5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【読み書き苦手】学習障害児のスレ【LD】

1 :名無しの心子知らず:04/04/02 20:35 ID:bpAZ4e0E
学習障害を持つ子の親御さん、いろいろな悩みなど、ここで話し
ませんか?



306 :名無しの心子知らず:2005/07/01(金) 08:30:03 ID:JjsDkipQ
>>305
WISC受けてみたら?
数値にはっきり出るよ

307 :名無しの心子知らず:2005/07/05(火) 16:44:06 ID:jH3GzHKs
このスレまだあったとは!
>>142です。あれから
息子は中2になりましたが、ぜんぜん相変わらずです。しかも中1に比べて
下がってるかも・・・。部活は毎日がんばってます。やはりLDナノカナ・・・

308 :名無しの心子知らず:2005/07/30(土) 13:08:19 ID:1+6Qfrv3
ADHD、LD等の子供たちの学習と生活
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/baby/1088174706/

309 :名無しの心子知らず:2005/09/05(月) 09:19:32 ID:rIJy9T3J
純粋にLDだけとか、ADHDだけ、っていう人は少ないです。
対人関係に問題があったり感覚過敏などがあれば高機能自閉症とかアスペルガー症候群を疑ってみた方がいい。
実際、10年前くらいにLDといわれていた子があらためて診断したら自閉症と言われたりしている。
経験がある医師なら、ちょっと見て話をしただけで自閉症ってわかりますが、それだけの能力のある医者はまだまだ少ない・・・

310 :名無しの心子知らず:2005/09/09(金) 16:40:14 ID:pg5/GAQn
LDだけって本当に少ないですね。うちは純粋なLDです。
読字は問題ないので本はよく読んでますし記憶も問題ないけれど。
友達もたくさんいるし。
同じ悩みをもつ親御さんと話してみたいと思ったりするのですけど、
なかなか出会えませんね。
悩みの種類がADHDや自閉症や知的障害とは違うんですよね。

311 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 17:04:43 ID:YzH/SVVK
「発達障害があって支援が必要」という意味では同じだけれど、それぞれの障害特性に応じた支援ってありますよね。
それを「障害のある子もない子も同じように大事」とか「差別をしてはいけない」みたいなすり替えをされると困る。
親がほったらかして躾がなってないとか、過干渉の問題児と、どんなに療育頑張っても限界がある子を同じにしないで欲しい。
↑LD独自の問題も、大きいと思いますよ。
「他と比べて〜〜が出来るから大丈夫」とか言われると、困っちゃいますよね。そういう問題じゃない。
その子独自の困り感に対処してあげないとね。

312 :名無しの心子知らず:2005/09/12(月) 10:05:49 ID:8FsK/NM/
ADHDの子の親は、とにかくまわりとの対応が大変だと思う。
勉強ができれば、特殊学級にはいかせたくないだろうし。
知的に問題のない発達障害は療育手帳はもらえないから
将来的な不安はいつもあると思う。
LDは見かけ普通だから勉強できない子、
というレッテル貼られて終わりだし。
対人面の苦労がないだけマシなのかもしれませんが。

313 :名無しの心子知らず:2005/09/12(月) 11:14:40 ID:sdDKDexQ
うちの子の場合
担任A「面倒みれません、特殊学級のほうがお子さんに合ってると思います。」
担任B「お子さん、とっても○○が出来て他のお子さんからも認められてます。大丈夫ですよ。」
担任C「アンバランスがありますね。××について頑張らせたいですね。特別な宿題出しましょうか。」
結局、親が苦手な勉強を付きっ切りで教えるだけ・・・。    

314 :名無しの心子知らず:2005/09/14(水) 07:53:24 ID:F9xjA9wX
地道に勉強したことで改善されたお子さんいるのかな。
LDが完璧に治らないことはわかっているのですけど。
自分の子供の半年を見ていると格段に成長しているように見えるけど。
いつか頭うちになるのだろうか。


315 :名無しの心子知らず:2005/09/19(月) 11:24:12 ID:hGuEtSYt
>>314
判定を受けずにきた私の場合の例が、参考になるかどうかわかりませんが…。
中学二年まで平仮名カタカナしかまともに読み書きできませんでした。
算数は、計算問題は得意でしたが、やはり中学二年まで文章問題はわかりませんでした。
文章が読めなかったからだと思います。
人の話もあまり理解できませんでした。
これも、漢字がわからなかったからだと思います。
どんなふうにわからなかったかというと、
「早起きして合宿に行った」という文の早起きが、
「早い」「起きる」は知ってるけど「い」「きる」の送り仮名がないから
なんて読むのかわからない…。
合宿も同じで、「やど」しかわからない。
だから会話として同上の文を話されても、
脳内変換できないから意味がわからない…という感じ。
でも、中学二年の時、漢字の概念を自分なりに理解して、
それから突然いろんなことがわかるようになりました。
きっかけは、テストの解答方法が変わったこと。
それまでは「正しい漢字や熟語を書け」だったのが、
「下記から選べ」の選択方式になったからです。
それによって、「読めなくてもわかればいい」と開き直ったというか。
今だに本を音読できませんが、内容は理解できるので、支障はないです。
長文ごめんなさい。

316 :名無しの心子知らず:2005/09/20(火) 00:06:52 ID:iRQuWRjY
>>315
どうもありがとうございます。
うちの子供は小さくて(小2)
「自分なりに理解する」までにはなっていないので、
希望を捨てずにがんばってみます。

317 :名無しの心子知らず:2005/09/20(火) 00:50:24 ID:jIKX8GIR
>>316
私の場合、ひとつの意味にたくさんの言葉があるということが
わかっていませんでした。
たとえば具体的に、
増える・増す・伸びる・延びる・大きい・多い=+
というふうに教えてもらっていれば、
もっと早くいろんなことが理解できただろうに、と思っています。
健常者?のお母さんにはわかりにくい視点かと思い、書いてみました。
参考になるといいのですが…。

318 :名無しの心子知らず:2005/09/20(火) 00:51:27 ID:jIKX8GIR
すみません、sage忘れました…。

319 :名無しの心子知らず:2005/09/24(土) 19:55:40 ID:IDTdAeNC
うちは小2の男の子です。
多動と学習障害と診断され、接し方を変えれば少し理解するようになりました。
ひらがなもカタカナも読み書きは半分くらいはできなかったのですが、
カードを作り何度も一緒に声を出しながら視覚に訴えるようにくり返し見せたら何とかなりました。
漢字は言葉の意味と形を絵にしてこじつけると頭に残るようです。
うちのこの場合は体を使いながらすると、なんとか理解できるようです。
各々にあったやり方を見つけるのが大変ですよね。
いずれにしても、とても時間がかかって…
317の方の方法、使えそうです(* *)v



320 :名無しの心子知らず:2005/09/24(土) 22:44:16 ID:DKZd/2ws
私の知り合いの子供です。
小学一年生ですが、右と左、まだ判りません。
もちろん何度も教えています。教えた20秒後、どっちが右?と尋ねると
左手を揚げます。
その他、オデコ、ひじ、膝など「どこ?」と聞くとテンで違う所を指します。
モノ覚えが異様に悪く、習い事に行っても最低限覚えなければいけない
名詞が何ヶ月も覚えられず、苦労しているそうです。
一見すると普通の子。普通におしゃべりはできます。でも
学校にいくようになり、自分の要求は言えるけど、
他人の話を聞いて理解するのが苦手ということが明らかになってきました。
拘りの強い子で、ちょっとLDっぽいんじゃない?と
母親に助言しようとおもっていたところ、
最近、学校で右耳がほぼ聞こえていないことが判ったそうです。
聴覚障害と知的な障害ってセットで起こることは多いのでしょうか。

321 :名無しの心子知らず:2005/09/24(土) 23:37:34 ID:IDTdAeNC
聴覚障害があると健常な耳を持ってる子より情報を獲得しにくいため、
覚えにくいと聞いたことはありますが…
うちの子は、毎年の学校の検査では聴覚も視力もとても悪いです。
ほとんど聞こえていないし見えていないレベルの結果ですが日常ではそんなことないですよ。
病院の先生に、LDやADHDがあることを告げて根気よく検査してもらったら、正常でした。
どうも、集中できないし、やり方を理解していないので間違った判定がでるようです。
320のお知り合いのお子さんは、ほんとに聞こえてないのかな…


322 :名無しの心子知らず:2005/09/25(日) 00:26:41 ID:F9SAO5xV
>>320
私もその子の親も最初は「医師に言われてることが理解できてなくて
正しい検査が出来ていないのでは?」と勘ぐったけれど、
何度も何度も時間かけて調べたらしいですよ。
あと、そういえば左の耳を指して「こっちにお話してぇ」という事が
時々あったらしい。
一年生なのに10まで数えるのがやっと。
10の位とかの概念や規則性を理解できないから10&1、10&2・・・と
数えて行けば良いというのが判らないのよね。
本当に忘れっぽいし。子供のうちはまだ目立たないけど、将来が心配。

323 :315:2005/09/25(日) 02:04:10 ID:3FTTUbyx
>>322
10まで数えられるなら十進法には対応できるから、
ソロバンを使うのはどうでしょうか?
片手で指を折って10まで数えて、もう片方の手の指を折らせるやり方は、
私の場合100まで数えると10を「じゅう」と言えずに「いちじゅう」、
100は「じゅうじゅう」になってしまい大混乱でした。
また、10が10個で100、10が100個で1000はわかっても、
100が10個でも1000になるのがなぜかわからず、ヒステリーを起こしていました。
結局ソロバンでやっと、目で見て確認することによって納得した感じです。
もし四つ玉で教えた場合には、
もしかしたら私のように混乱が起きるかもしれませんので、
その時には五つ玉で教えてあげてみてください。
私の場合、玉をひとつひとつ足しながら「いち、にい、さん…」と教えて、4に
(ソロバン上に存在しない)1
を足して5にすることがどうしてもわかりませんでした。
同様に9に1を足して10にすることも、です。
それが五つ玉だと、下段に玉が5個になったら上の玉を下げるということが
目で見てわかって納得できた感じです。
あくまで私の場合の自分語りの上、長文でごめんなさい…。


