塗り固める知恵があるんだから都合いいように言い替えてたとか・・
赤ん坊の時に散歩とかミルクとかはどうしてたんだろうとか思うね。
次々自宅で出産て・・ひとりで??へその緒とか胎盤はどうしたんだろ・・ 
 でも、うーん・・
この実際に暴行したBって何の罪にもとわれなかったんだねー。
日本の司法の判断てよくわからないね・・裁判官の認識、見解によって
裁判の結果が全て決まってしまう・・本当は殺人者なのに罪を逃れて
冤罪として無罪になって数年で事実が明らかになった例もあるし。
軽い懲役ですぐ出てこられたりとか、囚人だって管理された中ならおとなしく
してるしたたかさは持ち合わせてるんだから・・




188 :名無しの心子知らず:04/09/01 03:42 ID:JjfxTczU
映画見たんだけど、「蛍の墓」を強烈に思い出した。
あの映画は第二次大戦直後の貧困の時代に、誰にも知られずに飢えて死んでゆく兄妹の
話だったが、ラストで飽食の現代を象徴する東京が出てくるんだよね。
でも現実には現代ですらこんな事件が起こってるという、何とも皮肉な、人間社会の悲
しみを感じさせてくれる映画だった。
現実の事件をそのまま描写したわけではないけど、色々考えさせてくれた。
ビデオで「蛍の墓」をみてから「誰も知らない」をみるとさらに深く考えられるぞ。

189 :名無しの心子知らず:04/09/01 17:04 ID:IA9FtSX4
我が家では「蛍の墓」は封印アニメだわ、、、。

190 :名無しの心子知らず:04/09/02 00:32 ID:jFCGTIQT
73年生まれだからこの長男とモロ同じなのに(早生まれだけど)
なんかボーっとした子だったのか、この事件のこと1ミクロンも知らなかった_ト ̄|○
「キムタクはどう思ったかな」とか言ってる人いるけど知らない可能性もあるねえ。
独身ですから板違いかも知れないけどせめて2歳の甥ちゃんにはこんな事態に絶対させないよ。


191 :名無しの心子知らず:04/09/02 02:34 ID:ZV+WAxJC
私の場合、私12歳、弟6歳の時に母親が家を出て、
しばらくは父親と暮らしてたんだけど、
その父親も愛人(そこには腹違いの妹もすでにいた)
のところに行くようになって、だんだん帰ってこなくなった。
で、たまに帰ってきて、お金を貰うって生活になってたから、
私が小学校の帰りに弟を幼稚園に迎えに行ったりしてたなぁ。
その後、見かねた父方の祖母が引き取ってくれたけど・・
今、私25歳、弟19歳。
私は結婚し、弟は祖母と暮らしています。
父親ともたまに連絡も取るし、母親とも結婚を期に何年ぶりかに
連絡を取るようになった。
でも、今でも私と弟は二人だけの家族であって(祖母は私達に冷たかった)
父も母も私達をこの世に誕生させてくれた人ではあるけど、
親という感覚ではないな。。
180さん、将来子供にこういう風に思われたくないなら
今から頑張って修正してください。。


192 :名無しの心子知らず:04/09/02 02:43 ID:GXLDCMev
>189
うちもだ。
あれは見る側に精神的な体力(って、変な言葉だが)がないと
見られない。


193 :名無しの心子知らず:04/09/02 04:43 ID:a3+hJDd1
>188
両方見ましたが、、「蛍」を見てから「誰も」を見るのは、右の
頬を打たれて左の頬を差し出すぐらいの覚悟が必要デシ・・・
どっちも心が凄く痛いよ

194 :名無しの心子知らず:04/09/02 06:21 ID:Ivgqp/BT
私は191の書き込みで泣いてしまったよ…
優しい人に育ったね。偉いよ。

195 :名無しの心子知らず:04/09/02 10:37 ID:ZTYQ1g3s
私は、蛍の墓とはちょっと違うと思うんだよなあ…
蛍の墓は、画面から「この子供達を見て哀れだと思わないか?」
と言われてるような気がするんだけど
「誰も知らない」は「泣くな、同情するな」
といわれてるような気がする。
うまくいえないけど。お涙ちょうだいものと思えない。
私は泣けなかった。
現代が舞台だけに、なんだかモヤモヤと考えさせられるものは残ったけど。

196 :名無しの心子知らず:04/09/02 12:44 ID:9X7jfAly
戸籍の有無はわからないけど。
自宅に幽閉されていたらしき子を知ってる。
20年ぐらい前の話しだけど。
母親が死んじゃって、保護されたの。
年齢相応に知能が発達していなかった。

ひねたところがまったくなかったから
きっと愛されて育てられたんだろうけど。
どうしてそんなことになちゃったのか、不思議だった。
引き取る親戚とかもいないみたいで。
養護施設に送られていった。

とってもかわいかったなあ。元気にしているといいけど。

197 :名無しの心子知らず:04/09/02 13:19 ID:Yuu10KRy
>>190
真面目なカキコなのに、なぜティ○コたたせてるの…

198 :名無しの心子知らず:04/09/02 14:29 ID:BC7MVrUG
73年生まれですが、中学校の同級生に似たような境遇の家庭がありました。
私が知り合った当時(中三)、兄16(行っていれば高1)、本人(中三、女)、
弟(小6)、弟(小3)、だけで暮らしていました。
その同級生の話では「お母さんはおばあちゃんの看病でずっと帰ってこれない」
ということで、深く知り合う前は「兄は長男だから可愛がられて、私は女一人
だから可愛がられて、弟(小6)は末っ子だから可愛がられる」と度々言っていました。
ところが、何かのきっかけで家に行くようになると弟がもう一人いて、何故か兄弟にいじめられて
ばかりでした。
夜中でもお使いに行かせたり、2DKのアパートの台所で寝ているのですが、
毛布もなかったり。
みかねた近所の人が毛布を持ってくると上二人が「こんなもの貰いやがって!
乞食が!」とすごい剣幕でおこる。
お父さんの居場所が分かっているだけ救い?でしょうが、他の女の人と暮らしていました。
もちろんそこの家は溜まり場になっていて、私も高校生の時は溜まっていました。
高校を卒業してからは交流がなくなったのですが、一度訪れた時には、
中学生になった一番下の弟が新聞配達をして食費をまかなっていました。

映画を見て思い出してしまった・・・
あんな異質な生活が普通に存在していたよ。
児童相談所の人もなんどか来ていたようだけど、上二人が「自分たちが任されている」
というし、下の子は「お姉ちゃんは優しいし、一緒にいたい」って言ってたからなあ。

199 :名無しの心子知らず:04/09/02 16:55 ID:cwXFc0dX
親が居てもこの前のリフォーム番組の牛家族みたいなのもあるし…。


200 :名無しの心子知らず:04/09/02 20:38 ID:a3+hJDd1
牛家族て何??


201 :名無しの心子知らず :04/09/02 22:22 ID:B4mXzvzl
牛小屋の上の2K狭い空間のに両親と子ども七人で暮らしているの。(小六〜0)
父親はろくに仕事しないので母親一人で牛の世話と家事と子育て全部してる。
家の中は一度も掃除されたことがないので万年床に雑魚寝、ごみためのような台所で
ごみためのような居間で食事…。
風呂は牛小屋の一階なので、雨降りの中外階段を下りなくてはいけないという家。
その家のリフォームを放送してた。

兄弟仲良さそうで明るいし、父親だらしない分母親が超しっかり者なので
それなりに幸せそうな大家族に見えたけどね。

202 :名無しの心子知らず:04/09/03 16:05 ID:w5zYsHSR
>201
ある意味ほほえましい

203 :名無しの心子知らず:04/09/03 16:16 ID:TuucQj3H
>>202
>家の中は一度も掃除されたことがないので万年床に雑魚寝、ごみためのような台所で
>ごみためのような居間で食事…。

ほんとにほほえましい?


204 :名無しの心子知らず:04/09/03 18:23 ID:dR+lve31
ある意味ね。

205 :名無しの心子知らず:04/09/03 20:26 ID:w5zYsHSR
>203
俺も2Kに6人家族で毎日雑魚寝、風呂も銭湯だったが幸せだったよ。
この事件みたいなのに比べたら家族が揃ってるだけで十分しあわせ。


206 :名無しの心子知らず:04/09/03 20:55 ID:pagbMFZ4
一度も掃除してないごみためってのがなあ。
子供をそんな所で育てる親って・・・。

207 :名無しの心子知らず:04/09/03 21:45 ID:uCsqVucR
お母さんは超早起きで一日二回の牛の餌やり、一日に三回の洗濯、牛の乳搾り、
とフル回転で掃除するヒマなし。
2Kには収納もろくにないので、子どものおもちゃと洗濯物と漫画があふれていて
ぐちゃぐちゃ…。赤ちゃんその中でミルク飲んでる。
ブーブー言いながらも四人の小学生の男の子は牛小屋の掃除を毎日する。
その家では牛が何よりも優先するので、人間は二の次なんですって。
で、子どもたちはそのちらかった服の山のなかからちゃんと自分のものを見分けて
着替えているの。

でも幸せそうだったのは、お父さんもお母さんも一日中家にいるという状態だった
からかな。お父さん仕事はできないけどのんびりしたやさしそうな人で
汚い子沢山一家が貧しいながらも幸せにくらしている図という感じだったな。

いつのまにか牛家族スレになってしまった。
スレ違いだよ。

208 :名無しの心子知らず:04/09/03 22:44 ID:dR+lve31
>>207
それだけ長文かいて最後の2行。
あなたという人は、、、。  (´ー`)

209 :名無しの心子知らず:04/09/03 22:44 ID:X4IRIUaf
あたしんちも4人兄弟で母さん蒸発したけど
この題材になった家庭にくらべりゃぜんぜんマシだわー
飲んだクレでも父さんいたし、ばあちゃんもいたからなぁ。

210 :206じゃないけど:04/09/04 04:19 ID:OsuJZVE+
スレ違いついでに牛家族の子供の名前を貼っておくよ。
これ見ると、子供の哀れ度が一気に増すけど。

長男 紅鷹(こうよう)
二男 銀狼(ぎんろう)
三男 蒼鯉(そうり)
四男 玄鬼(げんき)
長女 紫絵梨(しえり)
五男 黄神(おうじ)
六男 刀馬(とうま)

この板の子供の名前スレで話題になってた。

211 :名無しの心子知らず:04/09/04 05:56 ID:3eF2zmbi
哀れ度は増さないが、何というか大変解りやすいネーミングだな。

212 :名無しの心子知らず:04/09/04 10:09 ID:Br5TfhIb
よく考えたね。

213 :名無しの心子知らず:04/09/04 17:50 ID:A+DV6wP8
父ちゃん掃除くらいしろ!

214 :名無しの心子知らず:04/09/05 00:51 ID:37/8Leh7
見てきました。
この事件が巷を騒がしていた頃、長女を出産したので、
強く記憶に残っています。
自分はこの子のために精一杯の努力をしようと、
当時心に誓ったのをまざまざと思い出しました。

映画そのものは、事件をモチーフにしてはいても、
違う子供たちを描いたものと理解してみました。
希望のある(生活が改善される)終わり方ではないので、
カタルシスを感じられないため、後味はけしてよくないのですが、
それでも生きていくし、生きていかなきゃいけないという
一種爽やかな、それでいて痛ましい諦観のようなものを感じました。



215 :名無しの心子知らず:04/09/05 03:27 ID:RhqMLh6a
>214
そうだね。不思議とカタルシスを感じる映画だった。
現実のやるせなさに対して、ファンタジーとしての映画の反抗なのかも知れない。
映画版の子供たちにはかすかな救いが見える。
作り手の願いかも知れないけど。

216 :名無しの心子知らず:04/09/05 16:09 ID:LkDIF00C
age

217 :名無しの心子知らず:04/09/05 16:19 ID:LGcl2mYt
今、この長男は何してんだろうね・・
事件が発覚した当時は連日報道されるけど、
事件が忘れられてしまうと、その後って報道されないから・・
今、この長男が本でも書けば売れるかもしれないね・・


218 :名無しの心子知らず:04/09/05 16:26 ID:nWb2hakh
近くの映画館で放映されないよぉ。観たいのだけど。

219 :名無しの心子知らず:04/09/05 16:52 ID:kK33ZdOD
>215
いや、214はカタルシスを感じられないと言っているのだが。

220 :名無しの心子知らず:04/09/05 22:35 ID:UceTEkci
今日、映画観てきた。
ユーは、番宣で「母親も憎めないんですよねー」
と言っていたが、余裕で憎めた。
あまりにも身勝手。
服がどんどんぼろぼろになって
行くあたりが泣けた。
ただある意味反面教師になったかも。
うちの子(2ヶ月半)は絶対に
最後まで面倒みてやる!って
思ったから。

221 :名無しの心子知らず:04/09/06 04:34 ID:Ajjn9tP0
映画みてないけど、YOUは映画の母親に共感できるからか
自分が演じた役だからじゃないかと。

222 :名無しの心子知らず:04/09/06 19:47 ID:5ko02Etw
>>220
子育てって大変だけど、がんがって!


223 :名無しの心子知らず:04/09/06 23:02 ID:Jp+mURB5
>210の見てスレ違いだけど気になるから書いちゃうんだけども {ごめんね}
何で六男だけ刀馬なんだろう上5人みたいに色の漢字つけてあげれば良かったのにね

224 :名無しの心子知らず:04/09/06 23:12 ID:9u2He1ID
>223
四男も色シリーズじゃないよ。おまけに「鬼」って・・・・。
もしかして「玄」って何かの色なのかすら?

225 :名無しの心子知らず:04/09/06 23:28 ID:CEVATlO3
見てみたいけど、胸が痛くなりそうで怖い。
この前事件スレで読んだ犬木加奈子だっけ?の漫画も、
思い出すたびにやりきれなくて胸が苦しい。
やっぱ自分の子と同じくらいの子がでてくるのはつらいね。
つーか、戸籍がないとわかったら役所公司もなんとかしたれよ!!


226 :名無しの心子知らず:04/09/06 23:30 ID:CEVATlO3
>つーか、戸籍がないとわかったら役所公司もなんとかしたれよ!!

役所もなんとかしたれよ、の間違いです。
予測機能ってうっとうしい・・・。

227 :名無しの心子知らず:04/09/06 23:55 ID:Ajjn9tP0
>>224
玄=赤・黄の交じった黒色。「玄米」
(新明解国語辞典、三省堂)

玄武も色は黒だしね。


>>225
役所公司、、、。 ごめん、ワロタ。

228 :名無しの心子知らず:04/09/06 23:55 ID:DPIXMEiE
すれ違いスマソ。

>224
玄は「黒」です。

229 :名無しの心子知らず:04/09/07 00:07 ID:YrYcAnqu
>228
黒なのか。教えてくれてアリガトウ!
黒男とかじゃな・・・ブラックジャックになっちゃうしな。

スレ違い、スマソ。逝きます。


230 :名無しの心子知らず:04/09/07 00:35 ID:JrP35hDN
>>220
YOUは、雑誌か何かでは「子供を愛してるとは思うんだけど、頭が悪いのが
残念」というような意味のことを言っていたみたいだよ。
これ、結構あてはまってるような気がした。

一方で、監督と精神科医の対談で、精神科医の方は、ひきこもり児をよく
見ていると「少しは放っておいてみたらどうですか?」という親が多い
ように感じるんだって。だから、あの映画のような親子関係に、ある意味
爽快なものを感じたと(もちろんあそこまで放置するのは問題だけど)。
それで、放任と過干渉は背中合わせだ、みたいなことも言っていた。

あれ見て子供かわいがってあげなきゃ、と本当に思うけど、
あそこまで酷くなくても、子供にいろんなこと任せてみると
明とか京子みたいに自立心育ったりするもんなのかなーと
思ったりしてしまったよ。

231 :名無しの心子知らず:04/09/07 00:41 ID:/4KfM7Wy

っつのはもっと厳密に言うと
「黒ではない(濃い色)」だね
特に濃くなったとか、ディープ&ダークって意味だよ
青春
朱夏
白秋
玄冬

232 :名無しの心子知らず:04/09/07 01:26 ID:vCkOkBsH
映画見にいった。まるで蛍の墓でも見終わったような嫌な気分になったが、現実にあった以上嫌だけではすまないと思った。現実の事件の方が映画より悲惨なんだなーー長男は映画では一生懸命やっていた。一番思ったのは(知らないと言う事は恐ろしい)
と言う事だった。コンビ二のオヤジにしろ回りの住民にしろ俺なら近くにいたら警察とか児童相談所ぐらいには連絡すると思う。戦後の日本でも無いのに格好がおかしい。
近くによれば悪臭もしただろう。怖いのは無関心な世の中だと思った。母親は問題外だがー電話一本くれる大人は居なかったのかと
色んな意味で考えさせられる映画だった。但し後味最悪だった。今後この手の事件て増えるんだろうなー
だって今の女子高生が大人になって・・創造しただけでも嫌になりますなー


233 :名無しの心子知らず:04/09/07 08:17 ID:IJgpDOT3
女だけが問題ではあるまい。

234 :名無しの心子知らず:04/09/07 11:17 ID:JrP35hDN
>>233
確かに。
何も考えずに気軽にセックスして、子供できて中絶しなかった女が悪い、
女が馬鹿なだけ、俺は関係ないぞという人いるんだと思うんだけど…
男の精子もなきゃ子供なんてできないんだからさ。自分もこういう
子供達を作りだしてるかもしれないんだぞと思って欲しいもんだけど。

そういう人に限ってみないんだよな。こういう映画。

235 :名無しの心子知らず:04/09/07 21:10 ID:G+FgAk0m
>>232-234
ELEPHANT(2003年パルムドール)
LAST DAYS(来年公開)
を見ておきましょう

236 :名無しの心子知らず:04/09/08 07:16 ID:AqYbdTFQ
誰も知らない

知られちゃいけない



237 :名無しの心子知らず:04/09/08 10:19 ID:JKzfQTin
デビルマンが誰なのか〜

238 :名無しの心子知らず:04/09/08 13:06 ID:xfzD0WYS
何も言えない 

話しちゃいけない


239 :名無しの心子知らず:04/09/08 15:16 ID:iHFFdltK
デビルマンが誰なのか〜

240 :名無しの心子知らず:04/09/08 15:30 ID:rjVe/hop
>>237

241 :名無しの心子知らず:04/09/08 15:38 ID:ZynbEYkd
もう誰も愛せ〜な〜い〜

242 :名無しの心子知らず:04/09/08 16:16 ID:JKzfQTin
人の世に〜愛がある〜人の世に〜夢がある〜
その美しいものを〜〜守りたいだけ〜

243 :名無しの心子知らず:04/09/08 16:53 ID:iHFFdltK
今日もどこかでデビルマン
今日もどこかでデビル〜マ〜ン〜

244 :名無しの心子知らず:04/09/08 19:53 ID:nDEr31Dd
ちゃらっちゃ〜

245 ::04/09/08 21:12 ID:/qGkpkJS
「あの事件」がどうしても忘れられなくて「一歳児 餓死」でググったらここへ来ちゃった。

先日の例の事件だけど、母親はトイレで病死して一歳の子供が餓死してた奴。
飢え死にした子供の周りにはお菓子の包み紙が散乱していたっていう話だけど、二週間も前からテレビが大音量で点けっぱなしになってたりして、周囲の住人はそれなりに変異に気がついていたっていう事だが、
…妙だと思った時点で誰か通報しなかったのか?見殺しも殺人だぞ!
父親は県外に職探しに出ていたという話だが自分ちには電話の一本も入れなかったのか?
近所に気安くしている人はいなかったのか、本人も何も相談しなかったのか?

どうにもオレ的に辻褄が合わない。不愉快極まりない事件だ。
詳細キボン。←2ちゃん訛りってこれで良いのかね?

