5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

温暖化で今後も増加するスギ・ヒノキ花粉

1 :名前アレルギー:2006/04/07(金) 11:00:47 ID:XXYW/Cli
スギ花粉の飛散データを解釈すると、飛散量が多かった年の翌年は飛散量が減り、次の年はまた多くなる
ということを繰り返しているが、必ずしもそうではない年も珍しくはない。林業におけるスギ伐採量の見通
しや温暖化など気象の影響を考慮すると、今後もスギ花粉の飛散量は増え続けると考えられている。同様に
ヒノキの花粉も増える見通しであり、今後も花粉症患者は増え続けることが考えられる。

村山による予測によれば、2050年には現在の1.7倍まで花粉量が増え、患者数も1.4倍になるだろうと見積も
られている。なお、スギ花粉の観測が始まったのは1965年、神奈川県相模原でのことだが、現在の花粉量は
当時の2〜3倍となっている。

近年は発症年齢の低年齢化が進み、小児のうちから花粉症になると、花粉そのものの減少は期待できないため、
長期にわたって苦しむことが予想される。

http://72.14.203.104/search?q=cache:IuN9u4l-H9oJ:ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E7%B2%89%E7%97%87+%E6%B8%A9%E6%9A%96%E5%8C%96%E3%80%80%E8%8A%B1%E7%B2%89%E3%80%80%E3%82%B9%E3%82%AE%E3%80%80%E5%A2%97&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=8



2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)