324 :名無しの心子知らず:2005/09/25(日) 23:31:57 ID:myWaoo0S
私の弟は片方の耳が不自由ですけど知的に普通です。
勉強についても普通ですし、偏差値も悪くなかったし。
ちゃんと大学にもいきました。
耳が不自由だから知的に問題があるというのは
関係ないんじゃないでしょうか。

325 :名無しの心子知らず:2005/09/25(日) 23:38:23 ID:myWaoo0S
>>320
知的な障害がないのがLDなんですよね。一応。
「学習障害とは、基本的には、全般的な知的発達に遅れはないが、
聞く、話す、読む、書く、計算する、推論する
などの特定の能力の習得と使用に著しい困難を示す、
様々な障害をさすものである。 」
お話を読んでいると、微妙な感じがしますね。

326 :名無しの心子知らず:2005/09/26(月) 12:46:52 ID:U8KbWx0E
>>324
>耳が不自由だから知的に問題があるというのは
>関係ないんじゃないでしょうか。

ちょっと論点がズレていらっしゃいますね。
別に聴覚障害者がAll知的障害者だ、なんて誰も書いてませんし、
そんなの誰でも知ってますが。
ただ、1つ障害を持ってる人が他にも障害を持ってる率が高いのは事実。
アレルギーだって花粉と喘息はセットで発症する率が高いし、
四肢が不自由で知能も低い人も沢山いる。
だから聴覚障害と知的な障害、
あるいは、聴覚障害と学習障害の因果関係にはある傾向があっても
おかしくないだろう。
>>324は自分の経験に拘り過ぎなんじゃ?弟は違うってことは
判ったよ。でも姉の貴方はちょっと拘り強いし、読解力や雰囲気を
感じる力が・・・。
遺伝子的には共通項蟻かもね。聴覚障害&学習障害。




327 :名無しの心子知らず:2005/09/26(月) 15:22:50 ID:oTHfEYxe
>>326
「拘り」は自閉症などにみられるものですよね?
LDとは違うと思っていました。
LD=ディスレクシアということですと、
90%程度、近親者に「左利き・両手利き」がいると本にはあります。

視覚的にかたよりがある場合が多いので、
視覚認知は専門家に見てもらったほうがいいという話はでますね。

328 :名無しの心子知らず:2005/09/29(木) 16:13:04 ID:xjsz3IJV
315ですが、私は感音性難聴です。
そして両手利き。
拘りについては先にも書きましたように
10が10個で100と一度覚えてしまうと
100はそれ以外にありえないというふうに思い込んで、
50が2個で100とか25が4個で100というのが全然わかりませんでした。
つまり、一旦「〇が×で△」と理解すると、それがなかなか修正できないのです。
間違って覚えたある友人の誕生日など、
「2月9日じゃなくて11日」というふうにしか思い出せません。

329 :320:2005/10/01(土) 16:44:52 ID:tVKZb5HO
久し振りに覗きました。
315さん
私の知り合いの子(便宜上Aちゃん、とします)は、その「感音性難聴」だそうです。
でもって、Aちゃんのお姉さんは左利き。それを直そうとして
パニックになり相当苦労したらしい。
Aちゃんは赤ちゃんの頃はなんでも左手が最初に出てて
左利きか?と思ってたら、鉛筆やお箸は右で持ったという、
左っぽい右利きです。
でもって、>>315>>328の説明がとても判りやすいです。
きっとAちゃんの頭の中でもそれと似たような現象が起きているんだろうな
という風に感じました。
いま小1ですが、学校の勉強には早くも置いていかれてるそうです。
そんなAちゃんは、いまピアノに夢中です。
鍵盤を叩くのは大好き。なのに、音符は全く覚えないんで
先生がお手上げだそうです。
音楽的センスがあるのに、楽譜から音をまったく読み取れない。
音符なしで勝手に弾かせてしまうと音符が読めない子に育ってしまうけど
LD児ならヤムナシ、と出来ることだけさせるべきか・・・。
でも、それだと音楽的には早々に行き詰まるそうです。
お母さんは、Aちゃんが自信の持てる物を持たせてあげたいので、
音符も読めるようにさせたいみたいです。
こういう子にはどのように教えたら良いのでしょうか。

私の直感でしかありませんが、Aちゃんと315さんはかなり似ていると思います。
直接お話を伺ってみたい位です。
全音符=四分音符×4つ分の長さ と覚えても、二分音符2個分と繋がらない、
などなど、まだ序の口で、2段の楽譜の上=右手、左手=左手が理解出来ないなど
LDっぽい現象が多々起きてるけど
ピアノの先生はLDの専門家ではないし、Aちゃんはピアノに物凄い
執着を見せてるし・・・。

330 :名無しの心子知らず:2005/10/02(日) 12:28:40 ID:iU7CP+Yr
>>329
315ですが、A子ちゃんにとっての「音楽」を、
ご両親はどのようにお考えなのでしょう?
単に自信をつけさせたいだけ?
それとも本人の音学的才能を伸ばして、職業として成立させたい?
もし音楽を職業にとお考えなら、耳の問題からかなり厳しい道だと想像します。
感音性難聴は、聞こえない音域があるのは事実ですが、
空気の振動などによって、聞こえていない音を感じることはできます。
ただし、その音がどんな音かはわかりません。聞こえてないから。
ピアノを弾く、という行為で言うと、音符が理解できたとしても
聞こえてない音域については「強く」は弾けますが「弱く」は難しいかと思います。
「強く」の場合、空気の振動の具合によって強さ加減はわかりますが、
空気が震えない程度の弱さ加減は、わかりようがないのです。
ただし、感音性難聴にも程度がありますから、
A子ちゃんの症状が私より軽ければ、もちろんこの限りではありません。
そうであることをお祈りします。
ところで全音符と四分音符と二分音符についてですが、
もし仰るように、私とA子ちゃんが同じタイプだとするならば
混乱の原因は「名前」だと思います。
私は音楽のことはまったくわかりませんが、出された例でいいますと、
四分音符二つで二分音符、二分音符二つで全音符と
単位の名前が変わるのが納得できないのでは?と思います。
最小単位が四分音符なら、四分音符の「長さ」を教えた上で
二分音符の記号を見せて、これは「四分音符二つのマーク」、
全音符の記号を見せて「四分音符四つのマーク」と教えるか、
いっそ楽譜を全部四分音符で書き直す、ということも方法かと思います。
書き直す作業は大変ですが、日々視力を失っていくバイオリニストの息子の為に、
交響曲の楽譜を拡大して書き直した親御さんの実話があります。


331 :330:2005/10/02(日) 12:57:32 ID:iU7CP+Yr
右手左手の問題は、音楽の上でも大事でしょうが
それより交通ルールなど教えるにも大事な問題だと思います。
教え方としては、旗上げゲームはどうでしょうか?
子供の右手に手袋をさせ、対面の大人は左手に手袋、
そして「右上げて♪」「左上げて♪」と遊んで教える方法です。
この時対面の大人は、「右上げて」と言いながら左を上げるのです。
右利きなら手袋の代わりにお箸や鉛筆も有効かもしれませんね。
またこの旗揚げゲームは、大人にも「こだわり」の難しさを理解して貰えると思います。
大人側は「右上げて」と言いながら左を上げなければならないのですが、
実は大人にとってものすごく難しいゲームなんです。
なぜなら、右は右であり左ではないと「思い込んで」いるでしょう?(笑
「右」はたまたま一定側につけられた名前に過ぎず、
右の名前は「左」だろうと「頭」だろうといいはずです。
私にはなぜ右が「右」なのかがわかりませんでした。
こだわりという問題で言うならば、
「右を右と呼ぶ論拠を述べよ」という思考回路なのです。
けれどそれでは世の中を渡れませんので、やはり生活の基本は教えねばなりません。
習熟という言葉があります。
おしっこをするのにパンツを下げ、腰を便座に下ろして、用が済んだらパンツを上げる。
こういった行為は、頭で理解してやっていることではなく、
繰り返し何度も何度も教え、経験させて、体で覚えさせた行為でしょう。
右と左も習熟させる問題だと思います。
遊びの内でなら案外早く身につくかもしれません。
そういえば私の母は、私の右手に鈴をつけたゴムを巻いていたことがありました…。
連レスに渡る長文ですが、何かしら参考になれば…
少しでもA子ちゃんが混乱なく成長できれば…と願ってやみません。

332 :320=329:2005/10/02(日) 14:35:34 ID:5w81WyDL
>>330=>>315さま
お返事が頂けて本当にうれしいです。
深く感謝いたします。

>A子ちゃんにとっての「音楽」を、ご両親はどのようにお考えなのでしょう?