関係ないけどこっちは田舎だから(それに限らんか)幽霊児は昭和四十年代まで長い目で見ればどこの町にも一人二人はいたぞ。

246 :名無しの心子知らず:04/09/08 22:08 ID:iE2/NiCA
最近16くらいで結婚して子供産んですぐ離婚するバカなギャルが多いけど、
よく考えてから子供産んでほしいよ。
やっぱり父親と母親が両方いるのが一番なんだからさ。

247 :名無しの心子知らず:04/09/08 22:20 ID:13WYhcZm
>>246
そんなに若い母親が多いの?

>>やっぱり父親と母親が両方いるのが一番なんだからさ。
そういう言い訳をしながら新しい男と再婚もしくは同居して、
連れ子を殺されてる母親いるよね。
一緒になって殺すのもいるし。

248 :名無しの心子知らず:04/09/08 22:42 ID:iE2/NiCA
>>247
妊娠したから生む、みたいな思考回路で自分のことしか考えてないバカ親が
多すぎる。子供が子供を生んでるからかな?
子供を生み育てることの重さをわかってないんだよ。



249 :名無しの心子知らず:04/09/09 01:58 ID:5/GlTw7h
>>248

あんたはそれわかってんのかよ。
重さってナンだよ。


250 :名無しの心子知らず:04/09/09 05:47 ID:29wqRAdI
>245

その事件だけど、私も衝撃を受けたよ。
ニュースで見た範囲の話だが、結構高額の借金を背負っていたらしく、父親は出稼ぎ
にいく夜間バス代も近所の人に借りていっていたらしい。自宅にも度々借金取り
が来ていたとか。なので、なかなか連絡できる雰囲気ではなかったのではないかと
思うよ。
母親の持病(肺気腫)は近所の人も知っていたらしいけど、まさか死亡していると
思わなかったのかなあとは私も思う。
偏見ですまんが市営住宅だったそうなので、訳アリの人が多かったのだろう。
で、通報が遅れたと。


251 :名無しの心子知らず:04/09/09 11:30 ID:2sOsuwf/
>>249
重さなんて言葉で説明できるもんじゃないけど、子どもを生むってことは
かなりの覚悟がいるんだと思う。女を犠牲にしたり、自分のことよりも
子どものことを一番に考えられるような強さをもってないと生む資格なんて
ないと思うから。金銭的な問題もあるし。
そういうことを一切考えずに生むやつがいるということに腹がたつ。


252 :名無しの心子知らず:04/09/09 12:45 ID:LhnTjmkj
自分はちょっと訳ありで子供ができない。
もし妊娠したら、完璧な親になる自信なんか全然ないけど、
精一杯できる限りのことをやろう…と思ってるけど、妊娠しない。

暴力ふるわれたり、ネグレクトされたりして死んでしまう子供のこと
ニュースで聞くたびに怒りでバクハツしそうになる。
殺すくらいだったら、生まれたばっかりの頃にでも、ウチにくれよって思う。

世の中うまく行かないよね…。

253 :名無しの心子知らず:04/09/09 14:36 ID:jOvJVgPz
>>251
自分のことよりも 子どものことを一番に考えられるような強さをもってないと生む資格なんて ないと思うから。金銭的な問題もあるし。

ずいぶん偉そうな綺麗事だね。
じゃあ生む資格なんて誰が決めるのさ。
生む資格のない親に宿ってしまった命は生まれてくる資格もないってか。
育てられないなら堕ろしちまえってことかな。

資格だなんだとえらそうに言って無いで、さっさとPCの電源切って
命がけで子供の相手でもしてろよ。
自分の事なんて考えんじゃねーよ、糞親。

254 :名無しの心子知らず:04/09/09 15:01 ID:wNWrNZ0u
あれ?夏休みって終わったよね?

255 :名無しの心子知らず:04/09/09 15:13 ID:Q7ZSdy3o
>>253は一体何を主張したいんだかわからない。
ドキュでもどんどん子供を産みっぱなしにしましょうってこと??

256 :名無しの心子知らず:04/09/09 16:01 ID:jOvJVgPz
>>255
ばか?

「 自分のことよりも 子どものことを一番に考えられるような強さ」
だの「生む資格」なんて偉そうに匿名掲示板で語ってるやつほど
子供のことなんかなーんにも考えちゃいないってこと。


257 :名無しの心子知らず:04/09/09 16:05 ID:jOvJVgPz
>>254
高等教育受けてないでしょ。
9月1日から始業式なんて今どき小中高くらいだよ。

258 :名無しの心子知らず:04/09/09 16:10 ID:Q7ZSdy3o
>>256
喧嘩したくてたまらないようだね。
綺麗事かしらんが、そういう心がけがなければ
育てる事は難しいって事だろ。
子供育てるのに自分のエゴばかり剥き出しにしてたら
最終的には虐待に結びつく事にもなるよ。
育児って「子供」っていう相手があるもんなんだからね。

だいたい
それを言ったら、匿名掲示板のレスにいちいち「それは綺麗事だろ」なんて
噛み付いてたら、きりが無いじゃん。

259 :名無しの心子知らず:04/09/09 16:25 ID:wNWrNZ0u
なんだか面白そうな奴が来たなあ

260 :名無しの心子知らず:04/09/09 17:41 ID:TWOwbueu
んー、でも>>256の言わんとするところは解る気がする。

261 :名無しの心子知らず:04/09/09 17:58 ID:Q7ZSdy3o
何か面白くない事があって当り散らしたいだけだったように
思うけど。

262 :名無しの心子知らず:04/09/09 18:32 ID:TWOwbueu
自分の深読みのしすぎだったかもしれん。
もし自分の感じたとおりならとりあえずもちつけと。


263 ::04/09/09 22:27 ID:A8Prn1fh
>250 返信感謝。
「わけあり」ってのはこういう結果を生むのかよ。
続ける言葉も無ぇや…

ま、なんだ、桁違いのビンボの家庭も在りはするが、俺の知ってる家のかーちゃんはパート先の野菜屑持って帰ってでも
子供には何かしら食わせている。
子供たちは母親の勤め先のスーパーに良く遊びに来るが、テナントの書店ではマンガの立ち読みは大目に見ている。手は洗わせるが。
玩具コーナーのデモゲームには入り浸るので夏休み中は閉鎖されていた。悪気も無いのは店長もわかってはいるが、
サンダル履きにパジャマ姿という子供たちに他の親子連れがびびって店内に入れないものだから。
そこんちの親父は日雇いだが要領が悪いので仕事は少ない。

それでもな、子供三人笑って暮らしているぞ!

家庭環境ゆえか子供の成長は遅い。小学生のはずだが幼年雑誌を読んでいる。
それでもまー、何とか育ちはするであろう。
公平に見てここではDQNと評価される一家かもしれないが、親として最低の務めは果たしている。

264 :名無しの心子知らず:04/09/10 01:20 ID:0SOf4Kta
>245, 263
私も何故かあの事件(母病死・1歳児餓死)が忘れられず、
日々想像したり思い出しては涙ぐんでいます。
詳細は、この育児板のニューススレにあったんですが、
今は過去ログ倉庫に格納されてしまったようです。
もしビューアお持ちでしたらすぐ読めるようですが・・・
ttp://life5.2ch.net/test/read.cgi/baby/1091575963/

お持ちでなく読めない場合のために簡単にお伝えします。
夫婦は二人とも元ホームレスで、妊娠9ヶ月まで定住していなかったようです。
行政や周りの協力があり市民住宅へ住める事になったようです。
そういった背景を考えると、この夫婦二人が頭を働かせて
父親が長期不在になる+母親が病もち+子供がまだ小さい、という事で
周囲や民生委員に手助けなり生活保護について聞くとかいう知恵が働かなかったのかもしれません。
しかし、フルボリュームでTVや子供のオモチャが鳴り続けていたのに
近所の誰もその家を訪れ中を確認したり(苦情のためでいいからしてほしかった)
警察や市に通報するなりしなかった事が本当に理解できません。
匿名でもできるのに・・・!
中の1歳男児の様子を思い浮かべ、我が子(1歳4ヶ月男児)に重ねると
もう堪らなくなります・・・。
赤ちゃん、安らかに眠ってね・・・

265 ::04/09/11 02:44:29 ID:lnipv5DH
返信感謝。

うぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬぬ…

父が民生委員をやっている関係でこうした家庭の相談は度々持ち込まれるのであるが、実際皆様あまりに知らないことが多すぎるのに驚きます。
「無知は罪」とはこうしたケースを指すのでしょうか。近所の住人も積極的に入れ知恵するべきでした。
それにしても周囲の人間の無関心ぶりに腹が立つ!というより意識的に係わり合いを避けていたというべきか。
二十代でホームレスだったというのもなんだかなー。
この夫婦の日常生活にも何かしら問題があったのかも知れん。こうした人種は「俺ルール」で生きている人も多いから、とスーパーで見かけるヤンキー夫婦を見てつくづく思う。

馬鹿を承知で干渉する奴は居なかったのかよぉ…
不幸な原因がいくつか重なった結果の悲劇です。念のため母にも尋ねてみましたが、この年頃ではドアノブに手が届かないので自力脱出も出来なかっただろうと。

天国では親子三人でお腹一杯食べてね…
書いてて涙が止まりませんよ僕…

266 ::04/09/11 03:21:30 ID:lnipv5DH
おっと二人とも四十前後でしたか。
なおさら非常識だろ!

しかし本当に腹立たしいやら哀しいやら。

267 :名無しの心子知らず:04/09/11 03:26:03 ID:f84G239x
最初から一気に読みました。

もうセックスしないで欲しい。
避妊ができないならセックスしないで。

少子化でいいから。
無理に産まなくていいから。
愛情も食欲も満足に与えない子育てなら。


268 :名無しの心子知らず:04/09/11 03:36:23 ID:sgGNWooP
>>265
おいおい、親子三人でって父親は生きてるでしょ?

周りの無関心にも問題があったような書き方ですが、
ホームレス夫婦を見かねて公営住宅に入れるように手続きしたり、
父親に電車賃を貸したり(あげた、と言ったほうが正しいかも)、
それ以上を望むのは酷じゃないでしょうか。
あ、もちろん生活保護を受けていたでしょうから、
行政には道義的な責任はあると思いますが。
こいつらには子育ては無理じゃないのか?と疑って欲しかったですね。
ヤミ金の取立てがよく来るような隣人、
出て行けと言わなかっただけでも、周りは優しいなと思いましたよ。
それに、同じ公営住宅の住人ですから、
ほとんどの住人は自分の生活で手一杯だったのでは。

あなたは一般の人よりも知識が豊富であるようなので、
まずあなたから、周りに無知ゆえに困窮している人間がいないのか見回してください。
そして馬鹿を承知で干渉してやってください。
人間、守るべきもの(たとえば子供)が増えていくと、保守的になりますから。
正直言って、私はやばそうな隣人のためには「役所に相談したら」くらいしか言えません。
下手に関わって子供に何か影響があると怖いので。

犬木加奈子のマンガ読んで思ったんだけど、
たとえ死んでても、子供はお母さんのそばにいたいんだよね。
今回亡くなった子は、お母さんがトイレに入って死んでいたから、
のどが渇いて、お腹が空いて、暑くて暑くて、しかもお母さんがいないという
絶望的な状況で死んでいったんだね・・・(涙)

269 :名無しの心子知らず:04/09/11 09:01:36 ID:Phk4Ho8J
夫婦揃ってホームレス?昔なんかのレディコミで、女は体売れるからホームレスにはならないとか…あったけど。
餓死させる前に保育園入れれば…

270 :名無しの心子知らず:04/09/11 11:14:03 ID:+UxrT8Fq
結構前にテレビで見たよ、女のホームレス。
その人はお腹が大きかったけど、今どうしているのかな。

271 :名無しの心子知らず:04/09/11 12:30:43 ID:Phk4Ho8J
おおそうか!ホームレス兼パンパンもいるね。
体売ることしか出来ない人って、年いって衰えてきたらそうなるのかなあ。

272 :名無しの心子知らず:04/09/11 16:47:32 ID:WqlkHRBr
>268
(つД`)
思わず、目の前でウトウトしてる息子(6ヶ月)をギュッギュと抱きしめちまったよ

とても迷惑そうな顔をされました(´・ω・`)

273 ::04/09/11 21:06:40 ID:jVvyUTTc
イカソ慌てた、とーちゃんは生きていました!死んで詫びろィ!
事が事だからどうしても冷静さに欠けるわい。

ずっと以前に夏目房之助の「学問」にあった「電電公社電話番号お知らせサービス」の件だけれども、
深夜二時に幼児から電話があって
「あのね、おかあさんおしごとでおそくなるんだけどどうしてもさみしかったらここにかけなさいっておしえてもらったの」
夜勤当番の職員は
「いつでもかけていらっしゃいね、小父さんここで待ってるからね」
もすこし後で母親からも電話があって
「ごめんなさい、ご迷惑をおかけして…」
当の夏目氏が
「マンガに描いてて思わずホロリ」

なんかありゃ苦言は呈しますが、赤信号子供に先に渡らせておいてその後自分たちも渡るってなんだよあの夫婦は(近所の話)、
急ブレーキでトラック斜めに停めちまったけど車から降りて注意したらおもくそ逆ギレしやがった。

そりにしてもなー、何があっても子供は別だろ子供は!

間違いを訂正してもらったお礼にも少し書こう、あれは夜中の11時ごろ、バイクに乗ってて大きな交差点で信号待ちをしていたら青信号になったので出そうとしたら一斉に流れが止まった。
何かと思えばよちよち歩きの幼児がとてとてと赤信号を渡っている!
渡りきったのを確認して出そうとしたらまたもや一斉に止まった!
何かと思えばさっきの幼児がとてとてと引き返している!
しばらくして親らしいのが真っ青な顔で追いかけてきたがあの時にも腹にずんと黒い炎が燃え上がったな。

274 :名無しの心子知らず:04/09/12 13:59:41 ID:IAoRm38Y
>273
黒い炎を燃やしてどうするよ…ヤダねえ

あんたかなり自己中だよね、自分に酔って事故りなさんなよ。

275 :名無しの心子知らず:04/09/12 18:26:11 ID:ElF5NimY
  

276 :名無しの心子知らず:04/09/12 20:16:55 ID:4XOIiLZA
けっきょくさ、親のエゴで産まされた子供は被害者になるしか人生が
用意されていないわけだ。
離婚とかシングルマザーとかだったとしても、幸せになる場合もあるが
だからといって親の犯した過ちが消えるわけじゃないよな。

なのに、何も考えずにヤってできたら産み捨てか。
人類全滅すればいいのにって思えてきた。

277 :名無しの心子知らず:04/09/13 14:24:04 ID:XCnlWUMQ
わたしは子供がいるんだけど、虐待とかは死んでもしないけど、でもそれでも、親になるには免許交付しろ!と思ってます。
資格制にするとか。父親も母親もね。
正直もうそうするより他、虐待や放置をとめられないと思う。
あと、保険所や警察の介入権をもっと幅広くするとか、なにかしないと。

事件になるようなのは氷山の一角だと思うし。
こういう事件があるたびに、「なんてことだ!」と、やりきれない&怒りがわきますが、
自分もいつかそうなっちゃうのかな?そうするのかな?えーまさか!でもなーとか考えてしまう。

なんかまとまりなくてスマソ。


278 :名無しの心子知らず:04/09/13 19:45:18 ID:elsY09a5
スレ見ててびっくりしたんだけど、
馬鹿な母親『だけの』責任って書いてる人が結構居るのに驚いた。
周囲が放任して当たり前だから放任する。
父親も同罪だっつーの。種付けて終わりなんだからタチが悪い。

連鎖ってやつで、
被害者の子たちも、8割は同じような大人に育ってしまうんだと思う。
やるせないけど、こういう視点で考えられる自分はそこそこまともな親に育てて貰えたわけで、幸せだったんだなと思った。
戦後らしい事件なんだと思う。共同体的な、「村の子は自分の子」的な価値観が無いから誰も干渉しない。
別にそれが悪いわけじゃなくて(良し悪しだし)、意外とこんなものなんだろうなぁ、と。
自分はボーリングフォーコロンバインを思い出した。
社会の歪みが一見非人道的な悲劇を引き起こすんであって、「馬鹿な誰か一人」の所為ではない、
起こってしまった事件は、その社会の構成員全てが抱える歪みの発露なんだって話。
DQNがどうこう言ってる人は、自分も加害者になりうることを自覚したほうがいいんじゃないかなぁ。
もちろん、自分もだけど。

279 :名無しの心子知らず:04/09/13 19:49:39 ID:elsY09a5
あー、違った、補足。
自分は映画のほう(「ボウリングフォーコロンバイン」)は見てない
「コロンバイン・ハイスクールダイアリー」っていう事件加害者と、それから一部の被害者に友人として深く関わった経験を
持つって人が書いた本を読んだときの感想と同じものを感じた。

なんていうか、生きていくってしんどいんだなぁ、とかそんなことを考えたり。
きっちり働いて出来の悪い子供を育ててくれた父、頼りない人だと思ってたけどマジで感謝・・・・。

280 :名無しの心子知らず:04/09/14 00:08:03 ID:PHZZnTof
>>277
>わたしは子供がいるんだけど、虐待とかは死んでもしないけど、でもそれでも、親になるには免許交付しろ!と思ってます。
>資格制にするとか。父親も母親もね。
>正直もうそうするより他、虐待や放置をとめられないと思う。

そんな事で無くなるのなら誰も苦労しませんよ
あなたは幸せな人ですね

普通の子供思いの親でも、ある時何かの拍子に箍が外れてしまう事もある
それが虐待の恐ろしいところ

281 :名無しの心子知らず:04/09/14 09:43:37 ID:G0+ORQqU
のっかりゴメン
>280 普通の子供思いの親でも、ある時何かの拍子に箍が外れてしまう事もある
>   それが虐待の恐ろしいところ
ハゲハゲドウイ


282 :名無しの心子知らず:04/09/14 10:00:55 ID:O8/Vg/rI
私は虐待してるよ。
毎日我慢して我慢して我慢してある日ぷつっと箍がはずれて「バシッ!蹴り!パンチ!!」
orz

283 :名無しの心子知らず:04/09/14 10:34:50 ID:SbDXoLAS
そうなんだよね。
子供が嫌いでウザイと思っている人だけが虐待するわけじゃないんだ。
蹴りを入れるとかパンチするとかじゃなくて、
子供がどれだけ傷つくかってのが重要かと。

284 :名無しの心子知らず:04/09/14 10:55:29 ID:O8/Vg/rI
うちの子は幼稚園なんだけど、「蹴りパンチ」後「放置」してると
ひとしきりないた後「どうしたらお母さんと仲直りできるのかなーわからないなー」と呟くようにポツポツ言ってるの・・・
興奮してる時は私もフン!!って感じなんだけどだんだん冷静になってくると自分が情けないよ
きっと物凄く傷つけてる。orzorzorzorzorz

285 :名無しの心子知らず:04/09/14 10:58:26 ID:m9NhoN88
>>284
こんなとこで懺悔してもお前が屑だって事実には変わりはないよ。

286 :名無しの心子知らず:04/09/14 11:13:09 ID:7CegGuEs
見捨てられ不安を子供に刷り込む行為は害悪だと知れ、というか。
懺悔する前に我慢する精神を身につけろよと。

ぶっちゃけ、>>284は言われて直せない子供よりタチが悪い。
大人なんだから。

287 :284:04/09/14 12:14:10 ID:O8/Vg/rI
>285-286
言われて辛いけどサンキュ
もっと大人になるように日々努力するよ
スレ違いなのでこのへんで

288 :名無しの心子知らず:04/09/14 12:27:44 ID:jrllBSq6
>284
自分が、子供だった時の事を思い出せ!
私は、小さい時、母親に無視されてた。
でも、1人立ちする事も叶わず、帰れる所は家だけ、
頼れるのは親だけだった。
そんな親なのに、好きだった。
自分がワルイと思ってた。

反省した事は、繰り返さないようがんばらにゃいけないよ!