何にも興味を示したことのないAちゃんが、初めて強い関心と愛着を示した
ものがピアノでした。
お稽古の進みは普通の子より遅いですが、幸いにして相性の良い先生と巡り合い、
Aちゃんは先生が大好き、先生もちょっと普通ではないAちゃんに関心を寄せ、
課題を考え、励ましてくれてます。
Aちゃんは進まないのですが、毎日2時間もピアノに熱中して練習するほど
ピアノが大好き。
そんな矢先にAちゃんがどうも普通ではない。「何かがおかしい」と気付いて
最初に母親に注意を促したのはピアノの先生です。
何度やっても覚えず、普通の子が覚えている事が何ヶ月たっても頭に入らない。
かと思うと、普通の子供以上の集中力で弾こうとする。
(理解力が無いのに、弾く方のセンスはかなり優れているらしい。)
そうこうする間に「感音性難聴」の診断がついたが、その時すでに
ピアノに対するAちゃんの気持ちは大きく膨らんでおり、「耳が悪いから止める」
なんて考えられない。(検査によれば感度が悪いのは片耳だけです。)

親御さんも止めた方が良いか悩んだけれど、
お医者さんは、片耳の場合は、そのアンバランスな
状態が普通の感覚となって成長するので、日常生活に於いては
ある程度慣れで克服できるとのこと、
ピアノの先生も「少なくとも片耳正常ならば何とかなるのでは?」という感じ。
とにかく、耳とは関係無しにAちゃんのピアノへの拘りがすごいので、
ご両親は「こんなにも本人が好きならば、きちんと音楽教育して、
本人が自信を持てるだけの結果がでたら儲けモンじゃないか」という心情だと思います。
専門に行くか行かぬかを見極める程の時期ではないと思います。

333 :320=329:2005/10/02(日) 14:54:29 ID:5w81WyDL
音符の教え方に関して、目からウロコ状態です。
やはり具体的にLDの方から示してもらうと違いますね・・・。
ピアノの先生は既に
「この子は普通の売ってる教材では教えられない。内容も量も自作しないと対応できない。」と
言っています。レッスン体系も変える必要があるでしょう。
ただ・・・ノウハウが無いみたい・・・。
盲目のヴァイオリニストは川畠さんの話ですね。
彼は知能は普通で親がヴァイオリニストで教師だから何とかなったけど
つまりAちゃんもモノになりたければ彼ほどの努力を
本人も家族も教師もしないといけないのですよね。
(才能と最低片耳に正常な聴覚がある、という前提で・・・。)

それと、親や教師がLD児童を教育する上でオススメの本が何冊かあれば教えてください。
いまピアノで一番困っているのが
「音符を理解せずに弾き真似だけで弾かせてしまって良いものか??」です。
音符が読めなければモノになることはありませんので、普通児ならNGです。
お母さんも出来れば音符を読めるようになって欲しいし、
Aちゃんも読めるようにはなりたい、だけど覚えられない・・・。
演奏能力と読譜にギャップがあるので、読めるものだけ弾いてると
ドとレとミだけの曲しか弾けないorz...
>>331を読むに、音符も習熟するまで体で覚えさせるしかないということでしょうか。
能力にギャップがあるので、学習の仕方というか、課題の与え方が
かなり難しそうです。
覚えるまでギブアップしないで、しつこく、しつこく繰り返ししまくっても
良いのでしょうか・・・。

ところで315さんは本当にLDだったのですか?
これだけレベルの高い文を理路整然と判りやすく書けるようになったのは
何故でしょうか。混乱は何歳くらいで収まりましたか?
質問ばかりでスマソ、、でも私もAちゃんが少しでも周りに理解され、
明るい気持ちで育って欲しいと思うのです。

334 :320=329:2005/10/02(日) 15:04:12 ID:5w81WyDL
ゴメソ、>>315読み直しました。
認定は受けてないのですね。
で中学生で急に色々判るようになった、と・・。
でもLDかどうかはどうでも良いです。
とにかくAちゃんと似てます。。。
あの子もきっと長いことかけて「当たり前」のことを覚えてゆく
のでしょうね。


335 :名無しの心子知らず:2005/10/02(日) 16:48:48 ID:iU7CP+Yr
>>333
私の子供の頃には、LDも、感音性難聴という病気も、
まったく認知されていませんでした。
少なくても私の生まれ育った環境では。
知能テストでは190あったそうで、特殊学級にも入りませんでしたが、
お話にならないレベルの学習困難児童でした。
私の書いている文章は高度ですか?
でも40代の今現在をもってして、私は読み書きできません。
名前と住所は習熟したのでそれだけは書けますが、
小学校低学年以上の漢字が書けませんし、
先にも述べましたように、漢字の音読み訓読み湯桶読み重箱読みがわからないので
文章を音読できないのです。
現在私がこのように文章を書いていけるのは、ワープロ機能のおかげです。
基本は論文の「AはBである故にCである」です。
丁寧語尊敬語謙譲語の概念は理解しているつもりですが、
使いこなせているかどうかは自信がありませんし、
論文調にならないように頑張ってはいるつもりですがどうでしょうか。


336 :335:2005/10/02(日) 16:51:45 ID:iU7CP+Yr
検査を受けないままこの年になり、今更受診する気もないのですが、
自分ではどう考えてもLDだろうと思っています。
ですから私が申し上げていることは、
「例えばこういうことがこういうふうに理解できないのだ」
「こういうことはこういうふうに教えてもらいたかった」
というLD側の心情を、代弁しているつもりです。
ただしすべて私の場合の経験に過ぎませんが。
私なりの考えですが、LDは限りなく知能障害に近いと感じるでしょうが、
それは周囲が求めるレベルの方向性が違う場合が多いのでは?と感じます。
「咲いた咲いたチューリップの花が 並んだ並んだ赤白黄色 どの花見てもきれいだな」
という文章を読み書きできずとも、
「チューリップが咲いてる歌」と理解できたらいいのではないでしょうか?
私の経験で言うと、チューリップの歌を文章に起こせないことを嘆くのではなく
どういう歌なのか理解できてることを褒めて欲しかったです。
「きれいなチューリップが咲いてる歌」と理解するか、
「チューリップが咲いててきれいだぁって歌」と理解するかは感受性の問題な気がします。
音楽についてのお悩みですが、また後程レスさせてください。
一旦落ちます。

337 :名無しの心子知らず:2005/10/02(日) 22:07:48 ID:iU7CP+Yr
>>333
Aちゃんの音学的現状について整理してみました。
音符はドレミしか読めず、
右手で弾く部分と左手の部分という楽譜が理解できていず、
されど「弾く」という音学的センスは飛び抜けていると評価されている
ということですね?
では彼女はどうやって弾いているのでしょうか?
先生の出す音を耳で聞いて、その通りに弾ける絶対音感を持っている
または
先生の弾く通りに、先生の指の軌道を丸暗記している
ということですよね?
どちらにしてもそれだけの才能があるなら、
その道に希望を持つ親御さんのお気持ちはわかる気がします。
さて、私は先に申し述べましたように、音楽方面にはまったく暗い人間です。
ですからこれから私が申しますことは、
あくまで理屈に過ぎませんことをご了承ください。


338 :337:2005/10/02(日) 22:09:11 ID:iU7CP+Yr
専門の道に進ませるかどうか、今は判断できる段階にないということでしたが、
無理にでも楽譜を読めるようにするべきか否か、迷っているならば、
その答えは、やはり現段階での親御さんの、
Aちゃんの将来に対する判断に負うということではないでしょうか?
つまり将来音楽で道を立てさせる(最終的にそうなれずとも)と決めたなら
無理矢理にでも教え込み、詰め込まなければならない問題なのではありませんか?
それによってAちゃん本人が、「ピアノなんて大嫌い」となる危険はありますが。
また現実の問題として、資金面での問題もあるでしょう。
不確かな情報ですが、一人の音楽家としてのピアニストを育てるには、
一人の医者を作るよりお金がかかるという噂を聞いたことがあります。
それに加えてAちゃん本人と親御さんの不断の努力について、どこまでの決意があるか。
盲目のバイオリニストの親御さん達のような覚悟があるか、ということです。
けれどAちゃんにとってのピアノを、そこまでは考えていないというなら
それ程悩む問題ではないのではないでしょうか。
楽譜の読めない音楽家は、美空ひばりや矢野顕子のように存在するのですから。
彼女らは趣味を仕事にできた希有な例だとは思いますが
Aちゃんがそこに列っせられないとは限りませんし。
仮にそこまでにはならなかったとしても、楽しめる趣味があるということは
Aちゃんの人生を豊かに彩ってくれるでしょう。
素人ですからありきたりのことしか申し上げられず、心苦しいばかりですが、
こういう考え方もある、という程度にご参考になればと思います。

339 :320=329:2005/10/02(日) 22:12:09 ID:5w81WyDL
知能テスト190って、超優秀児じゃないですか。
上記の文章もとっても判りやすいし。
論文調にはなってませんよ。
きちんとしたLDの専門家(先生)が降臨したという感じです。
これで読み書き出来ないって、、、
でも私の書込みにお返事くれてるということは、黙読はOKなのですよね。
細かく言うと「音読」と「手書き」が出来ない、ですか?
それは文字を図形(絵)として記憶する力がないということ?
じゃぁ知能テストは選択式だったから出来たってことですか??

音読出来ないって言うけど、PCのキーボード打つ時には
「頭の中」で音を言いながら(思い浮かべながら)打ちませんか?
ちなみに、ローマ字入力ですか?カナ入力ですか?

いや、一般人の私だって子供の頃は確かにクセがあり、
だから子供が考え方にクセを持っているのは当たり前と思うのですが、
LDの人が困るのは、全く応用や融通が効かない、という事でしょうか。

ワープロに救われたようですが、LD児の学習には、正しく書かせる、などに
教える側が拘らずに、PCなどを多様してあげると
負担が軽くなるのかも知れませんね・・・。

音楽に関するレスも、気長にお待ちしていますので
お時間のある時にぜひお願いいたします。

340 :320=329:2005/10/02(日) 22:20:38 ID:5w81WyDL
あ、音楽に関するレスが!
ありがとうございます。

そうですね、その通りだと思います。
Aちゃんと、ご家族がどこまでピアノに掛ける意思があるか、
その結果、モノにならなければ、嫌いになるかも知れない、
ということですよね。
でもピアノの先生もその辺をハッキリしないと教えるに教えられないのだと
思いますから、この問題はこれでかなりスッキリすると思います。
重ね重ね、感謝いたします!