289 :名無しの心子知らず:04/09/14 13:34:53 ID:p7UzydWv
>284
日中子供と二人っきりで過ごしているのかな??
あんまり煮詰まらないように保育園預けるor託児所に短時間預ける等して
自分だけの時間作ったほうが良いよ??
自分だけの時間で、買い物でも昼寝でも普段子供連れでは絶対いけないようなところ
でご飯食べたっていい。

子供だけ中心に回ってるとどうしても、どうしても辛くなると思うよ、子供特有のちっちゃ〜い
我が儘が嫌になるのもわかる。
怒鳴り散らす前に、殴る前に子供と別室に行って10数える、それでも落ち着かなかったらもう
10数える・・・以下繰り返し。
とにかく頭を冷静にする時間を作ったほうが良いよ。

290 :名無しの心子知らず:04/09/17 12:45:56 ID:/TjKpqNO
実際の事件の母親は
時代も考慮すると妊娠すれば男と結婚できるってのが
あったんじゃないでしょうか?
でも、結局妊娠した女を捨てるような最低男としか出会えなかった。
その事態を知っていたかどうかは分からないけど、
長男の父親以外の父親達にも責任は大きいと思う。

映画見てきました。確かに胸が痛い。
でも、今、映画の公式見てきてアルバムみたいのなのを見たら、
また見たくなった。不思議だ。
映画がなぜ当時の再現ではなく、現在に置き換えられているか
それは監督が今現在起こってるかもしれないこんな事件に
気付いて欲しいからだと思う。この映画は現在進行形です。

291 :名無しの心子知らず:04/09/25 11:23:54 ID:Qw6Sz/f4
虐待する親って、完全に邪魔でウザイからやる奴もいるけども
多くは自分が分離不安の類を抱えてて、殴っても蹴ってもまだ
慕ってくる子を見て安心感を得てる部分もあるんじゃないかな。

とりあえず>>284は子供と離れる時間を作りつつ、どっかに相談すべし。

292 :284:04/09/26 01:22:28 ID:5ybz2cvp
>291
>殴っても蹴ってもまだ慕ってくる子を見て安心感を得てる部分もあるんじゃないかな。

これズバリその通りです。
「分離不安の類」初めて聞く言葉です。
調べてみます。
ありがとうございました。

293 :名無しの心子知らず:04/09/26 18:00:34 ID:ymTtdIEQ
うちの親も分離不安。とにかく自分のとこに子供がこないと
安心できないみたい。必死でご機嫌とってくるのがうざい。
今まで散々暴力ふるってきたくせに。

年取ったら絶対面倒なんかみねぇよ。

294 :810:04/09/29 00:35:47 ID:I8mnS09a
1988/08/22 夕刊
ttp://49uper.com:8080/html/img-s/12552.jpg

1988/08/23 朝刊
ttp://49uper.com:8080/html/img-s/12553.jpg

1988/08/24 朝刊
ttp://49uper.com:8080/html/img-s/12555.jpg

1988/08/25 朝刊
ttp://49uper.com:8080/html/img-s/12558.jpg

1988/08/25 夕刊
ttp://49uper.com:8080/html/img-s/12559.jpg

1988/08/26 朝刊
ttp://49uper.com:8080/html/img-s/12560.jpg

1988/08/27 朝刊
ttp://49uper.com:8080/html/img-s/12561.jpg

スキャナ無いからデジカメでその記事のみ撮ったので多少のブレは許してください(;´Д⊂)
07/23の夕刊もあった気がするけど手元に無いのでコピーし忘れたみたい。
明日またコピーしてきます。


295 :名無しの心子知らず:04/09/29 00:56:17 ID:LGG98sAD
ねだった事件厨、礼ぐらい言ってやれよ(藁

296 :名無しの心子知らず:04/09/29 01:38:56 ID:5ijwZNlc
>294、GJ

なんとなく事件の発覚は三女の殺害がきっかけかと思ってたんだけど、
大家の「あそこは子供だけで住んでいる」という通報が原因なんだね。
殺害前に通報されてれば三女は助かったんだな。

母親が来るまで三女の存在はまったく知られてなかったようだから、
子供たちはみんな口裏を合わせていたんだね。
下の子たちはそそうの度に折檻する長男を恐れて黙っていたのか、
それとも共犯意識があったのか、純粋にかばいたかったのか、それ
らの混合か・・・

自分としては、長男がぐれて妹への暴力で憂さ晴らしするようになっ
ても仕方のない状況だと思う。そんな兄であっても他に頼れないから
かばうという妹の気持ちもわかる。DV夫の暴力に耐える専業主婦って
こんな感じじゃないのかな。

現実はこうなるものだからこそ、映画は監督の願望が含まれている
気がするな。監督は長男に、負けて欲しくなかったんだろう。

そこが現実から目を背けてる感じがして苛立ちを感じるわけだが。


297 :名無しの心子知らず:04/09/29 01:55:12 ID:5ijwZNlc
追記。
これが負けてしまった長男の「こうであったらよかったのに」という
夢だったという設定の映画なら、あの展開でも自分には納得できた
と思う。

まあ、こんな悲劇が起こる極端なケースではない、もっとその辺に
ありそうな子供たちの存在を示唆して問題を身近に感じさせようと
したという監督の意図もわからなくはない。

啓蒙手段としてはこれでよかったんだろうと最近は思えてきた。


298 :名無しの心子知らず:04/09/29 02:00:48 ID:dNXvpRQ5
スレ違いなのはわかってるけど、どうしても気になるので…
>>284

ttp://homepage1.nifty.com/eggs/borderline.html

分離不安に晒され続けた子供が、抱えるであろう人格上の問題点について
書いてあります。

本当に心配だったらカウンセリングを受けることも考えてみて。
虐待のトラウマは世代間で伝わってしまうから根が深いよ。


299 :名無しの心子知らず:04/09/29 03:17:41 ID:+JB2PXWm
>>294
記事によると、電気とガスが止められていたとある。
さすがに水道までは止められてなかったのかな。
あと、ミニストップの上のマンションだったんだね。これが映画のスーパーの店員の
エピソードのインスピレーションになったのかな。

300 :名無しの心子知らず:04/09/29 08:03:55 ID:gQjedoz9
>>294
映画スレで49uper紹介した者です。
どうも有難う。多謝。

301 :名無しの心子知らず:04/09/30 03:07:26 ID:X2jY5V9d
でもこの事件の当時はインターネットがなかったけど
今だとこういう状況に置かれた子供も何かの機会にインターネットを
して救われてる可能性もあるかもと思った。
そう考えると、インターネットもいい面もあるのかなと。

302 :名無しの心子知らず:04/09/30 10:20:47 ID:iXK+qbCg
>294
アリガト。

303 :名無しの心子知らず:04/10/02 03:31:55 ID:hf6GNuaz
>294
読めない・・・ほわい?(つД`)


304 :名無しの心子知らず:04/10/02 04:03:30 ID:nq7PfUOL
>303
とっても重いよ。しばらく待ってもダメ?根気欲待つのです!頑張れ

305 :少女派連合 ◆rsHGu1rF5o :04/10/03 00:24:03 ID:HN2XEcyN
    /  i  ゙i
   /  |  i
  ,/   |  i
  /   |  ゙、                i  ,... -‐‐,:
 ー─-- 、.,___ ,..>- 、..,_,. ‐''~ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄''ii ̄(*゚Д゚)<、糞ババァ共、焼け氏ねぇぇ!!
  ゝ     i´ ,,,∧,,,      γ´ ̄ ̄ ̄ ̄i'''''''''' 、,!!   ̄~~``;i-i-i、
  ` ‐ 、.,   丶ヽ,.、く  ,. -‐'"~ヽ       ヽ:  !ニ) [ '   ヽ+++>
      ~~~""`'‐-`、., ヽ、_________゙,.....ノ'ii     ._-,,`-‐'
             !` ────────── '!!‐!''''"~ ̄

                       ━


             ━

         ━

        ━
        .;  ".;"..;.;".;":      ..;.;     ボォォォォ   . 
     ;".;"  从人  从从从从  ;".;";".;"从";从ゝ;" 
    .;".;": _.从从;.;___.;"__.;":从__.;".;;:__   ;".;"          
.;":    : ..;".从;;:        从          从\   .;.;".;
 .;".;;:    从 ノノ:;".;": ..从;.;".;;: .;";  ": ;";"  .;"从 .;".;     
 .;"     /;   .;".\从..;"   从从从.;"人w :" ;从 \从;"
  ;".;" 从"..  ;;:.;    \;".; 人   .;.从_   ;".;"   从从   
    ;ソ;"ノ  ;".;"  从人  从从从ー从
  从;;: 人  ;:从从从;".;":   ;".;":从. \             
    | ;:  ;".;": ..;".;;:  从从| 人  ┌―\    /;".―从┐.;| ".         
    |    |从从从.;"从 人 ノし |    │      ..| |      .|     
    从  :从;"从从从;";" | 从从从   └‐―――从;.〃"; ー从;从:;|;:从   
   从从从.;".从  .;从从  .;":.; 从从     ;".;"      从从         
――     从从―――; ;".;";;"从ww   从从;".;":从. ̄ ̄.;".  ; ̄

306 :810:04/10/05 01:11:05 ID:G0llDFFA
学校の図書館でまた見つけたので張ります。

1988/10/27 朝日新聞朝刊社会面
http://49uper.com:8080/html/img-s/13918.jpg
毎度毎度ピントがズレててゴメン(-人-;)(;-人-)ゴメン

>>294で張った日と同じ日の毎日新聞も手に入れたのですが、
元があまり綺麗に印字されていないため、コピーしたら更に読みにくくなってしまいました(;´Д⊂)
記事の内容はほとんど変わらないけれど。。。
地裁の判決でこの事件は終幕でいいのかな?


307 :名無しの心子知らず:04/10/05 12:40:23 ID:5moTcYer
>304さん
アドバイスありがとう。でもやっぱり
「ページが見つかりません」の表示が。
>306は読めました。

亡くなった3歳の女の子(うちの子の同じだ・・・)が可哀想でなりません。
やりきれない事件で、だけどなおさら忘れたらあかん事件だと思う。
映画みたいけど、この子が死んでしまうんやなあと思いながら
見るのはつらいやろおなあ。


308 :名無しの心子知らず:04/10/14 18:18:33 ID:CHxvqNk8
Bって奴の本名だせよ

309 :名無しの心子知らず:04/10/15 21:20:32 ID:yfQBXLt2
映画で長男が美化されまくっててびっくりした。

310 :名無しの心子知らず:04/10/16 23:10:44 ID:7Vk5dL84
地元での最終日に観てきた。
もし>>1の事件が存在していない上で、この作品が出来ていたら、
ネット上での評判どおりの評価でいいと思う。
 
悪人を描かず、社会が悪いっていうのは、描きやすいんだろうけど、
やっぱり奇麗事に押し込まれてると思った。
映画を入り口に、この事件の事を知ろう。
なんて言っても、実際に映画を見た人の何割が、事件の事を気に留めるんだろう?
テレビで事件の再現ドラマでもやらない限り、事の詳細はネット上でしかわからない。
しかも>>1の文元だって、どこまで真実に近づいてるのかわからない。
多くの人は、映画のストーリーが軸になって、これから展開していくんだと思う。
母親の母性の内面は置いていかれて、日本の現代社会が病んでるということで。

311 :名無しの心子知らず:04/11/01 23:00:12 ID:UCiG+MBV
壊れていく様子を子供の行動じゃなくて、生活の変化であらわしてたんじゃないかな。
リアルじゃなくても、何かを表現しようとはしてたと思う。

でも、悲しい事件だね。丁度今ボーダーラインについて調べてたから、
色々フィードバックする部分があってやるせなくなった。

312 :名無しの心子知らず:04/11/02 14:51:31 ID:SwPlgJfK
この事件のことはよく覚えてる。
この事件の少し前、自分も親に置き去りにされた状態で、数ヶ月生活してたから。
子供だけで生活する事の悲惨さは、言葉ではちょっと言い表しにくい。
週刊誌でこの母親の写真見たことあるけど
自分の母親とだぶって吐き気がした。
美人じゃないけど、派手目で男好きのする感じというか。

今は自分も大人になったから、母親がとても哀れな人だというのはわかる。
心が空疎で、誰かによっかかっていないと生きていけない人。
もう二度と会うこともないだろうけど、きっとどこかで
しょうもない男によっかかって生きているのだろう。


313 :名無しの心子知らず:04/11/03 14:04:47 ID:4M2O0tJw
虐待減らそうと思ったら、ズバリ「人頭税」の復活だな。
16歳未満一人につき一年10万円、コレ。

資格審査だの面倒な手間かけなくても、育児対象者を充分に制限出来る。
充分な収入もないのに生もうとする馬鹿やDQNは減るわ国庫は潤うわ、
もう、えらい事ですわ。

もちろん、払えもしないのに餓鬼作ったヤシは財産没収を強制執行する線で。


314 :名無しの心子知らず:04/11/03 14:05:11 ID:4M2O0tJw
あげ

315 :名無しの心子知らず:04/11/03 15:28:02 ID:/DI767zw
>313
そんな税復活させたら余計に堕胎率増える&出生率下がるがな。
ただでさえ両方問題になってるんだから・・・。
払えない奴は財産没収しようにもはなっから財産ないしさ・・・。
金持ちだから虐待しないって訳でも貧乏だから虐待するわけでもない。
何の解決にもならないって。

虐待を減らす&なくすってのは確かに必要。
虐待された人は虐待を繰り返す(しない人もいるけど)・・・どこかでその輪を断ち切るためにも、
セラピーなり何なり気軽に受けることができるようにしたほうがよっぽどいいし、
子供達がいざとなったら逃げ込める施設を充実させる方がいいよ。


316 :名無しの心子知らず:04/11/04 00:57:47 ID:FSN6Q7ys
>313
間引くつもりで放置orわざと危険な環境に置く
金銭的負担によるストレスを子供にぶつける
税金逃れの為に出生届を出さずに放置

なんて事が続発しそうな素敵な法案ですね

317 :名無しの心子知らず:04/11/07 10:30:46 ID:zN/bcXsj
>>253
後先考えずガキ作るやつは氏んでしまえ!愛だの恋だので召し食えんのか?あ?

あと辛くて映画見れないとか言ってる椰子いるけど事実と違って
かなりぬるめに作ってるぞ…。


318 :名無しの心子知らず:04/11/25 13:42:48 ID:7Dx8ndUT
>>317
それでもつらい人がいるからぬるめに作っているというのもあるでしょう。
現在生活している当事者への配慮と映画的なこともあるでしょうけど。

319 :名無しの心子知らず:04/12/04 23:53:48 ID:KVt4bsSf
女は子供産んだ時点で、「女」より「母親」を優先させなきゃいけないと思う。
それが出来ない人は、子供を産む資格がないと思う。

よく「私だって女としての幸せが〜」とか言ってる人がいるけど、お前の女としての幸せよりも子供の幸せを考えろと言いたい。
結局は、自分勝手、自己中心的、人間的に未熟・・・ってことなんだよ。

320 :名無しの心子知らず:04/12/04 23:56:14 ID:KVt4bsSf
>>313
人頭税なんか導入したら、それこそ出生届出さない幽霊児が増えるかもよ。
出生届だせば、税金取られるんでしょ?


しかも、少子化進むし。

321 :名無しの心子知らず:04/12/25 08:58:15 ID:NaiZRWUn
age

322 :名無しの心子知らず:05/01/23 04:51:52 ID:/0ZwxM6M
"誰も知らない"を、さっき見終わった所です。。
事実関係も読みました…ダンサーダーク以来のどんより感ですが、頑張って生きようとする姿に涙!
"itと呼ばれた子"を読んだ時のように、命についてふか〜く考えちゃいました。
私も弟が産まれた5歳の時から親には無視されボコられ続け、小学生の時は家出を繰り返し、中学の時
からたまり場暮らしを続け、今は大人になったけど、ちゃんとしなきゃな〜と猛省。自分に出来る事
を精一杯、家族を大事にしますわ、ホントホント。

323 :名無しの心子知らず:05/01/23 06:07:45 ID:Ah7r3NTQ
戸籍入れなかった男が一番悪い!幼い命がなくなったのはこの男の責任!こいつは無罪なのか?母親よりも罪重くないか?

324 :名無しの心子知らず:05/01/23 06:10:15 ID:Ah7r3NTQ
>322
えっちさしてぇ〜

325 :322:05/01/24 00:00:21 ID:rgXzDtQ7
>324
いいよ
メアド晒して。メールするよん♪

326 :名無しの心子知らず:05/01/25 05:39:19 ID:zT2u7CRf
age


327 :名無しの心子知らず:05/03/07 18:32:56 ID:1M5BsTzV
もうすぐDVDでるんであげますよ
悲しいけど、これも風化しちゃいけない事件のひとつだ。

328 :名無しの心子知らず:05/03/11 23:54:11 ID:pdaSUJL4
DVDで今日初めて観た。
苦しくて胸がつまった・・・・・

329 :名無しの心子知らず:05/03/12 13:14:00 ID:LAoMQtB7
これ、お兄ちゃんも逮捕されたんだよね・・・。

330 :名無しの心子知らず:05/03/12 13:25:30 ID:JKdrNx+Z
女性が女に走ったときは、イチズなだけに、場合によっては悲劇になるんでしょうか。
つうか、この女許せん。男もほぼ同罪か?
巣鴨だったんだ。

331 :名無しの心子知らず:05/03/19 21:38:27 ID:nWxNCk2/
ヴィラパレット

332 :遅ればせながら:2005/03/22(火) 06:33:21 ID:gxA0TMFF
遅ればせながら今日観ました。事件発覚当時週刊誌等の記事で概要は知ってたけど
改めて事実について知りたくなりました。
これは死んでった子供への鎮魂の作品と観ました。

昔の新聞記事は水死体の悲惨さゆえ記事にはわざと「美人死体揚がる」等と書いた
ものだそうです。

実際の事件も「実はそこに愛があった」とか「死んでった子はそれほど苦しまずに
死んだとか思いたいではないですか。

だれか元になった事件について書かれてるノンフィクション作品のタイトルとか知ってたら教えて
くれませんか?

333 :名無しの心子知らず:2005/03/28(月) 23:53:46 ID:3fs72Pa2
映画は長男が美化されててむかついた。

334 :名無しの心子知らず:2005/04/03(日) 02:55:11 ID:/b1mAiLA
子供たちは病院へ連れて行ってもらったことも、もちろんないんだよね。予防注射も
受けられなかったのか…。

335 :名無しの心子知らず:2005/04/03(日) 16:48:09 ID:nTx+RE2F
巣鴨のどのあたりだったの?
この事件


336 :名無しの心子知らず:2005/04/06(水) 00:19:42 ID:nvcb1HjZ
婚姻届を出していなかった、ってことは妊娠しても母子手帳をもらわなかったって
ことだよね。その時点で変だと思わなかったんだろうか?

337 :名無しの心子知らず:2005/04/06(水) 20:51:39 ID:UVpHfSPE
>336
婚姻届を出すのと、妊娠して母子手帳をもらうのはまったく別のこと。
この事件の場合は就学通知が来ないことで、子供の戸籍がないってことに気づいてる。
だから母子手帳をもらっていない→検診とか予防注射も受けられなかったはず。




338 :名無しの心子知らず:2005/04/15(金) 13:32:43 ID:JhV50og2
この事件のマンションまだ有るよね。
たしか二階の角の部屋。
俺の記憶だと、少年達は大塚のゲーセンで知りあったんだ。

339 :名無しの心子知らず:2005/04/18(月) 22:00:49 ID:zCtN/yLk
DVD買って見ました。私にも小さな子供がいて見ていて胸が詰まりました。
出生届を出されていない子供が他にもいる・・・今でも何処かで子供たちだけで
暮らしている所もあるかと思うと辛いです。なんでも揃っている世の中でも
やっぱり、人の暮らしの差は大きく平等と言う言葉無いんだなと感じました。
でも、映画の中での子供たちは不幸であるとの感情は出していなかった。
末っ子のゆきちゃんが死んだ時は泣いてしまいました・・・。
子供産むなら何歳だろうとどんな状況だろうと子供を守る覚悟位しろよ!!
って思いましたね・・・。

340 :名無しの心子知らず:2005/05/16(月) 19:04:31 ID:uBLzxKRI
今DVD見てる。
冒頭のトランクのシーンだけで、もうだめだ・・・。
切ないよ・・・。


341 :名無しの心子知らず:2005/05/16(月) 21:03:22 ID:uBLzxKRI
見終わった。
泣いてしまった。
冒頭のトランク・・・あんな形になるなんて。

342 :名無しの心子知らず:2005/05/25(水) 04:15:29 ID:TaQbI5Na
ageとく

343 :名無しの心子知らず:2005/05/25(水) 04:51:20 ID:iG3pEnBE
けど、この映画はかなり市場向けに作ってはあるよね。

もちろん現実の事件と酷似させると観客がひいてしまうってのもあるんだろうけど
あまりにも美化して映像化されてるのに不快感を持った。

その後、監督が当初からものすごく賞を意識してたってのを知ったときには
この映画の評価は完全に逆転した。

テレビで作品についてのインタビューを受けてるときにも
自分の演出技術をさも誇らしげに笑顔で語ってるのを聞いてて
胃が痛くなったのを覚えている。

まあ、これが現実社会の仕組みなんだろうけど・・・

いま、大人になっている当事者はどんな気持ちでこの映画を観たのだろう・・・
この映画で富と名声を得た監督や俳優に一体何を感じたんだろうか。

344 :名無しの心子知らず:2005/05/25(水) 12:40:44 ID:wxMAakkF
賞を意識した?
左よりだから叩いてるだけじゃん?あほか・・・。
あなたの言う名声とは違うと思うけれども、
こういう作品を作ることで、
強いメッセージを発信できる。
それがすきな人だろうとは思うけれどもね。

うちの子は2年生で、近所に3年生の子供がいる。
みんな幼いね。
親が何ヶ月も傍に居ないなんて、考えられない。
それから、一緒に虐待した少年たち。
親は何をやっていたんだろう。

うちの子と遊ぶ子供たちの親と連絡を取ろうにも、
連絡をくれない親も多い。
係わり合いになりたくないんだろうと思う。
うちに遊びに来る分には、虐待はないけれども、
このままで良いと思ってるんだろうか?


345 :名無しの心子知らず:2005/05/25(水) 19:24:58 ID:G/dzAnj/
>>343
私もそれ聞いたなぁ
カンヌで主役の子が賞もらったのに納得いってないみたいで
あれは自分の手柄みたいに言ってた
賞をもらうんなら監督賞や作品賞だってw
>>344
左よりってなにが?
あの監督、左翼なの?

346 :名無しの心子知らず:2005/05/25(水) 23:48:16 ID:GkrcvEX/
映画も結局はビジネスだからね。


347 :名無しの心子知らず:2005/05/26(木) 08:18:09 ID:+Eu0xnRz
そりゃ映画監督も映画俳優も職業なんだから仕方ないよ。
一般受けして利益が出なければ次の映画も撮れないしね。
しかしせめてこの監督もメディアに出てきてあれこれ言わなきゃいいのに。
自分は映画自体は良作だったと思うよ。
こういったキッカケでもないとあの事件に再度光が当たることもなかっただろうしさ。


348 :名無しの心子知らず:2005/05/29(日) 06:20:09 ID:i9QM5KLn
見て思ったんだけど、私、YOU演じる母親と同じタイプだ・・・。
勿論家事はちゃんとするし、子供を放置したりなんか絶対ないよ。
でも子供に対しての態度が自分とかぶる。
良く言えば子供の目線まで下がれる母親、
悪く言えば幼稚な母親。
友達親子というべきか。
映画の中の母親は、親と子の立場が逆転してるなと思った。
それは私にはないけど。

でもホント、美化されてるよね。
現実の事件ではもっともっと悲惨だっただろうに…。

349 :名無しの心子知らず:2005/05/29(日) 23:36:48 ID:4kYtEl/l
映画の序盤なんですが、なんで京子ちゃんだけ駅に迎えにいったのですか?


350 :名無しの心子知らず:2005/05/29(日) 23:56:48 ID:e3xhKYBR
>>349
トランクに入れなかったからじゃない?

351 :名無しの心子知らず:2005/05/30(月) 19:35:45 ID:abP207WQ
>>337
あなた 小梨でしょ?よほどのドキュでなければ そんな考えにならない。子どもを育て意見しましようね

352 :337:2005/05/30(月) 22:07:36 ID:F7qjEElZ
>>351
確かに、小梨ですが何か?
第一、何でそんなに威圧的なんですか?
婚姻届を出すイコール妊娠、ではないと思っているから書いたまでですが。






353 :名無しの心子知らず:2005/05/31(火) 03:26:11 ID:tpmQEMWq
ゴーグルって映画もよかってです。
虐待をうける子供の話なんですが。


354 :名無しの心子知らず:2005/05/31(火) 06:36:02 ID:0Er2HcSV
>>353
詳しく

主演の名前教えてくれると探しやすいな

355 :名無しの心子知らず:2005/06/02(木) 11:46:49 ID:zk0kvYNg
秋元なおみさんが母親
父親は利重剛

356 :名無しの心子知らず:2005/06/02(木) 12:38:03 ID:rM8WDhCW
誰も…ってそんな内容だったのね
知らんかった

357 :名無しの心子知らず:2005/06/03(金) 02:13:16 ID:aIBDQom3
みんな映画を観たあとはこのスレの最初に書いてある事件の内容を読んだ方がいいよね。
ほんと映画だけで話を済ませないでほしい。

358 :名無しの心子知らず:2005/06/04(土) 20:53:36 ID:FA7CnP7V
今、見ました。是枝宏一は「ワンダフルライフ」から好きだけど
これは、納得いかなかった。
もちろん映像は綺麗だった。いつものほうに本当に綺麗だったけど
この事件が実話であると知ると、あの終わり方でいいのか?
何か、結論や結果らしい物をみせなくてもいいの?
それが「芸術」という人もいるかもしれないけど、
なんとなく腑に落ちない。年をとったせいかな?

359 :名無しの心子知らず:2005/06/08(水) 23:39:37 ID:ivfw56iK
>>351
あなた小梨でしょ?
>>337の書いてる事は事実であって間違ってはいないけど?

実際に籍が入ってなくとも母子手帳は貰える
「これから籍入れるんですけど」と言えば
「それじゃ入籍後の苗字で書いといて」と言われるし
戸籍とは全く管轄が違うので、素で間違った苗字書いても恐らく追求されない

とはいえ、貰ったのなら記録は残るし
貰いっぱなしで予定日大幅に過ぎても音沙汰が無ければ保健所から連絡が来ると思うので
きっと貰ってなかったんでしょうね
父親が死産または流産という形で連絡を入れてた可能性も無くは無いが…
(そこまで手の込んだ事をするとは思えんが)

それと
>よほどのドキュでなければ そんな考えにならない。
そもそも、よほどのドキュでなければこんな事件になりませんが何か?
337の価値観がどうこうでなくて、この事件の母親がどう考えてたかって話でしょ

360 :名無しの心子知らず:2005/06/12(日) 19:18:13 ID:WJ0CvviZ
今更ながら最近DVDで観ました。
何とも言えない、悲しい切ない気持ちになったけど
観て良かったです。

確かにこの母親の行為は愚かだし許せないけど、
私にはこの母親も少し可哀想な人に映ります。
こいつが物凄く意地悪で、子供のことを愛していない嫌な奴だったら、
この母親を責め何の躊躇もなく憎めるのですが、
彼女は彼女なりに子供達のことを愛していたと思うんです。
たとえ同じ屋根の下に暮らしていても、子供を理解せず愛していない親や、
母親として自分の子供を守っていくのは当たり前だけど、自分の事も大事で可愛い。
この映画の母親ほど極端ではなくても、そんなギリギリの所を歩いている大人は沢山いると思う。
だから>>230さんの
>>「子供を愛してるとは思うんだけど、頭が悪いのが
残念」というような意味のことを言っていたみたいだよ。
に、物凄く納得しました。

子供は無条件で親を愛しているのに
何故大人はそれができないんでしょうね。

>>361

361 :名無しの心子知らず:2005/06/12(日) 19:19:28 ID:WJ0CvviZ
>>続き

観終わった後、実際にあった事件をモチーフに作られた映画と知って、
気になってぐぐったら、>>1さんが貼ってあるリンク元に辿り着き、事件のことを知りました。
で、あの映画を観た他の皆さんがどんな感想を持ったか気になって
ここのスレをみつけました。

事件を知ってて、この映画を観られた方は
『綺麗すぎる』と憤りを感じる方もいらっしゃるみたいですが、私は
暴力的な表現がないからこそ、子供達の純粋さひたむきさや笑顔などに
ただただ胸が痛くなり考えさせられ、もっと詳しく知りたいという気持ちになりました。
綺麗だからこそ、素直に見れる作品だと思います。

これが事件に忠実に描かれた映画だったなら、
『酷い事件があったんだなー』と感じて終わりだったような気がします。

監督さんも、巣鴨で痛ましい事件があったことを知って欲しくて作ったのではなくて、
こういう事が起こりえる時代だということに目を向けて欲しかったんじゃないでしょうか。

今の私には何もできないけど、取りあえず周りの友人にこの映画を勧めています。
長々と失礼しました。


362 :名無しの心子知らず:2005/06/13(月) 00:18:57 ID:z2uSRUWJ
>>357に同意。
映画より前にこの事件を知ってえらいショック受けたから。
元友達に子供二人だけど次々男にハマってるのがいる。
その元友達の父親が夕方にご飯作りにくるけど。
本人に何言っても聞く耳持たない(私をウザそうな顔)
学校から電話あっても一切出ない。
私に出来る事は上の子の携帯に電話して
「何かあったらいつでも連絡しておいで」と伝える事しかできない。
児童相談所には学校から連絡が行ってるらしい。
とにかく周りが注意して早く気付いて通報するしかないと悟った。
チラ裏ですた。

363 :名無しの心子知らず:2005/06/13(月) 08:58:54 ID:jaqdo7IZ
シングルマザーは恋愛するなとは言わない。
でも恋愛の前にやる事あるよね。

やる事が嫌or面倒くさくて恋愛に逃げるのはだめだよ、やっぱり。

364 :名無しの心子知らず:2005/06/17(金) 03:19:26 ID:L9FmLhqG
この映画は微妙だったなー。なんかフワフワした感じで全然泣かなかった。
もっと深刻な筈なのに下の子が死んだ時も妙にほのぼの・・・
やっぱり現実の方がよっぽど辛い。

365 :自分の経験<長いでぇ1:2005/07/08(金) 23:58:37 ID:qo8x6xa3
今日、レンタルで見ました。
いやな予感的中、私も同じ境遇の時期があり、
あの時の不安なふわふわした感覚がフラッシュバックしてもうた。

当時、私は10才、兄は11才、弟は6才。
母は父のDVに耐えかねて失踪、その後、父と兄弟とで引っ越しをした。
父は最初、子供らを引き取る気がなく、母方の親戚に何度も
子供3人だけで行かされた。1食は食べさせてくれるが帰される。
これを何度も繰返した。父に「ここで待っていなさい」といわれ
母方親戚の家の近くに置き去りにされたこともあった。
子供は「待ってろ」といわれたら何時間でも待っている。
1日、その街角に立って待っていた。3人で。
やっと父が現れて「待たせたな、帰ろう」と。
どうやら捨て切れんかっらたしい。そん時父は、面倒を見る事を決心したようだ。
その間、3ケ月くらい、私らは、学校に行けなかった。
(父がその後、やっと転入の手続きをした)

ところが、父が車であて逃げをしてた事を知らなかった。
ある朝、警察が来て、父は連れて行かれた。
警察の人は、子供3人がいるのを見ているのに、なんのフォローもなかった。
そのまま、子供3人で生活をしていた。
手持ちのお金も無い。でも、親戚には頼れない。
なんせまた突き放されるだけだって思っていたから、子供だけで暮らしていた。
なぜか不思議と、学校の先生とか友達とかに言う気は起こらないのよね。
これは、すごく恥ずかしい状況だと、思っていたから。
そんなこと言うくらいなら、餓死した方がましだと。

366 :自分の経験<長いでぇ2:2005/07/08(金) 23:59:00 ID:qo8x6xa3
父から手紙が来た。どうやら交通刑務所というところにいるらしい。
腹違いの兄(親子程年が違う)が、そちらにも届いた父からの手紙で事を知り、
かけつけてくれた。お金もなんとかしてくれた。
でも、こちらから直接無心するわけにはいかない。
ほんとうにお金が少なくなった時、困った私達は、父に「面会」に行くことにした。
会いさえできれば、お金を渡してくれるのではと思ったから。
子供3人で、もう片道だけのお金くらいしかしかなかったけど、
父が手紙に「新聞が読みたい」と書いていたので、なんとかお土産に新聞を買った。

でも、面会の前の説明で「差し入れはできない」と言われた。
新聞は前もって定期購入が必要とのこと。そんなお金はない。
面会で、父に新聞を見せてあげられなかったことを謝った。
父に無心をしたが、お金は刑務所に預けてあるので、渡せないんだと言った。
きっと父はあとで泣いてただろうな。子供にそういう思いをさせたって。
面会の時間はすぐに終わり、私達は帰る電車代も無く、途方にくれていると、
門の警備のおっちゃんが話しかけてきた。
わけを話すと、不憫に思ったのか、5000円貸してくれた。

その後、父が出てくるまで数カ月、子供だけで暮らした。
まわりには隠し通したので、「誰も知らない」状態。
時々、腹違いの人達が助けてくれたので、あの映画よりはましか。
でも、こころの中は、あの時期を封印したがってるよ。
(そのお金は出所の時、父が本人に返したとのこと)

367 :自分の経験<長いでぇ補足:2005/07/09(土) 00:05:58 ID:20mwcZWJ
>(そのお金は出所の時、父が本人に返したとのこと)

これは、刑務所のおっちゃんが、貸してくれた5000円のことね。
なんで最後の行に書いてしまったんだか、、


>ところが、父が車であて逃げをしてた事を知らなかった。

これを知らなかったのは、子供3人。
あて逃げた本人はもちろん、知ってました。

368 :名無しの心子知らず:2005/07/10(日) 02:59:44 ID:JY16ToWD
育児板にあったYO

巣鴨●誰も知らない●置き去り
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/baby/1091211123/

369 :名無しの心子知らず:2005/07/10(日) 04:00:23 ID:JY16ToWD
>>365
読んでてせつなくなりました
あまりにも衝撃的で
それしか書けなくてごめんね

ところで、今は毎日を楽しく過ごしてる?
お互い何の面識もないのに
気になってしまいました

あなたが幸せであれば
私も嬉しいのですが

370 :名無しの心子知らず:2005/07/10(日) 19:36:00 ID:/bfCpJvo
>>365
今はどうしてる?幸せに暮らしてる?
私も気になる。せめて今が良ければ…と思う。

悪いけどageちゃうよ。

371 :365 やっぱ長い1:2005/07/11(月) 11:59:50 ID:Y1DX4cKI
369さん、370さん、ありがとうございます。
今は、結婚して、自分にはもったいない旦那と子供と、
一緒にしあわせにしております。

しかし、私は幸せでも、
現在兄は、重い鬱病(認定)、
弟は成年後、一人暮らしから移動をかさね、現在行方知れずです。
(居所が不明になって10年経ちます)
これは、本来の意味でのオーライとは言えないでしょうね。
自分だけ不安定な状況から「いち抜けた」という罪悪感があります。

父はもう亡くなりました。
母にはDVな父でしたが、子供には愛情ある父でした。
父と母とのDV関係は、大人になって子供をもうけた今でさえ、
消化しきれていない謎です。
父は当て逃げをしたのは、母との確執の混乱の中、
ついやってしまったということですが(後年談)、
許されることではありません。

372 :365 やっぱ長い2:2005/07/11(月) 12:00:46 ID:Y1DX4cKI
このスレに書きたかったのは、
「誰も知らない」という映画は、きれいな映像、メルヘンチックな描写で
映画作品として美しく仕上がっていましたが、
人死にのあった巣鴨の事件のみにかかわらず、ああいう思いをしている子供たちは、
いまも人知れず、結構いるのではないかと思った事です。
あの状況は、決してああいうゲイジュツテキに美化するものはないなあと、
見てて、つくづく心が痛くなりました。
本人たちは見たかしら、見てたら一体どう、思ったでしょう。
「そんなもんじゃない!」と叫びたいのではないかしら。

自分達に幸運だったのは、その期間、子供が誰も病気や怪我をしなかったこと、
思いもかけず、腹違いの人たちが、助けてくれたこと、
それがなかったら、危なかったかもしれませんね。
残った傷跡は深いです。

長いのに、読んでくれた方、ありがとうございました。

373 :名無しの心子知らず:2005/07/11(月) 13:35:57 ID:A2MMwnX2
宿命…なのかな。
どうしてこうも差が出るのかね。環境に。
お兄さんが鬱病になるのも、弟さんが行方不明になるのも、
なるべくしてなった…というか…
悲しい話だ。365さんを責めることも無い。もう充分。
自分の夫と子供を大事に今を生きて欲しい。

374 :名無しの心子知らず:2005/07/11(月) 19:06:03 ID:r9SZPLLe
>>372
ガンガレ!
出来れば、探偵を雇ってでも弟さんを探してほしい・・・。

375 :名無しの心子知らず:2005/07/19(火) 17:09:19 ID:JmiFizcc
>>372
ダメだ・・・言葉にできない。でもこれだけは言わして下さい。
書き込んだ貴方の勇気にありがとう、そして生きてください。



376 :名無しの心子知らず:2005/07/25(月) 07:40:20 ID:lgizd48+
-虐待の定義- 保護者の怠慢ないし拒否(ネグレクト)

 ネグレクトとは、遺棄、衣食住や清潔さについての健康状態を損なう放置(栄養不良、極端な不潔、怠慢ないし拒否による病気の発生、学校へ行かせない、など)をいう。
児童虐待調査研究会(1985年)による児童虐待の定義より
 
 上記はネグレクトの最悪のケースを規定したに過ぎないと私は思います。ネグレクトとは、養育者として果たすべき義務と責任を怠慢し放棄することであると思うからです。では、養育者としての責任とはどのようなものでしょう?
親は子供の肉体的なニーズ(衣食住をはじめ、体の健康に必要としていること)に
 応えなくてはならない。
親は子供を、肉体的な危険や害から守らなくてはならない。
親は子供の精神的なニーズ(愛情や安心感、常に注目してやることなど、心の面で必要としていること)に応えなくてはならない。
子供を、心の面でも危険や害から守らなくてはならない。
親は子供に道徳観念と倫理観を教えなければならない。

377 :名無しの心子知らず:2005/07/25(月) 23:43:14 ID:Hxhsk4KE
てか、もうアポロチョコくえないよ。
3歳の娘がスーパーでこれ食べたいーてゆうけど
これはダメ!と触らせないようにするもん。
怖くってさ…きのこの山買ってやってるよ…

378 :名無しの心子知らず:2005/07/26(火) 01:03:01 ID:PgzZtr0x
  /\___/\
/ ⌒   ⌒ ::: \
| (●), 、(●)、 |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  ,,ノ(、_, )ヽ、,,   |  < オットット
|   ト‐=‐ァ'   .::::|    \_____
\  `ニニ´  .:::/
/`ー‐--‐‐―´´\


379 :名無しの心子知らず:2005/07/27(水) 10:24:29 ID:kRi1+Gqq
恥ずかしながら、この映画はつい最近見ました、それまでこの事件が、あった事も
忘れていました、映画は美化されてるというような意見もあるけど、それはそれで
よかったのではないかと思います、再現フィルムを作るのが、目的だったのでもないだろうし
この映画のおかげで、事件のことあらためて考えるきっかけになったし、もう忘れることも
無いと思います、監督には、感謝しています
365さんの兄弟のこと、気になります、弟さんとは、いつか連絡がとれるといいですね
ところで、自分はというと弟と妹がいて、子供のころの家庭環境は、かなり複雑で
嫌な思いをすることも、少なくはなかったけど、学校へはそれなりに行けたし
今は、親はともかく、弟も妹も家庭を持ち、なんとかやっているようです
自分は、まだ子供には恵まれていませんが、もし自分も親になれることがあったら
精一杯のことをしてやりたいし、近所の子供にも以前より目が向いています

やっぱり、「誰も知らない」は、みんなにみてもらいたいです
そして、考えてもらいたいと思います


380 :名無しの心子知らず:2005/07/27(水) 14:25:35 ID:PkLpBaCb
>>372
 
 >あの状況は、決してああいうゲイジュツテキに美化するものはないなあと、
 >見てて、つくづく心が痛くなりました

新聞記事やニュースだけでは忘れ去られてしまいます。
映画やドラマで少し敷居を低くして、世間が事件を知るキッカケになれば、
それはそれでいいと思いますが。それが映画やドラマの役割でもあります。
だって、皆さん、どれだけの事件を新聞やニュースで見て覚えてますか?
大変な事件のこと、ほとんど知らなかったり忘れてたりしてませんか?