341 :名無しの心子知らず:2005/10/03(月) 12:03:34 ID:NYH2Sw+B
>>339
実は長文黙読もできません。
読み飛ばしと言いますか、文字に指を当てて読んでも、頭が拾わないことが多いのです。
ではどうやって読解してるのかと申しますと、
339の文章では、読まずともパッと見で
黙読 ?
音読 手書き ?
図形 ?
頭の中 ?
カナ入力 ?
ローマ字入力 ?
という文字が頭に入ります。
?や!という記号が、文字よりすんなり頭に入ります。
これでだいたいの意味はわかったつもりですので、読書や新聞を読むくらいはこれで済ませますが、
こちらが回答を要するような場合は
更に「黙読 ?」から「黙読の何が?か」と解明にチャレンジします。
場合によってはパッと見の時点でメモしたりします。(忘れるので)
私の場合、図形には非常に強いです。
ですから漢字自体には問題はありませんが、送り仮名が支離滅裂です。
しかし熟語や故事成語のように、「これ以外に読みと意味はない」というのは得意。
だからパッと見で目に入るのは、熟語や故事成語や記号が多いようです。


342 :341:2005/10/03(月) 12:06:29 ID:NYH2Sw+B
文章も書く時も、図形で考えます。
まず起承転結を意識して、論旨をカナ入力で箇条書きにします。
起承転結をそれぞれ四つの長方形に見立て、
場合によってはそれぞれの章立てで並列や展開も行います。
それができるようになったのは、
「或いは」「または」「更に」「ところで」「しかし」などの言葉が、
図形と図形を繋ぐ糊だと考えられるようになったからです。
けれど丁寧語謙譲語尊敬語に今一つ自信がない為、
失敗できない文章はフォーマットを使いますが(汗
最初は箇条書きでしかない文を、最終的に文章に仕上げられるのは
ワープロの挿入や改行や削除といった編集機能のおかげです。
とはいえ、私には文章が図形で見えるので、
美しい図形になっている文章ほどわかりやすいと経験で知ってはいますが、
それを自分が構築するのはなかなか難しい仕事です…。
ご参考になりましたでしょうか。

343 :名無しの心子知らず:2005/10/03(月) 13:30:12 ID:NYH2Sw+B
>>339
LDの人が一番困ることは、
周囲と我が親からさえ理解を得られないということではないでしょうか?
例えばこんなふうに考えて頂きたいのです。
世間の皆さんは、ご自分がまったく興味のないジャンルの、専門学術書を、
素読で理解することができるのでしょうか?
それを初見でスラスラと音読できますか?
要点を書き出せますか?
学術書であろうと学校の教材であろうと、
興味がないという点で両者は同じなのです。
教材が読み書きできない子供に対して、
「なぜこのくらいのことができないのか」と言う前に、
ご自分が専門学術書を理解するには、
理解する為の知恵が必要であることに気付いて欲しいのです。
そして子供に必要なのは、読み書きを強要することでなく
その子が読み書きする為に必要な知恵であることに気付いて欲しいのです。
どなたかのレスにもありましたように、LDは知的障害ではありません。
点と点を結ぶ線のような知恵があれば、
解決できる問題も多いのです。


344 :343:2005/10/03(月) 13:32:11 ID:NYH2Sw+B
私の場合、「1+1」という問いに対して、
「1・9 1・9 1 8・2」という思考回路です。
頭の中にそれらの数字が踊っていて、
記述式テストではどれが求められる解なのか不明でした。
けれど選択肢から選ぶのであれば、「1」「9」「8」「2」のどれかとなりますから
正答率が上がります。
正答が自信となって、繰り返す内に、
自分の脳内の最後の数字が正答にあたると経験でわかるようになります。
この場合、私にとっての知恵は選択問題との出会いといえるでしょうか。
差し出口を申しますが、Aちゃんはドレミしかわからないと仰りますが
失礼ながら「なぜドレミだけはわかるのか」と考えられたことはおありですか?
そうは考えず、「ドレミはわかるのに、なぜファソラシドがわからないのか」と
思いがちではありませんか?
なぜドレミがわかり、なぜファソラシドがわからないのか
そのように二点平行に考えないと、理解させる為の知恵も出て来ないように感じます。
見当違いなことを申しておりましたらご容赦ください…。

345 :320=329:2005/10/04(火) 14:23:42 ID:TFzH2eu2
>>344
>>344
>私の場合、「1+1」という問いに対して、
>「1・9 1・9 1 8・2」という思考回路です。

上記の意味がなかなかワカリマセンでした。
1+1 という問いに対して、9とか8って一体何処から持って来たんですか?

ところでAちゃんは足し算で苦戦していますが、お母さんの話によると
全部引き算の答えを書いていると言う話を思い出したのですが、
もしかして、突然10を持ってきて
10−1=9 → 9−1=8 →
10−8=2  という風に、10を枠にして、引算だけで解を求めたのですか??

346 :320=329:2005/10/04(火) 14:25:34 ID:TFzH2eu2
>Aちゃんはドレミしかわからないと仰りますが
>失礼ながら「なぜドレミだけはわかるのか」と考えられたことはおありですか?

ドレミだけが判るのは、視覚的に判りやすいことと、最初に覚えたから印象的だった
のだと解釈しています。
そもそも「ド」(五線の一番下に土星のように漂っている「一点ハ」)は、視覚的に特徴があり、
これを覚えない子供はまずいないでしょう。「レ」も五線の一番下にぶら下がっていて、
「ミ」は串刺し、そんな感じでここまでは見た目に判断しやすいのだと思います。
(ここまで覚えるのにも半年以上かかったそうです。)
その先の音符はどんどん5本の線の中に入り込み、似たような記号やグラフを読み取るような
作業になってくるので、間に書かれるファ、ラ、ド、ミ、と線上に書かれるミ、ソ、シ、レは
LDに限らず、いわゆる一般的な「頭の悪い子供」も覚えるのに苦労をしていたりしますから
これも条件反射的に反応するまで覚え込ませるしかないかと思っています。

もちろん一度に出す課題の量や範囲には工夫がいるとは思いますし、
楽譜から読む 音から音名を当てる、弾いたものを書く、などの IN⇔OUTを
上手に連携させた訓練をしないとならないでしょう。
(いまINしたものをOUTする、などは混乱の元だから避けたほうが良い、とかいう特徴があるのだとしたら、
一般人からは伺い知れないので、やはり周りの大人が知識として事前に知っているに越したことはないです。)

また、視覚的な特徴を付けて(例えば色音符とか)という手もあるでしょうが、
音を聞いて色をイメージしてしまうとか、副作用もあり、ただ書いてある音符の場所に手が行けば良い
という単純な問題ではないようです。
実際の演奏に繋げるには安易な方法に頼らず、音符からダイレクトに音を認識できる方が
結局近道という音楽の専門家の意見もあります。

またAちゃんの「ドレミはわかる」の意味ですが、これは紙に書かれたのドを見て視覚的に「ド」認識し、
ラベリングするというだけの次元です。

347 :名無しの心子知らず:2005/10/05(水) 18:49:08 ID:1Th3fPcH
>>345
はい、私にとって数字とは、10が単位なのです。
つまり「1」とは「10に9足りない数」です。
ですから「1」という数字を見ただけで、視覚から入った1と、
認知している9の概念が脳内に浮かびます。
この時の9は、サイコロが9個積み重ねられた図形となって、脳内に「見えて」います。
さて「1+1」という問題ですが、結果的には私にとって、
「9足りない数字と9足りない数字が10を作ろうとしていますが、いくつ足りませんか?」
という問題となってしまいます。
しかし「9+9」の計算ができるわけではなく、図形としての二本の9の一本から、
一つのサイコロをもう一本の9に移すという脳内作業をするのです。
すると10が「1」と残数の「8」ができます。
そしてこの8は、10に「2」足りない数字と思考するわけです。
このようにして「1+1」=「1・9 1・9」→「1・8」→「2」と
計算するというよりは思考しているわけです。
けれどこれが「13−6」という引き算でも、「
7と4」で10を作ろうとするので私の答えは「9」。
つまり私は引き算はできないわけです(笑

348 :名無しの心子知らず:2005/10/05(水) 19:21:40 ID:1Th3fPcH
>>346
ドレミの件、
「なぜドレミだけわかるのか」
「どうすれば他をわからせることができるのか」
二点平行に考えてらっしゃるんですね。
知りもしないで大変失礼しました。
私は「ファでまた親指になるのが納得できないのかなぁ?」と愚考しておりました。
余計な口出しを致しまして恥じております。
お許しください。

349 :名無しの心子知らず:2005/10/07(金) 10:11:17 ID:YrU1aYNj
はじえまして、4歳の娘(年中)がいます。
娘も数が苦手な LDではないかと最近心配になってきました。
というのも、平仮名は3歳半くらいから覚え始め、自分の名前や2〜3文字程度
でしたら読めます。単体の字も読めますが、文はまだです。
そのほか、幼稚園のワークをしているのですが、だいたい年中向けの問題は
できるのに、数だけがだめなんです。。。

ワークはだいたい問題別に
・生活
・常識
・文字
・数
とあるのですが、ほとんどのワークが数の部分だけつまづいてしまいます。
1〜10までは言えるのに、1〜10までのシールを貼ってね、はできない。
数を数えて、その分だけシールを貼ってね、もほとんどだめです。
かなり心配になってきました・・。
結構教えてるつもりなんだけど、他の事みたいに覚えてくれない・・数。


350 :名無しの心子知らず:2005/10/07(金) 11:40:51 ID:X6CEvMPA
LDの方にご質問です。
算数が苦手な場合、どのような教え方、考え方だと
解りやすいなどありますか?
また、数に関して、どういうことが理解できない、理解できなかった
なども教えていただきたいです。

351 :名無しの心子知らず:2005/10/07(金) 15:32:31 ID:ScOXKb4O
>>349
お子さんの成長過程はお子さんそれぞれ…という前提でお話します。
お話によると、数字の表記と数の概念がわかっていないように思います。
表記文字については、平仮名単体は読めるとのことなので、
算用数字もその内理解できるでしょう。
平仮名が読めるということは、
この字とこの字は違っていて、こっちはこう読みこっちはこう読むのだと
理解しているわけですから、算用数字もわかるようになると思います。
名前の平仮名といくつかの名称しか、現段階では認知していないとのことですから
名前と表記文字の関係がまだ難しいのでしょう。
その段階では、算用数字の表記文字と数の概念はまだ難しいのかもしれませんね。
私は数の概念は指折りで教わりましたが、
「いち」と「ひとつ」が同じだと理解できず混乱した覚えがあります。
数字の読み方の名称を統一して教えると、飲み込みやすいかもしれません。

352 :名無しの心子知らず:2005/10/07(金) 15:59:19 ID:YNNt4INm
>>349

机上の勉強より、生活の中で数の概念を養ったらどうでしょう?