劇中の表現の美しさは「無邪気さ」を表現していると思いました。
子供って、ことの深刻さをしっかりと理解できないものです。
表現が美しければ美しいほど、辛さが滲み出る演出になってますよね?

それらの面を含めて、私はこの映画は結構よく出来ていると思いました。
(但し、西巣鴨の事件と映画の世界は全く別物と考えたほうがいいですよね?
)

調子にのって書き込んでしまいました。お目障りでしたら、すいません。

381 :名無しの心子知らず:2005/07/27(水) 16:59:08 ID:kRi1+Gqq
人や社会は、教訓を得ることが必要だと思います、その為にも、このような事件を
知り、忘れないことは大事だと思います、もう亡くなってしまった三女を、生き返ら
すことは出来ないのですが、同じようなことを繰り返すことを減らすことは、出来る
はずです、もしこの映画をみることがきっかけで、事件を掘り起こし考えてくれる
人が一人でも多くいて、それにより救われる子供がいるとするなら、また思い直して
くれる大人が、いるのであれば、いいのではないでしょうか
少なくとも自分の周りでは、こんなことが起こらないように気をつけることを
心に誓います
この事件、この映画は、自分達の気持ちに、一石を投じてくれたと思います




382 :名無しの心子知らず:2005/07/27(水) 21:58:52 ID:fXWhKkUa
花の種とってアパートで牛乳パックとかで育ててたじゃん。
弟君が一生懸命水やっててさ。
ああいうのが一番泣けるんだよ、私。

あとさ、公園でみんな遊んでて、ユキちゃんが公園によく置いてる動物の置物だっけ?上に乗れるような奴。
あれからひょいって飛び降りると、お姉ちゃんが置物の上から砂をはらって落としてるんだよ。きれいに掃除して。
あのシーンがね、なんかいいお姉ちゃんだなあって。

383 :372:2005/07/27(水) 23:50:19 ID:Q3FyQc8d
そうですね、
>380さん、>381さんのように
考えてくれる人が多ければ、良いと思います。

ただ私は、あの映画を問題提起や啓発の作品として見るのではなく、
単に美しい画像のエンターテイメントとして見る人の方が
多いのではないかと思いました。
カンヌで賞をとったのは、そういう意味なのではないでしょうか<芸術性

そうなるとちょいと悔しい気がします。
でも、お役所の啓発映画だと、見る人も少ないでしょうし、
話題性にのっかるということで、広く多くの人が見れば
いいんでしょうけど、、、、
でもね、テロップ入れて欲しかったな。
「この作品は実際に起きたこういう事件をモチーフとして…」とか。
そしたら、その事件をしらなかった人も、心にとめてくれると思うので。

384 :名無しの心子知らず:2005/07/28(木) 06:22:56 ID:kDhdCcQG
育児の責任放棄という観点から言えば、
自分は家に居たくないからといって外に出てしまい、
配偶者の暴力・暴言から子供を守ってやらないのも、病気の子供を病院につれていってやらないのも、
それどころか病気の子供を一人にして自分はテレビを見ているのもネグレクトでしょう。
育児に関する知識不足で、満足に子供の面倒を見ていないのも、子供に食事の仕度をしてやらないのもネグレクトです。
子供が自分で食事をなんとか用意しなければならず、その環境に慣れてしまって「これが当たり前」と思うようになっているのも
実はネグレクトの悲しい結果なのです。
 もう1つ結果といえば、きちんと叱らずに甘やかしたせいで、子供の倫理観が欠如しているのを嘆いても、
それは親がネグレクトした結果にすぎません。
育児の責任放棄・怠慢と、放任主義は違います。

放任主義という名目で子供への義務を果たさないことは、虐待です。
 放任主義というのは、しっかりと子供を支える環境にあってはじめて言えるものです。
子供が失敗した時にはフォローがあるのが放任主義で、子供が失敗したとき何のフォローもされずに放置されるのがネグレクトです。
「いざという時は、助けてくれる」その確信が子供に宿るような接し方が放任主義で、
そのような感覚は子供に「自分は愛されている」「自分はOK」「この世はOK」という基本的信頼感を育みます。
 けれど、ネグレクトの環境下にあっては、「いざという時にも、どうせ助けてくれない」と子供に思い知らせ、
それは「自分は愛されていない」「自分はNO」というこの世への不信を植え付けます。

385 :名無しの心子知らず:2005/07/28(木) 06:49:53 ID:kDhdCcQG
育児の責任放棄・怠慢と、放任主義は違います。
放任主義という名目で子供への義務を果たさないことは、虐待です。
 放任主義というのは、しっかりと子供を支える環境にあってはじめて言えるものです。
子供が失敗した時にはフォローがあるのが放任主義で、子供が失敗したとき何のフォローもされずに放置されるのがネグレクトです。
「いざという時は、助けてくれる」その確信が子供に宿るような接し方が放任主義で、
そのような感覚は子供に「自分は愛されている」「自分はOK」「この世はOK」という基本的信頼感を育みます。
 けれど、ネグレクトの環境下にあっては、「いざという時にも、どうせ助けてくれない」と子供に思い知らせ、
それは「自分は愛されていない」「自分はNO」というこの世への不信を植え付けます。
また、アイデンティティとは他者との関係で自己規定するものですが、
1番鏡とするはずの親がネグレクトするような親では、子供は将来必要となるコミュニケーション能力を育てることもできず、
子供自身のアイデンティティも親のように頼りない、霧のようなたえず揺り動く不安定なものになってしまいかねません。

 「加えられた傷」というのは明らかです。しかし、ネグレクトのような「何も与えられない傷」というものは自覚しにくく、
それでいながらどの傷も同じように子供の心を痛めつけるのです。

 最後にもう1つ、

離 婚 届 とは、子 供 へ の 義 務 を 果 た さ ず に
すむようになる 免 罪 符 ではなないということも、言えると思います。

386 :名無しの心子知らず:2005/07/28(木) 09:09:08 ID:CWV84CqN
映画は芸術作品と見た方がいいでしょ。

387 :名無しの心子知らず:2005/07/28(木) 10:15:13 ID:/xfhMDvq
> 「この作品は実際に起きたこういう事件をモチーフとして…」とか。
えーと、映画の冒頭に思いっきり入ってるけど?

388 :名無しの心子知らず:2005/07/28(木) 12:19:55 ID:keu+gAQd
始まる前から涙でかすんで文字が読めなかったんじゃないか?
と、好意的に解釈してみる

389 :名無しの心子知らず:2005/07/31(日) 18:04:50 ID:xis8uA3n
当時7歳だった長女と俺が同い年と聞いて鬱。

390 :名無しの心子知らず:2005/08/08(月) 01:17:56 ID:+XWS3fJs
今頃レンタルで見ました
火垂るの墓と連ちゃんなんで子持ちにはキツイです

391 :名無しの心子知らず:2005/08/08(月) 01:27:34 ID:EaAs5e3i
実際に起こった事件を「モチーフに〜」という一言で
芸術作品と割り切れるってすごいですね。


392 :名無しの心子知らず:2005/08/08(月) 14:59:41 ID:+N2eW48n
別にすごくはないでしょ

393 :名無しの心子知らず:2005/08/09(火) 02:54:16 ID:MbySOi1X
例えば
アメリカが、事実をモチーフにしたフィクション、と断った上で映画
を撮ったとします。タイトルは「誰もしらない原爆」

日本にやむなく原爆を2発落とした。
しかし、犠牲者の死因はすべて原爆ではなく栄養失調であった、という内容。

事実をモチーフにしたフィクションだからと言って、「演技最高!感動しました!」と言うほど
日本人は単純じゃないでしょう?それは、原爆で受けた傷を私たちの間で多少なりとも
共有できているからだと思います。だから自然に犠牲者の人権と名誉を守りたいと思うのでしょう。

この置き去り事件は、原爆に比べ、社会の認知度も低く、犠牲者の受けた傷を私たちの間で共有し
にくいかもしれません。しかし、死者の数としては少ないですが、原爆の犠牲者と同様、不当な
扱いを受け命を落した犠牲者がいるのですから、決してその人権・名誉を軽んじてよいということは
ないはずです。
折檻されて殺されたのにも関わらず衰弱死にすり替える、加害者の存在を隠す、また、
このような事態を引き起こす原因となった背景−両親の責任をうやむやにするような描写は、
犠牲者にとって屈辱ではないでしょうか。

もちろん、犠牲者がどのような想いで死んでいったかはわかりません。けれども、少なくとも人の死因
については事実をそのまま伝えるべきだと思います。モチーフにするのは結構ですが
人の死の原因をすり替えるというのは、その人の人生に対する侮辱ではないでしょうか。
皆さんのお子さんが、よその子供に殺されたにも関わらず、衰弱で死に、加害者などいなかった、という
ふうに描かれたらどう思いますか。事実をモチーフにしたフィクションと称して。

劇中ではその存在が最初から消されている、先に死んだもう一人の子供が哀れでなりません。
これも事実をモチーフにしたフィクションという理由で許されるのしょうか。



394 :名無しの心子知らず:2005/08/09(火) 14:03:04 ID:TAbEkxrG
真実なんて誰にも分かりませんよ。
最低な親?子供は善?被害者は100%哀れ?
どこにどんな落とし穴と悪意と悪戯心があるか?
我々はもし現場にずっと居合わせたとしても、
そんなの分かりませんよ。

それから、そんなこと言ってたら、何も創れませんよ。
何かを作るってことは、誰かを絶対に傷つけますから。

395 :名無しの心子知らず:2005/08/09(火) 17:33:53 ID:+6Yhhc89
> 日本にやむなく原爆を2発落とした。
> しかし、犠牲者の死因はすべて原爆ではなく栄養失調であった、という内容。
なんか例え自体がまったくの的外れだと思うんだけど・・・

396 :名無しの心子知らず:2005/08/09(火) 22:55:14 ID:BSOqFccD
>>393
なんとなく・・・言いたいことはわかる。
例えば「女子高生コンクリート詰め殺人事件」を映画とはいえ
美化されたら嫌だなーと思った。
犯人達に陵辱され虐待されて・・・それを衰弱死と扱われてしまったら、
確かに被害者や遺族は浮かばれん罠。

たとえフィクションだとしても、実際の事件を扱っている以上は、
加害者の存在をうやむやにするべきじゃないと思う。
ただ単に芸術作品が作りたかっただけなら、実際にあった事件をモチーフ
になどせず、一から全くの創作にするべきだったと思うな。



397 :名無しの心子知らず:2005/08/10(水) 07:12:37 ID:sbxfPL8O
なんか話なげーなー

398 :名無しの心子知らず:2005/08/10(水) 09:17:40 ID:bdGvVQrt
ここを読むと日本が後進国
っていうのがハッキリと分かるね。

399 :名無しの心子知らず:2005/08/10(水) 12:41:05 ID:kbmZ4rI9
>>397
そう?普通の長さだと思うけど。
いくら自分と意見が違うからって、そういうところで文句つけるのはイクナイ。

>>398
????どういう意味?つか何がいいたいのでせう?

400 :名無しの心子知らず:2005/08/10(水) 13:06:10 ID:W6aFApN0
〉398
映画後進国だって言ってるの?
くだらね。ここぞとばかりに語りたがるのが
お前らオタクなんだw
作品についてだけ語りたいなら映画板逝け。

401 :名無しの心子知らず:2005/08/10(水) 22:10:23 ID:TOHrn4XP
>>399
先進国だと子供の人権を一番重要視され、実の親でもキチガイ(DVも含む)
なら親権ははく奪され、子供は、行政に保護される。

子供の人権が守られない日本は、後進国。
(アジア全体的にね)

402 :名無しの心子知らず:2005/08/13(土) 10:42:25 ID:OkIbTiF6
母親に引き取られた妹2人は、どうなったんだ?
まともに生きてるのか?
長男は、今どうしてるの?もう三十路だよね

403 :名無しの心子知らず:2005/08/13(土) 22:48:06 ID:foKRHjZu
誰が誰に対して赦されるか赦されないかを決定するの?

404 :名無しの心子知らず:2005/08/13(土) 22:50:40 ID:Ocxtn2u7
豚ぎり
ヤギラ君の声変わりにゾクゾクしました

405 :名無しの心子知らず :2005/08/14(日) 01:45:47 ID:89laam1c
>>402

お兄ちゃんの場合、身元がばれるとかえって、自然な感情で支援する人が
多いと思うな。

本人の素養(対人関係のスキル等)がよっぽど悪く無い限り、無難な人生
送ってると思う。
……というかそう思いたい。


406 :名無しの心子知らず:2005/08/14(日) 03:24:09 ID:jiVvjgFa
2005年7月28日

(前略)

 さて、本題。
少し前に吉田さんという方から「危険」と題されたメッセージが送られて来まして、
とても刺激的な、というか挑発的な(笑)内容だったので、これは何か反応しなくてはと思っていたので、ちょっと思ったことを書きますね。

吉田さんは、この『誰も知らない』がリアリティを欠いたファンタジーになっていると指摘されていて、その根拠のひとつとして「万引きのシーン」を取り上げています。
「明の境遇に置かれた少年は、躊躇はしても最後は万引きをするでしょう」と。
 すごく重要なポイントなんですけど、僕がどう考えたか、というと「しないとしたらどういう状況が考えられるだろうか?」ということだったんです。
そこが出発点。
で、友達に誘われる前に一度、コンビニの店長に疑われるという体験を彼にさせました。
そこで住所を訊かれ、「警察」という言葉を店長から発せさせました。
明としてはそのような結果を招いてしまうと、兄妹たちの生活が壊されることになりかねない。
その危険性を察知しているからこそ、友達にゲームのような形で万引きを誘われても、しない。

 そのように考えました。
そしてそこにはまさに「ああいう子は万引きをするはずだ」という思い込みに対するアンチテーゼを含めたつもりでした。
平泉成さん演じる店長は「お父さんいないの!?」と「それで万引きをしようとした合点がいった」というニュアンスでつぶやきます。
まさに、それが世間の眼でしょう。
僕は、明という主人公の中で起きている葛藤を、そのような「世間の眼」の届かないものとして描きたかったのです。

407 :名無しの心子知らず:2005/08/14(日) 03:24:45 ID:jiVvjgFa
 吉田さんはリアリティの無さのもう1つの理由として「明の言動が大人の方程式で理路整然と描かれていた」ことをあげています。
 僕は明の言動を、理路整然と描きました。
まさに大人のように。
それは彼がこどもであることを奪われているからです。
そして逆に、母や父であろう大人の男たちをむしろこどものように描いたつもりでいます。
だから、その点に関しては吉田さんの指摘は的確だと思います。
しかし、あえて作者として反論させてもらうとすると、もちろんこれは推論と僕なりの類似する実体験から来る想像ですが、
明のような状況に置かれたこどもは、そのような「大人」としての振る舞いをするのではないか・・・と考えています。

 僕はこの映画を、そんな「大人」として生きてきたひとりの少年が、ふとしたきっかけで誘われて野球をする、というそれこそ「こども」としての時間を過ごすことで、
逆に永久にそのこども時代に別れを告げる話である、というように捉えていました。
その為にも彼の言動は大人のそれとして描いておく必要があったと考えています。
どうでしょう・・・・・。

 吉田さんは僕が「置き去り事件のようなことが再発しないためにも映画を観て欲しい」と話していて、
もしそう考えているのならこの映画は「まったくその意図に逆行する」と述べられています。
「親に捨てられた子供はその程度の差はあれ、必ず自分自身に価値を見出さなくなるはず」で、
「それが子供を自傷行為や他者への暴力、脱法行為に向かわせる」のだ、と。
 つまり、このような状況に置かれたこども達のそのような行為を描いてこそ、社会への警告として映画がその役割を果せるのではないか? という指摘でしょうか・・・・・。
以前にも「この映画を観たら、バカな母親は、子供はほうっておいても勝手に育つと勘違いしてしまうのではないか?」といった趣旨のメールが寄せられていたことがありました。

408 :名無しの心子知らず:2005/08/14(日) 03:25:36 ID:jiVvjgFa
 吉田さんは「その影響について、監督はどのように責任を負われるのでしょうか」と書かれています。
 まず、僕はこの映画を置き去り事件再発防止を目的として作ったわけではありません。
僕の取材をした記者の方がそのような記事のまとめ方をしたことは、あるかも知れませんが、
僕自身がそのような趣旨の発言をしたことは全く無いと断言できます。
すごく本質的な話なので批判を覚悟であえて書きますが、
この作品を観た方々がどのような反応を示し、感想を持つかということに関して、僕は一切の責任を負うつもりはありません。
「負える」という作者がいたとしたら、そのことの方がよっぽど危険だし、傲慢だと思います。
表現とはそういうものです。だからその意味では吉田さんが言う通り「危険」を伴う行為だと思っています。
だからこそ、その自覚は忘れずに慎重になる必要はもちろん求められるのですが、観た側の心理の動きは、はっきり言ってわかりません。
作り手の立場の傲慢な発言だと思われるかも知れませんが、
僕自身は観る側として他者の作品に触れるときにはそんな受け身の態度で接していないですよ、はっきり言って。
 逆に言うと、例えばこの映画を観た100人が100人とも
「ネグレクトはいけない。放っておいたらこどもは大変なことになる」といった同一の感想しか持たないとしたら、
それはとても気持ち悪いとは思いませんか?

 そのような画一的なメッセージしか観たものに生みだせないとしたら、
それこそ、それは作品ではない、コミュニケーションですらない、洗脳であり、ただのプロパガンダに過ぎないのではないでしょうか・・・・。
僕はそう考えます。

409 :名無しの心子知らず:2005/08/14(日) 03:26:46 ID:jiVvjgFa
 最後にひとつだけ。
 吉田さんは「もし監督に今もドキュメンタリーの精神が生きているのなら」批判意見も載せてみては、と書かれていましたが、
このホームページ上のメッセージには出来るだけ幅広い感想を掲載したいと思っていますから、
個人的な中傷の類や、あまりに意味・意図の不明な文章である場合を除いて、批判意見も掲載するようにしています。

 で、「ドキュメンタリー精神」というのが何を意味するのか僕には今ひとつわからないのですが、吉田さんのここまでの文章から想像するに、
作品を通して社会にその「矛盾」を訴えて改善していくことを目的とするような態度を指すのだとしたら、
それは「ドキュメンタリー」というものの捉え方自体が間違っていると思います。
間違っているという言い方が強過ぎるなら、せまく捉え過ぎています。
 「ドキュメンタリー」というものは、最初から目的が明解なプロパガンダとは異なり、
(取材)対象との関係の持続とその変化を同時進行で記録していくものだ、と僕は捉えています。
だから時として、当初意図していた方向とは全く逆の着地点に辿り着いてしまうこともあります。
それが面白さであり、難しさであり、自由さであり、ドキュメンタリーの持っている「危険さ」であると思っています。
そのような自由な「精神」は劇映画というジャンルに取り組む時にも忘れないでいたいと僕は思っています。今でも。

 長くなりました。これで終わります。
 刺激をされたので、又、少し、自分の中でも整理がついたみたいです。
 それでは又。


是枝裕和

410 :名無しの心子知らず:2005/08/14(日) 03:27:19 ID:jiVvjgFa
危険

2005年7月11日 吉田

遅ればせながら誰も知らないを拝見させていただきました。
子供達の姿、YOUさんの演技はすばらしかったです。
彼らの存在感は、この映画に対する賞賛の大きな要因になっていることは間違いないでしょう。

しかし、私はこの映画を見た後、怒りにも近い苛立ちと危機感を抱きました。
子供達を捨てた母親に対する怒りではありません。
この題材をこういう形で描いた監督に対する怒り、そして、それに対する世の中の賞賛に対する危機感です。

ドキュメンタリータッチで描いていながら、子供達の言動や心の変化はきわめてリアリティーに欠き、ファンタジーとなっています。
たとえば、初めてできた外の世界の友達に万引きを命じられるシーン。
明の境遇に置かれた少年は、躊躇はしても最後は万引きをするでしょう。
そしてその行為こそが、少年の心の隙間、初めての友達にすがりつきたい悲鳴を表現するのではないでしょうか。

子供の心は子供のルールで変化するものであり、大人の心の方程式は当てはまらないと思います。
それゆえに、ゆがんだ時は大人の想像を超える残酷さや大胆さとなって表面化するときがある。
そうしたリアリティーがなかったように思います。
明の言動が大人の方程式で理路整然と描かれていたように感じます。

411 :名無しの心子知らず:2005/08/14(日) 03:28:04 ID:jiVvjgFa
また、リアリティーのなさにつながった決定的要因は、子供達がみな、健全に自分自身を大切にし続けていること。
親に捨てられた子供はその程度の差はあれ、必ず自分自身に価値を見出さなくなるはずです。
そしてそれが子供を自傷行為や他者への暴力、脱法行為に向かわせる。
残酷な描写を含まなくても、自分を無価値と感じている子供達を表現することは可能だったのではないでしょうか。
監督は「置き去り事件のようなことが再発しないためにも映画を見てほしい」という趣旨のことをどこかでおっしゃっていましたが、
もし本当にそう思っているのであれば、この映画はまったくその意図に逆行すると思います。
本当にそう思ってこの映画を作ったのであれば、監督ご自身が巣鴨の事件の本質を理解されていないのではないかと危惧します。
子供達の幼少時の経験は、人格障害などの形で一生涯にわたってその後の人生を汚染します。
その重みを本当に理解していたらこの映画は作れないのではないかと思います。
同様にこの映画を賞賛する人達はその重みについて誤解し、危機感を欠いたまま分かったつもりになってしまうのではないか、と危惧します。

これはフィクションです。しかし、実際の事件をモチーフにしていることを前面に出している以上、見るほうはその事件と結び付けて見ます。
そしてフィクションだといわれても、ドキュメンタリー風の演出もあいまって、観客はこの映画をリアリティーとして見ます。その影響について、監督はどのように責任を負われるのでしょうか。

蛇足ですが、人々に問題意識をもってこの映画について考えてほしいと思っていらっしゃるのであれば、HP上に賞賛のメッセージのみではなく、批判意見も載せてみてはいかがでしょうか。
もし監督に今もドキュメンタリーの精神が生きているのなら。

412 :名無しの心子知らず:2005/08/14(日) 03:29:54 ID:jiVvjgFa
>>410-411の書き込みに対する監督の回答が>>406-409

413 :名無しの心子知らず:2005/08/14(日) 22:13:39 ID:YG1+dYjy
>>406-409
すごい…

414 :名無しの心子知らず:2005/08/15(月) 00:21:34 ID:gyOlj2PL
つまりこの監督は、自分自身の不幸を切り売りする柳美里と同じ感覚で
この事件を捉えたんだろうな。
下品な言い方だが、この事件の内容を知った時「使える」とでも思ったんだろう。
そりゃ全くの創作よりも、「実際の事件をモチーフに・・・」とでもつければ
インパクトはだいぶん違うからな。
ついでに一から話を考えなくてすむし。

まあ、三流映画監督のやりそうなことだな。

415 :名無しの心子知らず:2005/08/15(月) 22:02:40 ID:UjNmA/VF
なんでかな?吉田のスレ読むと、
虐待経験者に対する同情が薄らいでく・・・
こいつが哀れんでる奴等にとっても
案外迷惑なんじゃないのw。
是枝監督より罪重かったりして。

416 :名無しの心子知らず:2005/08/18(木) 23:48:21 ID:1wF10m79
これ何だかんだいって一番可哀想なのは長男だよね…( p_q)

417 :名無しの心子知らず:2005/08/19(金) 01:56:17 ID:sUz+AaQP
>>414
何かを創作する才能がある人には必要不可欠なものでは?

418 :名無しの心子知らず:2005/08/19(金) 12:29:48 ID:TnHUaH5q
>>416
そうだね
監督もがんばった長男への思いから構想したんだよね

419 :名無しの心子知らず:2005/08/19(金) 13:26:21 ID:o0iRo6r/
一番かわいそうなのは親に見離された上に虐待殺害された末っ子ちゃんだと思う…。

420 :名無しの心子知らず:2005/08/19(金) 20:58:33 ID:Y7d1Xkrz
関係者はいい年した大人なんだから、不満なら訴えればいいだけ。
製作の時点では賞や名声までは予測できないしな。
善悪抜きに、監督は納得いく作品を作りたかっただけなんじゃないの。
悲劇を題材にしたことに対する批判は、覚悟の上でw。

421 :名無しの心子知らず:2005/08/20(土) 14:17:27 ID:p3eSVwmO
age

422 :名無しの心子知らず:2005/08/20(土) 14:18:03 ID:p3eSVwmO
age

423 :名無しの心子知らず:2005/08/20(土) 16:47:57 ID:65xqacI1
>>420
是枝を訴えるのはそんなに簡単ではないだろう。
自分の家族の古傷を蒸し返すことになるんだからな。
母親が子供を捨て一人殺害、また、映画ではきれいにカットされてるが
長男は妹の折檻に加わって死体遺棄で捕まってるんだぜ?
この兄弟、どんだけ肩身のせまい思いで生きていることか。

訴えることができないことは是枝は計算済

424 :名無しの心子知らず:2005/08/20(土) 22:39:17 ID:qIymoScb
実際にあった事件をもとに映画つくるなら、
やはり死因を含む現実の残酷さ醜さを避けて作ってはならないと思う。

それができないなら、実際の事件を扱うべきではなかったな。

425 :名無しの心子知らず:2005/08/20(土) 23:00:44 ID:8qRN6oim
だからモチーフにしただけといってるじゃん
インスパイアド


実録モノになったら、それこそ三女のリンチに加担してた長男も本人として描くんだよ?
是枝はそういったことはしたくなかったんだろう

426 :名無しの心子知らず:2005/08/20(土) 23:13:19 ID:qIymoScb
>>425
そういったことをあえて避けて作りたかったんなら、
何も実際にあった事件を扱わなくてもよかったんだよ。

実際の死因や背景を織り込んでも、ドキュメンタリーっぽくならないよう
いかようにも作り方はあったはずだ。
ただきれいなだけの感動ものを撮りたかったんなら、まったくの創作に
すればよかったんだよ。


427 :名無しの心子知らず:2005/08/21(日) 01:31:27 ID:PYEPRwuC
それは作り手の考え方なんだから、何とも言えないなぁ

是枝は事件がマスコミで騒がれた当時ある記事読んで、長男に対して
君はがんばったんだよ
と、抱き締めてあげたい気持ちでいっぱいになったんだとさ
そこから構想を持ったけれど、いろいろあって15年くらいかかったそうだ
だから事件背景の解明とか虐待への啓蒙は主眼じゃないんだろう
そういったことから、誰かを責めるような描写も意図的にしなかったみたいだね


428 :名無しの心子知らず:2005/08/21(日) 02:43:59 ID:GVKnSgyt
>>419
同意。最も大きい被害を被ったのは命を奪われた妹。
こんな真相を隠蔽するようなフィクションつくっといて
是枝はこの子の仏壇に線香立てれんのかよ?

長男励ましたいんだったら他の方法でいくらでもできんだろ。
ビデオで自分撮りして「君を抱きしめたい」って言えばいいんだよ。
それを長男だけに見せとけ。俺らには見せんな。キモイから。






429 :名無しの心子知らず:2005/08/21(日) 09:13:11 ID:I1uOSuMj
age

430 :名無しの心子知らず:2005/08/21(日) 22:49:53 ID:wjDcntzB
真相隠蔽って・・・

だったらワイドショーの再現ドラマみたいにして
長男も三女をリンチしてたシーンを描けということか?

431 :名無しの心子知らず:2005/08/22(月) 00:08:21 ID:kcLyLycP
>>430
>長男も三女をリンチしてたシーンを描けということか?

それが実際の事件を扱う上での覚悟だろう。
実際の事件を扱う上では、その中にある残酷性や醜さもすべてに向き合って
作るべきじゃないのか?

432 :名無しの心子知らず:2005/08/22(月) 02:55:39 ID:dQk1vEMa
俺も最近になって作品見たが、例の事件とは・・・
監督の見方180度変わったよ。真実隠蔽とは言えないが、モチーフ引用
し宣伝・商用映画化なわけで、現実から乖離した事は事実。俺は認めない。


433 :名無しの心子知らず:2005/08/22(月) 15:51:13 ID:GaFE6ZtM
実際に事件を扱うって・・・だから実録モノじゃないでしょ
モチーフにしたっていってるじゃん

モチーフ [(フランス) motif]
文学・美術などで、創作の動機となった主要な思想や題材。
小説・音楽・絵画などで創作の動機となった中心的な題材。

based onではなくてinspired byなんだから実際の事件からは離れた創作
いくら設定に似ているところがあっても、
実話に基づいた作品ではなく、実話から着想を得た創作なんだよね
題材は題材でしかないし、どういう切り口でアプローチするかが表現者それぞれ



434 :名無しの心子知らず:2005/08/22(月) 17:24:58 ID:7L7PgFQv
433さん正論
自分も、映画を観たし監督のコメント聞いたけど、ドキュメンタリーです、とか
事件を再現しようとしたかった、、、なんて感じは受けなかったですよ


435 :名無しの心子知らず:2005/08/22(月) 18:53:05 ID:CoRCO12t
罪もない無力な子供が死んでるのに、軽々しくモチーフにして
芸術作品をつくることに疑問を持つ人がいても不思議じゃない。
しかも、その子供の死を見つめるわけでもなく、その死因すら
すり替えてる。普通の家庭の子供だったら親は名誉棄損で訴えるよ。

再発防止を目的にしない、ってことは死んだ子供の苦しみと死には
何の興味をありません、て言ってるようなもん。



436 :名無しの心子知らず:2005/08/22(月) 20:02:05 ID:imUc0DKY
人が死んでんねんで

437 :名無しの心子知らず:2005/08/22(月) 20:10:58 ID:DX61RgsW
育児板でする話しかね。
映画板とかそういうところの方がいいんじゃないか?

438 :名無しの心子知らず:2005/08/22(月) 20:26:49 ID:tz7fdN4G
名誉毀損の意味分かってるのかなw
頭に血が上ってるのか支離滅裂

439 :名無しの心子知らず:2005/08/22(月) 21:44:51 ID:5kuHrET1
>しかも、その子供の死を見つめるわけでもなく、その死因すら
>すり替えてる
だから実録映画でなない。モチーフ。実話から着想を得た創作。

>再発防止を目的にしない、ってことは死んだ子供の苦しみと死には
>何の興味をありません、て言ってるようなもん。
飛躍しすぎ。妄想ひどすぎ。

440 :名無しの心子知らず:2005/08/22(月) 22:14:30 ID:7UOcwEo0
どっちゃでもええがな。
電車男だって、ドラマ・芝居・映画違うがな。

441 :名無しの心子知らず:2005/08/22(月) 22:30:32 ID:j4571ycr
 

442 :名無しの心子知らず:2005/08/22(月) 22:45:17 ID:j4571ycr
>>435
同意。
つまりこの監督は、ただ題材として面白いと思ったから
撮ったに過ぎないだけ。
いろいろ後付でもっともらしいこといってるけど、それはすべて
ただの詭弁だろう。
その詭弁に感動して監督擁護に必死な人たち見てると笑けてくるw


443 :名無しの心子知らず:2005/08/22(月) 23:07:53 ID:nuMOpTrC
さっき見ました〜。ゆきちゃんかわいかったー。あんなかわいい娘が
ほしかったな〜。うちの子もかわいいけどもっとかわいかった。

444 :名無しの心子知らず:2005/08/22(月) 23:15:18 ID:j4571ycr
↑・・・という感想しか見た人に残せない映画はやっぱり糞だ。

445 :名無しの心子知らず:2005/08/22(月) 23:55:28 ID:a3UmUFoQ
なにこれ?丸バレ自演が痛すぎる・・・・・

446 :名無しの心子知らず:2005/08/22(月) 23:56:10 ID:cHeQHkhF
映画板じゃ真相隠蔽云々はスレの初期に論破されてたよ。

うざいから事件そのものについて語りたい奴は育児板池って追い払われてた。


447 :名無しの心子知らず:2005/08/23(火) 16:23:56 ID:nStiIzbZ
>再発防止を目的にしない、ってことは死んだ子供の苦しみと死には
>何の興味をありません、て言ってるようなもん。
なんで、そんなこといいきれるんだろう?あの映画の話題がきっかけになり
忘れ去られていたかもしれない事件に再度ひがあたり、ほりおこされ、それにより
いろいろと考え直している人も、少なくないと思いますよ、現にあの映画観た
人の中にも、こういう場で、いろいろ考えている人いるんじゃないですか?
もしあの映画が、なかったとしても、この事件のこと思い出してましたか?
自分は、あの映画を否定はできません。




448 :名無しの心子知らず:2005/08/24(水) 16:26:05 ID:5p+tas8n
死んだ子供には本当の味方がいない。
交通事故にしろ殺人事件にしろ、何の過失もないわが子が
殺されたら、普通の親であれば、親は全力で責任の所在を
明らかにし、子供の無念を晴らそうとするだろう。
子供の死に意味を与えたい、という思いから、同様の事故・事件
が起こらないよう社会にはたらきかける親もいるだろう。

しかし、わが子の死の真相を偽ったフィクションなど
撮って一儲け、などと考えるか?

少しでも子供の受けた苦痛、損失を理解する気持ちが
あるならこんなことはできないはず。
「再発防止を目的としない」という是枝の言葉は
野次馬根性そのもの。






449 :名無しの心子知らず:2005/08/24(水) 20:32:42 ID:gucwEbTP
だから是枝は「おもしろい題材」だから、この事件をモチーフに選んだんだよ。
それ以上でも以下でもない。

450 :名無しの心子知らず:2005/08/25(木) 10:55:08 ID:EKvwIvNJ
何年間、子供だけで生活したの?

451 :名無しの心子知らず:2005/08/25(木) 22:40:39 ID:VSeR4Q8J
実際の事件は半年くらいで発覚じゃないかな
映画は半年以上だね

452 :名無しの心子知らず:2005/08/25(木) 23:57:17 ID:DqPH0t7Z
>>451
なんかここまで事実を歪曲しといて、何が描きたかったのかよくわからんな。

453 :名無しの心子知らず:2005/08/26(金) 07:46:44 ID:GV6edZj/
自分のおとんおかんの存在が如何にありがたいかを再認識させた映画だった。

この映画がなかったら、ほとんどの人がこの事件を忘れていたと思う。

この映画に関しては、ストーリー展開などの一般映画において重要視される部分に意義を問うのではなく、この事件の存在を掘り起こし、皆に知らしめ且つ考えさせ、例え2CHのような狭いコミュニティーであっても、議論する機会を作った点に意義見いだすべき。



454 :名無しの心子知らず:2005/08/26(金) 08:39:51 ID:Xk24QkE2
>>453
つか、是枝自身がそういう意義をもって映画作ったわけじゃあるまいに。

455 :名無しの心子知らず:2005/08/26(金) 11:47:28 ID:dr4Up37t
是枝監督は子どもだけの閉ざされたサンクチュアリを描きたかったんじゃないの?
平和で穏やかでそして決定的なもの(親・庇護者)が欠けたサンクチュアリ。見る
人皆が欠落を知っているから、日常がほのぼのとしていればしているほど胸を衝か
れるんだよね。私は秀作だと思った。悲惨な事件をモチーフとしてフィクションを
作るのがいけないのならシンドラーのリストもひかりごけもだめってことか??


456 :名無しの心子知らず:2005/08/26(金) 13:39:00 ID:Xk24QkE2
>>455
そうじゃなくて、シンドラーのリストもひかりごけも、その事実の中にある
悲惨さや残酷さをちゃんと描いてあるじゃない。
それにくらべれば是枝は始終きれいごとだけで終わってしまった感が否めない。
事実っていうのは、きれいごとだけじゃないよ。
もっと毛羽立った刺とげしいものだよ。
見ていて嫌悪感さえ抱くものだよ。
それをすべてひっくるめて描く覚悟と技量がなければ、実際の事件は
扱うべきじゃない。

457 :名無しの心子知らず:2005/08/26(金) 15:15:58 ID:sWZtxxY7
だから、実際の事件をそのまま扱った実録映画ではないよ
『置き去り』という設定だけをもらったフィクション
based onとinspired byを混同しないでね
ひかりごけやシンドラーのリストは実話を基にした作品
誰も知らないは実在の事件をモティーフにした創作
ゆえに「現実にはこうだったから」ということを作品の描写やリアリティの根拠にしてないの

それから「残酷さ」の表現については、是枝は
見せることの刺激よりも、見せないことで生まれる想像力の深度と広がりの方が
より強く表現できると考えてたわけだ
どちらを支持するかは哲学の違いとしかいえないね

458 :名無しの心子知らず:2005/08/26(金) 15:46:58 ID:sWZtxxY7
どういうアプローチの仕方をとるかは表現者の感性の問題だ
前提として実話に忠実な実録モノではなく、『置き去り』という設定を使った物語(フィクション)だから
再現ドラマではないから、事件は本当はどうであったかは関係ない

で、実話と離れた物語としての残酷さの表現として
例えば、主人公が直接的な暴力で末妹を殺して、その殺害描写や血を流して横たわる姿よりも
子供だけの生活に嫌気がさしてたまたま誘われた野球に夢中になって楽しんでいるときに妹が死ぬ
「妹が死んだときに笑っていた」という記憶が、主人公にとっても観客にとってもずっと残酷だと考えたわけだ
どちらの描写がより残酷と考えるかは哲学の違いと是枝は思っている

459 :名無しの心子知らず:2005/08/26(金) 18:22:51 ID:R4Znxnw4
これからTSUTAYAで借りてこよう。
とりあえず見なきゃわからんし。

460 :名無しの心子知らず:2005/08/26(金) 19:16:29 ID:evKxY3I9
>>459
あんまり実際の巣鴨事件にとらわれすぎずに鑑賞した方がいいよ


461 :名無しの心子知らず:2005/08/26(金) 19:21:13 ID:s+sfz+v5
私は映画を見た後、実際の事件を調べた。
もう一度映画を見たら、涙出てきたよ。
>>457の言う『見せないことで生まれた想像力』のすごさに!
すっごく良い作品だと思った。
もちろん、巣鴨事件を『モチーフ』にしたフィクションとして。


462 :名無しの心子知らず:2005/08/26(金) 21:39:51 ID:Tlmw0zPf
この事件は、昔たまたまあった不幸な事件というだけでは無く
これからも、今もどこかでまた、起こり得る可能性を感じます
監督の考えが、実際どうであったのかは、自分には分かりませんが
しかし、この映画観て、実際の事件も知り、結果として
育児放棄や虐待に対して再認識してくれている人は多いのでは
ないかと思います、現に映画や監督に対し否定的な人も
本当に死んでいった、子供を哀れみ、そんな環境を与えた親に
いきどうりを感じていますよね
そういう気持ちが、こういう不幸な事件の再発の抑止に
つながればいいのではないですかね?
でないと、たったの 二歳であんな死に方をした三女が
浮かばれないですよ
こんな事件を忘れ去るわけには、いけないと思います。