料理の盛り付するときなど、「お皿を家族の人数だけならべて。」とか
「お皿に、ソーセージを2本ずつのせて。」とか
小さいときは生活に根ざしたことや実体験のほうが身につくのではないかしら?


353 :Aちゃんの友:2005/10/07(金) 16:37:05 ID:QwwpTtkz
>1〜10までは言えるのに、1〜10までのシールを貼ってね、はできない。
>数を数えて、その分だけシールを貼ってね、もほとんどだめです。

状況を整理すると、1〜10を言えると言っても「唱えてるだけ」という
ことですか?意味の判らないお経や歌を覚えてるように・・・。
例えば、●●●●
を数えてね、と言うと4まで数えて後戻りして自分が言いたいだけ
好きなだけUターンする子もいるよね。そういう子は唱えてるだけ。

1〜10のシールを貼ってね、は、@ A B こんなシールがあるとして
字が読めてないから並べられないってことですかね? 「はち」っていってるけど、
どれがハチなの?と言ってもGのシールが判らないというように。
逆に、判っている数字は無いのですか?

数を数えて、その分だけシールを貼ってね、は「数える作業」と
「シールを正しく貼る作業」の2つの部分に分かれますよね。
どちらもダメですか?
数えることが出来なければシールを貼るのも無理でしょうから、
数えることに沢山慣れてみては?
まずは3までを徹底的に。(2だと単純すぎて単なるあてっこと勘違いされるし
4以上は難しくて拒否されやすいとオモ)
1〜3ぽ歩く、1〜3回跳ぶ、3回叩く、1〜3つの林檎、などなど。
この時、351さんの指摘と関連して「○歩」「○回」「○個」は混乱の元だから、
「イチ、叩いてね」「ニ、歩いてね」「サン、頂戴」など、日本語特有の言い回しを
全く排除するのは大事かと思います。
以上、自己流ですが。

354 :名無しの心子知らず:2005/10/08(土) 16:27:42 ID:mMR1JzuX
中一の娘がおります。
小さい頃から何をやっても人並み以下で落ち着きがありません。
小学校低学年の頃は連絡帳がかけずに苦労しました。忘れ物が多いと言われ続けています。
小学校の頃は公文をやらせ計算だけは速いです。文章問題、図形はダメですが・・。
語彙がとても少なく、漢字はとても苦手です。
期末試験は小学校教諭の免許を持つ方に家庭教師をしてもらいましたが、国語、社会20点・・
という具合です。漢字の部分40問くらいあって1つも書けていません。
休み明けに教育相談所に電話してみるつもりです。
でも中一ですし、病院に行くことは嫌だといわれてしまうかもしれません。

何度か病院に行くことも考えましたが、夫の猛反対でここまで来てしまいました。
わが子を障害児と思いたいのか、診断された所で直らないのなら意味がない。
わかったとしても勉強できないのを放置することはできない。やらせるしかない。
という理由です。
実際診断されて、傍目にはバカでトロい子、にしか見えない娘に何かできることはあるのでしょうか。



355 :名無しの心子知らず:2005/10/08(土) 19:43:22 ID:qjUuZyew
>>354
診断されて病名が明確になったところで、治るわけではない
と仰るご主人のお考え、わかる気が致します。
私自身、自分はきっとLDなんだろうと思い当たっておりますが、
ご主人同様に考え、今に至っております。
ただし、私にそれができるのは、中二から劇的に改善されて
今現在日常に支障がないからです。
治りはしないが改善はできる、というのが私の素人考えです…。
お話の様子ですと普通学級に就学されているようですので、
LD専門の教師に相談にのってもらうと
可能性は広がるように私自身は思うのですが…。
公文をやったなら暗記力はあるように思います。
暗記力が強ければ、ちょっとした補助で改善が望める気がするのは
私の素人判断ではありましょうが…。

356 :名無しの心子知らず:2005/10/08(土) 20:10:02 ID:Zcaiw9lg
>>354

>勉強できないのを放置できない。やらせるしかない。

LDという理由でお勉強ができないのと、健常児でお勉強ができないのとでは、根本的に違うとそのプロの方がおっしゃっていました。
もしお宅のお嬢様がLDの場合、方向性を間違えたら、足の悪い子に走れと言うようなことをしてしまいます。

そこのところを見極めるためにも診断を仰ぐことが必要なのではないのでしょうか?


357 :名無しの心子知らず:2005/10/08(土) 22:03:22 ID:bhiurmBq
>>354
>何度か病院に行くことも考えましたが、夫の猛反対でここまで来てしまいました。

病院に行かない限り、貴方が前へ進めないと思うよ。
ずっと迷って同じ場所をグルグルしてる間に大事な時間が過ぎてゆく。
診断が下ったところで何も改善しない、なんて親の勝手な言い分で
言い訳にもなっていないと思いますよ。
ご主人は現実に向き合う勇気が無いだけではないですか?
それに診断が下ればきっと母親である貴方はきっとスッキリしますよ。
LDと確定したなら集めるべき情報もはっきりしますし、
進むべき方向も絞れます。すぐに直らなくても無駄な迷いや不安が減るのは
親にとっても子にとっても有益ではないでしょうか?
LDなら先延ばししても、それこそ有益な改善が遠のくだけではないでしょうか。

>実際診断されて、傍目にはバカでトロい子、にしか見えない娘に何かできることはあるのでしょうか。

悪いけど、親御さんも十分トロイですよ。
大事なことなのに、気になりつつも今まで放置してきたんですから。
納得がいくまで合う医者を探すとか、理解者を得る努力をするとか、
何もしてないで不安がってるのは返って親として無責任な気がします。
LDでなかったなら、それはそれで今まで通りの方針で行けば良いだけです。

358 :349:2005/10/09(日) 01:47:21 ID:T2Z1OkW1
レス下さった方、ありがとうございます。
>>351
娘は数字は読めるんです。例えば
「1 これなに?」娘「いち」とか。で、数字は1から10までは完璧に
読めます。
数字のシール貼りができないと書きましたが、シール貼りというのは
@〜Iまでのシールがランダムにあって、それを順番どおりに並べる
というものです。
私の説明不足でしたが、平仮名は全部知っていて、2〜3文字読めると
書いたのは、2〜3文字でできる言葉のことです。
平仮名を覚えたのはカルタからで、それほど苦労はしませんでしたが
数になると、どうもつまづいてばかりです・・。
>>353
上にも書きましたが、数字は1から10まで全部読めるんです。
で、1から10までも唱えられるのに、順番通りには並べられない・・。
数の概念も、3個までなら見ただけでわかります。
それ以上になると、微妙ですね・・。
5個頂戴、というと、4個とかひどいときにはストップかけるまで
手渡したり・・。
ここまで書いてふと思ったのですが、もしかすると、数というよりは
問題の意味が解ってないのかもしれない・・・。自己完結ですみません。






359 :名無しの心子知らず:2005/10/09(日) 02:17:22 ID:1OdQBxFp
>>358
貼るべきシールは丸の中に数字があって、
貼られる場所には「丸で囲んだ」数字があるということですか?
それなら「1」と「@」は違うと認識しているのかもしれません。
そこを明確にする為に、貼るべきシールの外周をマジックでなぞって、
貼るべき場所の数字とまったく同じ外観にしてみてはどうでしょう?
それでもしシール貼りができるようなら、
ただの1も、丸に1も、角に1も、明朝体の1もゴシック体の1も、
全部同じということを教える、艱難辛苦の道が待ち受けていますが、
明けない夜はないのですから…。


360 :349:2005/10/09(日) 14:07:26 ID:eytJZHdo
えーと、シールは丸の中に数字が書いてあって(@Aこんな感じ)
貼る場所は、真っ白な紙の上です。
359さんの意見、目からうろこでした。
そういう考え方もあるのですね。チャレンジしてみます。




361 :名無しの心子知らず:2005/10/09(日) 15:08:27 ID:1OdQBxFp
>>358
文字としての数字と、量としての数字が、
3までなら連動して理解できているなら、
1・2・3なら自在にシール貼りができるはずですが、その点どうでしょう?
それができるなら、あまり心配はいらないようにも思います。
また教材をシールだけに頼ると、数とはシールのことと誤認するかもしれないので
>>352さんの仰るように、生活の中で数を認知できるように教育する方が
私もいいように思います。


362 :349:2005/10/09(日) 23:43:26 ID:FNmcK9lw
>>361
確かに!1〜3まではちゃんと貼ります。それ以降は
1 2 3 10 4 6 5 8 9 7
といった具合・・。3の次はたいてい10です・・。

生活の中では割りと取り入れてきたつもりなのですが、覚えが悪い・・。
それ以外にも、ひどい運動音痴と手先が不器用で、平仮名はそれこそ
2,3文字しか書きませんし、絵もすごくへたです。(ここも引っかかっていいる)
小学校で、ついていけるか本当に不安です・・・。

363 :名無しの心子知らず:2005/10/10(月) 00:53:35 ID:kauvviOe
>>362
1〜10までは完璧に読めるんでしたよね?
それなら4を見て「よん」、10を見て「じゅう」と読めるんですよね?
けれど「4を貼って」と言うと10を貼るということでしょうか?
それならまだ1〜10までを読めていないことになります。
それとも1〜10まで並べて貼らせようとすると、
3の次に10が並ぶということでしょうか?
3の次に10を「じゅう」と認知して並べているのなら、
数字はわかっているけれど順番がわかっていないということになります。
何がわかっていて何がわかっていないのかによって、
教えるモノが違うのではないかと思います。
昔知育の教材に、
数字が凹になっている所に該当数字のプラスティックを当てはめるものがありましたが
今はもうそういうものはないのでしょうか。
現在利用しているシールの数字の下に、
平仮名で「いち」「に」「さん」と書いてみるのも一案ですが、
あまり同じ教材ばかり使っていては、お子さんが飽きるかなぁ?とも思いますので
そういう別の教材を使ってみるのも一案かもしれません。


364 :363:2005/10/10(月) 00:58:18 ID:kauvviOe
運痴やぶきっちょさんは個性の内だと思いますが、
絵などは感性の問題ですから、一概に下手と決め付けるのはどうなんでしょう?
絵について心掛けたらどうかなぁ?と私が思いますのは図形くらいでしょうか。
線を横に、縦に、真っすぐ引けて、丸が丸く描けて、正方形と長方形が描ければ
絵の構図はしっかりしてくるかもわかりません。
「棒が一本あったとさ〜」等、絵描き歌を歌いながらだと、興味を持つかもしれませんね。
またこの図形は書き文字の基本にもなります。
逆三角形の中に「す」を書かせたりすると、書き文字は上達するようです。
文字も、ただ「あ」書け「さ」書けと指示するよりは、
「つるはまるまるむし」等の方が、文字を書くことに興味を持つかもわかりません。
あくまで素人考えですけれど…。

365 :名無しの心子知らず:2005/10/10(月) 08:14:26 ID:/M9EEvcG
>>362
> それ以外にも、ひどい運動音痴と手先が不器用で、平仮名はそれこそ
> 2,3文字しか書きませんし、絵もすごくへたです。(ここも引っかかっていいる)
年中でしょ?ひらがなが書けなくても当たり前のような、、、、、
気になるなら、市販のワークで遊ばせてみては?
ひらがなを書く以前にジグザグ線とか○とかをなぞり書きしたりするもの
ちゃんと手を動かせるようになれば、絵だって上手になりそうでしょ?