463 :名無しの心子知らず:2005/08/26(金) 23:37:19 ID:qzRLB1Li
実際の事件と切り離して考えてもリアリティーが欠けていると思いました。
私は6人兄妹で一番上に長男、下は全員女、私は四女です。長女は1才の時に交通事故で亡くなりました。
小学生の頃は両親がパチンコに行ったきり帰って来ない事が多々あり兄や姉も不在、私が就学前の妹の世話をしていましたが
子供だけの空間の描写、あんな母親を慕い続ける子供の気持ち、世話をしなければいけない立場の苛立ち 全てがリアリティーに欠けていると思いました

464 :名無しの心子知らず:2005/08/26(金) 23:56:48 ID:VKYmgZYk
まあ、それはそれでいいじゃないの
個人個人で感じ方は違うだろうし
自分とは違ったというひとつの感想ってことでさ

465 :名無しの心子知らず:2005/08/27(土) 00:15:23 ID:YYEqan6m
監督自身がこういう経験をした事がないのがよくわかります
あまりにも現実離れ(事件とは関係なく)した描写にただただ胸クソ悪いです。
実際あの様な環境におかれた子供は母親に対しての苛立ちなんてありませんよ?
子供を置き去りにする事への責任の重さを問うのなら親に放置された子供の生活を伝えたいならあの作品は駄作です

466 :名無しの心子知らず:2005/08/27(土) 12:03:51 ID:77EoMGIr
是枝はカンヌ獲って人気でたら後々仕事がし易い、ぐらいにしか
考えなかったんじゃない?
同じカンヌ賞を獲ったロゼッタ観たら、なんとなくこの映画が
賞獲れたのかがわかる。是枝もこの手の不幸でドキュメント風の
映画を撮ったら賞を獲れると思ったんだろう。子供つかえ
ばよりウケはいいだろう、とか。子供の無邪気な部分だけ描いて
折檻の事実などカットするの本当に気持ち悪い。
ロゼッタは完全なフィクションだけど描いている現実の厳しさは
数倍もすごかった。確かに観てて面白いものではなかったが、貧乏
とか貧困というのはそういうものだと思った。

467 :名無しの心子知らず:2005/08/27(土) 12:10:32 ID:H4tjuAkU
旦那が巣鴨出身。
実際、当時はこんなきれいじゃ無かったって言ってる。

468 :名無しの心子知らず:2005/08/27(土) 15:42:02 ID:Ua1HI2Zj
>>458 分かる気がする。同じように子どもの無邪気な姿を描くことで悲惨さを表現しようとしてる
んだろうと思った。
例えば途上国のストリートチルドレンだって、ナイフを携帯して残飯を食べている姿を見るときよ
り、子どもらしい遊びに興じてたり、兄弟でじゃれあってる姿を見るときの方が心打たれたりしない?
なんだ以外に悲惨なだけじゃないんだってことじゃなく、この子達だって他の子と同じ子どもなんだよ
なと思って余計に辛くなる。

469 :名無しの心子知らず:2005/08/28(日) 00:02:17 ID:vJ/NY2S0
完全な悪役は作らないようにしたそうだ
たとえば、ヒステリックで体罰バリバリの母親だったら、すべてはこの鬼畜母のせいだ、可哀相に、で終わっちゃうかも知れなかったからね

470 :名無しの心子知らず:2005/08/28(日) 00:23:27 ID:OxHuZp/p
>>468
言いたいことはわかるけど、
ストリートチルドレンが兄弟でじゃれあってる姿をみて、
「ああ、この子達も他の子と同じなんだ」と思えるのも、
その子達の背景にある、ある種の残酷さや悲惨さを知ってるからでしょ?
その背景にあることを知って、より深く心に刻み込まれるものってあると
思う。

是枝さんの作品は、その背景部分を奇麗事でおさめてしまった感が否めないなあ。

471 :名無しの心子知らず:2005/08/28(日) 10:35:41 ID:lWWuV67/
この映画や監督が、いいとか悪いとか
ここのとこ、そういう意見ばかりで
実際の事件について、あまり論議されないのが、残念です
この映画を否定することだけではなく
実際に起こっている、このような事件について
ご意見をお持ちの方、いらっしゃいませんか?


472 :名無しの心子知らず:2005/08/28(日) 11:58:05 ID:JhcdgOA3
今日放送されるのね。
録画してみてみようと思う。

473 :名無しの心子知らず:2005/08/28(日) 12:24:44 ID:3e5IhCsc
なんで入籍していないことに気づかないのかが不思議すぎ。
普通に暮らしていればすぐわかるとおも。


474 :名無しの心子知らず:2005/08/28(日) 14:35:50 ID:OxHuZp/p
つか入籍されてなくとも、それが発覚した時点でなんとかするだろう普通は。
子供だけ置いて出ちゃう女だから、人生すべてにおいてルーズなんだよ。

475 :名無しの心子知らず:2005/08/28(日) 19:50:41 ID:UXjOlfJZ
誰も知らない
今夜10時からBSフジで放送

476 :名無しの心子知らず:2005/08/28(日) 21:20:16 ID:uKhjOa62
>その背景部分を奇麗事でおさめてしまった感が否めないなあ
意味がわからん


477 :名無しの心子知らず:2005/08/28(日) 23:35:41 ID:CewTvhe0
BSフジって画と音が、ずれてる



478 :名無しの心子知らず:2005/08/29(月) 08:26:38 ID:bC3nP/Oz
>その背景部分を奇麗事でおさめてしまった感が否めないなあ
ただそれだけで、終わってるとも思えないけど
そう考えているあなたも、結局この映画を観たことで
このページを訪れ、実際の事件も知ることになってるん
じゃないですか?
この映画は、すべてを語ってしまうのではなく
大人社会に対しての、問題提議をしてるようにも感じました
更に監督の、いろいろな、ある意味挑発的とも、とれるコメントも、
もしかすると
こういう論議がまき起こり、更に話題が広がる、、、
そこまで計算されたものかも?とも感じます

こういう事件が、あったことを映画を観る事をきっかけでも
いいから、一人でも多くの人に知ってもらいたいですね。


479 :名無しの心子知らず:2005/08/29(月) 08:39:50 ID:joBGR7QK
>>478
うんにゃ。
私はここでこの事件を知って、それから映画を見たのです。
勝手に決め付けないでもらいたい。

480 :名無しの心子知らず:2005/08/29(月) 09:46:22 ID:bC3nP/Oz
>>479
映画の存在が、あっても無くても、この事件のこと
知ってましたか?または覚えてましたか?
結局、きっかとなったのは、この映画ではないですか?
順番より、むしろ大事なのは、こういう問題に対し
振り返ったり、考えたりすることと、私は思います。



481 :名無しの心子知らず:2005/08/29(月) 10:03:01 ID:7W7bUFuR
>>480
>>479じゃないけれど、覚えていたよ。
すごく印象深い事件だったので。
私と同年齢の少年が文盲だったのに非常に驚いた。
みんながあなたと同様に忘れてしまったと思うのは浅はかでやんす。

482 :名無しの心子知らず:2005/08/29(月) 10:56:41 ID:bC3nP/Oz
>>481
大部分の人が、そうだったとも、思えませんが?

483 :名無しの心子知らず:2005/08/29(月) 13:19:08 ID:joBGR7QK
>>480
だから私はこのスレで事件のことを知ったと言っとろーが!
逆に、このスレで映画のことを知ったんだよ。OK?

484 :名無しの心子知らず:2005/08/29(月) 16:51:23 ID:+PHBFf+6
BSフジ、見そびれたー!!!
くやしー!
9/8のシティ・オブ・ゴッドは絶対見るぞー

485 :名無しの心子知らず:2005/08/29(月) 18:13:31 ID:bC3nP/Oz
>>483
だからこの映画なかったら、このスレ自体も存在しなかったんじゃないの。

486 :名無しの心子知らず:2005/08/29(月) 20:45:43 ID:6EIiWdmH
>>485
そんなことわからんだろ?
映画なくても誰かがスレを立てたかもしれん。
なんでも決め付けが好きなヤシだな〜。

487 :名無しの心子知らず:2005/08/29(月) 20:57:51 ID:YYrQu5Te
ID:bC3nP/Ozが監督な気がしてきた件について

488 :名無しの心子知らず :2005/08/29(月) 21:03:21 ID:zdpXZXSJ
実際にあった話とは知らなくて、ずっと読んで私はまだ幸せだなと思った。
長男と同じ位の年齢で都内で生まれ、父親は不明。生後一ヶ月で
何十時間も離れた(電車等で)田舎に母は私を連れて帰っている。
結婚する際に都内に住む上、何処に居たのか知りたくなり調べて
当時、母が住んでいた場所に旦那と行ってみた。
30年経っていそうな2階建のアパートがまだ有って泣きそうになった。
ガラスも割れ現在は誰も住んでなさそうだけどこの何処この部屋で
母は生後一ヶ月の私と居たのかな…もう5年も前の話だけど
映画の元の話を読んで思い出しました。
私は捨てられずによかったと本当に思う。
今、2才になる子供がいるママ子ッで引っ付いて離れない。
でも怒るとパパに抱っこ〜と甘えてる、可愛い子です。
置いてなんかいけない…親はいるなら両方必要だと思うし
捨てるなんて出来ない…しみじみ思う。


489 :名無しの心子知らず:2005/08/29(月) 21:50:43 ID:JRQq3u72
強烈に覚えてた人も居るんだろうけど
映画が話題になってから思い出したり、意識しだした人もたくさん居たけどね
映画板なんかでは再認識したり、またいろいろと議論が深まったりしてたよ

個人的には、観客をわかりやすい解釈に誘導するような作りではなかったのが良かったと思う

490 :名無しの心子知らず:2005/08/29(月) 21:53:05 ID:JRQq3u72
>>488
子供が居ると、特に感じ方や見方や視点が変わる映画かなと思う
いろんなことを考えてしまった

491 :名無しの心子知らず:2005/08/30(火) 16:02:03 ID:3ks4j6W6
BSで観たけど、胸が締め付けられる映画だ
子供が健気なだけに、余計につらいよー


492 :名無しの心子知らず:2005/08/30(火) 16:20:41 ID:4m06017v
私も見たけど、映画としてはどうなんだろう?これ。
そんなに話題になるほどのものじゃないよね。
バックステージ知らなければ、なんだか全然訳解らない話だし、
バックステージ知っていても、「こんな甘っちょろいものじゃない」って感じで・・。
妹を埋めたあと、当たり前のように生活しているところで終るのは、
ちょっといただけなかったよ・・・。

493 :名無しの心子知らず:2005/08/30(火) 22:53:28 ID:k3iCu5Bt
>>492
同意。
バックしらなければ、泣くほどの映画でもなかったよ。

494 :名無しの心子知らず:2005/08/31(水) 02:15:15 ID:TIRfuMVp
安易な涙を拒絶する映画だったよ
上映中のすすり泣きは案外少なかったけれど、終了後の何とも言葉にならない空気は独特のものだった

495 :名無しの心子知らず:2005/08/31(水) 13:05:21 ID:8JrLXfni
>>494
そうかなあ。
それって自分だけがそう思ってただけじゃないの?
私の周りは、賞とったわりにイマイチだったね、っていうのが
多かった。

496 :名無しの心子知らず:2005/08/31(水) 15:03:21 ID:Wk0ZgBN7
上映後の雰囲気はそんな感じだったよ


497 :名無しの心子知らず:2005/09/01(木) 21:17:01 ID:9OGYXC4D
BSで見たけど、主演の子が評価されたのも頷ける
あの眼が印象的だ

498 :名無しの心子知らず:2005/09/01(木) 22:04:39 ID:q6sCaOWC
まだ見てないけど烈しくみたくなった。
>>494
たけしの「あの夏いちばん静かな海」を観た後がそんな感じだったのを
思い出したよ。

499 :名無しの心子知らず:2005/09/02(金) 03:38:31 ID:FfBa9tYT
いいじゃん。
キャスティングみても完璧に見た目・話題性重視。
画像処理勝負の御伽噺の世界。
実事件は『モチーフ』って謳って、賞賛以外の酷評を回避。
賞獲得で宣伝いらず。
いいじゃん。
よくできた娯楽作品だよ、コレ。

500 :名無しの心子知らず:2005/09/02(金) 04:22:14 ID:bCt2v7kn
商売としては大成功
だけど実際の事件を知っているからこそ込み上げてくる感情
モチーフと言ってはいるけど作品と実際の事件を観客が各々の思考の中で絡ませる事を想定している
全くの作り物であったならここまでの反響は得られなかった作品だと思う。
この作品、事件をどちらを先に知ったかは別として実際の事件に頼りきっている事は拭えない

501 :名無しの心子知らず:2005/09/02(金) 04:37:01 ID:bCt2v7kn
↑補足
実話>>>>>>>>>>俳優陣>>>>>>>・・・(ry




作品

502 :名無しの心子知らず:2005/09/02(金) 14:04:26 ID:xocNtW8m
映画だしドキュメンタリーじゃないし見た目重視でもいいよね。
映像が綺麗なほうがみたくなるし。

503 :名無しの心子知らず:2005/09/02(金) 16:15:12 ID:lx9AfX/1
是枝はもともと綺麗な感じの映像を取る監督だからね
誰も知らないに始まったことじゃない

実際の事件を題材に取る場合
直接的な残虐描写も含めて忠実に再現された実録映画でないと認められない
そういう人はそれで良いのでは?
感性の違いとしか言いようがない

504 :名無しの心子知らず:2005/09/02(金) 22:17:13 ID:It/atLeR
この映画みるといろんなこと考えさせられちゃうよね

505 :名無しの心子知らず:2005/09/02(金) 23:13:44 ID:qHQz7dJf
>>504
映画じゃなくて、この事件そのものがいろいろ考えさせられるんだよ。

506 :名無しの心子知らず:2005/09/03(土) 21:54:40 ID:smEafTk4
とてもつらい映画だったけど、観てよかったよ
子供たちの演技も素晴らしい

507 :名無しの心子知らず:2005/09/05(月) 01:52:00 ID:3M6G8YEI
素人子役→低予算
子供の残忍な面はすべてカットして美化
→ぼろ儲け
低予算→カットして美化!→ぼろ儲け!
低予算→カットして美化!→ぼろ儲け!
低予算→カットして美化!→ぼろ儲け!



508 :名無しの心子知らず:2005/09/05(月) 11:31:13 ID:ckd2EqgL
>>507
是枝凄すぎ!
・・・でも三流監督認定。

509 :名無しの心子知らず:2005/09/05(月) 15:53:17 ID:3DlHsvgf
DVDレンタルして、夫と二人で観た。
観終えたあと、二人して口から出た言葉が「これで…終わり??」
すごいモヤモヤ感が残った。
でも、このモヤモヤが無かったら、このスレを探し出して読んだりしてなかったと思う。
この映画が、あの事件を振り返る切欠になって良かった。

実際の母親はあの子たちを放置する前にすでに一人の子を死なせてしまっているけれど、
そこは映画では描かれてなかったね。
YOU演じる母親は恐ろしく馬鹿だけれど、
子ども嫌い暴力を振るうような「見るからにモンスター」じゃなかった。
子どもと笑い合ったり、娘の爪にマニキュアを塗ってあげたり。
子どもが「お母さんなんて嫌い!」って言い切れるような母親じゃなかった。
だからこそ、怖い。震えがくる。

自分の身近では起こり得ない、別世界のことだと思えないから。

あの事件は、大家の通報があって子どもたちはひとまずあの状況からは救われたわけだけど。
映画のラストでは、救いの手は差し伸べられなかった。
だからかな。あの子たちが、ていうか、あの子たちみたいな状況の子どもたちが、
何処かでまだ救いを待ってる気がするよ。

今まで自分の子以外には結構無関心だったかもしれない私だけど、
これからは少し変われるかもしれないなぁ。
子どもたちが送る微かな信号に、気付くことができるかもしれない。

長々と失礼しました。

510 :名無しの心子知らず:2005/09/05(月) 21:44:39 ID:WoXfGEUT
>>509
ぜんぶ○○のせいだ、かわいそうに、で終わっちゃうから
あえて完全なヒール役の人物は作らなかったそうだよ

ラストを明確な終止符を打たなかったのも意図的なんだと思う

観客に簡単に消化させないためなんだろう
だからかな、私もモヤモヤといろいろなことを考えさせられたよ

511 :名無しの心子知らず:2005/09/05(月) 22:49:56 ID:D5Zy8RhJ
しかし死因を変えてまで奇麗事だけで終わらせたのはどうだろう。
510がモヤモヤしたのは事件を知っていたからで、
知らなかった人は、ただ映像が綺麗だったね。子供が死んじゃって可哀想だったね、
あるいは、子役可愛かったね、でスルーしてしまいそうな内容だったぞ。

512 :名無しの心子知らず:2005/09/06(火) 16:02:56 ID:DkXytvU5
>>511 ただ映像が綺麗だったね。子供が死んじゃって可哀想だったね、
あるいは、子役可愛かったね、でスルーしてしまいそう

そこまで想像力ない人は最初の10分でラストが分かるハリウッド映画を見てればいいんだと思う。
そんなレベルの観客にあわせて映画作って欲しくない。

513 :名無しの心子知らず:2005/09/06(火) 16:21:10 ID:nv9atlSj
>510がモヤモヤしたのは事件を知っていたからで
違うし。
勝手に自分の妄想や思い込みを押し付けられてもねぇ


514 :名無しの心子知らず:2005/09/06(火) 18:05:59 ID:HEPews3y
聞いてもいいですか?
たけしが父親役の「鬼畜…」だったかな
映画的に面白いですか?(変な言い方になりますが)


515 :名無しの心子知らず:2005/09/06(火) 20:55:51 ID:2yIk8YrH
>>514
たけしのはたしか2時間ドラマであんまりだよ
緒形拳の鬼畜の方がはるかに上だと思う

516 :名無しの心子知らず:2005/09/06(火) 21:30:43 ID:60795fvt
>>514
よかったと思うよ。
人間の愚かさ、残酷さ、悲しさ、弱さを描ききってて、
これぞ名作だと思ったよ。

是枝監督の作品もよかったと思うけど、人物の心理描写の点では
この作品の方がはるかに上かな。

517 :名無しの心子知らず:2005/09/06(火) 21:46:04 ID:dmUG4Lvl
( ´,_ゝ`)プッ

518 :名無しの心子知らず:2005/09/07(水) 13:34:16 ID:3OJ9Y6Xl
たけし版鬼畜を『名作』という人がいるとは思わなかったw

519 :名無しの心子知らず:2005/09/07(水) 14:42:50 ID:rZ7AFLFW
>>518
「誰も知らない」を名作と言ってる人と同じw

520 :名無しの心子知らず:2005/09/11(日) 15:43:51 ID:1GCHMP1L
>>515
出産中で返事できませんでした。
緒方拳の出てる方ですね、暇ができたら見てみます。
当分見れませんがありがとうです。

521 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 16:02:53 ID:e2qXYzEo
>>520
出産中?!
で、今は退院したの??


522 :名無しの心子知らず:2005/09/13(火) 15:35:27 ID:ttT+Oxbo
鬼畜は結構ヘビーなんで出産直後は止めた方がいいかも

523 :名無しの心子知らず:2005/09/16(金) 16:54:21 ID:qdAnq96X
悲しい映画だね
最後に破綻を回避させてまだ終わらせなかったラスト
いずれあの生活は破綻することは誰にでもわかるだけに悲しい

524 :520:2005/09/16(金) 18:23:58 ID:ybc9yVJi
>>521
はい。無事退院してます。
出産中と書いたのも変でしたね、

>>522
多分、当分見る暇もないし二人の(旦那含めて三人かな?)
育児でイッパイイッパイかな…2ちゃんが唯一の?息抜きぐらいです。

「誰も…」は絶対見ない映画なので昔見た映画と内容的に
どうかと思って、色々ありがとうです。

525 :名無しの心子知らず:2005/09/20(火) 16:49:57 ID:DOz44Soi
正直、映画より>>1-5を読んで今更泣けてきた。
この母親とBにも激しく怒りを憶えたわ。
ありがちな育児放棄の実話をネタにしたというあらすじを読んでも、
映画観終わっても、何かいまいちパッとしなかったけど
元ネタはこんなに悲惨だったのか。

526 :名無しの心子知らず:2005/09/26(月) 16:34:10 ID:iccPyuXf
やるせない思いでいっぱいになる映画だ・・・・
もう胸が締め付けられっぱなし
子どもたちの無邪気な一面がかえってつらいよ

527 :名無しの心子知らず:2005/09/27(火) 16:20:06 ID:6A9bzzsf
映画で女の子死んじゃったけど、原因はなんだったの?

528 :名無しの心子知らず:2005/09/27(火) 21:54:41 ID:oj/L5WsU0
栄養失調で体力が落ちてた状態で転落事故

529 :名無しの心子知らず:2005/09/27(火) 21:56:26 ID:6oLAFg5S0
実際は、長男とその友人達に虐待されて殺された。

530 :名無しの心子知らず:2005/10/01(土) 23:14:23 ID:nE1WjJ7R
またでた、「実際は」厨!
>映画で
っつてんじゃん

531 :名無しの心子知らず:2005/10/02(日) 23:04:30 ID:sGkbtgq+
>>530
何ムキになってんの?
嫌なことでもあった?

532 :名無しの心子知らず:2005/10/04(火) 21:52:09 ID:IYHykTNe
実話の三女と重なってあまりにも不幸で泣けてきたけど
残された兄弟みんな幸せでいてほしいなぁ・・・

533 :名無しの心子知らず:2005/10/09(日) 21:04:42 ID:EM0DwmTy
>>53,55
うぜーな 貧しい国の現状見て動揺しまくってろ偽善やろーめ^^

534 :名無しの心子知らず:2005/10/09(日) 23:31:46 ID:hZuV0fK4
「面白い映画」ではないけど、「良い映画」ではあるね。
とにかくあれだけ自然な空間を撮れたのが凄い。
本当に、日本のどっかにああいう家族がいて、隠しカメラか何かで撮影してるかのような。
子供たちの、ほとんど素としか思えない表情や言葉もいい。
無意味な動き、些細なことで喧嘩とか。
それでいて構成は破綻してないもんなあ。
泣きはしなかったけど、悪口を言う気にはなれない映画でした。

535 :名無しの心子知らず:2005/10/09(日) 23:34:09 ID:LjPN21uF
映画の話はもういいよ。

536 :名無しの心子知らず:2005/10/09(日) 23:45:56 ID:hZuV0fK4
スレタイに映画の題名が入ってるからしょうがないよ

537 :名無しの心子知らず:2005/10/10(月) 01:17:55 ID:VF9N6M/W
本は出てませんか?

538 :名無しの心子知らず:2005/10/10(月) 22:08:59 ID:i8gz3Rnn
>>536
スレタイの意味は、
「映画でモチーフにされた実際の事件も知ってください」ってことでしょ?

このまま延々と映画の感想と賞賛だけのレスってのもなあ・・・

539 :名無しの心子知らず:2005/10/18(火) 12:08:57 ID:ryJMOtx0
そりゃ悪口言う気にはなれない罠

540 :名無しの心子知らず:2005/10/25(火) 02:13:37 ID:ZkOHJ0sX
良作あげ

541 :名無しの心子知らず:2005/10/25(火) 10:58:19 ID:ALlj7t4n
最近の乳児連続置き去りとかもそうなんだけど
明らかに犯罪だと知りながら、やむなく行動を起こして
案の定バレて罪に問われる母親より
その影で避妊に協力もせず、姿も見せず安全地帯にいる
男の方に腹立つのは私だけか?あとこの事件のBみたいな奴。

542 :名無しの心子知らず:2005/10/25(火) 12:34:55 ID:0hR2D3vf
>>541
それは言えるな、何で?と思う。

543 :名無しの心子知らず:2005/10/25(火) 21:54:25 ID:NvrvUpDa
映画でもまさにそういうセリフあるな
長男がほったらかしにした母親を責めたとき、
アンタの父親の方が勝手じゃないかと言い返され
長男は何もいえなくなる

544 :名無しの心子知らず:2005/10/29(土) 10:08:59 ID:fIZi8OP3
どっちにしても父母揃って子育て能力に欠けてる

545 :名無しの心子知らず:2005/10/29(土) 19:40:55 ID:WZ1VtObG
なんか、酷いね…。。。

546 :名無しの心子知らず:2005/10/30(日) 00:20:33 ID:1EPGWoVy
Bって今何歳ぐらいなんだろう?
結婚して子供もいるかもしれないんだよね・・・。
コンクリ共犯といいこいつといい、よくのうのうと生きてられんな。
若い旦那さん持ちのママ、ちょっと旦那の過去聞いてみ?

547 :名無しの心子知らず:2005/10/31(月) 21:02:58 ID:MY0tbd68
やるせなす

548 :名無しの心子知らず:2005/11/03(木) 09:25:03 ID:r5Anu838
>>546
保護監察程度で終って、高校卒業して普通に暮しているとか何かに書いてあったような・・

549 :名無しの心子知らず:2005/11/05(土) 10:22:03 ID:IUSmbBYW
映画は観てなく、宣伝だけ観て「子供達が頑張って生きる」的な話だと思ってた…。
1から読んでいったけど、こんなに悲惨で残酷な事件だったのか。
辛いとか、そんな簡単な言葉では片付けられない話だな。

んなわけでage。

550 :名無しの心子知らず:2005/11/11(金) 00:43:27 ID:65hLv2vO
是枝はこの映画がほとんど唯一事件を
語り継ぐ存在になるとわかっていたはず。
事実この映画をきっかけにし事件の存在を知る
人間がいるのである。

是枝がどんな考えで映画をつくろうと
それとは無関係にこの映画を元に事実を
捉える人間がでてくるのである。
モチーフにした〜と断っても
どこがフィクションでどこが事実なのか
観る側には示さない。
あの結末をそのまま事実として鵜呑み
にする人間がでてくるのは必然なのである。

そういう状況にもかかわらず、事件の真相、
本当の結末を、ドキュメンタリータッチで捏造する。
精一杯リアルな演出をしておきながら、一方で
フィクションと言う。

こんな紛らわしいモノを大衆に向けばら撒き
誤った認識を誘うこと自体が問題。

フィクション映画という媒体を隠れのみにして
実際やってることは情報の捏造。

551 :名無しの心子知らず:2005/11/11(金) 07:11:59 ID:R4cScYlO
紛らわしくても問題提起したこと自体が評価できると思うよ。

552 :名無しの心子知らず:2005/11/12(土) 01:18:35 ID:fxWRPRQ2
なんで事実との違いを示さなければいけないのか?
これが実録ものとして発表されたのなら、言いたいことはわかるが
ドキュメンタリーと銘打ったわけでもなく
モチーフはあってもフィクションと冒頭で断ってるから問題ないよ
映画撮影の手法としてリアルな演出方法をとることと
フィクションかノンフィクションかはまったくの別問題

553 :名無しの心子知らず:2005/11/12(土) 13:39:15 ID:jSytHVmL
当時姉(小1)弟(1歳)母親(妊娠中)で、母親は育児放棄で帰って来ず、
パチンコ三昧。姉が万引きしたお菓子やご飯で食いつないでいた家族を知って
います。弟は、お風呂にも入れず悪臭漂い、体は汚れて真っ黒でした。
お姉ちゃんが小学校に行ってる間は、保育園に通っていましたが、お母さんは
迎えに来ず、お姉ちゃんが自転車で迎えに行き、前のカゴに乗せて帰って
いました。さすがに見かねた人達が、福祉に通報しましたが、動いてもらえず
何の解決にもなりませんでした。
あれから、5年経ちますがあの子達はどうしてるのかと気になります。
周りが気にかけていて、ちゃんと通報したりしていても、解決しないってのも
ツライです。

554 :名無しの心子知らず:2005/11/12(土) 17:25:54 ID:vYJjnkoB
こういうのって運良く生き残っても大人になってからが大変そう。

555 :名無しの心子知らず:2005/11/12(土) 22:27:29 ID:ft+dn49h
>>550
なんとなく言いたいことはわかる。
事実(死因等)を作り変えて作品にしたのなら、この事件をモチーフにしたと
断りを入れるべきじゃなかったな。
完全なフィクションとして、この事件とは切り離して作るべきだったと思うよ。

556 :名無しの心子知らず:2005/11/13(日) 10:28:11 ID:RlXKnD21
事実モチーフにしてるのに断りを入れなかったら
エイベッ糞のインスパイヤと同じじゃないか・・・

557 :名無しの心子知らず:2005/11/13(日) 12:51:23 ID:buV5h4Bj
この事件の一番の重罪犯は
中田氏逃げした男(父親)

558 :名無しの心子知らず:2005/11/13(日) 13:01:37 ID:glE68ERo
>>556
それとはまた違うだろ。

559 :名無しの心子知らず:2005/11/13(日) 13:23:40 ID:agWjteoS
断りを入れなきゃ入れないで、またガタガタ言うくせにw

560 :名無しの心子知らず:2005/11/13(日) 22:12:05 ID:kUQoDaK9
最近レンタルで見てすごく憂鬱になりました。私にも3歳児がいるので死因についてどうしても不可解に感じました。調べてみたら「やっぱり」と思い、またまた憂鬱になり抜け出せません。

561 :名無しの心子知らず:2005/11/13(日) 22:19:06 ID:kUQoDaK9
↑続き。親がついてても兄弟喧嘩って手がつけられないくらいなのに…。壮絶で過酷な毎日。カップラーメン食べたから、おもらししたからって2歳だったら決して叱られる事ではないし。何故折檻されてるか解る年でもないですよね。

562 :名無しの心子知らず:2005/11/13(日) 22:23:35 ID:kUQoDaK9
↑続き。なんせ死んだ子が可哀相で可哀相で辛いです。私は想像力が強いのか寝ても覚めても事件の事ばかり考えてしまいます。どうしたら自分の中で納得いく結論が出せるのか。誰か助けてください。連続カキコ本当にすみません。

563 :名無しの心子知らず:2005/11/14(月) 12:37:48 ID:gY2BCpI4
映画を見て憂鬱になり事件を調べて激鬱になる
これが「巣鴨子供置き去り」クオリティ

564 :名無しの心子知らず:2005/11/15(火) 03:51:03 ID:GSyYiDx5
母親はいまなにしてるの

565 :名無しの心子知らず:2005/11/15(火) 14:35:44 ID:U5Jx54cL
最初の四分で欝になったけど全部みた。
フィクションならおもしろい映画なのにな。

566 :名無しの心子知らず:2005/11/16(水) 11:51:08 ID:BeLb4NMV
仮に作り話でも幼い子を持つ親なら憂鬱になる。

567 :名無しの心子知らず:2005/11/18(金) 16:00:32 ID:X+iyac9E
映画の中でクレヨンが小さく小さくなってたのが印象的です。

568 :名無しの心子知らず:2005/11/18(金) 16:23:13 ID:neXjtv4d
わわ、やっぱり憂鬱になるのか…。
レンタルしようと思ってたけど、私も子を産んでから、虐待などのニュースが辛くて辛くて仕方ない。
見たら頭から離れなくなりそうだから止めておこうかな…。

569 :名無しの心子知らず:2005/11/18(金) 17:14:24 ID:uJVB7l02
>>568
迷ってるんなら見たほうがいいよ。
日本のどこかにいる子供たちの日常を見ているようで
派手な映画ではないけど、見終わった後考えさせられます。
この映画の終わり方は、今でもあの子達が保護されずに
暮らしているような感覚になりました。
実際の事件のような虐待シーンはないので、怖がらなくても大丈夫です。

570 :名無しの心子知らず:2005/11/18(金) 18:03:25 ID:4Cx7trXI
すっごい苦しくなるけど見て良かったよ。あれはYOUだから良い。
黒木瞳とかならダメだなぁ。

571 :名無しの心子知らず:2005/11/19(土) 09:50:56 ID:nzTl02kw
事件から数年たったときに、大竹しのぶが主演でドラマでしたような記憶が…。観た事ある人いるかなあ?

572 :名無しの心子知らず:2005/11/20(日) 07:45:29 ID:mQ7eJMXh
うちの旦那も産まれてすぐに両親が離婚。どっちかが普通引き取ると思うんだけどねぇ・・・。
両方とも引き取り拒否(汗)小学校4年まで養護施設で育ったそうです。
その後父親が引き取ったそうですが、不在がちのせいで、栄養失調で倒れていたのを近所のおばさんに発見されて
またまた養護施設へ逆戻り。「腹一杯食えるから施設にいた方が幸せだった」って聞いた時涙でました・・・。

母親なんか男を取っ替え引ッ換えしたあげく今5回目の結婚したけど、それまでは
同居をせがんだり、夜中に酔っ払って電話してきたり大変でした・・・。

ほんと、なんで育てられないのに子供産むか!!!!って小1時間したいです。

573 :名無しの心子知らず:2005/11/20(日) 18:45:51 ID:ZQWBWCOh
子供産んで病院に置いたまま逃げる親も増えてるらしいよ。
こういうのって事件にならないだけで普通にありそうな出来事だよね。

574 :名無しの心子知らず:2005/12/06(火) 05:08:37 ID:lath3n5a
1年前、小6の妹から聞いた話だけど…
クラスの友達が『お腹が空いてる。まともに食べるのは毎日、給食しかなくて、朝夕はほとんど食べない』と言ってるって。
母子家庭の三姉妹で、当時長女は高1次女は中2、妹の友達の三女は小6。
母親が蒸発してからは、ずっと長女が妹達を養って、あまり高校にも行かずに働いてたみたい。


575 :名無しの心子知らず:2005/12/06(火) 07:15:00 ID:EPwMkTYe
私は3歳位から小学校に入学する頃まで育児放棄されていたんですが
ご飯とか食べさせてもらってなくて 兄がメロンパンをたまにくれたり

保育所には連れていってもらえなかったのでお昼もゲット出来なくて
いつもお腹がすいてたんですが 食えるもんねーから我慢しろと兄に言われてて

兄も我慢していたはずで・・・・

その時期に栄養失調とか発育不良とか起こしてしまったせいなのか
小学校に入学した時は身長が1メートルとかまだぜんぜんなくて
体重が20キロになったのが小学4年生の時で
中学3年の時もまだ27キロでした 生理が来たのは高2・・・・

ある一定までは成長したものの元が小さかったので小柄なまま止まってしまい
母親が小さい人だったようなので 単なる遺伝だといいんですが・・

にーちゃんいなかったら死んでただろうし 兄には本当感謝してる

576 :名無しの心子知らず:2005/12/06(火) 12:01:17 ID:h+CQgEQD
【社会】母が娘を生まれてから18年"軟禁"、義務教育受けさせず 市教委は放置…福岡
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1133807781/

577 :名無しの心子知らず:2005/12/06(火) 13:28:52 ID:NgPZm+Cy
>>575
妹思いのお兄さんいてくれてよかったな。大事にしろよ。子供生んでやれ

578 :名無しの心子知らず:2005/12/06(火) 15:32:50 ID:8yS9eE5e
このスレ読んで、土門拳の「筑豊の子供たち」という写真集の中の一枚に、
事故かなんかで、両親がいない姉妹を思い出した。
昭和30年代の貧困そのもので、家の中は畳が腐って床が抜けてて、
カメラを不安そうに見つめている二人。
あの姉妹はあれから、どうやって生きていったんだろうか。
生きていればもう60近くになると思うけど。
つらい境遇の子供を見るほうもつらい。


579 :名無しの心子知らず:2005/12/11(日) 14:13:14 ID:HUiQOq6e
これ懐かしのニュース板向?

580 :名無しの心子知らず:2005/12/12(月) 01:56:18 ID:VAIKFl/P
このスレ見て、観てみたくなってレンタル行ったが、本数も少ないせいでいつも貸出中。
いつになったら観れるんだろう…と遠い目をしていたら、
つい先日、CATVでやってたらしい!見逃した〜
番組表チェーック!
再放送は24日!観なきゃ〜

581 :名無しの心子知らず:2005/12/12(月) 05:57:01 ID:tLEgGwyw
>>575
>小学校に入学した時は身長が1メートルとかまだぜんぜんなくて
一メートルなかったってことは2,3才くらいの身長だったってこと?
普通じゃ考えられないなあ・・・・・・

582 :名無しの心子知らず:2005/12/12(月) 11:08:37 ID:ckofLaRU
ありえないw

583 :名無しの心子知らず:2005/12/27(火) 00:05:54 ID:dAZMl8dp
私、今でも身長は150ないですが、1メートルを超えたのは小学3年の時でした。

584 :名無しの心子知らず:2005/12/27(火) 19:34:52 ID:CY5QGXtM
昨日DVDをレンタルして見て、実際の事件についても調べてみました。

私の母も、今年3月に男と結婚するという前提で私を連れて県外に引っ越したんだけど、
結局マンション借りる直前で2人は別れて。
私は貧乏な母子家庭からやっと抜け出せる!都会にも住めて、お小遣いも貰える!と期待していたのに、
結局元に戻って、むしろ前以上に貧乏になった。
お金がないから母は元夫(私の父)とか母親にお金借りようとしたけど、
どういう経緯で引っ越したのか説明したら誰もお金貸してくれなかった。
最初のうちは母を憎んでたけど、母も一生懸命私を育てようとしてくれてるし、
相手にしてくれなかった親戚とかも恨んだけど、お金貸したくない気持ちも分かるし、
かといって「大人たちのせいだぁ!」なんてあかの他人恨んだってどうにもならないし。
結局誰恨めばいいかわかんなくなった。

だから無邪気に母親を信じる子供たちの気持ちが良く分かる。
一番接してくれている人っていうのは母親だけだから、恨むことはできない。
唯一の人を恨んだら誰も居なくなっちゃうからね。
だからもう信じるしかなくなっちゃう。ていうか信じたいんだよね。

長文ごめん。
子供は万引きとかしてるけど、そういう状況になったのは子供だけのせいじゃないと思う。
だからって100%母親のせいとも言い切れない。
その子たちの父親、周りに居た人、母親を取り巻く環境、
原因書き連ねていくと限りないと思う。
・・・って言いたかっただけなんだけどw
ほんと長文ごめんなさい。

でも辛いから見たくない、なんて言わずに見てほしいな。
子供の世界を分かってほしい。

585 :名無しの心子知らず:2005/12/29(木) 04:25:00 ID:mRGEVg1O
子供の小さな世界の中では、やっぱり親ってとてつもなく大きいんだよね

この映画は無知や未熟さ故の子供たちの無邪気さに、胸が締め付けられたよ

586 :名無しの心子知らず:2005/12/29(木) 06:53:46 ID:ORnS1fhF
親が絶対だった餓鬼の頃とは違って
今大人になった子供達は憎むか呆れ果ててるだろうな。

587 :名無しの心子知らず:2005/12/31(土) 17:36:12 ID:fWc65Xf8
【社会】「勝手に菓子を食べた」 父親、4歳娘を振り回しタンスに頭叩きつける…東京
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1136015182/

この30歳の父親・・・
折檻して2歳児を殺したBと被るんだが・・・

588 :名無しの心子知らず:2006/01/02(月) 04:11:25 ID:Y+wXYxQX
>>560-562
取り敢えずはあなたの子供を大切にしてやりなよ
今もまだモヤモヤしてると思うけど、スパーンと答えがでるもんでもないし。
忘れず、且つ囚われすぎず、いいお母さんになってね。

589 :名無しの心子知らず:2006/01/03(火) 13:16:47 ID:TpYi9Nf1
【ジャイアントスイング】父が娘(4)の両足を持って振り回し頭をタンスにぶつけ死亡させる…東京
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1136253034/

>587の続報キタ━(゚A゚;)━!!まりあちゃん(´・ω・)カワイソス

208 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)