366 :名無しの心子知らず:2005/10/14(金) 17:21:18 ID:RyWO6wnR
>>362
もしLDだとしたら無理に4以上の数を今の段階で教えようとしても無理のような気がします。

頭の中で羊を数えてみてください。具体的に何匹まではっきり浮かびますか??
幼児だと3か4、大人でも10匹浮かぶ人はまれだと思いますよ。
そういう数の考え方をしているので、無理に教えても数字が嫌いになるだけです。

5まで浮かぶようになったところで、
1・4 2・3 が5 1・4・5 2・3・5・・・が10  と教えていったほうが親も子も楽です。

もちろん他にも良いやり方があるでしょうし。



367 :名無しの心子知らず:2005/10/14(金) 17:26:30 ID:RyWO6wnR
>>366の数え方は私のやりかたなのでLDでも別の方法をとってる場合もあるかと思います。

でもまあ年中さんならまだあせらなくてもいいんじゃないかと思いました。

368 :名無しの心子知らず:2005/10/15(土) 09:15:59 ID:08TbKl9I
教育テレビのピタゴラスイッチがおもしろいです。
10本アニメの「1本でできるもの」を子供によく見せました。
これで、1と9、2と8みたいに覚えて欲しいな。
なんて思ってます。


369 :名無しの心子知らず:2005/10/24(月) 00:44:55 ID:u9HHHF+5
我が子は小学4年生の男の子です。
入学当時から字を書くのは苦手で、黒板の字を写すのも左右が逆になっていました。でも初めての子だったので、そのうち良くなると思い込んでいました。最近は少なくなっていますが、字は雑です。

小学3年の夏に学校の担任の先生から「漢字」が苦手のようなので家庭でも学習させてくださいと言われたときも、成績表は「普通」になっていたので,単に怠けていると思い叱りつけたことがあります。

でもその頃から、私の中にもしかして?学習障害ではないかと思うようになりました。インターネットで簡単に調べたのですが、数箇所ですが我が子に似ています。

1.整理整頓が苦手。筆箱があるのに消しゴムや鉛筆がポケットにしまって帰ってくる。
2.作文が苦手。
3.漢字の書き取りが苦手。
4.左右逆になることがある。
5.カタカナとひらがなの混合。
などがあります。
他にも算数の足し引きが苦手でしたが、だいぶ克服されてきました。

つい最近、担任の先生に私から思い切って聞いてみましたが、先生いわく
「障害となると、気をつけて漢字を書いても書けないものですが、彼は気をつけて注意しながらやりなさいと声をかけると綺麗に書けますよ。苦手なだけだと思いますよ」といってはもらえました。学習障害となると注意しても無理なのですか?

学習障害と苦手。そのラインが私には分かりません。
確かに近くにいて、注意を呼びかけながらやってると出来ます。でも4年生にもなり、毎回注意を受けないとならないのは学習障害なのでしょうか?
分かりません。 教えてください。


370 :名無しの心子知らず:2005/10/24(月) 03:22:38 ID:H98i8woS
>>369
>学習障害なのでしょうか?

ってさ・・・。
診断つけられるのは医師だけなんだけど。
こんなところで貴方の話だけ聞いて診断できる人なんていない。
心配なら病院に逝って検査すればわかるよ。当たり前でしょ。
インターネットで調べたのなら「注意しても無理なのですか? 」とかいう
質問出ないと思うけど。本だって出てるんだから買えば?
自分で調べられることは自分で調べる、心配なら診断受ける、
そんなことも出来ない親が2ちゃんで安易に尋ねてると腹が立つ。
落ちコボレの子供って、母親が子育てできる器じゃないんだよね。

もっとも子供の不出来はほとんど遺伝だから、
悪いけど貴方の子なら、単純に知能が低いだけって気もする。
理解力無さ杉w

371 :名無しの心子知らず:2005/10/24(月) 08:20:08 ID:Aeo9P+L+
>>369
ご心配なら、まずは検査をうけるべきだと思います。
教育センターとか児童相談所等、
無料でうけつけてくれるところもあります。
専門病院などは予約をとるのに半年くらいまたされるのザラですので、
まずは公共のところに行ってみてはどうですか?
悩むのもわかりますが、行動をおこしてください。
なんでもなければ、それはそれで幸運なのですから。

「言えば綺麗に書ける」というのはうちの子供も一緒です。
うちの子は書字障害があります。
「気をつけても書けない」=「障害」というわけではないのです。

372 :名無しの心子知らず:2005/10/24(月) 09:56:45 ID:Ycx0PrjH
>>371さんに同意です。
LDの子だって時には言わなくても綺麗に書いている時だってありますし、
読み取りは他の子より早かったりして、担任の先生の目にはできるようにみえることが多いです。
ただ、公共の機関の中にはもっと深刻な暴力とか虐待の対応に追われて
LDの対応どころではないところもありますので、半年待たされるのを覚悟してでも
専門病院などにかかられるほうがよいかもしれません。

373 :名無しの心子知らず:2005/10/24(月) 23:10:52 ID:SdizGJJ+
姪っ子がLD判定を受けています。計算はできますが、文章問題は全くだめです。
漢字は書こうともしません。情緒障害もありますが、知能の遅れはありません。
LD児向けの学習の進め方のようなテキスト手引というものが、存在するのでしょうか?


374 :名無しの心子知らず:2005/10/25(火) 00:37:06 ID:C1xU64FF
>>373
今のところ市販ではLD向きのテキストって無いと思うから、
判定受けてるなら、カウンセラーなり主治医に
その子に「何が出来て何が出来ないか」を逐一説明してもらい、
近親者がその子のクセを理解するのが先決と思う。
例えば文章問題ダメにしても、何がどうダメなのかはLDでも様々。
読めるけど音読できないとか、ふりがながあれば読めるとか、
読めるけど書けないとかetc
漢字を書こうともしない場合、視覚的な記憶力に問題があったりする場合もあるし。
結局、一般的な理解はできないわけだから、
簡単な1年生用のドリル辺りを参考にしつつ、親が工夫するしかないでしょう。

でも、姪御さんはお幾つなの?
もし気づくの早くて小1位なら、フォローでかなり改善できるとオモ。
あとは学校の先生に限らず、病院でも何かの会でも、お稽古事でもよいから
個人でよく見てくれる良い先生に巡り合うことね。

375 :名無しの心子知らず:2005/10/25(火) 18:53:57 ID:22jgRZGo
>>373
LDかもしれないADHDかもしれないグレーゾーンの小3男子の母です。
未就学の頃は2才から療育施設や自腹でOTなんぞにも通わせてました。

うちの子は水泳以外の体育と国語が苦手です。
苦手な国語もテストの成績は良いので、気が散りやすい以外の事では問題視されません。

姪御さんは計算は得意なんですよね?
うちの子もそうです。

もともと算数は得意なんですが、文章題についていけるか心配だったので、
今、ここの通信講座をやらせています。
ttp://www.dekita.co.jp/class-g.htm

うちは、「中学受験コース」をやらせています。
受験すると決めているわけではないのですが、
じっくりと丁寧に取り組んでます。
得意なことを伸ばして引っ張り上げるやり方も良いのではと思いまして・・・。

息子が文章を書くのが苦手だとは書いていますが、発達障害の疑いがあるとは知らせていません。
毎月、担当の先生と手紙のやりとりをしながらアドバイスをいただいてます。

体験もありますので、一度お試しになったら良いかもしれません。
ちなみにうちは、関東の方のをやってます。(組織図を参照のこと)

ご参考までに。

376 :名無しの心子知らず:2005/10/26(水) 08:33:48 ID:ZGI+bttr
LDで受験?
何だか信じられない…
体育が苦手な程度でも病院に行くの?
うちの息子が算数が理解できず
国語と算数のみ隣の学区の
小学校校内にあるフリースクールのような機関(不登校の子なども通う)で習うことも出来ると言われました。
市内に小児神経科のカウンセリング外来があるので、
そこでLDの相談をした方がいいのかと学校の先生に尋ねたのですが、LDとは違う。
と言われて説明されました。
だけどやっぱり一度受診しようと予約を入れたもののキャンセルしようかと思ったり、
ここの書きこみを見てやはり受診しようかと…悩みます。

377 :名無しの心子知らず:2005/10/26(水) 09:27:11 ID:mGAW5+St
>376
学校の先生だけでは診断出来ないし、下手に親御さんに話をしてトラブルよりも、
無難な説明しかしない場合もあるのではないか?と思う。

すでに予約されたのであれば、一度受診してみては?
学校の先生とは違う、お子さんに適したアドバイスを頂けると思いますし、
もし何も問題なければ安心出来ると思いますよ。

378 :名無しの心子知らず:2005/10/26(水) 10:01:18 ID:wxSbHRtV
>>376
うちの子は言葉の遅れと多動がありました。
2才時には精神発達遅滞と自閉症を疑われていました。
OTを受けるきっかけは、重力不安があった為。(ブランコやぐるぐる回転させる遊具が嫌いで)
触覚過敏もあったので、感覚統合訓練を受けさせたわけです。
あと、発音が不明瞭でしたので、幼稚園の年中から小学校入学まで
大学病院で言語指導も受けさせてました。

知能検査で格差が見られなかったので、
「小学生に上がってから、何かわかるかもしれませんが、今は何とも言えません」と
言われてました。
「書く」「読む」が出来ないかもしれないと思いながら入学させましたが、
字も汚いし作文も得意ではありませんけど、テストでは普通レベル以上の成績を取ってます。
体育、身体の使い方が下手ですよ、やっぱり。

彼の場合、診断よりも先に療育に関わったことが良かったのかも。



379 :名無しの心子知らず:2005/10/26(水) 10:14:51 ID:UZLeCETA
LDかも知れないといいつつ「中学受験」なんて支離滅裂言ってみたり、
LDの専門家ではないタダの学校の先生の発言に一喜一憂してみたり
(心配なら受診して検査する以外に結論がでないと言う事が
376には何故理解できないのだろうか?LD並みw)
一言で言えば頭の悪い親が多いね。

LDやADAHは遺伝率が高いから、
親自身も十分調べて貰った方が良さそうだ。

380 :376:2005/10/26(水) 10:48:32 ID:sGVnCxhl
今の担任の先生は、市内の適応教室から転任してきた先生です。
勉強や運動も苦手ですが
のび太タイプのようにも見えるので、
やはり一度診断を受けさせてみます。
ネットは情報が多すぎて、判断が難しい。
どこかで「異常のない子を病院に連れて行くのは虐待」という記述もあって、迷いました。

381 :名無しの心子知らず:2005/10/26(水) 11:59:56 ID:mGAW5+St
>380
代理ミュンヒハウゼン症候群なら確かに虐待だけど、検査くらいで虐待扱い
されるのかしらね。私にはよく分からないわ。

ちなみに、障害と疑わしき状態を放置するのも虐待だそうですよ。

382 :380:2005/10/26(水) 13:33:20 ID:EFfae2ME
ますますわからなくなってきた。
学校の担任の先生が全く違う
と言ったから疑いがないのかもしれない。
だけど専門家がみないとわからない。
にちゃんの情報と照らし合わせると疑いあり杉

何を判断材料にして行動したらいいんだろう?

事実は、息子は勉強が出来ない
ということ。


383 :名無しの心子知らず:2005/10/26(水) 17:01:38 ID:GhX1Nn0f
ここまでで確かにわかる事実は380のおつむが弱い
ということです。
もっとしっかりしろ。

384 :名無しの心子知らず:2005/10/26(水) 18:34:06 ID:wxSbHRtV
>>382
何才のお子さんなのかわかりませんけれど、
就学前に、何か気になることはありませんでしたか?
隣の学区のフリースクールのような機関とは、
「ことばの教室」のような通級教室のことですか?

子供さんの苦手なところ得意なところを把握できると良いのですが・・・。

うちの子、吹奏楽部員でもあるんですけど、音楽教室に通わせたこともなかったのに、
ものすごい勢いで習得して行きました。最初は仮入部で様子を見て、駄目だったら
やめさせるつもりだったんですけどね。意外でした。
ダンスとかワンテンポ遅れ気味の子でしたからw
それと、感覚統合の為にと幼稚園から地道に続けていたスイミングが効を成し、
息が長く続くので、楽器を演奏するのに役立ってます。
おまけに楽器を吹くことは、器質的な発音の不明瞭さへの訓練にもなりますし。







385 :名無しの心子知らず:2005/10/26(水) 19:00:05 ID:x0vcdqz3
自分なりの工夫を重ねてなんとかかんとかそこそこの成績で学校を卒業し、
留学したアメリカでやっとディスレクシアの診断と特別支援を受けたものです。
うちのこどもたちもLDかADDだと専門家には言われていますし、私自身もそう思って対応していますが、
LD教育によほど熱心な方でない限り学校の先生は信じてくれません。

通常の学習困難と、LDは違いますし、診断は通常の学級の先生ではなかなかできないと思います。



386 :382:2005/10/26(水) 20:29:57 ID:tiwgMQE0
>384
適応支援教室です。
LD児も受け入れているそうです。
担任の先生はそこから転任してきました。
極少人数制で、現在空きがあるので希望すれば入る事は可能。
ただ…と、息子の書いた字を見せられ、こんな風に書くのは障害が無い。授業態度も普通。
という話でした。
幼稚園の時は自分の名前も読み書きできず運動は今でも異様な鈍さです。
学習面では、単なる覚えの悪い子かもしれませんが、運動面で不安を感じています。
二才すぎまでバランスが取れずに横歩きになっていました。

387 :名無しの心子知らず:2005/10/26(水) 21:17:04 ID:mGAW5+St
>386
愚痴りたいなら、チラシの裏スレが適切だと思うよ。
「障害がない」という先生の言葉を信じたいなら、このスレにいる必要は
ないと思われ。

388 :名無しの心子知らず:2005/10/26(水) 22:03:10 ID:x0vcdqz3
>386
左右は分かりますか??友達の名前が覚えられなかったり間違えたりしませんか?
運動面は苦手とのことですが、字は上手にかけるほど手先は器用なんでしょうか??

病気でもセカンドオピニオンを求めるように、他の先生なり専門機関に聞いてみてもいいと思いますよ。
ここで聞いていても答えは出ないと思います。

389 :名無しの心子知らず:2005/10/26(水) 22:06:43 ID:wxSbHRtV
>>386
適応支援教室へのお誘いを受けたからには、
担任の先生には何らかの意図があると思うのですが、
(例えばの話、IQボーダーの可能性とか)、
まずはお母様だけ見学させてもらって、
行かせるかどうかを決めたらどうですか?

少し前の他の方のレスを読み返してみたのですが、貴方宛ではありませんけど、
>>374さんの説明を理解するのが、今の貴方には必要だと思うのですが・・・。

うちの子は(家の例ばかり挙げて、すみません)、苦手でも国語の成績はまずまずと
書きましたけど、それでもやっぱり、市販のドリルを抜き打ちで小学一年生から
復習させることが今でもありますよ。漢字や文法などを。(本人は結構楽しそうです)

親も地道にならなきゃ・・・ですよ。


390 :名無しの心子知らず:2005/10/26(水) 22:18:26 ID:8MF6THAV
>387
情報収集中で何を判断基準にして良いのかわかません。
小児神経のカウンセリングは予約済みですが、年内じゃないので
それまでにキャンセルすべきか診察を受けるべきか。
一応行ってみるつもりですが
何を報告したらよいのか…
不安が漠然としていてまとまりません。
>388
左右は、すぐには、わかりません。説明も出来ません。
字は今は書けるようになりましたが、
「角」を折るのが苦手でした。
変な丸文字みたいな、漢字のなりたちの途中みたいでした。
今は習字が書けません。
一年生の時は鏡文字でした。

391 :名無しの心子知らず:2005/10/26(水) 23:01:54 ID:p0Ond+p7
>>390
判断基準を求めているのなら、
検査をうけられるのが一番だと思いますよ。
動作性IQ、言語性TQと、いろいろはっきりしますから。
数値がでれば、子供の状況が見えてきますし。

専門病院は、なかなか予約がとれないのがネックですね。
何ヶ月も不安を抱えたままでいなくちゃならないから。

392 :名無しの心子知らず:2005/10/27(木) 00:10:29 ID:Is/DBbzH
私は>>374を書いた人間ですが、>>379を書いた人間でもありますw

>>391=>>386=>>380・・・はマジで親がLDとか低知能の親の典型だとオモ。

頭が悪いから情報の取捨選択がれきず、
相談すれば益々迷う。
社会的にそれなりの仕事をしてれば(ただの労働者でなくねw)
世の中の成り立ちも、モノの考え方も洗練されるけど、
あの文章から言ってダメダメな人種だから、
ここの親切な人が何を言っても無駄なわけ。
多分この親、ここに書かれてることを何一つ理解してないよ、マジで。
中には真剣に取り組んでる人もいるだけに、こいつにはマジ腹が立つ。

今までLD・ADHD認定受けた子供の親や、限りなくグレーな子供の親って
こういう人多かった。自分もバカだったから普通だと思ってる人多いし。
例えば、小学校入っても左右の判らない子供は、かなりグレーだが、
当の親自身は重度の方向音痴でことの重大さに全く気付いていなかったりする。

やっぱ大人なら、LDだろうがADDだろうが、何か一つでも専門家としての
知識やスキルを持ってないと、親としてのスキルが全く無いって事になる。
このように、「勉強が出来ない」って、それだけで済まない事なんだよね。

393 :391:2005/10/27(木) 00:56:44 ID:TanzOWlf
>>392
すいませんね、低知能な親で。
私の子供もLDですし、私もそうなのかもしれません。
子供の障害に向き合って真剣に取り組めるようになるまで、
時間が必要な人もいると思いますよ。
疑いがでて検査をして診断がつくまで、
早くても半年かかるのはザラではないでしょうか。
どこに相談したらいいのか、普通の親にはわからないことばかりです。
迷いも不安もあって、躊躇したり混乱することもあるでしょう。
強くて賢い親ばかりではないと思いますよ。
一人ではがんばれないことも多いです。
相談する仲間を探すことも容易ではないと思います。
甘えがある親が多いというのもわかりますが、
低知能だのバカだの言うのはいかがなものかと思います。

394 :名無しの心子知らず:2005/10/27(木) 02:56:08 ID:F+MZ7rAO
>>393

>>392は、アンカーをミスっちゃったんじゃ?
興奮しやすそうな人だから、間違えちゃったんだよ、きっと。
良い事も書いているのにさ、損な性分のお人だよ。

395 :名無しの心子知らず:2005/10/27(木) 04:05:49 ID:Is/DBbzH
>>393
>私の子供もLDですし

診断受けてないのに、もうLDと決まったのですかw
そういうところがバカなんですよ。

>早くても半年かかるのはザラではないでしょうか。

だから何?あなたは自分でその機会をキャンセルしようかと思ってる、とも
書いている。そしたら半年どころかずっと判らないんだけど?
自分の書いたことに整合性が無いことも判らないで逆ギレするなら
2ちゃんに来るな。人に相談するな。
相談したらなら答えてもらった事を受け入れろ。
私がこうして貴方が低能であることを指摘してあげてるのだって、
貴方が低能の自覚を持つのが第一だと思うから。
あなたの文章、よく読むと本当に本当に変だよ。
貴方が「迷ってる」とか「躊躇する」とカッコつけて書いてることの殆どは
じつは「理解できないから判らない」だよ。
だから、いつまでもウダウダ言ってないで言うことを聞け。
聞けないなら来るなよ。

396 :383:2005/10/27(木) 05:08:58 ID:9unaGtbM
お〜い>>392ID:Is/DBbzHさんよ
>>386=>>380>>391じゃないよ〜
>>390だよ〜
380への意見としてはあんたに禿同だが、
391さんへは謝っといたほうが良いんじゃないか〜


397 :383:2005/10/27(木) 06:37:42 ID:9unaGtbM
でさ、380ほかの板にもマルチしてたからマナー違反ですよって
注意しといたんだけどいまだにスミマセンの一言もなし。無視。
マルチ自体は知らずにやったことかもしれないけど、指摘されて
侘びのひとつも入れられないってどうよ。
私は、困ってたり悩んでたりしてるレスがあったら知ってる限りのことは教えてあげたくなるし、
励ましたくなる。自分で言うのもなんだけど2ちゃんの中では親切な人のほうだと思う。
でも380には親切になれないな。
380の子供は気の毒だけど380に優しい人ってホントに大人なんだなって煽りぬきでもう尊敬するよ。

ここまで書いて思ったんだけど、380ウツで頭回んないのかもね。
ならしゃーないかとは思う。380、子供の前に自分が病院行ったほうが良いかもしれないね。

398 :387:2005/10/27(木) 09:21:21 ID:OKWaC7i8
>>390
もしかして、2ch慣れしていないのかしら?
例えどの板に書き込もうが、2chではマルチは嫌われるよ。
ついでに、このスレを検索出来たのだから、「教育・先生板」の該当スレを
探して読んできては如何でしょうか?
教職員ばかりがいる訳ではないけれども、教える側の本音をかいま見られるよ。

先生と子どもの間の潤滑油として親が存在するのだけれども、「どうすれば
周囲との関係を円滑にしながら、子どもを成長させられるか?」という事を
知らなければならない時期なのかもしれないですが、それを受け止められないのなら、
専門医にその気持ちを素直に伝えるべきかと。

>何を報告したらよいのか…
何時、誰が、どのような状態になった時、どんな言動 で、誰が日常でどのように
困っているかだよ。 
検査までに整理してメモっておくと便利。

ホントは嫌なんでしょう?自分の子が学習障害児認定をされるのが。
(仮にここで認定されようが、実際に認定出来るのは専門医だけだが)
だからグズグズ言い訳書いたり、「普通だと言われた」と書くんだよ。
それが見え見えだから「愚痴書きたいなら別スレに行け」と書いたのよ。

399 :名無しの心子知らず:2005/10/27(木) 09:30:43 ID:OKWaC7i8
「普通だと言われた」ではなく「障害はないと言われた」だったね。スマソ

400 :391:2005/10/27(木) 11:45:56 ID:TanzOWlf
>>395
たぶん、あなたは人違いされているのでしょうが、
私は相談している390さんではないです。
うちの子供はLD児という医師から診断をいただいてますし、
支援教室にも通っています。
あなたのように賢い方でも勘違いされることもあるのですよ。
誰にだって弱い部分はあると思うのです。
障害児だということを認めたくないという心情を、私は理解できますよ。
だから右往左往してしまうのだということも。
私自身、障害児を育てている先輩のお母さん達にお知恵をもらい、
励まされ日々頑張っています。
それでも将来についての不安は消えることはありません。

不安になり混乱している人に向かって、
努力が足りない、低知能、などとどうして言えるのでしょうか。
強くなるべき、賢くなるべき、というのはわかります。
でも、なかなかそううまくはいかない人もいるのですよ。

あなたの言うように、私の子供に診断がくだった時、
「もしかして自分もそうかもしれない、上の子供もそうかもしれない」
といろいろ心配したりしました。
子も低知能だから親もそうだ、などと
気安く蔑むような言い方はやめてほしいです。

401 :390:2005/10/27(木) 16:22:30 ID:F6WvnICH
他には書き込みしていませんよ。
LDというものを知ったのがつい最近です。
息子は1年生の時から算数の授業は、学年で4人だけ別室で受けていました。
LDという診断が下るのが嫌なのではなく、その逆で、障害でも何でもなく
手の施し様の無い単なる勉強の出来ない子だ
というのがはっきりする方が怖い。
だけど、その可能性の方が高い気がするので気付いていながら診察を受けるべきか悩む。
皆さん色々とありがとうございました。
スレ違い失礼いたしました。

402 :名無しの心子知らず:2005/10/27(木) 16:54:25 ID:mmqkDfz9
>>390
単なる勉強ができない子のほうがLDの子より社会的予後はよいという研究もありますよ。
私もLDの子の親なのであまりみとめたくないことなんだけど、
IQ100のLDの子よりIQ70のボーダーの子のほうが就労率高いらしいし。
あくまでも一般論というか統計の話だけど。

403 :名無しの心子知らず:2005/10/27(木) 16:54:58 ID:OKWaC7i8
>401
マルチしていなかったのなら、失礼しました。
ついでに、書き過ぎた感があるので、それも重ねてお詫びします。

ただ、
>手の施し様の無い単なる勉強の出来ない子だというのがはっきりする方が怖い。
この言葉が、今まで検査を躊躇していた理由になるのでしょうか。
もしそうなら、誤解されていませんか?

検査を受けることが仮に何らかの障害(あるいは疑い)発見につながったとしても、
それはその子の資質を伸ばす為の手段を講じる手だてのヒントにつながるに過ぎない。
例えば、390さんのお子さんを伸ばすコツを、専門家が知っている範囲で
390さんに伝授して、もしそれを390さんが実践したなら、お子さんの成長が
今までとは違う伸び方をしていくと思われます。
それはもし390さんにとっての理想的な子どもの成長でなかったとしても、
適切な方法はお子さんの成長を促していくことでしょう。

うちの子のかかりつけの専門の先生曰くですが「もし○歳の時に△△が
出来ず、それが2年経っても出来なかった場合は、出来ない状態が固定しますよ」
(△△は、その年齢の子達の半数以上が出来る事柄で、検査の時に内容が
分かると思います)

長期的視野で想定してゆくと、時期が早ければ早い方がお子さんにとって
負担が減っていく事をどうかご理解下さいますよう、お願い致します。

404 :397:2005/10/27(木) 18:04:43 ID:9unaGtbM
なるほど、私も勘違いをしていたようです。
あなたのことを=>>369と思い違いしていました。
マルチの濡れ衣をかぶせ、口汚くののしったことを平に謝罪します。
ただ、あなたのお子さんの治療に対する姿勢に賛同することはやはり出来ません。

>>380 どこかで「異常のない子を病院に連れて行くのは虐待」という記述もあって、迷いました。
確かに381さんがおっしゃっていたような母親の不安定な精神を満足させるために病院へ連れて行くことは
虐待かもしれません。
しかしあなた自身がぬぐいきれない違和感を抱き、もしお子さんに以上があるのならば治療を受けさせたいという
親ならば当然の義務を果たすために検査を受けさせることは虐待には当たらないと思います。

>>382 学校の担任の先生が全く違うと言ったから疑いがないのかもしれない。だけど専門家がみないとわからない。
学校の先生は「勉強を教えるプロ」ではありますが、「障害、病気を診断・治療するプロ」ではありません。

>>382 にちゃんの情報と照らし合わせると疑いあり杉
369に対して他板に書き込んだことをそのままコピペします。

>ネットで診断なんか出来ませんよ。
>子供の人生決定するような重大事を こんな身元もわからない不特定多数が書き込む
>虚実入り混じったネット掲示板で決定するなんてどうかしてますよ?
>仮に誰かが「違いますよ。安心してください。」とでも書き込んだらそのままお子さんを放置するのですか?

2chでの関連スレの書き込み・情報はこのスレに限らず患者本人・その家族の書き込みが主です。
実体験や素直な気持ちがつづられてはいますが所詮文字情報です。
あなたのお子さんと共通すると思われる症例が見つけられたとしても実際生身で対面すると
かなり印象が違うということはあるはずです。


405 :397:2005/10/27(木) 18:05:30 ID:9unaGtbM
>>386
LDには算数障害、読字障害、書字障害などのほかに、運動機能に困難のあるもの、
聴覚からの言語理解に困難を示すものなど症状が多岐にわたります。

>>390 何を報告したらよいのか…  不安が漠然としていてまとまりません。
あなたがこのスレに書き込んだことをそのまま印刷して持っていけばよいのでは
と思うほどです。あえて言えば箇条書きに直して印刷すればよいのではないでしょうか。
時系列ごとにまとめられればなお良いです。

私はあなたの場合「診断を受けない」、というのが一番してはいけないことと思います。
LDではないほかの障害である可能性もありますし、治療者、教育者によってかなり
理解や方針が違うのが現状です。
「LDではなく、単に勉強のできない子」であるのが恐ろしいとのことですが、
何の対策も取れないというわけではありません。
検査と診断が必ず何らかの方策を示してくれるはずです。

先に>>397であなた自身が鬱症状が出ているのではという指摘をしましたが
その考えは変わっていません。母親の心理状態は子供に多大な影響を及ぼします。
あなた自身に活力がない状態ではお子さんのサポートも出来ないと思います。
あなた自身の精神科、心療内科への受診も強くお勧めします

355 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)